« 「出ずっぱり利権収集者等」が「引きこもり問題化」や「高齢運転者問題化」等々で正義ぶり、更なる利権収集をしている、劣悪で醜悪な実態の公然化等が続けられている様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。 »

公共の電波を使った「ゲイノウ人の私生活売り」等が大々的に行われているが、「福岡自動車暴走事故」や「新交通逆行事故」の「本当の原因は?」・・・。

『「ルックス被差別利権売りも行っていたゲイノウ人」と「ルックス差別利権上での優位者だった女優)」の「結婚=私生活」が

「公共の電波を大々的に使って行われている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「宣伝料を払っている訳でも無いのに、公共の電波大々的使用の利権」が

「該当カップルと該当カップルを重用等しているテレビ・芸能界の者たち等に流れ込んでいる実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「公共の電波の私用・特定企業利用」には「相応の対価支払い等があって然るべき」だ。

「其れも無い上」に

「お仲間常連出演ゲイノウ人等共々、お手盛り宣伝を行っている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「芸能人なら芸を売る」のが「当たり前の正道」であり

「私生活売りやお仲間人脈売り等々をした段階で、該当者等の芸に対する自信の無さ等」が

「逆に、大々的に露呈して来る」が

「同様のレベルの者たち同士の比べっこを強いを行い続け、

多くの視聴者等を実質的に、マインドコントロール等し続けて来ている事」で

「その様な実態を誤魔化し続けた上での安直な商売・集金作業等を行って来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等の酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「芸能界の者たち等」は

「政治思想や人脈的等で都合の良い者たち等の押し売り」は

「早々に止め」、

「多くの視聴者・読者等の精神構造を健常成長させる為にも有益に成る芸のある芸能人等を発掘し積極重用起用するべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等なら、

もっと、直接的に、多くの視聴者・読者等の精神構造を健常成長させる事に貢献していて当然に成る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「池袋の自動車暴走事故」と「類似点が多い暴走事故」が

「福岡で起きてしまった」。

「事故を起こした車」は

「どちらも、一世代~前の非常安全ブレーキ等が付いていない車」で

「どちらの事故も、最初の衝突事故の後に、止まらなかったばかりでは無く、

その後、速度を上げながら、進路も変えずに、ほぼ直進して何度も衝突している」。

「同様の事故事例」が

「その前に、どれだけあったのか?」等は

「マスコミ人等が警察等を取材し、調べる」なら「正確なところが、直にでも、判る筈」だが

「今のところ、その様な調査報道結果が公共の電波上等で大喧伝等はされていない」。

「過去の同様な事故の有無を問わず、二つの該当事故が、かなり特異な事故であった事」は

「事故実態から誰もが判る事」だ。

「池袋の事故の場合」は

「加害車両の運転者が生存していて、

最初ぶつかった後に、どうしちゃったんだろう・・・の旨車内で述べていた事が、

加害車両のドライブレコーダーから判っている」という「報道もあった」。

「つまり、最初の衝突以降も、加害車両運転者の意識」は

「相応に、はっきりしていた実態が露呈している」が

「積極的な減速操作も、ステアリング操作による回避行動等もとられていない」ばかりか

「加速までし続けている」。

「福岡の事故の場合」は

「加害車両の運転者も死亡してしまっている」し

「加害車両にドライブレコーダーが付いていても、フロント部分大幅破損状態」なので

「録音・録画内容把握等は、結構困難」と「強く推定出来る」し

「現状までのところ、筆者の知る限り、加害車両のドライブレコーダーの有無やその内容等は報道等されていない」ので

「事故時の車内実態は今のところ不明」だが

「事故実態の類似性の高さから、池袋の事故の場合と同様であった可能性も高い」等と

「推定する事も出来る」。

「ここで、解明すべき」は

「最初の衝突事故の原因」と

「その後、加害車両運転者の、少なくとも、身体部分のフリーズ化の原因」だ。

「どちらの場合も、最初の衝突前までは、普通に運転できていた実態も露呈している」から

「最初の衝突には、何等かの原因が在って当然に成る」。

「ここで自動車実用者の筆者の実感として大いに気に成る」のが

「昨今急激に発生場所が増えて来ている、音響兵器の電子・ホール版的な、経時変化でより疑似高周波化し続けて来ている{工作電磁波}の

存在」だ。

「筆者の実体験」でも

「所有車に{工作電磁波}発生ソフト・ハード等が仕込まれていた事もある」し

「其の発生状態等を調整して、運転者の運転を行い辛くし続けようとする{工作員集団}の

存在等も、感知している」。

「他の車にも{工作電磁波}発生ソフト・ハードが仕込まれている場合も、決して少なく無く、

道路上の信号や電線・電話線等々の設備や、

道路近くに在る建物等の設備や家電機器等々から{工作電磁波}が発生させられている事も在る」。

「電車・バス等の車内でも、{工作電磁波}が発生させられている事も在る」。

「自分の車に仕込まれていた{工作電磁波}により

右足をつらされた実体験が有る筆者の実感」では

「該当加害車両の運転者の場合」は

「右足だけでは無く、腕も十分に動かせていない事からも、首から下全体がつらされていた可能性」が

「強く、感じられる」。

「例えば、最初の衝突の前に、強い工作電磁波が前や横の車や道路沿いの建物設備等や電線等から、加害車両運転者に照射されていた」なら

「その後のフリーズも、あり得る」し

「更に、加害車両にも工作電磁波発生ソフト・ハード等が仕込まれていて、

衝突の衝撃で、

より強い{工作電磁波}が

例えば、ルームランプに続くリード線等から、加害車両運転者の首や首元に当たる様に仕込まれていた」なら

「ある意味では、意図的な、事故誘発工作が行われている事にも成り得る」。

「その辺りの可能性まで含めた徹底捜査が必要に成っている」のが

「該当事故等の実態」だが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で、その重要性等が訴えられていない」のは

「明らかに、変」だ。

「北朝鮮による日本国内のスパイ・工作活動等を、

北朝鮮が認めたモノを除き、散々、無い事にして来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等ならではの実態が露呈している様相」で

「其れは、露呈させられていないスパイ・工作活動等を黙殺・圧殺せしめる情報工作等の様相ですらある」。

「戦後日本の情報・教育界」では

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等が多数重用され続けて来ている」が

「その辺りの実態」と

「強い関連性を感じざるを得ない」のが

「該当事故等に対する報道実態等」だ。

「其れは、逆行事故を起こしてしまった横浜の新交通でも同じ事」だ。

「{工作電磁波}仕込み故の誤作動等の可能性もある」のに

「その辺りへの言及が無い状態」は

「明らかに、変に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「出ずっぱり利権収集者等」が「引きこもり問題化」や「高齢運転者問題化」等々で正義ぶり、更なる利権収集をしている、劣悪で醜悪な実態の公然化等が続けられている様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事