« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

反日強行暴走状態の韓国大統領も法相候補も釜山出身だそうだが・・・。

『「今でこそ、韓国第二の大都市」でも「日本による保護~日韓併合当初の釜山」は「何も無い様な所」で

「着色されていない汚れた着物を着た朝鮮人庶民がウロウロしていた状態」だった。

「当時、朝鮮半島に渡った日本人たち」は

「朝鮮人が住んでいなかった所に家を建て、

実質的、開拓者として釜山の近代化整備を行った」。

「日韓併合二国間国家間契約に基づいた二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化政策上」で

「朝鮮王朝が君臨していた地から遠い田舎状態だった釜山の近代化整備も行われた」。

「海運上で日本と近い釜山を近代化整備する事」は

「朝鮮半島内の近代化整備を行う上でも合理的だった」ので

「釜山の近代化整備は相応に優先的に行われた」。

「武器を持って朝鮮人を隷属させ奴隷の如く使う植民地支配のやり方とは全く違う、

二国間の国家間契約に基づいて金と技術と仕事とノウハウ等を持った日本人が

朝鮮半島内を日本本土並みに急速に近代化整備する同化政策上の実業が行われた」。

「朝鮮人庶民の衛生・生活・経済・教育・文化水準も日本人と同等が目指された」ので

「色の無い汚れた着物を着ていた人々も、次第に、着色された綺麗な着物を着る事が出来る様に成って行った」。

「近代化整備の結果、朝鮮人人口も大いに増えた」が

「釜山での日本主導の近代化整備と

近代化整備による衛生・生活・経済・教育・文化水準の飛躍的向上がもたらした朝鮮人人口の大幅な増加」が

「今の韓国第二の大都市のベースに他ならない」。

「日韓併合当時」は

「同化政策の下で、極一部を除いて、朝鮮半島内の日本人と朝鮮人の仲は相応に良好だった」。

「其れは、先の大戦の終戦時まで続いていた」が

「米国内で植民市支配詐欺を行っていたり、旧ソ連に担ぎ出されたりして、

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に朝鮮半島内の支配権を略奪した朝鮮人悪権力者たちによって

事態が急変させられた」。

「朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人が終戦後強制的に日本本土に帰還させられた事により、

それまで日本人が持っていた立場・資産と財産の一部等々を朝鮮人が取得出来る状態が出来てしまった」。

「それまで日本人が社長だった企業も其の企業の工場や店舗等々も、悪権力者のお墨付き次第で朝鮮人が取得出来てしまった」ので

「其の様な手段で立場や資産や財産等々を得た朝鮮人にとっての最重要事は悪権力者に忠実である事」に

「成ってしまった」。

「日本本土に強制帰還させられる時に、日本人の中には、朝鮮人に家等の資産を売った人々も居る」が

「もちろん、そんな状態でまともな金額による取引が行われる訳も無く、

其れは、仲の良かった朝鮮人に安価で家や立場等を譲り渡した実績を残す事で

其の仲の良かった朝鮮人に相応のメリットを与えた事でもあり、

将来的に、戻って仕事を再開出来る様に成ったなら、

同様に安価で立場・家等を復帰させる事が出来る様にする為のある種の担保でもあった」。

「悪者では無い、良心のある常人同士の非常時の取引きの実態が其処に在った」が

「戦後の韓国内の支配権を得た悪権力者等は、自己正当化の為に徹底した反日情報・教育を行い続けて来ている」ので

「其のマインドコントロール下に置かれ続けて来ている多くの朝鮮人たち」は

「ある意味、必然的に、良心のある常人の状態から悪者状態にさせられてしまって来ている」。

「悪者は、常人との約束を平気で破る、ばかりでは無く、

常人の良心につけ込んで更なる不当要求まで平然と行い、

常に、悪者を上にさせる様に、平然と強い続ける」。

「悪者の原点」は「植民地支配詐欺による日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒に成る」ので

「其の正当化の為に!と、日本は永遠に詫び続けろ!等の常道を逸脱した事まで平然と公言出来てしまっている」。

「実態を実態通りに直視する」なら

「植民地支配詐欺で米国を騙せた上に生じた日本の敗戦につけ込んだ戦後火事場強奪を行った者たち等」こそが

「謝罪の必要性がある」が

「悪者はそんな自分たちこそが正義である事を大前提にしたがり、世界中の全ての人々にも其の大前提を強いて来ている」。

「しかし、実体は悪者に他ならない」ので

「其の無理強いは往々にして破綻する」が

「無理強いが破綻した時に、更なる問題を起こす事で自己正当化を図り続けさせようとする」のが

「朝鮮人悪権力者等の実態」だ。

「反日で日本を悪者にしている間は、日本を悪者にしている朝鮮人悪権力者等は正義ぶる事が出来る」という

「如何にも悪者らしい、騙しや詐欺等のやり方の行き着く先」は

「実体や事実・現実の露呈による悪者たち等が現実の地平面に叩き付けられて崩壊する状態」に「他ならない」が

「散々の悪事を積み重ねて来ている、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在」は

「散々の悪事を積み重ねて来ているが故に、自省も自浄も自主的是正も出来辛い状態に陥っている」。

「そんな状態に陥っている悪者を世界が正義として認めてしまうなら、世界は悪者の支配下に置かれているのと同じ事と成り、

世界も崩壊する事に成ってしまう」ので

「世界から、悪者が重要な立場・権力・核兵器等大量破壊兵器等を保持している状態を駆逐する事」は

「人類の責務にも成っている」。

「自浄・自主是正無き悪者たち等」には「必然的に、他力的排除が行われる事に成る」。

「核放棄するなら、後が短い北朝鮮金政権等」も

「反日を止めるなら自らが悪者である事がはっきりとしてしまう韓国悪権力者等」も

「崩壊圧力から逃れる事は出来得ない」ので

「必然的に、悪者同士でどちらがより悪いのか?の比べっこをする事に成る」。

「其の比べっこに勝てば、少しの間は、勝った方が正義ぶり易く成る」ので

「韓国悪権力者等がいくら北朝鮮金政権等にすり寄っても、北朝鮮金政権等が韓国悪権力者等を認める事は無い」。

「行き詰った韓国悪権力者等が中国共産党習政権等に救いを求めても、中国共産党自体も悪者に他ならない」ので

「中国共産党の自己正当化の為に成らない事には乗って来ない事に成る」。

「世界中からの強烈なダメ出しの前」に

「韓国国内からの強烈なダメ出しが具現化する事に成る様相が濃く成って来ている」ので

「韓国悪権力者等は韓国国内を押さえ込む事に必死な様相」だが

「多くの良心のある朝鮮人たち等は、当然、自滅を選択する訳も無い」ので

「韓国の政権交代の時がどんどん近づいて来ている」。

「終戦時に釜山に在った日本人墓地」は「今や、朝鮮人の家等でいっぱいだそうだ」が

「其処に在った遺骨が返還されたという話は聞いた事が無く、

悪者たちが海に捨てた等の話が伝わって来ている」。

「植民地支配詐欺~敗戦火事場強奪」にしても、

「戦後日本国内での非人道的なスパイ・工作活動等」にしても、

「悪者たち等の行う事」は「本当に、酷く、人間としての良心の存在さえも疑わしい実態が露呈している」。

「今時の人間世界で、不当な差別はダメ!だが、

人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った上での善悪差別に基づいた悪の排除は行わないとダメ!」だ。

「実体や事実・現実に叛き続けているばかりか、他の全ての人々にも、そんな悪者たち等と同様の状態を強い続けて来ている

悪者たち等の排除」は

「今時の全人類の重大責務に他ならない」。

「どんなに日本を悪者にしようとし続けて来ていても、

単独では国の存続さえ危うくなっていた~日本による保護~日韓併合時の韓国の実態や

日韓併合二国間国家間契約に基づいて行われた二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策等々の、

歴史上の実体や事実・現実も変わらないし、

植民地支配詐欺~日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪や

戦後日本国内で行い続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等が

正当化出来る訳も無い」。

「行き詰まりを実感している」なら

「自省し、自浄し、自主的に日本に謝罪・補償等すべき立場に在る」のが

「朝鮮人悪権力者等の実態」に「他ならない」。

「人間としての良心が残っている」なら「出来ない事では無い筈」だが』。

|

テレ朝朝番では「ご近所トラブル{微罪}迷惑者に対する取材カメラパワハラ圧力で公務執行妨害を行わせた様相」や「日韓間問題ご用達論」や「建国・寿命と収入の関係お手盛り論」等を公共の電波を使って大拡散していたが・・・。

『「恥じらいも無く、酷い{取材カメラパワハラ}を公共の電波上で大拡散出来てしまっているところからも、どの様な精神構造の者たちが、

該当番組等を製作~配信しているのか?等が良く判る」。

「ご近所トラブル{微罪}迷惑者」に「対しての警察対応」等を「取材する」なら

「其の迷惑者に対して、不要なストレスを与える事を控える」のが

「正道に成る」が

「取材目的も{微罪}迷惑者の了解も取らずに、報道の自由があるから!等と、一方的に取材カメラを向け、圧力をかけ、

{微罪}迷惑者と警察との間で衝突を起こさせていた実態」は

「明らかに悪質」だ。

「取材側が取材対象者に何処のどの様な立場の者でどの様な目的から取材映像を撮っているのか?等了解を得る、穏当な対応をしていた」なら

「生み出される事が無かった」と「強く推定出来る」

「公務執行妨害等の罪」が「其処に露呈していた」。

「こんな、実質的、罪製造やパワハラ圧力実態」を「公共の電波を使って公然化する目的は何か?」

「日本では、何をやっても罪に成らない者たちが居る」とは

「一部在日朝鮮人等がかつて、自慢げに喧伝していた事だった」が

「其の辺りと同様の精神文化の強烈な臭いが漂って来る」。

「是正が急務である事」等は「もはや言うまでも無い事に成る」。

「該当ご近所トラブルの実態も情報配信されていた」が

「突然其の地域に{戻る}事に成ってしまった者」が

「いきなり其の地域に馴染めない事は、良くある事」なのに

「其の地域の者たち等は、直に馴染めない者に対して、直に馴染む事を強く求めていた様相でもあった」。

「先ずは、孤独を貫き、周囲を観察していた様相でもあった該当{微罪}迷惑者の様な者たちに対する

精神心理学上の常道は、其のままの該当当人を当面は許容する事」で

「濃密なコミュニケーション等は、周囲から許容されている{メッセージ}が十分に伝わった後に求める」のが「常道」だ。

「旧来からの村社会精神文化をいきなり周囲が{強要}する」なら

「問題はより深刻化してしまう場合が多い」。

「同様の新たな事態や其れに起因する事件・事故等を防ぐ為の情報配信」なら

「上記の様な内容も伝えていて当然に成る」。

「精神心理学的には、問題行動や{微罪}は其れらを起こす者たちの自己懲罰でもあると共に周囲に対するSOSメッセーでもある」が

「テレビ常連出演等の{問題行動}を平然と行い続ける事が出来てしまっている者たち等からすれば、

{微罪}迷惑者等を優等生ぶり正義ぶり公共の電波上で裁く事」等を

「免罪符にする事」で

「自己正当化を図り続ける事」の「方」が「圧倒的に優先」で

「者・物・事の本質や問題の実体解明や実効のある解決法」等々は

「二の次、三の次」なのだろう。

「そんな常連出演者等の姿や、番組論調内実」が「公然化され続けていたところ」で

「実人間社会に実効のある良い影響が出る訳も無い」。

「人間世界の主流最先端精神文化」が

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」であり「其れを具現化した侵略・戦争等」だった「時代」と「同様」に

「先の大戦後の人間世界の主流最先端精神文化と成っている、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」の

「上」での「利権探究に明け暮れている者たち等」の

「実態」は

「どちらも、酷く、醜悪で、哀れで、自虐的で、虚しい」が

「代償欲求の追及に明け暮れていて、自らの実体も其の実体の根本的目的も本来欲求も理解・把握不十分な者たち等」は

「そんな者たち自身の実態・実体を鏡で見る事さえも、まるで多くの獣たちが鏡を理解出来ずに怖がったり、嫌がったりするのと同様」に

「其の存在さえも否定しようとしたり、鏡自体を壊そうとしたり、している」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「例え、鏡が在ろうが無かろうが、其の者たち等の実態・実体は其のまま、ありのままに在る」。

「自らのありのままの実態・実体を否定し、其の否定を他の人間たちにも無理強いする」のは

「文明人のやる事では無く、野蛮人のやる事に成る」。

「高学歴の野蛮人」からも「高学歴の実体」は「良く判る」。

「戦時中の軍の士官学校出と同様」の

「経済戦争中の経済戦争士官学校出」等が「其処に居る」が

「軍の士官学校出」の「ほとんど全て」が「戦争を止める精神構造・精神文化を創造したり喧伝したり等々出来無かった様に」、

「経済学校士官学校出」の「ほとんど全て」は「経済戦争を止める精神構造・精神文化を創造したり喧伝したり等々せず」に

「経済戦争の中で優位な立場に居る士官学校出自らの利権の維持~拡大に忙しい」。

「もちろん、現状の様な人間世界が長続き出来る訳も無い事」は

「昨今の地球環境問題からも、人間世界問題からも、良く判る」。

「何時まで経っても、ロクな実効のある解決法等を提案さえも出来無い者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「真に人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続を目指している」なら、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日韓間問題」で「韓国と仲良くしないと日本が損するゾ~!論を喧伝する」のは

「朝鮮側の手下・手先等と相場は決まっている」。

「実態としては、早く、日本が仲良くしてくれなければ、韓国経済はもたない!」に「成る」が

「日本を悪者にし続けない」なら

「戦後の韓国・北朝鮮・在日朝鮮人等で戦後日本国内で乱暴狼藉強奪等を行えた者たち等」は

「火事場泥棒である実体」が「露呈させられる事に成る」ので

「韓国・北朝鮮側から新たな問題を起こしていても、

先ず、日本が悪い事した上で、

相互理解の下で・・・と、更なる悪徳利権の取得を目指す」のが

「戦後韓国・北朝鮮等悪権力者等のやり口」だ。

「本質的罪人に必要な事は、先ず、自らの罪を認め、詫び、補償し、罪を償う事に他ならない」が

「其の代わりに、日本を永遠に悪者にし続ける事で、本質的罪人のまま利権を保持~維持~拡大等させようとし続けて来ている」のが

「戦後韓国・北朝鮮悪権力者等の実態」だ。

「もちろん、時代が進めば進む程、日本と朝鮮との間の問題の真相解明もより発達して来ている」ので

「日本を悪者にする事での韓国・北朝鮮悪権力者等の利権維持~増大は、より破綻し易く成り、

韓国・北朝鮮悪権力者等が是正しないなら、何れの破綻は決定している」。

「其の破綻は、例え核武装しようが、中国共産党支配下の属国化しようが、変わりは無い」。

「身から出している錆でボロボロに成り、崩壊して行く」のが

「現状までのままの精神文化を抱きしめ続ける韓国・北朝鮮の近未来」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「現状の日韓間で言うべき事」は

「韓国は、内政と外交は別に扱い、国と国との約束を守り、日韓基本条約通りに事を進めるべき論」等に「成る」。

「~日本による保護~日韓併合二国間国家間契約による二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策

~大戦直後の米軍の占領政策に入り込んだ朝鮮人等による強奪等の

史実をありのままに原寸大で大々的に情報配信する事」も

「大いに行うべき事に成る」。

「とにかく仲良く、仲良くしないと日本も損する!論や韓国は日本抜きでやって行く、行けるゾ~!論等々の、

問題実態や史実を抜きにした、

韓国・北朝鮮等側の都合や希望等に沿った論等ばかり・・・を主に、情報配信等し続けている事」は

「明らかに変」に「成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「健康・寿命と経済力の関係」で

「未だに、学歴担保による経済力」等を

「喧伝等していた」のも

「明らかに、遅れている」。

「本来なら、個々の人間たちの精神構造や、人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化の役にたつ情報配信等」を

「行う事」等により、

「戦時中の軍の士官学校と同様の経済戦争中の経済士官学校卒の様な高学歴等に過剰な価値を与え過ぎる事の実害」等を

「告発」し

「学歴による差別社会では無い、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化による適材適所快適人間社会の構築を

実現させる事に力を加えている」のが

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等が求められている情報配信内実」に「成る」。

「学歴担保フリーズ化」で「常連出演者等自らの利権維持~拡大等を図り続けようとしている」のでは

「公共の電波を個人利権の維持~増大為に悪用している事に成る」。

「上記の様な内容を言えない」なら「今時必要能力の不足は明らか」だし

「常連出演者等自らの利権維持~増大等の為に知っていて言わない」なら「より悪質」に「成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

公共の電波を使った「従朝鮮・利朝鮮情報、視聴者こう思え!煽り」等大拡散状態だが・・・。

『「ネット拡散問題」等を「優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等している多くの常連出演者等が実際に行っている事」は

「タイトルの事態」に「他ならない」。

「もちろん、あらぬ情報の拡散による被害者は救済されるべき」だし

「あらぬ情報なのに、悪戯に拡散した者たち等」は「相応に批判・非難等されて当然に成る」が

「現状までの多くのテレビ常連出演者等が大拡散し続けて来ている従朝鮮・利朝鮮情報、視聴者こう思え!煽り」等についても、

「話しは、同様に成る」。

「従朝鮮・利朝鮮、視聴者こう思え!煽り」の

「被害者」は「多くの一般日本国民」で

「朝鮮(韓国・北朝鮮・在日朝鮮人等)に対する自虐強い」により

「自虐を具現化させられてしまった日本国民や企業・組織等の動きによる悪の結果」が

「現状までの北朝鮮金政権問題や韓国悪政権問題はもちろん、いじめ・自殺・虐待等々の問題にも直結して来ている事」等は

「冷静に、少し、考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「成る」。

「従朝鮮・利朝鮮情報のあらぬ部分」は

「例えば、

二国間の国家間契約である日韓併合を日本による侵略~植民地支配としている論」や

「かつて戦後日本の情報・教育内では主流だった、日本に居る朝鮮人は日本に強制連行された可哀そうな人々とした旨の論」や

「北朝鮮による拉致より日本の朝鮮人強制連行の方が酷いから拉致は不問に!の旨の論」等々で

「其れらのあらぬ部分を巧妙に{混ぜ(=朝鮮人が得意な精神文化)}ながら、

他の実体・事実・現実関係の一部を

偏重使用等しながら、

多くの視聴者等の頭や心の中で、

従朝鮮・利朝鮮こそが正当であるかの如く勘違い・思い違い・感じ違い等する状態を誘わせる、

詐欺師的手法の実質的、マインドコントロールの実態」は

「本当に、酷く、厳罰や実効のある再発防止策等々が直ちに必要に成るレベルの極悪事に他ならない」。

「其れなのに、

政界の選挙の様な民意反映システムも無い戦後日本のテレビ・ラジオ・公共レベルのマスコミ界・学校教育界等々」では

「現実離れした情報配信・教育等を行い続けて来ていた者たち等の人脈の者たちが

十分に罰せられる事も無く、

同じ人脈の者たちが相変わらず与党状態」で

「日本社会や世界で起きている事件・事故等の中から、

そんな者たち等にとって都合の良いモノを偏重使用し、

上記の詐欺師的、実質、マインドコントロール等を未だに行い続けている」のだから

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日も、

日頃は、真相解明は何処へやら、事件・事故等の被害者や被害者感情等にスポットライトを当てる事により、

悪戯な加害者に対する厳罰や、厳罰化法整備等を行わせる世論喚起等に熱心な常連出演者等が

韓国で暴行を受けた日本人女性の問題では、暴力をふるった韓国人大擁護状態だったりしていた」のだから、

「其の{二枚舌}の実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「正に{詐欺師の正体其処に在り}状態」だが

「{詐欺師}による実質的、マインドコントロール下に在る視聴者等にとっては、{詐欺師}こそが{教組さま}状態」で

「{教組さま}による被支配下に居る事が、テレビ常連出演者等の論との整合性の高い安心・安全な状態」等の

「自己健常支配の代償欲求追及状態に他ならない、

視聴者(他者)支配と常連出演者等(他者)による被支配の

共依存状態下に追いやられている状態が露呈している」のだから、

「そんな共依存状態が蔓延る人間社会が健常に成れる訳も無く、

同様の新たな事件・事故等は繰り返され続け、

物質文明製品の急速な進歩・進化により、事件・事故等の被害実態もより酷く成り易く成ってしまって来ている」。

「精神文化側の仕事をテレビ・ラジオ・公共レベルのマスコミ・学校教育等、優位な立場で行えている」のに

「其の実体」が「朝鮮人悪権力者等の手下・手先、情報・教育工作員や其の協力者等」では

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在としては{立派}に成る」が

「人間世界の中で、優位な立場・報酬・権力等を与える者等としては、明らかに不適合に成る」。

「そんな者たち等の是正や健常な者との入れ替えが急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「基本的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等のニュース報道」では

「事件・事故等々の実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」を

「行うべき」だ。

「其の解釈は、個々の視聴者・読者等に任せる」のが「健常な道」に「成る」。

「視聴者・読者等の情報理解・把握や解釈能力等の向上に役立つ情報配信や教育等」は

「ニュース情報等とは別に、配信等する」のが「健常なやり方」に「成る」。

「現状の様に、特定極一部のニュース情報を偏重使用し、

常連出演者等に偏重・偏向論等を語らせる事により、

{視聴者こう思え!煽り}実質的、マインドコントロールを

行い続けている」のは

「明らかに、悪質」で

「其の実質的、マインドコントロールが利しているところを検証する」なら

「従朝鮮・利朝鮮情報・教育実態からも明らかな様に、

朝鮮にとって都合が良い日本の政治・社会状態構築{策略}上の

情報・教育工作等の実態が露呈する事に成る」。

「二国間の国家間契約だった日韓併合を日本による侵略~植民地支配とする{詐欺}の先」で「行われた」

「先の大戦後の米軍による占領政策内の朝鮮人徴用と徴用された朝鮮人の多くによる

日本全国各地で行われた、敗戦火事場強奪」の

「実体や事実・現実」を

「封印させ続けようとしている先」で「生まれ続けて来ている数多くの不合理や問題」を

「解消する為に必要に成る事は何か?」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「{詐欺}やズルや悪」を「認め続ける人間世界」なら

「人間世界自体が、其れ故に崩壊して行く事に成る」が

「{詐欺}やズルや悪を是正し、させて行く」なら

「人間世界の健常度も上がる事に成り、人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続も可能に成って行く」。

「今、全世界で起きてしまっている、地球環境・経済・社会・事件・事故等々の問題の本質」が

「其処に在る」。

「自己健常支配の代償欲求である他者支配・他者による被支配を追及する、させられる、世界」から

「自己健常支配の継続を行う、行える人間集団による世界」への

「健常化抜き」に

「人類の長い未来は在り得無い」。

「移民がダメなのでは無い、不法移民は不健常だからダメ!」だ。

「現状の世界経済が行き詰っているのでは無い、現状の世界経済は不健常だから必然的に弱っているので、健常化すれば良い事に成る」。

「代償欲求過剰追及の不健常な世界から本来欲求充足を基本とする健常な世界へ

多くの人間たちが健常移行する」なら

「地球環境問題の解決も容易に成る」。

「地球生命体細胞群の中で特に脳が発達している人類にとって地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで広げる事を可能にする{仕事}も

忘れてはいけないし、其れも、本来欲求の充足に成る」し

「其れだけ進んだ物質文明を安全に使い続ける為に同等以上に進んだ精神文化も身に付ける必要がある」が

「其れも、本来欲求を充足させる仕事の一つに成る」。

「本来欲求の充足というと、其の上辺から、自然回帰で獣化・動物化等を想起する方々もいるかも知れないが、

そうでは無い」のが「現実」に「成る」。

「経済システム」も「精神文化製品の一つ」だが

「代償欲求過剰追及との整合性が高い経済システム」と

「本来欲求の健常充足を基本にする事と整合性が高い経済システムとでは全く違う経済システムに成る」。

「政治でも、社会でも、同じ事」だ。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的である存続との整合性が高い

