« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

永遠

人生、辛いのも、苦しいのも、当たり前

生きている人間なら世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、細胞レベルで死を体験しているのだから

人生、ウキウキするのも、楽しいのも、当たり前

生きている人間なら世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生を体験しているのだから

でも、人間の意識は、丸ごと一人レベルが大好きで、一つだけを使いたがる

丸ごと一人全部で苦しがったり、

丸ごと一人全部でウキウキしたがったり、

・・・自分のリアルとは違うのに・・・

闘いたくなるのも、当たり前

生きている人間なら世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、自分の中の有害生物と闘っているのだから

追い出したくなるのも、当たり前

生きている人間なら世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、自分の中の有害物を排除しているのだから

殺したくなるのも、当たり前

生きている人間なら世界中の何処の誰でも、他の生物を、動物にしても植物にしても、殺して食べる事で生き延び続けているのだから

人間の意識は、ここでも、丸ごと一人レベルで一つだけを使いたがる

丸ごと一人全部で他人と闘いたくなったり、

丸ごと一人全部で嫌なモノを丸ごと排除しようとしたり、

他人を丸ごと一人全部殺したくなってしまったり、

・・・リアルから離れた自虐行動の生みの親は、丸ごと一人レベルと一つだけが大好きな状態のままの意識・・・

古の人々は、細胞レベルの誕生・死も、戦いも、排除も、知り得る事が出来ていなかった

生き続ける為に生物を殺し食べる事は得意だった

丸ごと一人レベルと一つだけが大好きな意識に基づいて、生き続ける為の方法が考え出され、実践されて来た

同じ様な考え・思いを持った人間たちが共感を基に、実践する行動を大掛かりにするのは、人間の得意技

生き続ける為に、より良い生活の為に、他人の集団を丸ごと一人全部殺す事も是する集団的合意が生まれるなら

戦争が実践されてしまう

人類の歴史は戦争の歴史

戦争の生みの親も、丸ごと一人レベルと一つだけが大好きな状態のままの人間の意識

物質面では、

天動説から地動説へ、

産業革命も実現させて、兵器も含む製品群が大進歩

精神面では、

丸ごと一人レベルと一つだけが大好きな天動説状態の意識のまま・・・

其の組み合わせが生み出したモノの一つが、戦争被害の拡大

核兵器まで使われて、複数の国々が核兵器を保有したら、

さすがに世界大戦はもう出来ないと

大戦離れが起きたけど

天動説状態の人間の意識が大戦の代わりに求めたモノは経済大戦

丸ごと一人レベルと一つだけのリアル離れが

経済圧殺と他の生物細胞群も含む地球環境破壊の生みの親

其の中で暮らしている今時の人間たちが、意識を進歩・進化させる事で終わらせる事が出来る自虐が其処に在る

細胞レベルの命の連続性を辿ってみるなら、

世界中の全ての生物との繋がりが判る事に成る

広義の自分が其処に在る

広義の自分の根本的目的は何だろう?

はっきりしている事は進歩・進化を重ねながら、存続して来ている事だから、

広義の自分としての存続に違いない

成長し、宇宙にも進出し、

健常で快適な存続、そして、永続

広義の自分の其の大きな目的の流れの中で、狭義の自分も生まれている

タッタ何十兆かの細胞群が狭義の自分

狭義の自分の意識は何の為にある?

広義の自分の存続~永続の流れの健常性や快適性を高めながら、

狭義の自分の健常で快適な存続を実践する為に

其の為にも、意識も進化させよう

丸ごと一人レベルと一つだけが大好きな天動説状態から

細胞レベルも複数もリアル通りに意識出来る地動説状態に

地動説状態で考え・思い・感じるなら、

武力比べっこや経済比べっこは、遊びレベルで十分な事

本気で取り組むべき成人の仕事は、広義の自分の快適存続~永続への貢献

他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事に自分を支配させたりするのも、遊びレベルで十分な事

成人なら自己健常支配の継続が主

地球の生物の細胞群が成長するとどうなるのだろう?

宇宙の中での生物割り合いが高まる事に成る

宇宙には何故、生物が在るのだろう?

物質だけなら、物理崩壊して行くだけに成る

時間と空間が完璧に同一なら時間も動けない事に成るから

エネルギーが有っても、質量があっても、大きさが有っても、変化も、観測も出来ずに、無に成る

時間と空間が割れて分れたから、

エネルギーも、質量も、大きさも、生まれ、変化も、観測も出来る様に成って来ているけど、

割れて分れた時間と空間は、一体化するべく崩壊を続けている

時間の流れとは、其の一体化に向かう崩壊の流れ

此処で、物質だけだったなら、終極的に時空は完全に一体化出来てしまい、宇宙は死ぬ事に成る

宇宙の色々なところで生物が必要十分な量にまで健常に成長し、

終極時の一体化時に、再び時空割れをつくり出す事が出来るなら、

宇宙の呼吸は止まらず、また新たな宇宙が始まる事に成る

高度に成長出来た生物群なら宇宙の子造りも可能に成るかも知れない

其の様な状態にまで至るなら、生物の永続も可能に成る

実現可能な永遠の命が其処に在る

永遠の命は生命体細胞群の極一部の細胞群に求める事が出来得るモノでは無い

生命体細胞群にさえ求められないのが宇宙の再生と生物の永続

其れでも生命体細胞群は永遠の命に至る道を歩み進もうとする

生物の根源的本能が其処に在る

多くの人間たちの意識が地動説状態に健常進歩・正常進化するなら

必然的に、其の集大成として生み出される、精神文化製品も健常進歩・正常進化する事に成る

意識を地動説状態に正常進化させる必然性が激烈に付き付けられている時代に産まれているのが

今、生きている全ての人間

狭義の自分の意識を健常進歩・正常進化させる責務は、個々の狭義の自分の自己責任

既に、はっきりしている、天動説状態の意識のリアル離れが誘い続けて来ている自虐

更なる自虐を重ね続ける事を是とする人々が多数だったり、過大な力を持ち続けていたり、するなら、

近々、人類滅亡がやって来てしまう

意識を健常進歩・正常進化させる人間たちが多数だったり、大きな力を持つなら、

比べっこ人間社会から本質・快適探究人間社会への進歩・進化も

其の遥か先に在る永遠の命も、

実現可能に成る

永遠の命と人類滅亡

究極の選択が、今、生きている全ての人間たちの意識に突き付けられている

 

2020年は

永遠の命への道を歩み始める事が出来る

意識を地動説状態に健常進歩・正常進化させる事が出来た人間たちが多数派に成りますように

其の為に有益に成る情報・教育界の精神文化製品が多数創り出され実用されますように

2019年12月31日

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「日本にカジノをつくらない事やつくる事を遅らせる事による利権を言わないIR利権論」や「スパイ・工作活動対策抜きの公文書管理論」等で知らず知らずの内に多くの視聴者等が実質的に、反日他国を利す事等を是としてしまう状態等を創り出そうとしたがっていた様相でもあったが・・・。

『「日本のIR利権論を言う」なら「日本にIRをつくる事による利権」と「共」に「日本にIRをつくらない事や、日本のIRを遅らせる事による利権等の事」も

「論じなければ、明らかに、偏っていて、不十分に成る」。

「偏っている不十分な論ダケ」を

「日本の公共の電波を使って一方的かつ大々的に大喧伝する事による実効」等を「考える」なら

「常連出演者等が、いったい、何処の国のどの様な者たち等を利す論を日本の公共の電波を使って大喧伝していた事に成るのか?」等は、

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「公文書管理論の実態も同様」で

「戦後日本の様に、十分な実効を持つスパイ・工作活動対策が無い状態」で

「公文書管理ダケを十分にする」なら

「其れこそ、スパイ等の手段で、日本を丸裸にする事等も容易に成ってしまう事に成る」。

「米国はもちろん、戦前の日本でも、戦後の日本よりは遥かに実効が高いスパイ・工作活動等防止対策が在った」から

「其の様な上での公文書管理の徹底」には

「相応の自虐性無き合理性がある事に成る」が

「戦後のスパイ・工作活動等天国状態の日本のまま、公文書管理ダケを徹底的に!」では

「実質的には、スパイ等を行う方を利す事に成ってしまう事」等は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」が

「何故か?常連出演者等は、おバカか、悪か、しか言わない様な、其の様な日本を自虐状態に陥れる論」等を

「日本の公共の電波上で、優等生ぶり、正義ぶり、大喧伝等していた」のだから

「おバカなら、其の厚顔無恥ぶり、悪なら其のズルぶり」等は

「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!に成る」。

「おバカでも悪でも無い」なら

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本のIRが取り止めに成れば、其の事による漁夫の利的メリットを得る事に成る」のは

「既に、カジノの在る、韓国・中国等であり、平和解放するなら、今後、カジノ等もつくる可能性も高い北朝鮮等に成る」。

「逆に、日本にIRが出来る」なら

「来日した大金持ち等が、カジノで遊びたく成った時等に、韓国や中国(や北朝鮮)等に移動する必要も無いまま、

日本国内で、カジノで遊ぶ事が可能に成ると共に、応分に日本にもお金が落される事に成る」。

「現状経済システム上での経済的メリットを考える」なら

「大金持ちのお金」を「出来る限り、金融投資界に回させず、実体経済内に還元させる手段の一つでもあるカジノ」は

「相応に合理的に成る」。

「ギャンブル依存等の問題」は

「ギャンブルだけでは無く、依存症の問題として、実効のある対策を行うのが正道に成る」が

「其れを行うなら、芸能界や商業スポーツ界等々、有名人依存を基に経済を膨らませているトコロも、

相応に、経済的に、細り易く成る」ので

「宗教利権とも同様でもある、依存利権に対する実効のある対策がナカナカ実行されない」のが

「現状人間社会・経済システム依存者たちが実権を保持している人間社会の実態」だ。

「とりあえずは、現状人間社会・経済システム上を歩まざるを得ない状態に成ってしまっている」のだから

「其の中での経済的メリットの探究は、相応に合理的にも成る」が

「経済的メリットを得る事で少々のゆとりを得られる状態を得る」なら

「応分に、もっと自虐度の低い人間社会・経済システム等への健常進歩・正常進化の役に立つ仕事も行うべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「最低なのは、経済的メリットを人民支配等に使うやり方」で

「其の様な状態の国々の経済的メリットとは、減少させられるべき根本的原理が付いている、衰退させるべきモノに他ならない」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が高い人間社会運営手段等」は

「其れこそ、人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続との整合性を取る健常性の高いロジックを持つAI等でも使えば、

直にでも、導き出せる事に他ならない」が

「導き出された自虐度の低い人間社会・経済システム等に対する是非判断や適応性等は、

個々の狭義の自分個体の精神構造次第に成る」ので

「この意味からも、先ずは、個々の狭義の自分個体の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に有益に成る情報・教育等を

意識的かつ積極的に実践する事」こそが

「既に、非常に重要に成っている事に成る」。

「上記の様な実態は既に明らかに成っている」のに、

「未だに、反日他国の悪権力者等を利す事等には合理的に成る論等で、

多くの視聴者等の思いや感等を染め上げようとしている実態を露呈し続けている様では、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「自分の実体把握も不十分なまま、自らの意識で全ての者・物・事等に対応し続けようとした古の時代の人間たちの状態」は

「正に、狭義の自分の意識を中心にした、天動説状態」だった。

「今、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している

数十兆の細胞群」というのが「人類誰もの実態に他ならない」が

「人減の意識」は「細胞レベルでは無く、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」。

「其の結果として、生きている人間なら、今、この瞬間にも、世界中の何処の誰でもが実体験している死さえも、

非常に恐れる状態に陥ってしまう様な、現実離れが生む、オカシな自虐状態も具現化し続けて来ていた」。

「意識だけを中心にした天動説状態から、科学レベルで判明している実体や事実・現実も意識の中で実用する地動説状態への

健常進歩・正常進化を十分に行えている今時の人間」なら

「もはや、死自体に恐怖心等を抱く事も無い代わりに、どう生きるか?がより重要に成って来る」。

「どう生きるか?の正解を導き出す為には、自分の実体や其の実体の根本的目的の理解・把握が必要に成る事」等は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「自分の実体が細胞群であり、

細胞レベルの命の連続性が地球上の全ての生物に繋がっている(人為的に生み出した生物には間接的にだが・・・)事を

理解・把握出来る」なら

「其れこそが広義の自分である事」を「理解・把握する事」は「それ程、困難な事では無い筈」だ。

「広義の自分の根本的目的が存続~永続である事」は

「地球生命体細胞群の進化や存続の歴史からも明らかな事に他ならない」。

「広義の自分である地球生命体細胞群は地球外も住処として利用する事により、地球上がいっぱいに成り、狭く成った後も、

其の存続を可能にしようとし、其の為に必要に成る理解・把握・物理製造技術等を持つ事が出来る高度に脳を発達させた人類という存在まで

生み出した」。

「高度な物理製造技術をより進歩・進化させながら、自虐的に成らない様に実用する為には、応分の高度な精神文化技術が要る事に成る」が

「其の創造・製造が未だ、不十分な状態の下で、人類は戦争の歴史という大自虐状態を具現化し続けてしまって来ている」。

「細胞レベルの命の連続性から判る事の一つ」として、

「永遠の命を求め、実現させる為」には、

「広義の自分の健常快適存続~永続という筋書きこそが、一番自虐度の低い合理的に成る道に成っている事で、

其の中のタッタ何十兆かの細胞群に永続性を欲したりするのは、狭義の自分の意識の天動説的悪い癖に他ならない事」だ。

「広義の自分内で共食いしながら生命を育て続けて来ている(=生命体構築度を上げ、物理崩壊を防ぎ続けて来ている)のが

地球生命体細胞群の実態に他ならない」ばかりか、

「其の中のタッタ何十兆かの細胞群の偏重は、地球生命体細胞群自体の構築度を下げ、崩壊を誘う状態を招き易い状態を誘ってしまう事」等も

「地動説状態で冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「大枠の広義の自分の存続~永続との整合性を高めて行く実務」こそが

「狭義の自分個体にしても、其の集合体である人間社会にしても、健常進歩・正常進化を具現化する実手段に他ならない事」も

「地動説状態で冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「上記の様な事も、既に明らかに成っている」のに、

「未だに、天動説的に、特定の何処かの誰かや集団等の為に都合の良い考え・思い・感等を多くの視聴者等に持たせよう・・・等の

実態を露呈し続けているテレビ番組や常連出演者等」では、

「明らかに、酷く、劣悪に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成る事」も「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「韓国の為の日本のIR潰し工作」等の様相を露呈して来ているIR汚職事件なのに、主たるテレビ・マスコミ等では、未だに・・・。

『「東京地検特捜が大手パチンコチェーン店も捜索対象にした事が報じられた」が「パチンコ業界から多大な政治献金を受けていた」のが

「かつての社会党等で、其の流れが、現状の多くの野党にも在る事」等を

「知った上で、考える」なら

「今回の問題が発覚後、離党するまで、自民党だった国会議員が逮捕された事」には

「ある種の違和感が生じる事に成る」が

「該当国会議員等が、

朝鮮系がほとんど・・・とも言われている日本のパチンコ業界」との「繋がりを持っていた朝鮮系の者」等なら

「意図的に、自民党に入り込んで、自民党の中で、或いは、中から、

政権・政策等壊し工作等を行う、先兵等だった可能性も浮上して来る事に成る」。

「其の様な場合」なら

「今回の事件も仕込みで、其の目的は、韓国のカジノ利権等を守る為の日本のIR潰し」で

「先兵が、あまり自らを傷付けないで済む程度の、少々の金銭授受を行う事で、

IR汚職事件を作り、其れを知見特捜等に摘発させ、

韓国(朝鮮)系のテレビ・ラジオ・マスコミ等で、大々的に悪扱いし、

多くの視聴者・読者等の中に、IRに対するネガティブなイメージを持たせる様に仕向けると共に、

かつてパチンコ業界から多大な政治献金を受けた社会党の流れに在る野党等が

IR取りやめ法案等を出し、

世論を味方に付ける事によって成立せしめよう・・・としている実態」を

「露呈させている事に成る」。

「例え、IRが潰せなくても、多くの有権者等に現政府・与党に悪イメージを抱かせる事が出来てしまう」なら

「応分に、野党が有利に成り、

韓国(北朝鮮も含む)と近しい臭いが濃厚な野党等が日本政権を奪取し易く成る状態がつくり出せてしまう事に成る」。

「上記の様に考える」なら

「東京地検による大手パチンコチェーン店の捜索が、日本のIR潰し工作を暴く事に繋がる可能性も出て来る」ので

「以前から、戦後日本国内のスパイ・工作活動等の徹底摘発を渇望し続けて来ている筆者たち」等も、

「地検の捜査に、とりあえずは、大拍手!大喝采!!状態にも成り得る事にも成る」。

「もちろん、最も大切な事は、戦後日本の反日国や其の手下人脈等による非人道的なスパイ・工作活動等を

徹底的に摘発し、厳罰等に処す、実効が十分に在る法・体制整備と其の実用に他ならない」が

「現行法・現行の摘発体制の中でも、摘発可能なスパイ・工作活動等が一つでも大々的に摘発されるなら、

其れは、本来在るべき状態の入り口にも成り得る事に成るから、相応に大歓迎!に成る」。

「該当パチンコチェーン店が、朝鮮系では無く、日本系の場合」なら

「工作活動摘発では無く、日本のIR潰し工作の為に、地検が利用された様な実態を露呈している事に成る可能性が大きい」が

「果たして、実体は?」』

『「何れにしても、上記の様な可能性もある筈」なのに、

「多くのテレビ・マスコミ等の論調」が

「{IR汚職は極悪でしょ!}的様相を露呈しているのは何故か?」

「汚職は悪く、贈収賄は額が大きければ大きい程、酷い事に成る」が

「現状までで出て来ていて、筆者が知り得ているのは、

皆、〇百万件レベルの{少額}の

政治献金や講演料レベルのモノだけ」だ。

「芸能人等が結婚式の司会をするダケで、〇百万もの報酬を得る事もある」のが

「現状人間社会の実態」で

「其の中で、〇百万円レベルで、摘発されるなら、国会議員の座も再戦も危うくなる贈収賄に成る事等を行う合理的理由」は

「普通に考えるなら、無い事に成る」。

「其の様な件に監視て、余程のおバカ状態の国会議員だったり、

裏で大金や大権等々を容易させている確信犯の悪でも無い限り、

少なくとも、金額面では、明らかに変」だ。

「今後、

裏で、贈収賄を行ってしまいたい状態にされてしまう程の大金が流れていた事が露呈させられるのか?

日本のIR潰し工作が露呈するのか?」は、

「今のところ不明」だが

「現時点では、其れら色々な可能性がある」のだから

「テレビ・マスコミ等の論調でも、色々な可能性を示唆している」のが

「普通の状態に成る」が

「現状では、{IR汚職巨悪でしょ!}イメージ論ばかりが主に成っている状態なのだから、

其の実態が利しているトコロを考える」なら、

「多くの視聴者・読者等の中」で

「未だに、日本のテレビ・マスコミ等なのに、

韓国(北朝鮮も含む)等に実効支配されている状態なんじゃないの・・・」、

「選挙も無いから、民意反映も不十分過ぎるんじゃないの・・・」、

「民主党政権成立に大きな力を発揮したテレビ・マスコミ等は、未だに、変わって無いばかりか、

未だに、民主党政権を成立させた時と同様の政権交代を実現させるべく、

情報工作等に励んでいるんじゃないの・・・」等々の

「感や思いが、生じて来てしまう」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「米国にクリスマスプレゼントをあげる旨、大喧伝していた」のに

「何も、差し出せなかった北朝鮮金政権等」とは

「朝鮮戦争を仕掛けた独裁政権で、三代目の独裁者として祀り上げられているのは、在日の母を持つ金正恩であり、

朝鮮戦争を仕掛けた、在日の母を持つ独裁政権が、其の正当性を保つ為には、

韓国内のみ成らず、日本の乗っ取り支配も必需に成っている」。

「既に、韓国内に、親北朝鮮政権をつくり出す事に成功している北朝鮮金政権等にとって、

日本国内を一刻も早く親北朝鮮政権化する事は現状の至上命題みたいなモノに他ならず、

其の為には、以前から行い続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等の強化はもちろん、

ある種の、自爆テロ的工作活動等まで仕掛け始めている実態の氷山の一角」が

「IR汚職事件である可能性も決して、小さく無い」。

「北朝鮮金政権等にしてみれば、北朝鮮にカジノを作り、稼ぎたい思惑を持っていて当然」で

「其の邪魔に成るモノは、予め壊す」のが

「好みのやり方である可能性も高い」。

「何れにしても、北朝鮮金政権等に与えられている残り時間は少ない」が

「其の自覚はある北朝鮮金政権等」は

「2020年内の日本の従北政権化~北朝鮮に一方的に都合が良い日朝国交正常化や

金権・徹底した監視による個人情報収集等々による、

朝鮮による日本支配と

飲食物・大気・電磁波等悪用の

不適応分子粛清等々を目指している実態」を

「既に、露呈し続けて来ている」。

「十分な実効を持つ、スパイ・工作活動等対策が未だ、行われていない日本社会の中」は

「非人道的なスパイ・工作活動天国状態に成ってしまって来ている」。

「其の対策を訴えて来ているべき日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「ネット普及前までは、

まるで、北朝鮮金政権等の手下やお仲間や見方の様な実態を露呈し続けていていた事」等は

「もはや、多くの日本国民の知るところに成っている」が

「其れらの仕事の実権者等の人脈が十分に変わっていない事」も

「決して、忘れてはいけない事に成る」。

「日本のIR潰し工作の資金・報酬等を受け取っているが故に、

日本のIRに反対したり、悪イメージを付けたり、等々している、

テレビ常連出演者やテレビ番組制作実権者や国会議員や政党等々が在っても何の不思議も無い事」は

「教頭地域日本のみ反原発!」で

「実質的には、中国共産党支配下の中国や韓国の原発商売の利を図り、

北朝鮮や中国の核兵器圧力を増させようとしている者たち等」の「場合」と

「同じ話しに成る」が

「其の辺りを追及しようともしていない実態を露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く劣悪な実態」だ。

「今回のIR汚職でも、日本のIR潰し法を提出している野党等の裏に、

全く、韓国(北朝鮮)や中国等のマネー等は流れていないのだろうか???」

「パチンコ業界から多大な政治献金を受け取っていた社会党等の流れ・・・」や

「日本のIRが取り止め等と成るなら、現状の利権が守れる事に直結している韓国・中国等のカジノ等の実態」からも

「其処には、マスコミ等が、裏を調査~報道等するに十分な状況が在る事にも成る」が、

「どんな者・物・事等でも、

所謂、保守(日本)側は批判・非難等で出来る限り悪いイメージで・・・が得意で、

所謂、革新(内実、親朝鮮等)側は、裏を追及せず、暴かず、出来る限り良いイメージで・・・が得意」なのが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」等の「実態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「IR関連贈収賄、国会議員も逮捕問題」等をダシに常連出演者等が「現政権非難」や「日本のIR取りやめ」等を日本の公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「何処からと無く、日本のIRを潰したい、中国共産党や韓国(北朝鮮)等の工作活動等の臭いも漂って来る」のが

「東京地検特捜が動いた、動かされた、IR関連贈収賄事件」だが、

「まるで、日本のIR潰し工作活動の筋書きに沿っているかの如く、

野党等や其のお仲間テレビ・マスコミ等が日本のIRを大問題化し、

{日本のIRは止めるべき!}等の風潮を日本社会の中で醸成させようとしている実態も露呈している」のだから、

「本当のジャーナリスト等なら其のスジからの検証等も必需に成る」。

「事実として、日本のIRが取り止めに成るなら、

アジア地域で既に、カジノのある日本に近い韓国や日本からは遠いがジェット機移動なら{同じアジア}の範疇にも成り得る中国等の

利権の維持~増大等がより容易に成る」。

「スパイ・工作活動国家等なら、この問題でも、スパイ・工作活動等を仕掛けていて当然に成る」のに

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では、スパイ・工作活動等天国状態なのだから、

今回の事でも、例え、東京地検特捜が利用されているにしても、

スパイ・工作活動等故であるか?否か?の十分な検証さえも行い辛い状態に在り続けていてしまっている」。

「スパイ・工作活動等を仕掛ける側からすれば、

スパイ・工作活動等を仕掛けて、表立たせる事により潰す者・物・事等と

絶対に表に出ない様にする為のスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている者・物・事等の

両方が在って当然」で

「例えば、今回の件でも、表に出す潰し役が、逮捕等されている者たち等で、

絶対に表沙汰にされない様にしている者・物・事等が、日本のIRを潰す方向に力を加え続けている者や組織等に対する裏報酬」等という

「事態も十分にあり得る」のだから、

「拉致までされているのに、未だに、十分な実効を持つスパイ・工作活動対策が施されていない状態こそが、

今回、現在で既に表沙汰に成っている、少額贈収賄事件より、遥かに深刻に扱うべき問題に他ならない事に成る」。

「スパイ・工作活動等対策が甘かったのは、今回摘発されている国会議員等も同じ」で

「今後も、スパイ・工作活動等対策が甘い平和ボケ状態の国会議員たちが、次々とスパイ・工作活動等の罠に落とされて行く」なら

「内実、反日国人脈の者たち等、あらぬ勢力に日本の政権を取られてしまう可能性も高くなってしまう」のだから、

「通常国会で優先して行うべき」は

「十分な実効を持つスパイ・工作活動対策の整備」等に「成る」。

「中国共産党や韓国(北朝鮮)等が大喜びする事にも直結している、

日本のIR中止!等を訴えている野党や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の意向に操られてしまう日本国民が多ければ、多い程、

日本にとっての自虐が政治上でも行われ易く成ってしまう事に成る事」等は、

「現状で其の様な方向の論等を喧伝している者たち等による政権だった、

日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮)等を大いに太らせた、

民主党政権への政権交代時の実態からも、既に、明らか」だ。

「今回の問題を現政権の危機にまで拡大化したい思惑まで吐露している者たち等」が

「過去から行って来ている事は、例えば、民主党政権を成立させる為に有益に成る論等の大喧伝等々、既に、明らか」なのだから、

「多くの視聴者・読者・生徒等は、現状の論等ダケを鵜呑みにする、させられる前に、

どの様な人脈や思想信条・政治指向等を持っている者の喧伝している論等なのか?を常々強く認識しながら、

其れらの者たち等の論等を見聞きしたり、読んだり、学んだり、する事が、

自虐を避ける為にも必要に成っている」。

「既に、実践出来ている方々が多い」から

「もはや、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による大衆誘導高価は、セイゼイ数%レベルに留まり、

民主党政権の流れの人脈の野党等の支持者も少数派のまま・・・に成っている」。

「この様な状態に一番危機感を感じている」のが

「2020年中に日本の乗っ取り支配を実現し、2021年には日本を北朝鮮の属国にする必要性に迫られている

日本の中の北朝鮮金政権等系の者たち等」で

「其の多くが、戦後日本の中で行われ続けて来ているスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)と無関係では無い」のだから、

「十分な実効のあるスパイ・工作活動対策を行う」なら

「日本社会の膿も完治し易く成り、日本国・多くの日本国民の健常発展状態も構築し易く成る」。

「自分な実効のあるスパイ・工作活動対策等を与党が行おうとしないなら、其処を突くのが日本の為の野党に成る」が

「現状では、野党のほとんどが、日本の為より中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮)等の為の様相を露呈し続けて来ていて、

