« テレ朝等によれば、「韓国ホワイト国外し」を北朝鮮労働新聞が「安倍策動等と非難」しているとの事だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、緊急事態条項等をダシに、常連出演者等が自民党に恐いイメージを持たせる、公共の電波を使った反自民政治運動等を行っていた様相だったが・・・。 »

サンデーモーニングでは、「テレビとアイドル、政治」等について、常連出演者等がアレコレ喧伝等していたが・・・。

『「現状までの日本のテレビの一番の問題」は「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信なのに、

情報配信実権者等が特定極一部の者たちに成っている状態のままで、

政界の選挙の様な、民意反映システムも無い事」に「他ならない」が

「其処は、黙殺・圧殺状態だった」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「常連出演者等が、民放ダケでは無く、NHK等でも同様の者たちばかり・・・という異常な実態の裏に在る」のは

「テレビ局実権者等とゲイノウプロダクション等との強い繋がりに他ならない」。

「男性アイドル、実質、独占企業的状態のジャニーズにしても、

もちろん、そんなテレビ局実権者との繋がりが濃い、ゲイノウプロダクションの一つに他ならず、

テレビ局実権者等との強い繋がりの裏に在るモノ等々を

暴露等するのが、本来のマスコミ等の役割りの一つ」なのに

「テレビ局実権者だけでは無く、ラジオや公共レベルのマスコミ等の実権者や、学校教育界の実権者等の、多くが

同じ人脈状態であるが故に、

その辺りの実態暴露・告発等々も実質的に、無い状態が続いて来てしまっている」。

「薄給アイドル界の枕営業と言い換えられている売春の裏」にも、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界と学校教育界等による悪のコラボの追いやり構造つくりとその容認・黙認思想等の醸成」等が

「在る」。

「男性アイドル界も同様」と「推定出来る」のは

「お亡くなりになった該当事務所のドン」も

「かつて、その手の事で事件化され、有罪判決まで受けているとの話しもあるらしいから」だ。

「本来なら、とっくの昔に無くなっていても何の不思議も無いゲイノウプロダクション等が、存続出来て来ていたばかりか、

巨大化までして来ていた裏に何があったのか?」等は

「想像に難く無い」が

「その辺りにも、現状までのテレビ界等実権者等の悪の資質が露呈している」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「金権比べっこを学力比べっこ等と繋げた新興宗教的思想を多くの生徒たち等に教え込んで来ている」のが

「戦後日本の多くの学校教育等の実態」で

「テレビドラマ等々でも、強姦や売春等々がしばしば公然化」では、

「学力不足や金不足の少女等が、売春等による金稼ぎ等を容認し易く成ってしまっていても、ある意味、当然」で

「其処に、ゲイノウ界という上辺はきらびやかな器の誘いも乗せられる」なら

「悪実権者等ご用達のゲイノウ界大奥等に見入りしてしまう被害者等も後を絶たない事に成る」。

「人脈・血統・思想等的に、悪実権等と同様では無い場合の冷遇」は

「当然の如く在る筈」で

「逆から言うなら、人脈・血統・思想等が、悪実権者等と同じなら、重用され易い事に成る」。

「悪実権者等が、しぼりにしぼった極少数の者たちばかり・・・を主として、テレビ・ラジオ・マスコミ上等で重用する事により、

芸が無くても、能が無くても、有名人化する事が容易な状態を得る事が出来て来ている、

重用者たち等の共通点」は

「その政治・民族・思想指向等からも良く判る」。

「多様性を著しく欠いている戦後日本のラジオ・テレビ・マスコミ等」だが

「一般市民に対する情報の一方的大量配信が行える状態に在ったのが、

実質的に、それらのラジオ・テレビ・マスコミ等だけ状態」で

「学校教育等でも、新聞からの切り抜きやテレビ・ラジオ等ご推奨内容等々を、重用」では、

「実質的、同一人脈のご都合に沿う、情報統制情報・教育状態」で

「染め上げられた者を優等生として重用」となれば、

「ネット普及による情報統制状態の崩壊まで、実質的、大衆誘導等が大いに蔓延り続けて来ていた事」も

「ある意味、当然の現象に成る」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ・マスコミ等利用の大衆誘導と同様の実態」が

「戦後日本社会には、ネット普及前まで在り続けていた」が

「そんな時代は、また、東西冷戦の延長線上でもあり、所謂、東側政党等も元気な時代でもあった」。

「ネット普及以降」は「実質的、情報・教育統制状態も崩れ、徐々に是正されて来ている」ので

「本来の民意反映に近い、選挙状態にも成りつつある様相」だが

「未だに、往生際悪く、少しでも、お仲間政党等が有利になる様に・・・等と

トランプ政権批判・非難情報や、韓国市民は政権とは違うから仲良くニュアンス情報等々や、

該当コーナーでも、アイドルだけの話題にせず、政治までも混ぜて、情報配信していた様相だった」のだから

「本当に、呆れた」。

「北朝鮮に、実質的には、厳しいトランプ政権」の「批判・非難等から」は

「日本の中の北朝鮮人脈等の要請、もしくは、其処に対する忖度等の、強い臭い」が

「韓国市民が選んだ大統領は韓国市民とは違うから、市民とは仲良く!ニュアンス情報から」は

「日本の中の韓国人脈等の要請、もしくは、其処に対する忖度等の、強い臭い」が

「濃厚に漂って来る様相」だが

「其れらの事で有利になるところが何処に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮のオトモダチ」や、

「民潭の応援も受けていた」のと

「同様の臭い」を「未だに、公共の電波上に蔓延させている様」では・・・。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界や学校教育界」の

「実権者人脈も含めた是正」は「本当に、急務」だ。

「民意を反映させた実権者人脈の交代等があるべき、

公共の電波を使っている仕事や公共レベルのマスコミ等の仕事や学校教育等の仕事」の

「固定化状態」の

「是正」は「本当に急務」だ』。

『「学校教育」では

「金権比べっこや学力比べっこ」等で「調教する」のでは「無く」、

「本質・快適探究」と「自己健常制御の継続」等を「教えるべき」だ。

「比べっこ故の不要ストレス等は、いじめや虐待等の元にも成っている」。

「自己健常制御の継続により支配欲の本来欲求を充足させ続けている」なら

「その代償欲求として、他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及する事も無く成る」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性をとった上での善悪区別」も

「非常に重要に成る」。

「現状人間社会は、急速に、終わりに向かって崩壊して行く」が

「現状人間社会の終わりの後に、より自虐性の低い新世界を築けなければ、人類に長い未来が在る訳も無い」。

「自虐性の低い、人間社会・経済システムのベースに成る、

個々の人間の自虐性を低くする実現方法等を教える」のが

「今時に必要な情報・教育」に「成っている」。

「比べっこ強い」は「自虐性を高める」から

「現状人間社会・経済システム等の崩壊速度もより早くする実効がある」。

「結果、実際に、現状人間社会・経済システム等の崩壊速度も高まり続けて来ている」。

「酷いモノを壊す事には、相応の合理性がある」が

「壊した後に、つくれるモノが無ければ、お話しに成らない」。

「比べっこを頑張り、壊す速度を高める人間たちがいる」と「共」に

「自虐度の低い新たな人間社会・経済システム等をつくりだす人間たちも多数要る」。

「現状の所謂、文系の情報・教育等は、余りにも、比べっこ(=崩壊速度向上)側に偏り過ぎている」。

「その原因の一つ」は「固定化している実権者人脈」と「強く推定出来る」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「殺傷ドラマやいじめドラマ等々もあっても良い」が

「殺人欲動を殺すドラマやいじめから解放されるドラマも無くてはならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「恋愛ドラマでも、ルックス・体力・地位・報酬・資産等々比べドラマ等もあっても良い」が

「本当に相性の良い相手を見出すドラマも無ければならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「支配~解放(=新たな支配)ドラマもあっても良い」が

「他の者・物・事過剰支配追及からの自己、もしくは、集団的、解放ドラマも無くてはならない」のが

「今時の当たり前」だ。

「其れらのドラマの精神構造キーロジック」は

「比べっこから本質・快適探究への健常進歩・正常進化の実現」と

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という代償欲求過剰追及状態から、

自己健常支配の継続による本来欲求充足状態への精神構造の健常成長」に「成る」。

「今時、ドラマ等々をつくる」なら

「精神構造や精神文化の進歩・進化軸からつくり始めて当然」だ。

「他者支配→自己健常支配」や

「比べっこ→本質・快適探究」等々が

「始めに在って当然」で

「其処に、多種多様な上辺の肉付けを行えば、

多種多様なドラマ・映画等々が出来上がる事」に「成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝等によれば、「韓国ホワイト国外し」を北朝鮮労働新聞が「安倍策動等と非難」しているとの事だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、緊急事態条項等をダシに、常連出演者等が自民党に恐いイメージを持たせる、公共の電波を使った反自民政治運動等を行っていた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事