« 登戸の大量殺傷事件を受けて常連出演者等が公共の電波上で喧伝等し続けているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。 »

サンデーモーニングでは、「北朝鮮等と密約を結んでいるかも?」の様相さえ露呈し続けて来ている、常連出演者等が無差別殺傷事件等をダシに自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「民主党政権の頃に、剛腕小沢幹事長が大量の議員等を連れて中国共産党を{表敬}訪問した」が「その様な時に、密約が結ばれていても、何の不思議も無い」。

「例えば、日本への中国人流入をより容易にし、スパイ・工作活動等を行い易くして、日本を中国共産党の属国化する事等を、より容易にする代わり」に

「日本国内での支配権は我々に!」等の「密約」なら

「{悪のウィンウィン密約}」に「成る」。

「其れより前」に

「北朝鮮金政権等と密約を結んでいても、何の不思議も無い実態を露呈していた」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党」だった。

「旧社会党~民主党等の流れを持っている国会議員等」が

「安倍総理とトランプ大統領の密約」を「喧伝等する事」で

「安倍政権に悪いイメージを付け、

その反動で、

反対野党等の国会議員の数等を増やさせる投票行動を

有権者に取らせてしまおう・・・等としている様相」は

「ブラックジョーク的」で

「其れを公共の電波塔を使って喧伝等している反対野党等のお仲間テレビ等の実態もまた、

何処と密約結んでいるのですかねぇ~等の雰囲気満載だったりしている」のだから、

「本当に、酷く、劣悪」に「成る」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等との密約がある」から

「その実現の為に、

日本国民左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)化情報・教育・政界工作等々が行われ続けて来た、ばかりでは無く、

戦後日本社会が、

乗っ取り支配や属国化工作等を実行し易い状態をつくり出すべく、

スパイ・工作活動等天国状態のままにされ続けて来ている・・・可能性も非常に大きい」。

「そして、その下で、

戦後産まれの一般日本国民に対してまでも、非人道的な粛清工作等までもが行われ続け、

その反面では、情報・教育等で操れる者たち等に対して、有益分子化工作も行われ続けて来ている実態が露呈し続けて来ている」。

「そんな実質的に、工作活動等やその協力等を行い続けて来ている様相の者たち等」が

「登戸大量殺傷事件等を受けて、無差別殺傷等について、ご用達論等を公共の電波を使って喧伝等していた実態」もまた、

「酷く、劣悪な様相を露呈していた」』。

『「曰く、

具体的な実像を言わない、言えない状態での、該当容疑者の様な状態に陥ってしまう人々が居なくなる人間社会をつくるべき旨等の、

似非優等生論」や

「該当容疑者は、事件を起こした事により自らの社会的価値を見出したのでは・・・等の旨」等々・・・。

「テレビ常連出演者等が散々、ばら撒き続けて来ている情報内実の問題性等は何処へやら、

自省不十分な裸の王様たち、もしくは、何処かの反日国等の為の情報工作員やその協力者等」の

「実態を露呈し続けて来ている」が

「その様な者たち等を日本の公共の電波上で重用し続けて来ているのが

テレビ・ラジオ界の実権者等の実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新たな、同様の、無差別殺傷事件等を防ぐ為に必要な情報・教育等」は

「既に、はっきりしている」。

「多くの視聴者・読者・生徒等の今時の人間としては余分な不安等の解消を容易にする、

自分の実体やその実体の根本的目的を理解・把握・認識等する、させる情報・教育等から始め、

その上で、自己健常支配の継続を実現させ続け易くする事等に有益な情報・教育等を行えば良い」。

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)」が

「乳幼レベルの比べっこ状態」から

「成人レベルの本質・快適探究」へと

「健常成長出来る人間社会状態へと、

現状人間社会の状態を是正し続けて行く」なら

「その中で暮らす全ての人間たちには、相応の未来に対する明るい希望感等が生じる事に成る」。

「現状までの様な、武力にしても、経済にしても、血統家族等々にしても、比べっこ強い状態の人間社会」では

「比べっこ優位者は、未来に対する明るい希望感等を抱け易い」が

「比べっこ劣位者は、必然的に、未来に対する暗い絶望感等を抱き易く成ってしまう」。

「古の丸ごと一人の死生観ばかりが主流の時代」には

「あの世やあの世の先での明るい希望感等を提示する{誤魔化し}により、

多くの人々が、相応に、納得感等を得る事も可能な状態たった」が

「人間も含む生物の誕生・死の実態が細胞レベルの実現象である事等が科学レベルで既に判明した後」は

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等に拘り続けさせる事による{誤魔化し}の実効」も

「日々、ドンドン減少し続けている」のが「現実」だ。

「当然の如く、丸ごと一人レベルだけでは無い、死生観・人生観が激烈に求められている」が

「既に、在る、その実態情報・教育等さえも十分に行って来ていない」のが

「戦後日本の情報・教育界の酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「生きている人類誰もの自分の実体」とは

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」に「他ならない」。

「誕生・死とは、細胞レベルの実現象」で

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、誕生・死を実体験している」のが

「現実」だ。

「丸ごと一人レベルだけ」では

「大きな不安や恐怖等をもたらす死」は

「生きている人間なら、今、この瞬間にも実体験している事である事」を

「十分に理解・把握・認識等した、出来た後」には

「不安や恐怖等の対象では無く成る」。

「死の恐怖から解放された人間がより強く考えたり、感じたりし易く成る」のは

「生とは何か?」「どう生きるべきか?」等々に「成る」。

「細胞ごとの誕生・死という実態から、細胞レベルでの命の連続性を確かめる」なら

「丸ごと一人レベルでは、滞り、留まりがちだった、親子・近親者等や人種等や人間至上主義等を超えて、

地球上の全ての生物に行き着く事に成る」。

「其れこそが、広義の自分の実体」だ。

「其れでは、広義の自分は、一体何を行って来ていて、何を行いたいのだろうか?」

「はっきりしている事」は「存続して来ている事」であり、

「その為に、生命体細胞群は自らの構築度を上げ続けて来ている事」だ。

「其れは、~単細胞生物~多細胞生物~多種多様化~の地球生命体細胞群実態からも明らかな事」だが

「その中には、生物原理上で、より環境適性の高い生物が残る適材適所性も露呈している」。

「環境を自ら大幅に変える能力まで身に付けて来ている人類」は

「生物原理では無い、選別を行って来ている、地球上で唯一無二の生物でもある」が

「その実態が、自虐度が非常に高い状態に成ってしまって来ている事」等は

「戦争の歴史と言われている人類の歴史や、経済戦争による環境破壊や他者圧殺等々の実態からも明らか」だ。

「自虐が何故生まれてしまっているのか?」

「自分の実体やその実体の根本的目的から十分に整合性を取り続けて来ていないから」に「他ならない」。

「生物原理では、自然界に多種共存や適材適所の調整機能が持たされていた」が

「今までの、人間原理では、特定極一部の人間の考え・思いをベースとした、身勝手な調整機能を強いて来ている」のが

「実態」で

「其処には、十分に科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を取る実務さえも存在して来ていない」から

「自虐状態が招かれ易く成って来ている」。

「逆から言えば、人間原理での多種共存や適材適所調整に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的、かつ積極的に実用し続ける事等により、

自虐状態から脱出が可能に成る」。

「物質文明側では出来ている実務」を

「精神文化側でも行えば良いダケ」なので

「其れは、人類が能力的に出来ない事では無い」。

「行って来ていない」のは

「行って来ていない事による{不当}利権の{ヤクの中国患者}状態の者たちが多いから、

もしくは、その様な状態の者たち等が人間社会内で強い実権を保持し続けているから」で

「その酷く、劣悪な実態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)全て」だが、

「狭義の自分」は「その中の何十兆かの細胞群」だ。

「狭義の自分を、

実質的に、慰め続けるべく、

人間社会内での利権等を狭義の自分の下に集め続けようとしたり、

他の者・物・事等からのお墨付きを得続けようとしたり、したところで、

広義の自分の一部でもある狭義の自分が内実から満足等出来、自己承認欲求の本来欲求が埋まる訳も無い」。

「実態として、他人も含む広義の自分を損ねている」なら

「意識の有無を問わずに、応分の罪悪感や不安感等が生まれている」のが「現実」だ。

「その様な状態に陥っている人間たち等」は

「往々にして、自己承認欲求の代償欲求として、他の者・物・事等からのお墨付きを求めたり、

他の者・物・事等を認め、認めている他の者・物・事等を強大化する事等により、其れに依存しようとしたり、

する状態に陥り易く成る」。

「もちろん、どんなに代償欲求を追及しても、本来欲求が充足される訳も無い」ので

「代償欲求の追及は、時を重ねれば重ねる程、強大化し易く成る」。

「自己健常支配の継続より、他者支配や他者による被支配が行い易く、

「本来欲求の健常充足の継続より、代償欲求の過剰追及が行い易い、

状態に構築されて来ている」のが

「現状までの自虐度の高い人間社会・経済システムの実体」だ。

「その是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正する為に先ず必要に成る」のが

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事」だ。

「何故なら、人間社会・経済システム等とは、

個々の人間の精神構造の集大成が集団的合意(旧社会・共産圏の様に、強い実権を持つ極一部の者たちの集団である場合もあるが)を

形成する事により

具現化され実用されているモノだから」だ。

「個々の人間の精神構造を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報・教育等が

激烈に求められ続けて来ている」が

「旧来からの利権構造の維持に邁進し続けて来る事等により、狭義の自分の下に利権等を集める事に熱心な様相の

情報・教育界の実権者たち等」は

「未だ、旧態依然とした態度を是正しようともしていない」。

「もちろん、言うまでも無く、そんな酷く、劣悪な状態の是正は急務」に「成る」』。

『「自己健常支配継続の肝」は

「乳幼児でも無いのに、

他者支配に奔走したり、他者に自分を支配させる等の、

自己健常支配の妨害に成る悪い事をしない事」だ。

「人間社会・経済システム等」には

「個々の人間の精神構造の比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常成長を阻害せしめる

比べっこ強い状態等を持たせない事」だ。

「今時に必要な情報・教育等が実践されている」なら

「直にでも、自虐的な現状を是正する実務」が

「意識的、かつ積極的に行われ始めていて当然に成る」』。

『「要でも無い者たち等」を

「重用して、常連出演等させ続けていても、

必要な情報配信等が出来る訳も無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 登戸の大量殺傷事件を受けて常連出演者等が公共の電波上で喧伝等し続けているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事