当然の如く、日本国内では少数派の其の様な人脈の者たち等が多数を支配する事が出来る体制をつくり出すべく、

スパイ・工作活動等も駆使して来ている実態を露呈している」のだから、

「政界にも、戦後日本社会の{病気}そのままが反映されてしまっている状態に成ってしまって来ている」が

「選挙の在る政界では、昨今では、少数派は少数派のままに成っている」ので

「少数派の危機感切迫感が増大し、選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等を{不当}使用した

大衆マインドコントロールを懸命に行い続けている実状を露呈している」。

「テレ朝昼番では、

朝鮮系とも言われている、少数が多数を支配する為には合理的に成る利権集中悪徳改悪を行った、小泉元総理まで出演させて、

北朝鮮金政権等や中国共産党等の核兵器圧力強化にも直結する、

中国製や韓国製の太陽光パネル等の売り上げアップにも直結する、

日本の脱原発等を大喧伝等していた、させていた」のだから、

「公共の電波上の貴重な時間を大々的に割いた、

大衆誘導目的と強く推定される、

対論も各論も圧倒的に不十分な{工作情報}等に、呆れた視聴者の数も多かった筈」だ。

「かつて、小泉元総理が総理の時に人気が出た、出された」のは

「民主党政権前の、朝鮮系等による、利権集中悪徳改悪等の為の大衆マインドコントロールの先で・・・」で

「利権集中悪徳改悪故のデメリットや其の後の民主党政権時のデメリット等を実感させられてしまった多くの日本国民」が

「大衆誘導マインドコントロールから自らを解放し、その先に生じさせていた支持や人気も無くして行く」のは

「ある意味、当然の現象に成る」が

「未だに、小泉=人気の擦り込みを多くの視聴者等に行い続けたい実態を露呈し続けている」のが

「民主党政権成立の為にも、大きな力を発揮していたテレビ・ラジオ・マスコミ等」なのだから、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界にも、政界同様の選挙等による民意反映システムが必要!」等と

「感じたり、思ったり、している日本国民の数もかなり多い筈」だ。

「其の辺りも、通常国会の議題にする必要性がある事に成る」が

「野党のほとんど全てはもちろん、テレビ・ラジオ・マスコミ界からも、大反発が起こされる事等は、想像に難く無い」から

「先ずは、不正・不当使用状態等を徹底的に根絶させる為に有益に成る法・体制整備等でも行うべき」だ。

「現状の何処の局でも同様の顔、同様の論が主扱いで、反論も対論も各論も圧倒的に不十分なまま大喧伝!という状態」は

「明らかに、不当で不健常に成る」から

「特定極一部の者たちばかり・・・が局・番組を問わず、常連出演状態という状態を規制し、是正させ、

多種多様な者たちの出演を容易にする改善策を施す事」や

「政治・社会面等では、反論・対論・各論無き、特定極一部の論を主扱いする事の禁止」や

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の意識的かつ積極的実用等の義務等」を

「悪質な場合は、テレビ出演権や番組制作権を取り上げる等の罰則規定付きの法律で規制する事」等が

「合理的に成る」。

「何れにしても、現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「IR問題」でも

「依存症でIRダケを偏重して大喧伝するのは、明らかに、オカシイ事に成る」。

「依存症問題の根本的解決の為には、自己健常支配が必需に成る」のだから

「多くの視聴者等が、科学レベルで既に判明している自分の実体や

其の実体の健常支配を行う事による自己承認欲求の本来欲求の充足等の

自分健常支配・コントロールの為の基本知識を十分に知り、理解・把握する為に有益に成る情報配信を行うべき」だ。

「自分の実体や其の実体の根本的目的に叛かない自己健常支配により自己承認欲求の本来欲求を充足する」なら

「自己承認欲求の代償欲求に他ならない、他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配の欲も、

過大に育ち辛く成り、其れらの代償欲求の追及は、免疫を養う程度、遊び程度で十分に成る」から

「依存状態にも陥り辛く成る」。

「其の様な今時の人間として健常なベースを持った上で、

IRという現状人間社会・経済システム内での経済メリット追及の為には合理的に成る現状対策を考える」なら

「現状である程度以上、豊かに成る経済状態を保つ為には、IRも合理的に成るのだから、悪戯に反対するのでは無く、

IRを止めろ!と言っている暇が有るなら、

現状人間社会・経済システム等をより自虐性の少ないモノに構築し直す為に有益に成る、

個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)や其の集大成である人間社会の精神構造の

健常進歩・正常進化の為に有益に成る事等を考えたり、言ったり、するべき」だ。

「必要最低限以上豊かな現状を得つつ、根本的により良い状態を構築する為に行動等したりする事こそが、

今時の全ての人間に求められてる状態に他ならない」。

「上辺の代償欲求過剰追及ゲームに酔っている状態の人間たちの実体」は

「現状でどんなに金や権力や名誉等々を保持出来ていても、依存症患者等と何ら変わりが無い」のが

「現実」だ。

「現状とは適当に折り合いを付けながら、現実を根本的に改善して行く事こそが、

今時の全ての人類に求められている実務に他ならない」。

「自己健常支配をより行い辛くする事に直結している独裁政権側に力を与えるのは自虐に他ならない」のだから

「いい加減に、独裁政権等の手下や其のお仲間等の実態を露呈している者たち等は、

不健常なスパイ・工作活動等はもちろん、根本的に不健常な自らの思想信条等から狭義の自分を解放する実務を実践し、

独裁政権側から離れ、自由の中で自己健常支配を行い続ける事により自己承認欲求の本来欲求を充足させ続けるべき」だし、

「免疫を養う程度、遊び程度の自己不健常制御も、

自虐に成ったり、他の者・物・事に自虐を強いない程度に行い続けるべき」だ。

「其の様な状態を具現化出来ている個々の人間たちの集大成である人間社会に成る」なら

「必然的に、人間社会・経済システム等の精神文化製品の性能も飛躍的に向上する、させられる事に成る」。

「世界平和も地球環境問題の解決も実現可能に成る状態が其処に在る」。

「其の為に有益に成る情報配信をしているべき、公共の電波使用の仕事を行っている者たち等」が

「未だに、実質的には、反日他国等を利す事に繋がっている政治・社会運動等を行い続けている:::」とは

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、常連出演者等が「史実抜きの日本は韓国に謝り続けろ論」や「野党が活躍しているところを偏重使用した街頭テレビ政治運動」等を公共の電波を使って喧伝等していたので、本当に呆れた・・・。

『「ドイツとポーランドの関係」と「日本と韓国の関係」は「全く違う」のに

「其れらを同じに扱い、ドイツがポーランドに謝り続けているのだから、

日本も韓国に謝り続けるべき論」等を

「日本の公共の電波上で大喧伝していた常連出演者等」は

「本当に、オカシイ」だが

「其のオカシさの裏に何があるのか?」を「考える」なら

「現状の日韓間問題で韓国側を有利にする事や日朝国交回復時に北朝鮮側を出来る限り有利にする事」等の

「韓国・北朝鮮側の実利等も浮上して来る事に成る」ので

「該当常連出演者等は、韓国や北朝鮮の手先、実質的、情報工作員等の実態を露呈している事にも成る」。

「もちろん、言うまでも無く、日本の公共の電波上に、反日他国等の情報工作員等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「反日他国等の手先、情報工作員等では無いのなら、是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「史実抜きの日本は韓国(北朝鮮)に謝罪するべき論のオカシさ等」は

「史実を知るなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「普通の日本のテレビ常連出演者等なら、

先ず、史実をありのままに原寸大で情報配信する事から始めて、

其の後に、日本の対応としてどの様な対応が合理的に成るのか?」等を

「論じるのが当たり前に成る」。

「では、~日韓併合~終戦~の史実は、どうだったのか?」

「先ず、明らかにするべき」は

「~日韓併合時の韓国の状態と世界情勢」だ。

「日韓併合時の韓国は単独では国・国民の存続さえ危うく成っていたのが現実」だし

「当時の世界情勢は欧米列強主導の侵略~植民地支配による営利~世界大戦~」で

「アジアでも、清が食い荒らされ、韓国は単独では国・国民の存続が危うい状態に陥り、

日本のみが辛うじて、単独で欧米列強と肩を並べるレベルにまで近づいて行っていた状態だった」のが

「現実」だ。

「そんな中で、単独では国・国民の存続が危うくなっていた韓国の国家権力者等が日本に先ず、保護を求めた」のは

「ある意味、韓国・韓国民の為の当然の策に成る」し

「其の後、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する日韓併合国家間契約を結んだ」のも

「日本による保護時の日本の対応の良さからしても、ある意味、当然の選択に成る」。

「心理的には日本との対等合併が欲しかったのが当時の韓国人国家権力者等の事実だろう」が

「現実論としては国力相応の日韓併合で納得し二国を一国化する事による韓国・韓国民の存続を選択するしか無かった」のが

「本当のところに成る」。

「其の様な過程で成立した日韓併合時代」に

「日本が韓国を植民地支配する政策が取られる訳も無く、

実際に行われていた政策は、

二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策だった」ので

「実際に、当時日本から朝鮮半島に渡った日本人のほぼ全ては、

武器を持って侵略~支配しに行ったのでは無く、

金と仕事と能力等々を持って、朝鮮半島内も日本本土内並みに近代化整備する仕事を行った」のが

「現実」だ。

「日本による保護~日韓併合当初」は

「色の無い汚れた着物を着ていた、読み書きソロバンも出来ない朝鮮人庶民が多かった」ので

「仕事を行ってもらうにしても、荷物運び等々の肉体労働等くらいに成っていた」が

「日本が学校を整備し、読み書きソロバンはもちろん多種多様な知識を持っている朝鮮人の数が増えて来ると共に、

行ってもらえる仕事も、例えば、企業の経理も、軍の将校も、・・・等々と増えて行った」のが

「同化政策が行われていたが故の現実」だ。

「色の無い汚れた着物を着ていた朝鮮人庶民のほとんど全ても、色のある着物を着る事が出来る様に成り、

教育・衛生・生活・文化水準の飛躍的向上により、朝鮮人人口も大いに増えた」のが

「同化政策が行われていた日韓併合時の朝鮮半島内の現実」だ。

「日韓併合当初には、朝鮮半島内では紙の製造も工業化出来ていなかった」ので

「紙は高価で手に入り辛かった」し

「ましてや、ソロバンは・・・の状態だった」から

「当時の朝鮮人庶民の多くが読み書きソロバンも出来無かった」のは

「ある意味、当然の現象でもあった」が

「日本による近代化整備により、

朝鮮半島内にも日本本土内同様の学校も創られた」。

「当初は、教育水準が余りにも違っていたので朝鮮人学校と日本人学校は別だったが、

ハングルも教えられ、

次第に、日本人と同等レベルの朝鮮人は日本人学校に入学出来る様に成った」のが「史実」だ。

「日韓併合により、日本本土から紙も大量に入る様に成り、

其の後、紙の工業生産も朝鮮半島内でも行われる様に成った」のが「史実」だ。

「インフラ整備が不十分だったが故に、物流の多くが日本本土経由だった朝鮮半島内」では

「多くの日本人も多くの朝鮮人同様、日本本土内に比べると困窮した状態だった」が

「朝鮮人も朝鮮半島内から日本本土内に移動出来ていた」ので

「大量の朝鮮人が時には密航までして、日本本土内に渡っていた」のが「史実」だ。

「逆に、朝鮮半島内に丁稚奉公等に出された日本人の子どもも少なからず居た」のが「史実」だ。

「近代化整備によりインフラも充実して来て、これからは、物流も直で・・・と成りかけた頃、開戦と成ってしまった」のが

「史実」だ。

「近代化整備と同化政策により、日本人と同等以上の立場・報酬等を得る朝鮮人の数も増えて行った」のが

「日韓併合時の実態」で「其の何処にも、植民地支配政策等は無い」が

「植民地を持つ事が一徳国の証!等」と「思い込んでいた日本人の数も多かった頃」には

「朝鮮半島を日本の植民地!と言っていた日本人も少なからず居た」が

「其れらの人々のほとんどが、欧米列強による植民地支配の実態も、朝鮮半島内の実態も、良く知らない人々だった事も事実」だ。

「では、何故、戦後の韓国・北朝鮮は、日本による侵略~植民地支配を声高に言い続けて来ているのか?」

「其の答」は

「戦後の異常な処理の実態を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「本来なら、

日韓併合により行われていた事が、国家権力者同士の合意の下での同化政策だったのだから、

戦後韓国(北朝鮮)側が日本とは別の国に成りたいのなら、

日韓併合解消国家間契約を締結する事が合理的に成る」。

「ところが、日韓併合時にも、極少数居た、日本と一緒の国は嫌だ!派の朝鮮人たちの一部は、

~日韓併合時に渡米していて、

日本による侵略~植民地支配という実態とは違う嘘を基に、解放への協力を米国権力者等に訴えていた」。

「日米が戦争状態に成る」と

「其の様な者たちの主張にも応分の力が与えられてしまう事に成り、

日本が敗戦すると

其の様な者たちの主張も取り入れられた占領政策が行われてしまう事に成ってしまった」。

「上記の様な史実を知る」なら

「現状の日韓間・日朝間問題の元凶の一つ」が

「米国内で植民地支配詐欺を行った朝鮮人に在る事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其れは、植民地支配詐欺が無く、米軍の占領政策が其れにより歪められていなかったモノだった」なら

「日韓併合解消国家間契約等が締結される事により、

朝鮮半島内からは全ての日本人が引き上げると共に、

日本本土内からは全ての朝鮮人が引き揚げる形」で

「戦後の韓国は、平穏に立ち上げる事が出来、日韓間にしこりが残らなかった状態にも成り得る事」等を

「考える」なら「益々、明らかな事に成る」。

「ところが、実際」は

「植民地支配詐欺が力を持ててしまった事をよい事に、

朝鮮半島内では、火事場泥棒的に日本人の立場・資産・財産等々を取り上げる事により国を始めてしまった」ので

「其れを正当化し続ける為の{苦行}も行わざるを得ない状態に自らを陥れてしまった」。

「終戦直後の日本本土内では、米軍の占領政策い入り込み、武器を持ち、

武装解除された日本人から、駅前の一等地や大街道沿いの大土地等々を強奪したりする、乱暴狼藉を働いた」。

「其の結果、日本本土内で、相応の利権を得てしまった朝鮮人の多く」は

「侵略~植民地支配したなら嫌っていて当然の国の中に居残りながら、自らの利権の維持~増大等を図り続ける

身から出た錆に基づいた{苦行}を行わざるを得ない状態に自らを陥れてしまった」。

「{苦行}を頑張れば頑張る程、日本との対立が深刻に成ってしまう」のは

「現実関係からすれば、極めて当たり前の事に成る」。

「反日情報・教育の為には捏造史が必需に成り、捏造史が公然化すればする程、多くの韓国国民の自虐度も高く成って行ってしまう」。

「更に、親日派を粛清する様な、更なる悪事を重ねるなら、其の自虐度は益々高く成ってしまう事も明白」だが

「其の自虐度を高める道を選択して来ている」のが

「戦後の韓国(北朝鮮)の実態」だ。

「日本本土内でも、戦後の強奪行為等を正当化させ続け、日本に居残り続ける為には、相応の更なる{苦行}が必要と成り、

其の実態が、米軍占領政策時に、日本人に成り替わってしまう事や、

圧倒的に朝鮮人側に立つ情報・教育等で戦後日本の情報・教育を埋め尽くす事や、

内実では圧倒的に朝鮮人側に立つ政党や首長等に日本の政治上で誕生させる事や、

史実を知る日本人を粛清する工作等を行い続ける事等々に成っている事」は

「冷静に、戦後日本社会の実態を洞察する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「ジャーナリスト等なら、実体や事実・現実に基づいて、上記の様な内実の情報配信等も出来ていて当然に成る」が

「韓国(北朝鮮)ご用達の情報工作員等なら、史実を封印させ続けた上で、日本による謝罪ダケを声高に訴え続けていたりしても、

何ら不思議の無い事に成る」。

「戦後の北朝鮮は、東西対立の先で、旧ソ連主導の絶大なる軍事支援の下で生み出されてしまった」が

「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に日本から強奪した場所を占有しようとしている関係上、

韓国同様の捏造史が必需に成ってしまっている」し

「韓国同様に、史実を知る者や親日派等の粛清等々の更なる{苦行}も必需に成ってしまっている」。

「更に、戦後の朝鮮半島内で支配権争いの戦争を行ってしまった事も正当化しなければ成らない状態にも陥ってしまっている」ので

「韓国を助けた米国を悪者にする必要性も生じ、

朝鮮戦争の敗戦国とされれば、其の責任が問われて当然に成るので、

休戦状態の維持や朝鮮戦争勝利が必需に成ってしまい、

其の為の軍備増強も必需と成ってしまった事により、

核武装までする様に成ってしまった」が

「其の過程での散々の極悪事も含め、核武装に対しても、世界中からダメ出しが出されている」のが

「現状」だ。

「捏造史で全世界を埋め尽くし続ける事等は不可能なのだから、自虐度を減らす為には、

{苦行}を止め、過去の{苦行}による被害を詫び・補償し、実体や事実・現実の上に立った国の再構築を行う事」が

「韓国にも、北朝鮮にも、合理的に成る事」等は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「上記の様な実態は既に、多くの人間たちが、判っている」のに

「未だに、あらぬ例えを引っ張り出して、日本は謝罪し続けるべき露等を公共の電波上で喧伝等している常連出演者等」は

「明らかに、オカシイ事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「国会の野党が活躍している様にも見える一部ダケを偏重して、

街頭テレビ等で大衆集めを行う、

実態として、野党の為の政治運動等をしている大学教授等を

公共の電波上の貴重な時間を大きく割いて紹介したテレビ番組もまた、

野党の為に、公共の電波を不当使用している実態を露呈している事に成る」。

「此処で、野党の中の一部、もしくは、多くが、上記の五本の中に居残り続けてい来ている朝鮮人脈と重なる事」等に

「思いが至ったり、気づいたり、する」なら

「該当大学教授等や該当テレビ番組や常連出演者等の正体にも、思いが至ったり、気づいたり、する事に成る」のだから、

「朝鮮人脈では無く、根っからの日本人等だと言うなら、是正が急務に成っている事」等は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「行われる予定の日韓首脳会談をダシ」に常連出演者等が韓国側に都合の良い考え・思い等を多くの視聴者に植え付けようとしていた様相だったが・・・。

『「タイトルの実態」は「日本側の論を言うゲスト一人VS韓国側を有利にする論を言う常連出演者が二人+あまり発言しなかった常連出演者一人」という

「構図の力関係」からも「明らか」だ。

「更に、日本側の論を言うゲストは、少々、控え目で不足気味だった」上に

「韓国側を有利にする論を言う常連出演者等二人は、旺盛で口達者状態だった」のだから

「番組制作実権者等も持っていると強く推定されるタイトルの様な{思惑}等」が

「露呈している事に成る」。

「先ず、圧倒的にオカシイところ」は

「韓国人感情を言う事」だ。

「現状の多くの韓国人の反日感情等の生みの親」は

「言うまでも無く、戦後から韓国内等で盛んに行われ続けて来ている反日情報・教育によるモノに他ならない」から

「韓国人感情を尊重するべき論の実体」は

「戦後の韓国内等の反日情報・教育を尊重するべき!」に「他ならない事に成る」。

「反日情報・教育の多くが捏造史の上で成り立たされている事」からも

「現状の韓国人等の反日感情等を尊重する事の不適切性は明らか」だ。

「因みに、日韓併合時の韓国人感情を言う」なら

「朝鮮半島内でも、多くの韓国人が日韓併合前より良い!等と感じたり、思ったりしていた」のが「現実」だ。

「其の辺りからも、日韓併合の実体は良く判る事に成る」が

「其の様な史実を封印した上で、

戦後韓国人悪権力者等が行った

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的手段による国始めや日本本土内での強奪行為等を

正当化する為に都合の良い情報・教育を創り上げる」と

「日本を徹底した悪者に仕立て上げる情報・教育等も合理的に成る事に成る」ので

「其れを反日情報・教育等として実用し続けて来てしまっている」のが

「韓国内等の実態」だし

「日本国内でも米軍の占領政策に食い入り、

情報・教育界でも相応に高い立場に韓国人人脈の者たち等を送り込む事に成功した事を利用して、

日本国内では、徹底的に日韓併合時の史実を封印せしめる情報・教育等を行わせ続けて来ていた」のが

「ネット普及前の情報・教育実質的、統制状態下の戦後日本社会の実態だった」。

「朝鮮半島内の徹底した反日情報・教育」と

「日本国内の徹底した日韓併合時の史実の封印」により

「戦後、長い間、反日情報・教育等が史実と勘違い・思い違いさせられて来ていた韓国人(朝鮮人)と日本人の数」は

「非常に多い状態だった」が

「ネット普及により、日本国内でも韓国内でも、情報・教育統制状態が崩され、史実がどんどん明らかに成って来ている」のが

「現状」だ。

「史実がどんどん明らかにん成るに連れ、韓国人感情も変わるのは必然」なのだから、

「今の韓国人の反日感情を尊重せよ!の旨の論」が

「如何に、酷く、劣悪な論なのか」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「上記の様な当たり前の指摘さえも行っていなかった」のが

「日本側の論を言っていたゲスト常連出演者等だった」が

「指摘を行わなかった事により、どれだけ多くの視聴者等が勘違い・違い等させられてしまったのか?」等を

「考える」なら

「其の不足が如何に重大な欠陥等に成るのか?」も

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日韓(日北朝も同じ)間問題を落ち着ける為」には

「先ず、史実を明らかにする事が一番」だが

「そうするなら、日本の敗戦につけ込んだ韓国(朝鮮)人悪権力者等による火事場強奪等の実態も

全世界の中で、露呈する事に成る」。

「其の様な事態を避けながら、巧妙に妥協点を見出したのが、日韓基本条約に他ならない」が

「戦後日本国内で日本側を有利にする安保改定にも反対!していたおバカ左翼等の如く、

戦後の韓国内でも日韓基本条約反対!のおバカたちが居て、其の後、其の中の何人かが大統領に成れてしまっている」とは

「韓国の自虐構造が良く露呈していて、哀れ・・・」等と

「感じたり、思ったりした視聴者の数も多かった筈」だ。

「韓国(朝鮮)のそもそもの自虐構造」は

「欧米列強がどんどん進出して来ていた時代」に

「清が食い荒らされると、単独では国・国民の存続さえ危うく成ってしまう状態の国にしていた事」で

「より有能な者では無く、

清のお墨付きの下で権力を得た者たちに実権を預け続けて来ていた事の{負債}を

其処で一気に爆発させざるを得なく成ってしまった事」だ。

「此処で、仮に、日本による保護も求めなかった」なら

「朝鮮半島内は確実に、ロシア等の植民地にされていた筈」で

「其の様な実態を史実通りに顧みる」なら

「当時の韓国の国家権力者が日本による保護を求めた事」を

「責める資格が、どれ程の韓国(朝鮮)人にあるのか?」も

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「欧米列強とは違い、欧米流の侵略も植民地支配もロクに知らなかった当時の日本」が

「韓国からの保護を求められた時」には

「欧米列強から開国を迫られ、侵略~仕掛けられた日本とまるで同様の事であるかの如く、

真摯に対応した」ので

「当時の韓国(朝鮮)人国家権力者等」の「頭や心の中」に

「日本と一緒の国に成る事による国・国民の存続等の感や思い等が生じて来ても当然」で

「実際に、其の様な感や思い等が生じていた国家権力者等が主権を持てていた」ので

「日本との対等合併話し~国力相応の日韓併合二国間国家間契約が締結された」のが

「史実」だ。

「日韓併合に当たって、

日本が侵略戦争を仕掛けた事も無く、

日韓併合は二国間の国家権力者同士が締結した国ご国との合意契約で、

日韓併合で実際に行われたのは、植民地支配政策では無く、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策だった」のが

「史実」だ。

「侵略~植民地支配が出来る事と多くの植民地を持つ事が一等国の証!」等と

「多くの人々に思われていた日韓併合当初~中期~」に

「朝鮮半島を日本の植民地と言いたがっていた日本人も少なからずいた」が

「其の様な人々のほとんどが、欧米列強による侵略~植民地支配の実態を知らない人々だった」のも「事実」で

「実際に行われていたのが同化政策だった」から

「日本側が近代学校施設・教育を普及した事や、

韓国(朝鮮)人が創氏改名の権利を得た事により、

見かけ上も、話す言葉も、名前も、日本人同様と成って来ていた韓国(朝鮮)人を、

植民地の被支配民として扱った日本人が生まれる訳も無かった」が

「大震災等、天変地異等が起こったり、未だ、過分に当たる立場・権力等を与えられると、

或いは、欲しい者・物・事等が手に入れられないと、

元々からの火事場泥棒・立場に乗じた強奪行為や詐欺等々の悪精神文化を露呈させた韓国(朝鮮人)も少なからず居た」ので

「其れ故の衝突や対立が起こる事もあった」のが「史実」だ。

「其れでも、時と共に、

読み書きソロバンも出来無かった色の無い汚れた着物を着るしか無かった多くの人間たちが

学校のある社会で能力に応じた立場・権力等を得るも可能に成り、

読み書き(ハングルも含む)ソロバンも、色の着いた着物を着る事も、出来る様に成り、

衛生・生活水準も向上して来ていた」のだから

「日韓併合による同化政策を悪く感じたり、思ったり、する韓国(朝鮮)人が圧倒的少数派だった事」等は

「史実を史実通りに知るなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「武力まで用いて、朝鮮半島内で、近代化同化政策に抗った極少数の者たち等は、当然の如く、迷惑がられ、

韓国(朝鮮)人も含む多くの人々によって、朝鮮半島北東部の山奥にまで追いやられ、大勢に影響の無い情愛にされた」のも

「当然の事に成る」。

「朝鮮半島内はインフラが未整備状態だった」ので

「日韓併合当初~物流は基本的に日本本土経由」で

「応分に、朝鮮半島内の暮しは、当時朝鮮半島内に居た日本人共々、日本本土より困窮しがちだった」。

「日本による近代化整備により、インフラがだいぶ整い、今後は、朝鮮半島内でも直の物流が可能に成った頃、

太平洋戦争の開戦となってしまった」ので

「其の後は、戦時体制の中での政策に成ってしまった」。

「戦時体制の政策を嫌う」のは「韓国(朝鮮)人でも日本人でも同じ」だが

「戦争に邁進してしまった国の状態を止める事が出来なかった責任」は

「全ての当時の国民にも、個々の人間たちが持てていた権力応分に在る事に成る」。

「特に、当時のマスコミの責任は重大に成る」のは

「ヒトラーのラジオ悪用大衆誘導等と同様の、マスコミによる大衆誘導効果があったから」だ。

「此の史実から学んでいる」なら

「戦後は、大衆誘導が徹底的に禁じられていて当然に成る」が

「戦後の日本でも韓国(北朝鮮)でも、上記の情報・教育統制情愛による大衆誘導状態が行われ続けて来ているのが実態だった」のだから、

「実体や事実・現実を実体や事実・現実通りに理解・把握する事が出来る状態に成る事により、

どちらの国々の民も、平和に落ち着く道の上は、長い間、歩めず、

特定の思いの下で多くの人間たちを操り続けようとする大衆誘導状態が続けられて来てしまっていた」。

「ネット普及により、情報・教育統制状態が崩されて来ている上」に

「日韓併合時等の、実体や事実・現実情報等の世界的共有も普及しつつある」のが

「現状」で

「今後の流れも、実体や事実・現実を共有出来る状態に向かっている事」は

「既に、明らか」だが

「未だに、一部テレビ常連出演者等は、旧態依然とした特定極一部の者たち等による考え・思いの下で

多くの民を操り続けようとしてる実態を露呈している」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状の日韓間問題で言う」なら

「実体や事実・現実からより遠い方がより悪質に成る事は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「歴史の実体や事実・現実からより遠い韓国側と、歴史の実体や事実・現実から其れ程遠く無い日本側を

同列に扱い、

互いに歩み寄るべき!論等を公共の電波上で大喧伝等する事の実体」は

「現実離れによる利悪に他ならない」から

「公共の電波を使ってそんな悪事を行わせ続けていて良い訳も無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「公共の電波使用に相応しい情報配信内実」は

「多くの視聴者等が歴史上の実体や事実・現実等をありのままに理解・把握出来る様に成る為に有益なモノ」だ。

「史実等をありのままに認める為には、相応に強い自己管理能力等も必要に成る場合も少なく無い」から

「個々の人間たちが、実体や事実・現実をありのままに認める事が出来る精神構造を身に付ける為に有益に成る情報配信も要る事に成る」。

「例えば、未だに、丸ごと一人レベルだけの天動説レベルの死生観・人生観上で人間たちにとっては、

あの世や霊の無い世界等は認め難い現実に成ってしまっているかも知れない」が

「人減に限らず、生物の誕生・死とは、細胞レベルの実現象であり、

生きている人間なら世界中の何処の誰でもが今、この瞬間にも誕生・死を実体験している現実を

十分に理解・把握している人間たちなら、

今、この瞬間にも実体験している死自体を恐れる事も無く、細胞レベルの霊やあの世も要らなくなっている場合が多い筈」だ。

「あの世や生まれ変わりが在ると信じている」なら「この世や今の人生も、応分に軽く扱えてしまう事にも成る」ので

「例えば、あの世での英雄生活等を望んでの自爆テロ等も実行可能に成り易く成ってしまう」が

「細胞レベルの誕生・死が現実で、細胞レベルのあの世では在っても無くてもどちらでも良いし、

蔡瑁レベルの命の連続性を検証するなら、地球上の他人も含む全ての生物に繋がっている等の

実体把握や感や思いを抱けているなら、

其の分、必然的に、今、生きている事、どう生きるか?や

実態としては、細胞レベルの新たな生まれ先に成る地球生命体細胞群の快適存続~永続等の為には・・・等々が

重要に成って来る事に成る」。

「自分の実体把握が十分に出来ていて、大局が理解・把握出来れいる」なら

「必然的に、歴史上の対立問題など、小さな問題に成り、其の問題解決方法も、

実体や事実・現実との整合性をより高めて行きながら、

地球生命体細胞群の健常存続~永続との整合性も高める様に等と成って行く事に成る」。

「其の様なベースを世界中の多くの人間たちが持つ」なら

「元々は、今生きている人間誰もが地球生命体細胞群の中のホンの何十兆かの

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群の集合体一個体に他ならない」のだから

「狭義の自分である一個体ダケの存続~永続や偏重状態等では無く、

広義の自分である地球生命体細胞群の健常存続~永続の流れの中に在る狭義の自分を

其の流れに叛かない様に健常支配し続けて生きる事」等が

「当然に感じたり、思えたり、する様に成って来る事に成る」。

「世界平和も地球環境問題の解決も当たり前にするベース」が「其処に在る」のだから、

「せっかくの公共の電波を使った一方的かつ大々的な情報配信」で

「チマチマした実質、利悪の政治・社会大衆マインドコントロール等を行っている暇がある」なら

「配信すべき情報は他にある事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状は、公共の電波を使った実質的、自虐・破壊行動等の実体を露呈している状態でもある」のだから、

「其の実態は、戦前~戦中のマスコミの様」で

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正出来ない原因は何処に在る?」

「実権者か?

