« 文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。

『「何れ」も「現行社会・経済システム上の事」に「他ならず」、「本質探究や自虐度の検証等」が「重要になる」が

「常連出演者等」は

「経済的自立{免罪符}」等も

「訴える」、

「{お手盛り}論」等を

「喧伝状態だった」のだから

「その{厚顔無恥ぶり}等は、

本当にお見事!(もちろん皮肉)」だった。

「もちろん、こんな情報配信内容」では

「多くの視聴者の中」で

「精神構造(自己制御ロジック)等の健常進歩・正常進化等が誘われる訳も無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、いうまでも無い事になる」』。

『「米国宝くじ超高額当選者に対して、

駄目男等と

常連出演者等の一人は

日本の公共の電波上で喧伝していた」が、

「駄目の本質は何処にあるのか?」等の

「探究も圧倒的に不足していた」のだから

「駄目ぶりを露呈していた」のは

「むしろ、常連出演者の方になる」。

「経済的自立をしていない状態とも言う事も出来る専業主夫」が

「駄目」と言うなら、

「専業主婦も駄目で無ければ性差別論になる」。

「そもそも、現状社会・経済システム内での経済的自立自体に

どれ程の価値があるのか???」

「例えば、超大金持ちの親の下で産まれた者等は

それだけで、経済的自立状態を得られている」。

「詐欺等の犯罪行為や、

酷くアクドイ商売等を行っている企業等から給与等をもらっていて

経済的自立をしているから偉い!と言えるのか???」

「善悪判断にお墨付きを与えているのは現行法と現行の摘発体制」というのが

「現状人間社会・経済システムの実態」で

「それは国によっても違う」から

「例えば、北朝鮮なら、独裁者金の下で産まれたなら、

それだけで、経済的自立が得られていて、

偽札製造~使用や覚せい剤製造~販売等を行っても違法にもならない」。

「それは、

現行法・現行の摘発体制等上で摘発されていないなら、

自由・民主主義圏の国の民だって同様の話しになる」。

「中国のカビ肉給食を出してもうけていた業者・企業等の社長や従業員の多く等」も

「経済的自立を得られていた筈」だ。

「更に、共産党幹部等への賄賂等でも十二分に渡している」なら

「今回の様にバレても、どれ程の罪に問われるのか?も分らない」。

「米国の専業主夫だった宝くじ超高額当選者」は

「それらの経済的自立者等より遥かに無害にも感じられる」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「該当男性のゆるい雰囲気」は

「結婚時の相手女性が家に戻って癒される様相にもなっていた可能性も決して小さく無い」と

「容易に推定出来る」。

「経済的自立{免罪符}を盾」に

「該当男性を駄目男等と公共の電波上で喧伝等した事」は

「明らかに、不適切になる」。

「其処に露呈している」のは

「現状社会・経済システム等適応優等生の駄目ぶり等」と

「感じたり、思ったり、等々した視聴者の数は決して少なく無い筈」だ。

「現状適応と現実適応は全く違う事」等を

「忘れている哀れ」が

「其処に露呈している」。

「駄目を言う」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

自虐になるから駄目!」等の

「ちゃんと科学レベルで整合性が取れる基準を基に言うべきだろう」。

「実質的には、自虐を強いている要素も濃い現状社会・経済システム等の

自虐度を上げる方向に力を加える事、

例えば、

現状社会・経済システム等に対する妄信や悪戯な賛美等」は

「本質的に、駄目と言える事になる」。

「本質から整合性を取っている駄目では無い情報配信内容」なら

「其処から、多くの視聴者等の精神構造(自己制御ロジック)の

健常進歩・正常進化等も誘われ易くなる」』。

『「超高額当選がある宝くじ」とは

「実質的に、現状社会・経済システムに対する賛美要素も強い

多くの購入者等にとって現実逃避の受け皿にも成り得る

現状社会・経済システム内の

精神文化製品の一つに他ならない」。

「問題とされるべき」は

「そんな宝くじが何故要るのか?」や

「超高額当選金がどの様に使われるか?」等になる。

「金権が現状の様に強く無く、

経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造・精神文化が濃厚では無い状態の

個人状態や人間社会になっている」なら

「超高額当選金の宝くじ等も要らなくなる」と

「感じたり、思えたり、する人々の数が圧倒的に多くなる筈」だ。

「強い金権の裏に在る」のも

「多くの人々の経済による比べっこ精神構造に他ならない」。

「比べっこが自虐を強いる事」は

「武力による比べっこ時代が長く続いて来ている人間世界の歴史を振り返る」なら

「誰もが相応に理解・把握等出来易くなる筈」だ。

「人間個体の精神構造(自己制御ロジック)」は

「乳幼期には比べっこによる支配権(乳房)/被支配権争い(親の愛)であって適切」だが

「親離れと共に、比べっこから本質・快適探究へと健常成長しようとする」のが

「健常状態」だ。

「個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)は

健常成長しようとしている」のに

「社会・経済システム等の圧力が経済比べっこを強いている」のが

「現状人間社会の実態に他ならない」。

「武力比べっこを強いていた時代よりは遥かにマシかも知れない」が

「比べっこを強いている事に変わりは無く、

それが、個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の

健常成長を押さえつけている状態」の

「是正抜き」に

「多くの人間が自分の実体通りを社会還元し易くなる

人間社会の構築は出来得ない」。

「現状社会・経済システムへの適応を誇る

経済的自立{免罪符}等を喧伝したがる

{優等生}等の実体」は

「現実適応が不十分」な

「人類を自虐方向に引っ張る事に力を加えてしまっている自覚さえ???の様相」の

「哀れな者」等になる。

「他の常連出演者等の実体」も

「同様に他ならない」。

「専業主夫だった離婚した後も元妻から生活資金等の援助を受けていた

米国超高額宝くじ当選男の現状まで等」より

「遥かに、広義の自分に対する自虐度が強い駄目な実態」が

「其処に露呈している様相」なのだから、

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「Eスポーツ」も

「他のスポーツやマインド・スポーツ等同様、

比べっこ」だ。

「現状社会・経済システム上」では

「ある比べっこに対する

多くの人々からの支持や高度化の要求等が集まる」と

「其処に、経済が結び付き、

遊びレベルから、仕事レベルへの変化が起こされ易くなっている」。

「ある比べっこの支持者」等は

「その比べっこの選手・試合等」に

「自らを投影・転嫁・同一視等する事」等により

「自己承認欲求の代償欲求を追及する事」や

「現実逃避をする事」等々の為に

「利用したり、している場合が多い」が

「その様な{要望}も

個々の人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長が阻害されている

現状社会・経済システム等への

多くの場合、実質的、{強制}適応故の

ストレスから自らを守る為の

生体防衛反応の一つでもある」。

「逆から言う」なら

「人類個体の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長が阻害されない

本来の自己実現が容易になる人間社会・経済システムという

現状社会・経済システムより性能の良い精神文化製品を実用する様になる」なら

「その様な生体防衛反応が生じる場合も激減する事になり、

比べっこは、免疫を養う為にも、遊び程度」と

「本来の健常状態に落ち着く事になる」。

「Eスポーツ」でも

「本質・快適探究スポーツ」なら

「遊びレベルに抑えなくても」、

「自己健常制御の役に立ち易くなる」のだから

「基本ロジックを健常進歩・正常進化させる実務」は

「多くの関係者等が、意識的かつ積極的に行うべき実務になる」。

「学校の部活等でも、現状適応基準で物事を進めているダケ」では

「本当に、情けない」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

現実適応状態への是正を行う実務基準等」で

「部活等も行う」なら

「その実意味の価値も相応に高くなる」。

「比べっこを妄信させたり、賛美させたり、等々する

考え・思い等を増長させるモノ状態」では

「Eスポーツにしても、マインド・スポーツにしても、スポーツにしても、

実質的には、

狭義の自分も含む広義の自分に自虐を強いる方向に力を加えている事になる」のだから

「それらの精神文化製品も、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や

映画・アニメ・漫画・小説・音楽・絵画等々や

学校教育等々と同様」に

「健常進歩・正常進化させる実務」を

「意識的、かつ、積極的に行う事」は

「今時の人類にとって、

極めて重要な実務になっている」。

「どんなに狭義の自分の下に現状人間社会・経済システム上等の利権等を集めても、

広義の自分の存続~永続を壊し、

人類滅亡を誘ってしまっている」なら

「それは、本質的、劣悪者の行っている事に他ならない」。

「自分の実体把握さえ???の様相の

駄目人間の実体が其処に在る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事