« サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「白人至上主義問題」等に対して、常連出演者等が、未だに、旧態依然とした論等を喧伝していたが・・・。 »

「コカイン使用ゲイノウ人問題」と「留学生行方不明大学問題」と「北朝鮮金政権問題」等・・・。

『「コカイン使用ゲイノウ人」の「過去作品」まで「販売・配信等出来なくする事の可否」は
 
「現状人間社会内で、どれだけの割り合いの人々が自己健常支配の継続を実践出来ているのか?」に
 
「大きく依存していて当然になる」。
 
「自己健常支配度が低く、故に、他の者・物・事等への依存傾向が高い人間」が
 
「該当ゲイノウ人等のヤク使用の影響がある作品等を見聞きした時」、
 
「場合によっては、ヤク使用故により別人感が増している該当ゲイノウ人」を
 
「より魅力的等と捉えてしまい」、
 
「その延長線」で「ヤクやヤク使用も魅力的等と認識してしまう危険性が高くなる」。
 
「その様な状態の人間の割り合いがある程度以上在る」なら
 
「過去作品の販売や配信等を禁止する事が合理的になる」。
 
「逆に、ほとんど全ての人間が自己健常支配の継続を実践出来ている」なら
 
「どの様な情報等を得ても、基本的に、実体や事実・現実通り原寸大での理解・把握も可能になっている事になる」ので
 
「悪い影響等は非常に出辛い事になる」。
 
「自己健常支配の継続が実践出来ている人間集団状態なら過去作品の販売・配信等を行う必要は無い事になる」。
 
「この基本」は「過去作品ダケでは無く、現在作品・将来作品についても同じ事になる」。
 
「では、現状人間社会の実態はどうか?」
 
「本来なら、全ての人間が自己健常支配の継続を実践出来易くする為に有益な情報・教育等を行っているべき
 
人間社会内で情報・教育等の仕事をしている者たち等のほとんど」が
 
「自己健常制御(支配)の継続を実践出来易くする情報・教育等では無く、
 
他の者・物・事等への依存心等を増大させ易くなってしまう情報・教育等を
 
実質的に、行う事により、{支配\被支配商売}や{依存商売}や{それらに基づく名誉・立場取得等々}を容易にさせている実態が
 
露呈している」。
 
「該当ゲイノウ人の過去作品等も{依存商売等」上で、相応のメリットをもたらすモノに他ならない」。
 
「こんな状態」で「情報・教育界の者たち等(有名ミュージシャン等も含む)」が
 
「公共の電波上等で、自らの仕事の未熟さ、不十分さ等は何処へやら、販売・配信等禁止する必要は無い旨等喧伝していて、
 
常連出演者等の一部は其れに賛同等していた」のだから
 
「その実態は、酷く、劣悪になる」。
 
「有名人を政治・社会問題等で{利用}しようとし続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者も同じ」で
 
「其処に露呈している」のは
 
「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者・物・事等になる」。
 
「そんな事を行っている暇が有る」なら
 
「身体等の面だけでは無く、精神構造(自己制御ロジック)面でも、自己健常制御の継続を実践する為に有益になる情報・教育等を
 
意識的かつ積極的に行うべきである事等」は「もはや、言うまでも無い事になる」。
 
「是正が急務である事」等も「もはや、言うまでも無い事」だ』。
 
『「大学{商売}を行っている者たち等にとって、{貢ぐサン}学生を多数確保する事は極めて重要になる事に他ならない」。
 
「元々、現状の学校教育上では、所謂、文系の多くの分野で、未だ、{天動説レベル}」なので
 
「教える側も教えられる側も、信じ、信じさせる事等による、お金まで含むやりとり・・・状態」だ。
 
「現状までの所謂、文系の学校教育(大学も含む)が
 
個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)やその集大成である人間社会を健常進歩・正常進化に大いに有益だったなら、
 
例えば、世界平和の実現や地球環境問題の解決等は、既に、手が届く状態になっていて当然」だが
 
「現状の人間世界は、未だ未だ、その域にも達していない」。
 
「逆に、現状まで状態維持や旧態依然とした人間社会内での利権取得の為には合理的になる教育等は満載状態」だ。
 
「物質文明側の急激な進歩・進化により、原爆まで製造出来、
 
精神文化側の進歩・進化が追いついていなかったから、その使用出来てしまった先の大戦以降、
 
世界レベルでの主流最先端精神文化は武力による比べっこ支配権/被支配権争いでは無く、
 
経済による比べっこ支配権/被支配権争いへと
 
{僅かに}進歩した」が
 
「比べっこレベルという乳幼レベルである事に変わりは無い」。
 
「ほとんどの人間の精神構造(自己制御ロジック)は乳離れ、親離れ、して行くと共に
 
比べっこから、本質・快適探究へと健常進歩・正常進化しようとする」が
 
「其処に比べっこ人間社会{圧力}が加わる」と「健常進歩・正常進化が大きく阻害される」。
 
「そして、生み出されてしまって来ている」のが
 
「戦争やテロ・スパイ・工作活動等や経済戦争等々の自虐」だ。
 
「比べっこ人間社会に現状適応出来ているからと言っても、人間個体本来の自己承認欲求が満たされる訳も無い」ので
 
「現状では、ほとんど全ての人間がその代償欲求を過剰追及している状態に追いやられている」。
 
「自己健常制御の継続が実践出来ている事によって充足され続ける自己承認欲求の本来欲求の充足」の
 
「代わり」に
 
「他の者・物・事等から自分を認めさせたがったり、
 
認められている他の者・物・事等に自分を投影・転嫁・同一視等させたり、
 
する事によ自己承認欲求の代償欲求の追及」は
 
「免疫や防衛力等を養う為レベルの遊び程度なら、健常範囲になる」が
 
「現状人間社会内では、健常範囲を大きく逸脱した{病気}レベルの過剰追及」が
 
「蔓延っている」。
 
「そんな状態にお墨付きを与えている」のが「経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神文化」だ。
 
「金さえ持っていれば、
 
或いは、
 
現状人間社会内で大きな権力等を持っていれば、
 
自己承認欲求の代償欲求の追及もやりたい放題の人間社会状態が在り」、
 
「比べっこによる支配権/被支配権争いに基づいて金や権力も動かされている」。
 
「この醜悪な共依存関係の下で生まれている」のが
 
「いじめであり、虐待であり、パワハラであり、セクハラであり、その裏になる上辺だけは綺麗ごとであり、
 
テロであり、スパイ・工作活動等であり、戦争等々」だ。
 
「この重大なる人類の自虐から抜け出す為の実務」が
 
「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)とその集大成である人間社会の精神文化を
 
健常進歩・正常進化させる為に有益になる情報・教育等の実践に他ならない」。
 
「学校教育はもちろん、
 
テレビ・ラジオ番組も、ドラマも、アニメも、小説も、マンガも、映画も、音楽も、絵画等々も、
 
法も、社会制度も、
 
宗教も、
 
皆、人類の精神文化製品」だ。
 
「それらの精神文化製品も実用して行っている」のが「政治や司法制度に基づく賞罰等々」だ。
 
「物質文明面で言う」なら
 
「旧態依然としたままの酷く乗り心地も悪くスピードも出ない燃費も悪い車にも至らない
 
未だに、馬車や牛車等々を実用している様な実態」が
 
「其処に露呈している」が
 
「多くの人間が文句も言えない」のは
 
「現状人間社会{圧力}故に、自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事さえも大きく阻害され、
 
酷い実態・実体の把握等さえ困難になる能力状態に押し込められ続けて来ているから」だ。
 
「こんな状態」で
 
「テロや殺傷事件等々、{現状脱出欲動の暴発}が頻発しない訳も無い」。
 
「先ずは、情報・教育等を健常進歩・正常進化させる事により、
 
多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を促す実務を
 
意識的かつ積極的に行う事等が激烈に求められている」。
 
「学校教育はもちろん、ドラマも、映画も、マンガも、アニメも、小説も、音楽も、絵画等々も、旧態依然としたモノも在っても良いが、
 
其れダケでは駄目になる」。
 
「今時に必要な内実を持つモノが主で、旧態依然としたモノは従で、あって当然になる」。
 
「現状人間社会{圧力}内では、大学{商売}も出現し易くなるのは、ある意味、当然の現象になる」が
 
「大学が本来行うべき」は
 
「理系でも、文系でも、学問塔を、健常進歩・正常進化し続けさせる事であり、其れを教える事に他ならない」。
 
「大学経営者も教授等々も、生活の為のお金等は必要であって当然だが、其れ以上の集金が是とされるか?否とされるか?」は
 
「何れは、学問・教育等の内実による事になる」。
 
「代償欲求の過剰追及の為に必要になってしまっている金・権力等々を追及している様では、亡者等と言われても仕方無い事になる」し
 
「そんな状態なら、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実体を現している事になる」。
 
「代償欲求過剰追及状態の者たち等」は
 
「自らの実態を是正する事等が急務である事」は
 
「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「自己健常支配の継続の代わりに他の者・物・事等支配を窮極的に過剰追及した先に在るのが独裁者の実態」だ。
 
