« 本日はほとんど「亡くなったジャニー氏」等の情報でテレビ等は埋め尽くされるのだろうが、工作電磁波等による粛清工作がより旺盛に成っているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「テレビとアイドル、政治」等について、常連出演者等がアレコレ喧伝等していたが・・・。 »

テレ朝等によれば、「韓国ホワイト国外し」を北朝鮮労働新聞が「安倍策動等と非難」しているとの事だが・・・。

『「北朝鮮の問題では無い筈の日本の韓国に対するホワイト国外し」を「北朝鮮労働新聞等が、安倍政権非難等にしている辺り」から

「韓国ホワイト国外しの影響が北朝鮮にもある様相」や

「参院選にあたり、安倍政権非難情報等を日本に蔓延させたい、北朝鮮労働党のオトモダチ人脈等の策動等の様相」の

「臭い」が「濃厚に漂って来る」。

「韓国は、米国ポンぺオ国務長官等に{泣き付き}」、¥3らw「米国ポンぺオ国務長官は、{泣きついて来た韓国文大統領の使い走り}を哀れに思い、理解を示した」が、

「もちろん、どんなに韓国が米国に泣きついても、

米国が日本との大戦中に植民地支配詐欺で騙されたのと同様に、

また騙される事は在り得ない」。

「韓国がいくら米国等に泣きついても、上辺では{よしよしわかったから・・・}等と理解を示されても、

内実では、韓国には、もっと、毅然とした北朝鮮金政権対応等がより強く求められる様に成るダケ」で

「従北大統領の思惑」は「最初から破綻する事が決まっているお手盛り妄想の域を出ない状態」に「成る」。

「実を求める米国トランプ政権」と

「虚の中に世界を引き摺り込む事により、不当利権を得続けようとしている韓国文政権や北朝鮮金政権等」の

「絶大なる差」は

「そのまま、それぞれの国々の状態(経済も含む)等にも直結している」。

「虚政権の下では、実社会・実経済等々が良く成る訳も無い」のだから、

「まともな国民なら、虚政権は一刻も早く終わらせ、実政権化しようとする筈」だが

「戦後の朝鮮半島内等」は

「元々の国の始め方自体が虚状態」なので

「ナカナカ実政権化も出来ず」に

「数々の問題行動等を引き起こし続けながら、世界に大迷惑をかけ続けて来ている」のが

「実態」だ。

「自浄が困難なら、他国等に助けを{お願いする}のが常道」だが

「虚であるが故に、実政権化出来ている国々より、常に、自国を上に置きたがって来ている韓国・北朝鮮の場合」は

「{お願いする}のでは無く、{助けないとお前らが酷い目に合い続けるゾ~!}と、

他国が相手にせざるを得ない問題行動等を次々と起こし続け、

自ら引き起こした問題を解決する為に援助せよ!金をよこせ!!等々と、

駄々をこね続けて来ている」。

「最初の頃の駄々に付き合ってやれば、何れは、情動に在る国へと変化してくれる」等の

「日本をはじめとする、駄々相手国の望みも虚しく」、

「北朝鮮と韓国による、問題行動~駄々の連鎖は止まらず」、

「北朝鮮に至っては、世界中からのダメ出しが出され、制裁が科される状態に既に、成っている」。

「韓国は、一応自由・民主主義圏の一国として扱われ、北朝鮮対応上から、かなり優遇状態に置かれていた」が

「従北大統領政権と成ってしまってからは、更なる問題行動等が頻発させられて来ている」ので

「日本が韓国をホワイト国扱いから除外する」のは

「極めて当然の措置」に「成る」。

「ここで、韓国が、従北状態を悔い改めない」なら

「更なる、制裁措置等が必要と成り、其れは、日本だけでは無く、米国等からにも広がる事に成る」。

「韓国ハーウエイ使用問題」等も「既に、在る」から

「北朝鮮金政権等や中国共産党等に韓国が近づけば近づく程、韓国への制裁も強められる必然性がある事に成り、

其の行き着く先」は

「元を絶たなければダメ!!!」で「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成る」。

「中国共産党から見ても、北朝鮮金政権等の側に立つメリットは皆無」で

「解放戦争後に北朝鮮内を中国共産党が管理出来状態と引き換え」に

「解放戦争容認~反撃参加無し&北朝鮮防衛の為に北朝鮮内に中国共産党軍進駐」と「成る」。

「多くの韓国国民等」が

「上記の様な状態を望まない」なら

「即刻にでも、従北政権から常道に在る政権への政権交代を実現させるべき」だろう。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」も

「行うべき事」は

「脱虚」であり

「歴史上でも、自分の実体でも、現実を認め、現実と共に生きる事」だ。

「単独では国の存続さえも困難な状態に陥っていた」から

「当時の韓国の実権者等」は

「先ず、日本に救済を求め、後に、二国を日本よりの一国化する日韓併合国家間契約を正式に締結した」。

「当時、日本から朝鮮半島等に渡った日本人」は

「武器を持ち、朝鮮を侵略~支配する為に渡ったのでは断じてt無く、

二国間の国家間契約に基づいて、金と技術と仕事等々を持って、

朝鮮半島内を日本本土内同様に、近代化整備する為に渡った」のが「現実」だ。

「元々、二国をより進んでいた日本よりに一国化する国家間契約だった」ので

「朝鮮人の人権も日本人と同等扱いだった」のが「現実」だ。

「朝鮮の王族は、日韓併合後の日本の準皇族に成った」し

「朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成った」。

「一般市民」も「日本人と同等の扱いだった」から

「朝鮮半島から日本本土への自主渡来も出来ていた」。

「日本よりに一国化する国家間契約だった」ので

「朝鮮人には、創氏改名で日本人と同様の名前を得る権利も与えられた」。

「日韓併合当初」は「朝鮮半島内」で

「色の無い(白いでは無い)着物を着て、読み書きさえも出来無い朝鮮人一般市民が多数居た」が

「日韓併合後」には

「学校も整備され、インフラも整えられていった」ので

「朝鮮半島内の朝鮮人一般市民の教育・文化・衛生水準も、急速に日本本土並みに成って行った」。

「一般市民レベルでは、元々の教育・文化・衛生水準が当時の日本人と当時の朝鮮人とではかなり違っていた」ので

「学校等も分けられていた」が

「教育水準が日本人同等レベル以上の優秀な朝鮮人は、日本人の学校にも通える様に成っていた」ので

「学校区別も、差別政策では無い」。

「紙の製造も工業化されていなかった当時の朝鮮半島内」では

「オンドル部屋に敷く紙も高く、多くの朝鮮人一般市民の家では、ボロボロの紙を強いていた」が

「日本人が朝鮮半島内でも紙の製造も工業化した」ので

「綺麗な紙を敷ける朝鮮人の家々も増えた」。

「日韓併合時の朝鮮半島内では、元々の教育・文化・衛生水準の違いが、当初は。激しかったが、

時と共に、その差も縮まり、日本人一般市民と朝鮮人一般市民の仲も、相応に良好だった」。

「日韓併合後の方が良い」等を「公言していた朝鮮人も数多かった」。

「インフラ整備が不十分だったが故に、物流は基本的に日本本土経由にされていた当時の朝鮮半島内では、

日本人も朝鮮人も同様に、本土より不利な生活を強いられていた」。

「より近代化整備が進み、物流も朝鮮半島内より良い、日本本土に、

当時の多くの朝鮮人が、仕事やより良い生活やより良い報酬や、別天地等々を求めて、

自主渡来していた時」にも

「朝鮮半島内では、私財までつぎ込んで朝鮮半島内の近代化整備等を頑張っていた日本人も数多かった」。

「戦争の足音が近づいて来る」と

「上記の様な、二国をより進んでいた日本寄りの一国化する国家間契約に基づいた良好な関係」が

「一気に怪しさを増して行った」。

「日本が戦争に勝ったら・・・」

「日本が戦争に負けたら・・・」双方に基づいた「考え・思い」等が

「多くの朝鮮人の頭の中でも渦巻く様に成って行った」。

「朝鮮半島内は、大戦の被害から実質的に免れられた事等も重なり」、

「日本の敗戦につけ込んで、日本人を追い出して、朝鮮半島内のモノを全て、朝鮮人のモノにするなら・・・」の

「悪の欲動」を「増大させた朝鮮人も決して少なく無かった」。

「そればかりでは無く、日本本土に自主的に渡っていた多くの朝鮮人の中には、

米国の占領政策等を悪用して、丸腰にされた日本人に対し、乱暴狼藉を働き、資産等々を略奪した者たちまでもが、

全国各地で顕在化した」。

「米国内等での植民地支配詐欺」と「大戦後の悪の欲動の悪コラボ」で

「戦後の朝鮮半島内」も「日本国内の一部」も「始められてしまって来ている」。

「悪の欲動のコラボ」では「無く」、

「常道に則った、日韓併合国家間契約の解消から、戦後をスタートしていた」なら

「その後の朝鮮の問題は、朝鮮人同士の支配権争い等々レベル」で

「収まっていた筈」だが

「元が、悪の欲動のコラボ」なので

「戦後韓国・北朝鮮等の問題行動~駄々こね等々」は

「大戦後70年以上も経っている現在でも、未だ、旺盛に成ってしまっている」。

「元から直さない限り、収まる訳も無い事の先に在る」のは

「元を直す正道」か

「全てを消し去る壊滅」かで

「後者の為に核・ミサイル・他国内での工作活動等まで保持~拡大し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「従北政権化された現状の韓国も其れに追従している」から

「早急な韓国の是正無き場合、朝鮮壊滅の時が、どんどん近づいて来る事に成る」。

「日本は、その余波のチリを受けてしまう事に成ってしまう」が

「日本と近い、大問題が無く成る事による、その後のメリットは絶大」で

「其れこそ、アッと言う間に、

チリに埋もれた状態から脱し、

国際社会の中でも、必要な大務を担う事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 本日はほとんど「亡くなったジャニー氏」等の情報でテレビ等は埋め尽くされるのだろうが、工作電磁波等による粛清工作がより旺盛に成っているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「テレビとアイドル、政治」等について、常連出演者等がアレコレ喧伝等していたが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事