« サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 »

昨日のテレ朝朝番では「懲戒権の問題や筋トレ~ガードマン村の紹介」等を常連出演者等が行っていたらしいが・・・。

『「せっかくの有用情報内容」も「その内実理解・把握補助情報の配信抜き」では

「今時、公共の電波を使って情報配信等する内容としては、足りていない事になる」。

「懲戒権や親権等の明治時代からの法が

現状日本社会との適合性が悪くなっている問題」の「裏」には

「時と共に、進歩・進化を重ねて来ている

多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)と

その集大成である人間社会の精神文化」が

「在る」。

「法とは、精神文化製品の一つに他ならない」が

「個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化」が

「進歩・進化している」のに

「精神文化製品の一つである法」を

「そのままに・・・」では

「整合性が取れ辛くなる」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「ここで、多くの視聴者等」が

「先ず、

理解・把握・認識すべき事」は

「個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化の

進歩・進化の歴史や方向性等になる」。

「其れを多くの視聴者等が理解・把握・認識する事」により

「懲戒権や親権等の問題の本質の理解・把握・認識等も容易になるから」だ。

「それでは、

明治時代の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)は

どの様なモノだったのか?」

「明治維新」で

「階級差別状態が部分的に解消され、

多くの日本国民の自由度も相応に高くなった」が

「急変」は

「多くの人々に不安を抱かせ、頼る者・物・事等を欲する状態をつくり出す」。

「当時の多くの人々が頼った」のは

「欧米列強並みの強く大きな国に日本をする事」となり

「富国強兵化」に

「多くの日本国民も賛同していた」。

「そんな中での、個々の多くの日本国民の精神構造(自己制御ロジック)」が

「富国強兵化に貢献する事により自らや自らの家族等も豊かにする」等であっても

「何の不思議も無い事になる」。

「未だ、誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である事等の理解・把握・認識等を

ほとんど全ての人々が持てていなかった時代だった」から

「死生観・人生観も丸ごと一人レベルだけに基づいて状態だった」から

「富国強兵化に命がけで貢献して、例え、死んでしまっても、良いあの世での生活等が・・・」等と

「本気で考え・思えていた人々の数も決して少なく無かった筈」だ。

「そんな人類誰もの実体やその実体の本来の目的からは

程遠い、

ある意味、無理無理の精神構造(自己制御ロジック)や精神文化が

旺盛だった時に必要になる」のは

「無理無理を無理やり抑え一定枠に封じ込める為の圧力工夫等になる」。

「家族・家督制度や親権や懲戒権等々の圧力工夫等」が

「当時の法という精神文化製品に込められている事」には

「相応の必然性があった事になる」。

「明治維新という激変にも関わらず、

その後の日本国も多くの日本国民も

相応に順調に富国強兵化を実践出来ていた」のだから

「圧力工夫等の是非を問う」なら

「是の部分もかなりあった事になる」。

「日清・日露戦争に勝利」し

「植民地支配精神文化が未だ、旺盛だった時代」に

「国土拡大にも成功」し

「当時の韓国権力者等から保護を求められ、日韓併合にも至った辺りまで」は

「富国強兵化精神文化で上手く国家運営等が出来ていた実態も在る」が

「第一次世界大戦からの世界の主流最先端精神文化」は

「植民地支配精神文化の行く末でもある世界大戦精神文化に突入していた」ので

「急速に整合性が悪くなって行った」。

「第一次政界大戦の反省」から

「民族主義が生まれ、

ある民族の暮している所は、その民族のモノで

他の民族は侵略するべきでは無い」等の

「植民地支配を否定する考え方も旺盛に成り始めて来ていた」。

「ところが、民族主義は、民族に対する優劣付けにも好都合だった」ので

「第一次世界大戦で敗戦したドイツ」は

「ゲルマン民族優越主義を取り入れる事により

過剰な程の元気を取り戻し、

元気の元にもなる豊かさを求めて

{劣等}民族支配へと邁進して行ってしまった」。

「その事もキッカケになり、

世界大戦精神文化の人間世界」で

「対立組み分けがどんどん進み、

中国大陸への進出やドイツ側との連携を取った日本は

同じくドイツ側を取ったイタリアと共に、

日・独・伊と連合国という対立軸上」で

「第二次世界大戦に突入して行ってしまった」。

「精神文化製品の一つである日本の法の多く」は

「富国強兵化時代のままだった」から

「軍部が実権を握り易い状態のままでもあった」。

「もちろん、相応に多くの国民からの賛同が無ければ、

軍部独走も出来得ない」が

「其処で大きな働きをした」のが

「朝日新聞等を始めとするマスコミやラジオ等だった」。

「戦後、朝鮮半島南北分断後の頃からは、圧倒的に左翼(親朝鮮等)的になった

朝日新聞等だが、

それまでは、圧倒的に右翼的だったのだから、

その節操の無さ等」は

「本当に、酷い」。

「その激変節の裏に在る」のは

「実権者人脈の交代等と強く推定出来る」。

「第二次世界大戦後、人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力による比べっこ侵略~植民地支配の果てである

