« 公共の電波を使った「ゲイノウ人の私生活売り」等が大々的に行われているが、「福岡自動車暴走事故」や「新交通逆行事故」の「本当の原因は?」・・・。 | トップページ | 「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。 »

サンデーモーニングでは、出ずっぱり、常連出演者等が「引きこもり問題や中国共産党問題」等について、ご都合論等を公共の電波上で喧伝していた様相だったが・・・。

『「反安倍政権・反トランプ政権、政治運動」等まで「含む」、「常連出演者等のご都合論」等が「反論や他論・各論等抜き」に

「公共の電波上で一方的に喧伝等され続けて来ている実態」は

「多様性を自ら否定している実態を露営している事でもある」が

「そんな実態は何処へやら、多様性の重要性を訴える」とは

「泥棒が逃げる時にあいつが泥棒です!と他の者を指差して叫ぶ、

何処かの反日国の悪い精神文化等の臭いも能動」で

「其の様な者たち等を主たる常連出演者等として使い続けて来ている

戦後日本のテレビ界実権者等の実体の氷山の一角」が

「其処に見え隠れしている」。

「もちろん、こんな酷い状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「出ずっぱり、常連出演者等」とは

「引きこもりの対局で利権を得続けている者たち」に「他ならず」、

「その様な立場に居る者たち等が、本気の自省も抜きに、この手の問題を本質から解き解す論等を言える訳も無い」から

「実際に、公共の電波上等で、反論・対論・各論無き状態で、一方的に喧伝等されている、

この手の問題の論等の実態」は

「常連出演者等の利権を阻害しない、常連出演者等ご都合論やご用達論等ばかり・・・」に

「成っている」。

「本質から解き解す事が無い論等を公共の電波等を使って公然化し、

其れを基に、例え、世論や政治等が動かされても、

同様の新たな事件・事故等が大幅に減る訳も無い」から

「テレビ常連出演者等が散々喧伝等し続けて来ている上に、政治・世論等も其れにもつられて動いて来ている」のに

「無差別殺傷や親族間殺人等々の同様の新たな事件・事故等」は

「激減せず、相変わらず、繰り返され続けている」。

「実効の無い、酷い場合は、悪の実効まである、

もしくは、実効が極めて薄い論等を

公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って喧伝等し続けて来ている

常連出演者や常筆等が、

受け取っている報酬や、

得ている有名人等の利権や其れに伴う権力等々は

膨大」で

「この様な実体離れした酷い状態」が

「物質文明側では在り得無い事」は

「性能の悪い物質文明製品(車でも、何でも・・・)なら売れない実態からも明らか」だが

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報等の大衆向け精神文化製品のほとんど」は

「戦後ずっと独占企業状態が続いて来ている」ので

「経済による比べっこ人間社会状態の中でも、他に、同レベルで比べられるより良い精神文化製品が実質的に無い状態」が

「強いられ続けて来ている事」で

「劣悪レベルの精神文化製品製造~発信(販売)者たちが、

その見返りとして、ある意味では不当に得ている、利権等の大きさ」は

「性能の良い物質文明製品を製造~販売している者たち等と同等レベルにまで成ってしまっている」。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法は簡単」で

「今まで、常連出演・常筆等として重用され続けて来ている特定極一部の者たち等ばかり・・・では無く、

其れに、反論を言う者や、対論を言う者や、各論を提供等する者等も、

常連出演者や常筆と同等扱いにして、

テレビ・ラジオ等に出演させたり、

公共レベルのマスコミ等で論等を配信する様にすれば良いダケ」だ。

「比べっこ人間社会の中でも、

ちゃんと、比べるモノが提供される」なら

「最終判断等は、個々の視聴者・読者等に委ねられる事に成り、

常連出演者・常筆大衆誘導状態が解消される事に成る」。

「其の様な状態に成っていてこそ、民主主義の基が構築されている事に成る」。

「戦後日本社会の実態」は

「健常な民主主義では断じて無く、

情報・教育統制下の全体主義強い状態とでも言うべき実態が長く続いて来ていた」が

「ネットの普及により、情報・教育統制状態が崩壊せしめられ、是正傾向が出て来ている」。

「しかし、未だ、是正が圧倒的に不十分」なのは

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育既得権益組みの者たち等が、

公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育まで使って

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育既得権益組みの利権維持の為の情報・教育等を主に行う事で、

視聴者・読者・生徒等を実質的に、マインドコントロールし続けようとしている実態を露呈し続けて来ているから」と

「強く、推定出来る」。

「もちろん、こんな酷い状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「では、戦後日本の情報・教育界」は

「どの様な人脈の者たち等が牛耳り続けて来ているのか?」

「其れは、戦後日本の情報・教育界の情報・教育内容等から良く判る事に成る」。

「例えば、北朝鮮による拉致を北朝鮮が認める前まで」は

「日本による共励連行を強く言い、拉致など例えあっても、其れに比べれば大したことが無い旨」等を

「散々、喧伝等していた情報・教育等までもが蔓延っていた」。

「北朝鮮が拉致を認めた後」でも

「拉致の実態は、拉致工作である」のに

「拉致ばかりが強調され、北朝鮮の工作員により日本海側で拉致され、後に、韓国人と結婚した(させられた)当時少女だった被害者が

強調され、

実質的には、

日本国内の北朝鮮による工作実態等に、

多くの視聴者・読者・生徒等の考え・思い・感等が向かわない様にする

情報・教育ばかりが、行われ続けて来ている」。

「独裁国の北朝鮮の末端工作員が身勝手に拉致など出来る訳も無い」のだから、

「該当被害少女を工作員が拉致する前にも、

日本国内に居る北朝鮮の工作員等が、

拉致対象者を割り出し、

その居場所や行動等を情報提供する工作が在った可能性も極めて大きい」ばかりか、

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致して北朝鮮に連れて行く為」には

「拉致対象者の割り出し」に「始まり」、

「道中を穏便に移動させる為にも、有益分子化教育等が行われ」、

「その後、多数の工作員・協力者等の移動・宿泊等協力の下」で

「北朝鮮工作船等が来ているところに連れて行き、工作船等に乗せる手順があって当然」に「成る」。

「その様な実態から、判る事」は

「戦後の日本国内には、決して少なく無い数の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が要る事」に「成る」。

「当然、北朝鮮金政権等による命令・指令の下で、行わされて来ている事」が

「拉致工作ダケ」とは「在り得無い世界」で

「実際は、多種多様のスパイ・工作活動等が多数・多時間行われ続けて来ている事」等は

「冷静に、少し考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事」に「成る」。

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日本国民の安全・安心の為」にも

「日本国内の北朝鮮金政権等の実質的、手下、スパイ・工作活動者やその協力者等を告発し、徹底摘発等を訴えて来ていて当たり前」に「成る」が

「現状までの、ほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等も、学校教育等も、

この非常に深刻な戦後日本の重大問題」を

「実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている」。

「そればかりか、日本国内のスパイ・工作活動等は実質的に無い事にしたまま、

北朝鮮との国交回復等まで訴えて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等までもが

蔓延って来ている」。

「この様な実態」からも

「戦後日本の情報・教育界」では

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が多大な実権を握り占め続けて来ている事」等が

「間接的に、露呈している事に成る」。

「因みに、かつては二大政党の一翼を担っていた、社会党は、北朝鮮労働党と友党関係を結んでいた」。

「戦後日本の情報・教育界に旧社会党系の実権者等が多くても何の不思議も無い実態が露呈している」。

「旧社会党人脈の流れは、社民党にも、民主党にも続き、現状の立憲民主党や国民民主党等にも続いている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

昨今の推し政党が立憲民主党等という実態を露呈し続けている番組や常連出演者等も少なく無い」が

「その現れ状態が実際の国会議員数割り合いより遥かに大きく成っている事」等の「裏に在る」のも

「実権者人脈等の意志」等と「強く、推定出来る」。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等では、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が

視聴者・読者・生徒等に誤った認識等を抱かせない為にも、

極めて重要に成る」が

「常連出演者や番組等や教師・授業等による、実質的、政治運動等」が

「厳しく、規制されていない現状は、本当に、不十分」だ。

「黙殺・圧殺状態と共に、是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「池袋や福岡の車の異常事態が露呈している事故」でも

「高齢運転者ばかりを問題化している場合が多い」が

「車実用者の筆者の昨今の道路・車(自車・他車共々)等の実感からも、

工作電磁波によるテロの可能性もゼロでは無い」のだから

「その可能性を言いもしない情報配信実態」には

「かつての拉致工作は無い事に!」と

「同様の臭い」が「強く漂っている」。

「横浜の新交通」でも

「何日か前に、NHKニュースでも、車両側の機器の一部が破損の旨喧伝されていた」が

「機器が物理的に破損していたなら、動かず、異常を伝える」のが

「安全設計の基本中の基本」だ。

「機器の破損が衝突故の破損である可能性も高く」、

「実態としては、工作電磁波等の悪影響で、信号混乱が起きていた事による

電子信号的破損が元だった可能性も大きい」。

「その辺りの実態検証も十分に行える時間が無い内から、

早々に、機器の破損を喧伝したNHKもまた、民主党人脈人事が濃厚に反映された後のまま・・・の

芸能人重用状態も露呈し続けて来ているNHK」だ。

「車が暴走した異常事態事故」にしても

「電動パワステなら、電動アシストオフ状態ともなれば、高齢者の力ではステアリング操作も出来辛く、車は直進状態に成り易い」し

「アクセルもブレーキも電子制御が大きく絡んでいる」なら

「その信号次第では、加速固定もあり得る上」に

「運転情報記録機器には、壊れていない電子信号を送る事も可能」で

「この手の電子工作も可能に成る」のが

「工作電磁波仕込みの実態である可能性も決して小さく無い」。

「其れなのに、工作電磁波問題は、圧殺・黙殺状態」とは

「とても、普通の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等とは思えない」。

「日本国内に居る北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等の摘発訴え圧殺・黙殺問題共々、

是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「基本的に、人間の精神構造」は

「乳幼期の、比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による支配(乳房)被支配(親や他の人からの愛)争い状態」から

「成長に連れ」、

「成人期の、本質・快適探究」へと

「健常進歩・正常進化し続けようとしている」が

「現状までの人間社会・経済システム下」では、

「比べっこレベル強い状態が続いてしまって来ている」。

「比べっこ強いに上手く適応しているのが、現状適応優等生」で

「その報酬が、自らの精神構造(自己制御ロジック)の健常成長とも引き換えになっている、

現状権力者や現状社会システム等からの利権」だ。

「現状適応より、精神構造の健常成長の方を、意識の有無を問わず、優先している状態に在る」のが

「多くの現状不適応者の実態」で

「其れは、生体防衛反応的にも、悪い事では断じて無い」が

「現状側はそんな状態の人間が居る事自体も自らの利権崩壊に直結している事に成るので困る」から

「現状適応支援団体・施設等と繋がらせる事や、

家に居ながらの現状適応に導く事等により、

利権維持を図ろうとし続けて来ている」。

「現状を支える事も求められている、政治レベルでは、其れも当然に成る」が

「より良い現状をつくり出すべく、

本質・快適を探究し、その結果等を情報配信等するべき

情報・教育界が政治未満では、

本当に、酷く、劣悪な仕事しか出来ていない事に成る」。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い人間社会・経済システム等を

提案等しているべき情報・教育界の者たち等が、

より多くの利権を自分たちの下に集め易くする為に、

自分たちの人脈の者たち等をより多く国会等に送り込むべく、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等まで使って、

実質的、政治運動等を行い続けている様」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今までの、出ずっぱり常連出演者等のご都合論等には、もう、うんざり・・・で、見聞きし飽きた」から

「新たな反論・対論・各論等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上に!」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者・生徒等の数も多い筈」だ。

「是正法は、簡単」で

「其れらの、多種多様な者たちを、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々でも、

現状までの常連出演者等々と同等レベルで重用すれば良いダケ」だ。

「反論・対論・各論等はネット上等から、比較的、簡単に、抽出する事も出来る」。

「後は、出演・起用等の合意を得て、実行するダケ」なのだから

「北朝鮮金政権等が日本を乗っ取り支配する為の工作等を、

手伝ったり、行ったり、し続けて来ていない」なら

「直にでも、実行可能な事が其処に露呈している事に成る」』。

『「多様性や共生と言っても、善悪ごちゃ混ぜ同等扱いでは、崩壊を招き寄せるダケに成る事は明らか」だ。

「善悪差別を徹底する事で、他の不当な差別の抑止にも成る」。

「その為にも、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った

本質的正当性のある善悪区別」を

「多くの人間が理解・把握・実用する事が

非常に重要に成る」。

「その為に有益になる情報配信等をしているべき現状」で

「善悪ごちゃ混ぜ差別反対論!や悪戯な共生論等を喧伝等している状態」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「移民にも、正当な移民と不当な移民がある」。

「移民・難民を生み出している元環境等の是正が非常に重要な事」に「他ならない」が

「其処を抜きに、移民・難民受け入れ是論等を喧伝等している」のが

「偽善者たち等」で

「その中には、不法移民等を低賃金労働者等として使う事で、私腹等を肥やそうとしている者たち等やその協力者等まで居る」。

「厳しく、糾弾されるべき」は

「不法移民排除を訴える者たち等では無い」。

「不法移民等を悪用して、ズルく儲けようとしている者たち等であり、

そんな不法移民や難民等を生み出している、移民元の環境を悪くしている者たち等」に「他ならない」。

「その辺りさえも、いい加減な常連出演者等」が

「中国共産党等を、上辺だけ、優等生ぶり、正義ぶり、責めていたり・・・しても、

日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等さえも実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている者たち等が、

参院選等を睨んだ、政治運動等の臭いが濃厚に漂って来るだけ・・・の様相」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 公共の電波を使った「ゲイノウ人の私生活売り」等が大々的に行われているが、「福岡自動車暴走事故」や「新交通逆行事故」の「本当の原因は?」・・・。 | トップページ | 「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事