« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

テレ朝朝番では、常連出演者等が現行経済システム上の優劣等を基に「日本は先進国では無い!から、もっと教育に投資を!!政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「其のインチキ論の実体」は「教育に投資を!!=反対野党等支持者も多い、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教師・学校等にもっと金を!!!」、

「以前ほどでは無いにしても、未だ、金満状態に在るテレビ界も含む情報界は教育と別にして」、

「現行経済システムが相対的である事による、其れを基にした先進国論の不合理性等は言わない」等から、

「少し考えるなら、世界中の何処の誰でもが分る事」に「成る」。

「経済世界大戦状態である現状人間社会」では、

「例えば、商業化した五輪でも商業スポーツ界戦線での優位者である米国商業スポーツ界の意向に屈さざるを得なく成っている」ので

「東京五輪も、本来なら、地球温暖化の悪影響が益々顕著に成って来ている昨今なら尚更、在り得無い真夏開催にされていしまっている」が

「商業スポーツ戦線最前線で戦う有能戦士たちを酷使する事で失いたく無い、IOCや国際競技連盟等は、

少しでも東京での真夏五輪開催による悪影響を排除すべく、マラソンと競歩の選手たちダケを札幌に避難させて戦わせる案」を

「東京五輪開始まで、既に、一年を切っている昨今、急に主張し始めたりする、醜悪な経済戦争戦闘劇が行われてしまっていたり、している」。

「現行経済システムが相対的であるが故に、バブル時等は、日本も先進国に成れていた、成りかかっていた等と平然と言っていた、

ご用達経済学者???等や其れに同意していた常連出演者等も、酷く、劣悪で、

経済学者等なら、現行経済システムが相対的であるが故の害悪等を告発したり、絶対評価上での経済システム等を提案していたり、等々してこそ、

今時、必要な、有能な経済学者等に成る」が、

「汝、考えるな!汝、先生や教科書が与えている内容を覚えよ!で{調教}され、其の優等生等と成っているダケの、

現状の所謂、文系の学者等は、其の様な本質的に役立つ事は実践せず、出来ずに、

自分を学者等の社会的に優位な立場に導いた教育や人間社会等にヒタスラ忠実な{犬}と化し、

其の利権を維持~増大する為の政治・社会運動等には熱心でも、

人間社会・経済システムを本質からより性能の良い、自虐性の低い、精神文化製品に健常進歩・正常進化させる{仕事}には、

本当に、不熱心」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実体が其処に在る」。

「教育界に金をよこせ!社会・政治運動等を行う前」に、

「実際に、直すべきところを指摘した、偽善レベルを超えた、{特に、所謂、文系側の教育内容を直せ!}の訴え等」が

「在って然るべき事に成る」が

「現状利権に溺れている者たち等が行う事は、具体的内容抜き偽善直せ論である場合がほとんど」で、

「記憶型教育から創造能力を養う教育へ!」等と

「上辺だけで具体的内容を指摘した{演技}をしていても、では、どうすれば良いのか?抜きでは、

やはり、其の実体は偽善直せ!論に他ならず、

実態としては、

其れを視ていた多くの視聴者等が実際の直し方を知らされない事により、直し方が分らない事が公然化され、

実質的には、常連出演者や経済学者等の現状利権の維持~増大等の助けに成るベースが製造されている様なモノに成っている」のだから、

「上辺ダケの偽善直せ!論を言った分ダケ、より悪質に成っているのが実態」に「成る」。

「具体的直し方が分らないなら、正直に分らないと言うべき」で

「そうするなら、多くの視聴者等が直し方を考える様に成る」のだから

「偽善直せ!論の悪質性」は「明らか」で

「其の悪質性の源泉」は「常連出演者等やご用達経済学者等の虚構上でのプライド等」と「容易に推定出来る」のだから

「そんな酷く、醜悪で劣悪な、虚構プライド劇等」を

「一方的に見せつけられている多くの視聴者等の中で無意識レベルでも起こされている悪影響」は

「本当に、甚大に成る」。

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や所謂、文系の学校教育等では、上記と同様の精神構造の内容の情報配信・教育等が

蔓延っている状態』なのだから、

「そんな情報・教育等で、実質的に、マインドコントロール等され続けて来ている視聴者・読者・生徒等の間で、

ズル・いじめ・虐待・殺傷行為等々が頻発してしまう」のも「ある意味、極めて、当然の現象に成る」。

「記憶型教育を直せ!ダケを言い、どう直すのか?を言わない事」とは

「例えて言うなら、丸ごと一人レベルだけの死生観を直せ!ダケを言っている様なモノ」で

「人間も含む生物の誕生・死は細胞レベルの実現象である事が既に、科学レベルで判明している現実の伝達と理解・把握抜きでは、

丸ごと一人レベルの死生観を否定された者が益々不安やストレス等を抱えてしまい易くなるダケ」なのだから

「どうやったら直せるのか?抜きの論等の悪質性」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「悪質性の高い論等を公共の電波を使って一方的に大量配信する事」の「悪質性もかなりのモノ」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「技術の進歩等により、人間の行っていた事が機械やロボットやAI等でも出来る様に成って行く」と

「行う仕事を覚えた人間の社会的有用性も低く成って行く事に成る」のだから

「行う仕事を覚えた人間を大量製造する為に合理的に成る情報・教育から、

進歩・進化し続けて来ている科学技術や物質文明製品等を、自虐使用せず、安全に使い続けられる人間を育成する為に有益に成る情報・教育が

極めて重要に成って来る」。

「其の情報・教育を意識的かつ積極的に行うべき立場に在る者たち等が、

未だに、旧態依然とした記憶基準上の既得権益の維持~増大等に励んでいる様では、本当に、哀れ」だ。

「では、どうすれば、進歩・進化し続けて来ている科学技術や物質文明製品を、自虐使用せず、安全に使い続けられる状態に、

多くの人間を育成して行く事が出来る様に成るのだろうか?」

「個々の生物個体の狭義の自己制御ロジックが狭義の自分個体の保持~存続である事は、既に、科学レベルで判明している現実」だが、

「人間の場合は、狭義の自分個体の存続~永続論理で自己制御し続けると、

往々にして、他の人間も含む、多くの生物・物質の犠牲を平然と強いる状態に陥り易く成る」。

「其の実態が露呈させている事」は

「生物原理を超えた人類の場合は、狭義の自分の保持~存続ダケでは、自虐性が高く成ってしまい易い事」で

「其れではどうすれば良いのか?」と言えば、

「広義の自分もちゃんと理解・把握した上で、自虐性を抑える思考・行動原理等を身に付ければ良い事に成る」。

「物質文明側を高度に進歩・進化させ実用する、させる事も出来る、

広義の自分の住処を宇宙にまで広げる役割を担わされている、

人類であるが故に必要に成っている、精神構造・精神構造の進歩・進化が其処に在る」。

「先ずは、狭義も広義も含む生命体細胞群である自分の実体と其の実体の根本的目的である存続を十分に理解・把握する事」が

「基本に成る」。

「其の根本的目的を、広義の自分に対しても、狭義の自分に対しても、出来る限り自虐を伴わない様に実現して行く事」こそが、

「人類誰もの本来の人生に他ならない」。

「現状の狭義の自分の人生が本来の人生とどれだけ違っていたり、ズレたり、してしまっているのか?」は

「個々の人間たちが、自ら検証してみるべき事に成る」が

「人類誰もの本来の人生の基本を大衆周知する事等は、情報・教育界の仕事に他ならない」。

「人類全体としては、何処のどの少数者が読むのか?読まなないのか?さえ分らない学術論文の数などをベースに先進刻を語るのは、

本当に、バカげている事」だが

「学術論文に限らず、人類の物質文明側・精神文化側双方の、健常進歩・正常進化に有益に成る情報・教育等が

どれだけ実践され、広がり、其の理解・把握が広がっているのか?」は

「其の国の先進性を検証する現実的な指標にも成る」。

「この面から直ちに判る事」は「情報統制の無い自由・民主主義圏の国々の方が、情報統制も在る独裁政権国家より先進である事」等で、

「例えば、現行経済システム上の国民総生産等の数字比べっこで、中国共産党支配下の中国を先進国としたりする」のは

「明らかに、間違っている事に成る」。

「人類誰もの広義の自分の根本的目的から整合性を取って、人間社会・経済システムを創り出す」なら

「経済評価も絶対評価化が可能に成る」のだから

「今時の経済学者なら、行っていて当たり前の本来の仕事が其処に露呈している事に成る」。

「政治・社会システム等でも同様に成るのだから、今時の政治学者・社会学者等なら行うべき仕事が其処に露呈している事に成る」。

「其の辺りの先駆者を数多く輩出するなら、其の先進性は明らか」で

「日本の場合は、既に、漫画・アニメ・小説・ドラマ・映画・音楽・絵画等々、性能の良い大衆情報配信手段を、既に、数多く持っているのだから、

其れらで使用されている精神構造や精神文化等を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常進歩・正常進化させるダケで、

精神子文化側での先進国の座も容易に得られる事に成る」。

「其れを実践出来る立場に在るテレビ界の者たち等」が

「例えば、バラエティーでも、未だに、記憶売り!状態では、本当に情けない」。

「例えば、ドラマでも丸ごと一人のいじめ・虐待・殺傷劇ばかり・・・では、本当に情けない」。

「記憶に依存せずに、進歩・進化し続けて来ている物質文明製品を自虐使用せず、安全に使い続ける為に有益に成る情報配信をするべき」だ。

「今時なら、殺すべきモノの実体を人類誰もの自分の実体や其の根本的目的から整合性を取る事等により探究する事で、

脳細胞に上書きし、させ、

丸ごと一人のいじめ・虐待・傷害・殺人欲動等を殺すドラマ等が在って当然に成る」。

「其のキーロジック」は

「人類誰もの精神構造(自己制御ロジック)の健常化・正常化であり、

乳幼レベルの比べっこによる支配/被支配争いから、成人レベルへの本質・快適探究への、

個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会のの健常進歩・正常進化」であり

「具体的には、例えば、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観からの卒業」であり、

「其れは、

人間の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが、

生きている一人の人間の実態は、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの地球生命多細胞群の中の一個体である現実の

十分な理解・把握と実用により、実現出来る様に成る」。

「丸ごと一人の死生観だけなら、死自体に途轍もない恐怖等を抱いても何の不思議も無い」が

「細胞ごとに今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している現実を十分に理解・把握するなら、

今、この瞬間にも、現実に起きているのに、痛くも、痒くも無い、死自体の恐怖からの解放も容易に成る」。

「たった今、死んでしまった細胞に今まで、ありがとう!」

「たった今、生まれて来た細胞にこれからよろしくね!」

「狭義の自分に対する、一つのエール」が「其処に在る」。

「地球生命体細胞群の中の人類としての一個体細胞群である狭義の自分の正体や

狭義の自分も含む広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的が存続である事」等も

「十分に理解・把握出来ていない状態」なら

「狭義の自分の中の不安もストレスも相応に膨大であって何の不思議も無い」。

「更に、旧来からの、丸ごと一人レベルの死生観・人生観が重なっているなら、

比べっこによる支配/被支配レベルから、本質・快適探究レベルへの自らの精神構造の健常成長を拒否し、

比べっこレベルに安住したく成っていても、ある意味、当然に成るのかも知れないが、

健常成長拒否故の不安やストレスが更に自らに降りかかって来る事に成る」ので

「例えば、周囲に自分と同じ精神構造を強い易く成る」。

「実に、醜悪で劣悪な、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈してる」が

「現状の人間社会・経済システム上では、そんな醜悪で劣悪な状態の者等でも、他との比べっこで優位に成れば、重用状態なのだから、

其の事による悪影響も更に生まれてしまっているのが現実」だ。

「いい加減に、自虐度の高い、性能の悪い、精神文化製品である、現状までの人間社会・経済システムの使用・強要等は止め、

意識的かつ積極的に、自虐度の低い、性能の良い、人間社会・経済システムを創り出し、実用するべき」で

「其の為に有益に成る情報・教育等を、意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「共感で多くの人間を動かすダケでは、

例えば、戦時中は行け!行け!どんどん!!への共感が起こされていた実例からも、

其の危険性は、誰もが直に判る事に成る」。

「問題とすべきは、共感の内容で、其の精神文化製品としての性能の良さや、自虐性の少なさ等が問われていて、当然に成る」のだから

「共感ダケを言う者等が常連出演では、本当に、情けない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の様な内容を周辺事実・データ等を付け足して、学術論文にする事」は

「学者等なら、そんなに難しい事では無い筈」だ。

「テレビ・ラジオ等でオモシロ可笑しい上辺の表現を付ける事で上記の内容を視聴者等の心の関門を通り抜けさせながら伝える事」も

「そんなに難しい事では無い筈」だ。

「現状で既に立場等が在るのに、其れらを、行わない者たち等」は「本当にどうかしている!!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

未だに、言葉狩りと野党庇い等により野党を有利にする政治運動を公共の電波を使って行い続けている野党のお仲間常連出演者等・・・。

『「大臣等に対する言葉狩りによる、与党に対する悪イメージ付け」と

「民主党政権時代に散々、要らない!コンクリートから人へ!!と悪モノ扱いしていた八ッ場ダムの防災効果では、政治と切り離して・・・等と、野党を擁護」では、

「其の政治的偏向性等は明らか」だ。

「旧社会党~民主党等や韓国・北朝鮮等と親和性が高い者ばかり・・・が、

多くのテレビ・ラジオ等で常連出演者等として、

多くの公共レベルのマスコミで常筆等として、

多くの学校等で実権者として、

重用され続けている実態」は「本当に異常」で「是正が急務である事等はもはや言うまでも無い事に成る」が

「政界の様に選挙も無い、ゲイノウ人等により厚顔無恥の図々しさ等を実質的に公然化している、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

批判・非難等を誤魔化し続けながら、優位な立場を維持し、より多くの利権を自分たちの人脈の下に流し続ける事」が

「横行し続けているまま・・・の実態」だ。

「公共の利益の為にも、民意健常反映の為等にも、制度を変えてでも、是正する、させるべき実態が其処に露呈している」』。

『「所謂、理系の世界では、

例え、どんなに権力を持っている者が主張しても、どんなに大金を積んでも、例えば、太陽が地球を中心に周ったりはしないから、

実権は実体や事実・現実に預けざるを得ないが、

所謂、文系の世界では、

未だに、金と権力で、他の者・物・事等を支配し、コントロール出来てしまっている、酷く、劣悪で醜悪な実態のまま・・・」だ。

「結果として、金や権力を追及する者や組織・集団等々も、未だに、多く、其の悪影響も甚大に成ってしまっている」。

「所謂、文系の世界でも、実権は実体や事実・現実に預ける、

個々の人間たちの精神構造革命と其の集大成である人間社会の精神文化革命が必需に成っている現状は、

例えば、

温暖化や生物多様性破壊等々の環境破壊問題や

不当な格差や不当な争い(武力や経済力が用いられる場合も多い)人間社会問題からも明らか」で

「其の基本ロジックと成る精神構造・精神文化側での実体や事実・現実の多くも、科学レベルで既に判明している」のだから

「未だに、其れらを実用して、精神文化製品側の産業革命を行おうとしていない、酷く、劣悪な精神文化側の仕事をしている者たち等の罪」は

「途轍もなく深い事に成る」。

「視聴者・読者等を支配~コントロールしようとしている、政治・社会運動等や、

厚顔無恥の図々しさ等をオモシロ可笑しく大々的に情報配信する事による其の公然化等々を、

行っている立場・能力・ヒマ等があるなら、

意識的、かつ積極的に、精神文化側の産業革命を行い、より高性能な、現実との整合性が高い、快適使用の出来る、精神文化製品を

生み出し、其れらを意識的、かつ積極的に、大々的に、配信・販売・使用等々するべき」だ。

「愚かで、今時、もはや、本来、不要な、政治・社会運動等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で行い続ける先では、

人類滅亡の時が急速に呼び寄せられる事に成るが、

精神文化側の産業革命を行い、今時に必要な高性能な精神文化製品を大量に生み出し、実用した先なら、

人類誰もの広義の自分の健常存続~永続を可能にする新世界が誕生する事に成る」。

「其の差は絶大」なのだから

「余程の愚か者か、自虐確信犯の悪でも無い限り、後者を選ぶのが当たり前の事に成る」が

「未だに、

自分の実体把握さえ満足に出来ずに、

自己健常支配を怠り、

他の者・物・事等を利用した代償欲求の過剰追及に明け暮れている大迷惑者たち等や其の組織・集団等は、

其の様な酷く、愚劣な者たち等と同様、或いは、劣位の状態に、他の人間たちをする事による自己正当化策略・工作等さえも、

行い続けているのだから、本当に呆れる」。

「実体や事実・現実との整合性が悪い者・物・事等は、時のエネルギーにより崩壊させられて行く事に成る」から

「其の様な者たち等が、地球上を埋め尽くしたり、例え、宇宙に出て住む様に成れたところで、最終的な行き先は、滅亡に成る」。

「滅亡までの間、実体や事実・現実から検証され、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」のだから、

「愚劣な者たち等が行っているのは、自らを恥じる存在として大衆認知させる事でもあり、其れが余りにも恥ずかしいから、

最後には、皆を巻き込んで広義の自分の全てを滅亡させる事に成る」。

「其の愚かで迷惑な超自虐性を是正する事抜き」に「救いは在り得無い」。

「誰もが細胞レベルで誕生・死を繰り返しているのが生きている人間の実態に他ならないから、

丸ごと一人レベルの死後の世界に期待しても無駄でしか無い」し

「人類の世代交代も、個の保存では無く、種の保存に他ならないから、

子孫等に考え・思い・感・信じ等を繰り返させても、自虐的な代々話で子孫を哀れにし、其の先で得られるのは滅亡に成るダケ」だ。

「自我狭窄状態を一刻も早く治し、

精神構造・精神文化面での天動説状態から脱し、

広義の自分の健常存続~永続への貢献をする方が、

人生遥かに豊かに成る事は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ズル賢く、金や権力等を自らの下により多く集める事が人生の成功では断じて無い」。

「其の実体は、

自我が狭窄している{病人}であり、

他の人間でも他の地球上の生物でも地球の資源等々でも、周りを巻き込めば巻き込む程、周りにも自虐を強いている破壊者」だ。

「悪影響が大きければ大きい程、永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさも大きくされる事に成る自虐者たち等は、

一刻も早く、自らの実体を理解・把握し、悪態を改めるべき」だ。

「精神文化側の産業革命に基づいて、より高性能な精神文化製品が多数出回る様に成る」と

「例えば、ドラマや映画やアニメや漫画や小説や音楽等々を見聞きしたり、読んだりするだけで、

多くの視聴者・読者等に、自虐者の実体が直に分る様に成る」。

「そう成った段階では、既に、後の祭りに成る事」は「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に他ならない」。

