« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「G20やトランプ大統領や日米安保をダシに、米国離れ等を誘っていた」様相だったが・・・。

『「多くの視聴者等の米国離れを誘う事」等により「中国共産党等依存化状態を誘いたい様相」の「日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)」の「裏」には

「北朝鮮金政権等の手下やその協力者等の臭いが濃厚に漂っている場合が多い」。

「訴えている政策等の内実」で「其れは、直に判明する」。

「日本を細らせる反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせ易くする、

例えば、円高容認や、日本のみ脱原発や、太陽光発電の過剰推奨や、善悪差別抜きの差別反対や、・・・等々」という「場合」は

「ほぼ、間違い無く、その様な所謂、左翼(内実、親朝鮮)や、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の論等に操られている、者たち等」に

「成る」。

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等上」や

「公共レベルのマスコミ上」や

「学校教育上」等々で、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ばかりが、主として起用され続けて来ている、

戦後日本の実態は明らかに異常で、酷く、劣悪」に「成る」のだから

「早々に、反論・他論・各論等を言える、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)以外の人脈の者たち等」も

「現状までの、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)と同レベル以上に重用して起用するべき」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「所遊蓮出演者等の人脈実体ゆえからだろう」が

「米国トランプ大統領の呼びかけに、北朝鮮金正恩が応えるか?」にも

「スポットライトが当てられ、北朝鮮金政権等側からの目線で、論が喧伝等されていた」が

「もちろん、トランプ大統領による金正恩への呼びかけ」には

「伏線が在る」。

「先日の金正恩へのトランプ大統領からの親書が其れ」で

「親書内容通りに事を進める」なら

「会いに来て、悪手する」。

「親書内容を拒否する」なら

「会いに来ない」。

「親書内容の一部は実践するが、一部は実践しない場合」なら

「会いに来て、悪手はしない」。

・・・「等の取り決めが既に仕込まれている」。

「故に、2分の面会でも十分」だ。

「上記の様な、少し冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、容易に推定出来る内容」を

「無い事」に、

「トランプ大統領が金正恩に呼びかけた事を

日本の安倍政権等の北朝鮮対応に無理やり繋げて、

日本も、もっと、北朝鮮金政権等に寄り添って・・・等の内実の論を

喧伝等する」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等と相場は決まっている」。

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等を

日本の公共の電波上等で蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で起用する」にしても、

「少数野党意見同様のマイナー意見等として原寸大に扱う事」が

「適切に成る」。

「日本国・多くの日本国民側の論や意見等が圧倒的に不足し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々の

酷く、民意離れしている、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日米安保抜きで、日本の安全保障を成り立たせる為」には

「必要になる軍備を自国開発~製造し、自衛隊を軍隊化して、核武装もする事が必要に成る」。

「そうしない場合」は

「中国共産党支配下の中国やロシア等との間に、安保条約等を締結する必要がある事に成る」。

「自衛隊でさえも、違憲である旨等、散々喧伝し続けて来ている場合も多い、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)」が

「日本の原発にのみ反対している実態を露呈し続けて来ている場合も多い、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)」が

「自衛隊の軍隊化や、日本の核武装に賛同する訳も無い」から

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の言う、脱日米安保論等の実体」は

「日米安保を止めて、中国共産党やロシア等の支配下に入れ!」に

「他ならない事」に「成る」。

「上記の様な、既に、露呈している実態を、実質的に、無い事にしたまま、

実質的に、多くの視聴者等の日米安保離れ感情・思い等を煽っている情報配信」の

「情報工作~大衆誘導ぶり」等は

「本当に、酷く、悪質」に「成る」。

「上辺の表現は、現代的で、紳士的・優等生的でも、内実は、ナチス・ヒトラーの大衆誘導等と同様の実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「正義が勝つのでは無い!勝った者が正義だ!」とは

「サンデーモーニングと同じ局のドラマの番宣」だが

「今時としては、余りにも、悪質な番宣」を

「恥じらいも無く、大喧伝等し続けているところ」からも

「該当局の確信犯的悪質性が露呈している」。

「買った者が正義」なら

「其れこそ、ズルをしても、インチキをしても、力任せでも、勝てば勝ち!」にも

「思えたりしてしまう」が

「もちろん、そんな風潮を今時の人間社会内に蔓延らせて良い訳は無い」。

「買った者が勝ち!」とは

「比べっこ上で成り立つ事」で

「比べっこ上ではフェアプレイが極めて重要に成る」。

「比べっこ上では無く、本質・快適探究上」なら

「ズルや、インチキや、力任せ等々の自虐度の高い手段を使った段階で負け」で

「その時点で勝ちも在り得無く成る」。

「今時に、番宣等、公共の電波上で大喧伝する」なら

「本質的に、ズルや、インチキや、力任せ等々の、手段を使って勝ちを求めた段階で、

お前は、自分自身に既に負けている!!」等に「成る」。

「酷いホンのドラマばかり・・・の実態を露呈し続けて来ている戦後日本のテレビ界のドラマ」は

「筆者は、積極的には見ない」ので

「番宣からして既に、酷過ぎる、該当ドラマも当然見ない」。

「時代劇や昨今までの様なドラマも、もちろん、有っても良い」が

「其れらばかり・・・ではダメ」だ。

「何処の局でも、今時に相応しい、本質・快適探究ドラマ等を

意識的かつ、積極的につくり、配信するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「殺人欲動を殺すドラマ」や

「自分の実体を探究し、広義の自分も狭義の自分も良く理解・把握して行くドラマ」や

「死の実体を実体通りに十分に理解把握する事等により死の恐怖から解放される」と「共」に、

「人間同士の間に、強烈なギャップを要求し、孤独感を増大させ、

その反動形成で血統家族主義や仲間主義等に過剰に依存させられがちに成る、

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観からも解放されるドラマ」等々が

「何故、書けない!」

「作家等としての能力が本質的に欠けている実態」や

「起用作品等を悪劣に絞り続ける事で、多くの視聴者等の具民化を図り続けて来ている実態を露呈し続けて来ている

テレビ局等の悪劣な実態」が

「其処に露呈し続けている」。

「是正が急務である事」等は「もやや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や』

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「中国共産党の核心的利益」等を必要で重要な事であるかの如く喧伝等している中国共産党等の実質的、手下等問題・・・。

『「中国共産党の核心的利益の実体」は「中国共産党による全人間世界支配に成る」のは

「独裁政権支配」とは

「自己健常支配の代わりの、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の二極分化上で成り立つ体制だから」で

「独裁政権が他の者・物・事支配側を独占する事による、独裁政権以外の者・物・事の被支配依存体制の構築抜き」には

「独裁政権の存続も在り得無いから」に「他ならず」、

「独裁政権が存続し続ける為には、終極的には全人間世界の支配が必需に成るから」だ。

「元々が、自己健常支配の代わり上の体制」なので

「スパイ・工作活動等のズル」や

「圧力支配等の悪政」も

「当然の如く、行えてしまう」のが

「独裁政権の実体」だ。

「技術の強制移転等の圧力支配策」で

「他国の知的財産等を実質的に略奪する悪事」も

「平然と行えてしまう」のは

「独裁支配に必要になる事を行う事は独裁支配政権にとっては善とお手盛り解釈出来てしまうから」で

「もちろん、そんな善悪解釈が人間世界の健常スタンダードである訳も無く、

独裁政権を蔓延らせる事で、そんな善悪解釈を人間世界のスタンダード化してしまう」なら

「人間世界自体の崩壊現象が起きる事に成る」のは

「極めて当たり前の事に他ならない」。

「実際に、独裁支配力が既に及んでいる独裁支配政権の国の中では、

崩壊現象が頻発している」が

「其れを圧力で押さえ込み続けようとしている独裁政権に必要に成っている」のも

「多大な利権に成る」のが

「金権人間世界の実態」だ。

「自己健常支配が主となっている人間世界」なら

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配は遊び程度で十分に成る」から

「自己健常支配の結果から出て来る人間個体本来の善悪基準を素直に実用すれば良い事に成る」。

「人間本来の素直な感性等まで歪めなければ成立し得無いのが独裁政権」だが

「古の時代」は

「科学レベルで判明させる事が出来ていた実体や事実・現実等が余りにも希薄だった」から

「人間が人間に依存せざるを得ず、

他の人間を依存させる人間に大きな利権を与える{工夫}により、

依存する側が依存し易くなる様にする独裁支配社会上の利便性等を図る事にも、

相応の大衆支持が得られ易い状態だった」が

「科学レベルで判明させる事が出来ている実体や事実・現実等が其れこそゴマンと在る現状人間世界」では

「個々の人間が、自らを健常支配し続ける事も相応に容易に成っている」ので

「独裁政権等による支配」は「もはや、無用の長物状態に成っている」のが

「現実」だが、

「そんな時代の先進諸国に当初時期から名を連ねる事が出来なかった、

所謂、開発途上国の中には、

一刻でも早く、自国を先進諸国並みに強化する欲や

その先に、先進諸国より進んだ国にする欲等を持った

政権指導者等が生まれる場合も稀では無く、

その様な政権指導者等が採用出来た体制策が、

往々にして、古の時代の人間世界から多々在る独裁支配体制に成った事」は

「真に先進的な体制づくりを行えるレベルの実力のある政権指導者等を頂いている国」なら

「自国も先進国に出来ているから」で

「自国を先進国にする事も出来ないレベルの政権指導者等が考え出す事が出来る事は、

往々にして、既に在る、人間世界の支配体制等の焼き直し塔に成るから」だ。

「はっきり言えば、独裁支配体制の国々」とは

「独裁支配体制を選択した時点で負け組が決定している」のだから、

「先ずは、早々に、独裁支配体制から抜け出す実務を行う事こそが、

その国・その国の多くの国民の真の利益に直結している事に成る」。

「独裁支配を続ける為の核心的利益」は

「上記の実体」からも

「必要で重要な事である様に伝えてはダメ」で

「人間世界の健常未来の為にも、早々に解消すべき事である様に伝えるべき事」に「成る」。

「ある程度以上高学歴の者なら、上記程度の実体が解らない訳も無い」から

「高学歴者等を重用し続けて来ているテレビ界等で、独裁支配に必要な核心的利益を

必要で重要な事の様に伝えている者たち等の実体」は

「実質的、独裁政権等の手下、或いは、その協力者等に成る」。

「戦後の日本国内では、中国共産党の手下等の数は、未だ、それ程、多く無い筈」だが

「北朝鮮金政権等の手下等の数は、

日韓併合時には同じ国で朝鮮半島内からは多数の朝鮮人が自主的に渡来し、

大戦時も朝鮮人男性に対する召集は遅かったので多くの朝鮮人男性は生き残れ、

戦後、占領政策等の中で無理にでも・・・や、日本人女性との結婚等々の手段により、日本国籍を取得した者たちも多く、

朝鮮戦争時にも{難民}等として多数渡来している」から

「南北朝鮮に分れた後には、朝日新聞等の様に、北朝鮮側に成った者たち等の数も結構多い」のが

「実態」だ。

「選挙も無いから実権者人脈の交代も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育界等の

重大な問題の氷山一角がタイトルの事態にも露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「独裁政権のご都合善悪判断上」では

「独裁政権の都合に沿わない人間たちは皆、独裁政権の都合で粛清する事等さえも善に成る」ので

「例えば、戦後産まれの一般市民個人に対しても、集団で粛清工作を仕掛け続ける極悪事等も

平然と続けて行う事が出来てしまって来ている」。

「とんでもなく非人道的な実態が日本国内に在り続けて来ている」が

「この重大事さえ告発等しようとして来ていない」のが

「独裁政権等の手下等の様相を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等は告発し、

摘発や厳罰に必要に成る体制や法の早急な整備等を訴えていて当然」なのが

「健常な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」が

「現状は、真逆で、実質的に、非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている集団の側状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「中国共産党や北朝鮮金政権等独裁政権の核心的利益を守る事は人類滅亡に直結している」。

「もちろん、米国トランプ政権が判断を誤る事も無い筈」だ。

「昨今の世界情勢や地球環境状態等からも明らかな様に、

もはや、人類に大きな時間的余裕は無い状態に成ってしまっている」から

「何れにしても、独裁政権国がより早く民主化出来る様になる結論が出る事に成る」』。

『「其れにしても、現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等の

多種多様性さえも不十分な、酷く、劣悪な状態は、

本当に、酷い」。

「非人道的な集団スパイ・工作活動等の完全排除」等と「共」に

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「芸能界のイスが限られている事等を公然化させる大衆誘導」等を行っていた様相だったが・・・。

『「血統家族特待生常連出演者等の言い分」では「野球でもレギュラーは1チーム9人・・・等の旨」だったが、

「スポーツ比べっこの世界」では

「相応に、公開競技の中での、必要実力の保持~発揮度等によるチーム貢献度等の、公平性バイアスがかけられている」ので

「例えば、血統家族特待生だから・・・とレギュラーの座が安定的に与えられる事も無い」。

「現状までの日本のテレビ界等で、常連出演等の座を与えられている者たち等の実態」とは、

「常連出演等の場をつくり、維持等させて来ている、テレビ界実権者等の意向に沿う者たち」等で

「其処には、公開スポーツゲーム上の実力比べっこ等の、公平性を担保する為のバイアスさえも無い」から

「テレビ界等の実権者に気に入られているダケで、刑法犯等にでも成らない限り、常連出演等の座が安定的に与えられ続けている」。

「日本の球界には、セリーグ・パリーグ合わせて十二もの球団が在り、

それぞれの球団には、

何人もの、レギュラーピッチャーも居る上に、

先発・中継ぎ・クローサー等の役割り分担も有るから、レギュラーの数も9人より遥かに多く成っていて、

移籍でもしない限り、ある球団のレギュラーが他球団のレギュラーとして出場する事はあり得ない」ので

「多様性も相応に保たれている」。

「スポーツ競技界」は

「野球だけでは無く、多種多様なスポーツ競技が在り、その中で、商業として成功しているモノも、かなり数多い」。

「スポーツ競技という制約枠が在る中で、相応に、多種多様性が保たれていて、

公開競技による実力比べっこ等による公平性も保たれている」。

「戦後日本のテレビ・芸能界の場合」は

「多種多様なテレビ局状態では無く、何処の局でも、同様の顔・同様の論等ばかり・・・が、常連出演・主扱い状態」で

「ある極で常連出演者等の者が、他局でも常連出演等・・・と、

野球で言うなら、

あるチームで先発ピッチャーの者が、他のチームでも先発等・・・や、

あるチームのクリーンアップ打者が、他のチームでもクリーンアップ打者等・・・」という

「比べっこにも成り得ていない状態が続けられてしまって来ている」。

「本来なら、そんな酷く、劣悪な状態を是正すべく、

多種多様な人脈から、色々な人間たちを、常連出演等させる事等により、

先ずは、スポーツ競技比べっこと同様レベルの、比べっこ状態をつくり出す事」等こそが、

「テレビ界の者たち等が、意識的、かつ積極的に行うべき事の筈」だ。

「そして、比べっこ状態の先に、本質・快適探究が続く」なら

「情報界の仕事を今時に必要なレベルにまで、健常進歩・正常進化させる事が出来る事に成る」。

「其れなのに、常連出演者等は、酷く、偏りがある、酷く、狭い、現状のテレビ・芸能界等の、常連出演者等や論の状態」を

「実質的には、同様と言っても、同様の例には成っていない、野球のレギュラー等まで持ち出して、

公然化させ、維持する事等を、多くの視聴者等に容認・黙認等させるべく、

公共の電波を使って、一方的に、{圧力}情報を大量配信していた」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「雇用者責任は何処へやら・・・状態で、十分な報酬さえ与えない芸人等を何千人も抱える事で、大企業化している様相の

大手芸能事務所所属の芸人たちの多く」を

「例えば、野球の二軍選手レベルの報酬は得られる様にする為」には

「相応に、入り口での実力審査等を厳しくする必要がある筈」で

「その様にしていたなら、とても、何千人もの芸人を抱える事で大企業化する事も出来ていない筈」だが、

「逆に、所属出来ている芸人は相応に実力者と成り、多種多様な芸人をテレビ局等も含めて、多種多様な場に提供し易く成っている筈」だ。

「現状では、テレビ局等の側が、常連出演等の座を極端に絞る事により、特定極一部の者たち等ばかり・・・が、

過剰な有名人利権等も得易く成ってしまっている」が

「其処には、スポーツ競技並みの比べっこも、常には、無く、

時々、アリバイ的に行われている比べっこ上の優劣を決めているのも、

現状のテレビ・芸能界等の実権者等やその協力者等と成ってしまっていれば、

主として、取り上げられて来るのは、現状のテレビ界実権者等にとって都合の良い者たちばかり・・・と成ってしまう」のは

「ある意味、当然の現象」で

「上辺の表現等は人それぞれでも、

内実は、精神文化・精神構造の健常進歩・正常進化への貢献度が低い、性能の悪い精神文化製品を提供している者たちばかり・・・と成れば、

健常な視聴者等なら、直に飽きるのも当然に成る」。

「飽きても、次に重用されるのが、同様の者たち等ばかり・・・では、

低レベルに固着化した情報配信等は、時と共に益々陳腐に成って行くダケ・・・」で

「テレビ離れがどんどん加速する」のも

「極めて当然の現象に成る」。

「其れでも尚、その様な悪業を行い続けなければ成らない」のは

「テレビ界等実権者等の政治・社会信条や人脈等故の悪現象」と

「強く推定出来る」のは

「戦後日本のテレビ界等」の

「政治面での、旧社会党~民主党等~立憲民主党等偏向・偏重状態」や

「社会面での、日本細らせ、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)太らせ策に成る事の大推奨状態」等からも

「良く判る」。

「其処に、民意との整合性があるなら、未だマシだが、

選挙のある政界とは違い、選挙も無いテレビ・芸能界等では、

未だに、旧社会党~の人脈が{政権与党}状態」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等の健常進歩・正常進化の為」にも、

「実権者等人脈の入れ替え等があって然るべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「闇営業」も「酷い」が

「現状までの該当大手芸能事務所の状態も、決して、褒められたモノでは無い」。

「テレビ界実権者等との深く・強い繋がり等の為に、どんな事等が行われて来ているのか?」等は

「本当のマスコミ等なら、徹底して、暴き、膿を出すべき事に成る」。

「特定極一部極少数の者たち等が、年間何億~もの大金を得られる反面で、

多くの芸能界の人間たちが、困窮状態に在る、異常な芸能界の状態」の「裏」で

「集められた大金の行き先にも要注目!」に「成る」。

「こんな状態を維持し続けていても、ロクな事は無い・・・ばかりか、悪影響は時と共に、ドンドン広がり易く成る」。

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党だった旧社会党等~の人脈の者たち等が大きな実権を持つ者等として多数居る

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等」だから、

「北朝鮮金政権等が無くなっても尚、この様な状態が続くのか?」等は

「要注目!!!」に「成る」』。

『「他の番組で紹介されていた」が

「参院選を睨んで、立憲民主党以外の野党も、公約を出して来ている」。

「立憲民主党同様に、旧社会党人脈等の色が濃い、社民党の公約」には

「{日本のみ}反原発や再生可能エネルギー{偏重}や{仕事の国外流出に繋がり易く成ってしまう}最低賃金アップ」等々の

{中国共産党支配下の中国や北朝鮮金政権等や韓国等が喜ぶ}共通点が多く見受けられた」。({}内は筆者の実感)

「維新の小さな政府化や議員報酬低減」等は

「米国並みに、自分の事は自分で守る等が徹底している日本社会に成っているなら、ある意味、合理的」だが

「現状の日本社会状態なら、ある程度以上大きな政府で、きめ細やかな対応も可能にする方が合っている」等と

「感じる、日本国民の数も、決して、少なく無い筈」だ。

「どの党でも、護憲・改憲対立はバカげている」。

「今時の日本の憲法として、数十年も前の憲法がそのまま通用する」とは

「丸ごと一人の死生観・人生観ダケの世界を何時までも続けたい!の世界」で

「時と共に、現実離れのストレスをドンドン増大させて行く悪策」に「他ならない」。

「日本国・多くの日本国民との健常整合性がより高くなる様に、憲法も含む法という精神文化製品も、

健常進歩・正常進化させ続ける」のが

「立法府の本来の役割」に「成る」。

「護憲と言うなら、耳障りは良い」が

「何十年も前の法からの健常進歩・正常進化反対!」が「実体」に「成る」のだから

「憲法進歩・憲法進化反対!」と「表現すべき」で

「その事によって、何処の国のどの様な人間たちがメリットを得られるのか?」を

「検証する」なら

「北朝鮮労働党等のオトモダチは、今でも、北朝鮮労働党等のオトモダチで、

日本の進歩・進化より、オトモダチの保護や支援が優先なのでは・・・等と

感じる有権者の数も、決して少なく無い筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

元アイドル立憲民主党比例候補が公共の電波上で大宣伝されていたが・・・。

『「元アイドル等という事で、公共の電波上で、偏重して取り上げる事」の「実態」は「職業差別」等に「成る」。

「更に、子育て中の旨の喧伝付き」とは「他の子育て中の参院選候補者に対する明らかな差別喧伝」等に「成る」。

「公共の電波不当使用の実態が其処にも露呈している」が

「其れを行っている」のも「旧社会党~民主党等~立憲民主党等のお仲間テレビ等」という「実態が露呈している」。

「民放はもちろん、現状のNHKも含む、戦後日本のテレビ界の実権者人脈の実態が其処にも露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」。

「公共の電波の不当使用を行った、行わせた者たち等」は

「公共の電波使用の仕事が出来る立場や其処に多大なる影響を与えられる立場等から排除されて然るべき」だ。

「多くの視聴者等」は、

「偏向・偏重情報等を鵜呑みにする事等により、

偏向・偏重情報等が誘う者・物・事等に自分を従わせてしまわない様に、

十二分に留意するだけでは無く、

公共の電波不当使用者等に対して、相応に厳しく対応出来ていて当然」だが、

「戦後日本の学校教育等」では

「教師等に従順である事等が教え込まれ続けて来ている」ので

「テレビ・ラジオ・マスコミ上等で、教師的に上から情報を与えられる」と

「鵜呑みにし易い精神構造(自己制御ロジック)が仕込まれてしまっている」。

「戦後日本の学校教育界での{政権与党}も、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界同様」に

「旧社会党~民主党等~立憲民主党等の状態」が

「未だ、色濃く残されてしまっている」。

「選挙も無いから、実権者人脈等の交代も不十分で、民意反映も不十分に成ってしまっている、

戦後日本の情報・教育界の是正」は

「本当に、急務」だ』。

『「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演者等で

常連出演者等の言う論ばかり・・・が主扱い」という

「異常さ」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「反論も、対論も、各論も、極めて希薄」なのは

「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演だからに他ならない」。

「日本全国各地から、多種多様な人間たちを、現状の常連出演者等と同等の待遇で出演してもらう」なら

「特定極一部の人脈の常連出演者等が言った論等に対する反論も直に出易く成る」。

「対論や各論等も出易く成る」。

「其れを視聴した多くの視聴者等は、特定の論に操られるのでは無く、

それぞれの論等を視聴者自身が考え・判断等する事により、

視聴者自身にとって自虐的に成らない判断や行動等をする事を実現させ易く成る」。

「本当の民主主義の為に公共の電波等を使っている」なら

「其の様な状態であって当然」に「成る」。

「現状は、まるで、何処かの共産党等の指導者が、

公共の電波を使って、

学校教育や環境等によって、衰退化させられ、愚民化させられている人間たちを

共産党等の都合に沿う様に、マインドコントロール支配し、行動等を操ろうとしている様相ですらある」。

「その実態」は

「上辺がどんなにソフトで紳士的でも、ナチス・ヒトラー等が行っていた大衆誘導等と基本的に同じ」だ。

「大衆誘導政治・大衆誘導社会の思惑が其処に露呈している」が

「もちろん、其れは、本当の民主主義では断じて無い」ので

「昨今の日本では、大いなる支持が得られる訳も無く、

選挙のある政界では、

旧社会党~民主党等~立憲民主党等の勢力は、当然の如く、実質的には、少数野党状態に成っている」。

「選挙の無い情報・教育界の民意離れを是正する為」にも

「実権者等人脈の交代等」の「実効のある対策を行う事」等は

「既に、急務に成っている」。

「未だに、情報・教育界既得権益を維持~増大すべく悪足掻きしている様相の

現状の情報・教育界の実権者等のよる実害」は

「本当に、膨大」だ。

「日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた民主党等政権の成立を

大支援していた事の責任等からも、

過分な立場・報酬・権力等を未だに、保持出来てしまっている者たち等が、未だにいる事自体の異常性」は

「其れこそ、日本中の何処の誰でもが、良く判る事」だろう。

「選挙のある政界では、民主党政権からの政権交代が行われ、

今や、旧民主党等の勢力は少数派に{ちゃんと}成っている事」等からも

「現状の情報・教育界の実権者等人脈の異常性」が「良く判る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「公共レベルの情報の一方的大量配信上」では

「偏向・偏重の無い、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が適切に成る」。

「実質的に、少数野党人脈の者たちの割り合いが異常な程高い状態」では、

「其れを実現させ続ける事」も「相応に困難に成ってしまう」。

「ホンの少しのスキでもあれば、タイトルの事態等までも行ってしまう事等により、

少しでも、少数野党等を有利にしようとしてしまっている」のが

「実際に、露呈している実態」だ。

「こんな事を繰り返させない為」にも

「民意相応に、実権者人脈を入れ替える事」等を

「可能にするシステムへの移行」が「必要に成っている」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、以前なら安保反対運動等を行っていたであろう常連出演者等が「(実質的には、中国共産党や北朝鮮に都合が良くなる様に)日米安保を考えよう」等と公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「米国一部新聞等リーク、トランプ大統領、日米安保破棄発言した旨」の「真意」は「中東へ自衛隊も参加しろ!」等に「成る」が「日本が応えるべき事」は

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の問題が片付かないと無理」であり、

「特に、北朝鮮金政権等が未だに、行わせ続けている日本国内のスパイ・工作活動等の徹底排除が無ければ無理」等に「成る」。

「其のディール」で

「米国が日本国内の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の徹底排除に大きく役立つ大きな力を発揮した」なら

「自衛隊を中東に覇権する事も可能に成る」。

「イラン側から米国に対して戦争が仕掛けられてしまった場合」なら

「日本が米国に付き、同盟関係に基づいて米国の仕掛けられた戦争に対する防衛支援を行う事も可能に成る」が

「米国がイランに戦争を仕掛けた場合」には、

「イランとの友好関係も有る日本が米国を支援する事は困難に成る」』。

『「日米安保を考える事」は「結構な事」だが

「どの方向に向かって考えるのか?」は

「個々の日本国民に任されるべき」で

「現状の公共の電波上で重用され続けて来ている常連出演者等」が、

「{こういう様に考えるべきでしょ!論}等を多くの視聴者に擦り込む事を容認・放置等していて良い訳も無い」。

「日米安保に頼らず、

現状で世界7位の軍事力とも言われている、核兵器を持っていない自衛隊での防衛で十分」とは

「中国共産党支配下の核兵器まで持つ中国」と

「国際社会との約束を反故にして核兵器まで持ってしまった大量のミサイル等まで持つ北朝鮮」等と

「日本の間」に

「戦争が無い事を既に、絶対条件にしている論」に「成る」。

「核兵器とは、核兵器を持っていない国に対してのみ使用可能な兵器」だから

「中国共産党支配下の中国や北朝鮮の側からなら、

報復核が無い日本に対する戦争を仕掛ける事が可能に成る重大事」を

「無い事にしている論」からも

「見事な程の中国共産党や北朝鮮金政権等の実質的、手下ぶり」等が「露呈している」が

「其れを、

日本の公共の電波上で、

多くの視聴者が既に、実質的には、覚えさせられている、常連出演者等が、

優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等する」と

「汝、考えるな!本質も快適も探究するな!ヒタスラ与えられる情報・教育を覚えよ!」の

「戦後日本の学校教育等による、実質的、マインドコントロールも受けてしまっている、多くの視聴者等」は

「常連出演者等の言う論こそが正論!」等と

「容易に思い違い等させられてしまう事に成る」。

「この基本構造上で、実際に、成立させられてしまって来ている」のが

「例えば、

ゲイノウ人等依存であり、

~自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!による、日本国・多くの日本国民にとって自虐的な政権交代」等々だ。

「安保を考える」なら

「日本国・多くの日本国民にとって自虐的に成らない様に考える事」を

「優先すべき」だが

「本日は、ゲスト扱いの常連出演者等までもが、

上記の様な、実質的には、中国共産党や北朝鮮金政権等の都合に沿う論を喧伝等した、常連出演者等に向かって、

勉強させて頂きました!の旨言う、

{後押し}付き」だった。

「特定の、しかも、日本国・多くの日本国民にとって自虐的に成る論等ばかり・・・を、

公共の電波を使って喧伝等し、

実質的には、多くの視聴者をその論等の導く方向に大衆誘導しようとしている、

上辺がどんなに、ソフトで、優等生的でも、

ナチス・ヒトラーの行っていた大衆誘導と実質的には同じ、実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「沖縄基地負担酷いイメージ論も酷かった」。

「返還が本土より遅かった沖縄に多数の米軍基地が残っている」のは

「ある意味、当然現象に他ならない」。

「重要な事は、其処からの、沖縄基地負担低減の具合」だ。

「普天間→辺野古移設」は

「世界一危険な基地とも言われている普天間基地」を

「出来る限り、速やかに、返還させる事」を「実現させる為」の、

「実現可能な現実対応策」に「他ならず」、

「普天間と辺野古の基地の規模(単純な大きさダケでは無く)や在留米軍人等の数等を考える」なら、

「其れが、沖縄米軍基地負担を低減させる、比較的早期に実現可能な策である実態」も

「直に解る事に成る」。

「其れに反対している事の実体」とは

「沖縄基地負担低減にも反対している」と「共」に

「米軍再編を遅らせる事により、

中国共産党支配下の中国や北朝鮮等の軍事的圧力を

相対的に高める事」等に「成る」。

「反米感情を視聴者・読者・生徒等に擦り込む」と「共」に

「中国共産党」や「北朝鮮金政権」等の

「独裁政権」との

「対等な対話には成り得ず、独裁政権の要望を呑むか?拒否するか?の要求突き付けの場に成る、対話」等を

「推奨する」のは

「独裁政権等の手下等やその協力者等」と「相場は決まっている」。

「もちろん、言うまでも無く、辺野古への移設が完了するなら、普天間基地返還は当たり前の事」で

「其れを実現しないかの如く、喧伝等する事」等により、

「反米・反トランプ政権感情等を、多くの視聴者に抱かせようとしていた様相の

常連出演者等は、本当に、酷い」。

「返還が本土より遅かったが故の多数の米軍基地の存在の旨」や、

「沖縄基地負担低減の具合」等も「説明せず」、

「沖縄米軍基地大変!!イメージ」や「反米・反トランプ・反米軍基地感情」や「其れに伴う、反与党感情」等の「側だけ」を

「多くの視聴者等に抱かせようとしている実態を露呈させている情報配信ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「其の、酷く、劣悪な、情報配信内容による、実質的、雰囲気づくり」の「実効」は

「多くの視聴者の中で、参院選時に与党に票を投じる事に対する抵抗感等を増大させる事」等であり

「其れは、実質的、野党支援」に「成る」。

「公共の電波を使っているのに、政治的偏向が在る実態」が

「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「どんなに足掻いても、現状人間社会・経済システムのままなら、

人間世界は、崩壊に向かって歩を進めるダケに成る」。

「経済戦争がもたらしている、地球環境崩壊の先に生まれている」のが

「温暖化による気候変動であり、台風・豪雨・豪雪や、地震・噴火等の頻発・大型化」だ。

「人間や物の移動の活発化による外来生物急激増加等や、

プラスチックごみ等故の、

生物多様性崩壊も在る」。

「病原菌やウィルス等の移動も容易に成ってしまっている」から

「気候変動+病原菌・ウィルス等の移動に伴う、人間自体の直接崩壊」等も

「頻発し易く成って来てしまっている」。

「格差が広がり、移民・難民も増え、内乱・テロ・戦争等々も、益々、頻発し易く成って来ている」。

「このまま行く」なら

「現状人間社会・経済システム等を強制的にでも終わらせる為の大戦争等が必要に成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「戦争等を避ける為」には、

「現状人間社会・経済システム等に代わる、

もっと、性能の良い(=科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い)人間社会・経済システム等を

大急ぎでつくりだし、流行らせる必要性が、既に、在る」が

「未だに、その実務を行っていない、ばかりか、旧態依然とした政治運動等まで続けている」のが

「酷く、劣悪な、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」だ。

「戦争等を避ける為の対策を行わずに、

反戦ダケを訴えて、正義ぶっている」のが、

「偽善者たちの酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨日のNHK19持ニュースでは「実質的、立憲民主党の宣伝」等を行っていたが・・・。

『「野党第一党と言っても、二大政党一翼等とは程遠い、実質的、少数野党」が「参院選公約を発表したから・・・」と言って

「NHKのゴールデンタイムのニュース」で「大きな時間を割いて喧伝等した」のも

「民主党人事の影響」と「強く、推定出来る」。

「喧伝された立憲民主党の公約内容」も

「民主党と同様のモノだった」のだから

「そのスジの人脈が、何処の誰からの依頼・命令等により、

その様な日本を細らせる反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)を太り易くする公約等を

出し続けて来ているのか?」等に

「考え・思い等を至らせる事」等が

「多くの日本国民にとって、自虐的な選択を避ける為に重要な事に成る事」に「成る」。

「選挙も無いから、{政権交代}の無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「未だに、旧社会党~民主党等~立憲民主党等の人脈の者たち等が{与党}状態」で

「その{与党}を利す情報配信や学校教育等に邁進し続けて来ている実態が露呈している」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で、自らの実権者人脈{与党}を利す方法は簡単」で

「政界与党にも取材をする」が

「取材内容から、

政界与党に悪いイメージが付くモノは、小問題でも大問題化して伝え、

政界与党に良いイメージが付くモノは出来るだけ小さく扱い、もしくは、扱わず、

政界与党に悪いイメージが付く様な切取り方、言い回し等まで使って、

視聴者等が政界与党に悪いイメージを持ち易く成る様に、実質的に、マインドコントロールを行う」と「共」に

「~立憲民主党等政界野党には、良いイメージが付く様な切取り方や言い回し等を続ける事による、

実質的、マインドコントロールも重ねる」。

「其処に、

まるで、与党と野党が対等であるかの如く扱った世論調査等も重ねて、

少しでも政界野党支持者を増やすべく、実質的に、情報・教育による大衆コントロール等を行い続けている」。

「もちろん、言うまでも無く、与党だけでは無く、野党も在った方が良い」が

「多くの日本国民にとって、日本に在った方が良い野党」とは、

「日本国・多くの日本国民の為に成る野党」で

「日本を細らせる反面で反日国等を太らせる事を頑張り続けて来ている野党等では無い」。

「そんな野党が、日本の政界に存続し続けて来ている」のは、

「情報・教育界の{与党}であり、

情報・教育界の{与党}の都合に沿う情報・教育等に毒されている日本の有権者の数が、

未だに、決して少なく無いから」だ。

「参院選の公約等を公共の電波を使って、宣伝料も取らずに、喧伝等する」なら

「政界勢力割り合い相応の時間割りに沿って、与党も野党も、各党それぞれの公約が比較し易い状態で伝えるべき」で

「特定極一部の野党等ダケを偏重して、実質的には、大々的に伝えるべきでは無い事」や

「その後に、

特定野党実権者人脈等にとっては、実質的に、お手盛りにもなる質問形態の、

大衆誘導工作目的の臭いさえもが濃厚に漂って来る、世論調査まで付けて、

何も考えずに、例えば、NHKだから・・・等と、テレビ配信情報を鵜呑みにして信じ込んでしまう状態の視聴者等が

参院選持に、立憲民主党を支持し易く成る、実質的、擦り込み等を行っている様」は

「ジェントルなるナチス・ヒトラー状態」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「散々、テレビ・マスコミ等で年金不安を煽った」のも

「参院選時の争点を其処に誘導する為」と「強く推定出来る」。

「外交安全保障問題等が争点化される」なら

「北朝鮮労働党のオトモダチ野党人脈の政党等に勝ち目がある訳も無いから」だ。

「戦後日本の軍事力上の安全保障は、強固な日米安保により割安に保たれて来ている」が

「其れでも、出来る限り多くの日本国民に反米感情等を持たせるべく、

普天間基地移設問題でも移設先の辺野古偏重情報配信等を続け、

沖縄市民の反米基地感情等を煽る工作等まで仕掛け、

日本国内の分断工作まで行い続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報工作員やその協力者等」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「そして、その様な者たち等」は、

「北朝鮮の核兵器圧力を増させる事に直結している、極東地域日本のみ脱原発も大好き」だ。

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の手下、情報工作員等やその協力者等を

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や、学校教育上で、

蔓延らせ続ける必要は全く無い」から

「其れらの者たち等をちゃんと摘発し、重要な立場から排除する為に必要になる法や体制等を整備する事」等も

「日本国・多くの日本国民の安全保障上、極めて重要な事に成る」。

「日本の為の野党」なら

「其の様な事も主張していて当然」だが

「立憲民主党等の公約内容」では

「北朝鮮金政権等が大喜びしそう」な、

「日本の脱原発」や

「沖縄普天間基地辺野古移設反対!(実質的には、移設による普天間返還等妨害)」や

「韓国や中国共産党等が大喜びしそう」な

「中小企業でも時給1300円以上

(日本の人件費が高くなるなら、企業は海外で人を使う様に成る事等は、

既に、多くの日本国民も理解・把握済みの筈)」や

「再生可能エネルギー発電化を推し進める

(電気料金が高くなるばかりか、原発も使わなければ、不安定部分を補うのは、主として、火力となるから、

環境問題の解決効果もかなり減少する。

脱原発~太陽光発電への転換政策を行って、行わされて、しまったドイツでは、

実用された太陽光パネルは中国製等でドイツの太陽光パネル企業は潰れ、

太陽光パネル設置等需要労働者等は、大部分の設置が終われば用無しとなり、

電気料金も上がり、

不安定を補う為に、安く使えたのが石炭で、環境問題も改善されず・・・。

・・・多くの日本国民も既に、知っている、再生可能エネルギー発電への転換と雇用・経済等を両立させ続ける為の

適度な推進速度の大切さは、何処へやら・・・。

日本を衰退させたい臭いが、大いに充満している公約でもある。)」や

「年金不安に対応する策としは、

民主党政権時の実現不可能公約は何処へやら、

医療・社会保障と抱き合わせの収入・資産による限度付き等とは、

年金資金自体を増やすのでは無い、

大金持ち等の資産等の海外流失も誘う、日本細らせ策・・・」。

「スパイ・工作員等も含む、在日韓国(北朝鮮も含む)人や在日中国人等が大喜びしそうな、

選択的夫婦別姓」の「日本人感覚離れ」も「人脈を露呈している様相で、お見事!(もちろん、皮肉)にも思える」。

「日本人の筆者の実感」では

「選択的夫婦別姓を可能とするくらいなら、

夫婦新姓を認めた方が、

原家族とは別に、新たな家庭を、夫婦でつくる実感に合う」。

「夫婦別姓ダケが先に出される事には、大いに違和感がある」。

「ジェンダー差別撤廃」は「票集めの為に世界中でまかり通っている訴えの代表みたいなモノ」だ。

「真に革新的な訴えをする」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性の高い法に進歩・進化させる事」を

「訴えていて当然」で

「性の問題」なら「脳の男・女・両性具有と身体の男・女・両性具有の組み合わせ9通りが在る」のが

「科学レベルで判明している現実」だから

「現状の二性区分と現実の整合性が悪過ぎる事は明白」なので

「9性性区分人間社会化するべき!」等の「訴えに成る」。

「婚姻関係とは、法的に配偶者の権利を持つ者をつくる事に他ならないダケ」だから

「性区分縛りを外す事が合理的に成る」のは

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を高める上での当然に成る」。

「自分たちの人脈や支持母体等に都合の良いレベルだけを訴えているダケ」では

「とても、革新とも、左翼とも言えない」が

「戦後日本の所謂、左翼の実体は、親朝鮮・親中国共産党等」なので

「本当の革新や左翼とは程遠い実態を露呈し続けて来ている」が

「テレビ・マスコミ等や学校教育等で、

出来の悪い右翼を意図的に(と強く推定出来る)時々、大喧伝等し続けて来ている」と

「親朝鮮・親中国共産党等の左翼の方が優等生的で、出来が良くも勘違いさせられ易くなってしまう」。

「親朝鮮を、親韓国と親北朝鮮に分けて喧伝し続けて来ている様相」なのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で、

その様にするなら、

親韓国が、相対的に、保守・右翼的に、思え、勘違い出来、

親北朝鮮が、相対的に、革新・左翼に、思え、勘違い出来てしまい易くなる事」等は

「相対的右、日テレ・フジ」と「相対的左、アサヒ・TBS」の

「テレビ・ラジオ等の視聴者」なら

「其れこそ、何処の誰でもが、実感出来る事だろう」が

「実体を探究する」なら

「親韓国でも親北朝鮮でも、どちらも親朝鮮である事には、変わりが無い事」等は

「直に判り、本当の保守も革新も、テレビ・ラジ等では、大々的に、取り上げられていない事」等も

「少し、冷静に考えるなら、直に判る」。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」等は

「言うまでも無い事に成る」。

「現政界与党より、日本国・多くの日本国民の為に成る公約が出来ていない政党の問題」を

「指摘さえしないまま、偏重宣伝状態」とは

「思想信条・政治指向等を同じくするお仲間の仕事ならぬ、実質的、大衆誘導工作故」の

「酷く、劣悪な、現象」等と

「強く、推定出来る」。

「是正が急務である事」等は、「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「トランプ大統領と金正恩は、親書のやり取りとしている」が

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮が完全核放棄に向かう実務をどう行うのか?のやり取りに成っている」。

「トランプ大統領からの返答」では

「先ず、全ての核兵器武器を北朝鮮が完全放棄する」なら

「とりあえずの経済・人為支援等も行う用意がある旨」等で

「核施設の解体等で誤魔化し、核兵器保持したい金正恩にとっては、

経済と人為支援等によってとりあえずの保身が図れたところで、

今までの散々の極悪業が消える訳も無く、その罪と罰も消される訳も無いから、

何としても核兵器を保持したいと考えている」ので

「結局は、上手くまとまらない事に成る」。

「今後、米中首脳会談が行われても、

米中共々{北朝鮮の完全核放棄}路線は基本的に、変わる訳も無く、

北朝鮮金政権等の行き詰まりが解消される事は無いまま、限度の年末を迎える事に成る」。

「イランと米国の開戦も間近な様相ですらある」ので

「開戦となれば、北朝鮮は其れに乗じて、極東地域で混乱を起こそうとするかも知れない」が

「下手な事を行うなら、或いは、工作活動等を執拗に続けていても、何れは、アッという間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成るダケ」だ。

「早々の核兵器完全放棄と米国による保護・支援の方が、金正恩等にとって、遥かにマシな筈」だが』。

『「何れにしても、現状の人間世界」は

「現状までの人間世界の終わり~新世界へのハードランディングに向かって、歩みを速めてしまっている」。

「現状で、高い、立場・報酬・権力等を得ている」のに、

「ソフトランディングの為に必要に成っている事を、未だに、行っていない者たち等の責任は非常に重大」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の徹底摘発は何時?・・・。

『「相変わらず、テレビ・ラジオ・マスコミ等では、タイトルの重大事態を訴える事さえも実質的に、皆無状態」で

「其れは、逆から言うなら、実質的に、タイトルの事態を黙殺・圧殺せしめる情報工作等を行っている事」にも「成る」。

「さすが、北朝鮮労働党のオトモダチ人脈の行う事」等と

「呆れている視聴者・読者等の数も非常に多い筈」で

「その悪影響は、実質的には、芸能界にも、映画界にも、小説等作家界にも行き渡っている」のが

「戦後日本社会の酷く、劣悪な実態」だ。

「●●賞等の実質的、お手盛り賞の実体」は

「そのスジの人脈の都合に沿う者やスジ等々」で

「其れを、大衆受けし易くなる様に、上辺を上手に仕立てている」と

「賞に相応しい・・・」等と「成っている実態が露呈している」。

「何しろ、作品の精神構造や精神文化さえも十分に問われて来ていない」のだから

「表現賞の精神構造・精神文化内実」が

「今時に必要なレベルから酷く遅れ過ぎている事」等は

「極めて当然の現象に成る」。

「上記の戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能・映画界や作家界等の実権者人脈実態から

はっきりと言える事」は

「朝鮮等にとって都合の悪い作品や作家等が、メジャーに扱われたり、賞を取ったりする事があり得無い事」で

「実際に、その通りに成っているばかりか、

朝鮮等にとって都合の良い作品・作家等がメジャーに扱われたり、賞を取ったりする事は頻発して来ているばかりか、

その先に、テレビ常連出演等でメジャー化した者や有名人化した作家等による政治運動等まで付いているが、

その様な者たち等が支持している政党や政策等は

北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の野党だったり、

日本の原発反対!やオスプレイ等最先端兵器反対!等々だから、

益々、上記の様な実体が露呈して来る事に成る」。

「選挙のある政界」では

「当然の如く、日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)を大いに太らせた政党」は

「政権を失い、もはや、党名さえも過去の者で、そのスジの国会議員等の数は大きく減り、

実質的には、党名を変えた少数野党群状態」に「成っている」。

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い、公共の電波を使っていたり、公共レベルの大規模仕事をしていたり、するのに、

民意反映も不十分な

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や映画界や作家界等と学校教育界等」に

「民意を反映させ、是正する、させる実務」は

「本当に、急務に成っている」。

「現状の人間社会・経済システム上」では

「民意から程遠い、テレビ・ラジオ・映画・作家・学校教育等を行い続けていても、

立場さえ上で、規模さえ大きければ、対論も他論も各論も実質的、圧殺・黙殺強い等が可能で、

比べっこ精神構造を仕込まれ続けて来ている多くの視聴者・読者・生徒等々は、

そのスジの実権者等に都合の良い情報・教育等ばかりの中で比べっこさせられるので、

上辺の表現等の巧みさ等が評価ポイントとさせられ

精神構造・精神文化の健常成長は大きく阻害され続けているまま」だ。

「もちろん、そんな状態が続けられてしまう」なら

「人間社会の劣化は当然で、行き詰まり感までドンドン高まって来ている」から

「多くの人間の中では、現状脱出欲動がドンドン蓄積され続ける状態に成ってしまっている」。

「蓄積され続けて来ている現状脱出欲動は、上辺のちょっとした原因の蓄積等でも容易に暴発する」ので

「場合によっては、とんでも無く悲惨な事件が、同様の新たなニュースとして伝え続けられている状態に成っている」。

「こんな状態がはっきりと露呈している現状でも尚、

未だに、旧態依然とした、

精神構造・精神文化の十分な健常成長を誘わない、

比べっこや血統家族主義や丸ごと一人の死生観ダケ等ベースの

実質的には、今時としては、内実劣悪レベルの作品ばかり・・・を

実質的に、無理強いし続ける事で、

実権者等人脈自らが現状まで故に保持出来ている利権の維持~増大を図り続けようとしている」のが

「人類として根本的な自己健常支配を大きく損ない続けて来ている

北朝鮮金政権等の実質的、手下等の様相さえ露呈し続けていている、

酷く、劣悪な実態を露呈し続けて来ている者たち等の実態」だ。

「上辺に注目さえ続けて誤魔化し続ける詐欺的手段」等の「実効」が

「何時までも続く訳も無い」。

「精神構造・精神文化が旧態依然としたままの、今時としては、劣悪な作品群に、うんざり・・・している視聴者・読者・生徒等の数」は

「時と共に、どんどん増えている」。

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ・映画・芸能・作家界等々の、

是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「その辺りの実状が改善されない限り、

地球消滅の時が刻々と迫って来ている実態から

人類が逃れられる訳も無い」。

「人類の精神構造・精神文化の必要十分な健常進歩・正常進化が求められている」のは

「もちろん、西洋だけでは無く、東洋も、世界中の何処の誰でも、同じ」だ。

「現状のまま・・・なら、永遠の恥辱に染まる道の上に丸ごと置かれてしまっても仕方の無い状態に在るのが、

北朝鮮金政権等やその手下や協力者等の実態」だ。

「もちろん、例え、核兵器等を保持し続けていたところで、北朝鮮金政権等やその手下や協力者等に勝ち目は全く無い、ばかりか、

むしろ、より早い大負けがドンドン迫って行く事に成る」。

「北朝鮮金政権等が、今までの、散々の悪行を全て告白し、謝罪し、補償し、罪を償う為に応分の罰を受ける」なら

「永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを小さくする事が可能に成る」。

「極悪を放置・容認等して来ている者たち等の立場も、北朝鮮金政権等に準じる事に成る」。

「実効のある対処を早急に行う事が非常に重要である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

今、この瞬間にも、人類誰もも細胞ごとに死んでいるのだから殺人はバカらしいが、殺すべきモノの実体は山ほど在るのが、現状の自虐度が高い人間社会の酷く、劣悪な実態だが・・・。

『「殺すべきモノの実体」の「例」を「列挙する」なら「以下の様に成る」。

「先ずは、人類誰もの精神構造(自己制御ロジック)の、本質・快適探究精神構造への健常成長を、大いに阻害し続けている、比べっこ強い」だ。

「そして、自己健常支配の代わりに、他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及している

代償欲求過剰追及状態」だ。

「上辺の現象」では

「ルックス差別」や

「現状金権依存・賛美」や

「血統家族依存・逃避」や

「民族差別・人種差別」や

「丸ごと一人の殺傷やいじめや八つ当たり等々の実質的、生みの親でもある、

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」等々に「成る」。

「例えば、一話ごと」に

「狭義・広義両方の自分の実体把握物語」や、

「死の実体も把握出来る事により、死の恐怖からも解放され、その分どう生きるか?をより強く意識出来る様に成る物語」や、

「丸ごと一人レベルで捉えたがる人間の意識だけで精神文化を構築せざるを得なかった古の時代の人類の宗教等々の精神文化製品は

実態通りに、当時の人間たちの叡智の結晶でもある人類の精神文化遺産として理解・把握出来る様に成る物語」や、

「他の者・物・事支配、もしくは、他の者・物・事による被支配への過剰依存状態から

自己健常支配の継続状態に転換出来る事による問題解決物語」や

「ルックス差別商売にも都合の良い比べっこ強いマインドコントロール等を殺す事による

快適人間社会状態を知る物語」等々が

「映画やテレビドラマや小説やアニメや漫画等々や、絵画や音楽等々」で

「作品化される」なら

「其れらは、皆、今時に必要なレベルに達している精神文化製品に成り得る事に成る」。

「其の様な大きな流れが人間社会内に生み出される」なら

「其れは、物質文明側の産業革命と同様の、精神文化側の産業革命に成る事に成る」。

「所謂、文系の仕事を行っている者たち等」が

「意識的、かつ積極的に行うべき仕事が其処に在る」。

「もちろん、筆者でも、以前にアップしたダミー小説レベル+αの表現で

其れを実現させる事も可能」だが

「元々、自分の下への大量集金にも有名人利権等にも、興味が無く、

広義の自分の健常存続~永続状態を出来る限り犠牲少なく構築する事が出来れば良いと

考えている」ので

「自らが積極的にリーダーシップ等を取る気は無い」。

「出来る限り多くの作家等が、

上記や当ブログの以前からの記事等や、他の人々が発している有益情報等々を

ヒントにしたり、活かしたりしてでも、

全体として、精神文化側の産業革命が起きる大きな流れが生まれる様に、活動してくれる事等を

強く、願い続けて来ている」。

「古の時代のキリストや釈迦の様に、特定極一部の{スーパーヒーロー}等に、他の多くの人々を依存させるなら、

今時の必要精神文化実務としては明らかな失敗に成る」。

「多くの作家等の当たり前と成っていてこそ、精神文化側の産業革命が実現出来ている事に成る」』。

『「何千年も前」に

「地球を訪れる事が出来ていた異星人」は

「当時の一部の人間たちと契約を結んだ」。

「人類が宇宙に進出して来る前までは、人間世界への介入はしない」。

「その代わりに、人類は、宇宙への本格進出を可能にする前に、

自らの精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化を

自虐度の低いモノにしなければ成ら無い」。

「その実現に失敗した場合」は「宇宙全体への負の影響を最小限にすべく、地球ごと消滅させる」。

「ピラミッドの辺りに埋められているとも言われている{人類と異星人の契約書}は、

もちろん、言うまでも無く、今も有効」だ。

「現状のまま」なら

「精神構造・精神文化面では未熟なままの人間たちが打ち上げた星(人工衛星)が

人類には見えない力で、警告の為、落とされる事に成る」。

「その事後処理次第」で

「その時の人類の精神文化の実体もより露わに成る」。

「精神後続・精神文化の健常成長が余りにも足りなければ、地球ごと消滅させる事が決まっている」。

「現状で精神文化側の仕事上で、優位な立場や高い報酬・高い権力等を得ている者たち等の責任」は

「本当に、絶大」だ。

「何時までも、

現状利権を狭義の自分の下に集め続ける{永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる自虐業}を行い、

血統家族や民族現実逃避で負の代々話をつくり続けている場合では

断じて無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

海を漂うクラゲの如く現状人間社会を漂う天動説人間たち等が公共の電波上で好き勝手喧伝等し続けている様相だが・・・。

『「クラゲには脳が無い」。「動物と言えば、動物にも成る」が「早く動ける植物みたいなモノでもある」。

「天動説人間たち等には自分の実体等の自覚が無い」。

「人間と言えば、人間に違い無い」が

「今時の人間としては、明らかな事故不健常支配状態が其処に在る」ので

「海を漂いながら食物等を得ている、脳の無いクラゲの如く、

現状人間社会内を漂いながら狭義の自分の下に利権を集める事等を

ひたすら行い続けているダケ状態に陥っている実態」等を

「露呈し続けている」。

「そんなモノ」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等々で公然化し続けていたところで

人類に明るい未来がやって来る訳も無い、ばかりか、

人類滅亡の時がより急速に迫って来てしまつ事に成る」のは

「多くの視聴者・読者・生徒等の自覚の有無を問わない実感の通り」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日は、多くのテレビ番組等で、昨日の党首討論をダシ」に、

「好き勝手な論等を喧伝等している」のが

「天動説人間的実態を露呈し続けて来ている、テレビ常連出演者等の実態」だ。

「年金問題と其れにもからむ医療費等問題が主に討論された党首討論だった」が

「現状人間社会・経済システム上で、

日本を細らせない事による相応のメリットを担保させた上での対論等を提示出来ていた野党党首」は

「皆無だった」。

「逆に、耳障りは良くても日本を細らせる実効がある対論」が「積極的に喧伝等されていた」が

「このベース現実」を

「野党のお仲間テレビ・マスコミ等は黙殺・圧殺等している状態」なので

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「何故、野党は日本を細らせようとし続けて来ているのか?」

「其処で露呈する」のが

「野党の根っ子や支持者人脈等の問題」だ。

「日本共産党が旧ソ連の絶大なる支援の下で誕生した事」等は

「もはや、有名な話し」だが、

「かつては二大政党の一翼だった日本ン社会党と北朝鮮労働党等との友党関係」等から

「その支持母体実権者人脈等を推定する事」は

「多くの日本国民にとって、決して、難しい事では無い筈」だ。

「その辺りのベースが在る」から

「実際に、旧社会党人脈の流れも濃い、民主党政権が成立した時」には

「例えば、円高容認政策等により、

日本が細らせられた反面で、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)は大いに太った」。

「細ったモノが頼るモノを求めやすく成る」のは

「ある意味、当然」で

「大きな中国共産党に頼らせる事で、日本も中国共産党の属国化し、

先に属国化している北朝鮮等の下に、日本を位置させる

政治・社会工作の臭いさえもが、充満して来ていた」。

「当然の如く、多くの日本国民の民意はそんなところには無い」から

「必然的に、現与党への政権交代と成った」。

「其れでも、現在でも尚、

政界とは違い、政権交代の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「未だに、~民主党の流れの立憲民主党主軸の実質的、推奨状態が続いている」。

「年金でも医療費でも、その前のベース」として、

「現状人間社会・経済システム内での

日本の経済状態の優劣が極めて重要な要素に成る」のだから

「上辺の年金・医療費問題上の上辺の問題や言葉等ダケ・・・」で、

「多くの視聴者・読者・生徒等」に

「実質的には、自虐的な判断・考え・思い等を抱かせようとし続けている事」等は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「少子高齢化状態が続く」なら「世代間相互補助が上手く行かなく成る」のは

「極めて当たり前」で

「二極化格差社会状態」なら

「世代間では無く、収入+資産等間相互補助が合理的に成る」のも

「極めて当たり前」だが

「現状人間社会・経済システム内」で

「日本を細らせない様に、収入+資産等間相互補助を実現しようとする」なら

「ますは、個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)とその集大成である人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる必要がある事に成る事」等は

「少し、冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「この重要な実務を抜きにする」なら

「現状で、多くの収入・資産等を得られている者たち等の決して少なく無い割り合いの者たち等」が

「例えば、実質的に、その面でのタックスヘブン状態の他の国々等に逃げたりする事」で

「日本経済自体が細る事に成ってしまう」。

「消費税を上げても消費が減ってしまえば、税収も増えない、ばかりか、減る事」等は

「実際に、日本社会が実体験済みの現実」だ。

「現状経済システム等」とは

「相対的システム」に「他ならない」から

「相対性上の優位性を保つ事抜きの論等」では

「本当に、虚しく、そんなモノをベースに多くの日本国民等が判断・考え・思い等を具現化して行動(投票行動も含む)等してしまうなら、

自虐状態が招かれ易く成ってしまう」のは

「極めて当たり前の事に成る」。

「最先端軍備・IT技術・AI技術・ロボット技術・環境技術・エネルギー技術(原発安全使用も含む)等々を持ち、

とりあえずの現状を担保しながら、

最先端精神構造・最先端精神文化も持つ状態を得る事抜き」に

「明るい未来の人間社会は在り得無い」。

「日本はその先頭を歩む国家の一つであってこそ、

年金問題も医療費問題も、自虐的に成らない解決が出来る事に成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や所謂、文系学校教育界等々で、

最先端精神構造・最先端精神文化を生み出し続ける仕事をしているべき者たち等」が

「未だに、実質的には、野党等や反日国等の為に成っている、政治・社会運動等に邁進し続けている実態」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「自分の実体やその実体の根本的目的の理解・把握等さえ未だに不十分な様相を露呈し続けている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「生きている人類誰もの狭義の自分の実体」は

「今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆(生きている細胞だけ数えるのか?死んだ細胞も含めるのか?等で実数も違うし、経時変化もあるので、概数)もの細胞群」に

「他ならない」が

「人間(動物)の意識は、丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」。

「古の人間たちは、意識部分だけしか理解・把握出来ていなかった」ので

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観が当たり前」で

「その集大成の人間社会・経済システムも丸ごと一人レベルだけを実用してつくりだされ実用されて来ている」。

「誕生・死という現象が、細胞レベルの現象であり、生きている人間なら誰でも、今、この瞬間にも、誕生も死も実体験している事」等を

「理解・把握出来ていて当然(義務教育内で学んでいる筈)」の

「今時の人間たちにとって、死自体はもはや、恐怖の対象では無く成っていて当然」で

「その分、どう生きるべきか?がより重要に成っていて当然に成る」。

「人類の世代交代は個の保存では無く、種の保存である事」も「理解・把握出来ていて当然(こちらも義務教育内で学んでいる筈)」だ。

「細胞レベルの命の連続性を辿る」なら

「その連続性が地球上の全ての生物に繋がっている事も容易に解る」。

「狭義の自分の命の連続性は、

地球上に生命が誕生した何十億年も前から始まり、

今生きている全ての地球上の生物にも繋がっている」。

「狭義の自分の命の年齢は、他の全ての人間も含む地球上の生物と同じで、何十億何千何百何十何万何千何百何十何年」に「成り」、

「狭義の自分と命の繋がりのある今生きている地球上の全ての生物(他人も含む)」は

「広義の自分」に「成る」。

「狭義の自分ダケに偏執した人生を具現化している人間の実態」は

「自我狭窄状態」で

「其れは、根本的精神病でもある事に成る」。

「広義の自分の根本的目的が、存続~永続である事」は

「広義の自分の進化の実態からも明らか」だ。

「地球生命体細胞群とでも表現すべき(他の表現でも良いけど)広義の自分」は

「~単細胞生物~多細胞生物~多種多細胞生物~多種生物共存~と生体構築度を上げ続ける事により、

宇宙全体の物理崩壊に抗いながら生命の存続を維持し続けて来ている」。

「永遠の命とは広義の自分が実現可能な事に他ならず、

狭義の自分偏執者等の目指す、狭義の自分の永続の実体は、生体構築度を下げ、広義の自分の存続を危うくする事でもある」のが

「現実」に「成る」。

「存続~永続すべきは、広義の自分」であり

「特定極一部の人間たち等の狭義の自分の意識の意志等では断じて無い」。

「狭義の自分の意志等の存続は、進歩し続けるAI・ロボット内でも可能に成る」が

「本来の生命体実体を失ったAI・ロボット等の存続では、元も子も無い、虚しい事に成る」。

「広義の自分は共食いしながら、存続を図り、生体構築度も上げ続けて来ているが、

人類同士の共食いは、基本的には、不必要」だ。

「人間の殺欲動」は「他の生物(植物・動物等々)を殺して食する事が自らの存続にも直結して来ている事」等からも

「消し去る事が出来得ない」が

「殺人欲動は、基本的に、共食いの必要が無い」のだから

「消し去る事が出来得る」。

「丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる人間の意識ダケの操り人形状態から自分を解放するレベルにまで、

狭義の自分の精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事が出来ている」なら

「死の実態が細胞レベルの実現象である事も十分に理解・把握出来ている事に成る」ので

「ワザワザ丸ごと一人殺さなくても、ターゲットの人間も今、この瞬間にも細胞レベルで死んでいる」のだから

「殺すべきモノの実体把握と、その為に必要に成る実効のある対処法の実践こそが極めて重要に成る事に成る」。

「例えば、殺人欲動を殺す為に有効な事」は

「人類誰もが、誕生・死や自分等の、実体把握を十分に行う事」だ。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」から

「人間の誕生・死は細胞ごとの実現象であるが、人間の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがる事等の現実との整合性がより高い事」を

「十分に実用した死生観・人生観」への

「健常進歩・正常進化」を

「多くの狭義の自分個体の中で実現させる事」等が

「極めて有効に成る」。

「本来の、今時の、情報・教育等で行っているべき、極めて重要な実務が其処に在る」。

「上辺の手法」は

「テレビドラマでも、映画でも、アニメでも、小説でも、漫画でも、音楽でも、絵画等々でも、

学校教育等々でも、

何でも良い」。

「現状の殺傷・いじめドラマ等々ばかり・・・を視聴等させられている人間たちの中から」は

「殺傷・いじめドラマ等々と同様の事件やいじめ等を行ってしまう人間たち等も少なからず出現してしまう事に成り、

実際の人間社会内もその通りの実態を露呈し続けて来ている」が

「殺人欲動を殺すドラマ等も在る」なら

「事態は大きく変わる事に成る」。

「例えば、かつて、高IQ者に憧れさせようとしている者等が作った様相の、高IQ者主人公のテレビ・ドラマがあった」が

「筆者の感覚」では

「本当の高IQ者なら、

起きてしまった殺人事件等の解決を手助け等するのでは無く、

殺人欲動を殺せていて当然でしょ!」等に「成る」。

「人間の誕生・死は細胞ごとの実現象です。

今、この瞬間にも、難き●●も死んでいます。

殺したい実体は何ですか?

その実体を殺して来ましょう。」等や

「今時、丸ごと一人の殺人なんて、野蛮人の行う事です。」等々の

「決め台詞等が流行り、

殺したいモノの実体探究法や

殺したいモノ殺し方」等を

「一話ごとに自然と学べるホンのドラマ」等が

「公共の電波上等で、大々的に配信される」なら

「現状の殺傷・いじめドラマ等と同様の事態を引き起こし易く成ってしまう人間の数も

必然的に減る事に成る」。

「その程度の仕事さえも行えず、或いは、意図的に、行わず、

上辺ダケを更新し続けた、殺傷・いじめドラマ等を繰り返して来ている、

実力不足、或いは、悪意のある者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、金満常連出演者等が年金問題等をダシに地獄(=自虐度の高い人間社会)の維持運動等を行っている様相だが・・・。

『「本来なら、地獄(=自虐度の高い人間社会)を普通の自虐度の低い人間社会にする為に有益になる情報配信等を行っているべき、

公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等上の者たち等」が

「地獄(=自虐度の低い人間社会)を維持したまま、

地獄の沙汰も金次第・・・とばかりに、自らの下に大金を集め続けようとし、

更に、地獄人間社会・経済システム上で、金満に成れている者たち等が、

公共の電波上で、金満族には実質的に不要な年金問題論等を、優等生ぶり、正義ぶり語り、

出演料等による更なる金満増大と

更なる有名人利権等の増大までも図っている実態」は

「本当に、劣悪で醜悪」に「成る」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」。

「大臣の答弁(官僚文書読みと推定出来る)程度」を

「訳が分からない」と「言った野党議員」は

「かつて、政治主導で官僚を支配しようとしていた政党の議員でもあった」が

「あの程度が分らない能力の者たち等に国政を行わせるとどうなるのか?」は

「民主党政権時の実態」から「多くの日本国民が直に判る事」に「成っている」が

「其れでも、尚、未だに、

テレ朝やTBS等、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)公然化状態の局はもちろん、

NHKでも、フジでも、日テレでも、

立憲民主党偏重情報配信が続いている実態」は

「現状テレビ界の実権者等状態を良く露呈させている事にも成る」。

「筆者等の感覚」では

「北朝鮮系のテレ朝・TBS」と

「民主党人事以降の、NHK」に

「韓国系」の

「フジ・日テレ等」を

「強く感じ」、

「日本の公共の電波使用なのに

日本本来のテレビ局は何処???の世界」だ。

「ラジオもマスコミ等も同様である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「共通している」のは

「視聴者・読者等に対する支配~マインドコントロール・大衆誘導目的等」が「顕著なところ」で

「其れは、近未来において、ベーシックインカムを得続ける為の重要な資質が自己健常支配の継続に成る事からすれば、

自己健常支配の代償欲求に成る、他の者・物・事支配行動等が顕著な者たち等の実態は不健常」で

「ベーシックインカムさえも与え続けるべきでは無い者たち等に成る」。

「その様な不健常な実態を誤魔化し続ける為に、

悪魔(自虐度の高い)の人間社会・経済システムの維持を図り、

その上で。地獄の沙汰も金次第とばかりに、自らの下への利権収集を図り続けている様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「人間としての健常な感性が有る」なら

「自虐度の高い人間社会を自虐度の低い人間社会に健常進歩・正常進化させようとしていて当然」に「成る」。

「自虐度の高い人間社会の中で、地獄の沙汰も金次第とばかりに、

自らの下に利権等の収集を図り続けている者たち等」の「人間本来の感性」は

「もはや、言うまでも無く、不健常」に「成る」。

「不健常な感性の者たち等を公共の電波まで使って公然化し続けている事の実害」は

「膨大」で

「公共レベルのマスコミ等や学校教育等でも同様と成れば、

多くの人間の感性までもが不健常にさせられて当然」で

「実際に、其の様に成ってしまっている」から

「悲惨な、同様の新たな事件・事故等も繰り返され続け、

地球環境問題は時と共に深刻化し、

地獄人間社会・経済システム上の格差も時と共に急激に増大している」が

「この自虐状態を是正しよう、させようとする、情報・教育等さえも、実質的に、黙殺・圧殺状態」だ。

「命直接がけの武力比べっこ支配権/被支配権時代」には

「少なく無い数の反戦派の人間たちも居て、其れらの人間たちが発する情報等も、相応に広まっていた」から

「戦争の終わり」を「多くの人間たちが真から慶べただけでは無く、

その後の人間社会も戦争実害の割りには直に維持~発展出来る状態に成った」。

「武力戦争人間社会から経済戦争人間社会」へは「進歩」だが

「現状の人間社会に求められている」のは

「比べっこから本質・快適探究へ」の「進化」に「他ならない」。

「進歩レベル」なら

「低レベルの情報共有で事足りる場合が多い」が

「進化レベル」では

「相応に高いレベルでの情報共有が必要に成る」。

「高いレベルでの情報共有が無い場合」は

「新たな自虐度の低い人間社会への軟着陸とは成り得ず、

突然的な現状の自虐度の高い人間社会の行き詰まり~崩壊と

無理にでも始めなければならない新たな自虐度の低い人間社会」という

「ハードランディングと成り、当然、応分の犠牲者が出てしまう事に成る」。

「逆から言えば」

「未だに、地獄の沙汰も金次第とばかりに、自らの下に大金・大権等を集め続けている様相の者たち等」を

「蔓延らせ続けている」なら

「近未来において、応分の犠牲者が生まれてしまう事に成る」。

「地獄(自虐度の高い)人間社会・経済システム上の経済戦争状態」は

「武力戦争の様に直接人間を殺す事は余り多くは無い」が

「間接的に、人間を圧殺し、地球環境お破壊し、

近未来における犠牲者も生み出してしまう」。

「武力戦争時の反戦派の様に、

経済戦争時代にも反経済戦争派も必要だろうが、

もっと必要に成っている」のは

「自虐度の低い人間社会を具体的に構築する方法等を

多くの人間たちに理解出来る様に伝達する仕事を

意識的、かつ積極的に行う人間たち等」に「成る」。

「例えば、人間(生物)の誕生・死の実態は細胞レベルの実現象である事等が

科学レベルで理解・把握されてから久しい上に、

人間(動物)の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる現実も

誰の実感・実体験からも明らか」に「成っている」が

「未だに、ほとんど全てのテレビ・ドラマでも、映画でも、アニメでも、漫画でも、小説でも、音楽や絵画等々でも、

丸ごと一人レベルばかりを過剰偏重状態」で

「丸ごと一人の殺傷事件劇等や丸ごと一人の霊乞い物語等々は、其れこそ、掃いて捨てる捨てる程在る」が

「丸ごと一人の殺人欲動を殺す劇や、細胞レベルの命の繋がりから広義の自分を実感する物語等々」は

「未だに、メジャーに成っていない」。

「其の様な今時に必要な精神構造・精神文化の精神文化製品がつくれていてこそ、

現実的には、作家等としての正当な価値ある事に成る」が

「旧態依然とした精神構造・精神文化のままの作品等をつくり続ける事等により、

多くのテレビ常連出演者等と同様の自らの下への大金・大権集め等に奔走している実態を露呈している場合が多い」のが

「現状の作家等の余りにも酷く、劣悪な実態」だ。

「其の様な、酷く、劣悪な実態を露呈している作家の作品等ばかりを、実質的に、押し売りし続ける事と

本当に今の時代に必要な作品等を圧殺・黙殺し続ける事等により、

自らの地獄人間社会上の現状利権等の維持~増大等を図り続けている」のが

「現状の多くの、テレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々の実権者等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当面の現状人間社会内での生活を維持する事」は

「誰でも必要な事」だが

「その上」で、

「更なる現状利権集め等に向かうのか?」

「より自虐度の低い人間社会等の構築に力を加えるのか?」等々にこそ

「その人間の本質が顕著に出ている事に成る」。

「物質文明側では、性能の悪い物質文明製品では当然売れない」が

「精神文化側では、性能の悪い精神文化製品ばかりを押し売り状態で、性能の良い精神文化製品の開発~製造を怠っている」のが

「現状の多くの、酷く、劣悪な、実態」だ。

「公共の電波や、大掛かりな映画や、大マスコミや、大量販売出版物(電子出版も含む)や、学校教育等々でも、

其の様な酷く劣悪な実態が、露呈し続けて来ている」のだから

「時と共に、人間社会も地球環境も、真綿で首を絞める如く、行き詰まり~崩壊に向かって、おち続けて来てしまっている」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」で

「特に、立場・権力等を持てている者たちの是正」こそが

「本当に、必要な急務に成っている」。

「未だに、反対野党等の為の政治運動等に、公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使っている者たち等」は

「早々に、重要な立場・権力、過分な報酬等を、剥奪されて然るべき」だし

「今時に必要な精神文化製品を生み出す仕事が出来ていない、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる大きな名等を、恥じらいも無く、大宣伝し続けている実態を露呈している

作家等」も

「同様」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「2千万円足りない言葉狩り~年金不安イメージ化~与党悪イメージ化~与野党問わず年金問題解決訴えによる立憲民主党正義イメージ化」等の公共の電波等を使った野党の為の政治運動・策略等が露呈している様相だが・・・。

『「与党に悪イメージを付けても、其れが直接野党が良い事には直結し得無い事」等は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導」等により、

「民主党政権の成立を支援させられてしまった、当時の多くの日本国民有権者等」も

「既に、強く認識出来ている事に違い無い」。

「もはや、いくら与党に悪イメージを付けたところで、野党に票は流れない」ので

「選挙も無いから政権(実権者人脈)交代も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

与党悪イメージ付けプラスアルファの策略を実践しようとしている様相」だ。

「与党に悪イメージを付けると共に、野党に正義イメージを付ける策」が「其れ」に「成る」。

「2千万円足りない言葉狩り」により

「多くの視聴者・読者・生徒等の年金不安を煽った」後、

「誤解を解く為に、該当報告書等を大臣が受け取らない事や、丁寧な説明等の事後策を行っている与党」に

「悪イメージ付けを行い」、

「散々、与党に悪イメージ付けを行う政治運動等を行い突けて来ていた野党の中の

代表的立場をかろうじてキープしている立憲民主党の口達者等」が

「年金問題は与野党対立の問題では無い!与野党協力して年金問題を解決しよう!等の旨、

正義ぶった事等を

選挙も無いから政権(実権者人脈)交代も無いお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等々が大喧伝する」なら

「参院選(場合によっては衆参ダブル選)時に、立憲民主党や野党に流れる票が増やせる」という

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使った実質的、大衆誘導の策略」が

「露呈して来ている」。

「もちろん、どんなに正義ぶって」も

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党等の流れの者たち」等の

「実体が変わる訳も無い」。

「現与党は、云わば、日本の大企業等のオトモダチ」で、

「その関係は、例えるなら、悪代官と悪商人の様なところもある」が

「多くの日本国民にとって、未だ、救いに成る」のは

「日本を細らせると、どちらも困る事」だ。

「北朝鮮労働党や中国共産党等のオトモダチの場合」は

「日本を細らせてでも、北朝鮮や中国共産党にとって都合の良い日本社会の状態を築ければ、

オトモダチならぬ、親分は大歓迎と成る」。

「旧社会党が拉致問題で被害者等から相談を受けた時に、朝鮮総連に{報告}に行った事は有名な話し」だが

「支援元が海外、しかも反日国等と成ってしまっている」と

「対等なトモダチ関係など在り得ず、親分と手下の関係に成り易く成る」のは

「根っ子が反日国等では、日本国内で真に日本国・多くの日本国民の為に成る事等は、訴え辛く、行い辛い」から

「必然的に、支持基盤はぜい弱に成る、反面で、反日国実権者等からの支援力~支配力が相対的に大きくなるから」だ。

「基本的には、国会議員等の座も得辛いベースを持っている事に成る」が

「無理にでも日本の国会議員等の座を得ようとする」なら

「そのスジの、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等、公共的立場で実権を持っている者たち等による

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等の{多大な支援}が必要に成る事に成る」。

「戦後日本の情報・教育界と政界の実態」が

「どれ程、上記の内容と整合性が高いのか?」等を

「検証してみる」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る実態が露呈する事に成る」。

「真に日本に根差している野党」なら

「与党よりも良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等が訴えられていて当然に成る」。

「例えば、日本国内の北朝鮮金政権等の手下、工作員やその協力者等の徹底摘発は、

多くの日本国民の安全・安心にも直結している」のだから

「与党以上に、其れに関連する実行可能な法・体制整備等をを訴えていて、当然に成る」。

「日本の防衛力向上も、日本国・多くの日本国民の安全・安心に直結している事に成る」のだから

「北朝鮮の核に対する抑止力としての核武装を訴えている政党・政治家等が居ても当然に成る」。

「地球環境問題からも、

不安定な中東情勢からも、

原発の使用は合理的な事に成る」のだから

「野党として、原発積極使用派の政党・政治家が居ても当然に成る」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等ご推奨の政治家・政党等」は

「北朝鮮金政権や中国共産党が持つ核兵器の圧力を高める実効の有る、

中国や韓国の原発商売の応援にも成る、

極東地域日本のみ脱原発を訴えている政治家・政党等ばかりを

実質的に、大応援し続けて来ている」。

「オスプレイやF35やイージスアショア等々の防衛力最先端化にも実質的に、反対であるばかりか、

日本の安全保障の根幹でもある日米同盟を希薄化する事も大好きな様相」なのが

「視聴者・読者・生徒等の反米感情を煽っている場合も少なく無い様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」の「親北朝鮮・親中国共産党等の実態」だ。

「そんな情報・教育ばかり・・・の中から、情報・教育を選択させられ続けて来ている」のが

「多くの戦後日本国民の寒過ぎる実態に成る」が

「ネットの普及以降は、多くの日本国民も、その酷い実態を意識化する事に成功して来ている」。

「多くの日本国民の民意」と

「親北朝鮮・親中国共産党等テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育・政党・政治家等々」の

「乖離」は

「ドンドン激しくなっている」のに

「未だに、選挙も無いから政権(実権者人脈)交代さえも無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

旧態依然とした状態を続けようとしている様相なのだから、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「少子高齢化二極化格差社会が続く」なら

「世代間相互補助年金が上手く機能しなく成ってしまう」のは

「極めて登園の事に他ならない」。

「世代間相互補助を続けたい」なら

「子沢山化政策が有効」で

「実効のあるレベルまで子沢山化が実現出来た」なら

「約20年後には、世代間相互補助年金も維持可能な状態に成る」から

「其れまでを、年金問題解消特別税等で補えば良い事に成る」。

「二極化格差社会状態のまま」なら

「格差間相互補助年金への移行が合理的に成る」が

「狭義の自分の下に集められた金も含む利権の量こそが人生の成功の証等と

勘違い出来てしまっている自虐者たちの

金権・他者支配/他者による被支配・血統家族主義・民族主義等々マインドコントロールを解く前に

其れを実践しようとするなら、かなりの反発が予想される事に成る」。

「そもそも、現状人間社会・経済システム自体」が

「比べっこ原理で、人類滅亡器の実態を持っている、非常に出来の悪い精神文化製品に他ならない」のだから

「本来なら、その根本的是正策等が大いに議論等されているべき」なのが

「現状対策に忙しい政界とは違い、自由度の高い情報・教育界の極めて重要な仕事」だ。

「その辺りの本道は何処へやら、反対野党等の為の実質的、政治運動等に明け暮れている様な者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群やその実体の根本的目的である存続~永続から整合性を取る」なら

「地球生命体細胞群の中の特定の人類個体の本来の役割りは、地球生命体細胞群の存続~永続への貢献に成る」。

「もちろん、地球生命体細胞群の中には人類も入り、

人類だけが実行可能に成っている重大な仕事は

地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで広げる実務」だ。

「宇宙に本格進出出来るレベルの高度な科学技術を含む物質文明を持ちながら、

其れを自虐使用しないで済む様にする為の高度な精神構造(自己制御ロジック)・精神文化も持つ事」が

「人類も含む地球生命体細胞群の日常の健常生活を支える事に加えて、

人類には強く求められている」。

「本来、仕事に対する対価としての経済価値」は

「この根本的な基準から整合性を取った上で与えられるべき」だが、

「現状の経済価値は、人々の間の意識上の納得による需要と供給の関係上で、実体離れした状態でつけられてしまっている」。

「実体離れした経済価値」は「多くの人類に根本的不安をもたらしている」ので

「その反動形成」として「過剰に強い金権をつくり出し、其れに依存する状態」が

「生み出されてしまい、実用され続けて来てしまっている」。

「もちろん、そんなモノに根本的正当性がある訳も無い」ので

「根本的正当性が無い事を誤魔化す為に必要に成っている」のが

「多くの人類の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害する事による

比べっこレベル固着化」であり、

「比べっこレベル固着化を利用した代償欲求の過剰追及による現実逃避心理ゲーム中毒化」だ。

「その上に在る」のが

「狭義の自分の下により多くの現状利権を集め続けようと亡者の如く足掻き続けている

現状人間社会の中には多々要る、

根本的には、自分の実体やその実体の根本的目的にも背いている場合も多い、

実質的、精神病(自覚が有るなら、神経症レベル、自覚も無いなら、精神病レベル)状態の人間たちの実態」だ。

「人によっては、狭義の自分の下への利権過剰集中等に成功し、勝ち誇り、他の者・物・事等からのお墨付きが当たり前と思い込み、

人によっては、狭義の自分の下への利権過剰集中等に失敗し、

場合によっては貧困・困窮状態に陥っていても尚、利権過剰集中の悪夢から解脱出来ず、

時には、現状脱出欲動の暴発まで起こしてしまっている場合まである」のが

「現状人間社会・経済システム等やその太鼓持ち情報・教育や他の人間たち等々から、

比べっこレベルへの固着を強いられ続けている、

哀れで自虐的な人間たちの寒過ぎる実態」だ。

「人間の精神構造(自己制御ロジック)」は、

「基本的に、世界中の何処の誰でも」、

「乳幼レベルの比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による支配権(乳房)・被支配権(親や他の人間等からの愛)争い」から

「成人レベルの本質・快適探究」へと

「健常成長しようとしている」が

「その邪魔という重大な人権侵害を行い続けて来ている」のが

「現状までの自虐度の高い人間社会・経済システムであり、その太鼓持ち情報・教育」だ。

「天動説状態の人間社会・経済システム等や情報・教育等」を

「地動説レベルに健常進歩・正常進化させる実務を行っているべき」なのが

「今時の情報・教育界で仕事をしている者たち等」に「成る」が

「戦後日本の情報・教育界等の実態」は、

「其処から、余りにも遠く、余りにも、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「根本から整合性を取った人間社会・経済システム上」なら

「狭義の自分誰もが、健常生活を維持出来る経済と環境を得られていて当然に成る」。

「健常生活を維持する為のベーシックインカム」と「ベーシック環境」は

「ベースとして合って当然に成る」が

「無条件で与えられ続けて良いモノでは無い」。

「条件として適切に成る」のは「自己健常支配の継続が実現している事」等で、

「自己健常支配により、本来の支配欲を充足出来ている状態」なら

「自己健常支配が不十分な場合に出現し易くなる支配欲の代償欲求に突き動かされて、

過剰な他の者・物・事等の支配や

他の者・物・事等による被支配への

依存状態に陥る事も防止出来ていて当然に成る」。

「免疫力や対応力を養い・維持し続ける為の、遊び程度の自己不健常支配」と「共」に

「自己健常支配を軸とした、

人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群の健常存続~永続への貢献という

本来の仕事も行い続ける」のが

「根本的に、成功している者の人生に他ならない」。

「多くの人間が根本的に成功している人生を歩んでいる」なら

「世界平和も地球環境問題の解決も当たり前に成る」。

「多くの人間が比べっこに生きる」なら

「戦争も、テロも、格差増大も、環境破壊も、経済破綻等々」も「当たり前に成る」が

「其れこそが、人類滅亡への道」だ。

「地球生命体細胞群の宇宙への本格進出」と

「人類滅亡」の

「どちらに力を加えているのか?」を

「問う」なら

「人類誰もが、自らの人生の実体を自覚出来る事に成る」。

「ベーシックな部分がちゃんと担保される」なら

「年金問題なども在り得無い事に成る」。

「出来る限り早く、比べっこから本質・快適探究へと多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事」こそが

「現状の重大問題の解決に直結している事に成る」のだから

「其の為に、有益になる情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に実践する事」が

「極めて重要に成る」。

「現状まで・・・は、余りにも、酷過ぎる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、2000万円足りない言葉狩り~老後不安化政治・社会運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。

『「少子高齢化社会」では「世代間相互補助年金が成り立つ訳も無い」のは「極めて当たり前の話し」で「相互補助年金基準」で「言う」なら

「総保有金額間相互補助年金」等が

「合理的」に「成る」が

「お金は何にでも化けさせる事が出来てしまう」ので

「その辺りの実態把握システム」等が「その前に要る事に成る」。

「ところが、その辺りに言及したがらない」のが

「現状での大利権持ちたちのほとんど」で

「例え、所謂、社会・共産主義等であっても、

中国共産党や北朝鮮等の特権階級の者たち等の実態からも

明らかな様に、

自由競争無き、権力支配下の超膨大な格差の実態は、

本当に、酷く、劣悪に成る」が

「日本の中の、所謂、社会・共産主義者等の実態もまた、同じ類」と

「容易に推定出来る」のは

「その辺りへの言及が余りにも無い・・・から、でもある」。

「この現状人間社会・経済システムを続けるなら当たり前に必要となる総保有金額間相互補助年金」を

「言わず」に

「長生きが想定外の旨」等「喧伝していた」のが

「常連出演者等の一人」だったが、

「多くの日本国民の長生きが想定外の旨」からは、

「かつての、日本は薄い毒漬けに成っているから、日本人の平均寿命は41歳を喧伝していた学者???」等と

「同様の臭い」が「濃厚に漂って来る」。

「本来なら不要で、人体にも少なく無いダメージをもたらし易い過剰な食品添加物や、

本来の純然たるガソリンでは無い、砂糖等入りガソリン等が車の燃費を悪化させられていたと共に、排出させられていた毒要素の濃い排ガスや、

粛清工作員等が意図的に多くの不特定(と強く推定される)日本人に対して、

撥水加工用化学スプレー等々をターゲットがいる、通る場所に向かう風に乗せて、吸わせたり、

外食や侵入工作等で飲食させたり、

本来なら、不要な直進性のある電磁波をターゲット方向に向けて照射し続けていたり、

・・・等々、し続けている事による、

実質的、空気毒、食毒、電磁波毒等により、

薄い毒まみれの日本社会とされている中」では

「その濃度が濃いところに、実質的には、意図的に、追いやられている多くの日本人の寿命は、平均41歳等短くなり、

多くの日本人が早死にする裏で、

日本国内の北朝鮮金政権等の実質的、手下人脈等は、毒濃度の低い状態での生活により、

ライバル日本人が毒により弱体化させられている中で相対的に元気~仕事も旺盛~金満化~子沢山化~長寿化となり、

その結果、日本国内の人口構成比率も大きく変化」し

「合法的にも、日本の乗っ取り支配が可能に成る」という

「悪魔の日本乗っ取り支配工作上の論理の臭い」が

「其処にも、露呈していた様相でもある」。

「昨今では、科学技術の急速な発達により、

化学物質等毒は検出され易くなったので、其れを悪用している大気・飲食物工作等は希薄化しているが、

アナログからデジタルへの電子・電磁波技術の急激な進歩・進化により、

工作電磁波はより検出され辛く、より有害度を高めた状態にドンドン悪の進歩を重ねながら、悪用され続けて来ている」。

「電磁波工作により、多くの日本人の平均寿命を短くしてしまえば、年金問題も解決!」等の

「悪意」さえ「感じられてしまった」のが

「日本人の長寿は想定外の旨発言」だった。

「人類の歴史実態からも明らかな様に、人間の平均寿命は過去より現在に向かうに連れて、明らかに長り続けて来ている」。

「戦後日本人の長寿化が想定外の旨喧伝等する事には、明らかな違和感がある事に成る」。

「その裏に、北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配工作等の臭いを感じざるを得なくなる」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「実効のある是正法の一つ」は

「今までの常連出演者等は、出演させ続ける事を止め、新たに、別の人脈の者たち等を積極起用する事」等で

「その様な特定極一部の者たちばかりを偏重起用し続け状態の是正」が

「公然化し、主流に成る」なら

「戦後日本のテレビ界でも、実質的、政権交代等が行われた状態となり、前政権時代の膿を摘出し解消する事等も

より容易に成って行く事に成る」。

「相互補助年金の是正」も

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の是正」も

「どちらも、極めて重要な事」で

「実効のある是正を行わない場合」、

「どちらも破綻する事に成る」のは

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「成る」』。

『「大臣が受け取らなかった報告書」で

「未だに、大騒ぎし続けている事自体からも、

反対野党等人脈のお仲間テレビ・マスコミ等は、

既に、反対野党等を利す政治運動の為のネタが切れている状態に在る事」等が

「良く判る」。

「政界同様、潔く、政権交代する」のが「日本国・日本国民の為の本道に成る」が』。

『「本日のサンデーモーニングではあまり触れていなかった高齢者運転問題」だが、

「他の番組では、未だに、旺盛」だが、

「運転支援装備が急速に発達して来ている現状」で

「免許返納を軸に言う」のは

「日本国内自動車産業細らせ工作的臭いが濃厚な事に成る」。

「運転支援装備のより充実した車への積極的乗り換えを続ける事」の「推奨」こそが

「合理的に成る」し

「その為の補助金等の優遇措置の充実も訴えていて当然に成る」。

「新しい車は、高齢者にはなじみ辛い等とは、ある意味、あり得無い話し」で

「実際は、新しい車程、運転も楽で、馴染み易い場合が多い」のが

「車実用者の筆者の実感」だ。

「何故なら、特に国産車の場合、新しい車程、ボディー剛性等もマシに成り、その分、車の動きも把握し易く成っている」し

「ブレーキのコントロールのし易さ」や

「ステアリングからの情報の判り易さ」も

「向上しているから」だ。

「その上に、運転者自身は実質的に、何もしなくても良い緊急時等の安全装備等も付いている事に成る」のだから

「高齢者だから・・・と、新しい車が運転し辛い訳も無い」。

「日本細らせが得意な政党のお仲間テレビ等の論調の先に出現して来る」のは

「暗く、不安な日本社会・経済状態等だったりする」が

「そんな方向に向かう論等を多くの視聴者等に擦り込まれない様にする為」にも

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の{政権交代}が必要に成っている」』。

『「オスプレイ」にしても

「F35」にしても

「イージスアショア」にしても

「中国共産党や北朝鮮金政権等には、つくれもしなければ、保持も出来得ない、最先端軍備に他ならない」。

「逆から言う」なら

「其れらの最先端軍備を日本が持つ事」は

「中国共産党や北朝鮮金政権等の軍事的圧力等が応分に削がれる事に直結している事」に「成る」。

「其処で、日本国内の、北朝鮮金政権等の実質的、手下情報工作員やその協力者等」なら

「必然的に、其れら最先端軍備を日本が保有する事を一刻でも遅くさせる為の反対民意圧力等をつくり出そうとする事等」が

「合理的」に「成る」。

「現状までの、反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育上等での主たる論の実態」が

「北朝鮮金政権等の実質的、手下情報工作員やその協力者等の必然性」と

「同様」なのは

「単なる偶然では無い」。

「日本社会等と北朝鮮労働党には友党関係が有った」し

「日本社会等の流れは、現状の多くの野党勢力やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等にも在る」。

「仮に、拉致工作等を手伝ってしまっていたりする」なら

「既に、その時点で、北朝鮮金政権等に弱みを握られている事に成る」ので

「その後の、北朝鮮金政権等の要求・命令・指令等にも、従わざるを得なく成っている可能性も極めて大きい事に成る」。

「その辺りの臭いさえ、濃厚に漂わせ続けて来ている」のが

「現状までの、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の、寒過ぎる実態」だ。

「根っ子を斬り、北朝鮮金政権等の手下状態から脱する為」にも

「{政権交代}が必要に成っている事」は「明らか」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「公共の電波を使った組合(ユニオン)援護空爆」や「年金など無くても既に金満で大丈夫の常連出演者等による庶民年金不安煽りいじめ」等が行われていた様相でもあったが・・・。

『「一私学の理事長兼校長に対する其処を止めた組合(私学ユニオン)所属教師のクレーム」を「公共の電波を使って、空爆的に援護していた様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「この様な特定極一部の者等への公共の電波を使った援護空爆」と「共」に

「特定極一部の工作員集団組織等の工作問題・被害等々を実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている、

更に、酷く、劣悪な実態まで露呈し続けて来ている様相」なのが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の臭いが濃厚なテレビ番組等の実態」だ。

「参院選が近いからか、

公共の電波を使って、組合(ユニオン)援護情報空爆等まで行う事等により、

組合(ユニオン)等が支持母体等である政党等には公共の電波使用の大きな味方が在るのだから・・・等と

実質的には、頼りがいが在る等のイメージを増長させる事で、

基礎票固めや支持増大等を促す雰囲気を蔓延させ、

宣伝料等の対価も払わずに、その人脈の利を図ろうとしている実態」は

「明らかな、公共の電波の政治的偏向使用等不当使用等に当たる」が

「現状までのBPO等では、反対野党等を利す実質的、政治運動等まで、実質的に、放置~容認状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状までの出演料や報酬や血統家族特待利権等々で、既に、十分に金満状態で、

公的年金等など実際は不要な様相の常連出演者等」が

「お仲間、ご用達年金学者等を引っ張り出し、出演料や有名人利権等を与え、

一般庶民の年金不安等を煽る事により、反与党等感情を煽ったり、

似非解決法等を提案する事等により

優秀な者(実態としては、テレビ等人脈に好都合な者等)への依存を煽ったりしている様相」も

「本当に、酷く劣悪」に「成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「個人ごとの積み立て年金」とは

「全ての個人に自らの年金を積み立てる義務を背負わせれば簡単にそうなる事からも明らかな様」に

「老後生活資金を自己責任で担保させる、自由・自己責任型の社会保障システムでもある」。

「もちろん、其処にも、途轍も無いインチキが入っている」のは

「其処では、血統家族特待等への言及が全く無い事」等からも

「直に判る」。

「現状の人間社会・経済システム内」では

「努力している者が成功しているとは限らず」、

「血統家族特待や合法詐欺的集金等による金満化でも、金持ちに成れば、努力して金持ちに成った者と同様に扱われ易い」。

「何故なら、比べっこ金権の力が、余りにも、強いから」だ。

「ここで問題の根幹」は

「比べっこ金権に在る」と「気づく」のが

「健常な頭脳・感性等の持ち主」だが、

「其れを無い事にしようとするばかりか、

比べっこ金権のパワーを維持増大させ続ける事により、

自らが持てている血統家族特待利権や合法詐欺的集金等を正当化し続けようとしている」のが

「事故不健常支配者たち等の実態」だ。

「事故不健常者たち等に過分な立場・報酬・権力等々を与え続けている」なら

「人間社会も不健常に成り易く成る」のは

「極めて、当たり前の現象」で

「其れ故に、現状人間社会は人類滅亡に向かって急速に崩れ始めている」が

「その是正も、人類滅亡を避ける為に必要な新たな、健常な人間社会・経済システム等の構築も、

十分に行おうとせず、

自らの下に集められる現状利権等の維持~増大に邁進し続けて来ている」のが

「多くのテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等やテレビ・マスコミ・学校教育界等実権者等々の

酷く、劣悪な実態に成る」。

「比べっこ金権人間社会」から

「本質・快適探究人間社会」に

「健常進歩・正常進化させる」なら

「年金等の社会保障の問題」は

「年齢も性別も問わない、基本的人権の問題であり、

生きている人類誰もの快適存続の問題である事」等が

「直に、解る事に成る」。

「そして、其れが、人類誰もの広義の自分である地球上の全ての生物にも直結している問題である事」等も

「解る事に成る」。

「その様な基本的ベースを多くの人間が持っているが在ってこそ、

健常な社会保障体制も、人間社会・経済システム等の人間の精神文化製品も、製造~実用が可能に成る」。

「比べっこ金権への拘りが強いられている不健常な状態」では

「どんなに上辺をいじっても、本質的自虐を消し去る事が、根本的に出来得ない」ので

「まるで、ババ抜きの如く、カードに恵まれて勝ち抜け出来る者が生まれると共に、

ババを引き、或いは、押し付けられて、負けに陥る、或いは、負けを強いられる者が生まれる事に成る」。

「根本的には、人類同士の比べっこによる勝敗でしか無いモノ」を

「過剰に重大に扱い続ける」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的との乖離がどんどん増大してしまう」のは

「当然の現象」で

「その様な事態が生じ続けている」なら

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群から排除されるのは人類の方に成る」のは

「その細胞数割り合いや人類が生み出している物質文明製品等がもたらし続けて来ている人類自信にも及ぼし続けて来ている自虐度等からも、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実体としては、本当に、劣悪で醜悪な、比べっこ金権上の優位者等を、過分に偏重等し続ける必要は全く無い」ばかりか、

「そんな事をし続けている」なら

「人類滅亡の時が急速に迫り続けて来ている状態が更に酷くなる事に成る」。

「根本的人権」として

「生きている全ての人間の一生の衣食住が保障されていて当然」であり

「今後、AIやロボット等による必要実務を人間に代わる代行が蔓延して行けば行く程、

物理的にその実現はより容易に成り続けて行く」。

「その辺りの実態に合う人間社会・経済システム等の整備」が

「極めて重要である事」は「もはや、言うまでも無い事」で

「今の内から、その辺りまでを見込んだ人間社会・経済システム等の提案等が行われていて当然」なのが

「現状維持等の為の実務に忙しい政界とは違う、自由度の高い情報・教育界の実態」だ。

「其れなのに、戦後日本の情報・教育界では、必要実務は何処へやら、政治運動・組合や特定人脈等援護等々には異常な程熱心・・・」なのだから、

「本当に、酷く劣悪に成る」が

「其の酷く、劣悪な業務実態の対価」は

「異常な程、膨大」だ。

「本来なら、実力不足や性能の悪過ぎる精神文化製品提供等による実害故の罰や罰金まみれ・・・」でも

「何の不思議も無い者たち等」が

「年何千万円~の高い報酬を得て、有名人利権等の増大まで出来ている場合も多い」のだから

「その様な実態の実質的、公然化が人間社会にもたらす悪影響もかなり大きくて当然に成る」。

「現状でテレビ・ラジオ・マスコミ等で重用されている者たち等の多く」は

「戦後日本の情報・教育・芸能界等の実権者等に重用される事」等は

「頑張っているかも知れない」が

「其処には、ベースとして実権者等の都合に沿う政治信条や思想信条や血統や民族等々も在るのが実態」だ。

「其れらを努力したから・・・等と言う事には、明らかに無理がある」。

「現状の多くの金満者や有名人等は、努力によるモノでは無く、

実権者等に気に入られ重用されているか、や金満血統家族等に恵まれたか、等々というのが実態」だ。

「小問題等をダシに、どんなに正義ぶっても、

どんなに上辺を、

紳士的にしたり、優等生的にしたり、

オモシロ可笑しく害の無い者の如く装っていたり、していても、

この{原罪}が隠しきれる訳も無い」。

「{原罪}の公然化」が「人間社会を悪化させる方向に大きな力を加えている」のが

「実態」だから

「同様の新たな、事件・事故等々も、起こり続け、

物質文明の進歩・進化と共に、より酷い実態が生じてしまっている場合も少なく無い」。

「根本的是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝昼番」では

「池袋の高齢運転者の酷い事故の検証」で

「当初報道では無かった、加害車両運転者のステアリング操作を強調した情報配信を行っていた」が

「工作電磁波問題については、圧殺・黙殺状態」だった。

「ステアリング操作が出来ていた事が本当」なら

「加害車両運転者の身体フリーズ部分は腕より下だけに限定される事にも成る」。

「ペダルを踏みかえた旨も言っていた」のだから

「其れが本当なら、一端は、アクセルペダルから足が離れた事により速度も落ちていた筈」だが

「その様な実態は報道されていなかった、ばかりか、報道情報等では、加速実態が露呈させられていた」ので

「実際は、アクセルペダルから足を離し、ブレーキペダルに踏みかえた意識と、実際の足フリーズ状態との間」に

「生体電気信号の遮断・齟齬等があった事に成る」。

「工作電磁波ももちろん電気信号」なので

「工作電磁波による害も十分に考えられる」のだから

「其の辺りを黙殺・圧殺した情報配信を行い続けている事」等には

「明らかな異臭を感じざるを得ない」。

「かつての拉致{工作}問題同様、

集団電磁波工作等を無い事にしたい、

北朝鮮金政権等とのオトモダチ人脈の濃厚な臭い」が

「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。

『「言葉や文書等々の上っ面を覚える事」が「良く出来る者」を「優等生(有益分子)」等として「称賛」し

「其れを元」に「社会内で重用し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くの学校教育等と所謂、文系の職」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「そんな学校教育下」で「優等生にも成れなかった、成らなかった人々の多く」は

「上っ面適当覚え状態」で

「上っ面に興味を持たされ易い状態」に「調教されている」から

「{優等生(有益分子)}が発する上っ面言葉狩り等の情報等でも、

右往左往させられてしまっている場合まで多い」。

「例えば、

新陳代謝という漢字は書けても、

その実体や本質の探究が不十分だった人々が

容易に、丸ごと一人の死生観宗教・商売等の{餌食}とされ続けていた」り、

「上っ面言葉狩り・態度狩り等々から

実体より遥かに大きな悪イメージを付けられた政治家・政党等を

容易に排除させられ、その反対に位置取りしている実体が本当に日本国・多くの日本国民の為に成るのか?否か?も???の

政治家・政党等への投票行動等を行わせさせられていた」りする

「酷く、民度の低い、劣悪な実態」が

「連綿と露呈し続けて来てしまっている」。

「今回の大臣が受け取り拒否した金融庁への報告書の{二千万円足りない言葉狩り}からの

{騒動}もまた、その一例に成る」。

「そして、それらの{騒動}をここぞとばかりに重用して、

実質的に、反対野党や反日国悪権力者等の為の政治・社会運動等を

公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)学校教育等により、上っ面覚え~上っ面言葉狩りが得意な状態に{調教}された、

テレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「その様な状態の常連出演者等や常筆等ばかりを重用し続けて来ている、ばかりか、

反論や対論や各論等を実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実権者等」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの日本国民の民度が高く、

今回の金融庁への報告書でも、

{2000万円足りない言葉狩り}等に右往左往させられず、

報告書の内実から主意・本意を読み解き、

其れを、

自らの実生活の改善や

金融資産積極活用化への積極的転換等に活かす、活かせる状態だった」なら

「該当報告書を大臣が受け取らない事による悪戯な騒動鎮静化」等の

「政治故に必要になる現状対策を行う必要も無かった筈」だが

「実際の、戦後日本の所謂、文系の学校教育等の多く」は、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏向状態が長く続いて来てしまっている」ばかりか

「其処での優等生(有益分子化調教成功者等)がテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育教師・教授等としても

重用され続けてしまって来ている」ので

「多くの人々に圧し掛かってしまっている状態の負のマインドコントロールも実在状態となってしまっている」から

「政治上では、仕方無く、現状対策を行う状態に成ってしまっている」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「老後経済問題等を考える前」には

「現状経済システムの実体把握が必需に成る」が

「ほとんど全てのテレビ・マスコミ情報等では、其れさえも抜き」で

「{年金足りないぞ~!日本の年金システム酷いぞ~!等々政治運動}等を行っている」。

「現状経済システム上」では

「経済価値があると多くの人々が認めた仕事や者・物・事等に経済価値が与えられ、

経済価値のある仕事や者・物・事等が実践される事で其処に金銭価値も与えられている」。

「当然、時間が経てば経つ程、実践される事も増えるので、

お金の量自体も増えて来ている」。

「つまり、同じ百万円でも、今の百万円と昨日でも、一年前でも、十年前でも、過去の百万円では、

元になるお金の量が違うから、

他に変化要素が無くても、相対的に貨幣価値自体が希釈されている」のが

「現実」だ。

「インフレ傾向が強い時」は「希釈実態も実感し易く」、

「デフレ傾向が強い時」は「希釈実態を実感し辛いが、実際は、希釈され続けている」のが

「現実」だ。

「このベースとなる希釈からお金自体の価値を守り続ける為に必要に成る」のが

「利息や金融投資等による金自体の肥満化」だ。

「この現状経済システムの基本構造を良く解っている欧米等」では

「自らの持っているお金自体の総体的価値を減少させ続けない為にも、金融投資等を積極的に行う事が当たり前に成っている」。

「金融投資等で失敗しない為に必要になる」のは

「本質や実体を見極める事」で

「其れは、上っ面に拘らせられている状態下にマインドコントロールされている人々」の

「苦手な事でもある」から

「現状までの多くの日本国民等は、自己防衛反応的に、金融投資等への積極参加を拒み続けて来ている」。

「人口状態が、少子高齢化では無く、順当な世代交代が続けられている健常成長継続状態だった」なら

「継続的人口増故の継続的経済発展も容易に成る」ので

「其れこそ、預金利息頼みでも、大きな問題は出ない状態に成り易い」が

「実際は、少子高齢化で、継続的人口増故の継続的経済発展も望めない」から

「破綻を避ける為にも、固い投資等しか出来ない銀行等の稼ぎも困難」となり、

「預金利息等もほとんど無し状態に成っている」。

「ここで行うべき」は「個人レベルでの自主的持ち金肥満化等々の経済的自主防衛に成る」が

「その為のベースでもある、実体・本質探究能力が欠如状態に追いやられたまま・・・」では

「多くの人々が、右往左往状態に陥ってしまう」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「こんな状態の時に必要に成っている情報・教育等」が

「実体や本質の探究能力を向上させる事に有益に成る内容である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「未だに、ほとんどのテレビ・マスコミ等では、

実体や本質等が探究されると自分たちの酷い実態等の裏に在る実体や本質等も

益々、バレ易くなり、現状利権を得続ける事等も困難に成るからか、

上っ面情報・教育等の継続による大衆マインドコントロール等に、

熱心な状態」だ。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状経済システムの基本構造から言える、

金が膨らみ易い投資先等について」は

「人口増減状態や世界情勢や今後益々人類にとって必要になって行く産業等々や必要に成る手数料等を十分に考慮の上、

冷静に少々考える」なら

「情報収集も容易になっている昨今、其れこそ、世界中の何処の誰でも、比較的、容易に、判る事」だろう。

「当面の現状は、上手く、適当に、支えながら、支えさせながら、更に、実体や本質を探究して行く人間の数が増えれば増える程、

より良い、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の未来の実現」が

「容易に成る」。

「例えば、経済システム上で経済価値を与えている者・物・事等の

自分(広義・狭義共々)の実体との整合性を高める実務」を

「多くの人間が意識的かつ積極的に行う様に成る」なら

「必然的に、

その何十兆かの人間個体細胞群を他の人間個体細胞群に対して優遇する正当性も問われる必然性も生まれる事等からも、

不当な格差の是正が急速に行われる事にもなり、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体を健常化する必然性からも、

地球環境問題解決との整合性が高くなる経済システム状態に成って行く事に成る」。

「何れは、産まれながらの環境格差は、例えば、二倍以内等、ある程度以内に収斂し、

狭義の自分の健常支配継続に対しては経済価値が与えられ、其れがベーシックインカムと成り、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続への貢献には、応分の正の経済価値が付けられ、

地球生命体細胞群に自虐を強いる事に対しては、応分の負の経済価値等が付けられる事」に「成る」。

「現状の比べっこに都合が良い人間社会・経済システム等」は

「その自虐性故に、既に、消費期限切れ状態に成っている」のだから

「自虐度の低い、新たな人間社会・経済システムという、人類の精神文化製品への乗り換え」が

「既に、必需に成っている」。

「とりあえずの現状を支えながら、自虐度の低い新たな人間社会・経済システムへの乗り換え塔による

人類も含む地球生命体細胞群の自虐問題の解決を実現する方向に力を加え続ける人生」を

「多くの人間たちが、意識的、かつ積極的に歩む」なら

「人類滅亡は避けられ、世界平和と地球環境問題の解決が当たり前の様に実現する事に成る」。

「その為に有益になる情報配信をしているべきテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、主として、反対野党や反日国悪権力者等を利す、政治・社会運動等に熱心・・・」では、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「{有益分子}有名人等を利用」した

「極東地域日本のみ脱原発運動」等と

「同様」の

「高齢者運転免許返納運動」等や

「核兵器も持っていない、専守防衛縛りまである、現状の日本の防衛」の

「実効根幹である強固な日米安保」は

「要らないでしょ!社会運動」等を

「行っている暇がある」なら

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って配信すべき情報は、

もっと、もっと、別に在る」。

「魚雷(核等も含む)・機雷(深海・核等も含む)で使用不能状態がつくり出せてしまうイージス艦だけのミサイル防衛で良い訳は無い」。

「レールガンミサイルへ進化させる事もより容易になるイージスアシュアの防衛上の有益性は高く、

その設置場所として、日本の中で、二か所なら、秋田・山口が合理的になる」のは

「日本列島全体の三分割二点に成る事」や

「敵ミサイルが発射される場所は、北朝鮮北部だけとは限らない事」等「からでもある」。

「其れが、ハワイやグアムの米軍防衛にも好都合と成り、

日米安保をより強固にする方向に力を加えている」なら

「日本の防衛上、更に、合理的に成る」。

「公共の電波等まで使って、

ハワイ・グアムや北朝鮮北部から塔だけを強調して、反米感情を煽り、イージスだけのが合理的でしょ!等と

内実、日本の防衛に、脆弱になる部分をつくり出させる世論等を喚起しようとしている」のは

「反日国等ご用達の情報工作員等やその協力者等」と「相場は決まっている」。

「その様な感を多くの視聴者等に抱かせない為」にも、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何故、多くの視聴者・読者等の

実体・本質等探究能力を向上させる事に有益に成る情報配信が出来ない!」

「何故、何時までも、{有益分子}有名人等や{上っ面言葉狩り・態度狩り情報}等で、多くの視聴者等を操り続けようとしている!」

「其処に露呈している」のは

「自己健常支配の対極にある他者支配の実態」だ。

「因みに、精神心理学的には、

自己健常支配による支配欲の本来欲求の充足は在るが、

他者支配という代償欲求の追及による本来欲求の充足は在り得無い」。

「公共の電波や、公共レベルのマスコミ等まで使って、

免疫や対応力を養う為の遊びレベル」より「遥かに高いレベル」で

「他者支配を試み続けて来ている」ばかりか

「其れに毒された、他者による被支配に自分を置き続けて来ている人々を生み出し続けて来ている」、

「自己健常支配を行えていない、

他者支配に邁進している、

他者による被支配に邁進する、自己不健常支配状態を誘い続け、蔓延させ続けて来ている

上辺の表現等は、紳士的、優等生的、正義的でも、

実際に行っている事は、まるで、ナチス・ヒトラーと同様」の、

「本質的、悪者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。

『「参院選を前」に「テレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈の正体が露呈している」。

「其れは、どの政党にとって有利に成るイメージで配信論等を展開しているのか?」等を

「考える」なら「多くの視聴者・読者等が直に気付く事」でもある。

「~自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等の旨で

「民主党政権の成立を大々的に支援したテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「選挙も無いから、実権者人脈の政権交代も無いまま、

現状でも、公共の電波や公共的マスコミ等を使った情報配信内容を主導し続けている」。

「マスコミ人としての本来の仕事は何処へやら、

公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

反対野党等の為の政治運動や、

日本を細らせ、その裏で、中国共産党や北朝鮮金政権等を有利にする実効を持つ社会運動や、

お仲間ゲイノウ人等の公然化宣伝」等々を

「行い続けている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「{2000万円足りない言葉狩り}」で

「実質的に、内実が歪められた状態」で

「多くの視聴者・読者等に伝えられている年金問題の実体」は

「現状経済システム上で{引きこもり化死に金状態}に在る個人等の貯金資産」を

「出来る限り有効利用してもらう事」等により、

「景気を良く」し

「将来の年金も困らない方向にして行く為」の

「きっかけ提言」でもある。

「現状経済システム上では、

主として人間が色々な道具(移動の為等も含む)等を使って、仕事や消費をしている事に対して、

経済的価値を与える事に、

多くの人間が同意している事で成り立っている実体経済界」と

「金が金を稼いでいる状態に多くの人間がお墨付きを与えている金融投資界」の

「二階建て構造に成っている」。

「日本のかつての銀行預金」は

「先の大戦からの復興や

一ドル360円という超円安や

人口増大ベース状態等々故に、

銀行等が、主として、日本国内の金融投資界で運用し、相応に利益を上げる事も容易な状態だった」から

「相応の利息も付けられていた」。

「超円安是正後も、経済バブル化等により、相応の好景気状態が続いていた」が

「人口急増大持に仕込まれた人口増大ベースを人口減少ベースにする策」や

「為替の適正化」や

「バブル崩壊」等により

「以前からの経済増大好景気ベース化状態」は

「一気に消失」した。

「失われた十年、もしくは、二十年」等が「叫ばれ」、

「その対応策」として

「規制緩和による大企業・大資本等実質優遇」や

「グローバルスタンダード化」等々が

「行われた結果」、

「経済格差が急速に増大」し

「日本社会も、二極化格差社会化」した。

「更に、リーマンショック」で

「多くの大企業等までもが右往左往させられる状態に陥った」。

「銀行による金融投資界金転がし等での利得も大幅に減り」、

「銀行預金利息もどんどん下がった」。

「現状では、金利ゼロが当然の様に成っている」が

「其れは、もはや、{預金引きこもり化塩漬け、市に金状態}と同様の事」でもある。

「此処で、現状の社会・経済状態の中で、

銀行が銀行の責任で、

金融投資等を大々的に行い続ける事」には

「銀行自体の破綻等の大きなリスクが伴う事にも成ってしまう」。

「其処で当然の如く出て来るリスク分散策」が

「預金者個人責任による金融投資の活性化」であり

「其れによる{引きこもり化死に金状態}の預金」の

「{積極金社会参加化生き金状態}への転換」だ。

「個人責任と成れば、銀行自体の破綻は無い」が

「個人破綻は、あり得る」。

「老後生活は年金ベースで最低限は担保」を

「選択する人々」なら

「銀行預金{引きこもり化死に金状態}の選択が合理的に成る」が

「老後、相応に良い生活を望む人々」なら

「個人責任で積極的に金融投資界に参加して欲しい」し

「その事により日本の景気向上も見込みたい」というのが

「{2000万円足りない言葉狩り}の裏に在る本来の伝達情報内容の実態」に「成る」。

「現状人間社会・経済システム内」で

「日本を他の国々に対して細らせない為」には

「銀行預金等に引きこもりさせる事」と

「銀行預金等に金社会参加させる事」の

「どちらが合理的に成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「日本を細らせる政権を成立させた悪の実績を持つテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「ご用達。お仲間経済学者等まで引っ張り出して、出演料等も与え、

実質的、日本細らせ法を、さも正論であるかの如く、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で、喧伝等している」。

「更に、実質的に、立憲民主党等の応援{政治運動}」等を

「行っているところも多い」。

「日本の公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って、

日本を細らせる論等を正論のイメージで喧伝等し、

反論・対論・各論等は、実質的に、黙殺・圧殺状態」で、

「日本を細らせた実績のある政党の流れを持つ政党等を

実質的に、偏重応援等し続けている事」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「少子高齢化で不安を煽っている」のも

「反現政権{政治運動}の為」と

「強く、推定出来る」。

「人口減少策自体を十分に解消する事抜き」では

「本格的な人口年齢バランスの是正は困難」だが

「労働人口の面」からは

「今後、AIとロボット等が益々急激に、人間の労働の代わりの労働を行える様に成って行く」から

「大きな危機状態に成っている」等とは

「言い難い状態」だ。

「ここで、今の内から、十分に議論等し、社会合意等を形成しておくべき」は

「労働の多くがAIやロボットによる時代への年金等社会保障の転換策」等に「成る」。

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「この面の議論等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で大々的に行っていて当然に成る」のに

「未だに、反対野党等の為の実質的、政治運動等や日本細らせ策等の正論イメージ化等々が主・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「AIとロボットが必要労働の大部分を行える時代」には

「年金による老後社会保障では無く、

ベーシックインカムによる全年齢層基本保障」が

「必要に成る」。

「其れを成り立たせる為」の

「基本精神文化の一つ」は

「個々の人間の自己健常支配の継続に対し、相応に経済的価値を付ける事」に「成る」。

「此処で言う、自己健常制御とは、人類誰もの自分の実体やその根本的目的から整合性を取ったモノで無ければならず、

特定の、例えば、独裁者等の意志・意思等に沿う等であっては絶対にダメ」だ。

「この意味からも、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的等の実体・実態把握」は

「非常に重要に成る」から

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、その辺り情報・教育等が大々的に行われていて当然に成る」。

「比べっこ強い精神構造・精神文化」は

「不要なストレスも、不要なストレス故の八つ当たりも、

いじめも、虐待も、格差も、殺傷事件・事故等々も、

テロも、戦争も、

・・・当たり前の様に生み出し続ける」が

「本質・快適探究精神構造・精神文化」が「生み出す」のは

「世界平和や地球環境問題等の解決や地球生命体細胞群の宇宙への本格進出等々に成り、

其処では、不要で多大なストレスも、其れ故の八つ当たりも、

いじめも、虐待も、不当な格差も、殺傷事件・事故等々も、

テロも、戦争も、

・・・当然の如く、激減している事に成る」。

「比べっこ強い」で「人類滅亡を誘い続ける事」と

「本質・快適探究精神構造・精神文化への健常進歩・正常進化を誘う事」で

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続を実現して行こうとする事」の

「どちらに有益になる情報・教育等を行っているのか?」で

「その情報・教育機関等やその中の人間たち等の本質的価値」等が

「はっきりと判る事に成る」が

「経済的価値を付ける価値があるのはどちらか?」等もまた、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「本来の仕事は何処へやら、実質的、政治・社会運動等に明け暮れて来ている者たち等の一部」は

「水プラズマ」による

「ごみ問題解決法」等を

「喜々として伝えていた」(本日のテレ朝朝番)が、

「物質文明側の技術の急速な進歩・進化だけを喧伝状態」で

「其れに伴い必要に成っている精神文化側を急速に進歩・進化させる為に必要な情報配信無し」では

「核技術が原爆として自虐使用された様」に

「水プラズマ発生機等が、殺人~人体抹消兵器等として自虐使用されてしまう世界」等も「付いている事に成る」。

「必要な仕事が未だ十分に出来ていない、ばかりか、

公共の電波等を使って、

特定政党・特定人脈・特定人間等を偏重させる、実質的、視聴者等マインドコントロール等を行い続けて来ている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。

『「反安倍政権・反トランプ政権、政治運動」等まで「含む」、「常連出演者等のご都合論」等が「反論や他論・各論等抜き」に

「公共の電波上で一方的に喧伝等され続けて来ている実態」は

「多様性を自ら否定している実態を露営している事でもある」が

「そんな実態は何処へやら、多様性の重要性を訴える」とは

「泥棒が逃げる時にあいつが泥棒です!と他の者を指差して叫ぶ、

何処かの反日国の悪い精神文化等の臭いも能動」で

「其の様な者たち等を主たる常連出演者等として使い続けて来ている

戦後日本のテレビ界実権者等の実体の氷山の一角」が

「其処に見え隠れしている」。

「もちろん、こんな酷い状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「出ずっぱり、常連出演者等」とは

「引きこもりの対局で利権を得続けている者たち」に「他ならず」、

「その様な立場に居る者たち等が、本気の自省も抜きに、この手の問題を本質から解き解す論等を言える訳も無い」から

「実際に、公共の電波上等で、反論・対論・各論無き状態で、一方的に喧伝等されている、

この手の問題の論等の実態」は

「常連出演者等の利権を阻害しない、常連出演者等ご都合論やご用達論等ばかり・・・」に

「成っている」。

「本質から解き解す事が無い論等を公共の電波等を使って公然化し、

其れを基に、例え、世論や政治等が動かされても、

同様の新たな事件・事故等が大幅に減る訳も無い」から

「テレビ常連出演者等が散々喧伝等し続けて来ている上に、政治・世論等も其れにもつられて動いて来ている」のに

「無差別殺傷や親族間殺人等々の同様の新たな事件・事故等」は

「激減せず、相変わらず、繰り返され続けている」。

「実効の無い、酷い場合は、悪の実効まである、

もしくは、実効が極めて薄い論等を

公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って喧伝等し続けて来ている

常連出演者や常筆等が、

受け取っている報酬や、

得ている有名人等の利権や其れに伴う権力等々は

膨大」で

「この様な実体離れした酷い状態」が

「物質文明側では在り得無い事」は

「性能の悪い物質文明製品(車でも、何でも・・・)なら売れない実態からも明らか」だが

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報等の大衆向け精神文化製品のほとんど」は

「戦後ずっと独占企業状態が続いて来ている」ので

「経済による比べっこ人間社会状態の中でも、他に、同レベルで比べられるより良い精神文化製品が実質的に無い状態」が

「強いられ続けて来ている事」で

「劣悪レベルの精神文化製品製造~発信(販売)者たちが、

その見返りとして、ある意味では不当に得ている、利権等の大きさ」は

「性能の良い物質文明製品を製造~販売している者たち等と同等レベルにまで成ってしまっている」。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法は簡単」で

「今まで、常連出演・常筆等として重用され続けて来ている特定極一部の者たち等ばかり・・・では無く、

其れに、反論を言う者や、対論を言う者や、各論を提供等する者等も、

常連出演者や常筆と同等扱いにして、

テレビ・ラジオ等に出演させたり、

公共レベルのマスコミ等で論等を配信する様にすれば良いダケ」だ。

「比べっこ人間社会の中でも、

ちゃんと、比べるモノが提供される」なら

「最終判断等は、個々の視聴者・読者等に委ねられる事に成り、

常連出演者・常筆大衆誘導状態が解消される事に成る」。

「其の様な状態に成っていてこそ、民主主義の基が構築されている事に成る」。

「戦後日本社会の実態」は

「健常な民主主義では断じて無く、

情報・教育統制下の全体主義強い状態とでも言うべき実態が長く続いて来ていた」が

「ネットの普及により、情報・教育統制状態が崩壊せしめられ、是正傾向が出て来ている」。

「しかし、未だ、是正が圧倒的に不十分」なのは

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育既得権益組みの者たち等が、

公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育まで使って

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育既得権益組みの利権維持の為の情報・教育等を主に行う事で、

視聴者・読者・生徒等を実質的に、マインドコントロールし続けようとしている実態を露呈し続けて来ているから」と

「強く、推定出来る」。

「もちろん、こんな酷い状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「では、戦後日本の情報・教育界」は

「どの様な人脈の者たち等が牛耳り続けて来ているのか?」

「其れは、戦後日本の情報・教育界の情報・教育内容等から良く判る事に成る」。

「例えば、北朝鮮による拉致を北朝鮮が認める前まで」は

「日本による共励連行を強く言い、拉致など例えあっても、其れに比べれば大したことが無い旨」等を

「散々、喧伝等していた情報・教育等までもが蔓延っていた」。

「北朝鮮が拉致を認めた後」でも

「拉致の実態は、拉致工作である」のに

「拉致ばかりが強調され、北朝鮮の工作員により日本海側で拉致され、後に、韓国人と結婚した(させられた)当時少女だった被害者が

強調され、

実質的には、

日本国内の北朝鮮による工作実態等に、

多くの視聴者・読者・生徒等の考え・思い・感等が向かわない様にする

情報・教育ばかりが、行われ続けて来ている」。

「独裁国の北朝鮮の末端工作員が身勝手に拉致など出来る訳も無い」のだから、

「該当被害少女を工作員が拉致する前にも、

日本国内に居る北朝鮮の工作員等が、

拉致対象者を割り出し、

その居場所や行動等を情報提供する工作が在った可能性も極めて大きい」ばかりか、

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致して北朝鮮に連れて行く為」には

「拉致対象者の割り出し」に「始まり」、

「道中を穏便に移動させる為にも、有益分子化教育等が行われ」、

「その後、多数の工作員・協力者等の移動・宿泊等協力の下」で

「北朝鮮工作船等が来ているところに連れて行き、工作船等に乗せる手順があって当然」に「成る」。

「その様な実態から、判る事」は

「戦後の日本国内には、決して少なく無い数の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が要る事」に「成る」。

「当然、北朝鮮金政権等による命令・指令の下で、行わされて来ている事」が

「拉致工作ダケ」とは「在り得無い世界」で

「実際は、多種多様のスパイ・工作活動等が多数・多時間行われ続けて来ている事」等は

「冷静に、少し考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事」に「成る」。

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日本国民の安全・安心の為」にも

「日本国内の北朝鮮金政権等の実質的、手下、スパイ・工作活動者やその協力者等を告発し、徹底摘発等を訴えて来ていて当たり前」に「成る」が

「現状までの、ほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等も、学校教育等も、

この非常に深刻な戦後日本の重大問題」を

「実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている」。

「そればかりか、日本国内のスパイ・工作活動等は実質的に無い事にしたまま、

北朝鮮との国交回復等まで訴えて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等までもが

蔓延って来ている」。

「この様な実態」からも

「戦後日本の情報・教育界」では

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が多大な実権を握り占め続けて来ている事」等が

「間接的に、露呈している事に成る」。

「因みに、かつては二大政党の一翼を担っていた、社会党は、北朝鮮労働党と友党関係を結んでいた」。

「戦後日本の情報・教育界に旧社会党系の実権者等が多くても何の不思議も無い実態が露呈している」。

「旧社会党人脈の流れは、社民党にも、民主党にも続き、現状の立憲民主党や国民民主党等にも続いている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

昨今の推し政党が立憲民主党等という実態を露呈し続けている番組や常連出演者等も少なく無い」が

「その現れ状態が実際の国会議員数割り合いより遥かに大きく成っている事」等の「裏に在る」のも

「実権者人脈等の意志」等と「強く、推定出来る」。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等では、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が

視聴者・読者・生徒等に誤った認識等を抱かせない為にも、

極めて重要に成る」が

「常連出演者や番組等や教師・授業等による、実質的、政治運動等」が

「厳しく、規制されていない現状は、本当に、不十分」だ。

「黙殺・圧殺状態と共に、是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「池袋や福岡の車の異常事態が露呈している事故」でも

「高齢運転者ばかりを問題化している場合が多い」が

「車実用者の筆者の昨今の道路・車(自車・他車共々)等の実感からも、

工作電磁波によるテロの可能性もゼロでは無い」のだから

「その可能性を言いもしない情報配信実態」には

「かつての拉致工作は無い事に!」と

「同様の臭い」が「強く漂っている」。

「横浜の新交通」でも

「何日か前に、NHKニュースでも、車両側の機器の一部が破損の旨喧伝されていた」が

「機器が物理的に破損していたなら、動かず、異常を伝える」のが

「安全設計の基本中の基本」だ。

「機器の破損が衝突故の破損である可能性も高く」、

「実態としては、工作電磁波等の悪影響で、信号混乱が起きていた事による

電子信号的破損が元だった可能性も大きい」。

「その辺りの実態検証も十分に行える時間が無い内から、

早々に、機器の破損を喧伝したNHKもまた、民主党人脈人事が濃厚に反映された後のまま・・・の

芸能人重用状態も露呈し続けて来ているNHK」だ。

「車が暴走した異常事態事故」にしても

「電動パワステなら、電動アシストオフ状態ともなれば、高齢者の力ではステアリング操作も出来辛く、車は直進状態に成り易い」し

「アクセルもブレーキも電子制御が大きく絡んでいる」なら

「その信号次第では、加速固定もあり得る上」に

「運転情報記録機器には、壊れていない電子信号を送る事も可能」で

「この手の電子工作も可能に成る」のが

「工作電磁波仕込みの実態である可能性も決して小さく無い」。

「其れなのに、工作電磁波問題は、圧殺・黙殺状態」とは

「とても、普通の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等とは思えない」。

「日本国内に居る北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等の摘発訴え圧殺・黙殺問題共々、

是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「基本的に、人間の精神構造」は

「乳幼期の、比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による支配(乳房)被支配(親や他の人からの愛)争い状態」から

「成長に連れ」、

「成人期の、本質・快適探究」へと

「健常進歩・正常進化し続けようとしている」が

「現状までの人間社会・経済システム下」では、

「比べっこレベル強い状態が続いてしまって来ている」。

「比べっこ強いに上手く適応しているのが、現状適応優等生」で

「その報酬が、自らの精神構造(自己制御ロジック)の健常成長とも引き換えになっている、

現状権力者や現状社会システム等からの利権」だ。

「現状適応より、精神構造の健常成長の方を、意識の有無を問わず、優先している状態に在る」のが

「多くの現状不適応者の実態」で

「其れは、生体防衛反応的にも、悪い事では断じて無い」が

「現状側はそんな状態の人間が居る事自体も自らの利権崩壊に直結している事に成るので困る」から

「現状適応支援団体・施設等と繋がらせる事や、

家に居ながらの現状適応に導く事等により、

利権維持を図ろうとし続けて来ている」。

「現状を支える事も求められている、政治レベルでは、其れも当然に成る」が

「より良い現状をつくり出すべく、

本質・快適を探究し、その結果等を情報配信等するべき

情報・教育界が政治未満では、

本当に、酷く、劣悪な仕事しか出来ていない事に成る」。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い人間社会・経済システム等を

提案等しているべき情報・教育界の者たち等が、

より多くの利権を自分たちの下に集め易くする為に、

自分たちの人脈の者たち等をより多く国会等に送り込むべく、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等まで使って、

実質的、政治運動等を行い続けている様」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今までの、出ずっぱり常連出演者等のご都合論等には、もう、うんざり・・・で、見聞きし飽きた」から

「新たな反論・対論・各論等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上に!」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者・生徒等の数も多い筈」だ。

「是正法は、簡単」で

「其れらの、多種多様な者たちを、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々でも、

現状までの常連出演者等々と同等レベルで重用すれば良いダケ」だ。

「反論・対論・各論等はネット上等から、比較的、簡単に、抽出する事も出来る」。

「後は、出演・起用等の合意を得て、実行するダケ」なのだから

「北朝鮮金政権等が日本を乗っ取り支配する為の工作等を、

手伝ったり、行ったり、し続けて来ていない」なら

「直にでも、実行可能な事が其処に露呈している事に成る」』。

『「多様性や共生と言っても、善悪ごちゃ混ぜ同等扱いでは、崩壊を招き寄せるダケに成る事は明らか」だ。

「善悪差別を徹底する事で、他の不当な差別の抑止にも成る」。

「その為にも、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った

本質的正当性のある善悪区別」を

「多くの人間が理解・把握・実用する事が

非常に重要に成る」。

「その為に有益になる情報配信等をしているべき現状」で

「善悪ごちゃ混ぜ差別反対論!や悪戯な共生論等を喧伝等している状態」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「移民にも、正当な移民と不当な移民がある」。

「移民・難民を生み出している元環境等の是正が非常に重要な事」に「他ならない」が

「其処を抜きに、移民・難民受け入れ是論等を喧伝等している」のが

「偽善者たち等」で

「その中には、不法移民等を低賃金労働者等として使う事で、私腹等を肥やそうとしている者たち等やその協力者等まで居る」。

「厳しく、糾弾されるべき」は

「不法移民排除を訴える者たち等では無い」。

「不法移民等を悪用して、ズルく儲けようとしている者たち等であり、

そんな不法移民や難民等を生み出している、移民元の環境を悪くしている者たち等」に「他ならない」。

「その辺りさえも、いい加減な常連出演者等」が

「中国共産党等を、上辺だけ、優等生ぶり、正義ぶり、責めていたり・・・しても、

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等さえも実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている者たち等が、

参院選等を睨んだ、政治運動等の臭いが濃厚に漂って来るだけ・・・の様相」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

公共の電波を使った「ゲイノウ人の私生活売り」等が大々的に行われているが、「福岡自動車暴走事故」や「新交通逆行事故」の「本当の原因は?」・・・。

『「ルックス被差別利権売りも行っていたゲイノウ人」と「ルックス差別利権上での優位者だった女優)」の「結婚=私生活」が

「公共の電波を大々的に使って行われている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「宣伝料を払っている訳でも無いのに、公共の電波大々的使用の利権」が

「該当カップルと該当カップルを重用等しているテレビ・芸能界の者たち等に流れ込んでいる実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「公共の電波の私用・特定企業利用」には「相応の対価支払い等があって然るべき」だ。

「其れも無い上」に

「お仲間常連出演ゲイノウ人等共々、お手盛り宣伝を行っている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「芸能人なら芸を売る」のが「当たり前の正道」であり

「私生活売りやお仲間人脈売り等々をした段階で、該当者等の芸に対する自信の無さ等」が

「逆に、大々的に露呈して来る」が

「同様のレベルの者たち同士の比べっこを強いを行い続け、

多くの視聴者等を実質的に、マインドコントロール等し続けて来ている事」で

「その様な実態を誤魔化し続けた上での安直な商売・集金作業等を行って来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等の酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「芸能界の者たち等」は

「政治思想や人脈的等で都合の良い者たち等の押し売り」は

「早々に止め」、

「多くの視聴者・読者等の精神構造を健常成長させる為にも有益に成る芸のある芸能人等を発掘し積極重用起用するべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等なら、

もっと、直接的に、多くの視聴者・読者等の精神構造を健常成長させる事に貢献していて当然に成る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「池袋の自動車暴走事故」と「類似点が多い暴走事故」が

「福岡で起きてしまった」。

「事故を起こした車」は

「どちらも、一世代~前の非常安全ブレーキ等が付いていない車」で

「どちらの事故も、最初の衝突事故の後に、止まらなかったばかりでは無く、

その後、速度を上げながら、進路も変えずに、ほぼ直進して何度も衝突している」。

「同様の事故事例」が

「その前に、どれだけあったのか?」等は

「マスコミ人等が警察等を取材し、調べる」なら「正確なところが、直にでも、判る筈」だが

「今のところ、その様な調査報道結果が公共の電波上等で大喧伝等はされていない」。

「過去の同様な事故の有無を問わず、二つの該当事故が、かなり特異な事故であった事」は

「事故実態から誰もが判る事」だ。

「池袋の事故の場合」は

「加害車両の運転者が生存していて、

最初ぶつかった後に、どうしちゃったんだろう・・・の旨車内で述べていた事が、

加害車両のドライブレコーダーから判っている」という「報道もあった」。

「つまり、最初の衝突以降も、加害車両運転者の意識」は

「相応に、はっきりしていた実態が露呈している」が

「積極的な減速操作も、ステアリング操作による回避行動等もとられていない」ばかりか

「加速までし続けている」。

「福岡の事故の場合」は

「加害車両の運転者も死亡してしまっている」し

「加害車両にドライブレコーダーが付いていても、フロント部分大幅破損状態」なので

「録音・録画内容把握等は、結構困難」と「強く推定出来る」し

「現状までのところ、筆者の知る限り、加害車両のドライブレコーダーの有無やその内容等は報道等されていない」ので

「事故時の車内実態は今のところ不明」だが

「事故実態の類似性の高さから、池袋の事故の場合と同様であった可能性も高い」等と

「推定する事も出来る」。

「ここで、解明すべき」は

「最初の衝突事故の原因」と

「その後、加害車両運転者の、少なくとも、身体部分のフリーズ化の原因」だ。

「どちらの場合も、最初の衝突前までは、普通に運転できていた実態も露呈している」から

「最初の衝突には、何等かの原因が在って当然に成る」。

「ここで自動車実用者の筆者の実感として大いに気に成る」のが

「昨今急激に発生場所が増えて来ている、音響兵器の電子・ホール版的な、経時変化でより疑似高周波化し続けて来ている{工作電磁波}の

存在」だ。

「筆者の実体験」でも

「所有車に{工作電磁波}発生ソフト・ハード等が仕込まれていた事もある」し

「其の発生状態等を調整して、運転者の運転を行い辛くし続けようとする{工作員集団}の

存在等も、感知している」。

「他の車にも{工作電磁波}発生ソフト・ハードが仕込まれている場合も、決して少なく無く、

道路上の信号や電線・電話線等々の設備や、

道路近くに在る建物等の設備や家電機器等々から{工作電磁波}が発生させられている事も在る」。

「電車・バス等の車内でも、{工作電磁波}が発生させられている事も在る」。

「自分の車に仕込まれていた{工作電磁波}により

右足をつらされた実体験が有る筆者の実感」では

「該当加害車両の運転者の場合」は

「右足だけでは無く、腕も十分に動かせていない事からも、首から下全体がつらされていた可能性」が

「強く、感じられる」。

「例えば、最初の衝突の前に、強い工作電磁波が前や横の車や道路沿いの建物設備等や電線等から、加害車両運転者に照射されていた」なら

「その後のフリーズも、あり得る」し

「更に、加害車両にも工作電磁波発生ソフト・ハード等が仕込まれていて、

衝突の衝撃で、

より強い{工作電磁波}が

例えば、ルームランプに続くリード線等から、加害車両運転者の首や首元に当たる様に仕込まれていた」なら

「ある意味では、意図的な、事故誘発工作が行われている事にも成り得る」。

「その辺りの可能性まで含めた徹底捜査が必要に成っている」のが

「該当事故等の実態」だが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で、その重要性等が訴えられていない」のは

「明らかに、変」だ。

「北朝鮮による日本国内のスパイ・工作活動等を、

北朝鮮が認めたモノを除き、散々、無い事にして来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等ならではの実態が露呈している様相」で

「其れは、露呈させられていないスパイ・工作活動等を黙殺・圧殺せしめる情報工作等の様相ですらある」。

「戦後日本の情報・教育界」では

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等が多数重用され続けて来ている」が

「その辺りの実態」と

「強い関連性を感じざるを得ない」のが

「該当事故等に対する報道実態等」だ。

「其れは、逆行事故を起こしてしまった横浜の新交通でも同じ事」だ。

「{工作電磁波}仕込み故の誤作動等の可能性もある」のに

「その辺りへの言及が無い状態」は

「明らかに、変に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「出ずっぱり利権収集者等」が「引きこもり問題化」や「高齢運転者問題化」等々で正義ぶり、更なる利権収集をしている、劣悪で醜悪な実態の公然化等が続けられている様相だが・・・。

『「自己健常支配基準から言う」なら「経済戦争状態の人間社会をそのままに、その中で比べっこに興じ、他者を蹴落として、より優位な立場を得て、有利な利権収集等を行い続けている者たち等」も

「病的な状態」に「他ならない」。

「現状の、多くの、出ずっぱりテレビ常連出演者等の実態」とは

「テレビ界実権者やテレビ界実権者とツーカーな大芸能事務所等の実権者等の都合に沿うから等の理由」から

「差別的に常連出演させられ続ける事」等により

「多くの視聴者等に否応無しに覚えさせ続ける事」等で

「つくり出している、有名人利権等」の「上」で

「更なる、有名人利権と{高額}出演料等々を

自らや自らが属している芸能事務所等の下に収集し続け、

実態としては、経済・社会格差等をより強大化している方向に力を加え続けて来ている者たち」等に

「他ならない」。

「現状の経済戦争人間社会・経済システム内」では

「他のほとんどの仕事???も、同様の構造に成っている」が

「その実体」は

「戦時中に敵という同じ人類を殺す事が仕事だった事」と

「同様」に

「人利誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が極めて悪い事」に

「他ならず」、

「戦場・敵殺し適応者」と「同様」の

「経時戦争利権収集他者&地球環境等圧殺者」の

「実体」は

「本質的には、病気状態」に「他ならない」から

「戦場での苦痛誤魔化しヤク」と「同様」に

「経済戦争場」では「高揚ヤクにも現実逃避ヤクにも成るお金や立場・権力等々の収集~使用」が

「必要と成ってしまっている」。

「どんなにヤクで誤魔化し続けていて」も

「実際に行い続けて来ている事」が

「自らの実体やその実体の本来の目的に叛いている事」では

「本質的に、自己承認欲求の本来欲求が充足される訳も無い」ので

「その代わりに、他の者・物・事等を利用した自己承認欲求の代償欲求の追及に明け暮れている」のが

「経済戦争場で活躍出来てしまっている者たち等の実態」に「他ならない」。

「どんなに代償欲求を追及し続けても、本来欲求が充足される訳も無い」ので

「代償欲求の追及」は「時と共に肥大化して行き易く成る」が

「世界中の何処の誰でも、狭義の自分個体には寿命が在る」ので

「肥大化させ続けている代償欲求の追及でも埋まらない心の穴を埋めるべく、

子や子孫等々に自らを投影・転嫁・同一視した代償欲求の過剰追及行為」等が

「行われ易く成る」。

「実に、愚かで、醜悪で、劣悪な実態」が「其処に露呈している」が

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取り、

元から直す事を拒否し続けて来ている迷い子、もしくは、亡者状態の人間たち」は

「戦時中」は「戦争による敵殺傷等」に

「経済戦争中」は「経済戦争による他者・地球環境等圧殺」に

「邁進し続ける事こそが正しいと言う納得を得る為」にも

「自虐行為に邁進していない者たち等」を

「まるで不良品の如く、扱い、下に置きたがる」。

「実に、醜悪で、劣悪な、実態が其処に露呈している」が

「裸の王様たち」は

「自らの実体を直視する事さえもしようとせず、

ヤク集めとヤク使用には熱心な場合が多い」ので

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の自虐状態」は

「止められようともして来ていないばかりか、益々、酷く成り続けて来てしまっている」。

「根本的是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの狭義の自分の精神構造(自己制御ロジック)」は

「乳幼期には、比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による支配権(乳房)・被支配権(親や大人の愛)争い」だが

「頭・身・体の成長」と「共」に

「本質・快適探究」へと「健常成長しようとしている」。

「ところが、其処に、人間社会・環境的圧迫が圧し掛かる事」により

「多くの人間の精神構造の健常成長が阻害され続けて来ている」。

「多くの人間の精神構造」に「比べっこレベル退行強い圧迫」を

「加え続けて来ている」のが

「武力による比べっこ人間社会・経済システム~経済による比べっこ人間社会・経済システム適応強い」を

「行い続けて来ている人類の{自虐}人間社会歴史の実態」だ。

「当然、そんな自虐は嫌!という感覚等が、比べっこ強い圧迫より強く成る事等により、

{自虐}人間社会不適応状態に成る人間たちも出る」。

「現状で引きこもりとレッテル貼りされている人間たちの多く」も

「その一例に成る」。

「自己正当化の為に、実質的には、より大きな環境負荷をもたらしていたり、人間社会の自虐度を高めていたりする場合も少なく無い

出ずっぱり」と

「環境破壊度等は低い、引きこもり」の

「どちらが今時の人間の事態として適切に成るのか?」

「自己健常支配基準」から

「紐解く事」で、

「双方の健常支配状態を誘う実務」こそが

「現状の情報・教育界に求められている実務」に

「他ならない」。

「出ずっぱり」が「引っ込む事」で

「引きこもりが出て行ける仕事の場も増える」。

「利権過剰偏在や利権過剰収集等々は悪である」と

「正しく認識出来る人間たちが増えれば、増える程、

人間社会の健常度も高く成り易く成る」。

「自らの不健常状態を誤魔化す為」に

「強く・美しく、賢く、・・・等々考え・思える象徴的者たち等をつくり出し、有名人化等し、

其れを覚える事により、その様な者を覚えている自分も同様の強く・美しく・賢く・・・等々の状態に在る等々と

現実逃避等する投影・転嫁・同一視遊び」は

「遊び程度であってこそ、健常に成る」。

「逆から言うなら、

投影・転嫁・同一視の対象に過剰な利権・実権等を与えてしまう事等」は、

「遊びレベルを超える依存状態を誘う不健常事態・悪業等という事に成る」。

「そんな比べっこ上に過剰な実権を与え続ける事の公然化」が

「家庭内腕力比べっこ」の

「家庭内暴力」や

「学校内権力比べっこ」の

「いじめ」等々の

「生みの親にも成っている」のが

「実態」だ。

「出ずっぱり人間たち等」が

「自らの実体を直視」し

「態度を是正する」なら

「即刻にでも、事態改善が可能に成る」。

「同時」に

「訳が分からないが故に迷い子状態に誘われ易く成ってしまう人間たちも数多く出てしまう可能性がある」から

「先ずは、人間社会健常化の為のロードマップ等が広く喧伝等される必要性がある」。

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害しているモノを出来る限り排除」し

「多くの人間の精神構造が健常成長出来る様にする」なら

「必然的に、本質・快適探究状態の精神構造を持つ人間の数が増える事に成る」ので

「精神文化製品側も、物質文明製品側同様に、急速に進歩・進化させる事が可能に成る」。

「人間社会・経済システムという精神文化製品も、急速に、今時化され、自虐度が低いモノに成ってい行く」なら

「人類誰もの精神構造の健常成長も世界平和も当たり前と成る」。

「逆に、この精神文化側の重大実務を行わない場合」は

「物質文明製品が進歩・進化すればする程、比べっこレベルで悪用されてしまう事による自虐度も上がり続け、

人類滅亡を引き起こす事がより容易に成って行ってしまう自虐事態に陥る事に成る」。

「テレビ常連出演者等」も

「何時までも、出ずっぱり利権収集等に明け暮れている場合では無い」。

「人類滅亡方向に力を加え続けて来ている、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる実態を露呈し続けて来ている者たち等」は

「即刻にでも、態度を根本的に是正するべき」だ。

「情報・教育界の実権者等でも話しは、全く同じ事に成る」。

「とりあえずの現状維持等」は「政治の仕事」であり

「情報・教育界が行うべき仕事」には

「現状より良い、実現可能な人間社会等の具体的提示や、

実行可能な是正策等の提示等々の

重要な仕事も在る」。

「精神文化側」では、

「現実逃避、投影・転嫁・同一視遊び等集金」や

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)政治運動」等々

「ばかりが主」では

「余りにも、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「元事務次官、長男殺傷事件」等を受けて「常連出演者等ご用達論」等が公共の電波を使って喧伝等されていたが・・・。

『「現状適応支援団体・施設等の人々等の方」が「常連出演者等より、この手の問題に対する実感が強く、ある程度は適切な事等を言え易く成っている」のは、

「ある意味、当然の現象」で

「其れは、戦時中、指令部内の者たち等より最前線に居る者たち等の方が、

より戦争犠牲実感等を得易くなり、戦争犠牲を少しでも少なくする為の策等を行い易く成っていた事」と

「同様の事」に「他ならない」。

「現状適応支援団体・施設等」とは

「基本的には、現状をそのまま」に「現状適応を支援する団体・施設等」で

「其れは、戦争をそのままに、犠牲を減らす」のと「同様の働きを目的としている団体・施設等でもある」のが

「実態」だが、

「本来なら、その辺りの根本的な問題を告発等し、実効のある実行可能な対策等を提案したり、訴えたりしているべき立場に在る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事を行っている者たち等」だ。

「現状では、本来の仕事が出来ていない、ばかりか、

最前線の悲惨な実態は何処へやら、

指令部内の優遇された立場・報酬・権力等のヤクに毒されたまま、

散々、要でも無い、お手盛りご都合論・ご用達論等を

優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等を行っている者たち等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」等は「言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番では、現状適応支援施設・団体等の者たち等の発言内容等を重用する程度」に

「若干の是正傾向が見受けられた」が

「相変わらず、常連出演者等の言っている内容」は

「酷く、劣悪レベルの様相」を「露呈していた」。

「例えば、常連出演者等の一人」は

「我々も発言内容等を自省しなければならない旨」等

「公言していて」も

「過去の発言等の責任を取って辞める」等の

「具体的是正策」は「黙殺・圧殺状態」だ。

「散々、多くの政治家や官僚等々に対して、辞めろ!を連発し、世論を煽り、

実際に、辞めさせてきた者たち等」が

「自らダケは、辞めなくて良い」では

「上辺の言葉ダケの反省ポーズにしかなっていない

酷く、醜悪な実態ばかりが、公然化されている事にも成る」。

「一端、実権を保持してしまえば、其の様な事も実行可能になる事」等を

「公共の電波を使って公然化している事等による悪影響」は

「多大に成る」。

「責任を取って辞めろ!」や

「事故でも結果責任で厳罰!」論者の「常連出演者等」が

「自らには、辞めろ!も厳罰も適用していない実態」等の「公共の電波を使った公然化」等による

「悪影響」は

「本当に、多大」だ。

「独裁者に成れれば、

多くの自国民の生活を犠牲にした核・ミサイル武装でも、粛清でも公開処刑でも何でも出来る」等を

「体現している北朝鮮金政権等」と

「同様の精神構造が其処に露呈している」。

「別の常連出演者等の一人」は

「殺人でも自殺でも、人を殺してはダメ!の旨、優等生ぶり正義ぶり、喧伝等していた」が

「その底の浅いダメ!論」の

「実害」もまた、

「相応に大きなモノに成る」。

「ダメ!だけを言う事の実体」は

「殺人や自殺を考えたりしている者へのダメ出しをしている事」に「他ならない」。

「どうすれば、殺人や自殺を考えたりせずに済むのか?」の

「具体的提示抜き」の

「ダメ!論」は

「往々にして、更なるストレスを加えている事にしか成らない」。

「しかも、そのストレスをもたらしている」のは

「現状適応優等生状態でテレビ常連出演者等として重用されている現状で優位な立場・報酬・権力等を得ている者」だ。

「散々、比べっこを強いられ続けて来ている現状の多くの人間たちの中」で

「具体的な解決策の無い、比べっこ優位者でもある、現状優等生等の喧伝したダメ!論等」が

「どの様に受け止められるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「常連出演者等の言った、具体的解決策抜きのダメ!論」の「実体」は

「常連出演者等は優秀でしょ!」等を「問ている」、

「自己承認欲求の代償欲求を公共の電波や視聴者等を使って追及している

実に、醜悪で、劣悪な、代償欲求追及ゲーム」に「成る」。

「殺人や自殺をダメ!と言う」なら

「殺人も自殺も必要無いと納得出来る考え・思い・感じ等も伝えなければダメ!」だ。

「例えば、

人間の誕生・死の実態は、細胞レベルの実現象で、

今、この瞬間にも、生きている人間なら、誰もが、細胞レベルで死んでいるのだから、

丸ごと一人殺人したり、丸ごと一人自殺したりするのは、

明らかに、誕生・死の実態に背いている事に成る」から

「殺したい、殺すべき実体を探究し、殺したい、殺すべき実体を殺しましょう!」等の

「丸ごと一人の殺人や自殺より、より現実との整合性が高い考え・思い・感・観等を

出来るだけ解り易い表現で伝えれば良い」。

「丸ごと一人の殺人や自殺」という「現実との整合性が悪い状態での短絡的な考え・思い・感等」の「上」に

「細胞レベルの誕生・死と殺すべきモノの実体探究~殺すべきモノを殺す」という

「現実との整合性が高い考え・思い・感等」が

「上書きされ、そちらを主として実用される状態が構築される事」により

「殺人や自殺を考えている人間自体は否定されない、殺人・自殺より合理的な解決法を見出し、実践して行く、

前向きな行動等も生まれて来る事に成る」。

「そして、その様な、本質探究の精神構造に基づく問題解決が主流に成って行く事でのみ、

現状人間社会の多くの問題の解決も可能に成る」。

「比べっこ優位者が比べっこを維持せしめたまま・・・」では

「時と共に、人間社会の問題はより深刻化して行く事に成る」のは

「現状人間社会・経済システム上での経済格差実態や環境破壊実態等から、

少し冷静に考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」』。

『「該当事件の殺されてしまった長男」について

「いじめられていた」とか

「精神分裂病と診断されていた」とか

「家庭内暴力を行っていた」とか

「オンラインゲームにのめり込んでいた」とか

「引きこもり傾向があった」等々の

「個人情報が露呈」され

「登戸の事件を受けて、小学校の生徒たちがウルサイ旨言った」ので

「該当事件の父親が、他の人々を巻き込んだ悲惨な事態を起こさせない為に殺した旨」等も

「喧伝」等されていた。

「その様な情報を見聞きする」と

「いじめが原因」とか

「精神分裂病が原因」とか

「家庭内暴力が原因」とか

「ゲーム依存が原因」とか

「引きこもりが原因」とか

「小学生塔が巻き込まれる前に殺した父親の気持ち等は解る」等々と

「考え・思い・感じたりし易い状態の視聴者・読者・生徒等を

大量育成し続けて来ている」のが

「戦後日本の情報・教育等の酷く、劣悪な実態」だ。

「その重大な責任は、何処へやら、

自らの常連出演利権等を守る為に、

上っ面の自省等を言い、

其の為のサポートとして、現状利権を損なわずに済む、現状適応支援団体・施設等の者たち等の言葉等を

まるで有益分子の如く利用している、

酷く、劣悪で醜悪な実態を露呈している」のが

「現状の常連出演者等の実態」に「他ならない」。

「多くの視聴者・読者・生徒等の悪のマインドコントロール状態を解く為」には

「比べっこから本質・快適探究への個々の人々の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している者・物・事等を

意識的、かつ積極的に解消して行く実務を

意識的、かつ積極的に行い続ける事」が

「実効が高く成る」。

「問題のある者・物・事等は解消」して

「個々の人間の精神構造の健常成長に有益になる者・物・事等を実用する様にすれば良い」。

「未だに、社会との繋がり等の現状維持対策等を主に訴えている様」では

「同様の新たな事件・事故等を防げる訳も無い」。

「必要な現状対策の邪魔等は、出来る限りせず」に

「現実との整合性をより高める現実対策を行う事」が

「激烈に求められている」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観から、

人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の実態は、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、

その狭義の自分との細胞レベルの命の繋がりがある広義の自分は

地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)に成る事を

十分に理解・把握・認識等した上で構築される死生観・人生観への

より現実との整合性を高める、健常進歩・正常進化」や

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長しようとしている個々の人間の精神構造の健常成長を阻害しない

人間社会・経済システム等への健常進歩・正常進化」等々が

「今、激烈に求められている」。

「何故なら、

其れらを実践するなら、

現実離れ・実体離れが激しいが故に、自虐度の高い、この世(現状人間社会・経済システム)の終わりと

現実や実体との整合性が高いが故に自虐度も低く成る、新たな世界の始まりが実現し、

の其れらを実践しないなら、

地球環境問題の解決も人間社会問題の解決も不可能と成ってしまい、人類滅亡の時が急速に迫って来てしまうから」だ。

「比べっこ強いによる、本来なら不要なストレス」が

「いじめの源泉にも成っている」。

「比べっこを覚えさせられ、比べっこに生きる事を強いられ続けて来ている人間たち」は

「往々にして、比べっこ上の優位に、者・物・事等や人生や問題等の解決を求めがちに成る」が

「もちろん、人間が身勝手につくり出している比べっこの基準上に本当の解決が在る訳も無い」。

「本当の解決は、科学レベルで判明させる事が出来ている、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取り続けた先に在る」。

「物質文明側では科学レベルで判明」を「実用している」のに

「精神文化側では実用していない」のは「本当に異常」だ。

「この異常状態が、数多くの異常事態の生みの親に他ならない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「近々、AIとロボットにより、多くの必要実務が実行可能に成る」が

「その時代に必要に成る」のが

「比べっこでは無い、本質・快適探究の上での

個々の人間の自己健常支配の継続と

其れに必要となるベーシックインカムや産まれながらの環境格差の是正等々」だ。

「現状人間社会・経済システム上」では

「現状適応比べっこ優位者等には高い経済的価値がもたらされ易く成っている」が

「自己健常制御の継続」等に対して「経済的価値が与えられていない」。

「自己健常制御より現状適応と成れば、多くの人間が不健常状態に陥らされても、其れは、ある意味、当然の現象に成る」。

「戦前~戦中のお国の為に命をかけて!と同様の状態が其処に露呈している」。

「散々、優等生ぶり、正義ぶり、反戦!等を訴え続けて来ている者たち等」が

「この多くの人間に自虐を強いている経済比べっこ戦争強いを告発等して来ていない」のは

「高い立場・報酬・権力等々の戦利品ヤク中毒状態故」等と「強く推定出来る」が

「その状態は、ある意味、精神病状態でもあるのが現実」だ。

「問題だらけ・・・の現状への適応優位者の厚遇が新たな問題の生みの親とも成り、

時と共に、問題がより深刻化し続けて来ている実態も露呈している」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。

『「テレビ界実権者等や常連出演者等の利権を阻害しないご用達論」等の「公共の電波を使った公然化」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「登戸大量殺傷事件問題からも出て来た{死ぬなら一人で死ねば}論に対する論調」は

「その論者等の現状の資質等を露呈させていて、

ある意味、オモシロイ」が

「其処から、同様の新たな事件・事故等の再発を防ぐ為の対策等を導き出す時」に

「テレビ界実権者や常連出演者等の現状利権を阻害させない様にせしめる{情報工作}等は

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状までで出て来ている対策等の実態」は

「例えば、

人を介したセーフティーネット」であり、

「死ぬなら一人で死ねば・・・等々の{容疑者}予備軍を刺激する言葉等を

公共的媒体等で公然化したり、

該当{容疑者}予備軍に言ったり、見聞き出来る状態にしたり、

しない事による、

{刺激トリガー}の排除」等だ。

「社会主義者の論」が「其処に露呈している」が

「其れも、戦後日本の情報・教育故の劣悪現象の一つ」に「他ならない」。

「個人主義者レベルの論」としては

「死ぬなら一人で死ねばを教育でも教えるべき論」等が

「在った」が

「その余りにも時代遅れの勧善懲悪論的な論」では

「今時、圧倒的に不十分である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「正論とは何か?抜きの正論喧伝等」も「本当に、酷く、劣悪」だ。

「実行可能な事を理想論にして現状を維持せしめようとする悪」も

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「社会主義社会」は

「その国・地域等の権力取得者たち等や、その後の権力者等による教育等の優等生たち等が、

その様な状態にまで至っれている自分は、賢い、リーダーに相応しい、等々と、

身勝手に思い込んで、

その者たちの浅はかな考え・思い上で理想人間社会を構築し、

其れを無理やり具現化する事で、出来上がる」。

「もちろん、そんな出で立ちの人間社会内では、多くの人民が不平・不満を抱く事に成る」が

「其処を押さえ込む」のが

「人による権力圧力等」だ。

「{理想人間社会}に適応出来ない者たち」は

「修理が必要な不良品と言わんばかり・・・に、再教育収容所等に収監し、

{理想人間社会}に適応させる、

有益分子化{調教}が徹底して行われる」。

「教育では無く、{調教}と言えるのは、

反論等は基本的に許されていない状態で、言われる事を覚える事が{強要}され、

例え、無理やりにでも、理路整然と反論等しても、其れに応じられる事は極々稀で、

ほとんどの場合は、罰が与えられているから」だ。

「そんな{理想人間社会}の中では、せめて、支配~{調教}される側では無く、支配~{調教}する側の人間に成ろう・・・」と

「{悪魔に魂を売り渡す者たち}も稀では無い」。

「権力者等ご用達の教育を一生懸命覚え、

試験で良い成績を収める事や、

直接会えるレベルの権力者等に貢物(性を貢ぐ場合もある)をしたり、

賄賂等を差し出す事により、

支配~{調教}側の仕事に就こうとする者たち」の

「酷く、劣悪な実態」は「その国の中の者たちなら、当然の如く、重々承知」で

「その国の外の者たちにも、傍から見ても良く分る状態に成っている」。

「既に、判明している酷い実態を無い事にしたがる{裸の王様}状態の者たちの多く」は

「支配~{調教}利権保有者」に「成っている」。

「{理想人間社会}の現状をそのまま」に

「現状利権を阻害しない、させない範囲」で

「無理やり、人々の不平・不満等々を押さえ込もうとする現実離れした悪態」の

「酷い、劣悪さ」等は

「冷静に、少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」』。

『「社会主義社会」を

「戦時中社会」や

「大戦後の経済戦争中社会」に

「替えても、話しは基本的に同じ事に成る」。

「戦時中」の

「敵を殺せ!」が

「経済戦争中」の

「死ぬなら一人で死ねば!」だ。

「社会主義社会」の

「再教育」が

「経済戦争社会」の

「セイフティーネット」だ。

「戦時中の敵国語は使うな!」が

「経済戦争中の{容疑者}予備軍を刺激する様な事は言うな!」だ。

「支配/被支配人間社会、比べっこ人間社会」の

「無理と哀れと劣悪さ等々が、其処に露呈している」』。

『「では、どうするべきなのか?」

「死ぬなら一人で死ぬべきを教える」等の

「趙時代おくれのおバカな事を行う」のでは「無く」、

「人(動物)の意識は丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の実体は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群である事」や

「人間誰でも、今、この瞬間にも死んでいるのだから、殺したいモノ、殺すべきモノの実体を探究し、其れを合理的に殺す事」等

「教えれば良い」。

「支配欲とは、自己健常支配の継続の為にある人間の精神心理上の現実」を「教え」、

「その代償欲求に過ぎない、他者支配や他者による被支配は、遊び程度にする事」等を

「教えれば良い」。

「世界中の何処の人間」でも、

「乳幼児から成人へと身体が成長して行くと共に、

人間の精神構造(自己制御ロジック)」も

「乳幼レベル」の

「比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による

支配(母親の乳房)

被支配(親等からの愛)争い」から』

「成人レベル」の

「自己健常支配を主に、自己不健常支配は免疫や対応力を養い保持し続ける為に遊び程度にしながら、

本質・快適を探究する状態」へと

「健常成長しようとしている」が

「比べっこ強い等をし続ける事等により、

その邪魔をしている

非人道的な

重大な人権侵害状態に成ってしまっている、

現状の人間社会状態を

健常状態・正常状態に是正すれば良い」。

「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

急激な進歩・進化を実現し続けさせ続けて来ている人類」が

「能力的」に

「精神文化側の急速な進歩・進化を実現出来ない訳も無い」が

「現状では、実現出来ていない」のは

「能力以外の要素が在るから」に「他ならない」。

「其れは、現実離れしている意識上の考え・思い・感じ等への執着故の悪現象」に

「他ならず」、

「例えて言う」なら

「天動説状態であるが故の悪現象」だ。

「物質文明側の天動説が地動説に移行出来たのと同様」に

「精神文化側の天動説状態も地動説状態に移行出来る十分な能力が人間には有る」。

「其れを使うか?使わないか?」は

「個々の人間の判断次第」だが

「情報・教育がまとも」なら

「地動説移行派が圧倒的多数に成っていて当然に成る」。

「逆から言う」なら

「現状までの精神文化側の情報・教育は明らかにまともでは無い事に成る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「現状対策として、社会主義者的対策を行う事も、もちろん必要に成っている」が

「其れダケでは、同様の新たな事件・事故等が防げる訳も無い」。

「多くの個々の人間たちが、

社会的圧力やセイフティーネット等に依存せず、依存させられず、

主として、自主的に、自らを健常にコントロールし続ける為に必要に成っている情報・教育・環境をつくり出し

其れを、意識的かつ積極的に実用する事」が

「激烈に望まれている」。

「現状適応優等生たち」等は

「現状利権ヤクの毒素に毒されているからか、

現状をそのままにした人力的圧力やセイフティーネット等により、事を収めよう、治めさせようとしがちに成っている場合が多い」。

「そんな{天動説}状態の者たちの現状実態維持圧力等が在る限り、問題を本質的に解決する事は出来得ない」。

「意識の有無を問わず、現状人間社会の一員である限り、自らも、問題の原因の一つと成っている実態」に

「思いが至り、其処から、{地動説}的に、現状対策だけでは無く、現実(源流)対策も、探究し、探り出し、実践する、させる事抜き」に

「人類に長い存続は在り得無い」。

「其れは、現状の経済戦争人間社会が圧殺し続けて来ている地球環境や殺傷被害者・被害動植物等々の実態を

ありのままに理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」』。

『「昼番」の

「登戸大量殺傷事件の上辺紹介等で視聴者の被害者感情等に沿った共感等を誘った(=視聴者の感情脳退行を誘った)後」で

「中国共産党支配下の中国と米国」を

「まるで、少数派反対野党と多数派与党」を

「同等に比べさせる策略的情報配信と同様」に

「同等に扱って、覇権比べっこ争い情報配信をしていた

酷い、劣悪さ」にも

「大いに呆れた」。

「その体制実態からしても、

決して同等には成り得無い、

中国共産党支配下の中国と

自由・民主主義体制の米国」の「間に在る」のは

「覇権争いでは無く」、

「支配権を広げ続けなければ存続が破綻する中国共産党の延命策に対する

ある意味では、行わざるを得なく成っている、自由・民主主義圏の国々の防衛策」だ。

「現状人間社会・経済システム上」では

「経済大国二国が経済戦争状態に成る」と

「世界経済も不況に陥り易く成ってしまう」が

「その片方、中国共産党支配下の中国が、

国家統制インチキ資本主義上の経済でしか無い実態から、

中国共産党支配下の中国の経済からインチキ分を差し引く事により、

自由・民主主義圏の経済と同等レベルに還元させるなら、

中国共産党支配下の中国の原寸大経済レベルが思いの他小さな実態に

世界中の何処の誰もが気づく事に成る」。

「自由・民主主義化しなければ先が無い事等」は

「ある程度以上頭のある人間なら、多くの中国国民にも直に判る事と成る」から

「米中経済戦争の出口」は

「戦争では無く、中国の民主化=中国共産党支配からの解放に成る」。

「互いを認め合う」とは

「中国共産党や北朝鮮金政権等ご用達論」に「他ならず」、

「独裁支配政党や独裁支配者が自由・民主主義圏の国の民等からも認められている事の実体」は

「その認めている自由・民主主義圏の民は、独裁支配の下に置かれても良い旨、独裁支配者側に言っている事と同じに成る」。

「本来なら、独裁支配からの解放の方向に力を加える情報配信をしているべき

日本のテレビ等」で

「独裁支配圏ご用達の論等を喧伝等し続けて来ている」のは

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の手下の情報工作員やその協力者等に成る」。

「多くの視聴者等の、被害者感情等への共感を煽り、感情脳退行状態を誘い、

多くの視聴者等に本来の十分な大脳新皮質働きを出来辛くした状態の上」に

「中国共産党や北朝鮮金政権等や日本の其れらのオトモダチ等の政党等にとって、都合の良い情報配信を行う事」等により

「実質的に、マインドコントロール~大衆誘導等し続けて来ている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「北朝鮮等と密約を結んでいるかも?」の様相さえ露呈し続けて来ている、常連出演者等が無差別殺傷事件等をダシに自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「民主党政権の頃に、剛腕小沢幹事長が大量の議員等を連れて中国共産党を{表敬}訪問した」が「その様な時に、密約が結ばれていても、何の不思議も無い」。

「例えば、日本への中国人流入をより容易にし、スパイ・工作活動等を行い易くして、日本を中国共産党の属国化する事等を、より容易にする代わり」に

「日本国内での支配権は我々に!」等の「密約」なら

「{悪のウィンウィン密約}」に「成る」。

「其れより前」に

「北朝鮮金政権等と密約を結んでいても、何の不思議も無い実態を露呈していた」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党」だった。

「旧社会党~民主党等の流れを持っている国会議員等」が

「安倍総理とトランプ大統領の密約」を「喧伝等する事」で

「安倍政権に悪いイメージを付け、

その反動で、

反対野党等の国会議員の数等を増やさせる投票行動を

有権者に取らせてしまおう・・・等としている様相」は

「ブラックジョーク的」で

「其れを公共の電波塔を使って喧伝等している反対野党等のお仲間テレビ等の実態もまた、

何処と密約結んでいるのですかねぇ~等の雰囲気満載だったりしている」のだから、

「本当に、酷く、劣悪」に「成る」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等との密約がある」から

「その実現の為に、

日本国民左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)化情報・教育・政界工作等々が行われ続けて来た、ばかりでは無く、

戦後日本社会が、

乗っ取り支配や属国化工作等を実行し易い状態をつくり出すべく、

スパイ・工作活動等天国状態のままにされ続けて来ている・・・可能性も非常に大きい」。

「そして、その下で、

戦後産まれの一般日本国民に対してまでも、非人道的な粛清工作等までもが行われ続け、

その反面では、情報・教育等で操れる者たち等に対して、有益分子化工作も行われ続けて来ている実態が露呈し続けて来ている」。

「そんな実質的に、工作活動等やその協力等を行い続けて来ている様相の者たち等」が

「登戸大量殺傷事件等を受けて、無差別殺傷等について、ご用達論等を公共の電波を使って喧伝等していた実態」もまた、

「酷く、劣悪な様相を露呈していた」』。

『「曰く、

具体的な実像を言わない、言えない状態での、該当容疑者の様な状態に陥ってしまう人々が居なくなる人間社会をつくるべき旨等の、

似非優等生論」や

「該当容疑者は、事件を起こした事により自らの社会的価値を見出したのでは・・・等の旨」等々・・・。

「テレビ常連出演者等が散々、ばら撒き続けて来ている情報内実の問題性等は何処へやら、

自省不十分な裸の王様たち、もしくは、何処かの反日国等の為の情報工作員やその協力者等」の

「実態を露呈し続けて来ている」が

「その様な者たち等を日本の公共の電波上で重用し続けて来ているのが

テレビ・ラジオ界の実権者等の実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新たな、同様の、無差別殺傷事件等を防ぐ為に必要な情報・教育等」は

「既に、はっきりしている」。

「多くの視聴者・読者・生徒等の今時の人間としては余分な不安等の解消を容易にする、

自分の実体やその実体の根本的目的を理解・把握・認識等する、させる情報・教育等から始め、

その上で、自己健常支配の継続を実現させ続け易くする事等に有益な情報・教育等を行えば良い」。

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)」が

「乳幼レベルの比べっこ状態」から

「成人レベルの本質・快適探究」へと

「健常成長出来る人間社会状態へと、

現状人間社会の状態を是正し続けて行く」なら

「その中で暮らす全ての人間たちには、相応の未来に対する明るい希望感等が生じる事に成る」。

「現状までの様な、武力にしても、経済にしても、血統家族等々にしても、比べっこ強い状態の人間社会」では

「比べっこ優位者は、未来に対する明るい希望感等を抱け易い」が

「比べっこ劣位者は、必然的に、未来に対する暗い絶望感等を抱き易く成ってしまう」。

「古の丸ごと一人の死生観ばかりが主流の時代」には

「あの世やあの世の先での明るい希望感等を提示する{誤魔化し}により、

多くの人々が、相応に、納得感等を得る事も可能な状態たった」が

「人間も含む生物の誕生・死の実態が細胞レベルの実現象である事等が科学レベルで既に判明した後」は

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等に拘り続けさせる事による{誤魔化し}の実効」も

「日々、ドンドン減少し続けている」のが「現実」だ。

「当然の如く、丸ごと一人レベルだけでは無い、死生観・人生観が激烈に求められている」が

「既に、在る、その実態情報・教育等さえも十分に行って来ていない」のが

「戦後日本の情報・教育界の酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「生きている人類誰もの自分の実体」とは

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」に「他ならない」。

「誕生・死とは、細胞レベルの実現象」で

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、誕生・死を実体験している」のが

「現実」だ。

「丸ごと一人レベルだけ」では

「大きな不安や恐怖等をもたらす死」は

「生きている人間なら、今、この瞬間にも実体験している事である事」を

「十分に理解・把握・認識等した、出来た後」には

「不安や恐怖等の対象では無く成る」。

「死の恐怖から解放された人間がより強く考えたり、感じたりし易く成る」のは

「生とは何か?」「どう生きるべきか?」等々に「成る」。

「細胞ごとの誕生・死という実態から、細胞レベルでの命の連続性を確かめる」なら

「丸ごと一人レベルでは、滞り、留まりがちだった、親子・近親者等や人種等や人間至上主義等を超えて、

地球上の全ての生物に行き着く事に成る」。

「其れこそが、広義の自分の実体」だ。

「其れでは、広義の自分は、一体何を行って来ていて、何を行いたいのだろうか?」

「はっきりしている事」は「存続して来ている事」であり、

「その為に、生命体細胞群は自らの構築度を上げ続けて来ている事」だ。

「其れは、~単細胞生物~多細胞生物~多種多様化~の地球生命体細胞群実態からも明らかな事」だが

「その中には、生物原理上で、より環境適性の高い生物が残る適材適所性も露呈している」。

「環境を自ら大幅に変える能力まで身に付けて来ている人類」は

「生物原理では無い、選別を行って来ている、地球上で唯一無二の生物でもある」が

「その実態が、自虐度が非常に高い状態に成ってしまって来ている事」等は

「戦争の歴史と言われている人類の歴史や、経済戦争による環境破壊や他者圧殺等々の実態からも明らか」だ。

「自虐が何故生まれてしまっているのか?」

「自分の実体やその実体の根本的目的から十分に整合性を取り続けて来ていないから」に「他ならない」。

「生物原理では、自然界に多種共存や適材適所の調整機能が持たされていた」が

「今までの、人間原理では、特定極一部の人間の考え・思いをベースとした、身勝手な調整機能を強いて来ている」のが

「実態」で

「其処には、十分に科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を取る実務さえも存在して来ていない」から

「自虐状態が招かれ易く成って来ている」。

「逆から言えば、人間原理での多種共存や適材適所調整に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的、かつ積極的に実用し続ける事等により、

自虐状態から脱出が可能に成る」。

「物質文明側では出来ている実務」を

「精神文化側でも行えば良いダケ」なので

「其れは、人類が能力的に出来ない事では無い」。

「行って来ていない」のは

「行って来ていない事による{不当}利権の{ヤクの中国患者}状態の者たちが多いから、

もしくは、その様な状態の者たち等が人間社会内で強い実権を保持し続けているから」で

「その酷く、劣悪な実態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)全て」だが、

「狭義の自分」は「その中の何十兆かの細胞群」だ。

「狭義の自分を、

実質的に、慰め続けるべく、

人間社会内での利権等を狭義の自分の下に集め続けようとしたり、

他の者・物・事等からのお墨付きを得続けようとしたり、したところで、

広義の自分の一部でもある狭義の自分が内実から満足等出来、自己承認欲求の本来欲求が埋まる訳も無い」。

「実態として、他人も含む広義の自分を損ねている」なら

「意識の有無を問わずに、応分の罪悪感や不安感等が生まれている」のが「現実」だ。

「その様な状態に陥っている人間たち等」は

「往々にして、自己承認欲求の代償欲求として、他の者・物・事等からのお墨付きを求めたり、

他の者・物・事等を認め、認めている他の者・物・事等を強大化する事等により、其れに依存しようとしたり、

する状態に陥り易く成る」。

「もちろん、どんなに代償欲求を追及しても、本来欲求が充足される訳も無い」ので

「代償欲求の追及は、時を重ねれば重ねる程、強大化し易く成る」。

「自己健常支配の継続より、他者支配や他者による被支配が行い易く、

「本来欲求の健常充足の継続より、代償欲求の過剰追及が行い易い、

状態に構築されて来ている」のが

「現状までの自虐度の高い人間社会・経済システムの実体」だ。

「その是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正する為に先ず必要に成る」のが

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事」だ。

「何故なら、人間社会・経済システム等とは、

個々の人間の精神構造の集大成が集団的合意(旧社会・共産圏の様に、強い実権を持つ極一部の者たちの集団である場合もあるが)を

形成する事により

具現化され実用されているモノだから」だ。

「個々の人間の精神構造を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報・教育等が

激烈に求められ続けて来ている」が

「旧来からの利権構造の維持に邁進し続けて来る事等により、狭義の自分の下に利権等を集める事に熱心な様相の

情報・教育界の実権者たち等」は

「未だ、旧態依然とした態度を是正しようともしていない」。

「もちろん、言うまでも無く、そんな酷く、劣悪な状態の是正は急務」に「成る」』。

『「自己健常支配継続の肝」は

「乳幼児でも無いのに、

他者支配に奔走したり、他者に自分を支配させる等の、

自己健常支配の妨害に成る悪い事をしない事」だ。

「人間社会・経済システム等」には

「個々の人間の精神構造の比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常成長を阻害せしめる

比べっこ強い状態等を持たせない事」だ。

「今時に必要な情報・教育等が実践されている」なら

「直にでも、自虐的な現状を是正する実務」が

「意識的、かつ積極的に行われ始めていて当然に成る」』。

『「要でも無い者たち等」を

「重用して、常連出演等させ続けていても、

必要な情報配信等が出来る訳も無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »