« テレ朝朝番では「男系天皇制だったからこそ現在まで存続出来て来ている天皇制の歴史現実」等抜きのインチキ女系天皇容認論等を常連出演者等が一方的に大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「韓国ご用達論やご都合差別論」等をばら撒き、多くの番組では「ゲイノウ人{謝罪会見売り}に大時間を割く」等の公共の電波の酷い使用状態が続いているが・・・。 »

京都アニメ制作会社大量殺傷事件を受けて「精神構造・精神文化の健常化を言わず、ガソリン規制を言う超おバカ等がテレビ出演」では・・・。

『「またまた大量殺傷事件が起きてしまった」のも「所謂、文系の仕事をしている者たち等」が「精神構造・精神文化の健常成長の役に立つ仕事」を

「怠り続けて来ているから」でもある。

「未だに、精神構造・精神文化の健常化を言わず、

凶器として悪用されたのがガソリンだったから・・・と、ガソリン規制に言及していた超おバカ等が

テレビ出演等々では、本当に、酷く劣悪に成る」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った上に現れる善・悪区別に基づいた悪差別情報」等を

「配信出来て来ていない者たち等からは、反日他国等の手下、情報工作員等の濃厚な臭いが漂って来ている」が

「そんな者たち等ばかり・・・が、テレビ常連出演等状態」では

「今時の人間社会に必要に成っている所謂、文系側の本来の仕事が行える訳も無い」。

「余りにも酷い、所謂、文系側の、情報・教育の先で生まれ続けて来ている」のが

「同様の新たな事件・事故等々」で

「言うまでも無く、大量殺傷事件もその中の一つ」だ。

「凶器として悪用されるモノ」や

「ターゲットとして狙われた場所や人々」が

「物質文明製品の進歩・進化や社会状態の変化等によりそれぞれ違っている」が

「大量殺傷事件等の基本的な精神構造」は

「現状脱出欲動の暴発」に「他ならない」。

「逆から言う」なら

「現状脱出欲動の暴発を抑える事を習得する為に有益な情報・教育等が十分に在る」と「共」に

「現状脱出欲動の暴発を誘い易い劣悪な環境状態等が徹底的に是正される」なら

「ほとんど全ての大量殺傷事件等は防げる事に成る」。

「逆に、現状脱出欲動の暴発を誘発し易い情報・教育・環境状態等を維持、もしくは、拡大し続けるなら、

大量殺傷事件等も起こり続ける事に成る」。

「何度も、何度も、大量殺傷事件等も、起こされてしまって来ている」のに

「未だに、テレビドラマ等では、殺傷・いじめドラマばかり・・・で、

殺欲動を殺すドラマ等は皆無状態」だ。

「学校教育でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、上辺に拘らせたうえでの比べっこが主で、

本質・快適等探究情報・教育等は本当に少な過ぎる状態」だ。

「しかも、命がけの武力による比べっこ支配権/被支配権争い状態だった先の大戦終戦時までの後の

人間世界の主流最先端精神文化は、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いのまま・・・に

成ってしまったままで、来ている」。

「直接人間同士が殺傷し合う武力による比べっこ」とは「違い」、

「経済による比べっこでは、間接的に多数の人間たちが圧殺されると共に、地球環境は直接的に破壊され易い状態下に置かれ続ける」。

「経済比べっこによる間接的圧殺を免れようと、多くの人間たちは自らの下への大量集金等を行い続けようとしたがる」ので

「そのロジックに好都合な人間社会・経済システム等が社会的合意を得てしまって来ている」が

「其の人間社会・経済システム等が時と共に二極化格差状態をつくり出し、格差をどんどん増大させるシステムである事」は

「実態を検証するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、解る事に他ならない」。

「本質・快適を探究するなら、在って当然の、この実態検証さえも、ロクに無いまま、

多くの人々の自らの下への大量集金という経済的圧殺から免れる為の現実逃避的発想、もしくは、妄想等に基づいた

現状までの{比べっこ}人間・経済社会システム等の維持に役立つ、

大金持ち賛美や、

学歴・ルックス・スタイル等々、{上辺の、何でも差別}上での比べっこ推奨・賛美や、

本質・快適探究情報・教育等の圧殺・黙殺等々」が

「行われ続けて来てしまっている」。

「その結果の一つ」が

「人間社会・経済システム的圧殺状態から命がけで自分を解放する」と「共」に、

「酷い圧殺を強い続けて来ていた現状人間社会・経済システム等や

その上に在る、現状脱出欲動を暴発させる者にとっては{恵まれている}と思えてしまっている人々の巻き込み」等々による

「破壊による訴え」を

「伴っている大量殺傷事件等」に「他ならない」。

「多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)を

乳幼レベルの比べっこによる支配権(乳房・母乳等)被支配権(親や大人等による愛)争いから、

成人レベルの本質・快適探究へと

健常成長させる為に有益になる情報・教育等抜き」では

「同様の新たな事件・事故等が、物質文明製品や社会状態等々の変化に基づき、使われてしまう凶器やターゲット等を変えながら、

起こされ続けてしまう事に成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の現象」に「他ならない」。

「超おバカや反日国等の手下、情報工作員等」に

「公共の電波上や公共的マスコミ上や、学校教育上等々で、優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶり、語らせ続けていたところで、

この重大な、今時の人類に必要に成っている精神構造・精神文化を健常成長させる問題等が解決出来る訳も無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った善・悪区別に基づいた善・悪差別を行う」なら

「例えば、日本国内で、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を使ったスパイ・工作活動等を行い続けて来ている

集団やその協力者等も、

正しく、悪として差別される事に成る」。

「其の様な情報・教育等を意識的、かつ積極的に大量配信・大々的に行う」なら

「スパイ・工作員やその協力者等」なら

「行っている事が悪事となり、悪事の実行は自己否定に直結する」ので

「非人道的な集団により、一般市民個人までターゲットにしている、スパイ・工作活動等」も

「スパイ・工作員やその協力者等自らの中から、行い辛く成る」。

「他者支配・他者による被支配という代償欲求の世界」から

「自己健常支配による支配欲の本来欲求充足の世界」への

「健常転身が促される事による悪撲滅の実効」は

「その為に有益になる情報・教育等がより多く・より深く行われれば行われる程、より高く成って行く」。

「現状では、自分の下に、金も権力も名誉も集められれば自分の人生は成功!等と大勘違い・大思い違い{出来てしまっている}人間たちも、

未だ、決して少なく無い」が

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取る」なら

「人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の

根本的目的である存続~永続への貢献が出来ていてこそ{成功}に成り」、

「地球生命体細胞群の中のタッタ数十兆

(細胞数の数え方は、今、この瞬間にも、細胞レベルで、誕生・死を繰り返しながら存続しているのが

生きている人間誰もの実態なので、数自体も常に変化している状態であり、

生きている細胞だけをカウントするのと、死んだ細胞もカウントするのとでは、かなり変わって来る)

かの細胞群である狭義の自分だけの過剰偏重状態に自分を不健常制御し続けて来ている」なら

「不健常制御の分だけ、

{自己責任}の{失敗}に成る」。

「多くの人間たちの{自己責任}の{失敗}を

誘い続けて来ている」のが

「酷く、劣悪な情報・教育等であり、

多くの人間たちの精神構造の健常成長を大きく阻害するとんでもない人権侵害を行い続けて来ている」のが

「比べっこ強いの人間社会・経済システム等の実態」だ。

「其れらの酷く、劣悪なモノを是正して、自虐度の低い状態にする事」でのみ

「~宇宙に本格進出する事が出来るレベルにまで、物質文明技術・製品等を進歩・進化させる事が出来て来ている人類」の

「存続~永続が可能に成る」。

「自虐度が高いまま、高度に発達した物質文明技術・製品等を保持する」なら

「高度に発達した部室文明技術・製品等が人類自信に自虐使用されてしまう事」や

「精神構造の健常成長さえも満足に出来ていない生命体群が宇宙に本格進出してしまう事による膨大なる自虐」を

「解消する為の地球ごと抹消処置」等が

「具現化してしまう事に成る」。

「何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、起こされ続けて来てしまっている、大量殺傷事件等からの{警告}を

他人事にしている、自らの実体にさえ未だ気づいていない超劣悪な者たち等」が

「どんなに現状人間社会・経済システム上のお墨付きを得る事が出来たとしても、

人類同士で、他の人類を無理やり巻き込んで行っている{自慰}自体に、本質的な意味・意義等が生まれる訳も無い」。

「経済比べっこ等による圧殺」は

「地球環境にも、

人間以外の全ての生物にも、

人間界で{経済・権力等お手盛り防波堤}で狭義の自分や自分のお仲間等ダケは守っているつもりの人間たち自身にも、

日々、刻々と、その圧殺度を高め続けて来ている」。

「ココまで来ているのに、未だ、その事の重大性に思いが至らない」なら

「本当に、超おバカ」に「成る」し

「重大性に思いが至っているのに、その上での利権収集等に邁進している」なら

「本当に、極悪」に「成る」。

「超おバカ者や極悪者等を人間社会で重用する」なら

「人間社会自体が超おバカ・極悪状態に成ってしまう」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「超おバカ者や極悪者等の重用は、即刻にでも止めるべき事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「男系天皇制だったからこそ現在まで存続出来て来ている天皇制の歴史現実」等抜きのインチキ女系天皇容認論等を常連出演者等が一方的に大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「韓国ご用達論やご都合差別論」等をばら撒き、多くの番組では「ゲイノウ人{謝罪会見売り}に大時間を割く」等の公共の電波の酷い使用状態が続いているが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事