人間社会・経済・政治システム等の構築も、

本来欲求充足の為の重要な仕事に成る」。

「先進国首脳会議や国連等の中で、上記の様な基本に沿った、実際に、人類の未来を明るく出来る内容」が

「話し合われていれば良いのだが」・・・』。

『「自由度の高い、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や

ドラマ・映画・アニメ・ゲーム・小説・音楽・絵画等々」でなら、

「上記の様な内容に沿った情報配信や教育を行う事」は

「其れこそ、直にでも出来る筈」だ。

「行わない」のは「自虐」に「成り」、

「行えない」なら「能力不足」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「反トランプ論等々、相変わらずの従朝鮮・利朝鮮論」等を常連出演者等が公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「この先何十年かの間に、所謂、新興国群が先進国群に追いつき追い抜く論」や「米中覇権争い論」等の「インチキ論」の「正体」は

「中・北朝・ロ等に全世界の支配権をもたらそうとしている人心掌握の策略の一つ」に「成る」が

「未だに、其の策略論」を「日本の公共の電波上で喧伝等し続けている常連出演者等の酷く、劣悪な実態」は

「直にでも、是正させられるべき事」に「他ならない」。

「所謂、新興国群が所謂、先進諸国群より上に成ると推定されている」のは

「現状経済システム上の経済規模ダケ」で

「其の実体」は「人口が多いが故の物質文明等先進国化に伴う経済拡大」に「他ならない」。

「其れでも、先の大戦後、現状まで」は、

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」が「人間世界の主流最先端精神文化に成っている」ので

「経済がよい大きいところが支配権を持ち易く成っている様に思い違い・勘違い等もし易い様にも成ってしまっている」が

「もちろん、人間世界の支配権の本質」は

「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)の実態の集大成」に「他ならない」から

「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)を進歩・進化させる人々が増えれば増える程、

上記の現状までの延長線上にしか描け無い経済が大きいが故の支配権・覇権等も雨散霧消して行く事に成る」。

「先進諸国の物質文明技術等を、学んだり、真似たり、盗んだりした上で、

数多い人口を利用して、

自国の経済規模を大幅に増大させ続けて来ている新興国」を

「世界の覇者に相応しい等と素直に考え・思い・感じたり出来る先進国の人々が数多い訳も無い」のは

「極めて当たり前の事」で

「後追いが、先進に勝る事を世界中の人々が納得し易く出来る唯一無二の手段」は

「先進国より進んでいる事を世界中の多くの人間たちが明らかに理解・把握・認識等出来る

物質文明側でも、精神文化側でも、どちらの側のモノでも良い、より進歩・進化した製品等を

全世界で展開する事」だ。

「この当たり前の実務が出来ていない」のに

「現行までの経済システム上での経済規模等のみの要素」で

「先進国を抜く!とか、覇権を得る!等々」の「戯言」を

「公言等出来てしまう」のは「とても、今時の文明人とは言い難いレベル」の

「実質的には、今時基準なら、開発途上の野蛮人レベルの精神構造(自己制御ロジック)の持ち主等に成る」。

「そんな者たち等」に「公共の電波上で常連出演等させていたり、学校教育上で重要な立場等を与えていたり、等々していたところ」で

「ロクな事は何も無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の事等」を「理解・把握出来ている」なら

「昨今の先進諸国から出現している自国第一主義や、

不法・ズル・悪等排除の動きや、

より進んでいる軍備等の積極開発~配備等」の「動き」が

「過渡期現象として、極めて当たり前の事である事」等も

「直に、解る筈」だ。

「健常状態」なら

「学びに対しては、謙虚に成る事」が

「真似に対しては、通り道等として認識する事」が

「ズルに対しては、恥ずべき事で行うべきでは無い事と認識する事」が

「盗み等の悪に対しては、行ってはいけない事であり、行うなら罪と罰が与えられるのが必然に成る事を認識する事」が

「今時の人間の当たり前」に「成る」が

「学びと真似とズルと悪も元に、現行経済システム上で経済規模ダケを大きく出来て来ているところ」を

「コレ以上、不当に蔓延らせ続けなくさせる為」には

「後ろ盾の武力の差を見せつける事」も「相応に実効にある手段に成る」。

「東西冷戦時」には「旧社会・共産圏の開発~製造技術が自由・民主主義圏の開発~製造技術に追いつけない事」が

「旧社会・共産圏の権力者等でも、明らかに認めざるを得なく成った」ので

「東西冷戦は終わり、ソ連は民主化してロシアと成った」。

「その後も、国家統制超大企業状態で優位に自由・資本主義界と接点を持つ、一刻二制度{誤魔化し}等のズルを実用する事」で、

「旧社会・共産圏の体制を維持し続けようとして来ている」のが「中国共産党支配下の中国」だが

「昨今の米中貿易摩擦や、香港の大規模デモからも判る様に、一刻二制度というズルが破綻する時も、そう遠く無い」。

「本来なら、ズルを破綻させ、ズルく無い状態に中国が移行する事を後押しする銃砲配信等をしているべき、

日本のテレビ番組等が、

未だに、

実質的に、中国共産党や北朝鮮金政権等ご用達の手下・手先情報工作機関等が言う様な情報配信を行い続けている事」は

「明らかに、異常」だが

「其の裏に在る」には「人脈問題」等と「強く推定出来る」。

「人脈関係無し」なら「上記の様な、今時なら、当たり前の論等」を

「言う者等」も「容易に、常連出演等させる事も出来る筈」だが

「未だに、旧態依然とした戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界ご用達の者たち等ばかり・・・を主に常連出演等させ続け、

旧態依然とした従朝・利朝等論ばかり・・・を主に視聴者こう思え!煽り等を行い続けている実態を露呈している」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんな状態の中」で「地球温暖化対策を!」等と「優等生ぶり、正義ぶっていても、まるでコントの様」で

「本当に、酷く、劣悪に感じた視聴者等の数も多い筈」だ』。

『「本気で地球温暖化等の問題を解決したい」なら

「地球温暖化をもたらし続けて来ている

先の大戦後の人間世界の主流最先端精神文化である

武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いを是としている

多くの視聴者等の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化をもたらす事に有益になる情報配信をするべき」だ。

「先ずは、自らの精神構造や人間世界の精神文化を理解・把握・自覚等する事」が

「必要に成る」し

「其れと共に、古の時代からの、個々の人類や人間世界の精神構造・精神文化の進歩・進化の歴史を理解・把握」し

「進歩・進化の方向性」を「理解・把握する事」が「極めて重要に成る」。

「具体的に言う」なら

「人類誰もの自分の実体の把握さえも困難だった古の時代」には

「丸ごと一人レベルで捉えたり、考え・思いたがる人の意識に基づいて、

個々の人間たちの死生観・人生観も、人間社会の精神文化も物質文明も、

全ての者・物・事等を構築させて来ていた」が

「具現化された古の時代から先の大戦終了持までの、人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした命がけの支配権/被支配権争い」だった。

「先の大戦の前」には

「他国侵略~植民地支配による自国富国強兵化が在り、

其の前には、

それぞれの国の中での武力による命がけの支配権/被支配権争いが続いていた」。

「当時の多くの個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)も其の主流最先端精神文化に

積極的では無いにしても、是を出していた」から

「武力による命がけの支配権/被支配権争いの時代も具現化出来ていた」。

「近代以降の其の精神文化の時代」に「先進諸国と成った」のが

「より強力な武器(物質文明製品)を開発~製造出来た欧米列強」で

「現状の世界経済の基」も「其の欧米列強の覇権の下で構築された」のが「歴史上の実態」に「成る」。

「当時大国と言われていた清までもが、欧米列強に食い荒らされる状態下に追いやられた後、

極東地域では、唯一、日本のみが、欧米列強による食い荒らし、植民地化等から免れる事が出来た」ので

「白人支配世界が具現化する事も無く成った」。

「極東の島国であった地の利」と

「其の中で、鎖国政策の下、長い平和状態の下で育まれ続けて来ていた時代としては高度な精神文化・物質文明の保有~実用」が

「欧米列強の開国~支配圧力にも相応の対抗を実行する力を発揮させ、

いきなりの支配を諦め、取引する方が利に成る事等を納得した欧米列強と日本との取引の先で、

日本は、明治維新以降の急速な富国強兵化を具現化させる事に成功した」ので

「欧米列強による清の食い荒らしにより、清の属国状態を利用した国の維持も不可能に成っていた当時の韓国」が

「日本に保護を求めた来た」のも「相応に合理的に成る」。

「ロシアも朝鮮半島内の支配を画策していた」が

「日清・日露戦争の勝者はどちらも日本に成った」ので

「朝鮮半島内は、日本による保護~二国を日本よりの一国化する日韓併合国家間契約へと煤で行く事に成った」。

「単独では、国の維持も困難な状態に陥っていた当時の韓国・韓国国民」は

「日本による保護~日韓併合により滅亡を免れる事が出来た」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い時」に

「其の主流最先端精神文化の中に、欧米列強と同じくらいのレベルで入り込めなかった国々の多くは、植民地化されていた」のが

「史実」だが

「欧米列強による植民地支配の実態をよく知らない者たちばかりの日本」は

「韓国を植民地支配せず、二国を日本よりに一国化する同化政策を行っていた」が

「植民地を持つ事が一等国の証と考え・思っていた多くの当時の日本人は、

朝鮮半島を日本の植民地と言いたがり、実際に言っていた場合も多かった」。

「しかし、実態は、

日本人庶民も朝鮮人庶民も仕事も報酬も能力応分で、朝鮮人の日本本土への渡来も基本的に自由、

旧朝鮮王族の者たちは日韓併合後の日本の準皇族と成り、

朝鮮の貴族は日韓併合後の日本の貴族と成り、

朝鮮の財界人は日韓併合後の日本の財界人成り、日本人と同様の名を名乗る創氏改名の権利も得ていて、

創氏改名の権利は、その後、朝鮮人庶民にも与えられる事に成り、

益々、日本人と朝鮮人の差は無く成って来ていた」。

「欧米列強の植民地支配の実態を知る様に成った日本人が増えると共」に

「特に、軍部の中では、欧米列強と同様の侵略~植民地支配を行いたがる雰囲気が大きく膨らみ、

当時の多くのマスコミ等も日清日露戦争勝利の余韻を基に其の流れを加速させ一般市民の思いや感情等も実質的に、誘導した」ので

「旧日本軍は、中国大陸への侵攻を始めてしまった」が

「其の流れを許さなかった」のが「米国」だった。

「日米戦争の機運が高まっている頃、

米国内に渡っていた朝鮮人悪権力者等は、日韓併合二国間国家間契約を日本による侵略~植民地支配とする{詐欺}による

米国権力者懐柔工作等を増大させていた」。

「元々の国力が違う日本と米国の間で始められてしまった戦争」は

「旧日本軍による、欧米列強の植民地にされていたアジアの国々から欧米列強を駆逐する戦争にも展開し、

実質的に、総面戦争状態に向かって行く程の国力も無いのに、総面戦争を行ってしまった日本は

時と共に、圧倒的敗戦状態に追いやられて行く事に成った」。

「国力相応の部分戦争で納めず、総面戦争を行った裏には、軍部の走りと共に、

当時のマスコミの{行け!行け!どんどん!!読者・聴者こう思え!煽り}が在った」。

「其の結果、多くの国民も、総面戦争に是を出してしまっていた」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観が主だった時代」の

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いの裏」では

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上では大いに信じるに値する事にも成り得ていた

国家神道{新興宗教}や

天皇・国家・国民・家族等々の為になら、死んで靖国で会おう!でも納得」も

「大いに有効化していた」のが「史実」だ。

「基本的国力の差により、日本が敗戦する」と

「米国内で朝鮮人悪権力者が行っていた植民地支配{詐欺}の先で生まれた者・物・事等が

具現化させられる状態にも成ってしまった」。

「本来なら、日韓併合国家間契約の解消で始められるべきだった戦後の朝鮮半島内を朝鮮人権力者が支配する権利」は

「日本による侵略~植民地支配{詐欺}に基づいて、突然、米国内で{詐欺}を働いていた悪朝鮮人権力者の下に与えられた」。

「其れと共に、旧ソ連も、朝鮮半島内を支配する権利を、旧ソ連軍の絶大なる支援と共に、旧ソ連と馴染みの深い朝鮮人に与えた」。

「戦後日本の占領政策にも、多くの朝鮮人が入り込み、

丸腰にされた日本人から、駅前の一等地や、大街道沿いの大きな土地等々を強奪した」。

「朝鮮半島内からは、

私財までつぎ込み、朝鮮半島の近代化整備等にも大貢献していた人々も含む、ほぼ全ての日本人が、

仕事・立場等はもちろん、資産・財産等々の一部・もしくは多くを置去りにさせられたまま、日本本土に強制帰還させられた」が

「其れらの内、大きなモノを悪賢く手に入れた者たち等が、其の後、財閥に成っていたりする」のが「実態」だ。

「日本は韓国に対して、明治維新後、砲艦外交を行い、開国を迫った事はあるが、戦争を仕掛けてはいない」し

「日韓併合時にも、日本人同様に、大悪罪人等を死刑等で殺す事を覗いて、基本的に朝鮮人を殺していない」が

「朝鮮戦争時には、膨大な数の朝鮮人が殺し合いの末、殺されている」。

「北朝鮮金政権等が行って来ているた大韓航空機爆破テロや日韓内等の非人道的な工作粛清や北朝鮮国内での粛清殺人の数も膨大」だ。

「其れでも、保身の為にも、従北・利北というのが、今の韓国大統領の実態に成る」。

「先の大戦以降の人間世界の主流最先端精神文化」は「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いに成っている」が

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いがもたらす絶大なる悪影響」が「直接の大量殺人である」のと「同様」に

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いがもたらす絶大なる悪影響」は

「経済圧殺による大量殺傷」と「地球環境破壊」だ。

「地球温暖化も環境破壊故の具現化現象に他ならない」。

「本気で地球温暖化を是正したい」なら

「行け!行け!経済比べっこ!!強い視聴者こう思え!煽り」など「直ちに止めて」、

「比べっこから卒業!本質・快適探究精神構造への健常成長!の役に立つ情報配信を行うべき」だが

「未だに、上辺だけ温暖化防止等を優等生的に喧伝等しながら、

実質的には、従北・利北政治運動等を行い続けている」のが

「酷く、劣悪なテレビ番組等の実態に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「韓国GSOMIA破棄」も朝鮮自滅への特急券の一つだが・・・。

『「国家間約束や国際的約束を守る国々」は「国として成り立っている」が「守らない国々???」は

「実体としては、国として、未だ、成り立っていない、開拓途上の地域集団」等に「成る」。

「開拓途上の地域に居る集団の支配権を得た者たち等にとって」は

「其の支配権等の利権を維持~増大する事」等が「優先」で

「他の国々との約束や国際間の約束」等々も

「其の支配権等の利権を維持~増大する為等に役立つなら守る」が

「其の支配権等の利権を維持~増大する為等に役立たない」なら

「容易に反故にしてしまう」。

「客観的にみる」なら「未熟で稚拙な実態が其処に露呈している」が

「開拓途上の地域に居る集団の支配権を得た者たち等のほとんどは、

其の地域の物質文明・精神文化を進歩・進化させる事等により支配権を得たのでは無く、

他国からの絶大なる支援を時には詐欺的手段で得る事等の実質的、外圧(武力・武器等もも含む)により、

其の地域の支配権をズルい形で得ている者たち等」で

「精神構造的には、お手盛り私観に埋没し続けている状態である場合が多い」。

「お手盛り私観に埋没している其の地域の支配権を他力により持てている者たち等」と

「客観的対応が当たり前の其の地域の物質文明・精神文化を進歩・進化させる体制の上で其の地域の長と成っている者たち等」との

「話し合いや協議」等の「実態」が

「{野蛮人}と文明人の話し合いや協議等と成ってしまう」のは

「ある意味、極めて当たり前の現象」で

「数々の極悪事を積み重ねて来ている上に、国際的合意も反故にし続けて来ている、北朝鮮金政権等」や

「国家間の約束を簡単に反故にし続けて来ている、韓国悪権力者政権等」との

「常道に在る国々との話し合いや協議等が虚しいモノに成って来ている」のも

「其の極めて当たり前の現象の実例に他ならない」。

「この手の問題を解決する為に必要に成っている事」は

「{野蛮人}の文明人化」か「{野蛮人}の撲滅」等に「成る」。

「{野蛮人}と文明人の圧倒的、違い」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に対して検挙に認めるか?(文明人)、

科学レベルで判明している実体や事実・現実より自らの考え・思い・信じ等を優先させつづけようとするか?({野蛮人})」であり

「更に、{野蛮人}の場合は、

自らの考え・思い・信じ等を他の国々や人々にも無理強いして、無理やりにでも認めさせようとする場合も稀では無い」。

「二国間の国家間契約だった日韓併合による同化政策」を

「日本による侵略~植民地支配とする捏造史を基に、米国内で詐欺を働き、

日米の戦争と日本の敗戦により、

戦後の朝鮮半島内の支配権や米軍の占領政策に入り込んで行った敗戦火事場強奪上の日本本土内の利権を

得る事が出来てしまった朝鮮人悪権力者等の実体」が

「{野蛮人}に成るのか?文明人に成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」。

「北朝鮮金政権等でも、韓国悪権力者政権等でも、求められて来ているのは、{野蛮人}対策と{野蛮人}対応に他ならない」が

「日米等の文明国側は、例え{野蛮人}がズルい手段で支配権を持ってしまった国々でも、文明国のやり方を知り、学習し続けるなら、

何れは、文明人化する筈等と、性善説対応を続けて来ていた」。

「しかし、其の性善説対応が、虚しいモノであった事」を

「北朝鮮金政権等や韓国悪権力者政権等」が「立証し続けて来ている」のが「実態」だ。

「北朝鮮金政権等が核・ミサイル・他国内での非人道的スパイ・工作活動等を完全放棄しない」なら

「行うべきは、{野蛮人}対処に成る」。

「韓国悪権力者政権等が国と国との約束を守る状態に是正しない」なら

「行うべきは、{野蛮人}対処に成る」。

「例えば、

~日本による保護~日韓併合時~終戦直後等の史実をありのままに原寸大で大喧伝する事」や

「その後の処理対応や国家間条約等もありのままに実体通りに大喧伝する事」等が

「実体や事実・現実を原寸大で世界中に周知してもらう助けと成り、

{野蛮人}に対しても実体や事実・現実をありのままに認める事を促す材料にも成る」が

「其れなのに、未だに、{野蛮人}と文明人の対話や協議等を推奨し続けている」のが

「日本の中の{野蛮人}の手下・手先等テレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「史実で言う」なら

「日本による保護~日韓併合時には、

日本と朝鮮との間に戦争は無かったので、

当時もその後も、日本は朝鮮人を同国内の罪人を日本人同様に殺した事を覗いて、基本的に、殺していない」。

「そればかりか、日韓併合による日本主導の朝鮮半島内の急速な近代化により、

朝鮮半島内の朝鮮人庶民の衛生・教育・生活・文化・経済水準は飛躍的に向上したので

朝鮮人人口も大いに増えた」。

「戦後の朝鮮半島内の支配権強奪争い」でもある「朝鮮戦争」では

「朝鮮人同士も多くの朝鮮人を殺している」。

「更に、朝鮮戦争休戦中にも関わらず、北朝鮮金政権等は大韓航空機爆破テロまでも行っている」し

「北朝鮮国内では、不適応分子の公開処刑や冷遇殺害等々が多発し続けて来ている」。

「其の悪魔の手の粛清工作」は「韓国国内にも日本国内にも入り込んでいる」が

「其れが、公開処刑や冷遇殺害等、表に露呈する手段では無く、

進入工作・飲食物工作・電磁波工作・医療工作等々の非人道的工作手段である、

韓国国内でも日本国内でも摘発困難な工作員とその協力者の集団による濃度による殺傷や

露呈させられ辛い医療上の粛清や上辺が事故や自殺等となる粛清に成っている」のも

「ズルい悪を行う事も健常な能力と同じ能力と考え・思い・信じている、

溝も糞も一緒{野蛮人}精神文化故の実現象」に「他ならない」。

「日韓内の北朝鮮金政権等による情報・教育・政財界工作の先で生まれている政権」が

「其の手下・手先、お仲間等々のテレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「革新派とか、進歩派とか、・・・等々と、如何にも、より進んでいる、賢そうに喧伝等されている」のも

「情報工作の一つ」で

「実体通りに表現する」なら「従北派とか、利北派とか、北に売国派とか、言う」のが

「適切に成る」。

「逆に、保守派と言われている方」は

「韓国派とか、日本派とか、自国派とか、言う」のが「適切に成る」。

「何れにしても、従北派や、利北派や、北に売国派等々の者たち等に、

日本の公共の電波を使う仕事や公共レベルのマスコミの仕事や学校教育等の仕事上で、

重要な立場等を占めさせ続ける必要は全く無い」。

「公共レベルの情報・教育界にも、政界の選挙等と同様の、民意を反映させるシステムの導入」が「必要に成っている」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日韓併合により、日本人と同等に、文明人化する流れの上に乗れていた朝鮮人」が

「日米が戦争状態に陥ったと日本の敗戦につけ込んだ植民地支配詐欺で

戦後の朝鮮半島内の支配権を得た朝鮮人悪権力者等の支配下に追いやられた事により、

文明人化の流れから{野蛮人}悪権力者等の考え・思い・信じ等を信じ込まされ、実用させられ続ける流れの上に

追いやられてしまった事」は

「本当に、酷く、哀れな事」で

「健常な朝鮮人権力者等が国の支配権を得る事等により、

一刻も早く、朝鮮半島内でも文明人化が当たり前に成る状態が構築される事」を

「願っている」。

「其の為に有益に成る」のが

「~日本による保護~日韓併合~終戦直後~朝鮮戦争~日韓国交回復~等々の史実を

ありのままに原寸大で大々的に情報配信等する事」だ。

「朝鮮人にも日本人にも受け入れ辛い実体や事実・現実が在って当然」だが

「其れでも、実体や事実・現実を原寸大で認める事により、

現実の地平面に立ち、現実を共有する事で、合理的な話し合いや協議や条約締結等々が可能に成り、

其の上での国家間の約束等なら、文明人同士の約束等と成り、

守る事が双方の利益に成り、守らない事は双方の不利益に直結する事に成る」。

「先ずは、ベースと成る史実を、日韓朝の其れこそ全国民が実体や事実・現実通りに原寸大で理解・把握する事」が

「極めて重要に成る」。

「元から解し、積み重ねるなら、堅強な友好関係等の構築も可能に成る」が

「元を疎かにするなら、どんなに砂上の楼閣をつくり続けていても、波が起こる度に虚しいモノに成ってしまう」。

「実体や事実・現実の上や先に在るモノ」と「特定極一部の者たち等の考え・思い・信じ等の上や先に在るモノ」とでは、

「本質的な存在価値が全く違う事」に

「{野蛮人}たちは、一刻も早く気づくべき」だ。

「文明人同士の話し合いや協議や条約締結等には意味がある」が

「{野蛮人}と文明人の話し合いや協議や条約締結では、お話しに成らない事」が

「既に、立証されている状態」で

「行うべき事」は「もはや、はっきりしている」。

「この後に及んで、下手な遠慮等は全く必要無い」。

「実体や事実・現実を原寸大で実用した上で、互いに本音をぶつけ合い、落としどころを見つける実務を行うべき」だ。

「其れが出来ない{野蛮人}なら、長い未来は相応しく無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日韓問題等について「視聴者こう思え!煽り」が横行しているが・・・。

『「暑い中での高校野球問題」等では「一応は、対論・各論等も含む情報配信状態に成っていたテレ朝朝番」でも「日韓間問題について」は

「相変わらずの、反論・対論・各論等抜きで、{視聴者こう思え!煽り}状態だった」のだから、

「其の公共の電波を政治運動に使っている実態」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「視聴者こう思え!煽りの内実」も

「内実、従韓・利韓情報だった」のだから

「其の公共の電波を使った政治運動」が

「何処のどの様な人脈の者たち等の為なのか?」は

「少し、冷静に、考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「日本の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ旧社会党~民主党等~立憲民主党等系等の人脈の者たち等が行い続けて来ている

政治・社会運動等」が「実質的に、利して来ている」のも、

「韓国の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ共に民主党等の人脈の者たち等が行い続けて来ている政治・社会運動等」が

「実質的に利して来ている」のも、

「北朝鮮金政権等」で

「其の策略・工作的な従北朝鮮金政権等ぶり」は「本当に、お見事!(もちろん皮肉)」だ。

「韓国の駄々、日韓間問題起こし」も

「日本の其の対応を行わないと経済面等で日本が損するから韓国の問題起こし対し、謝意を示す等で応えるのが良いゾ~!{詐欺支援}」も

「北朝鮮金政権等の韓国嫌いなフリ!」も

「皆、同じ策略の下の出来レース」に「他ならない」。

「韓国が反日・反米化する事により、より北朝鮮金政権等に近づき易くなる」と「共」に

「日本の中の朝鮮の手下・手先等が、韓国が起こす問題行動等に対して、

{収める}為の謝罪等の対応を是とする世論等を喚起させ、一部政治家等を懐柔する策略の先に生まれる」のは

「例えば、

かつて、北朝鮮製の金の延べ棒が三本も金庫の中から見つかったと言われてる故金丸氏が起こした

日朝間の従北・利北約束等の事態に成る」。

「日韓併合時に対し、遺憾の意を示す事で、

韓国権力者等に{余裕}を与え、

韓国の詐欺師~常人化を期待し続けて来ている日本の常道権力者等」に対し、

「上辺では、韓国権力者等が韓国世論を押さえる為に必要だから・・・と頼んでいながらも、

内実では、

植民地支配詐欺や

日本の敗戦につけ込んだ火事場強盗等を永遠に正当化させ続ける為の道具の一つにしながら、

更なる、日本からの利権略奪を行い易くする為の既成事実をつくり出す、

詐欺師等の常套手段上のツール製造に他ならない、

日本の権力者等からの謝罪取得」を

「一般日本国民等に対する情報・教育工作と

一部政治家等に対する懐柔工作等により、

具現化させ続ける事の悪のメリット」も

「日本の従韓・利韓状態をつくり出す事による、

北朝鮮>韓国>日本という序列製造等に成る」。

「もちろん、日本も多くの日本国民も、世界中の健常な国々や国民も、そんな路線の上を進む必要は全く無い」が

「選挙も無いから、民意反映も不十分で、実権者人脈等の入れ替えも無い、

日本の公共の電波を使っている者たち等や公共レベルのマスコミの仕事を行っている者たち等の多く」や

「選挙があるので民意反映に基づいた実権者人脈等の入れ替えは在る、国政政治家等の一部」が

「実質的に、北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の手下や手先状態・・・」なので、

「戦後の日本国内では、日本国・多くの日本国民に自虐を強いる事態が具現化させられ続けて来てしまっている」。

「もちろん、こんな酷く劣悪な状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「では、日韓間問題等は、どの様にして処理すれば良いのか?」

「問題の元にされている史実等」を

「大々的かつ徹底的に、実体に基づいて、事実・現実通り、原寸大で、情報配信すれば良い」。

「二国間の国家間契約であった日韓併合の実態はどうだったのか?」を

「知らない者たち」なら

「韓国悪権力者等の主張である、日本による侵略~植民地支配{詐欺}等も、

信じさせられてしまう可能性が高く成ってしまう」が

「史実として、日韓併合の前には、日本による韓国保護契約が在った事」や

「日本による保護を求めて来た時期の、

欧米列強による清の食い荒らし等により、

清の属国状態での安定が困難に陥っていた韓国」は、

「単独では国の存続さえ危うく成っていた事」や

「日本による保護~日韓併合が実現しなければ、ほぼ間違いなく、ロシアの植民地にされていた事」や

「日韓併合時に行われていた政策は、植民地支配政策では無く、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策だった事」や

「日韓併合時に朝鮮半島に渡った日本人のほぼ全ては、

武器を持ち侵略~支配の為に渡ったのでは無く、

お金と技術と能力と仕事を持ち、朝鮮半島内を日本本土並み以上に急速に近代化する為に渡り、其の為の実務を行っていた事」や

「日本主導の朝鮮半島内の近代化により朝鮮半島内庶民の衛生・教育・文化・経済・生活水準が飛躍的に上がった事」や

「其の事により、朝鮮人の人口も大いに増えた事」や

「インフラ整備等の為の国家による個人の家土地等の{接収≒強制移転・強制退去等}は、

朝鮮半島内でも日本本土内でも行われていて、

朝鮮人に対してだけでは無く、日本人に対しても行われていた事」や

「元々の教育水準が違っていたので朝鮮人向け学校と日本人向け学校は別だったが、

学校ではハングルも教えられ、

日本人並みに優秀な朝鮮人は日本人用とされていた学校にも入れた事」や

「インフラが未整備であるが故に、物流の多くが基本的に日本本土経由だった朝鮮半島内では、

日本人も朝鮮人も、相応に、不利な状況下に在り、苦労していた事」や

「同化政策だったので、

同じ立場・能力ならば、日本人と朝鮮人の給与格差等も基本的に無く、

朝鮮人の日本本土への渡来も基本的に自由だった事」や

「創氏改名も同化政策上の朝鮮人の権利だった事」や

「其れでも、朝鮮半島内の支配権を朝鮮民族基軸で、時には武力まで用いて得ようとしていた反政府組織も生まれていた事」や

「其の朝鮮半島内の近代化にも抗っていた、迷惑な反政府組織は、大衆支持を得られず、

多くの朝鮮人にも嫌われ、制圧され、山奥まで追いやられ、大勢に影響が無く成った事」や

「渡米して、日本による侵略~植民地支配{詐欺}を働いていた悪朝鮮人等も居た事」や

「売春は、当時、合法の仕事であり、貧しい家の娘さん等が、お金の為に、売春宿仲介人等に売られていたのは、

日本人も朝鮮人も同じだった事」や

「朝鮮半島内で居に沿わずに、売春婦とされてしまった女性の実態は、

そのほぼ全ての場合で、

朝鮮人の親・兄弟・親戚等が、朝鮮人の娘さんを、朝鮮人の仲介人に売り、

朝鮮人の仲介人等が売春の上がりをピンハネしていた状態だった事」や

「日米が戦争状態と成った事で、米国内の植民地支配{詐欺}が有効化され易く成ってしまった事」や

「従軍売春婦は、従軍であったが故に、多くの軍の将校以上の高報酬だった事」や

「植民地支配{詐欺}有効化に成功してしまった悪朝鮮人等は、日本の敗戦後の米軍の占領政策にも入り込んでしまった事」や

「米軍の占領政策に入り込んだ多くの朝鮮人が日本全国各地で武器を持ち、丸腰にされた日本人相手に乱暴狼藉を働き、

駅前の一等地や大街道沿いの大きな土地等を略奪したり、農協等の組合の幹部に入り込んだり、

日本人に成りすまし、情報・教育界の幹部に成ったり、政治家や財界人に成ったり、等々した事」等々を

「知っている人間たち」なら

「植民地支配{詐欺}にも騙される事も無く、

謝罪すべきは朝鮮人側であり、日本人側では無い事等も、直に判る」。

「其れでも、日本側は、日韓基本条約で全て水に流し、その後は、未来志向で健常に行こうとし続けて来ていた」のに

「元々が、植民地支配{詐欺}や日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪等で

戦後の朝鮮半島内の支配権や日本本土内で不当に利権を得てしまった朝鮮人悪実権者等」は

「自らの実体がバレる事を恐れる余りに、

朝鮮半島内では徹底した反日情報・教育を行い続け、

日本国内では、日本人に自虐を強い続け、自虐状態に在る事が当然であるか如く思い込ませ続け様とし続けて来ている」。

「日韓基本条約以降、

何度も、

自らが行い続けて来ている反日捏造史情報・教育上で、ある意味、必然的に生まれる矛盾を誤魔化す為等の駄々を

日本側に付き付け、

其の度に、日本側の大人の対応の{談話}等により、繋いで来ていた、韓国悪権力者等だった」が

「北朝鮮金政権等の核武装が実現した後」は

「北朝鮮金政権等の核の傘の下で、日本に対する駄々を先鋭化させて来ている」のが

「現状の実体」に「成る」。

「ところが、北朝鮮金政権等の核武装」は

「元々、国際的約束違反に成る」ので

「米国トランプ政権等も含む国際社会により、

核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の完全放棄が突き付けられている」。

「北朝鮮金政権等が、其れらを完全放棄しないなら、米軍等による武力を使った強制的放棄も実現する状態と成ってしまっている現状」では

「北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等は。もはや、風前の灯」だが

「其れを、認めたく無い、韓国従北政権等や日本の中の其のお仲間等々は、未だに、情報工作・政治運動等に忙しい」。

「既に、負けている北朝鮮金政権等や韓国従北政権等や日本の中の其のお仲間等々」が、

「敗戦処理を行わず、未だに、戦い続け様としている」のは

「自虐に他ならない」が

「自覚をする」なら「詐欺師は詐欺師である自らを認めなければならなく成り、其れが悪人である事等も認めざるを得なく成る」ので

「自覚を嫌がる悪者等は、現実逃避に没頭し易い」ので「自虐行動等も止め辛い」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「迷惑なのは、そんな自虐行動等の悪影響を受け続けて来ている、戦後産まれも一般市民も含む多くの普通の人間たち等」で

「戦後の日本を覆い尽くして来ている其の悪のチリ」から「解放される時」を

「待ち望んでいる人間たちの数は、非常に多い」。

「本来なら、悪のチリを晴らす為に有益になる情報配信を行っているべきテレビ・ラジオ等やマスコミ等」が

「未だに、悪のチリを撒き散らし続けて来ている者たちの一部状態」では「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「楽興教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「大問題化されている煽り運転容疑者たち」等について共依存関係に在る常連出演者等とご用達心理学者???等が共依存も言いながらご用達論等を喧伝等していたが・・・。

『「底の浅い上辺に拘る心理学???」等では「該当容疑者たち等の精神心理構造の実態把握さえも???に成り易い」。

「ちゃんと人間誰もの実体から整合性を取った上で心理分析等を行う」なら

「該当容疑者等の心理実態」も「常連出演者等の心理実態」も「同様である事」等も「良く判る事に成る」』。

『「今更、云うまでも無い事」だろうが

「人類誰もの実体」は

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の中の何十兆かの細胞群」だ。

「生きている人間なら世界中の何処の誰でも、今この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している、何十兆かの細胞群」だが

「もちろん、其の実態現象」は「心理学上では、無意識レベルの事に成る」。

「人の意識」は「丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」ので

「意識上から心理学を構築して行く」と

「必然的に、上辺の心理分析等から始められてしまう事に成る」が

「其れは、例えて言うなら、

細胞レベルの誕生・死という生体の実態を十分に理解・把握出来ていなかった古の時代の人間たちがつくり出した

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観みたいなモノ」に「他ならない事に成る」。

「今時の心理学」なら

「無意識の底である細胞レベルの誕生・死からも、上辺の心理分析からも、実態・実体解明が進められていて当然」で

「無意識レベルの底である細胞レベルの誕生・死」と

「上辺の心理分析」とを

「ちゃんと一体化させる事が出来た先」に「相応の結論を見出す事が出来る事に成る」』。

『「上記の大前提をちゃんと見逃す事無し」に

「該当容疑者たち等」の「心理分析を行ってみる」なら

「以下の様な実態が露呈する事に成る」』。

『「人類誰もも含む、地球生命体細胞群の根本的目的」は「存続」に「他ならない」。

「細胞レベルの誕生・死の繰り返し」も

「地球生命体細胞群の根本的目的である地球生命体細胞群の存続為に合理性が高い実現象」に「他ならない」。

「一人の人間の様に、地球生命体細胞群の中の{タッタ}何十兆かの細胞群の場合」でも

「無意識レベルの一番底からの根本欲動」は「地球生命体細胞群の存続に他ならない」が

「人間の意識は丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」ので

「其の両者が結合した後で、多くの人間の頭の中で行われている合理化の先に生まれている」のが

「広義の自分である地球生命体細胞群を抜きにした、狭義の自分個体である其の中の何十兆かの細胞群の存続の{過剰}優先欲」だ。

「狭義の自分個体の細胞群を存続させ続ける為」には

「狭義の自分個体細胞群の状態を知る事」と

「細胞群存続に合理的に成る周囲の環境や状態の取得」が「必要に成る」。

「凝議の自分個体細胞群の状態を知る為の本能欲動」が「自己確認欲」に「成る」。

「自己確認欲」と「周囲の環境や状態を知る為の欲」が「重なる」と

「自己承認欲」に「成る」。

「この自己承認の本来欲求を充足し続けて行く事」で

「狭義の自分細胞群個体の存続も担保される事に成る」ので

「自己承認欲の本来欲を充足し続けられる様に、自分個体細胞群を健常に支配し続ける事が必要に成り、

其の欲動が、自己健常支配欲」だ。

「上記の様に、本来欲求の世界」は「自己完結型」だが、

「人生上では、世界中の何処の誰でも、この自己完結型の本来欲求の充足が阻害される事が多々生まれている」のが

「現実」だ。

「例えば、

必要な栄養素が有る飲食物が都合良く手に入らなかったり、

体温を保つのに必要な気温や衣服等々が都合良く手に入らなかったり、

自らの就寝時安全を守る為に必要な家屋等が都合良く手に入らなかったり、・・・等々の{不都合}は

古の時代の人間たちの{当たり前}だった」。

「其の{不都合}な{当たり前}を上辺から{駆逐}し続けて来ている」のが

「人間世界の歴史でもある」が

「上辺からの{駆逐}故に、

狭義の自分個体と其の周囲の自分個体が優先され、

他の人類個体や他の地球生命体細胞群や地球環境等に{不当}で{過剰}な{犠牲}を強いて来ている事」は

「冷静に、人類史をありのままに理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「成る」。

「人類誰もの自分の底である広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である其の存続から整合性を取って、

出来る限り自虐度の低い、実効のある対処を積み重ねて行く事」こそが

「求められ続けて来ている」のに

「未だ、其の理解・把握・自覚等さえもが不十分過ぎる人間たちが多い」ので

「現状でも、未だに、自虐度の高い人間世界が続けられてしまっている」のが「現実」だ。

「本来欲求の世界」は「充足が在る」ので「自己健常支配を継続出来、本来欲求を充足し続ける」なら

「自虐度の低い状態の維持も行い易く成る」が

「本来欲求の充足が阻害される」と

「代償欲求が生じる事に成り、

代償欲求は、代償欲求を起こしている人間の頭の中での加工で構築される」ので

「上辺に拘る人間が構築する代償欲求の世界」は「本来欲求と程遠いモノに成り易い」。

「代償欲求を充足させる事に成功したところで、本来欲求の充足には成り得無い」ので

「代償欲求は次々と生み出され続け易く成る」ばかりか

「本来欲求不充足の時間が長く成れば成る喉、代償欲求もより過剰な形で構築され易く成る」。

「自己健常支配の継続に成功していないと、

其の代わりに、

他の者・物・事を支配しようとしがちに成ったり、

他の者・物・事の支配下に自分を置く事で、自分を落ち着けようとしがちに成ったり、し易い」。

「自己健常支配の継続が不十分で、自己承認欲求の本来欲求の充足が不十分な状態に落ちっている人々」は

「往々にして、其の代わりに、

他の者・物・事に自分を認めさせようとしたり、

他の多くの人間たちが認めている大きな者・物・事等を認める事により、狭義の自分を其の傘下で落ち着かせようとしたり、

しがちに成り易い」。

「該当容疑者たち等」も

「テレビ常連出演者等やご用達心理学者等」も

「他の者・物・事に自分を認めさせようとしている、自己承認欲求の代償欲求の追及状態が顕著である事は同じ」だが

「社会的に承認されているのか?否か?の違いがあるダケ」だ。

「此処で、社会的に承認されているから、良い!」等と「考え・思いたがる」のは

「都合の良い合理化」に「他ならない」。

「戦時中なら、敵という同じ人間をより多く殺す事こそが、社会的に認められていた事だった」し

「売春が合法だった時代では、売春で金を稼ぎ、親兄弟等を経済的に助ける事も、社会的に良い事にも成り得ていた」。

「社会的などと、いい加減な基準では無く、

人類誰もの広義の自分や広義の自分の根本的目的から整合性を取って、承認するか?否か?も

判断する事が重要に成る」。

「其の面から、言う」なら

「代償欲求過剰追及者である実態」は

「該当容疑者等もテレビ常連出演者等やご用達心理学者等も同様な様相」で

「公共の電波を使って、代償欲求過剰追及を実質的に公然化する事の実害は多大に成る」のだから

「根本的罪の大きさからすれば、特定極一部の者たちばかり・・・の重用や

其れに甘んじて過分な有名人利権や報酬等まで受けている事等の実害の方が

遥かに罪が深い事に成る」。

「該当容疑者たち等」も

「金持ちで、高級車に乗り、

そんな該当容疑者等を負い越したりする、該当容疑者より偉そう(=より承認度が高い)他の運転者等は、

暴言・暴力等により、該当容疑者に、従わせる事が出来る該当容疑者より小さな(=より承認度が低い)者である事を具現化する事等による、

自己承認欲求の代償欲求の追及者」と

「結婚が遅くても、金持ちで、強い、男性の心を鷲掴みに出来ている、女性としての魅力に溢れていて、多くの先に結婚したトモダチ等より、

価値の有る(=承認度の高い)女性であると思い込みたい、自己承認欲求の代償欲求追及者」の

「自己承認の代償欲求追及上」の「共依存者同士」に「成る」が

「特定極一部の者たちばかり・・・を重用しているテレビ局・番組等と、

テレビ常連出演者等と

ご用達心理学者???」等からも、

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及している共依存の濃厚な臭いが強烈に漂って来ている」』。

『「今時、根本から整合性を取っていない、心理学???や、心理学上の共依存等の概念や、正義論等々」を

「公共の電波上で、実質的に、公然化等していて、どうする!!!」

「人間世界の自虐度がより高まってしまう情報配信等」は

「直ちに、是正するべき」だ』。

『「煽り運転等の問題行動を起こしているのも、

比べっこ他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配情報・教育{調教}を

受けさせられ続けて来ている人間」だ。

「比べっこによる支配/被支配の乳幼レベルの精神構造」から

「本質・快適探究の成人レベルの精神構造」への

「健常成長の役に立つ情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に行う」なら

「相応に高い改善効果が出る事に成る」のだから

「其の様な、有益な情報配信をする必要十分な能力の無い者たち等」に

「何時までも、過分な立場・報酬・権力等を与え続けている事」等の

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「視聴者こう思え!煽り」を行い続けている常連出演者等が、優等生ぶり、正義ぶり「煽り運転容疑者等の問題等を上から目線で語っていたりしている」が・・・。

『「大問題化している常磐道煽り運転の容疑者の心理状態問題等」を「テレビご用達心理学者???等も常連出演者等も十分に語れない」のは、

「ある意味、極めて、当たり前の現象」で

「該当煽り運転容疑者」も

「テレビ常連出演者等」も

「行っている」のは「自己承認欲求の代償欲求の追及に他ならないから」だ。

「目糞鼻糞嗤う状態」では「ロクな解説など出来る訳も無い」』。

『「本日のテレ朝朝番では、該当容疑者の略歴等も紹介されていた」が

「其処から露呈して来た事」も

「該当容疑者{も}、

テレビ常連出演者等も含む他の多くの人々と同様に、

戦後日本の情報・教育等により、

比べっこの中で自己承認欲求の代償欲求を追及する者と成る様に

{調教}されていた事」だ。

「優等生と成り、有名大学に入り、高報酬の得られる一流企業に入った事」で

「他人から認めてもらえる状態と成り、自己承認欲求の代償欲求が満たされる状態を得た」のは

「該当容疑者もテレビ常連出演者等も含む他の同様の人々も同じ」だが、

「該当容疑者の場合」は

「大学内でも、企業内でも、該当容疑者が納得出来ない状態で、該当容疑者を優秀等と承認しない人々が居た状態だった事」が

「露呈させられていた」。

「其の結果、該当容疑者の精神心理上」では、

「自己承認欲求の代償欲求が十分に満たされていない状態が露呈させられたが故の、

他の手段による自己承認欲求の代償欲求の

強い追及欲動が起こされ、

其の一つの現れが{俺はビッグに成る!}発言等」に「成る」。

「会社を辞め、他の手段による自己承認欲求の代償欲求の追及を行う状態に成った時、

該当容疑者にとって、其れまでは有効だった学歴等による後押しメリットも、実質的に、喪失させられた状態と成っていた」。

「しかし、該当容疑者は、親戚からの不動産相続等により、お金持ち状態だった」ので

「お金を利用した自己承認欲求の代償欲求の追及が始められてしまった様相が露呈している」。

「高級車を悪用して、他のドライバ―を無理やり自分より下に置く事で、自己承認欲求の代償欲求を満たさせようとした」のが

「該当容疑者等による煽り運転の精神心理的実態」に「成る」。

「この様な実態が明らかに露呈している」のに

「テレビ常連出演者等もテレビご用達心理学者???等も、ロクな解決の方法を言えない」のは、

「其の者たち等も、該当容疑者同様に、自己承認欲求の代償欲求大追及状態だから」に「他ならない」。

「本来」なら

「自己承認欲求の代償欲求を追及し続けるのでは無く、自己承認欲求の本来欲求を充足させる様にする事の重要性等を言えば良い」のに

「代償欲求大追及状態の者たちにとっては、其れが自己否定に成ってしまう」ので

「自らを是正する事が十分に出来ていない代償欲求大追及者等の多く」は

「この当たり前の{解答}さえも言えない状態下に居る」。

「もちろん、そんな酷く、劣悪な状態の者たち等を公共の電波上に大々的に出演させ続ける事等により、

実質的に、公然化し続けていたところで、良い影響が出る訳も無い」。

「多くの視聴者に自らを認めさせる事で自己承認欲求の代償欲求を満たそうとしている常連出演者等が行う事」は

「視聴者相手に、自論を述べ、こう思え!煽りを行い続ける事」等に「成る」。

「煽り運転同様、視聴者こう思え!煽りも、取り締まるべき」と「思ったり、感じたりしている人々の数」は

「其の様な実態を言葉に置き換えられているか?否か?は別にして、かなり多い筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現行法・現行の摘発体制」でも「煽り運転は摘発出来る」が

「視聴者こう思え!煽り」は「摘発困難」だ。

「しかし、煽り運転の悪影響は、個人レベルに成る場合がほとんど」だが

「視聴者こう思え!煽りの悪影響は社会レベルに成っている」。

「其れは、

例えば、民主党政権成立時頃の

視聴者こう思え!自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!煽り等により

国の政権まで変えられてしまった実態等からも

良く判る」。

「個人レベルの悪影響をもたらす煽り運転と、

社会レベルの悪影響をもたらす視聴者こう思え!煽りの

どちらに、より厳しい罰が適切に成るのか?」は

「もはや、論を待たない筈」だ。

「煽り運転に対する(悪戯な)厳罰化等を行う前」に

「視聴者こう思え!煽りを摘発出来る様にする法体系や体制や其の影響の大きさ故の厳罰の設定等」を

「行うべき」だ。

「視聴者こう思え!煽りを行った常連出演者等には、

其の悪質性により、

自動車の場合の、免停・免許取り消し・永久免許取得禁止等と同様の

テレビ出演や公共の電波使用に対する停止・禁止・剥奪等の措置が適切に成る」。

「政界の選挙の様に、民意反映による実権者人脈等の入れ替えのシステムさえ無い、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオや公共レベルの大マスコミ等には、

応分の厳しい法や摘発手段等があって然るべき」だ。

「本来なら、自己健常支配や自己承認欲求の本来欲求充足の為に役立つ情報配信等をしているべきテレビ局や番組や常連出演者等」が

「未だに、視聴者こう思え!煽り等を行い続けている実態」からも

「戦後日本の所謂、文系の情報・教育の酷い遅れぶりが良く判る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「悪朝鮮人権力者等ご用達の捏造史」等で多くの視聴者等をマインドコントロール等しようとしていた様相だったが・・・。

『「日本の公共の電波を使った悪朝鮮人等ご用達捏造史マインドコントロール等のインチキ」は「日韓併合の前に、日本による保護国家間契約が在った事」等を

「抜きにしているところ」からも「直に判る事に成る」。

「元々、単独では国の存続さえ危うく成っていた当時の韓国の権力者等」は

「先ず、日本に保護を求めた」が

「日本による保護の実態が良かった」ので

「日韓対等合併を求める様に成った」が

「国力相応の日韓併合に成った」のが「史実」だ。

「日本による保護が求められた時」から

「既に、侵略や武力侵攻の必要性は全く無かった」が

「日韓併合後の朝鮮半島内の開拓~近代化整備に伴う治安維持上で必要に成ると考えられた治安維持部隊」は

「朝鮮人権力者も合意した上で、送り込まれていた」。

「治安維持部隊は当時の日本本土内にも在った、現在で言うなら、警察の機動隊の様なモノに当たる」。

「植民地支配政策は行われた事が無く、

当時の朝鮮人権力者も認めていた同化政策が、

日韓併合当初から行われていた」のが「史実」なのに、

「日本による保護は言わず、日韓併合当初にはまるで日本による侵略~植民地政策があったかの如く喧伝していた」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「米国内での朝鮮人悪権力者による植民地支配詐欺」や

「其の先で、米軍の占領政策に朝鮮人を入り込ませた上で行った

日本の敗戦につけ込んだ火事場強盗乱暴狼藉について言わない」のも

「悪朝鮮権力者ご用達の捏造史の特徴」だ。

「日韓基本条約締結後」に

「日本の政治家等が、日本による植民地支配を認める様な発言を何度かしている」が

「その裏に在った」のは

「そう言ってもらえれば日韓基本条約通りに未来志向で行けます!詐欺」だ。

「常人同士なら、遠慮や潤滑油としてのお詫び・謝罪等が良い実効をもたらす場合も多い」が

「詐欺師にとっては、一度、詐欺で騙して、ホンの少しでも相手が悪い旨等言わせる事が出来たなら、

何度でも、相手が悪い事に出来る相手で、

その割り合いは、回数を重ねるごとに大きく出来るから、

最終的には、相手のモノ全てを略奪する事が出来る」が「詐欺師の常識」だ。

「植民地支配詐欺で、朝鮮半島内の支配権を火事場強盗的に奪った悪朝鮮人権力者等」が

「戦後、つくり出して来ている外交史」が

「常人の外交史なのか?詐欺師の外交史なのか?」は

「史実を史実通りに知るなら、もはや、論を待たない」。

「今、世界中で問われている」のは

「今後も、詐欺師国家権力者等やズル国家権力者等を放置・黙認・容認等し続けるか?」に「他ならない」。

「国家レベルとも成れば、核兵器の保有さえも、意外と簡単に出来てしまえる」のが

「昨今の人間世界の物質文明側の進歩・進化度」だが

「人間世界の精神文化側の進歩・進化度が、其処から、大きく遅れ過ぎている事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」。

「精神文化側を進歩させる為の実効のある策」が

「詐欺やズルや悪は認めない事」に「成る」。

「独裁体制という悪やズル」も

「捏造史に基づいた詐欺」も

「完全撲滅するべき段階」に

「今の人間世界は至っている」ので

「詐欺・ズル・悪度の低い国々」が

「自国第一主義に成って来ている事」は

「ある意味、極めて当然の現象」だ。

「詐欺・ズル・悪国家権力者等」は

「元々、詐欺・ズル・悪国家権力者等第一主義」だから

「その下の国も国民も、悪国家権力者等が悪国家権力者等の利権増大等の為に利用する為の道具にされている」ばかりか、

「国・国民を利用する事で、国家レベルの大きさを持つ事が出来た悪国家権力者等」は、

「他国も其の支配下に置く策略も実践している場合が多い」のは、

「自己健常支配の代償欲求である他の者・物・事支配に明け暮れているから」だ。

「自己健常支配をする為に必要に成る自己ありのまま把握を行う」なら

「詐欺・ズル・悪国家権力者等は、詐欺師・ズル者・悪者でしか無く成り、其の権威や信望等々も、アッと言う間に消失する事に成る」。

「そんな状態を永遠に遠ざけさせる為には、詐欺・ズル・悪国家権力者等は、

詐欺・ズル・悪国家権力者等を指導者等として頂く多くの民や国々を創出させ続けるしか無い」ので

「詐欺・ズル・悪国家権力者等は、全世界支配等の極悪事を企み、実践している場合が多い」。

「日韓併合の実体が日本による植民地支配だった」なら

「大戦後の日本国内からは、ほぼ全ての朝鮮人が朝鮮本土内に帰還していて当然に成る」が

「実際」は

「植民地支配を働く事で、占領軍の占領政策に入り込み、

丸腰の日本人から火事場強盗等する事で、日本国内で相応の利権を得た者たち等や、

日韓併合時に自主的に日本に渡来し、日本が気に入った者たち等が、

数多く居残り、戦後占領政策上で日本人に成り替わったり、その後合法的に帰化までしている場合も多い」ばかりか、

「其の中の決して少なく無い割り合いの者たち等が、従朝鮮化に成功した日本国民等を巻き込んで、

非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続ける事により、

日本の乗っ取り支配~植民地化~金家を天皇に!等々の時代錯誤・非人道的な策略を実現させようとし続けている実態も露呈している」。

「実質的には、其の手先の役割りをこなしている」のが

「悪朝鮮人権力者等ご用達の捏造史等で、多くの視聴者をマインドコントロールしようとしていた様相のテレビ番組等」で

「もちろん、そんな悪事を行い続けて来ている者たち等」に

「公共の電波使用の仕事を続けさせる必要は全く無い」。

「特に悪質」なのは

「反論も各論も無い状態」での「ご用達情報の一方的大量配信」による

「実質的、視聴者等マインドコントロール状態」で

「其の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「韓国で反日種族主義が大売れした事等に、危機感を抱いたが故の乱行にも思えた、

本日のサンデーモーニングの放送内容だった」が

「当時世界中で行われていた植民地支配と世界大戦に対する、天皇陛下の人類としての謝罪の、本意まで捻じ曲げて、

日本の朝鮮に対する謝罪にすり替えようとしていた実態」からも

「其の、悪朝鮮人権力者等の手下ぶり、手先ぶり、等々は、本当に顕著だった」から

「上辺で詐欺に騙される人々でも無い限り、其のマインドコントロール等の効き目もあまり大きく無い筈」だ。

「本日の様な情報配信等を続けている」なら

「番組や局や常連出演者等に対する、当然のクレーム等が益々増え続け、

其れを受けて、番組や局や常連出演者等が益々従朝鮮情報配信等を行い続けるなら、

日本国内の分断が濃く成る事で、従朝鮮者たちの実態も益々はっきり露呈させられる事に成り、

其の先で生まれる当然の現象は、従朝鮮者は朝鮮に帰れ!行け!に成る」のは

「極めて当たり前の事に成る」。

「詐欺やズルや悪を認めるのは、ゆとりや余裕では断じて無い」。

「其れは、現実逃避や、平和ボケや、利悪等々に成る」。

「詐欺やズルや悪に対してはNO!であり、是正しなさい!等々」が「適切に成る」。

「韓国の内情紹介時」にも

「反日種族主義が大売れしている事等はホンの少々しか言わず、

反安倍政権政治運動の喧伝には熱心だった様相」なのが

「韓国の共に民主党の日本の中の片割れと強く推定出来る旧民主党~立憲民主党等系の人脈の者たち等」の

「実態が露呈している」。

「公共の電波を使った偏向性の高い政治運動等を行い続ける{詐欺}」からも

「悪朝鮮人権力者等の{詐欺}と同様の臭いが濃厚に漂って来る」。

「もちろん、こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

米国を「植民地被害詐欺」で騙す事に成功した悪朝鮮人権力者等が仕掛け続けて来ている「核兵器つくりません詐欺」や「核兵器放棄します詐欺」等問題と韓国で大売れの本「反日種族主義」・・・。

『「日韓併合時の実態について、事実・現実通りを紹介している反日種族主義という本が韓国で大売れしているとのニュース情報が配信されている」が、

「其れは、

実体や事実・現実と共に存在しようとしない者・物・事の未来が消滅等になる事を危惧{出来た}が故の

戦後韓国内での好転現象の一つでもある」。

「しかし、

戦後の韓国が反日種族主義に走った理由等を

事実・現実通りに理解・把握する」なら

「散々、日本に謝罪や補償等を要求し続けて来ている韓国の方が、謝罪・補償をするべきである事」も

「直に判る事に成る」。

「日韓併合」は「二国をより進んでいた日本寄りの一国にする、二国間の国家間契約だった」ので

「実際に、行われていた政策は、植民地支配政策では無く、同化政策だった」のに、

「日韓併合時には、

米国内で不当に朝鮮半島内の支配権を得ようとした朝鮮人悪権力者等が日本による侵略~植民地支配詐欺を働いていたが、

日米が戦争状態に陥った事により、其の植民地支配詐欺が通ってしまい、

日本の敗戦時からの米軍による占領政策時にも、多くの当時日本本土内に居た朝鮮人を参加させる事にも成功してしまっていた」が

「米軍による占領政策時に、

日本本土内に居た米軍の占領政策上で武器を持てていた朝鮮人の多くが行ったのは、

丸腰にされた日本人相手に、乱暴狼藉を働き、駅前の一等地や大街道沿いの土地等々を強奪した事等だった」。

「常道にある国家権力者等」なら

「日韓併合による日本寄りに一国化する同化政策を解消して戦後の朝鮮半島内では朝鮮人により国つくりをする」なら

「日本との間で条約解消交渉等を行う」が

「日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に朝鮮半島内の支配権を得ようとした悪朝鮮人権力者等が行った事」は

「植民地支配詐欺で米国を騙せた事を最大限悪用」して、

「朝鮮半島内の支配権を不当に得たばかりでは無く、

大戦後の日本国内でも、

当時日本本土内に居た多くの朝鮮人を米軍の占領政策に潜り込ませ、

武器を持ち、丸腰にされた日本人に対して乱暴狼藉を働かせたばかりか、強奪行為まで行わせた事」等々だった。

「この非人道犯罪を永遠に正当化し続ける為の手段」が

「韓国・北朝鮮内での、反日情報・教育」と

「戦後日本国内での、日本人に成りすましている悪朝鮮人の手下等を利用した一般日本国民従朝鮮化情報・教育統制であり、

戦後産まれの一般日本国民までをも対象にした集団で個人を狙い続ける非人道的な従朝鮮化しない不適応分子日本国民粛清工作」だ。

「反日無罪!や反日主義等々もその上で生まれている」。

「大売れしている本の反日種族主義は本のタイトルで、

本の内実は、日韓併合時等の史実を史実通りに認める現実主義の推奨に成っているとの事」で、

「反日種族主義とは、反日野蛮人種族という意味もある皮肉を込めたタイトルでもあるらしい」。

「何れにしても、

戦後の日本の様に、数多くの朝鮮人が植民地支配した酷い国としている日本国内に居る状態では無く、

大戦後、ほとんど全ての日本人が朝鮮半島内から日本本土に強制的に帰還させられた韓国内から、

朝鮮人自らによって史実通りの現実主義の推奨が出て来た事は、

とても良い事に他ならない」が、

「果たして、数十年間も反日捏造史に基づいて、人によっては非人道的なスパイ・工作活動等まで行わされ続けて来ている者たち等」が

「史実通りの現実を素直に受け入れる事が出来たり、

今まで、自分たちが散々行って来た悪事を止め、反省し、謝罪・補償する等の、

現実対処の行動を行えるのか?」は「大いに疑問」だ。

「反日捏造史に現実逃避し続け、

非人道的なスパイ・工作活動等の悪事を行い続ける者たちの割り合いが、

少しでも小さく成れば良いのだが」・・・』。

『「人の死の実体が細胞レベルの実現象で、生きている人間なら世界中の何処の誰でもが今、この瞬間にも、死自体を体験している現実」は

「科学レベルで既に判明している現実の一つに他ならない」が

「未だに、丸ごと一人レベルダケの死生観を持ち続けようとしている人々も、未だ、多い」。

「散々、覚え、信じ、自らの一部としてしまっている、考え・思い・信条等を現実化する事」は

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる重大な実務」だが

「自己健常支配より、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」を

「本質・快適探究より、比べっこ」を

「強く強いられ続ける情報・教育下に在る人間たち」が

「この重大実務を素直に行える状態に成る為」には

「相応の工夫や手助け等が必要に成る可能性が高い」。

「有効に成る手段」は

「精神構造や精神文化を健常進歩・正常進化させた、

映画・ドラマ・小説・音楽・アニメ・ゲーム・絵画等々を、

意識的かつ積極的に、数多くつくり、大量配信等する事」と

「所謂、文系の学校教育等の健常化・正常化」だが、

「戦後の日本国内」では

「悪朝鮮人権力者等の手下や手先も多い朝鮮系の者たちと

戦後日本の所謂、文系の情報・教育等により、其の協力者等として仕立てられて来ている{優等生}たちが、

重要な力のある立場等の多くを占め続けて来ている」。

「其れらの者たち等が、自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させるか、

其れらの者たち等を、過分な立場等から排除等するか、等々の

実効のある対処が必要で、

其れこそが重大急務に成っている」。

「何時まで経っても、

比べっこや支配ゴッコを強いたり、推奨したりしているモノ等ばかりを主に、

多くの視聴者・読者等の精神構造(自己制御ロジック)と

其の集大成である人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化を

阻害し続けられていて良い訳は無い」。

「昨今から、益々、必要に成って来ている、精神構造・精神文化側の十分な仕事が出来ない、

能力不足の者たち等に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「詐欺師は、一度詐欺で騙せた相手なら、何度でも詐欺で騙せると考え、何度でも詐欺を仕掛ける」。

「北朝鮮金政権等の実態は、正に、詐欺師そのもの」で

「悪朝鮮人による植民地支配詐欺に米国が騙された」なら

「核兵器もちません詐欺」でも

「核放棄します詐欺」ででも、

「米国を騙せる」と「考えて対応して来ている実態が既に露呈している」。

「史実や、国際的約束通りに、事が進められていた」なら

「とっくの昔に、北朝鮮は核を持たない普通の国に成れていた筈」だが

「国の実権を詐欺師が握り占め続けて来ている実態が露呈している現状までの北朝鮮」は

「国際社会を騙し、

国際社会に抗いながら、

他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)を行い続ける事で、不当に資金・情報・技術等々を得続けながら、

核放棄どころか、

多数の核兵器を既に持ち、多種多様な核兵器の使用手段を構築し続けて来ている、重大問題国家状態に成ってしまっている」。

「其の一つの原因」が

「何度でも詐欺に騙される事を、実質的に、黙認・容認等し続けさせられて来た、米国にもある事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事に他ならない」。

「特に、オバマ政権時の、

北朝鮮が不当に金も技術も情報等々も得てしまう時間を与え続けていた、

戦略的忍耐は酷い」。

「北朝鮮金政権等が、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を早々に完全放棄しないなら、

中国やロシアとの合意を取り付け、日韓は無理やりにでも従わせた上で、

限定攻撃を仕掛けるなり、

アッという間に北朝鮮金政権等の負けで終わる北朝鮮解放戦争を仕掛けるなり、しても、

早急に解決するべき」なのが

「北朝鮮金政権等問題」だ。

「万一、北朝鮮金政権等の核保有認めざるを得ない状態まで容認するに至らせてしまう」なら

「其の悪影響は全世界に及ぶ事に成り、あらぬ形での人類滅亡もしくは地球消滅等が具現化してしまう事に成る」。

「日本との戦争(武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い)中には、

悪朝鮮人による植民地支配詐欺に騙されてしまう事にも、相応の合理性があった」が

「大戦後の米国」には

「悪朝鮮人の詐欺に騙される事への合理性が無い」。

「しかし、詐欺師側」は「何度も米国を詐欺で騙し続けて来ている」。

「日本の中にも、悪朝鮮人等の手下や手先等や其の協力者等が、

マスコミや政財界等々にも少なからず居て、

詐欺の片棒を担ぎ続けて来ている事」も

「事実」だ。

「其の対処」は「早々に、日本が行うべき重大事」に「成る」。

「実体として、二国間の国家間契約であり、行われた政策は、植民地支配政策では無い同化政策だった日韓併合」を

「未だに、日本による植民地支配であるかの如く、喧伝等した常連出演者等が、

未だに、テレ朝等でも重用されている事」等は

「韓国の反日種族主義大売れ等の自浄の動きから考えても、余りにも、酷く、劣悪に成る」。

「未だに、比べっこや支配ゴッコ強い、推奨等のドラマ等ばかりを配信し続けている者たち共々、

是正が急務である事は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨日は「従軍慰安婦詐欺」今日は「日本による植民地支配からの解放詐欺」で永遠の恥辱に染まる道の上での名を益々大きくしている韓国の超自虐度をさも正当であるかの如く喧伝している日本の中の朝鮮の手下・手先等・・・。

『「売春が合法だった戦時中の朝鮮人の親・兄弟・親戚等が朝鮮人の仲介人に売り売春の上がりをピンハネしていた従軍高報酬売春婦」を

「旧日本愚にょり強制連行された哀れな従軍慰安婦と大々的に嘯く詐欺」で

「駄々をこねる事により、日本から不当り利権を略奪しようとしている韓国」は

「日韓併合二国間国家間契約に基づく二国を一国化する同化政策を日本による侵略~植民地支配と嘯く詐欺を行う事」で

「日本の敗戦につけ込んで、戦後の朝鮮半島内を火事場泥棒的に得た」と「共」に

「戦後の日本本土内では、

日本本土内に居た朝鮮人を米軍の占領政策に入り込ませ、

米軍の占領政策により丸腰にされた日本人相手に

武器を持ち乱暴狼藉を働き、

駅前や大街道沿いの一等地等を略奪等した、

詐欺~火事場強盗集団」でもある。

「戦後の日本国内で相応の利権を略奪出来た朝鮮人の多く」は

「その後も日本国内に居残り続け、

朝鮮人による植民地支配詐欺~日本の敗戦につけ込んだ火事場強盗等を

永遠に正当化させ続ける為に、

戦後日本国内では、情報・教育工作~情報統制状態を強い続け、

戦後の韓国・北朝鮮内では、捏造史に基づく反日情報・教育を行い続けて来ている」が

「日本国内では、ネット普及以降、情報統制状態が崩され、本当の史実等が露呈する様に成って来ている」ので

「無理やりにでも其の流れを押さえ込むべく、

日本国内では、

濃度で都合の悪い者・物・事等を圧殺する手法を主とした、

飲食物工作・電磁波工作・情報・教育工作・医療工作・政財界工作等々の、

非人道的な、

日本乗っ取り支配(植民地化)を目的とした、

スパイ・工作活動等まで行い続けて来ている」と

「共」に、

「韓国・北朝鮮共々、国レベルで、国際社会を無理やり巻き込もうとした、更なる、駄々や詐欺等を仕掛け続けて来ている」。

「日本側」は、

「韓国とは、日韓基本条約締結を基に未来志向で行こう!と数多くの韓国の大罪を水に流し、未来を取る道を歩もうとして来ていた」が

「植民地支配詐欺の裏では、

北朝鮮金政権等共々、

戦後の日本を乗っ取り支配(植民地化支配)する

非人道的な手段まで使う工作まで仕掛け続けて来ている韓国悪政権等」が

「日本も含む、国際社会相手に、更なる、詐欺・駄々・問題行動等を起こし続ける事により、不当利権を略奪しようとしている状態」には

「さすがに、堪忍袋の尾も切れた状態と成っている」。

「韓国悪権力者等も北朝鮮金政権等も、終戦時~戦後行い続けて来ている事の実体や事実・現実をありのままに理解・把握・自認する事」が

「必然に成っている」が

「摘発~逮捕前の詐欺師が、自らの罪を認める場合はレアケース」で

「摘発~逮捕後でも、罪が確定し罰を与えられても尚、自らの罪を認めようとしない場合が多い」のだから、

「この手の問題に対する実効のある対処法」は「限られて来る事に成る」。

「世界中が歴史上の実体や事実・現実を原寸大に、ありのままに、理解・把握出来る状態が生まれる」なら

「詐欺~火事場強盗~更なる詐欺・約束やぶり・重大犯罪(他国内での非自動的な工作・偽札・覚せい剤等々)を

行い続けて来ているのに、其の自省も、是正も、謝罪も、補償も、しようとしない、韓国・北朝鮮や其の手下・手先等に、

全世界の健常な人間たちが与える厳罰」は

「其の存在を消す事」と「永遠の恥辱に染まる道の上に置き続ける事」に「成る」。

「元々、日本による保護~日韓併合による救済が無ければ、とっくの昔に、無く成っていたのが、

韓国・北朝鮮の実態であり、

産まれてもいなかったのが、多くの韓国人・北朝鮮人の実態」だ。

「日本による保護~日韓併合による救済を、日本による侵略~植民地支配とする詐欺の上での将来」が

「消える」のは

「極めて当然の現象に他ならない」』。

『「未だに、日韓間問題」や「戦争体験」等々を

「日本の反現政権政治運動に利用し続けている、

北朝鮮のオトモダチ反対野党系の臭いが濃厚な、テレビ・ラジオ・マスコミ等も

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「日韓問題の本質」は

「史実上に未来を築くか?」

「捏造史の上に無理やり築き続けようとしている虚像の中の未来を築かせるのか?」に「他ならない」。

「現実を理解・把握する技術も急速に進歩・進化し続けて来ている人間世界」で、

「現実離れや現実否認が消滅や滅亡に直結している事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」だ。

「韓国も北朝鮮も滅亡したくない」なら

「先ず」は、

「日本国内等、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を止め」

「国家間や国際間の約束くらいは、確実に守るべき」であり、

「捏造史に基づいた反日情報・教育等は止め、史実通りの情報・教育を行うべき」だ。

「真に勇気も実力もある国家指導者等なら、出来無い筈の無い重大責務が其処に在る」。

「未だに、捏造史に縋り付いている」のは「小者」や「悪魔に魂を売り渡した者たち等」に「成る」』。

『「日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、学校教育でも、

~日本による保護~日韓併合~終戦直後~の史実を

原寸大にありのままに配信したり、教えたり、する事を

意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「其処で重要に成る事」は

「其の当時の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)実態や、其の集大成である世界中の国家等の精神文化も

