« 未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。 »

文系東大志望動機等の劣悪性等も生み出している戦後日本の学校教育等の劣悪性等問題・・・。

『「本日のテレ朝朝番では、将来的には天皇の親戚になる可能性大」の

「皇室女性との結婚を目指している、

母親の金銭問題等が露呈させられている、

高学歴保持、留学中該当男性」について

「常連出演者等が

結婚観や、

学歴や職等の事等々を

アレコレ喧伝等していた」が

「象徴天皇の親戚としての資質が問われている面も濃厚な

該当男性皇室女性との結婚目指し問題を論じる」なら

「一般人とその面での区別をしっかりと付けて論じる事等が

極めて重要になる事等は論を待たない」。

「お互い好き同士だから結婚も是で在って然るべき」等とは

「一般人では成り立つ話し」だが

「血統も基になっている象徴天皇の親戚に成る可能性大の者の結婚について」は

「その者の、

少なくとも極近い血統スジの者にも大きな問題等が無い事等」も

「求められて然るべき事になる」。

「そうで無ければ、血統も基になっている象徴天皇の親戚に大きな問題を抱えている者が・・・等となり、

それが日本の象徴のイメージにも繋がってしまう事になってしまうから」だ。

「一般人と同様の結婚観ダケで通る様にする為」には

「血統を基にした象徴天皇制自体を

血統を基にしない様に等と、

大きく変更する必要がある事になる」が

「もちろん、

そんな天皇では古からの長い歴史を持つ日本の天皇として

認め難くなる日本国民の数も

かなり多くなる事になる」。

「血統をそのままに象徴化した戦後日本の天皇制」は

「天皇の下でまとまり、

政治・社会面等では天皇以外の者たち等が実権を保持した時にも

天皇を決して滅ぼす事無く、

明治維新持には天皇の下でまとまる事等により

欧米列強等の圧力等にも即応出来る状態を構築出来た、

連綿と続いて来ている古からの日本の体制の歴史等も重用した上」で

「天皇を利用した政治・社会面等での実権掌握等を実質的に、不可能にする

ある意味では、非常に巧みな天皇制になっている」。

「何れは、世界中で中心や象徴等とされる人物等の存在さえ要らない世界に

人類は至る事になる」が

「未だ、その様な世界の具現化像を多くの人々が認識等出来ていない現状」では

「象徴天皇制自体を早々に無くす事等は余り良い現状対応には成り得無い」。

「象徴天皇制を残す」なら

「旧来からの血統等の要素を重用する事」等も

「相応に重要になる」。

「血統要素を重用する」なら

「天皇の親戚になる者の実態にも、相応に高い適合性が求められて当然になる」。

「日本国・日本国民の象徴の親戚」が

「金銭問題付き」では

「素直に慶べない日本国民の数が相応に多くても何の不思議も無い事になる」。

「重要な事は天皇の親戚となる可能性が大きい者の問題自体」を

「多くの日本国民が納得出来る様に解決する事」であり

「該当男性が高学歴や高資格等を取得して

高報酬等が得られる職を得られる様にする事等では無い」。

「一般人の結婚観では、

お互いが好き同士である事や

高学歴・良ルックス・良スタイル・高報酬・高資産保持等々ダケを

重要な要素に出来る人々も未だ数多い」が

「異性との相性で一番重要な事」は

「生物個体同士としての気の部分まで含めた相性」だ。

「多くの場合では、

現状人間社会圧力故の要素が重用されての好き嫌いが

重用され

ルックス差別や経済差別等に基づいて

現状人間社会・経済システム内で、

より優位な立場を得易くなるツールとしての相手を

利用する事等により、

自分個体の生活等自体を

現状人間社会に蔓延っている価値観上で

より優位にする為等の

結婚等が溢れている」。

「その結果生まれている」のが

「少子高齢化」であり

「家庭内暴力」等々であり

「数多くの別居・離婚等」であり

「その世代間連鎖である代々話」等々だ。

「結婚家族生活自体は維持出来ていても、

現状人間社会・経済システム等や

現状情報・教育等や

現状家庭等故に

生じる無意識レベルも含むストレス」は

「数多くの八つ当たり劇、場合によっては惨劇を生み出し続けて来ている」。

「いじめや虐待や数々のハラスメント等々もその実例に過ぎ無い」。

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している

人間社会・経済システム等や情報・教育等故の

負の現象が其処に露呈している」』。

『「自虐的人間社会・経済システム等を是正する仕事がしたいから・・・」と

「高学歴等を欲し、東大文系等を目指している」なら

「その志望動機は、相応に健常で良質なモノと言える」が

「現状人間社会・経済システム等をそのままに、

その中で出来るダケ優位な立場を得易くなる為に

東大文系等を志望・・・」では

「その志望動機は劣悪と言わざるを得ない」。

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を

乳幼レベルの比べっこによる支配権/被支配権争いから