「広義の自分の一部を殺して食べる事で存続出来ているのが人間誰もの狭義の自分の実態」だ。

「広義の自分を酷く扱う反面で、狭義の自分だけの永続等を望む事の愚かさ等も、

少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが分る事に成る」。

「存続や永続は広義の自分に求め、

狭義の自分は其の為に有益に成る仕事等も行いながら、広義の自分を過剰に痛めない様に健常支配する」のが

「今時、普通で、当たり前の人生に成る」。

「其処に、狭義の自分の下への過剰な集金や集権等や、

乳幼期でも無いのに、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の過剰追及は在り得無い」。

「他の者・物・事等からのお墨付き等を求めなければ成らなくなってしまう程、自信の持てない人生の裏には、

相応の愚劣で劣悪な実態・実体が在り、其れこそが永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態・実体に成る」。

「自己健常支配の先には、自己承認欲求の本来欲求の充足が在る」から

「他の者・物・事等によるお墨付き等が無くても、普通に自信等は持てている状態に成る」。

「天動説的に周囲を従わせようとするのでは無く、地動説的に自らを健常に整え続ける、誰もが実行可能な人生が其処に在る」。

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人間が、

丸ごと一人レベルの死後の世界を求めても、虚しいが、

他人や、故人等を、丸ごと一人レベルで捉え、思い出し、其の人生や言動等々を、考え・想う事は合理的に成る」。

「例えば、日本乗っ取り支配工作員の親の下で産まれた●●は、

幼少期から戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手法を使った、

侵入工作・飲食物工作・電磁波工作等々を教えられ、学び、実践する事で、

多くの日本人を弱体化・病気化し、

日本乗っ取り支配の優等生役の者たち等をより優位にして来た。

応分の報酬として、社会的に公言し易い、仕事・地位等も得、工作員の世代交代をするべく結婚相手も与えられ、子造りも行った。

工作員集団による悪影響により日本の少子高齢化が起こされ、日本の乗っ取り支配もより容易に成って来ているが、

政界工作では、未だ、成功出来ていないので、

情報・教育工作も熱心に行う様に成って来ている。

毎日は表の仕事と工作と子育てで忙しく、充実している様に思えるが、

自分の芯からの満足感を問うと疑問も生じて来るので、出来る限り自分の実体は直視しない様にしている。

其の代わりに、他人を自分に従わせる事は大好きに成っているので、積極的に行っている。

素直な上に、弱体化・病気化している日本人等を従わせる事は簡単で、

電磁波工作や飲食物工作や覗き・スパイ・ストーカー工作等を行わせたり手伝わせたり、している事もある。

裏切る者には、粛清工作を集団で仕掛けるので、裏切り者は早期に弱体化・病気化する事が出来ているので大勢に影響は出ない。

日本乗っ取り工作が実を結ぶまで、何世代に渡ってでも、工作を行い続ける為に、

告発や摘発を可能にする法・体制の整備等は、集団工作で行わせない状態を維持し続けている。

工作で先手を取り続けて来ているので、現状までは安泰状態が続いている。

何れは、寿命が尽きるだろうが、我が民族万歳!・・・等々の

他人、或いは、故人の人生も在ったりするかも知れないから、

其の様な一人間個体の人生上での殺すべきモノの実体等を探究し、実効のある対策を考え、実践する事等も、有意義に成る。

テレビ・マスコミ等の仕事をしている者たち等なら、集団工作活動等を大々的に告発し、実効のある対策を訴える事等も合理的に成るし、

政界等の者たち等なら、集団工作に対して実効のある法整備・対策整備等を行う事も合理的に成る」。

「因みに、筆者の今までも人生を丸ごと一人レベルで語る」なら

「父親方が日韓併合時の朝鮮半島内に居た日本人だったせいか、幼少期から、集団工作活動等のターゲットにされ、

小学校時には、虫歯の治療時に、集団工作員の一人と強く推定出来る歯医者に奥歯を三分の一の高さにまで削られたり、

焼肉屋の後には、一週間もの入院が二回もあったりし、

大学予備校時には、予備校のソバ屋で天ぷらソバを食べて帰宅時に、電車の中で低血糖ショック状態(と強く推定出来る)に陥らされ、

家に帰れず、医者に行ったら、ビタミン剤を注射されたが、

吐く様に成ってしまい、其の後、胃が悪い~大学病院に行け、と言われ、レントゲンの雨嵐・・・。

膵臓が痛められていたと推定されるのに、胃ばかり検査で異常無し扱いされても、吐く症状は改善しなかったら、

神経性と決めつけられ、神経科で要でも無い薬を飲まされるハメに・・・。

当然、症状が改善しかいので入院させられたが、東京では病院代が高いから・・・と九州送りに・・・。

結局症状が治まるまで約半年・・・。

要でも無い薬で記憶も飛び、頭もぼんやり・・で、入試も散々・・・。

其の後、医療器械の外資の会社に幹部候補生として入社し、家を飛び出して、工作活動が少し薄らいだ時期も在ったが、

情報界への転職を機に、また工作活動が濃厚に・・・。

結局体調不良でまた転職と成ったが、工作活動は旺盛なまま・・・。

・・・。・・・。そして、今、当ブログを記しているが、

今後、非人道的な工作活動等により殺害されてしまうのか?工作活動から解放され、本来の仕事が行い易く成るのか?・・・」。

「何れにしても、日本国内で現在でも蔓延り続けている、非人道的な集団工作活動問題の解決は急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈を含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、常連出演者等が「産業革命前、天動説状態の情報配信」等を恥じらいも無く続けている様相だが・・・。

『「物質文明側の産業革命の肝」は「エネルギーを動力として機械を動かした事」であり、

「多くの人々の天動説から地動説への進化」は「太陽系天体図」によって「容易に成った」。

「精神文化側の産業革命の肝」は「意識だけを偏重使用した精神文化製品の製作から、意識と実体・実態の両方を実用して精神文化製品を創り出す事への進化」であり、

「多くの人々の地動説化を容易にした物質文明側の太陽系天体図の当たる物」は

「一人の人間個体を細胞群で描く、地球生命体細胞群の細胞群樹木図等」に「成る」。

「人間の意識(意識がある程高度な脳のある動物個体も同様)」は

「世界中の何処の誰でも(どの動物でも)、基本的に、

狭義の自分を中心とした、

丸ごと一個体レベルで捉えたがる、天動説状態」に「成っている」。

「自分の意識と自分の実体・実態の双方を理解・把握出来るのは、人類だけと推定出来る」。

「人類ならではの、より現実との整合性が高い理解・把握」が

「狭義の自分の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え、思い、感じたがるが、

今、生きている、狭義の自分(他の生きている人間も生物も基本的に同じ)の実態は、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群

(誕生・死を繰り返しながら存続しているのだから、

特定する時と、

生きている細胞だけにするのか?死んだ細胞も含めるのか?等の

細胞数の数え方により絶対数も変わる事に成る)」等に「成る」。

「細胞レベルの誕生・死という現実が科学レベルで理解・把握されたのは、近年の事だった」から

「其れまでの、長い人間の歴史上では、

個々の人間誰もが、意識だけを偏重して、死生観・人生観も創り出し、保持し、実用し、

其の集大成の先に人間社会システム等も構築し、実用して来た」。

「精神文化製品のほとんど全てが、意識だけを偏重して創り出されて来た」から

「人間社会・経済システムにしても、政治にしても、宗教にしても、

小説にしても、絵画にしても、音楽にしても、

其の当時の其の集団の他の人々の共感を頼りに、構築されているのが実体に成っている」。

「元々は、同じ人類同士なので、

音楽や絵画等々芸術精神文化製品等では良くある通りに、ある集団と他の集団の共感が共有出来る場合も多いが、

宗教・政治・思想対立等々、ある集団の共感が他の集団の共感と必ずしも同じに成らない事もかなり多い」のが

「現実」だ。

「其れは、意識だけを偏重使用しているが故に必然的に具現化する現象でもある」。

「長い間、多くの人間たちの間で続いて来ていた共感」が

「武力に大きな権力を持たせる事」と「武力による比べっこで支配権/被支配権を争う事」だったので、

「人類の歴史は戦争の歴史に成っていた」。

「物質文明側の産業革命以降、武器も急速に進歩・進化した」ので

「其の破壊・殺傷力も飛躍的に上がった」が

「多くの人間の共感が、武力に是で、武力による比べっこ支配権/被支配権争いに是では、戦争の歴史が止まる訳も無く、

より進んだ武器を使った戦争は、より大規模化もし易く成り、二度もの世界大戦まで実行してしまった、ばかりか、

第二次世界大戦末期には、進歩・進化した武器の代表もある核兵器までもが実用されてしまった」。

「核兵器の膨大なる破壊・殺傷力」は

「国家指導者も含む多くの人間たちに世界大戦レベルの武力による比べっこを是とし続けさせる事を拒ませるに十分だった」。

「其の代わりに、表立って是とされて来ている」のが

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に「成っている」。

「第二次世界大戦以降、現在まで、

多くの人間たちの実態は、

金権に是であり、経済による比べっこ支配権/被支配権争いに是と成っているから、

現状では、実質的に、経済世界大戦状態に成っている」。

「物質文明側の産業革命が起きた時」に

「精神文化側でも産業革命が起きていた」なら

「比べっこ原理から本質・快適探究原理へと多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)も進歩・進化していた」から

「自虐的な戦争等は最小限に抑えられていた筈」で

「現状でも、尚、精神文化側の産業革命を行っていない人間社会では、

未だに、経済世界大戦の中で、

人間に対する経済圧殺傷と、

他の生命体細胞群や地球資源等の遠慮無き使用・争奪戦の真っ只中で、

地球温暖化や環境破壊等々を生み出し続けて来ている」。

「この後に及んで、未だに、精神文化側の産業革命を実行しようとしない、精神文化側の仕事???をしている者たち等は、

本当に、どうかしている事に成る」。

「例えば、公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って、

何時までも、旧態依然とした、実質的に、反対野党や反日国等を有利にする、政治・社会運動等を

行い続けている常連出演者・常筆等が、

未だ、公共の電波上や公共的マスコミ上で蔓延り続けている事」等は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「精神構造が健常成長している人間に言わせる」なら

「例えば、

経済比べっこに明け暮れ、狭義の自分の下に、大金や大資産や大権等々を集め続けている様な人間は、

自分の実体把握さえ不十分な、広義の自分も十分に理解・把握出来ていない、自我狭窄状態の{病人}で、

其の{病気}の悪影響は、

狭義の自分の下への大金・大資産・大権等々を集めている規模と

巻き込んでしまっている人間の数や他の生物や地球環境等による」のだし、

「其の大量消費自慰生物的実態では、

必然的に、其の人間個体の自己承認欲求の本来欲求が充足される訳も無く、

他の多くの広義の自分に多大なる悪影響を及ぼしている悪態は、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実体に成る」。

「狭義の自分の下に大金・大資産・大権等々を集める事が人間の実体と整合性が取れている成功の人生の訳も無く、

本当の成功の人生とは、

世界平和の実現や地球環境問題の解決や人類も含む地球生命体細胞群という広義の自分の快適存続~永続への貢献を行い、

相応の良い実効を出す事が出来る事」等に「他ならない」。

「未だに、精神文化側の産業革命も行わず、今時に必要な性能の良い、自虐度を下げる効率の良い、精神文化製品を製造しよとしない、

精神文化側、所謂、文系の仕事をしている者たち等」は

「本当に、どうかしている」。

「其の悪影響に相応しい」のは

「常連出演者や常筆等の重用されている立場や其れに伴う過分な報酬・権力等々では断じて無い」。

「立場を得ているのに、今時に必要な仕事を行っていないが故の悪影響相応の罪と罰に成る」』。

『「世界平和への貢献の象徴の役割りもお引き受けに成っている」のが

「天皇陛下の実態」だ。

「即位礼正殿の義等を受けて、女性・女系天皇制等を訴えている暇が有るなら、

世界平和への貢献に直結する、

個々の人間の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報配信でも行うべき」だ。

「女系天皇も可と成れば、天皇を乗っ取る事も可能に成ってしまう」のが

「現状の人間社会制度の実態」で

「例えば、排米工作と核の脅し等を元に、北朝鮮金政権等が米国の守りを失った日本を一時的にでも屈服させ、

金正恩等が日本の女性天皇を側室にでもする事が出来てしまったなら、其の後は、金家が天皇に成れてしまうのが

女系天皇の容認」だ。

「故に、日本乗っ取り支配を狙っている、其のスジの者たち等は、女系天皇大賛成!状態でもある」。

「天皇制維持の問題を考えるより前に、世界平和を考えなければ成らない程、

現状は、地球環境も人間社会も余裕が無い状態に、既に、陥ってしまっている」。

「世界平和や環境問題解決の為」には

「精神文化側での産業革命であり、其れに基づいた性能の良い精神文化製品を多数生み出し実用する事」が

「極めて有効に成る」。

「細胞ごとに今、この瞬間にも、殺したい者も死んでいるのが現実」だ。

「今時の人間なら、殺したいモノの実体を探究して、合理的に問題解決を図るのが、文明人としての当たり前に成る」。

「悪者の悪態や悪態を生み出す元凶と共に、丸ごと一人の殺人欲動も殺すべきモノの一つに他ならない」。

「何時まで経っても、意識だけを偏重して、丸ごと一人の死生観・人生観上で、比べっこ支配権/被支配権争いを行っている場合では、

もう既に無い」。

「成人なら、狭義の自分も広義の自分も十分に理解・把握・実感して人生を歩む、自我狭窄症状態では無い、健常状態の人間に

狭義の自分を健常成長させる事が強く求められている」。

「其の為に有益に成る情報・教育が強く求められている」。

「丸ごと一人の殺人・殺傷欲動なんて、今時、稚拙で野蛮で、かっこ悪過ぎでしょ!」

「文明人なら、殺すべきモノの実体を探究し、出来る限り自虐度の低い合理的解決法を実行したり、させたり、しなければ!」

「何時まで経っても、金権信者では、世界平和・地球環境問題の敵でしょ!」

「成人なら、比べっこレベルは卒業し、本質・快適探究状態で人生を進めていて、当然だ!」

「狭義の自分の不健常支配は、免疫を養、遊び程度に!」

「自己健常支配で支配欲の本来欲求を充足させ続けているなら、

過度な他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を追及しようとする過度な支配欲の代償欲求が生じる訳も無い!」

「逆から言うなら、過度な支配欲の代償欲求追及行為に明け暮れている者たち等とは、自己支配不全症という{病気}状態に成る」。

「病気は治すのが当たり前」で

「他人にも病気を強いたり、無理やり、感染させたり、するのは、悪事に他ならない」。

「悪事を行えば、自己承認欲求の本来欲求が充足出来る訳も無い」。

「ありのままの自分をありのままに理解・把握・感じるなら、悪事を行った自分は悪者に他ならず、否定され、罪と罰が与えられて。当然の存在に成る!」

「正義が有るなら、堂々と訴えるべきだ!例えば、民主化!や人権!を訴える事は容易な事で、同意も共感も得られ易い事だ」。

「独裁下に入れ!等、堂々と、訴えられない正義は正義では無い!健常な手段・状態なら、同意も共感も得られる訳も無い。

其れを、圧力や工作等々で無理強いするのは、大悪者に成る」。

「調査報道を言うなら、

戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等を徹底調査し、

大々的に報道するべき」だ。

「テレビ・マスコミ等の者たち等が、其のお仲間や協力者等では無いなら、出来ない訳の無い重要な仕事が其処に在る」。

「何れにしても、余りにも、酷過ぎる、現状の是正が急務である事は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「教師いじめ問題」で神戸教育委員会等をやり玉にあげ{神戸だけの問題のイメージ}で他のお仲間学校教育界の者たち等を守ろうとしていた様相等だったが・・・。

『「いじめ問題は全国各地で起こり続けて来ている」。「神戸の教育委員会等に問題があった事は事実で、其の是正も急務である事」も

「もちろん」だが、

「いじめ問題を根本的に解消させる情報・教育等を行う事」は「決して外せない事」に「成る」。

「いじめ問題を根本的に解消される情報・教育等を行って、行えていない、

情報配信機関の者たち等や教師等の上辺、実力不足の裏に何が在る?」

「いじめ問題を根本的に解消させる為に有効に成る情報・教育の内実」は

「狭義の自分の実体を実態通りに理解・把握する事等を習得する、させる事」等に「成る」が

「そうすると、例えば、多くの日本国民衰退化工作活動等を行い続けて来ている情報・教育工作員等も含む工作員や其の協力者等は、

自らの実体が悪者である事も実態通りに理解・把握しなければ成らなく成る」。

「差別問題等を語る前に在って当たり前の善悪差別を言わない事」と「同じ悪態」が

「其処に露呈している」。

「スパイや工作員や其の協力者等」は「スパイや工作活動を行っていたり、其の協力をしている、自らの実体が悪状態である事」を

「十分に理解・把握するべき」で

「その上で尚、其の悪態を上回る正義等が在ると言うのなら、其の正義を堂々と訴えていて当然に成る」。

「其の正義を堂々と訴える事が出来ていない者たち等の実態とは、

堂々と訴えれば其れこそ、世界中から否定されてしまう様な事等を正義とする、させられる事によって、

スパイ・工作活動等の悪や其の協力の悪を行っている、行わされている悪者に成る」。

「悪者が得るべきは、悪事の先にある利権等では断じて無く、応分の罪や罰に成る」のだから

「現状で悪者状態に在る者たち等は、意識的かつ積極的に早急に悪事を止めるべき」だ。

「悪事を止める事態が、全国各地で続々と発生し、其れらが大々的に報道等される事で公然化する」なら

「いじめを行っている者たち等がいじめを止めるのも当然に成って行く」。

「逆から言う」なら、

「所謂、大人の者たち等が、スパイ・工作活動(情報・教育工作も含む)等を行っていたり、其の協力を行っていたり、する、

ばかりでは無く、其れらのスパイ・工作活動等の悪を上回る正義を堂々と訴えられていない状態を続ける」なら

「所謂、子どものいじめ等も、他の人間社会内でのいじめ等々も、存続し続け易く成る」。

「人間社会の当たり前の実態」が「其処に露呈している」』。

『「教師いじめ問題」でも「教育委員会の者たち等の責任」を「優等生ぶり、正義ぶり、訴求していた常連出演者等の多く」は

「公共の電波を使った、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)誘導、実質的、政治・社会情報工作~大衆誘導等が得意な者たちでもある」。

「其の{悪の成果}の一つ」が

「日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせた民主党政権への政権交代を

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等による実質的、大衆誘導で実現させてしまった事」だ。

「客観的に考える」なら「其の悪影響」は

「例えば、一国会議員等の10年以上も前の有権者買収問題等より、遥かに大きい」が

「該当国会議員が大臣辞めても尚、総理大臣の任命責任や該当議員の議員辞職等を強く求めている」のが

「民主党政権への政権交代にも大きな力を発揮した多くの常連出演者やテレビ・マスコミ等の実態」だ。

「他人の責任を訴求する前に、自ら責任を取るべき者たち等が其処に居る」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、実権者人脈の交代も不十分で、

未だに、民主党政権推派等が大きな実権を保持し続けている」。

「其の上、旧態依然とした論調で、イメージによる視聴者・読者誘導等を行いながら、

旧民主党の者たち等による政権奪取の後押し等をしている」。

「こんな酷いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実態を日々、見せつけられ続けて来ている視聴者・読者・生徒等は、

日常のストレスだけでは無く、酷い情報・教育等によるストレスも重ねられ、更に、其の解消法の情報・教育等も無いまま、

ある意味、必然的に、いじめや虐待や問題行動・犯罪等々を起こし、起こさせられ、易いに追いやられ続けて来ている」。

「其の様な源流の先で生まれている、いじめ・虐待・問題行動・犯罪等々を行ってしまった、行わされてしまった、加害者等が

真摯に反省等し辛く、同様の新たないじめ・虐待・問題・事件・事故等々が頻繁に再発し続けて来ている」のも

「ある意味、極めて当たり前の現象に成る」。

「是正が急務である事」も「是正の方法」も「もはや、明らか」だ』。

『「自分の実体把握が不十分なまま、其れ故の内なるストレスを他の者・物・事との比べっこで晴らそうとし続ける」なら

「人間は容易に、他の者・物・事等に対する不当差別等を行える状態に陥り、

其れ故に、内に、更なるストレスを増大させて行く状態に陥り易く成る」。

「自分の実体把握が十分なら、今、この瞬間にも実体験している死自体に対する恐怖からも解放され、

実体把握故に生まれるゆとりが不要な自虐行動を抑え易くする」。

「個々の人間の自虐行動や其の集大成である人間社会の自虐行動が激減する」なら

「人間社会問題も地球環境問題も、其の解決が容易に成る」が

「多くの人間たちが自分の実体把握さえも不十分なまま、代償欲求の過剰追及行為等の中に狭義の自分の救いを求め続けるなら、

人間社会問題も地球環境問題も、解決出来る訳が無い」。

「自虐とは、科学レベルで判明している人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続との整合性が悪い者・物・事等を

支持したり、行ったり、する事」だ。

「逆から言うなら、自虐を避ける為には、其の整合性を高めれば良い」。

「誕生・死の実体把握さえ不十分な場合」は

「過剰な程の、誕生・死に対する納得を誘う為の者・物・事等を求め易く成り易い、ばかりか、

其れらが得られ無い事等も、ストレスに化け易い」が

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している自らの実体を十分に理解・把握している」なら

「過剰な、実体把握が不十分である上での納得を得る為の、{虚飾・誤魔化し}等は要らなく成る」。

「其の分だけ、言うまでも無く、環境負荷等は軽く出来る事も成る」が

「現状の人間社会・経済システム上では、経済面ではデメリット等にされてしまう」ので

「其の辺りを補う新たな工夫が要る事に成る」。

「物質文明側の産業革命が起きた事により、多くの河川利用の海運が陸運に変わった如く、

精神文化側の産業革命の後は、虚飾・誤魔化し産業の衰退の代わりに、

実体把握や自己健常支配等を行う事に有益に成る、

オモシロ可笑しい、楽しい、或いは、真面目な、精神文化製品を生み出し続ける産業等が必要に成る」。

「今、この瞬間が細胞レベルの誕生会&細胞レベルのお葬式、

今、生きている全ての人間も含む生物の細胞レベルの命の連続性である歳は皆同じで〇十億〇千万〇千〇百〇十〇で、

たった今、生まれたばかりの細胞の歳は、世界中の何処の誰でも0歳、

狭義の自分自身としてのアイデンティティは精子と卵子が結合した時から始まっているし、

人間は一瞬で産まれる訳では無く、お産には何時間もの時間がかかるのが普通、なのだから、

例えば、占い等も、細胞レベルにまで探究して構築するなら、統計学レベルでは無く、科学レベルでの判断も出来る様に成るのでは・・・、

本質・快適を探究する事で、適材適所も相性等も、より容易に見出し易く成り、

人間社会も個々の人間たちもより快適状態が得られ易く成る・・・、

乳幼児なら比べっこによる他の者・物・事支配(乳房等々)と他の者・物・事による被支配(親等の愛等々)を追及していて当たり前で、

乳幼児から成人へと成長して行くに従い、

個々の人間の精神構造は、比べっこによる他の者・物・事等支配/他の者・物・事等による被支配の追及から、

本質・快適探究へと、健常成長しようとするのが普通。

其の健常成長を阻害する事は、重大なる人権侵害に成るが、現状の人間社会・経済システム等では比べっこ強い状態に成ってしまっているのだから、

是正が急務である事は言うまでも無い事に成る。

自分の実体や其の実体の根本的目的等を十分に理解・把握出来ている状態に成れていてこそ成人であり、

成人なら、基本は、本質・快適探究の精神構造(自己制御ロジック)を軸にした、自己健常支配で、

他の者・物・事等支配や他の者・物・事等による被支配は遊び程度、免疫を養う為程度にしているのが普通に成る。

・・・精神文化側の産業革命の先では、世界平和の実現も地球環境問題の解決も当たり前に成る」』。

『「未だに、公共の電波を使った所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の為の政治・社会運動や実質的、イメージ等による視聴者誘導等を

行い続けている、

超遅れ過ぎているテレビ番組や常連出演者等が、健常進歩・正常進化するのは、何時だろうか???」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「教師による後輩教師いじめ問題で常連出演者等が正義ぶり、優等生ぶり、責任追及等したいた」が「いじめ等解消の役に立つ情報配信は???」では・・・。

『「天皇陛下のお言葉」を「ダシ」に「公共の電波を使った情報の一方的大量配信圧力等により、視聴者こう思え!煽り{いじめ}」を「行っている者たち」等に

「いじめ問題の本質も良く解る訳も無く、

其の結果として、いじめ問題等が起こると、其れをダシに、優等生ぶり、正義ぶって、責任追及等する事」等により、

「常連出演者等の発言の価値等を上げるイメージを多くの視聴者に抱かせ、

政治運動・社会運動等での視聴者等大衆誘導等の役に立てようとしている様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状でテレビ常連出演等の優位な立場を得ている者たち等による、

実質的には、多くの視聴者等を見下し、

多くの視聴者等に常連出演者等の都合に沿う考え・思い・感等を抱かせる為の

まるで共産党の支配下人民指導者の様な実態」が「其処に露呈している」。

「いじめ・虐待等々が繰り返し、繰り返し、起こされ續て来てしまっている裏」には

「現状で、十分に優位な立場・経済状況・権力等を得られていない者たちや、未だ、成長途中の子どもたち等の

本来欲求である自己確認欲に基づいた、八つ当たり等の手段による代償欲求の追及行為が在り、

其の様な不健常状態を是正する、させる為に有益になる情報・教育等の圧倒的不足が在る」。

「自分の正体も、自己健常支配等々も、十分に教えていない、情報配信していない事等による負の現象が其処に露呈している」のだから

「同様の新たな問題・事件・事故等を防ぐ為」には、

「自分の正体や自己健常支配等々の必要情報・教育等を意識的かつ積極的に行う事が有効に成る」のは「極めて当たり前の事」に「他ならない」。

「例えば、{超ベーシック自分マニュアル}でもつくり、其れを教科書にして教えたり、其の内容を情報配信したりすれば良い」。

「{超ベーシック自分マニュアル}の内容」としては、

「あなたは気づいたら、あなた自身、つまり、自分として産まれていました。

人類として産まれていました。

では、自分とは何でしょう?

人類とは何でしょう?

あなたの気づきとは、あなたが意識出来た事です。

人の意識(多くの脳のある動物でも同様ですが)は、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがりますから、

自分も一人の人間として、他人とは別の人間として意識している人が多いでしょう。

では、生きている一人の人間の実態はどうなっているのでしょうか?

科学レベルで既に判明している現実は、

生きている一人の人間とは、

今この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している、

何十兆か(生きている細胞だけ数えるのか?死んでしまった細胞も数えるのか?で数は変わりますし、細胞数を全く正確に数える事は困難ですが、何れの場合でも、何十兆かに成ります。)の細胞群です。

誕生・死とは、細胞レベルの実現象で、

生きている人なら世界中の何処の誰でもが、誕生も、死も、今、この瞬間にも実体験しているのが現実です。

丸ごと一人レベルで捉えたがる意識とは別の現実が其処に在ります。

人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがりますが、

生きている人の実態は今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群です。

古の人々は、誕生・死という現象が細胞レベルの現象である事を理解・把握出来ていませんでしたから、

必然的に、人の意識だけを頼りに、丸ごと一人レベルで誕生も死も理解・把握しようとしていました。

丸ごと一人の誕生は、おめでたい事です。(食料不足状態だったりした場合は、厄介に感じたり、思ったりした人も居たでしょうけど・・・)

丸ごと一人の死は、とても辛い事です。

生きていた人と死んだ後の人の違いが気になったり、死んだらどうなるのか?が気になったりして当然です。

おめでたい事でも忌むべき事でも、

丸ごと一人レベルの大きなインパクト故に、

それぞれに、多くの人間たち落ち着きを取り戻し日常に戻れる様にする為の納得を誘う工夫が必要に成ります。

誕生を祝い、関係の深い人間たちにも知ってもらう儀式も、

肉体から魂が離れたと考える事で納得を得ようとする生きている人間と死んだ後の人間の違いも、

抜けた魂が行く先を考え出し構築した死後の世界等々も、

皆、其の工夫から生み出された人類の精神文化製品です。

既に、科学レベルで判明している、細胞レベルの誕生・死という現実を十分に知っている原罪の人間なら、

いちいち細胞ごとの誕生を祝う儀式を行ったり、

細胞に魂が要るとする必要性を強く感じたり、

死んでしまった細胞から離れた魂の行き先を考えたり等々する事を

重大に行う事も無いでしょう。

人の意識は、自分を中心に、天動説的に者・物・事を捉え、考え、思い、感じようとしますが、

者・物・事の現実は、そんな人の意識通りでは無い場合がほとんどです。

其れは、自分自身、人間自体にも言える事に他なりません。

太陽系の実態も天動説では捉え辛く成ってしまいますが、地動説に基づいた実態図等なら多くの人々にも一目瞭然です。

誕生・死も天動説的に人間の意識上の丸ごと一人レベルの考え・思い・感等だけで捉えようとすると、現実離れしてしまい、

多くの矛盾が出て来てしまいます。

其の矛盾を丸ごと一人の死生観のまま埋めようとすると、更に現実離れしている概念等が生み出され易く成ります。

もちろんどんなに高度に丸ごと一人の死生観人生観のまま考え・思い・感等を構築しても、

細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している自分、人間も含む地球の生物の現実に至る事はあり得ません。

現実離れした考え・思い・感等を基に、例えば、人間社会を構築するなら、必然的に其の人間社会も現実離れしてしまいます。

現状までの人間社会は、人類の歴史は戦争の歴史とも言われている程、自虐度の高いモノでしたが、

其れは、現実離れした考え・思い・感等を基にしているが故の悪現象に他なりません。

現実離れを直す事で自虐度の低い人間社会の構築も可能に成ります。

例えば、丸ごと一人の死生観・人生観だけを抱いているなら、

自分と他人との間には、明確で深い溝が必要に成りますし、其の反動として、寂しさや孤独感等も過大化し易く成ります。

過大化している寂しさや孤独感等を埋める(誤魔化す)為の手段として、

自分により近い人々をより重用する、血統家族主義や民族主義や国家主義や人種主義等も生まれ易く成ります。

命の連続性も丸ごと一人レベルで捉えるなら、自分により近い人がより重要に成り、自分から遠い人は関係無く考え・思え易く成ります。

丸ごと一人レベルだけの意識上では、其れらの実態離れしている主義等も大いに有効に成り得るので、

其れに基づいた行動等を具現化してしまう事も起こされ易く成ります。

例えば、戦争とは丸ごと一人レベルで仲間と敵を分けて、

武力を用いた命がけの比べっこで支配権/被支配権を争う行為です。

人間なら誰もが乳幼児の頃までは保持している、

丸ごと一人レベルの比べっこによる支配権(乳房等)/被支配権(親等の愛)争いの精神構造の上辺に、

丸ごと一人レベルの死生観・人生観だけが乗せられる事で、戦争さえもを具現化してしまうのが未熟な人間の実態です。

比べっこから本質・快適探究へと精神構造が健常成長しようとするのが、多くの人間の本来の実態ですが、

本質・快適探究レベルに精神構造を成長させる為に必要に成っている情報・教育・環境等が不十分な場合、

成長出来ない精神構造は比べっこレベルに押し留められ続け易く成ってしまいます。

古の時代は、人間が理解・把握出来ていた現実が圧倒的に不足していたが故に、精神構造の健常成長も非常に出来辛い状態でした。

現状でも、丸ごと一人レベルの死生観・人生観だけを強いられ続けていたり、

細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している自分の実態を十分に理解・把握出来ていなかったり、すると、

往々にして、其の人の精神構造は、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常成長が阻害されてしまいます。

現状では、丸ごと一人レベルの比べっこ支配権/被支配権争いでも、人生は送れますが、

当然の如く、実態離れの分だけ、色々な問題が生じ易く成ってしまいます。

武力等による命がけの比べっこでは、直接、人間の命や健康等が犠牲にされる自虐劇に成ってしまいます。

経済による比べっこでは、比べっこ上での優位性を確保する為に、

化石燃料も含むエネルギーも、地球の人間以外の生物資源も、人間自体の労働力等々も、

過剰使用させられる事に成り、

其の結果、間接的に多くの人間を殺傷(病気も含む)し、必要以上に多くの他の生物を殺し、地球環境までをも悪化させてしまいます。

其の上に、丸ごと一人レベルでより近い人々をより重用する事等が重ねられると、

本来なら、不要で不当な格差や差別が生み出され易く成ってしまいます。

現実としては、人類誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群なのですから、

命の連続性も細胞レベルで捉える事が合理的に成り、

細胞レベルの命の連続性なら、自分に近い等、特定の人間だけに拘る事態にも陥り辛く成りますから、

実際に細胞レベルで命の連続性を辿るなら、其れが、他人も含む地球上の全ての生物に繋がっている事も、理解・把握し易く成ります。

自分と命の連続性が在る細胞群が、広義の自分、

自分個体の何十兆かの細胞群が、狭義の自分です。

丸ごと一人レベルの死生観・人生観等では、狭義の自分だけを自分としていますが、

自分の実態は、広義の自分である地球生命体細胞群の中の何十兆かの細胞群である狭義の自分に成ります」。

「其れでは、広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的は何でしょうか?」

「単細胞生物~多細胞生物~~~人類も含む多種多様な生物への地球生命体細胞群の進化の実態から判る事は、

姿形を変えながら、規模を大きくしながら、存続している事に、他なりません。

存続~永続こそが、広義の自分の根本的目的です」。

「では、人類の役割りとは何でしょう?」

「広義の自分の存続の為には、地球の外にも地球生命体細胞群の住処を拡充して行く必要性がある事が、解ります。

増大して来ている地球生命体細胞群の現実からも、

存続の為には、

時間経過による物理崩壊に十分に抗い続けられる状態に広義の自分の細胞群を維持~増大し続ける必要がある事が、解ります。

地球が無くなってしまったり、地球に住めなくなってしまったり、する場合の備えとしても、

地球生命体細胞群の宇宙への本格進出は必要に成ります。

其の役割りを実践出来るのは人類しかありません。

そして、広義の自分の宇宙への本格進出を可能にする高度な科学技術、物質文明製品群等を保持している状態でも、

其の自虐使用等を行わないで済む様にする為に、

人類の精神構造・精神文化を健常進歩・正常進化させる事も必要です。

人類も含む生命体細胞群の維持~健常成長の役に立つ事と共に、人類が行うべき仕事が其処に在ります」。

「自分の実体や其の実体の根本的目的の基本が理解・把握出来たなら、

其れだけでも、狭義の自分が抱えている分らないが故のストレスが相応に軽減されている筈です。

例えば、今、実際に、体験している死自体を恐れる必要性から解放されている人々も多い筈です。

誕生・死の実態把握が十分に出来ている様に成ると、

必然的に、死の胸部や、死後の世界への興味等は消失すると共に、

より、どう生きるべきか?等が重要に成って来ます。

此処で重要に成るのが、

広義の自分の根本的目的である広義の自分の存続~永続と

人類としての仕事です。

其れらに沿って、それぞれが、狭義の自分自らの能力や出来る事等との整合性を取って行くなら、

本質・快適を探究する人間集団による、世界平和の実現も、地球環境問題の解決も、可能に成ります。

未熟な精神構造が誘う、いじめ、虐待、犯罪行為等々の問題も、

精神構造の健常成長を可能にする情報・教育・環境の構築により、解消されて行く事に成ります。

丸ごと一人レベルの不当な差別は解消される反面で、

広義の自分の根本的目的や人類としての仕事等から整合性を取った

正当な善・悪に基づいた、狭義の自分に狭義の自分自らが科す事も含む、善悪差別が実践される様に成ります。

自己健常支配を継続しているなら心配する必要の無い悪差別が其処に在ります。

自己健常支配の肝は、

成人なら、自己支配を主とし、他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配は、遊び程度の副にする事です。

例えば、自己健常支配を継続しながら、

人類としての仕事を応分にこなし、

遊び程度に、

ドラマ・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画・スポーツ・ゲーム・ギャンブル等々の現実逃避受け皿産業等の精神文化製品等を利用した

投影・転嫁・同一視・比べっこゲーム等を、楽しむなら、

他の人間を利用した病的な比べっこ支配権/被支配権争い心理ゲームに成る、いじめ・虐待・犯罪行為等々の自虐行為に身を染め辛く成り、

健常状態が保ち易く成る事に成ります。

精神構造の未熟は健常成長により解消し、させ、

退行は遊び程度にする事で、

健常状態が維持し易く成ります」。

「乳幼児なら、比べっこによる他の者物事の支配/他の者・物・事による被支配の精神構造であって当然に成りますが

今時の成人なら、比べっこレベルを卒業して、本質・快適探究レベルの精神構造を身につけていて当然に成ります。

成人なら、他者支配や他者による被支配より自己健常支配が先に在って当然に成ります」。

「情報・教育・環境面での整備も非常に重要ですから、

現状で、情報・教育・環境面等の仕事をしている人々の仕事内容の健常化・正常化も非常に重要に成っています。

例えば、遊びの為のドラマ・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画・スポーツ・ゲーム・ギャンブル等々でも、

旧来から在る比べっこレベルの精神文化製品ばかりつくり出していないで、

本質・快適を探究する成人レベルの精神構造を元にした精神文化製品を創り出す事も、必要で重要な仕事の一つです。

殺傷ドラマも在っても良いけど、殺人欲動を殺すドラマも在るべきです。

例えば、

主人公が、

殺欲動は殺せる訳も無い!何故なら、其れは人間の存続の為に必要な事だからだ。人は誰でも他の生物を殺して食べる事で生きている。

しかし、殺人欲動は殺すべきだ!

何故なら、人の誕生・死も細胞ごとの実現象だから、ワザワザ殺さなくても、殺したい相手の中でも起こっている。

殺したいモノの実体は何か?!其れを探究して殺せば良い。等々の決め台詞を言う、

個々のケースごとにそれぞれの殺人欲動を殺して行くドラマ等や、

支配欲の権化の様な独裁者からの解放を全ての人々の自己健常支配により勝ち取る最後の独裁者等の映画等々、

人間社会の中で公然化されているべき精神構造・精神文化を基とした精神文化製品を沢山つくり、大いに発信する事等が、

人間社会の健常化の為にも、強く要求されています。

ニュースショー等でも、何時までも、旧態依然とした政治・社会運動等を行っているモノばかり・・・では、本当に情けない。

いじめの精神構造くらい情報配信し、個々の人々の精神構造の健常成長を促す事や、

其の番組成りにつくった{超ベーシック自分マニュアル}等々くらい、情報配信ているべきです」。

「令和の今日、人類として産まれているなら、

誰もが、自分の基本くらい十分に理解・把握して、

狭義の自分も、広義の自分も、

健常な状態を保てる様に、

力を加えながら人生を歩む事が必要に成っています」』。

『「教員免許試験等にも、{超ベーシック自分マニュアル}等の内容の理解・把握・実践度等が問われるモノを含ませるべき」だ』。

『「散々、問題とされている者たち等や其の管理責任者等の責任を

優等生ぶり、正義ぶり、追及し続けて来ている、

今時に必要な情報配信が十分に出来ていない、常連出演者等の

責任の取り方」は「どうなるのか?」も

「ある意味、見モノかも知れない」が

「其れよりも、今時必要な情報配信を意識的、かつ積極的に行う様に是正する事等が、より重要である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「即位礼正殿の義」等をダシに「視聴者左翼誘導政治運動」等を行っていた様相だったので本当に呆れた・・・。

『「招待された者では、沖縄の高校生を偏重」し「天皇制が多くの国民からの支持を得ている事については、戦争慰霊や天災見舞い等を偏重」し

「招待された外国要人では、韓国首相にスポットライトを当て、日韓関係を良く出来ない理由は、日本側のせいであるかの如き旨の論まで付け」、

「天皇制では、女性・女系天皇を喧伝」等々と

「偏向・偏重等やイメージによる誘導等テンコ盛り状態」の、

「常連出演者等による、公共の電波を使った、実質的、視聴者所謂、左翼(内実、親朝鮮等)政治運動等」は

「本当に、酷く、劣悪」で「呆れる」。

「所謂、左翼教師等の言う事等を良く覚え、所謂、左翼思想の上での、イメージや感情レベルでの共感を誘う詩を、

中学生時代に朗読した現高校生が招待された本当の理由」は

「所謂、左翼思想上等とは全く別の面での、日本国の実体や実状を知る事が出来易い機会にも成る皇室行事に参加してもらう事により、

所謂、左翼思想等に偏向していない日本国民として実感を持ち易い状態を得てもらいたかったからである可能性も大」なのに、

「現高校生が中学生時代に読んだ詩を未だに、偏重使用して、実質的には、所謂、左翼誘導政治運動等を行っていた様相だった」のだから、

「其の劣悪性は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当詩のイメージ上で多くの人々の共感を誘い易い、反戦・平和・武器をもっても平和に成らない旨等の{美辞麗句}は

武力面では先進諸国に敵わない後追い左翼国(旧東側)の情報・教育工作活動上では好んで使われる{美辞麗句}に他ならず、

本当の平和を実現させようとするなら、訴えるべきは別に在る事等は、

イメージ上での共感に操られない状態で冷静に少し考えるなら、特に、自由・民主主義圏の民なら、

其れこそ世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「いくら、反戦・平和・武器の無駄等々を訴えても、本当の平和が実現する訳も無く、むしろ武力増強等が加速する」のは

「例え、詩のイメージによる共感等により、先進諸国が武力増強の速度等を抑えても、後追い左翼国等が武力増強を止める訳も無いからで、

其の実態は、中国共産党支配下の中国や北朝鮮等の実状からも、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、良く判る事に他ならない」。

「例えば、日本の武力増強を緩める事が、実質的に利す事に成るのは、中国共産党支配下の中国や北朝鮮等に成る事」等を

「十分に理解・把握等している」なら

「該当詩を仕込んだ者等や該当詩等の本当の目的」等も「良く判る事に成る」。

「日本国民なら、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の操り人形状態から一刻も早く自らを解放する事が、

自虐を避ける有効な方法に成る」。

「其れなのに、常連出演者等は、上記の様な内容は言わず、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)ご用達の詩を絶賛状態だった」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「上記の様な内実が理解・把握等出来ていなかったなら、おバカ等に成り、

解っていて、本日の様な情報配信を行っていたなら、確信犯の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の情報工作員等の実態が露呈している事に成る」。

「どちらにしても、日本の公共の電波使用なのだから、是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「天皇制が多くの日本国民から支持されている」のは「極めて当たり前の事でもある」。

「其れは、数多くの他の国々の王室等と同様の理由がある」ばかりでは無く、

「其れこそ、日本が国としての同一性を持ち始めた当初から一貫して来ている重要な歴史文化でもあるから」だ。

「其の一貫性を成り立たせてきている重大な要素が男系天皇制であり象徴天皇制」に「他ならない」。

「天皇自体が大きな治世上で大きな実権を保持していた期間は、意外な程、短く、歴史上、実質的には、象徴天皇制だった時代が長い」のが

「日本の歴史の実態」だ。

「明治維新以降~終戦までも、形の上では、天皇に大きな実権が在る状態にされていた」が

「実際の治世上で大きな実権を保持していたのは天皇を担ぎ出す事により治世の実権を得た者たちや、其の後の政権交代で政権を取った者たち」だった。

「戦後は、形の上でも、象徴天皇制に成った」。

「歴史上では、世界中で男尊女卑状態が長く続いていたのが現実」で

「其の中で、天皇制が残れたのも、男系天皇制だったから」に「他ならない」。

「女系天皇もアリ」なら「時の政権保持者が天皇を嫁、もしくは、側室等にする事も容易」で

「そうされていた」なら

「天皇制自体が崩壊」し「時の政権保持者が王と成る、単なる、王制の様なモノに成っていた事に成る」。

「天皇制の長い歴史を直視する」なら「天皇制を維持する限り、男系天皇制にする事が、歴史上での整合性も取れる事に成る」から

「合理的に成る」。

「女性天皇はアリ」でも「女系天皇は無し」が「合理的に成る」。

「女系天皇を容認する」なら「例えば、北朝鮮金家が日本の女系天皇を側室にする事等も可能に成ってしまう」。

「女系天皇容認論者の中には、其の様な思惑を抱き続けている者たち等も、少なからず含まれている」。

「天皇が行っているお仕事」は「慰霊や慰問等だけでは無い」が

「慰霊や慰問で天皇や皇室の方々が頭を下げているところが大好き」なのも

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の特徴」だ。

「総理や政治家等が頭を下げたり、詫びたりするのも、大好き」で

「詫びの先が韓国・北朝鮮・中国共産党支配下の中国等なら、大喜び」というのが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の特徴」に「他ならない」。

「とても、普通の日本国民とは思えない感覚が其処に露呈している」が

「そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等が、受けてしまっている戦後日本の情報・教育等の元」等や

「そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等自身の本当の血統等を探究する」なら

「其の訳も、良く判る事に成る」。

「実質的には、日本が単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた韓国を助けた、日韓併合の実態もロクに知らないまま、

戦後火事場泥棒的に朝鮮半島内等の日本人の立場・資産・財産等を取り上げる事により国を始めた者たち等の言い分ダケを

偏重使用する」なら

「必然的に、日本に自虐を強いるのが当たり前状態に誘導されてしまい易い」。

「戦後日本の情報・教育では、日韓併合の実態情報等は実質的に、圧殺・黙殺状態だった」が

「所謂、韓国・北朝鮮金政権等の言い分は、其れこそ、大喧伝状態」だ。

「其の様な偏向・偏重状態の情報・教育等を鵜呑みにさせられると、マインドコントロール下に置かれ易く成る事等」は

「もはや、言うまでも無い事」だが

「戦後の日本国内では、学校教師の多くが、其のマインドコントロール状態下で教師の仕事???をする事が出来てしまって来ている」ばかりか、

「そんな学校教育を良く{覚えた}優等生である者たち等が、テレビ・ラジオ・マスコミ界等で重用されて来ている」。

「其の実態の一例」が「該当番組でも露呈している」のが「実態」だ。

「もっとも、常連出演者の一部等は、

戦後日本の情報・教育等によるマインドコントロール状態というよりは、血統的に朝鮮系なのでは・・・等と、

感じたり、思えたり、してしまっている場合も多いが・・・」。

「天皇制」は

「天皇や皇室の方々の真摯な象徴天皇制・皇室としてのお仕事ぶり」からも

「日本が国としての同一性を持ち始めた頃からの長い歴史」からも

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)思想等に毒されていない多くの日本国民には、必然的に支持されている」のが

「実態」だ。

「筆者は、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)では無い、革新派・進歩派の一人と自負している(分らない方は、他の記事をご参照ください)」が

「人間世界自体が新世界時代を迎える時に成るまで、

個々の国々が個々の国々として存在している限り、

日本には天皇制が在って然るべき」と「思っている」。

「其れと共に、新世界への軟着陸を実現させる為」にも

「多くの個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報・教育等を

意識的、かつ積極的に行うべき」と「思っている」。

「反戦・平和・武器無くせ!等々をいくら訴えても本当の平和が実現出来る訳も無い」が

「個々の人間の精神構造と人間社会の精神文化が健常進歩・正常進化する」なら

「世界平和が当たり前に実現する事に成る」。

「何故なら、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆かの細胞群(狭義の自分)であり、其の細胞の命の連続性は地球上の全ての生物に繋がっている(広義の自分が其処に在る)から」だ。

「そして、広義の自分の根本的目的が存続~永続である事」は

「単細胞生物~多細胞生物~多種多様な生物の実質的、共存状態へと進歩・進化して来ていた、

地球生命体細胞群の歴史を振り返るなら、誰もが解る事に成る」。

「地球上がいっぱいに成る前に、宇宙への本格進出が求められている」のが「地球生命体細胞群の実態」だ。

「人類として行うべき仕事」は「上記を紐解くなら、誰もが分る事」に「成る」。

「其処に人間同士の殺し合い比べっこ等も他の地球生命細胞群を大きく犠牲にした経済比べっこも無い」。

「其の様な、自分の実体や其の実体の根本的目的さえ良く理解・把握出来ていないストレスは絶大だった」から

「其処から逃れる為に、古の人間たちは、先ず、自らの意識だけの上で、周りを見て比べっこを行った」。

「比べっこで結果を出す時」に「究極的に意識上の納得を充足させ易い方法」が

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いだった」から

「必然的に、長い間、人類の歴史は戦争の歴史に成っていた」。

「物質文明側の産業革命により、武器も急速に進歩・進化し、原爆までもが製造~使用されてしまった」のが

「第二次世界大戦終戦までもの人類の近代史」で

「核兵器の実用と保有は、多くの国家指導者等も含む人類に、新たな世界大戦を諦めさせるに十分なインパクトをもたらした」。

「結果、第二次世界大戦以降は、戦争は、地域戦争レベルに抑えられ続け、

武力は後ろ盾にされ、経済による比べっこ支配権/被支配権争いが人間社会の主流精神文化に成っている」。

「武力による命がけの比べっこが抑えられた結果、人間同士が直接大々的に殺し合う事は減った」が

「経済による比べっこでは、他の地球生命体細胞群(広義の自分)が、遠慮無く大量に殺されている」。

「戦争反対!」だけでは「自虐は止まらない」。

「戦争反対!」は「戦争が行われようとしていた時や戦争を行ってしまっている時にこそ必要な訴えに他ならない」。

「其れを、今に置き換えるなら、経済戦争反対!等に成り、

より実効のある訴えをするなら、個々の人間の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化(戦争も経済戦争も此処に含まれる)を

健常進歩・正常進化させよう!!等に成る」。

「多くの人間の精神構造が健常進歩・正常進化し、人間社会の精神構造も健常進歩・正常進化する」なら

「自虐的武器も、経済比べっこも、天皇制や王制等々も、深い国境線等も、要らなく成る」が

「其れまでは、天皇制を維持する事」が「合理的に成る」。

「日韓関係」では「国と国との約束さえ守れない、守らない政権等との対話等では、

そんな相手の要求を呑むか?呑まないか?等にしか成り得ず、日本に自虐状態が強いられ易く成ってしまう」のに、

「其の旨等さえ言わない」のが「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の酷く劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「フェアでは無い情報配信」等をしている常連出演者等が「ご用達フェア論」等を喧伝していたが・・・。

『「フェアプレイ」とは「自己健常支配」であり「勝ち・負け」は「他者支配・他者による被支配」に「他ならない」。

「日頃から、ご用達政治・社会問題等をダシに、多くの視聴者の頭の中をイメージ等により支配しようとする言動実態」等を

「露呈し続けて来ている、フェアでは無い常連出演者等」が

「この当たり前で分り易い、精神構造上・精神文化上の区別を言わない、云えない」のは

「常連出演者等自身がフェアな情報配信を常、もしくは、主としていないばかりか、イメージ等による他者支配を行い続けて来ているから」と

「強く推定出来る」。

「そんな常連出演者等の、ご用達フェア論」等に

「公共の電波を使って、一方的、かつ、大々的に情報配信する価値があるのか?」は

「もはや、論を待たない事」だろう。

「フェア論を喧伝等する事により、多くの視聴者の頭の中に常連出演者等がフェアなイメージを抱かせる事が出来れば勝ち!」等の

「醜悪で劣悪な、他者支配の思惑」が「其処に露呈している」。

「上記の精神構造・精神文化の実態を見抜いていたり」、

「現政権等に対しては、怒り等を通り越して哀れ・・・等の旨まで公共の電波上で喧伝等している者も居た、

常連出演者等自身の言動実態こそが、正に、哀れ・・・等」と

「感じたり、思ったり、した視聴者の数も多かった筈」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「台風被害」でも

「避難所に拒否されたホームレス」という「大衆興味を引き付けやすい問題を喧伝する事」等により、

「視聴者の頭の中」で、

「雨台風を風台風であるかの如く大喧伝等していたテレビ等の罪や

公共事業に悪イメージをもたせたり、脱ダムに良イメージをもたせたり、コンクリートから人へ!に良イメージをもたせたり、等々する事による、

民主党政権への政権交代に対する、テレビ・ラジオ・マスコミ等による力添えの罪」等々を

「出来る限り、思い出したり、考えさせたり、しなくする、フェアでは無い情報配信」を

「行っていた」のだから

「本当に、呆れる」。

「常連出演者等交代、もしくは、番組入れ替え、等々に相応しい{罪}が其処に露呈している」が

「選挙も無いから民意反映等も不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共レベルのマスコミ界や学校教育界等々では、

未だに、反対野党等人脈の者たち等の与党状態が続けられている」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「地球温暖化による悪現象」は「日本でもより顕在化し易く成っている」が

「地球温暖化自体は、かなり前から判っていた事に他ならない」。

「其れに対する根本的解決法」は

「個々の人間たちの精神構造を健常進歩・正常進化させる事により、

其の集大成である人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる事に他ならない」が

「其の為の重要な仕事をすべき、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や所謂、文系の学校教育等が、未だに、天動説状態なのだから、本当に呆れる」。

「天動説状態の情報・教育等に毒される」と

「人間は、何でも、自分の意識ダケを中心に、自分の身の回りの者・物・事等を重用して、考え・思い・判断し、行動等する様に成り易い」。

「今回の台風による河川の氾濫の問題にしても、

大雨に対する特別警戒情報が解除され、自分の身の回りの雨が小降りに成る」と

「とりあえずは、安心して、外に出たりする行動等も、起こし易く成る」。

「自分の意識ダケを偏重しがちに成り辛くも成る、地動説状態の情報・教育等を十分に享受出来ていた」なら

「目の前に現れた現象が、大雨に対する特別警報解除であり、小雨であっても、

大雨が上流の山々の方でも大量に降っていたのだから、下流の河川が氾濫し易く成るのが当然で、

浸水や橋・堤防等の決壊等の可能性も高い等と考え・思い、

其の様な事態が起こってしまった場合に、安全を確保する為の行動等を起こし易く成る」。

「命を守る分岐点」は「天動説状態か?地動説状態か?」にも「あった事に成る」のだから、

「恋々脈々と、天動説状態の情報・教育等を行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や所謂、文系の学校教育等の罪」は

「かなり重い事に成る」。

「其の責任」からも

「交代や入れ替え等が必需である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「今後も、温暖化による悪現象の顕在化は続く事に成る」。

「台風問題」なら

「台風レベルでは、風の抜け良いが故に、風も弱まり辛く、風による被害が出易く成る、が、

雨の影響は海が違いが故に、がけ崩れ・土砂崩れ等の問題を覗いて、比較的、出にくく成る、半島」と

「山々が在り、風が押さえられ易く成るので、風の影響は抑えられ易くなる、が

膿が遠いので、雨の抜けが悪く成り易く、雨の影響を受け易く成る、内陸」の「違い」と

「温暖化による、エネルギー・海水の蒸発量増加による風力・雨量の増加」等は

「前もって、意識し、合理的な対策を取るべき」だ。

「温暖化前なら100年に一度でも、温暖化している現状では、毎年に成ってしまう悪現象は稀では無い」。

「コンクリートから人へ!」で「多くの土建企業等が潰された」が

「公共事業の全てが悪では無い」のだから

「地下貯水施設が在ったが故に、大氾濫も防げていた可能性も高い東京や、

ダム整備を行っていたが故に、決壊が無かった群馬県の実例」等からも、

「短期で解消される訳の無い温暖化による悪影響への対策は、積極的に行っておくべき」だ。

「インフラ整備等が具現化する前」は「個々や地域による自主防衛を主とせざるを得ない」。

「地震だけでは無く、雨・風にも強い、個々の家々や地域の構築が急務に成る」。

「例えば、

耐震補強同様に、風・氾濫補強を施し(地域実態状況や個々の経済状態に応じた、其の為の補助金等は大いにアリに成る)、

家電等の多いリビングやダイニング等を二階にし、浸水時には、二階に避難していたりするなら、

かなり被害を抑える事が可能になる」が

「日常の使い勝手は、相応に、悪く成ってしまう事になる」。

「ここで、安全を取るか?日常の使い勝手を取るか?の判断が重要に成る」が

「温暖化による悪影響の顕在化が続く限り、取るべきは安全」であって「何の不思議も無い事に成る」。

「温暖化の大きな原因の一つは、中国共産党支配下の中国も在る」のだから

「中国等経済依存で温暖化悪影響対策抜き」では「温暖化による悪現象が顕在化した時の犠牲者への特急券に成ってしまう」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝スーパーJチャンネル、「{やらせ}問題トカゲの尻尾切り」でも司会者等がフェアを強調とは・・・。

『「公共の電波を使っている仕事なのに、選挙も無いから、簡単には排除、交代等もさせられる事が無い、テレビ常連出演者等や司会者等」は

「其の立場利権の上で、強気なまま・・・」だ。

「日頃から、実質的には、イメージによる視聴者誘導等を盛んに行い続けている者たち等が、フェアを言い、

自らの番組の{やらせ}問題等に対しては、トカゲの尻尾切り」では

「実質的には、責任取らない責任者による下請けいじめみたいなモノ」で

「其の様な実態情報が公共の電波を使って一方的かつ大々的に配信された事による悪影響」は

「決して小さく無く、

其の情報にお墨付きを得た者たち等による、下いじめ等が、

より発生し易く成る空気を世間に蔓延させていた様な事」に「成っている」のだから

「日頃から、企業幹部や政治家等々の責任追及に熱心なテレビ常連出演者等や司会者等こそ、率先して辞職等するべきなのでは」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「其処に露呈しているのは、フェアでは断じて無い」のに

「フェアを強調して言っていた厚顔無恥ぶりの醜悪さの悪影響も甚大に成る」。

「自国民を公開処刑してもフェアを堂々と言うのが、何処かの国の独裁者等」なら

「他では、上に責任を取れ!の旨大喧伝し続けて来ている司会者・常連出演者等が責任を取らずにフェアを堂々と言っているのが、

戦後日本の酷く、劣悪で醜悪な、テレビ界等の実態に成る」。

「フェアを言う」なら

「他のとかげの尻尾切りは、自分たち等と同様!」等を「大喧伝」等したり、

「自らも潔く、上から辞めるべき」だ。

「当たり前の事」が「其処に在る」』。

『「後輩教師に対する暴行や器物損壊等を、いじめとして扱い、問題教師たちの名も顔写真も報道していない」のに、

「大衆興味を引き付け易い、一般市民の微罪では、顔出し、名出し」を「当たり前の様に行っている」のが

「自らフェアを強調したテレビ番組も含む、多くのテレビニュース等番組の実態」だ。

「そんなテレビ番組の実権者等と名出し顔出しされていない教師等」は「同じ政党の支持者なんじゃないの・・・」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者の数も多い筈」だ。

「仲間に甘く、仲間では無い者たち等には厳しい、差別対応の様相」が「其処にも露呈している」。

「犯罪実態通りに、外国人・日本人問わず、犯罪の悪質性通りに原寸大報道していない事」も

「仲間には、甘く・・・故の実態」と「強く推定出来る」。

「因みに、民主党政権への政権交代劇が起きた時」には

「多くの在日韓国人・朝鮮人等も民主党の大応援状態だった」。

「旧社会党が北朝鮮労働党と友党関係を結んでいた事」や「旧社会党から多くの議員等が民主党に行った事」等は「有名な話し」だ。

「其の流れは、立憲民主党にも色濃く流れている」。

「名出し、顔出し抜き」では

「公共の電波上で、常連出演者等が、

どんなに、正義ぶり、優等生ぶり、批判・非難等したところで、

該当問題教師等にとっては、大して痛くも無い」が

「微罪なのに、公共の電波上で、顔出し、名出しされて来ている一般市民の多く」は

「常連出演者等による、批判・非難等抜きでも、大きな影響を受けざるを得ない状態に追いやられている」。

「其処に露呈している」のは「公共の電波を使った一般市民いじめ」等の「実態に成る」が

「そんな事を平然と行えている者たち等だからか、{同じ}いじめ(実際は、犯罪)仲間に対しては、大甘状態なのだろう」と

「強く推定出来る」。

「因みに、

在日朝鮮人等の中には、

日本国内で、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手法を使った、

電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々の、非人道的なスパイ・工作活動等を行ったり、

操り易い日本国民等を操って行わせていたり、する、

日本人(戦後産まれの一般市民も含む)いじめ(実際は、暴行・時間をかけた殺傷等の犯罪)等を

行い続けている者たち等も居る」。

「其の様な者たち等に対しても、お仲間だからか、大甘状態で、告発等しない、ばかりか、

むしろ、戦後日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等の重大問題を圧殺・黙殺し続けて来ている」のが

「戦後日本の酷く、劣悪な、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「戦後日本の学校教育」では

「理系でも文系でも、覚え比べっこ状態」だ。

「自らの精神構造が比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長しようとしている内に、

覚え比べっこを強いられ続けている生徒たちが、自らの内で、刻々とストレスを増大させていない訳も無い」。

「更に、自己健常支配さえもロクに教えられていない状態が重なっている」のだから

「刻々とストレスを増大させ続けている生徒たちの多くが、他への八つ当たりによる発散を行う様に成ってしまう」のは

「ある意味、極めて当然の現象でもある」。

「比較的ストレスが軽く成り易い」のは「覚えっこが得意な者たち」で

「其れらの者たちは、往々にして、優等生と成り、所謂、良い学校に進学して行く事に成り、

社会に出る時にも、所謂、一流企業や鋼管町等の幹部入口等に進め易く成っている」。

「テレビ・マスコミ等の幹部等も其の流れの先で生まれている場合が多く、

重用されている常連出演者・常筆等とは、

そんなテレビ・マスコミ等の幹部の都合に沿う者たち等」に「他ならない」。

「今回の問題教師等の実態から露呈している事」は

「覚え強いの果てに、教師に成れたレベルの者たちの中には、

問題実態の様な酷い、非人道的な、実質的、八つ当たり行為等を平然と行えてしまう者たち等も

実際に、居る事」に「他ならず」、

「生徒同士のいじめ(八つ当たり)問題も含む、この手の問題の解決法」は

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の健常成長の邪魔をせず、健常成長の助けをする事」と

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という自己健常支配欲の代償欲求を過剰にさせない為にも、

自己健常支配の継続による支配欲の本来欲求の充足を習得させる事」等に「成る」。

「覚え強いの前に、学校で教えるべき事」が「其処に在る」。

「其れを教えられている教師等、其れが教えられる事を前提にした教員免許」等なら

「今回の様な問題が引き起こされる訳も無い」。

「現状までは、余りにも、旧態依然とした学校教師界既得権益状態の先で生まれている教師資格等」だから

「覚え比べっこ強いによる有名校進学者量産こそが、優秀な教師の証とばかりに、

生徒の精神構造の健常成長を平然と阻害する、重大な人権侵害を行ってしまっている、

劣悪状態の教師等が蔓延れてしまっている」のが「実態」だ。

「学校教育界の実権者人脈も含めた正常化・健常化」も「本当に急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「超大型雨台風の被害」は予測出来ていなかったのだろうか??・・・。

『「風の被害予測」は「例えば、気象衛星からの超高精度気圧レーダー等による観測が無ければ困難に成る」が「雨の被害予測」は

「現状でも可能な筈」だ。

「雨水が行く地域への経時別積算雨量予測とそれぞれの地域の保水力や堤防・水門・下水道管等々河川・雨水管理設備の実態」から

「被害予測を計算する事等」は「出来ていて、何の不思議も無い」。

「広大な地域への雨が台風による雨雲の移動が始まってから終わるまで観測予測可能な強弱の様に続く事による積算雨量の経時変化」と

「かなり正確とも言われている、ハザードマップ」を「重ねる」なら

「かなり正確な被害予測も可能と推定出来る」し

「実際に、其の予測の結果等も分っていた者等も居たのでは?」と「推定出来る」。

「其れなのに、テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「雨台風による被害予測等は何処へやら、

この前の台風の千葉への風による被害の酷さ等も引用したりして、{風台風が怖いイメージ}での大喧伝が行われた」。

「何故か?」

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者等が

被害予測実態も知らないで、或いは、被害予測自体が無く、

前の台風の甚大なる風被害から今回も同様等と、

酷く、安直でいい加減な情報配信をしたが故」か

「被害予測自体は在り、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者等も知っていたが、

其れをそのまま伝えると、パニックを引き起こす可能性がある!等と

まるで、在日外国人等の犯罪実態をそのまま伝えると国際問題になるから、とか、差別やヘイトに直結するから、等々と

{言い訳}を付ける事で、

実態を圧殺・黙殺等するかの如きやり方を選択した」のかに「成る」と

「強く推定出来る」。

「後者の場合」なら

「パニックに成る等{言い訳}で、

被害予測情報を得ていたなら助かっていたかも知れない人々を

圧殺・圧傷等せしめた事に成り、かなり悪質度が高い事に成る」。

「日本人ヘイトが強く、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な非自動的なスパイ・工作活動(戦後産まれの一般市民日本人も含む粛清工作も含む)等を

行っていたり、行わせていたり、圧殺・黙殺させ続けていたり、・・・等々している者たち等の感や思い」なら

「とても合理的に成る実態が其処に露呈している」。

「雨による被害が大きくなる事」は「予測出来ていなかったのだろうか???」

「風による被害が、半島では無く、内陸でも、先の台風の千葉の被害の如く酷く成ると、本気で考え・思っていたのだろうか???」

「出て来ている結果」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による風の恐さを強調した被害予測・被害予防等情報配信内容とはかなり違う、

超大型雨台風による甚大な被害」だ。

「今頃に成ってから、ハザードマップを見ていなかった被害者等にも過失があるかの如き論調」を、

「テレビ情報配信実態自体に対する免罪符にしようとしている様相の番組まで在る」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「選挙も無いから、実権者等人脈の交代も不十分、民意反映も不十分な、醜い実態の氷山の一角」が

「其処にも露呈している」。

「今時の情報配信」なら

「民度を上げる為の情報配信を行う」と「共」に

「実体や事実・現実通りの原寸大情報配信が主流である事が適切に成る」。

「天災関連なら、観測+ハザードマップ等併用予測を遠慮無く情報配信するべき」だ。

「パニック等を心配する前に、民度を上げる為に有益になる情報配信をしているべき」だ。

「事件・事故・社会問題等も、実体や事実・現実通り原寸大で情報配信するべき」だ。

「外国人差別等を心配する前」に

「善悪差別をちゃんと行い、間違いの無い善悪差別が出来る民度を身に付ける為に有益になる情報配信を行っているべき」だ。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者や常筆」等が、

「保身より前に、自省し自浄すべきである事」等は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「未だに、日本国内で連綿と大々的に行われ続けて来ている非人道的な集団スパイ・工作活動等さえも大々的に告発していない事」は

「本当に異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「集団スパイ・工作活動等を黙殺・圧殺等せしめさせる為の情報工作機関・情報工作員等の実態に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

散々「コンクリートから人へ!」や「脱ダム!」や「公共事業悪扱い」等々を大喧伝等して来ていたばかりか「雨台風を風台風の如く大喧伝」等した{政権交代無き}常連出演者等の罪と与えられるべき罰・・・。

『「コンクリートから人へ!」とは「民主党政権時に実行され、多くの土建企業等を潰し、日本を細らせる事にも大きな実効が有った、悪政策の一つ」だった。

「公共事業も{悪扱い}して、其れも細らせる事に熱心だった民主党政権等の悪の実効」は

「東日本大震災からの復興」にも「悪政策実行後の防災・治水対策にも及んでいるのが実態」で

「民主党政権への悪戯な政権交代が無かった」なら

「今回の台風による大被害もかなり違っていたのでは・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数は、かなり多い筈」だが、

「其の辺りは実質的に、全く喧伝等していない」のが

「民主党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者等の実態」だ。

「{政権交代}無き常連出演者界の大悪態が其処に露呈している」。

「他の問題では、大臣等に対しても、大企業経営者等に対しても、{責任とれ!!!辞めろ!}等の旨、大喧伝し続けて来ている、

自らは責任も取らず、辞めもしない、常連出演者等の大悪態が其処に露呈している」。

「正解同様、ある程度以上は、民意反映が在って然るべき、公共の電波使用の仕事や、公共レベルのマスコミ等の仕事」なのに

「選挙も無いから、実権者等人脈の交代も無い、異常な状態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何か問題が露呈すると、政財界等の実権者等には、責任とれ!!!辞めろ!等の旨、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等の上で、大喧伝等し続けて来ている、自らは、責任とらない、辞めもしない、常連出演者・常筆等の

大悪態の公然化は、其の様な辞めさせられない立場を得たら勝ち!でしょ!!!の公然化と同様で、

其の実体は、北朝鮮金政権等のプチ版みたいなモノに成る」。

「実に、醜悪で劣悪な実態が其処に露呈している」が「そんなモノが、公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って、実質的に、公然化されている」のが

「現状までの戦後日本の情報界の酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が大推奨していた脱ダム政策等が実行されていなかった」なら

「千曲川の氾濫も変わっていた可能性が大きい」。

「砂防ダム等による山の保水効果により、タイムラグが生まれる事により、時間が稼げた分だけ、氾濫の酷さも抑えられていた事」等が

「推定出来る」。

「砂防ダム等をつくる公共土木事業が異常なまでに細らせられていなかったなら、

其の地域の土建企業等も存続可能状態で、今も在った可能性も決して小さく無い」ばかりか、

「企業と仕事が在る事は、其の地域での生活や結婚~子育て等々も可能にする事に直結している部分もある」ので

「過疎化や少子高齢化や都市部集中を抑える効果もあった筈」だ。

「今回の氾濫で大被害を受けてしまった多くの人々と家々や、

北陸新幹線の車両基地等の水没も避けられていた可能性も小さく無い筈」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者・常筆等による、実質的、社会運動による大衆誘導の悪の実効」が

「生まれ、其の悪の路線を具現化する為のご用達政治運動による、大衆誘導の結果、誕生した」のが

「民主党政権」等の「実態」に「成る」。

「其の悪の実効に対する責任が、

其れらを導いていた常連出演者や常筆等や常連出演者や常筆等を重用し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等に

無い訳が無い」。

「他の者たちに、責任とれ!!!辞めろ!等々の旨、公共の電波上や公共レベルのマスコミ等の上で大喧伝等する前」に

「{悪事}を行い続けて来ている常連出演者・常筆等々こそが、責任を取り、取らされ、辞める、辞めさせられる、べき」だ。

「未だに、高見の見物的に、被害状況等について、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、優等生ぶり喧伝等し、

多くの視聴者からの共感を得る事等により自らの利権を維持~増大等しようとしている様」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「酷い常連出演者等」は「日本の人口が半減する事を前提にしてアレコレ喧伝等していた」が

「はっきり言えば、日本の中の非人道的なスパイ・工作活動等を徹底排除する」なら

「必然的に、少子高齢化も是正される状態に成る」から

「人口も増える事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を圧殺・黙殺等させ続ける事を前提にしているから、人口半減を前提と出来てしまっている」と

「強く推定出来る実態が其処に露呈している」。

「公共事業や企業存続等は細らせ、社会保障等には熱心」で、

「円高・株安も実質的に、容認」し

「格差是正をするなら、最低賃金を上げさせる等の手段で、企業を不利にし、国際競争力を削ぐ事で、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を相対的に有利にしようとしていた」のが

「民主党政権の実態」だった。

「総じて、日本を細らせる反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮等も含む)等を太らせる事等が得意だった」のが

「民主党政権の実態」だった。

「日本を細らせる部分には、天災対策等も含まれていた実態が、今回の件からも、露呈している」。

「其れでも、今でも尚、多くのテレビ・ラジオ常連出演者等やマスコミ常筆等が、

政権交代を目指す民主党の再結集等を、実質的に賛美・応援等している状態が露呈している」が

「其処に露呈しているのは、北朝鮮労働党等とのオトモダチも含まれている人脈の問題」に「他ならない」。

「将来的な更なる被害防止の為にも、少子高齢化是正の為にも」、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本の現状までの情報・教育の中で人生を送り続けて来ている多くの人々」は

「必然的に、丸ごと一人レベルの比べっこ主義・天動説状態の精神構造(自己制御ロジック)を仕込まれてしまっている事に成る」。

「其の様な精神構造状態の人々にとって」は

「目先の者・物・事の理解把握が容易」で

「目先の者・物・事に対する上辺の美辞麗句等が好都合に成る」。

「コンクリートから人へ!」の「美辞麗句」も

「其の一例」に「他ならない」。

「地動説的に考える」なら

「人類誰もの自分の実体である広義の自分=地球生命体細胞群の根本的目的である存続との整合性」から

「者・物・事を理解・把握・認識し、判断等する事」が「合理的に成る」。

「地球生命体細胞群の中の人類の役割り」は

「人類自らの、他の地球生命体細胞群とのバランスと適材適所状態等を取った、快適存続はもちろん、

地球生命体細胞群の存続の為に宇宙への本格進出を可能にする事であり、

其の為に実用する事に成る高度な科学技術や物質文明製品等の自虐使用等を控え続ける事に成る」。

「人類の実行動の過去の歴史」を「精神構造・精神文化面から検証する」なら

「武力を使った丸ごと一人レベルの命がけの比べっこ支配権/被支配権争いの時代が長く続き、

其れが世界大戦レベルにまで至り、二度もの世界大戦を行ってしまったばかりか、

物質文明側を急速に進歩・進化させる事により、核兵器まで開発~製造~実用出来てしまった後は、

武力を直接大々的に使う比べっこの限界を否応無しに認知せざるを得なく成ったので、

武力は後ろ盾に引っ込め、経済による比べっこ支配権/被支配権争いに興じて来ていて、

其れは、もはや、経済世界大戦レベルに成っているが、

其の犠牲として、経済圧殺や地球環境問題が生まれ、どんどん其れが増大して来ている」。

「経済世界大戦を行い続けている限り、経済圧殺も地球環境問題も解消し得無い事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「比べっこである限り、優先されるのは、先ずは、他に勝つ事、他に負けない事に成る」ので

「負け組対処や地球環境等は後回しにされ続ける」。

「地球環境問題の早急な解決が困難」なら

「温暖化や気候変動等を前提に、自然災害対策等も行うのが合理的に成る」ので

「其の為の公共事業等は必要な事に成る」。

「必要な自然災害対策等を行いながら、精神構造・精神文化を健常進歩・正常進化させる事も行う事」が

「極めて重要に成っている今日、未だに、天動説的左翼等への大衆誘導等を行い続けている常連出演者・常筆等」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「そんな事を行っている暇がある」なら

「多くの視聴者・読者等の精神構造を地動説化する、させるのに有益になる情報配信でもするべき」だ。

「生きている人間なら世界中の何処の誰でもが今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群=狭義の自分であり、

其の命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている=広義の自分、そして、広義の自分の根本的目的は存続である、という、

人類誰もの実体情報を配信するのも有益に成る」。

「多くの個々の人間たち=狭義の自分の精神構造(自己制御ロジック)が健常進歩・正常進化する」なら

「其の集大成である人間社会の精神文化も必然的に健常進歩・正常進化する事に成る」。

「比べっこ」から「本質・快適探究」への「健常進歩・正常進化」を「実現させる事」でのみ

「人間社会問題も地球環境問題も、其の解決が本当に可能に成る」。

「比べっこのまま」なら「人類滅亡、或いは、この世(=現状の人間社会・経済システム)の終わりの時」が「急速に近づいて来る事に成る」が

「人る滅亡よりはマシな、この世の終わりが来てしまっても、

どう新世界を構築するのかが???では、人類滅亡に至ってしまう事に成る」のだから

「今の内から、多くの人間たちが自らの精神構造を、天動説レベルから地動説レベルへと、健常進歩・正常進化させておく事には、大きな意義が在る事に成る」。

「其の為の仕事をしていない情報・教育界の者たち等」は「明らかに、役者不足」だ。

「是正、もしくは交代」が「必需である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「常連出演者等が常連出演ゲイノウ人もしくは血統家族特待生等をダシに嫌われない方法等を模索していたり」等していたらしいが・・。

『「テレ朝に限らず、公共の電波を使った実質的、ご用達政治運動・社会運動の為の大衆誘導等を行おうとしている常連出演者等が嫌われる」のは

「極めて当たり前の事」に「成る」。

「逆に、政治運動・社会運動等無縁で、視聴者等の現実逃避の受け皿役の見世モノに徹している常連出演者等」は

「現状では、多くの視聴者等から好感が得られ易く成っている」。

「其処に在るのは、視聴者自身の支配を常連出演者等が行おうと無理しているか?否か?の違いでもある」。

「常連出演者等の考え・思い等に共感を抱かせ、多くの視聴者等を実質的に誘導しようとする、政治運動・社会運動等の場合」は

「常連出演者等の支配下に多くの視聴者等を置こうとしている」から

「個々の人間自身による自己支配が十分に可能に成っている、自由・民主主義圏の人間社会との整合性が悪い」。

「所謂、社会・共産圏では当たり前の情報・教育界の民衆指導者の様な事を行っていても、

多くの視聴者にとっては{邪魔}に成るから、嫌われるのも当然に成る」。

「現実逃避の受け皿役の見世モノに徹している常連出演者等の場合は、

視聴者自身の自己支配を邪魔しない、ばかりか、場合によっては、日常のストレス等からの現実逃避の受け皿として、{有効活用}も出来る」ので

「有り難がられたり、好かれたりもする」。

「自己支配の邪魔をしていない分ダケ、自己支配は狭義の自分に大きく委ねられている要素も濃い自由・民主主義圏の人間たちにも、

好かれ易い{本質}が其処に在る」。

「もちろん、そんな見世モノ役に徹している常連出演者等でも万人に好かれる訳も無い」。

「計算された騒動売りと同様の計算された毒舌売り等のズル賢さや、

徹底した厚顔無恥的なずうずうしさや、

血統家族特待状態故に散々有名人化し存分に稼いだ後に相続放棄等の後出しジャンケンのズル状態等が

気に入らない視聴者も少なからず居るのが当然に成る」が

「元々が、現実逃避の受け皿としての見世モノ役」なので

「大衆支配とも無縁なので、好かれていようが、嫌われていようが、大勢に影響が無い」。

「政治運動・社会運動等の為の実質的、大衆誘導等を行っている常連出演者等の場合」は

「其の事自体が、他者支配を具現化している事に他ならず、

他者支配を行おうとしている者等を認める事=その分だけ自己支配が阻害される事に成る」ので

「自己支配権という実質的、人権の阻害が、多くの自由・民主主義圏の人々から嫌われるのが当たり前に成る」。

「まるで、北朝鮮金政権等の手下、情報工作員やその協力者等の様相を露呈し続けて来ている戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の

常連出演者等や常筆等は多数居る」が

「例えば、

中国共産党が覇権を取るとか、

東西冷戦で勝ったと言われている西側のシステムもそれ程良いモノでは無いから東側のシステムにも復権の兆しが見える等の

旨を喧伝等し、

多くの視聴者・読者等に中国共産党や北朝鮮金政権等に対する容認感・共感等を抱かせようとし続けている者たち等の実体」は

「自己健常支配の代わりに、他者支配・他者による被支配を是としている、

中国共産党や北朝鮮金政権等と同じ、実質的、精神病状態の者たち等である実態が露呈している」。

「自覚が有るなら、とても恥ずかしくて、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上では、露呈させ辛い実態が其処に在る」が

「自覚が有るなら、神経症レベルで、往々にして、堂々と、或いは、厚顔無恥状態で、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、

其の様な実態を露呈させ続ける事など出来ない」から

「其処に露呈しているのは、自覚無き、精神病レベルの重篤な{患者}たち等に成る」。

「是正、もしくは、治療が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法、或いは、治療法等の基本は、既に、はっきりしている」。

「自己健常支配を存分に行う事により、支配欲の本来欲求をちゃんと充足させ続ければ良い」。

「そうするなら、必然的に、過剰な他者支配欲や他者による被支配欲は解消して行く事に成る」ので

「言動実体等も健常なモノに是正されて当然に成る」。

「所謂、東側の社会・共産主義等は、本当の社会・共産主義では無く、其の実態は、独裁政権下の支配に成っている現実」等からも、

「学ぶべき事」は

「本当の社会・共産主義等は、他者支配・他者による被支配の下に在るのでは無く、自己健常支配の集大成の先に在る事」等に「成る」。

「戦後日本のウルトラおバカ文系情報・教育等に毒されると、上記の当たり前の現実さえも???状態にされてしまう場合も多い」が

「所謂、東側ご用達のウルトラおバカ文系情報・教育等に毒されていない」なら

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る現実が其処に在る」。

「上記の様な内容の話しも出来ない状態で、

自由・民主主義圏の国の中で、

政治・社会的に、所謂、東側、或いは、左翼等に、視聴者・読者・生徒等を誘導すべく、実質的、マインドコントロールや大衆誘導等を

行い続けて来ている者たち等が、自由・民主主義圏の多くの人間たちから嫌われるのは、極めて当たり前の事に成る」。

「自由・民主主義圏の民が、中国共産党や北朝鮮金政権等の支配下の民に成る事は、

進歩でも前進でも無く、退化であり後退を強いられている事に他ならない」。

「退化や後退等を強いたり、推奨したり、している者たち等が、好かれる訳も無く、嫌われるのが当たり前に成る」。

「上辺でどんなに好かれ易いルックスやスタイルや言動等々を身に付けて、実質的には、大衆を騙そうとしても、結局は見抜かれる事に成り、

情報の自由が進めば進む程、見抜かれ易く成る」。

「好かれたいなら、本質から、好かれて当たり前の状態を築く事が合理的に成る」。

「戦後日本のウルトラおバカ文系情報・教育等を良く{覚えている}優等生等なら、

優等生自らの自己承認欲求の本来欲求健常充足の為にも、

過去の学歴担保や優等生扱いの経歴等々の上辺を利用し続けて、他の者・物・事等からお墨付きを取る事等により、

自己承認欲求の代償欲求を充足しようとする愚行、或いは、病態を、直ちに、是正、或いは、治療し、

{覚えた}実体との整合性が悪い{天動説}等から早々に離れ、

実体との整合性が高い{地動説}を実用する事」等により

「自己健常支配度を高め続けるべき」だ。

「悪に都合が良い、現状文系優等生の座に甘んじている、甘んじようとしている内」は

「其の実態は、優等生では無く、悪の手下等に成る」。

「実に、醜悪で劣悪な実態が其処に露呈している」。

「本当の優等生なら、何時までも{天動説}利権の上で他の者・物・事等からのお墨付き等を得ようとしていないで、

意識的、かつ積極的に、{地動説}を実用して、

所謂、文系側の産業革命実務でも行うべき」だ。

「其の様な流れが、大々的に起こる」なら

「地球環境問題の解決も、人間社会問題の解決も、容易に成る」。

「何しろ、生きている人類誰もの実体=狭義の自分は、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群であり、

其の命の連続性は地球上の全ての他人も含む生物に繋がっているのが現実で、広義の自分=地球生命体細胞群が其処に在り、

其の根本的目的は、存続以外の何モノでも無いが、

狭義の自分の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる、所謂、天動説状態を重用したがる」。

「古からの個々の人間たちの人生観・死生観等も、狭義の自分の意識ダケを重用した天動説状態に他ならない」ので

「実体や事実・現実との整合性が悪い精神文化製品に成ってしまっている」。

「実体や事実・現実との整合性が悪い精神文化製品である現行までの人間社会・経済システム等を実用するなら、

整合性が悪い分だけ自虐的に成ってしまって当然」で

「其れは、物質文明側の産業革命前の状態の様な事」に「他ならない」。

「産業革命以降、多くの人間たちの生活水準の向上が応分に容易に成った」が

「武器面でも悪用され、人類としての自虐使用も盛んにおこなわれてしまった」のは

「物質文明側の産業革命時に、精神文化側の産業革命も行われなかったから」だ。

「精神文化側でも産業革命を行い、

広義の自分や其の根本的目的である広義の自分としての存続まで実用した地動説状態の精神文化製品を創り出し実用する」なら

「環境問題の解決も世界平和も当たり前に成る」。

「物質文明側にかなり遅れを取ってしまっている精神文化側を急速に健常進歩・正常進化させる仕事」は

「今、生きている全ての人類が行わなければならない、重大な責務に他ならない」。

「テレビ常連出演者等も、何時までも、実質的に、時代を逆行させる悪務等を行っている場合では無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

韓国も「極東地域主権在民VS主権政権決戦」の最前線にされているが・・・。

『「民主主義の根幹に成る主権在民」と「独裁の根幹に成る主権政権」の「どちらが覇権を握るのか?」の

「決戦」を「仕掛けている」のは

「言うまでも無く、独裁政権側」で

「其れは、其のまま、独裁政権側が追い詰められている実態を反映している事に他ならない」。

「独裁政権側にしてみれば、覇権を取れば安泰!等と信じたがっている」ので

「覇権を強く求め、其の為の手段として、金権を高める為の経済拡大や他国内でのスパイ・工作活動等を大いに実践して来ている」。

「しかし、主権在民と主権政権のどちらの精神文化がより進歩・進化している精神文化か?」を

「理解・把握する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る通り」に、

「決戦で勝利する」のが「より進んでいる精神文化の方に成る事」は

「最初から決まっている事でもある」。

「主権政権側は、実質的には、滅亡前の悪足掻きをしている事に成る」が

「悪足掻きを頑張られれば頑張られるダケ、主権在民側が受けさせられる迷惑や地球環境の悪化も大きく成る」のだから

「今、強く求められている事」は

「主権政権側が悪足掻きを放棄する事に他ならない」。

「主権在民を実現する事」は

「良質な政権にとっては非常に容易な当たり前の事に他ならない」が

「旧ソ連等の絶大なる支援の下での其の地域の支配権争い」で

「同じ国の民同士の戦争まで起こして来ている政権」は

「同じ国の民から、其の罪を問われなくさせ続ける為」に

「独裁化が必需と成り、其の先で、恐怖・粛清政治等の更なる極悪事を行って来ている」ばかりか、

「其の様な悪の実態を他国から責められなくする為」に

「他国内で非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けて来ている」。

「他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の先で、ある意味、必然的に生まれている」のが

「非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている国・国民までもを支配下に置く策略」で

「其の策略が具現化している状態」が

「現状の極東地域の主権在民VS主権政権決戦」だ。

「其の決戦の最前線が、香港に在り、韓国にも在る実態が露呈している」。

「主権政権側に勝利を与える事」は「人類滅亡を実現させる事に他ならない」から

「人類が存続する方向に動く限り、主権政権側の勝利は在り得無い」。

「勝てば、覇権を得るなら、人類滅亡が直にやって来てしまう事になる主権政権側」は

「勝っても破滅、負ければ大罪が問われる事に成る、どちらにしても、大負け状態下に在る」が

「其の様な状態を招いているのも、独裁政権側自らが行って来ている極悪事故」だ。

「極悪事の罪を悔い、補償し、罰を受ける事等により、主権在民側から許しを得ようとする」なら

「生き目も出て来る」が「そうでもしない限り、死に目しか無い」のが

「主権政権側の実権者等の酷く、劣悪な実態」だ。

「上記の様な現状の社会情勢の時」に

「主権在民側のテレビ・ラジオ・マスコミ等は、どの様な情報配信をする事が合理的に成るのか?」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが分る事に成る」。

「主権政権の酷さ、劣悪さ等を解り易く情報配信」したり

「主権在民化の力になる情報配信」をしたり「する事」こそが

「合理的に成る」。

「主権在民VS主権政権決戦の実状を伝え、主権政権側の勝利もあるかも・・・等のイメージを喧伝等したり、している常連出演者や番組・紙面等」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「例えば、

韓国で今、大騒動に成っている、法相関連の問題も、

主権在民なら、悪事が摘発され其の罪が問われ、罰が与えられる事が優先で当然に成る」。

「そして、其れは、検察改革とは全く別の事」だ。

「悪事が在るのに、検察改革の名の下の主権政権状態で、其の悪事が不問にされる様な事態を容認してしまう」なら

「其の先では、中国共産党支配下の中国や、金政権支配下の北朝鮮の様な状態が容易に構築され易く成ってしまう」のだから

「主権在民、民主主義を維持する為には、絶対に、主権政権を是としない事が、非常に重要に成っている事」等を

「常連出演者・常筆等が喧伝等している状態」が「健常と言える事に成る」。

「検察のやり過ぎが批判されています」等の「喧伝」は

「検察のやり過ぎ等を喧伝等する事により、政権の者関連の罪を不問にさせる主権政権状態構築政治運動の応援に成る」のだから

「其の政治的偏向・偏重性も、主権政権側を応援している劣悪さも、大いに責められて当たり前の事に成る」のが

「主権在民世界の当たり前」だ。

「恥じらいも無く、主権政権状態構築の為の実質的、政治運動等を応援・支援等出来てしまっている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者・番組・常筆等の裏からは、

北朝鮮金政権等の手下や其の協力者等の臭いが濃厚に漂って来る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「主権在民を実践し易くする為」には

「個々の人間個体が、自らの実体把握をより深める事が大いに有効に成る」。

「自らの実体把握を深め、自己支配をより容易に出来る状態に成っている人間なら、

必然的に、他者による被支配状態下に置かれる主権政権状態等は、不健常に感じたり、理解出来たり、する事に成る」。

「逆から言うなら、自己の実体把握を阻害する事」は

「主権政権側の利を図っている事にも成っている事に成る」。

「現状までの、戦後日本の、多くの情報・教育等の実態・実体が、上記のどちらに成ってしまっているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「全世界レベルで自己の実体把握や其の実体の根本的目的等の理解・把握が進む」なら

「人間社会問題だけでは無く、地球環境問題の解決も容易に成る」。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群(=広義の自分)の根本的目的は、存続~永続に他ならない」。

「狭義の自分個体の永続という不健常な考え・思い等は、自我が狭窄している病気状態の中で生まれるモノに他ならず、

広義の自分の存続~永続をより実現し易くする為には、

多種共存状態の構築による地球生命多細胞群自体の構築度アップと、

宇宙への本格進出を可能にする科学技術・物質文明製品等の進歩・進化と、

進歩した科学技術・物質文明製品等の自虐使用を抑え続ける事を可能にする、させる精神文化精神等の進歩・進化」等々が

「重要に成る」。

「生体自体を維持~成長等させる実務」と

「快適環境をつくり出し、実用してもらう実務」と

「科学技術・物質文明製品等を健常進歩・正常進化させる実務」と

「進歩・進化して行く科学技術・物質文明製品等相応以上の精神文化製品等を健常進歩・正常進化させる実務」等々が

「本来の人間の仕事」であり

「金権増大等の為の集金や他者支配・他者による被支配に甘んじる事」等は

「自虐業・もしくは、破壊業には成り得ていても、本来の仕事に成っている場合は、非常に少ない」のが

「根本的な現実」だ。

「上記の様な実体把握が多くの人間たちの中で進む」なら

「根本的善悪の区別もより容易に成り、其れに基づいた善悪差別の実践も容易に成る」。

「其の辺りを徹底する事により、不当な差別が解消され易く成り、世界平和も当たり前に成って行く」のだから、

「今時の情報・教育等が行うべき仕事の内実は、もはや、明らかな筈」だ。

「何時まで経っても、旧態依然とした比べっこ情報・教育等を、悪戯に、大量配信等する事等により、

実質的には、資源・エネルギーの無駄遣いをし、個々の人類の自虐度や其の集大成である人間社会の自虐度を上げる事により、

現状人間社会・経済システム上で可能に成っている集金・集権行為等に明け暮れ、

実質的には、悪事を働いているので、自己承認欲求の本来欲求の充足が困難に成っている狭義の自分を

他の者・物・事等に認めさせる事により、自己承認欲求の代償欲求を追及し続けている、病的な状態の維持~増大を図っている」のは

「根本的病気さえも治そうとしない超超超愚か者・自虐者・おバカ等の行う事に他ならない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

中国共産党の番犬と化している警察官等をやっていて自分の人生が恥ずかしく無いのだろうか・・・。

『「主権在民国家等の警察が守るのは、其の国の国民等に成る」が「主権独裁政権国家の警察等が守るのは、独裁政権等に成る」。

「独裁政権等の番犬と成る事等により、独裁政権等から少々のオコボレを貰う事」と

「独裁政権等の番犬と成る事を拒否し、主権在民の為の運動等に力を加える」のでは

「其の人間の人生の価値も大きく違う事に成る」。

「元々、独裁政権が独裁政権で在り続けている本当の理由」は

「独裁により支配下の者たち等を押さえ込み続けなければ、独裁政権が政権を取る為に行った極悪事等の罪と罰が問われる事に成り、

必然的に政権も失う事に成るから」だ。

「正当性の在る政権」なら「独裁→民主化も普通に行える」が

「元々の極悪事の先で政権を取った者たち等は、民主化する事=極悪事の罪と罰が問われる事に成るが故」に

「主権在民化=民主化も行えない」。

「主権在民化が行えない事=極悪事の先に出来た政権」に「成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」に「他ならない」。

「独裁政権が得ている利権」とは「極悪事の先で生まれている利権に他ならない」から

「其のオコボレを貰っている者たち等とは、悪の仲間に成る」。

「中国共産党も北朝鮮金政権等も、自らの政権が正当である事を全世界に立証する為にも、主権在民化=民主化を行うべき」だ。

「其れが出来ない事=主権在民化されている全ての国々や主権在民であるべき全人類から否定される政権である事」に「他ならない」。

「独裁政権の番犬や犬等として、悪利権のオコボレを貰う事でしか生活が出来ない人々をつくり出し続ける事や、

恐怖政治等の更なる悪事を積み重ね続けなければ維持出来ない政権など、

元々、根本的に、存在の価値が無い様なモノ」だ。

「そんな政権の下で、少々の生活が出来ていたところで、本来の人間としての生活には全く及ぶ訳も無い」。

「其処に在るのは、独裁政権の番犬や犬としての道具化された酷く劣悪で哀れな人生」に「他ならない」。

「恥ずべき実態が其処に在る」。

「独裁政権の番犬や犬と化す事は、独裁政権同様に、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る事に他ならない」。

「中国共産党も北朝鮮金政権等も、自らの政権が正当なモノであると言うのなら、主権在民化して其れを立証するべき」だ。

「其れが出来ないなら、全世界から攻められ続けても当然に成る」。

「経済優先で独裁政権支配下の人々を消費者として重用する事等は、独裁政権の援助に成ってしまう」。

「悪魔に魂を売り渡した状態が其処に露呈している」。

「其れは、独裁政権の番犬や犬に成る事に準じる恥ずべき実態に他ならない」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態が其処に在る」』。

『「現状で人類に突き付けられている地球環境問題や人間世界問題の裏には、独裁政権が在る場合が多い」。

「独裁政権の解消」は「地球環境問題の解決にも、人間世界問題の解決にも、非常に大きく役立つ、今時の人類が実践すべき仕事」に

「他ならない」。

「其れなのに、未だに、主権在民化されている筈の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等でさえ、

中国共産党支配下の中国を単なる中国とまるで普通の国の如く喧伝等し、

中国共産党支配下の消費者を重用した経済発展等の重要性を喧伝し、

実質的には、中国共産党の独裁支配の応援をしている場合が多い」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道の重要性さえ???の様相の天動説型の者たち等が

テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事をしていると、

本意では、独裁政権の解消を望んでいても、実際には独裁政権の応援に成る情報配信等を行い続けてしまう事等が

往々にして在る実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事等はもはや、言うまでも無い事に成る」。

「香港の民主化状態維持は、本質的に正しい人類としての権利に成る」。

「既に、民主化状態に在る香港から、主権在民化=民主化が中国本土内にもどんどん広がる」のが

「正常な状態」で

「其れに抗い、独裁維持を図る、図らざるを得なく成っている、のは、根本的正当性を持てていない者たち等に成る」。

「悪者は、他の常人・善人を支配下に置いたり、お仲間に引きずり込んだりする事等により、悪者化する事で、仲間を増やしたり、

悪者自体が積極的に子造りを行う事等により、

悪者の数を増やす事で、自らの正当性を得続けようとする」が

「そんな悪者の策略通りに事を進めさせ続けるなら、地球上が悪者だらけ・・・に成ってしまい、

悪者だらけである地球が危機状態に陥り、人類滅亡の時が来てしまう事に成る」のは

「極めて、当たり前の事に成る」。

「常人・善人側の全人類」は

「独裁政権の番犬や犬等をちゃんと批判・非難等するべき」で

「其の情報は、独裁圏でも大々的に伝わる様にするべき」だ。

「正当性が在る独裁政権なら、主権在民化が出来て当たり前」なのだから

「主権在民化出来ない独裁政権は悪である事を自ら立証しているのと同じ」で

「悪の排除は全人類が行い続けなければ成らない重大仕事に他ならない」。

「其れを怠って、人類滅亡を誘う」なら「地球消滅の時が急速に迫って来る事に成る」。

「悪の宇宙本格進出は最初から許されていないから」だ』。

『「今時に必要な情報配信がロクに出来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「いい加減に、本来行うべき仕事が出来る状態に是正するべき」だ。

「世間の中から、問題化出来、正義ぶり、優等生ぶる事が出来る都合の良い事件・事故等を

ご用達的に選び出し、

常連出演者や常筆等に優等生ぶり、正義ぶらせて、

多くの視聴者・読者等から{共感}を得る事等により、

自らの配信情報のイメージ上の価値を上げ、

其の先で、実質的に、推奨している、政党・政治家等を有利にする為の、

実質的、政治運動等の為に、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等が、

何時までも、使われ続けていて良い訳も無い」。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等による、日本国内の情報・教育工作等に他ならない」。

「表現の不自由展その後」は「税金不使用」でも

「公のお墨付き的状態で、

実質的、反日政治運動・プロパガンダ等が再開された」のが「実態」で

「再開に際して、

ガイド監視付き、人数・動画撮影等制限付き、

閲覧の不自由展化させられている」のだから、

「とても、公のお墨付きが付けられて良い状態とは言えない筈」だ。

「其れでも、再開をさも良い事であるかのイメージで喧伝等していた常連出演者・番組等まである」のだから

「そんな常連出演者・番組等の本音は、表現の不自由展その後の政治運動内実に共感」等と「容易に推定出来る」。

「反日、親朝鮮人脈の共感実態が其処に露呈している」が

「そんな状態の者たち等が重用されているテレビ・ラジオ・マスコミ界だからから」か

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている戦後日本の現行法・現行の摘発体制では困難な

北朝鮮金政権等の命令・指令の下と強く推定される、スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発」等には、

「異常な程、不熱心」だ。

「小学校教師の犯罪レベルの後輩教師いじめ」等を「正義ぶって、批判・非難等している常連出演者」等も

「日本国内の戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な戦後産まれの一般日本国民までターゲットにしている、

非人道的なスパイ・工作活動等による犯罪レベルのいじめ等の告発には、異常な程、不熱心」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「米朝実務者協議決裂後の北朝鮮側の言い分」や「善悪差別抜きの外国人等否差別・共生論」等を喧伝していたが・・・。

『「米朝実務者協議決裂」からも「米国トランプ政権が北朝鮮金政権等の正体を悟る時」が「急速に近づいている」。

「実質的、詐欺師相手の交渉・協議等で、詐欺師側に少しでも妥協した案等を提示したなら、

詐欺師側は、更なる要求を突き付けても大丈夫と捉える」。

「米国トランプ政権が、北朝鮮金政権等の要求であるボルトン補佐官解任カードを切った事で、

北朝鮮金政権等は、更なる要求が可能に成ったと取り、

今回の実務者協議で、米国側が段階的非核化案とも言える妥協案を提示した事で、

北朝鮮金政権等は、強気に出るなら、更なる妥協が得られると判断している」。

「詐欺師にとって、一端詐欺で騙せた相手は、何度でも詐欺で騙せる相手に他ならず、

摘発~逮捕等されない限り、詐欺で取れる利権が無く成るまでしゃぶり尽すのが、詐欺師の常套手段」だ。

「米朝交渉での最初の詐欺」は「年上権力者甘え~騙しが得意な金正恩によるトランプ大統領騙し」に「他ならない」。

「現状のまま、北朝鮮金政権等ペースで事を進めるなら、

トランプ大統領とは北朝鮮金政権等の詐欺に騙された米国大統領という

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれてしまうレッテルが貼られてしまう事に成ってしまう」。

「其の裏で、北朝鮮金政権等は、

実質的に、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を保有~実用し続ける事に成ってしまう」。

「行き着く先」は

「まるでかつてのノストラダムス預言の様な、核ミサイル等が大量使用されてしまう人類滅亡を招く大戦争に成ってしまう」。

「其の様な事態を避ける方法」は「もはや、明らか」だ。

「今の内なら、北朝鮮に対して、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を仕掛けても、地域戦争レベルで終結する」。

「不当な要求をし続けて来ている北朝鮮金政権等に対し、更なる妥協を示す道の先には、

とんでもなく悲惨な人間世界が存在してしまう事に成る」が

「地域戦争レベルの北朝鮮解放戦争の先」なら

「自由・民主主義化への流れの強化等の好ましい事態も付いて来る事に成る」。

「北朝鮮金政権等に最終のチャンスを与えるダケ与えて、

其れでも無条件核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全放棄しない」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を行う事こそが、正当な手段に成る」。

「何かを望んでる北朝鮮の無意識レベルの本音」は

「北朝鮮自らではどうにもできない、北朝鮮の現状からの解放に他ならず、

其れが出来ないなら、現状の北朝鮮が全世界を支配する事に他ならない」のは

「北朝鮮国家指導者等の精神構造や北朝鮮金政権等の精神文化を精神分析等するなら、良く判る事」だ。

「自己健常支配に失敗し続けて来ているが故に、健常な手段では、多くの自国民からの支持取得も出来得ず、

其の代わりに、自国民支配を行い続けて来ている、北朝鮮の国家権力者等」とは

「自己支配の代わりに過剰な他者支配を追及し続けている、代償欲求過剰追及者に他ならず、

其の様な者たちの集団である、北朝鮮金政権等の精神文化も、同じに成る」。

「本来なら、自己健常支配を意識的かつ積極的に実践する事等により、支配欲の本来欲求を充足させると共に、

自国内も健常化する事等により、自国民からの支持も得られる状態を構築するのが、

健常な国家権力者等に成る」が

「~朝鮮戦争~、既に、今までに、散々の極悪事を積み重ねて来てしまっている北朝鮮金政権等にとって、

自己健常支配の基に成る、自己実体把握を行う事は、自らを悪者として実態把握せざるを得なくなる事に成る」ので

「自己健常支配を行う為には、悪者としての自分も罰する必要性が出て来る事に成る」。

「多くの大悪者状態に陥ってしまっている者たちは、

自らが犯して来ている大罪故に、

ありのままの自分としての自覚を持ち、自分の実体から、自分を健常化する道を選択出来辛い状態に陥っている」ばかりか、

「往々にして、其の様な悪態状態のままの自分を他の人間たち等に無理やり認めさせようとする」ので

「恐怖政治や核武装や他国内での非人道的なスパイ・工作活動等まで行い易く成ってしまう」。

「北朝鮮金政権等の実体は、正に、上記の通り」なのだから

「悪支配の為の代償欲求過剰追及状態から、悪国家権力者等自身も、其の支配下の北朝鮮国民等も解放する為」にも

「北朝鮮金政権等が自ら進んで内科的治療を受けようとしない」なら

「外科的治療」こそが「合理的に成る」。

「外科治療を恐れず、行う」なら「その結果も早く出る事に成る」。

「何もしないで症状を悪化させた大統領」と

「外科治療を行い完治させた大統領のどちらが称賛される事に成るのか?」は

「論を待たない」。

「北朝鮮金政権等の側なら、詐欺師的要求や其れに基づいた米国側の妥協等が、何時までも力を持て続ける訳も無い事くらい、早々に悟り、

一刻も早く、自主的に、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を完全放棄するべき」だ。

「ガン化している細胞群の様な、劣悪・極悪国家指導者等のまま・・・なら、外科的治療で切除等される事に成る」のは

「極めて当たり前の事」に「他ならない」』。

『「未だに、日本の中の北朝鮮労働党のオトモダチ人脈等の者たち等」は

「似非、もしくは、インチキ、差別論・共生論等の公然化、情報工作等が大好きな様相」なのだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「本気で、不当な差別を無くしたい」なら

「正当な差別である、善悪差別を徹底する事」が「最初に在るべき事に成る」。

「スポーツ競技界等なら、其処を抜きにしても、元々、求められている事が、スポーツ競技上での勝利等と、

フェアで無ければ不利に成り、手段も結果も、大衆監視の下で判り易い事」だから

「善悪差別抜きでも、大勢に影響は出辛い」かも知れないが

「其れでも、例えば、

日本の中に入り込む事によりスパイし、自国の為に情報を持ち帰るとか、

日本の選手の邪魔・妨害工作等をする、悪が入り込む余地は在る事に成る」。

「一般社会の場合は、悪の入り込む余地が遥かに広い」から

「善悪差別抜きで、差別を無くすと、実質的には、利悪に成ってしまう場合が多い」。

「善悪差別を、徹底していない」から

「例えば、ニュース報道等でも、実際に、行った事件・事故等の重大性に応じた原寸大報道等が行えていない」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実態」で

「刑務所の中を見れば、一目瞭然である様に、

実際の事件・事故等では、朝鮮人・中国人等が引き起こしているモノがかなり多い」が

「其れを、其のまま大衆に伝える」なら

「必然的に、出て行け!大合唱等も引き起こされ易く成る」。

「更に、現行法・現行の摘発体制では摘発困難なスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底告発等する」なら

「其の大合唱は更に大きく成り易くて当然に成る」。

「其処で、北朝鮮労働党のオトモダチ人脈等」が

「意識的、かつ積極的に、戦後日本の情報・教育界に入り込み、

事件・事故等の重大性に応じた原寸大報道等や

日本の中の現行法・現行の摘発体制では摘発困難なスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発」等を

「行わない、行わせない、圧力等を加え続けて来ている実態が露呈している」。

「善悪差別を徹底的に推奨等する事により、

事件・事故等やスパイ・工作活動等とは無縁の、平和・共存目的の人々を明確に区別する」なら

「不当な差別撤廃も容易に成る」のだから

「原寸大報道やスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発の前」に

「善悪差別を徹敵的に行う事の推奨等を行っているべき」なのに、

「現状では、其れさえも行わず、実質的に、利悪状態」なのだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「共生論も同様」で

「善人・常人と善人・常人同士」なら「国籍・民族・人種等を問わず、共生も容易」だが

「善人・常人と悪人・ズル者の場合」は

「下手に共生を強要、推奨等したりすると、利悪・利ズルに成ってしまう」。

「利悪・利ズル」で

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難なスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等をより行い易くしてしまう」なら

「例えば、北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配~天皇金家化等もより行い易く成ってしまう事に成る」。

「共生論等を言う前に、善悪差別を徹底する事」が「非常に重要に成る」。

「未だに、善悪差別抜きの、似非、或いは、インチキ、差別・共生論等を日本の公共の電波を使って、一方的に大喧伝等している事自体、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「侵入者と言えば、金品目的の空き巣!」「韓国人旅行者の代わりは中国人旅行者!」等と多くの視聴者に思わせたい様相だったが・・・。

『「タイトルの類の大衆に対する擦り込み」により「多くの人々に、本当の問題を探究させなくさせる実質的、情報工作」等は

「本当に、悪質」だ。

「戦後日本国内での不当侵入者の多く」は「侵入工作員」であり

「其の目的」は

「粛清目的の為の飲食物工作」だったり、

「情報吸い上げ」だったり、

「監視の為の盗聴・盗撮器等設置」だったり「している」。

「もちろん、其の場合」は「盗まれた事が明らかに判るモノは無い」から

「発覚する事も極々稀」で

「例え、不当侵入等が発覚しても、

現行の摘発体制では、工作実態等まで調べられる事はもっと稀」なので

「単なる不法侵入者等として微罪扱いにされている」。

「工作目的の侵入の場合」は「合鍵保有や鍵師による開錠」が「常套手段」に「成っている」から

「侵入の後跡」等も「判り辛い」。

「現状の多くの鍵」が「メーカーとナンバーで複製可能な事」は「ご存じの方々も多い」と思うが、

「工作組織は、手分けして、ターゲットの個人情報を吸い上げている上」に

「工作組織の中に、開鍵・鍵製造部署も在る」。

「戦後日本国内で組織的に連綿と行われ続けてしまって来ている侵入工作による被害」は

「本当に、酷く、膨大」だ。

「テレビ・マスコミ等なら、意識的、かつ積極的に告発等していて当然の実態が其処に在る」が

「工作の元」が「北朝鮮金政権等」で

「其のオトモダチ人脈の者たち等」が「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者」では

「告発が無い」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「昨今の数多くの自動車事故等の裏」には「工作電磁波による実害が在る」と「強く推定出来る」が

「池袋の事故の厳罰化署名大集め」等にしても、

「実体・実態解明より、上辺の、高齢ドライバーの運転ミスのせいにする事により、

工作電磁波の存在を圧殺・黙殺等せしめさせる実効を持つ社会運動的動き」が

「起こされ、其れを、テレビ・ラジオ・マスコミ等が大賛美状態で大喧伝等」という「事態」からも

「工作活動等告発」より「工作活動等隠蔽情報工作」という

「工作指令元のオトモダチ(協力者)的実態が露呈している」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

日本国内の反日国等によるスパイ・工作活動等は積極的に告発するのが当たり前に成る」のだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等の支援工作等を行ってしまっている事が弱みと成り、告発も出来ない」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事は辞める」のが「当然に成る」』。

『「日本に来ている中国人観光客等の多く」は

「中国共産党支配下の中国で、日本に来れるくらいメリットを受けている人々」に「他ならない」から、

「日本の実状を知り、中国共産党支配下の中国の実状より良い!等と感じたり、思ったりしても、

其れが直に、中国共産党を否定して民主化しようとする流れには繋がり辛い」。

「其れなのに、多くのテレビ常連出演者等」が

「日本等の、自由・民主主義圏の国に来る事によって、中国民主化の流れも加速するかの如き、

嘘論、或いは、現実逃避論等を大喧伝し続けて来ている事」は

「明らかに、変」だ。

「其処に露呈している」のは

「中国の民主化を望んでいる常連出演者等では無く、中国共産党支配下の中国を実質的に賛美・支援等している常連出演者等に成る」。

「大きな中国を支配出来ている中国共産党は簡単には潰れないゾ~!其の手下に成った方が得だゾ~!」等の

「無言の感」を

「多くの視聴者等に抱かせようとしている実態が露呈している」。

「北朝鮮金政権等や中国共産党等との親和性が高い者たち等が実権を抱きしめ続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」が

「露呈している」。

「中国共産党支配下の消費者をターゲットにして実質的には、中国共産党を支援する道」と

「TPP圏内等、自由・民主主義圏の自由な消費者をターゲットにした商売等を積極的に行う道」の

「どちらがより自虐度が低く成るのか?」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事」に「他ならない」。

「中国共産党支配下の中国人消費者の数を激減させ、自由な中国人消費者の数を一気に増やす為」にも、

「中国の民主化が強く求められている」。

「国家・民族主義」等は、

「酷い独裁者・独裁政権等が、自らの極悪事を誤魔化し続ける為」に、

「他国・他民族をスケープゴードにする、詐欺の一手法」だ。

「其れは、悠久の人類の歴史の中で、何処からが其の国家なのか?其の民族なのか?等を現実を検証しながら探究する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る事に他ならない」。

「個々の人間や人間社会で肝要に成る」のは

「血統・民族等では無く、精神構造・精神文化に他ならない」。

「劣悪な精神文化を持ち、其れを支配下の人民等に強要し続ける国家指導者の下の国家が衰退する」のは

「極めて当たり前の事」で

「他の国家・民族等を悪者扱いする前」に「劣悪な精神文化を良質な精神文化に健常進歩・正常進化させる事」こそが

「根本的問題の解決法に成る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「国家・民族主義の前に、独裁から自由・民主化へと、精神文化を進歩・進化させる事」が

「現状でも、未だに、独裁である全ての国々に強く求められている」。

「どんなに自由・民主主義圏の他の国々や其の国の国民等を悪者扱いしても、

他者支配/他者による被支配という自己健常支配の代償欲求度がより強い独裁制度が正当化される訳も無い」。

「他者支配/他者による被支配の分だけ自己健常支配も行い辛く成る」のが「現実だから」だ。

「自己健常支配を行い辛く{している}者たち等が、

自己健常支配を行い易い状態の国々や其の国民等を悪者にする事等により、

自己正当化を図り、自己承認欲求の代償欲求を満たそうとしている様」は

「実に、醜悪で劣悪」だ。

「独裁など止めて、自己健常支配を実践する」なら

「自己承認欲求の本来欲求も充足され易く成る」のだから

「実に、みっともない、超おバカな自虐状態でもある、独裁/独裁による被支配の状態」は

「一刻も早く、解消する、させるべき事に成る」。

「自由・民主主義圏のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「独裁を解消する、させる為に、有益に成る情報配信を行っていて当然に成る」のに、

「未だに、独裁者の手下、情報工作員的実態を露呈し続けている者たち等が、常連出演・常筆等々では、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「故人元助役から多額金品関電幹部授与問題」等で正義ぶっている常連出演者等だが・・・。

『「包括原価方式の電気料金の一部が関電幹部等に還流していた」なら「極悪事の大問題に成る」が

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難」なら

「グレーの還流劇」等に「成ってしまう」。

「電気料金関連の還流」としては

「合法にされた還流」が

「太陽光等再生可能エネルギー発電等売電者・企業等への還流」も「在る事」は

「決して、忘れるべきでは無い事」に「成る」。

「電気料金の再生可能エネルギー賦課金」等は

「化石燃料使用が控えられてこそ、環境問題の一部解決にも直結している、正当性の出る賦課金~還流に成る」から

「原発を止めて、化石燃料を大量使用する様にしている現状では、賦課金・還流塔に対する正当性も出ていない」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数も、決して少なく無い筈」だ。

「ところが、現行法では合法だから、この様な問題は問題化され辛い」。

「水増し請求等~関電幹部への還流が在った」なら

「其れこそ、多くの庶民の感情・思い等が好む、権力者・エリート層等の悪が暴露される時代劇的」で

「其のスジに沿って、テレビ常連出演者等が優等生ぶり正義ぶる姿」は

「其の様な感や思いを抱いている視聴者等が自らを投影・転嫁・同一視させ易い者たち」と「成り」、

「視聴者が欲しがるモノを情報配信する事で視聴率を稼ぎたいテレビの思惑とも合致する事に成る」が

「其処に在る」のも

「ある種の水増し~還流劇」に「他ならない」。

「本来なら、実体や事実・現実がはっきりしてから、原寸大で報道・情報配信する」のが

「ニュース報道等の当たり前」だが

「ニュースショーやバラエティー」等と「上辺で誤魔化す」と

「実体としては色濃くニュース報道要素も含んでいるのに、ある種の合法状態に出来てしまう」のが

「現状」で

「其の実体」は

「実質的、政治運動等を、芸術展等の上辺の下で行う事」等と「何ら、変わりが無い」が

「以前から、この手の実質的、詐欺やズル情報等々で毒され続けて来ている、ばかりか、

実体の探究や把握をする能力等を学校教育等で十分に学べていない、多くの視聴者等」は

「与えられる情報の中で、自らが日常の仕事・生活等から感じている不平・不満等の{八つ当たり先}を見出し、

投影・転嫁・同一視等ゲームや現実逃避ゲームを楽しんだりして、自らを誤魔化す道の上で

存続し続けようとしている実態を露呈させ続けている場合も多い」ので

「テレビ等の短絡的な集金仕事、内実は、地球生命体細胞群にとっての自虐劇」等が

「本日も続けられている状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」のだが』。

『「関電幹部等大量金品授与問題」は「先ずは、其の実態解明である事」は「言うまでも無い事」だ。

「実態解明前」なら

「包括原価方式故に比較的簡単に成ってしまっている不当還流等に対する対策や防止策等を考えたり、訴えたり、等々するべき」で

「其の為」なら

「上記の様な内容を考えてみる事」等も

「相応に有効に成る事に成る」。

「現行法はあくまでも現行法」だから

「必ずしも、人類誰もの実体や其の実体の根本的目的との整合性が取れている自虐的には成っていないモノ」とは「限らない」。

「まるで、宗教の様に、多くの人間たちの考え・思いの上での納得の上で構築されているのが実体」だ。

「金権主義も多くの人間たちの考え・思いの上での納得の上でのみ成り立っている思想信条に他ならない」から

「金権主義自体を頑張ったところで、

地球環境問題が解決出来る状態には成り得無い、ばかりか、むしろ、より酷い状態をつくり出してしまい易い事」は

「既に、多くの人間たちも、重々承知の事に成っている」。

「其れなのに、未だに、

実体として、間違っている、

或いは、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性が悪い、

制度・システム等に縋り付いている状態の人間たちが多い」のは

「縋り付かないと酷いぞ~!圧力が在るから」に「他ならない」。

「多くの人間たち」は「其の圧力に対し、忖度しながら、日常を重ねている」ので

「全体として、進んでいる方向性に変わりが出る訳も無く、

結果としては、地球環境問題は、時と共に深刻化し、

人間社会問題も同様で、

人類滅亡の時が、徐々に~どんどん迫って来てしまっている」。

「其れでも尚、現状に忖度し、縋り付き続けるしか、道を見出せない人間たちが多い」のは

「所謂、文系の情報・教育が余りにも酷く、劣悪だから」だ。

「所謂、理系同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して製品をつくり出す」なら

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上の精神文化製品群ダケでは無く、

丸ごと一人レベルで捉えたがる意識と細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生体実体の両方を

実用した上での精神文化製品群が在って当たり前に成る」。

「丸ごと一人レベルだけ」なら「丸ごと一人の殺傷劇等も当然に成る」し

「意識と生体実体を実用する」なら

「人は誰でも今、この瞬間にも死んでいるのだから、殺すべき実体を探究し、問題解決するドラマ等も当然に成る」。

「物質文明製品側」では

「遊び用の前者」と

「実用用の校舎」の「両方」を

「既に、実在させる事が出来ている」のだから

「其処に在るのは、人間が出来ない事では、断じて無い」。

「古代の人間でも、現在の人間でも、脳自体の能力は、ほぼ同レベル」だが、

「脳に入れている、入っている情報群と使用しているモノが違う」。

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観ダケしか脳内に無く、其れしか使えない」なら

「古代同様の死生観・人生観上の人間社会・経済システム等も含む精神文化製品群を連綿と繰り返し続けるしか無く成る」が

「丸ごと一人レベルで捉えたがる意識と細胞ごとの誕生・死という、

所謂、理系の地動説の様に、より実体把握がし易い情報群も脳内に入っている」なら

「其れらを実用して、人間社会・経済システム等も含む精神文化製品群を創り出す事は、実践すれば出来る事に他ならない」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的との整合性がより高い、精神文化製品群を意識的かつ積極的に実用する」なら

「地球環境問題の解決も過剰で不当な格差解消も世界平和も、当たり前に成る」のだから、

「其の邪魔をしている者・物・事等は、明らかに、悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「北朝鮮金政権等の自虐行動」は「容易には止まらない」が

「自虐行動が自虐にしか成り得無い事を否応無しに悟らざるを得なく成る時」は、

「そう遠く無い」。

「当面は、米朝間の北朝鮮非核化実務者協議を行う事が優先される」だろうが

「其の中で、北朝鮮側が実のある非核化を実践しない」なら

「アッと言う間に、協議ではダメ!の結論が出される事に成る」。

「其の場合に、全世界対北朝鮮に成る状態を招いている」のが

「昨今の短距離ミサイルの発射」と「今回の、SLBMの発射」だ。

「其の自虐度」は「散々の極悪事を行い続けて来ているところらしく、非常に高い」。

「北朝鮮金政権等は、自虐度の高さ故に、自滅する状態」が「既に、露呈している」。

「其処から逃れる為には、超急速で、全ての自虐を止める事」だ。

「核も、ミサイルも、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等も、全て、止め、

其の代わりに、体制保証等を求める、なら、少々の延命は可能に成る筈」だが

「元々が、朝鮮戦争~の散々の極悪事のオンパレード」なので

「北朝鮮金政権等の延命を認める北朝鮮内部の人々や韓国の人々や其の他の国の人々が、どれだけいるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の{傘}の下で、

辛うじて延命出来ていた北朝鮮金政権等が、

{傘}を失う事は、長い延命が不可能に成る事でもある」。

「全ては、北朝鮮金政権等自らがつくり出した原罪故に!」の

「先で生まれる、当たり前の事態」だ。

「未だ、傷が軽かった時点で、世界情勢が変わっても、本気で核兵器し、民主化等しなかった北朝鮮金政権等」は

「其の時点で、大負けしている」のに

「更なる、極悪事を積み重ねて来てしまっている」のだから

「核放棄後がどうなるのか?」は「論を待たない」し

「核放棄しなければどうなるのか?」も「論を待たない」。

「既に、詰んでいるのが北朝鮮金政権等の実態」だから

「より早く、詰みを認めて、敗者の座に就き、今までの、極悪事等のインチキ等に対する罪と罰を受けるべき事」こそが

「北朝鮮金政権等の自虐を減らす為の合理的な行動に成る」。

「ボルトンカード解任を切った」のに

「SLBMまで発射した北朝鮮金政権等に対して、トランプ大統領がキレても何の不思議も無く、

北朝鮮金政権等が素直に敗者の座に就き、罪と罰を受けなければ、何れは、後々に行わざるを得なく成る、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を前倒しするのも、

ある意味、とても、合理的に成ってしまっている」が

「そんな事態を招いている」のが「北朝鮮金政権等」で

「其の自虐度は、救いようが無いくらいに、酷い」』。

『「何れにしても、北朝鮮金政権等の手下・手先・其の協力者等も多数居る様相」の

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

独裁政権の必需品が「人民支配の為の圧力・恐怖政治」と「自由主義圏の国々でのスパイ・工作活動」と「時代遅れの過大な軍備」等である訳・・・。

『「人民支配の為の圧力・恐怖政治の裏」では「独裁政権の支配下に自ら進んで入り込む事で其のオコボレを貪る為の賄賂」等も「生じる」。

「自由主義圏の国々の中に入り込んで行い続けているスパイ・工作活動等」は「摘発されては困る」ので

「其の国の現状の法・体制では摘発困難な手法が用いられている」ばかりか、

「自由主義圏の実権者等に対する懐柔工作」や

「スパイ・工作活動等を摘発可能にする為の法・体制整備妨害工作」等も「付いている」。

「時代遅れの軍備」は「少々では大した力にも成り得無い」ので「必然的に過大に成る」が

「もちろん、其れを使う事態が具現化する事=独裁政権側の負ける戦争に成る事」だから

「過大な軍備の脅しのターゲットは、主として自国民に成っている」が、

「同時に、其れは、自由主義圏の国々が、戦争を嫌がるなら、

自由主義圏の国々の中で行い続けているスパイ・工作活動等を摘発可能にさせない為の抑止力にも成ってしまっている」。

「独裁体制維持の為には、無理をし続けてでも、上記の手段等に相応の力を持たせ続けなければならない」が

「素直に民主化して、より進歩・進化し易い体制にした方が良い事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に判る事に他ならない」が

「独裁政権には民主化出来ない訳がある」。

「独裁政権は、大量の自国民を戦争や粛清で殺傷した先で出来上がっているから」だ。

「民主化する事=其の原罪が問われる事」だから「独裁政権は民主化出来無い」。

「中国共産党支配下」も「北朝鮮金政権」も

「民主化するなら原罪が問われて当たり前に成る酷く、極悪な過去を持っている」。

「其の酷く、極悪な過去を切り離す為には、連綿と続けて来ている独裁政権からの政権交代が必需に成る」。

「政権交代で、酷く、極悪な過去をそれまでの独裁政権の責任にする」なら

「酷く、極悪な過去無縁の民主化も容易な政権が出来上がる事に成る」。

「中国共産党にしても、北朝鮮金政権等にしても、自国民も含む人類の未来の為に自らの命を生贄にするくらい大物」なら、

「人類の未来も明るく成り易い」が

「実際は、どちらも核武装までしてでも保身と独裁政権上の利権を貪り続けたがっている小物」で

「未だに、自由主義圏の国々の中でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等まで旺盛に行い続けている」のだから

「人類の未来が明るく成り辛い、ばかりか、むしろ、どんどん暗く成り続けてしまっている」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「其処に在る」のは「人種・民族の問題では無い」。

「支配権を持てている者たちの精神構造の問題であり、それらの者たちが強いている精神文化の問題」だ。

「其れは、香港・台湾や、従北政権では無い韓国からも非常に明らかな事」だ。

「独裁しなければ保身も出来ない程、極悪な過去を保持している政権には、元々、存続の権利が無い」。

「出来る限り早く、排除する事が正当に成っている」のが「独裁政権」だ。

「其れは、人間個体の精神構造からも、其の集大成である人間社会の精神文化からも明らかな事」だ』。

『「元々、独裁政権とは、自己健常支配の代わりに他者支配を徹底した先で生まれている」。

「自己健常支配を十分に実践出来ていて、支配欲の代償欲求の過剰追及を必要としていない健常な人間個体」なら

「他者支配を徹底追及した先に在る独裁政権化」も

「他者による被支配に自分個体を委ねる独裁政権下の被支配民化」も

「根本的に必要が無い状態に成っている」。

「多くの人間たちが自己健常支配を行えているところ」なら

「必然的に、独裁政権化は排除され、

自己健常支配の継続との整合性がそれなりに高い、自由・民主化が求められ、具現化する事に成る」。

「精神構造がより健常な状態で生み出される物質文明製品等」が

「独裁政権下で圧迫され続けている精神構造下で生み出される物質文明製品等」より

「優れた、秀でたモノに成り易い」のは「極めて当然の現象」だ。

「実際に、東西冷戦でも、旧東側の物質文明製品(武器も其の中の一つ)は、

其のほとんど全てが、西側の物質文明製品より劣っていた」。

「経済システムも同様に旧東側の統制経済は西側の自由経済より劣っていた」から

「実際の多くの人間たちの生活も旧東側より西側の方が遥かに豊かに成っていた」。

「軍備等は実際に戦争に成らなければ、大きな意味を持たない」が

「実生活の差は、比べられたら、誰にでも直に判る」。

「其処で、旧東側が取っていた政権維持の為の保身策が西側情報の遮断と情報・教育統制だった」が

「其れも、西側物質文明製品の進歩・進化とスポーツ・文化等での東西人事交流と時の重なり」等により

「実質的に打破される様に成った」。

「其の先で必然的に生まれた」のが「冷戦終結」と「旧ソ連の解体~民主化ロシアの誕生」だった。

「もちろん、民主化したと言っても、旧社会・共産時代の影響は未だ、色濃く残っている」が

「情報・教育統制状態がかなり弱く成っている」ので

「時と共に、より自由・民主化して行く事に成る事」は「容易に推定出来る」。

「旧ソ連の中には入っていなかった旧東側の国」の「中国共産党支配下の中国」と「北朝鮮」は

「東西冷戦終結後も旧東側の体制を維持し続けている」。

「中国共産党支配下の中国の場合」は

「経済面では自由・民主主義圏と同じ土俵の上に国レベルの大企業として参加する」が

「体制面では、国家・国民の上に中国共産党の一党独裁支配体制を維持して来ている、一国二制度を採用する事」で

「生き残りを図っている」が

「其の無理」は「其れこそ世界中の何処の誰でも、もちろん、中国国民でも、少し冷静に考えるなら直に分る」。

「其の無理を誤魔化し続ける為には、経済的により優位に立つしか無い!」とばかりに

「国家統制大企業状態と人口の多さを消費者の多さにすり替えた大市場の魔力」で

「世界中から利を集めようとしている」が

「其の、実質的インチキ」は「もう、バレバレ」で

「透明で公正な経済ルールと地球環境維持・保全の面で、先進国同様を求められる状態の下では、大市場以外の魔力はほぼ喪失状態」だ。

「更に、知的財産の横取りを公然と行い続けていたインチキ等も問題化されている、米中貿易摩擦が在る」。

「自由・民主主義化して、透明で公正な経済の中で、先進諸国と同様に活躍出来る状態に至る事」こそが

「既に、合理的に成っている」のが「中国の実態」だ。

「中国共産党の保身」と「中国の自由・民主主義先進国化」の「どちら」が

「より多くの中国国民にも、世界中の人々にも、健常なメリットをもたらすのか?」は

「もはや、論を待たない」。

「多くの中国国民が自らの健常なメリットを優先する」なら

「中国共産党独裁支配状態から脱し、自由・民主主義化する事」が「必然に成る」。

「朝鮮戦争を始め、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等の場合」は

「更に、事ははっきりしている」。

「核放棄は必然」で「核放棄しない」なら「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の可能性も決して小さく無い」。

「核放棄した後、散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権がどの様に成るのか?」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に分る事」だが

「北朝鮮金政権等が罪と罰を誤魔化し続ける為の唯一無二の策」が

「経済大発展による北朝鮮国民からの賛美を得る道」に「成る」。

「北朝鮮金政権等が、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を放棄し、

米国トランプ政権等の支援の下で、経済大発展に成功する」なら

「北朝鮮金政権等の延命も可能に成る」が

「其処から先は、韓国や日本等が北朝鮮金政権等の過去の極悪事に対してどれだけ寛容に成れるか?」に

「かかっている」。

「早々に、非人道的なスパイ・工作活動等は止めておいた方が、其の面で有利に成る事は言うまでも無い事に成る」のだから

「未だに、連綿と、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等や其の協力等を行い続けている者たち等は、

一刻も早く、自らの自虐性に気づくべき」だ。

「中国共産党」も「北朝鮮金政権等」も「残されている時間は長く無い」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »