« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

本日の日テレ朝番でも「野党の為の、桜を見る会問題論が主扱いだった事」等からも判明する現状テレビ界等の支配人脈の正体・・・。

『「民放大手では、フジと日テレは、所謂、保守寄りと言われている」が「其の保守よりが、本当に、日本の保守よりなのか?」を

「探究する」なら

「タイトルの事態等からも、本当の正体を理解・把握等する事は、容易な事に成る」。

「桜を見る会の招待者塔の問題」とは、

「国政上では、実質的、小問題に他ならない」。

「また、

長年慣例的に続いて来ている問題でもあるのだから、正当な問題解決法なら、

長年続いて来ていた桜を見る会全体の検証から始めるのが当たり前に成る」。

「実質的、小問題を大問題化」し、

「其の中の特定極一部ダケを過剰偏重して、政争の具化する事により、

実質的には、他の政治・政策の実行を遅らせている、現状の野党等の対応について」は

「普通の、当たり前に健常なテレビ・マスコミ等なら、

先ず、大きな仕事からするべき論等が主であって当然に成るし、

桜を見る会問題については、先ずは、別に第三者検証委員会でも設置して、

歴代全ての徹底検証から始め、問題点を洗い出した上で、

改めるべきところ等を提案してもらったり、、

税金を使って行う事自体が今時、不適切なら、廃止を提案してもらったり、した後で、

国会で然るべく決めれば必要十分に成る」。

「其れなのに、本日の日テレ朝番の論調でも、

桜を見る会の問題が、国政上では実質的、小問題に過ぎない事等は十分に喧伝せず、

更に、其の中の部分偏重使用政争の具化は、明らかに、問題解決法としては不適切である事も十分に喧伝せずに、

自民党も野党の頃は、政権を取る為に何でも行っていた等と、

今の野党の国政を遅滞させるやり方を、庇う様な論調までが、

公共の電波を使って喧伝等されていた」のだから、

「其処に露呈していた」のは

「日本の保守では無く、日本の現政権が嫌いな韓国・北朝鮮等人脈等が日本のテレビ上で使い続けて来ている保守仮面」等に「成る」。

「所謂、左翼でも、所謂、保守でも、

日本に根差しているモノと、根っ子が韓国・朝鮮等では、

上辺が似る事があっても、内実は大きく違う事に成る事が、実際は、よく起きている」のが「現実」だから、

「上辺に操られて、日本ご用達では無い、韓国・朝鮮等ご用達の論で、自らの頭の中等を染め上げさせられてしまう事等は、

日本国民なら自虐に成ってしまう場合が多い」から

「十二分な注意や実体把握等た必要に成る」のが

「戦後日本の情報・教育等の実態に成る」。

「この戦後日本社会の中に在る、其れこそ、当たり前に、何時でも、注意したり、実体把握したりする事等が必需に成っている事態」を

「まるで、無い事であるかの如く、扱い続けて来ている」のも

「韓国・朝鮮系等ご用達情報・教育等の実態」だ。

「逆に、最初から、注意して視聴しhたり、読んだり、授業を受けていたり、する」なら

「其のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校・教師等が、

日本の情報配信者・教育者等なのか?

韓国・北朝鮮等ご用達の情報配信者・教育者等なのか?を

見極める事は、意外な程、容易く成る」。

「重要に成るのは、上辺では無く、内実で、内実が、日本国・多くの日本国民の為に成っているか?否か?」だ。

「日本の国政を停滞させた方が良く成るのは、日本か?韓国・北朝鮮・中国共産党支配下の中国等々か?」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実際に、現野党の中にも多数居る、民主党政権時の国会議員等が与党時代に行った政治・政策等では、

円高容認政策等により、日本が大いに細った反面で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等々が、大いに太った」し

「其れらの国々と馴染みが深い、日本の中の在日人脈や帰化人脈等々の企業や者たち等の多くは、円高輸入で大いに太った」。

「人口比率で言うなら、日本の中の少数派を太らせると共に、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国を太らせたのが、

民主党政権時代の政治・政策の実態だった」から

「当然の如く、日本の中の多数派からのダメ出しが起き、

自民党側の政権奪取の為の政争故では無く、民主党政権が行った政治・政策故に、必然的に政権交代が起きた」のが

「民主主義社会の現実」だ。

「日本で民主党政権の様な政権が成立し、

上記の様な{民主主義}政権交代が、二度と引き起こされない様にする為」には

「少数が多数を支配するやり方である独裁政権化が必需に成る」から

「民主党政権時には、

官僚よりお利口とはとても思えない政治家等による政治主導や

幹事長室への権限集中等の独裁政権化{改悪}も行われていた」。

「多数が細った結果、日本の少子高齢化状態や景気状態等も当然の如く悪くなった」が

「其の様な実態を、未だに、円高故に消費者物価も安く成り、暮らし易かった等々と嘯きたがっている」のが

「日本の中の、韓国・北朝鮮・中国共産党等ご用達人脈等の実態」で

「昨今、極東地域で起こされている対立の実体」は

「其の精神構造・精神文化を理解・把握するなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが、良く判る事に成る」。

「個人個人の自己健常支配をベースに、自己支配欲の本来欲求を充足しながら、他の人々とも調和を取り続けようとする、民主主義

VS

特定極一部の者たち等による、他の人民支配と、

特定極一部の者たち等による支配を是とする多くの被支配民という、

自己支配欲の代償欲求の過剰追及に明け暮れる事を是とする、独裁主義」の

「根本的に、健常な、支配欲の、本来欲求充足派」と

「根本的に、不健常な、代償欲求過剰追及派」の「対立に他ならない」。

「古の時代」は「科学レベルで実体や事実・現実等を判明させる事が出来ている物事等が極めて少なかった」から

「物質文明面でも、精神文化面でも、乏しく」、

「例えば、誕生・死の実体把握も不十分で、ほとんど全ての人々が、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観を抱いていた状態だった」ので

「必然的に、頼る者・物・事の中心に、先ず、人間自体が置かれる事に成った」。

「人間自体を頼るなら、頼る人間をより大きく扱った方が合理的に成る」から

「古代の墓を知るなら、誰もが納得出来る様に、世界中、其れこそ、何処でも、古代の権力者等の墓等は巨大に成っている」。

「大きな存在にしている権力者に其の集団に属している者たち全てが従う事により、其の集団の安定化も実現出来ていた」から

「そんな古代の政治体制は、何処でも、独裁体制に成った」。

「個々の集団がそれぞれに育ち、巨大化して行ったり、行動範囲が広く成ると、独裁政権同士の対立や抗争等が生じるのは、必然」で

「其れが、武力による命がけの比べっこ精神文化として、世界中の最先端精神文化に成っていた時代が長かったからこそ、

人類の歴史は、戦争の歴史にも成ってしまっていた」。

「戦争自体が、科学技術や物質文明製品等の進歩・進化により、高度な武器の製造~使用が可能に成り、過激化し、

核兵器まで実用されてしまったのが、先の世界大戦末期だった」が

「核兵器による膨大過ぎる破壊力や使用後の環境への悪影響等が判り、核兵器保有国が複数に成ると、

核兵器自体が世界大戦の抑止効果を持つ様に成り、

世界大戦という武力による比べっこ支配権/被支配権の究極という精神文化を実質的に、封じられた人類が次に選択し実用して来ているのが、

武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いという現状人間社会の主流最先端精神文化に成る」。

「本来なら、物質文明側の進歩・進化と共に消滅していた筈の独裁政権は、

旧社会・共産主義と一緒に成る事により、延命した」が

「個々の人間たちの精神構造や其の集大成である人間社会の精神文化等の根本からでは無く、上辺で理想を追ったが故に、

実際には、理想を構築出来なかった、旧社会・共産主義にとって、独裁政権化が延命の有効策に成った」のだから、

「其の、実体としては、劣悪者同士のコラボが、民主主義圏より良い効果を生じさせる事が出来る訳も無く、

時を重ねるごとに、民主主義圏との差は開く一方で、国内情報統制の裏で、民主主義圏内の国々で、いくらスパイ・工作活動等を行い、

より進んでいる民主主義圏の科学技術や物質文明製品等の素を盗み出し続けていても、

周回遅れは周回遅れで負けが決まっている状態に他ならない事に、気づいた旧ソ連は、開放政策から民主化し、

東西冷戦は一応終わり・・・と成った筈だった」が

「旧ソ連の絶大なる軍事支援の下で中国内の政権を取ったが故に、

更に、政権奪取後も不適応分子粛清等で、大量の中国人も殺して来ている、中国共産党支配下の中国」と、

「同じく、旧ソ連の絶大なる軍事支援の下で朝鮮半島内の支配権を得ようとし大量の朝鮮人も殺し、

其の後も不適応分子の粛清等で大量の朝鮮人も殺して来ている北朝鮮金政権等が、未だ、独裁政権のまま・・・」だ。

「其の{不良債権}を解消させる為の軋轢」が「昨今の極東地域対立問題の本質に成る」。

「ここで、多くの人間たちが気づくべき事」は

「非常に大きな扱いとされている独裁政権の者たち自体が強大な力を保持している人間では無い事」だ。

「其ればかりか、むしろ、自己健常支配の継続さえ満足に出来ていない不健常な、或いは、病気状態の者たち等である事」だ。

「不健常な、病気状態の者たち等を強大な者として認めているのは、其の被支配民状態の人々くらい」で

「被支配民自体も、自己健常支配の代わりに他者による被支配を受け入れ続けさせられている不健常、或いは、病気状態の人間たちに他ならない」。

「不健常状態、病気状態の者たち等は、往々にして、無意識レベルから、SOS信号を出し続けたがる」が

「其れこそが、独裁政権国が行い続けて来ている問題行動等に成る」。

「世界中に、心の奥底では、助けてくれ!!!と叫びながら、上辺では、お前らより俺たちのが圧倒的に強いんだゾ~!と強がっている」のが

「独裁政権の実体」で

「其の被支配民の実体も同様に成る」。

「ここで、より{症状}の軽いのは、被支配民に成る」ので

「例えば、情報の自由化等が浸透する」なら

「多くの被支配民が、独裁者による被支配より、自己健常支配を選択する事に成る」のは

「人間自体には、自己健常化欲もシステムも在るので、極めて当然の現象でもある」。

「この根本的自己健常システムを働かせない様にし続ける為のヤクが金と異性と他者支配権力等々」で

「被支配民は、他の国の人々に対してでも支配権を与えられたり、金や異性等を過剰に得る事等による、

被支配欲からのトリップが大好きな場合も多い」。

「其れらのヤクを効率的に被支配民に与えたり、いう事を聞かない被支配民を不適応分子や危険分子等として粛清したりするのが得意なのが、

未だ、残っている{不良債権}独裁政権の実態でもある」。

「独裁政権にとって困るのは、経済的困窮や権力失墜に繋がる情報・教育等で、

其の様なモノを独裁政権国内で流行らない様にする為に、過剰武装したがる事も悪い特賞の一つに成る」が

「過剰武装したつもりの後ろ盾の軍備等とは、周回遅れの軍備以下に成るので、実際に戦争と成れば、勝ち目が無い」。

「其処で、邁進したがるのが、他国内でも、スパイ・工作活動等という訳」で

「其の一端が、戦後日本社会の至るところで露呈し続けて来ている」が

「逆から言うなら、独裁政権解消の為には、其の他国内でのスパイ・工作活動等を徹底的に排除する事が極めて有効に成る」のだから、

「其れを、意識的、かつ積極的に行う事が、民主主義圏の人間たち等の責務でもある」。

「比較的自由度が高く、大衆影響力の大きい、

テレビ・ラジオ・マスコミ界や、学校教育界等々から、独裁政権解消の為に、スパイ・工作活動等に役立つ情報・教育等を

意識的、かつ積極的に行う」なら

「中国や北朝鮮の民主化による{不良債権}の解消」も「結構早く、具現化出来る事に成る」が

「其の逆に、情報・教育界を独裁政権側が押さえているなら、{不良債権}の解消は進まず、

時と共に、不良債権はより大きく成り、最終的には破綻する事に成る」。

「ここで、現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育等を振り返る」なら

「現状の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の重大な問題を認知する事等は、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが出来る事に成る」。

「独裁政権自体が不健常や病気状態に成る事」は「精神構造・精神文化的に明らか」で

「人類の存続~永続の為には、多くの人間たちが根本的に健常で在り続ける必要がある」。

「多くの人間に不健常状態を強い続けている独裁政権の排除は、今の人間たちが行わなければならない重大な責務の一つに他ならない」。

「現状の日本の多くの情報・教育等の是正が急務である事」も「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「相変わらずの、桜を見る会をダシにした{野党プロパガンダ}」等を昼番では「実質的、スパイそれ程気にする必要無しマインドコントロール情報」等を、公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「桜を見る会あら探し~国政上の小問題の大問題化~審議拒否」の「実効」は「日本の国政の停滞」に「成る」が

「一体、何処の誰等の為に、日本の国政を停滞させているのか?」等を「探究するのも役割りの筈」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等の者たち等のほとんど」が

「其の問題の探究をしない」のだから、

「国政を停滞させている野党国会議員等の国会議員としての矜持」も

「審議拒否野党等が何処の誰の為に、日本の国政を停滞させているのか?等を探究していないテレビ・ラジオ・マスコミ界等の者たち等の

ジャーナリスト等としての矜持」も

「一体何処にあるのか!!」等と

「怒り、呆れ、哀れにさえ感じている日本国民の数も多い筈」だ。

「ここで忘れてはいけない事」は

「現状で上記の矜持無き仕事???を行っている者たち等のほとんど」が

「戦後日本の学校教育上の所謂、優等生や高学歴者等である事」で

「其処にも、戦後日本の学校教育等の重大問題が露呈している事」に「成る」。

「桜を見る会の問題」等「国政上の実質的、小問題等」は

「第三者による検証員会でもつくり、歴代の桜を見る会の問題点を洗い出し、改善すべきところを明らかにしたり、

今時、国税を使って行うに相応しく無い事なら、廃止する事等を提案したりした上」で、

「国会で今後を決める」のが

「適切な問題対処法に成る」。

「長年、慣例的に続けられて来ている桜を見る会の極一部ダケを切取り、過剰・過大に問題化する事で、

現総理や、政府・与党等に悪イメージを付け、野党をより有利にする為の政治運動等を行う」のは、

「明らかに、スジ違い」で「其れを主題にした、野党等の国会対応により、国政が遅滞させられる事の

日本国・日本国民に対する実害」は

「桜を見る会の中の問題による実害より遥かに大きく成る」のだから、

「其の辺りの実体をちゃんと情報配信していない、審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の

情報配信内実もまた、酷過ぎる事に成る」。

「反対、もしくは、審議拒否野党等も、

言葉狩りや態度狩りや粗探しによる小問題の大問題化等々で、反対!や審議拒否!!を連発している様」では、

「多くの有権者から支持を得る事は不可能」だ。

「現与党より、より良い、日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等を訴えられていてこそ、

政権交代も可能に成る」のは「当たり前の事」で

「現状では、国政を遅滞させる野党よりは、国政を進める与党の方が、未だマシ・・・等と、

消極的選択で与党を支持する有権者も多いから、

与党が圧勝する事に成るのは当たり前の事」で

「其れ故に、一強多弱状態が続いている」。

「野党が反日他国等の日本の中の手先等では無く、日本の政党・政治家なら、

現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を訴えられていて当然に成る」のだから、

「其の当たり前が出来ていない野党等からは、反日他国人脈等の臭いさえもが漂って来る事に成る」。

「其の様な者政党や政治家等が与党に成っていた民主党政権時の桜を見る会では、どの様な人々が参加していたのか?」を

「徹底検証するなら、反日外国人人脈の人々も居たんじゃないの・・・等の事態が判明するんじゃないの・・・」等と

「思ったり、感じたりしている人々の数も多い筈」だ。

「長年、慣例的に続けられて来ている、桜を見る会の問題」は

「桜を見る会全体をちゃんと検証した上で、論じるべき事に他ならない」。

「極一部だけを切取り、其れを主題にして、国会内で騒ぎ、審議拒否等の手段で、日本の国政を遅滞させる事の

不合理性や実質的、罪」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」が

「多くの視聴者・読者・生徒等に、其処を考えさせない為の情報配信や学校教育等を行い続けて来ている」のが

「反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師・教授等々の実態に成る」。

「そんな人脈の者たち等を中心とした天動説状態の情報・教育等を何時までも蔓延させ続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等で、スパイ・工作活動問題を言う」なら

「真っ先に言うべき」は、

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)に成る」が

「北朝鮮金政権等の手下・お仲間・オトモダチ等かも知れない、戦後日本の情報・教育界の者たち等」は

「其れは、圧殺・黙殺した上で、

他のスパイ・工作活動問題等をダシに、優等生ぶり、正義ぶったりする、のが得意な様相を露呈し続けて来ている」。

「北朝鮮の工作活動では、拉致が既に、発覚している」が

「拉致が拉致工作であった実態は、未だに、圧殺・黙殺状態」だ。

「日本海側の海岸付近から、其処にやって来ていた北朝鮮の工作員に拉致された女性ダケ」が

「象徴的かつ、大々的に扱われている」が

「日本全国各地から多数の日本国民がどの様にして拉致されたのか?」を

「実態通りに知らせる情報配信は、未だ、封印状態」だ。

「少し考えるなら、誰でもが解る事」だが

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致する為」には

「拉致するに適切な者の割り出しから始まり、

拉致した後に、裏切られない様にする為の有益分子化教育等を行う必要性もある事に成る」。

「其の様な、前準備の為に、どれ程の組織等が要るのか?」を

「考えるなら、誰もが、日本全国各地に、北朝鮮金政権等の出先工作組織や其の協力組織等が、数多く無ければ、

日本全国各地からの数多くの日本国民の拉致が成立し得無い事に気づく筈」だ。

「日本全国各地で、拉致対象者にされてしまい、其の後の有益分子化情報・教育等も素直に覚え込んでしまった人々」は

「北朝鮮の工作組織や其の協力者等の住処等を辿りながら、

日本海側等に移動させられ、

北朝鮮からやって来ていた運び屋工作員に渡された」のが

「多くの拉致工作の実態に成る」。

「ここで、多くの人々が直ちに考えるべき事」は

「拉致工作に手を染めた日本国内の北朝鮮の工作組織や其の協力組織・協力者等が

其の後、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を行わせられないのか?行わされるのか?」で

「多くの方々が直に重いが至る通りに、一端、工作活動等を行わせる事が出来た組織や者たち等が、其の大元から解放される事は極稀に成る」のが

「当たり前」だ。

「結果として、其の後も、日本国内で、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等は、

今でも、連綿と行われ続けている」のが「現実」だ。

「では、拉致以外に、どのようなスパイ・工作活動等が行われ続けて来ているのだろうか?」

「政財界工作はスパイ・工作活動の{王道}」だから「もちろん、行われ続けて来ている」。

「北朝鮮労働党と日本社会党が友党関係にあった事」等を「知っている方々も多い筈」で

「日本社会党の流れが、社民党だけでは無く、民主党~立憲民主党等々にも流れている事」も

「知っている方々も多い筈」だ。

「其の辺りの実態」が「訴えや、政治行動等にも結び付いている事」は

「其れらの政党や政治家等々が行って来ている事等からも、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、理解・把握等出来る事に他ならない」。

「其の様な流れの政党・政治家等にとっては、北朝鮮金政権等にとって良い政治・政策等を訴える事等は簡単かも知れないが、

日本国・多くの日本国民にとって、より良い政治・政策等を訴える事等は、困難に成る事」が

「容易に推定出来る」。

「もちろん、戦後日本国内で行われ続けて来ているスパイ・工作活動等は、

スパイ・工作活動等の{王道}政財界工作だけでは無い」。

「では、どの様なスパイ・工作活動等が行われ続けて来ているのだろうか?」

「其の答えを見出す事は、何処のどの様な人脈の者たち等がスパイ・工作活動等を仕掛けて来ているのか?等を

考えるなら、ある意味、簡単な事に成る」。

「大元が、北朝鮮金政権等で、日本国内で行うスパイ・工作活動等となれば、

日本国内を北朝鮮金政権等にとっての有益分子で満たし、

日本国内の北朝鮮金政権等にとっての不適応分子なら、場合によっては粛清までしてしまう事に成り、

其の為に必要になる、費用・技術・労働行為等を得る事に成る」。

「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等の多く」が

「北朝鮮や在日外国人等々に対して、異常な程、甘く、

其の逆に、日本人に対しては、自虐強いも当たり前状態だった」のは

「決して、単なる偶然では無い」。

「米軍の占領政策に入り込んだ日韓併合時に自主渡来等していた数多い朝鮮人が

戦後の日本国内で、時には、非人道的な強奪行為まで行いながら、かなりの実権や資産・財産等を得た」が

「南北朝鮮分断後は、其の中の相応に多数が、北朝鮮側に成った」。

「北朝鮮側に成った在日朝鮮人は、当然の如く、北朝鮮金政権等の支配下に置かれる事に成り」、

「其の結果、日本全国各地に、北朝鮮のスパイ・工作組織のベースが出来た」。

「スパイ・工作活動等を行う事に同意する事で、北朝鮮への帰還を避けた者たちも多い」。

「居残った朝鮮人たちは、

日本国内で所謂、左翼の者たち等と連携したりする有益分子増大工作に励んだり、

新興宗教や民族団体や組合組織等の器を利用してお仲間同士の連絡や相互監視を行いながら、

日本人に対して、スパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている{実践部隊}を動かして来たり、其の協力をして来ていたり、する」。

「基本がスパイ・工作活動なので、戦後日本の現行法・現行の摘発体勢では摘発困難な手段が用いられている」。

「例えば、不適応分子の粛清を行うにしても、

主としては、

継続的に、かつ多角的に、

進入工作や水道工作もも合わせて、弱毒物や有害物を摂取させたり、

人体に有害な工作電磁波を当て続ける事により、発ガンも含む発病は不調状態を誘う事による

早死に化や本来の能力を発揮出来無くする弱体化等の{工作濃度による粛清}手法や、

情報・教育等による頭身体への圧迫や、

経済を衰退させる罠仕掛けや、

医療工作等により、ターゲットを、意図的に、弱体化・不調化し易い状態にする、

非人道的手段が用いられている」。

「多くの日本国民が既に、良く知っている」のは「自虐強い情報教育等」だろう。

「~日韓併合~終戦直後~等の史実をありのままに原寸大で教えたり、情報配信したりする事は圧殺・黙殺状態」で

「日本いる朝鮮人のほとんどは日本に強制的に連れてこられた可哀そうな人々・・・」等の

「史実とは違う、史実を知らない日本国民が考えるなら、

日本国内に居る朝鮮人に対しては、謝罪したり、特別扱い等、するのが良いのでは・・・等とさえ、

想えてしまう内容」等々が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等で蔓延っていた」が

「ネット普及と共に、史実を知る人々が急造し、急速な是正が行われ続けて来ているのが現状」に「成る」。

「因みに、日韓併合二国間国家間契約とは、

単独では国・国民の存続さえもが危うい状態に陥っていた当時の韓国の国家権力者等が

欧米列強による侵略~支配を奇跡的に退けていた日本と一緒に成る事により、

国・国民の存続を図る為の国家間契約であり、

実際に、行われていたのは、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策であり、

断じて、日本による侵略~植民地支配では無い」。

「日本による侵略~植民地支配論で、米国人権力者等を騙したのは朝鮮人」で

「日米開戦と成った米国には、騙された状態のままの方が合理的な面も在った」から

「戦後の占領政策時にも朝鮮人を重用した」が

「武器を放棄させられた日本人相手に、

占領政策上で武器を持てていた朝鮮人たちが集団で、

駅前の一等地や街道沿いの大土地等々を強奪して行く余りにも酷い実態となってしまった」から、

「最終的には、米軍が鎮圧をした」のが「史実」だ。

「大戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、日本本土に強制的に帰還させられた」が

「占領政策上で非人道的な強奪等により日本国内で利権を得た朝鮮人等のほとんども含む多くの朝鮮人が日本に居残り続けて来ている」。

「共存・共栄・平和目的で、日本国内で生活したいから、日本に居残っているなら、問題は無い」が

「其の中には、北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等や其の協力者等まで居るのが実態」で

「未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている」。

「例えば、工作電磁波を使うなら、ターゲットの家の中やターゲットの行動等は、丸見え状態に出来てしまう」ので

「例えば、番号キーの金庫の暗唱番号を盗み見して盗み取る事も可能に成り、

金庫の中の情報を盗んだり(カードスキャンも含む)、金庫の中のモノに仕込んだりする事も出来てしまっている」。

「家も含む開錠は、国家ぐるみのプロ開錠組織等がキー種とナンバーを得て合鍵をつくって行っていたり、

車のスマートキーのリレーアタックの機能も持つスマホ(アプリだけか、アプリと小さな外部機器等で可能に成るのかも・・・)を工作員や協力者等が保持していたり、

・・・する」のだから、

「其れらに必要に成る技術等情報が、

元々は、縁の下の盗み聞きネズミ状態から始まっていた、

其のスジの者たち等によるスパイ・工作活動等の蓄積の先で得られ続けて来ている実態」も

「露呈している」。

「在日の母を持つ独裁者金正恩にとっては、正当性を得る為に、韓国だけでは無く、日本の支配も必需に成る」ので

「未だに、日本全国各地で、日本乗っ取り支配の為のスパイ・工作活動等が旺盛に行われ続けている実態が露呈している」が

「この重大な実態さえも、ロクに告発等して来ていない」のが

「北朝鮮金政権等の手下、お仲間、協力者等かも知れない、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「政界で、必要になる法・体制整備等に、徹底的に抗って来ているのが、

