« テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。 | トップページ | 「コカイン使用ゲイノウ人問題」と「留学生行方不明大学問題」と「北朝鮮金政権問題」等・・・。 »

サンデーモーニングでは「AI・ロボット兵器問題」や「移民問題」等について、常連出演者等が実質的、劣悪論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「AI・ロボット技術の進歩・進化」とは「人類の物質文明側の進歩・進化に他ならない」。「本来なら、

其れと共に、人類の精神文化側の進歩・進化が有るべき」だが

「其処が圧倒的に疎か」だから

「進歩したAI・ロボット技術を使って、

兵器等の自虐道具を

意識的、かつ積極的につくり出してしまっている」のが

「AI・ロボット兵器問題の本質」だ。

「此処で、人類の精神文化側を進歩・進化させる事の必要性等を訴えているべき

精神文化側の仕事の立場にあるテレビ常連出演者等」が

「この基本中の基本にさえ

十分に言及出来ていない事」等は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「移民問題論」等でも

「本質は同様」だ。

「移民を生み出している」のは

「現状までの人間社会・経済システム等に他ならない」が

「人間社会・経済システム等」とは

「人類の精神文化製品に他ならない」。

「現状の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした

経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に「他ならない」が

「其れが移民も生み出している」のが

「実態」だ。

「移民元にも、移民先にも、移民を生み出している要因が在る」が

「その要因をつくり出している」のが

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状の人間世界の主流精神文化になっている」。

「現状の人間社会・経済システム上」で

「国家や個々の人間が

社会・経済的優位性を保つ為」には

「武力による後ろ盾等を自ら持ち、或いは、同盟関係等により実質的に、共有し、

相応の安全環境を得た上」で

「現状の経済システム上での経済的優位性を得る必要がある」が

「その行動を多くの国々や個々の人間が行い続ける」と

「経済格差も広がる」のが

「現状の経済システム」だ。

「企業等が比べっこ上でより多くの利権を得続ける為」には

「安い労働力も必要になる」が

「安い労働力」は

「国境線を低くする事等により

それまでに武力・経済面での優位性を得る事が出来て来ていない国々から

容易に得る事も出来てしまう」。

「安い労働力として使われている人々の立場から見る」なら

「劣位状態に在る自国経済基準では

優位状態に在る他国での安い報酬でも高報酬となる」ので

「安い労働力を欲しがる企業等」と

「自国経済基準なら高報酬が得られる移民」との

「ウィン・ウィン関係が其処に成り立つ事になる」。

「ところが、この類のウィン・ウィン関係には犠牲者が付きモノ」で

「移民問題の場合」は

「優位国内に居る普通の報酬を得ていた労働者等が犠牲になり易くなる」。

「現状経済システムの比べっこ上で

企業等が優位性を保ち続ける為の

ウィン・ウィン関係と犠牲者等が

其処に露呈している事になる」。

「此処で、優等生ぶり、正義ぶって、

時には、差別問題等まで持ち出して、

ウィン・ウィン関係の方だけを

悪戯に、賛美・賞賛等している」のが

「現状大利権者等の犬としての実態を露呈している

劣悪レベルのテレビ・ラジオ等出演者やマスコミ常筆等になる」。

「全体の実態把握を容易にする情報配信をした後」で

「問題を生み出している現状経済システム等の是正を言うべき立場にある

精神文化側の仕事をしている者たち等」が

「現状大利権者等の犬状態」では

「本当に、情けない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「移民問題の基本構造からも明らかな様に、

経済的理由による移民が主となっている」から

「移民して来る人間たちの多く」が

「移民先の国々の元々からの精神文化等への適応性が良い訳も無い」。

「結果として、移民は移民同士で固まり易くなり、

移民者の多いところでは、

移民元の国々と同様の精神文化等が主流に使われ易くなる」。

「精神文化等を基にした、分断が一つの国の中で起こる必然性が其処に露呈している」。

「経済目的移民では無く、その国の精神文化等目的移民なら、

この様な問題が起きる訳も無い」のだから

「移民の資質等を言わない事」は

「現実の一部を黙殺等する事で、

特定の側の者たち等の利権維持等に都合の良い論等をつくり出す、

悪の手法になる」。

「移民の資質等から

大きな問題が起きる訳も無い正当な移民と

経済目的が主で問題が起きる可能性が大きい移民等を

ちゃんと区別出来る様になる」なら

「それぞれの国々での健常世論も適切なところで落ち着く事になる」のだから

「其処を抜いたままの移民論等の実態」は

「問題を解決方向に導くのでは無く、

ウィン・ウィン関係者等の利権維持等の為に

問題を解決しない方向に導いている

酷い、劣悪論等になる」。

「信仰の自由{免罪符}や

文化の自由・差別の撤廃等々を

高々とかざす事」は

「ウィン・ウィン関係者たちの利権保持~拡大には合理的になる」が

「元々から、現状で優位国に成れている精神文化等を構築~実用して来た

ウィン・ウィン関係者にも成れていないその国の多くの民等にとって」は

「利権追及者等の大衆騙しの為の偽善訴え等にも、感じたり、思えたりする事になる」。

「移民による不利益を受けている人間たち等」なら

「綺麗事で誤魔化すな!原黒ども!!レベルの話しに成っていても、

ある意味、当然の実態」が

「其処に露呈している」。

「偽善論等が分断の元凶にもなっている事」等は

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「人類にとって必要な事」は

「精神文化側も物質文明側同等以上に健常進歩・正常進化させ続ける事」だ。

「移民問題」で

「現状人間社会・経済システム等の是正等に言及しない」のは

「明らかに、酷く、劣悪になる」。

「その為に有益になる情報配信が出来ていてこそ

報酬や立場や権力等が得られる正当な権利を有している事になる」のが

「精神文化側の仕事をしている者たち等の実態」だが

「現状では、ほぼ全ての者たち等が

{天動説レベル}に執着で進歩・進化を実質的に、阻害状態」なのだから

「本当に、酷い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「精神文化側の進歩・進化等を外していない」なら

「AI・ロボット兵器問題についての論」も

「もっと、もっと、マシなモノになっていた筈」だ。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」とは

「古の時代から長く続いて来ていた

人間世界の主流最先端精神文化だった」が

「化学爆弾のみならず、原爆とく物理爆弾までをも実用した先の大戦以降」は

「さすがに、其れを最先端主流精神文化にしたままではマズイ!等と

多くの人間が十分に知覚出来る様になった」ので

「先の大戦後の人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」と

「成っている」。

「そして、この精神文化の進歩の裏に在る」のが

「多くの個々の人々の精神構造(自己制御ロジック)の進歩・進化に他ならない」。

「人間社会の精神文化が変わる前」には

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)の進歩・進化が在る」のが

「通常」で

「其処を無理やり押さえ込み続けて来ている独裁国等の精神文化の進歩・進化」が

「自由・民主主義国等の精神文化の進歩・進化より

遅れ易くなる」のも

「極めて、当たり前の現象に他ならない」。

「この意味からも独裁は大悪」だ。

「人権を言う」なら

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している事」こそが

「重大な人権侵害に当たる」が

「現状」では

「人間世界の主流最先端精神文化自体」が

「比べっこの無理強い」状態で

「生体としては、

乳幼レベルの比べっこ精神構造(自己制御ロジック)から

本質・快適探究の精神構造(自己制御ロジック)に

健常成長したがっている

ほとんど全ての人類」の

「精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している

重大な人権侵害を行い続けている」。

「こんな重大な問題」を

「黙殺し続けている」のが

「ほとんど全ての現状権力者等の実態」で

「其処に露呈している」のは

「優でも、秀でも、ある訳の無い、

超おとぼけ、或いは、おバカ状態等」と

「感じたり、思ったり、しているのは、筆者たちだけでは無い」。

「天動説はどんなに難し言葉でどんなに権威を込めて主張しても天動説」で

「どんなに主張しても、

実際の惑星や太陽が天動説の通りに動く訳も無い」。

「それと同様の事」が

「人類の精神文化側では起こされ続けて来ている」。

「AI・ロボット技術等の進歩・進化」という

「人類の物質文明側の進歩・進化」の「裏」には

「関係者の大いなる努力と能力の結晶が在る」。

「それと同様レベル以上に

精神文化側での健常努力が行われ

正常能力が使われて来ていた」なら

「人類は、

戦争等の自虐状態から、とっくの昔に脱出する事が出来ていて当然になる」。

「逆から言う」なら

「圧倒的に、健常努力と正常能力の実用が足りていない事になる」が

「その代わりに、

不健常努力と自虐を否としない異常能力が使われ続けて来ている」のが

「人類の精神文化側の実態」だ。

「その為にも有益になる情報配信をしているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等が

現状の様な旧態依然とした不健常努力・自虐を否としない異常能力実用状態」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「人間世界の精神文化や

個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる為に必要な科学レベルで判明している情報等」は

「既に、かなり在る状態」だ。

「其れを、意識的かつ積極的に、実用して来ていない事が一番の問題になる」。

「人類も含む生物の誕生・死が細胞ごとである事」等を

「科学レベルで理解・把握等出来ていなかった古の時代の人類」が

「丸ごと一人レベルで捉え・考え・思いたがる人の意識ダケを重用して、

死生観や、人生観や、宗教や、人間社会・経済システム等々の

精神文化製品をつくり出して来た事」には

「相応の必然性が有った事になる」が

「其れをそのまま実用し続ける必然性」等は

「もちろん、全く無い」。

「丸ごと一人の死生観時代」には

「衣食住環境も現状より圧倒的に貧しく、

多くの人々の

ストレスも

現状脱出欲動等も

極めて、強く」、

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)でも、

人の命の価値も軽く、

国や同族や家族等々の為に

自らの命をまるごとかける実行動等に対する容認心等も強かったから、

その集大成としての人間世界の精神文化では、

武力による丸ごと一人レベルでの命がけの比べっこ支配権/被支配権争いが

主流にされて来た」。

「自分たちの命も丸ごと一人レベルで軽く扱っていた」ので

「相手の命も丸ごと一人レベルで軽く扱い」、

「求めたモノ」は

「より早く手に入れられる、

より良い生活等々だった」。

「より良い生活等を得る事」が、

「相手を殺したり、支配したり、する事抜き」に

「自前と平和物質文明技術等々だけで実現出来得なかった古の時代の実態」が

「其処に露呈している」。

「多くの人々の生活水準が徐々に向上して来る」と「共」に、

「命も徐々に重く扱われる様に成って来ている」ばかりか、

「誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である事も科学レベルで判明して来ている」のが

「現状までの人間世界の実態」だ。

「物質文明側の進歩・進化は早く、

現状でも既に、

他の人類の命を犠牲にする事抜きに、

自前と平和物質文明技術等だけを使用して

より良い生活を実現する事等は可能になっている」が

「精神文化側の進歩進化が不十分で、

多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)や

人間社会・経済システム等の精神文化製品」も

「旧態依然としたまま・・・」とされ、

「多くの人間に旧来同様の自虐業を強いている」から

「未だに、かなり進んで来ているAI・ロボット技術を実現する物の中」に

「兵器」という

「人類同士殺し合う自虐の為の道具」が

「堂々と掲げられている」のが「実態」だ。

「細胞ごとの命の連続を検証する」なら

「人類誰もの命の連続」が

「地球上の他の人々も含む全ての生物に繋がっている事等」は

「誰もが解る」。

「広義の自分」の「実体」が「其処に在り」、

「永遠の命」とは

「広義の自分が実現可能なモノ以外の何モノでも無い」。

「古の時代」は

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観等ダケだった」ので

「必然的に、永遠の命も丸ごと一人レベルで考え・思う様になった」が

「もちろん、其れは、細胞ごとの誕生・死という命の実態との整合性が悪い

現実離れしている考え・思いに他ならない」。

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い」では

「丸ごと一人レベルで膨大な数の人間の命が直接的に失わさせられた」が

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い」では

「膨大な数の人類誰もの広義の自分の命が間接的に損なわれている」。

「この超自虐の是正が極めて急務である事」は

「もはや、論を待たない」し

「超自虐を是正する為に必要になっている事」が

「人間世界の主流最先端精神文化と多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事である事」も

「もはや、明白」だ。

「その為の実務を行っているべき精神文化側の情報・教育界の仕事をしている者たち等」の

「現状」は

「要求されている仕事レベルから

明らかに、酷く、劣っている、劣悪状態となってしまっている」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮核問題等」では

「完全核放棄しかありえ無い旨等述べた常連出演者等も居た」ので

「ある程度の是正もあった事になるサンデーモーニング」だが、

「未だに、

多くの常連出演者等が、

今時の精神文化側の仕事をしている者たち等としては

明らかに、力不足状態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。 | トップページ | 「コカイン使用ゲイノウ人問題」と「留学生行方不明大学問題」と「北朝鮮金政権問題」等・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事