本質・快適を探究する健常成人レベルに

健常成長させる事が出来ていない人間たちの哀れが其処に露呈している」。

「比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造(自己制御ロジック)をそのままに

支配下の人間が覚えていると便利な者・物・事等々を

目一杯覚えているか?否か?等が問われているのが

現状の多くの所謂一流大学も含む文系大学等の入学試験等の実態」で

「其処への適応力を高める為の教育を行っている」のが

「所謂、文系の小・中・高等の学校教育の実態」だ。

「精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させている暇がある」なら

「もっと、支配側に居る者たちが使い易くなる様に、色々な者・物・事等を覚えなさい!」等と

「言わんばかりの学校教育等に対し、

健常な感性があるなら

何か変!とかイヤ!!等々と

感じたり、思ったりしていて当然」だが

「学校教師にとっての有益分子的な優等生等は、

教科書・参考書・教師等の教えを自分を殺してでも一生懸命覚える」。

「そして、

必然的に、

その頑張りに対する{報酬}等を

より強く欲する様に

{育って}行く」。

「今までの人類が積み重ねて来ている」のは

「武力にしても、経済等々にしても、

比べっこによる支配/被支配争いの

代々話」だ。

「この自虐から

多くの人間が

自らを解放する事」等が

「昨今激烈に求められている」。

「本来の所謂、文系の情報・教育等」なら

「この自虐からの解放の役に立ってこそ!」だ。

「現状をそのままに、出来るだけ多くの現状利権を自らの下に・・・」と

「自虐さえ自覚出来ない亡者の如く動き、

その結果として、

狭義の自分個体はもちろん、

広義の自分である地球生命体細胞群

(狭義の自分個体以外の人間も含む地球上の生物等)さえも

自虐的に破壊等させている

本質的、劣悪者等に成る為に

高学歴を欲する・・・」では

「本当に情けない」。

「頭が悪いのでは無い」。

「情報・教育が悪い」のが「実態」だから

「その是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「例えば、

言葉自体には物理的圧力になる程のモノでも無い限り、

大きな力は無い」のが

「現実」だ。

「ここで、言葉の上辺を気にしろ!」等と

「{教える}のが劣悪な情報・教育」になる。

「健常な情報・教育」なら

「言葉に力を持たせているモノは何か?を探究してみよう!」等になる。

「それを、探究する」なら

「言葉に力を持たせているモノ」が

「実体や事実・現実である事に気づく場合も少なく無い」だろう。

「実体や事実・現実でも無いのに、その言葉に力を持たせてしまっている場合」は

「自らの心理等の問題等が露呈して来る場合も稀では無い筈」だ。

「そもそも、

現状ではほとんどの人間が

自らの精神構造の健常成長を阻害されている情報・教育漬け状態に

押し込められている」から

「必然的に、自分の実体把握や自己健常支配や自己承認欲求の充足等が

困難にされている状態に

陥らされている場合が多い」。

「自己承認欲求不充足状態になる」と

「他の者・物・事に自分を認めさせたくなる自己承認欲求の代償欲求」や』

「認められている他の者・物・事等に自分を被せ、それを認める事によって

自己承認欲求自体を満たそうとする自己承認欲求の代償欲求」を

「追及し易くなってしまう状態に陥り易くなる」。

「そんな状態に陥らされている人間」なら

「他の者等が

自らについて言う言葉等の上辺が

強く気になっても、ある意味当然になる」。

「ここで、言葉自体を狩り、綺麗ごと言葉ダケにしたがる」のが

「劣悪な情報・教育等の実態」だ。

「本来の解決法」は

「自己健常支配を教え、

自己承認欲求の充足が出来る健常状態を得てもらう様に

教える事に他ならない」。

「ある程度以上自己健常支配の継続が出来ていて、

自己承認欲求の本来欲求を充足する事も出来ている」なら

「言葉の上辺等は気にならなくなる」。

「他の者・物・事等から認めてもらう事等を強く欲する

自己承認欲求の代償欲求の追及欲が

相応に抑えられるから」だ。

「言葉の上辺等は気にならなくなると共に、

自己健常支配の継続の為にも

言葉の裏に在る本質の探究等が

必要に感じたり・思えたり、認識出来たりする場合も多くなる」。

「実体や事実・現実を原寸大で伝えている言葉等」なら

「必要なら、その実体や事実・現実等と原寸大で共にある状態に自分を置く事」で

「自らの落ち着きにも直結させる事も出来る」。

「自己の実体把握」は

「基本中の基本になる」から

「義務教育でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、

意識的かつ積極的に{教える}べき」だ。

「今生きている全ての人間」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」だが

「人間の意識は、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」。

「誕生・死とは、生きている人間なら、誰でも、今、この瞬間にも実体験している事に他ならない」。

「誕生・死とは、基本的に細胞レベルの実現象」だ。

「古の人々は、今時の人類が、既に、科学レベルで理解・把握出来ている

この細胞レベルの実現象を理解・把握出来ていなかった」から

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる人間の意識上だけで

死生観や人生観も築いていた」。

「丸ごと一人の死生観・人生観と現実は当然整合性が悪い」から

「色々な矛盾点も出てくる」し

「その矛盾点を感知する事も出来てしまう」。

「其処で、その矛盾点を矛盾と考え・思わなくても済む様にする為」に

「考え・思いを高度に構築する事等も行われた」。

「古の多くの宗教上の死生観・人生観等とは、

古の時代の人類の英知の結晶でもある」が

「今時の人類が科学レベルで理解・把握出来ている者・物・事等との

整合性が悪いモノも

少なからず含んでいる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実と共にある状態に自分を置く事」では

「落ち着きが得られる」が

「古からの言われや死生観・人生観等に執着し過ぎる」と

「現実離れがストレスを生み出し易くなる」。

「その差は、決して小さく無い」。

「人類は、物質文明側では、かなり前から、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」が

「精神文化側では、旧来からの死生観・人生観や宗教等に執着したままの状態」が

「長く続いて来てしまっている」。

「その結果としての自虐」が

「破壊力の大きな武器を積極使用した戦争等」であり

「経済比べっこ優先の環境破壊や膨大な格差{製造}等々」だ。

「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する」なら

「この急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明側と

旧態依然としたままの精神文化側の

齟齬故の自虐」を

「是正する事が可能になる」。

「この重大実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき立場に向かっているべき

所謂、文系の高学歴者等が

旧態依然とした利権構造上での利権追及状態・・・」では

「本当に、情けない」。

「実質的には、人類滅亡を誘っている、劣悪者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「法も社会制度も、人類の精神文化製品に他ならない」。

「ドラマも小説も映画もアニメもマンガも音楽も絵画等々も、人類の精神文化製品に他ならない」。

「死の実体が細胞ごとの実現象である事が既に科学レベルで判明している」のに

「未だに、丸ごと一人の殺傷(自殺も含む)劇・いじめ劇等々をテレビ・映画・小説・漫画等々」で

「大々的に情報配信等しているダケ・・・」では

「本当に情けない」。

「死の実体は細胞レベルの実現象なのだから、

丸ごと一人殺す必要など全く無い」。

「そんな事をしなくても、人類誰でも、今、この瞬間にも死んでいる」。

「殺すべきモノの実体を探究し、殺すべきモノを殺す事が極めて重要」だ。

「例えば、

いじめや八つ当たり等々を生み出している元凶を殺す為に

どうすれば良いのか?等を探究し、

実践するドラマやマンガやアニメや小説等々くらい、

今時の作家等が書けなくてどうする!」

「貧困から特定極一部の者が脱出する●●ドリーム物語等」では無く

「貧困や不当な格差自体を無くす物語等が書けなくてどうする!!」

・・・等々。

「人類の精神文化側の進歩・進化への貢献がロクに出来ずに、

現状のまま利権収集ダケには熱心な作家等ならぬ守銭奴等」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「そんなモノを基に、情報配信等を続けているダケ」で

「過分な立場・報酬・権力等を得続けようとしている

テレビ・ラジオ界の者たち等」や

「マスコミ界の者たち等」も

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に居る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 未だに、「言葉によるいじめ~自殺問題」等でも、対策を言わず、ネット非難等をしている、劣悪レベルの番組が多いが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「米国宝くじ高額当選分配問題」や「中国カビ肉給食問題」や「Eスポーツ」等について、常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を喧伝等していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事