« テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「出ずっぱり利権収集者等」が「引きこもり問題化」や「高齢運転者問題化」等々で正義ぶり、更なる利権収集をしている、劣悪で醜悪な実態の公然化等が続けられている様相だが・・・。 »

テレ朝朝番では「元事務次官、長男殺傷事件」等を受けて「常連出演者等ご用達論」等が公共の電波を使って喧伝等されていたが・・・。

『「現状適応支援団体・施設等の人々等の方」が「常連出演者等より、この手の問題に対する実感が強く、ある程度は適切な事等を言え易く成っている」のは、

「ある意味、当然の現象」で

「其れは、戦時中、指令部内の者たち等より最前線に居る者たち等の方が、

より戦争犠牲実感等を得易くなり、戦争犠牲を少しでも少なくする為の策等を行い易く成っていた事」と

「同様の事」に「他ならない」。

「現状適応支援団体・施設等」とは

「基本的には、現状をそのまま」に「現状適応を支援する団体・施設等」で

「其れは、戦争をそのままに、犠牲を減らす」のと「同様の働きを目的としている団体・施設等でもある」のが

「実態」だが、

「本来なら、その辺りの根本的な問題を告発等し、実効のある実行可能な対策等を提案したり、訴えたりしているべき立場に在る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事を行っている者たち等」だ。

「現状では、本来の仕事が出来ていない、ばかりか、

最前線の悲惨な実態は何処へやら、

指令部内の優遇された立場・報酬・権力等のヤクに毒されたまま、

散々、要でも無い、お手盛りご都合論・ご用達論等を

優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等を行っている者たち等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」等は「言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番では、現状適応支援施設・団体等の者たち等の発言内容等を重用する程度」に

「若干の是正傾向が見受けられた」が

「相変わらず、常連出演者等の言っている内容」は

「酷く、劣悪レベルの様相」を「露呈していた」。

「例えば、常連出演者等の一人」は

「我々も発言内容等を自省しなければならない旨」等

「公言していて」も

「過去の発言等の責任を取って辞める」等の

「具体的是正策」は「黙殺・圧殺状態」だ。

「散々、多くの政治家や官僚等々に対して、辞めろ!を連発し、世論を煽り、

実際に、辞めさせてきた者たち等」が

「自らダケは、辞めなくて良い」では

「上辺の言葉ダケの反省ポーズにしかなっていない

酷く、醜悪な実態ばかりが、公然化されている事にも成る」。

「一端、実権を保持してしまえば、其の様な事も実行可能になる事」等を

「公共の電波を使って公然化している事等による悪影響」は

「多大に成る」。

「責任を取って辞めろ!」や

「事故でも結果責任で厳罰!」論者の「常連出演者等」が

「自らには、辞めろ!も厳罰も適用していない実態」等の「公共の電波を使った公然化」等による

「悪影響」は

「本当に、多大」だ。

「独裁者に成れれば、

多くの自国民の生活を犠牲にした核・ミサイル武装でも、粛清でも公開処刑でも何でも出来る」等を

「体現している北朝鮮金政権等」と

「同様の精神構造が其処に露呈している」。

「別の常連出演者等の一人」は

「殺人でも自殺でも、人を殺してはダメ!の旨、優等生ぶり正義ぶり、喧伝等していた」が

「その底の浅いダメ!論」の

「実害」もまた、

「相応に大きなモノに成る」。

「ダメ!だけを言う事の実体」は

「殺人や自殺を考えたりしている者へのダメ出しをしている事」に「他ならない」。

「どうすれば、殺人や自殺を考えたりせずに済むのか?」の

「具体的提示抜き」の

「ダメ!論」は

「往々にして、更なるストレスを加えている事にしか成らない」。

「しかも、そのストレスをもたらしている」のは

「現状適応優等生状態でテレビ常連出演者等として重用されている現状で優位な立場・報酬・権力等を得ている者」だ。

「散々、比べっこを強いられ続けて来ている現状の多くの人間たちの中」で

「具体的な解決策の無い、比べっこ優位者でもある、現状優等生等の喧伝したダメ!論等」が

「どの様に受け止められるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「常連出演者等の言った、具体的解決策抜きのダメ!論」の「実体」は