武力による比べっこ世界大戦に対する大いなる反省」から

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこに移された」。

「多くの植民地が解放され、

原爆の実用は世界大戦を遠ざけ、

その地域の支配権争い等を目的とした地域戦や

支配権争いの地域戦を利用した東西代理戦争等が行われる事はあっても、

人間世界の大勢は経済による比べっこに終始して来ている」のが

「第二次世界大戦以降の人間社会の実態」だ。

「誕生・死の実態も細胞ごとの実現象である事等も

多くの人間が理解・把握・認識する様に成って来ている」ので

「人生観・死生観も、丸ごと一人レベルだけでは無い人々の数も日々増え続けている」。

「当然、

個々の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化も

相応に、進歩・進化し続けて来ている」ので

「多くの人々が頼るのは、実体や事実・現実そのものにより近いモノ」となり、

「例えば、

以前からの法等の

不要な圧力工夫等は、

もはや、要らなく成って来ている」。

「精神文化製品の一つである法等を是正しない事」は

「物質文明製品で言うなら、古いままの、例えば、車等を使い続ける事等と同様」で

「それは、

燃費も悪く、環境にも悪い、

乗り心地も悪く、スピード出ない、

安全面でもアブナイ車に

乗り続けている様なモノに他ならない」。

「物質文明製品並みに、精神文化製品も意識的かつ積極的に進歩・進化させ続けて来ている」なら

「性能の悪い法が

新たな性能の良い法に置き換わっていない事などあり得ない」が

「物質文明製品の進歩・進化は意識的かつ積極的に行い続けて来ている人類」なのに

「精神文化製品の進歩・進化には、極めて不熱心な場合が非常に多い」。

「何故か?」

「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」が

「精神文化側では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に

蓋をする事等により旧来からの既得権益等を保持し続けていたりするから」だ。

「例えば、丸ごと一人レベルだけの死生観上の遺体・遺骨処理{利権}や宗教{利権}等々上」に

「その露わな傾向が良く判る」。

「もちろん、そんな事をし続けていても、

地動説が明らかになっている人間世界で天動説が長持ちする訳も無いのだが」。

「其処に露呈している」のも

「自己健常制御の代わり」に

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及し続けている

代償欲求過剰追及状態の人間の性等になる」』。

『「人間個体としての充足がある本来欲求」と

「人間個体としての充足はあり得ない代償欲求の追及」の

「違い」は

「多くの人間がちゃんと理解・把握・認識等しておくべき重大事に他ならない」』。

『「筋トレ~ガードマン村」が

「非行状態を減少させ、

貧困からも脱出出来た裏」にも

「自己健常制御」と

「人間世界現状適応」の

「実態」が

「良く現れている」。

「筋トレ」とは

「自己制御による訓練に他ならない」。

「その成果」は

「必然的に、自らの身体に現れる」から

「それは、自己承認欲求の充足にも直結している」。

「非行状態に陥っている人々」は

「自己健常制御状態を失っているが故に

自己承認欲求の充足も困難になっている」。

「その結果、自己承認欲求の代償欲求の追及が起こされ易くなり、

その人間個体としての充足があり得ない代償欲求の追及は

その人間個体としての充足が無いが故に

時と共に過剰に成ってしまい易い」。

「例えば、

ヤク等を打ったり飲んだりすると

非日常感や高揚感や安堵感等が生まれる事になる」が

「それは、日常である現実の否定感でもある」。

「自己健常制御に失敗している者たち等」が

「ヤク等依存状態に陥り易くなる」のは

「自己健常制御に失敗している日常を否定すると共に、

現実を否定し現実から逃避する道具にも成り得ているからに他ならない」が

「もちろん、それは、更に、自己承認欲求の充足を困難にする事でもある」。

「筋トレ等々で、自己承認欲求の充足に成功している者たち等」なら

「現実否定や現実逃避等も不要に成り易くなる」から

「ヤク等への依存も不要になり易い」。

「但し、ここで重要になる」のは

「比べっこからも抜け出す事」だ。

「個々の人間個体には、それぞれ、別々の特性が有る」ので

「同じ、筋トレでも、向いている人も居れば、向いていない人も居る」のが

「現実」だ。

「筋トレだけにとらわれずに、自分に向いているモノを実践する事で

自己健常制御の継続状態を維持する事が適切になる」。

「筋トレ~ガードマン村の場合」は

「現状人間社会の中のその村人に対する需要」が

「ガードマンだった」から

「現状人間社会適応も可能になった」であり

「その需要が無かった」なら

「筋トレ自己健常制御による非行状態減少等だけで、

経済的ストレスは解消出来なかった村になっていた筈」だ。

「この辺り」にも

「需要と供給の関係に基づく、経済比べっこ人間社会の不健常性が露呈している」が

「その是正の為」には

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事」が

「必要になる」』。

『「それでは、

個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の

進歩・進化の方向性はどうなっているのか?」

「人類誰でも、乳幼児の時」は

「比べっこによる支配権(乳房)被支配権(親の愛等)争い状態」が

「健常になる」。

「多くの哺乳類とも同様の、云わば、動物レベルの精神構造(自己制御ロジック)が其処に在る」。

「人間の場合は、頭・心・体が次第に成長するに従い、