実権者人脈か?

反日他国等からの脅しか?

番組制作者や常連出演者等のの能力や思想信条等か?」

・・・「何れにしても、是正無しなら、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在に成ってしまう者・物・事等に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「来年度一般会計等をダシ」に常連出演者等が野党等の為の政治運動等を行っていた様相だったが・・・。

『「現状では、ネット界とテレビ界等ではネット界の方が、既に、大きく成っているからか、相変わらずのネット批判・非難等も付けていた様」は

「冒頭の小ニュースのカマキリ(テレビ等)対犬(ネット等)の話しと同様」で

「其の内実解説でもあったカマキリは農の処理能力が低いから、

闘うか、逃げるか、の行動しか起こせず、

逃げるチャンスを失ったから、必死で闘っているが、

犬は遊んでいる等の旨」には

「思わず、笑ってしまった」が

「自覚が???の常連出演者等にしてみると、ネットがカマキリと思い込み続けていたいのかも知れないなぁ・・・」等の「感」も

「抱かされてしまった」のだから

「筆者同様に、笑ってばかり・・・で済ますのも、どうか・・・」等と

「思わされた視聴者等の数も多かった筈」だ。

「昨晩のフジをチラ見した」ら

「匿名ネット民のタッタ一人」を

「スタジオに招いて、数人のテレビ常連出演者等が、{尋問}等」し

「有名人利権の下での仕事???(金集め・権力集め等目的の様相にしか思えない場合が圧倒的に多い)等をしている者たち等が、

有名人利権を持とうともしていない(金集め・利権集め等の目的は薄く、或いは、無く、健常化への力添え等の目的の場合も多いのでは・・・)

様相の者の匿名を責め」、

「テレビ側が作ったと推定される視聴者アンケート等まで行っていた」ので

「其の、パワハラ、いじめ等ぶりには、本当に呆れた」が

「常連出演者等の主張の一つ」が「相変わらずの、ネット規制!しかも、テレビ等が主導して!だったりしていた」のだから

「更に、呆れた」。

「本来、テレビ等公共レベル大量に一方的に情報を配信出来る機関が今時、訴えるべき」は

「規制では無く、多くの個々の視聴者等の実体把握能力や判断力や民度等々を上げる事に有益に成る情報」で

「其の事により、多くの人間たちの精神構造(自己制御ロジック)が健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に、ネット内も含む、不当・不健常・異常・悪状態の情報配信も減り、

例え、其の様な情報が在っても、多くの人間たちが其れに呑まれる事の無い状態に成る」から

「規制などは最小限で良い事に成る」。

「逆に、テレビ・ラジオ・マスコミ等が配信している情報や学校教育等が、現状の様に、

内実愚民化による操り易い人間大量製造状態のまま・・・なら、

規制しなれば収まりが悪く成るばかりか、規制する側の都合も入れ易く成る」ので

「其の様な状態を続ける事」は

「例えば、日本国・日本国民を支配したい何処かの反日国独裁者等にとっては、合理的に成る事に成る」。

「テレビ等の配信情報内実の健常進歩・正常進化を言わなかったテレビ常連出演者等の状態は、

明らかに、劣か悪に成る」が

「同レベルにも達していなかった様相の者たちを数ダケはネットからの招待者より圧倒的に多くしたり

テレビ側が作ったと思われる視聴者アンケート等まで利用したりする、

実質的、パワハラ・いじめ状態等の先」で、

「多くの視聴者等にネットに対する悪イメージ等を持たせようとする煽り!等を公共の電波を使って行っていた様相を露呈させていた」のが

「チラ見した、昨晩のフジの番組の一つ」だった。

「本日のテレ朝朝番のネット批判は、其れよりはマシ」で

「行動に言及していた」が

「多くの場合、個々の人間たちがネットで自らの意思や思いや意見や論等々をアップしている事自体」が

「既に、実際の行動に成っている」し

「其の相互作用等により、個々の人間たちの精神構造等が健常進歩・正常進化したりしている」なら

「精神構造を健常進歩・正常進化させた人間の数だけ世論等も現実との整合性がより高い方向に変わって行く事に成る」。

「其処に在る」のは

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等々を使った上からの操りでは無い」。

「個々の人間たち自らの中の健常進歩・正常進化であり、

其の結果としての個々の人間たちの判断・行動・言動等々の健常進歩・正常進化の具現化であり、

其の集大成としての人間社会の健常進歩・正常進化に成る」。

「金・権力・名誉等々の上辺への拘り」は

「現状の中での比べっこの先で生まれている」が

「自らの内実を健常に充実させるなら、求めるモノも手段も変わり、上辺を求める率も減って行く事に成る」。

「其の様な多くの個々の人間たちの実体が無ければ、格差是正も世界平和も環境問題の解決も無理に成る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「親や教師等々から現状適応を強いられ、其れに素直に応じ、相応に適応出来て来ている、所謂、優等生等にとって」は

「ある意味、お気の毒」だが

「経済世界大戦内の優等生経済戦士の実体」は

「武力世界大戦時の優秀な将校等と同様」で

「現状適応が人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性の高い事に必ずしも直結していない実態」は

「武力世界大戦時代の殺傷・破壊実態や、経済世界大戦による経済圧殺や環境変動実態」等からも

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「多くの個々の人間たち自らの中からの健常進歩・正常進化が激烈に求められている実状を突き付けられている」のに

「現状の中での比べっこや支配権争い等々に、現実逃避し続けようとし、

其の様な実態を他の多くの人間たちや環境等にも強い続ける事により、

過分な利権等を得、其れをまるで覚せい剤の如く使用し続けようとし続けている様」は

「現実的、客観的に、直視するなら、正に、病気」だが

「皆が病気なら、病気が病気に成らないと思い込みたがっている」のが

「人類滅亡を誘っている者たち等の実体」だ。

「いい加減に、現状と現実の整合性を意識的かつ積極的に高めて行く事により、

世界平和も環境問題の解決も実現する、

新世界への軟着陸に力を加える事が出来る状態の人間たちを多数生み出す事に直結している

性能の高い精神文化製品に、健常進歩・正常進化させるべきモノの一つ」なのが

「多くのテレビ番組等の実体」だ。

「其れでも、尚、現状利権を貪り続けようとしている様」は

「本当に、醜悪で、劣悪で、そんなモノを公共の電波を使って公然化し続けている」なら

「人間社会への悪影響も甚大に成り易く成る事」等は

「ある意味、当たり前の事なのだから、既に、其の正体がバレている状態の者たち等が行うべき事」は

「既に、はっきりしている筈」だが・・・。

「其れでも尚、現状の様な状態を続ける」なら

「其れこそが行動不足に成り、其の実態は、正に、上記のカマキリ状態に成る」』。

『「現状対策としての来年度一般会計を問題にしている暇がある」なら

「現状人間社会・経済システム等と人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性の問題」等でも、

「視聴者共々考えられる様にする為の事前準備知識等でも紹介したらどうか!」

「自分の実体把握が広まり、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等から解放される人間たちの数が増える」なら

「相応に、地球環境問題や格差問題や人間社会問題等々の解決が容易に成る」。

「逆に、自分の実体把握も???のまま・・・」なら

「自らの精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常成長させる事等が

困難な状態に陥る人間たちも数多く残り易く成ってしまう事に成る」ので

「人間社会・経済システム等の精神文化製品の性能を上げて行く実務も困難に成ってしまう」。

「武力世界大戦は核兵器の製造~実用~複数国保有で、其の再発が防止出来ている状態で、とりあえずは落ち着かされている」が

「経済世界大戦を終わらせる為に地球環境の激変や人類滅亡に直結する第三次世界大戦等を必要にしてしまう」なら

「其の時点で、例え、どんなに大金持ちや大権持ちに成れていたところで、世界中の何処の誰でも、負けが確定する」のだから、

「いい加減に、

超おバカな比べっこを止める事が出来る状態に狭義の自分を健常成長させる為に必要に成っている情報配信・教育等を

意識的かつ積極的に実践するべき」だ。

「テレビ番組や映画やアニメや小説や漫画や音楽や絵画等々で金集めをしたい者たち等」なら

「必要十分に健常進歩・正常進化した、見聞きする人間たちの精神構造の健常成長への貢献度が高い、

今時に必要な性能を持っている、精神文化製品を提供する事や、より性能の良い精神文化製品を開発したり、提供したりする事」等により、

「自らの現状を健常に支える為や性能の良い精神文化製品を開発~製造~配信・配布・販売等々する為に必要に成る金集め等も、

すれば良い事に成る」。

「現状とは適当に折り合いを付けて、現実との整合性をより高くして行く事に貢献する仕事も行う」のが

「今時の人間社会の中で、出来る限りの健常・正常を保ち易いスタイルの一つにも成る」。

「素直に現状適応してしまう事により、過剰なまでの現状利権が得られ易い状態を得易い、所謂、優等生等の多く」が

「見落としがち」なのが「現実適応・現実対応等」だが

「所謂、理系の世界」では「現実抜きでは、科学技術も物質文明製品も、往々にして、成り立ち辛く成る」。

「所謂、文系の実体も同様」に「他ならない」が

「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる、人減の意識ダケを偏重し続ける、{宗教信者}状態のまま・・・で居る」と

「天動説のまま・・・の宗教信者の如く、天動説状態の精神文化製品の製造~販売等のまま・・・でも平気な、

実体としては、現実離れしている状態に陥り易く成ってしまう」。

「個人レベルで其の様な現実離れした状態の人間たちが、

大勢に影響が無いレベルで存在していても、

人間世界や地球環境に破綻はやって来ない」が

「多くの人間たちに、現実離れ状態が強いられ続けているまま・・・」なら

「必然的に、人間世界や地球環境等の破綻が迫って来る事に成る」。

「物質文明側の産業革命からこれ程の年月が過ぎていても、未だに、精神文化側の産業革命が必要十分行われていない状態」は

「明らかに、異常」で

「未だに、天動説状態の者たち等に、過分な立場・権力・報酬等を与え続けている事の実害」が

「其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ネット批判等をしている暇がある」なら

「ネットの中の有益情報等を集め、其の本意を変えずに、分り易く、伝わり易く、加工して、喧伝等するべき」なのが

「今時のテレビ常連出演者等の立場に成る」。

「そもそも、特定極一部の者たちばかり・・・が、場合によっては、局や番組を変えながら、常連出演という実態は、明らかに異常」だし、

「其れらの者たち等が喧伝等している論等ばかり・・・が、主たる論で、さも正論扱いに成っている事も、かなり異常に成る」。

「多種多様な人間たちが、多種多様な思いや意見や論等々を発信出来ているネット界の方が、

現状の異常なテレビ界等よりは、遥かに、健常性が高い事に成る」。

「テレビ界等でもいい加減に、多種多様な思い・意見・論等を常々提供し続け、其処からの判断は、視聴者等に任せる状態」に

「健常進歩・正常進化させるべき」だ。

「ネット界で問題に成る」のは「取捨選択に成る」が

「個々の人間たちの取捨選択の基に成っている」のが

「個々の人間たちの精神構造と置かれている立場・環境等々からの影響に成っている」のだから

「多くの個々の人間たちが自虐的な取捨選択をしないで済む様にする為に必要に成る情報・教育等こそが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育上で必要に成っている情報教育に成る」。

「未だに、

例えば、

大衆誘導して、規制を強化し、強化した規制を基に、大衆支配しようとする政権への政権交代等を行わせようとする、

政治運動等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育上等々で行い続けている」なら

「其の時代遅れぶりは、其れこそ、排除が適切に成るレベル」等と「言わざるを得ない事に成る」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や所謂、文系の学校教育等の、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「朝鮮等を利す為の、相変わらずの政治・社会運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。

『「真に日本国・多くの日本国民の為に必要な政治・政策等の為なら当然に成る」が、

「野党等の為の、小問題の大問題化大騒ぎ政治パフォーマンス等々の為」では

「国会の会期が延長される必要がある訳も無い」のに、

「会期延長しなかった政府・与党等を責める論調で、政府・与党等に悪イメージをつけようとしている」のは

「野党等のお仲間テレビ等や其の常連出演者等に成る」。

「当然の如く、其の様な実態を露呈している常連出演者等」が

「日本の公共の電波上で喧伝等し続けて来ている、例えば、日韓間問題論や歴史認識論等々」も

「酷く、常道を逸脱している場合が多い」。

「本日も、上記の様な実態を露呈し続けて来ている常連出演者等」は

「現状の日韓間問題の収束を図る為には、歴史を鑑みて、反省し、日本側からの謝罪を!等の旨」を

「日本の公共の電波上で喧伝等していた」が

「歴史を史実通りに理解・把握出来ている」なら

「謝罪すべきは朝鮮側である事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「元々、戦後韓国・北朝鮮等悪権力者たち等による捏造史上」では

「日本による侵略~植民地支配とされている日韓併合二国間国家間契約」は

「欧米列強により清が食い荒らされ、清のお墨付きの下での国家運営も危うく成っていたばかりか、

単独では国・国民の存続さえ危うく成っていた当時の韓国の国家権力者等が

先ず、日本に保護を求め、日本による韓国保護条約を結んだ」が

「其の保護条約時の日本の対応が良かった」ので

「日本との対等合併を望む様に成った」が

「最終的には、国力相応の二国をより進んでいた日本寄りに一国化する日韓併合国家間契約を締結した」のが

「史実」だ。

「其の何処にも、日本による侵略~植民地支配は無く、実際に、日韓併合後に行われた政策は、

日本による侵略~植民地支配政策では無く、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策だった」のが

「史実」だ。

「同化政策の下で、朝鮮半島内も急速に近代化整備された」し

「多くの朝鮮人の衛生・生活・教育・文化水準も上がり、朝鮮人人口も大いに増えた」し

「学校教育でも日本語もハングル(日韓併合当初は、朝鮮語の読み書きも、ソロバンも、出来なかった朝鮮人が未だ多かった)も教えられ、

日本人同様の氏名を使う権利を朝鮮人燃えていた」し

「日本本土への移動も出来た」ので

「日韓併合時には、

自主的に日本本土に渡り、

朝鮮半島内より、より近代化整備等が進んでいた日本本土内で、

より良い仕事・報酬・生活等を求め、得ていた朝鮮人の数も多かった」のが「史実」だ。

「同化政策の下で、次第に、日本人と朝鮮人の間も小さく成り続けていた」のが「史実」だ。

「其れでは、韓国・北朝鮮等は、何故、日本による謝罪を求める様に激変したのか?」

「はっきり言えば、

日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に日本人の立場・資産・財産等を奪う事により、

戦後の朝鮮半島内で国を始めてしまった事」と

「米軍の占領政策にも入り込み、

戦後武装解除された日本人相手に武器を持ち、乱暴狼藉を働き、

駅前の一等地や大街道沿いの大土地等々を

略奪した大悪事を正当化する為」に「他ならない」。

「史実に基づく」なら

「朝鮮人国家権力者も合意した日韓併合二国間国家間契約に基づく、二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策」を

「解消する正当な方法」は

「日韓併合国家間契約を解消する国家間契約を締結する事に成る」が

「日韓併合二国間国家間契約を日本による侵略~植民地支配にすり替える事」により、

「日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に日本人の立場・資産・財産等を奪って朝鮮半島内で国を始めた事や

米軍の占領政策に入り込んで、

戦後の日本国内で非人道的な乱暴狼藉・略奪行為等を行った事等々」を

「正当化し続けようとして来ている、不当な方法」を

「悪朝鮮人国家権力者等が選択し続けて来ている」のが

「実態」だ。

「史実に基づいた処理では無い」ので「問題が起こり続ける」のは

「極めて当然の事に成る」が

「日韓間では、日韓基本条約によって其れ以前を不問にし未来志向で行く事が、国家間の約束事に成った」。

「其れなのに、日韓基本条約後も、韓国内では捏造史と反日情報・教育等を蔓延らせ続けて来ている」から

「度々、韓国側から問題が起こされ続けて来ている」のが

「実態」だ。

「捏造史に基づいた処理なら、日本による侵略~植民地支配がベースに成るので、日本からの謝罪が当然に思えてしまう」が

「実際は、当時の韓国の国家権力者等が国と国民の存続の為に、より進んでいた日本と一緒の国に成る事を選択したのが現実」なのだから、

「より進んでいた日本寄りの同化政策が嫌だったなら、其の旨を日韓併合時の日本国内で平時に争えば良かったダケに成る」が

「其の様な事を行え無かった」のは

「世界レベルでの時代の変化が激しく、より{遅れていた}ところの意向では多くからの賛同が得られる訳も無かったから」で

「其の中で、武器まで持ち、朝鮮半島内の支配権を朝鮮人によこせ!等と抗日運動等を行っていた少数の者たち等」が

「他の多数の朝鮮人からも、迷惑がられ、最終的には、朝鮮半島北東部の山奥に追いやられ、大勢に影響が無い状態に至った」のも

「ある意味、極めた当然の事だった」のが「現実」だ。

「では、何故、日刊基本条約締結以降も、韓国内では反日情報・教育等が行われ続けて来ているのか?」

「戦後の朝鮮半島内には、

日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に日本人の立場・資産・財産等を奪った悪朝鮮人ばかりでは無く、

其の様な悪事は行わなかった善良な、或いは、普通の朝鮮人たちも数多く居た」。

「火事場泥棒を行っていない者たち等」は

「当然、其の分、比較的、貧しい場合が多かった」し

「火事場泥棒、悪いんじゃないの!酷いんじゃないの!等々と考えたり、感じたり、思ったり、する人間たちの数も多かった」。

「其れらの人間たちをマインドコントロールする為に必要に成った」のが

「徹底した反日情報・教育等」に「成る」。

「旧ソ連の絶大なる武器支援等の下で、朝鮮半島内の支配権を奪おうとした北朝鮮金政権等の場合」も

「内情は同様」で

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始め。更に、ソ連の武器支援の下で朝鮮戦争を起こし、朝鮮半島内の半分の支配権を得ている事」を

「正当化し続ける為」には

「反日情報・教育等と共に、朝鮮戦争時に北朝鮮側の優位を跳ね返した米国等に対する反米情報・教育等も必需に成っている」ので

「より影響度が高い反米と反日がセットと成っている実質的、カルト宗教マインドコントロールで、

北朝鮮国民等を操り続ける事が必需に成ってしまっている」。

「もちろん、其の様な無理は、バレ易い」が

「無理の実態を知り、カルト宗教マインドコントロール状態から脱したり、更に、其の仲間を増やしたりする人間たちに

北朝鮮金政権等が与えるモノが、強制収容所送りや公開処刑等々の非人道的で不当な罰で、其の様な状態や、

朝鮮戦争を行い、多くの朝鮮人も殺した事等を正当化し続ける為の保身の道具」が

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等」だ。

「散々の極悪事を不問にさせる為の核兵器等々には、世界中からダメ出しが既に、出ている」が

「未だに、態度を十分に是正せずに、少しでも優位な条件での制裁解除を!等々と企み続けて来ている様相を露呈している」のが

「北朝鮮金政権等の実態に成る」。

「もちろん、そんな実態が世界に対する説得力を持つ訳も無い」から

「北朝鮮金政権等の今後は、早々に、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を完全放棄しない限り、

惨憺たるモノに成る事」は「既に、決定している事に成る」』。

『「上記の様な実態」は「既に、明らか」なのに、

「未だに、日本からの韓国(当然、北朝鮮も含まれている事に成る)への謝罪を日本の公共の電波上で喧伝等した

常連出演者等は、明らかに、変」だ。

「変の裏に何がある?」

「人脈か?血統?韓国在留時に弱み等を握られたのか?買収等でもされたのか?脅されているのか?・・・等々は不明」だが

「何れにしても、今時の、日本の公共の電波上に頻繁に出て来る常連出演者等として、果たして、適切に成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「史実に基づいた、現実対応で現状を是正する処理が求められている」のが「今時」だ。

「其の方向に有益に成る情報配信が出来る者等との入れ替えが必需に成っている」等と

「感じたり、思ったり、視聴者の数も多い筈」だ。

「或いは、{見せモノ}として、

其の様な事が出来る、今時として、正当な、常連出演者等との対比上での、悪役や汚れ役等々として・・・」なら

「意図的に、サブ出演させたりするのも、アリかも知れない」が・・・。

「何れにしても、是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「他の常連出演者等も含め、経済論等も不十分過ぎた」。

「かつての日本の一億総中流状態」とは

「先の武力大戦後の、経済世界大戦の中に在って、

主戦場では無く、

主戦場で使えるモノをつくり出す能力が高い後方支援場の一つだったが故」に

「実現出来ていた状態でもあった」。

「資本主義経済システムの、経済世界大戦上での主戦場」とは

「言うまでも無く、金融投資界」で

「其処に、未開拓保留地として、旧社会・共産圏が在った」のが

「東西冷戦時」の「実態」だった。

「経済世界大戦が進むと共に、既に、戦場として荒らされつくされたところダケでは、

経済戦争を膨らましながら継続する事も困難と成り、

東西冷戦の終戦により、未開拓保留地が解放される」と

「多くが其処での戦争も始める様に成って行く」と「共」に

「後方支援場も移されて行く事に成った」。

「世界の工場は日本から中国へと移り、

独裁政権の下の巨大後方支援場故の不合理性等も目立つ様に成って来ると共に、

其の後、東南アジア等々にも移行して来ていた」が

「昨今の経済世界大戦の行き詰まりにより、自国を後方支援場にする国々が増え始めて来ている」のが

「実態」だ。

「成果主義や能力主義とは、経済世界大戦上での比べっこ優位性を得る為には合理的に成るシステムに他ならない」が

「同時に、経済世界大戦故の格差や犠牲も要求するシステムに他ならない」。

「後方支援場状態で居られたかつての日本社会の中では、地方での暮らしも、地方郵便局等も、

半社会主義状態で実用出来ていた」が

「後方支援場は止めて日本も主戦場に入れ!」と「され」、

「其れに、時の政権が合意する」と

「例えば、

郵政も民営化されたダケでは無く、

元々は、ある意味、公務員的に社会的に仕事を行って来た人間たちに対しても、

成果主義強い!が行われる事に成ってしまった」。

「成果主義や能力主義には犠牲が付きモノ」なので

「成果主義や能力主義に慣れているところでは、

例えば、

最初から、其の体制に適応する資質・能力等が有る者を雇う、

実践に役立つノウハウを身に付けさせたりする社員教育等を徹底する等々の、

相応に酷い状態を防ぐ為の対策が取られている」が

「お上からの{命令}で、

突然に成果主義強い!」では、

「多々の問題が出易く成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「不器用に上からの要請に応える組織」では

「パワハラやいじめ・虐待等々も起こり易い」のは

「自己承認欲求を否定された状態の上司等が下の者に八つ当たりする連鎖が起こり易いから」で

「内部の恐怖感や圧迫感等々故のストレスがより弱い立場のお客様等を犠牲にし易く成る」のも

「ある意味、極めて当然の現象に他ならない」が

「其れも、経済世界大戦内の実戦の実態の一つに他ならない」。

「其の様な酷い人間社会内実態を生み出し続けて来ている経済世界大戦」は

「地球環境破壊にも直結している」。

「では、何故、経済世界大戦を行い続けているのか?」

「武力世界大戦時でもそうだった」が

「人間たちのより良い生活・人生の為だった筈」だ。

「ここで問題とすべき」は

「人間たちが、全ての人間に成っていなかった事」であり

「より良い生活・人生の内実が問われ、人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性が取られていなかった事」に「成る」。