「常連出演者等は優秀でしょ!」等を「問ている」、

「自己承認欲求の代償欲求を公共の電波や視聴者等を使って追及している

実に、醜悪で、劣悪な、代償欲求追及ゲーム」に「成る」。

「殺人や自殺をダメ!と言う」なら

「殺人も自殺も必要無いと納得出来る考え・思い・感じ等も伝えなければダメ!」だ。

「例えば、

人間の誕生・死の実態は、細胞レベルの実現象で、

今、この瞬間にも、生きている人間なら、誰もが、細胞レベルで死んでいるのだから、

丸ごと一人殺人したり、丸ごと一人自殺したりするのは、

明らかに、誕生・死の実態に背いている事に成る」から

「殺したい、殺すべき実体を探究し、殺したい、殺すべき実体を殺しましょう!」等の

「丸ごと一人の殺人や自殺より、より現実との整合性が高い考え・思い・感・観等を

出来るだけ解り易い表現で伝えれば良い」。

「丸ごと一人の殺人や自殺」という「現実との整合性が悪い状態での短絡的な考え・思い・感等」の「上」に

「細胞レベルの誕生・死と殺すべきモノの実体探究~殺すべきモノを殺す」という

「現実との整合性が高い考え・思い・感等」が

「上書きされ、そちらを主として実用される状態が構築される事」により

「殺人や自殺を考えている人間自体は否定されない、殺人・自殺より合理的な解決法を見出し、実践して行く、

前向きな行動等も生まれて来る事に成る」。

「そして、その様な、本質探究の精神構造に基づく問題解決が主流に成って行く事でのみ、

現状人間社会の多くの問題の解決も可能に成る」。

「比べっこ優位者が比べっこを維持せしめたまま・・・」では

「時と共に、人間社会の問題はより深刻化して行く事に成る」のは

「現状人間社会・経済システム上での経済格差実態や環境破壊実態等から、

少し冷静に考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」』。

『「該当事件の殺されてしまった長男」について

「いじめられていた」とか

「精神分裂病と診断されていた」とか

「家庭内暴力を行っていた」とか

「オンラインゲームにのめり込んでいた」とか

「引きこもり傾向があった」等々の

「個人情報が露呈」され

「登戸の事件を受けて、小学校の生徒たちがウルサイ旨言った」ので

「該当事件の父親が、他の人々を巻き込んだ悲惨な事態を起こさせない為に殺した旨」等も

「喧伝」等されていた。

「その様な情報を見聞きする」と

「いじめが原因」とか

「精神分裂病が原因」とか

「家庭内暴力が原因」とか

「ゲーム依存が原因」とか

「引きこもりが原因」とか

「小学生塔が巻き込まれる前に殺した父親の気持ち等は解る」等々と

「考え・思い・感じたりし易い状態の視聴者・読者・生徒等を

大量育成し続けて来ている」のが

「戦後日本の情報・教育等の酷く、劣悪な実態」だ。

「その重大な責任は、何処へやら、

自らの常連出演利権等を守る為に、

上っ面の自省等を言い、

其の為のサポートとして、現状利権を損なわずに済む、現状適応支援団体・施設等の者たち等の言葉等を

まるで有益分子の如く利用している、

酷く、劣悪で醜悪な実態を露呈している」のが

「現状の常連出演者等の実態」に「他ならない」。

「多くの視聴者・読者・生徒等の悪のマインドコントロール状態を解く為」には

「比べっこから本質・快適探究への個々の人々の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長を阻害している者・物・事等を

意識的、かつ積極的に解消して行く実務を

意識的、かつ積極的に行い続ける事」が

「実効が高く成る」。

「問題のある者・物・事等は解消」して

「個々の人間の精神構造の健常成長に有益になる者・物・事等を実用する様にすれば良い」。

「未だに、社会との繋がり等の現状維持対策等を主に訴えている様」では

「同様の新たな事件・事故等を防げる訳も無い」。

「必要な現状対策の邪魔等は、出来る限りせず」に

「現実との整合性をより高める現実対策を行う事」が

「激烈に求められている」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観から、

人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の実態は、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、

その狭義の自分との細胞レベルの命の繋がりがある広義の自分は

地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)に成る事を

十分に理解・把握・認識等した上で構築される死生観・人生観への

より現実との整合性を高める、健常進歩・正常進化」や

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長しようとしている個々の人間の精神構造の健常成長を阻害しない

人間社会・経済システム等への健常進歩・正常進化」等々が

「今、激烈に求められている」。

「何故なら、

其れらを実践するなら、

現実離れ・実体離れが激しいが故に、自虐度の高い、この世(現状人間社会・経済システム)の終わりと

現実や実体との整合性が高いが故に自虐度も低く成る、新たな世界の始まりが実現し、

の其れらを実践しないなら、

地球環境問題の解決も人間社会問題の解決も不可能と成ってしまい、人類滅亡の時が急速に迫って来てしまうから」だ。

「比べっこ強いによる、本来なら不要なストレス」が

「いじめの源泉にも成っている」。

「比べっこを覚えさせられ、比べっこに生きる事を強いられ続けて来ている人間たち」は

「往々にして、比べっこ上の優位に、者・物・事等や人生や問題等の解決を求めがちに成る」が

「もちろん、人間が身勝手につくり出している比べっこの基準上に本当の解決が在る訳も無い」。

「本当の解決は、科学レベルで判明させる事が出来ている、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取り続けた先に在る」。

「物質文明側では科学レベルで判明」を「実用している」のに

「精神文化側では実用していない」のは「本当に異常」だ。

「この異常状態が、数多くの異常事態の生みの親に他ならない」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「近々、AIとロボットにより、多くの必要実務が実行可能に成る」が

「その時代に必要に成る」のが

「比べっこでは無い、本質・快適探究の上での

個々の人間の自己健常支配の継続と

其れに必要となるベーシックインカムや産まれながらの環境格差の是正等々」だ。

「現状人間社会・経済システム上」では

「現状適応比べっこ優位者等には高い経済的価値がもたらされ易く成っている」が

「自己健常制御の継続」等に対して「経済的価値が与えられていない」。

「自己健常制御より現状適応と成れば、多くの人間が不健常状態に陥らされても、其れは、ある意味、当然の現象に成る」。

「戦前~戦中のお国の為に命をかけて!と同様の状態が其処に露呈している」。

「散々、優等生ぶり、正義ぶり、反戦!等を訴え続けて来ている者たち等」が

「この多くの人間に自虐を強いている経済比べっこ戦争強いを告発等して来ていない」のは

「高い立場・報酬・権力等々の戦利品ヤク中毒状態故」等と「強く推定出来る」が

「その状態は、ある意味、精神病状態でもあるのが現実」だ。

「問題だらけ・・・の現状への適応優位者の厚遇が新たな問題の生みの親とも成り、

時と共に、問題がより深刻化し続けて来ている実態も露呈している」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「出ずっぱり利権収集者等」が「引きこもり問題化」や「高齢運転者問題化」等々で正義ぶり、更なる利権収集をしている、劣悪で醜悪な実態の公然化等が続けられている様相だが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事