« 昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。 | トップページ | 未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。 »

サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。

『「中国共産党支配下の中国」等は「中国製原発輸出」に「非常に積極的」だ。

「原発事故の原因」は

「津波対策等を、実質的に、怠っていた、福島第一原発も含めて、人災」に「他ならない」。

「北朝鮮金政権等は、未だに、核兵器保有に執着している」が

「原発保有」は

「核兵器圧力等に対する抑止力にもなっている」。

「極東地域日本のみ反原発政治運動」が

「利そうとしている事になる」のは

「中国共産党や北朝鮮金政権等になる」のが

「実態」だ』。

『「東日本大震災からの復興を言う」なら

「東日本大震災により

同レベルの再大地震の圧力が抜けている

津波対策まで出来上がりつつある

{安全な地域}を

もっと、もっと、喧伝等するべき」だ。

「福島第一原発廃炉作業」にしても、

「安全なら、汚染水の海洋投棄も非常に合理的になる」のだから

「放射能潔癖症を煽るのでは無く、

実安全を言うべき」だが

「不安ばかり煽って、復興にブレーキをかけようとしている様相だった」のだから

「実質的には、更なる、風評被害を招く情報配信等とも成ってしまっている様相」で

「その実態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「日本の公共の電波を使って

中国共産党や北朝鮮金政権等を利す{政治運動}」や

「復興の邪魔になる更なる風評被害招き」等々を

「行い続けて来ている様相の者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「温暖化を抑止しながら十分な電力を確保し続ける為」の

「実行可能なエネルギー政策」は

「幾つか在る」が

「その中で、日本で暮らしている多くの人々の経済的負担も少なくなる上に、

反日国等を不用意に利さない策」は

「限られている」。

「安い太陽光発電の裏」には

「韓国製や中国製等の太陽光パネルが在る」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の問題が未だ、未解決の状態」で

「それらとの繋がりが濃い企業等を不用意に利す策」には

「反日政権等の活力増大等が漏れなく付いている」。

「極東地域日本のみ反原発」と

「同じ構図」が

「其処に露呈している事になる」。

「原発をベースロード電源とし、

再生可能エネルギー発電を

安さだけに依存させ辛い状態で相応に多く取り入れる策」こそが

「日本の電力政策として合理的になる事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、何処の誰にでも解る事になる」。

「それなのに、未だに、

多くの常連出演者等が、

実質的には、反日政権等を利す政治運動等状態」なのだから

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「新しい日本を言う」なら

「不要な自虐の無い日本」で

「反日政権等問題が未解決な内は、

断じて、原発の無い日本では無い」。

「それは、

冷静に、少し考えるなら、多くの視聴者が簡単に理解・把握・認識等出来る

当たり前の事」だ。

「現与党より、より日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等を

提案等出来ないから・・・」と

「言葉狩りや態度狩りや小問題狩り~大問題化等々の

工作・策略的手段で

現与党等に悪いイメージを付ける事等により

政界での座を確保し増やそうとし続けて来ている様相」の

「反対野党等と同様」に

「当たり前の事より良い事等を言えないから・・・」と

「より酷い事等を言う事等により、存在感を出し、

アワよくば、お仲間、反対野党等や反日政権等を

多くの日本の視聴者等にも利させる大衆誘導等さえも

行おうとしている様相ですらある者たち等」の

「裏に在る」のは

「{同じ}人脈等」と

「強く推定出来る」。

「選挙のある政界」では

「反対野党等は当然の如く、少数派に成っている」が

「選挙の無いテレビ・ラジオ界やマスコミ界や学校教育界等々」では

「政界の反対野党等と{同じ}人脈の者たち等」が

「未だに、政界で言うなら、政権与党状態のまま・・・」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状対策に忙しい政界等とは違い

テレビ・ラジオ界やマスコミ界や学校教育界等々」なら

「現状より良い世界等々への言及等も

より自由闊達に出来る筈」だが

「それは、

実際に、

より良い世界等に繋がる具体的なアイデア等々を

持てていてこそ可能になる」。

「本来なら、その辺りが職務適性として大いに問われていて然るべき

精神文化側の仕事をしている者たち等」が

「現状で問われている」のは

「過去等をどれだけ覚えているか?等々になってしまっている」。

「コレでは、

常連出演者等が

現状対策に忙しい与党等より遥かに劣っている事等しか言えなくなる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「現状のテレビ・ラジオ界やマスコミ界や所謂、文系の学校教育界等々に

呆れている人々の数」は

「かなり、多い筈」だ。

「何しろ、精神文化側の地動説が既に在る状態」なのに

「未だに、天動説上に安住する、させる事等により

自らの保身や利権維持~増大等に邁進し続けている様相」が

「大いに露呈している状態なのだから!」

「代償欲求過剰追及者の実態」が

「其処に露呈している」が

「其れは、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在でもある」。

「永遠の恥辱に染まる道の上での存在を少しでも小さくする為」にも

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。 | トップページ | 未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事