« サンデーモーニングでは、「北朝鮮等と密約を結んでいるかも?」の様相さえ露呈し続けて来ている、常連出演者等が無差別殺傷事件等をダシに自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「元事務次官、長男殺傷事件」等を受けて「常連出演者等ご用達論」等が公共の電波を使って喧伝等されていたが・・・。 »

テレ朝朝番では「死ぬなら一人で死ねば論」等で、テレ朝昼番では「中国共産党支配下の中国を米国とを同じ扱いにした覇権論」等で、視聴者をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。

『「テレビ界実権者等や常連出演者等の利権を阻害しないご用達論」等の「公共の電波を使った公然化」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「登戸大量殺傷事件問題からも出て来た{死ぬなら一人で死ねば}論に対する論調」は

「その論者等の現状の資質等を露呈させていて、

ある意味、オモシロイ」が

「其処から、同様の新たな事件・事故等の再発を防ぐ為の対策等を導き出す時」に

「テレビ界実権者や常連出演者等の現状利権を阻害させない様にせしめる{情報工作}等は

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状までで出て来ている対策等の実態」は

「例えば、

人を介したセーフティーネット」であり、

「死ぬなら一人で死ねば・・・等々の{容疑者}予備軍を刺激する言葉等を

公共的媒体等で公然化したり、

該当{容疑者}予備軍に言ったり、見聞き出来る状態にしたり、

しない事による、

{刺激トリガー}の排除」等だ。

「社会主義者の論」が「其処に露呈している」が

「其れも、戦後日本の情報・教育故の劣悪現象の一つ」に「他ならない」。

「個人主義者レベルの論」としては

「死ぬなら一人で死ねばを教育でも教えるべき論」等が

「在った」が

「その余りにも時代遅れの勧善懲悪論的な論」では

「今時、圧倒的に不十分である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「正論とは何か?抜きの正論喧伝等」も「本当に、酷く、劣悪」だ。

「実行可能な事を理想論にして現状を維持せしめようとする悪」も

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「社会主義社会」は

「その国・地域等の権力取得者たち等や、その後の権力者等による教育等の優等生たち等が、

その様な状態にまで至っれている自分は、賢い、リーダーに相応しい、等々と、

身勝手に思い込んで、

その者たちの浅はかな考え・思い上で理想人間社会を構築し、

其れを無理やり具現化する事で、出来上がる」。

「もちろん、そんな出で立ちの人間社会内では、多くの人民が不平・不満を抱く事に成る」が

「其処を押さえ込む」のが

「人による権力圧力等」だ。

「{理想人間社会}に適応出来ない者たち」は

「修理が必要な不良品と言わんばかり・・・に、再教育収容所等に収監し、

{理想人間社会}に適応させる、

有益分子化{調教}が徹底して行われる」。

「教育では無く、{調教}と言えるのは、

反論等は基本的に許されていない状態で、言われる事を覚える事が{強要}され、

例え、無理やりにでも、理路整然と反論等しても、其れに応じられる事は極々稀で、

ほとんどの場合は、罰が与えられているから」だ。

「そんな{理想人間社会}の中では、せめて、支配~{調教}される側では無く、支配~{調教}する側の人間に成ろう・・・」と

「{悪魔に魂を売り渡す者たち}も稀では無い」。

「権力者等ご用達の教育を一生懸命覚え、

試験で良い成績を収める事や、

直接会えるレベルの権力者等に貢物(性を貢ぐ場合もある)をしたり、

賄賂等を差し出す事により、

支配~{調教}側の仕事に就こうとする者たち」の

「酷く、劣悪な実態」は「その国の中の者たちなら、当然の如く、重々承知」で

「その国の外の者たちにも、傍から見ても良く分る状態に成っている」。

「既に、判明している酷い実態を無い事にしたがる{裸の王様}状態の者たちの多く」は

「支配~{調教}利権保有者」に「成っている」。

「{理想人間社会}の現状をそのまま」に

「現状利権を阻害しない、させない範囲」で

「無理やり、人々の不平・不満等々を押さえ込もうとする現実離れした悪態」の

「酷い、劣悪さ」等は

「冷静に、少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」』。

『「社会主義社会」を

「戦時中社会」や

「大戦後の経済戦争中社会」に

「替えても、話しは基本的に同じ事に成る」。

「戦時中」の

「敵を殺せ!」が

「経済戦争中」の

「死ぬなら一人で死ねば!」だ。

「社会主義社会」の

「再教育」が

「経済戦争社会」の

「セイフティーネット」だ。

「戦時中の敵国語は使うな!」が

「経済戦争中の{容疑者}予備軍を刺激する様な事は言うな!」だ。

「支配/被支配人間社会、比べっこ人間社会」の

「無理と哀れと劣悪さ等々が、其処に露呈している」』。

『「では、どうするべきなのか?」

「死ぬなら一人で死ぬべきを教える」等の

「趙時代おくれのおバカな事を行う」のでは「無く」、

「人(動物)の意識は丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の実体は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群である事」や

「人間誰でも、今、この瞬間にも死んでいるのだから、殺したいモノ、殺すべきモノの実体を探究し、其れを合理的に殺す事」等

「教えれば良い」。

「支配欲とは、自己健常支配の継続の為にある人間の精神心理上の現実」を「教え」、

「その代償欲求に過ぎない、他者支配や他者による被支配は、遊び程度にする事」等を

「教えれば良い」。

「世界中の何処の人間」でも、

「乳幼児から成人へと身体が成長して行くと共に、

人間の精神構造(自己制御ロジック)」も

「乳幼レベル」の

「比べっこ(兄弟姉妹や他の乳児等)による

支配(母親の乳房)

被支配(親等からの愛)争い」から』

「成人レベル」の

「自己健常支配を主に、自己不健常支配は免疫や対応力を養い保持し続ける為に遊び程度にしながら、

本質・快適を探究する状態」へと

「健常成長しようとしている」が

「比べっこ強い等をし続ける事等により、

その邪魔をしている

非人道的な

重大な人権侵害状態に成ってしまっている、

現状の人間社会状態を

健常状態・正常状態に是正すれば良い」。

「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

急激な進歩・進化を実現し続けさせ続けて来ている人類」が

「能力的」に

「精神文化側の急速な進歩・進化を実現出来ない訳も無い」が

「現状では、実現出来ていない」のは

「能力以外の要素が在るから」に「他ならない」。

「其れは、現実離れしている意識上の考え・思い・感じ等への執着故の悪現象」に

「他ならず」、

「例えて言う」なら

「天動説状態であるが故の悪現象」だ。

「物質文明側の天動説が地動説に移行出来たのと同様」に

「精神文化側の天動説状態も地動説状態に移行出来る十分な能力が人間には有る」。

「其れを使うか?使わないか?」は

「個々の人間の判断次第」だが

「情報・教育がまとも」なら

「地動説移行派が圧倒的多数に成っていて当然に成る」。

「逆から言う」なら

「現状までの精神文化側の情報・教育は明らかにまともでは無い事に成る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「現状対策として、社会主義者的対策を行う事も、もちろん必要に成っている」が

「其れダケでは、同様の新たな事件・事故等が防げる訳も無い」。

「多くの個々の人間たちが、

社会的圧力やセイフティーネット等に依存せず、依存させられず、

主として、自主的に、自らを健常にコントロールし続ける為に必要に成っている情報・教育・環境をつくり出し

其れを、意識的かつ積極的に実用する事」が

「激烈に望まれている」。

「現状適応優等生たち」等は

「現状利権ヤクの毒素に毒されているからか、

現状をそのままにした人力的圧力やセイフティーネット等により、事を収めよう、治めさせようとしがちに成っている場合が多い」。

「そんな{天動説}状態の者たちの現状実態維持圧力等が在る限り、問題を本質的に解決する事は出来得ない」。

「意識の有無を問わず、現状人間社会の一員である限り、自らも、問題の原因の一つと成っている実態」に

「思いが至り、其処から、{地動説}的に、現状対策だけでは無く、現実(源流)対策も、探究し、探り出し、実践する、させる事抜き」に

「人類に長い存続は在り得無い」。

「其れは、現状の経済戦争人間社会が圧殺し続けて来ている地球環境や殺傷被害者・被害動植物等々の実態を

ありのままに理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」』。

『「昼番」の

「登戸大量殺傷事件の上辺紹介等で視聴者の被害者感情等に沿った共感等を誘った(=視聴者の感情脳退行を誘った)後」で

「中国共産党支配下の中国と米国」を

「まるで、少数派反対野党と多数派与党」を

「同等に比べさせる策略的情報配信と同様」に

「同等に扱って、覇権比べっこ争い情報配信をしていた

酷い、劣悪さ」にも

「大いに呆れた」。

「その体制実態からしても、

決して同等には成り得無い、

中国共産党支配下の中国と

自由・民主主義体制の米国」の「間に在る」のは

「覇権争いでは無く」、

「支配権を広げ続けなければ存続が破綻する中国共産党の延命策に対する

ある意味では、行わざるを得なく成っている、自由・民主主義圏の国々の防衛策」だ。

「現状人間社会・経済システム上」では

「経済大国二国が経済戦争状態に成る」と

「世界経済も不況に陥り易く成ってしまう」が

「その片方、中国共産党支配下の中国が、

国家統制インチキ資本主義上の経済でしか無い実態から、

中国共産党支配下の中国の経済からインチキ分を差し引く事により、

自由・民主主義圏の経済と同等レベルに還元させるなら、

中国共産党支配下の中国の原寸大経済レベルが思いの他小さな実態に

世界中の何処の誰もが気づく事に成る」。

「自由・民主主義化しなければ先が無い事等」は

「ある程度以上頭のある人間なら、多くの中国国民にも直に判る事と成る」から

「米中経済戦争の出口」は

「戦争では無く、中国の民主化=中国共産党支配からの解放に成る」。

「互いを認め合う」とは

「中国共産党や北朝鮮金政権等ご用達論」に「他ならず」、

「独裁支配政党や独裁支配者が自由・民主主義圏の国の民等からも認められている事の実体」は

「その認めている自由・民主主義圏の民は、独裁支配の下に置かれても良い旨、独裁支配者側に言っている事と同じに成る」。

「本来なら、独裁支配からの解放の方向に力を加える情報配信をしているべき

日本のテレビ等」で

「独裁支配圏ご用達の論等を喧伝等し続けて来ている」のは

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の手下の情報工作員やその協力者等に成る」。

「多くの視聴者等の、被害者感情等への共感を煽り、感情脳退行状態を誘い、

多くの視聴者等に本来の十分な大脳新皮質働きを出来辛くした状態の上」に

「中国共産党や北朝鮮金政権等や日本の其れらのオトモダチ等の政党等にとって、都合の良い情報配信を行う事」等により

「実質的に、マインドコントロール~大衆誘導等し続けて来ている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、「北朝鮮等と密約を結んでいるかも?」の様相さえ露呈し続けて来ている、常連出演者等が無差別殺傷事件等をダシに自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「元事務次官、長男殺傷事件」等を受けて「常連出演者等ご用達論」等が公共の電波を使って喧伝等されていたが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事