北朝鮮金政権等の手下、お仲間、協力者等かも知れない、政党・政治家等の実態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「相変わらずの、桜を見る会問題ダシの政治運動状態」だったり「SNS問題等で優等生ぶり、正義ぶち状態」だったり・・・等々していたが・・・。

『「問題の在った桜を見る会は、来年度中止~問題点検証~排除等の見直しが既に決まっている」のに

「未だに、この国政上の、実質的、小問題を大問題化する事により、

反対、もしくは、審議拒否野党等を少しでも優位にする為の政治運動等が、

反対、もしくは、審議拒否野党等のお仲間テレビ常連出演者等により、

公共の電波上で行われ続けている状態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「其の裏から漂って来る臭いが、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本国内での情報工作等の臭い」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者等の数も決して少なく無い筈」だ。

「日本国内の

反日他国人脈等による

戦後日本の現行法・現行の摘発体勢では摘発困難な手段を使っている

非人道的な集団スパイ・工作活動問題も含む日本国・日本国民の安全保障問題等々の

国政上の重大問題や、

現政府・与党より、より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等」を

「訴えずに、言葉狩り、態度狩り、粗探し等々を続け、

反対!や審議拒否等々の手段で、実質的には、日本の国政の邪魔や立法~政策実現の遅滞を招き続けて来ている。

野党等の政党や国会議員等に、

不十分な面もあったりしているが、日本の国政上で必要に成っている実務を行い続けて来ている与党等の政党や国会議員等と

同じ基準で血税を使った報酬を与え続けている事に、

大いなる不満や疑問等々を感じている有権者の数も多い筈」だが、

「其の様な多数の有権者の感や思い等々は何処へやら、

相変わらずの、

言葉狩り・態度狩り・あら探し等々をダシに、

現政権に悪イメージを付ける事により、反対、もしくは、審議拒否野党等を少しでも優位にする{政治運動}を

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行う事で、

実質的には、視聴者・読者の中に多数居る有権者の投票行動を操ったり、

日本社会のムードを操ったり、しようとし続けている様相」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「桜を見る会等の国政上の小イベント等に問題が在る事が判明した」なら

「一般国政とは別に、第三者による実態調査委員会でもつくり、其処で先ずは、問題の洗い出し等を行った上で、

是正したり、責任追及したり、すれば必要十分に成る」が

「其れを、高報酬・高立場の野党国会議員が、国政上の大問題やより良い政治・政策等は何処へやら、率先して大々的に行い続けていたり、

其の様な野党・野党議員等のお仲間テレビ・ラジオ等が公共の電波上の貴重な時間を割き続け、

実質的には、野党等の支援をしていたりする状態」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「小中学生等のSNS使用に付き纏っている危険の問題の裏に在る」のは、

「親や学校・教師等による監視・小中学生支配の不十分さでは無い」。

「其れらは、表の現象の一部」で

「裏に潜んでいる本当の問題」は

「小中学生自体が、

比べっこによる支配権/被支配権争いから、

自己健常支配と本質・快適探究へと

自らの精神構造(自己制御ロジック)を健常成長させる為に必要十分な情報・教育・環境等を得られていない事」だ。

「本質・快適探究、自己健常支配方向に自らの精神構造を健常成長させ続ける事が出来ている状態」なら

「例え、家庭環境や親等に、不平・不満等がが生じている状態に陥らされても、

悪戯に、無防備に、短絡的に、便利なコミュニケーションツールの一つであるSNSの中で、代わりを見出そうとする、

相手によっては、危険や自虐を誘ってしまう可能性も決して小さく無いモノに、縋ろうとする状態に陥る事も激減する」。

「精神構造の健常成長を抜きにする事」とは「支配を容易にする為の愚民化調教の実体も持つ、重大な人権侵害」に「他ならない」。

「より支配を容易にするなら、何処かの問題多発国の如く、情動脳への退行状態を誘い、強いる、情報・教育を大々的に行う事等が

合理的に成る」が

「そうなると、愚民化のレベルも酷く成り、国の発展もままならなく成り易く、

其の国の実権者(支配者)等が其の国の国民を支配する事は、容易に成っても、

国の発展では他国に遅れ、国民の民度も他国民の民度より劣る状態が続く事に成るので、

時を重ねるなら、国・国民の存続さえ危うい状態に陥る事に成る」のは

「日本による保護~日韓併合前の韓国等の実態・実体を知るなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが、歴史から学べる事に成る」。

「幸いな事に、現状でも既に、自由・民主主義圏の国の状態に入っている日本国」なら

「より良い状態を構築する為にも、

民度を上げる事に直結している、

個々の国民の精神構造の健常進歩・正常進化を誘う情報・教育等を

意識的かつ積極的に行う事が合理的に成る」。

「元々、自由・民主主義とは、

実質的には、独裁支配に他ならない、所謂、社会・共産主義より遥かに、人民支配が不要な社会状態」だが

「其れでも、尚、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という

乳幼期には当然でも、

成人なら、代償欲求の追及に成る状態を過剰に欲する状態の人間たちが未だ多い」のは

「本質・快適探究、自己健常支配に有益に成る情報・教育等が圧倒的に不足しているから」で

「何故不足し続けて来ているのか?を探究する」なら

「不足させる事で生じている現状の情報・教育界で利権を得続けて来ている者たち等の既得権益の維持~増大の為の

画策が続けられて来ているから」だ。

「天動説状態の実権者等が天動説状態上の利権の維持~増大を図り続けて来ている実態」は

「天体が未だ天動説だった時代の教会等の利権の維持~増大等の実態と同様」で

「歴史から学べているなら、即刻にでも是正すべき、今時。恥ずべき状態が其処に露呈している事に成る」。

「小中学生時等に自分の実体や其の実体の根本的目的等々を学び、

自らの精神構造の健常成長を促し続けている状態の人間」と

「小中学生等に、他人との協調や共感とか、先生のいう事を良く覚え、守る事を{調教}され、

自らの精神構造の健常成長を阻害され続けている状態の人間」では

「SNS等のコミュニケーションツールを使うにしても、ツールは使わないにしても、

コミュニケーションの内実が大きく違う事に成る」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「身体的には、成人の年齢に成っている人々でも、得られる情報・教育により、

自らの精神構造を健常成長させるなら、

其の後の人生は大きく変わる」。

「現状脱出欲動を暴発させる為に、SNS等を実質的には、自虐使用する事も激減する事に成る」。

「親や教師等に支配される人間を育てる」のと

「自ら成長する人間に育つ事を手助けする」のとでは、

「調教と教育の違い」が「在る」のだから、

「今時、未だに、調教状態を、優等生ぶり、正義ぶり、推奨等している様では、

本当に、情けない」。

「自らの精神構造を健常成長させ続ける事が出来ている状態なら、

物理的に多大・過大等の事態にでも襲われていない限り、言葉の上辺で傷つく、傷つけられる等の状態に陥る事も激減する」。

「重要に成るのは内実」だから「内実が虚なら、虚を言う方がバカや自虐等々に思えたり、感じたり、するダケ」だ。

「内実が実」なら「自らに直した方が自虐度も下げられる事等と知る事が出来た分だけラッキー!」に「成る」。

「言葉の上辺を規制する事の愚かさは明らか」で

「上辺がどんなに綺麗でも、内実が自虐だったり、劣悪だったりして、酷いモノこそ、責められて当たり前に成る」。

「成人に対する他者支配や被支配強い」は「自己健常支配権等の基本的人権を大きく阻害する悪事に他ならない」。

「この意味からも、独裁体制は明らかな悪」だ。

「其の様な悪の実体を多くの自国民等に理解・把握させない為に必要に成っているのが、情報縫製であり、愚民化調教」だ。

「本当に実の在るモノなら、個々の人民を自由にしても存続可能に成る」。

「本当は、悪であり、自虐であり、上辺の虚像で支配し続けようとしている」から

「自国民の成長も自由も奪い、情報も統制され、監視下に置き続け、都合の悪者たち等は非人道的な手段で粛清までし続けている」のが

「劣悪な独裁体制の国々の実態で、其の人道上の大罪は、全世界が協力してでも、出来る限り早く排除すべき事に成る」。

「個人レベルの独裁他人支配の裏に在る」のも「同様の構造」だ。

「人間誰もの自分の実体や、其の実体の根本的目的や、

人間の精神構造や人間社会の精神文化を理解・把握する事に役立つ情報・教育等を得て、相応に、理解・把握出来ている人間たちなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る実態が其処に在る」。

「銃規制同様に、SNS等でも、自虐に成らず、自由も損なわない、合理的規制等の現状対策は、相応に合理的に成る事」は

「当たり前の事」だが「実際に、規制業務等を行うところや、其れを周知するところ等には、相応の負担が生じる事に成る」し、

「規制を主にすれば自由や成長も阻害される事に成ってしまう」から

「規制は、必要に成ってしまっている現状対策程度に留め、個々の人間の精神構造の健常成長に役立つ情報・教育等を

意識的、かつ積極的に行う事が重要に成る」』。

『「北朝鮮労働党とのオトモダチ政党人脈の、

反対、もしくは、審議拒否野党等が、

桜を見る会問題をダシに、何としても、早々に、現政権を倒そうとしている裏から」は

「もう、長持ちしそうも無い、北朝鮮金政権等の切迫感等の臭い」も

「濃厚に漂って来る」。

「北朝鮮金政権等が無くなった後、

日本の其のオトモダチ人脈、反対、もしくは、審議拒否野党等や其のお仲間等々の

状態や実態等がどの様に変わるのか?」等を

「ある意味、楽しみにしたりしている、日本国民の数も決して少なく無い筈」だ。

「北朝鮮金政権等の手下やお仲間や其の協力者等では無い」のなら

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の徹底摘発等を

大々的に、訴えたり、実践したり、するべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「カトリック教皇の訪日」をダシに反安倍政権政治運動や反原発社会運動等を行っていた様相だったが・・・。

『「カトリック教皇の訪日」から「話しを進める」なら「其れをダシに、旧態依然とした政治・社会運動等など行わず」に「教皇も訴えていた、世界平和を考える」とか

「宗教とは何か?」等々の「話しでもするのが、今時の公共の電波を使った適切な仕事に成る」等と

「感じたり、思ったりしている」のは「筆者たちだけでは無い」。

「世界平和の実現に有益に成る情報配信も出来ずに、

旧態依然とした政治・社会運動等を公共の電波を使って行い続けて来ている者たち等の裏から」は、

「反対・審議拒否野党等や、其の一部のオトモダチ、もしくは、親分等と強く推定出来る、北朝鮮金政権等の、

手下、情報工作員や其の協力者等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「世界平和を望んでいる人間は数多く、全人類と言っても過言では無い」のは、

「人間誰もの自分の実体である広義の自分や其の根本的目的等を十分に理解・把握している」なら

「意識の有無を問わず、狭義の自分の根底からの健常欲動の一つ」が

「世界平和(人間世界の世界平和と地球上の全ての生物の快適存続)に成っている事」にも

「気づいたり、思いが至ったり、している筈」だ。

「では、何故、人類誰もの根底からの欲動でもある世界平和実現欲が、

其のまま具現化される状態に成っていない、

ばかりか、

むしろ、人類の歴史は戦争の歴史と言われ続け、

核兵器実用以降は、世界大戦は抑止され続けて来ていても、

武力を後ろ盾にした経済戦争状態で、経済圧殺傷がまかり通り、格差も重篤で、地域戦争やテロ・殺傷事件等々は枚挙に暇が無い、

世界平和とは程遠い状態に成って来ている程にまで、

酷く、自虐的なモノに成ってしまっているのか?」

「上記の様な酷く、自虐的な状態の生みの親」は

「人間の意識上の考え・思い・感じ・信じ・納得等々に他ならない事」は

「其の実体を探究するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類誰もが、意識の有無を問わず、世界平和を欲しがっていても、

狭義の自分の意識ダケの過剰偏重使用を基にした行動や人間社会状態の構築を行い続けて来ている」ので

「未だ、世界平和の実現が出来ていない実態が其処に露呈している」。

「この様な実態を鑑みる」なら

「世界平和実現の為に必要な事を見出す事等は、もう、簡単な事に成る」。

「多くの人間たちが自らの無意識レベルの欲動も意識化出来る状態に成れば良いダケ」だから、

「其の為に必要に成る情報配信・教育等を、意識的かつ積極的に行えば良い事に成る」。

「生きている一人の人間誰もの実態」は

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群で、

其の細胞レベルの命の連続性は地球上の全ての生物に繋がっている(広義の自分)」が

「狭義の自分の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」等という

「自分の実体把握を実用した上で、死生観・人生観を構築したり、

ドラマ・映画・アニメ・漫画・小説・ゲーム・音楽・絵画等々の精神文化製品を創ったりする事」により

「多くの人間たちが、自らの内に在る世界平和欲等をより強く実感し易く成る」。

「丸ごと一人レベルで捉えたがる人間の意識」は、

「基本的に、狭義の自分を健常に支配・コントロールし続ける為に実用されていてこそ、正常に成る」が

「自己健常支配を疎かにする」と

「支配欲の本来欲求が充足されない分だけ、其の代償欲求が生じ易く成り、

他の者・物・事を支配したくなったり、他の者・物・事に自分を支配させたくなったりする」が

「代償欲求をどんなに追及しても、本来欲求は充足されない」ので

「往々にして、代償欲求過剰追及状態に陥る」。

「多くの人間の生活実態が困窮状態にあった古の時代」は

「困窮状態にあったが故に、自己健常支配の継続が困難で、本来欲求の不充足状態に陥っていた人間たち」が

「そんな状態から脱するべく、代用欲求上で、行動や社会状態構築等を行った」から

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」の「要素が濃い、行動や社会状態構築が行われた」。

「本質的には、自己健常支配であるべき欲動が、

其の代償欲求である他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配に使われる事態が、

人間間・人間集団間で起こされる」と

「必然的に、比べっこによる支配権/被支配権争いが生じる」。

「古の時代は、人間も含む生物の誕生・死の実体把握も不十分だった」から

「人間の意識の得意技である、丸ごと一人レベルでの考え・思いからの、理解・把握・納得の構築と成った」ので

「精神文化製品として、丸ごと一人レベルの死生観・人生観や宗教等が生み出される事に成り、其れが実用された」。

「丸ごと一人レベルでの比べっこによる支配権/被支配権争い」は

「容易に、武力による命がけの比べっこに成り、其れを具現化するなら、平和は、アッと言う間に、崩壊する」が

「根底では、人間誰もが世界平和を欲している」ので

「武力による命がけの比べっこの後は、其の結果に基づいた安定状態が望まれる事に成る」が

「当然の如く、負けた方が納得し続ける訳も無く、次は、自分たちが勝つ!等と、工夫し、再戦を具現化したり、

或いは、参戦していなかった者たちの一部が、次は自分たちが勝って覇権を取る!等と、支配戦争を仕掛けたりする事に成る」ので

「人類の歴史は、戦争の歴史と成ってしまって来ていた」のが

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である人間社会の精神文化上の実体」だ。

「意識だけを過剰偏重使用している状態上で生まれる、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観や其れに基づく精神文化製品」は

「容易に、世界平和の敵に成り得てしまう」。

「精神文化側の産業革命が行われる前の、酷く、性能の悪い精神文化製品であるが故の問題」が

「其処に露呈している」。

「旧来からの丸ごと一人レベルの死生観・人生観等を実用して構築した精神文化製品」は

「皆、精神文化歴史遺産等の座に収め、今時、必要に成っている、精神文化側の産業革命以降の性能の良い精神文化製品を

意識的、かつ積極的に実用する事」が

「世界平和の実現の為にも大いに有効である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「人間も含む、生物の誕生・死を実体通りに、細胞レベルの実現象である事を実用」したり、

「細胞レベルの命の連続性が地球上の全ての生物に繋がっている事を実用」したり、

「広義の自分の根本的目的が、存続~永続である事を実用」したり、

等々して、

「精神文化製品を創り出す」なら

「相応に、人類の自虐度を下げる効果が高い、性能の良い精神文化製品が出来上がる事に成る」。

「今、生きている、人間誰もの細胞レベルの命の連続性は、今、生きている全ての地球上の他人も含む生物と同じで、

何十億・・・年・・月・・時・・分・・秒・・に成る」。

「100年前の50歳と今の50歳とでは、細胞レベルの命の連続性の年齢が違うのが現実」だ。

「一人の人間個体内でも、細胞レベルで年齢が違うし、其の集大成での細胞群状態も違う事に成る」が

「狭義の自分の細胞群を出来る限り良い状態にし続ける為に必要に成っているのが自己健常支配の継続」だ。

「自己健常支配を十分に行い続けている」なら

「其の代償欲求である、他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配の追及は、免疫を養う程度、遊び程度」に

「必然的に抑えられる」。

「其の様な状態の者たちばかり・・・の人間集団」なら

「代償欲求の過剰追及が生み出している、本来なら不要な比べっこも不要と成り、

必然的に、平和状態が構築されて行く事に成る」。

「はっきり言えば、宗教とは、精神文化側の産業革命以前の精神文化製品の一つに他ならない」から

「実際に、比べっこである宗教戦争まで、起こされて来ている」。

「意識レベルだけ過剰偏重状態の人間ばかり・・・で、

丸ごと一人の死生観・人生観や其れに基づいた人間社会・経済システム等々で、

具体的な平和構築法が解らなかった時代」は

「人間誰もの根底からの欲動でもある世界平和欲の受け皿として、宗教や祈り等が実用される」のも

「ある意味、合理的に成る」が

「人類誰もの実体が科学レベルである程度以上判明させる事が出来て来ている昨今、

宗教等々には、歴史文化遺産の座が相応しい事に成る」。

「永遠の命とは、特定極一部の狭義の自分で実現させようとするモノでは断じて無く、

広義の自分が実現出来る事に他ならない」。

「地球外での存続~永続を可能にしなければ、広義の自分の存続~永続は、実現し得無い事」は

「地球にも、太陽系にも、寿命が在る事からも明らか」だが、

「宇宙空間とは、放射線だらけの空間でもある」。

「宇宙への本格進出の準備の為にも、核制御や放射線対策等の物質文明側の技術を向上させ続ける事」は

「人類の本来欲求の一つでもある」が

「追及の結果得られた技術等の自虐使用を避ける為に、精神文化側も向上させ続ける事が極めて重要である事」は

「核分裂技術を核爆弾として実用してしまった人間の歴史の実態からも明らか」だ。

「物質文明側の産業革命が起こされた時に、精神文化側でも産業革命が行えていた」なら

「其の後の、より進んだ武器も含む物質文明製品の自虐使用による惨劇の多くは避ける事が出来ていた」と

「強く推定される」。

「先の大戦時よりも、遥かに高度で破壊力も大きい武器等々が世界中に山ほど在る現状」で

「未だに、精神文化側の産業革命に基づいたより進んだ精神文化製品を意識的、かつ積極的に実用していない事」は

「本当に、深刻で重大な危機」に「他ならない」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「韓国GSOMIA維持に対する恨み節論」等を日本の公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。

『「元々が、韓国悪政権等による自爆劇で、韓国が北朝鮮支配下に本気で入る気も無いなら、是正が必然の問題」だ。

「日本の言う当たり前の事に対しては、守れない、守らない状態を構築~維持等する事が出来て来ていた韓国悪政権等」でも

「米国からの本気のダメ出しには逆らえる訳も無い」から

「日本政府・与党等も日本の多くの人々も、今回の様な結果に成る事」を

「最初から、分っていた」が

「其の辺りさえも、読み切れていなかった状態を露営した」のが「韓国悪政権の実態」に「成る」。

「何処と無く、

終戦直後の日本国内での米軍に取り入り、武器を持ち占領政策にも入り込んだ朝鮮人たちによる、

乱暴狼藉、武器を持たない日本人相手の非人道的な火事場強奪等の実態が余りにも酷く、

最終的には、米軍が鎮圧した事態」と

「同様の臭いが漂って来る」が

「其れも、決して、偶然の現象では無い筈」と「強く推定出来る」のは、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪人脈の流れが、韓国の悪政権にも成っているから」だ。

「日本を絶対悪化し続ける事でのみ、辛うじて可能に続ける事等が出来てしまう、

非人道的な日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪行為や植民地支配詐欺等々の極悪事を

ちゃんと摘発し、相応の罰を与えてください!という人間の無意識レベルの渇望が、

問題行動の連鎖を引き起こさせ続けている実態も露呈している」のだから、

「韓国悪政権等の駄々問題を根本から解決する為」には

「其処からの{治療}が合理的に成る」。

「日韓基本条約で全てオシマイでその後は未来志向に邁進だった」なら

「非人道的な日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪等々の問題も、

其の時点から、日韓基本条約を守り、未来志向に邁進している限り、封印状態で収められていた筈」だが

「其れでは、人間誰もが持っている根本的良心が落ち着く事が出来得ない」ので

「問題行動を連発する事により、ちゃんと摘発し、罪を問い、罰を与えてくださいと言わんばかりの状態を露呈し続けて来ている」のが

「韓国悪政権等や北朝鮮金政権等の実体」に「成る」。

「其れなのに、

未だに、

日本の公共の電波上で、問題行動が是正方向に動かされた事を恨む様な論調を大喧伝等していた常連出演者等も居た」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「テレ朝だからか、

既に、{ゾンビアニメ(=原作者亡き後、キャラだけが他の者たち等により原作者無縁に、一人歩きさせられている状態のモノ)}と

成ってしまっている{ドラえもん}のキャラを持ち出して、

日米韓の関係を言い、韓国にとってのドラえもんは核兵器である旨等まで喧伝していた{超おバカ}状態の常連出演者まで居た」のだから、

「本当に、呆れた」。

「核兵器とは、今時、其れこそ、数多くの国々が既に保有してしまっている、数十年も前に既に実用化されていた古い兵器で、

もはや、使用するなら、核戦争と成り、人類に勝者無し状態が容易に引き出され易く成ってしまう、使えない兵器』に

「他ならない」。

「古臭い、使えない、既に、多くの国々が保有してしまっているモノ」が

「ドラえもんの如く、何の助けにでも成る力を発揮出来る訳も無く」、

「万一、核保有しようとするなら、北朝鮮金政権等同様に、世界中からダメ出しが与えられる状態下に陥る事に成る」のが

「現実」に「他ならない」。

「兵器にドラえもん的な何にでも助けに成る役割りを求める事自体、既に、酷い時代遅れ状態」に「成る」が

「其の辺りに執着しがちに成っていても、ある意味、当然に成る」のが

「先の大戦終戦時に不当に過分な利権等を得る事が出来てしまった者たち等人脈等に成る」。

「執着したい過去故の、其の時点での最強兵器等への執着等のフリーズ化」等は

「フリーズ化している当事者間では、最高の考え等々と信じ込む事も可能なのだろう」が

「フリース化していない、多くの普通の状態の人間たちからすれば、いい加減に特定過去点等への執着から解放され、

今時の普通のコミュニケーションが成り立つ状態にまで、健常成長して頂きたいモノ等の感を得るダケ」で

「実は、相応に、迷惑に感じたり、思ったり、している」のが「実態」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に大きな名等を刻み込みたく無い」なら

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現時点でのドラえもんを言う」なら

「精神構造・精神文化側の産業革命等を言っていて当然に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」』。

『「香港の区議会選挙では、民主派が親中国共産党派を圧倒して圧勝した!との事だった」が

「其れも、極めて当然の現象に成る」のは

「独裁政権」とは

「他国からの相対的に絶大なる軍事支援等の下で、其の国内の支配権を得た独裁政権が、

独裁政権維持の為に、より大きな権力を持つところに居る人民から支配下に置く手段で、

独裁政権による人民支配を盤石なモノにして行く手段と、

人民支配の為の暴力装置として秘密警察やスパイ・工作組織等を作り、

都合の悪い人民の粛清を出来る限り表に出ない形で行い続ける手段により、

維持されているのが実態」だ。

「実権の少ない香港の区議会員にも、

中国共産党による懐柔・脅し支配策が行き渡り始め、選挙前は、約7割が親中国共産党派だという報道情報もあった」が

「人民個人レベルに近いところへの支配策がそんなに充実している訳も無い」ので

「一度、民主的な選挙が行われるなら、アッと言う間に民主派が大勝と成るベースが在った上に、

中国共産党による{大急ぎの}香港支配策に対する多くの香港市民からの反発も在った」から

「今回の結果は、極めて当然の現象に成る」。

「独裁政権による、上からの人民支配のやり方で横行している」のが

「其処から下の其の地域の人民の支配権はお前にやる!ご褒美による懐柔」で

「ある者の支配下に置かれた人民は、

其のある者には絶対服従が強いられ、

其れを破られない様にサポートするのが上記の暴力装置」だ。

「独裁政権のヒエラルキー構造は、

国家・国民の上に在る独裁者を頂点に、其の支配構造を隅々に出来る限り広く、可能なら全世界に!の

必然性が生まれる」が

「もちろん、今時は、世界の多くの国々は民主化されているので、

何処かの独裁政権の下の其の独裁国のそのまた下の下の下・・・下に自らが置かれる事態を

容認する自由民主主義圏の民が数多く居る訳も無い」ので

「独裁政権と民主主義国連合の衝突は、ある意味、必然に成る」が

「本来は、独裁政権国自体が既に、酷く、時代遅れに成っている」のだから

「独裁政権国の民主化による問題解決が合理的に成っている」。

「其処に大いに抗っている」のが

「現状で独裁政権等の側に居る、実態としては極少数の人間たちと、

独裁政権に無理やり支配され、暴力装置の役割りを行わせられてしまった事により、

実質的、犯罪者状態と成り、

暴力装置の役割りを止めるに止められない状態に追い込まれている、哀れな被支配者たち等」に「成っている」。

「そもそも、人間の支配欲とは、自己健常支配に使う事により、本来欲求が充足されるモノ」だが

「独裁政権とは、他の者・物・事支配という健常支配欲の代償欲求を過剰追及した先で生まれるモノ」で

「独裁政権の被支配民とは、

独裁政権(=他の者・物・事)による被支配の中での安住等という

健常支配欲の代償欲求の過剰追及状態を無理やり強いられ続けている状態を強いられている

基本的人権も大きく奪われている状態の哀れな人間たち」だ。

「比べっこ精神構造・精神文化の先」なら

「独裁政権も存続可能に成ってしまう」が

「本質・快適探究精神構造・精神文化の先」なら

「独裁政権自体が存在させてはいけない悪に成る」ので「存続も不可能に成る」。

「この意味からも、精神構造・精神文化側の産業革命の実践」は

「今時の人間なら、意識的かつ、積極的に、行うべき事に成る」。

「精神構造・精神文化側の産業革命に有益になる情報配信等を行わず、行えず、

未だに、陳腐な比べっこ勝ち負け論や、核兵器狂信教信者状態等々を、公共の電波上で露呈し続けている様では、

本当に、酷く劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「相川らすの、現政権への悪イメージ付け政治運動情報」や「武器・核兵器等問題での偽善レベルの論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「まるで韓国の反日政治運動人脈の者たち等と同様」に「日本の現政権を批判・非難して来ている常連出演者等」からは、

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈」や「北朝鮮金政権等や韓国悪権力差h等の手下情報工作員」等の

「濃厚な臭いが漂って来る」等と「感じたり、思ったり、しているのは、筆者たちだけでは無い」。

「そんな実態を露呈し続けて来ている者たち等」を

「何時までも、テレビ常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」のだから

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「武器商売問題や核兵器問題等についての偽善者レベルの論も酷かった」が

「更に、偽善者レベル、

もしくは、

日本乗っ取り支配の為に都合の悪い日本国民等を大量殺害しても死刑が回避出来る様にし、

乗っ取り支配後には、恩赦で釈放~無罪化&英雄化祀り上げ塔を企んでいる臭いまで漂って来る感じの、

死刑廃止論まで大喧伝していた」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状の日本の死刑制度」は

「上記の様な日本国内での集団殺傷テロ等に対する抑止力にも成っている」から

「現状までは、日本乗っ取り支配人脈等が主として、行い続けて来ている粛清工作が、

戦後日本の現行法・現行の摘発体勢では摘発困難な手法を使う非人道的な集団工作等だったりしている」のだから、

「其の具体的手法である、飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々を大々的に告発もして来ていない者たち等の言う、

死刑廃止論からは、上記の様な臭いが漂って来る感じもする」のは

「ある意味、極めて当然の現象でもある」。

「本来、死刑廃止の前には、

死刑廃止をしても十分に重大犯罪等の発生自体を無くせていたり、抑止出来ていたりする

十分な安全保障状態が無ければ成らない」が

「偽善者等は、其処を抜きにして、死刑廃止論等を言い、優等生ぶったり、正義ぶったり、紳士ぶったり、するのが得意」だ。

「偽善者レベルの論にしても、確信犯の日本乗っ取り支配の為の集団大量殺傷テロを行い易くする為の情報工作の一つにしても、

今時の日本の公共の電波上で、一方的に大量配信される情報内容としては、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「元々、宗教とは、科学レベルで判明させる事が出来ていた実体や事実・現実が未だ少々しか無かった古の時代に、

分らないが故の不安を抑えたり、拠り所に成る事で分らない事を考えたりしないで済む様にする為に、

古の人々が叡智を結集して構築した考え・思い・感じ・信じによる納得法」だ。

「人間の死について」も「疫病も含む病気について」も「自然環境について」も・・・等々、

「十分に理解・把握出来ていなかった古の時代の人間たち」は

「宗教を構築し、宗教を実用・利用する事により、それぞれの難問に対する心の拠り所等にして、

当面の現実日常生活を出来る限り順当に進める事等を図って来ていたと共に、

科学等の実体や事実・現実をより正確に理解・把握する為の手段も構築して来た」。

「古からの宗教は、時代と共に、要求される役割りも変化し続けて来た」ので

「旧来からの宗教の中から、新たな宗教が生まれた事も数多い」。

「ユダヤ教~キリスト教カトリック~キリスト教プロテスタント等々の流れも其の一例に成る」。

「ユダヤ教もキリスト教カトリックもキリスト教プロテスタントも、今も現役」だが

「昨今では、科学レベルで判明している実体や事実・現実がどんどん充実して来ている上に、

宗教の実体に対する理解・把握等もどんどん深まり、宗教の実体を知る人間たちの数も増え続けて来ている」ので

「科学が請け負う領域がどんどん大きく成り、宗教は次第に歴史文化遺産の座に収まる方向に動かされ続けて来ている」。

「そんな中で、カトリックの教皇が、原爆被爆地である広島・長崎を訪れ、核兵器反対・戦争反対等を訴えている」のは

「核兵器問題も戦争問題も、未だ、科学レベルで解決・解消出来ていない事だから、宗教の出番!にも出来るから」だ。

「逆から言うなら、核兵器問題や戦争問題を科学レベルで解決・解消等する事が、今時の人類には激烈に求められている事に成る」。

「自然界・自然現象等に対する理解・把握が不十分だった時代には、

場所や集団によっては、

生贄までもを用いて、

農作等に都合の良い自然現象を願う事で、其の集団の多くの人間たちの納得や落ち着きを得ていた」が

「自然界・自然現象等に対する、科学レベルでの理解・把握が十分に行き渡った後には、生贄という自虐は当然の如く、不要に成った」。

「核兵器問題や戦争問題等に対する、科学レベルでの十分な理解・把握等を行き渡らせる」なら、

「核兵器や戦争という自虐を不溶にする事が出来る」のだから、

「其の為に、或いは、其の呼び水の為に、有益に成る論を喧伝等しない、出来ない常連出演者等では、能力不足は明らか」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もが自分の実体や其の実体の根本的目的を十分に理解・把握する」と「共」に

「人間世界で具現化されて来た実態を、精神構造・精神文化面から紐解く」なら

「戦争の歴史とも言われている、

武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いに、長い間、人類が邁進し続けて来てしまっていたのか?」も

「解る様に成る」。

「更に、核兵器が実用されてしまった後、世界大戦が無く成り、戦争は地域戦争レベルに抑え込まれ、

武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いの代わりに、

武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いが行われ続けて来ている事等の

実体も良く解る様に成る」。

「生きている人類誰もの自分の実体」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している、何十兆もの細胞群(狭義の自分)に他ならず、

其の細胞レベルの命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている(広義の自分)」。

「しかし、狭義の自分の意識は、細胞レベルで、捉え、考え・思い・感じたがらず、

丸ごと一人(一個体)レベルで、捉え、考え・思い・感じたがる」。

「古の時代の人間たちは、狭義の自分の意識だけを偏重使用するしかない状態下に在った」ので

「必然的に、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等を構築する状態と成り、

其れに基づいて実生活も行い続けていた」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観では、必然的に、自分と他人の間に絶大なるギャップが生じる事に成る」。

「何しろ、人間は丸ごと一人いっぺんに産まれ、丸ごと一人いっぺんに死ぬと考え・思い・信じていた」のだから、

「細胞レベルで起こり続けて来ている実態との乖離は絶大」で

「其の矛盾を誤魔化す為の考え・思い・信じによる納得法」が

「丸ごと一人の霊であり、死後の世界であり、生まれ替わりや、復活等々の概念」だ。

「誕生も、死も、丸ごと一人いっぺんに!」で

「死んでも霊が在り、死後の政界や、生まれ替わりや復活等々まである状態」では

「命も相対的に軽く捉えられていて当然」で

「其処に、自分と他人との間の絶大なるギャップが重なる」なら

「他人の命を奪ってでも、自分や自分が属する集団の生活等を豊かに・・・等の欲望や其れに基づいた発想が生まれて当然」に「成る」。

「其れが、互いに・・・と成れば、戦争」で「一方的なら、侵略~支配~奴隷化等々に成る」。

「自分の実体把握も不十分な上に、

衣食住環境も現在より遥かに不十分で、其の中で出来る限り十分な衣食住環境を特定極一部の者たち等が独占していた状態の

人間社会を運営し続ける為には、

丸ごと一人の死生観・人生観故に相対的に軽く感じられていた他人・他民族・他人種・他国民等の犠牲も厭わず、

武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いを行う事で、

少しでも優位な衣食住環境を得ようとする事に対し、是を出していた状態の人間たちが多かった」から

「戦争の歴史」も「長い間、具現化し続けていた」のが「実態に成る」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いの構築度を上げ続ける」なら

「必然的に、其れは、世界大戦に成る」。

「個々の国単位の武力による比べっこをより有利にこなす為には、他国との連合関係が有効に成る」ので

「国家連合同士の戦争と成り易く、其れは、世界大戦に直結する」。

「世界大戦という究極の上に、武力面での構築度が飛躍的に高められた核兵器が実用可能と成れば、

より早く、核兵器の実用化に成功した国等が、世界大戦の中で核兵器を実用する事態が発生する」のは

「ある意味、当然の現象」で

「実際に、いち早く核兵器の実用化に成功した米国」は

「ドイツを敗北に追い込んだ後、ほぼ終わりかけていた日米戦争の中で、核兵器を実用した」。

「核兵器の破壊力」は「全世界に知れ渡る事に成り、其れこそ、世界中が我が国も核兵器を持たなくては米国に負ける!とばかりに、

核兵器保有に邁進する時期もあった」が

「程なく、核兵器使用国同士の戦争をシュミレーションしてみると、人類に勝者無し!と成ってしまう事が科学レベルで判明した」ので

「皮肉な事に、核兵器を複数の国々が保有している事自体が、人類に世界大戦の再現をさせない事に大いに有効に成っている」のが

「現実」だ。

「第二次世界大戦終結後、人間世界の主流最先端精神文化は、核兵器も含む武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」と

「成り、

戦争は、地域戦争レベル限度に、

戦争の代わりに、テロ・スパイ・工作活動等が旺盛に成っている」のが「現実」だ。

「ここで多くの人々は気づく筈」だ。

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いという人間社会の精神文化を実用し続けている限り、

核兵器も武器も無く成る、無くせる、訳も無い事に!!」

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いよりは、直接人間同士が殺し合ったり、他国等を破壊等したり、しない分だけ、

武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いの上辺は平和に思えたり、感じられたり、する」が

「実態」では

「経済圧殺による大量殺傷がまかり通り、

経済的優位を確保する為に、地球資源(生命資源も含む)の節操無き乱用が蔓延り、地球環境の激変まで招き続けて来ている」のが

「現実」だ。

「そもそも、比べっこ上に平和は在り得無い事くらい、少し、冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事に他ならない」。

「しかし、比べっこによる支配権/被支配権争いを止める為には、代わりが必要に成る」のは

「宗教の代わりに、科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実等が必要に成ったのと同じ事」だ。

「科学レベルで判明させる事が出来たところは、宗教的納得法を放棄しても実体把握が出来ているので問題無く成る」が

「科学レベルで判明させる事が出来ていないところは、宗教的納得法を放棄させられると、生じて来るのは、不満や不安等々に成ってしまうから、

宗教的納得法の放棄も困難に成る」。

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いという現状人間世界の主流最先端精神文化を放棄する為」には

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した新たな精神文化の製造~実用が必需に成る」。

「人間社会の精神文化の基」は

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の

集大成である(例え、其れが、独裁的指導者の下で・・・であても、民主的にでも)集団的合意に成る」。

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)を健常進歩・正常進化させる事で、

其の集大成である集団的合意に成る、人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化させる事」でのみ、

「現状で、宗教レベルの納得法で誤魔化し続けている状態の、人類にとっての{難問}の具体的解決が可能に成る」。

「では、個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)は、どのようにすれば健常進歩・正常進化させる事が出来るのだろうか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して、死生観・人生観等を創り出し、其れを実用する事」こそが

「其の解答に成る」。

「今、生きてる全ての人間は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆(数え方による)かの細胞群」だが、

「人間(高度な脳を持つ動物も同様)の意識は、丸ごと一人(一個体)レベルで、捉えたがり、考え・思い・感じたがる」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実から明らかに分る事」は

「誕生・死という現象は、細胞レベルの出来事であり、丸ごと一人レベルの出来事では無い事」であり、

「其れは、古の時代から人の意識上で捉えられていた事では無いので、基本的には無意識レベルの実現象である事」であり、

「今、この瞬間にも、誕生も死も実体験しているのが生きている人間の実態なのだから、

実際に、痛くもかゆくも感じられてもいない死自体を、過剰に恐れる必要は全く無い事(=死自体の恐怖からの解放)」であり、

「其の分、どう生きるか?がより重要に成る事」だ。

「どう生きるか?を考える時に有用に成る」のが

「人類誰もの自分の実体である細胞レベルの命の連続性を辿ったところに現れる広義の自分の存在と、

広義の自分の根本的目的の理解・把握」に「成る」。

「地球上の全ての生物との命の連続性を自覚している」なら

「悪戯な、他の生命体虐待等は、自虐にしか成っていない事」や

「永遠の命とは、狭義の自分個体に求めさせる事では無く、広義の自分が合理的に追及するなら実現可能である事」等々も

「良く分る様に成る」。

「広義の自分の根本的目的」が「存続~永続で在る事」は

「地球生命体細胞群とでも表現するべき広義の自分の進化・存続の歴史からも明らかな事に成る」。

「宇宙の物理崩壊に抗って、

大きく成ったり、多細胞化したり、多種化したり、しながら、自らの構築度を上げ続ける事により、

物理崩壊とは別の動きを可能にしながら、存続し続けて来ている」のが

「広義の自分の実態」に「他ならない」のだから、

「狭義の自分が行うべき事(仕事)」は

「広義の自分の維持・存続~永続への貢献に成る」。

「具体的には、

人類誰もの健常な衣食住や世代交代等々を

他人も他の生物も含む広義の自分や地球環境等を出来る限り過剰に痛めいで、

得続ける為に必要に成る仕事と、

広義の自分の住処を地球外の宇宙にまで拡げる仕事と、

広義の自分の地球外での健常発育を可能に出来る程の高度な科学技術や物質文明製品等の自虐使用を抑え続ける為に必要に成る仕事」等々に

「成る」。

「核兵器も含む、自虐兵器の問題の解決」や

「地球環境問題解決」や

「格差・差別等の問題解決」や

「世界平和の実現」等々とは、

「上記の最後に記した、高度な科学技術や物質文明製品等の自虐使用を抑え続ける為に必要に成る、

人類の精神構造・精神文化側の仕事の先に在る事」に「他ならない」のだから、

「其の仕事を行う事を訴えずに、上辺の劣悪現象等を批判・非難等しているダケ・・・」では

「本当に、仕方の無い事に成る」。

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い上のメリットを享受し続けながら、

核兵器や武器という後ろ盾の放棄を、いくら、正義ぶり、優等生ぶり、紳士ぶり、訴えたり、していても、

偽善にしか成らない明らかな理由が其処に在る」。

「核兵器を含む自虐兵器を無くしたいので、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造から、

人間社会の精神構造を健常進歩・正常進化させる為に有効になる情報・教育等を

意識的かつ積極的に行いたい!具体的な内容は、カクカクシカジカに成る・・・等の訴えなら、相応に合理的に成る」。

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信であるテレビ・ラジオ等にも出来る事は山ほど在る」。

「例えば、殺人ドラマ等の代わりに、殺人欲動を殺すドラマでもつくり大々的に配信したらどうか!!」』

『「殺人欲動の殺し方が解らない者たちの為に記す」なら

「殺人欲動はどの様にして具現化しているのか?」から

「紐解けば良い」。

「そもそも、誕生・死とは細胞レベルの実現象」だから

「丸ごと一人の殺人欲動自体、丸ごと一人レベルだけの死生観と同様に現実離れしているモノに他ならない」。

「つまり、今時、丸ごと一人レベルの殺人欲動を本気で抱き、実践までしようとしたりする人間とは、

必要十分な現実把握さえも出来ていないおバカか、出来ない病気状態の者か、等々に成る」。

「其れでも、多くの人間たちの中で、丸ごと一人レベルの殺人欲動が起きる事もある」のは

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる意識」と

「誰もが、細胞レベルで実感している死んだ、死に行く細胞からの刺激」の

「悪のコラボ」や

「健常な自己保存欲動との関連が深い殺欲動と殺人欲動の区別が十分につけられていない

未熟状態やおバカ、病気等々の状態であるが故」の

「自虐現象」だ。

「健常な状態」なら

「殺人欲動の前」に

「殺人欲動を殺す欲動が生まれて当然」に「成る」のは、

「殺すべきモノの実体を探究する」のが

「今時の現状状態の人間」に「他ならないから」だ。

「人間は誰でも、動物にしても植物にしても、他の生物を殺し、食する事により、狭義の自分の存続を実現し続けて来ている」。

「存続欲の先で必然的に生まれているのが、食する生物を殺す事であり、この実態からも、殺欲動自体を殺す事は不可能で当然なのが、

人間の実態」だ。

「しかし、人間は基本的に、他の人間を食する必要が全く無い」。

「狭義の自分を存続させ続ける為の殺欲動と基本的に食べる必要が全く無い人間を殺す欲動」が

「必要十分に区別され、意識化されている事が、悪戯に、殺人欲動を発生させない為の一つの要に成る」。

「存続の為の殺欲動と殺人欲動の区別が意識的に必要十分に出来ていても、

生きている人間なら誰でも、今、この瞬間にも、細胞レベルでの誕生・死が繰り返されているが故に生じている、

死んだ細胞や死んでいく細胞からの刺激・信号等が無意識レベルでは、狭義の自分の頭身体内をめぐり続けている」。

「生きている人間なら誰でも、常々、生=誕生・構築と死=崩壊の刺激や信号等を感じながら人生を送り続けている」のが

「実態」だ。

「生の本能・死の本能」等と「表現されてもいる実態が其処に在る」が

「其の中の死の本能部分を偏重過剰使用する」と

「殺欲動等も容易に出来上がる事に成る」が

「其のほとんど全てが、殺すべき実体との整合性が悪い、酷く、劣悪なモノに他ならない事」は

「個々の殺欲動の実態を冷静に、少し、検証等するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「殺すべきモノの実体を探究し、出来る限り自虐度の低い解決法を実践してこそ、今時の人間として、健常と言える」し

「悪戯な殺欲動等に自分を操らせて、自虐行動等を起こすのは、酷く、劣悪な人間(確信犯の悪も含む)や、病気状態の人間や、未熟状態の人間に成る」。

「劣悪者に相応しいのは、隔離・処罰等の正当差別や是正の為の必要情報・教育・環境等」であり、

「病気状態なら、必要に成るのは、治療」であり

「未熟状態なら、必要に成るのは、成長に必要な情報・教育・環境等に成る」。

「上記の内容等を理解・把握している」なら、

「具体的例を持ち出して、殺人欲動を殺すドラマを創り出す事」は

「作家等にとっては、容易な筈」だ。

「未だに、殺人欲動を殺すドラマさえも出て来ていない状態」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

多くの常連出演者等が「まるで韓国の反日人脈や北朝鮮金政権等人脈と同様に日本の安倍政権批判・非難状態」だが・・・。

『「GSOMIA問題は、日本側が何の見返りを与え無くても、韓国文政権は、当然の如く、とりあえず延長する事にせざるを得なかった様相」で

「其の実態」は「文政権の負け」を「露呈している」から

「韓国国内では、今頃、文政権支持者等が悲哀をなめているか、文政権離れをしているか」の

「何れか」と「推定出来る」。

「とりあえずの延長とは、中途半端な事」で

「其の中途半端の原因」は

「韓国文政権等が、未だに、同じ民族だから・・・等と、

散々の極悪事を重ね続けて来ている北朝鮮金政権等との融和路線を画策し続けているが故」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮金政権等の、大量の朝鮮人の命・健康・財産・資産等々も奪った朝鮮戦争の責任も、

大韓航空機の爆破テロ等々も、

すっかり無い事にするに相応のモノ」が

「同じ民族だから・・・等という現実離れしている{宗教的納得法}に在る訳も無い」が

「其れでも、北朝鮮金政権等や文政権等が其処に縋り付いている」のは

「現実を実用」なら、

「北朝鮮金政権等は厳罰が適切に成る極悪」に、

「韓国文経験等は史実に沿わない、国家間の約束も守らない、反日カルト宗教上と

韓国内の北朝鮮金政権等の手下工作員等や其の協力者等による支援を元にした、

支持取得上の政権維持が当面の目的状態」という

「適切では無い支持取得上で生まれた政権という実体が露呈で、適切に是正するなら政権交代が当たり前に成る」から、

「どちらも、政権を維持する為には」、

「国際レベルの約束破りや、醜悪で劣悪な駄々等々、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる、

酷く、醜悪で劣悪で、みっともない手段を使ってでも、

世界中を巻き込んで現実逃避をし続けるしか無い」のが「実態に成る」。

「この様な状態を是正する、させる為に必要に成っている事は何か?」

「北朝鮮金政権等にしても、韓国文政権等にしても、露呈している実態」は

「まるで、罪を摘発されて逮捕される前の悪者等が落ち着きを失い、

内心では摘発~逮捕等される事によって落ち着きが得られる状態に至る事を渇望している実態」と

「同様に他ならない」。

「散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等にしても、

行い続けて来ている極悪事が極悪事でしか無い事等は、

少なくとも無意識レベルでは、重々分っている」。

「同じ人類が行っている事だから、其れは、ある意味、当たり前の現象でもある」。

「しかし、意識上では、摘発され、逮捕・拘束等され、罪が問われ、相応の罰が与えられていない状態を{言い訳}に

摘発されていない悪事は悪事では無く、其の様な悪事を行える者たち等が、

悪事の犠牲にされてしまう者たち等より賢く、優秀だ!等と、

現実逃避している」。

「もちろん、そんな現実逃避が世界中は通用する訳も無い」から

「無理やりにでも通す為に、北朝鮮金政権等は国際レベルの約束を破ってまでも、核武装までした」が

「其れは、更なる恥にしか成っていない」のが「現実」だから

「世界中からダメ出しが与えられているのが現状」だ。

「そんな状態の北朝鮮金政権等に、同じ民族だから・・・等と擦り寄ったのが韓国文世間等」だが

「極悪政権にとって都合の良い、貢ぐクンを期待されても、

米国の保護から完全に抜け出さない限り、貢ぐクンも出来得ない」のが

「戦後の韓国の実態」で

「其の結果、貢ぐクンは言葉ダケ・・・と成り、北朝鮮金政権等からもダメ出しを出される状態に陥っている」。

「そんな状態で、極東地域日米間同盟防衛の一つの要でもあるGSOMIAを破棄しようとしたら、

米国から強烈なダメ出しを喰らった」ので

「北朝鮮金政権等からも米国からもダメ出し」では

「多くの韓国国民からの支持も危うく成る」ばかりか、

「韓国経済の維持も困難に成る」ので

「今頃に成って、云わば積んでから、延長します・・・とやらざるを得なかったのが実態」だ。

「上記の事態」は「普通の頭があり、先読みをする」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」が

「極悪自分が一番政権教信者等や反日カルト宗教信者等々の劣悪天動説状態に陥る」と

「普通の人間としての健常な頭の働きも大きく阻害される状態に陥る」ので

「意識上の自覚が極めて希薄に成る」が

「生体としての無意識レベルでは、酷い実態故に必然的に感じざるを得なく成っている

多種多様な否定刺激等も重々カルト宗教信者等の頭身体に行き渡され続けていて、

其処から逃れる事は不可能」だ。

「逃れられない無意識レベルのストレスから現実逃避し続ける為」に

「更なる他の国や市民等々も巻き込んだ極悪事を重ね続ける」とは

「恥の上塗りに他ならない」が

「自覚無き者たちや自らの罪を実体把握出来ていない者たち等」は

「恥の上塗りを平然と行い続ける傾向が強い」。

「精神構造・精神文化側でも、物質文明側同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事等が

世界中の多くの人間たちの中で当たり前に成るなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが直に解る、酷く、劣悪な実態が其処に露呈している事に成る」。

「近未来においては、同様の新たな状態に出来る限り人間が陥らないで済む様にする為にも、

其れらの実態は、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」のだから

「出来る限り早く、自ら是正する事こそが、永遠の恥辱に染まる道の上での存在の大きさを小さくする為に出来る最善の方法に成る」。

「人間としての健常な頭がある程度以上使える状態に在る」なら

「其れこそ、誰もが出来る是正法が其処に在る」。

「摘発されなければ、バレなければ勝ちでしょ!等々と自分を欺いて、本質的罪を犯す愚か者状態に陥る」のは

「根本的超自虐人間」で

「自らの自虐を自覚する」なら

「そんな事は、とてもやる気に成れない事に他ならない」。

「自らの自虐を自覚出来ない」とは

「能力不足(未熟・成長不全)か、病気」で

「成長する、させるか、治療する等々」の

「自虐度を減らす、減らさせる善処が必要な事に他ならない」。

「自虐度の高い状態の者たち等に、

高度に進歩・進化した物質文明製品等を持たせるのは、

特に、核兵器等の自虐兵器等を持たせるのは、

非常に危険で、絶対に具現化させてはいけない事に成る」。

「核兵器等の自虐兵器でも、民主化され、歯止めがある所に在るなら、

人類の歴史が戦争の歴史であった現実からも、

現状では、ある意味、仕方の無い状態にも成る」が

「自虐度の高い独裁政権等が未だに、核兵器等の自虐兵器等まで保持してしまっている状態」は

「即刻にでも、是正する、させる事が必要に成っている事に他ならない」。

「独裁政権には、民主化するか?核放棄するか?が全世界から突きつけられて当然に成る」が

「其の為の、後ろ盾として、民主化されている国々のより進んでいる核兵器も含む兵器等が使われる」なら

「其れは、相応に合理的な事に成る」』。

『「韓国反日人脈は、文政権賛美の反面で日本の安倍政権反対!を訴えている」が

「日本の中にも、同様に、安倍政権反対!で朝鮮マンセーの政治・社会勢力等が在り、

テレビ常連出演者やテレビ番組等でも、其の傾向を強く露呈し続けて来ている者たち等も

未だ、多い」。

「桜を見る会」とは

「かなり前(昭和27年かららしいが・・・)から在る、政権を持った政府に対する、税金を使ったご褒美の様なモノ」だが

「政治の世界は、政権交代が在る」ので

「今、盛んに、其の問題で現安倍政権等を責めている者たち等でも、

桜を見る会の恩恵を実用した政権・政党等に属していた者たち等も決して少なく無い」。

「其れでも、昨今、桜を見る会問題をダシに、現安倍政権批判・非難等を行い続けている

野党の者たち等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等からは、

韓国の反日人脈や北朝鮮金政権等と同じ臭いが濃厚に漂って来る」。

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党だった旧社会党系の者たち等がかなりの実権を保持していた民主党政権時」には

「日本が細った、細らせられた、反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等が大いに太った、太らせられた」が

「其の再来を望んでいる日本国民が多数派の訳は無い」ので

「政治・政策等の訴えで、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国を太らせます!から清き一票を!では、

日本で再び、与党に成る事は困難に成るから、

政治・政策等の訴えはロクに行えず、現安倍政権等に悪イメージを付ける為の言葉狩り・態度狩り、小問題狩りに邁進し続けて来ている様相を

露呈し続けて来ている」のが

「実体」と「強く推定出来る」。

「テレビ常連出演者等の中には、{神社はどうも・・・}だったり、{伊勢神宮には行った事も無い}が居て、

其れらの常連出演者等の論等を主に、情報配信が行われている番組も在る」。

「韓国反日派人脈と同様に、日本の安倍政権批判・非難等に邁進し続けて来ている番組も多い」が

「政界とは違い、選挙も無いから、実権者等人脈の交代も不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

未だに、旧社会党系等の人脈が与党状態のまま・・・の様相」だ。

「野党が政権交代可能な程、堅強な状態だったなら、

桜を見る会等の実質的、小問題を大問題の如く扱い、大々的に国会等の貴重な時間を費やしていただろうか???」

「そんな野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等も、大騒ぎしていただろうか???」

「与党に成ったら、同様に使えるから、今、問題にする必要無し!!」で

「他の、本来の、政治・政策面での議論等に時間を費やしていた筈!」等と

「感じたり、思ったり、しているのは、筆者たちだけでは無い」。

「更に、桜を見る会問題で、現与党政権に悪イメージを付ける事により、勢いを付けて、野党{野合}を目論んでいるとの報道等まで在った」が

「旧民主党人脈等の者たち等が、再び{野合}したところで、

行う、行おうとする、政治・政策等は、同様に、

日本を細らせた反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等を大いに太らせる政治・政策等と成る事等は、

容易に推定出来てしまう」ので

「{野合}は無駄でしか無い」と

「感じたり、思ったり、しているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ。

「現与党より、より日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等を訴え、其の上での集合」なら

「健常に成る」が

「現与党に悪イメージを付けた勢いで{野合}では、

現与党より日本国・多くの日本国民等の為に成る政治・政策等の実行を期待出来無い」ので

「そんな野党茶番劇の支援等をしているテレビ・ラジオ・マスコミ等も、本道に、どうか!と思う」。

「日本の公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等々を使った、

野党等に対する大々的支援の問題」は

「桜を見る会からみの政権与党支援の問題」より

「遥かに、規模の大きい、深刻な、重大問題に他ならない」。

「桜の見る会がらみの実質的、小問題を大問題化して、大喧伝等する事により、

現与党政権等に悪イメージを付ける事等には

異常な程熱心でも、

桜を見る会がらみの実質的、小問題より遥かに深刻な、

選挙も無いから実権者人脈の交代も不十分な、テレビ・ラジオ等や公共レベルのマスコミ等や学校教育等々を使った

反対、もしくは、審議拒否野党等の大支援という

戦後日本の重大問題の大々的告発等や

戦後日本社会の中で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の大々的告発等の、

健常なジャーナリスト等なら行っていて当たり前の仕事の欠如という重大問題の解決」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「朝鮮系権力者等主導の、ラインとヤフーの合併を、GAFAに対するアジアの勢力等として紹介」等していたが・・・。

『「韓国資本が半分」で「朝鮮系の孫死のソフトバンクが半分」を「持つ」、「持ち株会社の下での合併」の「実体」が

「どんなモノなのか?」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「常連出演者等による」と「孫氏は、AI世界一を目指している」との事だが、

「AIの為のビックデータ集めとしてのラインとヤフーの合併の実体」は

「AIをどの様な目的の為に使うのか?」に「依存している事に成る」のだから、

「其の辺りを実体通りに紹介する事抜き」では

「AIもお金も、人民支配目的に使う、自己健常支配の代わりに他者支配を過剰追及している病気状態の権力者等の企みなのか?」

「AIを人類だれもも含む地球生命体細胞群の健常快適存続の為に使う、本来の自己健常支配欲の先で生まれている企みなのか?」の

「判別も困難に成る」。

「北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等の朝鮮系権力者の者たち等や戦後日本の所謂、左翼等」が

「自己健常支配より他者支配タイプの病気状態の実態を露呈し続けて来ている事」は

「多くの人々が、既に、重々承知の事」だろう。

「其の辺りの実態からも、上記の懸念は、生まれて当然に成る」のだから。

「テレビ・マスコミ等の者たち等なら、単なる企業宣伝レベルの情報配信に留まらず、

合併目的の実体に踏み込む調査報道等を行う」のが「適切に成る」。

「其の辺りを行えていない」ばかりか、

「日頃から、現政権や保守に対する悪イメージ付け情報配信等を熱心に行い続けて来ている実態を露呈していたりする」のだから、

「実体調査報道抜きの(如何にも日本の)企業宣伝的情報配信の目的」が

「日本乗っ取り支配(人民支配)の為の情報工作の一つなんじゃないの・・・」等と

「思えたり、感じられたり、している」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本の学校教育」では

「実質的には、日本人生徒に自虐を強いる教育等も、熱心に行われ続けて来ていた」から

「多くの生徒たちが必然的に内在させられている本来なら不要なストレスも多大に成ってしまっている」。

「更に、自己健常支配の為に有益な情報・教育が希薄状態」だから

「必然的に、多くの生徒等は、自己健常支配の代わりを追及させられる状態に追い込まれる事に成る」。

「其の先で、教師等の言う事を良く覚える」と

「日本人なのに日本人に自虐を強いる事も平気で、自己健常支配より他者支配タイプ」の

「所謂、左翼の優等生等が出来上がる」。

「テレビ・ラジオ等常連出演者やマスコミ常筆等として、朝鮮系や所謂、左翼の実権者等に重用されて来ている、

所謂、左翼の高学歴優等生等も多い」が

「其の様な者たち等のご都合論やご用達論等々ばかりを主に大々的に情報配信する事により、

実質的には、北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等による日本乗っ取り支配策略を支援する情報・教育工作等を

自覚や意識の有無を問わず、行い続けて来ている場合が多い」のだから

「其の実態は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「この様な酷い実態の製造を繰り返さない、繰り返させない為」にも

「所謂、文系側の情報・教育等を天動説状態から地動説レベルにまで、健常進歩・正常進化させる事」が

「非常に重要に成る」。

「実践法の基本は、簡単」で

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を、意識的かつ、積極的に実用する事」だ。

「其れは、狭義の自分に対しても、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群に対しても、

歴史に対しても、人間社会・経済システム等の精神文化製品に対しても、同じ事」だ。

「例えば、生きている一人の人間なら、世界中の何処の誰でもが、

今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、

人の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・難じたがる」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する」なら

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等を正しく、歴史精神文化遺産の座に置くと共に、

死自体の恐怖からの解放も得る事が出来る生徒が大量に生まれる事に成る」。

「多くの生徒等が、細胞レベルの命の連続性を理解・把握・認識する事で、広義の自分を理解・把握・実感等出来る状態を得る」なら

「差別問題や戦争も含む殺傷問題や格差問題や地球環境問題等々の解決もより容易に成る」。

「史実をありのままに原寸大で理解・把握出来ている生徒等がほとんどなら、

歴史認識も原寸大の史実の上で共有が容易に成る」。

「其の様なベースの上で、人間社会・経済システム等の精神文化製品等の実態を検証したりするなら、

是正すべきところを見出す事が出来る生徒等も大量に生まれ、

其の是正法等が、実現可能な精神文化製品レベルにまで構築度を上げるなら、

実際に、是正した新たな精神文化製品を実用する事で、より良い人間世界状態をつくり出す事も可能に成る」。

「人類が行わなければならない、精神文化側の産業革命が其処に在る」。

「学校教育だけでは無く、テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・アニメ・ゲーム・漫画・小説・音楽・絵画等々でも、

精神文化側の産業革命に基づいて、精神文化製品の性能を向上させる」なら

「より早い、人間世界の健常化が可能に成る」のだから、

「より自由度の高い、テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・アニメ・ゲーム・漫画・小説・音楽・絵画等々の仕事をしている者たち等が、

未だに、精神文化側の産業革命に基づいて、十分に性能の良い精神文化製品を、十分に生み出していない現状」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「十分に性能の良い精神文化製品が世界中に広まっている状態に成る」なら

「多くの権力者等も他者支配等の代償欲求の過剰追及病気状態から脱し易く成り、

病気状態の者等では権力も維持し辛く成る事に成る」から、

「冒頭の合併問題等でも、実体検証調査報道等の必要性も応分に薄れる事に成る」。

「実体検証調査報道も、精神文化側の産業革命に基づいた精神文化製品の十分な性能アップも、

行わないなら、悪に成り、

行えないなら、劣に成る」。

「劣悪状態の者たち等に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「大学入試改革」等について、常連出演者等が自論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「大学入試で最初に問われるべき」は「受験者の興味と何故、其れに興味を持っているのか?の自覚」だ。

「受験者の興味との齟齬がある大学」に

「例えば、大卒資格等目的で入学し、卒業資格を得た後、其の大学での学歴を活かせる仕事に就いたところ」で

「出来上がる人間のタイプ」は

「往々にして、自分の下にお金や権力等々を集める事等により、狭義の自分を慰め続けたがる状態の人間」で

「当然の如く、必然的に内在する事になるストレスも多大で、他の者・物・事等に八つ当たり等し易い状態と成っている」のに

「其の自覚さえもが不十分」で

「そんな状態の狭義の自分は、社会の要請に応じて努力して社会適応しているのだから、他の人間たちからも認められて当然であり、

他の人間たちは認めるべき」等々と

「実質的には、根本的には自虐と成っている行動等を続けたがる状態」等に

「成ってしまい易い」。

「そんな状態の人間たちが其処ら中に居る状態をつくり出している人間社会」は

「事件・事故・いじめ・虐待・パワハラ・セクハラ・不当差別等々で満たされない訳も無く、実際には、酷く、劣悪な状態に成ってしまっている」が

「其の、根本的には、酷く劣悪な状態を是正する為に必要になる知識・技術等々が、

其の、根本的には、酷く劣悪な状態をつくり出す事に一役買っている大学教育等から生まれる訳も無く」、

「往々にして、生みの親である大学教育は、産まれた{子ども}を無理にでも正当化しようとし続ける」から

「例えば、入試改革等の現状を変える為のアイデアが出ても、

上記の様な悪い部分も多々ある現状既得権益の維持~増大の下で行おうとする」ので

「根本的問題の解決には直結せず、

個々の多くの人間たちや其の集大成である人間社会の重大問題の解決に繋がる大学入試~教育~人材育成等には、至る事が出来ない」。

「この負のスパイラルから抜け出す為にも有効に成る」のが

「幼少期では無い筈の、大学入試時」に、

「先ずは、受験者自身の興味と、何故、其の興味を持っているのか?」を

「受験者自信に問う事」に「成る」。

「好きこそモノの上手・・・」で

「人間誰しも、自らが興味を持っている事なら、

他人等から勉強等を強いられなくても、

其の興味を探究・追及・研究等々する為に必要に成る時間・環境等が得られるなら、

自然と、興味のある者・物・事等に対する探究・追及・研究等々を行うモノ」だが、

「興味を持っていない事を行う、行わせられる事」等は

「苦痛や苦役にさえ、感じたり、思ったり、する」から

「興味を持っていない事を行ったり、行わせられたり、するなら、金や権力や名誉等々、応分の対価を欲しがる状態に陥り易くなるモノ」で

「其れこそが、格差の製造や要求等にも直結している、自虐業の一つでもある」のが「実態」だ。

「其の様な自虐業を減少させる為にも有効に成る」のが

「最初に、興味を問う事」と「興味と興味の追及・探究・研究等々の為の環境としての大学環境等との整合性を取る事」だが、

「ここで忘れてはいけない事」は

「其の人間の興味がどの様な基盤の上で成り立っている興味か?の検証と自覚に成る」。

「現状までで、人救けに興味があるので、医者や看護師やカウンセラー等々に成った人々の中には、

数多く、

自分が救われたくて、自分を救いたくて、人救けに興味を持っている人々が居るのが現実」で

「其の様な本来欲求である自分を救う事に対する、代償欲求と成っている他救けは、

代償欲求追及の常として、往々にして、過剰化・過激化し易く成るので、

過剰・過大なる自己犠牲も厭わず、人救けに邁進した結果として、

多数の他人を救う事が出来た反面で、本来の自分救けが出来ずに、短命化等してしまったり、

時には、本来欲求不充足故のストレスから、現状脱出欲動を暴発させて事件・事故等を起こしてしまったり、

過剰な立場・報酬・権力等々を欲しがる状態に陥ってしまったり、等々してしまっている場合も

少なからず在る」のが「現実」だ。

「自己犠牲の人救け」を「美談化したがる」のは

「自己犠牲を強いられていたり、自ら進んで行っていたり、する人々である場合が多く、

他人とも同じである事により自らを落ち着けようとする比べっこ上の安定感・安堵感等取得の為の技法が其処に露呈している」が

「比べっこ時代を永遠に続ける事など出来得無いばかりか、

比べっこを続けるなら人類滅亡が必然的に付いて来る事等が既に明らかに成っている昨今、

其の様な旧態依然とした美談等の先で生み出されているとりあえずの安定感・安堵感等に

過剰な程依存している状態では、ある意味、本当に、情けない事にも成る」。

「今時の人間なら、本質・快適を探究していて当然」で

「本質から快適を探究する」なら

「落ち着きや、安定感や安堵感等は、実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事により得られる」のだから、

「先ず、重要に成る事」は

「共に在る事によって、狭義の自分も広義の自分も、落ち着ける、実体や事実・現実を構築する事に他ならず、

其の意味からすれば、自己犠牲の上での他人救助では無く、自分を救った上での他人も救助が当然に成る」。

「受験者の興味」が

「代償欲求追及上の興味なのか?」

「本来欲求上の脅威なのか?」を

「判別する事」が「非常に重要に成る訳」が

「其処に露呈している」。

「受験者の興味」が

「現状人間社会・経済システム内で、大金や大権や大名誉等々を自分の下に持ってくる事」等なら、

「最初から、代償欲求過剰追及状態の病気である事等は、明白に成る」のだから、

「其の様な病気の状態の者たち等に必要に成るのは、大学での勉学等では無く、病院や自宅等での治療に成る事」は

「言うまでも無い事に成る」が

「現状では、比べっこ経済戦争世界大戦人間社会の中での利権収集等を目的とする事やしている事自体」が

「まるで、武力比べっこ戦前~戦時中に、軍の士官学校に入り、より多くの敵とレッテルを貼った同じ人間たちを、

如何に効率良く殺害・排除・支配等するのか?等々を

学んだり、其の為の手法・技術等を構築したり、出来たりする事を目指す事に対する大賛美と同様」に

「大賛美状態だったりしている場合も、未だ、多い」のだから、

「現状の多くの個々の人間たちや其の集大成である人間社会の{病気}が酷く、重篤である実態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、治療が急務」で

「其の切迫感等は、昨今の他人も他の地球上の生物も含む広義の自分の状態や、地球資源等の過剰な浪費ぶり等々の実態を

冷静に、直視する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが感じられる事に成る」。

「其れなのに、大学入試改革」でも

「未だに、テレビ常連出演者等が、筆記式採用には大きな問題が在るから、共通試験での筆記は無しで良いとか、

米国等みたいに、入学は比較的容易に、進級や卒業は出来無ければ不可とすれば良い!等々」と

「上辺の形式論ばかりを、優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等している状態」なのだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状までの学校教育等でも、所謂、利権側は、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用している」ので

「其の先での更に高度なモノの構築も可能に成っている」が

「所謂、文系側では、人間の誕生・死や人類誰もの実体等々、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実さえも、

未だに、其の実用が圧倒的に不十分な状態」が「現状までの所謂、文系側の既得権益維持の為か、続けられてしまっている」。

「天体運動の天動説強いによる教会・宗教等利権の維持と同様の事態が其処に露呈している」が

「未だに、そんな事を行い続けている」なら

「人類滅亡が急速に迫って来てしまう」のだから

「人類誰もの根本的興味」である

「狭義の自分の存続」の為にも、

「其の集大成でもあり、人類誰もの自分の実体でもある、広義の自分の存続」の為にも、

「是正すべき者・物・事等を早々に是正する実務、

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性を高める実務、

根本的自虐度を下げる実務、等々」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「何時までも、天動説状態の所謂、文系の者たち等をテレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等や

所謂、文系の大学も含む学校教育現場等で大きな実権を持つ者等として、

徴用し続け、其れらの者たち等の狭義の自分を慰める為の利権等を維持~増大等させ続けていたところで、

ロクな事は何も無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もも含む地球生命多細胞群=広義の自分の根本的興味」は

「広義の自分の存続~永続に他ならない」。

「人類のみが出来る事」は

「地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで拡げる事」だ。

「現状の広義の自分を維持~健常成長させる事と

広義の自分の存続~永続の為に宇宙にまで住処を拡げる事」等と

「整合性がある事に対し、個々の人間(=狭義の自分)の根本的興味が生じている」が

「其れは、意識レベルダケでは無く、無意識レベルも含めた事であるが故」に

「無意識の意識化が不十分な状態の人々が多い、現状までの人間社会では、

未だに、狭義の自分自らが興味を持っている事を意識化出来ていない状態の人々の数が多い」。

「現状人間社会の中で起きている、起こされている自虐事態の多く」も

「上記の未熟な状態であるが故の実現象」に「他ならない」のだから、

「自虐事態を激減させる為」にも

「無意識の意識化情報・教育等が非常に重要に成る」。

「死の実体や広義の自分の自覚が広がるダケ」でも、

「今、この瞬間に、生きている人間なら誰でもが実体験している、死自体の恐怖からの解放」や

「広義の自分に多大な犠牲を強いて行う狭義の自分の自慰行為等の抑制」等々

「かなりの良い効果が生まれる事に成る」のだから

「未だに、この本来の仕事を十分に行っていない、行えていない、所謂、文系の者たち等」の

「責任は、非常に重大に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・現状化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「反現政権政治運動」や「日本乗っ取り支配目的朝鮮系等ご用達天皇制論」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「現総理大臣等の資質を問う前」に「公共の電波上で、反対野党や反日国等の為の政治運動等を行い続けて来ている常連出演者等のジャーナリスト等としての資質が問われて当然」等と

「感じたり、思ったり、している、視聴者等の数もかなり多い筈」だが、

「其れでも、未だに、尚、

日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等の訴えでは無く、

現政権のあら探しをした上で露呈させる事が出来た国政上の実質的、小問題について、重大問題であるかの如き扱いで、

正義ぶる事等により、

国会議員や国政政党等としての地位を少しでも上げようとする、策略的手法により、

選挙時でのより多い集票等を得ようとし続けて来ている、

反対、もしくは、審議拒否野党等や其のお仲間テレビ等」は

「旧来から、招待者の基準がはっきりしていなかった事は、相応に問題だから、

問題化された今回を機会に、其の辺りを十分に見直す為に、来年度は中止する事を

既に、総理等が決めている、

桜を見る会等について、

未だに、大問題化する事による現政権への悪イメージ付け政治運動等を行い続けている」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「もちろん、そんな実態では、多くの有権者や視聴者等からの支持が得られる訳も無い」が

「其れでも、この手のやり方の政治・社会運動等を連綿と続けている裏から」は

「反日他国悪権力者等の命令・指令・マインドコントロール等の濃厚な臭いが漂って来る」。

「反日朝鮮悪権力者等の{悲願}は、

日韓併合国家間契約を永遠に無い事にし続ける為の朝日併合の実現」で

「其の為の工作活動(情報・教育等工作も含み、非人道的なモノも多い)等が

戦後の日本の中でも連綿と行われ続けて来ている事」は

「多くの日本国民等が、少なくとも、薄々は実感等している通り」だ。

「其の様な裏が在る」から

「日本の保守政権に対しては、小問題でも露呈させる事が出来たなら、大問題の如く大騒ぎする、させる事により、悪イメージ付け」で、

「~日韓併合国家間契約~終戦直後韓国・北朝鮮等による日本人の立場・資産・財産の日本の敗戦につけ込んだ等火事強奪~等の

実史から明らかに乖離している、

日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪等を正当化する為に必要になる日本は韓国を侵略~植民地支配した悪い国、歴史認識強い」で、

「天皇制でも、

核の脅しや金や工作等による日本支配を元に、

北朝鮮金家等が日本の女性天皇を側室等にするなら、天皇家に成る事も可能にする、

女系天皇容認強い、情報・教育」等々

「ばかり・・・を、日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ等や学校教育等上で、蔓延らせ続けようとして来ている」等と

「考える」なら

「とても、整合性が取れてしまう様に、感じたり、思えたりする」のは

「単なる偶然では無い」。

「天皇の問題で言う」なら

「日韓併合後まもなく、未だ、お若かった明治天皇が崩御された裏」に

「日韓併合により日韓併合後の日本の準皇族に成った朝鮮の王族の存在」や

「日本の天皇が崩御された次は、朝鮮の王族を日本の天皇に!の願望」等が

「在り、其れに基づいた暗殺工作等が在った臭い」も

「濃厚に漂っている」。

「日本による植民地支配が本当なら、戦後は、日本国内に居た朝鮮人のほぼ全てが、

植民地支配する様な酷い国から、母国・祖国に帰還していて当然に成る」が

「実際は、日本による侵略~植民地支配など無く、

日韓併合国家間契約に基づく、二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化政策が行われていたので、

自主的に、日本に渡来していた朝鮮人がほとんどだった」ので

「より良い環境や生活等を手放したがる人々は稀」で

「北朝鮮に騙された人々等々を除き、多くが日本に居残る事を選択したら、

北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等が朝日併合の為のスパイ・工作活動等を行え!手伝え!

同じ民族なら当然だろ!!!等々と圧力を加え、粛清工作等まで仕掛け続けて来ている」ので

「未だに、其のスジの非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等まで居る」のが

「実態」と「強く、推定出来る」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」は

「言うまでも無い事に成る」。

「元凶は、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等や韓国悪権力者等」なのだから、

「其れらを大きな実権を持つ立場から排除する」なら

「其れこそ、アッと言う間に、日韓間・日朝間で平和・友好関係等が築ける事に成る」。

「未だに、金政権等や韓国悪権力者等の支配下に居る者たち等は、本当に、どうかしている事に成る」が

「其の様な状態の者たち等が、

日本の国政上で野党等と言えども、蔓延っていたり、

日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で、蔓延り、

視聴者・読者・生徒等をマインドコントロール等し続けよう等としていたり、・・・等々する状態」は

「其れこそ、即刻にでも是正する、させるべき事に成る」』。

『「日本の象徴天皇制は、戦後に始まった事では無く、明治~終戦間でさえも、実質的には、担がれた象徴だった」のが

「現実」だが、

「明治~終戦間は、形式上では、かなり強い実権が与えられていた」から

「例えば、天皇の戦争責任を問う等には、相応の理由にも成り得る」。

「其の辺りの実状や実感等を、朝鮮人(日本国籍は有しているのかも知れないが)常連出演者等が持てていない」のは

「ある意味、当然の現象かも知れない」が

「多くの日本国民の実感とはかなり乖離している論等を公共の電波上で優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等していた実態」には

「明らかな違和感を感じた視聴者も多かった筈」だ。

「同様の事態が、政治・社会問題論等でも常態化し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だが

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)学校教育等により、マインドコントロールや洗脳等され、

其れに、毒されたままの状態に在る」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上で蔓延り続けて来ている、

日本の政治・社会問題等に対して、必然的に発生する日本国民としての違和感さえもが、

希薄にさせられてしまう場合も多い」のだから、

「情報・教育工作対策が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「スパイ・工作活動等は無い事に、無かった事に・・・等というのも、戦後日本の情報・教育工作で、

スパイ・工作活動等問題や其の対策等を考えたり、実践したり、させたり、する事等は、

まるで悪い事の如く、思わせられてしまっている場合も少なく無い」のが

「戦後日本社会で暮らしている、多くの日本国民の、実態」だ。

「保守やスパイ・工作活動等対策等を悪者扱いする事等による、不当な利が何処に行くのか?」を

「検証したり、考えたりする」なら

「其の悪イメージ情報・教育工作等を仕込み、実践させ続けて来ている本当の悪」が

「何処の誰たちやどの人脈等に成るのか?」等を

「理解・把握等する事」は「難しい事では無く成る」。

「徹底排除すべき本当の悪が其処に露呈している」。

「対策が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの日本国民にとって、

自覚の有無を問わず、違和感満載で当然に成る、テレビ・ラジオ番組等を何時まで続け、強いるのだろうか!!」

「自浄が無いなら、他力的にでも是正させるべき実態が其処に在る」。

「今時、個々の多くの人間たちの精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神文化等の

健常進歩・正常進化に有益に成る情報・教育等を行わず、

反日他国や其れと親和性が高い反対野党等を利す事には合理的に成る、政治・社会運動等や思想擦り込み等々を、

日本の公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等で行い続けている事」は

「本当に、異常」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「大嘗祭問題」や「私取り締まりネット顔出しアップ問題」や「インナーマッスル問題」や「ウィリー自転車通路走行問題等について、常連出演者等が自論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。」

『「実身体の問題であるが故に、唯物的である意味では物質文明側に近いインナーマッスル問題」では「相応に、実のある有益な情報配信が出来ている」のに、

「その他の、個々の人間たちや人間社会の精神行動上の問題」では

「相変わらずの、酷い、{お手盛り}、劣悪論状態」等だったのは、

「常連出演者等の自覚・自省・自浄等、或いは、必要能力自体が足りないから」と「強く推定出来る」。

「インナーマッスル問題」で「意識する事の重要性」を「言えていた常連出演者等」が

「個々の人間たちや人間社会の精神行動上の問題について、意識化する事の重要性を言わない、言えない」のは、

「本当に、異常」だ。

「常連出演者等が持つ現状利権の維持~増大等の為に、言わない」なら「明らかに、悪」で

「言えない」なら「能力不足に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「問題とされている人々等の、自己承認欲求は言っていても、

常連主演者自らの自己承認欲求追及の実態を何処まで正確に理解・把握出来ているのか、

???状態の常連出演者等」は

「問題行動等ネットアップによる自己承認欲求(の代償欲求・・・肝心のこの重大要素は言っていない、言えていない状態の様相だが)の

追及行為に対して、

無視すれば良い旨等喧伝していた」が

「例え、テレビが無視しても、この手の問題が解消する訳も無く、問題行動が存在している事実に変わりは無い」。

「重要な事は、問題行動の解消に繋がる情報・教育等を

意識的、かつ積極的に、配信したり、行ったりする事に他ならず、

其処で重要に成るのが、

意識してインナーマッスルを使う事を覚えるのと同様」の

「自らの行動の元に成っている精神構造の意識化」に「成る」。

「例えば、該当事例の様な、自己承認欲求の代償欲求を追及する為の問題行動を解消させ易くする為には、

肩凝りや腰痛を解消し易くするインナーマッスルを意識して使える様にする事と同様に、

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及状態を意識化する、させると共に、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる方法を知らせ、実践してもらう事」等が

「有効に成る」。

「例えば、インナーマッスルを意識して使う等、自己健常支配側の事を行っている間」は

「他の者・物・事を支配しようとしたり、他の者・物・事に自分を支配させようとしたり、する事は、

行い辛く成る」。

「主として、自己健常支配を継続して行く、行ける状態で人生を送っている」なら

「独裁者や独裁政権の様に過剰な他の者・物・事支配を必要としたり、

独裁者や独裁政権の下で暮らす民の様に、独裁者や独裁政権に自らを支配させ続けたり、する必要性も無く成り、

他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配という自己健常支配の代償欲求の追及行為は、

免疫を養う程度、遊び程度、で十分に成る」。

「インナーマッスル塔、身体面での自己健常支配を重要」と「理解・把握し、考えたりする事が出来る人間」なら

「精神面での自己健常支配も重要」と「理解・把握し、考えられたりしていて当然」で

「其処が十分に出来ている」なら

「科学レベルで判明しているその件に関する必要情報が十分に在る昨今の、

公共レベルの情報配信や学校教育等上で、

精神面での自己健常支配を実践する為に役立つ情報配信や教育が出来ていて当然に成る」。

「其の当たり前の状態から、余りにも離れ過ぎている現状は、本道に、酷く、劣悪」で

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「大嘗祭の宗教性を言っていて、天皇制や現行の人間社会・経済システム等の宗教性を言わない、言えない」のは

「実体把握が十分に出来ていない人間たちの特徴でもある」。

「精神構造実態を検証する」なら

「大嘗祭」も「天皇制」も「現行の人間社会・経済システム等」も「他の宗教」も

「皆、其の集団に属する全ての、或いは、ほとんどの、或いは、多くの、人々の意識上の考え・思い・信じ・感等による納得の上」で

「成り立っているモノ」に「他ならず」、

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的」等から

「科学レベルで整合性を取って、構築しているモノでは無い」。

「もちろん、其れら宗教レベルの構築で出来ている精神文化製品には、

其の時代の人間たちが科学レベルで理解・把握出来ていた事や其れに基づく物質文明製品等の、不足等、

其れらが、其の状態で、構築され、生み出される、必然性が在った」が

「昨今の様に、人間の誕生・死の実態でも、科学レベルで、細胞レベルの実現象である事等を、判明させる事が既に、出来ている時代」に

「人の意識上では主と成っている、丸ごと一人レベルの考え・思い・感・死生観・人生観等々ダケを元にした、

旧態依然とした儀式や制度や人間社会・経済システムや宗教等々に、

過剰な力を持たせ続けている事の

不合理性や自虐性」等々は「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「この様な、不合理で自虐的な実態を解消する、させる為に有効に成る」のが

「無意識レベルの意識化」で

「例えば、人間の誕生・死の実態も無意識レベルの実現象に他ならない」が

「其れを、意識的かつ、積極的に、個々の人間の中でも、其の集大成である人間社会の中でも、意識化する」なら

「必然的に、個々の多くの人間たちの死生観・人生観も、其の集団的合意の上で構築されている人間社会・経済システム等も、

より現実や実体との整合性が高い、自虐度の低いモノに、健常進歩・正常進化させる事が可能に成る」。

「其の為に有益に成る情報配信も行っているべき公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や、

公共レベルのマスコミ等が、

未だに、この重大な本来行う、行っているべき、仕事を十分に行わず、

時には、未だに、反対・審議拒否野党等を利す政治運動等を行い続けていたり、等々している」のだから、

「其の実態は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「大嘗祭を宗教儀式等と言う前」に

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った、

個々の人間たちの科学レベルの死生観・人生観や、

其の集大成である科学レベルの人間社会・経済システム等の構築の役に立つ情報配信を行うべき」で

「其の様な活動」こそが

「宗教だから憲法違反等と優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等する、陳腐な左翼の政治運動等に代わる、

今時の革新・改革・進歩派が行うべき事に成る」。

「インナーマッスルを意識して使う様にする」のと「同じ様」に

「誕生・死の実体が、細胞レベルの実現象である事を意識し、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している生きている自分の実態を意識するなら、

痛くも痒くも無い死自体への恐怖は消失し、

丸ごと一人レベルで考えたがる人間の意識が強く要求し続けて来ていた、旧来の死生観に基づく、あの世や霊や生まれ変わり等々の

現実離れした概念等も、正しく、歴史精神文化遺産等として理解・把握する事が可能に成り、

丸ごと一人レベルの死生観・人生観から細胞レベルも意識した死生観・人生観への健常進歩・正常進化は、

丸ごと一人レベルでの全部悪者扱いや、全部良い人として扱ってよ!欲求等も消失さえ、

悪戯な丸ごと一人レベルの殺傷劇やいじめ、虐待、比べっこ等々の稚拙な精神行動・自虐行動の抑制にも直結する」のだから、

「身体面での意識してインナーマッスルと使う事の重要性が言えていて、

精神面の無意識レベルの意識化を言わない、言えない事」は

「本当に、酷く、劣悪に案る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「自らの精神面での無意識の意識化が不十分であるが故に、

知らず知らずの内に、他の多くの人間たちや生物や資源等々を悪戯に浪費等し続けて来てしまい、

必然的に、自己承認欲求の本来欲求が充足されず、

根本的な自信を喪失している者たちの多く」は

「自己承認欲求の代償欲求を過剰追及しがちに成り、

他人との比べっこの中で其れを実践し易く成り、

例えば、他人より高い権力を欲したり、他人より多い金を集めたり、他人より強い状態を求めたり、等々する」が

「其の醜悪な実態」は

「散々の極悪事まで行い続けて来てしまっているが故に、

保身の為の核武装や恐怖政治や他国内での非人道的なスパイ・工作活動等まで行わせながら、

存続し続け、自己承認欲求の代償欲求を満たそうとし続けて来ている、

北朝鮮金政権等」からも「良く判る」。

「権力ダケ」なら「究極的には、権力世界一を追及する、自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」という「病気」で、

「経済ダケ」なら「究極的には、経済世界一を追及する、自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」という「病気」で、

「名誉ダケ」なら「究極的には、名誉世界一を追及する、自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」という「病気」で、

「他者支配」なら「究極的には、世界中の他の人間たちの支配を追及する、自己承認欲求の代過剰求お」という「病気」等々

に「成る」、

「病気」は「重なっているなら、重なっている程、重篤に成る」。

「代償欲求の追及」は「免疫を養う程度、遊び程度に、が健常範囲」だが、

「他の人間たちの遊びレベルの代償欲求追及の受け皿と成るべく、芸能・音楽・スポーツ等々のサービス業をプロとして、プロに成るべく、行っている」なら

「其れも、現状では、健常範囲として認めるべきかも知れない」。

「もちろん、根本的に、人間社会・経済システム等が健常進歩・正常進化した後、更に、物質文明側もより進歩・進化した後なら、

其の様な人間のプロの必要性もどんどん低く成って行く事に成るが」。

「何れにしても、自己承認欲求の本来欲求を健常に充足させ続ける事は、非常に有益」で

「其れが不十分な大権持ちや大金持ちや大名誉持ち等々より、

幸福度・満足度の高い人生が其の先に生まれる」のだから

「其の為に有益に成る情報・教育等を十分に行っていない、行えていない、公共レベルの情報配信機関や学校教育等」は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状の事件・事故やいじめ・虐待・八つ当たり・問題行動等々の多く」は

「劣悪な情報・教育の先で生まれている面も濃い」のだから

「其の責任は、本当に、重大に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者が「教育でも日本は先進国では無いゾ~の旨」等、公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。

『「北欧等の学力・科学リテラシー・数学リテラシー等のグラフ」でも、「何故、其処に文系側のリテラシーが無いのか?」や「文系側の現状情報・教育の問題」等を

「言えない、言わない」のが

「{高学歴}常連出演者等の酷く劣悪な実態」だ。

「日本の教育が先進国では無い旨等大喧伝した{高学歴}常連出演者等」が

「もし、自らの実態を十分に直視する事が出来ている」なら

「教育問題をダシに、現行の教育界等へお金を長そうとする{政治運動}等では無く、

戦後日本の情報・教育内実等に対する自省も含めた反省等が在って然るべき事に成る」から

「常連出演者等は、自らの実態・実体さえも十分に直視出来ていない、

高学歴だから優位な仕事の立場を得られているから等々自分は特別族の一人」等という

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態を露呈している事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「学力や化学リテラシーや数学リテラシーが測られ、比べられ、大いに気にもされている状態」で

「文系側のリテラシーが実質的に、欠如している状態」は

「物質文明側の産業革命は行えているのに、精神文化側の専業革命が行われていない、

現状の多くの個々の人間たちや其の集大成である人間社会の状態を良く反映している」。

「丸ごと一人の死生観・人生観を持ち、

場合によっては丸ごと一人のあの世や霊や生まれ変わり等々まで{信じている}状態の人間たち」が

「AIやロボットや最新兵器等々も含む、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている高度な物質文明製品等を使う」なら

「物質文明側と精神文化側の膨大なるギャップ故、必然的に、自虐使用等も多々発生する事に成る」。

「発達した物質文明製品の自虐使用の実態」は「産業革命後の戦争からも、昨今のテロ・事件・事故等々からも明らか」だが

「今の勢いで物質文明製品が発達し続けるなら、個人レベルで国家ばかりか、地球さえも消滅させる事が出来てしまう時代が、

直にやって来る(もう来ているかも・・・)事に成る」のだから

「現状で、戦場とも遠く、テロにも事件・事故等々にも直接巻き込まれていないから・・・等々と

平和ボケ状態に現実逃避等し、

精神文化側の産業革命も行おうとせず、、

旧来からの死生観・人生観の中で、安穏と人生を続けようとしている、

オメデタイ、超おバカたちや、悪たち等が、

実質的に、もたらしている、悪影響は、実は、膨大に成っている」。

「戦争を遠ざけても、経済戦争を行い続けている様では、精神文化側の遅滞が十分に解消される訳も無い」から

「実際に、経済圧殺や格差問題や地球環境問題が起き、時を重ねる程、其れらが深刻化している実態」は

「武力比べっこ~戦争~世界大戦の構図と何ら変わりが無い」。

「どんどん科学技術や物質文明製品等を進歩・進化させ続けていても、其れを使って、経済世界大戦を行い続けているなら、

得られる結果は、荒廃~崩壊に成る事」等を

「物質文明製品の産業革命~武器への反映~世界大戦での実用~荒廃~世界大戦がご法度に成った人間世界化」等から

「学べない様では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「はっきり言えば、今後、AIや進歩・進化し続けているコンピューターやロボットの実用により、

物質文明側の進歩・進化もAI・ロボット・コンピューター等任せに成る時代は、もう、直ぐ其処」だ。

「仕事も同様に成る」のだから

「例えば、精神文化側の進歩・進化や精神文化側の産業革命等々の役に立つ情報配信等が出来ていないテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等が

其れらを行うAIやロボット等に代えられる時も、直ぐ其処に迫っている事に成る」。

「其の様な時代を遅らせようとすればする程、高度に進歩・進化した物質文明製品等の自虐使用等の問題も深刻化する」のだから

「精神文化側の産業革命を行おうとしない、現状で精神文化側の仕事をしている{天動説}状態の者たち等の酷さ」は

「呆れを通り越して、もはや、哀れのレベルですらある」。

「丸ごと一人の死生観・人生観ダケでは、

意識の有無を問わず、他者支配や他者による被支配と他者との比べっこの追及が必需に成る」のは、

「丸ごと一人レベルで自分た他を区切っているが故の必然でもある」。

「自分と他人や他の地球の生物との間に、はっきりとした膨大なギャップを生じさせる」のが

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」で

「其の膨大なるギャップを埋める為の精神構造・精神文化上の工夫」が

「他との比べっこであり、他者支配/他者による被支配への依存」等に「成っている」。

「比べっこと支配/被支配により納得心を満たし続ける必要に迫られ続けている」から

「必然的に自虐状態に陥り易く成る」。

「いじめや虐待や実体離れした格差要求

(同じ人類なのに他の人類の何千倍~もの報酬等を要求したり、有名人等に過剰な報酬を与える事等により其の価値を高め、其れを思いの上で利用している自分の現実逃避等を容易にさせようとしたり、・・・等々)

等々は其の象徴的実例」で、

「そんなモノに自分を支えさせなければ納得も出来ない状態の人生に、

根本的価値がどれ程在るのだろうか?等も

考えたりしない」のが

「丸ごと一人レベルだけ人生観・死生観{カルト宗教信者}等の、酷く、迷惑で劣悪な実態に他ならない」。

「死生観で言う」なら

「人の誕生・死は、細胞レベルの実現象であり、

生きている人間なら、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している」のが「現実」だが、

「人の意識は、丸ごと一人レベルで考え・思いたがる」のも「現実」だ。

「古の時代の人間たちは、生物の誕生・死という現象が、細胞レベルの実現象である事を理解・把握出来ていなかった」から

「人の意識ダケを偏重して、死生観を創り上げた」ので

「必然的に、丸ごと一人レベルだけの死生観に成った」が

「今時の人間なら、細胞ごとに起こっている誕生・死の実態を取り入れた死生観を創り上げていてる事が必需に成っている」。

「其れこそが、個々の人間レベルの精神文化側の産業革命の入り口」で

「細胞レベルの命の連続性を理解・把握する」なら

「個々の人間も他の地球上の生物も、細胞レベルでダラダラ・・・と生まれ、ダラダラと死んでいるのが現実」であり

「細胞レベルの命の連続性は、自分も含む地球上の全ての生物に繋がっているのが現実」だ。

「一人の人類個体である狭義の自分」と「細胞レベルの命の連続性を持つ広義の自分」の

「両方の自分を十分に理解・把握・実用して人生観を造る」なら

「広義の自分の根本的目的が知りたく成って当然」で

「其れを、広義の自分の歴史実態から探究する」なら

「広義の自分の根本的目的が広義の存続~永続である事」を

「見出し、理解・把握する事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが出来る事に他ならない」。

「丸ごと一人の死生観・人生観だけ」なら

「実体把握の不十分さ等が生む不安に突き動かされて、

狭義の自分の存続~永続等の実現し得無い悪夢に取りつかれてしまっても、

何も不思議では無い」が

「広義の自分の実態把握も出来ている」なら

「永遠の命とは、広義の自分に実現させるべき事」等と

「多くの人々が直に分る事に成る筈」だ。

「広義の自分の存続~永続の為には、広義の自分の地球外への本格進出も必需に成る」なら

「科学技術や物質文明製品を高度に進歩・進化させ続ける事」も

「広義の自分の本来欲求が要求している仕事に他ならない」が

「高度に進歩・進化させ続けて来ている科学技術や物質文明製品等を自虐使用しないで済む様にする為」に

「個々の人間個体の精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である人間社会の精神文化も高度に進歩・進化させ続ける事」も

「広義の自分の本来欲求が要求している仕事に他ならない」。

「人類として産まれていながら、狭義の自分の中で、広義の自分の本来欲求を、本来欲求の片方を、見失っている状態」では

「本当に情けなく、実態としては、其れは、病気に他ならない」のだから

「治療が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の病気の自覚無き者たち同士がカルト宗教状態を築き上げ、カルト宗教信者の集団利権の維持~増大等を図ったところで、

実体としては自虐劇にしか成り得無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならず、

実際の人類史や昨今の人間社会実態からも、其れは、良く判る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」のだから、

「教育問題を取り上げる」なら

「日本は教育でも先進国では無いゾ~」等の旨「喧伝等するのでは無く」、

「世界中が、精神文化側の産業革命を怠り続けて来ている事の自虐性」等を

「訴えるべき」だ。

「公共の電波を使って、

日本と世界の比べっこで、人類が自慰道具として重用している状態のお金を集める比べっこ等を頑張らせようとしたり、

教育をダシにした政治運動を行って、学校等と馴染みが深い特定の政党等により多くのお金を流す事等により、

より有利な政権争い等を行い易くさせようとしたり、

・・・等々している様では、

其の情報配信の有益性や正当性等に大いなる疑問符が付く事に成る」。

「情報も教育も云わば同族」で

「重要な事は、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事等により、

より高度に進んだ物質文明製品や精神文化製品を生み出す事に他ならない」。

「いい加減に、

精神文化側の産業革命の基本である、

人の意識は丸ごと一人レベルで考えたがるが、

生きている人の実態は、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群であり、

細胞レベルの命の連続性は地球上の全ての生物に繋がっている」等の

「狭義の自分・広義の自分」の「両方を十分に理解・把握する、させる情報・教育」や

「其れを実用した精神文化製品である死生観・人生観」等を「紹介したり、つくる事を手助けしたり、する情報・教育」や

「個々の人間たちが、精神文化側の産業革命を行い、

精神構造(自己制御ロジック)を十分に進歩・進化させた状態の集大成の先で生み出される

より高性能な精神文化製品の人間社会・経済システム等の構築の役に立つ情報・教育」等々を

「意識的、かつ積極的に行うべき」だ。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「私生活丸ごと売買企業問題等をダシに、科学技術や物質文明製品が進んだ人間社会の在り方」等を言っていたが・・・。

『「既に、色々なところで個人情報が吸い上げられ続けて来ている実態」は「日本社会の中で暮らしている、多くの人々も、既に、知っている事」だろう。

「クレジットカード情報収集やレジでの性別・年齢推定入力等くらいしか出来なかった時代」は「実質的には、もう、昔の事」で

「昨今では、記名式電子マネーはもちろん、防犯カメラ映像等を利用・収集する手段も結構使われ始めている」。

「其処にマイナンバーによる個人特定まで付く」なら

「何処かの監視国家の如く、ほぼ全ての国民の個人監視も可能に成る」。

「其の先」に

「有益分子と不適応分子や危険分子等の区別が付けられ、

危険分子や不適応分子に対する効率の良い粛清を行う為の具体的手段」として

「顔・体型・歩行認証や保有スマホ等を利用した個人識別を元にした、

粛清ターゲットの行動実態に合わせた工作飲食物の配給や

直進性の高い有害電磁波をターゲットには濃厚に当て続ける事も出来てしまう

工作電磁波発生設備(道路信号設備や電線・電話線・ケーブルテレビ線等々や、企業・住宅電源設備やエアコン室外機等々の上辺を持つ場合が多い)

・装置(スマホ・家電・車・バス・トラック・鉄道車両等々の上辺を持つ場合が多い)群による

非人道的な早期粛清も付いている状態の構築」を

「目論んでいる連中も居る」のだから、

「其の辺りの実状を感知していたり、知っていたり、するなら、

個人情報収集に対して、非常に要人深く成る事」等は

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「上記の様な非人道的な粛清が行える状態が構築されてしまう」なら

「其の実用権を持つ者や集団による他者支配さえもが実現可能に成ってしまう」のだから

「個人情報の収集や科学技術・物質文明製品等の進歩と共に、

個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる実務を行わない事」等は「本当に、異常な事に成る」。

「其の異常さの裏に在る」のが

「支配者側への切符だったりする」なら

「其れは、極めて醜悪で劣悪な、大非難や厳罰が適切に成る、重大悪事等に成る」のだから、

「常連出演者等が、そうでは無い」というのなら、

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報配信等を

意識的、かつ積極的に行っていて、当然に成る」が

「現状は、科学技術や物質文明の進歩で、人間社会の在り方が変わるとか、其れにより、人類が救われる等々の旨、

公共の電波上で喧伝等しているダケ」なのだから、

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当分与党に成る事が無理」だったり、

「ロシアや中国共産党支配下の中国や北朝鮮等が日本を属国にでもしない限り、与党は無理」な様相の

「野党の者たちや其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「総理が主催出来る桜を見る会について、あら探しをし、微に入り、細に入り、批判・非難等している様」は

「本当に、酷く、劣悪」で

「長い歴史を持つ桜を見る会の問題は、どの様な人々を招待客にして良いのか?を、今の規範に沿って、厳密に再設定すれば良いダケ」だし、

「野党や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等も、そんな事で、現政権に悪イメージをもたせる情報政治工作等を行っている暇があるなら、

現与党より良い、より日本国・多くの日本国民の為に成る、実行可能な、政治・政策等を

もっと、もっと、本気で、考え出し、訴えたり、するべき」だ。

「反対・審議拒否・言葉狩り・態度狩り・あら探し・いちゃもん付け等々を主に行っている様相の国会議員や政党等の報酬」が

「国政実務を行っている与党と同じ算定方法の上で決められ、与えられ続けて来ている事」等に対して、

「大いに問題!」等と「感じたり、思ったり、し続けている有権者の数もかなり多い筈」だ。

「野党ももっと、もっと、ちゃんと国政本道上の仕事を行う様に、是正するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」』。

『「池袋の酷い事故」で

「加害車両の運転者に対して厳罰を求める被害者遺族感情」は「解る」が

「厳罰を求める署名等、社会運動」には「違和感を感じざるを得ない」。

「社会運動の内容」が

「特定加害者に対する厳罰では無く、

同様の新たな事故を防ぐ為に、

自動車の

緊急自動ブレーキ付き化や踏み間違い防止装置付き化等の安全装備の装備義務化や、

ブレーキ・アクセルペダル等のオフセット禁止やペダル類と干渉しないステアリングシャフトの義務化や

人間が運転する車の場合、

運転者の体勢・姿勢をペダル操作も含む運転の全ての動作に対して適切に保てるシートや周囲視野が保たれる車をつくる義務等々の

訴え、歯科医運動だったり、

車実用者の筆者の日頃の実感からも明らかに言える、車の運転の障害にも成る工作電磁波の徹底排除等、

運転環境正常化・健常化の為の

訴え、社会運動等なら、

筆者たち等も大賛成なのだが」・・・。

「絶対に忘れるべきでは無い事」は

「悪意の無い事故」は「其の結果がどんなに重大であっても、悪意の無い事故でしか無い事」であり、

「悪意のある事故や、意図的な殺人等とは、明らかに別にされなければ成らない事」だ。

「被害者遺族感情」では「事故ででも、殺人ででも、殺されてしまって遺族にさせられてしまった結果は同じ」だから、

「加害者に対しての厳罰」等を「求め易く成る」が

「加害に至る大元の元凶の探究と其れに対する適切な処理・対応」は

「絶対に、忘れたり、怠ったり、してはいけない事に成る」。

「例えば、池袋の酷い事故」でも

「事故の上辺」は「加害車両運転者が、ブレーキペダルを踏まず、アクセルペダルを無み続けていた事」と

「強く、推定出来、警察発表でもそう成ってる」が

「何故、アクセルペダルを踏み続ける状態に陥り続けていたのか?」の「探究~解明抜き」では

「同様の新たな、事件・事故等を、根本から防ぐ事が出来なく成ってしまう」。

「工作電磁波の悪影響による痙攣や硬直や金縛りや脳フリーズ状態だったが故のアクセル踏み続けだったのか?」

「加速し続けていいたのに、ペダルから足を離さなかった、離せなかったのは、何故か?」

「自暴自棄状態や、殺傷目的等々の、心理的・精神的・意図的な悪状態の有無は?」等々の

「徹底した検証」が「警察等でも行われたのだろうか?」

「普通に頭が働く状態なら、

ペダルから足を離して、ブレーキが利かないなら、ハンドブレーキを使う、

ハンドルを切ってガードレールに擦らせれ止まろうとする、等々、

何等かの対応が出来ていた筈の、一瞬では無く、相応に、長い時間の加速であり、

其の前には、物損事故もある」となると

「普通では無い、何かの存在」を「感じざるを得ない」。

「車実用者の筆者の実感では、工作電磁波による悪影響の存在が大きく感じられる」。

「其の辺りの徹底検証が果たして出来たのか?」は

「現行法・現行の摘発体勢では、工作電磁波ディテクター等も無いのが警察の実状の様なので、

本当に、疑わしい」が

「このまま、工作電磁波を放置する」なら

「工作電磁波の悪影響による同様の新たな事件・事故等が起こってしまう可能性が高いまま・・・」に「成ってしまう」。

「車・節後・装備等々メーカー等共々、警察等の工作電磁波に対する対処が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等々が工作電磁波の告発を行っていない事は、本当に異常」だ。

「筆者の知る限りでも、朝鮮総連の建物だったモノと同じ青色瓦の家々の結構な割り合いから、工作電磁波の発生が確認出来る実態からしても、

其の裏には、北朝鮮金政権等の工作活動等の存在が強く推定出来てしまう」し

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界では、

北朝鮮労働党のオトモダチ旧社会党系の人脈の者たち等が実権を握り続けている状態であるが故に、

北朝鮮による日本国内のスパイ・工作活動等に対しても、圧殺・黙殺・容認状態で、告発しない状態が続いて来ている」と

「強く、推定出来る」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「旧社会党系や共産党系が多いから、か、戦後日本の学校教育では、

自由・民主主義圏の資本主義社会で暮らしている生徒に対して、

必要十分な日本の社会・経済システムや金融投資等についての教えが無く、

資本主義・金融投資情報等々圧殺・黙殺状態の上で、

社会・共産主義社会では必需の共感・協調教育等が行われ続けて来ている」。

「実日本社会や先進諸国社会で必要に成っている教育等は、米国等に留学して学べ!等と言わんばかりの状態が其処に露呈している」が

「英語圏の人々と実際に会話した経験もロクに無い英語教師ばかり・・・だったところから、始められ、

其の様な状態の教師利権が重んじられ続けて来た、社会主義圏的な実態を持つ学校教育界では、

其れも、ある意味、当然の現象に成るのかも知れない」。

「そんな学校教育実態の先で、官僚たちが頭を使い、総中流社会化が行われて来たのが日本の戦後だったが、

そんな学校教育はそのままに、小泉・竹中等が世界標準化等を行ったから、

とんでも無い格差社会に成ってしまい、異常な程の少子高齢化状態に陥ってしまった」。

「本来なら、世界標準化の前に、十分な資本主義・金融投資情報・教育と其の理解・把握・実用が必需だった」が

「其処を行わせなかったばかりか、格差社会こそが、人民支配には好都合とばかりに、

未だに、資本主義・金融投資情報・教育等を抑え続けているのが、

現状の情報・教育界の酷い実態」だ。

「筆者は、所謂、文系も地動説レベルに!派だが、

天動説レベルでも現状では、世界標準で実用されているのが、資本主義・金融投資等なのだから、

其れよりも前、天動説レベルにも成っていない、宗教レベルの旧社会・共産主義的な情報・教育等を行い続けている者たち等の酷さ等」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「こんな状態では、どんなに共感や協調を日本社会の多くの人間たちに広げたところで、

得られる結果は、

悪平等と貧困の蔓延の上で特定極一部の者たち等が、贅沢三昧大量消費自慰生活を行う、北朝鮮の様な社会に成ってしまい易く成る」のだから、

「日本を北朝鮮の属国にしたがっている者たち等では無いのなら、この様な状態の是正が急務である事」等は

「十分に理解・把握等出来ていて当然に成る」。

「未だに、

現状世界標準情報・教育も、

其れより、より進歩・進化している所謂、文系も地動説レベルに!の情報・教育も、

意識的かつ、積極的に行っていない、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事???をしている者たち等は、

本当に、どうかしている!!」

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「小泉・竹中等の世界標準化の前に、多くの日本国民が十分な資本主義・金融投資情報・教育を理解・把握出来ていたなら、

かなりの割り合いの日本国民が、実業収入を減らされても、金融投資収入を増やす事が出来ていた筈で、

少子高齢化状態も今ほど、酷く無かった筈」だ。

「だからと言って、今頃に成って、資本主義や金融投資情報・教育等を行う」のは

「戦後、日本からの戦争が在り得無い状態に成ってから反戦情報・教育を行っている様なモノ」で

「昨今の世界標準崩れの実態からしても、今、必要に成っているのは、

所謂、文系も地動説レベルに!の情報・教育に成っている事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「何れにしても、現状の多くの情報・教育の是正が必要である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、赤い星を仰ぎ続けていたい様相の常連出演者等が共産党が問題化した「桜を見る会」等をダシに日本の現政権に悪イメージを付ける政治運動等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「一強」と言えば「強い方の問題」とも「思わせられてしまう」が「現状の日本の政界の問題」は「野弱」であり「其の理由」が

「野党のほとんどが、

現与党のあら探しや言葉狩りや態度狩り等々を行い、

反対!審議拒否!等の政治手法を使って、与党に悪イメージ等を付ける事には熱心でも、

日本国・多くの日本国民の為になる現与党より良い政治・政策等の訴えが十分に出来ず、

実質的には、日本の国政を遅滞させていたりし続けて来ているから」だ。

「コレでは、野弱は当たり前」で

「しかも、民主党政権時代等には、与党の座に居て、

実質的には、日本を大いに細らせた反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮等も含む)等を大いに太らせた者たち等が、

現野党の国会議員等では、

どんなに現与党に悪イメージを付けても、民主党等政権時代の再来を可とする日本の有権者が多い訳も無い」から

「現野党のほとんどの者たち等が、民主党政権時代の日本に対する悪さ等を真摯に反省し、謝罪し、態度を是正等すると共に、

現与党より日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等を提案等しない限り、

或いは、民主党や旧社会党等々無縁の日本国・多くの日本国民の為を主にする新たな者たち等が野党を立ち上げ、

相応の勢力でも築かない限り、

野弱状態が変わる訳も無い」。

「政権交代の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々が、ずっと旧社会党や民主党等の人脈が与党状態で、

いくら、視聴者・読者・生徒等を操り続けようとし続けても、

実質的には、もはや、無駄な領域と成り、

反対野党等のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による、

マインドコントロールや大衆誘導等により操られてしまう人々の数も日々減少し続けて来ている状態に成っている」が

「其れでも尚、旧態依然とした大衆マインドコントロールや大衆誘導等を行い続けようとしている様」は

「本当に、醜悪で、劣悪で、哀れでさえある」。

「其れなのに、本日もまたまた、公共の電波を使った

反対・審議拒否野党等の為の、現与党に悪イメージを付けようとしている、実質的、政治運動等を

行っていた様相だった」ので

「本当に、酷い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「一部常連出演者等が仰ぎ続けたい様相の赤い星」とは

「其の様な者たちにとっての太陽でもある、北朝鮮金政権」に「成る事」等は

「該当常連出演者等の主張やコメント内容等々から、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」が

「表立って、そう言っていないから推定無罪で違う!等々と言い張る場合が多い」のが

「スパイ・工作活動(情報・教育工作等も含む)で、

多くの人々を操ったり、粛清したり、し続けて来ている人脈の者たち等の特徴でもある」。

「祝賀御列の儀」でも「今回は、テロ等が無かった・・・」等と「上辺の平穏を喧伝等していたテレビ番組等も多かった」が

「テレ朝等では、多くの人々が集まったが故にある意味、必然的に起きていた、起こされていた、小問題を大喧伝し、

祝賀に水を差す事を怠っていなかった番組も多かった」のだから

「其の{赤い星忠実ぶり}」は「本当に、お見事(もちろん皮肉)!にも思えた」が

「ここで多くの人々が気づくべき」は

「本当に、テロ等は無かったのか?」で

「実際は、昨今のテロ実態」が

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な

工作電磁波使用や飲食物・大気工作等々を連続して行い続ける事による粛清効果狙いだったりしている事」や

「警備の厳しいパレード周辺とは違う、警備が相対的に薄くされていた一般市民社会の当日実態」等から

「判明している事」は

「警備の厳しいパレード周辺以外の一般市民社会内での粛清工作等がより強く行われていた」のだから

「テロが無かった等と祝賀ムードを壊さない方向だけの情報配信をしていたところはとにかく、

祝賀汚し情報をしながら其の旨を告発していなかった情報配信機関等からは

日本国内で、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等の

お仲間情報配信機関等の濃厚な臭いが漂って来る」。

「祝賀御列の儀」には「筆者の周囲の工作電磁波も通常よりかなり強かった」のが「現実」だから、

「通常よりかなり強い工作電磁波の悪影響が、其れこそ、日本全国各地で生まれている筈」で

「其の様な、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な、工作活動手段によるテロ等への対策が急務である事」は

「赤い星の大元が、そう長持ちしそうも無く成って来ている昨今、

2020年中には日本乗っ取り支配策略を実現、

其の為の手段の一つとして、工作電磁波発生場所を日本全国各地に蔓延させる等の実態」が

「益々、色濃く露呈して来ているから」だ。

「池袋の酷い自動車事故の裏にも、工作電磁波が在った可能性は非常に高い」。

「ブレーキとアクセルを踏み間違えていたのは、事実だろう」が

「何故?踏み間違えていたままだったのか?」こそが「本当の事故の原因に成る」。

「其処には、工作電磁波による金縛り状態や足の痙攣・麻痺等々が在った可能性も高い」。

「其れを、運転者の運転ミスで処理している様では、

政府・与党・警察等による、工作電磁波対策は本当に大丈夫なのか?等を

疑わざるを得ない」。

「其の辺りの告発さえも行っていないテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なのか?

赤い星の為のテレビ・ラジオ・マスコミ等なのか?等々、

疑わしく成っても何の不思議も無い事に成る」。

「そして、本日も尚、

実質的には、現政権に悪イメージを付ける事で、反対・審議拒否野党等を利そうとする、政治運動等を

日本の公共の電波を使って行っている様・・・では」・・・。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ブドウの木状態」とは「日本の中の北朝鮮等のスパイ・工作組織等の実態を例える時にも使われている用語」だが

「ブドウの実を周囲を冷やし過ぎた(過冷却した)水の中に付けて、取り出すと、ブドウの実の周りの水も凍りついて付いて来る」とは、

「非人道的なスパイ・工作活動等を頑張れば頑張る程、其の支援者も増える」とでも「言いたいのかも知れない」が

「ブドウはブドウで水は水」だし「非人道的なスパイ・工作活動等を行っている腐ったブドウは腐ったブドウ」で

「腐ったブドウと共に在る水は、溶ければ臭くてたまらない、から、腐ったブドウ共々、廃棄と成る」のが「当たり前の事」だ。

「腐っていないブドウ」とは「人類誰もの広義の自分の根本的目的である存続への健常貢献をしているブドウ」で

「実際は、腐ったブドウ(非人道的なスパイ・工作活動組織等)より

腐っていないブドウ(健常な一般市民個人・組織群)の方が遥かに多い」が

「腐ったブドウを凍らせたりして、付いて来る水共々、食べよう、食べさせようとする」のは

「もともとは腐っていない水までも腐らせようとする、非人道的なスパイ・工作活動等への勧誘員等の行いたがる事」に「成る」。

「腐っていないブドウだけを氷共々食べたり、食べさせたりしたい」のなら、

「腐っているモノと腐っていないモノの区別をはっきりと示す事が必要に成る」。

「腐っていない水を腐らせない為にも、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な、非人道的なスパイ・工作活動等の告発は必需」だ。

「其の辺りが、圧倒的に不十分なばかりか、未だに、赤い星を仰ぎ続けたい様相ですらある者たち等を

テレビ常連出演者等として重用し続けていても、

素直で、テレビ情報等々を鵜呑みにしてしまっている場合も決して少なく無い、多くの視聴者等の頭の中に、

良い状態等が誘われ易く成る訳も無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「丸腰の市民に対して、いきなり発砲した香港警察は明らかに酷い」。

「治安維持の為に其の様な武器を使った{粛清}行為等まで実用する事」は

「今時、全世界から徹底的に責められて当然の事でもある」が

「何故か、或いは、当然に、テレ朝等では、中国共産党による治安維持に対して、容認的雰囲気の情報配信が行われている」。

「人脈的お仲間だったり、弱みが握られてしまっていて、其の暴露や、粛清工作等が怖いんじゃないの・・・」等々と

「感じたり、思ったり、している人々の数も決して少なく無い筈」で

「其の辺りが、

戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮等による非人道的なスパイ・工作活動等の告発不全等にも繋がっているのでは・・・」等々と

「感じたり、思ったりしている人々の数も多い筈」だ。

「何れにしても、是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が地球環境問題や世界情勢問題等について、優等生ぶり、正義ぶり、案じたりしていたが・・・。

『「敵よりバカな大将の方が怖い旨」等、「常連出演者等も言っていた」が「バカな情報・教育を蔓延させ続けているが故の現象」が

「現状の地球環境問題や世界情勢問題」なのだから

「散々、バカな情報で視聴者等の頭の中を染め上げようとし続けて来ている実態を露呈している常連出演者等の責任も

相応に大きい事に成る」が

「自らの責任ダケは無い事にする」のが「悪の特徴でもある」ので

「バカな情報を一方的にばら撒き続けて来ている其の責任を自らに当てはめない常連出演者等の実態」は

「バカな情報を発信している悪に成る」。

「そんな酷く、劣悪な状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何をしてバカと言うのか?」の「基準抜き」では

「酷く、不公平に成ってしまう」ので

「筆者がここで言っているバカの基準を記す」なら

「実体や事実・現実を原寸大で実用する地動説状態で情報配信をせず、

常連出演者や常連出演者が所属している人脈・組織等の思いや信じや感や都合等に沿った天動説状態の情報配信を行っているところ」が

「バカ」なのだ。

「物質文明側ではとっくの昔に、天動説状態から地動説状態に成っている」のに

「未だに、天動説状態で情報・教育等を行っている所謂、文系側のバカさ加減等」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」が

「例えば、本日の放送内容にも在った日韓関係論でも、

ボード解説をした常連出演者は、

民主化後にも在った日韓国家間合意を言わず、

歴史上では日本が韓国に一方的に悪い事をした旨を言う、

現実離れしたバカ論を、

視聴者を生徒に見立てて覚えさせる教師の様なやり方で、行っていた」。

「さすがに、民主化後に在った日韓国家間合意については、他の常連出演者等から指摘されていた」が

「日本が韓国に一方的に酷い事をした歴史認識については、そのまま状態だった」のだから、

「現実離れのバカ論は、一部是正されたダケ」で

「コレでは、

実体や事実・現実を共有出来る状態に成る事で初めて実現可能に成る

真の相互理解や

其の先に在る真の平和・友好関係の構築等の

役に立つ訳も無い」。

「むしろ、実質的には、不当に韓国側を利そうとしている情報配信内実等への反発からも含む反韓感情や思い等の増大が、

多くの視聴者等の中で起きてしまっていても何の不思議も無い事に成る」。

「実体や事実・現実をありのままに情報配信する」なら

「日韓併合前の韓国は単独では国・国民の存続さえ困難な状態に陥っていたから、

当時の韓国国家権力者等は日本と一緒の国に成る事で国・国民を救おうとし、

対等合併を望んだが、

対等合併で韓国寄りの要素も十分に取り入れる事は実質的には、日本の衰退化にも直結し、

欧米列強等に対抗出来る状態の構築も大きく阻害する事と成ってしまうので、

欧米列強の支配下に取り込まれ易く成ってしまう」。

「其処で、より進んでいた日本寄りに二国を一国化する日韓併合国家間契約に

韓国の国家権力者も合意した」のが「史実」で、

「断じて、日本が韓国に侵略戦争を仕掛け、韓国を植民地化したのでは無い」。

「日韓併合後に行われていたのは、

朝鮮半島内も日本本土内並みに、日韓併合国家間契約通り日本寄りに、急速に近代化整備する同化政策であり、

断じて、植民地支配政策では無い」。

「当時、朝鮮半島に渡っていた日本人の多くは、其の同化近代化整備を一生懸命、時には、私財までつぎ込んで、行っていた」のが

「現実」で

「其の実態は、開拓整備に近かったところも多い」。

「例えば、現在は、韓国第二の大都市に成っている釜山も、日韓併合当初は、何も無い様なところ」で

「当時、韓国人が住んでいなかった所に、居を構え、近代化整備開拓事業等を行い、

韓国人国家権力者等も同意した同化政策に基づいて、

平和・共存・共栄しようとしていたのが日本の行った事」だ。

「日本が一方的に悪いとする歴史観等は、明らかに、不当に韓国利す天動説的で、現実離れしている」。

「戦後、朝鮮半島内に居た、日本人のほとんど全てが強制的に引き揚げさせられた事により、

朝鮮半島内の日本人の立場・資産・財産等々の多くが、自動的に韓国人の下に転がり込んだ」が

「本来なら、元々が、国家間契約だったのだから、其の解消も契約で行うべき事に他ならず、

日韓併合解消国家間契約を行うなら、朝鮮半島内の日本人の立場・資産・財産等についても、応分の対価等が支払われて当然に成る」。

「其れを、日韓併合国家間契約を日本による侵略~植民地支配にすり替える事で、永遠に払わなくて良い状態にしようとした」のが

「韓国人悪権力者等による植民地支配詐欺」だ。

「戦後の韓国内では、反日情報・教育等で情報統制状態、

戦後の日本国内では、日韓併合時や戦後の現実は圧殺・黙殺状態の上で、媚感・朝情報・教育等で情報統制状態を

続ける事により、永遠の免責状態を得ようとし続けて来ていたのが、悪韓国人権力者等や其の協力者等の実態だった」が

「ネット普及により、テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等による情報統制状態が崩され、

多くの人々が、日韓併合時や終戦直後等々も含む、歴史上の実体や事実・現実情報も知る事が出来る様に成って来ている」ので

「昨今に成り、ようやく、実体や事実・現実に基づいた両国間関係改善への流れも出て来ている」が、

「現況の上辺での対立も、

実体や事実・現実情報を封印したり、嘘の歴史等を大喧伝等したり、して来ている、

両国の、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の

{仕事}がバカで悪だったが故の悪現象に他ならない」。

「皆が本当の事を十分に理解・把握出来ている」なら

「現実の地平面を共有する事により、真の平和・友好・共存・共栄関係の構築も可能に成る」のだから、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事をしている者たち等なら、

日韓併合や終戦直後についても、地動説的に、実体や事実・現実を原寸大で情報・教育等する仕事を

意識的かつ積極的に行うべきで、

特定の極一部の者たち等の考え・思い・信じ・感等を基にしたご都合歴史観等で多くの視聴者・読者・生徒等の頭の中を染め上げ続けようとする、

天動説的なバカで悪質な情報・教育等を

未だに、行い続けている者たち等は、いい加減に恥を知るべき」だ。

「昨今の自国第一主義等の世界情勢問題」でも

「合法移民と不法移民を、正当難民と不当難民等々を、分けない、インチキやズルをしている」のは「バカか悪」で

「バカか悪、情報・教育者等の裏」には

「不法移民を低賃金労働者や犯罪の手先等々として使い、不当な金儲け等々を行っている悪や、其の大元締めの場合もある、

問題独裁国家等が在る場合も、決して少なく無い」。

「パリ協定を順守する事」と「地球温暖化も含む地球環境問題を解決する事」は

「もちろん、同じでは無く、重要な事は、地球環境問題を本当に解決する事に他ならない」。

「ここで、現状の地球環境問題の元凶は何処にあるのか?等の探究を行わない」のは

「ズルか、バカか、悪等」で

「探究を行う」なら

「其れが、個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神文化に在る事等を

理解・把握する事等は、断じて、それ程、難しい事では無く、世界中の多くの人間たちが実現可能な事に他ならない」。

「探究を行わない、行わせない、ズルや、バカや、悪の裏に在る」のが

「現状利権」で「現状利権を維持~増大等し続けている限り、地球環境問題の解決は無理」なのは、

「現状の人間社会は、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いの精神構造で動かされているから」で

「其れは、多くの個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の集大成でもあるから」だ。

「個々の人間たちが経済による比べっこ支配権/被支配権争いという精神構造(自己制御ロジック)で自らを動かし続けている限り、

豊かさの比べっこは、過剰な物質文明製品や、自らの精神構造状態が未熟である事を誤魔化し続ける為の精神文化製品を欲し、

其のレベルもどんどん過剰に成り易く成るので

過剰消費・過剰生産状態が解消出来る訳も無く、

例え、化石燃料ダケはあまり使わなくする事が出来ても、

後ろ盾の武力比べっこも、過剰消費・過剰生産も止まらない、丸ごと一人の比べっこに明け暮れ続ける人間たちの集団に、

平和も、環境問題の解決も、社会問題の解決も、出来る訳も無い」。

「せいぜい、温暖化の速度が少々遅く成るくらい・・・」で

「今更、そんな良い子ぶりっこゴッコを行ったところで、既に、時遅過ぎである事」等は

「世界中の多くの人間たちが少なくとも、無意識では、感じている通り」だ。

「乳幼レベルの比べっこレベルから、成人レベルの本質・快適探究レベルへと、多くの個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)を

健常成長させ、其の集大成として、人間社会の精神文化も本質・快適探究レベルへと健常成長させる事でのみ、

地球環境問題や人間社会問題の解決も、世界平和の実現も可能に成る」のだから

「其の為に有効に成る情報・教育を行っていない、情報・教育界の者たち等は、本当にどうかしている」。

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配とは、乳児のやる事」で

「成人なら、自己健常支配の継続が主で当たり前に成る」。

「自己健常支配の為には、

自分を現実通りに理解・把握する事と、

実体や事実・現実を実体や事実・現実通りに理解・把握・実用等する事」等が「必要に成る」。

「ここで、多くの人々は、気づく筈」だが

「自己健常支配の為には、

自分が、ズルや、バカや、悪状態なら、其れを現実通りに理解・把握する事に成り、

そんな状態の自らを是正しなければ成らない事に成る」ので

「未だに、ズルや、バカや、悪状態に在る者たち等」とは「自己健常支配の出来ていない者たちに成る事」だ。

「自己健常支配を行えていない」と「必然的に、自己承認欲求の本来欲求も充足されない状態に陥る」ので

「往々にして、其の代償欲求が生まれ、

他の者・物・事に自分を認めさせたり、

他の人々等に認められている他の者・物・事を認める事で自分を認められた仲間に入れようとしたりする事等を

過剰に追及する状態に陥り易く成る」。

「所謂、依存症の状態が其処に在る」し

「テレビ常連出演等による他人からのお墨付き(自論への同意等)要求し続け」も

「常連出演者等依存」も、

「依存症の実例」に「他ならない」が

「其れらを{合法}で{病気では無い}としている」のが

「現状の経済比べっこ人間社会の実態」だ。

「其れら依存する側の投影・転嫁・同一視先の形状要求は多種多様を極めている」から

「其の要求に応じた多種多様な依存受け皿商品(人間も含む)等々を需要と供給の関係に応じて、提供する事で、換金し、

お金を利用して、自らに都合が良い、依存先商品(人間も含む)等を、

基本衣食住製品等生物的必需品の上に、手に入れ続けて生きている」のが

「現状の多くの人間たちの実態」だ。

「比べっこに便利なのがお金に成っている」ので「お金の価値・権力が過剰に大きく成っている」が

「其れを、是としている精神構造(自己制御ロジック)の人間たちが多いのが「現状」だ。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の快適存続よりも、狭義の自分の下に集める金品・権力等々の比べっこ」では

「世界平和も人間社会問題や地球環境問題の解決も無理に成る事」は

「冷静に少し考えるなら、或いは、スパコンでも使ってシミュレーション計算等するなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事」で、

「世界平和や人間社会問題や地球環境問題を解決する為には、何が必要に成るのか?」等も

「同様に、解る事に他ならない」。

「成人の個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)を健常化・正常化する為に必要に成っている」のは

「自分の実体把握」で

「個々の人間(狭義の自分)の意識は丸ごと一人で捉えたがり、考え・思いたがるが、

生きている人間の実態は、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群であり、

其の命の連続性は、他人も含む地球上の全ての生物に繋がっている(広義の自分)」という

「狭義の自分・広義の自分」の「両方」を「十分に理解・把握する事」が

「精神文化側の産業革命の始め」に「成る」。

「誕生・死の実態が細胞レベルの実現象である事を実用して精神文化製品であるドラマ・映画・小説・音楽・ゲーム等々をつくる」なら

「人の意識だけを偏重使用した丸ごと一人の殺傷劇等では無く、殺人欲動を殺すドラマ・映画・小説・音楽・ゲーム等々がつくられていて当然」で

「精神文化側の産業革命前の精神文化製品と

精神文化側の産業革命後の性能(=個々の人間たちの精神構造を健常成長させる事への貢献)の差が、絶大に成る事」等は、

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「例えば、

殺欲動を殺そうたって無理さ。何故なら、人は誰でも他の、動物でも植物でも、生物を殺して、食べる事により、生きているのだから!

でも、殺人欲動は殺せるよ!人類に共食いの必要は無く、誕生・死とは、細胞ごとの実現象だから、

殺してやりたいアイツも、今、この瞬間にも、細胞ごとに死んでいる。

ワザワザ丸ごと一人いっぺんに殺すなんて、古代人じゃあるまいし・・・。

殺すべきモノの実体を探究して露わにし、其れを殺せば良いだけじゃん。

悪い者たちの自己健常制御不全を殺す為には、

自己実体把握情報・教育を蔓延させたりして、自己健常制御法を解らせ、不健常制御の自虐性を重々理解・把握させれば良い。

情報・教育が正常化・健常化されるなら、

其の{健常な圧力}が他人を巻き込む場合もある自虐行動等を抑制させる事に大きな力を発揮する。

健常制御継続故のメリットや不健常制御により悪影響を出した事に対するデメリットがはっきり実感出来る人間社会状態を構築するなら、

自虐行動等のほとんどを殺す事が可能に成る。

この意味からも、自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った善・悪差別は、非常に重要だ。

善・悪差別抜きの差別論のズル、インチキ等に騙されない人間たちばかりに成るなら

ズル、インチキの先での、不当利権の取得等も困難に成る。」

・・・等々。

「ズル、インチキ論等を公共の電波を使う、使わせる事等により、実質的に、公然化し続けている事」は

「不健常性の増大に繋がる、重大悪に他ならない」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、韓国徴用工{慰謝料}請求問題等で、常連出演者等が問題の本質を十分に言わない論等により、多くの視聴者等にあらぬ考え等を抱かせようとしていた様相だったが・・・。

『「徴用工等が請求しているのが、慰謝料であり、徴用された事や其の報酬等への補償では無い」のは

「戦時中の徴用は、多くの男性日本人に対する軍へ召集~勝ち目の無い戦場送りとの対比で言われるべき事」であり

「其の報酬も当時、ちゃんと支払われていた」から

「今更、求めるなら、即座に、其の恥ぶり等が判ってしまう事に成るから」だ。

「では、慰謝料ならどうか?」

「其れは、逆に日本の立場から言うなら、

例えば、終戦直後の強制引き揚げにより、朝鮮半島内の資産・立場・財産等を朝鮮人に奪われた事に対する慰謝料を請求している様なモノ」で

「そんな慰謝料請求を行っている日本人は居ない筈」なのは、

「基本的に、慰謝料とは、実体補償に対して非常に少ないモノであり」、

「ほとんどの該当日本人には、

引き揚げ時には、資産・立場・財産等を手放せさせられた補償として、例え、其れが、微々たるモノでも、国から与えられている事」と

「日韓基本条約による解決~未来志向を重視・実用し続けて来ているから」だ。

「韓国の徴用工に対する一人当たり日本円に換算するなら一千万円!!!にもなる慰謝料」が

「どれ程、酷く、吹っ掛けたモノに成っているのか?」や

「実体補償について言わない、云えない慰謝料の請求等が、どれ程、情動を逸脱しているのか?」等は、

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実体補償請求抜きの慰謝料請求の異常性」や

「請求が慰謝料であり、其の請求金額が常道を逸脱している超高額である事」等を

「十分に言わないまま、

徴用工は可哀そうだから・・・、

寄付ならいいんじゃないの・・・等と、

元徴用工等に常道を逸脱している超高額慰謝料等を与える事等を是としていたり、

其の様な、実質的に、日本側が特殊詐欺に引っ掛けられている様な状態の先で生まれる日韓関係を良い日韓関係としていたり、

している常連出演者等」は

「まるで、韓国が仕掛けている実質的、特殊詐欺等の共犯の様なモノ」に「感じたり、思えたり、する視聴者等の数も多い筈」だ。

「日韓併合時の日本を絶対悪とする大前提の上で、戦後の韓国も北朝鮮も日本国内の一部も、始められてしまっているが故の悪現象の一つ」が

「徴用工慰謝料請求問題でもある」。

「大元は、日韓併合であり、戦後の韓国・北朝鮮等や日本国内の一部の始め方」なのだから

「日韓・日朝問題を本気で改善したい」なら

「其れらの実体・実態検証をし、其の情報を大々的に配信し、公然化する事」等が

「大いに有効に成る」。

「そして、其れは、

独裁政権等による情報統制も無い、自由・民主主義圏の日本や韓国のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、

十分に実行可能な事に他ならない」。

「少し前には、韓国で、

朝鮮人に対する不当差別などが頻発していた訳では無い、日韓併合時の実態も紹介している、

反日種族主義という本がベストセラーに成った」。

「日韓併合時に朝鮮人に対する不当差別等が基本的に無かった」のは

「極めて当たり前の事」で

「日韓併合時に行われていた政策」は、

「日韓併合国家間契約そのままに、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策であり、

断じて、日本による侵略~植民地支配政策では無かったから」だ。

「多くの日本国民男性の仕事が兵役であり、売春が合法だった戦時中」の

「従軍高報酬売春婦には、日本人も朝鮮人も居た」し

「親・兄弟・親戚等の為に・・・、より多くのお金を稼ぐ為に・・・」は

「貧乏だから仕方無いの先で、ある意味、必然的に、生み出されていた、

自己犠牲美談による納得心等会得の為の一つの決まり文句でもあった」。

「意に沿わぬ売春婦の実態」は

「お金の為に、親・兄弟・親戚等に仲介人等に売られた人間たち」で

「朝鮮半島内では、売った親・兄弟・親戚等も、勝った仲介人等も朝鮮人だった」のが

「現実」だ。

「売った、親・兄弟・親戚等や、買い、売春の上がりをピンハネしていた仲介人等を責めず」に

「日本軍・日本国に其の責任を問い続けている朝鮮人等」からは

「朝鮮無罪カルト宗教信者等の強烈な臭いが漂って来る」が

「其れを、人権派等と感じたり、思ったりは、とても出来ない」のが「史実を知る者の現実」に「成る」。

「憎むべきは、戦争であり、貧困であり、人体の売り物化・性の商売化等々に成る」。

「旧日本軍等には、戦争を始め、戦争に負けたのだから、思い戦争責任等が問われて当然で、実際に、幹部等は処刑等までされている」。

「天皇の戦争責任は、微妙で、法律上では、かなり強い実権を持っていた戦前~戦中の天皇でも、

其の実態は、時の施政者に担がれ、利用されていた、象徴でもあったのだから、

戦争責任の多くを天皇に求めるのは、実態との整合性が悪い事に成る」が

「命がけで、天皇の、持っていた強い権限を行使して、戦争を止めたり、遅らせたり、する事が出来た可能性はゼロでは無い」ので

「責任ゼロとは言い難い」。

「意に沿わぬ従軍慰安婦等に対する責任は天皇に在る訳も無く、ましてや、其のお子様である現上皇に在る訳も無い」が

「朝鮮人等の世代を超えた日本のみへの責任追及の裏にも在るのが、朝鮮無罪!日本絶対悪!カルト宗教信者等の考え・思い等に成る」。

「当時の貧困の裏に在ったのは何か?」

「朝鮮半島内の場合は、日本による保護~日韓併合前には、散々の二極化格差社会状態だったが故の悪現象でもある」。

「清のお墨付きの下で朝鮮半島内の支配権を行使出来ていた、朝鮮王朝に近い者たちダケが特権階級で、其れ以外の人々は、

衰退させられる事によって、王朝等による支配が行い易い状態をつくられ続けて来ていた」から

「当然の如く、多くの朝鮮人庶民も其の集大成的要素も強い国自体も、貧しい状態に追いやられていた」。

「単独では、国・国民の存続も困難に成っていた上に、欧米列強が清を食い荒らし始め、お墨付きの力も失い、

新興勢力が朝鮮半島内で実権を握り始めようとしていた時」に

「侵攻勢力の一部と共々に、日本に保護を求め、

其れが良かったから、日韓併合二国間国家間契約を締結したのが当時の朝鮮人権力者たち」だった。

「日韓併合以降、朝鮮半島内も急速に近代化整備されて行った」が

「日本本土内同様、済み済みまで豊かに成れるレベルには、未だ、未だ、の状態だった」。

「売春が合法だった当時、日本人・朝鮮人問わず、自ら、其の高報酬の仕事を選択した者も居たし、

お金の為に、娘さん等を売った、親・兄弟・親戚等も居たのが史実」だ。

「バースコントロールも十分に出来無かった当時は、子沢山というだけで、貧困状態に陥り易かったのも事実」で

「日本人でも裕福では無い家の男子の場合は、丁稚奉公等に出されるのも、当たり前の時代」だった。

「大学等に入れるのは、お金持ちばかり・・・」であり、

「高校や大学の入試時にも、体力も問われた」のは「世界中が武力による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化に包まれていたから」で

「学業優秀でも、60キロの米俵が担げない様では、超一流校への入学は不可というのが日韓併合当時の現実」だった。

「日韓併合当初、朝鮮半島内では、

読み書きソロバンが出来て、着色された着物を当たり前に着ていた日本字庶民の子と、

読み書きソロバンが出来ない場合が多く、色の無い、汚れた着物を着ていた朝鮮人庶民の子との、

元々の民度の差がかなりあったので、同化政策だったにもかかわらず、日本人用と朝鮮人用の学校は別に作られた」が

「時が進み、日本人も朝鮮人も同様に近づくにつれ、朝鮮人でも日本人と同じ学校に入れる優秀な人々も増えた」。

「インフラ不十分状態だった日韓併合時の朝鮮半島は、物流が基本的に、本土経由だった」から

「当時、朝鮮半島内に居た日本人も朝鮮人も相応に、不利な状態で、困窮し易かった」が

「インフラ整備により、次第に、其の状態も改善され、朝鮮半島直の物流も本格的にスタートしそうな段階に至った頃、

開戦と成ってしまった」。

「日韓併合後の急送な近代化整備により、かなり衛生・生活・教育・経済水準が上がった朝鮮半島内だったが、

より豊かな日本本土に自主的に渡った朝鮮人も多かった」。

「其の総数は、終戦直後に朝鮮半島内から強制的に引き揚げさせられた日本人の総数よりも、遥かに多い筈」だ。

「其れらの人々の多くが居残り、

朝鮮戦争時の{難民}の増加もあり、、

戦後の日本国内には、かなりの数の朝鮮人が住み、日本に帰化した人々の数もかなり多い」。

「日本が好きで日本と共存・共栄目的なら、問題は無い」が

「其の中には、悪朝鮮人権力者等の命令・指令の下で、日本乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている者たちや其の協力者等も居る」。

「重要情報圧殺・黙殺状態での情報・教育等を行い続けて来ている者たち等」からは

「例え、日本国民でも、成っていても、悪朝鮮人権力者等の手下、情報・教育工作員等や其の協力者等の臭いが強烈に漂って来る」。

「特定極一部の、朝鮮人を、過剰に、重用し続けているテレビ等も明らかに変」だ。

「韓国や北朝鮮のテレビで、日本人が重用され、其の論や意見等が、大々的に配信されているのか?」を「考える」なら

「この{不公平・不平等}状態がもたらす悪影響」等に「多くの視聴者等も気づき易く成る筈」だ。

「人体の売り物化等は、もちろん、言うまでも無く、基本的人権も大きく壊している、大悪事に他ならない」が

「武力による比べっこ時代には、人間個人の命さえ、かなり軽く扱われていたのが現実」だ。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観に基づいた比べっこ原理故の大悪現象」は

「武力でも経済でも形を変えて現れる」。

「この大悪現象を無くす為」にも

「多くの個々の人間の精神構造や其の集大成である人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に、有益に成る情報・教育等を

意識的かつ、積極的に行うべき」で

「言うまでも無く、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等とは、其の為の機関等でもある」のだから、

「今時の人類が激烈必状態に成っている、其の重大な仕事を行っていない事は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の肝」は「何度も記している通り」で

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明側同様に、

精神構造・精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ。

「日韓間問題でも、~日本による保護~日韓併合~終戦直後~等々の実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で、

現実の地平面を日韓で共有する事が出来る状態をつくり出す事こそが、正当な解決法に成る」。

「図々しく、厚かましく、ご都合の集金・略奪等の論理を、声高に訴えた側に合わせて、

其の対策を考えたりする事では、

声高に訴えた者等の側を利すダケに成り易い」のだから、

「其の訴えの内実・本質を、実体や事実・現実通りに解き解す事が、非常に重要に成る」。

「其れを、いきなり、政治レベルや国家指導者レベルで行うと、かなりの軋轢を呼ぶ事に直結し易く成ってしまう」から

「先ずは、民間レベルの情報・教育で行う事が非常に重要に成る」。

「民間レベルで行うべき仕事は、其処に在る」。

「断じて、不用意な寄付塔を行ったり、行わせたりする事では無い」。

「本来の仕事を怠り続け、まるで悪朝鮮人権力者等ご用達の仕事???を行い続けている様相の者たち等を、

常連出演者等として重用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「高級レストラン従業員の{身の丈}ツイート等発信問題」や「皇位継承問題」等で常連出演者等がご都合論等を大喧伝等していたが・・・。

『「反対・審議拒否野党等や其のお仲間マスコミ等による言葉狩りワード{身の丈}を使った、お客様に対する不満ツイート等をネットにアップした高級レストラン従業員~ネット炎上等の問題の元凶」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

言葉狩りワードを発した者を、

悪者扱いして、責めろ!非難しろ!等々と、

多くの視聴者・読者等を実質的に、誘導しているテレビ・ラジオ・マスコミ等にも、言うまでも無く、ある」。

「其れは、該当レストラン従業員が、

テレビ・ラジオ・マスコミ等により、昨今、世間で話題にされている言葉狩りワード{身の丈}を

何故使ったのか?」や

「従業員の不満ツイートを視たダケで、少なく無い数のネット使用者塔が、

何故、其の従業員や該当レストランを大非難等する様に成ってしまったのか?」等を

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「{身の丈}という言葉に、言葉狩り政治運動等により特段の悪イメージが付けられていなかったなら、

公人や有名人等でも無い、該当従業員の、お客様に対する不満ツイート等も大して話題に成らなかった筈」だし、

「言葉狩りワード{身の丈}の大配信等が無かったなら、該当従業員が{身の丈}を使ったツイート等を行っていた可能性もかなり低いと

容易に推定出来るから」だ。

「{身の丈}言葉狩り~反対・審議拒否野党等を利す為の、政治運動等を公共の電波上で行っていた者の一人である、

常連出演者等が、自らの責任や反省等は、何処へやら、

該当従業員や其のツイートや該当レストラン等を批判・非難等したネット使用者等ばかりを、

優等生ぶり、正義ぶり、責めていた実態」は

「本当に、酷く、劣悪で、其の様な実態を公共の電波を使って大々的に配信する事で、実質的に公然化する」なら

「言葉狩りワードを発した者等は攻めろ!責めろ!」等と

「同様」に

「新たな悪習や思想・信条等」として

「言葉狩りワード使用者等は攻めろ!責めろ!でも、

言葉狩りワード等を見出し、其れを大喧伝して、大衆を操り、

他の同じ言葉狩りワードを使った者や其の関連企業・店等々を責めさせ、攻めさせ、

日本国内等で騒乱状態等を生み出した者たち等は、

責められ無くて良い勝ち組だから、

其の様な立場・状態を得れば勝ち!」等々が、

「広がってしまうのでは・・・、

其の優位な立場の者たち等による責め、攻め、誘導によって、

いじめや虐待等々が、益々誘発し易く成ってしまうのでは・・・」等々と

「感じたり、思ったり、・・・した」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「該当問題以外の今までの悪影響等」や

「政治家等には、散々、言葉狩り、態度狩り、実質的、小問題狩り、等々で、辞任を求めて来ている実態」等々に「鑑みる」なら

「是正や反省・謝罪等々はもちろん、

辞職等が相応である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「上辺に拘り、拘らせ、良い・悪{イメージ}等を付け、就けさせ、比べっこし、させ続けて来ている、

本質や快適の探究が余りにも疎かな情報配信故の超悪態や大悪現象等が、其処に露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「皇位継承問題」でも

「日本の皇室が其れこそ、二千年にも渡って存続出来ている大きな理由である男系のみの皇位継承」の

「訳」を

「多くの視聴者等に、分り易く説明して来ていない事」が「酷過ぎる」。

「ほとんど全てのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、其の様な状態」で

「男女同権が世界標準に成っている今の時代だから・・・等の感や思いダケを重用している状態の人々に対して、

世論調査等を仕掛け、其の結果として女性・女系天皇容認者の数が多い」等と

「やって」も

「其れは、実質的に、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ情報等や学校教育等による、

大衆誘導効果を確かめる為の世論調査等にしか成っていない」。

「本日のゲスト元皇族のお方が朝まで生テレビで激論が費やされた後の意見等の割り合いを紹介されていた」が

「其処では、男系のみにするべきが過半数で、

女系容認論の優位を期待していたらしい朝まで・・・の司会者も困惑だった」そうだが

「関連重要情報を知っていると知らないとでは、判断も大きく変わる」のが「人間の常」だ。

「皇位継承問題で言う」なら

「判り易い、究極の例えとして、

女系天皇を容認するなら、

日本の女性天皇を北朝鮮の金等が核やテロ・工作等の脅しを元に側室にした後、

金家が天皇家として君臨する事も可能に成ってしまう事」等を

「多くの視聴者等に、伝えれば良い」。

「女性天皇だけが可なら、金家が天皇家に成れてしまう事は無く成る」。

「人類の長い男性優位社会の中で、日本の天皇制が残り続けられて来ているのは、

男系だからであり、

治世実権が天皇以外に移されている時でも、

象徴としての役割りを立派にこなし続けてこられているから」だ。

「男系だから、どの治世実権者も、例えば、織田家も豊臣家も徳川家も天皇家には成れなかった」のが

「現実」で

「女系容認だった」なら

「天皇家は、とっくの昔に、他の家の男系血統に成り、其の後も別の男系血統に入れ替わり、

とても、日本国全体の象徴として存続などは、出来得ない状態に成っていた事に成る」。

「天皇制という歴史文化を続けるなら、男系のみが正当に成り、

日本の象徴だから民意を元に女系も可!等は、

天皇制とは別の制度に変えましょう!政治運動に他ならない事に成る」。

「大衆誘導で操った民意で都合良く日本社会や日本国民を支配・コントロール等したがっている様相」の

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等の裏には何がある?」

「朝鮮血統なんじゃないの・・・、或いは、朝鮮血統による情報・教育マインドコントロール等なんじゃないの・・・」等と

「感じたり、思ったり、している」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「女性のお子様だけをお持ちの(ここまでは黙殺状態)天皇のご意見を!論」等にも「明らかな違和感がある」。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)は、女系天皇容認日本の実現を何故、そんなに急いでいるのか?」

「其の裏に在る」のは「金家の天皇家乗っ取りによる日本乗っ取り支配関税の図」という「実現不可能な悪欲動等だったりして・・・」等と

「感じたり、思ったりしている」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「善・悪差別は極めて重要」だ。

「例えば、現状で日本の中に居る朝鮮系の人々でも、

非人道的なスパイ・工作活動等無縁で、日本国・日本人との共存・共栄目的で暮らしている方々等なら、

差別してはいけないが、

非人道的なスパイ・工作活動等を行ったり、其の協力をしていたりする、なら、明らかに悪に成るから、

告発・摘発・逮捕・処罰・厳罰等々、応分の悪差別に基づいた正当な対応が必要に成っている」。

「善・悪差別をいい加減にしていると、

例えば、日韓・日朝問題等がより深刻化した時に、

何故、戦後日本に居残り続けているのか!日本乗っ取り支配が目的では!!等々が重大問題化し、

朝鮮系なら朝鮮に帰れ!等の善・悪差別抜きの事態が具現化し易く成ってしまう事に成る」。

「今の内から、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たち等や其の協力者等を

テレビ・ラジオ・マスコミ等なら、意識的かつ、積極的に告発し、

警察等なら、意識的、かつ積極的に、摘発~逮捕等し、

政治家・政党等なら、其れらに必要に成っている法・体制等の整備を意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「未だに、

少々の測定機器等が有るなら、其の立証も容易な、

電磁波工作さえも告発していないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当にどうかしている」。

「工作電磁波は、

音響兵器の電磁・ホール版的実態を持つ、

経時変化によりより疑似高周波化している、

イコライザー調整等により其の照射方向の調整も出来ている、

電子機器・電気機器なら、其れこそ、何にでも、何処にでも、ソフトでもハードでも、仕込めてしまっている様相の、

人体に当てられると、

生体電気信号を乱され体調不順や不安・イライラ(車の運転の邪魔にも成る)や疲れ・痛み・痙攣(心臓なら心不全に成る)等々を誘発させられたり、

細胞組織等が破壊(脳出血も含む内出血等の場合もある)されたり、

長期の連続照射では発ガンもある、

有害性の高いモノ」で

「経時変化している縦波ドット波等の特性から、周波数依存型の電磁波探知機等では検知困難である上に、

電子・ホール両側を上手く使って電界メーター等でも検知し辛くしているが、

音的な特性から、当てられた金属板等が発する音として検知する事も出来る」。

「ほとんどの材質の天井や壁や床等々を通り抜ける特性から、覗きにも使えている様相で、

ターゲットの居る所を覗きながら、ターゲットの身体の特定部位に工作電磁波を当て続ける工作まで可能に成っている」。

「集合住宅設備等、大電力を使う機器からの工作電磁波は応分に凄く強力に成り、

防護処置等無き場合なら、短時間での殺傷行為等も実現可能と強く推定出来る」。

「其の様な工作電磁波を発生させ、コントロールも可能にしている仕込み」が

「日本全国各地で行われ続けて来ている」が

「其の目的」は「不都合日本人粛清・日本人弱体化~日本乗っ取り支配」等と「推定出来る」。

「これ程の酷い事態を、十分に、告発しないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は「其のお仲間なのでは?」等と「思われても仕方無い事に成る」。

「警察も工作電磁波ディテクターくらい保持し、積極活用するべき」だ。

「仕込みを解明~摘発するには、

相応に高い

電子(仕込み素子との入れ替え等の手法が用いられている事も多い)関連

・ソフト(アッセンブラーレベルの場合もあるし、イコライザーコントロールへのアクセス権が設定されている場合も在る)関連技術」が

「要る」が

「発生している工作電磁波を検知する事は、音で捉えるなら、比較的容易」だ。

「何れにしても、スパイ・工作活動等放置・容認状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「与党大臣辞任問題」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝していたが・・・。

『「言葉狩りや選挙時の実質的、小問題等」で「与党大臣等を、直ぐ辞任する、させる事」の「実効」は

「大臣等の辞任により、総理や政府与党等に悪イメージをもたせる事」により、

「政治・政策実態では、敵わない反対・審議拒否野党等」に「相対的に良いイメージを付ける事」にも「成っている」。

「政治・政策等に問題があり、大非難・大批判等なら、もっともな事で、話しも解る」が

「言葉狩りや選挙時の実質的、小問題等が基」では

「其の反対・審議拒否野党等を利す為の実質的、政治運動ぶり」は「隠し様が無い」。

「それでも、本日の場合は、抑制的だった」から「若干の是正傾向が其処に露呈していた事に成る」が

「煽り運転ガラケー女と誤認、民事保証問題」では

「常連出演者等がハツラツとネット情報等色々な人々からの情報配信等に対して、

誤認の先等なら、酷い目にあわされるゾ~!{脅し}等を行っていた」のだから、

「本当に呆れた」が

「其の裏には、相応の危機感の臭い等も濃厚に漂っている様相でもあった」。

「もちろん、いうまでも無く、

日本も他の多くの自由・民主主義圏の国々と同様に、独裁政権下では無く、情報統制社会でも無いから、

表現の自由も、発信の自由も在り続けていて当たり前に成る」。

「表現の不自由展その後問題等では、実質的、政治運動等に対して、表現の自由等を声高に訴えている常連出演者等が、

ネット情報配信ばかりに誤認無き正確さ等を求めている」とは

「明らかなダブルスタンダード」で

「公共の電波を使った其の様な実態の実質的、公然化による、ネット言論等に対する{煽り}・{圧力}発信状態」は

「本当に、酷く、劣悪で、是正する、させられるのが、当然の事に成る」。

「何事でも実体や事実・現実や実質や善意等を重んじる」のが「当たり前」で

「大臣等なら、優先して問われるべきは政治・政策実態」等であり、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等なら、優先して問われるべきは、政治・社会・思想面等での

実質的、視聴者マインドコントロールや大衆誘導等の無さ」等であり、

「ネット情報配信等なら、優先して問われるべきは、配信者等の能力相応の実態・実体把握に基づく善意」等に「成る」。

「大臣等の言葉狩りや実質的、小問題等を政治実態より優先したり、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による、政治・社会・思想面等での実質的、マインドコントロールや大衆誘導等が実質的に、行われていたり、

実態・実体把握能力が十分にある者による悪意に基づいたネット情報配信が蔓延っていたり、等々する、させられる」なら

「其の様な状態下に在る国等の中で暮らす多くの人間たちが、大きな不利益を得続けられさせ易く成ってしまう」。

「日本の弱体化工作等を行っている反日国人脈等の者たち等でも無いのなら、

今時の人間としてある程度以上の能力が有るなら、

はっきりと認識出来ていた当たり前の実態が其処に在る」。

「果たして、常連出演者等が日頃から露呈し続けて来ている実態はどうか?」

「核を持ったら勝ちでしょ!反日国等の手先的実態が露呈している」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者の数も決して少なく無い筈」だ。

「今時の、多くの自由・民主主義圏の民から批判・非難等されても仕方の無い様な実態を、

公共の電波上で露呈させつづけていながら、

嫌われない方法等まで探っていたりもして来ている様相なのだから、ある意味、本当に、哀れ」だ。

「恐らくは、事実誤認を基にした、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)思想・教育」等に、

「実質的に、マインドコントロール等されてしまっているが故の悪現象」なのだろうから、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)思想・教育等によるマインドコントロールから自らを解放する事」等が

「日本の多くの視聴者等から嫌われない為の近道に成る筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)思想・教育等マインドコントロールからの解放」に「実効のある手段」は

「例えば、日韓併合~の歴史をありのままに検証する事』に「成る」。

「昨日のテレ朝{こんなところに一軒家}でも日韓併合時に朝鮮半島内に居て、引き上げて来たお方の家も紹介され、

引き上げ後に、日本の行政により開拓地が与えられた実態も紹介されていたが、

ここで、直ちに、多くの視聴者等も気づくべきは、

日韓併合時に日本に自主渡来していた多くの朝鮮人の全てが朝鮮半島に戻っていたなら、

日本の行政が開拓地を引きげ者n提供するまでも無く、

朝鮮半島から引き揚げた日本人のほぼ全てに日本での住処を与える事が出来ていたのでは・・・等の現実に成る」。

「戦後朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全ては強制的に日本本土に帰還させられたが、

日韓併合時に日本本土内に自主渡来していた朝鮮人の多くは戦後の日本国内に居残ったのが現実」だ。

「戦後朝鮮半島内では、ほぼ全ての日本人が日本本土に引き揚げた事により、

日本人が朝鮮半島内で保持していた、資産・立場・財産等の多くが、朝鮮人のモノに成った」が

「日本本土内からは、朝鮮人の多くが引き揚げなかったので、十分な其の代わりが、無い状態に成った」。

「其の一つの実例が、今回紹介された、行政が開拓した土地を与えられた引き揚げ者に成る」。

「該当番組では、日韓併合時の京城(今のソウル)の実態もモノクロ動画で紹介されていた」が

「日韓併合後、急速な日本本土並みの近代化整備が行われた朝鮮半島内の主要都市だった京城(ソウル)の当時の実態は、

まるで、当時の日本の銀座の様・・・で、路面電車まで走り、デパートも在った、当時としては、結構、豊かな状態でも在った」。

「其処で話されていた言葉が日本語だった」のは「極めて当然」で

「日韓併合二国間国家間契約とは、二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化契約だったが故の実現象」に「他ならない」。

「単独では国・国民の存続も困難な状態に陥っていた、

当時の、朝鮮の王族が日韓併合後の日本の準皇族に成り、

朝鮮の貴族が日韓併合後の日本の貴族に成り、

朝鮮の政財界人が日韓併合後の日本の政財界人に成ったのが、

日韓併合二国間国家間契約後の日本の実態で、

其の後、行われていたのは、二国をより進んでいた日本よりに一国化する同化政策であり、植民地支配政策では無い」のが

「史実」だ。

「モノクロ動画で紹介された当時、京城に居た人々が全て日本人である訳も無く、

見かけ上では区別がほとんどつかない場合も多い朝鮮人が同化政策上の学校教育等で覚えた日本語を話し、

創氏改名の権利を行使して日本人と同様の名前を名乗っていたなら、

京城の中のどの人が日本人でどの人が朝鮮人なのか?の区別を引き揚げ者の子どもが分らなくても当然に成る」。

「日韓併合後の近代化整備等により、

当時の京城で、

相応に、豊かに、幸せそうに、暮していたのは、多くの朝鮮人も同様で、断じて、日本人ダケでは無い」のが「史実」だ。

「朝鮮半島内からの日本人引き揚げ者総数」と「日本国内に居残った朝鮮人の総数を比べる」なら

「どれだけ多くの朝鮮人が日韓併合時に日本に自主的に渡来していたのかも良く判る」のは

「日韓併合平時は同化政策故に朝鮮人だけに対する強制は在り得ず、

朝鮮人の強制連行は、多くの日本人男性が強制的に戦地に送り込まれていた戦時中等の極少数だから」だ。

「戦後、朝鮮半島内からのほぼ全ての日本人の引き揚げにより、

ある意味、火事場泥棒的に立場・資産・財産等を得る事が出来てしまった朝鮮人権力者等は、

日本国内に数多く居残っている朝鮮人を使う事により、

戦後の日本社会内で多くの日本国民を実質的に、マインドコントロールし続ける事等により、

火事場泥棒的に立場・資産・財産等を得た事を正当化し続ける策略を実践した」。

「其の下で生まれた」のが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮)思想・学校教育等」と

「ネット普及前まで、戦後日本国内で連綿と続いてしまって来ていた、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)思想・教育の為の情報・教育統制状態」だ。

「其の基は、日本が主権を回復する前の占領下に、

日韓併合二国間国家間契約を日本による侵略~植民地支配とする悪朝鮮人の実質的、詐欺を基にして、

詐欺に騙されている状態の米国人と悪朝鮮人によって仕込まれた事」に「他ならない」。

「米国要人が悪朝鮮人の詐欺に騙され続けている状態のまま」なら「有効に成り続けさせられてしまい易い悪態」が

「其処に在る」が

「日韓併合の実態・実体」や

「戦後の朝鮮人権力者や朝鮮半島の国々等が行って来ている事」等を

「検証する」なら

「詐欺に騙され続けている事自体が、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態で在る事」等は

「米国要人に関わらず、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「日本国民なのに、未だに、左翼(内実、親朝鮮等)思想・教育マインドコントロール下状態」では

「本当に、情けない事に成る」のだから、

「今時の日本のテレビ・マスコミ等なら、日韓併合時~の史実情報等も、意識的、かつ積極的に情報配信するべき」だし

「学校教育等でも、

日本による韓国保護契約~日韓併合~終戦直後~日本による主権回復~時等の、

封印・圧殺・朝鮮ご用達論等の無理強い等は止め、実体や事実・現実に基づいた史実を教えるべき」だ。

「事実誤認を言う」なら

「ネット普及前」の

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」による、

「戦後日本の実態にも大きく関わっている~日韓併合~終戦直後~等の事実誤認ぶり」は

「本当に、酷い」。

「朝鮮半島からの引き揚げ日本人や其の子孫等に多大なる不利益・不当圧力・工作被害等をもたらす事」等や

「日本国内に居残り続けている朝鮮人に過剰な利権を与えたり、不当工作等の実行の後押しをしたりする」等の

「悪の実効」からしても、

「散々の事実誤認情報・教育の大々的な配信・実行等に対する応分の責任と罰」は

「極めて重くても当然に成る」。

「未だに、情報・教育界等で堂々と実権を行使したりしているなら、本当に、酷過ぎる」。

「其の事実誤認には、政界で言うなら、総辞職に値するくらいの酷い実態がある」のだから

「選挙が無いから安泰・・・等は、在り得無い」』。

『「文科省大臣が言葉狩りされた{お陰}」で

「民間業者を導入した大学入試英語試験の重大問題も露呈した」が

「民間業者の裏には、政治家在りと言うダケでは無く、事実・現実通りに実態を報道するべき」だ。

「其の実態報道無き状態」では、

「教育界との繋がりが濃い反対・審議拒否野党等の政治家等だから、黙殺・・・」の「臭い」が

「濃厚に残ったまま・・・」等に「成ってしまい」、

「そんな情報配信を行っている番組は、反対・審議拒否野党等のお仲間・・・」等と

「感じたり、思われたり、しても、ある意味、当然の状態を露呈している事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「故緒方氏等ダシにした日本はもっと難民等を容認しろ!論」等を公共の電波上にばら撒いていた様相だったが・・・。

『「緒方氏の人間原理の平和構築概念等」では「其の根本にも成る人間とは何か?が抜けている」ので

「個々の人間たちによる解釈も色々と成り、実際の平和構築に大きな力を発揮する事も無かった」が

「難民現場等最前線に赴いて、国連要人が持つ強い大権を基に、現状で既に起きてしまっている難民問題等を少しでも和らげる解決仕事等」は

「相応に大きな実効をもたらした」から「其の現状対策の能力や実効等が大いに称賛等される」のは

「極めて、当然の事でもある」。

「ここで、問題と成る」のが

「緒方氏の様な方々が、現状対策を精一杯頑張っていた裏で、

相応に高い立場・実権等を保有していながら、

本来なら行っているべき源流対策への貢献に直結する情報配信・教育等を怠り、

現状利権の維持増大に走り続けて来ている、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々の者たちの実態」で

「緒方氏の人間原理の平和構築の最大の問題点でもある人間とは何か?の情報配信や教育等を行う事により、

人間原理の平和構築の実現の後押しをする仕事さえも十分に行って来ていない実態」は

「例え、公共の電波上等で、どんなに緒方氏を称賛等したところで、帳消しに出来る訳も無い劣悪実態に他ならない」。

「更に、其処に、日本はもっと難民を受け入れろ!政治運動等まで付けられている」と

「実に、醜悪で、もはや、呆れるレベルに成ってしまっている」等と

「感じたり、思ったりした、視聴者の数も多かった筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「この件で言うなら、是正法は簡単」で

「人間とは何か?の情報配信を大々的に行えば良いダケ」だ。

「個々の人間の意識上で人間の解釈が違っている状態では、人間原理の平和構築など出来得る訳も無い事」は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが直に分る」。

「例えば、

ある人間の意識上では、

人間とはお仲間とお仲間以外に分れている存在であり、

お仲間では無い、お仲間の利権を侵食したり、阻害したりする人間は敵であり、

敵は、駆逐すべき存在に他ならず、

平和とは敵を駆逐する事によって実現可能に成る事」等々、

「かも知れないが、もちろん、そんな人間の解釈の先に人間原理の平和が構築出来る訳も無い」。

「セイゼイ、それぞれが、敵より強い武力・経済力等々でお仲間集団の利権を守る事等くらい」が

「実践出来る手段」で「其処に生まれているハリネズミの関係上の平和状態の実態」は

「現状人間世界の中で互いに戦争等に手を出していない国々の関係等から良く解る」。

「武力戦争さえ起こしていなければ、経済戦争を行っている状態でも、平和」というのが

「現状の多くの人間たちの解釈だろう」が

「経済戦争を有利に行い続ける為」に

「経済圧殺で多くの人間たちを殺傷(病気化・早死に化も含む)している事」や

「人間以外の地球の生物や地球の資源を其れこそ争うように乱用する事等による深刻な悪現象」等を

「断じて、忘れるべきでは無い」。

「其処に在るのは、平和では無い」。

「現状までの、

丸ごと一人の死生観・人生観や比べっこ支配/被支配原理の

人間社会・経済システム等故の悪態や悪現象が其処に露呈している」が

「其の大元とも成っている」のが「個々の人間自体の実体把握の圧倒的不十分さ」だ。

「現状までの、多くの人々の死生観・人生観や、人間社会・経済システム故に、必然的に生じている、

戦争・経済戦争・難民・経済難民等々の問題に対して、相応に実効の高い現状対策を行って下さった人間の一人」が

「緒方氏だった」が

「今、生きている全ての人間たちは、現状対策だけでは無く、源流対策も行わなければならない状態に、既に、成ってしまっている現実」は

「昨今の地球環境の加速度的変化ぶりや人間社会の行き詰まりぶり等々から」も、

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが分る事に成る」。

「本来なら、其のリーダー的仕事を行っているべき、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事を行っている者たち等」が

「未だに、天動説状態・・・では、本当に、酷く劣悪に成る」。

「もちろん、今時必要な仕事が出来ていない者たち等に、何時までも、高い立場や過分な権力・報酬等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「では、人間とは何か?」

「当ブログを以前からお読みの方々なら、既に、重々ご存知の事に成る筈」だが

「今、生きている一人の人間」とは、

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の中の

何十兆(絶対数は変動し続けているし、生きている細胞だけにするのか?死んだ細胞も含めるのか?等の数え方によって変わる)かの

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群であり、

意識上では、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる存在で、

細胞レベルの命の連続性は、地球上の他人も含む全ての生物に繋がっていて、

細胞群としての年齢は、何十億年(絶対年月等は、未だ、確定的では無いものの、何十億年レベル~に成る事は既に、科学レベルで判明している)に成り、

其れは、誰もが同じで、

地球生命体細胞群自体の根本的目的は地球生命体細胞群の存続に他ならず、

広義の自分である地球生命体細胞群の存続に貢献する事が人間本来の仕事に成る」。

「地球生命体細胞群の種の中で、地球生命体細胞群の住処を地球外にまで拡げる事を実践出来るのが人類だから、

地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで拡げる事を実現可能にするレベルの高度に進んだ科学技術や物質文明製品の製造も

人類が行うべき重要な仕事に成り、

高度に進んだ科学技術や物質文明製品を自虐使用しないで済む様にする精神構造・精神文化の進歩・進化を実現させる事も

人類が行うべき重要な仕事に成り、

現状の人類も含む地球生命体細胞群の存続~健常成長への貢献も

人類が行うべき重要な仕事に成る」。

「さて、上記の様な人間の基本中の基本を十分に理解・把握出来ているなら、

戦争や経済戦争等の自虐性も、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成り、

戦争や経済戦争のベースと成っている精神構造・精神文化が、

人間の実体を置き去りにした状態での人間の意識だけを偏重した丸ごと一人レベルの死生観・人生観と比べっこによる支配/被支配である事に、

思いが至るなら、

其れらに代わるより進歩・進化した個々の人間の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を求めていて当然に成り、

其の新たな精神構造・精神文化の一つの具体例が、本質・快適探究である事等にも思いが至り、

更に、其の精神構造自体が、個々の人間の精神構造の健常成長の阻害が無ければ、多くの人間たちの中で自然と生まれる成長した精神構造である事への気付きも生まれ、

個々の人間の精神構造の健常成長を阻害し続けている(=重大な人権侵害)比べっこ強い精神文化を是正する事の重要性等にも思いが至る事に成る」。

「物質文明側での環境是正・調整と、精神構造・精神文化の健常成長の先」には

「移民難民問題の解消も在る事に成る」のだから

「テレビ常連出演者等も、日本は難民・移民を受け入れろ!政治・社会運動等を行っている暇が有る」なら

「移民・難民問題等の源流対策にも成る人間とは何か?の情報配信等を意識的かつ積極的に行うべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »