« 「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「公共の電波を使った組合(ユニオン)援護空爆」や「年金など無くても既に金満で大丈夫の常連出演者等による庶民年金不安煽りいじめ」等が行われていた様相でもあったが・・・。 »

大臣に受け取り拒否された金融庁への報告書の上っ面「2000万円足りない言葉狩り」をする{優等生}とそれに右往左往させられる大衆を生み出して来ている戦後日本の学校教育等問題・・・。

『「言葉や文書等々の上っ面を覚える事」が「良く出来る者」を「優等生(有益分子)」等として「称賛」し

「其れを元」に「社会内で重用し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くの学校教育等と所謂、文系の職」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「そんな学校教育下」で「優等生にも成れなかった、成らなかった人々の多く」は

「上っ面適当覚え状態」で

「上っ面に興味を持たされ易い状態」に「調教されている」から

「{優等生(有益分子)}が発する上っ面言葉狩り等の情報等でも、

右往左往させられてしまっている場合まで多い」。

「例えば、

新陳代謝という漢字は書けても、

その実体や本質の探究が不十分だった人々が

容易に、丸ごと一人の死生観宗教・商売等の{餌食}とされ続けていた」り、

「上っ面言葉狩り・態度狩り等々から

実体より遥かに大きな悪イメージを付けられた政治家・政党等を

容易に排除させられ、その反対に位置取りしている実体が本当に日本国・多くの日本国民の為に成るのか?否か?も???の

政治家・政党等への投票行動等を行わせさせられていた」りする

「酷く、民度の低い、劣悪な実態」が

「連綿と露呈し続けて来てしまっている」。

「今回の大臣が受け取り拒否した金融庁への報告書の{二千万円足りない言葉狩り}からの

{騒動}もまた、その一例に成る」。

「そして、それらの{騒動}をここぞとばかりに重用して、

実質的に、反対野党や反日国悪権力者等の為の政治・社会運動等を

公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)学校教育等により、上っ面覚え~上っ面言葉狩りが得意な状態に{調教}された、

テレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「その様な状態の常連出演者等や常筆等ばかりを重用し続けて来ている、ばかりか、

反論や対論や各論等を実質的に、圧殺・黙殺等し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実権者等」の

「酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの日本国民の民度が高く、

今回の金融庁への報告書でも、

{2000万円足りない言葉狩り}等に右往左往させられず、

報告書の内実から主意・本意を読み解き、

其れを、

自らの実生活の改善や

金融資産積極活用化への積極的転換等に活かす、活かせる状態だった」なら

「該当報告書を大臣が受け取らない事による悪戯な騒動鎮静化」等の

「政治故に必要になる現状対策を行う必要も無かった筈」だが

「実際の、戦後日本の所謂、文系の学校教育等の多く」は、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏向状態が長く続いて来てしまっている」ばかりか

「其処での優等生(有益分子化調教成功者等)がテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育教師・教授等としても

重用され続けてしまって来ている」ので

「多くの人々に圧し掛かってしまっている状態の負のマインドコントロールも実在状態となってしまっている」から

「政治上では、仕方無く、現状対策を行う状態に成ってしまっている」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「老後経済問題等を考える前」には

「現状経済システムの実体把握が必需に成る」が

「ほとんど全てのテレビ・マスコミ情報等では、其れさえも抜き」で

「{年金足りないぞ~!日本の年金システム酷いぞ~!等々政治運動}等を行っている」。

「現状経済システム上」では

「経済価値があると多くの人々が認めた仕事や者・物・事等に経済価値が与えられ、

経済価値のある仕事や者・物・事等が実践される事で其処に金銭価値も与えられている」。

「当然、時間が経てば経つ程、実践される事も増えるので、

お金の量自体も増えて来ている」。

「つまり、同じ百万円でも、今の百万円と昨日でも、一年前でも、十年前でも、過去の百万円では、

元になるお金の量が違うから、

他に変化要素が無くても、相対的に貨幣価値自体が希釈されている」のが

「現実」だ。

「インフレ傾向が強い時」は「希釈実態も実感し易く」、

「デフレ傾向が強い時」は「希釈実態を実感し辛いが、実際は、希釈され続けている」のが

「現実」だ。

「このベースとなる希釈からお金自体の価値を守り続ける為に必要に成る」のが

「利息や金融投資等による金自体の肥満化」だ。

「この現状経済システムの基本構造を良く解っている欧米等」では

「自らの持っているお金自体の総体的価値を減少させ続けない為にも、金融投資等を積極的に行う事が当たり前に成っている」。

「金融投資等で失敗しない為に必要になる」のは

「本質や実体を見極める事」で

「其れは、上っ面に拘らせられている状態下にマインドコントロールされている人々」の

「苦手な事でもある」から

「現状までの多くの日本国民等は、自己防衛反応的に、金融投資等への積極参加を拒み続けて来ている」。

「人口状態が、少子高齢化では無く、順当な世代交代が続けられている健常成長継続状態だった」なら

「継続的人口増故の継続的経済発展も容易に成る」ので

「其れこそ、預金利息頼みでも、大きな問題は出ない状態に成り易い」が

「実際は、少子高齢化で、継続的人口増故の継続的経済発展も望めない」から

「破綻を避ける為にも、固い投資等しか出来ない銀行等の稼ぎも困難」となり、

「預金利息等もほとんど無し状態に成っている」。

「ここで行うべき」は「個人レベルでの自主的持ち金肥満化等々の経済的自主防衛に成る」が

「その為のベースでもある、実体・本質探究能力が欠如状態に追いやられたまま・・・」では

「多くの人々が、右往左往状態に陥ってしまう」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「こんな状態の時に必要に成っている情報・教育等」が

「実体や本質の探究能力を向上させる事に有益に成る内容である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「未だに、ほとんどのテレビ・マスコミ等では、

実体や本質等が探究されると自分たちの酷い実態等の裏に在る実体や本質等も

益々、バレ易くなり、現状利権を得続ける事等も困難に成るからか、

上っ面情報・教育等の継続による大衆マインドコントロール等に、

熱心な状態」だ。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状経済システムの基本構造から言える、

金が膨らみ易い投資先等について」は

「人口増減状態や世界情勢や今後益々人類にとって必要になって行く産業等々や必要に成る手数料等を十分に考慮の上、

冷静に少々考える」なら

「情報収集も容易になっている昨今、其れこそ、世界中の何処の誰でも、比較的、容易に、判る事」だろう。

「当面の現状は、上手く、適当に、支えながら、支えさせながら、更に、実体や本質を探究して行く人間の数が増えれば増える程、

より良い、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の未来の実現」が

「容易に成る」。

「例えば、経済システム上で経済価値を与えている者・物・事等の

自分(広義・狭義共々)の実体との整合性を高める実務」を

「多くの人間が意識的かつ積極的に行う様に成る」なら

「必然的に、

その何十兆かの人間個体細胞群を他の人間個体細胞群に対して優遇する正当性も問われる必然性も生まれる事等からも、

不当な格差の是正が急速に行われる事にもなり、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体を健常化する必然性からも、

地球環境問題解決との整合性が高くなる経済システム状態に成って行く事に成る」。

「何れは、産まれながらの環境格差は、例えば、二倍以内等、ある程度以内に収斂し、

狭義の自分の健常支配継続に対しては経済価値が与えられ、其れがベーシックインカムと成り、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続への貢献には、応分の正の経済価値が付けられ、

地球生命体細胞群に自虐を強いる事に対しては、応分の負の経済価値等が付けられる事」に「成る」。

「現状の比べっこに都合が良い人間社会・経済システム等」は

「その自虐性故に、既に、消費期限切れ状態に成っている」のだから

「自虐度の低い、新たな人間社会・経済システムという、人類の精神文化製品への乗り換え」が

「既に、必需に成っている」。

「とりあえずの現状を支えながら、自虐度の低い新たな人間社会・経済システムへの乗り換え塔による

人類も含む地球生命体細胞群の自虐問題の解決を実現する方向に力を加え続ける人生」を

「多くの人間たちが、意識的、かつ積極的に歩む」なら

「人類滅亡は避けられ、世界平和と地球環境問題の解決が当たり前の様に実現する事に成る」。

「その為に有益になる情報配信をしているべきテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、主として、反対野党や反日国悪権力者等を利す、政治・社会運動等に熱心・・・」では、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「{有益分子}有名人等を利用」した

「極東地域日本のみ脱原発運動」等と

「同様」の

「高齢者運転免許返納運動」等や

「核兵器も持っていない、専守防衛縛りまである、現状の日本の防衛」の

「実効根幹である強固な日米安保」は

「要らないでしょ!社会運動」等を

「行っている暇がある」なら

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って配信すべき情報は、

もっと、もっと、別に在る」。

「魚雷(核等も含む)・機雷(深海・核等も含む)で使用不能状態がつくり出せてしまうイージス艦だけのミサイル防衛で良い訳は無い」。

「レールガンミサイルへ進化させる事もより容易になるイージスアシュアの防衛上の有益性は高く、

その設置場所として、日本の中で、二か所なら、秋田・山口が合理的になる」のは

「日本列島全体の三分割二点に成る事」や

「敵ミサイルが発射される場所は、北朝鮮北部だけとは限らない事」等「からでもある」。

「其れが、ハワイやグアムの米軍防衛にも好都合と成り、

日米安保をより強固にする方向に力を加えている」なら

「日本の防衛上、更に、合理的に成る」。

「公共の電波等まで使って、

ハワイ・グアムや北朝鮮北部から塔だけを強調して、反米感情を煽り、イージスだけのが合理的でしょ!等と

内実、日本の防衛に、脆弱になる部分をつくり出させる世論等を喚起しようとしている」のは

「反日国等ご用達の情報工作員等やその協力者等」と「相場は決まっている」。

「その様な感を多くの視聴者等に抱かせない為」にも、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何故、多くの視聴者・読者等の

実体・本質等探究能力を向上させる事に有益に成る情報配信が出来ない!」

「何故、何時までも、{有益分子}有名人等や{上っ面言葉狩り・態度狩り情報}等で、多くの視聴者等を操り続けようとしている!」

「其処に露呈している」のは

「自己健常支配の対極にある他者支配の実態」だ。

「因みに、精神心理学的には、

自己健常支配による支配欲の本来欲求の充足は在るが、

他者支配という代償欲求の追及による本来欲求の充足は在り得無い」。

「公共の電波や、公共レベルのマスコミ等まで使って、

免疫や対応力を養う為の遊びレベル」より「遥かに高いレベル」で

「他者支配を試み続けて来ている」ばかりか

「其れに毒された、他者による被支配に自分を置き続けて来ている人々を生み出し続けて来ている」、

「自己健常支配を行えていない、

他者支配に邁進している、

他者による被支配に邁進する、自己不健常支配状態を誘い続け、蔓延させ続けて来ている

上辺の表現等は、紳士的、優等生的、正義的でも、

実際に行っている事は、まるで、ナチス・ヒトラーと同様」の、

「本質的、悪者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「{2000万円足りない言葉狩り}等をダシにした、年金を問題化した反対野党等の為の政治運動」等がテレビ・マスコミ等で大々的に行われているが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「公共の電波を使った組合(ユニオン)援護空爆」や「年金など無くても既に金満で大丈夫の常連出演者等による庶民年金不安煽りいじめ」等が行われていた様相でもあったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事