« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

「温暖化等の元凶」は「自我狭窄症」や「自己健常支配不全症」なのに「病気を治そうともせず、他の者・物・事によるお墨付きで自分を誤魔化し続けようとしている困った人々」・・・。

『「広義の自分」の「理解・把握・認識等」が「不十分な状態のまま、自我を通す事を是として活動している人間の多く」は

「狭義の自分しか理解・把握・認識等出来ていない、自我狭窄症状態である場合が多い」。

「自我が狭窄している自覚が有る」なら「神経症レベル」で

「自我が狭窄している自覚も無い」なら「精神病レベル」の

「実は、非常に深刻な病気状態」が「其処に在る」。

「何故、深刻な病気状態なのか?」と言えば、

「自分の実体や自分の実体の根本的目的との整合性が悪い活動等さえも、平然と行えてしまう状態が其処に在るから」だ。

「其の自虐実態」は

「自我狭窄症集団が平然と起こし続けて来ている、人類の戦争の歴史からも明らか」だし

「経済戦争による、人類誰もの広義の自分でもある地球生体環境の大破壊による地球温暖化等々からも明らか」だ。

「もちろん、そんな根本的悪事に邁進してしまっている病気状態の人間たち」が

「自己承認欲求の本来欲求を満たせる訳も無い」。

「逆から言う」なら

「自我狭窄症状態を治す」なら「其の分だけ、自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が出来る」。

「病気状態を治さず、自己承認欲求の本来欲求が不充足状態のまま・・・と成ってしまう」と

「人間は往々にして其の代償欲求を追及する様に成る」。

「例えば、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる代わり」に

「他の者・物・事に狭義の自分個体を認めさせる事により、自己承認欲求の代償欲求を充足させようとしたりする状態に陥る」。

「もちろん、どんなに代償欲求の追及に成功したところで、本来欲求が充足される訳も無い」ので

「時と共に、自己承認欲求の本来欲求が充足されていない量は、必然的に増え続ける」。

「例えば、人間社会内で、どんなに大きな権力を得ても、更なる大きな権力が欲しく成る」のが「病気状態のままの代償欲求追及の実態」だ。

「例えば、どんなに大金持ちや大資産持ちに成れても、更なる大金や大資産等が欲しく成る」のが「病気状態のままの代償欲求追及の実態」だ。

「本来欲求不充実態と其の代償欲求を追及している事に対する自覚無き状態の人間の場合」は、

「更なる代償欲求の追及活動等で埋めさせようとする、不合理な努力を続けようとしがちに成ってしまう状態に陥り易い」ので

「自覚無き人間の代償欲求の追及」は「時と共に、より過大に成り易い」。

「其の様な実態」を「成功者」等として「扱いたがる」のが

「比べっこ人間社会の実態」で

「比べっこ上では、より大きな、より頼れそうな、者・物・事が比べっこ上の勝者として認められ易い」。

「もちろん、実態としては、特定極一部の者・物・事を過剰に重宝すると、過剰に重宝した分だけ確実に、人間社会のバランスも悪く成る」。

「人間社会のバランスの悪さは、其の中で暮らす人々により余分なストレスをもたらす事に成ってしまう」ので

「実態としては、より不平・不満等が生じ易い人間社会状態に成ってしまっている」が

「其れを、更なる大きな権力で押さえ込む事を是とする人間社会集団なら、独裁政権が出来上がる事に成る」。

「もちろん、そんな独裁政権の様な人間社会状態とは、

人類誰もの自分の実体とも、其の根本的目的とも、個々の人間たちの本来欲求充足とも、整合性が悪い、

極めて、劣悪な状態に他ならない」が

「其の中で暮らしている多くの人間たち」が

「狭義の自分の実態をありのままに自覚・認識等する事が出来ない状態に在る」と

「其の劣悪さを素直に認める事も出来辛い状態に陥り易く成り、

其処でも、実態通りを理解・把握・認識して落ち着く代わりに、

他を悪者にする事により、独裁体制等を正当化する、代償欲求の追及行為等が横行する事に成る」。

「病気の深刻度がより高い状態が其処に露呈している事に成る」』。

『「誰にでも出来る筈の、自己承認欲求の本来欲求を充足させる簡単な方法」は

「自己健常支配を継続する事」だ。

「自己健常支配を継続し、支配欲の本来欲求を十分に充足させ続ける」なら

「他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配等を追及したく成る、支配欲の代償欲求追及欲も過剰に出ない状態に成り、

代償欲求の過剰追及が具現化しない生活実態は、

必然的に自己承認欲求の本来欲求の充足にも繋がって来る」。

「逆から言う」なら

「他の者・物・事支配」や「他の者・物・事による被支配」を

「乳幼児でも無い、成人であるべき状態なのに、過剰追及している人間たち」は

「自己健常支配不全症等の病気状態に在る事に成る」。

「自覚が有る」なら「神経症レベル」で

「自覚も無い」なら「精神病レベル」の

「実は、深刻な病気状態が其処に露呈している事に成る」。

「乳幼児の場合」は

「他の乳幼児等との比べっこ」による

「母親の乳房を支配する支配欲」や

「親や他の人間等からの愛による被支配を求める被支配欲」が

「有って当然」だが

「成人へと成長して行くに連れ、

比べっこによる支配権/被支配権争いから本質・快適探究へと、

自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させたく成っているのが人類の実態」だ。

「ところが、現状までの人間社会」は

「戦争の時代とも言われている、武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い時代にしても、

其の後の、経済戦争の時代でもある、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い時代にしても、

其の中で暮らしている個々の人間たちに、比べっこを強い続けて来ている」。

「天動説レベルの質も性能も悪い、人間社会・経済システム等、精神文化製品の実態が其処に露呈している」が

「地動説レベルの質も性能も良い、人間社会・経済システム等、精神文化製品へ、健常進歩・正常進化させる事」が

「急務に成っている事」は

「昨今の地球環境問題や人間社会問題等々からも、明らか」だ。

「自己健常支配側の人間」なら

「この健常進歩・正常進化に是であって当然に成る」が

「現状までの人間社会・経済システムの比べっこ強いや其の上で得られている利権等に負けて、代償欲求過剰追及側に未だ居る人間」は

「健常進歩・正常進化より現状利権維持~拡大等に熱心で、実質的には、地球環境の更なる破壊と人類滅亡を誘っている」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実体が其処に在る」。

「其れが嫌なら、直ちに、狭義の自分を自己健常支配側へと、是正するべき」だ』。

『「戦争も地球環境破壊も地球温暖化等も、皆、

自分の実体や其の実体の根本的目的も十分に理解・把握出来ていない

自虐的な人間が行って来ている事に他ならない」。

「逆から言う」なら

「全人類が自分の実体や其の実体の根本的目的を十分に理解・把握し、

自虐を避ける」なら

「世界平和も環境問題の解決も当たり前に成る事に成る」。

「死の実態が良く解っていない人間なら、今、この瞬間にも死を体験しているのに、死自体を恐れる事も出来てしまう」。

「丸ごと一人の死生観上の丸ごと一人の死とは、天動説の世界に他ならず、

実際の死は、誕生共々、細胞レベルの実現象で、

生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも実体験している事に他ならない」。

「其れは、他の地球の生物でも基本的に同じ」だ。

「脳のある生物個体の意識は、丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」。

「其の意識だけが重用されていた時代」に

「天動説」も「丸ごと一人レベルの死生観・人生観」も「多くの宗教」等々も

「意識を重用して創り出された」。

「所謂、理系側」では

「天動説より地動説の方がより実態を把握し易く、合理的である事」や

「産業革命」等々の

「科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事による

健常進歩・正常進化を実現させ、其の流れの上で、物資文明製品等も急速に進歩・進化させ続ける事が出来て来ている人間たちが

所謂、文系側では、未だに、宗教レベル、丸ごと一人レベル、天動説レベル、比べっこレベル、他者支配/被支配レベル、に執着し続けているまま

色々な者・物・事を具現化させ続けて来た結果」が

「戦争の歴史」であり「経済戦争」であり

「地球環境破壊」であり「温暖化」であり「問題だらけの人間社会状態」等々だ。

「理系で出来ている事が出来ない訳も無いのだから、行っていないのが実態であり、

行わせていない面も濃厚なのが実態に他ならない」。

「悪魔に魂を売り渡した状態の者たち」を「重要な立場から排除する必要性」等が「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、上記の現実」は

「筆者が記そうが知るさ無かろうが、其処に在る現実」に「他ならない」。

「どんなに筆者を否定しても、例え、筆者を殺しても、現実は変わらない」。

「愚か者たち」は

「殺すべきモノ」は

「愚か者たちの中で蔓延り続けて来ている現実離れ・実体離れしている自虐的な考え・思い・信じ等であり、

其れに基づいた行動等の具現化である事に、強く気づくべき」であり

「気づきに基づき、狭義の自分の健常化・正常化を急ぐべき」だ』。

『「本日も、

この世の終わり(もちろん、特定の人間個体の死等の意味では無く、現状の人間社会・経済システム等の終わり)もしくは、

人類滅亡(この世の終わりの方が、遥かにマシ)」への

「カウントダウンは、止まっていない」』。

『「健常レベルの代償欲求追及ゲームでもあるフェアなスポーツ比べっこ」等を

「楽しむ」のも「良い」が

「人間社会・経済システムも比べっこのままを推奨では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等」や

「大掛かりな映画・アニメ等」や

「大衆向けの漫画・雑誌・小説・音楽・絵画」等々の

「精神文化側の仕事を行っている人間たち」なら

「仕事に成っている事と破壊行為・自虐行為に成ってしまっている事の区別くらいつけられていて当然に成る」。

「未だに、破壊行為・自虐行為ばかり・・・では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

(本日は、いつものくだりは省略)

|

「地球温暖化反対!等の政治・社会運動」も結構だが「元凶対策が???では実効が得られる訳も無い事くらい悟るべき」では・・・。

『「国連が温暖化反対!政治・社会運動等の象徴的リーダー少女を招いて演説させたりした」のは「元凶利権上に在る組織の防衛の為」の

「ガス抜き的対策効果を狙ったから」等と「推定出来る」のは

「該当少女の演説内容」なら

「どんなに声高に訴えられても、元凶を是正させる為に有効な実行手段が具現化する事は在り得無いから」でもある。

「世界中で何百万人レベル」の「地球温暖化反対!デモ」等を「誘う事」は「出来て」も

「地球温暖化の元凶が何か?の理解・把握等が進まない限り、元凶自体に改善圧力が加えられる訳も無い」から

「地球温暖化反対!でも、反戦!でも、反テロ!でも、反原発!等々でも、

{反対運動}は反対運動の域を出ず、

反対運動の域である限り、元凶上の利権等を貪っている者たち等々の正義ぶり、優等生ぶる、ガス抜きにも使えてしまう」。

「反対意見や、少数意見等々も、この様に認めているから、大筋は現状のままで良いでしょ!」等の

「現状で実権を保持出来ている者たち等々による無言の圧力の中でも使われてしまう、反対運動等の実態が其処に露呈している」。

「本気で問題を解決する、したい」なら「元凶の特定から行う必要がある」が、

「この当たり前の現実は現状の多くの所謂、文系の情報・教育等の中では、無い事に、黙殺状態」に「されてしまっている」から、

「其の結果として出て来ているモノのほとんど全て」が

「反対運動等レベルに成ってしまっている」。

「未だ、現実把握等も未熟な、若年層の人間でも出来てしまうレベルの反対運動等の実効」が

「どれ程のモノに成るのか?」等は

「其の基本実体」等から、

「冷静に、考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「本気で問題を解決する、したい」なら「先ず、元凶の告発から行う事」こそが「合理的に成る」。

「元凶」を「世界中の多くの人間たちが理解・把握している状態に成る」なら

「世界中の多くの人間たちは、元凶を其のまま放置出来得ない状態にも至り易く成る」のは

「元凶は元凶であり元善では無いから」だ。

「悪人を放置・容認等出来てしまうのは、悪人くらい」で

「常人・善人なら、悪人を放置・容認等など出来る訳も無く、悪人の悪事相応に罪と罰を与えたく成る」のが「当然」に「成る」のと

「同じ構造が其処に在る」し

「ある人間が悪人か?常人か?善人か?も判らず、罪も理解・把握出来ていない内」は

「其の罪を犯している悪人に罪と罰を与える気にも成り辛い」のと「同じ構造」が

「地球温暖化等の問題にも在る」のが「実態」に「成る」。

「では、元凶は?」』

『「地球温暖化は何時から始まっているのか?」

「産業革命で多くの人類が化石燃料を大量使用する様に成る前」は

「地球温暖化とは無縁だった」が

「多くの人間たちの実生活も困窮状態だった」。

「多くの人間たちが実生活の困窮から抜け出す為に、多くの人間たちが、先ず、考え・実践して来た事」は

「自分たちの集団と他の人間集団とを分け、自分たちの人間集団の利を図る、他集団差別手段」で、

「其の先には、武力による他集団への侵略や略奪も付いていた」。

「それぞれの集団が、他の集団より進んでいる武力・戦術等々を競い合う、命がけの比べっこ上での勝者と成れた集団には、

相応の侵略・略奪利権等も生まれ、勝者の集団の生活実態は、勝者では無い集団の生活実態より、困窮度を低くする事が出来ていた」ので

「世界中で、其の武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いが行われて来ていた」。

「其の流れの上に、産業革命による化石燃料使用による武器も含む物質文明製品の飛躍的進歩・進化も乗せられた」ので

「武器等の飛躍的な進歩・進化に伴い、武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いの実態もより悲惨に成って来てしまった」。

「同じレベル同士が武力による比べっこを行うとより大変に成る」ので

「必然的に、武力がより低いレベルの人間集団が暮らしている地域への侵略が始まり、

其の成果を得るべく、植民地支配化や奴隷調達等の流れも生まれた」。

「産業革命以降、侵略~植民地支配の流れが非常に濃く成り、多くの植民地を持った国が一等国として多くの利権も得られていた」。

「そんな世界情勢の流れの中」では、

「当然の如く、

多くの国々が植民地を持つ一等国を目指す様に成り易く、

其の為に、化石燃料を使った武器も含む物質文明製品を進歩・進化させる事等にも大いに力を注ぐ様に成った」。

「武器の進歩・進化に伴い、戦争はより過酷に成り、侵略~植民地支配比べっこの行き着いた先」は、

「ある意味、必然的に、先進国同士の世界大戦に成った」。

「第一次世界大戦後、国際連盟がつくられ、戦争の防止が大いに期待された」が

「其の実現が出来ずに、第二次世界大戦も生まれてしまった」のも

「元凶の探究~対策が疎か過ぎたからに他ならない」。

「では、何故、生活実態困窮等からの解脱の為に、

人間たちは、他人間集団差別主義に陥り、

武力による比べっこ支配権/被支配権争い等に、

活路を見出そうとしてしまったのだろうか?」

「他人間集団差別主義の裏」には「自分の実体把握の欠如が在る」。

「自分の実体把握が不十分で不安定な状態の人間は往々にしてはっきりとした結果等、頼り易い、縋り付き易いモノを求めがちに成る」が

「武力による命がけの比べっこ」は「はっきりとした結果が得られる手段でもある」。

「武力による命がけの比べっこに対して、多くの人間たちが是を出してた裏」には、

「生活実態が困窮状態であったばかりでは無く、

自分の実体把握が不十分で、誕生・死の実態も???のまま、命を軽く扱う事が出来てしまっていた当時の多くの人間たちの実態が在り、

武力による命がけの比べっこによるはっきりとした結果を求めて、戦争にさえも是が出せていた」のが「実体」に「成る」。

「第二次世界大戦では、核兵器までもが製造~実用されてしまった」が

「其の膨大過ぎる破壊力」は「多くの国家権力者等も含む人間たちに、世界大戦を諦めさせるにも十分に成った」ので

「其れまでは、人間社会の精神文化面での表の顔だった戦争(=武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い)」は

「表の顔から、降ろされる事に成った」。

「第二次世界大戦後」は

「武力は基本的に後ろ盾にされ、経済による比べっこ支配権/被支配権争いに成っている」が

「未だ、表の顔から降ろされた武力も裏では、相応の力を保持出来ている」ので

「未だ、多くの国々でも最先端武器等の研究~開発~製造等にも余念が無い」。

「経済による比べっこ」は「武力とは違い、基本的には、直接は人間を殺さない」が

「間接的には、経済による圧殺殺傷事件等も枚挙に暇が無く、

人間は殺さなくても、他の地球上の生物(植物も含む)を遠慮無く殺す事等により、

経済比べっこ上でのメリットを得ようとする流れは、非常に強い」。

「エネルギー面での化石燃料使用による比べっこ上のメリット追及」と

「生物面での経済メリットの為の人間以外の生物(植物も含む)大量殺傷」が

「地球温暖化を生み出している」が

「其れらの人間たち等の行動実態を引き起こし続けて来ている本当の元凶」は

「国家権力者等も含む多くの人間たちの自己理解の浅さ」に「成る」。

「逆から言う」なら

「多くの人間たちの自己理解を深めさせる事により、行動ロジックの根本を是正する、させる」なら

「元凶も消失させられ、地球環境問題も戦争(武力による命がけの比べっこ)問題等々も、解決出来る事に成る」。

「現状」は

「其の極めて重要な流れが未だ、不十分過ぎる」から

「経済による比べっこで加速度的に深刻化し続けて来ている地球環境問題の裏」では、

「戦争(武力による比べっこ)が其の出番を待っている状態」だ。

「人類滅亡、或いは。この世の終わりの時へのカウントダウン」は「止められていない」』。

『「全人類」は「先ず、自分の実体把握を行うべき」だ。

「生きている人間」とは

「今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群(狭義の自分)であり、

「細胞レベルの命の連続性は地球上の全ての生物(広義の自分)に繋がっている」。

「広義の自分の根本的目的が存続である事」は

「大きく成り、数を増やし、多様性も極め、進歩・進化・突然変異等し続けながら、多種共存し、

存続し続けて来ている地球生命体細胞群の実態からも明らかな事」に「成る」。

「狭義の自分の意識は、丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」。

「古の人間たち」は「狭義の自分の意識だけの世界で全てを構築しようとしていた」し

「未だ、科学レベルで判明させる事が出来ていた実体や事実・現実が乏しかったので、そうするしか無かった」から

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観を抱き、実生活も行っていた」。

「必然的に、法や社会制度等々も、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観に基づいて構築されて来ている」が