「逆から言う」なら

「其れらを問い、多くの人間たちが、実体通りに理解・把握し、現状の経済世界大戦との整合性を問う」なら

「誰もが、経済世界大戦を終戦させる事による地球環境問題と人間社会問題の解決の実現方法」等を

「創起して行く事に成る」。

「上記の様な実態」からも

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で、配信べき・行うべき情報・教育の内実」は

「もはや、明らかな筈」だ。

「上辺の低レベルの経済論や環境論等々を優等生ぶり、正義ぶり、訴えていても、多くの人間たちが実行可能に出来るのは、

セイゼイ、焼石に水レベルの現状対策にしか成り易く無い」が

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的を大衆周知し、其処から、整合性を取る事等を

情報配信・教育等したり、

其れらに繋がる楽しめるドラマ・映画・漫画・アニメ・ゲーム・音楽・絵画・小説等々を提供する」なら

「多くの人間たちの精神構造の健常成長が促される事に成る」と「共」に

「其の集大成に成る人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化させられる事に成り」、

「其の結果として、人間社会問題も地球環境問題も、解決出来る様に成る」。

「何時まで経っても、旧態依然とした情報配信・教育等を行い続けている者たち等」とは

「北朝鮮や韓国等で、未だに、反米・抗日捏造史カルト宗教マインドコントロール情報・教育等を行い続けている者たち等と同様」で

「今時の人間社会内で、過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける事が、人類滅亡を誘う事に直結してしまう者たち等に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「定年延長政策等をダシに、{ご都合現状経済適応論}」等を喧伝等していたが・・・。

『「国の定年延長政策」は「より良い現状対策を行うのが主の仕事に成っている政府・与党・官僚等による現状対応策の一つに他ならない」が

「行政機関等より圧倒的に自由度が高いテレビ番組や其の常連出演者等による現状対策論等」とは

「本来なら、より現実との整合性が高く出来る方法等を訴えているべき者たち等による、

自堕落な仕事???」で

「往々にして、常連出演者等やテレビ実権者等の利権の維持~増大を可能なままにしている、ご都合論等である場合が多い」から

「多くの場合、酷く、劣悪な実態を露呈する事に成る」。

「本日も、またまた・・・」等の「感や思い等を抱かされてしまった視聴者の数も多かった筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「終身雇用から能力主義・成果主義への変換」とは

「経済世界大戦状態の中で、より他に勝ち易い体制の構築の為に必需に成っている変換に他ならない」が

「現状対策では無く、現実との整合性向上を目指す」なら

「訴えるべきは、先ず、経済世界大戦の終戦に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「問題は、どうやって終戦させるか?の実行可能なより良い方法を提示する事に成る」が

「其の様な方向に向かっていなかったテレビ番組では、現状経済システム上での利権維持~増大等を図っている様相の

ご用達{経済の専門家}等を招き、

常連出演者等が、ご都合現状経済適応論等を、恥じらいも無く、公共の電波上で喧伝等していた」のだから、

「本当に呆れた」。

「例えば、

能力主義への変換で、AI技術等が求められている旨等喧伝しいた常連出演者等」が、

「一体、どれ程のAI技術を保有出来ているのか?」や

「転職実例」として

「親の超有名人利権の恩恵故に、芸能界への転身も容易に成った要素も濃い元野球選手の例を引っ張り出した」り、

「テレビ局・テレビ番組実権者等に都合が良い使い易い出演者等の状態である事により、

テレビ出演等の機会をかなり占領出来ていたりする事を、

仕事上の成功であるかの如く語っていた」り、

・・・等々の

「醜悪で劣悪な実態の露呈」を

「恥じらいも無く、公然と、公共の電波上で行っていたり、した」のだから

「其の厚顔無恥ぶりは、本当に呆れるばかり・・・」で

「其れらの、実質的には、悪劣な情報が、公共の電波を使って一方的に大々的に配信されている事による、

多くの視聴者等に対する悪影響も、本当に、心配に成るばかり・・・」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取る」なら

「現状の人間社会・経済システム等も、経済世界大戦状態も、

・・・言うまでも無く整合性の悪い、是正すべき実態に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の様な大枠の大自虐を其のままに、

其の大自虐枠の中で、

人間同士の比べっこ上に救いを見出そうとしている者たち等」とは

「現実逃避や自己承認欲求の代償欲求等々のヤクを求め続けている亡者の様な者たち等に他ならない」。

「大自虐状態への適応など止め、自虐を直して行くなら、必然的に自己承認欲求の本来欲求も充足され、

大漁の現実逃避ヤクも要らなく成る事」は

「世界大戦を止め、敵という同じ人類を殺さなくても良い立場を得るなら、戦場でのヤクが要らなく成る」のと、

「基本的に、同じ話しに成る」。

「この当たり前の現実を真摯に受け止め、其処から、現状対策を真剣に考える」なら

「少々の能力がある者なら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、

現状を、現実との整合性がより高い状態に移行させて行く為に有効に成る多種多様な手段・手法等を、

考え出し、実践する事も出来る様に成る」。

「少々の能力が無い訳でも無いばかりか、現状で既に、優位な立場・権力・報酬等まで得ている者たち等」が

「自らが現状で持てている利権の維持~増大等の為に、現実との整合性を高める為の多種多様な仕事等を

封じ込め続け様としている状態は、正に、極悪」で

「其の様な事を行い続けている者たち等」が

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る事」は

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」』。

『「現実との整合性を高める為に有益に成る事の例を挙げる」なら

「例えば、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続等の情報配信・教育等を行う事」や

「其処から必然的に導き出される、丸ごと一人レベルだけでは無い死生観・人生観等を実用した

精神文化製品(テレビ番組、映画、小説、アニメ、音楽、絵画、ゲーム等々)を創り出し、大々的に配信等したり、売り出したり、する事」や

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化の邪魔をしている重大なる人権侵害を告発し、撤廃させる事」や

「多くの個々の人間たちの精神構造の健常進歩・正常進化を受けて、

人間社会の精神文化製品である人間社会・経済システム等の性能をより良くしていく事」等々、

「本当に、多種多様な仕事が、其処に在り、多くの個々の人間たちや其の集合体塔による、其の仕事の実行を待っている状態が、

既に、明らかに成っている」。

「この後に及んで、未だに、現状対策に忙しい政府・与党・官僚等が出して来ている政策等をダシに、

実質的には、常連出演者等が現状で保有出来ている利権を維持~増大等させる為に有益に成る論や、

現政権に悪イメージを付ける事等により、野党等を有利にする政治運動等を、

公共の電波を使って行い続けている事」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「マイナンバーやAI等利用防犯カメラ等の実用等の問題でも、

情報の自由が在り、政権交代も在る、自由民主主義圏の日本と、

独裁政権の国とでは、実状が全く違うのに、

同様に扱っていた常連出演者等とは、

核を持ったら勝ちでしょ!論者でもあったし、

中国が覇権を取る!論者でもある」。

「もちろん、言うまでも無く、情報の自由と政権交代の在る国々等で、

ある政権等の下の不正・不当使用等があるなら、其れは、政権交代に必要十分な理由に成り得る」。

「問題とすべきは、自由の無さや、過剰な権力集中・独裁等であり、管理体制の充実や利便性の向上では無い事」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「独裁がダメである事により中国共産党による覇権も否定される事に成る」し

「自由・民主主義圏の国々の中で、

{中国共産党の覇権}や{他の独裁世間の支配下}等を望んでいるのは、

独裁世間の手下や其の協力者等の人脈の一部の者たち等、

極少数の者たち等に成る」。

「特定の人物や国等々に{頼る}時代は、とっくの昔に終わっていて、

現状では、主権は科学レベルで判明している実体や事実・現実に在り、

其れらと共に在る事が出来る状態に自らを健常支配して置く事により、初めて、自らにも実権が出て来る状態の公然化は、

もう、近い」。

「例えば、現状で必要に成っているボランティア等の問題でも、問題の元凶を是正する事抜きに、

捨てる人間がいるなら、拾う人間がいても良い・・・等と語っている特定のボランティアを偏重紹介等する事で、

拾う人間の数を増やしても、問題の解決が出来る訳も無い」。

「現状対策はもちろん重要」だが

「其れと共に、多くの個々の人間たちの精神構造を健常成長させる事による、過剰消費の抑制やリサイクルの徹底等、

現実対策を訴えていてこそ、

今時に必要な情報配信内実に成る」が

「特定の者・物・事を偏重する事による現実逃避受け皿精神文化製品等を作り、

其れによる現状経済システム上での金集め(=商売)等が得意な者たち等は、

現実逃避受け皿産業という多くの人間たちの遊びの利便性を図る仕事と

実際の環境問題等の多くの人間たちの本気の自己健常支配が必要に成る仕事の

区別さえ十分に付けられていない様相のまま、

本来なら、者では無く、事基準での対応が相応しい本気の自己健常支配側に在る地球環境問題等の事でも、

者を偏重した、有名人遊びに興じている実態を露呈していた

(タイトルの番組・常連出演者等では無かったと思うが、同局の番組・常連出演者等だった)」のだから

「本当に、呆れるばかり・・・」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「ニセコ経済植民地化、実質的、賛美」や「元次官長男殺人事件ダシの共感・{社会主義}煽り」等を常連出演者等が公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。

『「経済世界大戦状態の現状の人間社会で、ニセコの様に特定の地域が実質的に、経済侵略~植民地化されて行く事」は

「ある意味、極めて当然の事でもある」が

「問題とすべき」は

「其の裏に宿っている、其の事に直接関係している個々の人間たちの精神構造や

経済世界大戦という現状の人間社会の精神文化」等なのに、

「其処の問題を告発せず」に

「上辺の状態から、

元からニセコで暮らして来ていた人々を困難や苦境に追いやっている事等に対する、優等生的に正義ぶった批判・非難や、

経済世界大戦内での利権争いに上手く参加する道」等を

「常連出演者等は、訴えたり、していた」だから、

「今時の情報配信内実としては、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや言うまでも無い事に成る」。

「ニセコの問題で言う」なら

「先ず問題とすべき」は

「ニセコにやって来ている外国人大金持ち等が、本質的には、いったい何をやっているのか?」等に「成る」。

「そして、其の実体が、大金等を利用した、自己承認欲求の過剰追及行為等である事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でも解る事に成る」。

「冬にパウダースノー等を求めてスキー等に来ている大金持ちたち等」も

「夏に避暑目的で、涼しさや快適な生活等を求めて来ている大金持ちたち等」も

「大量の温暖化ガスを排出するジェット飛行機等により、長い距離を移動して、

スキーでの快感や避暑による快感等を狭義の自分の身体にもたらす事により、

利権や大金等を自らの下のもたらして来る為には、往々にして、日頃から不十分に成りがちに成る

自己承認欲求の本来欲求の充足の代わりの、

自己承認感等を味わおうとする、代償欲求の追及行為を行っているのが、

多くの大金持ちたち等来訪者等の実態・実体に成る」。

「元々は、少数極一部の人間たちによる其の様な行為が、

SNS等も利用した情報交換により大人数化し、

其れに呼応して外資も流入し、

其れら対応して来た地元の努力も重なって来て来たところの上に、

今度は、大金持ち等にとって魅力的な住居・外食店等環境設備が整っている避暑場所としても利用される様に成った」のが

「経済世界大戦の中の、ニセコの経済侵略~植民地化の実態」に「成る」。

「ここで現状の人間社会の主流最先端精神文化が経済世界大戦なのだから、

其の中で上手くやって行くべき等と訴える」のは

「経済戦士等や其の太鼓持ち等々」で

「其の様な者たち等の言う、地球環境問題や人間社会問題等の解決等が、絵空事にしか成り得無い事」は

「多大なる格差と、多大な環境負荷を伴う代償欲求の過剰追及を是とした上で、

地球環境問題や人間社会問題を解決する実際の方法等を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「多大なる経済格差は、金権による他者支配にも、大金を持つ側の代償欲求の過剰追及にも都合が良い」が

「現状の経済システム上では必然的に圧倒的多数に成る、大金を持たない者にとって、多大なストレスや現状脱出欲動の蓄積等に

直結する」から

「平和構築も不可能に成るばかりか、数多く居る大金を持たない者たち等の代償欲求の過剰追及も誘う事に成る」ので

「地球環境負荷も大金を持たない多くの人間たちが豊かに成れば成る程、益々濃くし易く成ってしまう事に成る」。

「結果、地球環境問題の解決はより困難に成り、人間社会内では平和より狭義の自分の下への利権収取!が蔓延る事に成る」ので

「終極的には、人類滅亡が必然に成ってしまう」。

「格差容認による金権支配を欲しがっている独裁者等の存在」からも

「経済世界大戦賛美や格差容認情報配信内実等の劣悪性や反日他国独裁者等の手下情報工作員等の臭い等」は

「多くの視聴者等が、意識の有無を問わず、感じたりしている事に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「元事務次官長男殺人事件」でも

「共感の大切さを言う」のは「容易な事」だが、

「共感」とは

「カウンセラーとクライアントの間なら、治療を深める入口として、ラポールを形成する為に必要な事でもある」が

「他者支配や営利目的にも使われる、精神構造の退行現象でもある」。

「脳の生理学上で言うなら、情動脳活用割り合いを高める事により、大脳新皮質の使用割り合いを減らす事」で

「其れまでに、大脳新皮質内で蔓延り続けて来ている、障害となる考え・思い・信じ等の力を、

相対的に弱める手法」だ。

「共感より重要に成る」のが

「精神構造の退行を誘った後の対処に成る事」は

「上記の共感の実用実態からも、既に、明らかな筈」で

「共感を誘った後でも、現実適応では無く、現状適応を強いたり、誘ったりする」なら

「問題の本質的解決が出来る訳も無い事」は

「冷静に少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「例えて言う」なら

「官僚で事務次官に成れないなら、超有名アニメーターとして成功しなさい!(=現状適応しなさい!)」等の

「状態」で

「そんな状態が具現化出来たところ」で、

「自己承認欲求の本来欲求の充足が可能に成る訳も無い」から

「往々にして、代償欲求の過剰追及に邁進するが故に、地球環境破壊にも大きな力を発揮する、自分の実体に叛く、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「問題にすべき」は

「個々の狭義の自分個体の精神構造の健常成長の阻害である事」は

「いじめ問題からも良く判る」。

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している」から

「無意識の底では、

細胞レベルから、

生き生きやウキウキ等々と重苦しさや苦悩や遮断・絶望等々の信号が

沸き上がり続けている」。

「其れら湧き上がり続けて来ている信号は神経細胞の塊である脳で集約され、

脳内に在る意識で加工されて、具体的な行動等の具現化が行われている」。

「ベースとして其の様な実態が在る中」で

「例えば、学校教育や人間社会内で、比べっこが強いられ続け、

基本的には、人類誰もが内在している、

乳幼期の比べっこによる支配権(乳房・母乳等)/被支配権(親等々からの愛等)レベルから、

成人期の本質・快適探究レベルへの、

精神構造の健常成長を阻害され続けると、

生き生き・ウキウキ等々の誕生~成長側の信号より、

重苦しさや苦悩や遮断・絶望等々の崩壊~死亡側の信号」に

「意識上でのスポットライトが当てられ易く成る」。

「ここで自己否定側に向く事を拒絶する精神構造が濃い」と

「自らの中で起こって来ている、重苦しさや苦悩や遮断・絶望等々の、

本来なら、注意喚起であり行動実態是正等を誘っている信号」を

「他否定にしてしまう心理作業が具現化させられ易く成り、

其処に、丸ごと一人の死生観・人生観等が重なる」と

「丸ごと一人レベルで、他者を否定してしまったり、他者に対する八つ当たりを行ってしまったり、する

いじめや虐待等々の悪事が、具現化され易く成ってしまう事に成る」。

「自己否定側に向く事を肯定してしまう事」と「丸ごと一人の死生観・人生観の重ね使用」が

「自殺や自傷行為等々の形で具現化されてしまう事に直結している事」等も

「同様に成る」。

「短絡的意識上だけに翻弄される状態では無く、

問題の本質を探究する」なら

「上記の例では、精神構造の健常成長の阻害こそが、元凶に成っている事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、直に解る事に成る」。

「他人をいじめたり、虐待したり、

自殺したり、自傷したり、

等々する能力とエネルギーがある」なら

「本質を暴き、快適が得られる対処を行う事」が

「自虐を避ける為に合理的に成る対処法に成る」。

「上記程度の内実」を

「事務次官に成っても、具現化出来ていなかった事を露呈させた事件でもあった」のが

「該当の悲惨な事件の実体」なのに、

「其の辺りの告発はどこへやら、量刑が適切か?否か?や、

同情・共感等出来るの、出来ないの・・・等々と

現実適応・現実対処レベルからすれば、酷く、劣悪な、

現状適応・現状維持には、好都合に成る、

論等を、優等生ぶり、正義ぶり、公共の電波上で喧伝等していた」のが

「出演、常連出演者等の実態」だった。

「人類滅亡を本気で避けたいのなら、直ちにでも是正すべき実態が其処に露呈している」』。

『「中国共産党とも近しいとも言われている朝日新聞等」が

「共感の大切さ」等を「訴えたり、している」等と

「テレ朝のテレビ番組」等が「公共の電波上で喧伝等する」と

「お仲間テレビ・ラジオ等共々、中国共産党や北朝鮮金政権等に都合の良い日本の政権を共感を利用して成立させる為の

実質的、政治運動等を、未だに、行い続けている、

酷く、醜悪で劣悪な感等を、

抱かされてしまっている視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、今時、訴えるべき」は

「他者支配の為の道具にでも成る共感や現状適応等では無く、

人類誰もの自分の実体である広義の自分の健常快適存続~永続に直結している、本質・快適探究と現実適応等に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「世界平和の為にも、地球環境問題の解決の為」にも、

「現状の多くの情報配信・教育等の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「実質的、経済世界大戦&格差賛美論」等を常連出演者等が公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「米国等の膨大なる格差を容認させ続ける為の情報道具、実質的、高所得の低所得扱い」等を「ダシ」に「日本の経済の衰退を喧伝する事」で

「実質的には、現状が悪いイメージや余分なストレス等を多くの視聴者に持たせる事」で

「現政権では無い勢力に頼りたく成る心理等を、其の意識の有無を問わず、増大させようとしている様相」の

「実質的、反対、もしくは、審議拒否野党等の為の公共の電波を使った政治運動」等が

「其処に露呈していた」が、

「上辺の仮面情報を分厚くすれば、実質が判らない等と考え・思い・信じたい」のは

「裸の王様等のやりたがる事」に「他ならない」から

「{今回も呆れた}視聴者等の数はかなり多かった筈」だ。

「更に、格差容認論付き」とは

「少数が多数を支配する為の便利な構造の一つである膨大なる経済格差状態」を

「日本で実現させたがっている者たち等の正体の臭いが濃厚に漂って来て、

其れが、核・ミサイル・日本国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等と膨大なる経済格差の実現等により、

日本の乗っ取り支配を何としても行おうとし続けて来ている、北朝鮮金政権等」で

「上記の様な内実の情報配信等とは、其の為の情報工作員等や協力者等が行っている、行わされている事なんじゃないの・・・」等と

「感じたり、思ったり、した視聴者の数も多い筈」だ。

「今時の多くの人間たち等に必要に成っている情報配信内実」が

「環境問題や人間社会問題等々の解決の為にも、経済世界大戦を終戦させ無ければ成らない」から

「其の具体的方法に結び付くモノ等に既に、成っている」のに、

「上記の様な、旧態依然とした情報配信内実」なのだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「IT産業でも、AIにしてもロボットにしても、物質文明側の進歩・進化の先で生み出し続けられて来ているモノに他ならず」、

「其れを、どう使いこなすのか?」こそが

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが真剣に考え、実践すべき、精神文化側の重大問題」だ。

「物質文明側で進歩・進化させる事が出来た技術や物質文明製品を使って、自らの下に、大金や大権等を持って来れれば大成功!等の

酷く、未熟で劣悪な精神文化のまま・・・なら、人類滅亡が漏れなくやって来てしまう事に成る」のだから、

「物質文明側の進歩・進化相応に、精神文化側を進歩・進化させない事」は

「本当に、酷く、劣悪で、自虐的な事に成る」。

「技術や物質文明製品等を、大金や大権に替えて、其れを基に、他者支配や他者による被支配に邁進する様では、

其の精神構造は、乳幼レベルに他ならなく、

自己健常支配の継続の為に役立てるなら、大金や大権等は、無用の長物に成る」。

「そもそも、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観に没頭し、

死んでしまえば関係無いから、生きている内に存分に快楽や贅沢等々を!

環境問題でも自分が死んでしまえば関係無いから生きている間持てば良い!等々と、

本音では、考え・思い・信じたり、出来てしまっている様なら、

其の様な状態の人間の現実把握能力は極めて劣悪と言わざるを得ない」。

「現実は、人間の誕生・死も細胞レベルの実現象に他ならず、

今、生きている全ての人間たちの細胞レベルの年齢は、皆同じで、他の生命体と共々、約三十数億年とも言われている」。

「丸ごと一人レベルの霊もあの世も在り得る訳も無く、細胞レベルの誕生・死という実態や、

蔡瑁レベルの命の連続性を、必要十分に現実把握出来ているなら、

広義の自分等として認識すべき地球生命体細胞群は、狭義の自分個体無き後も存続し、

其処に存在し続けている細胞群こそが、誰ものあの世でもあり來世でもあり未来でもある」のだから、

「たかだか数十兆の細胞群でしか無い狭義の自分個体の存続が絶たれる事をもって、

人類ダケでも数十兆の数十億倍と成り、他の地球生命体細胞群も含めるなら、其れこそ膨大な数に成る広義の自分でもある細胞群の事を

問題にしない」とは

「天動説の実態把握不足もいい加減にしろ!!!」等の「話しに成る」。

「地球環境問題は、俗に言われている人間の年齢・性別・国籍・人種等々を問わ無い、

人為的につくってしまった重大問題なのだから人為的に解決しなければならない重大問題に他ならない」。

「ここで、現状人間社会・経済システム等と、環境問題の解決との整合性を取る実務を行う」なら

「現状人間社会・経済システムの是正が必需に成っている事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならず、

其の是正の為には、現状人間社会・経済システム等という人類の精神文化製品に対する大衆合意の生み元である、

個々の人間たちの死生観・人生観等の現実との整合性を向上させて行く事が必要に成る事」も

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「上記の様なベースが既に人間世界の裏に在る」のに

「未だに、経済世界大戦の中での活躍や格差容認論や、其れらを道具にした、実質的、政治運動等を、

公共の電波を使って行っている様・・・では、

いったい、どれ程、遅れて事に成るのか!」で

「其の様な実態も解らないなら、劣=おバカと成り、

解っていて行っているなら、悪に成る」。

「劣悪者等を公共の電波上で、蔓延らせ、実質的に、公然化等していても、人間社会に良い実効が出る訳も無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「劣悪者等は、個々の人間たちの精神構造の健常成長を阻害し続ける事が得意」で

「多くの人間たちの精神構造を健常成長させない事により、劣悪者利権の維持~増大を図り続けて来ている」。

「生きている人減は、年齢を問わず、今、この瞬間にも、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら存続している」から

「生まれて来る細胞の刺激等にスポットライトを当てる」なら

「生き生きやウキウキ等々の状態に自らを導く事も容易」に「成っている」。

「自らの精神構造が、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長しようとしている時」に

「比べっこ強い等で其れが、阻害される」と

「本来なら、精神構造の健常成長と共に、生き生きやウキウキ等々出来ていた状態の人間が、

悩ませられる状態に追いやられ易く成り、

悩みは、往々にして、死んで行く細胞や死んだ細胞からの刺激にスポットライトを当てたがる」から

「本来なら生き生き、ウキウキ等々している筈の人間が、

絶望感を増大させられたり、萎縮させられたり、生気を失わさせられたり、等々の状態に追いやられ易く成ってしまう事に成る」。

「精神構造の健常成長を阻害する事」は「重大なる人権侵害に他ならない」が

「比べっこ精神文化強い人間社会では、其れが、当たり前の如く、蔓延れてし待って来ている」。

「其れは、武力比べっこ時代も、経済比べっこ時代も、基本的に同じ事」に「他ならない」。

「経済世界大戦や其の中での大金・大権・大名誉等々や格差等々を実質的に賛美していながら、

差別問題や貧困問題等々で優等生ぶり、正義ぶる事等が出来てしまっている、

厚顔無恥状態の常連出演者等が、如何に、現状の公共の電波上で蔓延っているのか?」は

「多くの視聴者等が良くご存知の通り」だ。

「人類滅亡を避ける為にも、即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「英国EU離脱問題」や「地球環境問題」や「引きこもり問題」等々について、常連出演者等がご都合論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「タイトルで挙げた三問題」は「内実、同じ元凶から発生している問題でもある」が「其処を言わない、言えない」のが

「現状の多くのテレビ常連出演者等やマスコミ常筆等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「判り易い様に、個人レベルの引きこもり問題から其の訳を紐解いて行く」なら、

「現状で引きこもり等として問題扱いされている事の実体」は

「経済戦士として現状適応していない人間たち」に「他ならない」から

「例えば、ほとんど家から出ない状態でも、ネットでデイトレ等を行い、生活費以上を稼げていたりするなら、

引きこもりでは無く、投資家の扱いにされたりする」のが「実態」だ。

「ここで、何故、経済戦士として現状適応していない事が問題扱いされるのか?」等を

「考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、気づく事に成る」のが

「現状人間世界の主流最先端精神文化が経済世界大戦に成っている」等の「現実」だ。

「武力世界大戦が主流最先端精神文化だった時代には、軍人として現状適応する事が強く望まれる男性が非常に多く、

其の現状適応に背く状態に在ったなら問題扱いされたのと同様の事態」が

「現状の引きこもり問題の実体に成る」。

「経済世界大戦の中、移民・難民とは、正当な移民・難民だけでは無く、場合によっては、不当移民・難民までもが、

受入国に在る営利企業等にとって都合の良い、使い勝手の良い、低賃金経済戦士にしてしまい易い存在に他ならない」が

「其の様な低賃金経済戦士を多用すればする程、元々から其の国の中に居る通常賃金経済戦士が経済戦士としての立場を失う事態」も

「発生し易く成る」。

「経済戦士としての立場がより劣位化されて行く事は、現状適応を頑張っている人間たちにとって耐えがたい事にも成り得る」ので

「其の元凶である移民・難民等に対する風当たりや八つ当たり等も次第に強く成り易く成ってしまう」。

「其の結果、時を重ねれば重ねる程、其の国内の雰囲気や治安等も悪化して行く事に成る」ので

「必然的に、現状脱出欲動が蓄積されて行く事に成る」。

「此処で、本当の原因が、上辺の移民・難民にあるのでは無く、経済世界大戦にある」という「現実」を

「十分に大衆周知する情報・教育等が欠如している」なら

「必然的に、現状脱出欲動は移民・難民等を排除等して行く方向に向かって行く事に成る」。

「更に、正当移民・難民と不当移民・難民を区別し、不当に対し得は在るべき差別対応等を施す事」等を

「十分に大衆周知する情報・教育等が欠如している」なら

「益々、移民・難民全体が排除等の対象として扱われ易く成る事に成る」。

「経済世界大戦を続けている結果具現化してしまっている重大なる悪影響」が

「格差であり差別であり、引きこもり問題であり、地球環境の急激な変動」だが、

「其処で、地球環境問題にスポットライトを当てて、其れはヤダから直ちに是正しろ!等と声を上げる人間たちも出る事に成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「地球環境問題を是正しろ!派には、二通りあり、其れら」が、

「経済世界大戦を其のままに地球環境問題だけを是正しろ!派」と

「経済世界大戦自体も止めて地球環境問題を是正しろ!派」に「成っている事」は

「多くの方々が良くご存知の通り」で

「経済世界大戦を其のままに!派は、持続可能な経済世界大戦を訴え」、

「経済世界大戦を止めろ!派は、其の代わりへの言及が足りない場合が多い事」も

「多くの方々が良くご存知の通り」だ。

「其の様な実態の結果としえ、現状対策に忙しい、政界や国家権力者等の側が言う、持続可能な経済世界大戦を!が

現状では、実権を持てているのが実態に成っている」が

「其の実権が続く為には、地球環境の変動等が多くの人間たちが許容可能な範囲に留まっている間まで」という

「重大なる制約が付いている」。

「此処で、多くの人々が気づくべき事」は

「今の内に、経済世界大戦に代わるモノを創造する事が激烈に求められている事に成る事」は

「地球環境の変動速度と、経済世界大戦を少々補正して続ける事による環境変動速度の低下率等から、シュミレーションする」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが良く解る事に成る」。

「経済戦士としての現状適応強い」は

「人権侵害の一つに他ならない」が

「其の辺りの実体を恥じらいも無く無視しながら、

ヘイト・差別問題等で正義ぶるのが得意なのが、多くの常連出演者等の実態」だ。

「戦後日本の異常な現行法上」では、

「日本国・日本国民に対するヘイト・差別等は問題にしない」のに

「主として、朝鮮や中国等に対するヘイト・差別等は、大問題として扱い、

更に、何と!

朝鮮系の人々が多いからか(?)

川崎市では、罰まで付けられる事に成ったのだそうだが、

其れをさも正義であるかの如く、公共の電波上で喧伝等していた常連出演者等とは、

日本国・日本国民に対するヘイト・差別を問題にして来ていない者たちでもある」。

「ヘイト・差別問題を言う前には、正当・不当の区別が必要で、先ずは其処を言うべきである事」は

「移民・難民問題等と同じ事」で

「正当な在日外国人等に対するヘイトや差別は明らかに不当に成る」が

「不当な在日外国人等に対する応分の差別対応等なら、逆に、其れを無くしてしまう方が、遥かに危険で、自虐的な事に成る」。

「例えば、非人道的なスパイ・工作活動等を行っている反日他国の在日工作員等に対してもヘイトや差別を許さないなら、

其の実体は非人道的なスパイ・工作活動等の支援等に成ってしまう」のだから

「正当・不当の区別の徹底」や「何を正当とし、何を不当とするのか?の社会的合意の形成等」は

「ヘイト・差別等を悪戯に禁じる前に、行っておかなければならない事に他ならず、

其の為に有益に成る情報配信をしているべき立場に在るのが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事をしている者たち等の実態」だ。

「例えば、

芸術の仮面を被った日本ヘイト・日本差別運動等の問題は、問題にせず、むしろ、表現の自由を守れ!等と実質、応援し、

許可を取り、デモとして行っている非人道的なスパイ・工作活動等を行っている在日反日黒人等を排除せよ!等のデモが罪にされる」なら

「其れは、日本国・日本国民にとっての自虐を法で決め、取り締まっている実態を持っている事に成ってしまう」が

「其の様な実態を露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ常連出演者等やマスコミ常筆等や学校教育者等の実態だったりもしている」のだから

「其の辺りの是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現政権に対して悪イメージを付ける情報配信」等も

「忘れていなかった」のが「本日のサンデーモーニングだった」が

「小問題の大問題化を連綿と続ける事で、現政権に悪イメージをもたせて、

反対、もしくは、審議拒否野党等を有利にしよう・・・等としている様相」の

「公共の電波を使った政治運動等の政治的不中立性・不当性等はもはや、明らか」だから、

「其れに、共感等させられてしまう視聴者等の数もどんどん減って来ているのが実態」で

「更に、其の様な不当差別・ヘイト等は、いい加減に止めるべき、辞めさせられるべきで、

公共の電波を使った、大々的なヘイト・差別等の重大問題は、特定地域でのデモ等の上の差別・ヘイト等の問題より遥かに重大で、

罰が必要に成るなら、大きな罰が与えられても当然に成る」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「未だに、散々の劣悪実態を露呈し続けて来ている、反対、もしくは、審議拒否野党等を{育てる}事に、

賛同出来る有権者の数も多い訳も無く、

自民党内で、反対、もしくは、審議拒否野党寄りの者に、大きな実権を持たせる事を是とする有権者の数も多い訳も無い」が

「其れらの事でさえも、恥じらいも無く、優等生ぶり、正義ぶり、公共の電波上で喧伝等出来てしまっている」のが

「現状のテレビ常連出演者等の実態」で

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本国・多くの日本国民が望んでいる」のは

「日本国・多くの日本国民を細らせる反面で、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も不含む)等を太らせる政治等の再来」では、

「断じて無い」。

「政権交代するなら、現政権より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策を実行する政権に!」であり、

「其れが無い」なら「小問題等が露呈させられ続けていても、仕方無く、現政権等を選ぶしか無く成っている」のが

「実態」で

「小問題の大問題化による自虐事態の具現化の再来は、ほとんどの有権者が、二度と行う訳の無い自虐」等として

「重々、理解・把握・認識等出来ている」のが「現実」だ。

「選挙も無いから実権者等人脈の交代も不十分なテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の

大衆民意からの乖離ぶりは、本当に、酷く、是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「経済世界大戦の代わりについても、少々、減給しておく事にする」なら

「人類誰もの自分の実体と其の実体の根本的目的である存続~永続との整合性を取る事により、

より性能の良い精神文化の構築が可能に成り、経済世界大戦精神文化との入れ替えも可能に成る事に成る」。

「大局的な事は、以前の記事に記した」ので

「此処では、人類誰もの狭義の自分レベルの内実から、話しを進める事にする」。

「人減の意識が丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる事は、誰もが実感し、理解・把握等出来ている事に他ならない」が

「では、人間の無意識では、どんな事が起こっているのだろうか?」

「生きている人間の内部」では、

「今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死の繰り返しや、

代謝物・有害物の排除や、

有害他生物や異常細胞等との戦い」等が

「行われている」。

「其の実態は、適材適所化による構築度アップに成っている」。

「細胞レベルの誕生・死の刺激」が「生き生きやウキウキ等々や、苦悩や重圧等々」として

「意識を底から刺激し続けている事」は

「以前にも、記した」。

「誕生・死の刺激」は「善・悪の感覚や考え・思いの素にも成っている」。

「生まれて来る健常細胞の刺激」は「愛や楽しみの素と成り」、

「生まれて来る不健常細胞の刺激」は「怒りや、憎しみの素に成り」、

「死んで行く細胞の刺激」は「悲しみや哀れみの素に成り」、

「死んだ細胞による遮断」は「絶望や絶望排除欲の素に成る」。

「生体として存続し続ける為には、呼吸と食も必要に成る」が

「酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する事による、適材適所化」と

「食べたモノを分解・消化・吸収し、代謝して不要に成ったモノや、有害物や排除の為に殺し分解した有害生物・異形細胞等の残骸等を

排除する事による適材適所化」が

「行われている」。

「其れら、細胞レベルでの適材適所化の刺激・信号等」が「無意識の底に在り」、

「其の刺激群から、特定の刺激群の情報を大きく、重く、扱う事により、人間の行動も誘われている」。

「お腹が空くと、食欲が出、其の為に必要になる行動が誘われる」し

「走ったりして、より多くの酸素が必要な状態に成ると、呼吸の回数も深さも増し、心臓もより早く、大きく、働く様に成る事」等が、

「其の実例に成る」。

「無意識からの要求に、より効率良く、狭義の自分個体の行動等を適応させるべく工夫をするところが、

多数の神経の先が集約されている数多い細胞群の脳内で、主として具現化している意識で、

狭義の自分個体の意識の根本的役割りが、自己健常制御に成る事は、

上記の様な実態から、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「細胞群としての命の連続性は、狭義の自分個体だけに留まらず、地球上の全ての生物に繋がっている」が

「其の十分な理解・把握・自覚・実感等が無い場合、狭義の自分個体だけに、意識は使われてしまい易く成る」のは、

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「狭義の自分ダケに狭く閉じた状態」で

「意識が使われ、更に、誕生・死の実態が細胞レベルの実現象である意識も持てていない古の人間たち等の状態」では

「細胞レベルの喜怒哀楽等の素に成る刺激も丸ごと一人レベルで捉えられ、

自分や他人等々に丸ごと一人レベルで投影・転嫁等され、

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観も必然的に構築され易く成る」。

「其の死生観・人生観に基づいて、

無意識からの要求が意識内で加工され、其の加工された実態に基づいて具体的な行動等が起こされる状態に

成り易く成る」。

「例えば、

無意識からの要求が有害物等を排除する為に必要なエネルギーを取り込め!」等と「成っていて」、

「其れが、意識上で、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上で加工される」なら

「身の回りに在る環境次第」では

「他人という有害物を丸ごと一人レベルで排除して必要な食やエネルギ―等を得る」という「具体的な行動に成ってしまう事もあり得る事に成る」。

「其れが人間集団としての合意に成る」なら

「容易に、戦争の元に成る事に成る」。

「有害生物等に対する細胞レベルの殺欲動の信号」を

「意識内で偏重し、其れを丸ごと一人レベルで、自分や他人に被せる」なら

「丸ごと一人の自殺や殺人の欲動と成り、其の欲動に基づいて、行動を具現化してしまう」なら

「実際に、丸ごと一人の自殺も殺人も起こされてしまう事に成ってしまう」が

「大元が、細胞レベルの欲動である現実に十分に気付き、殺すべきモノの実体を探究する」なら

「丸ごと一人の自殺や殺人等の不合理性やバカらしさ等々も良く感じられる様に成り、

問題の自虐無き解決が誘われる事に成る」。

「細胞レベルとの整合性を取って、問題処理に当たるなら、自虐が避け易く成る」のだから

「多くの人間たちが自分の実体として、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している事も、

狭義の自分も広義の自分も、広義の自分の根本的目的も、十分に理解・把握する」なら

「より現実との整合性が高い死生観を持つ様に成り、

より自虐度の低い人生観を持つ様に成る」。

「狭義の自分個体や其の家族・友人・子孫・先祖等々を他の人類に過剰偏重させたり、

過分な物事等で狭義の自分を満たす事等が人生の成功に成り得る訳も無く、

其の様な事は、人間同士のトラブルの基に成り得る事」等も

「当たり前に、理解・把握出来る様に成り」、

「其れが、広義の自分の根本的目的である存続~永続を大きく阻害する悪事である事」等にも

「容易に気付ける様に成る」。

「多くの人間たちが、広義の自分の快適存続を目指すなら、経済比べっこや武力比べっこ等の自虐のバカらしさも

良く、大衆認識される事に成る」から

「必然的に、

武力比べっこはもちろん、

経済比べっこの極致である経済世界大戦は終戦する、させるべきと考え・思い・実践する人間たちの数が増える事に成る」。

「重要な事が人類誰もも含む、広義の自分の快適存続である事の認識が十分に広がる」なら

「経済比べっこ抜きの劣悪環境の改善も当たり前に成る」。

「多くの個々の人間たちが、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

自らの精神構造を健常成長させる事により、其の集大成として人間社会の精神文化も

比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと必然的に健常進歩・正常進化させられる事に成り、

経済世界大戦の代わりの新世代精神文化も必然的に生まれる事に成る」。

「現状で、真っ先に、是正すべき事」は

「狭義の自分の精神構造の健常成長を阻害している重大なる人権侵害を止めさせる事」であり、

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ情報・教育等の圧倒的不足を是正する事」だ。

「今時の人間なら、世界中の何処の誰でもが、より優位な立場を持っている者なら尚更、

意識的かつ積極的に行うべき精神文化側の実務が其処に在る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「地球環境問題を是正しろ~!」訴えは容易いが「どうすれば良いのか?は何処にある?」・・・。

『「自分の実体や其の実体の根本的目的も???の様相」で「現状人間社会がどの様な精神文化を基に動かされているのか?等も???の様相の人間たち」が

「先ず行うべき事」は

「自分の実体把握や其の実体の根本的目的を理解・把握した上」で

「現状人間社会の精神文化の実体を知り、其の精神文化故に起こってしまって来ている自虐事態に対する

具体的是正法等を考え出し、実行する事」に「成る」。

「米国大統領と北欧少女のSNS合戦」は「エンタ等としてなら、オモシロイかも知れない」し

「COP25等の現状権力者たち等による現状対策」も「必要な事には違い無い」が

「其れらが、問題の本当の解決に直結している訳では無い事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現状対策と共に行うべき源流対策抜き」では

「結果は既に、決まっている様なモノ」で

「経済世界大戦に勝者が無い事」は

「武力世界大戦に本当の勝者が無く、武力世界大戦自体が繰り返せない事が突き付けられた事」等からも、

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「武力{世界}大戦は原爆の実用~複数国の核兵器保有まで至った後、

二度と行えない事を、

其れこそ国家権力者等も含む世界中の何処の誰でもが判った様な状態に成った」が

「経済世界大戦が二度と行えない事を、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判った様な状態に成る為に、

徹底した環境変動や生物絶滅等を必要としている」なら

「多くの人間たちが世{界大戦精神文化の実用と其の結果}という実歴史からロクに学んでいない事に成る」。

「実歴史からちゃんと学んでいるなら、経済世界大戦を一刻も早く終わらせるべく、

本気で、{終戦工作}等を行っているのが当たり前に成る」が

「現状では、温暖化ガスや廃プラスチック等々、露呈度が高い問題の極一部について、其れらを抑えましょう!程度」だから、

「問題解決の本気度が大いに疑われて当然」で

「本気に成れない人間たちの中に在る」のが

「現状利権である事も既に、バレバレ状態に成っている」から

「行くところまで行ってしまった後でも、其のかなり前でも、

経済世界大戦が終戦した後に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在が其処に在る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「武力世界大戦では、敗戦国とされた方の中から戦犯が選出された」が

「経済世界大戦では、負けるのは人類に成る」ので

「国籍・人種・民族・性別等々を問わず、

経済世界大戦で多大なダメージを地球環境や他人も含む地球上の生物にもたらした者や其の大いなる協力者等」が

「戦犯として、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」。

「上記の様な実態が既に判っている」のに

「未だに、大金持ち賛美や大金・大権憧れ等々を煽っている、テレビ・映画・マスコミ等々や学校教育等々」とは、

「本当に、時代錯誤の激しい、酷く遅れた、醜悪で劣悪な、精神文化製品や其の実用者たち等に成る」。

「政治家や国家権力者等は、現状対策として、現状でより優位な状態を自国や自国民にもたらす為に動いている」が

「現状対策ダケに頼って、現実対策、源流対策の為に必要に成っている、

多くの人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化の為に必要に成る仕事を行わない」のは

「明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「現状対策に忙しい、政治家や国家権力者等にクレーム等を付けている暇がある」なら

「より自由度が高い立場を活かして、現実対策、源流対策の為に役立つ仕事をするべきである事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「大衆民意が進歩・進化する」なら「必然的に、政治も国家体制等々も進歩・進化せざるを得なく成る」。

「政治家や国家権力者等に依存した状態では、依存の分だけ、政治家や国家権力者等がより強大な力を保有出来てしまう事に成ってしまう」。

「実体を知るなら、

生きている一人の人間個体である狭義の自分は、

世界中の何処の誰でもが、

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している、

何十兆か(生きているモノだけにするのか、死んだ細胞も含めるのか、等々、細胞数の数え方による)の細胞群に他ならない」。

「其の中の特定の人間個体に過分で過大な実権等を与えてしまう事自体が、

既に、人類誰もの自分の実体との強大な乖離を要求している事に成り、

其の強大な乖離が人間個体内に余分で過大なストレス等として反映され易く成ってしまっている実態」は

「より過分で過大な実権等を保持出来てしまっている国々の国民等の実態からも、良く判る」。

「根本的人権」として

「個々の狭義の自分、人間個体の精神構造を健常成長させる権利が無くては成らない」が

「未だに、国連等でも、この根本的人権への言及が無い」のだから

「本当に、どれだけ遅れ過ぎているのか!!」で

「この様な怒りこそが、現状の実権者たち等に投げかけられているべき怒りに成る」。

「温暖化を何とかしろ~!」では

「あなたたちも、温暖化させながら実運用されているこの人間社会内で多大なメリットを享受しているじゃなにの・・・

少しづつ改善させて行くから、其れに協力してね!」等と

「返されても、ある意味、当然に成ってしまう」が

「基本的人権等の訴え」は

「現状で明らかに不足している要素の指摘に他ならず、

多くの人間たちが同意するなら、是正措置が取られて当たり前の事に成る」。

「地球環境問題や格差問題等々の解決の為」にも

「個々の人間の精神構造の健常成長を阻害させてはいけない」等の

「世界中で有効にされる人権法案でも創るべき」で

「其れに、違反している国々や国家指導者等に対しては、応分の制裁が与えられて当然に成る」。

「この基本的人権から検証する」なら

「乳幼レベルの比べっこから、成人レベルの本質・快適探究への、個々の人間の精神構造の健常成長を

実質的に、阻害している、情報・教育や人間社会・経済システム等の

非人道性は明らかに成り、

其処を是正するなら、経済世界大戦も終戦させられる事に成る」。

「其の様な流れで、経済世界大戦を終戦させて行く」なら

「個々の人間たちの快適成長や快適生活等々が担保されて行く事に成る」ので

「経済比べっこによる荒い先駆者争いや乱獲・乱開発・過剰生産・過剰消費等々も、必然的に、激減する事に成る」。

「環境破壊等々を行くところまで行かせてしまったが故に、どうしようも無く成って、経済世界大戦も止めざるを得なく成る」のと

「上記のパターン」の

「どちらが、より好適に成るのか?」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「未だに、比べっこ強い・煽りや、金権・大権賛美等々を主に情報配信等している、

テレビ・ラジオ・映画・小説・アニメ・漫画・音楽・絵画等々の

精神文化製品としての性能の悪さ」等も「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「天動説レベル、精神文化側の産業革命前の、今時としては、性能の悪過ぎる、清貧文化製品群の実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的は地球生命体細胞群としての存続~永続に他ならず、

其の為に必要に成っている事は、地球生命体細胞群の成長で、

地球生命体細胞群が成長するなら、必然的に、地球外の本格利用も必要に成る」。

「では、何故、地球生命体細胞群が、生命体として成長し続ける必要があるのか?」

「其の答」は

「宇宙の終極時までに、他の宇宙の生命体と共に、必要十分な大きさを持つ状態にまで成長し、適材適所化する事により、

宇宙の再生を実現可能にする為」等に「成る」。

「時間要素と空間要素が割れる事によりインフレーションと成り、其の後ビッグバンが起きて、・・・現状に至っているのが、

今の宇宙の実態だが、

この宇宙自体は時間要素と空間要素が再び一体化する様に物理崩壊し続けている」。

「其の物理崩壊の変化が、時間の進行に成っている」。

「物理崩壊し続けて来ている宇宙の中で、生物は其の構築度を上げる事により物理崩壊とは違う動きを具現化し、存続して来ている」。

「この生物の物理崩壊とは違う動きこそが、時空を割る事に直結している」ので、

「宇宙の終極時に、全生物が完全に無くなってしまった物理宇宙状態に成る」なら

「時空は完全に一体化して、

時間も完全に止まり、

全ての変化も許されない、大きさも、エネルギーも、質量も意味を持ち得無い、完全無の状態と成り、

宇宙自体が死ぬ事に成る」。

「宇宙の終極時に必要十分な生物要素が残り、其れが適材適所状態に在るなら、またまたインフレーションが起きる事に成り、

其の繰り返しにより、宇宙の永続も可能に成る」。

「更に、生命体が宇宙の子造りを実行出来る様に成長する」なら

「其れこそ、無限の広がりも得られる事に成る」。

「ここで忘れてはいけない事」は

「時空が完全に一体化してしまうなら、大きさも、エネルギーも、質量も、実質、無に成ってしまう」が

「其の方向に向かっている間は、其れらも有効常態に在る事」だ。

「この事から、現状で、極小空間内で時空一体化方向に導く装置を作り、其の中に、時空割れに必要に成る生物要素を入れる」なら

「プチインフレーション~ビックバン破壊兵器が作れてしまう事」も

「解る筈」だ。

「プチには、プチに成る訳がちゃんと在り、

宇宙の終極時までには、生命体の大きさ等も相応に大きくしておく必要がある」ので、

「地球生命体細胞群にも生命体としての成長が望まれているのが現実」だ。

「機械の中に、特定国一部の人間の意志等を残す方向に向かう」なら

「そんな生命体細胞群が在っても役に立たない、ばかりか、害や邪魔になる可能性の方が圧倒的に大きい」ので

「プチインフレーション~ビックバン破壊兵器等により、地球ごと消滅させ、他を開拓等する事が合理的に成ってしまう」。

「上記の大局的意味から」も

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群を健常成長させる事」は「基本中の基本に成る」。

「人間同士で、比べっこによる支配権/被支配権争い等を行っていても、大勢に影響が無い時代は、既に、終わっている」。

「広義の自分の健常成長や存続~永続に対して、自虐に成る者・物・事等に是正が求められる」のは

「極めて当たり前の事に成る」。

「現状の多くのテレビ・ラジオ番組や映画やアニメやマスコミや小説や音楽や絵画等々や学校教育等々の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観等や、宗教等には、歴史文化遺産の座が相応しい」。

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる、意識」と

「今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している、生きている一人の人間の実態」の

「両方をちゃんと実用した死生観・人生観等をもっていて当たり前に成っている」のが

「今時の人間たちの実態」だ。

「細胞レベルの誕生・死という実態をちゃんと理解・把握等している」なら

「今、この瞬間にも実体験している死自体を恐れる必要が全く無い状態に成っている」のが

「当然に成る」。

「丸ごと一人レベルの霊やあの世等は、必要無く成り、

現実には在り得無い事も、良く解っていて当然に成る」。

「今、この瞬間にも、多数が死んでいる、細胞ごとの霊を考える事の不必要性等も良く実感出来る筈」だ。

「丸ごと一人の死生観だった古の人々は、丸ごと一人の死生観だったが故に、霊という概念も必要に成っていたのが、現実」で

「其れが、歴史文化遺産に成る事も良く解る筈」だ。

「丸ごと一人の死生観・人生観等なら、必然的に、身近な人間たち等を重用したく成り、

血統家族主義や民族主義や人種主義等々も生み出し易くなる」が

「細胞レベルで命の連続性を辿るなら、其れが地球上の全ての生物に繋がっている事の理解・把握も容易に成り、

其れが、広義の自分に他ならない事も良く解るように成る」。

「丸ごと一人レベルだけ」なら、

「狭義の自分と身近な人間たち等を重用する、させる事が成功の人生!」等と

「本気で考え・思い易く成れてしまう」が、

「細胞レベルも実用で広義の自分を理解・把握しているなら、其の中のホンの数十兆かの細胞群×人数分を偏重する事の

馬鹿らしさや実体乖離ぶり等々も、良く解る事に成る」。

「丸ごと一人レベルだけ」なら

「比べっこに邁進し続けていたくも成ってしまい易い」が

「細胞レベルも実用なら、細胞ごとの比べっこより、細胞群の快適探究に成り易い事」も

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「人減個体の精神構造(自己制御ロジック)は、

乳用期には比べっこによる支配権(乳房等)/被支配権(親や兄弟姉妹や大人等からの愛)争いであって当然に成る」が

「成長と共に、本質・快適を探究する様に、健常進歩・正常進化しようとしているのが通常」だ。

「そんな元々は健常状態に在る個々の人間たちに対して、

人間社会側から比べっこ強いの圧力が加え続けられる、重大な人権侵害がまかり通る」と

「武力による命がけの比べっこ時代には、戦争と成ってしまい」、

「経済による比べっこ時代には、経済戦争と成ってしまう」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」が

「其れらが自虐でしか無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「自虐を一刻も早く止める為にも、精神文化製品側の産業革命を行い、

多くの個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を

天動説・宗教レベルから、地動説・科学レベルに、

健常進歩・正常進化させる事が、極めて重要に成っている」。

「例えば、丸ごと一人レベルだけなら、殺人ドラマ等が当たり前に成る」が

「細胞レベルも実用なら、

{今、この瞬間にも、細胞レベルで死んでいる人間を丸ごと殺すのは、超おバカでしょ!}や

{殺すべきモノの実体を探究し、判明させようとしないのは、古代人レベルでしょ!}

{殺欲動は他の生物を殺して食べる事で存続している人間に殺せる訳も無いけど、

其れを、丸ごと一人レベルで考えたがる意識だけを用いて、他人に投影・転嫁する、

未熟で稚拙で劣悪な殺人欲動にしてしまうなら、そんな自分こそがダメで、

自己承認欲求の本来欲求の充足も出来無くなっちゃう自虐でしょ!}等々が

当たり前と成り、

殺人欲動を殺すドラマが当たり前に成る」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「本来欲求と代償欲求の区別無き、自己承認欲求論」等を公共の電波上で喧伝等していたので本当に呆れたが・・・。

『「自己承認欲求の本来欲求」とは「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続の為」に

「狭義の自分(個々の人間)が実貢献する事により、充足される基本欲動の一つ」だ。

「自己承認欲求の代償欲求」とは「本来欲求の充足不全状態に陥っている者たち等が本来欲求の代わりに追及し易く成っているモノ」で

「当たり前の事だが、代償欲求をどんなに追及して、其の充足に成功したとしても、本来欲求が充足される訳も無いから、

往々にして、代用欲求の追及は肥大化して行く事に成る」。

「具体的に言う」なら

「例えば、自らの精神構造を健常成長させる事が出来た事により、自己承認欲求の本来欲求の充足も可能に成る」が

「其れが阻害され、精神構造の比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常成長を阻害され続けていたりすると、

比べっこレベルのまま自己承認欲求の代償欲求を追及する状態に陥らせられ易く成る」。

「狭義の自分個体の中から狭義の自分個体に対して承認の実感をもたらす」のが

「自己承認欲求の本来欲求充足の実態」だが

「其れが阻害されていると、自分の中で自分を承認する事が出来無いので、

必然的に、他の者・物・事等を利用して、狭義の自分を承認する、させる事に奔走する状態に陥る事に成る」。

「例えば、大金を持ったり、稼いだり、大権を持ったり、取得したり、名誉を得たり、・・・等々する事により、

他の狭義の自分個体からの承認を得ようとしている状態」も

「自己承認欲求の代償欲求を追及している実態に成る」が

「もちろん、其れらの行為は本来欲求の充足に直結していない」から

「どんなに大金・大権・名誉等々が得られても、もっと、もっと、と代償欲求の追及に奔走しがちに成ってしまう状態の狭義の自分個体が、

未だ、多々在る事」は

「現状の人間社会の実態を、冷静に、実体把握するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「言うまでも無く、より重要なのは、本来欲求の充足」で

「代償欲求の追及とは、免疫を養う程度、遊び程度で済む状態こそが、健常状態に成る」。

「では、本来欲求の充足は、具体的にどの様な手段で実現可能に成るのか?」

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」とは

「現状で生きている全ての生命個体の健常存続と健常成長への貢献に他ならない」。

「人類枠で言うなら、狭義の自分個体も他人も含む人間たちの健常な衣・食・住を具現化する仕事を行う事も

自己承認欲求の本来欲求の充足に繋がっている」。

「其の為に、必要に成る、食品等も含む物質文明製品や精神文化製品を、

出来る限り、他の生命体細胞群に過大な負担を強いずに具現化する事」も

「物質文明製品や精神文化製品自体の性能を上げ続ける事」も

「広義の自分である地球生命体細胞群の住処を宇宙にまで拡げる事を実現可能にして行く事」も

「皆、自己承認欲求の本来欲求の充足に直結している」し

「狭義の自分個体を、頭身体全ての要素で、健常に成長させ続け、存続させ続け、健常に世代交代して行く事」も、

「自己承認欲求の本来欲求の充足に直結している」。

「其れら」と「共」に

「免疫を養う程度、遊び程度の自己不健常制御も必要に成る」ので

「例えば、多くの人類、狭義の自分個体の代償欲求追及の受け皿にも成る、

投影・転嫁・同一視ゲーム、スポーツ・芸能・芸術等々の精神文化製品の具現化への貢献」や

「其の精神文化製品の性能を高め続けて行く事への貢献」も

「自己承認欲求の本来欲求に繋がり得る事に成る」。

「其処で気を付けるべき」は

「往々にして、現状利権の追及が主とされ、

健常成長や製品自体の性能の向上が阻害され易く成ってしまう事」で

「本来欲求と代用欲求の区別無き現実離れした世界」では

「現状利権の追及故に、健常成長や製品自体の性能向上を阻害していても、

例えば、多くの他人から認められていると{考え・思え・信じる}事等が出来てしまう状態が在るなら、

代償欲求過剰追及状態なのに、自己承認欲求が充足されている等と、{考え・思え・信じ}たり、してしまう事」も

「可能に成ってしまう事」だ。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な状態で{考え・思え・信じ}たりする、している事の実体」は、

「元来、丸ごと一人レベルの天動説状態に成り易い自分の意識上」で、

「既に判明している実体・実態より、狭義の自分の意識上での考え・思い・信じ等を重用している、宗教信者的状態」に

「他ならない」。

「同様の宗教信者同士が、お互いを認め合う事をどんなに行い続けていても、根本的な現実離れが解消する訳も無い」ので

「其の様な宗教信者状態の者たち等が蔓延る」と

「実際の人間社会も、地球環境も、どんどん現実離れを基にした実質的、悪行動等の積み重ね故に、悪化して行く事に成り、

現状までの実態が、正に、其の通りに成ってしまっている事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、歴史や今の現実を直視するなら、直にでも分る事に成る」。

「未だに、精神文化製品の一つである、テレビ番組や番組内での発言内容等の健常進歩・正常進化を不十分にする事により、

現状での利権の維持~増大等を画策し続けている実態を露呈し続けている者たち等」の

「根本的悪質性」は「もはや、言うまでも無い事」に「成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自己承認欲求を言うなら、本来欲求と代償欲求の区別を言わなければ、ダメ」だ。

「其れは、移民・難民・差別等の問題で、不当移民・難民・差別と正当移民・難民・差別をごちゃ混ぜにしている様な事でもあり、

正当な悪差別無き世界では、悪が不当に太り易く成ってしまう事からも、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の健常存続~永続の為に、

もはや、絶対に、公共の電波上等で、公然化等させてはいけない情報配信内実でもある」』。

『「大きなコンクリートブロック等を利用したトリックアート」は

「特定の見る角度でのみ、其のトリックが成立する」が

「特定の角度からしか見ない、見れないで、実際に、現状に在る悪状態を公然化させようとする事」も

「現状利権を得ている者の優位性を維持~増大させる為の視聴者煽り、マインドコントロール等の実体を

露営している情報配信内実にも成ってしまっている」。

「該当トリックアート自体は、健常範囲の免疫を養う程度、遊び程度の、代償欲求追及の受け皿製品」でも、

「其れをダシにした情報配信内実」が「実質、利悪」では「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「商業スポーツ一流選手等が、自らを其のスポーツ内実にとってより高い性能を発揮出来る頭身体状態に成長させて行く事により、

自らの頭身体の成長で、自己承認欲求の本来欲求の充足と重なる健常な部分から、自己承認の実感を得ている事」は

「想像に難く無い」が

「周囲からの評価や賛美や大金や名誉等々によって、自己承認欲求の本来欲求が充足される訳も無く」、

「周囲かあの評価や賛美や大金や名誉等々は、

自己承認欲求の代償欲求を追及している、其れらを与えている、与える事を是としている狭義の自分個体の人間たちにとっての、

代償欲求の追及をより容易にする為の{道具}に他ならない」。

「其の{道具}を、他の狭義の自分個体や人間社会状態や地球環境状態等々を過剰に圧迫する程、大きくする事」は

「明らかに、不健常に成り、其の不健常利権や其れと同様の利権を追及しがちになる狭義の自分個体の人間たちを

大漁に生み出し易くしてしまう悪の実効まである」のだから

「其の辺りが、是正されて行く事には、相応の必然性がある事に成る」。

「スポーツ・芸能・芸術等々は、健常範囲、免疫を養う程度、遊び程度に行ったり、

多くの人々の健常範囲の投影・転嫁・同一視先に成る為に、本気で行ったり、する事」が

「合理的に成る」が

「性能向上も必需に成っている」。

「テレビ番組等も同じ事で、性能の向上が必需」だ。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「どんなに、トリックアート等で他の物に見える様にしても、大きなコンクリートブロックという実体は変わり得無い」。

「テレビ番組でも、どんなに、好感度を上げたり、共感を煽ったり等々しても、其の内実が、比べっこ強いや現状利権の維持~増大等々で、

今時に必要十分レベルの、精神文化製品としての健常進歩・正常進化を怠っている」なら

「其の実体は、廃墟(用無し)と成ったところのコンクリートブロックみたいなモノ」だ。

「特定の角度から見るなら、他の物に見えるから、其処からダケ見てね!強い状態」では

「今時、公共の電波を使って大々的に情報配信する内実としては、明らかに、不適切で、性能不足に成る」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等での、情報配信・教育内実の性能が悪い」と

「自虐行動に陥り易く成ったり、

現状脱出欲動を暴発させ易く成ってしまったり、

詐欺等に騙され易く成ってしまったり、する人間たちの数も増えてしまう事に成る」。

「自分や人生や誕生・死の実体等々の本質探究や

善悪・正当不当区別をちゃんと行った先での差別・移民・難民論等が

当たり前に情報配信・教育等されている状態の先」では

「自虐行動や現状脱出欲動の暴発等は抑制され易く成り、

詐欺を行って自己承認欲求の本来欲求の充足を出来なくする道を選択せざるを得ない状態下に追い込まれる人々も激減させられる事に成り、

詐欺自体も成立し難く成る」。

「其の方向に繋がる情報配信が出来ていてこそ、今時として、普通のテレビ番組に成る」。

「一つの実質的、詐欺・詐取等の実態を紹介する事により、注意喚起等するダケ」では

「同様の新たな事件等が激減する訳も無い」。

「金銭詐欺・詐取等の多く」は

「広義の自分の根本的目的は何処へやら、

他者支配・他者による被支配という自己健常支配の代償欲求の過剰追及状態に在る、追いやられている、

人間たちが勝手に与えているダケの多大な金権という便利な{道具}の先で、具現化している」。

「金権自体が、地球生命体細胞群の健常存続との整合性が取れている健常な情愛に成っている」なら

「自虐に成る、金銭詐欺・詐取等も必然的に、在っても、免疫を養う程度、遊び程度に成り易く、全体としては激減する事に成る」。

「人間社会状態も、広義の自分の健常存続~永続と整合性を高めて行くなら、必然的に、世界平和状態に成る」。

「其の方向に向かう為に有益になる情報・教育等が出来ていてこそ、仕事」であり、

「其れを阻害している状態なら、仕事では無く、破壊・妨害行為等に成る」。

「破壊・妨害行為に相応しいのは、罪と罰であり、断じて、過分な立場・権力・報酬等では無い」』。

『「人間社会状態や地球環境が余りにも酷く成ってしまう前に、

プチインフレーション~ビックバン破壊兵器が実用される前」に

「多くの人間たちの精神構造を必要十分に健常成長・正常進化させる事が必需に成っている現状」で

「未だに、旧態依然とした、天動説レベル、精神文化製品側の産業革命前の、精神文化製品状態である事」は、

「本当に、酷く、劣悪に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「煽り運転厳罰化問題」等を常連出演者等が喧伝等していたが・・・。

『「厳罰化による抑止効果」という「{成功}体験」が「飲酒運転厳罰化」等で「得られているから」か、

「煽り運転も厳罰化される事に成ったのか?」と「思った」が

「実際は、煽り運転自体を取り締まる法が無かったから」らしい。

「法整備だけでは無く、警察による取り締まりも・・・等と体制整備も訴えていた事は良い」が、

「この手の法・体制の不備」は

「日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等に対しても在る」のに、

「せっかくのこの機会に、煽り運転より遥かに深刻度が高い、其の法・体勢の不備の問題を全然言わないところ」からも

「常連出演者等の実体等が良く判る事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている反日他国等のお仲間人脈等」なら

「非人道的なスパイ・工作活動等のターゲットから外されている可能性も高く、其れ故に、工作活動被害の実感も薄いから、

公共の電波を使う仕事や公共レベルのマスコミの仕事等をしていても、黙殺・圧殺状態」では、

「いったい何処の誰の為に仕事をしているのか!」等も

「もはや、言うまでも無い事に成り、其の様な状態を露呈している者たち等が、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等優位な立場で、優等生ぶり正義ぶる事等により、過分な報酬や有名人利権等まで得ている状態を

パワハラ的に押し付けられ続けている多くの一般市民の中では、

煽り運転等の原因にも成り得ている、余分なストレスがまたまた増大しているのでは・・・」等と

「感じたり、思えたり、してしまった視聴者の数も結構多かったと思える」。

「当面の現状対策としての厳罰化や法整備不備是正はもちろん必要」だが

「もっと大事な事が源流対策である事は、言うまでも無い事」で

「煽り運転も、多くの殺傷事件等も、

大元には、

個々の人間たちの精神構造の健常成長の阻害と、

自己に対する理解・把握不足と、

自己健常支配の未熟と

余分で不当なストレスが、人間社会の精神文化や他人や格差・差別等々から、実質的に、押し付けられているが故の圧迫等が

在る」のだから、

「法・体制整備等々の現状対策と共に、源流対策をする、させる為に役立つ情報配信を行っているべき」なのが

「今時の、本来の、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「現状までが、余りにも、酷い状態である事」は「多くの視聴者・読者等も、既に良く判っている事」なのだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「未だに、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化を

教えていない学校教育や、大喧伝等していないテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に、酷く劣悪に成る」。

「個々の人間たちの自分の実体や其の実体の根本的目的等を教えたり、情報配信していない、

学校教育もテレビ・ラジオ・マスコミ等も、本当に、酷く劣悪に成る」。

「多くの人間たちが、自分の実体や其の実体の根本的目的等を十分に理解・把握し、

人間社会も其の根本的目的との整合性が高い状態に保たれ、

それぞれの個々の人間たちが、

本来欲求である自己確認欲を健常に充足させる事が出来る状態に成っている」なら

「わからないまま、ため込んで、ため込めさせられてしまった、

自らの実体や其の実体の根本的目的から乖離している、させられているが故の、

不当で余分なストレスの増大故に、

煽り運転や殺傷事件等々、他の者・物・事等に対する八つ当たり等を行う事により、

自らの現状から脱出する、させる道を選択する、してしまう、させられてしまう人間たちの数」も

「激減する事に成る」。

「其の健常な方向に向かう為に必要に成っている情報・教育等を、

立場があるのに、未だに行っていない者たち等」は

「本当に、どうかしている」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「前の記事の宇宙論等は、壮大過ぎて、まるで意味が無い様にも思えてしまっている人々も居る様だが、

冷静に、少し考えるなら、其処に、プチインフレーション~ビックバン破壊兵器の設計ロジックが露呈させられている事にも気づく筈」だ。

「終極的には、平衡化し時間要素と空間要素が一体化する事により時間が止まり変化も許されない絶対安定状態=無に帰そうとする」のが、

「宇宙物理崩壊の実態」だが

「其れを極小単位で実現させる」なら

「時空の浮袋が出来上がる事に成る」。

「無に帰そうとしている宇宙物理崩壊に生物要素が加わる」と

「無に帰す時に生物要素故の時空割れが生じる事に成り、インフレーション~ビッグバン等が具現化する事に成る」。

「其れを、極小単位で具現化する事が出来る様にするのが、プチインフレーション~ビッグバン兵器の実態に成る」。

「もちろん、其れが実用されるなら、地球程度は容易に消滅する、させられる事に成る」。

「人類が広義の自分の根本的役割りを放棄し自虐事態に走り続け、

機械に意思を残すレベルの状態、或いは、其れ以前までしか達する事が出来ない」なら

「地球生命体細胞群による宇宙の子造りや再生への貢献は期待出来得無い、ばかりか、宇宙に本格進出されても迷惑以外の何モノでも無い」ので

「必然的に、地球消滅等の事態が襲い掛かって来る事に成る」。

「他の宇宙生命体共々、宇宙の子造りや再生への貢献が期待出来る状態に至る、至らせる事が出来る」なら

「地球生命細胞群も、永遠の命の仲間入りが出来る事に成る」。

「以上の補足で、いくらかでも、現実感や切迫感が生まれるなら、良いのだが・・・」。

「何時までも、自分の実体や其の実体の根本的目的さえも十分に理解・把握せず、出来ず、

広義の自分も実感出来ないまま、狭義の自分の意識上ダケで、自我を狭窄させたまま、人類同士で支配権争い等を行い続けている様」では、

「本当に、情けない」。

「人類同士の比べっこ上の優劣など、免疫を養う程度、遊び程度で十分」で

「根本的目的との整合性が高い仕事をしていてこそ、其の狭義の自分個体の人生の価値が出て来る事に成る」。

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続しているのが、今、生きている全ての人間の実態」だ。

「生きている人間なら、誰でも、今、この瞬間にも、

死んだ細胞も死んでいく細胞も、免疫細胞が闘っている害生物も、害物質も、内在している」のだから

「生きて行く事が、大変に感じられたり、思えたり、もするのは、極めて当然の事に他ならない」が

「同時に、生まれて来ている細胞や若く元気の良い状態の細胞も、内在している」から

「ワクワクしたり、ウキウキしたり、元気が出て来たり、もするのも、極めて当たり前の事に他ならない」。

「新たな細胞がどんどん生まれて増えて来ている状態の子どもや若い年代の人々が、元気で、ウキウキし易い」のも

「新たに生まれて来る細胞の数が減って来ている一方で、

有害生物や害物との戦いを、より、合理的に、効率的にこなす単純化による構築度アップの域に達しつつある中高年代の人々が、

落ち着き易い」のも「極めて当たり前の事に成る」。

「狭義の自分を健常に支配し続ける事により、より快適な人生を得ようとする」のが

「健常状態の人間の当たり前に成る」が

「自己健常支配の継続に主として在る」のは

「本質・快適探究」であり

「本来欲求の健常充足」に「成っている」のが「成人の実態」だ。

「比べっこは、乳幼期には合理的に成る、成人としては未熟過ぎる精神構造」だが

「成人でも、時には、比べっこレベルに狭義の自分を退行させる事で、

遊び程度の自己不健常制御等を楽しむ事により、免疫を養い、保ち続ける事は、

健常制御の範囲に成る」し

「自己不健常抜きで、細胞の死や免疫細胞等による戦いや害物排除等の働き等の実感を圧殺し続けると、

其の暴発を誘い易い状態に陥り、自己健常支配が、より困難に、非効率的に成ってしまう」。

「重要な事は、健常支配と不健常制御の割り合いを快適レベル、健常レベルに保つ事」で

「成人なら、本質・快適が主、比べっこは遊び程度が適切に成る」が

「現状では、まるで乳幼児の様に、比べっこが主、本質・快適探究は遊び程度という状態のオトナたちが多い状態」なのだから、

「其の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる実務」が

「もはや、待った無し状態に在る事」は

「昨今の人間社会情勢や地球環境状態等々からも、もはや、明らか」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「ノーベル賞受賞吉野氏の{進歩}スピーチ」等をダシにご都合進歩論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「人減なんて変わらない!等と言う人もいるが、人間は進歩するモノと{思う}旨、喧伝等していた常連出演者等」は

「未だ未だ、今時に必要な情報配信を行えていない、進歩不十分な状態を露呈していた事に成る」。

「未だに、人減は進歩するモノと{思う}ではダメ」で

「実際に、人間はこの様に進歩して来ている」を「言えて普通」に「成り」、

「更に、其の人間の進歩と人類誰もの実体であり広義の自分である地球生命体細胞群の進歩・進化との整合性等を勝たれていて、

ようやく、今時必要に成っている、情報配信内実として、十分に成り得る事に成る」。

「実際に、人間の数が増えて来ている事も進歩の実例に成る」し

「多くの人間たちの精神構造上の進歩を語る事」は、

「例えば、其れこそ、百年くらい前まででは、一人殺せば犯罪者でも百万人殺せば英雄だ!や

侵略~植民地支配出来てこそ一等国だ!等の、

酷く劣悪な考え・思いで、自らの精神構造を満たしていた人間たちが決して少なく無く、

其のバックボーンには、丸ごと一人の死生観・人生観や宗教や武力による命がけの比べっこ等の人間社会の精神文化が在る状態だった」が

「現状では、核兵器等を使うなら、百万人以上でも殺す事が、実現可能に成っていても、

そんな事を行う事が英雄と考え・想う人間たちは極々少数であるばかりか、

実際にそんな事を行ってしまうなら世界中から強烈なダメ出しが出され、

報復核の実用等により先に百万人以上も殺してしまった者たちの方が壊滅させられてしまう状態に成っている」のだから、

「人殺し関連の個々の人間たちの精神構造や其の集大成である人間社会の精神文化には、明らかな進歩が在る事に成る」。

「更に、ここで、先の世界大戦以降の人間社会の精神文化に思いを至らせるなら、

現状までは、正に、経済世界大戦状態で、経済による比べっこ支配権/被支配権争いに熱中している人間たちの精神構造上では、

自らの下に其れこそ、一兆円も集めるなら大成功で、そんな事が出来る者は大英雄等の考え・思い等が蔓延っている場合も多いが、

其の実体は、武力による比べっこ時の百万人殺せば英雄だ!と正に、同様である事」等は、

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「経済による比べっこは経済圧殺も資源の無駄遣いも環境破壊も伴っているし、其れが経済世界大戦レベルに成ってしまっている現状では、

もはや、格差は膨大と成り、格差故の経済圧殺も酷さを増し続け、環境・気候変動等は、限界レベルに達しつつある事等が、

既に、明らかに成って来ている」のだから、

「其の中での、一兆円も集めれば英雄!考え・思い等の酷さや自虐性」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群の進歩・進化の実態は、

蔡瑁レベルで個体数を増し続けながら、~単細胞生物~多細胞生物~多種多様な生物~と進歩・進化して来ている実態からも、

農を持つ生物が生まれ、脳自体も高度化し、地球外の利用も実現可能にする人類の誕生等々の進歩・進化の実態からも、

良く判る」が

「其の根本が目指している事」は「地球生命体細胞群の存続~永続に成っている事」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群が地球と共に滅びて良い存在だった」なら

「地球外の理解・把握の必要も無く、

高度に進歩・進化し続ける科学技術や物質文明も、

其れらの自虐使用を防ぎ突ける為に進歩・進化し続けるべき高度に成って行く精神構造・精神文化も

必要無い事に成る」。

「しかし、実際は、地球生命体細胞群は人類を生み出し、地球外を理解・把握し続け、宇宙への進出を可能にする方向に、

進歩・進化し続けて来ている」。

「何故、根本的生命本能とでも言うべきモノが、其の様な状態を誘っているのか?」

「其の答」は

「生物原理無き宇宙の結末を考える」なら、「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類が高度に進歩・進化し続ける科学技術や物質文明を使って、其の意思ダケを機械の中に封じ込め、

生物としての実体を放棄する事は、原理的に可能に成る」が

「宇宙の全ての生物が、其の様な残り方をした場合、宇宙には、もはや、生物が無い状態に成ってしまう事に成る」。

「生物が存在しない宇宙とは、物理崩壊にヒタスラ忠実な世界に他ならず、

宇宙の終極である時間要素と空間要素の平衡化合体の後、生物要素無き宇宙に訪れるのは完全停止(宇宙自体の死)に成ってしまう」。

「再生の無い宇宙と成ってしまうなら、生物の意思の先に在るのは永遠の命では無く、死に成ってしまう」ので

「機械に意思ダケを残す道は、生物自体の否定に繋がる自虐にしか成り得無い」。

「では、宇宙の終極時に生物要素が残っているなら、どうなるのか?」

「現宇宙も、時空一体状態が割れる事により誕生している」が

「生物要素が残っていると、時空が一体に成ろうとする終極時に、其れを割る力も働く事に成る」から

「再び、インフレーション~ビッグバン~の歴史を始める事も出来る事に成る」。

「其の繰り返しの先に生み出す事が出来るモノこそが、実現可能な永遠の命に成る」。

「更に、生物要素と時間要素・空間要素を、生物為的に使うなら、現宇宙から宇宙の子を生み出させる事も可能に成る」。

「其れこそ、其の広がりは、正に、無限大と言える状態の構築も可能に成る」。

「上記の様な、基本中の基本のベースと整合性を取りながら、現状までの人類の進歩・進化等を語る」なら

「未だ、未だ、自虐要素が濃く、意思ダケを機械に残す事がセイゼイ・・・により近づいていってしまう状態に近い事」等が

「良く判る事に成る」。

「圧倒的に遅れている、精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化の実現抜き」に

「人類がこの自虐から抜け出す事は不可能」で

「現状で、精神構造・精神文化側の仕事を、優位な立場を持って行っている者たち等が、

未だに、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に有益になる情報・教育等を行っていない、ばかりか、

現状までの既得権益上で更なる、利権の維持~増大等に励み続けている実態」は

「本当に、酷く劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る通り、

人類は他の地球生命体細胞群の生物を植物にしろ、動物にしろ、食する事で、自らの存続を実現し続けて来ている」。

「其処に露呈している事」は

「宇宙に本格進出する為に合理的に成る事」が

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群として進出して行く事である事」だ。

「他の生物を食する為には他の生物を殺す必要がある」ので

「殺欲動自体を無くす事は出来得ない」が

「人類は人類を食べる必要が基本的に無い」ので

「殺人欲動は消し去る事の出来る事に成る」。

「誕生・死の実態は、細胞レベルの実現象に他ならない」から

「丸ごと一人の殺人(自殺も含む)自体、今、この瞬間にも細胞レベルで死を体験している人類誰もの実態との整合性が悪い、

自虐的な事に成る」が

「人減の意識は、丸ごと一人レベルで捉え、考え・思いた・感じたがり、

古の時代には、細胞レベルの誕生・死という実態は、把握不十分だったから、

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観が先ず構築された」のは

「極めて当然の現象に成る」が

「其れダケを偏重使用する」と

「殺しても、死んでも、霊もあの世も生まれ替わりも在る等々とも考え・想えてしまう」ので

「相対的に人命の扱いも軽く成ってしまい」、

「自虐的な殺人・自殺等の欲動も暴発し易く成ってしまう」。

「実際は、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら存続しているのが、生きている人間も含む生物の実態」で

「其処には、丸ごと一人(一個体)レベルの霊もあの世も生まれ替わり等々も在り得る訳も無い」から

「今、生きている内に、出来る限り、個々の人間にしても、其の集大成である人間社会にしても、自虐度を下げる事で、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の快適存続~永続を可能にして行く事こそが、

合理的な行動等に成り、其の方向に、近づいていく事こそが、本来の進歩・進化に成る」。

「上記の根本的な当たり前の現実」の「理解・把握が不十分だと、自虐行動を起こし易く成り、

自虐行動を起こしてしまっているのに、自己承認欲求等を満たそうとすると、

本来欲求が充足出来る訳も無いから、代償欲求の追及に奔走する事に成り、

代償欲求の追及では本来欲求が充足される訳も無いから、

代償欲求の追及行動等は、より肥大化・過激化し易く成ってしまい、

個々の人間たちの過剰過ぎる代償欲求の追及は、

人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の快適存続を大きく損ねる事態を招いてしまい易い」ので

「現状までの、自虐的な人類由来の地球生命体細胞群自虐史が具現化し続けて来ている事に成る」。

「この問題を解決する為に必要に成っている事」が

「其の大元である、個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を急速に健常進歩・正常進化させる事である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「未だに、旧態依然とした情報・教育等を続け、其の上での利権の維持j~増大等を図っている様では・・・」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「新幹線無差別殺傷被告判決問題」や「ノーベル賞問題」等をダシに、常連出演者等がご都合論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「事件等を起こしてしまった被告に対する罰をアレコレ言うダケ」で「何故、其の様な人間が生み出されてしまったのか?等の探究をしないまま・・・」では、

「同様の新たな事件・事故等に対する、十分な防止効果・抑止効果等が生まれる訳も無い」。

「厳罰化や罰の内実を厳しくする事等による{脅し}」で「十分な再発防止が出来る」なら

「とっくの昔に、同様の新たな事件・事故等が激減していて当然に成るlが

「厳罰化や人間社会的圧迫等である程度以上の抑止効果が生まれる」のは

「飲酒運転レベルの問題に成り、

元々が死刑目的の場合さえある、重大犯罪レベルの抑止には直結する訳も無い」。

「其れなのに、常連出演者等は、まるで飲酒運転問題を扱っているかの如く、

重大犯罪である新幹線無差別殺傷事件の被告や判決等の問題に対して、

優等生ぶり、正義ぶり、公共の電波上で喧伝等していた」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「では、そもそも、該当重大事件等を何故、該当被告が起こしてしまったのか?」

「報道内容からすれば、該当被告の成育環境が決して、現状日本社会内で優位な状態では無かった事も判る」し

「該当被告が、相当、悩んでいた実態も判る」。

「ここで問題に成る」のは「該当被告の悩みに対する解決法が、十分に現状までの日本社会の中に在ったのか?」で

「例えば、学校教育上とか、テレビ・マスコミ等の情報上等々に、其の悩みを解決する為に有益に成る情報・教育等が在った」なら

「短絡的に、刑務所で暮らしたい!等の結論を出す事態も防止出来ていた可能性が非常に高く成る事」が

「強く推定出来る」のだから、

「テレビ常連出演者等が、其処に対する反省や是正は何処へやら、厳罰論等々だけを優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等していた実態」の

「実効」が「どの様なモノに成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「実質的には、該当被告と同様の状態に在る者たち等にとっては、相変わらずの、更なるストレス増大情報等にしか成っていない事」が

「容易に推定出来る情報配信を行っているテレビ常連出演者等の実体」は

「意識の有無を問わず、同様の新たな事件・事故等を誘発しようとしている、陰の極悪人等に成る」。

「では、何故、テレビ常連出演者等が、其の様な極悪人状態に陥ってしまっているのか?」

「其処で浮上して来るのが、現状利権に成る」。

「現状までの戦後の多くの国々の社会で、個々の人間たちが強いられ続けて来ている基本精神構造は、

経済による他者との比べっこを行え!に他ならず、

其の結果を反映させる為の便利な道具である大金に憧れろ!であり、

経済比べっこを強い続ける人間社会システムに忠実であれ!等々に成っている」。

「人減の精神構造は、成長と共に、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと成長しようとする」が

「人間社会状態が比べっこ強いに成っている」と

「精神構造の成長が阻害される状態が襲い掛かって来る事に成る」。

「其の、意識の有無を問わない、途轍もないストレスの実体把握も出来ていない状態に陥らされる」と

「必然的に、其の途轍もないストレスを誤魔化し続ける為のヤク等を求め、其れに依存する状態に陥り易く成る」。

「経済比べっこ上で其のヤクの役割りを担っている」のが「金と経済社会内での権力と名誉等々」だ。

「大金と大権と大名誉という依存しがいが大きなヤクを求め続ける中で、小さなヤクを得ながら、

自分を誤魔化し続けて、生き続けている状態の人間たちが、ほとんどに成ってしまっている」が

「当然、其の様な状態にも、格差が在る、ばかりか、元々の差別さえ在るのが、現状人間社会の酷く、劣悪な実態」だ。

「ヤクは、ヤクの出所を問われる事無く、其の大きさにより其の価値が判断され、社会的認知も得られている場合がほとんど」なので、

「産まれながらの大金持ちと、困窮した親の下で産まれた者の間には、産まれながらの絶大なる差別状態が在る事に成る」が

「其の様な{不当差別}も合法とする事により、社会的認知と公然化を行っている」のが

「ほとんどの国々の現行法に成っている」。

「現行法に背くなら、警察等の取り締まり組織等によって摘発され、罪の重さが問われ、ある程度以上の大きな罪と認定されるなら、

刑務所での懲役や余りにも酷い場合には死刑まで{人為的に、与えられる}事に成っている」が

「一般社会内で、安定的に、衣食住を得る事さえもが、困難な状態に追いやられている者たち等にとっては、

安定的な衣食住の在る刑務所内の方が、安定的な衣食住が困難な一般社会内よりマシ!等とも、

考え・思えたりもしてしまう状態が露呈している事に成る」。

「だからと言って、例えば、生活保護等を手厚くしたりするなら、

必死で経済比べっこを行っている者たちの{やる気}を削ぐ事に直結してしまう事にも成り得てしまう」ので

「代理制民主主義上の人間社会内での合意形成により、其のラインも決められて来ている」のが

「戦後日本社会の実態」だ。

「結果、刑務所の方がマシ!いっその事死刑にしてもらった方がマシ!等と考え・想えてしまっている者たち等による、

重大犯罪の連鎖も続いて来てしまっている」のが「実態に成る」。

「上記の様な実態内実の中」で

「是正すべきところが何処にあるのか?」を「見出す事は、それ程難しい事では無い」が

「ヤクを追い求め続けている内」は「ヤク利権を手放す事に対する{絶大なる}抵抗感が働く」ので

「必然的に、根本である、精神構造の健常成長!を訴える事も困難に成り易い」。

「ヤクとのお付き合いは、適当に、本質的には、根本からの快適存続を探究!状態なら、

何の抵抗も無く、精神構造を健常成長させる為に有益になる情報・教育を行うべき!等の結論が出て来る事に成る」。

「ヤク依存状態の者たち」と「ヤク依存状態に陥っていない者たち」の「重大な違いが其処に露呈している事に成る」が

「テレビ常連出演者等、現状で、大量のヤクを手に入れられている者たち」が

「依存状態に在るのか?依存状態には陥っていないのか?」の「実態」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「ヤク依存状態の者たち等に必要な事」は「治療」であり

「より多くのヤクが得られ易く成る、過分な立場・権力・報酬等々を与え続ける事では断じて無い」。

「公共の電波上で喧伝等される論」が、

「常連出演者等も含む現状で多くのヤクを得られている者たち等によるご都合論等では無く、

個々の人間たちの精神構造の健常成長に有益に成る論に成る」なら

「当然の如く、現状で不利な状態に追いやられている多くの人間たちの受け止め方も考え方も、自虐度の低い方向に向かって行く事に成る」のだから、

「今時に、本当に、必要な実務が出来ずに、

自らが現状で得られているヤク利権を阻害しないご用達論等ばかり・・・を喧伝等し続けて来ている者たち等の罪は。

現行法上では合法でも、内実としては、とても大きい事に成る」。

「大元の大罪をちゃんと摘発し、罰さない代わりに、八つ当たり状態の理不尽な暴発の犠牲にされてしまっている」のが

「多くの事件・事故等の犠牲者等の実体に他ならない」。

「其処で、現状脱出欲動を暴発させてしまった犯人ダケに厳罰を与えたところで、同様の新たな事件・事故等の連鎖は続いてしまう」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「未だに、劣悪状態の情報配信・教育等を行い続けている者たちの罪をちゃんと摘発し、応分の罰を与える事」で

「事態は大きく動いて行く事に成る」。

「多くの常連出演者・常筆等の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ノーベル賞」という「大賞」も

「比べっこ主義者の好物」だが、

「所謂、理系分野のノーベル賞は、既に、人類に対して、大きな貢献をした事が明らかに成っている事に対する後付け」なので

「相応に実体が伴っている」から

「感謝祭として、アリ」かも知れない。

「問題なのは、所謂、文系の方」で

「例えば、何度も、何人も、ノーベル平和賞を与えられる人が出ても、実際の世界平和は未だ、実現せず・・・というのが実態に成っている」のだから、

「文系の場合は、選出している者たちの、考え・思いによる納得の先で、理系があるなら、文系も・・・と、

天動説レベルで与えているダケの様相が露呈している」のだから

「いい加減に、地動説レベルに健常進歩・正常進化させるべきでは・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人間たちの数も多い筈」だ。

「今回の日本国民受賞者の言う、AIEVが実用化され、車の共有等が行われたところで、

多くの人間たちの精神構造が現状のまま・・・なら、悪平等状態が具現化されるダケに成る事」は

「想像に難く無い」。

「多くの個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」は

「この面からも、必需に成っている」のに

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等上で、

旧態依然とした情報・教育等を行い続けているのでは、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状人間社会・経済システムは、経済による比べっことの整合性は高いが、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った本質・快適探究との整合性は低い、

云わば、性能の悪い精神文化製品に他ならない」。

「精神文化側の産業革命を行い、より性能の良い人間社会・経済システムとの入れ替えが必要に成っている」のだから

「現状対策に忙しい、政界とは違う、自由度の高い情報・教育界で、其の為に有益に成る情報・教育等を

未だに、行っていない状態」は「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「例えば、テレビ・ラジオ番組や映画やゲームや小説や音楽や絵画等々で、

より性能の良い精神文化製品に成る新たな人間社会・経済システム等を訴えたり、実用シュミレーション塔を行ってみたりする事等は、

やる気と能力と必要に成る費用・環境等が在るなら、其れこそ、今すぐにでも出来る事に他ならない」。

「立場があるのに、出来ない者は、能力不足の者に他ならず、

立場も能力もあるのに、やらないのは、悪者に他ならない」。

「能力不足の者たち等や悪者たち等に、過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「昨今、筆者の周囲の電磁波工作も益々、強化されて来ている」が

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の告発さえも

大々的に行っていない、テレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当にどうかしている!」

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮金政権等の手下、手先、お仲間、情報工作員や其の協力者等の実態に成る」。

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈だから、非人道的なスパイ・工作活動のターゲットには成っていないので、

関係無い!等と

多くの一般日本国民から乖離したところで、論や仕事等を進めている」なら

「其の様な者たち等を、何時までも、日本国内に居続けさせている事自体が、大いなる疑問に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状のままの北朝鮮が長い間持つ訳も無く、北朝鮮が暴発するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成るダケ」だ。

「北朝鮮金政権等が本気で延命したいなら、

本気で自主的に、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を直ちに放棄するしか無いが、

年上権力者等に甘える事は得意でも、本当に実権を持っているのか?大いに疑問な状態の金正恩等は、

北朝鮮国内に居る時は、北朝鮮の年上権力者等に対する甘え上手状態の様相を露呈し続けて来ている」のだから

「もはや、ご愁傷さま・・・レベル等と言われてしまっても、ある意味、仕方の無い状態に成っている事が露呈している」。

「他国内でのスパイ・工作活動等に救いを求めても、既に、バレているのだから、もはや、無駄」で

「本気で、自主的に、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を直ちに放棄しない場合」は

「近々、北朝鮮金政権等は滅亡する事に成る」のだから

「本気で延命したい」なら「直ちに、重大なる決意の下で、

核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を放棄する事で、

米国トランプ政権に甘えるべき」だ。

「そうすれば、経済制裁も解消され、北朝鮮の経済大発展が可能に成る」ので

「経済発展し続けている間は、其の功績により、過去の散々の極悪事にスポットライトが当てられる事態を防ぐ事も可能に成る」。

「破滅を選ぶも、米国の庇護の下での繁栄を選ぶも、本当の北朝鮮の実権者次第に成る」が

「金正恩なら、既に、其の道を歩んでいそう・・・だから、北朝鮮の本当の実権者は、

北朝鮮内に居るとは限らない、金正恩を担いでいる者、操っている者等と

強く推定出来る」。

「何れにしても、北朝鮮問題の解決は、人間世界の急務である事に変わりは無い」のだから、

「解決方向へ力を加える事にも成る、日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等を大々的に告発等していないテレビ・マスコミ等の罪」は

「この面でも、非常に深い事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「韓国と仲良く!論」や「北朝鮮が強く望んでいる、戦争反対!論」等を日本の公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。

『「劣悪状態の政権や国家指導者等と仲良くする事は、困難に成る事」等を「言わないままの韓国と仲良く!論の正体」は、

「国家間の約束も守らず、不当要求等を突きつけて来ている、劣悪状態の韓国の政権や大統領等の要求を呑め!」に

「他ならない」。

「そんな内実の論」を「日本の公共の電波上で、大喧伝等している常連出演者等の正体は?」等を

「考える」なら

「其の事に対する反論・対論等が無い実態から」も

「日本の公共の電波上を実効支配している韓国悪権力者等や北朝鮮金政権等の手下、手先、お仲間、情報工作員等に成る」等と

「感じたり、思えたり、している視聴者の数も、かなり多い筈」だ。

「アフガニスタンで殺害されてしまった日本国民医師の問題をダシ」に

「北朝鮮金政権等が一番困る、戦争等に反対する世論等を喚起しようとしていたり、

憲法9条の時代相応の変更を止めさせようとする世論を喚起しようとしていたり、

大衆の判断等を

実体把握や事実・現実から導き出し易くするのでは無く、

考え・思い上の納得や共感等から導き出し易くする為に有益に成る、

該当医師がキリスト教信者であった事や、仏教の教えを色紙等に記していた事等の偏重喧伝等を行っていたり、

・・・等々」の

「実態もまた、其の様な感や思いを強くさせる要素にも成っていた」。

「今時の情報配信なら、該当医師が殺害されてしまった原因を精神構造・精神文化上からも解析等し、

其の素になってしまっている精神構造・精神文化の是正等を訴えられていて当然」なのに

「未だに、旧態依然とした、実質的には、反日他国等を利す、政治運動等に明け暮れている実態を露呈していた」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「精神構造・精神文化の是正」が

「戦乱や殺傷等の問題ダケでは無く、地球環境問題の解決にも直結している事は、既に。明らか」なのだから、

「未だに。其の辺りへの言及さえも、ロクに出来ていない常連出演者等の劣悪さ」は

「本当に、重篤なレベルと言わざるを得ない」。

「比べっこ上なら、テレビ常連出演等している者の論」は

「其の者を多くの人々が知っている分ダケ、如何にも、優秀な論や、正論等とも、思えたり、感じられたりも、してしまう」が

「本質を探究する」なら

「大衆が良く知っている者の論でも、無名の者の論でも、其の内実こそが重要に成る」。

「ロクな実効が無いばかりか、時代が要求している進歩・進化等を阻害している要素が濃い、有名人等の論」と

「多くの人間たちが知るなら、人間社会の中で良い実効が出る可能性が高い、無名人の論」の

「どちらを重用する事」が

「今時に相応しい事に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今時、宗教は、歴史遺産こそが相応しい位置づけに成っている」』。

『「例えば、仏教では、人生は苦悩の連続と解き、其の苦悩からの解脱を理想としている」し

「お釈迦さまも、空中には人を殺す虫が要る旨、言われた」そうだが、

「今時までに、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実として、

人間も含む生物の誕生・死の実態は、細胞レベルの実現象というモノも在る」。

「生きている人間誰しも、今、この瞬間にも、細胞レベルの死も実体験しているのだから、

其れが、感じようと感性を鋭くするなら、苦悩等としても感じられない訳も無く、

空中には人を殺す虫が居る等と、表現出来たりもするのも、

無意識レベルで起きている実現象を理解・把握しているなら、

ある意味、極めて当たり前の事にも、思える様に成る」。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人間の意識は、

丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」し

「古の時代の人間たちは、細胞レベルの実現象の実態把握も科学レベルで出来ていなかった」ので

「丸ごと一人レベルの人間の意識だけを活用して、色々な者・物・事等に対する、理解・把握・納得等を得ようとしていた」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観」なら

「人間の誕生・死も、丸ごと一人いっぺんに!とするのが当然」で

「そうするなら、たった今死んだ人間と其の前の人間の違いを納得する為にも、霊等の概念が必要に成り、

丸ごと一人の霊が在るなら、其の霊が行く死後の世界やあの世等も必要に成り、

あの世の次も想起し易く成るので、生まれ替わりとか、復活とか、輪廻転生とかの概念も生み出され易く成る」。

「そして、例え死んでも、殺されてしまっても、殺してしまっても、丸ごと一人の其の人間の霊が在る認識は、

其の分だけ、命の扱いを軽くする認識にも成っている」。

「古の時代は、平均寿命も短かったから、当時の多くの人間たちが落ち着きを得る為にも、其の様な認識の有用性も高かった」が

「其れは、同時に、戦争等、武力を用いた命がけの比べっこ支配権/被支配権争いのハードルを低くする認識でもあった」。

「戦争の歴史とも言われている人類の歴史を創り出した精神構造・精神文化が其処に在る」。

「古の時代の多くの人間たちや人間社会からの認知・容認等が得られたのが、当時の人々の叡智の結晶でもある、宗教」だが、

「宗教とは、古の時代の精神文化製品の一つでもある」のが「実態に成る」。

「科学レベルで判明させる事が既に出来ている実体や事実・現実が其れこそ、ゴマンと在る、今時の人類からすれば、

歴史文化遺産とするのが適切な、今時としては、既に、必要性能が不十分な精神文化製品が其処に在る事に成る」。

「宗教建築等は、歴史物質文明遺産であり、教えや経典等々は、歴史精神文化遺産に成る」。

「今時からすれば、歴史文化遺産になるモノを保持しながら、人助け、地域助け、国助け等々をした人間たちが、

殺害等されてしまった事が、其れこそ、枚挙に暇が無い事」は

「例えば、国家神道の下で大量の日本国民を失った歴史からも、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、誰でもが、直に解る事に成る」。

「歴史から学ぶ」なら

「歴史文化遺産に代わる、今時に相応しい、精神構造・精神文化と共に、人助け、地域助け、国助け、等々を行う事」こそが、

「同様の新たな殺傷悲劇・惨劇等を繰り返さない為に、極めて重要に成っている事」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」とは「天動説の世界に他ならない」。

「天動説レベルの精神構造状態の人々や、其の集大成である天動説レベルの人間社会の精神構造の上で、

地動説レベルの科学技術や物質文明製品を使うと、往々にして、其のギャップ故の自虐を生み出してしまう」。

「科学技術や物質文明製品が進歩・進化すればする程、例えば、戦争での被害も膨大に成ってしまった」のが

「精神構造・精神文化が天動説レベルのまま、地動説レベルの科学技術・物質文明製品を得る事が出来る様に成った状態」の、

「人類史の現実」だ。

「この現実を歴史からちゃんと学んでいる」なら

「個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を地動説レベルへと健常進歩・正常進化させる事」の「格別な重要性」に

「思いが至らない方が、不思議、もしくは、異常に成る」。

「其れなのに、未だに、旧態依然とした情報配信等を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の罪」は

「本当に、思い事に成る」。

「与えられて来ている罰」が

「戦争の歴史による、膨大な実害・被害・犠牲者等々」であり、

「経済戦争の歴史による、膨大な実害・被害・犠牲者・環境破壊等々」だ。

「現状までで、直接罰を受けていない者たちが、無罪である訳も無く、

戦争や経済戦争への参加者はもちろん、

其れらを是正しようともして来ていない者たち等が受けるべき罰」は

「究極的には、人類滅亡、もしくは、地球消滅等の形で、全ての者に与えられる事に成る」。

「現状人間社会・経済システム上での大金・大権・大名誉等々のヤクで酔っている者たち等の実体」は

「非合法のヤクを使って酔っていたり、現実逃避していたり、等々している者たち等と同様に他ならなず、

非合法を責めて正義ぶったところで、其の根本的な罪が消える訳も無い」。

「比べっこレベルを卒業して、本質・快適等を探究する様に、健常進歩・正常進化する」なら

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観を実用している天動説的状態から脱し、

丸ごと一人レベルで捉えたがる人間の意識と細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら存続している人間の実態の両方を実用した

地動説レベルの死生観・人生観を持てていて当たり前に成る」。

「地動説レベルの死生観・人生観」なら

「他者支配や他者による被支配より、自己健常支配の継続が当たり前に成る」し

「狭義の自分である何十兆(数え方で変わる)かの細胞群と命の連続性を持つ広義の自分の理解・把握と、

広義の自分の根本的目的の理解・把握等が出来ていて、当然に成る」。

「狭義の自分だけの永遠の命などは在り得無い」が

「広義の自分(地球生命体細胞群)が宇宙に本格進出して尚、健常に存続し続けるなら、広義の自分の永遠の命は実現可能に成る事」等の

「理解・把握も出来ていて当然に成る」。

「広義の自分の快適存続の為には、上辺では無く、本質を探究した上での、適材適所こそが必要に成る事で、

比べっこには好都合な過大な格差や差別等は、不要に成るから、

世界平和が当たり前で、格差問題・差別問題の解決も当たり前に成る」。

「武力世界大戦を止めたら、戦争による犠牲が激減したのと同様に、

経済世界大戦を止めるなら、経済世界大戦故の犠牲も激減し、地球環境問題の解決も容易に成る」。

「止める為に必要に成っている」のは「正義ぶった、優等生ぶった、経済世界大戦や環境破壊等々に対する、批判・非難等である訳も無く、

必要に成っているのは、経済世界大戦という精神文化の代わりに成る人間社会の新たな精神文化の創造と実用に他ならない」。

「其の為に、先ずは、個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)を天動説レベルから地動説レベルへと健常進歩・正常進化させる事」が

「合理的に成り、其の集大成として人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化が実現する事に成る」のだから

「個々の人間たちの精神構造を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る、今時の製品として、十分に性能の良い、

精神文化製品を意識的、かつ積極的につくり出し、使用する事が合理的に成る」。

「テレビ・ラジオ番組も、映画も、アニメも、ゲームも、小説も、漫画も、音楽も、絵画も、学校の授業等々も、

皆、精神文化製品に他ならない」。

「未だに、天動説レベルの精神文化製品ばかり・・・にし続ける事により、旧来からの旧態依然とした利権等を維持~増大等させ続けようとしている、

精神文化側の職の立場にある者たちの罪と責任は、極めて大きいと言わざるを得ない」。

「高い立場があればある程、其の罪は重大に成る」。

「天動説レベルでは、丸ごと一人の死生観故に、丸ごと一人レベルの殺人ドラマ等に成ってしまう」が

「地動説レベル」なら「殺すべきモノの実体を探究する、殺人欲動を殺す、ドラマ・小説等が当たり前に成る」。

「天動説レベル」なら「何時までも、宗教どうぞ!等に成る」が

「地動説レベル」なら「宗教の実体を探究したり、歴史文化遺産としての宗教の紹介等が当たり前に成る」。

「個々の人間たちの精神構造が天動説レベルから地動説レベルへの健常進歩・正常進化する事」で

「精神文化製品側の産業革命が実現出来る事に成る」。

「精神文化側の産業革命以降の性能の良い精神文化製品を実用する事により、

人類の物質文明側の進歩・進化と、精神文化側の進歩・進化のギャップはどんどん小さく成って行く事に成る」。

「其のギャップが十分に小さく成ったなら、

時空エネルギーを実用した、人類の宇宙への本格進出の為に大いに役立つ事に成る、重力制御乗り物等の封印も解かれる事に成る」。

「逆に、ギャップがどんどん広がる」なら「其の技術を使った地球消滅装置が働く事に成る」。

「広義の自分の永続方向を選ぶか?地球消滅を選ぶか?の投票は、既に、実質的に、始まっている様なモノ」だ。

「人生の成功」とは

「広義の自分の快適存続を大きく損ないながら、狭義の自分の下に大金や大権や大名誉等々を集める所にある訳も無く、

広義の自分の快適存続への貢献と自己健常支配の継続故に実感出来る事に他ならない」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈を含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「アフガニスタンで殺害されてしまった中村医師問題」等で常連出演者等が相川らすの旧態依然としたご都合論等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「貧しいところ」や「戦争・武力闘争等が起こっているところ」の「根幹の問題」は「其処で其の様な自虐行動等を起こし続けて来ている人々」の

「精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である其処の人間社会の精神文化が、健常成長出来ていない事」に

「他ならない」。

「精神構造・精神文化の健常成長が不十分な人間集団」が

「より進んだ物質文明や科学技術や物質文明製品等を得る」なら

「より進んだ物質文明や科学技術や物質文明製品を自虐使用してしまう事態も多発する」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「安全や自虐抑制を優先する」なら

「より進んだ物質文明や科学技術や物質文明製品等が得られる状態の前」に、

「其処の人間社会で暮らす多くの人々の精神構造と其処の人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させておく事」が

「合理的に成る」。

「ところが、現状で先進国と言われている国々でも、

其処で暮らしている個々の人間の構造も、其処の人間社会の精神文化も、

皆、比べっこレベル状態という貧弱さ」だ。

「其の結果、先進国等の方が遥かに進んでいる物質文明や科学技術や物質文明製品ばかり・・・を主に、

所謂、開発途上国等に対する支援・援助等が行われている状態に成ってしまっている」。

「其の中で起こされてしまった悲劇の一つ」が

「今回のアフガニスタンでの日本国民医師の殺害事件」に「成る」。

「上辺の原因」が

「水利権争いなのか?」

「アフガニスタン内部での個人レベルの立場・権力争いなのか?」

「集団レベルのアフガニスタンの支配権争いなのか?」等々は、

「未だ、憶測の域を出ていない」が

「根本的原因」が

「上記の精神構造・精神文化問題である事」は「既に、明らか」に「成る」。

「この様な実体・実態が判明している状態」なのに

「テレビ常連出演者等が、未だに、常連出演者等自らの現状利権は阻害しない、旧態依然としたご都合論等を

公共の電波上で、喧伝等している状態の実効」は

「其の様な情報内実を公共の電波が使われている情報配信により実質的に公然化強いされている事」等による

「視聴者等の精神構造の健常成長の阻害に成ってしまっている」。

「特定極一部の者たちばかり・・・が主たる常連出演者という事態」は

「精神構造的にも、精神文化的にも、

比べっこレベルでなら相応に合理的に成る事でも、

本質・快適探究レベルでは明らかに整合性が悪い、劣悪で、醜悪な事に成る」。

「比べっこレベルなら、利権・権力・支配権争い等の比べっこも合理的に成り、

其の手段として、武力を使った命がけの・・・が実用されてしまう場合もある」のは

「人類史が戦争の歴史と言われている実態からも明らか」で

「破壊力が極めて大きい核兵器が製造~実用された後、複数国が核兵器保有した後には、

世界大戦に対する抑止力が核兵器によりもたらされて来ているモノの、

地域戦争や武力闘争等々は、枚挙に暇が無い状態は続いて来ている事」からも

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰てもが分る事に成る」。

「この様な自虐状態から多くの人間たちが解放される為」には

「個々の人間の精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長させる事と、

其の集大成として人間社会の精神文化も比べっこレベルから本質・快適レベルへと健常進歩・正常進化させる事」が

「必要に成っている」。

「其の為に有益に成る情報・教育等が激烈に求められている昨今の人間社会の状態」で

「未だに、公共の電波を使って、自らの現状利権を損ねない旧態依然とした論等を喧伝等し続けているテレビ番組や常連出演者等は、

明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「個々の人間の精神構造を健常成長される為に有益に成る」のは

「自分の実体把握」と

「無意識の意識化」等で

「自分の実体把握が十分に出来、其の実体の根本的目的の把握も出来る状態に成っている」なら

「自虐を出来るだけ誘わない為に、本質と快適を探究し、実用して行く事も、それ程困難な事では無く成る」。

「現状人間社会集団からの比べっこ強い圧力

(個々の人間たちの精神構造の健常成長を大きく阻害しているパワハラであり、重大な人権侵害問題)

の解消も当たり前に行われる様に成る」なら

「加速度的に、精神構造を健常成長させる事が出来続けている状態の人間の数が増えると共に、

其の集大成である人間社会の精神文化も、必然的に、健常進歩・正常進化させられる事に成る」。

「比べっこによる支配権/被支配権争い状態」から

「本質・快適探究自己健常支配の継続状態」へと

「多くの個々の人間たちの精神構造と、其の集大成である人間社会の精神文化が

健常進歩・正常進化する」なら

「世界平和が当たり前で、地球環境問題の解決も容易に成る」。

「逆に、比べっこ固着状態が続くなら、人類滅亡や環境破局がどんどん近づいて来る事に成り、

追い詰められて行く人間たちが比べっこによる解決に縋るなら、

最終的には、人類滅亡世界大戦等に成ってしまう事」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、解る事に成る」。

「本質・快適探究自己健常支配継続人間社会」という「新世界」への「軟着陸の為」にも

「情報・教育等の精神文化製品の健常化・正常化が先ず必需であり、

其の後は、政治や人間社会・経済システム等の精神文化製品の{産業革命}を行う事が必然に成る事」も

「冷静に、少し、考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、解る事に成る」。

「大転換期の今、生きている全ての人間たち」は

「自らの実体に叛く事無く、自らの根本から要求されている、今時に必要な実務も行うべき」だ。

「其れが出来ない、劣者や、出来るのに行わない悪者等に、過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに「桜を見る会大問題化による現総理・政府・与党等に対する悪イメージ付け」等を、常連出演者等が公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「ネット情報やネット情報配信に対して不安を煽る事」等も「色々なところからダシを拾って、積極的に付け足す」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミと学校教育等による情報と王制状態に、回帰させたい思惑等を持つ者たち等が、好んで行う事に成ってる様相」も

「露呈していた」。

「桜を見る会大問題化による、反対、もしくは、審議拒否野党等を利す為の実質的、政治運動等の中」では、

「総理や総理夫人や官房長官等の人としての良心を問う旨までもが、常連出演者等により公共の電波上で大喧伝されていた」が

「日本国民としての良心が疑わしい」のは

「国政上の実質的、小問題の大問題化で他の重要政治・政策等を遅滞させている、野党や野党議員や

其のお仲間テレビ・ラジオ等常連出演者等や、マスコミ常筆等に他ならない」。

「常連出演者等が、日本国・多くの日本国民等に対して、実質的に、大迷惑等をかける手段」は

「現政権下で、其の国や其の国の国民がより良い状態に成って行くなら、

其の国での支配権取得が困難に成る、現政権より良い政治・政策等を訴える事が出来ない反対勢力等が好んで行う手段」で

「例えば、

アフガニスタンでのアフガニスタンの環境・経済向上等に対し、大きな貢献をして来ていた日本国民医師の殺害」も

「其の一例と推定出来る」。

「良心が疑わしい」のは

「桜を見る会上で、招待者等の選択が酷くいい加減だった様相を露呈している、

桜を見る会問題という国政上の実質的、小問題の早期収拾を図って来ている、現政府・与党等や官僚等か?」

「国政上の実質的、小問題を大問題化する事で、

日本の政治・政策等の実行を遅滞させたり、

其の事により国民・世論等の分断を図っている様相」の

「現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を十分に訴えて来ていないが故等の原因で、

多くの有権者等からの支持も得られていない、野党や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者や常筆等か?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「昨日の常連出演者は、現政権を独裁・・・と喧伝していたらしい」が

「もちろん、言うまでも無く、言論等々の自由のある日本で独裁政権などが成立している訳も無い」。

「余りにも、現状の野党の多くが酷いから、一強状態に成ってしまっているのが実態」で

「例えば、野党第一党が、現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を訴えたり、実行したりしている」なら

「とっくの昔に、一強状態が解消されている事に成る」。

「酷い野党の問題」を「十分に言わず」、

「現政府・与党等に悪イメージを付ける事で、相対的に、酷いままの野党でも、現政府・与党等より良く思わせようとする、

酷く、劣悪で醜悪な、実質的、大衆マインドコントロール等」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で、蔓延り続けさせる必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレビ・マスコミ等は裏を取るが、ネット市民(多くは個人レベル)は裏を取らない場合が多い事等を、

正義ぶり、優等生ぶり、大喧伝等していた」が

「本日、公共の電波上で大喧伝していた、{安倍夫人枠}」の「裏」は「在るのか???」

「桜を見る会で、安倍事務所から招待状が届いた人々の中に、安倍夫人との繋がりがある人々が居た事をもって、

夫人{枠}があった事には成り得無い事は、少し考えるなら、其れこそ、誰でもが分る事に他ならない」。

「{枠}が無かったのに、{枠}があったかの如く、公共の電波上で大喧伝する事」で、

「安倍総理等に悪イメージをもたせようとした」なら

「かなり悪質な、公共の電波の不当利用に成る」。

「{枠}が在った事の裏が撮れているなら、其の実態も報道等すべきである事は、言うまでも無い」が

「本日の放送内容には、無かった様相だった」。

「どちらにしても、そんな状態を露呈している者たち等」が

「裏を取るで、正義ぶり、優等生ぶっていても、其の窃盗力がどれ程のモノに成るのか???」

「枠を取る正義ぶり、圧力で、ネット界を委縮させようとする、公共の電波を使った、実質的、パワハラを行っている実態が露呈してる」等と

「感じたり、思ったりした、視聴者の数もかなり多かった筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日韓併合時にも、朝鮮半島内で、二国間の国家間契約に基づく、より進んでいた日本寄りに二国を一国化する同化政策を、

武力まで用いて、邪魔をする事により、朝鮮半島内の支配権を得ようとした迷惑者たちが居た」が

「日々、刻々と、実際に、朝鮮半島内が、急速に近代化整備されて行っている中で、

其の様な事を行った者たち等が大きな支持を得られる訳も無く、

多くの当時の朝鮮人からも邪魔者扱いされ、最終的には、朝鮮半島東北部の山奥に追いやられ、大勢に影響が無い状態に成った」が、

「昨今の、現政府・与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を十分に訴えられず、

言葉狩り、態度狩り、粗探し等々や反対、審議拒否等を繰り返す事により、実質的には、日本の国政の邪魔をしている、

野党や野党議員や其のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」は

「何れは、大勢に影響の無いところに追いやられるモノの実態に他ならない」等と

「感じたり、思ったり、している有権者や視聴者等の数も多い筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「例えば、現与党でも、未だ、圧倒的に不足している様相の政治・政策の一例としては、

拉致までされているのに、日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等に対する対策が甘過ぎる事」が

「挙げられる」。

「其の辺りを大々的に訴える」なら

「反対、もしくは、審議拒否等などしている暇も無い筈」だが

「非人道的なスパイ・工作活動等を行っている側に属している等の、其の辺りを大々的に訴えられない内情でも在る」なら

「訴えられないのも、当然の現象に成る」。

「現状までの野党等や其のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、

露営して来ている実態がどの様なモノに成って来ているのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「桜を見る会問題の文書管理問題化政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「岸内閣時代の桜を見る会の文書が国会図書館に残っている事は言っても、其の後の長い間の桜を見る会の文書については言わない」のも

「部分偏重扱いによる悪イメージ付け、情報工作」等で「よく使われる手法」だ。

「ジャパンライフに問題がある事をジャーナリストでも知っていた旨、優等生ぶり喧伝等していた常連出演者等」は

「問題のある事を知っていたのに、其の告発を大々的に行う事により、多くの被害・被害者が出ない様にする、

ジャーナリストとしての仕事を行っていたのか???」

「常連出演者自らも、以前から、大告発して来ていた旨等、喧伝出来ていなかったのだから、

行っていなかった事が強く推定出来る」が

「其の裏に、政治家等からの圧力があった等の告発もしていない」。

「かなり前から、ジャーナリストでも知っていたの内実」が

「一部週刊誌等での告発等の事」なら

「ジャーナリストでも知っていた旨等、公共の電波上で、優等生ぶって喧伝等していた常連出演者等の知っていたレベル」が、

「該当週刊誌記事の読者と同レベルだった事も成り得、とても公共の電波上で、優等生ぶって喧伝等出来る内実では無い事も成る」が

「其れでも、ジャパンライフによる被害・被害者減少に、大きな力を発揮していた様相の無いジャーナリストでも、

公共の電波上で、優等生ぶり、正義ぶる事等が出来てしまう厚顔無恥的資質」や

「政治指向や思想信条」等が、

「現状のテレビ界の出演者を決めている実権者等の意に沿う事に成っているのだろう」。

「そんな実態を露呈している者たち等を主たる常連出演者の一人として重用し続けている事」等に対し、

「多くの視聴者等がどう感じたり、思ったりしているのか?」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「云わば、グレーゾーンの内に、ジャパンライフの代表等が桜を見る会に招待された事」が

「国政上での大問題である訳も無い」し

「歴代全ての、桜を見る会の招待者の問題が検証されている訳でも無い、部分偏重状態」だ。

「其の部分偏重を用いて、現総理や現政府与党等に悪イメージを付ける情報配信等が公共の電波を使って、大々的に行われている事の方が。

遥かに、重大な、公共の電波不当使用問題に成る」等と

「感じたり、思ったりしている、視聴者等の数も多い筈」だ。

「其処で、今度は、部分偏重招待者問題の切り口では無く、文書管理の問題にすり替える事により、

相変わらずの、現総理・政府・与党等に悪イメージを付ける情報配信を行い続けようとしている実態を露呈している」のが

「本日の一部放送内容に成っている」。

「文書管理の問題」が「時代と共に、変わって来ている」のは

「ある意味、極めて当然の現象」で

「言葉狩り、態度狩り、粗探し等々と、反対、もしくは審議拒否等が得意な野党等の政争の具化される事で、

実質的には、日本の国政を遅滞させる悪の実効を生み出す素を、相応に小さくする事のメリットが、

全ての文書を保存する事のメリットより、遥かに大きく成っている状態が生じさせられて来ている状況」では、

「全ての文書を保存しない方が、日本の為に成る事は、当然の事に成る」。

「文書保存を減らす原因をつくり続けて来ている」のは

「言葉狩り、態度狩り、粗探し等々と、反対、もしくは審議拒否等々が得意で、

与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴えたり、実行したりする事が不得意な、

反日他国の手先の様相さえ露呈し続けて来ている、野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等に他ならない」。

「自分たちの行って来ている{悪事}に対する。自浄や反省や謝罪や補償等は何処へやら、

言葉狩り、態度狩り、粗探し等の素が減らされている事に対する{恨み節}等を

公共の電波上で、大喧伝等出来てしまっている、酷く、醜悪で劣悪な実態に、

呆れ、哀れにさえ思ったり、感じたり、している視聴者の数も多い筈」だ。

「もちろん、言うまでも無く、野党が現状の状態なら、政権交代などあり得る訳も無い」のに、

「野党の状態の是正や改善等を十分に言わず、

政府・与党等に対する悪イメージ付け政権交代だけを言う事が得意」なのが

「反対、もしくは審議拒否野党等の、お仲間、テレビ常連出演者等の実態」だ。

「そんな常連出演者等の実態にも、多くの視聴者等が、呆れ、哀れにさえ思ったり、感じたり、している筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「野党が本気で政権交代を望んでいる」なら

「何時までも、言葉狩り、態度狩り、粗探し等々や、反対、審議拒否等々など行い続けていないで、

現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策を訴え、実行するべき」だし

「野党のお仲間テレビ・マスコミ等も部分偏重・偏向情報等による

与党等に対する悪イメージ付け、野党等に対する良イメージ付け、

大衆マインドコントロール~大衆誘導等など行い続けていないで、

実体や事実・現実を原寸大で伝えると共に、

より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る情報配信を行うべき」だ。

「現状まで、では、一体、何処の誰の為に、日本国や多くの日本国民等を操ろうとしているのか?!」等と

「疑わざるを得ない」し

「北朝鮮金政権等の為なら、合理的に成ってしまう」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者等の数も多い筈」だ。

「天皇制でも、何かにつけて、

日本の女性天皇を北朝鮮金が側室にするなら、

天皇家を北朝鮮金家が乗っ取る事も可能にする、

女性・女系天皇容認論で、

多くの日本国民の頭の中を染め上げようとしている実態を露呈し続けて来ている」のが

「北朝鮮労働党の日本の中のオトモダチ政党人脈の者たち等」と「強く推定出来る」。

「そんなに、日本が嫌いで、北朝鮮等が好きなら、北朝鮮で暮らせば良いのに!」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数も非常に多い筈」だが

「在日の母を持つ金正恩が独裁者としての正当性を担保する為には、日本の乗っ取り支配も必需に成っている」のが

「実状」だから、

「日本国内では、実際に、日本乗っ取り支配の為のスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等が旺盛に行われ続けて来ている」のに

「其の十分な告発もして来ていない」のが

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の実権者等が牛耳り続けて来ている戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等の

酷く、劣悪な、実態」だ。

「ネット普及以降、戦後日本の情報・教育統制状態が崩された」から

「昨今は、次第に、加速度的に、是正され続けて来ている」が

「未だに、選挙無き、テレビ・ラジオ・マスコミ界や、学校教育界等では、

北朝鮮労働党のオトモダチ人脈の者たち等が実権の多くを握り占め続けている実態が露呈し続けて来ている」。

「独裁政権自体が、人類の精神文化面での不良債権みたいなモノに他ならず、早々の排除・解消等が必需なモノ」なのだから、

「未だに、独裁者のイエスマン状態では、本当に、酷く、劣悪な事に成る」。

「独裁者離れをするなら、直に、自由に成り、自己健常支配も可能に成る」のだから、

「未だに独裁者のイエスマン状態の人間たちは、一刻も早く、独裁から離れる事が、自虐を減らす事に直結している事に成る」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、未だに「桜を見る会部分偏重大問題化反現政権プロパガンダ」等を公共の電波を使って行っているが・・・。

『「桜を見る会に招待された問題のある者」が「ジャパンライフの代表と暴力団関係者の一人だけである訳も無い」が

「其れダケを極悪者として偏重扱いすると共に、現総理や現官房長官と強く結びつける情報配信を行う事により、

現政権に対して悪いイメージを付け、其の反動で、反対、もしくは審議拒否野党等をより優位にしようとしている」様相なのが、

「反対、もしくは審議拒否野党」等を

「公共の電波を使って、

大々的に良いイメージで大喧伝する、

実質的には{公共の電波を不当に使った大接待}をし続けて来ている、

テレビ番組・常連出演者等等の実態」だ。

「其の様な実態を露呈している常連出演者やご用達ゲスト解説者等によれば、

ジャパンライフが問題である事は、かなり前から有名な話しだそうだが、

其れならば、何故、テレビ番組や常連出演者等が問題である事が判った時や、行政指導を受けた時等に、

大々的に、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、問題がある!等と大喧伝していなかったのか?」

「そうしていた」なら「多くの被害者の被害も激減していた筈」だし、

「行政指導後の桜を見る会で招待される事も無かった筈」だ。

「問題が在る事が判っていたのに、放置、容認等し続けて来ていた、テレビ・ラジオ・マスコミ等の裏に何が在ったのか?」

「現与党や現与党の政治家等からの圧力等なら、其れこそ、率先して告発等している筈」なのが

「反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等に成る」から

「ジャパンライフのお仲間だったり、

ジャパンライフから口止め料等を頂戴していたから、

大々的告発も行っていなかったんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を抱かされた視聴者等の数も多かった筈」だ。

「其れでも、昨今の桜を見る会大問題化現与党政権悪イメージ付けプロパガンダに毒されて、

世論調査上等で、政権の支持・不支持の割り合いが、約5%程不支持寄りに動いたらしい」が

「其れこそが、テレビ・ラジオ・マスコミ等、偏重・偏向情報イメージによる大衆誘導効果の実態を露呈している事」に

「他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等を使った、大々的な実質的、工作情報による大衆誘導なのに、タッタ約5%しか其の効果が出ない」のは

「現状の野党が余りにも、酷いから」で

「現与党より、より良い、日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策では無く、

言葉狩り・態度狩り・粗探し等で、国政上の実質的、小問題を大問題化する事による現与党に対する悪イメージ付けのつみ重ねで、

政権交代等を実現しようと悪足掻きし続けて来ている、其の醜悪で劣悪な実態には、

大いに呆れ、既に、そんな実態を露呈し続けて来ている野党や野党議員等には見切りを付けている有権者の数もかなり多いから」だ。

「野党がこんな状態を続けるなら、消極的選択で現与党が勝ち続ける事に成る」のは

「極めて、当たり前の事」で

「本来、野党に求められているのは、現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策に他ならない」。

「桜を見る会を問題にする」なら

「長年、慣例的に続けられて来ている、国政上での実質的、小儀式の問題」を

「招待者に問題があるなら、過去の全ての招待者を検証し、

その規模等に問題があるなら、其の規模をつくった原因を検証し、

・・・等々させる」、

「第三者委員会でもつくり、実態解明を其処で行わせた上」で、

「其の結果う受けて、本来なら、国政や外交問題等々で大忙しな這zの、国会議員が、

国会で改善策や廃止等を決めれば良い」。

「現状の様に、過去の極一部だけに、過剰にスポットライトを当てて、無理やりにでも、大問題化しよう、させようとしている状態」は

「明らかに、国政上の実質的、小問題に対する処理法として間違っている」。

「こんな事をまかり通らせ続ける事により、国政上の大問題についての審議等が遅らせられる事等のデメリットが多大に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「今在る」のは「国政上の大問題でも、日本の為の与野党対立でも無い」。

「実態としては、反日他国等を利す、反対、もしくは審議拒否野党等による政治運動であり、其の片棒を担いでいるのが、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を、実質的に、不当使用している状態の、

ジャパンライフに大問題が在る事等を知った時点で、大々的に大告発等もしていない、

反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そんな状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等に、実質的に操られてしまっている状態の人々が、未だ、約5%程も居る実態も露呈している」のが

「鮮度日本の情報・教育等の悪の実効」に「成る」が

「約5%h程と、大勢に影響が出辛いレベルに抑え込まれている」のは

「ネット普及により、

所謂、左翼、もしくは、反対・審議拒否野党等ご用達の情報・教育情報統制状態が崩されたから」と

「強く、推定出来る」。

「何しろ、ネット普及前は、社会党等が二大政党の一翼だった」のだから

「現状の立憲民主党等々の数と比べるなら、其の激減ぶりは、明らか」で

「自由・民主主義社会状態で、言論の自由等が担保され、情報統制等が行われない限り、

反対・審議拒否野党等の勢力がどんどん力を失って行く状態に成るのは、

極めて当然の現象に成る」ので

「昨今、其のスジの者たち等」は、

「ネットに悪・危険等のイメージを付ける事」や、

「中国共産党や北朝鮮金政権等の支配下に日本国も入れる事」等により、

「再び、情報統制状態を!等と企み続けて来ている実態も露呈している」。

「実に、哀れで、醜悪で、劣悪な実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「東西冷戦が終わり、旧ソ連がそれなりに民主化しロシアに成った後、

未だに、所謂、東側の独裁主義を続けている、

中国共産党も、北朝鮮金政権も、

大元は、旧ソ連の絶大なる軍事支援の下で、

それぞれの国々の自国民も大量に殺害する事により、

其の地域の支配権を得た政権に他ならない」。

「民主化される」なら「其の罪が問われて当たり前の政権実態が其処に露呈している」ので

「必死に成って、保身に励んでいる」のが「実態に成る」が

「もはや、独裁主義等は、人類の精神文化上の不良債権みたいなモノに他ならない事」等は

「地球上の多くの人間たちが、理解・把握・実感等している」ので

「独裁政権側には、勝ち目が無い」のが「現実」だ。

「軟着陸する為には、独裁政権自らが民主化を選択する事が合理的に成る」が

「散々の極悪事を積み重ねて来ていると、其の罪を問われる危険性が邪魔をして、

軟着陸もしたがらない状態に陥り易く成る」。

「しかし、ハードランディングは、

破滅する事に成る独裁政権側はもちろん、

自由・民主主義側にとっても、無傷では済まない、選択したくない道に他ならない」ので

「其の現実とバーターにする」なら

「独裁政権側の過去の極悪事も不問、もしくは、軽微等に、扱わせる事が出来る可能性が残っている」。

「ここで、腹をくくれる」なら「例え、独裁政権側の国家指導者等でも、相応に立派な人物という事に成る」が

「旧態依然とした態度を取り続ける」なら「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る事が確実に成る」。

「未だに、独裁政権側に居る様相の、テレビ・ラジオ・マスコミ等や、政治家はもちろん、一般市民も含む人間たち等」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたく無いなら、早々に、是正・自浄等するべき」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「桜を見る会部分偏重大問題化」や「SNS(ネット)問題」等で常連出演者等が公共の電波を使った自論・ご用達論強い視聴者等煽り!等を行っていたが・・・。

『「長年、慣例的に続けられて来ていた、桜を見る会の招待者で問題があったのは、昨今、大喧伝され続けている者だけである訳は無い」が

「其れダケを大喧伝し続けている」のが

「其処からも、明らかな政治的偏向性を露呈している、現野党偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等の、不正・不当使用の実態が露呈し続けて来ている」のに

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も不十分な、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

未だに、朝鮮系や旧社会党~民主党等~立憲民主党等系の者たち等が与党状態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「桜を見る会の問題」は

「歴代全ての、招待者問題も含む問題点を洗い出す為の第三者委員会でもつくり、其処で、先ず徹底検証でもさせ、

其の結果を受けて、国会で適切な対処法を決めれば十分なレベルの、

国政上では、実質的、小問題」に「他ならない」。

「其れを未だに、文書管理問題だ!等、新たな{難癖}を付ける事により、無理やりにでも大問題化しよう、させようとしている様」は

「一体、何処の誰の為の、公共の電波を使った、実質的、政治運動を行っているのか!」等と

「呆れている視聴者の数も多い筈」だ。

「日本の国政上や公共の電波上で、其の様な事を行っている事により、メリットが生じる」のは

「日本では無く、韓国や北朝鮮や中国共産党支配下の中国等に成る」。

「さすが、例えば、北朝鮮金政権等の手下、情報工作員の行う事!(もちろん、皮肉)等と感じたり、思ったりしている視聴者の数も多い筈」だ。

「野党が日本の野党なら、現与党より、より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴える事こそが合理的に成る」のだから、

「日本の野党や日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

実質的には、反日他国等を利している状態の、

是正が急務に成る事は言うまでも無い事に成る」』。

『「SNS問題についての常連出演者等の論も酷く、劣悪だった」のは

「基本的に、其の問題も、個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)と其の集大成である人間社会の精神文化の問題である事の

理解・把握等から始めて、精神構造・精神文化を健常成長させる事による源流対策を十分に行おうとしていなかったから」だ。

「SNSも含む、人類の物質文明製品側の進歩・進化は、産業革命以降、益々、加速度的に、急速に行われている」が

「其れに十分に対応する為に必要に成っている、精神文化側の進歩・進化は、

未だ、精神文化側の産業革命さえもが不十分な実態を露呈し続けて来ている」。

「其の結果、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている科学技術や其れに基づく武器も含む物質文明製品の自虐使用が

世界中の至るところで起こされ続けて来ている」のが

「物質文明側の産業革命以降の人類の歴史の実態」だ。

「人間の誕生・死の実態は、細胞レベルの実現象に他ならない」が

「人間の意識は、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」。

「個々の人間たちの精神構造上の産業革命」は

「上記の現実を十二分に理解・把握し、実用する事で実現する」が

「上記の様な実体が科学レベルで判明した後でも、

其れ以前の、旧来通りに、丸ごと一人レベルの意識部分ダケを過剰偏重状態の人間たちが多過ぎて来ていた」ので

「個々の人間たちの精神構造の集団的合意でつくり出される人間社会の精神文化も旧態依然としたままの状態が続いて来てしまっている」が

「其の実態は、物質文明側で言うなら、天動説だった教会等宗教側の意向を実用し続けている様なモノ」で

「現実離れ、実体離れが激しいが故に生じる、多大なストレスや自虐等が無くなる、無くせる、訳も無い」。

「旧態依然とした精神構造・精神文化のまま、物質文明側の産業革命以降の物質文明製品を実用した事による自虐の実態」は

「二度もの世界大戦からも明らか」だ。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上では、個々の人間の命も丸ごと一人レベルであの世も生まれ替わり等も信じられていた」から、

「其の結果として、比較的に、軽く扱う事も可能に成ってしまっていた」し

「平均寿命が短かった時代には、尚更、その傾向が強かった、上」に、

「産業革命以降、武器の急速な進歩・進化が実現し続けた」ので

「旧来からの死生観・人生観等上で、急速に進歩・進化し続けている武器を実用して、戦争~世界大戦までも、

二度も繰り返したしまった」のが

「精神構造・精神文化側の進歩・進化を怠り続けて来ているが故に、自虐が激し過ぎる、人類史の実態」だ。

「世界大戦が核兵器製造~実用~複数国での保有という兵器圧力により抑止されている現状」では

「武力世界大戦の代わりに、武力を後ろ盾にした経済世界大戦に成っていて、

地域戦争やテロ・殺傷事件等々は枚挙に暇が無い」のも

「精神構造・精神文化の進歩・進化が不十分だから」で

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの、個々の人間たちの精神構造の健常成長を阻害しない、させなければ、

必然的に、武力比べっこも経済比べっこも要らなく成る」のだから、

「精神構造の健常成長を阻害し続けて来ている者・物・事等を排除・是正等して行く実務こそが、

今時の多くの人間たちが、意識的、かつ積極的に行うべき、人類の精神文化側の仕事に成る」。

「SNS問題でも、精神構造の健常成長の救けになる情報・教育等が十分に在る」なら

「例え、小学生高学年くらいの年齢でも、ネット上でも本質や快適を探究していて当然に成り、

本質や快適を探究するなら、例えば、家出したい上辺の中に潜んでいる本質の探究も当然に成るから、

上辺での短絡的な解決を悪戯に欲する状態にも陥り辛く成る」。

「相対的に、家出者等を連れ去る事が出来てしまうターゲットの量が減ると共に、

連れ去ろうとしている者たちが得る事が出来ている、テレビ・ラジオ・マスコミ情報や学校教育も含む周囲環境等も。、

比べっこ強いから本質・快適探究へと健常進歩・正常進化しているなら、

家出者等を連れ去ろうとする歪んだ欲も激減する、させられる事に成る」。

「比べっこでは、悪い事をしても摘発されたり、罰せられたり、等々しなければ、勝ち!とも考えられたり、思えたり、もしてしまう」が

「本質探究なら、悪い事をする事=自己承認欲求の本来欲求の充足が困難に成る事=自虐に他ならず、

悪い事は、免疫や対応力を養う程度、遊び程度に、が、自らを自虐状態に陥れない為の当たり前に成る」。

「比べっこには、格差も合理的と成り、差別も好都合に成る」が

「本質探究なら、格差・差別の前に、正当か?不当か?が必要に成り、

正当な格差は在るべきで、不当な格差はあってはならない事に成り、

正当な差別は在るべきで、不当な差別もあってはならない事に成る」。

「例えば、

人類誰もの広義の自分である地球生命I細胞群の存続に対する貢献実績等に応じた正当で適切レベルの格差は在って当然に成り、

丸ごと一人レベルだけの短絡的な殺傷等に対する応分の罰として必要に成る正当で適切レベルの差別等も在って当然に成る」。

「本質探究不十分なまま、正当な移民・難民も不当な移民・難民もごちゃ混ぜにして、移民・難民差別は止めろ!等と正義ぶる」のは

「自らの精神構造の健常進歩は何処へやら、上辺での短絡的な正義と悪との比べっこ上で、自ら正義ぶり\\\たがる偽善者等の行い易い事」で

「先ず、

正当か?不当か?の徹底検証等や、

移民・難民発生の元凶対策等や、

正当な移民・難民に対する十分な受け入れ体制の整備等を

行うべき!等と訴える」のが、

「本質・快適探究者の当たり前に成る」。

「そもそも、過剰な格差を必要とせず、人類誰もも含む、地球生命体細胞群(=広義の自分)の快適存続~永続を欲する」のが

「本質・快適探究者の当たり前」だ。

「例えば、{異性}パートナー問題で言うなら、

ルックス・経済・スタイル等差別に基づいた優劣は不当で、

本質的により相性が良く、互いに快適に存続し続ける事が出来るパートナーこそが、

それぞれの人間にとって良いパートナーに成るから、

現状の人間社会で横行している、ルックス差別・経済差別・スタイル差別・学歴差別・人種差別・民族差別・性差別等々の

自虐事態は、快適と適材適所の邪魔をする悪に成る」のが

「本質探究者の当たり前に成る」が

「比べっこ主義者にとっては、現状の差別・格差等が便利な道具に出来てしまう」。

「現状まででは、

情報・教育等の精神文化側が天動説状態で

精神文化製品のほとんどが精神文化側の産業革命前の性能の悪い製品なので、

多くの人間たちが、比べっこから本質・快適探究へと自らの精神構造を健常成長させる事を大きく阻害されている状態下に在る」。

「其の結果として、比べっこ主義が過剰に蔓延り、自虐事態が多発している」が

「本質・快適探究レベルへと多くの人間の精神構造が健常成長する為に有益な情報・教育等を主流にする、して行く」なら

「比べっこによる自虐は激減し続け、世界平和も当たり前に成る」。

「SNS等々、物質文明製品の自虐使用精神構造・精神文化も激減するのが当たり前に成る」。

「そもそも、情報伝達物質文明製品の自虐使用問題では、ナチス・ヒトラーのラジオ使用大衆誘導の問題を忘れるべきでは無く、

其の、ソフト版とでも言うべき、戦後日本の情報・教育等の実態もスルーするべきでは無い」。

「ネットやSNS等々でアレコレ言う前に、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等自らが自省・自浄するべき」だ。

「宗教指導者や国家指導者等々、誰かに頼った世界平和や地球環境問題の解決は在り得無い」が

「個々の人間たちの精神構造が健常成長する事による世界平和や地球環境問題の解決は実現可能に成る」のだから、

「精神文化側の仕事をしているにも関わらず、

相変わらずの旧態依然とした、天動説レベルの仕事をしていたり、

精神文化側の産業革命以前の性能の悪い精神文化製品をつくり続けていたり、

している様では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「ましてや、未だに、公共の電波を使って、実質的には、反日他国等を利す政治運動等を行っている様では、

本当に、情けなく、哀れですらある」。

「是正が急務である事」や「是正しない、出来ない様なら、人や人脈自体の入れ替えが急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈を含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »