« 大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、2000万円足りない言葉狩り~老後不安化政治・社会運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 »

テレ朝朝番では「公共の電波を使った組合(ユニオン)援護空爆」や「年金など無くても既に金満で大丈夫の常連出演者等による庶民年金不安煽りいじめ」等が行われていた様相でもあったが・・・。

『「一私学の理事長兼校長に対する其処を止めた組合(私学ユニオン)所属教師のクレーム」を「公共の電波を使って、空爆的に援護していた様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「この様な特定極一部の者等への公共の電波を使った援護空爆」と「共」に

「特定極一部の工作員集団組織等の工作問題・被害等々を実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている、

更に、酷く、劣悪な実態まで露呈し続けて来ている様相」なのが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の臭いが濃厚なテレビ番組等の実態」だ。

「参院選が近いからか、

公共の電波を使って、組合(ユニオン)援護情報空爆等まで行う事等により、

組合(ユニオン)等が支持母体等である政党等には公共の電波使用の大きな味方が在るのだから・・・等と

実質的には、頼りがいが在る等のイメージを増長させる事で、

基礎票固めや支持増大等を促す雰囲気を蔓延させ、

宣伝料等の対価も払わずに、その人脈の利を図ろうとしている実態」は

「明らかな、公共の電波の政治的偏向使用等不当使用等に当たる」が

「現状までのBPO等では、反対野党等を利す実質的、政治運動等まで、実質的に、放置~容認状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状までの出演料や報酬や血統家族特待利権等々で、既に、十分に金満状態で、

公的年金等など実際は不要な様相の常連出演者等」が

「お仲間、ご用達年金学者等を引っ張り出し、出演料や有名人利権等を与え、

一般庶民の年金不安等を煽る事により、反与党等感情を煽ったり、

似非解決法等を提案する事等により

優秀な者(実態としては、テレビ等人脈に好都合な者等)への依存を煽ったりしている様相」も

「本当に、酷く劣悪」に「成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「個人ごとの積み立て年金」とは

「全ての個人に自らの年金を積み立てる義務を背負わせれば簡単にそうなる事からも明らかな様」に

「老後生活資金を自己責任で担保させる、自由・自己責任型の社会保障システムでもある」。

「もちろん、其処にも、途轍も無いインチキが入っている」のは

「其処では、血統家族特待等への言及が全く無い事」等からも

「直に判る」。

「現状の人間社会・経済システム内」では

「努力している者が成功しているとは限らず」、

「血統家族特待や合法詐欺的集金等による金満化でも、金持ちに成れば、努力して金持ちに成った者と同様に扱われ易い」。

「何故なら、比べっこ金権の力が、余りにも、強いから」だ。

「ここで問題の根幹」は

「比べっこ金権に在る」と「気づく」のが

「健常な頭脳・感性等の持ち主」だが、

「其れを無い事にしようとするばかりか、

比べっこ金権のパワーを維持増大させ続ける事により、

自らが持てている血統家族特待利権や合法詐欺的集金等を正当化し続けようとしている」のが

「事故不健常支配者たち等の実態」だ。

「事故不健常者たち等に過分な立場・報酬・権力等々を与え続けている」なら

「人間社会も不健常に成り易く成る」のは

「極めて、当たり前の現象」で

「其れ故に、現状人間社会は人類滅亡に向かって急速に崩れ始めている」が

「その是正も、人類滅亡を避ける為に必要な新たな、健常な人間社会・経済システム等の構築も、

十分に行おうとせず、

自らの下に集められる現状利権等の維持~増大に邁進し続けて来ている」のが

「多くのテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等やテレビ・マスコミ・学校教育界等実権者等々の

酷く、劣悪な実態に成る」。

「比べっこ金権人間社会」から

「本質・快適探究人間社会」に

「健常進歩・正常進化させる」なら

「年金等の社会保障の問題」は

「年齢も性別も問わない、基本的人権の問題であり、

生きている人類誰もの快適存続の問題である事」等が

「直に、解る事に成る」。

「そして、其れが、人類誰もの広義の自分である地球上の全ての生物にも直結している問題である事」等も

「解る事に成る」。

「その様な基本的ベースを多くの人間が持っているが在ってこそ、

健常な社会保障体制も、人間社会・経済システム等の人間の精神文化製品も、製造~実用が可能に成る」。

「比べっこ金権への拘りが強いられている不健常な状態」では

「どんなに上辺をいじっても、本質的自虐を消し去る事が、根本的に出来得ない」ので

「まるで、ババ抜きの如く、カードに恵まれて勝ち抜け出来る者が生まれると共に、

ババを引き、或いは、押し付けられて、負けに陥る、或いは、負けを強いられる者が生まれる事に成る」。

「根本的には、人類同士の比べっこによる勝敗でしか無いモノ」を

「過剰に重大に扱い続ける」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的との乖離がどんどん増大してしまう」のは

「当然の現象」で

「その様な事態が生じ続けている」なら

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群から排除されるのは人類の方に成る」のは

「その細胞数割り合いや人類が生み出している物質文明製品等がもたらし続けて来ている人類自信にも及ぼし続けて来ている自虐度等からも、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実体としては、本当に、劣悪で醜悪な、比べっこ金権上の優位者等を、過分に偏重等し続ける必要は全く無い」ばかりか、

「そんな事をし続けている」なら

「人類滅亡の時が急速に迫り続けて来ている状態が更に酷くなる事に成る」。

「根本的人権」として

「生きている全ての人間の一生の衣食住が保障されていて当然」であり

「今後、AIやロボット等による必要実務を人間に代わる代行が蔓延して行けば行く程、

物理的にその実現はより容易に成り続けて行く」。

「その辺りの実態に合う人間社会・経済システム等の整備」が

「極めて重要である事」は「もはや、言うまでも無い事」で

「今の内から、その辺りまでを見込んだ人間社会・経済システム等の提案等が行われていて当然」なのが

「現状維持等の為の実務に忙しい政界とは違う、自由度の高い情報・教育界の実態」だ。

「其れなのに、戦後日本の情報・教育界では、必要実務は何処へやら、政治運動・組合や特定人脈等援護等々には異常な程熱心・・・」なのだから、

「本当に、酷く劣悪に成る」が

「其の酷く、劣悪な業務実態の対価」は

「異常な程、膨大」だ。

「本来なら、実力不足や性能の悪過ぎる精神文化製品提供等による実害故の罰や罰金まみれ・・・」でも

「何の不思議も無い者たち等」が

「年何千万円~の高い報酬を得て、有名人利権等の増大まで出来ている場合も多い」のだから

「その様な実態の実質的、公然化が人間社会にもたらす悪影響もかなり大きくて当然に成る」。

「現状でテレビ・ラジオ・マスコミ等で重用されている者たち等の多く」は

「戦後日本の情報・教育・芸能界等の実権者等に重用される事」等は

「頑張っているかも知れない」が

「其処には、ベースとして実権者等の都合に沿う政治信条や思想信条や血統や民族等々も在るのが実態」だ。

「其れらを努力したから・・・等と言う事には、明らかに無理がある」。

「現状の多くの金満者や有名人等は、努力によるモノでは無く、

実権者等に気に入られ重用されているか、や金満血統家族等に恵まれたか、等々というのが実態」だ。

「小問題等をダシに、どんなに正義ぶっても、

どんなに上辺を、

紳士的にしたり、優等生的にしたり、

オモシロ可笑しく害の無い者の如く装っていたり、していても、

この{原罪}が隠しきれる訳も無い」。

「{原罪}の公然化」が「人間社会を悪化させる方向に大きな力を加えている」のが

「実態」だから

「同様の新たな、事件・事故等々も、起こり続け、

物質文明の進歩・進化と共に、より酷い実態が生じてしまっている場合も少なく無い」。

「根本的是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝昼番」では

「池袋の高齢運転者の酷い事故の検証」で

「当初報道では無かった、加害車両運転者のステアリング操作を強調した情報配信を行っていた」が

「工作電磁波問題については、圧殺・黙殺状態」だった。

「ステアリング操作が出来ていた事が本当」なら

「加害車両運転者の身体フリーズ部分は腕より下だけに限定される事にも成る」。

「ペダルを踏みかえた旨も言っていた」のだから

「其れが本当なら、一端は、アクセルペダルから足が離れた事により速度も落ちていた筈」だが

「その様な実態は報道されていなかった、ばかりか、報道情報等では、加速実態が露呈させられていた」ので

「実際は、アクセルペダルから足を離し、ブレーキペダルに踏みかえた意識と、実際の足フリーズ状態との間」に

「生体電気信号の遮断・齟齬等があった事に成る」。

「工作電磁波ももちろん電気信号」なので

「工作電磁波による害も十分に考えられる」のだから

「其の辺りを黙殺・圧殺した情報配信を行い続けている事」等には

「明らかな異臭を感じざるを得ない」。

「かつての拉致{工作}問題同様、

集団電磁波工作等を無い事にしたい、

北朝鮮金政権等とのオトモダチ人脈の濃厚な臭い」が

「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、2000万円足りない言葉狩り~老後不安化政治・社会運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事