« 「2千万円足りない言葉狩り~年金不安イメージ化~与党悪イメージ化~与野党問わず年金問題解決訴えによる立憲民主党正義イメージ化」等の公共の電波等を使った野党の為の政治運動・策略等が露呈している様相だが・・・。 | トップページ | 海を漂うクラゲの如く現状人間社会を漂う天動説人間たち等が公共の電波上で好き勝手喧伝等し続けている様相だが・・・。 »

「地獄の沙汰も金次第」とばかりに、金満常連出演者等が年金問題等をダシに地獄(=自虐度の高い人間社会)の維持運動等を行っている様相だが・・・。

『「本来なら、地獄(=自虐度の高い人間社会)を普通の自虐度の低い人間社会にする為に有益になる情報配信等を行っているべき、

公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等上の者たち等」が

「地獄(=自虐度の低い人間社会)を維持したまま、

地獄の沙汰も金次第・・・とばかりに、自らの下に大金を集め続けようとし、

更に、地獄人間社会・経済システム上で、金満に成れている者たち等が、

公共の電波上で、金満族には実質的に不要な年金問題論等を、優等生ぶり、正義ぶり語り、

出演料等による更なる金満増大と

更なる有名人利権等の増大までも図っている実態」は

「本当に、劣悪で醜悪」に「成る」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」。

「大臣の答弁(官僚文書読みと推定出来る)程度」を

「訳が分からない」と「言った野党議員」は

「かつて、政治主導で官僚を支配しようとしていた政党の議員でもあった」が

「あの程度が分らない能力の者たち等に国政を行わせるとどうなるのか?」は

「民主党政権時の実態」から「多くの日本国民が直に判る事」に「成っている」が

「其れでも、尚、未だに、

テレ朝やTBS等、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)公然化状態の局はもちろん、

NHKでも、フジでも、日テレでも、

立憲民主党偏重情報配信が続いている実態」は

「現状テレビ界の実権者等状態を良く露呈させている事にも成る」。

「筆者等の感覚」では

「北朝鮮系のテレ朝・TBS」と

「民主党人事以降の、NHK」に

「韓国系」の

「フジ・日テレ等」を

「強く感じ」、

「日本の公共の電波使用なのに

日本本来のテレビ局は何処???の世界」だ。

「ラジオもマスコミ等も同様である事」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「共通している」のは

「視聴者・読者等に対する支配~マインドコントロール・大衆誘導目的等」が「顕著なところ」で

「其れは、近未来において、ベーシックインカムを得続ける為の重要な資質が自己健常支配の継続に成る事からすれば、

自己健常支配の代償欲求に成る、他の者・物・事支配行動等が顕著な者たち等の実態は不健常」で

「ベーシックインカムさえも与え続けるべきでは無い者たち等に成る」。

「その様な不健常な実態を誤魔化し続ける為に、

悪魔(自虐度の高い)の人間社会・経済システムの維持を図り、

その上で。地獄の沙汰も金次第とばかりに、自らの下への利権収集を図り続けている様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「人間としての健常な感性が有る」なら

「自虐度の高い人間社会を自虐度の低い人間社会に健常進歩・正常進化させようとしていて当然」に「成る」。

「自虐度の高い人間社会の中で、地獄の沙汰も金次第とばかりに、

自らの下に利権等の収集を図り続けている者たち等」の「人間本来の感性」は

「もはや、言うまでも無く、不健常」に「成る」。

「不健常な感性の者たち等を公共の電波まで使って公然化し続けている事の実害」は

「膨大」で

「公共レベルのマスコミ等や学校教育等でも同様と成れば、

多くの人間の感性までもが不健常にさせられて当然」で

「実際に、其の様に成ってしまっている」から

「悲惨な、同様の新たな事件・事故等も繰り返され続け、

地球環境問題は時と共に深刻化し、

地獄人間社会・経済システム上の格差も時と共に急激に増大している」が

「この自虐状態を是正しよう、させようとする、情報・教育等さえも、実質的に、黙殺・圧殺状態」だ。

「命直接がけの武力比べっこ支配権/被支配権時代」には

「少なく無い数の反戦派の人間たちも居て、其れらの人間たちが発する情報等も、相応に広まっていた」から

「戦争の終わり」を「多くの人間たちが真から慶べただけでは無く、

その後の人間社会も戦争実害の割りには直に維持~発展出来る状態に成った」。

「武力戦争人間社会から経済戦争人間社会」へは「進歩」だが

「現状の人間社会に求められている」のは

「比べっこから本質・快適探究へ」の「進化」に「他ならない」。

「進歩レベル」なら

「低レベルの情報共有で事足りる場合が多い」が

「進化レベル」では

「相応に高いレベルでの情報共有が必要に成る」。

「高いレベルでの情報共有が無い場合」は

「新たな自虐度の低い人間社会への軟着陸とは成り得ず、

突然的な現状の自虐度の高い人間社会の行き詰まり~崩壊と

無理にでも始めなければならない新たな自虐度の低い人間社会」という

「ハードランディングと成り、当然、応分の犠牲者が出てしまう事に成る」。

「逆から言えば」

「未だに、地獄の沙汰も金次第とばかりに、自らの下に大金・大権等を集め続けている様相の者たち等」を

「蔓延らせ続けている」なら

「近未来において、応分の犠牲者が生まれてしまう事に成る」。

「地獄(自虐度の高い)人間社会・経済システム上の経済戦争状態」は

「武力戦争の様に直接人間を殺す事は余り多くは無い」が

「間接的に、人間を圧殺し、地球環境お破壊し、

近未来における犠牲者も生み出してしまう」。

「武力戦争時の反戦派の様に、

経済戦争時代にも反経済戦争派も必要だろうが、

もっと必要に成っている」のは

「自虐度の低い人間社会を具体的に構築する方法等を

多くの人間たちに理解出来る様に伝達する仕事を

意識的、かつ積極的に行う人間たち等」に「成る」。

「例えば、人間(生物)の誕生・死の実態は細胞レベルの実現象である事等が

科学レベルで理解・把握されてから久しい上に、

人間(動物)の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる現実も

誰の実感・実体験からも明らか」に「成っている」が

「未だに、ほとんど全てのテレビ・ドラマでも、映画でも、アニメでも、漫画でも、小説でも、音楽や絵画等々でも、

丸ごと一人レベルばかりを過剰偏重状態」で

「丸ごと一人の殺傷事件劇等や丸ごと一人の霊乞い物語等々は、其れこそ、掃いて捨てる捨てる程在る」が

「丸ごと一人の殺人欲動を殺す劇や、細胞レベルの命の繋がりから広義の自分を実感する物語等々」は

「未だに、メジャーに成っていない」。

「其の様な今時に必要な精神構造・精神文化の精神文化製品がつくれていてこそ、

現実的には、作家等としての正当な価値ある事に成る」が

「旧態依然とした精神構造・精神文化のままの作品等をつくり続ける事等により、

多くのテレビ常連出演者等と同様の自らの下への大金・大権集め等に奔走している実態を露呈している場合が多い」のが

「現状の作家等の余りにも酷く、劣悪な実態」だ。

「其の様な、酷く、劣悪な実態を露呈している作家の作品等ばかりを、実質的に、押し売りし続ける事と

本当に今の時代に必要な作品等を圧殺・黙殺し続ける事等により、

自らの地獄人間社会上の現状利権等の維持~増大等を図り続けている」のが

「現状の多くの、テレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々の実権者等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当面の現状人間社会内での生活を維持する事」は

「誰でも必要な事」だが

「その上」で、

「更なる現状利権集め等に向かうのか?」

「より自虐度の低い人間社会等の構築に力を加えるのか?」等々にこそ

「その人間の本質が顕著に出ている事に成る」。

「物質文明側では、性能の悪い物質文明製品では当然売れない」が

「精神文化側では、性能の悪い精神文化製品ばかりを押し売り状態で、性能の良い精神文化製品の開発~製造を怠っている」のが

「現状の多くの、酷く、劣悪な、実態」だ。

「公共の電波や、大掛かりな映画や、大マスコミや、大量販売出版物(電子出版も含む)や、学校教育等々でも、

其の様な酷く劣悪な実態が、露呈し続けて来ている」のだから

「時と共に、人間社会も地球環境も、真綿で首を絞める如く、行き詰まり~崩壊に向かって、おち続けて来てしまっている」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」で

「特に、立場・権力等を持てている者たちの是正」こそが

「本当に、必要な急務に成っている」。

「未だに、反対野党等の為の政治運動等に、公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使っている者たち等」は

「早々に、重要な立場・権力、過分な報酬等を、剥奪されて然るべき」だし

「今時に必要な精神文化製品を生み出す仕事が出来ていない、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる大きな名等を、恥じらいも無く、大宣伝し続けている実態を露呈している

作家等」も

「同様」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「2千万円足りない言葉狩り~年金不安イメージ化~与党悪イメージ化~与野党問わず年金問題解決訴えによる立憲民主党正義イメージ化」等の公共の電波等を使った野党の為の政治運動・策略等が露呈している様相だが・・・。 | トップページ | 海を漂うクラゲの如く現状人間社会を漂う天動説人間たち等が公共の電波上で好き勝手喧伝等し続けている様相だが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事