「当然、オレの支配下に入れ!等と強いられても、健常な人間は、幼少期でも無い限り、簡単には、他の人間の支配下には入りたがらない」。
 
「其処で支配者が必要になる」のが「大きな力」で「武力による比べっこ時代は其れが強大な武力だった」。
 
「経済による比べっこ時代の大戦後に、武力による朝鮮半島内支配を目指したのが北朝鮮金政権等の実態」で
 
「それは、朝鮮戦争で負けが認定されるなら、戦争犯罪人として認定される十分な資格でもある」。
 
「朝鮮戦争負けでは終われない北朝鮮金政権等」は
 
「自国民支配ダケでは無く、他国民の支配にまで異常な程熱心」で
 
「其れは、他国内、特に、韓国や日本国内でのスパイ・工作活動等の旺盛さ等からも明らかな事」だ。
 
「戦争犯罪人として処刑等される事から逃れ続けたいが故の支配」は
 
「他国内での、スパイ・工作活動等を摘発させない為の圧力としも、核・ミサイル・大量破壊兵器等の強大な武力による武装までもが必要になっている実態が露呈している」。
 
「もちろん、そんな状態を積極的につくり出して来ている」のは「旧来からの北朝鮮の実権者たちに他ならない」。
 
「金独裁政権なのか?」
 
「金を象徴として担いでいる独裁政権なのか?」は
 
「近々判る事になる」と言えるのは、
 
「三代目の金独裁政権なら、
 
{過去の極悪事等は先代までの意向によるから核放棄する}の代わりに、
 
政権維持を得る策の実行も可能になる」ので
 
「核放棄反対派を粛清すれば良いダケになる」が
 
「金を担いだ独裁政権なら実権は担いでいる方に在る」から
 
「核放棄も不可能になる」し
 
「核放棄反対派の粛清も出来ない、
 
ばかりか、
 
場合によっては、象徴はもっと都合の良い者で・・・と、
 
金正恩の方が病死・事故死・不審死等々の工作的手段により{粛清}される事になる」。
 
「日本人拉致を認めた後、早々に、お亡くなりになったのが金正日」なら
「核放棄約束をした後、早々に、お亡くなりになるのが金正恩」という「事態」が「具現化してしまう可能性が非常に大きくなる」。
 
「両者共、現状脱出欲動が暴発してしまう」と
 
「米・韓等への武力攻撃等となり、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる」。
 
「何れの結果が出るにしても、北朝鮮金政権等には、余り時間のゆとりも無い」ので
 
「事態は、ここ何ヵ月かで相応に動く事になる筈」だ。
 
「日本が行っておくべき」は
 
「万一の弾道ミサイル等への対策はもちろん、日本国内のスパイ・工作活動等対策」だ。
 
「幸いな事に、抗日100周年3.1でも電磁波工作による大規模インフラ等ダウンや多くの人々への大傷害等は出なかった」が
 
「その裏に在ったのも、日本政府・警察等による相応のスパイ・工作活動等対策であって欲しい」。
 
「北朝鮮金政権等」による「待ち!」では「本当に、仕方の無い事になってしまう」。
 
「何れにしても、筆者の周りの工作活動等は、未だ、強化が続いているのだから、
 
金政権等の側は、時間稼ぎと、露呈しない工作活動の継続による、起死回生を狙っている可能性も大」になる。
 
「北朝鮮の総選挙で名前が無かった金正恩」が
 
「{粛清}されるのか?大統領にでもなるのか?」と
 
「核放棄を行うのか?核保有宣言等でもするのか?」により
 
「おおよその実態が、其れこそ、世界中の何処の誰にでもある程度以上判る事になる筈」だ。
 
「精神文化面で余りにも遅れ過ぎている独裁政権状態等の是正が急務である事等」は
 
「もはや、言うまでも無い事になる」。
 
「先進諸国側の精神構造(自己制御ロジック)・精神文化等の健常進歩・正常進化を誘う情報・教育の蔓延状態」が
 
「独裁政権解消にも有益になる事等」は
「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、解る事だろう」。
 
「独裁政権等を直接変える事は、強力な制裁や武力等でも使わない限り、かなり困難」だが
 
「間接的に外堀を埋める事」は
 
「先進諸国自らの情報・教育等の正常化・健常化により即刻にでも可能になって行く」。
 
「この有効な実務を行わない方がどうかしている!!」等と「感じたり、思ったり、出来無い」なら
 
「特に、テレビ・ラジオ・映画等や作家等々や学校教師・教授等々、所謂、文系の仕事をしている者たち等なら、
 
自らの感性や頭脳等を疑った方が良い事になる」。
 
「多くの人々が本来の自分に根差した健常な力を発揮すべき時」は「既に来ている」。
 
「旧態依然とした状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。
 
『「何れにしても、戦後日本」の
 
「テレビ・ラジオ界」や「公共的マスコミ界」や「学校教育界」等々の
 
「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「白人至上主義問題」等に対して、常連出演者等が、未だに、旧態依然とした論等を喧伝していたが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事