比べっこから本質・快適探究へと

精神構造(自己制御ロジック)も進歩・進化して行く」のが

「健常状態」だが

「幼少期~青少年期等に精神構造(自己制御ロジック)の

固着を誘ったり、

進歩・進化を阻害するイベント等に見舞われたりする」と

「この健常進歩・正常進化が大いに阻害され易くなる」。

「その結果、比べっこによる支配/被支配のままの精神構造(自己制御ロジック)のまま

身体ダケは成人レベルという

アダルトチルドレン・アダルトベイビー等が

かなりの割り合いで居る状態になってしまっている」のが

「現状までの人間世界の寒過ぎる実態」だ。

「そんな状態の集大成」が

「現状人間社会・経済システム等の精神文化製品に反映されている」ので

「現状人間社会・経時システム等自体」が

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させない

圧力工夫等になってしまっているのが実態」だ。

「本来のしつけ」とは

「子どもの身体だけでは無く、精神構造(自己制御ロジック)も

健常成長させる為の手段に他ならない」が

「現状人間社会適応を強いる」と

「まるで、

戦前~戦中に良い兵や将校になる事等こそが人生の成功とされていた事等と同様」に』

「良い経済戦士になる事等が人生の成功!とばかりに

自分の実体やその実体の本来の目的に叛く事等さえも

行え!等としつけされてしまう事になる」。

「其処に露呈している」のは

「現状適応を強いる{調教}等であり、

しつけでは無い」ので

「そんな実態を横目で見ながら育っている親の一部等」が

「現状人間社会適応では無く、親への適応等を強いる{調教}等を行う様になってしまっても、

ある意味、何の不思議も無い事になる」。

「もちろん、そんな{調教}等を行ってしまう親等の実態」も

「現状人間社会適応等が上手く行っていない場合が多い、

より弱い立場の子どもに八つ当たりしている状態の者たち等である場合が多い」から

「八つ当たり{調教}の結果が悲惨な事になってしまう場合も少なく無い事等」は

「ある意味、当然の現象でもある」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」なら

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を

より容易にする為の工夫等があって然るべき」で

「其処に、八つ当たりや{調教}等が在る訳も無い」のだから

「現状人間社会への適応圧力工夫等」が

「惨憺たる事件・事故等の一つの大きな元凶になっている事等」は

「多くの人間が十二分に理解・把握・認識等しておくべき事になる」。

「経済比べっこでは無く、本質・快適探究なら、どうなるのか?」等を

「多くの人々が、科学レベルで判明している実体や事実・現実等を実用して

探究する」なら

「必然的に、

生まれて来ている

ドラマ・アニメ・映画・漫画・音楽・小説・絵画等々の精神文化製品等も

全く別のモノになっている事になり、

その様な精神文化製品等が大々的に普及する」なら

「多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)も

健常進歩・正常進化し易くなる」ので

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化も実現し易くなる」。

「人間世界の主流最先端精神文化が健常進歩・正常進化する」なら

「自虐的で悲惨な事件・事故等も激減する事になる」のだから

「精神文化側の重大実務」を

「意識的、かつ、積極的に行わない方」が

「どうかしている事になる」。

「もちろん、今時必要な十分な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「多くの人間に犠牲を強いている旧態依然とした利権構造上」で

「自らの下に過分な権力や報酬や資産等々を集め続けている様相の者たち等」は

「早々に、重要な立場等々から退かされるべき」だ。

「現行法までの法という精神文化製品上」では

「法に威厳を持たせる為に、難解な表現が好んで使われ続けて来ている」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預ける」なら

「表現は、誰もが解り易い出来る限り容易な方がより良い事になる」。

「懲戒等の表現が要る状態の法」では

「多くの人々の自虐状態等もナカナカ激減し辛い」が

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に権力を預ける

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った

誤解を生まない範囲で出来る限り容易な表現の法等」なら

「天動説では、惑星の実態も???状態の人々が多かったが、

地動説なら、多くの人々が容易に理解・把握出来るのと同様に、

多くの自虐状態を激減させる為にも非常に有用な法になる」。

「そのレベルの大幅な進歩・進化が必要になっている」のが

「人類の精神文化製品の実態」だ。

「その為の重大実務に励んでいるべきテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界や

作家等々の者たち等」が

「未だに、旧態依然とした利権構造等上での低レベルの仕事を繰り返している実態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでも、「米朝首脳会談決裂に対する恨み節」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「東日本大震災からの復興」等をダシに常連出演者等が「反原発政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事