ありのままに、原寸大で情報配信したり、教えたりする事」だ。

「多くの人々が、戦争を是と考え、植民地を持つ事こそが、国家としての成功の姿と、考え・思えていた時代」には

「その集大成として、より優位な武力等を持てていた国々が、積極的に、植民地支配を行う事で、自国・自国民を豊かにしようとしていた」のが

「史実」だ。

「其の様な、欧米列強の流れは、清にも及び、清が欧米列強に食い荒らされた状態下に追いやられ、衰退する」と

「清の属国状態だった、当時の韓国は、単独では、国の存続さえ危うく成った」。

「其処で、日本に保護を求め、日本による保護の政策が良かったから、対等合併を求めたが、

実際は、国力相応の日韓併合二国間国家間契約に成った」。

「日韓併合は、二国をより進んでいた日本寄りの一国とする国家間契約だった」ので

「行われていたのは、植民地支配政策では無く、日本寄りに一国化する同化政策だった」。

「当時の朝鮮人は、植民地支配下の奴隷では無く、日本人共々同様に成っていける同じ国の民だった」のが「史実」だ。

「朝鮮王朝の方々は、日韓併合後の日本の準皇族に成り」、

「朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成った」。

「多くの貴族も財界人等も、自主的に、日本に渡来し、日本国内で日本人と同様に暮す為に合理的に成る、創氏改名の権利も得ていて、

其の権利は、一般朝鮮人にも与えられていたので、

衰退し、荒れ果てていた当時の朝鮮半島内から

より近代化整備等が進んでいた日本本土内に

自主的に渡来した朝鮮人の数も非常に多かった」。

「逆に、朝鮮半島内を日本本土並み以上に近代化整備すべく、

武器では無く、金と技術と能力と仕事等々を持ち朝鮮半島に渡った日本人も多かった」。

「例えば、日韓併合当初の釜山」は「何も無い様なところ」で

「色の無い汚れた着物を着た、元気もあまり無い朝鮮人が、うようよしていたところでもあった」が

「日韓併合後、日本による近代化整備が進むと共に、

朝鮮人の、衛生・教育・文化・生活水準も、当時の日本人並み近くに、飛躍的に上がった」ので

「日本人同様の仕事を任せる事も可能に来た」。

「日韓併合後しばらくすると、日本本土から丁稚奉公に出された〇男坊と朝鮮人が、共に、同じ仕事場で働く状態にも成っていた」。

「更に、大戦前くらいに成る」と「日本人の会社の経理を任せられる程、正直で優秀な朝鮮人も居る様にまで、同化政策は進んでいた」。

「戦争」と「日本の敗戦」と「悪朝鮮人の詐欺等々」により、

「日本人と朝鮮人の良好な関係が崩されている」のが「実体」に「成る」が

「世界大戦精神文化」とは、

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いの先に、ある意味、必然的に生まれた、侵略~植民地支配精神文化の先に、

必然的に、生まれる精神文化でもある」。

「日本は、当時の韓国とは二国を一国化する日韓併合国家間契約を結んだが、戦争はしていない」が

「日清・日露戦争で、過剰とも言える活気が付いてしまった当時の日本の軍部や其の大応援をしていた当時のマスコミ等」は

「侵略~植民地支配精神文化其のままに、中国等への侵攻を行ってしまった」ので

「当然の如く、其の先で生まれた世界大戦にも入り込む事に成ってしまった」。

「多くの人々の精神構造が植民地を持つ事が一等国の証等の考え・思いに是を出していた時代」には

「朝鮮半島を日本の植民地と言いたがっていた日本国民の数も決して少なく無かった」が

「当時の多くの日本国民は、権力者まで含めて、欧米列強の植民地支配の実態を知らなかった」。

「同化政策は同化政策であり、植民地支配政策とは違う事は、

両者の実態を事実・現実通りに原寸大で理解・把握するなら、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「朝鮮の文化も尊重した同化政策だったので、主として、朝鮮人が行く学校ではハングルも教えられていた」し

「日本人と同様の名前を使う権利である、創氏改名の権利も、朝鮮人に与えられていた」。

「日韓併合当初は、

多くの人々が読み書きソロバンを出来た日本人と、

読み書きが出来ない人々も多かった多くの朝鮮人庶民では、

生活文化等も違い、衛生・教育水準等も

違い過ぎていた」ので、

「日本人用と朝鮮人用の学校は別につくられた」が

「少々すると、日本人並みに優秀な朝鮮人は、日本人用の学校にも入学出来る様に成っていた」のも

「同化政策故」だ。

「貧しい家庭の娘さんたち等が、売春の仕事に就いていた」のは

「当時、日本人も朝鮮人も同じ」で

「売春は、合法で相応に高報酬の仕事だった」。

「当時の朝鮮半島内では、意に沿わぬ朝鮮人の娘さんが、親・兄弟・親戚等により、朝鮮人の売春仲介人に売られていた事も多々あった」が

「其の裏に在った貧しさの原因」は

「朝鮮王朝時代の庶民衰退化支配政策であり、日韓併合では無い」。

「日韓併合時に朝鮮半島に渡った日本人は、当時、朝鮮人が住んで居なかった場所に家を建てた」し、

「日本人の家も、国の近代化整備政策上等で、取り上げられる事もあった」のが「当時の時代の現実」だ。

「朝鮮人流に言うなら、日本による略奪が其処にも在る事に成るが」。

「オンドル部屋の汚い、ボロボロの敷紙の上」でも

「朝鮮の冬を上手くやり過ごす方法には、興味・関心を持っていた日本人」が

「汚い、ボロボロの敷紙の理由が、高いから」と「聞いた時」には

「朝鮮半島内では、紙が未だ、工業化されていなかった事に気づかされた」。

「その後、当然、日本により、朝鮮半島内にも、紙工場がつくられた」が

「大戦後の強制的日本本土への日本人強制帰還時に、

其の様な日本人が資金を出し建てた工場やインフラや家々等々を

日本に持ち帰れる訳も無い」。

「それどころか、同化政策上で、相応に、仲良くやっていた」のだから

「時が経てば、また朝鮮半島内で仕事にも復帰できる」等と

「半分程度の資産等は、朝鮮内に置いたまま、帰還等した人々も、それなりの数居た」のが

「史実」だ。

「悪権力者等による、日本敗戦につけ込んだ植民地支配詐欺等々により、

朝鮮半島内では、日本人が残して来たモノを上手く{略奪}出来た朝鮮人が、今の財閥の者の祖先だったりしていて、

日本国内では、敗戦火事場強盗等資産・財産・立場等々により、大企業や大地主や政治家や農協等々の幹部だったりしている」のが

「史実」だ。

「史実を誤魔化し続け、圧殺・黙殺等させ続ける為」に

「非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けて来ている者たち等」に

「長い未来が在る訳も無い」。

「其の子孫が、悪い精神構造や精神文化を引き継ぐなら自滅が必然に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「韓国観光客来ないと地方困るゾ!脅し」や「常人と詐欺師の交流を常人同士の交流にすり替える情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。

『「常人同士の交流」なら「ウィン・ウィンの関係を築く事も相応に可能になる」が「常人と詐欺師の交流」では

「詐欺師を摘発~逮捕等する」か「詐欺師の要求が通るか?否か?」の「関係にしか成り得無い」。

「詐欺師を常人扱いする事のデメリット」は「常人側に押し付けられる事に成る」。

「常人同士の交流」なら「時には、謝罪や遠慮等をして、相手を立てる事が合理的に成る場合も在る」が

「詐欺師に対する、謝罪や遠慮等は、詐欺が通った事と同じ」で

「一度、詐欺を通せた相手なら、何度でも、詐欺にひっかけられると考えるのが、詐欺師の精神文化」だ。

「韓国や北朝鮮との交流」が

「常人同士に成るのか?」「常人と詐欺師の交流に成るのか?」は

「国同士の約束や国際的約束がどれだけ守られて来ているのか?」の「史実」からも

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る、大恥国家等の実態が其処に露呈している」』。

『「韓国人観光客が来なく成っている日本の観光地」は

「多くの日本国民にとって、より快適な観光が可能に成っているところ」と

「強く推定出来る」のは

「例えば、中国人・韓国人観光客だらけ・・・で異様な雰囲気に成り、観光どころでは無く成ってしまい易い、京都の観光地等の実態」からも

「良く判る」。

「天候等が悪く無い」なら「こんな時こそ国内旅行のチャンス」だが

「筆者の場合は、工作電磁波等対策で私財も時間も大いに削がれている状態下に在る」ので

「韓国人観光客が来ないのなら、ついでに、日本国内に居る、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等も、

朝鮮に帰るなり、朝鮮に行くなり、する、させられるべき」等と

「強く感じていたりもする」。

「是非とも、非人道的なスパイ・工作活動等が完全撲滅された後に、

清々しい気分で、国内旅行に行きたいもの」だ。

「日本政府も警察等も、いい加減に、戦後日本国内で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等を

徹底摘発するべきだ」し

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

戦後日本国内で行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を徹底的に告発等するべき」だが、

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の者たち等が、選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界では、

未だ、{与党}状態だからか、

其の様な、日本としてなら、当たり前の、健常な告発報道実態は、未だに、実効が出る程に必要十分に、無い」ばかりか

「むしろ、韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等の手下、情報工作員的実態を露呈し続けている常連出演者等や常筆等がゾロゾロ・・・状態なのだから、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党の流れは民主党等~立憲民主党等にも続いている」。

「日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等が徹底摘発されない元凶が其の辺りに在る可能性も大きい」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行っていたり、手伝っていたりする」なら

「摘発の邪魔も当然に成るが」』。

『「戦後日本の所謂、文系の情報・教育は本当に、酷い」。

「例えば、テレビ・ドラマでも、

殺傷ドラマや、いじめドラマや、自殺ドラマや、性暴力ドラマ等々は、其れこそ、嫌になる程、数多く在る」が

「殺人欲動を殺すドラマや、いじめがしたくなくなるドラマや、自殺を考えなくなるドラマや、性暴力に向かわなくなるドラマ等々は、

未だ、実質的に、皆無状態」だ。

「其処に在る」のは

「精神構造・精神文化の健常成長を促して来ていない、所謂、文系の学校教育等の、酷く、劣悪な、悪影響に他ならない」。

「旧来からの日本の精神構造・精神文化」には

「自己健常支配の要素が、かなり濃く在る」ので

「戦後までの日本の学校教育上でも、時代相応に、他者支配の前に、自己支配等が在った」。

「旧来からの朝鮮半島等の精神構造・精神文化」では

「他者支配が圧倒的に強く、他者による被支配に甘んじる、甘んじさせる精神構造・精神文化も伴わされている」。

「植民地支配詐欺で米国権力者に取り入り、大戦後の占領政策にも入り込んだ朝鮮人悪権力者等」は

「日本人を二度と悪い事をしない様に指導する為に!{詐欺}」で

「戦後日本の情報・教育界にも、数多くの朝鮮人や其の協力者等を送り込む事に成功してしまった」。

「排除された」のは「保守では無く、日本」であり

「入り込んだ」のは「革新では無く、朝鮮」というのが

「戦後日本の情報・教育界の実態」だ。

「其の人脈故の悪現象」が

「学校教育はもちろん、映画やラジオ番組・テレビ番組やマスコミ等々でも、露呈し続けて来ている」。

「日本による保護~日韓併合前の朝鮮から濃厚に在り続けて来ている朝鮮系の亡国をもたらす精神構造・精神文化」が

「其処に露呈している」。

「今時の日本人なら、書けない訳の無い、殺人欲動を殺すドラマや小説等々が、何故無いのか?」

「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報で、悪朝鮮の精神文化を植え付けられてしまって来ているから」だ。

「何故、こんな酷い状態の是正さえも行おうとしていないのか?」

「実権を握っている者たち等が、其の精神文化の持ち主だから」だ。

「終わらない、いじめ、自殺、虐待等々や、同様の新たな、酷い、事件・事故等々の連鎖」の

「責任の一端は、間違い無く、其処に在る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本だけでは無く、極東地域から、アジアから、世界中から、

無くすべきは、酷い、精神構造や精神文化」に「他ならない」。

「今、生きている全ての人類の重大責務が其処に在る」。

「詐欺を行う者や約束を守らな者や嘘つきやズルを行う者等々」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置けば良い」。

「其れが、国家指導者等なら、その分、永遠の恥辱に染まる道の上での、その名の大きさが大きく成るダケ」だ。

「詐欺を謝罪し、補償し、悔い改め無い、

国家間約束や国際的約束を守る状態に是正しない、

嘘をつきズルを行い続ける

韓国や北朝鮮の金未来に在るのは{死に目}だけ」だ。

「詐欺を謝罪し、補償し、悔い改め、

国家間約束や国際的約束を守り、

嘘やズルを止める

韓国や北朝鮮なら、応分の{生き目}が出て来る事に成る」。

「どちらの道を選択するのが真の賢者なのか?」は「もはや、言うまでも無い事」だろうが

「韓国も北朝鮮も、残されている時間が短い事くらいは、十二分に自覚するべき」だ。

「もちろん、其れは、日本の中の韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等の手下や手先やその協力者等」でも

「同じ」だ。

「自浄や是正等が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

(時間が取れたので、後日では無く、本日、記した。)

|

先ほどまでブログを記入していたら、またまた、突然消されてしまったが・・・。

『「接続しながら記入する途中で、切断する不正工作が行われた様相」だが「其れも、ブログ記入内容を覗き続けた上での言論粛清工作の一例」と

「強く推定出来る」。

「記入していた内容としては、常人同士の交流と常人と詐欺師等の交流の違い」や

「詐欺師等との交流の前に行うべき事」や

「日韓・日朝関係」や

「戦後日本の情報・教育等の内実の話し」等々だったが、

「本日は、余り、時間が無い」ので

「後日、また、少しずつでも記す事にする」。

「何れにしても、一般市民のブログ記入にまで、監視・言論粛清工作等を仕掛けている者たち等を

何時までも、日本国内で放置し続けていてはいけない」。

「朝鮮系や旧社会党~民主党~立憲民主党等の問題や批判等も入っていた」から

「其の辺りの人脈の者たち等による{犯行}の可能性が高い感じを強く受けている」』。

|

テレ朝朝番では、日韓間問題等について常連出演者等が「朝鮮ご用達論」等を公共の電波上で一方的に大喧伝等していたが・・・。

『「先の大戦後の朝鮮半島内からは、ほぼ全ての日本人が日本本土に帰国している」ので「その後の朝鮮半島内」では

「戦後の日本国内の朝鮮系人脈とその協力者たち等による集団スパイ・工作活動等の様な事態は起こされていない」が、

「其れでも、昨今の日韓間問題等から、振り返り、

日韓併合二国間国家間契約に基づく、二国を一国化する同化政策を

植民地支配等とした{詐欺}の延長線上に存在可能に成るのは、

韓国内・北朝鮮内等での悪戯な反日と

当然の結果としての日韓対立にしか成り得無い事等を

実体や事実・現実通りに理解・把握しようとする動き等が、

当然の如く生まれている」のは

「何処の国の何処の民族の人間でも、

人間として最終的に共有出来るのは、実体や事実・現実を原寸大に!であり、

実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時に初めてその人間も落ち着く事が出来るから」だ。

「逆から言う」なら

「どんなに情報・教育・不適応分子粛清工作活動等を

例え、集団で、仕掛け続けていても、

その先には、人間が落ち着ける場所など生まれ得ない事」は

「最初から、既に、明らかに成っている事に成る」。

「この人間としての基本的で当たり前の真実」を

「未だに、認められていない様相」なのが

「未だに、日本国内で、北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等の為に集団スパイ・工作活動等を行い続けている者たち等」で

「其の醜悪で劣悪な実態の氷山の一角を露呈させ続けて来ている様相なのが、

所謂、左翼(内実、進歩的でも革新的でも無い、実態としては、親朝鮮派等)のテレビ常連出演者等の実態」だ。

「本日も、韓国では、進歩派の人々でも保守派の人々の意見を聞くが、日本の保守派は所謂、左翼(同上)の意見を聞かない!等の旨、

公共の電波上で喧伝等していた」が

「日本の公共の電波上や学校教育上の多くの情報・教育等が、所謂、左翼(同上)偏向状態なのだから、

戦後の日本社会内で生活しているなら、

否応無しに、

所謂、左翼(同上)ご用達論を、{押し付けられている}状態下に在り続けて来ている事に成る」。

「逆に、所謂、左翼(同上)の者たち等」は

「ネット普及前までは、所謂、保守派等の論や考え等に触れる事も困難な状態下に在り、

所謂、左翼(同上){信者}状態である事こそが、正道上に在る事等と、容易に勘違い出来てしまえる状態下に在り続けていた」。

「ネット普及以降、所謂、左翼(同上)の情報統制状態が崩され、所謂、保守派等の論や考え方等にも触れられ易い状態が生まれた」が

「所謂、保守派等の論や考え方等を理解・把握し、認める事は、多くの場合で、所謂、左翼(同上)の論や考え方等を否定する事と成り、

自らが覚えたモノは自分の一部、自己保存の為には自己否定では無く自己是認という人間の特性から、

既に覚えてしまっている所謂、左翼(同上)の論や考え方等を否定し辛い塊化している場合が多く、

旧態依然とした所謂、左翼(同上)の論や考え方等の塊化してしまっている者たち等の多くは、

そんな状態の狭義の自分を、心の底から、自ら承認する事も困難なので、

上辺ダケは、優等生ぶり、正義ぶり、

所謂、左翼(同上)ご用達論等を、

公共の電波上の常連出演者等や公共レベルのマスコミ常筆等の圧倒的優位な立場から

一方的に大喧伝等する事により、

視聴者・読者等の他の人間たちからのお墨付きを得る事で、

他者を利用した自己承認欲求の代償欲求の追及行為を行い続けている、

酷く、劣悪で、醜悪な実態を、露呈し続けて来ている様相」なのだから、

「其の厚顔無恥ぶりは、正に、お見事!(もちろん、皮肉)状態」だ。

「こんな事を指摘されない様にする方法は簡単」で

「公共の電波上でも、公共レベルのマスコミ上でも、

基本的には、常に、

所謂、左翼(同上)と所謂、保守派等の論や考え方等の両方を

同時に、同等レベルで情報配信すれば良いダケ」だが、

「其の当たり前の対処法を行う事

=所謂、左翼(同上)が自己否定しなければバカである実態を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で露呈させる事」と「成る」ので、

「既得権益を最大限悪用して、未だに、所謂、左翼(同上)偏向・偏重状態の情報配信等を続けている場合が多い」のが

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態」だ。

「もちろん、こんな酷い状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「朝鮮半島内でも、日韓併合時、或いは、日本統治時代の、朝鮮半島内は、悪く無かった旨等、

歴史上の実体や事実・現実通りに原寸大で理解・把握し、認めている人々が少なからず居る」のは、

「日韓併合時に行われていたのは、

植民地支配政策では無く、

二国をより進んでいた日本寄りの一国化する同化政策だったのだから、

ある意味、極めて当たり前の現象でもある」。

「行われていた事が、二国を一国化する国家間契約であり、其の下の同化政策だったのに、

何故、日本による朝鮮侵略~植民地支配などという実態離れした事が

戦後独り歩き出来る様に成ってしまっているのか?」

「大きな理由」は

「植民地支配詐欺」により「戦後の朝鮮半島内の支配権」を「火事場泥棒的に得よう企んだ、悪朝鮮人権力者等」と

「日本との戦争に成ってしまったが故に、植民地支配詐欺に騙される事が米国にとっても好都合に成ってしまった事」等で、

「植民地支配詐欺」故に

「戦後の米軍による占領政策にも入り込め、戦後朝鮮半島内の支配権も得る事が出来てしまった朝鮮人悪権力者等」は

「植民地支配詐欺の基を正当化・公然化し続ける為」に

「朝鮮半島内でも、数多くの朝鮮人等も居残らせ続けて来ている日本国内でも、

~日韓併合時~終戦直後の史実通りの歴史を封印させた上に、

植民地支配詐欺を正当化・公然化せしめる情報・教育等を行い続けて来ていたから」だ。

「其処に在る」のは「悪朝鮮人等ご用達の捏造史であり、本当の歴史事実では無い」が

「其れを、良く覚えた者たち等が、所謂、左翼(同上)教育の優等生とされて来ている」ので

「所謂、左翼(同上)優等生等にとっても、捏造史は、自らが優等生であり続ける為の{信仰軸}に成ってしまっている」ので

「多くの、自己否定ならぬ、実体や事実・現実に基づいた自己是正を行う能力はほどんど育てられていない、所謂、左翼(同上)優等生等は、

相変わらず、旧態依然とした所謂、左翼(同上){宗教}上での優等生{宗教指導者}であり続けようとする、

超おバカで自虐的な、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在に成ってしまう道の上を、歩み続けている」のが

「多くの、所謂、左翼(同上)の者たち等、酷く、劣悪な、実態」だ。

「もちろん、所謂、左翼(同上)には、確信犯の反日国人脈のスパイ・工作員等も居る」が、

「戦後日本国内で、数の面で多い」のは

「そんなスパイ・工作員等に有益分子として調教されてしまったままの、

所謂、左翼(同上)マインドコントロールが解けていない者たち等」だ。

「確信犯のスパイ・工作員等を徹底摘発する」と「共」に

「所謂、左翼(同上)マインドコントロールを解く事」が

「非常に重要に成っている」し

「本来なら、其の役に立つ情報配信等を行っているべき」なのが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「未だに、所謂、左翼(同上)ご用達状態」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「植民地を持つ事が一等国の証だった時代」には

「日韓併合により朝鮮半島内も日本国と成った事を受けて、

朝鮮半島内を植民地と言いたがる日本国民の数も決して少なく無かった」が

「日韓併合二国間国家間契約に基づく同化政策が行われていた

当時の朝鮮半島内も含む日本国内は、

植民地支配状態とは程遠い状態だった」。

「朝鮮半島内の状態も日本本土内と同様」で

「朝鮮人が日本本土に自主的に渡来する事も出来ていた」のだから

「同化政策は、同化政策であり、断じて、植民地支配政策では無かったのが、歴史上の現実」だ。

「植民地支配詐欺派の者たち等」は

「植民地を持つ事が一等国の証だった時代に、決して少なく無い数の日本国民が朝鮮を植民地と言いたがっていた事等を

植民地支配の事実等として悪用したがる」が

「何事でも、重要なのは、上辺では無く、内実である事」は「決して、忘れてはいけない」。

「上辺ダケ、芸術展の、内実、政治運動」みたいな「ズル」を「黙認・容認等する」なら

「不当メリットを、そんなズルを仕込む者たち等が得る事が、出来てしまう事に成る」。

「ズル容認人間社会」では「正道上に在る論や技術等々も育ち辛く成ってしまう」ので

「ズル容認人間社会」は「必然的に衰退する」。

「其の一つの象徴が、日本による保護~日韓併合前の朝鮮半島内」だ。

「清によるお墨付きというズルで、朝鮮半島内の支配権を得ていた者たち等にとって、

重要な事は、清によるお墨付きの維持であり、自国・自国民を豊かにする事では無かった」。

「其の積み重ねの歴史の結果、清が欧米列強に食い荒らされ始めると、単独では国の存続さえ危うい状態に陥ってしまった」ので

「日本による保護を求め、日本による保護の実態が良かったので、対等合併による生き残りを望んだが、

最終的には、国力相応の日韓併合二国間国家間契約に成った」のが「史実」だ。

「当然、悪朝鮮人権力者等は、日韓併合当初から、日本の国の中から日本国を乗っ取る策略を抱き続けて来ている」。

「米国に渡った悪権力者の一部が、戦争と、日本の敗戦による火事場泥棒等を企み、実行した」のも

「元からの策略上の事」と「強く推定出来る」。

「其の様な根本的悪人を根絶する事抜き」に

「健常な人間世界は成立し得無い」が

「根本的悪人の一味としての実態を露呈し続けて来ている北朝鮮金政権等に対しても、

核を持ったなら勝ちでしょ!の旨等喧伝等していたのが、

所謂、左翼(同上)テレビ常連出演者等の酷く、劣悪な実態」だ。

「まるで、北朝鮮の中・短距離核を米国が認める事の実現を望んでいるかの如き様相の論等までをも、

日本の公共の電波上で喧伝等していた」のだから「本当に、酷い」。

「北朝鮮の核は、国際的合意を反故にして不当に持っている核に他ならず、完全撤廃以外はあり得無い」。

「完全撤廃の必要性を言わない国々等の政治的思惑等も明らか」で

「完全撤廃が当然と考えているが、其れを言わない事による外交交渉上のメリットを確保したいダケ」で

「北朝鮮金政権等に核を持たせたい訳では無い」。

「北朝鮮金政権等が約束通りに、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全撤廃しない場合、

アッと言う間に北朝鮮金政権等の負けで終わる、北朝鮮解放戦争に成るだけ」なのに、

「其れを言わず」に「北朝鮮金政権等の核保有を言っていた」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「詐欺師も許容の多様性論」や「インチキ憲法解釈論」や「実効の無い核廃絶法等賛同論」等を常連出演者等が喧伝等していた様相だったが・・・。

『「日韓間問題」で「政治では対立でも、市民レベルでは仲良く!等の旨」を「日本の公共の電波上で喧伝等する事」の「実効」は

「多くの視聴者等の頭の中」に

「日本の政権と韓国の政権が同等である感」や

「仲良くする事こそが正義であり、対立している現状は悪い等の感」等々を「抱かせる事」等による

「実質的、日本の政権批判・非難等に成る」。

「反現政府等感情を多くの視聴者等に植え付けようとしている、公共の電波を使った、実質的、マインドコントロールの実態」が

「其処に露呈している」。

「上辺では、優等生ぶり、正義ぶり、内実では、政治運動等を行い、多くの視聴者等をイメージ等により誘導しようとしているその実態」は

「上辺では、芸術展でも、内実は政治運動」という「表現の不自由展その後」等と「同様」の

「詐欺的手法」で

「其処に露呈している」のは

「悪朝鮮精神文化」等に「成る」。

「更に、インチキ憲法解釈論まで公共の電波上で行っていた」が

「憲法を持ち出して、

{自由とは(国家)権力から自由に成る事}とか、

{権力を規制するのが憲法}とか

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ご用達の解釈論を擦り込もうとする手段」は

「拉致工作対象者を有益分子化する思想教育」や

「聖書等を持ちだして、其の新興宗教にとって都合の良い解釈を信者化したい人々に擦り込む手段」と

「同様」で

「コレも、悪朝鮮精神文化上では、良く使われる手段」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

憲法解釈は、最高裁が決め、

最高裁判事に対するダメ出しが出来る様に成っている事により、其処にも民意反映の手段が在る」のが

「戦後日本国の体制」だ。

「最高裁判決等が決定される時に重要視されている」のは「上辺では無く実体」で

「例えば、

表現の不自由展その後の様な芸術展の上辺で装った内実政治運動」なら、

「芸術展として扱うのでは無く、政治運動として扱った上で判断を下す」のが「通例に成っている」。

「そうしなければ、上辺で騙す詐欺師等を悪戯に利す事に成ってしまうから」だ。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ご用達インチキ憲法解釈論等を、公共の電波上で常連出演者等に大喧伝等させていた

テレビ番組・テレビ局の異常性」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「反日他国人脈等の日本国内の情報工作機関等の実態」が「其処に露呈している」。

「日本の公共の電波を使っているのだから、そんな異常な状態の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「実効の無い、核兵器廃絶条約など、いくら批准したところで、平和ボケ現実逃避派の自己満足にしか成り得無い」。

「実際に、国家・国民の安全保障を成り立たせ続けなければならない、その国の政権」が

「そんな安易な道を悪戯に選択出来る訳も無い」が

「核兵器廃絶条約等の{上辺}」は

「如何にも、平和的、理想的で、

{上辺}に拘る、拘らさせられる、なら、

其れに抗う事は、好戦的、破壊的等々にも、思ったり、感じたり、出来てしまう」のに、

「公共の電波上で、実質的に、{上辺}に拘る事を大推奨状態だった」のだから、

「核兵器廃絶条約を利用した、反現政権政治運動等の実態が其処に露呈している事に成る」。

「此処にも、詐欺師的手法、悪朝鮮精神文化等が露呈している」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等を、何処のどんな人脈が牛耳り続けて来ているのか?」は

「露呈している精神文化を理解・把握するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「極東地域やアジアでの連携も結構だが、連携の前に、連携を可能にする為の悪い精神文化を一掃する大掃除が要る事」は

「疑いの余地が無い事」に「成る」。

「この重大事を圧殺・黙殺したがる」のは「悪い精神文化の持ち主等と相場は決まっている」。

「差別撤廃を言う前に、人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から整合性を取った善・悪区別に基づいた悪差別が必要に成る」。

「悪差別抜きの差別撤廃では、実質的に、悪を利す事に成ってしまい易く、自虐事態を誘発し易く成ってしまうから」だ。

「極東地域やアジアから、悪精神文化を駆逐させる為に有益に成る情報配信をしているべき、日本の公共の電波を使っているテレビ等が、

悪い精神文化を実用し続けて来ている事等により、

実質的には、悪い精神文化の公然化を行い続けて来ている実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「其の悪影響が如何に甚大に成ってしまっているのか?」は

「いじめ、虐待、同様の新たな事件・事故等々の繰り返し、等々の戦後日本社会の実態からも、良く判る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何故?原爆がつくられ、使用されてしまったのか?」

「当時の人間世界の主流最先端精神文化が、世界大戦だったから」だ。

「主流最先端精神文化だった世界大戦へ参加出来るレベルにまで、自国の科学技術力等を高める事が出来ていた当時の国々は皆、

より多くの敵をより容易に殺傷・破壊する兵器等の開発に余念が無かった」。

「開発力が一番進んでいた米国が先に原爆を実用化出来た」から

「世界大戦の中で使用した」のは

「ある意味、極めて当たり前の事」であり、

「仮に、日本が先に原爆を実用化出来ていた」なら「日本が原爆を使用していた」のが

「世界大戦精神文化の実態」だ。

「ここで、多くの方々は、気づいた筈」だ。

「{上辺}の原爆や核兵器ダケをいくら大問題化しても、核兵器廃絶は実現し得無い」が

「精神文化を是正する」なら

「核兵器も不要に成る人間世界が構築出来る事に!」

「原爆の実用にもより、世界大戦精神文化は、ほぼ完ぺきに終焉し、

核兵器が至るところに在る現在の人間世界では、

もはや、世界大戦精神文化の実用は、

どの国も出来得ない、行ってしまうなら人類滅亡に直結する、

実質的には、既に、葬られてしまった精神文化に成っている」。

「先の大戦以降、人間世界の主流最先端精神文化は、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いに成っている」が

「其れが、経済圧殺による大量の{戦死者}や地球環境破壊を生み出し続けて来ている精神文化である事も、

既に、多くの方々が、重々、理解・把握済みの事」だろう。

「武力を後ろ盾にした、経済による比べっこ支配権/被支配権争いという現状人間世界の主流最先端精神文化も、

実質的には、未だ、未だ、自虐度が高く、上手く行っていない実態が露呈している」のだから、

「此処で、主流最先端精神文化を健常進歩・正常進化させようとしない人間たちは、本当にどうかしている事に成る」。

「では、健常進歩・正常進化の先に在る人間世界の主流最先端精神文化はどんなモノに成るのか?」

「其れが、他の者・物・事支配/被支配から自己健常支配への進歩・進化と本質・快適等を探究する精神文化である事」は

「乳幼レベルの比べっこによる支配権(乳房)被支配権(親や大人等からの愛)争いから、

自己健常支配と本質・快適探究の成人レベルの精神構造に健常成長しようとしている、

個々の人類の精神構造の健常成長からも良く判る」。

「その為に有益になる情報配信を行えない、必要実力の無い者たち等に、

過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨夜のBSーTBSでは「公共の電波上のロイター記者等朝鮮ご用達化マインドコントロール」等が行われていた様相だったが・・・。

『「テレビ常連出演者でもある白人司会者」も「出演していた韓国人教女性授等も日本人{役}等」も「日本による保護~日韓併合時~終戦直後等」の

「歴史上の実体や事実・現実」の「実体や事実・現実通りの理解・把握」が

「圧倒的に不十分な状態」で

「韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等ご用達の日韓間・日朝間論等を公共の電波上で平然と喧伝等する事」等により

「同席していたロイター記者等」を

「視聴者等共々」、

「実質的に、マインドコントロール等しようとしていた様相だった」ので

「其の様な公共の電波使用の情報の一方的大量配信」は、

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「実体離れ歴史観」の

「一つの象徴」は

「ナチス・ドイツによる周辺諸国への侵略やユダヤ人大虐殺」と

「日韓併合二国間国家間契約」を

「同等扱いした、日本もドイツ同様に謝罪すべき論」だ。

「ナチス・ドイツのユダヤ人大虐殺は、民族差別に基づいた非人道的大悪行だったから、

其の代理謝罪にも、相応の合理性がある事に成る」が

「日韓併合時に行われていたのは、より近代化整備等が進んでいた日本寄りに二国を一国化する為の同化政策だった」ので

「もちろん、言うまでも無く、朝鮮人に対する民族差別を基にした大虐殺等は行わていない」。

「むしろ、日韓併合により朝鮮半島内の近代化整備が進み、朝鮮人庶民の衛生・文化・教育・経済・生活水準も飛躍的に上がったので、

朝鮮人人口も大いに増えた」のが「歴史上の現実」だ。

「朝鮮人を数多く殺した」のは

「北朝鮮金政権等が仕掛け、韓国李政権が応じた、朝鮮戦争」であり、

「独裁国家北朝鮮内での金政権等にとっての不適応分子扱いにされた者たちの粛清殺害」であり、

「日韓併合時には、

日本人と同等扱いの法の下での死刑や、

反政府武力闘争等の犯罪実行中に朝鮮人も日本人も居た政府側の武力組織等により殺された朝鮮人が

少数居ただけ」だ。

「戦後のドイツのナチス・ドイツが行った極悪事に対する代理謝罪」は「相応に、合理的に成る」が

「元々が、緒戦人側も納得の上二国間で合意契約を締結した日韓併合二国間国家間契約に基づく、

二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策に対して、朝鮮人側が謝罪せよ!等と言う事」には、

「明らかな無理がある」。

「では、何故、其の様な無理を韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等は、無理強いし続けて来ているのか?」

「日米間の戦争が始まってしまったが故に、当時、米国に渡っていた朝鮮人悪権力者等による日本による植民地支配からの解放{詐欺}が

通ってしまい」、

「其の先」で、

「戦後の朝鮮半島内の支配権」を「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に得てしまったから」だ。

「本来なら、二国間国家間契約だった日韓併合を解消する新たな二国間国家間契約を締結する」のが

「常道」なのに、

「日米間の戦争に乗じて、植民地支配詐欺が有効化してしまい、

終戦後の米軍等による占領政策にも大きく食い入る事が可能に成った朝鮮人悪権力者等は、

戦後の朝鮮半島内の支配権を火事場泥棒的に得たと共に、

戦後の日本国内でも、米軍の占領政策上で武器を持たされていた事等を悪用して、

丸腰の日本人相手に、

全国各地で、乱暴狼藉を働き、

駅前や大街道沿いの一等地を、略奪する事等も行い、

政界や情報・教育界や、農地解放にもからみ、農協等の幹部等としても{天下り}等して、

戦後の日本国内に、朝鮮人の実質的、植民地的状態を築いてしまって来ている」。

「其の延長線上に在った」のが

「政界では、かつて、二大政党の一翼だった、北朝鮮労働党のオトモダチ政党でもある、日本社会党」であり、

「戦後日本のマスコミ・ラジオ・テレビ・芸能界や、学校教育界や、農林水産等組合界や、新興宗教界の多くや財界の一部」だ。

「選挙のある政界」では、

「旧ソ連の絶大なる支援の下で誕生した日本共産党は相変わらず、元気な様相」だが

「日本社会党は、もはや、無い」し

「同様に、組合界の実態も相応に変化している」が、

「選挙も無いから、民意反映も、実権者人脈等の交代も不十分な情報・教育・芸能・新興宗教界等や財界の一部」では

「未だに、朝鮮系や社会党系の者たち等が与党状態」だ。

「未だに、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが、主扱いというテレビ界の異常さ」は

「其の一つの象徴に他ならない」。

「ナチス・ドイツのホロコースト」と

「当時の国家権力者同士が締結した二国間国家間契約の日韓併合による、

より進んでいた日本寄りに一国化にする同化政策」を

「同列に扱っている異常さ」等が

「未だに、残っているところ」からも

「其の汚染の酷さ」が「良く判る」。

「では、基本的に、謝罪の必要性など無い、日本による保護~日韓併合について、何故、日本側は謝罪をして来ているのか?」

「戦後日本国内の韓国・朝鮮系の情報・教育等による日本人マインドコントロールの悪の成果」として

「日本による保護~日韓併合~終戦直後等の日韓・日朝の歴史真実を十分に理解・把握する機会をほぼ強制的に奪われていた

多くの日本国民が、

韓国・北朝鮮ご用達論やご用達史観を真実と勘違い・思い違いさせられ続けて来ていた事により、

韓国側が謝罪を求めるなら、謝罪してもよいのでは・・・世論が生まれ易くなっていたと共に、

韓国側が、少々の謝罪をしてくれるなら韓国内の反日感情等もかなり抑えられ、その後は、日韓基本条約通りで大丈夫{詐欺}を仕掛け、

其れに、日本の一部政治家等が応じてしまったから」だ。

「元々、植民地支配詐欺で、戦後の朝鮮半島内の支配権や、終戦直後の日本本土内での利権略奪等を実現出来てしまって来ている者たち等」が

「言う、謝罪{詐欺}」が

「謝罪詐欺に成らない訳も無い」が

「一回だけ少々の謝罪を{与えれば}、後は、日刊基本条約に基づいて、未来志向で・・・」という

「人間としての希望の強さ」が

「一度だけ、少々の、なら、可という判断をもたらした」のが「実態」だった。

「詐欺師にとっては、一度でも詐欺に引っかかる者は、何度でも詐欺で騙せる」が「常識」だから、

「植民地支配詐欺」が「通ってしまった後」は

「謝罪詐欺」で

「更に、詐欺の基を仕込む為に、数々の問題行動を自ら実践し続けて来ている」のが

「昨今までの、韓国の実態」だ。

「北朝鮮金政権等に至っては、未だ、日本との国交正常化も出来ていない」ので

「植民地支配詐欺の次は、日本本土内に残して来ている北朝鮮系の人脈を悪用して、

拉致を始めとする、非人道的なスパイ・工作活動等を連綿と仕掛け続けて来ている」。

「そして、その告発・摘発等を防止させ続けて来ている」のも

「韓国・北朝鮮系の情報・教育・政界工作」だ。

「ネット普及前までは、実質的、情報・教育統制状態だった」ので

「情報・教育工作~政界工作等の実効も相応に高かった」が

「ネット普及以降」は「日韓・日朝間の歴史上の実体・事実・現実情報等も実質的に、解放された」ので

「韓国・北朝鮮系による日本国内韓国・北朝鮮ご用達情報統制状態も崩されて来ている」。

「所謂、理系の世界」では

「科学レベルで判明させる事が出来た、実体や事実・現実」なら

「政治的・思想信条的問題等で壁が無い限り、世界中の何処の誰でもが共有出来る」。

「本来、史実も全く同じ事」で

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」なら

「共有が可能に成り、お互い、其の上で、其の先を構築し易く成る」。

「歴史上の実体や事実・現実とはかけ離れた、ウリナラファンタジーを世界中で共有しろ!とやり続けて来ているのが、

戦後韓国・北朝鮮等の酷く、劣悪な実態」で

「もちろん、そんな事がまかり通る訳も無い」が

「史実が{詐欺師}であるが故に、真実を認める事=罪を認める事と成るので、

未だ、罪と罰から逃げ続けようとし続けている詐欺師たち等は、悪足掻きに忙しい」が

「既に、破綻が決まっている」ので「詐欺師たちの先は短い」。

「悪足掻きをし続ければし続ける程、破綻が来た時に、より大きな破局がやって来る事に成る」のだから

「韓国も北朝鮮も、早々に、詐欺とその後の乱暴狼藉不法・不当・非人道行為等々の数々を、自首し、謝罪し、補償するべき」だが、

「極悪詐欺師等に其の様な正道を期待しても虚しい事に成るのだろう」。

「行き着くところまで行き着けば、破綻~大破局になり、必然的に、悪は撲滅され、正義の下での再生が行われる事に成る」が

「其れも、朝鮮半島が使える状態で残っていてこそ・・・」だ。

「北朝鮮金政権等が核を持てば持つ程、使えなくなる可能性も大きく成る事に成る」。

「日本も少々の間、其の余波のチリに埋もれる事に成る」が

「直に、不死鳥の如く、復活する事に成る」』。

『「北朝鮮金政権等の先が短い事」は

「世界中の多くの人々が理解・把握出来ている事」だろう。

「韓国従北政権が北朝鮮金政権に近づけば近づく程、韓国の先も北朝鮮金政権等同様に、短く成る」。

「戦後日本の中に居続けている、其れらの実質的、手下、スパイ・工作員等やその協力者等の先も、同様」だ。

「北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等から遠ざからない限り、先が短い事が決まっている」』。

『「世界中の何処の誰でも、行き着く先は、自己健常支配の継続であり、他者支配・他者による被支配では無い」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実(史実等も含む)を原寸大でありのままに認める事」も

「自己健常支配に直結している」。

「ウリナラファンタジーの下で自己不健常支配を続けるなら、自己健常支配が不十分な分だけ他者支配・他者による被支配に溺れ易く成る」。

「他者支配の一つの象徴が、他人を操ってまで行っている政治・社会運動等であり、

他者による被支配に陥っている人々が、其れに操られている」。

「自己健常支配側に在る」のは「問題とされている歴史観等の裏にある真実の歴史」であり

「科学レベルで判明している実体や事実・現実通り、原寸大で史実を認めた先に生まれる論等」なら

「政治・社会運動等マインドコントロール・大衆誘導等抜き」に

「冷静にでも、十二分に知る、知らせる事が出来ているだけで、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが共有出来る論等に成る」。

「未だに、公共の電波を使った政治運動等を行い続けているテレビ・ラジオ等は、本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

小泉ジュニアの大宣伝状態だが・・・。

『「韓国系・北朝鮮系等の実権者等が牛耳り続けて来ている様相の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」で「好イメージで喧伝されている政治家・有名人」等には、

「当然の如く、共通点が在る」。

「其れ」は

「血統だったり、思想信条だったり、実現させようとしている政策等だったり、等々」が

「韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等を実質的に、利す事」等だ。

「血統で言う」なら

「小泉元総理は、朝鮮系とも言われている」。

「小泉元総理が、

北朝鮮の核兵器圧力を増させ、韓国の原発産業を有利にする、

極東地域日本のみ脱原発派に{転身}した事」も

「知っている方々が多い筈」だ。

「其の小泉元総理の次男」は

「テレビ芸能界で正義の主役に成れている場合も多い、小泉元総理の長男と、当然の如く、同様の顔で、

其処に、テレビ・マスコミ等による好イメージ大喧伝も重ねられている事等による

大衆マインドコントロール~大衆誘導効果のせいか、

テレビ・マスコミ等ご用達、実質的には、大衆誘導効果調査でもある、

次期総理等、人気投票世論調査では、常に、トップ争い状態に成れている」。

「政治家でも、芸能人でも、一般市民でも、結婚等の基本的には、個人レベルの祝儀がある場合も多い」が

「其れを、大衆好イメージ誘導の具に使っている場合が多い」のは、

「現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者等に都合の良い者たち等の時」だ。

「この辺り」にも

「報道等の中立・平等・公平性より、特定人脈への利権誘導の利」という「悪の思惑の濃厚な臭い」が

「充満している」し

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難な手段なら、

何をやっても、ズルでも、偏重でも偏向でも、やった者勝ちでしょ!等の

悪朝鮮の精神文化の濃厚な臭い」も

「充満している」。

「其れでも、学校教育等で、汝、本質を探究するな!与えられる者・物・事等を覚えよ!{調教}されて来てしまっている、

多くの、平和ボケ化されている場合も多い、視聴者・読者等は、

与えられる情報のイメージ通りに、覚え、知らず知らずの内に、その情報内容を自らのモノにさせられ続けて来ている」。

「其の事による、多くの日本国民にとっての自虐業の実例」が

「例えば、

当時の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等によって行われていた、

~自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!のイメージ大衆誘導による、

民主党政権の成立」だ。

「自民ダメ!の基を仕込んだ」のが「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪」だった。

「自民がダメ!なら、政権交代が必要と、短絡的に考えさせられ続けて来ている多くの人々が思ってしまうのは、

ある意味、極めて当然の現象に成る」が

「其処に向かって、政権交代こそが正義だぞ~!!と大喧伝していた」のが

「当時の多くの、テレビ・ラジオ・マスコミ等」だった。

「当然の如く、政権交代には、受け皿が必要に成る」が

「民主党こそが、良い受け皿だぞ~!!!と、大喧伝していた」のが

「当時の多くの、テレビ・ラジオ・マスコミ等だった」が

「民主党内での実権の多くを、

大量の議員等を連れて中国共産党を表敬訪問した、

幹事長室への実質的、利権集中を行った、剛腕幹事長の小沢氏や

旧社会党の面々が保持していた事」や

「平和ボケ状態の鳩山元総理等が、

実現させられたら理想に思える政策と実行可能な政策の区別等さえも、ロクに付けられない事等々の

重要事項は、圧殺・黙殺状態」だった。

「そんな事を行っていた」のも「旧社会党系の実権者等が牛耳り続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等だった」のだから、

「其の大衆誘導自虐業」は

「仕込みも実践も、北朝鮮労働党のオトモダチ旧社会党系の人脈の者たち等」であり

「其れに、乗せられて、踊らされてしまったのが、その当時、自虐業を行ってしまった、多くの一般日本国民有権者等だった」。

「選挙のある政界では、

日本を大いに細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた、民主党政権は、

当然の如く、もはや、無い」が

「其の残党」が「立憲民主党等々と違う党名の下で、未だに、国会議員等の座に居る」。

「選挙の無い、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、未だに、旧社会党等の人脈の者たち等が与党状態」だ。

「そして、其のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、小泉ジュニアに更なる好イメージを付けるべく大喧伝している様相が露呈している」。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使った、特定極一部の者たち等の、偏向・偏重、大宣伝・大喧伝等のズル」からも

「日本による保護~日韓併合前の朝鮮半島内で蔓延り続けていた悪朝鮮精神文化の濃厚な臭いが漂って来る」。

「そんな悪精神文化を実質的に、公然化している」のが

「現状までの、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の、酷く、劣悪な実態」だ。

「都合の良い、特定の者・物・事等には、好イメージを付ける情報を大喧伝:大宣伝状態」で

「都合の悪い、者・物・事等には、悪イメージを付ける情報を大喧伝・大宣伝等したり、圧殺・黙殺したりする、

差別・偏見塔に満ち溢れた情報配信等を行い続けて来ている者たち等が、

差別撤廃等を言って、正義ぶり、優等生ぶったり、している事は、詐欺師的で、

詐欺師的実態の公然化を行い続けて来ているところからも、

悪朝鮮精神文化の濃厚な臭いが漂って来る」。

「こんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「今時の人間として、実体や事実・現実に基づいた原寸大評価を基にした、最低限の理解・把握能力等がある」なら

「正直者同士」なら

「話し合えば、ほとんど全ての問題が解決出来る」。

「しかし、いくら能力があっても、正直者と詐欺師では、

いくら、話し合っても、ロクな結論が得られる訳も無く、

得られた結論を基にして、条約等を締結しても、其れが守られる訳も無い」。

「正直者と詐欺師の場合」に

「話し合いの前に必要に成る」のは

「詐欺師を正直者にする事」だ。

「詐欺師を正直者にする為」には、

「詐欺師の罪の全てを徹底的に摘発し、相応の厳罰を与える事等が、有効に成る」。

「詐欺師のままなら、大きな罰を受けるばかりか、大損する実体験を持たせる事」が

「詐欺師撲滅には有効に成る」。

「どちらも正直に、武力による命がけの比べっこを行った日米は、戦後、当然の如く、仲良し」に「成った」。

「日韓・日朝の関係が順当に行かない」のは

「韓国悪権力者等も北朝鮮金政権等も、

日米戦争と日本の敗戦につけ込んだ、植民地支配詐欺の下で、戦後の朝鮮半島内で国家指導者に成ったから」だ。

「単独では国も国民も存続不可能な状態に陥っていたが故に、当時の韓国の権力者たち等も自ら合意した、

二国をより進んでいた日本寄りに一国化する日韓併合二国間国家間契約により、

当時の韓国も韓国国民も救われた、ばかりでは無く、日本の絶大なる支援の下で、朝鮮半島内の急激な近代化整備まで行われた」のが

「史実」だ。

「朝鮮半島内一般市民の教育・衛生・文化・生活・経済水準の全てが、飛躍的に向上した」ので

「朝鮮人人口も大いに増えた」。

「日本人との同化政策だった」ので

「日本への自主渡来も可能だった」し

「日韓併合時には、時には密航までして、大量の朝鮮人が自主的に日本に渡来している」のが「史実」だ。

「其れを、植民地支配詐欺上では、日本に居る朝鮮人のほぼ全ては、日韓併合時等に日本に強制的に連行されてきた可哀そうな人々等と、

嘘を大喧伝等していた」が

「其の旨を、其のまま、大喧伝等していた」のが

「北朝鮮労働等のオトモダチ日本社会党の面々も多い、戦後日本の、ネット普及前の、朝日新聞等だった」。

「学校教育上でも、大学試験等でも、朝日新聞の引用が多い状態が続いていた」のも

「単なる偶然では無い」。

「戦後日本の学校教育界には、社会党系・朝鮮系の人脈の教師等が数多く居る」。

「植民地支配詐欺の論理」では

「野蛮な日本人を指導する」に「成る」のだそうだが、

「本当に野蛮」なのは

「日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的略奪行為等を行った朝鮮人の方である事」は

「疑いの余地が無い」。

「其れは、実体や事実・現実通りに、史実を原寸大で理解・把握する人間なら、

世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「本来なら、史実通りの実体・事実・現実情報等を原寸大で配信等する事により、

詐欺師を正直者に是正させる力を加えているべき

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

未だに、詐欺師の片棒を担ぎ続けている様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「芸術仮面の政治運動、表現の不自由展その後」をダシにした「公共の電波を使った政治運動」等を行う「ズルい、悪朝鮮等の精神文化露呈状態の様相」だが・・・。

『「前置きとして、米国留学生の原爆被害実態告発発表」等を「利用」し「相手側の言っている事を認める事の重要性」等を

「喧伝」等していたところも「ズルく、悪賢い」が

「其れも、日本による保護~日韓併合前に朝鮮半島内で蔓延っていた、ズルく、悪賢い、朝鮮半島内権力者等の精神文化そのままの様相」だった。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ジャーナリストも絡んでいる、表現の不自由展その後{政治運動}」を

「芸術」と「嘯く」のも

「朝鮮人の親・兄弟・親戚等が朝鮮人の娘を朝鮮人の仲介人に売っていた、

朝鮮半島内の従軍高報酬売春婦」を

「旧日本軍に従軍慰安婦として強制連行された哀れな娘」等と「嘯く」のと「同じ」、

「悪朝鮮の精神文化そのまま」に「成る」。

「該当、表現の不自由展その後を、政治運動では無くす方法は簡単で、

例えば、従軍慰安婦少女像の隣に、

朝鮮人が売り、買い、あがりをピンハネしていた、従軍高報酬売春婦の実態の像等を

同時に展示すれば良い」。

「親朝鮮反日ヘイト作品」と「共」に

「親日反朝鮮史実作品」が「在る」なら、

「政治的中立性も担保されている事に成る」ので、

「単なる、芸術展等として喧伝等しても、大きな問題は起こっていなかった筈」だ。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ジャーナリスト等が、選択した{政治的偏向のある作品群}を

芸術仮面の下で不問にさせようとしたところ」も

「植民地h支配詐欺と同様の芸術仮面詐欺等の悪朝鮮の精神文化の実態が露呈している事に成る」。

「日本の公共の電波を使って、そんな事を行い続けて来ている者たち等」は

「本当に、根っからの日本国民なのだろうか???」

「仮に、根っからの日本国民だったなら、戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)情報・教育マインドコントロールの被害者」等に「成る」。

「実に、お気の毒な話し」だが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)情報・教育マインドコントロール被害者の多く」は

「未だに、そんな状態の自らを、優等生等と勘違い出来てしまっている実態を露呈している場合が多い」。

「実態としては、現実離れさせられている、病的な状態に在るにもかかわらず・・・」。

「歴史認識を言う前」には、

「歴史認識を組み立てる為の歴史情報・教育等の真実性が問われなければお話しに成らない」。

「先の大戦時の米軍による原爆使用」は

「確かに、酷い」が

「万一、旧日本軍の方が先に原爆をつくれていたなら、旧日本軍が原爆を使っていた」のが

「先の大戦時の実態だった」。

「当時は、兵士と一般市民を明確に区別した戦争など出来得ない状態だったのも史実」だ。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化上の行き着く先であった、世界大戦精神文化上の出来事は、

世界大戦精神文化上の出来事として捉えないと、実体離れする事に成る」。

「戦後の日米が仲良く成れている」のは

「当時の主流最先端精神文化だった、世界大戦精神文化上で、どちらも、命がけで、その価値を競い合った同朋だからに他ならない」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化~世界大戦精神文化時に、被支配国等と成っていた、負け組の国々」が

「大戦終戦時等に、ズルをしたり、大戦後の経済による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化時代に、問題国等と成っている」のは

「単なる偶然では無い」。

「精神文化の成長不足故の実現象が其処に露呈している」』。

『「韓国内でも日本国内でも世界中でも、朝鮮半島従軍慰安婦の真実展等が行われる事が無く、

戦後の朝鮮半島内や、世界中や、日本国内等でも、慰安婦像等が展示されて来ているのは何故か?」

「其処に露呈している」のは

「朝鮮半島従軍慰安婦の真実展等を圧殺等せしめ続けて来ている

日本国内に居る、韓国・北朝鮮系の粛清工作集団やその協力者等による非人道的な工作」等だ。

「日本による保護~日韓併合時等の朝鮮半島内の実状を知り得る日本国民等に対しては、

例え、戦後産まれであっても、非人道的な粛清工作等までも仕掛け続けて来ている集団が日本国内に在り続けて来ている」が

「その原因と成っている」のも

「大戦後の異常な処理」だ。

「大戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、強制的に日本本土に帰還させられた」が

「日韓併合時に自主的に日本本土に渡来していた朝鮮人の多くは、戦後の日本国内に居残った」。

「其の事により、朝鮮側は日本国内に手を突っ込んだスパイ工作活動等を容易に行える様に成った」が

「日本側は、其の逆が出来得ない状態に成った」。

「この様なベースを悪用する」のも「悪朝鮮の精神文化」だ。

「米軍の占領政策に食い入って、丸腰の日本人相手に、全国各地で、乱暴狼藉を働き、駅前の一等地等を略奪等する事や、

戦後日本の情報・教育・政界・農協・漁協等々で、米軍のお墨付きの下で、指導的な立場を得た事等により、

日本国内で、火事場泥棒的に利権を得た、朝鮮人の多くは、日本国民に化けて、日本国内に入り込んでいる」。

「日韓併合当初にも、日本に渡来した朝鮮人の貴族や財界人等が、積極的に日本国民化する事で、日本社会の中に潜り込んだ」し

「其の公然化が、創氏改名の権利」だったりしているが、

「同様の事態」が「大戦直後にも在った」。

「旧社会党や一部新興宗教団体等を連絡の場」に

「其れらの、{似非}日本人等」は

「数多くの、粛清工作まで含む、スパイ・工作活動等を、手下化・協力者化した日本人共々、行い続けて来ている」。

「選挙のある政界では、本来の日本の者たち等が、その実権の多くを持てている」が

「選挙の無い、テレビ・ラジオ・マスコミ界や、学校教育界や、財界の一部や、組合界や、新興宗教界等々では、

親朝鮮等の者たち等が、未だに、与党状態」だ。

「そして、例えば、公共の電波上や学校教育上等で、

朝鮮にとって都合の良い情報・教育等を主にした情報・教育等を一方的に行い続けて来ている」。

「もちろん、こんな{侵略}状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等」は

「徹底摘発し、日本国籍を剥奪の上、北朝鮮等に強制送致」等するのが、

「適切に成る」。

「死刑でも適切に成る場合も多い」が、

「基本的に、日本の税金を使った、{甘い}罰が似合うレベルの事を行って来ているのでは無いから」だ。

「数十万人レベル~の集団による数十年にも渡る非人道的なスパイ・工作活動等による犠牲者数」は

「どんなに少なく見積もっても、何百万人レベル~に成る」。

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を使った粛清工作による犠牲者数だけ」でも

「一般的な戦争犠牲者数を遥かに超える」と「強く推定出来る」のは

「何千万人レベル~にも成ると強く推定されている、旧社会共産圏等の粛清犠牲者数と事情が良く似ているから」だ。

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段なら、何をやっても良いでしょ!」等の

「ズルや悪や詐欺的手段」等は

「典型的な、悪朝鮮精神文化の実態」に「他ならない」。

「そんな精神文化上で国を運営し続ける」なら

「日韓併合前の韓国の様に、単独では国の存続さえ困難に成る」のも

「極めて、当然の現象」だが、

「自国の存続が困難になってしまった」なら

「他国に抱き込んでもらい、抱き込んだ他国をその国の中から乗っ取れば良い」等と「考え、その悪の考えを実践する」のも、

「典型的な、悪朝鮮精神文化」に「他ならない」。

「悪朝鮮精神文化を顕著に露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ常連出演者等やマスコミ人等や学校教育者等や財界・組合幹部・新興宗教指導者等」を

「何時までも、日本社会の中で、蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「日本国民に対する非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等やその協力者等や、

日本を乗っ取り支配し、朝鮮の下に置こうとしている者たち等」は

「徹底摘発し、日本国籍を剥奪し、朝鮮等に強制送致するべき」だ。

「悪朝鮮精神文化を蔓延らせ続けるなら、日本国・多くの日本国民が大きく蝕まれ、衰退化させられてしまう」が、

「悪朝鮮精神文化汚染が無く成る、無くする事で、

日本国・日本国民本来の健常発展が容易に成る」。

「悪朝鮮精神文化」は

「容認したり、同等に認めて対話等したり、するべき対象では無く」、

「徹底摘発等し、悪い事、間違っている事を突き付け、悟らせ、二度と蔓延らせない様にする」のが

「適切な対処の仕方」だ。

「上辺は同様」でも「精神文化が悪朝鮮」なら「同じ人間では断じて無い」。

「対等に接するのは、悪精神文化を排除させた後にしなければ、日本の方が蝕まれてしまう」。

「日本による保護~日韓併合時に、朝鮮半島に渡った日本人が実感し、実践していた事」等が

「其処に在る」。

「ズルや小悪や詐欺等を行い続けている内」は「絶対に、重用しない」が

「能力のある正直者なら、日本人以上に重用する事も在った」のが

「日韓併合時の朝鮮半島内の朝鮮人の実態」だ』。

『「朝鮮人が呪うべき、排除すべき」は「日本では断じて無い」。

「悪朝鮮精神文化」だ。

「悪朝鮮精神文化から抜け出さない限り、朝鮮に明るい未来は在り得無い」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「不当要求が通らないと感情的になる朝鮮」と「国家間条約等を守らないと怒る日本」の精神文化成熟度の膨大なる差の原因・・・。

『「昨日のテレ朝昼番」では、「朝鮮ご用達常連出演者等が、韓国も日本も感情的!等の旨公共の電波上で喧伝等する事等」により、

「韓国側が感情的になっている事」と

「日本側が起こっている事」を

「多くの視聴者の頭の中で、同レベルの現象等と思い込ませる事等により、実質的には、韓国側に不当メリットをもたらそうとしてた」が

「もちろん、実体は、タイトルの通り」で

「日本と韓国(朝鮮)の精神文化の成熟度には、膨大なる差が在る」。

「この差は、何処から来ているのか?」は

「歴史を史実通りに理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」』。

『「戦前~戦中の日米対立につけ込んで

米国内で日本による植民地支配詐欺を働いた朝鮮人権力者等の詐欺に騙されてしまう事は、

当時の日米対立上、米国権力者等にとっても都合の良い事だった」が

「実体としては、日韓併合とは二国を一国化する国家間契約で、

其れは、日本による保護~日韓併合時に、単独では国の存続さえ困難に成っていた

当時の韓国の国家権力者等も望み、認めた、二国間の国家間合意契約だった」。

「日韓併合により、

日韓併合無き場合なら、ロシア等に殺されていた可能性大の

朝鮮王朝の王族は、日韓併合後の日本の準皇族に成れ、

朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成れた」。

「日韓併合により、

日韓併合無き場合なら、ロシアの奴隷にされ、その多くが命を落としていた可能性大の

日韓併合前は、

色の無い、多くの場合、汚れたままの着物を着て、

衛生状態も経済状態も教育文化水準も悪い状態下での生活を、実質的に、強いられていた、

朝鮮人庶民は、

日韓併合後、

色の着いた着物を着る事も出来る様に成り、

衛生状態も経済状態も教育文化水準も飛躍的に向上したので、朝鮮人人口も大いに増えた」。

「日本による保護~日韓併合当初の朝鮮半島内は、

治安も悪く、盗みやズルをする小悪者状態の朝鮮人庶民が数多く居たので、

当時朝鮮半島に、武器では無く、金と仕事とノウハウ等を持ち渡った、

筆者の親戚等も、企業(今の感覚なら、商店レベルと言うべきかも・・・)同士のお金のやりとりや、銀行との行き帰り等には、

仕込み杖を持って、用心して、行き来していたが、

企業内で、商品を盗んだり、ズルをしたりしていた小悪者状態の朝鮮人庶民が、

道中で金を運んでいる者を襲う大悪を行う事は一度も無かった」。

「当初は不思議に思っていた」と「親戚の祖先は言っていた」が

「直に、其の理由も判ったとの事」だった。

「其の理由」は

「日本による保護前の朝鮮半島内では、

小悪やズルは悪扱いされていなかった上に、

権力者の利権を盗もうとしたり、権力者に逆らう事等は、大悪として過剰な程の厳罰が与えられていた」ので

「其の様な精神文化下で長い間生活させられて来ていた朝鮮人庶民」は

「小悪やズルは、自らの持つ権利」で

「権力者には逆らう事は、自らの命を無くす事と同じ」という

「{条件反射}を身に付けさせられていた状態だったから」との事だった。

「コレでは、国も衰退し、単独では国の存続も危うくなるのも当然・・・」等と

「筆者の親戚の祖先も強く感じた」との事だった。

「日韓併合以降、

日韓併合国家間契約に基づいた、朝鮮半島内も日本本土並みに、日本よりに同一化する政策が始まった」ので

「朝鮮半島内にも小学校が創設され、当然の如く、道徳も教えられた」。

「もちろん、日韓併合当初は、

ほとんどの者が読み書きそろばん等が出来た、道徳心等も強い場合が多い、日本人と

読み書きそろばんが出来ない、ばかりか、小悪やズルは権利と思い込んでいる者たちが多かった、朝鮮人庶民の

教育文化水準の差は膨大だった」ので

「朝鮮半島内では、日本人用の学校と朝鮮人用の学校の両方が作られた」が

「日本人と同等レベル以上の学力等を保持出来ていた朝鮮人は、日本人用の学校にも入れた」のも

「同化政策故」だ。

「着色してある着物の朝鮮人庶民使用も解禁され、

植民地支配政策では無く、日本よりに二国を一国化する同化政策だったので、

創氏改名により、日本人と同様の名前を名乗る権利も朝鮮人に与えられていた」。

「同化政策の結果、時が経つと共に、

日本語を話し、読み書き出来る朝鮮人の数も増え、

日本人同様の色の着いた着物も着ている上に、

創氏改名により、日本人と同様の名を使う事も出来ていたので、

朝鮮人庶民と

日本人庶民との区別は、つき辛い状態に成って行った」。

「日本本土への渡来も、同化政策故に、可能に成っていた」ので

「日韓併合時には、多くの朝鮮人が、時には密航までして、

より近代化整備が進んでいた日本本土へ、

より良い仕事や報酬や生活等々を求めて、

自主的に、渡来していた」。

「日本に渡来した朝鮮人も、同化政策により、基本的には、日本人と同等扱いだった」ので

「仕事の能力が有った朝鮮人は、相応に良い立場にも就け、相応の報酬を得る事も出来ていた」。

「日本語を話し、読み書きし、日本人と同様の名前を使い、日本人と同様の着物を着ていたので、

日本人と朝鮮人は、上辺では区別がつき辛い状態だった」が

「外から来た者たち等に、仕事を奪われる様な状態下に陥った日本人庶民の一部には、

正体を暴く事で、復権を図ろうとした者たちも居た」。

「当時は、植民地を持つ事が一等国の証だった世界情勢だった」ので

「当時の日本人の中には、朝鮮を植民地にして喧伝した者たちも少なからず居た」が

「日本による保護~日韓併合時の朝鮮半島内の実態」は

「日本主導の朝鮮半島内の近代化整備」で

「その実態は、植民地支配では無く、同化政策と開拓整備だった」。

「拓殖博等で朝鮮半島も取り上げられた」のは

「植民地を持つ一等国への憧れと、実態としてあった開拓整備故でもあった」。

「インフラ整備が不十分であるが故に、

物流が基本的に本土経由だった

日本による保護~日韓併合時の朝鮮半島内では、

日本人も朝鮮人も相応に不利な状態下にあった」ので

「急速にインフラ整備を進め、大戦前には、実用寸前にまで来ていた」が

「大戦に突入してしまった」。

「太平洋戦争により、米国権力者が渡米していた朝鮮人の日本による植民地支配詐欺を信じる事によるメリットを得てしまった」ので

「大戦後の朝鮮半島内」は

「日韓併合国家間契約を解消して、正常に独立するのでは無く、

朝鮮人が火事場泥棒的にその支配圏を得る事に成功してしまう事になってしまった」。

「もちろん、悪事には落とし穴が付きモノ」で

「其の落とし穴」が

「日韓併合二国間国家間契約を日本による植民地支配にすり替えてしまった事を無理やり正当化し続ける為」には

「永遠の反日情報・教育を朝鮮内の人々にし続けなくてはならなくなってしまった事」と

「世界にその無理強いを行わざるを得なくなってしまった事」だ。

「もちろん、実体や事実・現実に基づいた原寸大評価が時と共に益々当たり前に成って来ている昨今の人間世界」で、

「そんな詐欺~火事場泥棒悪朝鮮人ご用達のご用達虚像歴史観等が通用する訳も無い」。

「其の辺りを重々承知の様相の北朝鮮金政権等は、

戦後、数々の極悪事を行い続ける事等により、

元の問題の露呈を永遠に避けさせ様とし続けて来ている」が

「世界中から、核放棄を迫られ、核放棄しなければ、アッと言う間に北朝鮮金政権等の負けで終わる北朝鮮解放専属に成るのでは、

其の先が短い事は、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「北朝鮮金政権等による韓国内のスパイ・工作活動等故に成立した現状の韓国従北政権等が、

従北・反日路線を突き進んでいるのも、単なる偶然では無い」。

「韓国を抱き込む事で延命を図ろうとしている北朝鮮金政権等の悪の思惑の破綻の時」は

「着々と迫っている」が

「北朝鮮に抱き込まれる事を是としてしまった韓国・韓国国民が、破綻時の悪の影響を大いに受け易く成ってしまっている事」は

「身から出た錆」に「他ならない」。

「日韓併合二国間国家間契約を日本による植民地支配にすり替えてしまった事等により、

日韓併合時に、

是正されつつあった多くの朝鮮人の道徳感等も否定され、

日本による保護~日韓併合前の亡国への道上に多々在った、

小悪やズルや嘘に基づいた感情的大衆誘導故の自滅路線に、

自虐的に大きな力を与える事を是と出来てしまっている朝鮮人の数も多く成ってしまっている」。

「日本による保護~日韓併合が無ければ、とっくの昔に無く成ってしまっていた可能性大の国・国民」が

「21世紀の今まで、存続出来ていた」のに

「存続出来て来ている元への感謝も忘れ、再び、亡国への道を選んでいる」とは、

「哀れこの上無い」が

「もはや、日本も多くの日本国民も、再び朝鮮を助けようとは思わない」から

「現状のまま・・・なら、それ程、遠く無い近未来に、朝鮮自滅の時がやって来る事に成る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上で存続し続ける事」と

「自滅」で

「自滅を選択している様相」なのが

「現状の朝鮮半島問題」の「実態」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等の徹底摘発」が

「朝鮮が無く成った後に成るのか?その前に成るのか?」は

「未だ、疑問状態」だが、

「何れにしても、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等の未来」が

「相応に厳しいモノに成る」のは「極めて当たり前の事に他ならない」』。

『「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上や政財界等々」に

「北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界では、当然の如く、その数は激減させられている」が

「選挙の無い、テレビ・ラジオ・マスコミ・ゲイノウ界や財界では、未だ、蔓延っている」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「朝鮮の為の日韓関係論」等を常連出演者等が日本の公共の電波を使って喧伝等していたが・・・。

『「出たとこ勝負!」で「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発等困難な、非人道的スパイ・工作活動等や迷惑行為等々」を

「行い続けて来ている者たち等の多く」からは

「反日・親朝鮮等の臭いが漂って来ている」。

「日本に居ながら、反日・親朝鮮等の者たち等が少なからず居る」のは

「先の大戦後、朝鮮半島内等のほぼ全ての日本人は日本本土に強制的に帰還させられたが、

日本による保護~日韓併合時に自主的に日本に渡来していた朝鮮人の多くが日本に居残っている事」と

「植民地支配詐欺~米軍の占領政策に入り込んで、終戦直後の占領政策時等に、

日本全国各地で、武器を持ち、丸腰にされた日本人に対し、乱暴狼藉を働き、略奪行為等まで行う事により、

駅前の一等地等の利権を手に入れた者たち等も少なからず居る事」と

「朝鮮半島内が南北に分断以降、

所謂、東側のスパイ・工作活動国家である北朝鮮側に、成った、させられた者たち等も少なからず居る事」と

「戦後日本の情報・教育界等が、所謂、左翼と朝鮮系の者たち等により、牛耳られ続けて来ていた事」等々の

「歴史上のバックグランドが在る」。

「北朝鮮や韓国内からは、先の大戦時にほぼ全ての日本人が引き上げている」ので

「北朝鮮や韓国内で、反北朝鮮・反韓国運動等は、当然の如く、起き辛い」。

「この現実」からも

「先の大戦後に、ほぼ全ての朝鮮人が日本本土内から朝鮮半島等に強制的に帰還させられていた」なら

「戦後日日本国内で起こされ続けて来ている、反日・親朝鮮運動等も無く成っている事」等は、

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「戦後日本の中で、反日・親朝鮮政治・思想・社会運動等を行い続けて来ている、朝鮮系の者たち等とその協力者等の実態」は

「既に、明らかに成っている」。

「拉致問題発覚持に、北朝鮮側にとって都合の良い対応や論や考え・思い等で日本内を染め上げようとしていた」のは

「在日朝鮮人の多くと、旧社会党等や朝日新聞等々の日本国籍を持つ、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の者たち」だった。

「選挙のある政界」では、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の国会議員等の数」も、

「ネット普及以降、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)情報統制状態が崩されてからは、激減して来ている」。

「かつては、二大政党の一翼だった社会党」は「もはや、無く」、

「その流れを持つ者等が、立憲民主党や社民党等々の党名の裏で、少数派として残り続けて来ている状態に成っている」。

「しかし、選挙の無い情報・教育界等」では

「未だに、北朝鮮金政権等のオトモダチ、旧社会党系の実権者等が与党状態」だ。

「その一つの結果」として

「未だに、

多くのテレビ番組等で、

日朝・日韓問題等については、北朝鮮や韓国にとって都合の良い論や考え・思いや感等」が、

「ご用達常連出演者等により、正論の如く、喧伝等され、主流扱いにされている」。

「北朝鮮内や韓国内に、反北朝鮮・親日運動や、反韓国・親日運動等が、実質的には、全く無い実態」からも、

「戦後日本の中で蔓延り続けて来ている、日本国内の親朝鮮・反日運動や親韓国・反日運動等の

異常性は明らか」なのに、

「未だに、親北朝鮮・反日運動や、親韓国・反日運動等を、公共の電波上で平然と行い続けている」のが

「その様な実態を露呈し続けて来ている常連出演者等」であり、

「その様な者たち等を常連出演させ続けて来ている」のが

「その様な者たち等を常連出演させ続けて来ているテレビ局・ラジオ局等の実権者等の実態」だ。

「親北朝鮮・反日や、親韓国・反日、思想・信条・感等で、多くの視聴者等の頭の中を染め上げる事により、

日本社会の状態を、北朝鮮や韓国にとって都合の良い状態にする、

実質的、情報・教育工作等を行い続けて来ている者たち等」の「実態」は

「北朝鮮や韓国の情報工作員等」に「成る」。

「そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で、重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「親北朝鮮・反日や、親韓国・反日」の「臭い」は

「{障がい者仮面}のれいわ新選組にもある事」は

「れいわ新選組の反原発&アジアから天然ガス政策等々からも、明らか」だ。

「本当の原因究明の前に、加害車両の運転者に厳罰を求める署名運動社会活動」等からも、

「工作電磁波の存在を圧殺・黙殺せしめる為の、社会運動等の臭い」と「共」に、

「親北朝鮮・反日や親韓国・反日」の「臭い」を

「強く感じたりしている人々の数も多い筈」だ。

「被害者遺族が確信犯のそのスジの人脈のお方では無いのなら、

被害者遺族を其の様な社会運動等の為に{利用}している」のも

「旧社会党等系の者たち等や朝鮮系の者たち等なのでは・・・?」等の

「感や思い等まで想起させられる状態が露呈している」。

「れいわ新選組の躍進」と

「加害車両の運転者に厳罰を求める署名の集め方」には

「同じ臭い」等を「感じている人々の数も多い筈」だ。

「該当事故に関しては、

工作電磁波が原因であった可能性も含めて、

該当車両のイスとペダルとステアリングシャフトの配置の問題等も含めて、

加害車両運転者の健康・身体状態等も含めて、

徹底した原因探究が先ずあるべき」だ。

「被害者が自転車運転青信号交差点内直進中であった事も忘れてはいけない」。

「該当事故の場合には、加害車両の速度が余りにも早かった」から

「衝突を避ける事はとても困難だったかも知れない」し

「該当被害者は無過失に成る筈」だが

「基本的には、交差点内では、自転車であれ車両なので注意義務が有る事と、

自転車・バイク等運転中の場合には、視野が狭くなっていやすい事」等は

「同様の新たな事故等を防止する為に、広く大衆周知すべき事に成る」。

「本当の原因が工作電磁波だった」なら

「加害車両運転者への厳罰では、同様の新たな事故等を防げる訳も無い」。

「被害者遺族が求めている事」が「同様の新たな事故等の防止」なら

「原因徹底究明の訴え等が先にあって然るべき」だ。

「被害者遺族感情という感情脳レベルでの認識を元にした社会運動等」からは

「韓国の反日運動等と同様の臭いが強く漂って来る」』。

『「小惑星等の問題」から

「科学技術過剰依存等への警鐘を成らしていた、つもり、の常連出演者等」とは

「本来なら、進歩・進化し続けて来ている人類の物質文明側に

対応出来る為に

精神文化側を進歩・進化させる為に有益になる仕事をしているべき、所謂、文系側の仕事を行っている者たち等」だ。

「其れが、科学技術の未熟さをダシに、科学技術過剰依存等への警鐘を鳴らしたつもりで、出たとこ勝負等を喧伝等していた」とは、

「その実態は、公共の電波を{悪用}した政治・社会運動等の為の視聴者等マインドコントロール的」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「今時、所謂、文系の仕事をしている者たち等が言うべき事」は

「人類の精神文化側の進歩・進化が、物質文明側に対して異常な程に遅過ぎる原因は

物質文明側では、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用し続けて来ているので、

物質文明製品の多くも、急速に進歩・進化させる事が出来ていますが、

精神文化側では、

未だに、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用していません。

こんな状態を是正する事こそが、今時の全人類に強く求められている事です。

例えば、人も含む生物の誕生・死とは、細胞レベルの実現象です。

今、この瞬間にも、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、死を実体験していると共に、誕生も実体験しています。

ところが、人の意識は、丸ごと一個体レベルで認識等したがります。

古の人間たちは、細胞ごとの誕生・死を科学レベルで理解・把握出来ていませんでしたので、

丸ごと一個体レベルで認識したがる人の意識に基づいて死生観・人生観・宗教等をつくり出し、実用してきました。

今時の人類なら、古の時代の死生観・人生観・宗教等のまま・・・では無く、

誕生・死が細胞レベルの実現象である事も実用した死生観・人生観等を

意識的かつ積極的に実用するべきでしょう。

細胞ごとの命の連続を辿るなら、其れが、地球上の全ての生物に繋がっている事が判ります。

其れを広義の自分と実態通りに認識し、

広義の自分にとっても自虐に成らない様に、死生観・人生観等を構築するなら、

環境問題の解決も世界平和も当たり前に成ります。

永遠の命とは、広義の自分の命であってこそ、その実現も可能に成り得る事に成ります。

その中のタッタ数十兆かの細胞群に永続性を求める事の稚拙性等は、冷静に、少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事です。

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観では、

狭義の自分と他人との間に、強烈なギャップを生み出します。

必然的に、強い、孤独感も生まれます。

強い孤独感と、丸ごと一人レベルでの死に対する恐怖は、其れらを誤魔化し続ける為のモノを求めさせます。

細胞ごとの誕生・死という実態を十分に理解・把握し実用するなら、死の恐怖からの解放は実現します。

細胞レベルの命の繋がりの実態を十分に理解・把握し実用するなら、強い孤独感も消失します。

死の恐怖から解放されたなら、どう生きるか?が益々重要に成ってきます。

狭義の自分にも広義の自分にも自虐に成らない生き方が重要に成ります。

具体的には、自己健常支配の継続に行き着く事に成ります。

自己健常支配を実践すると、他の者・物・事支配の欲や、他の者・物・事による被支配の欲が、どんどん減少して来ます。

支配欲の本来欲求が充足されるので、其れが、当然の現象です。

逆から言うなら、他の者・物・事支配/被支配欲は代償欲求に他なりません。

代償欲求をどんなに追及しても、本来欲求は充足され得ませんから、

例えば、どんなに権力を持っても、どんなにお金を持っても、もっと!もっと!!等と成り易く成ります。

他の者・物・事を巻き込んだ代償欲求過剰追及の世界がどれ程自虐的に成り易いのか?は、

人類の歴史を検証するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に理解・把握等出来る事に成ります。

元来、人間の精神構造は、乳幼レベルの比べっこによる支配権(乳房)被支配権(親や大人等からの愛)争いから、

成人レベルの本質・快適探究へと、健常成長しようとしていますが、

現状までの人間世界では、比べっこ精神構造強いが続いて来てしまっています。

この精神構造の健常成長という基本的人権を大きく損ね続けて来ている大自虐からの脱却が

今、生きている全人類に求められています。

多くの人間の精神構造が健常成長出来る様に成るなら、

急速に進歩・進化させ続けて来ている人類の物質文明製品等の自虐使用等も大きく激減させる事が出来る様に成ります。

科学技術等への過剰依存状態も必然的に無くなります。」等々に「成る」。

「上記の様な内容」と

「超おバカ、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)常連出演者等の喧伝内容等」の

「どちらが、今時の公共の電波上で一方的に大量配信される情報として相応しいのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「従北政権の韓国が自ら招いた、日本のホワイト国外し」の裏に在る北朝鮮金政権等と同じ精神文化問題・・・。

『「国際レベルで核放棄約束しても、核兵器等をつくり続けて来ている」のが「北朝鮮金政権等」の「酷く、劣悪な実態」なら、

「日韓基本条約等の国家間条約を締結しても、

捏造史観に基づく{いちゃもん付け}や{ゴネ}等を繰り返し、

不当に日本からの謝罪や補償等を求め続けて来ている」のが

「韓国悪権力者等」の「酷く、劣悪な実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「日本による保護~日韓併合国家間契約前」の

「朝鮮半島悪権力者等の単独では国の存続さえ危うくした精神文化」に

「他ならない」。

「当時の韓国の国家権力者等自らも認めたが故に成立した日韓併合による、日本による韓国救済」を

「日本の敗戦につけ込んで、植民地支配と嘯き、

日本と戦争していたが故に、米国内での韓国悪権力者人脈の者たち等による植民地支配詐欺に騙される道を選択し易く成っていた、

当時の一部米国権力者等を懐柔し、

戦後の朝鮮半島内の支配権を得る事や

米軍による日本の占領政策に多くの朝鮮人を潜り込ませる事等に

成功してしまった悪権力者等」は

「{駄々}と{ゴネ}と{懐柔}と{詐欺}等々の悪の手段こそが

成功を得る為の手段とばかりに、勘違い、思い違い、し続け、

戦後朝鮮半島内では、多くの朝鮮人を捏造史と反日教育等々で騙し、マインドコントロールし続ける事により、

虚構の上に在る支配権を持つ権力者の状態を維持しようとし、

虚構を暴かれなくする為に、核・ミサイル・大量破壊兵器等による武装や、恐怖政治を行い続けて来ているのが、北朝鮮金政権等なら、

反日情報・教育と日韓内等での非人道的なスパイ・工作活動等を北朝鮮金政権等共々、行い、行わせ続けて来ているのが、韓国悪権力者等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「その結果、

北朝鮮金政権等に至っては、既に、国際的制裁を受け続けている状態下に在り、

本気で核放棄しないなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の時も、刻々と近づけている実態を露呈し続けて来ている」。

「北朝鮮金政権等による韓国内の工作活動等により成立した韓国従北政権等は、

北朝鮮金政権等と同様に、国家間や国際間の条約等を守らず、

捏造史観・反日カルト宗教観等に基づいた{駄々}と{ゴネ}と{詐欺}と日本国内のお仲間・協力者等に対する{懐柔}工作と

日本国内の戦後産まれの一般市民まで含む不適応分子と勝手に決めている者たち等に対する非人道的な粛清工作等により、

不当利権を略奪する事こそが、成功を得る為の手段とばかりに、

悪態を露呈し続けて来ている」ので

「必然的に、日本側からの輸出規制やホワイト国外し等の韓国をより衰退化させる事に直結している対応も、呼び起こして来ている」。

「世界基準の、締結した国家間条約等に基づく、是々非々対応が未だに出来ない、とても文明国とは思えない国々等」の

「衰退は必然」で

「精神文化が文明国レベルに至っていない国や国家指導者等に、核・ミサイル・大量破壊兵器等を持たせ続けたり、

精神文化が文明国レベルに至っていないカルト宗教信者状態の国民等に、今時の先進物質文明製品等を得続けさせたり、する事」は

「国際レベルでの安全保障上のメリットも大きく阻害する事に成る」から

「そんな事態が容認され続ける訳も無く」、

「現状のままなら、北朝鮮と韓国の近未来」は

「日本による保護~日韓併合前の、単独では国の存続さえ危うくなる状態に成る事に成る」。

「その後に及んで、再び、日本に保護や合併・併合等を望んで来ても、もはや、日本が受ける訳も無い事」は

「日韓併合に対する戦後の北朝鮮や韓国等の対応から、至極当然の事に成る」。

「中国共産党支配下の中国に、救いを求めに行っても、厄介者扱いと成る」から

「現状の道を歩み続けるなら、北朝鮮も北朝鮮国民も韓国も韓国国民も、その未来は、暗澹たるモノに成り、

衰退~滅亡への道を亡者の如く歩む事に成る」。

「元々、日本による保護~日韓併合による{救済}が無ければ、産まれてさえもいない朝鮮人の数は、本当に膨大な数に成る」から

「ある意味、必然の現象が其処に露呈している」。

「その道から常道に戻る為」には

「歴史上の実体や事実・現実は、実体や事実・現実通りに原寸大で認める事や、

国家間条約等に対しては、条約通りに誠実に対応する事や、

不当な反日情報・教育等を止め、真実に基づいた情報・教育等を行う事や、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄する事等々」と

「其れまでの、散々の悪事・乱行・非人道的なスパイ・工作活動等々に対する、応分の謝罪・補償等をする事」等々が

「既に、必要に成っている」。

「日韓基本条約で全てチャラにして、その後は、反日教育では無く、親日教育でも行っていた」なら

「韓国は救われる状態に在った筈」だし、

「北朝鮮金政権等にしても、核放棄し、ミサイル等も程々に、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全に放棄していた」なら

「相応に、救われる状態に在った筈」だが

「其れらの救われる状態を自ら破壊し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等」の

「酷く、劣悪で自虐的な精神文化の実態」だ。

「そして、その酷く、劣悪で自虐的な精神文化」が

「戦後日本の情報・教育界の多くや、政財界の一部にも在る」のだから

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「従北政権韓国の、ホワイト国外し」は「当然」に「成る」。

「同時に、日本政府・警察等は、日本国内の北朝鮮金政権等や韓国悪政権等やその協力者等による、

非人道的なスパイ・工作活動等を徹底摘発するべき」だ。

「日本国内の其れらのスパイ・工作活動等の徹底摘発」は

「日朝・日韓問題の解決をより容易にする為にも、非常に有効に成る」。

「悪者たち等には、悪者たち等が行っている悪事の摘発を、徹底的に認知させる事等が大いに有効に成る」。

「逆に、悪事を黙殺・圧殺し続ければし続ける程、悪者たち等は、悪者たち等が行っている事が成功している!等と勘違いし易く成ってしまう」。

「後者の態度を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は、

悪者たち等のお仲間と言った方が適切に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「売春が合法だった時代の、

しかも戦時中の従軍高報酬売春婦」が「朝鮮半島内から出された時の実態」は

「ほとんど全ての場合」で

「お金目的で、朝鮮人の親・兄弟・親戚等が、朝鮮人の女の子を、朝鮮人の仲介人に売っていた」のが

「史実」だ。

「従軍であったが故に、応分に高報酬化されていた

当時合法の仕事だった売春の仕事をしていた娘たち」には

「将校より高い報酬を得られていた者たちが多かった」が

「其処からピンハネしていた」のも

「多くの場合で、朝鮮人の仲介人等だった」のが「史実」だ。

「親・兄弟・親戚等に売られた娘さんたち」は「本当に哀れ」で

「娘を売った者たちや、其れを買い、売春の上がりをピンハネしていた仲介人(朝鮮半島の場合はほとんど全ての場合で朝鮮人)」は

「本当にアクドイ」。

「旧日本軍は従軍売春婦の募集は行っていた」が「強制連行等などはしていない」。

「日韓基本条約締結前でも、後でも」、

「意に沿わぬ従軍高報酬売春婦等が、恨みをぶつけたり、補償を求めるなら、何処の誰に対してに成るのか?」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事」に「成る」。

「戦時中、多くの日本人男性が、勝ち目の無い戦場に、赤紙{強制}召集で送り込まれていた時代」の

「強制連行~強制労働」等を

「戦後数十年も経った、日韓基本条約も締結した後の、今更、大問題化して、補償等を日本に求める」のも

「本当に、どうかしている」。

「其処に露呈している」のは「政治的思惑に基づいた大衆誘導等の為の策略工作」等で

「この手の手段が得意」なのは「スパイ・工作活動国家である北朝鮮等」に「他ならない」。

「従北政権化された後の韓国で、この問題がより大問題化されて来ている」のも

「単なる偶然では無い」。

「意図的な工作活動等の濃厚な臭いが其処に在る」。

「工作活動等により国家間の信頼関係を壊す」のが

「分断工作」で

「分断工作の結果、より親北朝鮮化され易い状態に成ってしまっている」のが

「現状の韓国」だ。

「日米等の自由・民主主義圏に在り続ける事を選択するのか?」

「親北朝鮮金政権等状態下に置かれる事を選択するのか?」が

「多くの韓国国民に問われている事に成る」が

「もちろん、親北朝鮮金政権等の先は短くなる事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「核を持ったら勝ちの世界は、とっくの昔に終わっている」。

「核を持ったが故に負けの世界が、既に、始まっている」のに

「多くの自国民まで犠牲にしながら核保有の実現に邁進し続けて来ている北朝鮮金政権等」とは

「散々の極悪事を行ってしまっているが故に、更なる騒動で元の極悪事を不問にさせ続ける事を行わざるを得ない状態に在る、

本当に、出来の悪い、酷く、劣悪な政権」だ。

「今時の、普通の頭や能力のある者たちの集団」なら

「一刻も早く、北朝鮮を金政権等支配下から解放する、させる事等を考え、実践していて当然に成る」。

「従北政権化されてしまっている韓国の多くの国民」も

「北朝鮮の国民」も

「一刻も早く、自らを、カルト宗教信者状態から、解放する、させるべき」だ。

「核を持ったが故の負けの具現化」は「直ぐ其処まで来ている」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等情報の多く」も「未だ、異常状態が続いている」。

「その裏に在る」のは「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の実権」等と「強く推定出来る」。

「その是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「おバカ映像アップ」を狩り「おバカ映像アップし続けて来ている常連出演者等」がバカにしたり等していたが・・・。

『「・・・100年後には、国なんてあるんですかねぇ・・・」等の旨「恥じらいも無く、公共の電波上で言っていた常連出演者等の本来の仕事」は

「多くの視聴者等の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報配信」に

「他ならず」、

「其の本来の仕事が十分に出来ている」なら

「其の結果として、国境線等も不要に成る人間世界も出来上がる事に成る」のだから、

「本来の仕事を十分に出来ている」なら

「〇〇年後くらいには、国境線も不要な人間社会に成りそうですね!」等の

「旨を言えていて当然に成る」。

「現状までの常連出演者等」は

「物質文明側の急激な進歩・進化等は大いに認めていながら、

常連出演者等の仕事の本質である、精神文化側の進歩・進化に対しては、無い事に・・・状態」で

「其の事により、常連出演者等自らの酷く劣悪な精神文化側の仕事等を公然化させ続けようとしている、

酷く、劣悪な、超おバカぶりを露呈し続けて来ている」のが

「現実」だ。

「公共の電波を使っている者たち等の情報配信が其の酷く、劣悪な状態」とは、

「酷く、劣悪な情報配信の公然化を行っている事」に「成ってしまう」ので、

「個人レベルでも、酷く、劣悪な情報配信が蔓延ってしまっている」のは

「ある意味、極めて当然の現象でもある事に成る」。

「酷く、劣悪な情報配信を自ら行ってしまっている事への反省や謝罪やその是正等は何処へやら、

個人レベルの酷く、劣悪な情報配信等を狩り、その上で、優等生ぶり、正義ぶり、バカにしている、酷く、醜悪な実態を

公共の電波を使って、実質的に、公然化している様」では

「本当に、救いようの無い超おバカ状態」等と「言わざるを得ない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状までの人類の物質文明側の進歩・進化は、十分に早い」が

「進歩・進化させた物質文明を自虐二成らない様に使用し続ける為に必要に成る、

人類の精神文化側の進歩・進化は、本当に、遅過ぎる」。

「その原因」は「既に、明らか」だ。

「其れ」は

「物質文明側では、科学レベルで判明した実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して来ているので、

物質文明製品等の急激な進歩・進化も実現させる事が出来ている」が

「精神文化側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用を避け続けて来ている実態が顕著だから、

精神文化製品等の進歩・進化も必然的に押さえ込まれ続けて来ている」が「故」の

「当然の現象」に「他ならない」。

「この問題の解決の仕方」も「既に明らか」だ。

「解決方」は

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して、

数多く、多種多様な、精神文化製品等をつくり出し続ければ良い事に成る」。

「精神文化側の産業革命」が

「激烈に求められている」のに、

「産業革命前の仕事実態に縋り付き、旧態依然とした今時の仕事にも成らない仕事をし続けようとしている、

実態としては、酷く、劣悪な者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「未だに、れいわ新選組賛美の政治運動等を公共の電波を使って行っている者たち等の実態」は

「選挙も無いから、実権者等人脈の交代も無い、北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党系の者たち等」と

「容易に推定出来る」。

「れいわ新選組の政治指向も、旧社会党や北朝鮮労働党等と同様」なのは、

「単なる偶然では無い」。

「旧社会党系人脈の臭いの濃い、立憲民主党等と近い」のも「単なる偶然では無い」。

「指導者等にとっての有益分子である限り、生活も保障されるが、

指導者等の意に沿わず、不適応分子として扱われる状態にされると、

粛清対象と成り、

公開処刑まであるのが北朝鮮なら、

見えない電磁波や飲食物工作等々の非人道的手段による、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を使った粛清を行っているのが、

日本の中の北朝鮮等のスパイ・工作員やそのオトモダチや協力者等のやり口」だ。

「そんな精神文化の者たち等が、日本でも政権を取れてしまう」なら

「より北朝鮮に近い状態が作られ易くなる事等」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「指導者等の意に沿う」とは

「技術でも情報でも思想信条でも心でも身体でも、何でも、指導者が望むモノは全て指導者に与えよ!」という事に

「他ならない」。

「其れに逆らうなら、不適応分子という社会」に「本当の人権もその人間本来の人生等も、ある訳も無い」。

「一刻でも早く、人間世界から徹底排除すべき人間社会体制等が其処に在る」が

「そちらの方向に向かう事を実質的に推奨しているテレビ情報等が未だに在る事自体、

本当に、酷く、劣悪」で

「そんな事を公共の電波上で平然と推奨等している者たち等は、今時基準では、もはや、超おバカ等に成る」。

「公共の電波を使って、政治運動等を行っている暇がある」なら

「日本の中の北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動等を徹底告発する情報配信でも行うべき」だ。

「昨日も、所用で車で外出したら、

帰りに、

31がらみナンバーが大好きな様相のタクシー会社の辺りから、

とても強い工作電磁波が当てられた」。

「携帯はオフにしてあった」ので「筆者ダケを狙ったモノでは無い可能性が高い」が

「工作電磁波を当てられ続ける」と「脳も神経も身体も大いに痛められてしまう」から

「不安・イライラや、

眼のピント調整機能の邪魔や白内障化や、

筋肉痙攣化や関節・肩・首・腕等々の痛み化等々はもちろん、

白血病化も含むガン化や、

脳卒中化や心不全化や、

場合によっては、当選したれいわ新選組の国会議員の身体状態の様にも、されてしまう可能性も決して小さく無い」。

「そんな当てる方向や強さの調整まで出来る場合も少なく無い、有害電磁波発生場所が、どんどん増やされ続けて来ている」のが

「現状日本社会の酷く、劣悪な実態」だ。

「工作電磁波を使った粛清工作」は「既に、大々的に行われている様相」なのに、

「その告発さえしようともしていない様相の、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに異常」に「成る」が

「工作電磁波による粛清等を行っている、行わせている側なら、極めて当然の現象に成る」。

「現状までの、戦後日本の(特に、朝鮮半島が南北に分裂させられた後からの)マスコミ・ラジオ・テレビ等の多く」が

「上記のどちら側に在るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「大戦後、ほとんど全ての日本人は朝鮮半島内等から日本本土内に強制的に帰還させられた」が

「日韓併合時に大量に自主的に渡来していた朝鮮人の多くは、大戦後も日本に居残り続けている」。

「その中には、朝鮮半島内南北分断後に、北朝鮮金政権等の支配下に入れられた者たちも数多い」。

「日本国内に北朝鮮金政権等の支配下の者たち等や、そのオトモダチ・協力者等が少なからずいる」ので

「拉致対象者を選別し、

拉致対象者に有益分子化教育を行い、

有益分子化{出来ている筈}の拉致対象者が

途中で有益分子状態では無く成っても

途中で拉致工作が発覚させられない様にする為に、

お仲間の家等を経由させる事で拉致対象者を囲い続け、

日本海側等に来る運び屋工作員に無事引き渡す、

拉致{工作}も容易に実現出来てしまった」。

「本来は、遅くとも、拉致発覚時点では、日本国内の北朝鮮等によるスパイ・工作活動等の徹底摘発を行うべきだった」が、

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等」は

「北朝鮮労働党のオトモダチ、或いは、お仲間、のまま」の「様相」が「露呈し続けて来ている」。

「未だに、日本の中の北朝鮮等のスパイ・工作活動等を告発等しようともしていない者たち等」に

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上や政財界等々で、過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界では、当然の如く、マイナー勢力にされている」が

「選挙の無い情報・教育・財界等の実態は未だ、酷いまま・・・」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »