« サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。 | トップページ | 大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。 »

「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。

『「参院選を前」に「テレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈の正体が露呈している」。

「其れは、どの政党にとって有利に成るイメージで配信論等を展開しているのか?」等を

「考える」なら「多くの視聴者・読者等が直に気付く事」でもある。

「~自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等の旨で

「民主党政権の成立を大々的に支援したテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「選挙も無いから、実権者人脈の政権交代も無いまま、

現状でも、公共の電波や公共的マスコミ等を使った情報配信内容を主導し続けている」。

「マスコミ人としての本来の仕事は何処へやら、

公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

反対野党等の為の政治運動や、

日本を細らせ、その裏で、中国共産党や北朝鮮金政権等を有利にする実効を持つ社会運動や、

お仲間ゲイノウ人等の公然化宣伝」等々を

「行い続けている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「{2000万円足りない言葉狩り}」で

「実質的に、内実が歪められた状態」で

「多くの視聴者・読者等に伝えられている年金問題の実体」は

「現状経済システム上で{引きこもり化死に金状態}に在る個人等の貯金資産」を

「出来る限り有効利用してもらう事」等により、

「景気を良く」し

「将来の年金も困らない方向にして行く為」の

「きっかけ提言」でもある。

「現状経済システム上では、

主として人間が色々な道具(移動の為等も含む)等を使って、仕事や消費をしている事に対して、

経済的価値を与える事に、

多くの人間が同意している事で成り立っている実体経済界」と

「金が金を稼いでいる状態に多くの人間がお墨付きを与えている金融投資界」の

「二階建て構造に成っている」。

「日本のかつての銀行預金」は

「先の大戦からの復興や

一ドル360円という超円安や

人口増大ベース状態等々故に、

銀行等が、主として、日本国内の金融投資界で運用し、相応に利益を上げる事も容易な状態だった」から

「相応の利息も付けられていた」。

「超円安是正後も、経済バブル化等により、相応の好景気状態が続いていた」が

「人口急増大持に仕込まれた人口増大ベースを人口減少ベースにする策」や

「為替の適正化」や

「バブル崩壊」等により

「以前からの経済増大好景気ベース化状態」は

「一気に消失」した。

「失われた十年、もしくは、二十年」等が「叫ばれ」、

「その対応策」として

「規制緩和による大企業・大資本等実質優遇」や

「グローバルスタンダード化」等々が

「行われた結果」、

「経済格差が急速に増大」し

「日本社会も、二極化格差社会化」した。

「更に、リーマンショック」で

「多くの大企業等までもが右往左往させられる状態に陥った」。

「銀行による金融投資界金転がし等での利得も大幅に減り」、

「銀行預金利息もどんどん下がった」。

「現状では、金利ゼロが当然の様に成っている」が

「其れは、もはや、{預金引きこもり化塩漬け、市に金状態}と同様の事」でもある。

「此処で、現状の社会・経済状態の中で、

銀行が銀行の責任で、

金融投資等を大々的に行い続ける事」には

「銀行自体の破綻等の大きなリスクが伴う事にも成ってしまう」。

「其処で当然の如く出て来るリスク分散策」が

「預金者個人責任による金融投資の活性化」であり

「其れによる{引きこもり化死に金状態}の預金」の

「{積極金社会参加化生き金状態}への転換」だ。

「個人責任と成れば、銀行自体の破綻は無い」が

「個人破綻は、あり得る」。

「老後生活は年金ベースで最低限は担保」を

「選択する人々」なら

「銀行預金{引きこもり化死に金状態}の選択が合理的に成る」が

「老後、相応に良い生活を望む人々」なら

「個人責任で積極的に金融投資界に参加して欲しい」し

「その事により日本の景気向上も見込みたい」というのが

「{2000万円足りない言葉狩り}の裏に在る本来の伝達情報内容の実態」に「成る」。

「現状人間社会・経済システム内」で

「日本を他の国々に対して細らせない為」には

「銀行預金等に引きこもりさせる事」と

「銀行預金等に金社会参加させる事」の

「どちらが合理的に成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「日本を細らせる政権を成立させた悪の実績を持つテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「ご用達。お仲間経済学者等まで引っ張り出して、出演料等も与え、

実質的、日本細らせ法を、さも正論であるかの如く、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で、喧伝等している」。

「更に、実質的に、立憲民主党等の応援{政治運動}」等を

「行っているところも多い」。

「日本の公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って、

日本を細らせる論等を正論のイメージで喧伝等し、

反論・対論・各論等は、実質的に、黙殺・圧殺状態」で、

「日本を細らせた実績のある政党の流れを持つ政党等を

実質的に、偏重応援等し続けている事」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「少子高齢化で不安を煽っている」のも

「反現政権{政治運動}の為」と

「強く、推定出来る」。

「人口減少策自体を十分に解消する事抜き」では

「本格的な人口年齢バランスの是正は困難」だが

「労働人口の面」からは

「今後、AIとロボット等が益々急激に、人間の労働の代わりの労働を行える様に成って行く」から

「大きな危機状態に成っている」等とは

「言い難い状態」だ。

「ここで、今の内から、十分に議論等し、社会合意等を形成しておくべき」は

「労働の多くがAIやロボットによる時代への年金等社会保障の転換策」等に「成る」。

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「この面の議論等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で大々的に行っていて当然に成る」のに

「未だに、反対野党等の為の実質的、政治運動等や日本細らせ策等の正論イメージ化等々が主・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「AIとロボットが必要労働の大部分を行える時代」には

「年金による老後社会保障では無く、

ベーシックインカムによる全年齢層基本保障」が

「必要に成る」。

「其れを成り立たせる為」の

「基本精神文化の一つ」は

「個々の人間の自己健常支配の継続に対し、相応に経済的価値を付ける事」に「成る」。

「此処で言う、自己健常制御とは、人類誰もの自分の実体やその根本的目的から整合性を取ったモノで無ければならず、

特定の、例えば、独裁者等の意志・意思等に沿う等であっては絶対にダメ」だ。

「この意味からも、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的等の実体・実態把握」は

「非常に重要に成る」から

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、その辺り情報・教育等が大々的に行われていて当然に成る」。

「比べっこ強い精神構造・精神文化」は

「不要なストレスも、不要なストレス故の八つ当たりも、

いじめも、虐待も、格差も、殺傷事件・事故等々も、

テロも、戦争も、

・・・当たり前の様に生み出し続ける」が

「本質・快適探究精神構造・精神文化」が「生み出す」のは

「世界平和や地球環境問題等の解決や地球生命体細胞群の宇宙への本格進出等々に成り、

其処では、不要で多大なストレスも、其れ故の八つ当たりも、

いじめも、虐待も、不当な格差も、殺傷事件・事故等々も、

テロも、戦争も、

・・・当然の如く、激減している事に成る」。

「比べっこ強い」で「人類滅亡を誘い続ける事」と

「本質・快適探究精神構造・精神文化への健常進歩・正常進化を誘う事」で

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続を実現して行こうとする事」の

「どちらに有益になる情報・教育等を行っているのか?」で

「その情報・教育機関等やその中の人間たち等の本質的価値」等が

「はっきりと判る事に成る」が

「経済的価値を付ける価値があるのはどちらか?」等もまた、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「本来の仕事は何処へやら、実質的、政治・社会運動等に明け暮れて来ている者たち等の一部」は

「水プラズマ」による

「ごみ問題解決法」等を

「喜々として伝えていた」(本日のテレ朝朝番)が、

「物質文明側の技術の急速な進歩・進化だけを喧伝状態」で

「其れに伴い必要に成っている精神文化側を急速に進歩・進化させる為に必要な情報配信無し」では

「核技術が原爆として自虐使用された様」に

「水プラズマ発生機等が、殺人~人体抹消兵器等として自虐使用されてしまう世界」等も「付いている事に成る」。

「必要な仕事が未だ十分に出来ていない、ばかりか、

公共の電波等を使って、

特定政党・特定人脈・特定人間等を偏重させる、実質的、視聴者等マインドコントロール等を行い続けて来ている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。 | トップページ | 大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事