「其れは、天動説の世界」に「他ならない」。

「今、全人類に強く求められている事」は

「個々の人間たちの、死生観も人生観も、人間社会の法も社会制度等々も、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事により、地動説化する実務を行う事」に

「他ならない」。

「この重大な実務を行う」なら

「広義の自分は他人も含む、地球上の他の生物も含む、超巨大細胞群」で

「自虐を避ける」なら

「世界平和」も

「他の生物の過剰・不要殺傷等の廃絶」も

「極めて当たり前の事に成る」。

「永遠の命」とは「広義の自分」が「実現出来る事」に「他ならず」、

「其の内のホンの数十兆でしか無い狭義の自分個体への過剰過ぎる拘り等の裏に在る」のは

「実体把握不足や、病的な精神構造(自己制御ロジック)等々」に「成っている実態」等も

「容易に理解・把握出来る事に成る」。

「ほとんど全ての人間たち」が

「自分の実体把握を行えている状態に成っている」なら

「世界平和も地球環境問題の解決も必然的に実現可能に成る」。

「逆から言う」なら

「自分の実体把握さえ不満足な者たち等が、行い続けて来ている自虐業等を放置・容認等させ続ける為」なら

「自分の実体把握」等は「行わない事が合理的に成る」。

「上辺の戦争や経済戦争等に拘らせ続け、自分の実体把握を疎かにさせ続ける」なら

「人類滅亡、或いは、この世の終わり」は「確定」に「成る」が

「経済世界大戦の裏に在る金権人間社会」は「確実にその道を強く誘い続けて来ている」し

「戦時中の好戦派同様の、金権支配賛美者・容認者等」は

「どんなに、反戦!地球温暖化反対!等で正義ぶっていたり、優等生ぶっていたりしていて」も、

「其の実体」が「広義の自分に自虐を強いている反面で狭義の自分を慰めようとしている自虐者である事」等は

「既に、バレバレ」だ』。

『「テレビでもラジオでもマスコミ等でも学校教育等でも、国連等々でも、

上記の様な内実のあるモノが主流と成っている」なら

「人類滅亡、或いは、この世の終わり」の「カウントダウン」も「止まる可能性が大きく成る」。

「旧態依然とした自虐業を行いながら、現状利権に溺れ続けたがっている、実に、醜悪で、劣悪な、自虐者たち等」が

「自らの実体に気づく時」、

「其れこそが、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在である事」等も「必然的に知る事に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「楽興教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「日米貿易交渉等をダシに安倍政権に悪イメージを付ける公共の電波上での政治運動」等をニンマリしながら行っていたが・・・。

『「政治的偏向のある常連出演者等による、公共の電波悪用、実質的、反対野党等の為の政治運動等」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんな事を行い続けて来ている者たち」等を「常連出演者等として重用し続けて来ている番組の実権者等」も

「本当に、酷く、劣悪に成る」が

「最近」は「一応、反論や対論等を喧伝する者」を「ゲスト等として起用している場合が多い」ので

「其のゲストの反論ぶり等が、常連出演者等より勝っている」なら

「視聴者等への、公共の電波を使った情報の一方的大量配信圧迫、常連出演者等のように思え!煽り」の

「悪害」等も「相応に減少している事に成る」。

「多くの場合」、

「口ダケは達者な常連出演者等が2~3人で、

司会者役でもアレコレ言う者が一人、

ゲストは一人」という

「数の上でも、慣れの上でも、常連出演者側が有利な構成に成っている」し

「本日も同様だった」から

「余程、ゲスト反論者等の力量が無い限り、常連出演者のように思え!煽り」は

「実効を持ててしまう」。

「其の内実は、実質的には、反対野党等の為の政治運動等や北朝鮮金政権等の為の政治・社会運動等の場合が多い」のだから

「番組名や出演者等を変えながら、何十年もの間、日本の公共の電波を使って行われ続けて来ている、

常連出演者等のように思え!煽りの実害」は

「膨大なモノに成ってしまっている事」等は「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「例えば、

其の煽りの先で生まれた民主党政権等が

日本国・多くの日本国民を細らせた反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた実例からも、

実害の膨大さの氷山の一角は、多くの視聴者も実感出来る事に他ならない」が

「其れでも、尚、同様の人脈の者たち等が、同様の{悪事}を行い続けられている」のは

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も不十分であるが故の悪現象に他ならない」。

「本来なら、

日本の中で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等を

意識的、かつ積極的に告発しているべき日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

むしろ、非人道的なスパイ・工作活動等を圧殺・黙殺し続けて来ている実態等から」も、

「北朝鮮労働党のオトモダチ人脈等に実権を持たせ続けている事の実害等が良く判る」。

「其の実態」は「非人道的なスパイ・工作活動等を背後から支援・援護等する情報工作等に成ってしまっている」。

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難」なら

「法改正整備や摘発体制整備等を訴える」のが「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等」に「成る」が

「現行法、特に憲法等を金科玉条の如く扱い、

現行法・現行の摘発体制では摘発困難な非人道的なスパイ・工作活動等の実質的、支援・援護等を行い続けて来ている者たち等」の

「偽善ぶりや、似非優等生ぶり、等々は、本当に、酷く、醜悪で劣悪に成る」。

「脆弱性を直す事を怠る事」等が「利悪に成る事」は

「ネットやパソコン・スマホ等の実態からも、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが、良く判る筈」だ。

「兵器・軍事面では圧倒的に優位に成っている先進国の脆弱性」が

「スパイ・工作活動等やテロ等に成っている実態」は

「日本でも全く同じ」で

「日本以外の多くの国々では、スパイ・工作活動・テロ対策は当たり前に意識的かつ積極的に行い続けている」。

「戦後の日本が其の面で余りにも遅々滞々とし続けて来ている裏には、

日本の中のスパイ・工作活動・テロ等のお仲間・手下・其の協力者等による、邪魔が在るから」と

「誰もが容易に推定出来る」が

「本来なら、其の邪魔を告発等しているべきテレビ・ラジオ・マスコミ等自体」が

「邪魔している側だったりしている」と

「必然的に、あって当たり前の告発さえ無く成ってしまう」。

「ネット普及前の実質的、情報・教育統制状態下では、朝鮮特別扱いしろ!強いがまかり通っていたが、

其処には、朝鮮のスパイ・工作活動等は容認し続けろ!も入っている」のが「実態」で

「其の様なスパイ・工作活動等の支援・援護に成る情報・教育等を行っている者たち等は、

有益分子扱いで、

スパイ・工作活動等のターゲットにもされて来ていない、から、

元気で金満で場合によっては有名人利権付きだったりしている」が

「スパイ・工作活動等のターゲットにされた人間たち、

特に、粛清工作のターゲットにされた、どんなに少なく見積もっても何百万人~の人間たちは、

数十万人レベル~工作員等による、濃度で殺傷等する集団工作により、

本来の実力を削がれ、病弱状態だったり、かなり多くの場合で、既に、工作濃度で殺されていたりする」のが

「異常な、戦後日本社会の実態」だ。

「飲食物工作でも大気工作でも電磁波工作でも、

濃度が低ければ、

とりあえずは、少々体調や気分が変レベルで済むが、

継続的に工作に見舞われ続けると発ガン等も含む発病し易く成ったりするし、

濃度が高められ続けるなら、死に至らせられる事に成る」。

「中程度の工作濃度でも、其の人本来の力量がかなり削がれる状態に陥らされる」から

「比べっこ人間社会の中で、

其のスジでは無い者たち等を重要な立場に就かせず、其のスジの者たちを重要な立場に就かせる工作等も実行可能に成っている」。

「重要な立場を親北朝鮮金政権等で占めさせる事が出来てしまう」なら

「日本の従北政権化~従北化も可能に成ってしまう」のだから

「工作濃度で粛清する非人道的な集団工作に対する対策が非常に重要である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「実害に鑑みる」なら

「非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たちへの厳罰」等が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で声高に訴えられていない現状」は

「明らかに異常」で

「其の異常さの裏に在る」のが「実権者等の人脈の問題である事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等や其の協力者等」や

「非人道的なスパイ・工作活動等の存在さえ感知出来ない程、実質的な能力が無い者」等が

「有益分子扱い」で

「実権者等にも成れている実態が露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「地球環境問題」や「原発問題」や「世界情勢問題」等について、上辺で優等生ぶり正義ぶっていたが・・・。

『「相変わらずの内実、劣悪論状態」なのだから「公共の電波上で同様の者たちばかり・・・が常連出演等し続け、させられ続け、られている事自体も、ある意味、酷く、劣悪な事に成る」。

「其処に露呈している」のは

「現状で常連出演等し続け、させられ続けられている者たち等」と

「起用しているテレビ・番組側の実権者等」の

「公共の電波使用利権」の

「お手盛りぶり等」の「実質的、大悪事」に「成る」。

「~何百万人~の視聴者等に対して、一方的に同様の常連出演者等の論等を見聞きさせ続ける事」の

「実効」は

「大衆マインドコントロールや大衆誘導」等に「成り」、

「其れは、ナチス・ヒトラーがラジオ等で行っていた事の現代版みたいなモノ」で

「歴史に学んでいるなら、絶対に行ってはいけない、行わせてはいけない事」に「成る」のだから、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何処の局でも同様に成ってしまっている、常連出演者等の論等」が

「実質的に利している」のも

「北朝鮮金政権等や中国共産党等」で「其の実態」は

「朝鮮・中国共産党特別扱いしろ!視聴者煽り」に「成っている」。

「其の実害、個人レベルの煽り運転等」とは

「遥かに違うレベルの~何百万人~の視聴者等に対する煽り、こう思え!強い」で

「個人レベルの煽り運転等の厳罰化を求めて正義ぶっている暇が有る」なら

「~何百万人~レベルの視聴者こう思え!煽り」に「対する、厳罰化等が遥かに強く求められている」のが

「正常状態の人間社会」で

「視聴者こう思え!煽り」等の「大悪事を行い続けて来ている、テレビ局・番組・常連出演者等」が

「人間社会の健常化・正常化等を阻害すべく、更なる、視聴者こう思え!煽り等を行い続ける事」等により

「現状の様な正常では無い人間社会状態であるが故に成り立っている、膨大な利権等を貪り続けようとしている様」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんなモノ」を「公共の電波を使って、大々的に配信し続ける事により、実質的に公然化等し続けていたところ」で

「環境問題が解決出来る様に成る訳も無く」、

「原発問題の妥当な解決法が多くの視聴者の頭の中で理解・把握等される様に成る訳も無く」、

「国際社会で問題の元凶を生み出し続けて来ている劣悪国家指導者等が是正する様に成る訳も無い」。

「公共の電波の不正・不当使用状態、もしくは、無駄遣い状態」が「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや言うまでも無い事に成る」』。

『「地球環境問題」と

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神文化」には

「強い相関関係が在る」が

「其の私的さえも満足に出来ていない」のが

「現状までの常連出演者等の実態」で

「其れは、

状店出演者等が自らの精神構造(自己制御ロジック)等を

十分に把握・自覚等していないか、

把握・自覚していても意図的に無視する確信犯の悪状態であるが故」の

「悪{広げ}現象でもある」。

「人間社会の歴史を精神構造面からも理解・把握等出来ている」なら

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い時」には

「個々の人間の命さえもが、今時に比べるなら、相対的に、非常に軽く扱われていて、

其の事に対する納得法として、

丸ごと一人の死生観・人生観に基づく、あの世の世界や生まれ変わり等の考え・思いに力を与える事等が在った事等」も

「良く解る筈」だ。

「多くの個々の人間たち」が

「其の様な状態に在った」から

「人間の命を軽く扱えていた先に、

敵とした人間の命は味方の人間の命より軽く出来ていたり、

敵の人間はもはや、自分たちと同様の人間では無い別の生き物的発想も成り立っていたり、

其の様な発想を多くの人間たちが持てていた先で、

侵略~植民地支配により自国・自国民をより豊かにする事は是とか、

奴隷狩り、奴隷使用さえもが、是等々の、

今時基準では非人道に当たる精神文化も生まれ、相応に強い力も持てていた」のが

「史実」だ。

「日本が明治維新、開国した頃」は

「より多く、大きく、植民地等を持つ事が一等国の証だった」のが

「世界の主流最先端精神文化の実態」だったから、

「欧米列強は、アジアにも侵攻して来て、数多くの国々を植民地化していた」。

「其の時に、植民地化等された国々」とは

「物質文明面でも精神文化面でも欧米列強に対抗出来るだけの実力を構築する事が出来ていなかった国々」で

「其の元凶は、其の国の中での実質的に遅れた治世状態と其れを是としていた、せざるを得なくなっていた其の国の多くの国民」等というのが

「実体」だから

「被支配国を全く非が無い国としてまるで雄踏国の如く扱う、扱わせる歴史観等は、明らかに、史実に背いている事に成る」。

「侵略~植民地支配精神文化」が

「全世界に蔓延する」なら

「支配国同士の対立と成り」、

「其の先で必然的に生まれた」のが

「世界大戦精神文化」だった。

「世界大戦を二度も行った事により、人類の持つ兵器等も急速に飛躍的に進歩・進化」し

「先の大戦では、原爆までもが開発~製造~実戦使用されてしまった」。

「世界大戦による絶大なる被害」は

「世界中の多くの国家指導者も含む人間たちに

武力による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化の

継続使用を躊躇させるに十分だった」から

「先の大戦後」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」が

「人間世界の主流最先端精神文化として実用されて来ている」。

「武力の後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化」は

「多くの個々の人間たちの支持も得続けて来ている」ので

「実用が続いて来ている」が

「其の中で、ある意味、必然的に生まれて来ている」のが

「数多くの環境問題」だ。

「上記の人間世界の主流最先端精神構造と其れを支持している多くの個々の人間たちの精神文化(自己制御ロジック)の実態」を

「十分に理解・把握している」なら

「環境問題を解決する為に必要に成っている事」等も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る様に成る事に成る」。

「多くの個々の人間たち」が「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いを支持していた時代」には

「戦争も、侵略~植民地支配も、世界大戦も、人類が止める事は出来得無かった」。

「全く、同じ事」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いでも言える事に成る」。

「環境問題を解決する為」には

「環境問題の生みの親である武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化自体から

人間社会も多くの個々の人間たちも{卒業}する」か

「膨大な世界大戦犠牲により其れまでの精神文化・精神構造からの{卒業}をせざるを得なく成ったのと同様に、

経済世界大戦による膨大な環境問題犠牲等により精神文化・精神構造からの{卒業}を強いられる」等の

「必要がある事に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、自主的{卒業}の方が自虐度も低く犠牲も少なく成る」のだから

「環境問題解決等を訴える」なら

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神文化の健常成長の役に立つ情報・教育」等も

「訴えていて当然に成る」。

「具体的には、天動説状態の個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)を地動説状態にまで健常進歩・正常進化させる事」が

「肝」で

「其の為に有益になる情報・教育の肝」が

「物質文明側同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事の推奨・実践等に成る」。

「例えば、

生きている人間の実態は、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、

人間の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる事」は

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実に他ならない」のだから

「其れを十二分に理解・把握した上で、死生観・人生観等を構築する実務を行ってみる事」等も

「大いに有効に成る」。

「其の様な今時の人間としての死生観・人生観を軸にしたドラマ・アニメ・映画・小説・音楽・絵画等々をつくり

テレビ・ラジオ・映画館・ホール等々で意識的かつ積極的に実用する事」等により、

「多くの個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)の健常成長もより容易に成る」のだから

「其の類の仕事を行っている者たち等が行うべき事」等は「既に、判っている事に成る」。

「旧態依然とした精神構造・精神文化の作品も在って良い」が「其れダケでは今時として明らかにダメ」だ。

「精神構造・精神文化の健常成長の役に立つ作品もつくり出せていてこそ、大々的に配信等されていてこそ、今時の、所謂、文系の仕事として、

初めて、相応の立場・報酬・権力等を得るに相応しい状態に在る事に成る」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「原発問題でも、ファクトベースで考える」なら

「自虐度を低く地球環境問題解消にも合理的に成る解決法」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「現状が、異常な混乱状態で、騒がしい」のは

「政治目的」で

「北朝鮮金政権等や中国共産党等を優位にさせよう」等としている

「策略的思想統制」等までもが

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で蔓延り続けられて来てしまっているから」に

「他ならない」。

「原発問題からも地球環境問題からも、北朝鮮金政権等や中国共産党等の独裁政権側に力を持たせる方向」は

「明らかに、自虐的」で

「其の先で必然的に生まれる事に成る」のは

「世界大戦終了時の膨大なる犠牲と同様」の

「経済世界大戦終了時の膨大なる犠牲」に「他ならない」。

「自由・民主主義圏の情報・教育上」で

「前記の精神構造・精神文化の健常成長を大々的に誘う事による軟着陸に力を加えず、

独裁政権側に力を与え、より膨大になる犠牲を誘っている事」等は

「実質的に、大罪に成る」。

「本来なら助かる命を殺そうとしている大悪者が其処に居る」。

「大悪者等の駆逐・排除等が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「国際情勢問題」でも「実体は同じ」だ。

「精神構造・精神文化の健常成長に力を加える実務抜き」なら

「より被害が大きく成ってしまう」のは

「極めて当然の現象でもある」。

「早急な問題解決が必要な場合」には

「地域戦争も止むを得ない」かも知れないが、

「そうで無ない」なら

「精神構造・精神文化の健常成長を大いに急ぎ実現させるべき」だ。

「其の為に有益になる仕事が行えていない者たち等に過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「本当の親では無い」で子を殺してしまった義父の精神構造さえも???の様相のテレビ常連出演者等・・・。

