« サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、2000万円足りない言葉狩り~老後不安化政治・社会運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、金満常連出演者等が年金問題等をダシに地獄(=自虐度の高い人間社会)の維持運動等を行っている様相だが・・・。 »

「2千万円足りない言葉狩り~年金不安イメージ化~与党悪イメージ化~与野党問わず年金問題解決訴えによる立憲民主党正義イメージ化」等の公共の電波等を使った野党の為の政治運動・策略等が露呈している様相だが・・・。

『「与党に悪イメージを付けても、其れが直接野党が良い事には直結し得無い事」等は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導」等により、

「民主党政権の成立を支援させられてしまった、当時の多くの日本国民有権者等」も

「既に、強く認識出来ている事に違い無い」。

「もはや、いくら与党に悪イメージを付けたところで、野党に票は流れない」ので

「選挙も無いから政権(実権者人脈)交代も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

与党悪イメージ付けプラスアルファの策略を実践しようとしている様相」だ。

「与党に悪イメージを付けると共に、野党に正義イメージを付ける策」が「其れ」に「成る」。

「2千万円足りない言葉狩り」により

「多くの視聴者・読者・生徒等の年金不安を煽った」後、

「誤解を解く為に、該当報告書等を大臣が受け取らない事や、丁寧な説明等の事後策を行っている与党」に

「悪イメージ付けを行い」、

「散々、与党に悪イメージ付けを行う政治運動等を行い突けて来ていた野党の中の

代表的立場をかろうじてキープしている立憲民主党の口達者等」が

「年金問題は与野党対立の問題では無い!与野党協力して年金問題を解決しよう!等の旨、

正義ぶった事等を

選挙も無いから政権(実権者人脈)交代も無いお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等々が大喧伝する」なら

「参院選(場合によっては衆参ダブル選)時に、立憲民主党や野党に流れる票が増やせる」という

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使った実質的、大衆誘導の策略」が

「露呈して来ている」。

「もちろん、どんなに正義ぶって」も

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党等の流れの者たち」等の

「実体が変わる訳も無い」。

「現与党は、云わば、日本の大企業等のオトモダチ」で、

「その関係は、例えるなら、悪代官と悪商人の様なところもある」が

「多くの日本国民にとって、未だ、救いに成る」のは

「日本を細らせると、どちらも困る事」だ。

「北朝鮮労働党や中国共産党等のオトモダチの場合」は

「日本を細らせてでも、北朝鮮や中国共産党にとって都合の良い日本社会の状態を築ければ、

オトモダチならぬ、親分は大歓迎と成る」。

「旧社会党が拉致問題で被害者等から相談を受けた時に、朝鮮総連に{報告}に行った事は有名な話し」だが

「支援元が海外、しかも反日国等と成ってしまっている」と

「対等なトモダチ関係など在り得ず、親分と手下の関係に成り易く成る」のは

「根っ子が反日国等では、日本国内で真に日本国・多くの日本国民の為に成る事等は、訴え辛く、行い辛い」から

「必然的に、支持基盤はぜい弱に成る、反面で、反日国実権者等からの支援力~支配力が相対的に大きくなるから」だ。

「基本的には、国会議員等の座も得辛いベースを持っている事に成る」が

「無理にでも日本の国会議員等の座を得ようとする」なら

「そのスジの、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等、公共的立場で実権を持っている者たち等による

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等の{多大な支援}が必要に成る事に成る」。

「戦後日本の情報・教育界と政界の実態」が

「どれ程、上記の内容と整合性が高いのか?」等を

「検証してみる」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る実態が露呈する事に成る」。

「真に日本に根差している野党」なら

「与党よりも良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等が訴えられていて当然に成る」。

「例えば、日本国内の北朝鮮金政権等の手下、工作員やその協力者等の徹底摘発は、

多くの日本国民の安全・安心にも直結している」のだから

「与党以上に、其れに関連する実行可能な法・体制整備等をを訴えていて、当然に成る」。

「日本の防衛力向上も、日本国・多くの日本国民の安全・安心に直結している事に成る」のだから

「北朝鮮の核に対する抑止力としての核武装を訴えている政党・政治家等が居ても当然に成る」。

「地球環境問題からも、

不安定な中東情勢からも、

原発の使用は合理的な事に成る」のだから

「野党として、原発積極使用派の政党・政治家が居ても当然に成る」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等ご推奨の政治家・政党等」は

「北朝鮮金政権や中国共産党が持つ核兵器の圧力を高める実効の有る、

中国や韓国の原発商売の応援にも成る、

極東地域日本のみ脱原発を訴えている政治家・政党等ばかりを

実質的に、大応援し続けて来ている」。

「オスプレイやF35やイージスアショア等々の防衛力最先端化にも実質的に、反対であるばかりか、

日本の安全保障の根幹でもある日米同盟を希薄化する事も大好きな様相」なのが

「視聴者・読者・生徒等の反米感情を煽っている場合も少なく無い様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」の「親北朝鮮・親中国共産党等の実態」だ。

「そんな情報・教育ばかり・・・の中から、情報・教育を選択させられ続けて来ている」のが

「多くの戦後日本国民の寒過ぎる実態に成る」が

「ネットの普及以降は、多くの日本国民も、その酷い実態を意識化する事に成功して来ている」。

「多くの日本国民の民意」と

「親北朝鮮・親中国共産党等テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育・政党・政治家等々」の

「乖離」は

「ドンドン激しくなっている」のに

「未だに、選挙も無いから政権(実権者人脈)交代さえも無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

旧態依然とした状態を続けようとしている様相なのだから、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「少子高齢化二極化格差社会が続く」なら

「世代間相互補助年金が上手く機能しなく成ってしまう」のは

「極めて登園の事に他ならない」。

「世代間相互補助を続けたい」なら

「子沢山化政策が有効」で

「実効のあるレベルまで子沢山化が実現出来た」なら

「約20年後には、世代間相互補助年金も維持可能な状態に成る」から

「其れまでを、年金問題解消特別税等で補えば良い事に成る」。

「二極化格差社会状態のまま」なら

「格差間相互補助年金への移行が合理的に成る」が

「狭義の自分の下に集められた金も含む利権の量こそが人生の成功の証等と

勘違い出来てしまっている自虐者たちの

金権・他者支配/他者による被支配・血統家族主義・民族主義等々マインドコントロールを解く前に

其れを実践しようとするなら、かなりの反発が予想される事に成る」。

「そもそも、現状人間社会・経済システム自体」が

「比べっこ原理で、人類滅亡器の実態を持っている、非常に出来の悪い精神文化製品に他ならない」のだから

「本来なら、その根本的是正策等が大いに議論等されているべき」なのが

「現状対策に忙しい政界とは違い、自由度の高い情報・教育界の極めて重要な仕事」だ。

「その辺りの本道は何処へやら、反対野党等の為の実質的、政治運動等に明け暮れている様な者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群やその実体の根本的目的である存続~永続から整合性を取る」なら

「地球生命体細胞群の中の特定の人類個体の本来の役割りは、地球生命体細胞群の存続~永続への貢献に成る」。

「もちろん、地球生命体細胞群の中には人類も入り、

人類だけが実行可能に成っている重大な仕事は

地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで広げる実務」だ。

「宇宙に本格進出出来るレベルの高度な科学技術を含む物質文明を持ちながら、

其れを自虐使用しないで済む様にする為の高度な精神構造(自己制御ロジック)・精神文化も持つ事」が

「人類も含む地球生命体細胞群の日常の健常生活を支える事に加えて、

人類には強く求められている」。

「本来、仕事に対する対価としての経済価値」は

「この根本的な基準から整合性を取った上で与えられるべき」だが、

「現状の経済価値は、人々の間の意識上の納得による需要と供給の関係上で、実体離れした状態でつけられてしまっている」。

「実体離れした経済価値」は「多くの人類に根本的不安をもたらしている」ので

「その反動形成」として「過剰に強い金権をつくり出し、其れに依存する状態」が

「生み出されてしまい、実用され続けて来てしまっている」。

「もちろん、そんなモノに根本的正当性がある訳も無い」ので

「根本的正当性が無い事を誤魔化す為に必要に成っている」のが

「多くの人類の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害する事による

比べっこレベル固着化」であり、

「比べっこレベル固着化を利用した代償欲求の過剰追及による現実逃避心理ゲーム中毒化」だ。

「その上に在る」のが

「狭義の自分の下により多くの現状利権を集め続けようと亡者の如く足掻き続けている

現状人間社会の中には多々要る、

根本的には、自分の実体やその実体の根本的目的にも背いている場合も多い、

実質的、精神病(自覚が有るなら、神経症レベル、自覚も無いなら、精神病レベル)状態の人間たちの実態」だ。

「人によっては、狭義の自分の下への利権過剰集中等に成功し、勝ち誇り、他の者・物・事等からのお墨付きが当たり前と思い込み、

人によっては、狭義の自分の下への利権過剰集中等に失敗し、

場合によっては貧困・困窮状態に陥っていても尚、利権過剰集中の悪夢から解脱出来ず、

時には、現状脱出欲動の暴発まで起こしてしまっている場合まである」のが

「現状人間社会・経済システム等やその太鼓持ち情報・教育や他の人間たち等々から、

比べっこレベルへの固着を強いられ続けている、

哀れで自虐的な人間たちの寒過ぎる実態」だ。

「人間の精神構造(自己制御ロジック)」は、

「基本的に、世界中の何処の誰でも」、

「乳幼レベルの比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による支配権(乳房)・被支配権(親や他の人間等からの愛)争い」から

「成人レベルの本質・快適探究」へと

「健常成長しようとしている」が

「その邪魔という重大な人権侵害を行い続けて来ている」のが

「現状までの自虐度の高い人間社会・経済システムであり、その太鼓持ち情報・教育」だ。

「天動説状態の人間社会・経済システム等や情報・教育等」を

「地動説レベルに健常進歩・正常進化させる実務を行っているべき」なのが

「今時の情報・教育界で仕事をしている者たち等」に「成る」が

「戦後日本の情報・教育界等の実態」は、

「其処から、余りにも遠く、余りにも、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「根本から整合性を取った人間社会・経済システム上」なら

「狭義の自分誰もが、健常生活を維持出来る経済と環境を得られていて当然に成る」。

「健常生活を維持する為のベーシックインカム」と「ベーシック環境」は

「ベースとして合って当然に成る」が

「無条件で与えられ続けて良いモノでは無い」。

「条件として適切に成る」のは「自己健常支配の継続が実現している事」等で、

「自己健常支配により、本来の支配欲を充足出来ている状態」なら

「自己健常支配が不十分な場合に出現し易くなる支配欲の代償欲求に突き動かされて、

過剰な他の者・物・事等の支配や

他の者・物・事等による被支配への

依存状態に陥る事も防止出来ていて当然に成る」。

「免疫力や対応力を養い・維持し続ける為の、遊び程度の自己不健常支配」と「共」に

「自己健常支配を軸とした、

人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群の健常存続~永続への貢献という

本来の仕事も行い続ける」のが

「根本的に、成功している者の人生に他ならない」。

「多くの人間が根本的に成功している人生を歩んでいる」なら

「世界平和も地球環境問題の解決も当たり前に成る」。

「多くの人間が比べっこに生きる」なら

「戦争も、テロも、格差増大も、環境破壊も、経済破綻等々」も「当たり前に成る」が

「其れこそが、人類滅亡への道」だ。

「地球生命体細胞群の宇宙への本格進出」と

「人類滅亡」の

「どちらに力を加えているのか?」を

「問う」なら

「人類誰もが、自らの人生の実体を自覚出来る事に成る」。

「ベーシックな部分がちゃんと担保される」なら

「年金問題なども在り得無い事に成る」。

「出来る限り早く、比べっこから本質・快適探究へと多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事」こそが

「現状の重大問題の解決に直結している事に成る」のだから

「其の為に、有益になる情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に実践する事」が

「極めて重要に成る」。

「現状まで・・・は、余りにも、酷過ぎる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、2000万円足りない言葉狩り~老後不安化政治・社会運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、金満常連出演者等が年金問題等をダシに地獄(=自虐度の高い人間社会)の維持運動等を行っている様相だが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事