『「報道されている該当事件の実態が露呈している」のは「母親による被支配権を比べっこで争っていた先で生まれてしまった惨劇」等に「成る」。

「子にとっては、母親の愛」であり

「該当容疑者義父にとっては、(現状までの報道内容では資産持ち等で経済的自立も容易だった訳でも無い様なので)妻の経済」が

「母親による被支配権の実体」に「成っていた事」等が

「容易に推定出来る」。

「比べっこによる支配権/被支配権争い」とは

「乳用レベルの精神構造(自己制御ロジック)」に「他ならず」、

「健常状態に在る人間」なら

「比べっこによる支配権/被支配権争い」から「本質・快適探究」へと

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる事も容易」だが

「現状の人間世界では、其れこそ、世界中の何処の国でも、比べっこによる支配権/被支配権精神構造強い状態の人間社会状態」なので

「かなり多くの人間の精神構造の健常成長が阻害され続けている」のが「実態」だ。

「該当容疑者も殺されてしまった子も其の母親も、テレビ常連出演者等の多くも、其の例外では無い実態が露呈している」。

「仮に、該当容疑者の精神構造が本質・快適に健常成長出来ていた」なら

「子の本当の親では無い発言」に「対して」も、

「同レベルで争わず、容易に子を諭す事等が出来ていた筈」だ。

「例えば、

人間の誕生・死が細胞ごとの実現象である実態からも、

あなたの最初は、其の父親と今の母親によってつくられたけど、

その後は、あなたに関わって来ている人々の中であなたの細胞群が入れ替わっているのだから、

私が父親として関わる様になった後のあなたは、私の子としても成長して来ているのが現実だよ等の旨」を

「諭し」たり

「獣の世代交代によって人類誰もの広義の自分でもある地球生命体細胞群の存続に貢献する為には

遺伝子レベルでより存続に優位な遺伝子を残す事が合理的に成るけど、

人類の場合は、遺伝子だけに頼らず、多種多様な手段で広義の自分の存続に貢献出来るのが現実なのだから、

未だに、遺伝子に拘り過ぎるのは、時代遅れになるよ等の旨」を

「諭す事も出来た筈」だ。

「同じ土俵上での比べっこによる被支配権争い」という「構造」では「無く」、

「親として、大人として、子を諭し、子の精神構造を健常成長させようとする者と子」の「構造」に

「成っていた」なら

「子を殺人する等の事態が誘発される訳も無い」』。

『「仮に、

義父が

経済的自立も容易だったり、、

或いは、他の女性パートナーが容易に得られる何らかの要素等を保有している等の、

余裕を持っていた」なら

「子殺しの前に、離婚~新たなパートナー探し塔の選択肢が浮上していた可能性が大きい」が

「其の辺りの要素」は「現状人間社会・経済システム上故の要素に成る」』。

『「上記の様な実態」から「容易に言える事」は

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為」には

「多くの人間たちの精神構造の健常成長に役立つ情報・教育等を

意識的かつ積極的に行ったり」、

「経済格差の是正を意識的かつ積極的に直ぐに実現する様に行ったり」、

「其の意思のある人間なら、異性パートナーが得られ易い状態に成れる状態の構築を

意識的かつ積極的に行ってり」、

「する事」が「合理的に成る」』。

『「本来なら、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に役立つ情報配信・教育等を行っているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、

未だに、{天動説強い}状態上での利権争奪場の様相を濃厚に露呈し続けている事自体、

酷く、劣悪で、直ちに是正すべき事に成る」が

「其の辺りの是正も出来ない内」は

「実効のある格差是正」も

「異性パートナーが得られ易い状態の構築」も

「実現が困難に成ってしまう」のが「現実」だ。

「比べっこ上では、比べっこの劣位者をつくり出し続ける事が、比べっこ自体の価値向上にも直結しているから」だ。

「もちろん、こんな酷く、劣悪で、人類誰もの広義の自分にとって自虐的な状態の是正が急務である事」等は

「もはや言うまでも無い事に成る」。

「例えば、テレビ等等でも、

満足な分析・解説等も出来ていない、要でも無い者たち等を、

何時までも、常連出演者等として重用し、過分な有名人利権や報酬等々を与え続ける必要は全く無い」。

「其れは、マスコミの常筆でも、学校教育上での教授・講師・教師等々でも、同じ事」だ。

「所謂、文系側の天動説状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「訪日韓国人旅行者が大いに減った」と「騒ぎ、不平・不満・不安等を煽っている」が「其の元凶は?」等を「十分に言わない韓国の手下・手先・其の協力者等テレビ・マスコミ等」の「大問題」・・・。

『「訪日朝鮮人の目的」にも「色々ある」。

「北朝鮮金政権等の百年策略」である

「韓国従北政権化~韓国北朝鮮化~其の移民・難民で日本国内の朝鮮人人口割り合いの増大~帰化・子沢山化による日本の従北政権化~日本の北朝鮮化」で

「韓日の乗っ取り支配体制完成」の

「下見・工作指令等々の為に訪日している者たち等も居る」。

「北朝鮮金政権等が核を持ち、核放棄しない状態を続けられてしまう」なら

「上記の百年策略がより容易に成ってしまう」し

「北朝鮮金政権等が核・ミサイル・他国内での非人道的スパイ・工作活動等を完全放棄する、させられる」なら

「上記の百年策略はその時点で終わりが確定する事に成る」。

「目先の商売利権等ばかりを非常に優先させ、上記の様な国・国民の安全・安心の根幹に関わる重大事」を

「無い事にし続けて来ている、平和ボケ、或いは、確信犯の北朝鮮金政権等の手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「そもそも、訪日韓国人旅行者等の増大の裏」には

「円安容認政策が在った」が

「昨今の韓国の反日・従北政策等の増強化等により、

円安メリットを喪失させるに十分な程、ウォン安状態と成ってしまっている」ので

「現状では安くてお得???な日本から韓国への旅行」&「高くて反日風潮上行くに行けない韓国から日本への旅行」状態に

「成っている」。

「上記の経済・社会面での実態」からも

「訪日韓国人旅行者の減少原因」が「韓国にある事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事」に「他ならない」。

「韓国に在る原因」を「日本で騒ぐ事の実効」が

「韓国で原因をつくり出している者たち等を不当に利す事」等にも「成り得てしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「問題の原因をそのままに、問題を起こしている国では無い国が、問題を起こしている国の問題を解消すべく対策を取る」なら

「問題を起こしている国が、問題を起こしているままでも、問題を起こす前と同様のメリットが得られる状態を

問題に巻き込んでいる国の努力で得られてしまう事に成る」。

「この手の悪徳メリットを得る事等が大得意」なのが

「悪朝鮮人権力者等の特徴の一つ」だ。

「本来なら、日本側が取るべき対応」は

「韓国が原因で日本が巻き込まれている問題で日本もデメリットを受けているゾ~!等と大騒ぎする事」等では

「断じて無く」、

「粛々と問題の本質や実体等々を大々的に情報配信等し続ける」等に「成る」。

「韓国が問題を解決した、出来た」なら

「ある意味、自動的に、良好な状態に成る事」に「対して」、

「日本が、悪戯に騒ぎ、大衆不安等を煽り、不要で過剰な、悪徳を利す事に直結している、支援や対応等をする事」等は

「意識的かつ積極的に避けるべき事に成る」。

「韓国人旅行者が減って困っている企業等」なら

「例えば、TPP圏内の国々からの訪日旅行者等を増やすべく企業努力等をする事」等が

「合理的に成る」。

「ズル者・悪人」と「常人・善人」の「付き合い」は

「ズル者・悪人の要求が通らなくなった時点で破綻する場合が多く、

全体を実体通りに検証するなら、常人・善人側のメリットが大いに削がれている場合も多い」が

「常人・善人」と「常人・善人」の「付き合い」なら

「健常状態を保ち易く、ウィン・ウィンの関係の構築も比較的容易で、長続きし易く成る」。

「隣人のズル者・悪人」と「遠くの常人・善人」の

「どちらに向かって門戸を広げるのか?広げているのか?」で

「其の企業の企業姿勢等も直に判る事に成る」から

「今後は、例えば、株価等に大いに反映される事等が、ある意味、当然の現象に成って行く事に成る」。

「ズル者・悪人等を蔓延らせ続ける人間世界では、長い未来も在り得無く成ってしまうから」だ。

「上記は、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、喧伝等していて当然の論や内容に成る」。

「未だに、朝鮮特別扱いしろ!煽り等を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに酷く、劣悪に成る」ので「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「サウジアラビア石油施設への特攻ドローン武力攻撃の元凶」が

「イランであった実態がどんどん濃厚に判明して来ている」に「連れ」、

「米国トランプ大統領」も「戦争も排除しない旨も含めて喧伝する様に{戻った}」。

「もちろん、戦争以外の手段で、出来るだけ平和的に解決出来る」なら

「其れが良い」が

「元々の精神構造・精神文化の現実離れが激しい勢力」との

「内実のある対話・協議等が非常に成り立ち辛い事」等は

「もう、既に、歴史が実証している様なモノ」だ。

「精神構造・精神文化のある意味、必然」として、

「対話・協議等、知性脳レベルでの合意形成が成立しなかった場合」は

「退行現象が起き、情動脳レベルでの其の集団の納得に縋り付き易く成る」。

「感情的納得の先で往々にして生まれる」のが「対立相手との命がけの比べっこによる決着」だ。

「しかし、情報伝達等も非常に発達している今時の人間世界」では

「武力を用いた命がけの比べっこを行ってしまった場合の勝者がどちらに成るのか?」等は

「余程のおバカや現実逃避者等でも無い限り、其れこそ、直にでも解る」。

「其れは、問題国状態に陥っている内実弱体国の国家指導者等でも同じ話し」に「成る」ので

「例えば、北朝鮮金政権等は現状まででは窮極の大量破壊兵器として多くの人類が認識している核兵器を大量に持つ事等により、

武力による命がけの比べっこを行ったなら、タダでは済まないゾ~!脅しを行い続け、

実際には、行ってしまったなら、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争を遠ざけさせようとし続けて来ている」。

「戦争を遠ざけさせ続けながら、

主として日韓内等、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等により、

先ずは日韓の乗っ取り支配を実現させてしまう事等により、

散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪独裁政権のままでの延命~利権増大等を画策し続けている」。

「数十年間にも亘る何十万人~の工作員・其の協力者等による非人道的な粛清工作の犠牲者数」は

「どんなに少なくても、何百万人レベル~に成り、其れは、大部分の戦争の犠牲者数より多い」のだから

「戦争を避け、工作活動等対策を十分に行えていない状態」こそが

「極悪者を利している事に成ってしまって来ている」。

「核兵器保有前に戦争で極悪政権を潰していた」なら

「其の後の粛清工作活動犠牲者等は激減していた筈」で

「核兵器を増産し続けている現状からも、核兵器が少ない内に戦争で極悪政権を潰す事の方」が

「戦争を躊躇して、粛清工作犠牲者を増やし続けるより、犠牲者が少なく成る道に成る事」等は

「冷静に少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事に成る」。

「極悪国家指導者等を潰す為の戦争を行う」なら

「より早く、より常人・善人の犠牲者少なく、より短期で収拾する様に、遠慮無く、確実に行う事」が

「合理的に成る」。

「戦争を行わず、

極悪国家指導者等の精神構造(自己制御ロジック)や其の下の国の精神文化等を健常化出来る」なら

「其れが理想に成る」が

「自己健常支配の継続の重要性」や

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の追及が自己支配欲の代償欲求の追及に過ぎ無い事」等さえも、

「ロクに、情報配信・教育等して来ていない、現状までの人間世界」では

「其の理想」は「絵に描いた餅状態」と「強く推定出来る」。

「現状で実効がある手段」は

「圧力による丸腰化」か「戦争」で

「極悪国家指導者等が圧力による丸腰化に応じる」なら「平和的解決に成り」、

「応じない」なら「戦争に成る事」が

「必然」に「成る」。

「将来に向かって戦争を避けるベースをつくる為」にも

「情報・教育等の精神文化製品を、多くの物質文明製品並みに、急速に、健常進歩・正常進化させる事」が

「非常に重要」に「成る」。

「其の仕事が出来ていてこそ、今時の情報・教育界で仕事をしている者等として相応の立場・報酬・権力等も与えられていて当然に成る」が

「現状では、

まるで、かつての天動説派の如き者たちの様な者たち等が、

旧態依然とした利権構造上で、

旧来からの、比べっこ上での利権等を

奪い合っている実態を露呈している場合がほとんど」なのだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

「其れは、イランでも北朝鮮でも同じ話し」に「成る」』

|

「{何処とも戦争はしたく無い}トランプ大統領発言」が戦争に成ると負けが確定している国々等を利し、工作的武力行動等を誘発した様相だが・・・。

『「上記の事態が露呈させている事」は「ボルトン元補佐官の強行発言」の「逆もまた真成り」に「他ならない」。

「人間世界内」で「利されるべきでは無い、悪国家権力者等から、不当利権を剥奪し続ける事」は

「其の国だけの問題では無く、国際問題に他ならない」。

「この{面倒}な国際問題」から

「安易に遠ざかろうとする事」は

「実力の有る国々の代表等が決して行ってはいけない事に他ならず、

物質文明面・精神文化面双方がより進んでいる国々等による、この{面倒}な国際問題への積極介入が在ってこそ、

最低限の世界秩序等の維持も可能に成る」。

「現状では、地域戦争レベルの戦争を止められる程、人間世界の精神文化は進歩・進化出来ていない」から

「地域レベルでの戦争を放棄する」と

「其の事によって利されてしまう」のは

「其の地域の悪徳政権等に成り易い」。

「利を得た悪徳政権等は肥大化し易く成ってしまい、{面倒}な国際問題が{大面倒}な国際問題に成り易く成ってしまう」のだから

「人間世界の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に必要に成っている情報・教育等を

意識的、かつ積極的に、大々的に行い続ける」等の

「王道、正攻法の道を歩もうとしていない現状」では

「遠慮の無い地域戦争」こそが

「最低限の国際秩序を守る、守らせる為の、実質的には、唯一無二の手段に成ってしまっている」。

「地域戦争時の被害減少の為」には

「問題悪徳政権国家等を衰退化させる事」が「有効に成る」から

「実効のある経済制裁等は有効な手段」だが

「悪徳政権国家等は悪徳政権国家等であるが故に、其の実効を弱める事等も得意」で

「他の悪徳政権国家等との連携や、

他国内でのスパイ・工作活動等による利権収集と普通の国々をトンネル会社の如く悪用する手段等々により、

経済制裁等の実効を弱める場合もある事」は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている、核武装までしてしまっている、北朝鮮金政権等の実態からも明らか」だ。

「逆から言う」なら

「北朝鮮金政権等問題の解決」は

「人間世界が最低限の世界秩序を保てるか?否か?の試金石である事」に「成る」。

「米国トランプ政権等による対話・協議等による実体を伴う解決」が

「実現出来なかった場合」は

「地域戦争を躊躇すべきでは無い理由」が「其処に露呈している」。

「核武装は未だの様相のイラン等の場合」は

「未だ、相応の時間的ゆとりも在る事に成る」が

「散々の極悪事を行い続けている、核武装までしてしまった、北朝鮮金政権等の場合」は、

「既に、待った無し!状態」に「成ってしまっている」。

「ボルトン補佐官まで解任する事により、金正恩にゆとりを与えたトランプ大統領の判断」が

「正解だったのか?否か?」が

「はっきりする時」も「近い」』。

『「韓国文政権等による韓国内北朝鮮化工作も酷い」。

「現状の文政権等の思惑のまま事が進められてしまう」と

「韓国内では政権を持っている限り安泰状態が築けてしまう事に成り、

其の実態は、独裁政権化を誘い、何れは、北朝鮮同様の状態に至る事に成る」。

「其処で、当然、予測出来てしまう事態」が

「そんな国嫌だ!」で「移民・難民の上辺の下で、大量に日本にも渡来して来る韓国国民たち」等の

「具現化」だ。

「タダでさえ、昨今の日本社会の中では、朝鮮系・中国系の人々の割合いが高まり続けて来ている」から

「米国のヒスパニック系人口の劇的増大と同様の事態」が

「日本に訪れ易く成ってしまう事に成る」。

「元々が、自己健常支配の継続より、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の精神構造を

国家レベルで養い続けて来ている戦後の朝鮮半島内であるが故の悪現象の先で生まれ続けて来ている者・物・事」が

「北朝鮮の金政権等による独裁であり、数々の極悪事であり、

韓国の反日無罪であり、従北政権誕生等々」なのだから、

「其のスジの人々の人口増加により、そんな精神構造故の悪現象が日本国内でも増え易く成ってしまう事」等は

「想像に難く無い」。

「益々、健常発展が阻害され易く成ってしまう日本社会故に、日本の衰退化も起こり得てしまう事に成る」。

「其の様な悪い流れに向かわない、向かわせない為に必要に成っている」のが

「情報・教育等の健常化・正常化」なのに

「未だに、異常な戦後処理上の実権者人脈等が蔓延り続け、旧態依然とした比べっこ強い状態なのだから、

本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当たり前の事」だ。

「地球環境の為にも、エネルギー海外依存率を下げる為にも、原発を安全に使う事」が

「合理的に成っている」。

「悪戯な日本のみ反原発が利す」のは

「核兵器を持っている北朝鮮金政権等や中国共産党やロシア等々」や、

「国産原発輸出の韓国・中国等々」に「成る」。

「現状の電力インフラでは、太陽光等再生可能エネルギー発電と火力発電等を置き換える事は非常に困難」だ。

「火力の代わりとしての適合性が高い実用可能な発電方法」は「原発使用発電に成る」。

「ドローン特攻兵器対策も必要」だが

「其れは、ミサイル防衛とは全く別のモノに成る」。

「ミサイル防衛はミサイル防衛として高い必要性を持っている」。

「別の国だからと放置していても大丈夫な場合もあるが、大丈夫では無い場合も決して少なく無い」。

「日韓・日朝問題等をちゃんと解決させる為」には

「単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた当時の韓国

~日本による保護

~国力相応の日韓併合二国間国家間契約

~其れに基づく同化政策

~日米開戦~日本の敗戦につけ込んだ朝鮮半島内・日本国内での朝鮮による火事場強奪

~等々の

史実をありのままに原寸大で大々的に情報配信等する事が大いに有効に成る」。

「国と国との約束を守らない国・悪国家権力者等の裏」には

「ファクトベースでは成り立ち得ない悪徳利権が在る」。

「そんなモノを保持~増大させ続ける事等を世界中が認める必要は全く無い、ばかりか、

そんなモノを世界中が認めてしまう事自体が、最低限の世界秩序の崩壊にも直結している事に成る」。

「ファクトベースを逸脱した上に在る悪徳利権等を撲滅させてこそ、

日韓・日朝等の正常で健常な国家間関係等も築ける事に成る」。

「悪徳利権維持~増大等の為にありのままの史実等を圧殺・黙殺等し続けて来ている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」とは

「悪徳利権を保持~増大させようとし続けて来ている悪者たち等の手下・手先・其の協力者等故」の

「悪実態に他ならない」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「悪徳利権維持~増大の為に非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等に相応しい」のは

「大罪認定と厳罰」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行い続ける」なら

「戦争等の手段を使ってでも滅ぼすべき実体が其処に在る」。

「何故なら、数十年間にも渡る、何十万人レベルでの非人道的粛清工作等による犠牲者数は、

どんなに少なく見積もっても、何百万人~レベルに成り、

其れは、多くの戦争犠牲者数より遥かに大きな数に成るから」だ。

「この実態」からも

「何百万人~粛清を止めさせる為の戦争等」は「躊躇する、させるべきでは無い」。

「似非平和主義者等は、反戦を訴え、非人道的なスパイ・工作活動等を黙認等し続けて来ている」が

「似非平和主義者等の中には、確信犯の粛清等工作員等まで居るのが実態」だ。

「粛清工作員等が自己正当化の為に反戦・反核等を利用している場合も決して少なく無い」。

「健常な自己正当化のやり方は、非人道的なスパイ・工作活動等、本質的に悪い事をしない事に他ならない」が

「本質的に悪い事を行い続けて来てしまっている者たち等は、上辺で正義ぶり、周囲を巻き込む事で、

他の人々等から承認してもらう、他の人々等に承認させようとしたりしがちに成る」。

「根本が酷く間違っている者たち等の非常に哀れで劣悪な実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事等はもはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本からの戦争が絶対に無い状態に成っている戦後の日本では、

悪戯な反戦は言わず、反工作活動等を訴えていてこそ、実態に背いていない、今時の日本に必要な訴えに成る」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前では無い者・物・事等の裏」には

「往々にして、ファクトベース上では成り立ち得ない不当利権等の維持~増大等を画策し続けている悪者等の意志・命令・指令等が在る」。

「常人・善人等なのに、そんなモノに操られる程、愚かな事は無い」。

「其れは、日本国内でも、韓国国内でも、世界中の何処の国の中で、でも、同じ事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

本日も「朝鮮ご用達大衆ロビー活動」等を行っている様相の常連出演者等満載状態だが・・・。

『「サウジアラビア石油施設攻撃のドローン」を「持ち出し」て「其の経済性等から日本のミサイル防衛等を批判・非難等していた常連出演者等」の

「インチキロジック」は

「ドローン攻撃対策も必要に成っているから、ドローン防衛の充実を!」等と「ミサイル防衛とは別を言う」のが

「当たり前の防衛論に成る、当たり前の考え・思い・感等を抱ける、多くの視聴者等」にも

「直に分った筈」だ。

「其れでも、公共の電波を使った~何百万~の視聴者等に対する情報の一方的大量配信上」の

「視聴者こう思え!煽り」等に

「毒され、操られてしまった視聴者等の数も相応に少なく無い事等も容易に推定出来てしまう」ので

「公共の電波上のインチキ論等の規制・排除等や、視聴者こう思え!煽り等を続けて来ている

常連出演者等の是正や排除や交代等々」が

「必要に成っている事」等は

「冷静に少し考える」なら「其れこそ、ほとんど全ての視聴者等が直にでも解る事に成る」。

「何れにしても、日本の公共の電波を使って、韓国・北朝鮮等の為の大衆ロビー活動等を行い続けて来ている者たち等」を

「何時までも、主たる常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本がファクトベースで事を進められる」のは

「ファクトベースで事を進めるに十分なファクトを積み上げて来ているから」に「他ならず」、

「ファクトベースで事を進められては困る、悪事等を積み重ねて来ている国々等」が

「ロビー活動等により利権の維持~増大等を図り続けようとする」のは

「ある意味、悪であるが故の当たり前」に「成る」。

「この当たり前の事実」を「言わず」に

「ファクトベースが良いですよぉ~!論等を喧伝」等しても、

「悪であるが故の当たり前」が

「止まる、止められる、訳も無い」。

「ファクトベースを言うと共に、ファクトも声高に発信し続ける事により、

ファクトベースの無い悪どものロビー活動等を無効化して、出来てこそ、

本当に実効のある手段を実行している事に成る」が

「現状までの戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が行い続けて来ている事」は

「史実を言わずに、韓国・北朝鮮等の歴史観を紹介する」等々の

「利悪情報・教育状態」で

「そんな事を行い続けて生きている者たち等の実態」は

「日本で韓国・北朝鮮等ご用達の大衆ロビー活動等を行い続けて来ている情報・教育工作員等」に「成る」。

「そうでは無い」等と

「言うのなら」、

「過去の酷い実態に対する訂正・謝罪・補償」等々や、

「今、実行している事等の是正」等が

「急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「少々のファクトを喧伝等するダケでは無く、

単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた当時の韓国

~日本による保護

~国力相応の日韓併合二国間国家間契約

~其れに基づく同化政策

~日本の敗戦につけ込んだ韓国・北朝鮮の火事場強奪

~等々、

現在の日韓間・日朝間の問題等に直結している全ての史実をありのままに原寸大で大々的に大喧伝等するべき」だし、

「其の上」で

「現状の個々の問題に対するファクトをありのままに原寸大で大喧伝等するべき」だ。

「其れらの全世界の人々が共有できるファクトベースがしっかりしている」なら

「日本による侵略~植民地支配{詐欺}の二の舞・三の舞等々による不当利権」を

「韓国・北朝鮮等の悪権力者等が貪る、貪ろうとする事等」は

「非常に困難に成る」。

「ファクトベースのメリット」は

「全世界の常人・善人にもたらされる事に成り」、

「ファクトベースのデメリット」が

「全世界の悪人にもたらされる事に成る」。

「其の様な健常状態の構築抜き」に

「人類の長い~永い存続も、地球環境問題等の解決も在り得無い」のだから

「情報・教育等、精神文化側の仕事を行っている者たち等」なら

「行わない方が異常に成る仕事が其処に露呈している事に成る」。

「其の健常な仕事を行わず、行えず」に

「未だに、韓国・北朝鮮等ご用達の大衆ロビー活動等を行い続けているテレビ常連出演者等は本当に酷く、劣悪に成る」。

「もちろん、そんな酷く劣悪な者たち等を常連出演等させ続け、実質的に、公然化等し続けていても、ロクな影響が出る訳も無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

TBSは東京五輪マラソン代表選抜戦でフジでは北朝鮮等問題等を論じていたが・・・。

『「フェア」な「スポーツ比べっこ」は「不快に成らない」が「真夏の東京五輪の代表選抜戦」となると

「早朝にする」等の「{善処}があっても、どうも・・・の感もぬぐい切れない」。

「昨今の気候変動や世界情勢」等からも

「果たして、東京五輪が順当に行われる様に成ったとしても、素直に楽しめる状態に成っている人々がどれ程居るのだろうか」・・・。

「其れでも、フェアなスポーツ比べっこ上で目の前の成果を追及していた選手同士の実直な争い」は

「感動モノ」でもあった。

「多くの視聴者も巻き込んだ、健常レベルの一時的な代償欲求追及ゲーム」が

「其処に在り、

其れは、

今時基準なら要でも無いホンのドラマや反日国ご用達工作情報ニュースショー等々より遥かに良いテレビ配信情報」でも「あった」。

「カレンダー通りの三連休日を感じさせる、ホッとした一瞬を筆者も感じていた」』。

『「時事問題」は「他の局」でと「成り」、

「フジに変える」と

「韓国・北朝鮮問題~日本の国防等について、ある意味、当然の論等が喧伝されていた」が

「ボルトン補佐官の解任関連」については

「其の結果、北朝鮮金政権等が核放棄実務を誠実に行わざるを得なく成った実態の紹介」が

「何故か、無かった事」等に「違和感を覚えた」。

「現状では、トランプ大統領が金正恩を信じている」が

「其の信じている内実」は

「金正恩が完全核等放棄を実践する事」に「他ならない」。

「逆から言う」なら

「金正恩等が完全核等放棄をしない」なら

「トランプ大統領の逆鱗に触れる事に成る」。

「最低でも、騙したな!!で限定攻撃は避けられない」。

「更に、其処で北朝鮮が反撃したり、韓国文政権等が北朝鮮への売韓国政策を行い続け、米国・米軍から遠ざかる状態を続ける」なら

「朝鮮半島での全面戦争のハードルが大いに下がる事に成る」。

「其の場合は、韓国軍が米側に付くなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成る」が

「韓国軍が北朝鮮共々米国側等に抗う」なら「少々の時間で終わる朝鮮半島丸焼き戦争に成る」。

「従北大統領を頂き続けている」なら「韓国に訪れてしまう可能性が極めて大きい事態」が

「其処に露呈している」。

「トランプ大統領が金正恩との協議等で悪戯な妥協をするなら、北朝鮮に負けた米国大統領に成ってしまう」。

「どんなに絵面が良いトランプ大統領と金正恩との握手画面等が撮れても北朝鮮の完全核等放棄が伴っていない」なら

「トランプ大統領の負け」が「世界中のほぼ全ての人々に、其れこそ、一瞬で理解・把握出来る事に成る」。

「トランプ大統領にも金正恩にも、安易な妥協や誤魔化しは既に許されていない」から

「対話~協議~首脳会談等に北朝鮮の完全核等放棄が伴わない場合」は

「トランプ大統領の逆鱗に触れる事に成る」。

「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「上記の様な内実を情報配信出来ない訳も無く、していない事の違和感の裏に在るモノ」が

「疑われて当然に成る」』。

『「日韓併合が正当か?政党では無いか?」等を「論じる」なら

「先ずは、史実の情報配信が在って然るべき」で

「史実抜きに歴史観ダケを言う」と

「其の時点で、日韓が対等に考え・思い・感じられてしまう」ので

「史実抜きの歴史観情報配信の実体」は「利韓・利北朝鮮等に成っている場合が多い」。

「其の様な誤解等」を

「多くの視聴者等に抱かせない様にする為」にも

「最低限、~日本による保護~日韓併合当時の韓国の実態」や

「当時の韓国国家権力者等と日本の国家権力者等の間での話し合い内実」等の

「史実」を「情報配信するべき」だ。

「更に、大戦直後の韓国・北朝鮮等の実態の史実情報を付け足す」なら

「何故?韓国・北朝鮮側が日本による侵略~植民地支配という{歴史観}に拘るのか?」等も

「多くの視聴者等が其れこそ、アッと言う間に理解・把握出来る事に成る筈」だ。

「日韓併合二国間国家間契約」を「史実通り」に

「二国間国家間契約と認識する」なら

「大戦直後の韓国・北朝鮮等による日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪」等が

「正当化出来る訳も無い」。

「逆から言う」なら

「火事場強奪利権の先で更なる利権を日本から争奪しようとし続けて来ている悪者たちや其の手下・手先・協力者等」のみが

「史実通りの理解・把握・認識等を拒み続ける必要に見舞われている事に成る」。

「全世界の人々に広く、大々的に、知って頂くべき実体・実態が其処に在る」。

「戦後の北朝鮮金政権等や韓国悪権力者政権等の余りにも酷い行い等を鑑みる」なr

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら行わない方が異常に成る情報配信内容が其処に在る」。

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を十分に、大々的に、告発して来ていない」のも

「明らかに、異常」に「成る」。

「戦後産まれの一般市民まで含む日本人を粛清するスパイ・工作活動等」の

「基本的やり方」は

「ターゲットの健康・仕事・子造り等を工作濃度で阻害し、

ターゲットでは無い悪朝鮮人脈や其のお仲間・協力者等が工作阻害無き状態で優位に仕事や世代交代等を行う事により、

日本国内での存続割り合いを変化させ、

情報・教育工作等も加える事により、合法的にも日本の乗っ取り支配を実現させてしまう方法」だ。

「電磁波工作でも飲食物工作でも侵入工作でも、

いきなり殺傷に至る、戦後日本の現行法・現行の摘発体制でも摘発し易い手段は、

ほとんど用いられていないが、

工作濃度で、ターゲットに傷害や早死にをもたらしたり、子造りを阻害し世代交代時にはターゲットが亡く成っている状態にしたり、

する、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段」が

「集団で工作を行う、行わせる事により、大々的に行われ続けて来ている」。

「何十万人もの集団による数十年にも渡る粛清工作の犠牲者数は、どんなに少なく見積もっても、何百万人~レベルに成る」。

「多くの日本人の少子高齢化の裏」で

「多くの悪朝鮮系や其の協力者等の子沢山がまかり通り」、

「多くの日本人の薄給・酷労働の裏」で

「多くの悪朝鮮系や其の協力者等への利権集中化がまかり通り」、

「日本社会が大いに歪められ続けて来ている」のが「実態」だ。

「現行法に触れ辛いから・・・等々の理由」で

「上記の様な非人道的スパイ・工作活動等の実態を告発さえしないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当にどうかしている」。

「其処に露呈している」のは

「悪朝鮮人脈の手下情報工作機関等の実態に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、日本が好きで日本で日本と共存している工作等無縁の朝鮮の方々を悪朝鮮と一緒にしてはいけない」。

「重要な事は、民族・人脈問題等にする前に、善悪差別をちゃんと行う事」だ。

「この意味からも大マスコミレベルでの徹底した調査報道等が極めて重要に成り、

テレビ・ラジオ・マスコミ等を使った其の情報の大量配信も極めて重要に成っている」。

「未だに、この重大仕事を行っていない、行えていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、異常」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を続けているなら、

悪朝鮮系の人脈の者たち等や其の協力者等は、

先の大戦後、朝鮮半島内のほぼ全ての日本人が日本本土に強制帰還させられた様に、

強制的に、朝鮮半島等へ機関・送致等する、させられるべき」だ。

「其の後の日本社会がチリが晴れる如く、爽快に成る事等は、言うまでも無い事に成る」。

「健常性が戻った日本社会なら、少子高齢化問題も格差問題も、其の解決が容易に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日韓間問題の論調が「朝鮮特別扱いしろ!煽り」から「問題黙殺・圧殺による利朝鮮煽り」に変化した様相だが・・・。

『「史実や事実・現実関係が明らかに成れば成る程、朝鮮特別扱いしろ!煽りの力はどんどん減って行く」ので

「国と国との約束を守らない韓国文政権の実態が露呈した程度」に

「事実・現実関係情報は抑え、史実は黙殺・圧殺」し

「問題黙殺・圧殺による利朝煽り状態に成っている」のが

「現状の多くのテレビ番組等の実態」だ。

「この姑息な、詐欺師的手法自体」からも

「悪朝鮮の精神文化等の臭い」が「濃厚に漂って来る」。

「日韓間正常化・健常化の為」に「必要に成っている」のは

「史実も含めた実体や事実・現実情報を原寸大で、テレビ・ラジオ・マスコミ等で大量配信等する事等により、

多くの人々が

史実も含めた日韓間の実体や事実・現実等をありのままに理解・把握出来ている状態を構築する事に他ならない」。

「ありのままの史実等を知らない

韓国(北朝鮮も含む)国民や

戦後日本の朝鮮特別扱いしろ!情報・教育等にマインドコントロールされてしまっている日本国民」なら

「現状の韓国(北朝鮮も含む)側の反日運動等も{理解}出来てしまう状態に陥り易い」が

「ありのままの史実を理解・把握出来ている」なら

「韓国(北朝鮮も含む)側の反日運動の実体」が

「単独では国・国民の存続さえ危うい状態に陥っていた韓国~日本による保護~日韓併合二国間国家間契約を

日本による侵略~植民地支配にすり替える{詐欺}により

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に戦後の朝鮮半島内を得、

日本本土内でも強奪行為等を行う事で不当に利権を得た悪朝鮮人権力者等や其の手下・手先・協力者等」を

「無理やり正当化させ続ける為の{お手盛り悪徳ファンタジー}の一つの道具に過ぎない事」等も

「直に解る状態に成る」。

「{詐欺}や敗戦につけ込んだ火事場強奪等を行った悪者たちの道具にされている実態に気づく」なら

「反日運動等など恥ずかしくて行える訳も無く、反日感情や思い等も消失し、

史実と良心が導き出させる人間としての結論に成る{悪朝鮮権力者等や其の手下・手先・協力者等の罪と罰の訴求}等に成る」。

「韓国(北朝鮮も含む)でも日本でも、常人や善人がありのままの史実や実体や事実・現実等を原寸大で共有した先にある落ち着きどころ」が

「其処に在る」。

「悪者たちを正当化する為の悪者ご用達{お手盛り悪徳ファンタジー}で操られている状態」に

「本当の其の人間の人生は在り得無い」。

「悪者の手下・手先・協力者等にさせられてしまっている実態が露呈している」。

「常人・善人なら、其れは、恥ずべき実態でもある」。

「其れなのに、戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共レベルのマスコミ界や学校教育界等々では、

悪者の手下・手先・協力者等の状態を露呈し続けて来ている者たち等」が

「未だに、過分な立場・報酬・権力等までをも保持出来てしまっている場合も多い」。

「選挙も無いが故に、民意反映も、実権者人脈等の交代等も不十分に成ってしまっている、

公共の電波使用の仕事や公共レベルの大仕事や

ほとんど全ての日本国民の少年期~青年期等も教育する重要な仕事」等の

「実権者等が旧態依然としたまま」とは

「直ちに是正すべき重大問題に成る」。

「ありのままの史実も情報配信しないまま、日韓間問題を実質的に黙殺・圧殺等する事等により

韓国側の不当な駄々等々を実質的に、利している状態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等による非人道的なスパイ・工作活動等の告発や

徹底摘発・厳罰化等の訴え」等を

「未だに、行っていない事も酷い」。

「筆者の周囲」でも

「家の中でも、外出時でも、公共交通機関内でも、車実用中でも、至るところから、

音響兵器の電子・ホール版とでも表現すべき

複数和音輪唱により、経時変化もし、より疑似高周波化し続けて来ている、

イコライザー操作等で照射方向も調整出来ている

直進性がある縦波ドット波・パルス波で、壁等も透過する、

電力次第で強さもかなり強く出来、

人間の脳・神経・筋肉(心臓・肺・肝臓・腎臓等々の内臓も含む)等にも悪影響を与え、

脳卒中や心不全や不安・イライラ等の神経症状や筋肉痛やつりや痙攣や熱中症状態等々も引き起こさせる事が出来てしまっている、

工作電磁波が発生させられ、

其の中には、明らかに、筆者等特定の人間をターゲットにして当て続け様としているモノまで在る実態が露呈している」が

「シロウトの一般市民である筆者でさえ気づいてる其の様な酷い実態」を

「人間社会取材のプロであるマスコミ人のほとんど誰もが認知さえ出来ていない訳も無い筈」で

「其の大々的告発が行われていない実態が示唆している事」は

「実権者等による圧殺等に成る」。

「筆者所有の車にも工作電磁波発生ソフト・ハードが仕込まれている実態が露呈した時、

ディーラーに其の除去を求めた事もあったが、

調べる事に積極的な人々は何故か直に外され、ディーラー本社が拒否してオシマイにされた事があった」。

「其処にも、実権者等による圧殺の実態が露呈している」。

「其の、まるで、独裁支配圏や旧社会・共産圏の様なやり方」が

「今時の日本社会内で横行している事自体、本当に、酷く、劣悪で、是正が急務である事に他ならない筈」なのに、

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等のほぼ全てが、実質的に、工作活動等について黙殺・圧殺状態」だ。

「其処に露呈している」のは「北朝鮮金政権等の実質的、手下・手先・協力者等の実態に成る」。

「もちろん、そんな者たち等に、戦後の日本社会の中で過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無く、

酷い現状の是正が急務である事等は、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等」には

「侵入工作も、飲食物工作も在る」。

「飲食物工作の主たる手段」は

「弱毒物や有害物等を継続摂取させるやり方」で

「其の工作濃度により、ターゲットを粛清するやり方」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等は

日本全国で何十万人~レベルと推定される集団で、

例えば、侵入工作の場合は、鍵師と侵入工作員とが分業されていたりして、実行されている」。

「ターゲットからの情報盗みや情報発信等を阻害する為のネット工作員等も居る」。

「筆者のコンピも1月8日(金正恩の誕生日)にサイバーアタックで壊された事もあった」し

「今でも、監視中等の実態が露呈していて、記事を強制的に消す手法でアップの妨害をされた事も何度かあった」。

「スパイ・工作員集団」等が「北朝鮮金政権等や日本の中の北朝鮮のオトモダチ政党人脈等と重なっている実態も露呈している」。

「反日・親朝なら、朝鮮で暮らし、朝鮮を良くする事等でも頑張れば良いと感じたり、思ったりしている」が

「工作員集団等が実際に行っている事は、戦後産まれの一般日本国民までをもターゲットにした

電磁波工作や侵入工作や飲食物工作等々の非人道的な手法を使ったスパイ・工作活動等」だ。

「其の悪態自体」が「悪者である事を明らかに示している」ので

「多くの工作員等は悪を正義と{捏造する}事等も得意」で

「自己健常支配の代わりに他の者・物・事等を支配する支配欲の代償欲求の追及にも邁進し続けている

場合が多い」。

「其の実体不健常状態が、工作員自体を工作員の中から常に蝕み続けている事」等に

「気づく」なら「非人道的なスパイ・工作活動等は、直ちに止める事である事等にも、容易に気付ける筈」だが』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等で{情報工作}等を行い続けて来ている者たち等」や

「学校教育等で{教育工作}等を行い続けて来ている者たち等」は

「非自動的なスパイ・工作活動等を行わされている粛清工作員等より罪の意識を軽くし易い様」で

「其の厚顔無恥ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪に他ならない」が

「自覚無き者たち等は、鏡に自らの実体が映し出されていても、其れを自らの実体と認めたがらず、

お手盛り{悪徳ファンタジー}上での姿を真実と信じ込み続けたがっている様相」で

「本当に、哀れ」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「簡単な事」だ。

「史実をありのままに原寸大で情報配信」し

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団スパイ・工作活動等と告発等すれば良いダケ」だ。

「マスコミ人なら出来て当然の仕事」が「其処に在る」。

「行えない、行わない」のは「非人道的なスパイ・工作活動等を行っている側の者たち等に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

トランプ政権が「ボルトン補佐官解任カード」を切ったが・・・。

『「主として、イランに対する強行策の大推奨」が「イラン大統領とのディールを行いたいトランプ大統領」と「全く合わず、解任に至った」のが

「実態」の様だが、

「北朝鮮金政権等に対するメッセージも添えられていた」ので

「実質的には、対北朝鮮カードの一つを切った様なモノ」に「成る」。

「北朝鮮金政権等にとっては、リビア方式を主張していたボルトン補佐官が居る事自体、大いなる脅威に他ならない」から

「核放棄協議を行うなら、ボルトン補佐官は外してくれ!の旨」、

「トランプ政権に要求していた」。

「ボルトン補佐官が居ても、居なくても、核放棄実務者協議に進まざるを得なく成っていた北朝鮮金政権等にとって、

ボルトン補佐官の解任は、更なる核放棄実務者協議実行圧力と成り、

一度、核放棄実務者協議が始められたなら、実効の無い協議結果を受け入れる訳も無いのが、米国トランプ政権の実態」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下・手先・其の協力者等」は

「次期大統領選を睨んだトランプ政権の安易な妥協」等に「期待している様相」だが

「協議結果が安易な妥協なら、米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に屈した事に成り、

北朝鮮に負ける大統領では再戦も在り得無い」から

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に求める内容」は

「確実に完全核放棄等が判る実態を実行する確約等の協議結果に成り、

其の後は、其の協議結果通りに事が進められている事に成る」。

「北朝鮮金政権等が其れに抗うなら、

米国トランプ政権の逆鱗に触れる事と成り、

例え、トランプ大統領が約束を破る話し合いでは話しに成らない北朝鮮金政権等とは、もはや、北朝鮮解放戦争を行うしか無い!」等と

「やって」も「多くの米国国民は其れを支持する事に成る」。

「悪戯な戦争回避より、

核を持つ話し合いでは話しに成らない大悪党を認めてしまつ事によるその後の人間世界への絶大なる悪影響の方が遥かに大きく成ってしまう事」等は

「少し考えるなら、直に、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事だから」だ。

「米国との実務者協議が行われる様に成った時点」で

「北朝鮮金政権等が選択出来る手段」は

「完全核等放棄」か

「滅亡覚悟の負けが決まっている戦争」しか「無く成る」。

「リビア方式を言わなくても、

米国トランプ政権が北朝鮮金政権に負けた状態に成らない様にするなら、

必然的に、実質、リビア方式等に成り、

米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に負ける道を選択するならトランプ大統領の再選も無く、政権交代と成り、

新たな米国の政権は米国が北朝鮮に勝ったと誰もが理解・把握出来る手段を実行する事に成る」。

「何れにしても、核等を保持したままの北朝鮮金政権等の未来は短い」。

「解任が決められた後」は

「リビア方式を言ったボルトン補佐官は賢く無かった」等の旨「公言する事」で

「北朝鮮金政権等がより核放棄実務者協議に応じ易い状態をつくり出しているトランプ大統領」だが

「北朝鮮金政権等が、核等を完全放棄しないなら、厳しい対処が必要と決めている事」等は、

「ボルトン補佐官と何ら変わりが無い」。

「先ずは、ディールで、

世界中が、

多くの米国国民も、

納得出来る、

北朝鮮金政権等の核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の完全放棄の実現を目指す」が

「協議等でダメなら、全ての選択肢がテーブルの上に在る状態に変わりは無い」から

「限定攻撃や斬首作戦やアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の外科的手段の実行も大いにあり得る」のが

「現実」だ。

「ボルトン補佐官解任という呼び水」から

「核等放棄実務者協議を行い、実効のある協議結果を出し、実践し続ける事により、

核放棄実務が進み、ミサイルの多くも放棄~解体され、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等も完全撤廃される」なら

「其の{ご褒美}として、北朝鮮金政権等の存続を米国トランプ政権等も支持する等の事態が実現可能に成る」が

「核等保有無き、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対して、

北朝鮮国民や被害を受けた国々等々がどの様な償いを求める事に成るのか?」は

「想像に難く無い」。

「最初から自首した方が、より罪と罰も軽くし易い」のは「言うまでも無い事に成る」のだから

「北朝鮮金政権等は手下・手先・其の協力者等の支配下の悪等の意向など気にせず、早々に自首すべき」だが・・・』。

『「何れにしても、

地球環境状態も、

人間社会・経済状態等々も、

もはや、今までのやり方ではどうしようも無く成って来てしまっている昨今、

今後の人間世界が急変して行く事に成る」のは「必然」に「他ならない」。

「ここで極めて重要に成る」のが

「どの様な方向に急変させて行くのか?」の「選択と其の実践」だが

「急速な進歩・進化を実現させる事が出来て来ている物質文明側と同様に、

精神文化側でも

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で、

急速な進歩・進化を実現させる事の先に見えて来る方向を目指す」のが

「一番自虐度が低い事に成る」のに、

「未だに、旧来からの人間社会・経済システムへの依存を煽り、

物質文明側ダケを偏重させた上での

比べっこの世界の先を探究する、させる、

自虐度が非常に高い方向に向かって、突き進んでいる実態を露呈している人間たちが、

余りにも、多過ぎる状態」だ。

「其の方向の先に在る」のは「人類滅亡に他ならないのに!」

「この自虐状態を是正する、させる為には、情報・教育等を正常化・健常化させる事が大いに有効に成る」。

「今時に必要な情報・教育等を行っている者たち等を重用する事が当たり前になる人間社会状態をつくり出す事」等が

「非常に重要に成る」が

「現状では、

旧態依然とした経済比べっこによる支配権/被支配権争い等を実質的に、大推奨している者たち等や、

旧態依然とした権力構造等の維持等を実質的に、大推奨している者たち等、ばかりが、重用状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」でも

「未だに、内閣改造で小泉ジュニアが入閣した」ら

「小泉ジュニアの{大宣伝}状態」で

「多くの視聴者・読者等の特定の人等への依存等を煽っている」。

「コレでは、多くの視聴者・読者等の精神構造(自己制御ロジック)等が健常成長し易く成る訳も無い」。

「内閣改造の本質を探究する」なら

「現状の政界の権力構造や其の問題点等も良く判る様に成る」が、

「其れは政治の極一部でしか無く、多くの国民にとってより重要な事が実行政治・政策等の実態である事」等も

「良く判る様に成る」。

「民度の浅い状態で、実行政治・政策等を考え・思い・感じたりする」と

「例えば、短絡的に、原発イヤ!だから反原発等の考え・思い・感等も抱け易く成ってしまう」が

「地球環境問題や日本の電力インフラ設備状態等々の実態と共に、電力政策を考える」なら

「現状では、原発も使用したベストミックス状態が妥当である事等も直に解る事に成る」。

「本質を探究する」なら

「韓国(北朝鮮も含む)等が歴史認識等を持ちだして、日本から不当に利権を争奪しようとしている事態に対して」も

「歴史認識の前に史実の検証が在るべきである事等くらい、直に分る様に成り、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で史実をありのままに情報配信等する事等が問題解決の役に立つ事等も

直に分る様に成る」。

「実体や事実・現実と共に在る状態に狭義の自分を置く事により、初めて人間は落ち着ける」のだから

「色々な問題に対して、なるべく早く、穏当に、其の様な状態に狭義の自分を置く事が出来る様にする能力を養う為」にも

「イメージや感情等で悪戯に人間を操る情報・教育等では無く、

実体や事実・現実を探究し、例え、其れが、認め難いモノであっても、其れと共に在る状態に狭義の自分を置く事で落ち着き、

同様の落ち着いた人間同士で、問題の解決策やより良い未来等を探究する事が行える状態を構築して行く情報・教育等を

意識的かつ積極的に行うべき時は、とっくの昔に既に来ているj。

「其の健常対応が出来ていた」なら「現状の人間世界は、もっと、もっと、健常なモノに成っていた筈」だ。

「旧来からの比べっこ上の利権探究に明け暮れて来ている、未熟者たち等に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「常連出演者等より劣位の{反論}をするご用達ゲスト解説者等を出演させる詐欺師的手法を用いた、朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り」等を行っていた様相だったが・・・。

『「ナチス・ドイツとポーランドの関係」と「日本の韓国(北朝鮮も含む)の関係」が「全く違う事」は「史実をありのままに情報配信する」なら

「ほぼ全ての視聴者も直に判る事に他ならない」が

「史実抜き」で

「常連出演者等が、声高に、加害者は被害者に誤り続けるしかない!等を強調する」と

「多くの視聴者等」が、

「日本も韓国(北朝鮮も含む)に対して、ナチス・ドイツがポーランドに対して行った事と同様の事を行ったのだから、

日本は韓国(北朝鮮も含む)に対して謝り続けた方が良いのでは・・・等の

史実に基づかない誤った認識等を抱かされ易く成ってしまう」。

「公共の電波を使ったイメージによる大衆マインドコントロール等の実態が其処に露呈している」のに

「ご用達ゲスト解説者等は、この重大な事実さえ指摘せず、むしろ、史実を言わない上での論に視聴者等の興味を誘っていた」のだから、

「該当番組の思惑」は「更に、明白に露呈していた事に成る」。

「公共の電波を使った大衆マインドコントロールとは、ラジオを使ったナチス・ヒトラー等が行った事と同じ」で

「其れこそが謝罪すべき実体の在る事に他ならない」が

「日頃から朝鮮特別扱いしろ!煽り等を行い続けて来ている常連出演者等」は

「日本が韓国(北朝鮮も含む)に誤り続けるのが当然という史実無根の誤解イメージを

多くの視聴者等に抱かせる事等により、

実質的には、ホワイト国外しくらいはやめた方が良いのでは・・・等の感や思いを誘い、

韓国を利させようとしていた様相だった」のだから、

「其処には、{確信犯の朝鮮特別扱い強い者}等の実態が露呈している事に成る」。

「其の先で、善悪差別抜きの日韓仲良く論等も喧伝等していた」のだから

「本当に酷く、劣悪に成る」。

「常人・善人」と「常人・善人」なら

「国籍・民族・性別等々問わず、基本的に仲が良いのが当たり前」だが

「ズル者・悪者」と「常人・善人」の「場合」で

「ズル者・悪者が常人・善人にズルや悪を認める事を強いている場合」は

「仲が悪く成っていて当然に成る」。

「昨今の日韓関係」でも

「ズルや悪の存在が無い」なら「仲が良いのが当たり前」だが

「国と国との約束を守らない」等の

「ズルや悪を韓国側が行った段階」で

「ズルや悪を認める事を強いている韓国側と其れはさすがに認めない日本側との仲が悪く成った」のは

「極めて当たり前の現象に成る」。

「逆から言うなら、仲良くする為には、ズルや悪を是正する、させる事こそが正道に他ならず、

悪戯に、相手が新興小国状態だから・・・等々と、ズルや悪を黙認・容認等し続ける事による絶大なる悪の実効」は

「例えば、同様の事態を世界に対して行い続けて来ている北朝鮮金政権等の実態からも、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事に他ならない」。

「朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り等を連綿と続けて来ているテレビ番組等の裏に何が在るのか?」は

「史実を黙殺・圧殺等し続けて来ている実態から、多くの視聴者等にも、ある程度は推定出来る筈」だ。

「そんな事を行い続けて来ている者たち等」とは

「史実を知られたら困る者たち等」や

「史実を知られたら困る者たち等に懐柔されている者たち等」や

「史実を知られたら困る者たち等に弱みを握られていたり、脅されていたりして、其れに屈している者たち等」等に「成る」。

「もちろん、言うまでも無く、

そんな者たち等に、日本の貴重な公共の電波を使った情報の一方的大量配信を行う仕事上で

重要な立場・権力等や多大な報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ナチス・ドイツが軍事侵攻して侵略~支配したポーランド」と

「単独では国・国民の存続さえもが危うく成っていた当時の韓国の権力者等から頼まれて、

~日本による保護~日韓併合二国間国家間契約を双方合意の下で締結し、

其の後、より進んでいた日本寄りに二国を一国化する同化政策を行っていた~日韓併合時の日本」は

「全く違う」。

「二国間の国家権力者同士が締結した日韓併合国家間契約」を

「日本による侵略~植民地支配とする事により、

日本の敗戦につけ込んだ戦後火事場強奪を正当化し続けたいズル者・悪者等や其の手下・手先・協力者等でも無い限り、

知らせる事・知る事等に抵抗が在る訳の無い史実」が「其処に在る」。

「史実とは全く違う、ご用達捏造史の上での利権を貪り続けたい様相の、ズル者・悪者等」は

「悪徳利権の維持~増大とズル者・悪者の自己正当化の為」に

「其れこそ、世界中の人間たち等にも、ご用達捏造史等に基づく歴史認識等を強いたがる」が

「時代が進めば進む程、多くの人間たち等が使える物質文明製品も進歩・進化し、史実もより史実通りに理解・把握し易く成る」ので

「ズル者・悪者たち等の未来が先細りに成る事は既に決定している」。

「自覚を持つなら、ズル者・悪者でしか無い、ご用達捏造史の上での利権を貪り続けようとしている者たち等」は

「自覚を持ち、自己を健常に支配し続ける事も必然的に苦手に成り易く、

其の様な状態下に在る者たち等の自己健常支配が物理面での健康や豊かさ等の探究等に成り易い」のも

「ある意味、極めて、当然の現象に他ならない」。

「しかし、どんなに其の様な面ばかりを探究し続けていても、実体通りの自己を理解・把握するなら、

ズル者・悪者に他ならず、ご当人の意識の有無を問わず其の実体こそが現実」なので

「現実としてズル者・悪者である者たち等は、自らの内からの崩壊に抗えない状態下に陥っている」。

「自己健常支配が不十分に成れば成る程、其の代償欲求である他の者・物・事に対する支配欲が膨らみ、

其の代償欲求の追及は、時と共に、拡大して行き易い」ので

「ズル者・悪者による実害も、肥大化し易く成ってしまう」。

「其の実態」は「北朝鮮金政権等からも、其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事に他ならない」が

「そんな北朝鮮金政権等に対しても、{核を持てば勝ちでしょ!}論等を日本の公共の電波上で平然と喧伝等していた」のが

「史実抜きの二本謝罪し続けろ!論等を喧伝した常連出演者等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「ズル者・悪者等同士の{共感}等に成る」が

「善悪抜きの{共感}が大好き」なのも

「ズル者・悪者等の特徴」で

「其れは、善悪抜きの{共感}の実効は利ズル・利悪に成るが故の悪現象の一つ」に「他ならない」。

「もちろん、言うまでも無く、利ズル・利悪に繋がっている善悪抜きの{共感}等を公然化させる為」に

「公共の電波等を使わせ続けていて良い訳は無い」。

「史実」も「善悪」も

「公共レベルでは欠損させたり、圧殺・黙殺等したり、させたり、していては絶対にいけない重大事」に「他ならない」。

「史実抜き」や

「善悪抜き」の

「壊れた、或いは、不良品状態の番組」等の「是正」が「急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「史実を言わずに朝鮮ご用達歴史認識を言う、詐欺師的手段で、日本加害者・朝鮮被害者と思え!視聴者煽り」等を常連出演者等が公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「史実をありのままに伝える」なら「戦後火事場強奪等を行ったのは朝鮮側であり、其の被害者は日本側」だし、

「日韓併合時に行われていたのは朝鮮半島内の開拓~近代化整備~同化政策に他ならず、植民地支配では無い」。

「其の結果として、色の無い汚れた着物を着ていて読み書きソロバンも出来なかった多くの朝鮮人庶民」は

「着色され洗濯の頻度も高まった着物を着た読み書き(ハングルも含む)ソロバンの出来る日韓併合後の日本国民に成っていた」し

「衛生・経済・生活・文化水準の飛躍的向上により朝鮮人庶民人口も大いに増えた」。

「朝鮮王朝の者たち等は、日韓併合後の日本の準皇族と成り」、

「朝鮮の貴族は、日韓併合後の日本の貴族に成り」、

「朝鮮の財界人等は、日韓併合後の日本の財界人に成った」が

「何れも、単独では国家・国民の存続が危うく成っていたところでの王族・貴族・財界人から、

欧米列強と肩を並べつつ、同等の争いの中にも参加出来ていた、相応に一流国化していた国の準皇族・貴族・財界人」への、

「大出世だった」。

「日韓併合二国間国家間契約が日本による植民市支配だったなら、戦後、植民地支配をした酷い国に大量の朝鮮人が居残っている訳も無い」が

「居残っている」のは

「日韓併合による二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策等を嫌に感じたりせず、むしろ歓迎していたから」でもあり、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪利権を得たからでもある」のが「実態」だ。

「史実をありのままに知った後」なら

「被害者は日本であり加害者が朝鮮である事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「植民地支配詐欺」により

「戦後の朝鮮半島内の支配権と其れまで日本人が持っていた立場・資産・財産(の一部)等」を「戦勝国のお墨付きの下で得」、

「敗戦直後の日本国内の日本人の資産・財産・立場等を米軍の占領政策に入り込み強奪」等した

「悪朝鮮人権力者等と其の手下・手先・協力者等」は

「其の加害の実態を永遠に不問にさせるべく、

朝鮮半島内では捏造史を基にした反日情報・教育等を行い続け、

日本国内では、日本国内に居る手下・手先・協力者等を利用して、

史実を封印せしめると共に、

悪朝鮮ご用達の歴史観等で多くの日本国民をマインドコントロールし続けようとして来ている」。

「其の氷山の一角」が

「本日のテレ朝朝番の内容であり、其の実態は、タイトルの通り、詐欺師の手法そのまま・・・」だ。

「歴史認識を言う前に、史実をありのままに原寸大で情報配信するべき」だが

「そうする」なら

「加害者朝鮮・被害者日本」という「真相」が「判明する」ので

「本当は加害者なのに、日本を加害者にする事により被害者づらし続ける事による利権を得続けようとしている、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる実態を露呈し続けて来ている悪者たち等」は

「未だに、詐欺師的手法による視聴者マインドコントロール等を行う事により、

朝鮮側の不当利権等を維持~増大させようとし続けている様相」なのだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信上での事」なのだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ナチス・ドイツと侵攻されたポーランドの関係」と

「日本による保護~日韓併合二国間国家間契約の日韓の関係」を

「同列にするインチキ論」や

「史実をありのままに言わないインチキの先で生み出されている、韓国被害者・日本加害者論」等を

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信により、実質的に、公然化させよう・・・等としている実態」は

「情報工作~大衆誘導そのもの」で

「まるで、やっている事が、ナチス・ドイツの現代版」に「成る」。

「歴史に学んでいる」なら「絶対に行ってはいけない事」が「其処に露呈している」。

「そんな事を行い続けて来ている常連出演者等を何時までも日本の公共の電波上で重用し続ける必要は全く無い」。

「反論や各論さえも無い、朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「史実をありのままに言わない先での韓国被害者・日本加害者論等の実質的、詐欺」で

「多くの視聴者の考え・思い・感等を操る事により、日本の政治・社会等にも悪影響をもたらそうとしている実態」は

「本当に、悪質」に「成る」。

「政治面では、旧民主党系への支持状態を露呈し続けて来ているのが、該当常連出演者等の実態」だが

「韓国の共に民主党支持者等と同様に、戦後火事場強奪利権の先で生まれている様相の利権共有人脈や

其のスジご用達の情報・教育等に染め上げられる事により、其の手下・手先・協力者等として仕立てあげられてしまっている様相の者たち等」の

「行っている事、目指している事」等は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等と同様」の

「とても、革新的でも進歩的でも無い、利権集中悪のお仲間以外徹底支配体制の構築~搾取等」で

「其の実態」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「差別の中で唯一、徹底的に行った方が良い差別でもある、善悪差別に基づく」なら

「徹底排除し、厳罰を与えるべき存在が其処に在る」。

「排除し、厳罰を与えるべき悪に、過分な立場・権力・報酬等を与え続ける事により、

実体や事実・現実に基づくなら持てる訳の無い力を与える事の自虐性等」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「全人類が徹底的に用心」し「実効のある対処を行うべき実体が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「悪に力を与えずに、実体や事実・現実に力を戻す」なら

「悪は悪でしか無く成り、崩壊する、させられるのが当たり前の存在に成る」。

「其の健常化抜き」に「人類の長い~永い未来は在り得無い」』。

『「未だに、日本の中でも、非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けている」のが

「悪朝鮮人脈や其の手下や手先や協力者等の酷く劣悪な実態」だ。

「電磁波工作・侵入工作・飲食物工作・大気工作等々の

工作濃度で戦後産まれの一般市民までをも粛清しようと続けて来ている

非人道的な工作活動等を告発すべき立場に在る者たち等」が

「未だに、悪朝鮮ご用達の情報工作等を行い続けている様では、本当に、酷く劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「核を持ったら勝ちでしょ!等論の常連出演者等が韓国革新政権が20年続く旨」等喧伝していたが・・・。

『「日本の民主党政権は官僚に倒された等論」も「言っていた」が「官僚よりバカな実態を露呈していながら政治主導も無い!」等と

「多くの有権者も感じていて、

円高容認政策等により日本が大いに細った裏で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等が大いに太れていた事」等の

「政策実態」から

「多くの有権者がダメ出しをしていたが故」の

「政権転落だった」からこそ

「現政権への政権交代時には、民主党は大敗と成り、もはや、民主党自体無く成っている」のが

「現実」だ。

「其処に在るのは、日本の民意」であり

「もちろん、官僚の中にも其の民意が在る」。

「民主党政権は官僚に倒されたのでは無く、日本の民意に倒された」のが「現実」だ』。

『「韓国の政治でも同様」だが

「血統民族主義者等を革新と言う事自体、実体離れしている」。

「同じ民族だから・・・と、散々の極悪事を行い続けて来ている、独裁政権の北朝鮮を容認出来る」のは

「北朝鮮金政権等の手下や手先やその協力者等と相場は決まっている」。

「上辺の言葉やイメージで騙す」のは「詐欺師の常套手段でもある」が

「日本でも韓国でも、革新とか進歩派とか、

上辺の、如何にもそちらの方が進んでいるかの如き言葉上での冠を、

そのスジのお仲間マスコミ等によって被せられている勢力の実態」は

「自由民主主義圏の保守派と言葉上での冠を被せられている勢力」より

「遥かに遅れた」、

「旧社会・共産圏の独裁&血統・思想・民族差別主義者等の勢力」に「他ならない」。

「反日無罪!」と「同様」の

「独裁者金無罪!」等の「発送の裏に在る、酷く、古めかしい精神構造や精神文化の実態を理解・把握している」なら

「とても、革新とか進歩派とかの冠を被せる事を是とは出来得ない」が

「実体はどうでも、其のお仲間の利権を其のお仲間以外より、どんな手段を使ってでも優位にし続けたい、悪徳容認者たち等」は

「詐欺師的に、上辺の言葉やイメージ等で大衆を騙す道」等を

「平然と選択出来てしまっている」。

「そんな者たちが自覚を持つ」なら「悪者としての自覚を持つ事に成る」ので

「往々にして、自覚を得る道を避ける代わりに、他の者・物・事支配に邁進している場合が多い」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実体」が「其処に在る」。

「韓国国民が迫られている選択」は

「日米と共に在る事で日米の様に豊かに成るか?」

「北朝鮮と共に在る事を選択する事で北朝鮮の様に困窮するか?」に

「成っている」。

「この実体」を

「多くの韓国国民が理解・把握する」なら

「北朝鮮と一緒に!派が多数派に成る訳も無い」が

「韓国の中の北朝鮮金政権等ご用達情報・教育工作等により、上記の実態は圧殺・黙殺され、

其の代わりに、同じ民族として北朝鮮と一緒になるなら、朝鮮は日本を超える!等の

実現が在り得無いファンタジーを大喧伝等し、多くの韓国国民をマインドコントロールしようとして来ている」。

「独裁政権の下では、自由闊達な物質文明の進歩・進化も無ければ、自由闊達な精神文化の進歩・進化も在り得無い」。

「そして得られる結果」は「自由民主主義圏より遅れた物質文明と精神文化に包まれた生活」で

「其れを無理やりにでも打破しようとする」と

「自由・民主主義圏の国々の中に入り込み、スパイ・工作活動等により盗んだり、

どんな手段を使ってでも自国を優位にしようと、

偽札製造~使用したり、覚せい剤製造~販売したり、核武装したり、

他国内でのスパイ・工作活動等をより旺盛にしたり、・・・等々する事に成る」が

「もちろん、そんな事が国際社会からの支持を得られる訳も無く、ダメ出しが行われる」から

「現状の北朝鮮は行き詰っている」。

「核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全放棄しない」なら

「先が短い」のが

「北朝鮮金政権等の実態」で

「例え、其れらを放棄しても、独裁政権の先が長い訳も無い事」は

「歴史上の核等無き独裁政権の実態を知れば、其れこそ、世界中の何処の誰もが解る事」に「他ならない」。

「そんなところと一緒に!を掲げている韓国革新政権が20年も持つ」等と

「考え・思える」のは

「北朝鮮金政権等や韓国革新政権等の手下や手先や其の協力者等と相場は決まっている」。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な者等を、日本の公共の電波上で常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日韓間問題を健常解決する為に必要な情報配信内容」は

「先ずは、~日本による保護~日韓併合~大戦直後~の史実をありのままに原寸大で伝える事」だ。

「多くの日韓国民等が史実をありのままに理解・把握出来ている」なら

「其の実体や事実・現実をベースとした問題の解決方法を見出す事」は

「そんなに困難な事では無く成る」。

「史実を封印し続けている、ばかりでは無く、お手盛りファンタジー捏造史等がまかり通っている状態」では

「解決のベースが無い状態に他ならない」から

「誤魔化すしか無く成ってしまい、例え、其の時、其の場を誤魔化しても、解決していないから、

何度でも、同じ問題でも、再燃させる事も可能に成ってしまう」。

「其の悪の連鎖を断ち切る為の仕事をするべき立場に在る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」なのに

「未だに、朝鮮優先しろ!煽り(テレビなら、~何百万~もの視聴者に対する情報の一方的大量配信に成るから、其の圧力は非常に大きい事に成るので、正に、煽り状態に成る)」等を

「行い続けているところ」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り」等を続けて来ている常連出演者等が「メディア炎上商法問題等で正義ぶっていた」が・・・。

『「関東大震災時の虐殺問題」でも「朝鮮人虐殺ダケは特別扱いしろ!状態」等で「扱い続ける事の実効」は

「日本に自虐を誘い、朝鮮を不当に利させる事等を容認する、させる、感や思い」等を

「多くの視聴者等に抱かせ易くする事」に「成る」。

「公共の電波を使った、朝鮮特別扱いしろ!視聴者煽り、大拡散」等が

「冷静な考え・思いや論等の普及に成っている訳も無く、

その実体は、

朝鮮の為の工作情報の一方的大量配信による視聴者等マインドコントロール」等に「成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」。

「メディアで重要な事」は

「実体や事実・現実に基づいた情報の原寸大配信」に「他ならず」、

「どの情報を配信するのか?」は「個々の事件・事故・問題等の原寸大の重大性に依存させられ」、

「配信した情報内容をどの様に解釈するのか?」等は

「個々の事件・事故・問題等とは別枠の実体探究力や本質探究力等を養う為に役立つ情報配信・教育等に依存させられていてこそ」、

「多くの個々の視聴者等の健常解釈も成り立ち易くなり、

其の集大成上に生まれる民主主義上の意見・判断等もつくり出し易く成る」。

「民度を上げる」なら「当然に成る情報配信・教育状態が其処に在る」が

「戦後の日本国内でも、民度を上げるより、

意図的に民度を下げる事により権力者等がより多くの人民を支配し易くする為の

所謂、文系側の情報・教育等が行われ続けて来ている実態が露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「是正法は簡単」で

「所謂、理系と同様に、文系側でも、実体や事実・現実に基づいた情報の原寸大配信・教育等を行えば良いダケ」だ。

「関東大震災時の虐殺について」なら

「火事場泥棒行為等、朝鮮人も含む、虐殺の裏に在った実態を個々別々に現実通りに情報配信・教育等する事」等を

「抜き」に

「さも、無垢の人々が不当に虐殺された様に情報配信・教育等する」のは

「明らかに間違っている事に成る」。

「元の事情が判っている」なら

「朝鮮人に対する虐殺についてだけ特別扱いしろ!的な実質的、政治・社会運動等などが、

そう簡単に生まれたり、支持されたりする訳も無い」が

「戦後日本の情報・教育」では

「~日本による韓国保護~日韓併合~終戦直後等の実体や事実・現実情報の原寸大配信・教育等が

圧倒的に不足している、ばかりか、

実態としては、事実・現実に抗う、朝鮮特別扱いしろ!強い情報・教育等がまかり通り続けて来ている」。

「其の延長線で、土下座外交等までもが是認され、実行されて来た事による悪の実効」が

「昨今露呈している」のが「実状」に「他ならない」。

「最初から、世界中の多くの人々が、実体や事実・現実情報を原寸大で知っている状態が構築されていた」なら

「日本と朝鮮の間の問題なら、二国間の国家間契約だった日本による韓国保護も日韓併合も

二国間国家間契約に他ならず、

其の先で行われた政策も日韓共々合意の上の二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策だった事に他ならず、

朝鮮人悪権力者等や其の手下や手先や協力者等が言う、日本による侵略~植民地支配等の嘘や詐欺は嘘や詐欺でしか無く成る」。』

「嘘や詐欺が力を持ててしまった」のは

「日米が戦争状態と成り、日本が敗戦したからに他ならない」。

「嘘や詐欺を働いていた朝鮮人悪権力者等や其の手下や手先や協力者等は米軍の占領政策にも入り込み、

戦後の朝鮮半島内を火事場泥棒的に奪ったばかりでは無く、

日本国内でも武器を持たない日本人相手に武器を持ち乱暴狼藉を働き、

駅前の一等地や大街道沿いの広大な土地等を

{敗戦火事場強奪}した」のも

「嘘や詐欺の先で更なる利権を日本から略奪する大悪行を行った」のだから

「史実を史実通りに知る」なら

「世界中の何処の誰でもが本当の悪は何処の国のどの様な者たちか?」等を「直に判る状態に成る」。

「其の様な当たり前の落ち着くべき実態に至る事を避けさせる為」に

「朝鮮人悪権力者等や其の手下や手先や協力者等が引き起こし続けて来ている」のが

「戦後の朝鮮関連の大問題の数々」で

「朝鮮人同士が殺しあった朝鮮戦争を始め」に

「主として、日韓国内等、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」で

「其の工作活動の一つの悪の成果として韓国が従北大統領政権化されてからの昨今の韓国が引き起こし続けて来ている問題の数々」も

「ある意味、起こるべくして起こされている朝鮮自虐問題の一つに他ならない」が

「其の迷惑は、日本にもふりかけられる事に成っている」のは

「日本との間の史実を永遠に封印させようとし続けている無理工作上の事だから」に「他ならない」。

「この問題を解決する有効な方法」が

「史実を全世界に広める事に成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の事」で

「全世界が史実を知る」なら

「正当性が無い、北朝鮮金政権等や韓国従北政権が、実体や事実・現実の地平面に叩きつけられる事に成る」。

「其の結果、正当性が無い政権が崩壊する」のは「極めて当然の事に成る」』。

『「昨今の日本のメディアが嫌韓{炎上}???商法を行っている」等と

「問題視しする、させる」のは

「朝鮮特別扱いしろ!煽り連中」等に「他ならず」、

「史実を史実通りに知る」なら「嫌感は当たり前」に「成る」ので

「当たり前の事がメディアでも喧伝等される様になった分だけ正常化した」のが

「実態」に「他ならない」。

「史実通りで困る」のは

「困る史実をつくりあげてしまって来ている悪者たち等に成る」し、

「悪者たち等に相応しい」のは

「特別扱い厚遇では無く、罪相応の罰を与える事等に成る」のも

「極めて当たり前の事に成る」。

「自ら自首して、罪を悔い、詫び、補償等しない」なら

「必然的に応分の罰が与えられる事に成る」のが

「例えば、戦後日本の中で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等」の

「実態」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等など早々に放棄」し

「其の様な北朝鮮金政権等や韓国従北政権等の手下や手先や協力者等」が

「北朝鮮金政権等や韓国従北政権等から離れれば離れる程、極東地域の正常化もより容易に成る」のだから

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「行うべき」は

「朝鮮特別扱いしろ!煽りでは無く、史実を史実通りに原寸大で情報配信したり、

悪者に対しては悪者として対処する方法等を

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等にも解り易く伝えたりする事等に成る」。

「先ずは、悪者からは離れる事が非常に重要で、

悪者の命令・指令の下で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けるなら、

スパイ・工作活動等を行っている者たち等も悪者に成ってしまう事等を

十分に理解・把握する、させる為に有効に成る情報配信・教育等を行う事」が

「重要に成る」。

「例えば、非人道的なスパイ・工作活動等を告発したり、其の厳罰化等を訴える」のも「実効がある」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等、本来の仕事が其処に在る」のに

「未だに、朝鮮特別扱いしろ!煽り等を行っている様では、是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では「嫌韓・日韓間等の問題について、冷静に、視聴者こう思え!煽り等を行う事によって、大衆共感等が得られるなら、其れが勝ちでしょ!」等の様相を常連出演者等が露呈し続けているが・・・。

『「冷静に、実体や事実・現実をありのままに原寸大で伝える事」と「冷静に、視聴者こう思え!煽り」等を「行う事」は

「もちろん、全く、違う」し

「もちろん、正当なのは前者の方に成る」。

「其れなのに、韓国悪権力者政権等も、テレ朝常連出演者等も、同様に、後者を実践する事等により、

実質的には、北朝鮮金政権等の利を図っている様相」なのだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等を敵視しない事による実効」は、

「北朝鮮金政権等が散々行い続けて来ている極悪事を実質的に容認する、させる事でもある」。

「同じ民族である事等を言い訳に、極悪事等を容認する、させる事がどれ程酷く、劣悪な事に成るのか?」は

「正常な頭や心の有る人間なら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが分る事に他ならない」が

「散々の極悪事を行い続けて来ている者たちのお仲間や手下や其の協力者等の場合」は

「其処から外れている実態が露呈している」。

「もちろん、そんな事をまかり通らせてしまっているなら、人間世界自体が破綻し易く成ってしまう」。

「絶対にまかり通らせてはいけない事が其処に在る」』。

『「日韓間問題のベースと成っている、~日本による保護~日韓併合~終戦直後~等の歴史上の実体や事実・現実を

ありのままに原寸大で知る日本国民なら、

嫌韓でも当たり前に成る」。

「単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた日本による保護前の韓国の権力者等が、

日本に保護を求めた」のは

「当時、韓国が選択出来た道の中では、{最善}だった」。

「日本との対等合併を求めても、国力相応の日韓併合に成った」のも「極めて、当然の事」だ。

「日韓併合後の二国を一国化する同化政策」で

「より進んでいた日本よりに一国化した」のも「極めて、当然の事」で

「其れは、韓国寄りに、一国化するなら、

露呈して来る実態が、日本による保護前の韓国の様な単独では国・国民の存続さえ危うくなる状態に成る事等からも、

良く判る」。

「日韓併合のより進んでいた日本寄りに二国を一国化する同化政策」は

「当時の韓国権力者等にも多くの一般市民にも、良い実効をもたらした」ので

「朝鮮半島内に居た当時の多くの朝鮮人も日韓併合による同化政策を歓迎していた」のが「史実」だ。

「極一部には、日本主導の近代化を嫌っていた者たちも居て、独立運動や抗日運動等を行っていたが、

其の動きは、大衆支持を全く得られず、むしろ、多くの朝鮮人からも迷惑者扱いされていた」のが

「史実」だ。

「日本主導でどんどん近代化されて行く朝鮮半島内で、

元々、朝鮮主導の近代化が出来得ない状態をつくりだして来ていた者たち等が、

近代化に抗い、朝鮮民族基軸で朝鮮半島内の支配権をよこせ!等とやっていても、

迷惑者にしか成り得無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが直に解る事に他ならない」。

「大衆支持を得られ無かった反近代化&朝鮮半島内支配権よこせ!運動家たちの多く」は

「同化政策故に日本人も朝鮮人も居た警察等により、摘発され、行った事の迷惑度等に応じて、収監等されたりした」。

「武力まで用いて、近代化に抗い、朝鮮半島内の支配権をよこせ!等とやっていた者たち等」は、

「最終的には朝鮮半島北東部の山奥に追いやられ、大勢に影響の無い状態に成った」。

「多くの朝鮮人からも迷惑者扱いされ、もはや、日韓併合後の日本国内に居場所が無く成った反近代化&朝鮮半島内の支配権をよこせ!連中」は

「其の前から、若干の朝鮮人が渡航していた上海や米国等に逃げ出すしか無かった」。

「渡航先での受けを良くする為の詐欺師的{工夫}」が

「上海の臨時政府」であり「米国内での日本による侵略~植民地支配からの解放」等だったが

「日韓併合自体」が「当時の朝鮮人の権力者も合意の上で締結した二国間国家間契約であり、

行われていた事は、植民地支配では無く、同化政策だった史実」が

「変わる訳も無い」。

「史実とは全く違う、悪徳朝鮮人権力者等ご用達の捏造史等が力を持ててしまった」のは

「日米が戦争を行い、日本が負けたから」で

「戦時中は米国にとって敵国だった日本を貶める為」には、

「米国人権力者等が植民地支配詐欺にワザと騙されたり、

占領政策で朝鮮人を重用したりする事も、合理的に成ってしまった」。

「しかし、悪朝鮮人権力者ご用達の捏造史上で戦後の朝鮮半島内で国を始めさせてしまった事」の

「重篤な罠」が「其処に残されてしまった」。

「植民地支配で国を始められた者たち等にとっては、

史実通りの二国間国家間契約上の同化政策では、

自己正当性の担保も出来得ない事に成る」。

「ご用達捏造史を朝鮮半島内ばかりでは無く、世界中に強い続けなければ、自己正当性が保てない事に成ってしまっている」のが

「戦後の朝鮮半島内の国家権力者たち等の酷く哀れな実態」に「成る」。

「日韓は国交回復~正常化にあたり、日韓基本条約で過去を清算し未来志向にする国家間約束を行う事により、

韓国権力者等を助けた上に、日本から絶大な経済支援まで行った」。

「正常な国家権力者等なら、其れを機会に、未来志向で行く」が

「韓国内で自己正当化を図り続ける為に横行し続けて来ていた反日情報・教育を止める事が出来ずに、

逆に、強化せざるを得なく成って行った事等により、

未来志向の前に、捏造史が大きく居座る事に成ってしまって来ている」。

「北朝鮮金政権等の場合は、反日より反米の方が際立っているのは、

朝鮮戦争で北朝鮮軍を追い詰めた米国に対するコンプレックスが強いからで、

其れ故に、国際社会を敵に回しても、武力強化で、核武装への拘りも強い」が

「旧ソ連に担ぎ出されたとはいえ、大戦後の朝鮮半島内の支配権を自ら勝ち取ったのでは無く、

{与えられた}北朝鮮金政権等にとっても、反日による自己正当化は必需に成っている」。

「史実通りに捉える」なら

「詐欺師であり、日本の敗戦につけ込んだ火事場強盗等の実態が露呈する」のが

「戦後の韓国・北朝鮮等の実権者等の実態」に「成る」が

「其の様な実態をありのままに理解・把握した上」で

「嫌わない人間たちが、果たして、どれだけいるのだろうか???」

「更に、自己正当化の為に、日本国内でも、非人道的なスパイ・工作活動等までも行い続けて来ている」のが

「南北問わず、朝鮮人悪権力者人脈と其の手下・手先・お仲間・協力者等の実態」だ。

「其のお仲間では無い」なら「嫌い!や悪事を直ちに止めろ!や行い続けて来ている悪事を謝罪し罪を償え!!!」等が

「当たり前に成る」。

「この様な実態を露呈させない為に有効に成る」のが

「冷静に、視聴者こう思え!煽り等を行う事等により、史実を圧殺・黙殺等させ続ける事等」で

「其の実体」は

「朝鮮人悪権力者等の為の情報・教育工作等に成る」。

「日本の公共の電波を使って、そんな悪事が行われ続けていて良い訳は無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや言うまでも無い事に成る」』。

『「戦前のマスコミ等による好戦煽り」は

「毎日が先で朝日は後」とは「アサヒの言い分」だが

「少々の後先はあったにしても、どちらもが、それ程違わない内に、大々的に好戦を煽っていた事に変わりは無い」。

「そして、戦後」は

「朝日も毎日」も「親朝鮮等煽り状態」が「続いて来ている」。

「拉致よりも、旧日本軍の強制連行の方が酷い!」

「日本に居る朝鮮人のほとんどは強制連行されて来ている可哀そうな人々!」

「日韓併合は日本による侵略~植民地支配!」

「国と国との約束も守らない、韓国と仲良く!」

「皆、普通に考えるなら、あり得無い、言っている事が???の事ばかり」だが

「戦前の神国日本には神風が吹くぞ~!煽り」等と

「同様の事態が其処に露呈している」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では韓国法相候補反日の理由として「親戚祖先が3.1抗日運動を行っていた者だったから」等の旨も言っていたが・・・。

『「釜山では無く、釜山から少し離れた村(現在は、工業・農業町)の中学校(日本主導で建てられたモノの筈)を抗日運動の拠点にしていた事」からも、

「当時抗日運動を行っていた者たちの実体」が「良く判る」。

「日韓併合二国間国家間契約に基づく二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策」により

「朝鮮半島内も日本主導で急速に近代化整備されていた」が

「日韓併合後、未だ、10年程度」では

「主要都市にすべく近代化整備していた釜山の近代化整備状態」と

「其処から少し離れたところに在る村の近代化整備状態」には

「相応の差が在った」。

「日本主導の近代化整備のメリットを十分に受ける事が出来ていなかった朝鮮人の一部」は

「其の不満を日本のせいにしようと、民族を軸にした抗日運動等を行い始めた」が

「元々、朝鮮民族だけで独立出来るなら、

日本による保護を求めたり、対等合併を求めたり、国力相応の日韓併合二国間国家間契約等を締結したりする訳も無い」。

「単独では国家・国民の存続さえ危うく成っていたが故の現実的選択が日韓併合二国間国家間契約だった」のが

「実態」で

「故に、日本主導の朝鮮半島内の近代化整備のメリットを相応に享受出来る状態に成っていた当時の朝鮮半島内の多くの朝鮮人」は

「抗日運動に賛同しなかった、ばかりか、同化政策の下で、日本人と一緒に、近代化整備に抗う者たち等を摘発~逮捕等していた」のが

「史実」だ。

「清の属国状態である事により朝鮮半島内で{圧政}を行う事が出来ていた朝鮮王朝等」は

「清が欧米列強により食い荒らされる事により、清によるお墨付きが弱体化すると共に、

朝鮮半島内での{圧政}も行い辛く成っていた」。

「朝鮮半島内の以前からの実権者と新興勢力の多くが清の属国状態ではダメな事が顕わに成った朝鮮半島内をどうするのか?」を

「考え、選択したのが、日本による保護だった」。

「日本による保護の実態を好ましく思った当時の朝鮮人権力者等は対等合併を望む様に成った」が

「国力相応の日韓併合二国間国家間契約と成った」のが「史実」だ。

「そんな時代」に

「朝鮮王朝による{圧政}から解放された」が

「日本による保護~日韓併合によるメリット」を

「余り享受出来ていなかった朝鮮人の一部」は

「民族を軸に、抗日独立運動を行い、其れを成功させる事が出来るなら、朝鮮半島内の支配権を得る事が出来る」等と

「考え・思い・実践する様に成った」。

「元々、清との繋がりが濃かった、日本による保護~日韓併合に反対だった者たち等」は

「其の様な者たちを支援し、抗日運動の士として利用した」が

「大衆支持が得られ無かった」のは

「朝鮮王朝時より日韓併合後の方が多くの朝鮮人の生活が遥かに良く成っていたから」だ。

「結果として、

抗日派のほとんど全てが、朝鮮半島内の主要場所から追い出され、

余りにも酷い、反抗等をした者たち等は、

同化政策により朝鮮半島内では朝鮮人であった場合も多い、警察官や憲兵等により、逮捕~収監等された」。

「武器まで持って反抗した者たち等」が「朝鮮半島北東部の山奥に追いやられ、大勢に影響が無い状態に成る事」で

「当然の如く、抗日運動も収束して行った」。

「当時の多くの朝鮮人が選択した」のは「抗日では無く、日韓併合による近代化整備等だった」のが「史実」だ。

「朝鮮半島内に居辛く成った抗日朝鮮人の一部」は

「上海で臨時政府を立ち上げる{パフォーマンス}を行ったり、

米国で植民地支配{詐欺}を行ったりしていた」が

「其れに共感した朝鮮人等が日韓併合時の日本国内にはほとんどいなかった」ので

「抗日運動自体も実質的に、消失した」。

「しかし、日本の旧軍部が、富国強兵路線の先で、中国大陸への侵攻を始めてしまった事により、

事態に変化が出た」。

「米国も、日本の中国侵攻に大きく反対した」ので

「上海の臨時政府{パフォーマンス}と米国内での植民地支配{詐欺}」が

「力を持て易く成った」。

「日米が太平洋戦争を行い、旧日本軍が其の体力に全く合わない多方面展開した事と

終戦工作の時期を誤った事により、

原爆まで落とされた日本の大敗戦状態が生まれた」。

「其の中で、力を持ててしまったのが渡米していた朝鮮人悪権力者等による植民地支配{詐欺}だった」。

「植民地支配{詐欺}により、日韓併合国家間契約の解消等により始めらえっるべきだった、戦後の朝鮮人による韓国」は

「当時、朝鮮半島内に居たほぼ全ての日本人を強制的に日本本土に帰還させる事による、朝鮮人悪権力者等タダ取り状態」で

「始められてしまった」ばかりでは無く、

「日本本土の米軍の占領政策にも入り込んだ当時日本本土内に居た多くの場合日韓併合時に自主渡来していた朝鮮人の多く」が

「日本全国各地で、武装解除された日本人相手に武器を持ち、乱暴狼藉を働き、駅前の一等地や大街道沿いの大きな土地等々を強奪した」。

「植民地支配だったなら、そんな酷い国の中から一刻も早く祖国・母国等へと帰るのが当たり前に成る、ばかりか、

朝鮮半島内のほぼ全ての日本人を強制的に日本本土に帰還させているのだから、その為の空も在る」のに、

「実際に、多くの朝鮮人が悪朝鮮人権力者等の命令・指令・お墨付きの下で行った事」は、

「戦後の日本国内で、実質的、略奪・強奪行為等により、不当に利権を得る事だった」。

「更に、其の利権や植民地支配{詐欺}等を日本国内でも正当化せしめ続ける為、其れに抗う戦後の日本国民を支配し続ける為」に、

「日本に居残り続ける事だった」。

「未だに、横行している非人道的なスパイ・工作活動等の元凶が其処に在る」。

「米国がお墨付きを与えた戦後朝鮮半島内の支配者が渡米して植民地支配{詐欺}を行っていた李承晩等なら、

其れに対抗する為に、ソ連が担ぎ出した戦後朝鮮半島内の支配者がソ連内に居た金日成」だ。

「ソ連の絶大なる軍事援助の下で朝鮮半島内北部半分の支配権を与えられた金日成等」と

「米国のお墨付きで朝鮮半島内南半分の支配権を与えられた李承晩等」は

「朝鮮半島内全ての支配権を得るべく、朝鮮戦争を始めてしまった」。

「日本による保護~日韓併合時に、

日本は、極悪罪人を日本人同様に死刑にする等の場合を除いて、基本的に朝鮮人を殺していない、

ばかりか、近代化整備により朝鮮人人口も大いに増えた」。

「太平洋戦争時にも、

植民地支配なら、真っ先に先兵として鉄砲玉の様に酷使していて当然になる朝鮮人の召集も

同化政策上の{お客様扱い}で、遅かったから、

多くの日本人男性が勝ち目の無い戦場で玉砕等させられていた裏で、

多くの朝鮮人男性が戦後まで生き残れている」。

「朝鮮戦争」により「非常に多くの朝鮮人の命も失われた」。

「日本の旧軍部等でも、戦後朝鮮半島内の支配権を米・ソのお墨付きと絶大なる支援等の下で与えられた者たちでも、そう」だが、

「内実の悪い国家指導者等を頂くとどうなるのか?」が

「其処にも露呈している」』。

『「日韓併合当時の近代化整備が主要都市部より遅れていた釜山から少し離れた村」でも

「学校が既に在った事」からも

「教育・文化水準の向上も目指して行った、日本の近代化整備の実態が良く判る」。

「日本が建てた筈の学校の中で抗日運動を行っていた者たち」の

「オカシサや矛盾等も良く判る」から

「抗日運動が大衆支持を得られ無かった」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「元々、民族による独立が出来得ない状態に追い込まれていた朝鮮人等」を

「救い、同化政策の下で多大な近代化利権等までもたらしてた日本国・日本国民に対して、

日本の敗戦につけ込んで悪朝鮮人権力者等が行ったり、行わせたりした非人道的悪事」は

「本当に、酷い」。

「中国や東南アジアの国々に対しては、欧米列強同様の事を行った」のが

「戦前~戦時中の日本だった」が

「日本による保護~日韓併合時に、朝鮮に対しては、

侵略戦争を仕掛け、植民地支配したのでは断じて無い」。

「朝鮮人国家権力者共々、合意の上で、二国間国家間契約を締結し、

より進んでいた日本寄りに二国を一国化する同化政策・事業を行っていた」のが「史実」だ。

「植民地支配{詐欺}を大前提としている者たち等に、過分な実権等を持たせ続けているなら、

日韓間・日朝間問題が好転する訳も無い」。

「今後も、史実は、より明らかに成って行く」。

「史実を圧殺し続け、悪朝鮮人権力者等ご用達の捏造史によるマインドコントロール下で全世界の人間を操り続ける事」等が

「不可能である事」くらい

「余程の、おバカで無ければ、人種・民族・国籍・性別等々問わず、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」。

「其れでも、其の捏造マインドコントロール等を行い続けようとしている者たち等」なら

「確信犯の大悪者等に成る」。

「大悪者等に、過分な立場・報酬・権力等々を与えてしまう」なら

「其の下の多くの人々が酷い状態に陥らされ易く成ってしまう」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「大悪者は、重要な立場から排除し、必要なら、収監等する事により隔離する、

隔離でも不十分なら処分等する」のが「適切に成る」』。

『「韓国・北朝鮮等の側に是正を求める為」にも

「~日本による保護~日韓併合~大戦直後等々の史実を

原寸大でありのままに大々的に情報配信する事」等は

「大いに有効に成る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、行っていて当然の事が其処に在る」が

「未だに、韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等の代弁者的状態を露呈している番組・紙面等も多い」。

「そんな事を行い続けて来ている常連出演者や常筆等の多くは替えられて当然に成る」が

「其の交代等が十分に無い」のも

「政界の選挙の様な民意反映システムが無いから」だろう。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「工作電磁波の悪の実効」には「目の急激な白内障化」等々も「ある」。

「未だに、電磁波工作等非人道的な工作活動等の告発も行っていないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に異常」で

「其の実体」は

「非人道的スパイ・工作活動等を行っている者たち等のお仲間」という「実態」が「露呈している」。

「取材~告発等を行えば良いダケ」なのだから、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、常連出演者等が「韓国悪権力者等ご用達情報」等を日本の公共の電波を使って大拡散していたが・・・。

『「韓国の現政権等が引き起こし続けて来ている問題」を「解決する為に必要に成る」のは

「韓国の現政権によって引き起こされた問題」を

「日韓対等な立場で共有し、其の上で対話・協議等を行う事」では「断じて無い」。

「韓国の現政権が引き起こした問題を是正する事に他ならない」。

「国と国との約束を守らない政権」との「対話・協議等による問題解決」は

「国と国との約束さえも守らない悪政権等を悪戯に利す事」等に「成ってしまい易く」、

「其の様な利悪対応の積み重ね」は「益々悪を増大させてしまい易い事」は

「北朝鮮金政権等の実態からも、其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く判る事」に「他ならない」。

「其れなのに、未だに、テレ朝朝番等」では、

「韓国が民主化される前の政権が締結した日韓基本条約等」を

「民主化後の韓国の政権が見直したりするのは当たり前だから、日本も見直しをしたがっている韓国の政権にもっと配慮を!等の旨

喧伝等し続けて来ているテレビ常連出演者等を重用」して

「冷静に、大人の対応を!」等と「日本の視聴者等に向かって呼びかけている状態」だ。

「冷静な大人の対応をするべき立場に在る」のは

「日本の政権や日本国民等では無く」、

「現状の政権を成立させてしまった韓国と韓国国民の方である事」は

「国と国との間の約束等が其の国の政権状態によって其の国の都合で見直せるなら、

戦前~戦時中の日本は軍が実権を持っていた国家神道体制だったのだから、其の時の問題は不問に!も出来てしまう事に成る事」等を

「考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でも判る事に成る」。

「また日韓基本条約を認めない」なら

「日韓基本条約によって放棄させられた韓国内に在った日本人の立場・資産・財産等々の復帰等を日本人側が求められる事にも成る」。

「其処で必然的に問題となる事」は

「日韓併合時の実態」が

「日本による侵略~植民地支配か?」

「日韓併合二国間国家間契約に基づく二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化契約か?」に

「成る」が

「史実をありのままに原寸大で検証する」なら

「実際に行われていた事」は「同化政策であり、植民地支配政策では無かった事」が「直に判る事に成る」。

「そうすると、日本による植民地支配からの解放を訴える事等により、

大戦後の朝鮮半島内の支配権を得た日韓併合時に渡米していた韓国悪権力者等の実体が詐欺師であった事」等も

「必然的に判る事に成る」。

「更に、其の詐欺を基に大戦後の日本の占領政策に入り込んだ当時日本本土内に居た多くの朝鮮人が

武器を取り上げられた日本人相手に武器を持ち、乱暴狼藉を働き、

駅前の一等地や大街道沿いの大きな土地等々を強奪した悪事等」に

「正当性が全く無く成る事」等も

「必然的に判る事に成る」。

「詐欺師は詐欺師であり、敗戦につけ込んだ火事場強盗は火事場強盗に他ならない事」等が

「全世界に大々的に露呈する事」は

「其の様な者たちや、詐欺や火事場強盗等を反省せず、其の利権を平然と受け継いでいる者たち等々が、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に他ならない事を

全世界の多くの人々が広く認識する事等に直結している」。

「詐欺や火事場強盗等の精神文化を持っている者たち等」は

「其の言動・行動・生活実態等を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが容易に判別する事が出来る」。

「韓国の現政権の大統領も然り、無理やりにでも法相に担ぎ上げられようとしている者も然り、

上辺は如何にも、正義的・紳士的・優等生的でも、

大衆騙しや大衆心理操り等は、お手のモノで、

其の内実は、

別に悪者をつくる事による正義ぶりであり、

他人から酷く言われない為の紳士ぶりであり、

相手に自らの言動等を受け入れ易くさせる為の優等生ぶり、等々」だ。

「そして、得られている結果」が

「大金や高い立場等々」であり

「行っている事」が

「子や親類縁者等に大金や立場を悪用して利権を与え、優位にし、

{悪者の自己正当化の代々物語}を継がせる事」だ。

「国家レベルで其の代々物語を実現せしめようとしている様相」なのが

「現状の韓国の大統領等の実態に成る」。

「他の多くの人間たちまで巻き込んで、そんな酷い代々物語を実現させ続けていたところで、

詐欺師が正直者に成る訳も無く、

火事場強盗が正義のヒーロー等に成る訳も無い」。

「替えようの無い実体を直視出来る本当の勇気等を持っている」なら

「罪を詫び、償ったりする」のが「当たり前に成る」。

「人間としての良心のかけらさえも失っている」なら

「其の悪影響を人間社会に広めさせない為にも、監獄へ隔離等の悪差別に基づいた健常対処が必需に成る」。

「もちろん、全ての韓国国民や日本も含む韓国外にも居る朝鮮人や朝鮮系系の人々が酷い訳も無い」が

「国と国との約束を守らない現状の韓国の政権を支持してしまっている人々」や

「史実とは違う嘘に基づいた悪戯な反日思想・感情等を抱き続けている人々」は

「国籍・人種・民族等々を問わず、明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「更に、非人道的なスパイ・工作活動等までをも行い続けている者たち等」は

「早々の摘発~逮捕~厳罰等が必然の極悪人等に成る」』。

『「昨今、煽り運転や自動車事故報道等も多い」が

「自動車実用者の一人である筆者の実感として、

車や信号等道路設備や道沿いの家々・建物・設備等々に仕込まれ続けて来ている、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化してより疑似高周波化し続けて来ている、

直進性のある、複数和音の輪唱ドット波・パルス波の実態を持ち、

イコライザー操作等により、当てる先や発生元も変える事が出来てしまう、

当てられると、生体電流を混乱させ、神経や筋肉(内臓も含むに傷害をもたらす事も多く、

イライラや不安や筋肉痙攣や心不全状態等々まで誘われる事もある、

工作電磁波の悪影響のせいでは・・・」等と

「強く推定出来る場合も数多い様相」でもある。

「其れなのに、

免許返納や

加害車両の運転者に全ての責任を擦り付け、厳罰化等を求める動き等は、

実質的に大応援等していても、

多くの運転者に、見えないストレスを与え続けて来ている、工作電磁波等は、

告発しようとさえして来ていない」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態」だ。

「日韓間問題や日朝間問題等々に対する論調から」も

「上記の様な実態の否告発実態から」も

「露呈して来る」のは

「人脈の問題」で

「核・ミサイル等々で武装したスパイ・工作活動国家である、北朝鮮や

韓国従北政権や

日本の中の北朝鮮労働党等とのオトモダチ等々」の

「{同じ}人脈の問題」が

「数多くの問題事にも直結している様相」は

「多くの人々が実感している事でもある筈」だが

「其の様な人脈の者たちばかり・・・に、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等々や学校教育界等々で、

多大な実権を与え続けていて良いのか?」は

「真剣に考え、実効のある対処を行うべき事」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「地球環境・経済問題」等について「常連出演者等の相変わらずの劣悪論」等を公共の電波を使って大拡散していたが・・・。

『「現状人間社会」の「経済・環境問題の実体」を「理解・把握する事」等は「容易」だ。

「其の精神文化を検証すれば良いダケだから」だ。

「人類史上の精神文化」は

「~武力による比べっこ支配権/被支配権争い」が「長く続き」、

「物質文明の急速な進歩・進化に基づいて、其の実態は、より過激に成って行った」。

「他国・他部族・他民族等々との比べっこ上で、より良い生活・より優位な生活を追及する為」にも

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いが行われ続け、其の実態は、侵略~植民地化にも行き着いた」が

「世界中の多くの国々が其の道の上を進んだ結果として、必然的に、世界大戦状態が生じる事に成ってしまった」。

「先の大戦時には、原爆までもが開発~製造~実践使用されてしまった」。

「先の大戦の膨大なる被害実態」は

「ほとんど全ての人類に、武力による比べっこ支配権/被支配権争いを世界レベルで行う事を諦めさせた」が

「其の代わりとして生み出され、実用された精神文化」が

「武力を後ろ盾にした独裁支配・統制経済の実態を持つ、旧社会・共産圏の精神文化」と

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神文化」に「成る」。

「独裁支配・統制経済」と「自由比べっこ」で

「自由比べっこ側が勝利した」ので「東西冷戦も終結」したが、

「旧社会・共産圏では自国民支配の為に武力が行使されたりしていた」し、

「武力による後ろ盾の実効がある事を証明する為であるかの如く、未だに、地域戦争等は枚挙に暇が無い」が

「世界大戦レベルの大戦争は、

決して少なく無い数の国々が核兵器まで保有してしまっていて、

核兵器以外の武器の性能も飛躍的に上がっている現状では、

人類が実行出来る事では無く成っている」。

「実行するなら、全ての人類が負けに成る実態」が

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、考え・思い・感じる事が出来ているが故の{抑止}が其処に在る」。

「直接的に人が人を殺す武力による比べっこ支配権/被支配権争いの悲惨さを理解・把握・実感等する事」は

「容易」だが

「直接的には人が人を殺さない経済による比べっこ支配権/被支配権争いの悲惨さを理解・把握・実感等する事」は

「多くの人間たちにとっては、未だに容易では無い様相」だ。

「実態としては、経済圧殺等による{殺人}は膨大な人数に成っている」ばかりか

「地球環境破壊までもが経済優先の下で大々的に行われ続けて来ている」。

「武力による命がけの比べっこ世界大戦の最後と成っている第二次世界大戦」には

「一応、勝者・敗者の区別がつけられ、

その後は、戦勝国も含めて、他国への侵略は行わず、かつての植民地等は解放する流れが生まれ、実践されて来ている」。

「しかし、経済世界大戦状態と成っている、東西冷戦終結後」は

「多くの場合、旧東側の国々が、

経済世界大戦の勝者と成るべく、

時には武力まで使って、

国境線を変えようとして来てしまっている」。

「経済世界大戦に勝者が生まれる」なら「其れこそが、次の覇権国とも考え・思い・信じられてしまう」が

「冷静に、少し考えるなら、経済世界大戦を続けるなら、人類に勝者は生まれない事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る事に成る」。

「経済世界大戦に巻き込まれているのは、人類ダケでは無く、この地球全体に他ならない」し

「経済世界大戦上での負けには納得出来ない国々等には、武力による命がけの比べっこへの{退行}を実践する権利も力も残される事に成る」ので、

「経済世界大戦に勝者をつくろうとする」なら「人類の負けが決定する事に成る」。

「勝者が在り得無い経済世界大戦の勝者を求めている者たち等」は

「例えば、中国が覇権を取る!等の戯言を平然と公共の電波上でも喧伝等出来ていたりする」が

「其れは、今時のテレビ・ラジオ・公共レベルのマスコミ上等で大量配信に適する情報では断じて無い」。

「今時のテレビ・ラジオ・公共レベルのマスコミ上等で大量配信すべき情報」は

「経済世界大戦には勝者が在り得無い事の理解・把握を深める為に有益に成る情報」や

「経済世界大戦をどうやって終わられるか?」等の

「具体的方法を多くの視聴者・読者等に想起してもらうのに有益になる情報」等に「成る」。

「世界大戦中の好戦派の様な事を平然と公共の電波上等で喧伝等出来ている常連出演者等」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「まるで、第二次世界大戦中にドイツが覇権国に成る!と言っていたのと同様」に

「中国共産党が覇権国に成る!旨等喧伝している者たち等」は

「歴史から学べていない愚か者に他ならず、

そんな愚か者の論等を公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って公然化する事の実害」は

「決して小さなモノでは無い事に成る」。

「歴史から学ぶ」なら

「覇権は、より物質文明・精神文化の進歩・進化しているところに生まれる事に成る」であり、

「ナチス・ヒトラー支配下のかつてのドイツの様に、

優れた物質文明製品等を生み出せる有能な人材を多く輩出出来ていた国でも、

精神文化側がそれら有能な人材を

米国等に流出させていたところなら、

最終的な勝者には成り得無い事」等と「成り」、

「現状の国家国民の上に中国共産党が在り、其の中国共産党による支配という実態を持つ、中国の覇権」も

「其の酷い精神文化故に在り得無い事」等も「直に、理解・把握・実感等出来る様に成る事」等に「他ならない」』。

『「では、未だに、多くの人間たち」が

「経済世界大戦に勝者が在り得無い事を理解・把握・実感等出来ていないのは何故か?」

「一つの重大な原因」は「自分の実体把握さえもが不十分な状態の人間たちが未だ多いから」だ。

「当ブログでは、何度も記して来ている様」に、

「生きている人間誰もの自分の実体」は

「今、この瞬間、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群」であり

「細胞レベルの命の連続性は、地球の全ての生物に繋がっている」から

「其れが、広義の自分」に「成る」。

「しかし、人間も含む多くの動物個体の意識は、丸ごと一個体レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」ので

「細胞レベルの誕生・死という実態を十分に理解・把握出来ていなかった古の人間たち」は

「其の丸ごと一個体レベルで捉えたがる意識上だけで、全ての者・物・事等について、理解・把握し、納得しようとして来た」。

「丸ごと一人の死生観・人生観も、人間社会・経済システム等も、其の意識上でつくり出されて来ている精神文化製品に他ならない」。

「丸ごと一人レベルダケを偏重実用する」と

「必然的に、自分個体と他の個体との間に絶大なる溝が生まれる事に成る」。

「其の絶大なるギャップの上で構築されている、死生観・人生観等にも人間社会・経済システム等にも、

自分個体と他の個体との間の絶大なるギャップが取り入れられている」ので

「特定の自分個体を重用する、させる為に、

他の人間個体等々を冷遇したり、強制使用したりする事等までもが、

適切・合法等とされた人間社会や経済格差等にも

大衆支持が付き、容認されて来たりしている」。

「武力による命がけの比べっこ精神文化も侵略~植民地支配主義も世界大戦も経済世界大戦も、

其の上に在る、其の当時の大衆が容認している実用精神文化製品に他ならない」。

「人の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがるが、

生きている人の実態は今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら何十兆もの細胞群で

細胞レベルの命の連続性は地球上の全ての生物に繋がっている」。

「狭義の自分」が「何十兆かの細胞群」なら

「広義の自分」は「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)」だ。

「他人も自分も他の地球上の全ての生物も含む広義の自分を冷遇する事が自虐に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが理解・把握出来る事に成る」。

「武力世界大戦も、経済世界大戦も、協議の自分個体の優遇強い上に生まれている精神文化製品に他ならない」が

「狭義の自分も含む広義の自分に自虐を強いている精神文化上での勝者が存在し得る訳も無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「勝者がいる」なら「自虐を止めた、止めさせた者等に成る」。

「武力世界大戦は、其の余りにも酷い悲惨さと、経済世界大戦という代わりの登場により、止める事が出来て来ている」。

「経済世界大戦の余りにも酷い悲惨さの実感が、未だ、多くの人間たちの中に無い」のは

「広義の自分を十分に理解・把握・実感等出来ていない状態だからに他ならない」が

「其の悲惨さが、武力で例えるなら、原爆使用レベルまで達する」なら

「否応無しに、世界中のほとんど全ての人間たちが理解・把握・実感等せざるを得ない事に成る」。

「そんな事態が具現化する前に、自虐を止める方が、遥かに賢明である事等は、もはや、言うまでも無い事」に「成る」が

「其の為に有効に成る情報・教育を、未だに、意識的かつ、積極的に、配信・実行等せず、

未だに、覇権主義等の戯言や、政治運動等を公然と行い続けている」のだから

「本当に、酷い」。

「健常な人間」なら「自らの精神構造」を

「乳幼レベルの比べっこによる支配権(乳房)/被支配権(親や他の人々等からの愛)争い」から

「成人レベルの本質・快適探究」へと

「健常進歩・正常進化させられていて当然」だが

「其の邪魔をし続けて来ている情報・教育上の優等生等」は

「往々にして、乳用レベルのままの精神構造上での考え・思い等を重用し続けようとしたり、他の人間たち等にも重用させようとしたり、

しがちに成る」。

「自らの実体把握が出来る」なら

「乳用レベルの状態で、公共の電波上で常連出演等する事等など、恥ずかしくて出来ない筈」だが

「未だに、厚顔無恥状態で、常連出演等までし続けている者たち等が多い」。

「そんな実態を公共の電波等を使って、実質的に、公然化等していたところで、

多くの視聴者等の精神構造が健常進歩・正常進化し易く成る訳も無い」ばかりか、

「むしろ、健常進歩・正常進化させない先に、常連出演等の利権も在る等と

自虐を誘う考え・思い等を抱き易く成ってしまっている場合も多い筈」だ。

「自虐に立場・経済的に高い価値を付けてしまう事による更なる自虐誘導という負のスパイラル」は

「直ちに、完全解消されるべき重大悪事でもある」。

「多くの人間たちの精神構造の健常成長を阻害している重大な人権侵害の氷山の一角」が

「其処に露呈している」。

「多くの人間たちの精神構造が健常成長する」なら

「必然的に、経済世界大戦という大自虐も解消される事に成る」。

「プラスの経済価値が付けられるに値する」のは

「広義の自分にとって自虐に成らない人間生活の維持と、

広義の自分の実体の根本的目的である存続~永続の為に必要に成る

宇宙への本格進出物質文明・技術等と其れを安全・安心に使い続ける為の精神文化・精神構造等の開発~製造~実用等も含む、

人類の物質文明と精神文化の健常進歩・正常進化への貢献」であり、

「自虐に付けられる経済価値はマイナスであって当然に成る」。

「自分の実体把握さえ不十分な者たち等の自虐や太りたい悪者たち等の確信犯の自虐」を

「解消して行く健常実務」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等にも、学校教育等にも、他の多くの精神文化製品にも、強く求められている」』。

『「日韓間問題でも、黙視するのは大人では無い」。

「~日本による保護~日韓併合~終戦直後~の史実も含めて、

実体や事実・現実をありのままに原寸大で大々的に情報配信等する事により、

多くの人間たちが、実体や事実・現実を原寸大で共有した上に、適切な解決法を見出す事が

必要に成っている」。

「かつての、現実との整合性が悪い{解決法}の先で生まれている」のが

「現状の日韓間問題に他ならない」。

「人間としての良心が少しでも残っている」なら

「韓国側は韓国の行った悪い事を詫びるのが当然に成り、

其の代わりに日本を悪者にする更なる悪事を行う事が自虐に成る事も理解・把握等出来て当然に成る」。

「何れ、終わらせざるを得なくなる経済世界大戦上での経済利権追及の為に仲良く!等の誤魔化しの先」に「在る」のは

「利悪」に「成ってしまい易い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »