« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

合理的に考えるなら「新型コロナウィルスでも感染したか?否か?」では無く「重篤な症状が出るか?出ないか?」が重要に成るのが当然なのに・・・。

『「現状の感染者数」とは「感染研知者数」に「他ならず」、「ウィルス感染が疑われる地域に居た場合」や「ウィルス感染が疑われる症状が出た場合」や

「ウィルス感染者と濃厚接触があった場合」等が「判っている人々」の「多く」を

「検査した結果」に「他ならない」。

「今回の新型コロナウィルスの特徴」として

「感染力が相応に強い事」や

「感染しても発症しない人もいる事」や

「発症していない感染者からの感染もある事」や

「毒性が非常に激烈では無い事」等が

「既に、判っている」。

「昨今の人間社会の世界レベルでの交流実態」からも、

「武漢での食文化等が急に変わった訳でも無い事」等からも、

「最初の感染が判明する前に既に世界中に同様のウィルスが散らばっていても何の不思議も無く、

其の多くが軽傷だった可能性もある筈」で

「仮に、重症化率が1割程度なら、重症化して検査された最初の患者が最初の患者であった可能性もかなり低く成る」し、

「ウィルスの小変異等によって、特定の状態の人体には相応に強い毒性を発揮する様に成ってしまった可能性も相応にある」が、

「肺炎として重篤な症状状態に至ってしまい、肺炎治療の中でのウィルス検査が行われた結果、

中国で最初に新型コロナウィルスが検知された患者」が

「本当に、最初の唯一無二の感染者だったのか?」は

「実際には、不透明に成っている事に成る」。

「そして、実際には、国際的交流も激しく、新型コロナウィルスの重症化率は一割程度で、

既に、武漢以外でもかなりの感染検知者が要る」のだから、

「感染検知者以外に重症化していない感染者が、其れこそ世界中でかなり居ても、何の不思議も無い事に成る」。

「また、温暖化による環境変動の激しい昨今、今後も、新たな人間に実害を及ぼすウィルスの発生の頻度も上がってしまう事」等は

「容易に推定出来る事に成る」。

「この様な実態から言える事」は

「今回の比較的毒性の低い新型ウィルスの検知~大騒動」は

「今後、数多く発生しても何の不思議も無い新たな毒性の強いウィルス等の発生時の対応の予行演習的意味合いが濃い事」に

「成っている事にも成る」。

「どれだけ多くの人間たちが、見えないモノやよく解らないモノへの恐怖心等に翻弄されず、

冷静に実体や事実・現実を見極め、合理的な対応が出来るか?出来る様に成るのか?」の

「試験や訓練的意味合いも濃い様相を露呈している」のが

「今回の一件の実態に成る」。

「この意味からすると、中国共産党独裁支配下の対応は、情報公開の面では以前より相応に進歩している様相だが、

マダマダ激情的要素が濃く、改善が必要な様相を露呈している」。

「其の改善にも有効に成る」のが「自分の実体や其の実体の根本的目的の十分な理解・把握による落ち着き」と

「多くの場合上辺に成ってしまい易い、比べっこの精神構造」から「本質・快適探究の精神構造」への

「健常成長」を「多くの人間の中で具現化させ易くする情報・教育・環境・社会・政治・経済体制等の構築と其の積極実用」に

「成る」。

「生きている一人の人間誰もの自分の実体は、

今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している、地球生命体細胞群の内の何十兆かの細胞群に他ならず、

其の命の連続性は、他人も含む地球生命体細胞群の全てに繋がっている」のが「現実」で

「地球生命体細胞群=広義の自分」であり

「其の中の人類としての何十兆かの細胞群=狭義の自分に成る事」は

「天動説的考え方や宗教等に拘らず、冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「生きている人間も含むほとんどの生物なら、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を実体験しながら存続している」のだから

「今、この瞬間にも実体験している死自体を恐れても意味が無い事」にも「直ぐ気づく筈」だ。

「死自体の恐怖から自分を解放するなら、相応に{大きな}余裕が出来る事に成る」。

「細胞ごとの死に、霊やあの世が要ると本気で考え・思い続けられる人間たちは、果たして、どれ程居るのだろうか?」

「今、この瞬間にも死んでいる一つ一つの細胞の霊やあの世を其の都度、考え・思い続けている暇がある」なら

「他の事に、考え・思い等を使った方が遥かに合理的に成る」。

「何十兆もの誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群個々の死も誕生も、意識化し続けていては、

人生を送る事さえもが大変に成ってしまう」。

「当然の如く、人間(脳のある動物も含む)の意識は、細胞ごとでは無く、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」。

「古の時代は、意識だけで、実態把握は不十分だったから、必然的に丸ごと一人レベルの死生観・人生観が生み出され、

丸ごと一人レベルの死生観・人生観と現実との矛盾を納得出来る様に誤魔化し続ける為に、

意識上の工夫や叡智の結晶でもある、宗教等の納得法が構築され、

丸ごと一人レベルの死生観・人生観ダケを持てていた、持っている、人間集団内で、其れは、集団的合意を得続けて来ていた」が

「其処には、細菌もウィルスも無かった」のが「現実」で、

「其れらも含む、見えないモノ、実体把握が出来ていないモノは、恐怖の対象と成り、させられ易かった」のが「現実」だ。

「見えないモノ、実体把握が出来ていないモノへの順当な対応法」は

「機械等、物質文明製品に手助けさせてでも見る事や、例え、見る事が出来なくても、科学レベルで実体把握する事に成る」。

「ウィルスは見えないから過度に恐れがち」だが

「乳酸菌等と同様」に、

「重度に有害では無い菌やウィルス等を気にしている暇がある」なら、

「細菌バランスや身体状態の健常化を図っていた方が合理的に成る」。

「其の人の人体との親和性が相応に高いが故に、無症状のまま・・・の人も居る」し、

「同様のウィルスに対する免疫がウィルスが増える前に効果を示し新型コロナウィルスを其れこそ症状の無い内に駆逐している人も居る」し、

「新型コロナウィルスに対する高い免疫反応を示す人体の人も居る」のが

「実態」と「推定出来る」。

「本気で新型コロナウィルスを封じ込める」なら

「常々ウィルス検査を行い、新型で有害なウィルスを検知出来たなら、直ちに、其の地域を前面隔離等する事が必要に成る」のが「当然」で、

「今回の、重篤な症状が出た後の検査で有害な新型コロナウィルスが検知されたから、其の後、少ししてから、武漢を封鎖」では

「封じ込めが出来ていない事は当然に成る」し

「実際に、既に、新型コロナウィルスの検知は、其れこそ世界中で具現化している」。

「実質的に封じ込めが出来ていない以上、重要に成る」のは

「感染検知者数では無く、重篤な症状が出てしまった場合と其の原因の探究と実効のある対処に成る」が

「其の辺りの本当に重要に成っている情報を配信出来ないから、

其の代わりに、

感染研知者数を感染者数と言い、

感染防止対策を訴え、

政府等の対応を批判・非難等する政治運動等を行っている実態を露呈している」のが

「多くのテレビ番組等の実態」だ。

「感染防止対策の中でも重要に成る、どの様な場合に重篤な症状に至ってしまっているのか?や、

其の原因や、其れに対する実効のある対策法等は、

言わない、言えていないのが、現状である事は、言わない」で

「其れこそ、少し考えるなら、誰でもが分る感染防止対策を、優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等している」のが

「多くのテレビ常連出演者等の実態」だ。

「其の先に、政治運動等が付いていないなら、未だマシに成る」が

「政治運動付きの場合が多い」のだから

「現状のテレビ常連出演者等の人脈の偏りぶり」は「其の辺りからも良く判る事に成る」。

「現状対策を行わざるを得ない政界の場合」は

「例え、其のウィルスの毒性等がインフルエンザと同様レベルでも、既に、封じ込めが出来ていない事等が判っていても、

徹底的よりの対策を行わざるを得ない」。

「丁半博打ならぬ、何でも白黒二極で結論を出す精神文化が濃い米国」では

「実態としては、過剰な程の対策を既に講じている」し

「中庸の徳の精神文化もある日本」でも

「徹底した寄りの、金も手間もかかる感染防止対応等を行っている」が

「其の実態」は「封じ込め」というよりは「感染実態把握の為」等と「言った方がより整合性が高い様相」だ。

「実質的に、封じ込めが出来ていない実態からも、

重要に成る事」が、

「感染防止対策の先の、重症化を防ぐ事と、重症に至ってしまった場合の実効のある治療等に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今までに出て来ている情報からすると、免疫学的弱者状態に在る人間たちが重篤化している様相」だから

「其の様な状態に在る人間たちの保護こそが重要に成る」。

「ウィルスは一般的に低温と乾燥を好む場合が多く、感染力を保持し易い実態を持つ物質上での感染力維持時間が長く成る」ので

「チリ付着ウィルスによる空気感染を避ける意味からも、

どうせなら抗ウィルス効果のある、

空気清浄機の実用」や

「適度な温度と湿度を保つ暖房」や

「身体的に過剰な負担に成らない程度の、暖かい浴室での入浴後に体温が高く保てる入浴」等も「有効に成る筈」で

「其れは、風邪等の場合と同様に成る」が

「毎年在る、寒く、乾燥した時期に多い、インフルエンザや風邪等の流行の事を考えても、

電車・バス等の公共交通機関の車内や、

学校の教室や企業の仕事場等々、人が多く集まる部屋等の

環境向上に役立つ設備等の導入」等を

「積極的に行うべき」等と「思ったり、感じたり、している人々の数も多い筈」だ。

「喫煙防止も、もっと、徹底して行うべき事に成る」。

「医療費削減にも繋がる筈」だから

「テレビ・マスコミ等で其れらの促進を訴えたり、

国が其れこそ、補助金等を出したりして、リードして行わせたり、する事」も

「合理的に成る筈」だ。

「グローバル化を行うなら、

其の様な受け入れ容易化設備等が在ってこそ、

多くの人間たちがグローバル化による負の健康被害等から免れ易く成る」のだから

「其の辺りの流れが、未だ、十分に出て来ていない現状」は「早急に改善されるべき状態に成る」。

「基本的に生物は、生まれた地域環境に適応する様に自らの身体を育てて行くし、其れが遺伝でも伝えられている」から

「日本のある地方の環境への適応を身に付けている人間個体が、其の地方以外での生活との適応性が高いとは限らない」。

「世界レベルとも成れば、其の適応差はより大きくて当然に成る」が

「物質文明製品の進歩・進化により、空気も、気温・湿度塔も、水も含む飲食物も、相応に、誰でも適応し易い状態を構築する事が

より高度に、可能に成って来ている」。

「身体適応が容易に出来辛い環境下での生活は、其の生物個体に相応のストレスを生じさせる」ので

「其れを誤魔化すモノが必要に成り易く成る」。

「昨今、話題の移民・難民等でも、其の実状は同じ」で

「誤魔化すモノとして重宝され易いのが、金や相性の良い異性等に成っている事」等は

「多くの人間たちが、実態から既に、分っている事に成る」。

「金の為に本来適応し易い環境から離れ、他の地で生活し、金による誤魔化しを求める」とは

「哀れに成る」が

「そうまでしてでも、離れたい状態に成ってしまっている本来のところの状態こそが、一番の問題に成る」。

「其の様な状態の場所を減らし、ほとんどの人間たちが本来適応し易い環境で暮らせる様に成る」なら

「過剰な人間の移動も抑えられると共に、地球温暖化問題の解決にも有益に成る」のだから

「移民・難民を発生させているところへの改善対策」と

「移民・難民等を、場合によっては不法・不当であっても、

使い勝手の良い低賃金労働者等として使う事先での有利な儲け等を追及している受け入れ側の企業等に対する改善要求策」等が

「人類の急務に成っている事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「この意味からも、

多くの自国民等を劣悪状態下に置く事による支配~実質的略奪行為等を行い続けている国家指導者等には全く正当性が無い事に成る」から

「其れこそ、世界かかりで、其の様な状態の国家指導者等を撲滅し、其の国の状態を改善させる事」は

「合理的に成り、より早く、強く、行うべき事に成る」。

「劣悪国家指導者等故の移民・難民等は、劣悪国家指導者等が無くなれば、当然の様に無くなる事に成る」。

「多くの人間たちが、生体的環境適応がより容易な筈の本来のところで暮らす事は、地球生命体細胞群の自虐を減らす事に直結している」。

「毒性が激烈では無い様相の新型ウィルス等を過剰な程に恐れている暇がある」なら

「人間社会状態や地球環境状態の健常化にもっと、もっと、力を加えるべき」で

「其の為に有効に成る情報配信・教育等を意識的、かつ積極的に行うべき」だ。

「特定極一部の者たち等や其の者たち等が発する論等ばかり・・・を偏重する事等により、

公共の電波を使った政治・社会運動等を行い続ける事等も容易にし続けて来ている実態を露呈している

現状のNHKも含むテレビ・ラジオ界や、マスコミ界や、学校教育界等の

正常化・健常化」は「本当に急務」だ』。

「公共の電波上から排除されている、反社会勢力との繋がりがあった者等の現状等を、

ワザワザ公共の電波上で紹介する必要は全く無い」。

「其処に露呈している」のは「秘密を知る(?)お仲間だから、ゾンビの如く復活させたい思惑等」で

「公共の電波の不当使用の実態が露呈している事に成る」。

「そんな事や、反対野党等の為の政治・社会運動等の為に、割く時間がある」なら

「公共の電波上等で大量配信すべき情報は他に在る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも「新型コロナウィルス大騒ぎ!」等で最後には「問題ゲイノウ人ネットアップ引用公共の電波上引っ張り出しまで行っていた」が・・・。

『「新型コロナウィルスに対する中国共産党{指導}の対応」は「民主・自由主義圏の人間にとって、色々と違和感を覚える場合も多い」。

「例えば、タッタ10日間で新たな病院を造るの実態も、病院というより感染者収容所なんじゃないの・・・的」で

「中国共産党{指導}のウィルスとの闘い!」からは

「中国共産党を守る為の政治・社会闘争等と同様の臭いが濃厚に漂って来る感じ」だ。

「実質的には、遅きに失した大胆な閉鎖策の実効も疑わしく、

治療の中に、不適応分子の粛清が紛れ込まされていないか?等の不安も自然と沸いて来てしまう雰囲気満載の様相」だ。

「其れでも、日本の中の中国共産党や北朝鮮等のオトモダチかも知れないテレビ・マスコミ等」では

「{収容所}の様相を露呈している様な新たに造る病院を野戦病院等と言い」、

「中国共産党の{指導}が在るから、大胆な策も取れる!」とばかりに、

「日本の人権に配慮した対応に対する不信感等が多くの視聴者の中で生まれ易く成る様な情報配信等をしていた」。

「独裁支配体制には付きモノの不適応分子粛清混ぜ等の不安感や疑い等は、言わない」のは「ある意味、当然の事に成る」のだろう。

「上記の様な感や思い等を抱かされてしまった人間たちは世界中に数多く居る筈」で

「其の様な負のイメージから中国が脱する為に必要に成っている事」が「民主化であり自由主義化である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「中国も、一刻も早く、民主・自由化してくれると良いのだが」・・・』。

『「新型コロナウィルスも含む、毒性が激烈では無いウィルスへの対応」は

「皆、同様に成る」。

「最終的には、ワクチン等が製造出来、其れによる予防までも出来る様に成る」が

「ワクチンが無い場合」は

「重度の感染を避け、狭義の自分個体の免疫力や生命力を健常レベルにしておく事」だ。

「ガンもウィルスも、ガンやウィルス側に其の生体細胞群の支配権が移ってしまうと、其の生体の存続も困難に成る事は同じ」だから、

「いっぺんに大量のウィルスに感染してしまう事を避けたり、

感染してしまっても、出来る限りウィルスを自らの身体内で大量化させない事」が

「有効に成る」。

「新型コロナウィルスの既に、報道されている感染実態から判る事」は

「発症していなくても感染する、発症まで二週間もかかる場合もある、スティルス的実態も持つ、

少量飛沫感染でも感染する可能性が高く、接触感染も在り得る、

毒性はそれ程激烈では無いウィルスである事」だ。

「新型コロナウィルスのスティルス的実態や毒性程度や昨今の国際化による人的交流の活発さ等から推定出来る事」は

「未だ、表には出ていなくても、既に、日本に入り込み、結構な数の人間たちが感染していても、何の不思議も無い事」等で、

「毒性が激烈では無いが故に、発症しなかったり、軽微な発症で済んでいたり、する人々の数も結構いるのかも・・・」とも

「思える事」だ。

「中国共産党と、日本の中の其のオトモダチかも知れないテレビ・マスコミ等は、大騒ぎしている」が

「実際は、悪戯な大騒ぎ情報配信!等で過剰で余分な不安を煽るのでは無く、

インフルエンザ等と同様に、ウィルスを処理する力が弱っている状態の人々を重点的に反故等する事」が

「極めて重要な事に成っている」と「推定出来る」。

「新型ウィルスだから免疫が無い」のは「新型の風邪の元と同様」で

「免疫が未だ無い事=アウトに成るのは、毒性が激烈なモノだけ」で

「毒性が激烈では無いウィルス等の場合は、免疫も含む健常状態の維持こそが重要に成る」。

「重度で濃厚な感染を防ぐ意味からも、

マスクやメガネ等々の実用と

上着から下着まで全ての衣服等の毎日の洗濯・除菌徐ウィルス等と共に、

抗ウィルス効果のある空気清浄機や薬品等々の実用等も有効に成る筈」だし、

「免疫力アップ等の為には、

ウィルスや雑菌等々負担に成る要素が少ない環境内での適度な運動や、

乳酸菌等を含む飲食物を摂る事や、

身体をちゃんと温める事が出来る衣服の着用等々も、

有効に成る筈」だ。

「肺炎に成ってしまうと大変」だから「肺にストレスをかけない為にも、喫煙等を控える事も有効に成る筈」で

「受動喫煙防止の意味からも、今回の問題をキッカケに喫煙者や喫煙頻度等が減る」なら

「大歓迎!と思ったり、感じたり、する人々の数も多い筈」だ。

「有効に成る対策を過剰なストレスを抱かない程度に出来る事を行っているだけでも、相応に違う筈」で

「其の辺りの実状は、インフルエンザ等と同様に成る」』。

『「反社会勢力との繋がり等の理由で、表舞台から退かされたゲイノウ人」が

「コンビの者と一緒にいたい!」と

「実質的には、また表舞台に復帰して、大いに稼ぎたい!の旨、ネット上に画像配信していたモノ」を

「ワザワザ公共の電波上で、大々的に紹介する必要は全く無い」。

「コンビの者と一緒にいたい!」なら「表舞台では無いところで、どうぞご自由に!」で

「其れは、相手次第で、直にでも可能な筈」だ。

「表舞台の上でコンビの者と一緒に!の実意は、表舞台で稼ぎたい!に他ならない事」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが分る事に成る」。

「反社会勢力との繋がりがあった者等に、再び、表舞台で大きく稼がせる事を是としてしまう事は、

反社会勢力が過去の繋がりを利用出来る事に直結している」。

「人間の仕事が、表舞台ばかりである訳も無い」。

「表舞台の仕事を行う資質を自ら喪失させた者等を再起用している枠等があるなら、

新たな、問題の無い、才能の有る者を、起用するべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「才能のある者が手短にいないなら、探し出すのが、本来の仕事」だ。

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信なのだから、其の辺りの本来の仕事のやり方を行わず、

特定極一部の者たちばかり・・・を、例え、問題を起こしても、偏重使用し続けよう・・・等としている実態を露呈している事」は

「明らかに不適切に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「特定極一部の者たちばかり・・・の偏重起用と、極一部の者たちの偏重による出演料の高額化の裏に何がある?」

「宗教団体・民族団体等への献金等や、政治献金等々で、特定極一部の政党や民族等へ其のお金が流れているんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を抱いている視聴者の数も多い筈」だ。

「何しろ、選挙も無いから、実権者等人脈の交代も無い、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育界等では、

未だに、旧社会党系と朝鮮系が{与党}状態の様相を露呈し続けて来ているのだから!」

「出演者等は、特定極一部の者たちばかり・・・を主扱いで、

論等でも、反論・対論・他論等無きご用達論の主扱いの裏に在る」のは

「思想信条・政治指向・血統民族等を同じくしている人脈等」と

「推定出来てしまう実態が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルスと雪で大騒ぎ!」の様相だが・・・。

『「ウィルスの変異は日常茶飯事だが其の中で人間にお感染し毒性の高いモノへの変異が在り、其れがある人間に感染し、其処から他の人間にも感染する事態」は

「それ程、多くは無かった」が

「産業革命以降の環境変化や人間社会状態の激変」により

「まるで温暖化による台風の大きさが大きく成るかの如く、人間に感染し猛威を奮うウィルス問題の発生」も

「より深刻化している様相を露呈している」。

「元々の食文化等は同じ」なのに

「何故?今回の新型コロナウィルスが此の度出現してしまったのか?」の「原因探究より前」に

「現状対策が優先される」のは

「現状までの人間社会の常」だが

「中国国内も含むインフラ整備の向上と国際化による流通や人の移動の激増」が

「其の深刻度をより高めている事」は「明白な事に他ならず」、

「問題処理に当たっても、現状経済システム上での経済に対する影響等が、声高に訴えられている事」からも、

「人間に害を及ぼす新型ウィルスの出現より遥かに大きい、現状人間社会の病的問題」が「露呈している事」も

「明らか」だ。

「仮に、人間の移動が現状ほど活性化させられていない状態だった」なら

「新型ウィルス発現の原因探究の方が、遥かに重要視されていた事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」のだから、

「地球環境危機が叫ばれている現状」で

「地球環境危機を生み出している現状への主として経済的適応の為ダケを主にしている対策」では

「同様の新たな危機に対する対策としては明らかに不十分に成る」のだから

「現状対策と共に、源流対策も訴え、実効のある対策法等も議論・提案等する」のが

「現状対策に忙しい政界・官僚界等とは違う、自由度がより高い、情報・教育界等の重要な役割に成る」が

「現状」では

「ほとんど全てのテレビ・マスコミ等が、現状の問題で大騒ぎ!状態なのだから、本当に呆れる」。

「今回の問題をキッカケに、悪戯な世界標準化や現状人間社会・経済システム等への真摯な反省と是正法の模索くらい行ったらどうか!」

「現状対策」でも

「ウィルス対策として有効に成ると強く推定出来る事は少なからず在るのだから、

例えば、マスク大騒ぎ!状態だけ・・・では、本当に異常に成る」。

「抗ウィルス効果の在る空気清浄機にしても、薬剤等の類にしても、昨今では、結構手軽に手に入る」し

「其の効果も相応にある筈」と「強く推定出来る」のは

「筆者の場合でも、室内でも車内でも、其れなりに効果が高い空気清浄機使用以降は、明らかに、風邪をひく頻度も下がっているから」だ。

「マスクと共に、其の辺りも実用している割り合いが高い人間集団内」なら

「ウィルスの拡散速度や格差の大きさ等も相応に抑えられる事に成る筈」だから、

「通勤・通学等多くの人間たちが日常的に使う鉄道車両やバス等や学校教室や社内等々に、

抗ウィルス効果もある空気清浄機も付けておいたり、

抗菌・抗ウィルス効果の在る手すりやドアノブやボタン等々にしておく」なら

「今回のウィルスだけでは無く、風邪やインフルエンザ等々に対しても、相応に有効に成り、

昨今問題に成っている医療費の削減にも繋がる筈」だ。

「マスク・手洗いはもちろん、其の辺りまで、言及していてこそ、普通の情報配信内容に成る」が

「仲が良いからか、中国共産党支配下の中国内の実状の情報配信等は相応に特異な様相でも、

其の辺りの日本国民として当たり前に思い付く内容等の情報配信等は不得意な様相を露呈している」のが

「多くのテレビ番組や常連出演者等の実態」だ。

「今後も新型で人間にも多大な影響を及ぼすウィルス発生が起こり続ける事」は「確定している様なモノ」なのだから

「誰もが免疫を持っていなくて当然になる新型ウィルス対策として、今、出来る社会体制整備を行う事」には

「相応に意味がある事に成る」。

「また、現状経済システム上では、人間の能力や物等の移動を伴う売買等が無いと、景気も悪く成ってしまう」が

「過剰な移動が無い事=地球温暖化も抑制される事に他ならない」のだから、

「環境改善効果の分だけ景気が良くなる経済システム等にでも健常進歩させた方がより合理的に成る面もある事に成る」。

「其の辺りに言及し、新たで自虐度のより低い経済システム等を訴える経済学者等も居るのが、正常で健常な状態に成る」が

「現状では、天体の天動説横行時の様に、現状維持・賛美派ばかり・・・の様相が露呈していて、

其の裏には、

現状維持~増大・賛美派等で無いと、

経済学者にも、政治学者(与野党対立とは現状の中の対立構造に他ならない)にも、社会学者等々にも、

成れない、

未だ科学レベルに十分に達していない、宗教レベル状態の、現状の所謂、文系側の問題状態が在る」のだから、

「其の辺りの是正も急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今回の問題ダケを現状をそのままに過剰な程に大騒ぎしているダケ・・・」では

「本当に、情けない」。

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「大寒までは、暖か過ぎるくらい暖か過ぎた日々が多かったから・・・」と

「大寒以降も其れが続く筈・・・」という「思いや感」も

「現状過剰依存状態情報・教育等によ悪影響故の現象かも知れない」。

「全体的には温暖化でも、当然、厚さ、寒さが偏在しているところが在り、其の偏在場所が何時、自分たちが居るところにやって来るのか?」等を

「考えている」なら

「現状まで暖かった事よりも、今後の変動方向は?等の方が気に成っていて当然に成る」し

「車でも、気温低下や雪等の悪影響を小さく抑えられる冬タイヤ等への交換もしていて当然に成る」が、

「其の様に、変動の流れの中で、過去や現状だけでは無く、先も考える習慣」が

「現状の情報・教育等により生み出されている実態は、あまり見受けられない」。

「其れは、死生観・人生観でも、人間社会・経済状態でも、環境問題でも、同じ」で

「現状までは、多くの人間たちが、丸ごと一人の死生観・人生観上で生き、其の為には便利な納得法でもある宗教等も在るから、

其れらを前例踏襲で実用するだけ・・・の人生を送る人間たちの数の多さ」や

「現状の人間社会・経済システム等に大いに依存し、其の中での大金・大権・大名誉等々の収集こそが人生の成功!等と

実体からすれば、大いなる勘違い・思い違いをしたままの人間たちの数の多さ」や

「環境問題でも自分が死んだら関係無い!とばかりに、

死の実体把握は何処へやら、自分が死ぬまでの間だけ持つ事を重視している様相の人間たちの多さ」等々からも

「良く判る」。

「こんな実態が既に、明らかに成っている」のに

「未だに、本来必要に成っている情報配信・教育等を行わず、行えず、

現状の狭義の自分の立場・報酬・権力等々の維持~増大等を図り続けている実態を露呈している、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在と成ってしまう人間たち」は

「本当に、哀れ」だ。

「是正が急務に成ってる事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「予報では平野部まで大雪だったのに、平野部では、雪があまり降らなかった事の裏に在るのは、どんな事等か?」

「雨・雪の境界線が雨寄りで、予想より平野部の地温も高かったから、だろうか?」

「何れにしても、温暖化が原因なのだろうけど・・・」と「成れば」、

「温暖化等々による地球環境危機問題を解決する為に必要に成る事の実践」が

「必要不可欠に成る」。

「未だに、死生観・人生観等の現実との整合性を高める為に有効に成る情報配信・教育等さえも、

十分に行っていない事等は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「反対野党等の現状の中での政界権力争いへの手助け等には熱心」でも

「地球生命体細胞群の健常存続~永続に有効に成る情報配信等は、未だに、十分に行えていないテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「春闘や賃上げも結構だが、其の前に、多くの人間たちの死生観・人生観等をより現実との整合性が高いモノに健常進歩・正常進化させていなければ、

現状人間社会・システム上で人間同士で自慰し合っているダケに成り易く、

其の結果として得られるモノが、地球環境危機や人間社会・経済問題の先送りによる人類滅亡誘いだったりしている事にも成る」のだから、

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「相変わらずの反対野党等の為の政治運動等」や「解決法抜きの世代間分断論」等を常連出演者等が公共の電波上で一方的に、優等生ぶり、正義ぶり喧伝等していたが・・・。

『「国会という土壌」で「作物が作れない様に邪魔している」のは「小問題の大問題化等による{雑草}を生やしたり、

反対、もしくは、審議拒否等の手段による土壌汚染を行ったりし続けている、野党等の方」に「成る」が

「其れらの野党側の都合に沿う国会運営をしていない与党が悪い旨」等

「公共の電波上で一方的に大喧伝等し続けて来ている」のが

「選挙も無いから実権者等の交代も不十分なまま・・・で、未だに、旧社会党系や朝鮮系が与党状態の様相を露呈し続けている、

反対、もしくは、審議拒否野党等のお仲間テレビ番組や常連出演者等の実態に成る」。

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信の内容」を

「反対、もしくは、審議拒否野党等にとって都合の良いモノばかり・・・を主扱いにする事」等により、

「多くの視聴者の頭の中で、政府・与党等は酷いから、反対、もしくは、審議拒否野党等の方が良い等と

野党等の政治・政策実態等は大きく問わさせないまま、思わせる事で、

少しでも、選挙時の有権者の判断も反対、もしくは、審議拒否野党等にとって都合の良いモノとするべく、

情報工作~大衆マインドコントロール~大衆誘導等を行い続けて来ている実態が其処に露呈している」。

「公共の電波使用上での実質的、政治偏向状態等の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「世代間分断をダシに、日本国内の元々から日本系と朝鮮系・中国系等の分断を心配している様相も露呈していた」が

「分断問題解決法に言及せず、出来ず、優等生ぶり、正義ぶり、みんな仲良く、みんなで問題解決法を考えましょう!等の旨」では

「常連出演者等が、

本来、この手のテレビ番組等で行うべき重要な仕事でもある、解決法の提案等も出来てない劣悪状態に在る事」等は

「もはや、明らか」で

「そんな劣悪状態を露呈し続けて来ている者たち等を常連出演者等として重用し続けている事自体の正当性にも

大きな疑問符が付く事に成る」が

「其の辺りの是正(常連出演者等の交代)等を行うと、

反対野党等にとって都合の良い政治的偏向性も失われてしまうからか、

出演料や有名人利権等の利権を反対野党等のお仲間等が得られ無く成ってしまうからか、

一貫して行って来ていないのが、

現状のテレビ界の実権者等の劣悪過ぎる実態」に「成る」。

「そんな劣悪な実態を露呈している者たち等の交代等による是正さえも十分に行えない事」は

「明らかに、酷く、異常」で

「国会という土壌よりも遥かに酷い土壌汚染状態や雑草頻発状態が其処に在る」のは、

「政界には選挙が在るから民意を反映した実権者人脈の交代も相応に在るから」に「他ならない」のだから、

「公共の電波使用の仕事をしている者たち等の実権者等にも、政界の選挙同様の民意を反映させた人脈交代等を可能にするシステムの導入等が、

必要に成っている等と、感じたり、思ったりしている視聴者の数もかなり多い筈」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「分断問題の解決法も実は、簡単」で

「一番重要に成る事は、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った先で判明する善悪に基づいて悪を排除する・改善させる事」に「成る」。

「日本社会内での分断を心配している」なら

「例えば、北朝鮮金政権等反日国政権等の命令・指令の下等の非人道的なスパイ・工作活動等という悪事を行っている者たち等を

徹底的に排除したり改善させたりした上で

日本が好きで日本に居続けている健常・通常・正常な人間たちへの差別等は徹底してダメである事を大衆周知すれば良い」。

「善悪差別をちゃんと行う」なら「大衆合意は簡単に成る」が

「善悪差別を行わない」と「分断が生じ易く成る」のは

「極めて当たり前の事に成る」。

「此の当たり前の現実を言わない、言えない」のが

「非人道的なスパイ・工作活動等を実質的に支援している、しなければならない立場に居る様相を露呈している、

北朝鮮労働党等のオトモダチや民族的同朋の一部等々だったりしている実態が既に露呈している」のが「現状」だ。

「当たり前の事さえも言えないのに、優等生ぶり、正義ぶる事等が得意な厚顔無恥な実態を露呈し続けている

現状の多くのテレビ常連出演者等の{押し売り}による、人間社会への悪影響は、計り知れない」。

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信の先では、民放キー局地上波とも成れば、多くの場合で、~何百万人~の視聴者が、

其の内容を否応無く視聴等し、意識の有無を問わず、相応に、覚えている、覚えさせられている」のが「現実」だ。

「人間は、覚えた事=自分の一部とさせ易く、自分の一部を自分が否定し辛く成るのは、ある意味、当然の現象に成る」。

「毎日、毎日の其の積み重ねが、実際に起こされている」のが「現実」なのだから、

「不当な状態の是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的をちゃんと理解・把握する」なら

「世代間断絶がナンセンスである事も直に解る事に成る」。

「丸ごと一人レベルだけで考える」と

「人間の年齢等も、それぞれの人間個体別ダケに成ってしまう」が

「細胞レベルで考えるなら、今、生まれたばっかりの細胞は、世界中の何処の誰でも同じ歳に成る」し

「細胞レベルの命の連続性も、世界中の何処の誰でも、地球生命体細胞群の何十億年もの年齢と同じで、何十億歳レベル」だ。

「数十年前の50歳と今の50歳では、数十年分年齢が違う」のが「現実に成る」。

「現状で生きている全ての人間たちの本質的年齢は同じ」なのだから

「其処に、世代間は無い」。

「世代間で他世代を責めるやり方の裏に在る」のは

「精神分析で言うなら、エディプスコンプレックス故の現象に当たる事」で

「其処に在るのは、責めている人間たちの精神状態問題に他ならない」。

「例え、在る問題で、親に勝ったところで、人間同士の勝ち負け争いが行われ、其の一つの結果が出たダケ」で

「問題の本質的解決には直結しない場合がほとんどに成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「地球環境問題解決の為」でも「単純化して、化石燃料だけ使うな!では、他の人間社会問題が増大するダケに成る」のも

「極めて当たり前の事に他ならない」。

「現状の地球環境問題が何故生まれているのか?の理解・把握から始め、

地球環境問題の元凶を撲滅する対策を行うか?」

「地球環境問題が行くところまで行ってしまい、もはや、問題解決の先送りが出来な状態に陥るか?」の

「何れかの事態に至った時、初めて、実際の問題解決も可能に成る」のが

「人間社会の実態に成る事」は

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い問題の場合と同じ事に成る」。

「現状の人間社会は、武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いの自虐度が高過ぎる事を

先の大戦や核兵器の実用等により、否応無しに認識せざるを得なく成った多くの国家指導者等も含む人間たちが、

比べっこはそのままに、武力を経済に替えて実用して来ている状態に他ならず、

武力により直接人間が殺される事態は激減させる事が出来ているが、

経済により間接的に人間が殺されたり、

地球環境や地球資源が大きく過剰に損なわれ続けて来ている状態に陥っている」のが

「実態」だ。

「地球環境問題」も「其の中の一つの実現象に他ならない」のだから

「地球環境問題を解決する為には、経済による比べっこを止める必要がある」。

「そもそも、基本的に、人間の精神構造は、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが、

乳幼期の比べっこ支配権(乳房)/被支配権(親や大人等からの愛)争い状態から、

成人期の本質・快適探究状態へと、

健常成長しようとしている」が

「其の健常成長が阻害される状態に成る」のが

「必要十分な衣食住・情報教育等の環境が得られ無い場合」や、

「病気やケガ等により身体自体の健常化を優先せざるを得なくなっている場合」等に「成る」。

「古の時代は、人間も含む生物の誕生・死の実態把握も圧倒的に不十分という状態であった上に、衣食住環境も困窮状態だった」から

「当然の如く、精神構造の健常成長も阻害され、比べっこのまま・・・で、

大人に成るに従い、使える様に成る者・物・事等も増えると、

ある意味、必然的に、武力による比べっこと宗教による納得等の状態に成ってしまっていた」。

「生物の誕生・死の実体把握も科学レベルで出来る様に成り、

産業革命により物質文明側が大きく進歩・進化する事で、衣食住環境も改善されて来ていた

近代以降でも、

精神文化側の産業革命が行われなかったので、

戦争の歴史が続けられてしまっていたが、

物質文明側の進歩・進化は、兵器にも当然及び、核兵器まで開発~製造~実用と成ってしまった先の大戦以降」は

「複数の国々が核兵器を持っている実状からも、武力による比べっこを世界レベルで行う事は、もはや、ご法度と

多くの国家指導者も含む人間たちが、既に、理解・把握済み」だが

「未だ、精神文化側の産業革命も行われていない」ので

「武力の代わりに経済で比べっこを!」と「比べっこレベルからの卒業は実現出来ていない」のが

「実状」だ。

「逆から言う」なら

「精神文化側の産業革命を行い、性能の良い精神文化製品を意識的、かつ積極的に製造~販売~実用等する様に成る、する」なら

「多くの人間たちの精神構造を、比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長させる事も十分に可能に成る」のだから、

「精神文化製品の一つであるテレビ番組等が、未だに、旧態依然としたまま・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「多くの個々の人間たちの精神構造が健常成長出来ていて、

初めて、

其の集大成である、人間社会・経済システム等の精神文化製品を健常進歩・正常進化させる事への合意が得られる事に成る」のだから、

「其の為に有益に成る仕事をしているべき立場に在る者たち等の責任は相応に重大に成る」。

「未だに、現状利権を損なわない程度の戯言程度や、政治運動等では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「いい加減に、人類誰もが広義の自分や広義の自分の根本的目的くらい十分に理解・把握出来る情報配信等を行ったらどうか!!」

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも「相変わらずの、野党目線の政治問題論」等の「偏向・偏重情報」等の公共の電波を使った情報の一方的大量配信状態だが・・・。

『「広島で当選した参議院女性議員(自民党)の選挙時の問題」等を「無理やり、現政権に強く結び付ける事」等により、

「現政府・与党等に対する悪いイメージ等を多くの視聴者・読者等に抱かせ、

与党で無ければ・・・の論理で野党を有利にする、

反対、もしくは、審議拒否野党等を有利にする、政治運動等」が

「公共の電波を使って大々的に行われ続けられていて良い訳が無い」が、

「他にも、自民党女性議員に対する、言葉狩り」を「被せて」、

「其の不当な政治運動等を公共の電波を使って行っていた」のが

「本日のテレ朝昼番の一つの実態」だった。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「選挙時の問題」は「基本的に、其の議員に在る」。

「ある議員が、公職選挙法に触れる不当な、買収等の手段を用いて当選した」なら

「法に基づき、当選自体が無効に成る」のだから、

「粗探しも含む、色々な手段で露呈した、させた実際の問題が在る」なら

「其の後は、法による処理が適切に行われる事を注視し、其の実態を問題の大きさ相当の原寸大で報道等すれば良い事に成る」が

「与党議員から其の手の問題を露呈させる事に成功する」と

「ここぞとばかりに、政府・与党等と無理やりにでも強く結びついている印象を視聴者・読者等に持たせ、

例え、小問題でも重大問題であるかの如く、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、徹底的に大喧伝等する事等により、

政府・与党等に悪いイメージを持たせる事で、相対的に野党側を有利にすると共に、

与野党対決の構図等も多くの視聴者・読者等の頭の中に擦り込む事で、

選挙時には、与党が悪そうに思えるなら野党でしょ!等の判断を下させられてしまう有権者の数を増やそうとしている、

実質的、情報工作~大衆マインドコントロール~大衆誘導等を行っている実態を露呈し続けて来ている」のが

「反対、もしくは、審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「まるで、ナチス・ヒトラーによるラジオ・マスコミ等悪用の大衆誘導等と同様の悪事が其処に露呈している」のだから

「是正が急務である事は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「夫婦別姓を可能にする事」を「国会で訴えた野党党首」に「対して」、

「~ならば、結婚しなければ良い!等の旨の言葉」で「ヤジ等を言った、与党女性議員」は

「野党や野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等に対する言葉狩りの具を提供した実態を露呈した様相」だが、

「該当のヤジ等」が

「~ならが結婚しなければ良い!等では無く、

其れは、何処の文化だ~?!とか、何処の誰からの依頼か~?!とかヤジったりする」なら

「果たして、どれ程の反論が、野党や野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等から出ただろうか?」等が

「思わず、気に成った日本国民の数も、決して少なく無い筈」だ。

「其の様な内容のヤジ等に対する言葉狩りが行われた」なら

「必然的に、夫婦別姓国の存在がクローズアップされ、日本の中の夫婦別姓国人脈等にもスポットライトが当たり易く成る」。

「日本に帰化していても、祖国・母国等の文化で暮らしたい人間たち」なら

「夫婦別姓を日本の法律で認めさせる事による、祖国・母国文化による旧来からの日本文化の改造、もしくは、破壊等の思惑を持っていても、

ある意味、当然に成るのかも知れない」が

「其の辺りを容易に容認する」なら

「其の先には、天皇家が金家に替わってもよいんじゃないの!」の「法改正等の{要求}等も出し易く成る」のだから、

「この手の問題に対して」は「相応に、慎重であって然るべき」なのが「日本国の国会議員等の立場」に「成る」。

「外来的要素の強い、夫婦別姓の容認より、原家庭とは別の新たな家庭を創る意味からの夫婦新姓を容認する法を創った方が、

子どもの姓の問題も起こり辛く成り、日本には合う」というのが「元々からの日本人の筆者の実感」だが、

「其の様な法改正よりも、夫婦別姓を先に訴える」のが

「外来の要素が濃い様相の者たち等の実態」だ。

「ここで重要に成るのは、現状までの日本国内の外来人脈等にどの程度の正当性等があるのか?」等で、

「先の大戦終戦時」には「朝鮮半島内も含む日本本土内以外のところに居た日本人のほぼ全ては、強制的に日本に帰還させられた」が

「自主的に日本に渡来していた朝鮮人等の多くは居残った、居残れた、という異常な戦後処理の実態」を

「実態通りに、理解・把握する」なら

「其の後も、

日本によって強制連行された!から日本に居るとか、

日韓併合は二国間の国家間契約では無く、日本による侵略~植民地支配だ!等々の

史実や現実とは違う旨等の実質的、嘘等を、

事ある度に、大喧伝等し続けて来ている者たち等」の

「正当性等に、相応の疑問が生じて当然」で

「更に、戦後の日本国内で、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等まで行ったり、手伝ったりしている者たち等」なら

「もはや、其の不当性等は、明らか過ぎる程、明らかな事にも成る」が

「其の様な者たち等の一部も、昨今の多様化容認や人権主義等の流れを良い事に、

喜び勇んで、突き付けて来ている{要求}が

多くの日本人の文化や感覚とは全く合わない場合が多い、夫婦別姓の容認!」に「成る」。

「テレビ・マスコミ・学校教育上等々でも、

少なくとも、上記のレベルの論等も含めた、綿密な国民レベルでの話し合いや実体解明等を行った上」で、

「昨今の多様化や人権主義との兼ね合いを重ねて、論じたり、代理制民主主義上での法体制を論じたりする」のが

「普通のまともなやり方に成る」が、

「現状までの、

圧倒的に野党寄りの色が濃い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」や

「野党や野党の議員等々」は

「其の辺りの普通のまともな道の上を進もう、進ませようとはせずに、

自分たちの実体さえも、

場合によっては、現状までの異常な戦後処理の先で生まれ、基本的に其のままの状態が維持出来てしまって来ている、

優位な立場等を利用して、パワハラ的に、圧殺・黙殺等せしめたまま、

其の人脈等の都合に沿う事に対する大衆合意ダケを先に得られる様にすべく、

情報・教育・政治等々を行い続けて来ている実態を露呈している」のだから

「本当に、呆れる」。

「其の実体」は

「多くの自国民を殺したり、政権を取った後、不適応分子として粛清し続けて来たり、等々しているが故に、

多くの自国民等はもちろん、世界の中でも、優位な立場に登り、其れを維持~拡大し続けなければ成らない、原罪を自ら背負う道を選択した、

旧社会・共産圏の国々や国家指導者等の実態と同様に成る」のだから、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪や、其の先での偽りの史実捏造・歴史認識強要等々の原罪が無い」というなら、

「簡単に、普通のまともな道の上を歩める様に成る筈」だが。

「原罪が在る」なら「原罪を認め、謝罪し、償い、応分の罰を受ける事等から始めるのが正道に成る」。

「原罪が在る」のに「何時までも、異常な戦後処理に基づいた{不当}な立場の維持~増大{工作}等を行い続ける」等の

「恥の上塗りを行い続ける」なら

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在としての大きさをより大きくされる事に成る」。

「何時までも、比べっこや現実逃避等々で誤魔化し続けられる訳も無い」。

「現状までの、金権や人間社会・経済システム等々の実体」は

「丸ごと一人の死生観同様の実質的、宗教に過ぎず、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から科学レベルで整合性を取った上に在る、再現性も在る、

確度や存続性や永続性の高いモノでは無い」のが「現実」だ。

「現実ラインから地動説的に見た場合にはっきりしている事」は

「天動説状態で宗教的にそう思いたい、信じたい、他人にも強い続けたい、等々と代償欲求を追及している事」と

「全く違う」。

「地動説的に、自分の実体等々から科学レベルで整合性を取る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る実体が其処に在る」。

「未だに、天動説状態で、宗教逃避等し続けようとしている裸の王様たち等」は

「本当に、哀れ」だ。

「根本的に自分に自信が持てない状態を自らつくり出しているが故に、

他の者・物・事等を支配したり、

他の者・物・事等によるお墨付きを得ようとししたり、し続ける事で、

誤魔化し続けようとしている、

自虐的で大迷惑な人生等からは、早々に卒業し、

過去の罪を償い、自己健常支配の継続に生きる」なら

「必然的に、過剰で不要な他者支配の欲動は消失し、

自己承認欲求の本来欲求も充足され易く成る」から

「自信も生まれ、人生も健常化され易く成る」』。

『「未だに、公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育等まで使って、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)政治運動等を行い続けている者たち等」は「本当にどうかしている事に成る」。

「日本国内で、戦後産まれの一般市民までもをターゲットに含めた非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等」も

「本当に、どうかしている事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「{反対野党等の為の選挙時用の仕込み}消費税減税が良いゾ~!論(一応、反論付き)」等を公共の電波を使ってばら撒いていたが・・・。

『「消費善減税すれば消費が{凄く}活性化し景気も良く成り税収も上がる」等の「まるで{最低でも県外!}と同様の、絵に描いた餅論等の公共の電波を使った大喧伝の目的は何か?」等は、

「少し考えるなら、多くの視聴者等が直に気付く事でもある」。

「{最低でも県外!}の絵に描いた餅、美辞麗句をダシに、多くの有権者を実質的に騙し、誕生した民主党政権の実態」からも、

「日本国・多くの日本国民の為に成る実現可能な政治・政策等を具体的に見出し、訴える事には、応分の能力と資質等が要る事」等は、

「もはや、多くの有権者も十分に知っている事」と「強く推定出来る」。

「其れでも、現状の民主党等からの流れの先に在る反対野党、もしくは、審議拒否野党等が、

来るべき国政選挙時に出来る限り多くの議席を得る為」には

「政府・与党批判・非難ばかり・・・では、大きな支持が得られる訳も無い事」等も

「既に、明らか」なので

「其れらの勢力や其のお仲間テレビ・マスコミ等にとって、必要に成っている重大事の一つ」が

「多くの有権者が、{其れが良い!}と思えてしまう、{実行可能!}とも思えてしまう、政府・与党とは違う政策等を見つけ出す、つくり出す事に成っている事」等は、

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「だからと言って、そんな政策等を簡単に見出せる能力も資質も十分に持っていない実態を既に露呈している其のスジの人脈の者たち等」は

「政府・与党等が行っている、行おうとしている、色々な政策の反対側に

実用可能なモノを見出そう・・・と、アレコレ探っている実態を露呈している」。

「しかし、例えば、{カジノを含むIRに反対!}では、

{韓国や中国のカジノ利権の為の反対なんじゃないの。}等と

直に、多くの有権者が其の実体に疑いを持つ事に成るので、

其れを実用しても、実質的に無駄に成る、ばかりか、場合によってはむしろ不利に成る」。

「何としても、有権者受けの良い{実現可能と思えてしまう}{政府・与党等とは、反対側の政策等}を

見つけ出す必要に迫られている其のスジの者たち等」は

「多くの有権者が重要に思っているのは、何と言っても金でしょ!」とばかりに、

「消費税減税!という実質的、ばら撒き政策にスポットライトを当てる事にした様相」で

「其れに対する多くの視聴者等からの支持を醸成する為に、公共の電波上で大喧伝し、

其の受けを検証する為にも、公共の電波による情報の一方的大量配信等を利用している様相を露呈していた」のが

「本日のテレ朝朝番の中の{消費税厳正すれば景気が良く成る!}論等の大喧伝(一応、反論付き)」だった。

「消費税減税と言えば、耳障りは良く」、

「消費税アップと景気減衰のグラフ等だけに思いを集中する」なら

「消費税を減税するなら、景気も良く成る様にも、思えてしまいがち」だが

「冷静に、物価がタッタ2~5%程度下がったところで、消費が大いに活性化するのか?」等を

「考える」なら

「誰もが、消費税減税=景気・税収向上論が絵に描いた餅論である事」等が

「直に、解る事に成る」。

「生活必需物質文明製品等が、一応それなりに十分に得られている後の消費」は

「飲食物や消耗品等に偏る」のは

「極めて当然の現象に他ならない」から

「個々の人々の生活必需物質文明製品や社会インフラ等物質文明製品等がある程度以上十分な状態に至っている先進諸国では、

経済成長も鈍化する」。

「経済成長が活発なところは、其れダケ開発の余地が在るところに他ならない」から

「新たな開発の余地を見出す事こそが、経済成長の為に重要な事に成る」。

「開発の余地の中には、例えば、物質文明製品である自動車の燃費や安全装備や自動運転技術等の飛躍的向上も在り、

飲食物等の梱包・輸送・配送等も含むロスの軽減化や健康への貢献度や味・食感等の向上も在り、

地球環境や他人も含む地球生命体細胞群への自虐強いを激減させる事等の向上等も在る」が

「其れらを実践すると、実践の為に必要に成る物質文明製品・精神文化製品・インフラ等整備の間は、経済成長しても、

整備が行き届くと、経済成長が衰退する様に成っている」のが、

「現状までの経済システムの実体」で

「其の実体故の経済成長の鈍化現象が起きている」のが

「現状の日本経済の実態でもある」。

「現状の日本経済を成長状態にする為」には

「新たな未整備・開発必要分野を見出し、大衆周知~整備・開発対応する事」や

「経済システムという精神文化製品自体の性能向上等が合理的に成っている」が

「其処を言わず、消費税減税等の、{反対野党等の為の政争の具}等を用意したりしている」のが

「戦後日本の所謂、文系の、学校教育界の教授等の実態」だ。

「学者の本分は一体どこ行った?!」等と

「哀れにさえ思ったり、感じたりした視聴者の数も決して少なく無い筈」だ。

「現行経済システム上での経済成長が、地球環境問題の解決にも、人間社会問題にも直結している」なら

「其れを目指すのが、政治としても正しい事に成る」が

「実際は、違う」から

「現実」として、

「経済発展を優先すると環境破壊や資源枯渇や他の動植物や地球環境への悪影響等々が起こり易く、

経済格差もどんどん大きく成り易く成るので人間社会問題もより深刻化し易く成って来ている」。

「こんな実態を目の当たりにし続けて来ていながら、

未だに、地球環境問題の解決や人間社会問題の解決との整合性が高い経済システム等を訴えていない経済学者」では

「まるで、地動説が既に在る時代の天動説派の学者の様」で

「本当に、哀れ」だ。

「そして、天動説状態の学者等の絵に描いた餅的様相を露呈した」のが

「まるで{最低でも県外!}の様な、{消費税減税すれば景気が良く成る!}論の実態」だ。

「そんな論等を大喧伝している公共の電波上の時間が在る」なら

「他に、公共の電波を使って一方的に大量配信すべき情報が在る事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「では、少なくとも、何処かの政治主導が大好きだった政権等の者たち等よりは、頭の良い人間たちが数多く居る官僚界や

現政府・与党等」は

「何故、消費税増税政策等を進めているのだろうか?」

「其の先に在る」のは

「近々来る事に成る、AI・ロボット大量実用社会化時に必要に成る、ベーシックインカムへの切替」に「成る」。

「消費税ダケでベーシックインカムを賄う様にする為」には

「現行の経済システムのままなら、約40%もの消費税が必要に成るとの試算もあるらしい」が

「多くの仕事が、AIとロボットで賄える様に成る時代に、

人間が無理やり要でも無い仕事をする事自体が、地球環境にも、人間社会にも好ましくない事に成る事は、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならず」、

「何れは、経済システムの性能アップも、ベーシックインカムの実用も必需に成る事」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の様な状態への軟着陸の為には、現行から消費税を上げる事に多くの人間たちを馴染ませる事」や

「多くの人間たち」を

「自己確認や自己承認の代償欲求追及としての仕事???と其の見返り追及という、

比べっこレベルの精神構造上の死生観・人生観上での人生追及実態」から、

「本来欲求追及を主とし、免疫を養う程度、遊び程度の代償欲求追及を従とする、

比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常成長をした精神構造(自己制御ロジック)を持つ

人間状態に、健常進歩・正常進化させる必要性が在る事に成る」。

「基本的に、全ての人間がベーシックインカムを得られ、必要十分最低限の人間生活が保障されている状態の人間社会が構築される」と

「共」に

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った上で悪事に成る事等を行ってしまった、行わせた者たち等からは、

其の悪事応分の減額や権利消滅や更なる罰等が与えられる状態」が

「構築されて行く事に成る」。

「其の様な自虐度の低い人間社会化への移行の為に必要に成っている」のが

「自分の実体把握や自己健常制御等々に関する情報・教育」に「他ならない」。

「其処には、くだらない人間集団同士の支配権争いなど無く、其の為のバカらしい政治運動等も在る訳も無い」。

「在るのは、自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った上で、

より自虐度が低く成り、より快適に成る状態の構築への貢献法の模索や、其の中で生まれる実行可能な手段等の実用」等に「成る」。

「比べっこだから格差が要る」が

「本質・快適探究なら、要るのは、格差では無く、本質的に自虐度が低い快適状態等に成る」。

「人類誰もも含む生物の誕生・死の実態が細胞レベルの実現象であり、

生きている人間なら世界中の何処の誰でもが今、この瞬間にも死を実体験している現実」を

「十分に理解・把握出来ていない内」は

「今、この瞬間にも、実体験している死自体」に

「過剰で過大な恐怖等さえも抱く状態に陥り易く成り、

其処に、考え・思い・感じ・信じ上で、共感出来てしまう何らかの者・物・事等が差し出されるなら、

まるで、神からの救いの如く、其れに依存しがちに成る」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成る」が

「科学レベルで死の実態が既に、判明してから、其れこそ、百年も経っている今日、

未だに、天動説状態のまま・・・では、いったい、どんな情報・教育・環境の中で人生を送らせられて来たの?!!」等と

「本当に、心配に成る、ばかりか、そんな状態の人間たちが数多かったり、大きな実権・権力等を保持出来ていたりする、なら、

人間社会が人類滅亡方向に導かれ易く成ってしまうのだから、ある意味、本当に、重大な迷惑状態でもある事に成る」。

「個々の狭義の自分の精神構造(自己制御ロジック)を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常進歩・正常進化させる権利と責任は、

基本的には、個々の狭義の自分たちそれぞれに在る」が

「多くの人間たちの自己の精神構造を健常成長させる重大な権利を大きく阻害し続けて来ている実態を露呈している」のが

「現状までの比べっこ強い人間社会・経済システム等や、実体としては、酷く劣悪な、情報・教育等や、

映画・アニメ・ドラマ・小説・ゲーム・音楽・絵画・漫画等々の精神文化製品等々の実態」だ。

「人類滅亡を避ける為にも、地球環境問題を解決する為にも、是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」のに、

「未だに、政治運動、反対野党等の為の政争の具仕込み状態を露呈・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝昼番では、北朝鮮問題を取り上げ、白頭山での抗日派の焚火談議等を史実とは違う状態で紹介していたりした」が

「もちろん、言うまでも無く、日韓併合二国間国家間契約当時の二国をより進んでいた日本寄りに一国化する同化政策に、

武力まで用いて抗った、当時の多くの朝鮮人からも迷惑がられた者たち等が、追い詰められ、大勢に影響が無い状態に至らせられたところが

白頭山等であるのが史実」で

「白頭山等は、抗日運動始まりの場所では断じて無く、迷惑がられていた者たち等が追い詰められた終わりの場所」というのが

「実態」だ。

「終わりを始まりとした、日本の敗戦につけ込んだ、戦後火事場強奪正当化の為の、{ファンタジー}は、

旧ソ連の絶大なる軍事支援と旧ソ連ご用達の旧ソ連からの金日成の神格化の為に、創られた」が

「史実では無いモノが、何時まで力を保持出来るのか?」等は

「史実がどんどんより明らかに成り易く成って行く人間世界内では、もはや、言うまでも無い事」で

「史実では無いモノに縋り付き、偏重し続けようとすればする程、そんな事をする者たち等が、世界中から乖離して行く事に成る」のだから、

「其れこそが、亡国への近道に他ならない事に成る」。

「亡国への近道を選択している国家指導者も其の国民の国民も、其の支持者や協力者等も本当に哀れ」で

「其の様な状態の者たちが酷い状態から解放され、今時の人類としての普通の状態を得られる様に成る事」等を

「望んだり、願ったり、している人間たちの数も多い」。

「北朝鮮金政権等は、何時までも、カルト宗教による国家運営等など行い続けていないで、

情報の自由化等に舵を切るべき」だ。

「核兵器を作れば作る程、ミサイルを創れば作る程、他国内でのスパイ・工作活動等を行えば行う程、

健常方向に向かおうとしている人間世界から離れて行き、何れは亡国に至る事に成る」のだから

「自虐的な事完全放棄への方向転換が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本の中の北朝鮮等のオトモダチ・手下・協力者等は、自由度が高い筈」だから

「日本から韓国から北朝鮮への正常化・健常化の流れ等を起こす事だって出来ない事では無い筈」だ。

「何時までも、北朝鮮金政権等の手下、飼い犬状態・・・等では、本当に、哀れに成る」。

「工作で粛清される事等を恐れている暇がある」なら

「工作実態自体を大々的にバラせば良い」。

「日本のスパイ・工作活動対策の充実等を訴えたり、力を加えたり、するのも、合理的に成る」。

「北朝鮮金政権等の手下・協力者等であり続ける事」と「解放~健常化の戦士・協力者等である事」では

「其の者の人生の価値自体が本質的に大きく違う事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「仕事とは?を言わない仕事論」等を「運とは?を言わない運が良いと言う」常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取っていない、現状人間社会・経済システム内での集金・集権等を仕事と言う」なら

「其処には、かなりの割り合いの自虐業・破壊行為等々が含まれている事に成る」のは

「少し前までの武力比べっこ時の仕事=戦争の実態」や

「現状の経済比べっこの仕事=集金・集権等に伴う経済圧殺や環境破壊等々の実態」から

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類にとっての本来の仕事」とは

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続の実現への貢献」で

「其処」には、

「地球生命体細胞群の宇宙への本格進出を可能にする高度な科学技術や物質文明製品の創造・製造や、

高度な科学技術・物質文明製品の自虐使用を抑え続ける為に必要に成る高度な精神構造・精神文化の創造・製造や、

人類も含む地球生命体細胞群の健常存続~成長の為に必要に成る衣食住関連物質文明製品(飲食物も含む)の製造や配達等々」が

「在る」。

「其れらの仕事」を「出来る限り自虐度を抑えて行う事」こそが

「現状の全ての人間たちに望まれている事に他ならない」が

「現状までの人間社会・経済システムを重用し続けている限り、其の精神文化製品の劣悪過ぎる性能故に、

自虐度を抑える事を非常に疎かにする事を強いられ続ける事に成ってしまう」。

「此処で、精神文化製品を健常進歩・正常進化させる事に思いが至らず、現状内での成功???を目指している者たち等の実体」は

「戦前~戦時中に軍のエリート等を目指していた者たち等と同様」で

「其の様な者たち等に過分な立場・権力・報酬等を与え続け、大きな力を持たせ続けるなら、

人間世界の精神文化製品の健常進歩・正常進化が大きく阻害される事に成る」のは

「極めて当たり前の現象に成る」。

「戦前に軍部に力を持たせた事により戦争に至らせてしまった史実」や

「戦時中に軍部に力を持たせ続けていた事により戦争被害が大きく拡大した史実」等から

「学ぶべき」は

「経済世界大戦状態の現状で経済覇者に近い者や企業等に過大な力を持たせる事等を避ける事」と

「其の為の実行可能な具体的な手段を創造~実用する事に他ならない」。

「其れに失敗する」なら

「経済世界大戦を否応無く止めざるを得なく成る状態に至るまで経済世界大戦が続けられ、

其の結果として、人類も含む地球生命体細胞群が得る事に成るのは、

快復が非常に困難に成っている地球環境と其れ故の人間世界のゆとりの無さで、

其処からサバイバル戦争~人類滅亡に至るまでが、どれ程、短い事に成るのか?」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「では、実現可能な経済世界大戦脱出手段とは?」

「経済世界大戦状態という人間社会の精神文化がどの様な構造の上で創り出されているのか?」を

「検証する」なら

「其の解消方法も分る事に成る」のだから

「其処から始める」のが「合理的に成る」。

「現状人間社会の経済世界大戦状態」も「其の前の武力世界大戦状態」も

「個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の合意の集大成の先で生み出されている事」は

「史実からも明らか」だ。

「例え、どんなに巧妙な悪い独裁者等が意図的に戦争を起こそうとしても、其の支配下に在る多くの人間たちが断固反対!する」なら

「戦争は起こされず、独裁者が倒される音に成る」のが「現実」で

「戦争が実現してしまった裏には、戦争を行う事に対する大衆合意が在る」のは

「基本的に、どの戦争でも、同じ事に成る」。

「先の世界大戦以降、武力戦争を止める為の代わりとして実用されているのが経済戦争という人類の精神文化製品」だが

「其の裏には、武力戦争は絶対に嫌!でも代わりが無ければ落ち着けない」という

「多くの個々の人類の精神構造が在る」。

「比べっこの中での自己安定や狭義の自分の存続等を追及している限り、

比べっこ枠に成る人間社会システム等の精神文化製品が欲しく成る」のは「ある意味、極めて当たり前の現象に他ならない」。

「精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長させる事が出来ていない人間たちの悲哀が其処に露呈している」が

「此の現実に気づき辛い」のも

「精神構造健常成長不全状態の人間たちの実態」だ。

「上記の様な実態」から「分る事」は

「先ずは、人類誰もが自分の実体や其の実体の根本的目的を必要十分に理解・把握」し

「自らの精神構造を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常成長させる事が容易に成る

情報・教育・環境を得られる様にする事」が

「必要に成っている事」だ。

「そして、其れは、情報の自由が在る国々等の中なら、

情報・教育や映画・ドラマ・ゲーム・アニメ・漫画・小説・音楽・絵画等々の内実を

健常進歩・正常進化させるダケ」で

「実現可能に成る事である事」等も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現状までの、比べっこ強い・比べっこ賛美等の情報・教育の先に在るのは、人類滅亡に成る」が

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的の理解・把握や、

人間にとっての本来の仕事の理解・把握や

より自虐度の低い高性能な人間社会・経済システム等も含む、精神文化製品の創造~製造~実用の先には、

人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続という永遠の命に至る事の実現が在る」。

「其の差が膨大である事」は

「世界中の何処の誰でもが、其れこそ、直にでも判る事の筈」だ。

「上記の様な事が既に明らかに成っている」のに

「未だに、旧態依然とした情報配信・教育等を続けている」のが

「現状の多くの所謂、文系側の仕事???をしている者たち等の酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状で集金・集権・有名人利権取得~増大化等の立場を得られている事」を

「運が良い」等と「思えている」なら

「本当に、オメデタイ」。

「立場を得て、行っている事が、旧態依然とした利権収集や要でも無い政治運動等なら、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在の大きさを大きくし続けている」のが

「現実に成る」のだから

「現状で、優位な立場を得る、得られた事までは、運が良いのかも知れないが、

其の後は、行っている事に応じて、運河良いどころか、むしろお気の毒・・・というのが現実」だ。

「此の様な実体」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」が

「現状利権ヤクが多大で深酔い出来過ぎている者たち等にとっては、其の理解・把握さえも、出来辛いのかも知れない」。

「現状利権ヤク中毒状態なら、先ずは、そんな病気状態から狭義の自分を治す事が重要に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「反社会勢力関連で表舞台から退かされたゲイノウ人等を、其の元お仲間等が撮り上げ、其れを公共の電波上で大喧伝等する事で、

該当ゲイノウ人等をまるでゾンビの如く表舞台に復活させよう・・・とする実態を露呈している情報配信も本当に酷い」。

「そんな事をしている公共の電波使用の貴重な時間がある」なら

「配信すべき情報は別に在る」し

「問題を起こした者をゾンビの如く復活させるのでは無く、問題の無い新たな才能を起用すべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「公共の電波上の利権を特定極一部の者たちばかり・・・に集中させる事による、集金利権構造の維持」等は

「政治的偏向性同様、禁止されて然るべき事」だ。

「一般企業なら、クビ!」で「別の表舞台では無い仕事を行って下さい!レベル」の「実態に当たる」のが

「反社会勢力との繋がり」で

「其処には、

テレビ・有名人芸能界等の特定極一部への利権集中により多大で過剰に成っている報酬等が反社会勢力に流される事を防ぐ意味からも、

反社会勢力に有名人利権等を悪用されない意味からも、

相応な正当性が在る事に成る」。

「復活させる事=以前の繋がりの実態を反社会勢力が利用出来る事に成る」のだから

「表舞台への復活は絶対にダメ!」で「当然に成る」が

「現状までの、特定極一部の者たち等に利権集中させる事による利権増大化の先で生まれている報酬等の偏在・集中等を

裏で、何等かの事に利用しているかも知れない、

選挙も無いから、実権者人脈の交代も不十分で、未だに、北朝鮮のオトモダチ旧社会党系や朝鮮系等が与党状態の

テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「政権交代により、裏がバレると超困るから、か、未だに、旧態依然とした復活劇等を多くの視聴者・読者等に強い続け、

特定極一部の者たち等への利権集中状態を維持し続けたい様相を露呈している」のだから

「本当に呆れる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、所謂、左翼と朝鮮系が与党状態のまま、「反対野党等を有利にする為の{政治運動}」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「選挙も無いから民意反映も圧倒的に不十分な実態を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の行って来ている事」は

「かつて社会党が二大政党の一翼を担っていた時代と同様の旧態依然としたまま・・・」で

「本当に、酷く、劣悪で醜悪に感じられる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「世論調査でも質問の仕方が恣意的」で

「意図的に、反対野党等が有利になる調査結果を得る目論見」等も

「もはや、バレバレ状態に成っている」から

「そんなモノの結果」に「大きな力が生じる訳も無い」。

「例えば、IR問題でも、汚職等の問題が露呈しているのに、このまま積極的に実現させて良いのか?等と問えば、

多くの回答者が、このままじゃまずいんじゃないの・・・等の感や思いを抱いた上で答える」から

「このまま進めるのは良くない派が多数派に成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象」で

「其の様な誘導質問の結果を集めたモノ」を

「金科玉条の如く、コレこそが世論!等のイメージで、公共の電波上で大喧伝等する、更なる策略の先」で

「どの様な者たち等がメリットを得る事に成るのか?」を

「検証する」なら

「其の世論調査等の本当の目的等も、直にバレる事に成る」。

「IR汚職」が

「中国共産党支配下の中国企業を日本のIRに参入させる為の工作なのか?」

「既に、カジノを持っている中国や韓国等の現状利権維持~増大の為に、日本のカジノ立ち上げを潰したり、遅らせたりする為の工作なのか?」等を

「冷静に少し考える」なら

「少額過ぎる賄賂等からしても、潰し、遅らせ工作である可能性の方が高い」等と

「感じたり、思ったり、する人々の数の方がかなり多くなる筈」だが、

「其の辺りの重要情報等は、圧殺・黙殺し続けて来ている」のが

「日本のIR潰し、遅らせ工作等を情報工作・政治工作面から行っている様相を露呈している、

反対野党等のお仲間テレビ・マスコミ等やIR廃止法を提出する反対野党等」で

「其れらが、実質的に、利している」のは

「日本では無く、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等に成る事」等も

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「いい加減に、もはや、みっともないレベルにも成っている、恣意的な質問による世論調査など止め」、

「世論調査を行うなら、質問自体を客観的、中立的、実体や事実・現実通り、原寸大にするべき」だ。

「かつての、故美濃部都知事は、公営ギャンブル廃止!と都の競馬等を止め、正義ぶり、優等生ぶった」ら

「東京都は大赤字に成ってしまった」のが

「現状の資本主知経済システム実用時の実態」で

「経済システム自体を改良する事抜きの、経済活性化策の放棄がもたらす結果は、経済衰退に成り易い」のが

「現実」だ。

「現状では、大金持ちの大金を金融投資界から実体経済界に還流させる為にも大きな実効を発揮する、カジノ等の設立」が

「現状の経済システム内での、日本の経済繁栄にも直結している事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現状経済システムをそのままに、経済繁栄等を求めていながら、IRは反対!では、自己矛盾状態を露呈している事にも成る」。

「ギャンブル依存症や治安等の大問題化」も

「冷静に、少し考えるなら、変な言い分でしか無い事」が

「直に判る事」に「他ならない」。

「依存症問題とは、ギャンブルだけに在るのでは無い」し

「既に、競馬・競輪・競艇・オート等のギャンブルや、

パチンコ・パチスロ等の実質、ギャンブルや、

宝くじ・スポーツくじ等々も在る」のが

「日本社会の現実で、其処に、大金持ち用も含む、カジノ等が加わったところで、

いきなり、依存症がより深刻化したり、治安が悪く成ったり、等々する事が、

どれ程、現実的な事に成るのか?」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「ギャンブル依存症を心配する」なら

「ギャンブルに限らず、全ての依存症問題の解決にも役立つ、

精神構造・精神文化側の自己健常支配等の情報・教育等を行う事等の方が、

遥かに、合理的に成る」。

「多くの個々の人間たちの精神構造が健常進歩・正常進化する」なら

「其の集大成である人間社会の精神文化も必然的に、健常進歩・正常進化する、させられる事に成り、

例えば、経済システム等の精神文化製品も、

より自虐度の低い、より現実との整合性が高い、性能の良いモノに、進歩・進化させられ易く成る事に成る」。

「現状対策・対応に忙しい政界・官僚界等とは違い、自由度の高い情報・教育界の者たち等」が

「人類にとってより自虐度の低い未来の提案等さえも出来無い」なら

「其の能力不足や悪質性等」は「非常に明らかな事」に「他ならない事に成る」が、

「其の劣悪性を多くの視聴者・読者・生徒等に感知させない為に行い続けて来ている事」が

「反対野党や反日国・反日国人脈等を実質的に、利させる情報・教育等だったりしている、

酷く、劣悪な実態まで露呈し続けて来ている」のだから、

「もはや、過去の責任分だけでも、其れこそ、大部分の者たち等、特に、実権者等が、入れ替えられていても、何の不思議も無い事に成る」が

「選挙も無い、情報・教育界等では、本日も、未だに、旧社会党系や朝鮮系が与党状態で、大衆マインドコントロールに邁進中!」等の

「酷く、劣悪な実態を露呈させ続けている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「天動説状態の上辺からの教育を良く覚えている様相の獣医師等」は

「猫には、真似る習慣が無い」等と「優等生ぶりがたる」が

「猫でも、人間でも、細胞レベルで起きている実現象は、ほぼ同様」で

「細胞群自体が、生活環境等への合理的適応によるより効率の良い生活具現化を目指しながら、微妙に変化・進歩等し続けている」のが

「実態」だ。

「猫にも人間にも、記憶力が在り、例えば、周囲の音を覚えているなら、

其の音を参考に、同様の声を発する事等が、効率の良い生活具現化に合理的に成ると判断する」なら

「其れを実用する事」は

「猫にとっても、往々にして在る実現象でもある」。

「其の辺りを綿密にデータ収集し、研究結果を論文発表等したエライ学者等が未だ、いないから・・・と言っても、

実際に既に在る実現象が無くなる事は無い」。

「論文等、上辺から、上からの思し召しが無い事=無いとする天動説状態」では

「ある意味、本当に、哀れ」だ。

「細胞レベルで起こっている実現象から、想定出来る実態は、其れこそ、山ほど在り、

猫でも、人間でも、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、細胞レベルで異常細胞を殺し、異物等を排除しながら、

呼吸しながら、他の生物(動物でも、虫でも、植物でも)を殺して食べながら、生きている事は同じ」で

「大きく違う」のは「脳の仕立てに成っている」のだから、

「細胞レベルからの信号が、脳でどの様に解釈・処理等されているのか?」は

「相応に違っていても、元の細胞からの刺激は同様に成っている」ので

「人間の喜怒哀楽・愛憎等と同様の感や思い等の猫脳レベルでの具現化が、猫に在る事」等は

「ある意味、極めて、当たり前の事に成る」。

「人生苦しいのも、当たり前、何故なら、今、この瞬間にも、細胞レベルで死を体験しているのだから!」

「人生楽しいのも、当たり前、何故なら、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生を体験しているのだから!」

「嬉しくなるのも、当たり前、何故なら、今、この瞬間にも、ガン細胞等や有害生物等との戦いに勝利しているのだから!」

「怒りたくなるのも、当たり前、何故なら、今、この瞬間にも、新たなガン細胞等や有害生物等が体内に生じてしまっているのだから!」

「哀しくなるのも、当たり前、何故なら、今この瞬間にも、健常な細胞が死んでしまっているのだから!」

「愛しくなるのも、当たり前、何故なら、今この瞬間にも、新たな健常細胞が生まれているのだから!」

「憎くなるのも、当たり前、何故なら、一生懸命闘っても、未だ、駆逐出来ていないガン細胞や有害生物等が在るのだから!」

「其れらの細胞レベルの実現象は、人間でも、猫でも、同じ」で

「脳内での喜怒哀楽・愛憎等としての処理が{少々}違うだけ」だが

「人間でも、猫でも、細胞レベルからの刺激を、丸ごと一人化・一猫化(一個体化)して、一つだけを実用したがる」のは「同じ」。

「記憶が在るのも、同じ」。

「名前を憶えていて、別の猫の名を連呼してワザと呼んだりすると、取られちゃ嫌!とばかりに、直にやって来てりする」し、

「少々の言葉は、生活してい来た中で、確実に覚えていて、其の内容も理解出来て来ている事も、良く解る」のが

「ダメ~!を最初は祭りの掛け声の如く解釈していた様相だったが、次第に、ダメは其れをやっちゃダメと理解している様に成って来ていたり、・・・等々している」、

「筆者のところの家猫の実態」で

「猫は、発声自体がそれ程、器用では無いから、言いたい事は、ほとんど、ニャ~!に成っているが、

本気で食べたいモノが出た時には、人間が何度か言ったイントネーションを真似た事もあり、

それぞれの場合で、表情は違うので、それなりにコミュニケーションが取れる」し、

「同じ環境で暮らしている二猫の顔は、生まれは全く違うのに、良く使う表情筋が同様で、食べるモノも同じ、だからか、

明らかに、よく似て来ている」のが「実態」だ。

「猫でも、人間でも、個体差が在るのは、同じ」だが

「細胞レベルでの実現象は、同様なのは、皆同じ」だから

「個体差の多くは、脳による解釈・判断等と其れから引き起こされ具現化される行動等に成る」。

「何時までも、公共の電波上で、反対野党等を利す{政治運動}等を行い続けている人間たち等」と

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った上で、より性能の良い精神文化製品等を生み出す為に有益に成る事」等を

「公共の電波上で実現させようとする人間たち等」の

「どちらに、公共の電波上や公共の電波使用等の重要な立場等が相応しいのか?」等は、

「地球温暖化問題や人間社会問題の深刻化がより顕著に成って来ている昨今、もはや、論を待たないレベルの話しに成る」。

「未だに、旧態依然とした酷く、劣悪な実態を露呈し続けている者たち等」を

「何時までも、徴用し続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「与党崩し工作かも知れない、小問題の製造~大問題化大喧伝等」を

「行っている暇がある」なら

「地球環境問題や人間社会問題の解決に有益に成る情報配信等を行うべき」だ。

「政治で言うなら、現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る実現可能な政治・政策等を訴える」なら

「良い」が

「言葉狩り、態度狩り、粗探し、小問題の大問題化」等で

「政府・与党等に悪いイメージを付ける事により、相対的に野党等を利そうとし続けて来ている、工作手段的やり方」は

「直ちにでも止めるべき」で

「其の様な悪態により、多くの視聴者・読者・生徒等に散々の悪影響を与えた今までの罪の分は、相応の罰を受けさせる、受ける事等により、

贖う、贖わせられる、べき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「解決法を言わない地球環境危機論」や「反対野党等を有利にする為の政治運動」や「危機感の無い危機論」等を公共の電波上に一方的にばら撒いていた様相だったが・・・。

『「現状の人類にとって、一番の危機」とは「多くの人間たちが未だに、自分の実体把握さえ???状態である事」に「他ならず」、

「此の重大危機の指摘さえも、しない、出来ない、者たち等が、テレビ・マスコミ・学校教育等々上で

優等生ぶり、正義ぶり、リーダーや指導者の様に、蔓延り続けている事」だ。

「政府・与党等に対する」、「言葉狩り」や「粗探し」や「小問題の大問題化」等は「得意」な

「反対野党や反日他国等との親和性が高いテレビ・ラジオ等常連出演者やマスコミ等常筆等」に「とって」は、

「現状のまま・・・である事」が

「自らの利権維持~増大等にも有利に成る」ので

「現状に在る本当の危機への言及は出来ず、出来ても行わず、

上辺の{言葉遊び}や言葉やイメージ等による視聴者・読者・生徒等の現状適応誘導等を行う事等による

自らの下への利権収集」を

「正当で、合法的で、立派な仕事」として

「多くの視聴者・読者・生徒等や常連出演者・常筆自身に、納得させ続ける事」に

「邁進している、酷く、劣悪な実態を露呈し続けて来ている」のが

「実状」に「成っている」。

「其処」には、

「本当の正義感や危機感等などある訳も無く、

米国の民主党政権の要人たちが、共和党政権の要人たち同様の、金融投資界からの集金等も行ったり、

米国内の環境問題の一般市民に対する解決は行わず、献金企業に対する問題解決だけを行う事等々で、

トランプ政権の成立を実質的に後押ししたのと同様」の

「酷く、醜悪で、劣悪な実態の露呈」等の「方」が

「濃厚に在る」が

「其の様な、酷く、醜悪で劣悪な実体」を

「上辺の優等生仮面やリーダー・指導者ぶりや、

常連出演や常筆や教壇上からの情報配信・教育等による、

視聴者・読者・生徒内認識による覚え・記憶による視聴者・読者・生徒自身の一部化誘い」等により、

「誤魔化し続け」、

「多くの視聴者・読者・生徒等を実質的には、操る事」等により、

「常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等の利権の維持~増大も図り続けて来ている状態」なのだから、

「其の実態は、本当に、酷く、醜悪で劣悪に成る」。

「そんな実態の中に在る」から「地球環境危機が問題である旨等を優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等する事は出来て」も

「地球環境危機問題の解決法を言う事は出来ない」のが

「現実」で

「解決法無き問題論」等は「常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等々で無くても、多くの人間たちが既に保有済み」だから

「其処との共感を図る事により、常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等の利権の維持~増大等を図り続けている実態を露呈させ続けて来ているダケ」なのが

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る、現状の多くの常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等々の酷く、劣悪で、醜悪な実態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「先ずは、常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等自身が、自らの実体把握を十分に行う事」が

「有効」に「成る」。

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している、

何十兆かの細胞群に他ならず、其の細胞群の命の連続性は地球上の他の全ての生物に繋がっている』のが

「現実」で

「狭義の自分が、何十兆かの細胞群なら、地球上の全ての生物細胞群こそが広義の自分に成る事」も

「直に解る事に成る」。

「広義の自分の根本的目的」が「広義の自分としての存続~永続である事」は

「広義の自分の歴史実態からも、科学レベルで既に明らかな事に成る」。

「ここで、狭義の自分を他の細胞群に対して、常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等として、偏重する、させる正当性」が

「何処に在るのか?」等を

「検証する」なら

「常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)の正当性」は「其れこそ、地球上の何処の誰でもが解る事に成る」。

「広義の自分の根本的目的が、広義の自分としての存続~永続」なのだから、

「其処への貢献の為に、其の狭義の自分個体が、常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等として在る事が合理的に成っている」なら

「相応に正当という事に成る」が

「常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等の立場に在る事により、狭義の自分の下に、現状利権の収集等を行っている度合いが高く、

広義の自分の存続~永続への貢献度が低い」なら

「そんな狭義の自分個体等を、常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等として、偏重する事自体」が

「人類誰もも含む、広義の自分にとっての自虐にしか成り得ない事に成る」。

「果たして、現状の多くの常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等の実態はどうか?」

「特に、所謂、文系では、広義の自分にとっての自虐にしか成り得ていない実態を露呈している者たち等が多過ぎる実態が露呈している!」等と

「感じたり。思ったり、理解・把握等出来ていたり、する、視聴者・読者・生徒等の数は、かなり多い筈」だ。

「もはや、所謂、文系側では、現状までの多くの常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等を偏重起用とする必要性は全く無い状態が露呈している」のだから、

「是正が急務である事」等も「言うまでも無い事に成る」。

「ここで、問題と成る」のは「それでは、どんな者たち等に替えれば良いのか?」等に「成る」が

「人間個体レベルで誰々に頼れ~!」等と「やる事自体」が「既に、時代遅れ」だ。

「世界中の何処の誰であっても、本当に、必要で有益な、情報・教育等を発している者等から、必要な情報・教育等を集め、

誰々に頼れ~!等とやるのでは無く、科学レベルで判明している実体や事実・現実はコウなのだから、多くの視聴者・読者・生徒等も、

其の科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事が出来る状態に

自分を健常にコントロールしながら至る様にしましょう!等」の

「世界レベルでの流れを起こす、起こさせれば、良い事に成る」。

「其の為に、例えば、映画やドラマや小説やアニメやゲームや漫画や音楽や絵画等々の精神文化製品の製造が有効に成る」なら

「有効に成る精神文化製品を意識的かつ積極的に創り出し、実用すれば良い事に成る」。

「現状までの、旧態依然とした、性能の悪い、精神文化側の産業革命前の精神文化製品に代わり、

新たな性能の良い精神文化製品が、数多く実用される状態に成る」なら

「必然的に、多くの人間たちの精神構造(自己制御ロジック)の健常成長も促され易く成る」ので

「地球環境問題の解決も、人間社会・経済等問題の解決も、世界平和の実現も、容易に成る事に成る」。

「現状の様に、現状利権に拘り続けている人間たちの割り合いが多過ぎる状態が続く」なら

「地球環境問題の解決も、人間社会・経済問題の解決も、不可能に成り、世界平和に替わって人類滅亡がやって来る事に成る」のだから、

「広義の自分の存続~永続を狭義の自分の下への現状利権の収集より優先出来ない人間たちの罪」は

「限り無く深い事に成る」。

「現状利権維持~増大派の者たち等」を

「現状対策に忙しい政界では無い、自由度の高い情報・教育界等で蔓延らせ続けている、超自虐状態の是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「要でも無い者たち等」を「常連出演者や常筆や教師(教授等も含む)等として重用し続ける必要は全く無く」、

「既に、地動説が在る状態に成っているのに、未だに、天動説の重用を強いている状態と同様」の

「現状の人類の一番の重大危機が其処に露呈している事に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「地球環境危機問題を本当に解決する気が有る」なら

「先ずは、人類誰もの自分の実体把握と其の実体の根本的目的の情報・教育等を意識的かつ積極的に行う事が合理的に成る」。

「其の先で生み出される、

映画・ドラマ・アニメ・漫画・ゲーム・小説・音楽・絵画等々の性能の良い精神文化製品等を

意識的かつ積極的に実用する事も非常に有効に成る」。

「どちらも、

現状利権追及派(天動説派)の常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等やテレビ・ラジオ界やマスコミ界や学校教育界の実権者等では無く、

自虐是正派(地動説派)の人間たちなら、立場の有無を問わず、応分に、其れこそ、直にでも出来る事に他ならない」。

「其の積み重ねや相乗効果等々により、

多くの個々の狭義の自分たちの精神構造(自己制御ロジック)が健常成長する」なら

「個々の精神構造上での死生観・人生観等も健常進歩・正常進化し、

個々の精神構造による合意形成の集大成である人間社会・経済システム等の精神文化製品の性能も、必然的に、良くされる事に成る」。

「この流れに、未だに、抗い続けている実態を露呈し続けている」のが

「天動説状態の常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等」で

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何時まで経っても、何処の局でも、同様の顔ばかり・・・が主たる常連出演者で、

同様の論ばかり・・・が主扱い」という、

「戦後日本の、旧社会党系や朝鮮系等が与党状態のまま・・・の、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」は

「本当に、異常で遅れ過ぎている」。

「今までの責任ダケでも、全交代させられていても、何の不思議も無い筈」なのに、

「未だに、連綿と、同様の常連出演者等同様の論ばかり・・・が主扱い」なのだから、

「本当に、酷い」。

「公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等上なのに、本当に、酷過ぎる」。

「是正が急務である事は、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「旧ソ連の絶大なる支援の下で創られた日本共産党」は

「旧ソ連無き後、昨今に成って、野党共闘の為に、綱領まで変えたらしい」が

「{指導者}の過去の責任が問われ、{指導者}が交代させられる事等の無い、

相変わらずの特定極一部の人による支配状態のまま・・・」だ。

「其の様な状態は、朝鮮との繋がりが濃い野党等でも同様」で

「特定極一部の人による他の人間支配という構造」は

「少数派による多数支配体制を構築する為の構造」に「他ならない」から

「日本の中の少数派が、日本の中の多数派を支配する為には、{温存}せざるを得ない構造に成っている状態」等が

「露呈している事に成る」。

「本当の社会・共産主義等実現の為に一番必要に成っている事」は

「多くの個々の狭義の自分個体の民度アップに他ならず、

特定極一部の{(何をしてか?は言わない、言えない、もしかすると、従北故に、かも知れない)優秀な}者による他の多くの人間支配では無く、

自己健常支配の集大成であってこそ可能に成るのが、社会・共産主義等に他ならない」。

「其の辺りに言及出来ずに、特定極一部の少数の{優秀な}者たちによる多数支配の構造を維持したままの実態を露呈し続けて来ている

政党等が、日本の与党に成れる訳も無い」が

「現状の与党より、より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴える事が十分に出来ないのと同様」に

「其の辺りの{核心}的改革が行えない」のが

「北朝鮮等反日他国に根っ子が在るのかも知れない、反対野党等の実態」だが、

「其れでも、お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等上のイメージ等による大衆誘導効果等により、

実体よりは数多い議席等を得る事が出来ている」のが「実態の様相」だ。

「もちろん、言うまでも無く、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々での政治的偏向・偏重が良い訳は無く、

多くの視聴者・読者・生徒等は、もう、騙され、操られたりは、しない筈」だが、

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育上で、旧態依然とした、酷い状態を露呈させ続けているまま・・・では、

本当に、哀れですらある」。

「反日他国等に根差した・・・では無く、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的に根差した是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「地球環境問題も既にアウト!」なのに・・・。

『「経済世界大戦を止めない限り、解決不可能に成っている」のが「地球環境問題の実体」なのに、

「未だに、現行経済システムのままの経済発展と地球環境問題の解決が両立できるかの如き、劣悪論」等を

「政界より自由度の高い、テレビ・マスコミ界等で喧伝等している、常連出演者等や常筆等が蔓延り続けている」。

「武力世界大戦中の好戦派と同様の実態が其処に露呈している」が

「其れは、歴史から学んでいないテレビ・マスコミ等の実態でもある」のだから、

「現状までの、所謂、文系の教育や高学歴等が、如何に、当てに成らないか!の一つの実証でもある」。

「この様な実体が既に露呈している」のだから

「現状で、大至急、意識的かつ積極的に行うべき重大事の一つ」が

「現状までの所謂、文系側の情報・教育等の是正に成っている事」は

「もはや、論を待たないレベルの事」で

「其れを認めない事の上で成り立っている現状利権の不当性や悪質性等」も

「もはや、明らか」だ。

「不当で悪質な事を行っている者たち等に相応しい」のは

「過分な立場・報酬・権力等々である訳も無く」、

「相応しいのが、罪や罰に成る事」は

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「所謂、文系側の情報・教育等の是正法も既に明らか」で

「所謂、理系側同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ。

「そうする」なら

「多くの人間たちの中で、丸ごと一人の死生観・人生観等や、其れに基づいた人間社会・経済システム等の不合理性や不当性等も明らかに成る」から

「経済世界大戦を止める為に必要に成るベースが出来る事に成る」。

「例えどんなに、狭義の自分の下に大金や大権や大名誉等々を集める事が出来ても、

所詮、其れらの価値は多くの人間たちの意識上での合意によるモノでしか無く、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性がちゃんと取られているモノでは無い、ばかりか、

狭義の自分個体は世界中の何処の誰でも何れは亡くなるから、

経済世界大戦上に人類の勝者は無く、

地球環境や他人も含む他の多くの生命体細胞群に自虐を強いた分だけ其の者等の負けが決まっている」のが

「現実」だ。

「未だに、経済圧殺や地球資源や他の生命体細胞群の過剰過ぎる消費等を行い続けている場合が多い、

現状人間社会・経済システム上での大金持ちや大権持ち等々の罪は、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるに相応しい程、大きい」。

「現状人間社会・経済システム上での大金持ちや大権持ち等を賛美し、憧れ、目指したり、等々している者たち等の罪」も

「其れに準じる事に成る」。

「先ずは、人類誰もが、自分の実体把握を十分に行い、其の実体の根本的目的との整合性を取った上での行動・言動・生活等を目指す、

精神構造(自己制御ロジック)を身に付ける事が肝要」で

「其の為に有益になる情報・教育等を意識的かつ積極的に行う事」が

「激烈に必要に成っている」。

「其れなのに、現状では、武力世界大戦中の好戦派状態の者たち等が、常連出演者や常筆等として重用され、

過分な立場・報酬・権力等々まで与えられている、実質的には、超自虐状態」だ。

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの人間たちが、地球環境変動のよ実感をより深めざるを得ない状態にまで至ってしまった」のが

「ここ何年かの人間世界の実態に他ならない」が

「其の裏に在り続けている」のが

「現状までの人間社会・経済システム上での経済植民地開発~支配の比べっこゲーム」だ。

「国であれ、企業であれ、個人であれ、経済比べっこによる支配権/被支配権争いに興じれば興じる程、

膨大なる経済圧殺も、地球資源や他の生命体細胞群の過剰過ぎる消費等も、伴わせている」のが

「現実」で

「多くの人間たちが、其の比べっこゲームの中に救いを見出そうと、どんなに頑張って足掻いても、

比べっこである限り、他より過剰を欲するのが当たり前に成るから、

他より過剰を欲する人間たちの数や其の追及度の高さに比例して、地球環境問題もより深刻化する事に成る」のは

「極めて当たり前の現象に成る」。

「人類誰もの自分の実体と其の実体の根本的目的から整合性を取って、本質と快適を探究する人間たちの数を激増させ、

比べっこ派より圧倒的に多くする事に成功する」なら

「過剰とは不適に他ならず、

免疫を養う程度、遊び程度を超える比べっこは、自虐・自虐強い以外の何モノでも無い」から

「必然的に、過剰も比べっこも、抑制される事に成る」が

「現状の人間社会・経済システムのまま、其の様な状態に成る」と

「経済も衰退する事に成る」ので

「多くの個々の狭義の自分たちの精神構造を健常進歩・正常進化させた先に必然的に生まれる事に成る、

其の集大成としての人間社会・経済システム等の健常進歩・正常進化を実現させる必要がある事に成る」。

「この実務」を

「出来る限り、効率良く、短期間で行う事でのみ、地球環境問題が過激に成り過ぎない内の問題解決と世界平和状態の構築が可能に成る」のだから、

「未だに、武力世界大戦中の好戦派と同様の事を行い続けている、経済世界大戦中の現状維持派の者たち等の罪」は

「途轍もなく、深い事に成る」。

「罪深き者たち等を出来る限り早く、重要は立場から排除する事の合理性」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「其れが、平和的手段で実現可能に成る時間」が「残り少ない事」は

「地球環境問題がより深刻化した近未来の個々の人間たちが持つ精神的ゆとりと、問題解決法として、元凶に対して実用され易くなる手段」等から

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「情報・教育界の者たち等」は

「現状に縋り、現状の中での利権の維持~増大等を図り続けている場合では無い」のが

「現実」だ。

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「未だに、反対野党等や其のオトモダチかも知れない反日他国等を利す政治運動や

ゲイノウ人お手盛り賛美情報等々を

公共の電波上の貴重な時間大々的に割いて、一方的に大量配信等している

テレビ・ラジオ等は、本当に、どうかしている!」

「ドラマ等にしても、丸ごと一人の死生観・人生観に基づいた、殺傷・いじめ・パワハラ等々のドラマばかり・・・では、

本当に、時代錯誤もいい加減にしろ!の世界に成る」。

「例えば、百年前のニュースから始めて、

多くの視聴者が自分の実体や其の実体の根本的目的を理解・把握等し易くなるドラマ等でも配信したらどうか!」

「百年前のニュース」とは、

「大変な事が判りました。人間も含む生物の誕生・死が細胞ごとの現象である事が科学的に判ったのです!

これは、大変な事です!

何故なら、丸ごと一人の霊もあの世も生まれ替わりも在り得無い事が科学的に判った事に成るからです!

宗教界の人々には、激変が求められる事に成るでしょう。

人間社会・経済システム等も、より現実との整合性を高めて創り尚避ければ成らなく成るでしょう。

今、人類には、天体の天動説から地動説への進化転換と同様に、

人類自らについても、丸ごと一人の天動説状態から細胞ごとの地動説状態への進化転換が求められています!

細胞ごとの命の連続性は、地球上の他の全ての生物に繋がっています。もちろん、他人も含まれます!

丸ごと一人ごとでは、近い人間ばかりが気に成りますが、細胞ごとなら命の連続性だけを追う事も容易です。

私も、否応無く、この現実を理解・把握出来ました。

物質文明側では既に、産業革命に成功している人類ですから、

精神文化側の産業革命も実現させる必要性に迫られています!

人類には、行うべき事が、未だ未だ沢山あるのです!

・・・等々。・・・等々」。

「其処から、

永遠の命とは、人類誰もの広義の自分である地球の生物細胞群に求めるべきモノであり、

其の中のタッタ何十兆かの細胞群に過ぎない狭義の自分に求めるべきモノでは無い事」や

「生命体細胞群の実態を十分に理解・把握する」なら

「人類誰もの広義の自分が世界平和や他の生命体細胞群の快適存続等との整合性た高く、

狭義の自分個体細胞群の偏重とは整合性が悪い事」等々に

「話しを進める事」は

「容易い事に成る」。

「多くの視聴者の死生観・人生観が実体を知る事により、健常進歩・正常進化する」なら

「其の集大成として、人間社会・経済システム等の精神文化製品を健常進歩・正常進化させる流れが生まれて当然に成る」。

「何処の誰が政権等の大権を持っているのか?が重要に成るのでは無く、

人類誰もの広義の自分や広義の自分の根本的目的である存続~永続との整合性が高い、より自虐度の低い、

政治・政策・法整備・社会整備・経済システム整備等々を行う事が重要に成り、

政治~人間社会・経済システム等を健常化・正常化させればさせる程、

特定の人間と他の人間との間の支配/被支配構造に使われていた支配欲の代償欲求追及状態も、

自己健常支配の継続の為に実用され易く成る」。

「世界平和も地球環境問題の解決も、当たり前に成る状態が其処に在る」のだから、

「其の方向に向かう実務を行わない方が、本当に、どうかしている事に成る」。

「現状までの、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界や映画・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画等々の

健常進歩・正常進化が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「成人とは?を問わない成人式」や「シンスケの大賛美」等を公共の電波を使って、実質的に、公然化しているテレビ番組と常連出演者等・・・。

『「精神構造(自己制御ロジック)の比べっこレベルから本質・快適探究レベルへの健常進歩・正常進化があってこそ、成人とされるべき」だが、

「現状まででは、丸ごと一人の死生観・人生観上での年齢を基に、20歳に成ったら成人とか、18歳で成人にする事はどうか、とかやっている」のが

「内実を問わず、上辺に拘る精神文化のままの状態の人間たちの酷く、劣悪な実態」で

「テレビ番組や常連出演者等の場合」は

「其処に、テレビ利権や常連出演者等利権の維持‘~増大の思惑まで被せられている場合がほとんど」なので

「更に、酷く、劣悪な実態を露呈している」のが「現実」だ。

「更に酷く、劣悪な方向の論等を、公共の電波を使って、実質的に、公然化させた上で成り立っている利権等」に

「本質的正当性が在る訳も無く、むしろ、多くの視聴者等を酷く、劣悪な論等により毒する事により、

日本社会全体をより劣悪な方向に誘導している」のが

「現状の多くのテレビ番組や常連出演者等の実態に成る」。

「反社会的勢力の者等との関係が原因で、公共の電波上から排除されたシンスケを、

関係ゲイノウ人のネットアップを利用して、ゾンビの如く、公共の電波上に復活させ、

公共の電波上の貴重な時間を大々的に割いたばかりでは無く、

常連出演者等が大賛美!や、ゲイノウ人は悪くても良いんじゃないの!論等の喧伝等」の「実態」もまた、

「現状のテレビ番組や常連出演者等の酷い劣悪さの実証の一つに他ならず」、

「其の様な情報配信を行っている暇がある」なら

「成人とは?を問い、多くの視聴者等にも、精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化の重要性等が理解・把握し易く成る、

オモシロい情報配信等でもするべき」等と

「強く、感じたり、思ったり、している視聴者の数もかなり多い筈」だ。

「人類全体の精神構造の健常進歩・正常進化が無ければ、人間社会問題はもちろん、地球環境問題の解決も世界平和の実現も無理」なのが

「現実」なのだから、

「多くの視聴者等をより劣悪な方向に誘導する情報配信等は、直にでも是正されて当然に成る」。

「其の為に必要に成っている能力が無い」なら「劣(おバカ)」で

「在るのに意図的に使っていない」なら「悪」に「成る」のが

「テレビ番組制作実権者や常連出演者等の実体」だ。

「もちろん、言うまでも無く、劣悪状態の者たち等に、

公共の電波を使う権利を与え続けていたり、

公共の電波上で常連出演等させ続けたり、する必要は全く無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「桜を見る会招待者に入り込んでいた反社会勢力の者たち等」とは

「招待時にはグレーゾーンで排除する事の正当性が不十分だった者たち等でもあった」が

「問題にされ、公共の電波上から排除されているゲイノウ人たち等が関係を持った反社会勢力の者たち等」とは

「既に、はっきりと反社会勢力の者たち等である事が判っていた者たち等」で

「其の違いは大きい」が

「其れを、同じ事の如く扱う論を公共の電波上で喧伝する事」等により

「現政権等には実体より悪いイメージ付けを行う」と「共」に

「ゲイノウ人たち等には、実体より良いイメージをもたせよう」等としてた

「{視聴者をイメージで操る事が得意}な常連出演者等の酷く、劣悪な実態」だ。

「北朝鮮のオトモダチかも知れない反対野党等との親和性が高い」のも

「多くのテレビ常連出演者等の特徴に他ならない」。

「自衛隊の中東派遣は、日本船舶に、危機管理上で必要に成る情報を提供する為にも、必要な事に他ならない」が

「自衛隊員の危険や戦争の可能性等を声高に喧伝する事」等により

「其れが、あたかも、不要で不当な事であるかの如きイメージを多くの視聴者等に持たせようとする」のが

「反対野党等との親和性が高い多くの常連出演者等の酷く、劣悪な実態」だ。

「選挙の在る政界とは違い、選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

未だに、旧社会党等系の者たち等が与党状態である事」は

「反対野党等との親和性が高い常連出演者等の数が圧倒的に多い事や、

主たる論として公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上で、喧伝等される論が、

反対野党等の論との親和性が高い実態」等からも、

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「選挙も無いから常連出演者等も含む実権者等の交代も不十分で民意反映も不十分な状態」の

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」の「是正」は

「人類滅亡を避ける為にも、本当に、急務」だ。

「学校教育やテレビ・マスコミ等の情報により、成人の資質も十分に育てる事が出来ている人間たちがほとんど」なら

「成人式等でも、劣悪状態を露呈する人間の数が激減する」のは

「極めて当たり前の事」で

「現状まで」では

「学校教育上でも、テレビ・マスコミ等の情報上でも、金権・比べっこ・他者支配等の大推奨状態」で

「大金持ちに成ったり、大権持ちに成ったり、大名誉持ちに成ったり、する事こそが、人生の成功!」等の

「内実、自虐状態を、多くの視聴者・読者・生徒等に抱かせ続けている」のだから、

「コレでは、人間社会がまともに成る訳も無く、人類滅亡が急激に迫って来る」のも

「極めて当然の現象に他ならない事に成る」。

「成功の人生」とは

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど)の根本的目的である存続~永続への貢献が出来ていてこそ!」に

「他ならず」、

「其処には、

タッタ何十兆かの細胞群に過ぎ無い狭義の自分の下に大権や大金や大名誉等々を偏在させる事により、

人間社会全体のバランスも、地球環境等も、壊し易くする状態を誘う事」等が

「含まれている訳も無い」。

「永遠の命とは、広義の自分が実現可能なモノに他ならず、

狭義の自分に永遠を求めたく成る程、根本的自信を失っている状態の人間等の実体が、

自己理解・把握不足状態や自己健常制御不全状態等の実質的、病気に他ならない事」等は

「自分の実体や其の実体の根本的目的等から整合性を取って、冷静に少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「武力戦争精神文化真っ只中時の立派な将校!等」と「同様」の

「経済戦争真っ只中の立派な経済戦士!」が

「どれ程、多くの人間たちや地球環境等に、膨大なる自虐を強いている実態を持っているのか?」等は

「冷静に、少し、実態検証等する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「高い自虐性を発揮してしまった者・物・事=同様の新たな自虐を防ぐためにも、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る存在」に

「他ならない」のだから、

「世界中の何処の誰でもが、先ずは、自分の実体把握!」であり

「次に、現状と、適当に折り合いを付けながら、自分の実体の根本的目的との整合性が高い自虐度の低い行動実態等の実現!」に

「成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の為に有益になる情報・教育等を意識的かつ積極的に行っているべき、

現状対策に忙しい政界・官僚界等とは違う、自由度の高い情報・教育界の者たち等」が

「未だに、酷く、劣悪な、狭義の自分の下への利権等収集と其の正当化・公然化等!」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に露呈している」。

「そうなるのが、嫌なら、是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「未だに、米軍が占領政策時に利用した、

朝鮮系や左翼系の者たち等を都合良く操る為優生思想等に、

縋り付いている者たち等もいる」が

「もちろん、言うまでも無く、人間個体の優劣は多種多様な要素ごとに異なり、

遺伝差等よりも、個人差の方が遥かに大きいモノ」だ。

「其れを、例えば、

朝鮮人系を無理やりにでも、日本人系よりも優秀な状態にしようとし続ける」と

「優秀な日本人は、飲食物工作や電磁波工作や医療工作等々の非人道的手段まで使って粛清する」とか

「実体や事実・現実通り原寸大では無い、日本人に自虐を強い続ける為の情報・教育等により、精神的にも日本人に圧迫を加え続ける」等々の

「非人道的で、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る実態を露呈する事に成る」。

「はっきり言うなら、其の様な劣悪な粛清手段等を用いなければ優位性も得られ無い状態こそが、劣悪そのものに他ならず」、

「劣悪者等による恥の上塗り状態を止めない事」は

「更なる、恥の上塗りにも成る、更なる劣悪状態の露呈に成る」。

「其の負のスパイラルを実践し続け、正当化・公然化させようと、更なる恥の上塗りを行う」と

「例えば、公共の電波上の、厚顔無恥状態の常連出演者や番組制作実権者がつくり出しているテレビ番組等の実態」が

「露呈する事に成る」。

「自覚無き裸の王様状態の者たち等」は

「自らの実体を直視し、是正する事より、現状利権の収集によりヤク逃避等が大好きな病気状態を露呈し続け、

其の病気を、多くの視聴者・読者・生徒等にも蔓延させる事等により、自らの病気を自覚し辛くする周辺状態の構築にも余念が無い」ので

「其の、大迷惑による悪影響は、本当に深刻に成る」。

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「米国VSイラン問題」等を言いながら「米国VS北朝鮮問題」等を気にしていた様相だったが・・・。

『「現状の世界の国々の問題の実体」は「問題が露呈されている国々の独裁状態の政権に在る」。

「独裁状態の政権」には「腐敗」と「独裁政権にとって都合の悪い者や組織等に対する粛清」等が「付きモノ」で

「其処から、多くの自国民の興味を逸らさせるべく、独裁体制では無い国や政権等を悪者扱いする」のが

「通例に成っている」。

「独裁に成ると、当然の如く、多くの人間たちの人権も阻害される事に成る」から

「人権問題を言われると困る」のが「独裁政権等の実態」で

「其処から、多くの自国民の興味を逸らさせ続ける為」には、

「先ずは、経済的豊かさ等により、現実逃避状態を招き易くする事が合理的に成る」が

「多くの独裁体制の国々は、他の自由・民主主義体制の国々への対抗上から国際的問題を引き起こし易く、

国際的問題を引き起こすと、待っているのが経済制裁等に成る」ので

「経済的優位性で多くの自国民を現実逃避状態に置き続ける事」等も「困難に成る状態を自らつくり出している」のが

「実態」だ。

「そうなると、自国民を支配し続ける為に必要に成る」のが

「独裁体制に忠実な者等への優遇と、独裁体制に忠実では無い者等への酷い冷遇」で

「酷い目に合いたく無ければ、独裁に忠実であれ!」という「状態」は

「崩壊の第一歩に他ならない」が

「其れでも、其の手段を使うしか無い」のが「独裁体制の国々の実態」だ。

「イランも、石油経済と宗教で多くの自国民を支配し続けようとし続けて来ている」が

「其の限界」は「核開発による経済制裁」と「精神文化側の産業革命が近づき、宗教が力をどんどん失い続けて来ている世界情勢」等からも

「もはや、既に、世界中の多くの人間たちが十分に理解・把握等出来る事と成っている」。

「もはや、独裁側の駄々は、自虐にしか成り得無い事」は

「イランでも、中国共産党でも、北朝鮮等々でも同じ事に成る」。

「其れでも、独裁を続けなければ成らなくなっているのが、独裁政権の実態」で

「其の裏に在る」のが

「既に、行ってしまって来ている、自国民粛清等も含む、数多くの極悪事」だ。

「世界中の国々が、独裁から解放される」なら

「元々が、人類誰も、地球生命体細胞群の中の何十兆かの細胞群に他ならないのが現実なのだから、

科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいて、民主的に手続きを進めるなら、

過剰過ぎる経済・環境格差等の是正も、地球環境問題の解決も当然と成り、

世界平和が当たり前に成る」。

「此の意味からも、独裁政権が、世界平和の敵である実体は明らか」だ。

「他国内での工作活動等を行わせていた司令官が米軍ドローン空爆により殺害された事を受けて、

イラク内の米軍基地に人的被害が出ない様に、ミサイルを撃ち反撃する事で、イラン国内世論を収めようとしたイランの独裁政権の知恵」は

「相応に、有効だった」が

「其の後の米軍による反撃を過剰警戒して、多数のイラン国民も乗っていた他国の民間ジェット機を地対空ミサイルで撃ち落としてしまった事態」は

「明らかに、自虐以外の何モノでも無い」が

「其の様な自虐を生み出し易いのも、

元々、独裁政権自体の恐怖圧力等によるストレスが与えられている、独裁政権内の人間たちの特徴に他ならない」。

「イランの国家指導者等に、後ろめたい事が無い」なら

「率先して、自由・民主化するべき」で

「宗教より科学レベルで判明している実体や事実・現実を重用すべき」だが、

「其れは、中国共産党でも北朝鮮金政権等でも、同じ事に成る」。

「独裁からの解放を行わないところ」は

「今後、益々、自由・民主主義圏の科学レベルで判明している実体や事実・現実を宗教等より重用するところから、顕著に遅れて行く事に成る」。

「基本的に、衰退~滅亡の道が決まっているのが、独裁政権の実態に他ならない」が

「其れに、抗うと、他の国々等にも、迷惑を及ぼす事に成り易い」。

「独裁からの解放」は「現状人間社会の一大命題の一つ」で

「地球環境問題や過剰過ぎる経済・環境格差問題の解決の為の一つの重要な鍵にも成っている」。

「多くの台湾有権者の選択」からも

「多くの香港市民の選択」からも

「世界平和への流れ」等を「感じる事が出来る」が

「其れに抗う独裁側」から「感じる」のは

「人類滅亡」や「独裁側の駄々による戦乱・混乱・迷惑」等々に「他ならない」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたくない」なら

「独裁側は、一刻も早く、自由・民主主義化と科学レベルで判明している実体や事実・現実の重用」に

「舵を切るべき」だ』。

『「地球環境問題が深刻化し続けて来ている昨今、

大きな破壊力を持つ武器を多数持つ人類に、戦争による問題解決という手段の実用」は、

「既に、非常に困難に成っている」。

「そんな事は、重々承知の米国トランプ政権が、他国内での工作活動等という非人道的手段を撲滅する為に実用した」のが

「斬首作戦という、CIA流の解決法」だ。

「戦争がもはや、ダメな事は、イランの国家指導者等も重々承知」なので

「国内世論を抑える為の、反撃も、米軍側の人的被害が出ない様に・・・」と

「相応に、理性的だった」が

「独裁故の脆弱性」が「あらぬ、イラン自国民も乗っていた民間機を撃墜」という「悲劇を生み出してしまった」。

「其れを、いくら、米軍のセイにしようとしても、納得するのは、独裁政権下の者たちくらい・・・で、

世界中の多くの人間たちからの支持は無理」だから

「実質的には、恥の上塗りにしか成っていない」。

「ここで、独裁を止めるか?更なる駄々をこねるか?」で

「国家指導者等の資質が良く判る事に成る」。

「駄々や問題行動や極悪事等々を積み重ねて、北朝鮮金政権等の様な道を進む」なら

「其の果てに在るモノ」が

「もうじき、北朝鮮金政権等の近未来として露呈させられる事に成る」から

「そちらを良く眺めるなら、近々、嫌でも解る事に成る」。

「基本的に、戦争による解決はダメでも、其れしか解決手段が無ければ、戦争が実用される」のが

「アッと言う間レベルで、戦争が終わる場合の現実」に「成る」し、

「アッと言う間に終わる戦争に必要に成る者・物・事等も短期の間に十分に揃えられる」のが、

「今時の自由民主主義圏の米国等先進国の実態」だ。

「前々から、科学レベルで判明した実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用し続けて来ている実績を積み重ねている国々と、

宗教レベル・独裁の国々等との物質文明製品側での膨大なる差は、今、この瞬間にも、どんどん開き続けている」のが

「現実」で

「精神文化側でも同様の大きな流れが生まれる時も、どんどん近づいて来ている」のだから、

「もはや、後の無い独裁の国々等は、早々に、自浄し自由・民主主義化科学レベル重用に転じる事が非常に重要に成っている」』。

『「未だに、さくらを見る会の文書管理等」や

「日本のIR潰し、遅らせ工作である可能性も大な、IR汚職」等を

「現政権の問題として大問題化させようとしている、北朝鮮等のオトモダチかも知れない反対野党等や其のお仲間テレビ・マスコミ等」だが

「多くの官僚だって、日本の為に成る重要政策等では、自らの健康さえも顧みず、徹夜してでも頑張ろうとするのも当たり前」でも

「反対野党等の政争の具製造等の為に普段以上に尽力しようとする訳も無い」。

「政権与党も、日本国・多くの日本国民の現状を支え、少しでも良くする為に忙しい」。

「そうしなければ、政権を失う事に成るから」だ。

「其の面での、共通利益」は「官僚等と政権与党等にある事に成る」。

「政権与党への忖度云々では無く、自らの利益の為にも、合理的に成る事が、具現化させられ易く成る」のは

「ある意味、極めて、当然の現象でもある」。

「野党側も、小問題の大問題化等の工作的手段の政争の具を求め続ける様な、協力心を大いに削ぐやり方では無く、

現与党より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を実現させる為に、官僚等に協力を求めるなら、

有権者の支持も、野党寄りに動きたがる官僚等の数も増える筈」なのだから、

「反対野党等や其のお仲間テレビ・マスコミ等は、日本国・多くの日本国民の為に成る政治等の本道の道を歩む様に、

自らの実態を是正するべき」だ。

「本当に、日本の野党や日本のテレビ・マスコミ等なら、其れが出来ない訳も無い」が

「北朝鮮金政権等の手先、政界工作員等や其の協力者等や、情報工作員等や其の協力者等なら、

「其れが、出来無い事が当然に成る」。

「そんな実態を露呈しているテレビ・マスコミ等」が

「例えば、ゴーン被告の逃亡は、個人の意思によるモノ」等と

「喧伝し、{火消し}に走っていたり・・・」しても

「日本の司法制度上で保釈された者が逃亡剤に問われない事等」を

「日本語を話したがっていなかった、ゴーン被告自身が知っていた訳も無いのでは・・・」等と

「思ったり、感じたり、する視聴者・読者等の数が多い筈」で

「空港の実態調査にしても、実行日の選定や、移動手段にしても、音響機器用の大きな箱の使用にしても、

・・・既に、露呈されている逃亡劇の実態」は

「まるで、北朝鮮による拉致の現代版の様・・・」で

「例えば、新幹線の席にしても、ゴーン被告の周りには、多くの協力者がいたりして・・・」等の

「感や思い等を抱かされた視聴者・読者等の数も多かった筈」だが

「其の辺りに言及しない」のが

「北朝鮮のオトモダチかも知れない、反対野党等のお仲間テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「IR汚職問題」でも

「中国共産党支配下の中国企業に、日本でIR事業を行わせる事を是とする世論が圧倒的多数派の訳も無い」のだから

「中国共産党等なら、日本のIRに何としても、中国企業を参加させる選択とは別に、

日本のIRを潰したり、遅らせる事による中国のカジノの利益等を考えていても、何の不思議も無く、

其の様な実態は、

カジノを持つ韓国でも、カジノによる集金を考えていても何の不思議も無い北朝鮮も同様に成る」のだから、

「其の辺りにも、言及する」のが「日本のテレビ・マスコミ等の当たり前の論に成る筈」だが

「言及しないばかりか、反対野党等の都合に沿う、現政権批判・非難等の論調を主にして、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、喧伝等し続けて来ている実態を露呈している」のだから

「是正が急務に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「独裁に対する、当たり前の批判・非難等も希薄」なのが

「現状までの日本のテレビ・マスコミ・学校教育等の実態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「イランのイラク内米軍基地ミサイル攻撃」等から「ビッグインパクト作戦から{捏造史}マインドコントロール作戦に替えた様相のゴーン被告会見」だが・・・。

『「日本政府の者の名まで出す、{金正恩へ誕生日プレゼント}ゴーン被告のビッグインパクト会見戦略」は「イランのイラク内米軍基地へのミサイル攻撃」という

「より大きく扱われる事が決定的なビッグインパクト」により

「変更せざるを得なく成った様相」で

「其の変更手段」が

「{捏造史}マインドコントロール戦略」等に「成る事」は

「仕込み側の正体を推定する」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「当然の如く、今回のゴーン被告の会見内容は、希薄状態で、コレでは、逃亡した罪が目立つばかり・・」だが

「上辺のパーフォーマンスだけは、多国語を駆使して、如何にも、力強く、自らの正当性を主張!だった様相」なので

「上辺に騙されるレベルの人間たち」を

「今後、{捏造史}でマインドコントロールし続け、其の{信者}を増やす戦略の第一歩としては、相応に合理的にも成る事に成る」。

「{信者}数をある程度以上増やす事が出来たタイミングに合わせて、

日本政府の者等の名まで出す事により、日本国内にも{捏造史}の{信者}を多数創り出し、

政権にもダメージを与える戦略」は

「日本の北朝鮮労働党のオトモダチ人脈の野党や金正恩等にとって、{息の長い誕生日プレゼント}にも成り得る」し

「日本も含む世界の世論を圧力として、何としても無罪を勝ち取りたいゴーン被告にとっても、合理的に成る」。

「其れが、成功するなら、大金をかけた大仕掛けのゴーン被告逃亡劇の元も取れる事に成る」ので

「戦略としては、其の様な道を選択する事も、ある意味合理的に成る」。

「しかし、此処で、戦略を仕掛けている人脈と、多くの日本国民の精神文化の差の問題に突き当たる事に成る」。

「{捏造史}戦略を仕掛けている側の者たち等」は

「北朝鮮や韓国の様に、{捏造史}ででも大々的に情報・教育統制状態等の手段により力を持たせるなら、

其れをベースとして事を進める事が可能に成る」等と

「考え・思い・信じている」が

「多くの日本国民の精神文化では、何が真実か?が一番で、事細かな事実・現実チェックも得意」だ。

「結果として、日本では、{捏造史}が力を持ち続ける事は無い」。

「多くの日本国民が、実体や事実・現実に基づいた原寸大判断をする事により、

日本国内の状態が、逃亡者や其の利権共同体の様相を露呈している北朝鮮金政権等や其のお仲間等の思惑通りに成る訳も無く」、

「結果として、残るのは、逃亡までした事や、其の後の内実の{捏造史}会見等により、

更に、より犯罪者の色を濃くして行くゴーン被告と、

此の問題からの、利権の得られ無い、北朝鮮金政権等や其のお仲間等の実態に成る」。

「イランの司令官が米国のドローンピンポイント攻撃により殺された」が

「殺された司令官とは、他国内での工作活動等を行わせてきている面での司令官でもあった」。

「北朝鮮でも、同様の事態が起こされ、他国内でのスパイ・工作活動等の元締めが殺害される事等も、

北朝鮮金政権等が非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けるなら、容易に推定出来る」。

「司令官が殺されたにも関わらず、本格戦争に成るなら、イランの負けは決まっている」ので

「イランの国家指導者等も、

国内向けに世論と同調して強がる事が出来る材料を創り出しながら、

米国とイラクには大き過ぎる実被害をもたらさない、

{抑制した}ミサイル攻撃しか実践出来なかった」。

「上記の事は、北朝鮮金政権等でも同様に成る話し」に「他ならない」。

「例え、核兵器等を保有出来ていても、其れを一発でも使うなら、全面潜像と成り、其れこそ、アッと言う間の負けが決まっている国々」が

「姑息な、他国内での、スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を駆使し続ける事により、利権の維持~増大等を図る戦略」が

「戦争に成るよりマシだから・・・」等と「容認される時代」は「既に、終わりの時を迎えている」。

「未だに、日本国内で、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている、北朝鮮金政権等の手先工作員等や其の協力者等は、

一刻も早く、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる状態から、自らを解放するべき」だが、

「其の解放の為に、元締めの殺害等が必要に成っている」なら「其れが実行される時もそう遠く無い事に成る」』。

『「イランと米国の間」でも

「イランが他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を止め、核開発も放棄する事による、平和解決への道こそが、

進むべき道に成る」が

「其の道の上を歩む為には、主として、イラン国内の多くの人間たちの精神構造の健常進歩・正常進化が必需に成る」。

「宗教レベルである限り、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観も伴い続けている状態下に在る場合が多く、

丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観では、あの世も、生まれ替わりも、復活等々も在る場合が多い、ばかりか、

狭義の自分と近い状態の人間たちばかり・・・を優先しがちに成るから、

必然的に、狭義の自分の命も相対的に軽く扱え易く成ってしまう、ばかりか、

狭義の自分と遠い、丸ごと一人の人命の重さも小さく成り易く、

負ける事が決まっている戦争等でも行う事を是としてしまう判断等も

導き出され易く成る」。

「科学レベルで既に、判明している現実」は

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でも、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群である事」で

「死自体は、今、この瞬間にも、世界中の何処の誰でもが細胞レベルで実体験している事なのだから、

あの世が在っても、細胞ごとで無ければ、整合性が取れない事にも成り、

細胞ごとの生まれ替わりが次々と怒っているでは、生まれ替わりの先は、今、この瞬間にも、自らの中にも在る事に成る」から

「丸ごと一人レベルでの命がより必然的により大切に成って来る」と「共」に

「死んだらどうなる?死んだら、どうしよう?等々」より

「どうやって生きるのか?生きて何をするのか?」等が「より重要に成る」。

「細胞ごとの命の連続性を考える」なら「丸ごと一人レベルの個々の人間たちの個性等は無視出来る」から

「必然的に、其の連続性が地球上の全ての生物に在る事等を理解・把握等し易く成る」。

「其の広義の自分の実体に思いが至る」なら

「其の実体の根本的目的を知りたく成って、ある意味、当然」で

「地球の生命体細胞群の歴史を知るなら、根本的目的が、存続~永続である事」は「疑いの余地が無い」。

「広義の自分の存続~永続との整合性の上に、狭義の自分の人生や人生観や死生観等の正当性も在る事に成る」ので

「存続~永続の為には?」等を「考え・思い・実態検証等する」なら

「必然的に、個々の現状問題への自虐度の少ない解答も見出し易く成る」。

「宗教上の信条やプライド等の虚構は捨てて、自らの実体や其の実体の根本的目的との正当性を取る」なら

「米国側の自虐性の理解・把握や其の指摘等も可能に成ると共に、ウィン・ウィンの解答を見出す事も可能に成る」。

「戦争が自虐的に成る事は、今生きている多くの人間たちが既に理解・把握済みの事に他ならない」から

「ある程度の防衛力としての武力を既に保持出来ているなら、其れ以上の武器等々を一生懸命、時間も、お金もかけて開発~製造~保有等しても、

ある意味、壮大なる無駄に直結している事にも成る」。

「ましてや、後追いで、核兵器等を製造する事は、世界中からのダメ出しを得る自虐的実効の方が遥かに高い」のだから

「使えない、使ってしまえば、国も国民も滅びる事に直結している核兵器等を開発~製造~保有等しようとしている{余裕}が在る」なら

「自国や自国民を物質文明面でも精神文化面でも、健常進歩・正常進化させる事に力を注ぐ事の方が、遥かに、合理的に成る」。

「自国や自国民の自虐度を下げる為には、人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的からの整合性を取る事が極めて有効」で

「何故なら、其れらは、世界中の国々・国民の共通利益でもあるから」に「他ならない」。

「独裁支配は、他国・他国民も含む、他の者・物・事の支配を要求する」が

「根本的に、人間の支配欲とは、自己健常支配の為に在る」のが「現実」だ。

「他者による被支配の下での、まるで、乳幼児や子どもの様な精神構造での生活を求め。追い続けさせられている」のが

「独裁支配下の国民等の実態に成る」が

「他者による被支配という代償欲求の追及を強いられ続けている分だけ、自己健常支配が行い辛く、阻害されているのが実態」で

「自己健常支配の実戦の為には、他者による被支配を強いる、独裁支配は明らかに、不合理に成っている」。

「自己健常支配権を阻害している、重大な人権侵害」が「其処に露呈している事に成る」。

「宗教や捏造史等が、支配の為に利用される事」も

「常套手段」で

「宗教や捏造史等で、現実や本当の事を知るチャンスが大きく阻害されている状態に陥らされる」と

「多くの人間たちは、必然的に、不安に成り、頼る者・物・事を求め易い状態にさせられてしまう」から

「其れを、独裁者や独裁政権や宗教指導者等は、人民支配の為に使っている」のが「実体」だ。

「細胞レベルの誕生・死や、人間の意識は丸ごと一人レベルで一つダケを取り上げる事が大好き等々の、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を十分に理解・把握する事等により、

実体や事実・現実と共に在る状態に狭義の自分を置く事による安定・安心等を得る事で、

独裁支配者・主教指導者等の支配下から、狭義の自分を解放する」なら

「世界中の人間たちの実体の共通利益等を見出す事等も、それ程、難しい事では無く成る」。

「経済世界大戦による地球環境の悪化をコレ以上酷くしない為」にも

「人間以外の生物たちも広義の自分の一部である認識を多くの人間たちが十分に保有出来る状態にする事」等は

「今時の人間たちの重大責務の一つに他ならない」。

「其の為にも、合理的に成る」のが

「脱独裁であり、脱宗教であり、脱捏造史」等々だ。

「科学レベルで判明している現実」は

「生きている人類誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している地球生命体細胞群の中の何十兆かの細胞群である事」であり、

「人間の意識(他の脳のある生物も同様)は、

実態通りの細胞ごとでは無く、丸ごと一人(一個体)レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがり、

考え・思い・感じた事の一つだけを偏重して実用したがる事」だ。

「自分の実体・実態を実体・実態通りに理解・把握する事」により

「自己健常支配も行い易く成り、他の人間や人間集団も含む地球生命体細胞群との自虐度の低い関係も築き易く成る」。

「科学レベルで判明している事が示唆している事」は

「誰もが地球生命体細胞群の中の一個体なのだから、

人間世界の世界平和は当たり前で、

人間以外の地球生命体細胞群や地球資源等の自虐使用を抑制する事による、地球環境問題の解決も実現出来て当たり前に成る」。

「現状の、精神文化側の産業革命前の、天動説レベルの、出来の悪い精神文化製品の一つである人間社会・経済システム上で、

大金や大権等々を狭義の自分の下に集める事が人生の成功!では断じて無い」。

「広義の自分の根本的目的である存続~永続への貢献が出来ていてこそ、其の実績の分だけ其の人間の人生も成功している事に成る」のが

「現実」だ。

「どんなに大金や大権等々を狭義の自分の下に集めていても、他人も含む広義の自分に過剰な自虐を強いている」なら

「失敗の人生であるばかりでは無く、そんな事を実践した者は悪者に成る」。

「他人の自己健常支配の邪魔をしている独裁政権や独裁者等はもちろん、

自由・民主主義圏でも、過剰な大金や大権等々を自らの下に集めて、独裁的に振る舞い、他の人間たちの自己健常支配の邪魔をしているなら、

同じ事」だ。

「この意味からも、

例えば、

ゴーン脱出資金や、北朝鮮金政権等への裏献金等までもが、在る可能性大の、

多くの民による選挙も無い、民間企業・組織等での、過剰な大金持ち・大権持ち」や、

「何処の局でも、同様の者たち・同様の論ばかりが、主扱いという、現状のテレビ界や常連出演者等の実態」は

「明らかな悪」に「成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作組織等」は「ブドウの木の様な実態を持っている」。

「昨日のテレ朝朝番」では、

「缶入りファンタグレープを動かすと、色鉛筆で描いたファンタグレープの立体トリックアートが現れる映像を紹介していた」が

「缶入りファンタが捉えられても、捉えたトリックアートを置去りに、別の場所に移動する」とは

「日本国内の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作活動等組織・工作員等の実態とも重なる」ばかりか、

「今回のゴーン被告のビッグインパクト会見戦略から{捏造史}マインドコントロール戦略への変更」にも

「重なって、ある意味、意味深長で、オモシロかった」が

「其の辺りを、紹介したところ」にも「北朝鮮系の者の存在感がチラホラ・・・」。

「核を持ったら、米国から戦争は仕掛けられない」は「間違い、もしくは、北朝鮮側のお手盛り解釈」に「他ならず」、

「核放棄しない、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を撤廃しない」なら

「限定攻撃も、戦争も、斬首作戦も、在る」のが「現実」だ。

「北朝鮮が反撃するなら、狭い北朝鮮はアッと言う間に、焦土化され、北朝鮮解放戦争自体もアッと言う間に終わる事に成る」。

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄する道」と

「自虐にしかならない核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を連綿と保有し、国際社会からダメ出しを受け続ける道」の

「どちらが、自虐度がより低いのか?」は

「余程の、おバカや悪でも無ければ、アッと言う間に解る事に他ならないが」・・・。

「今後、自己健常支配による支配欲の本来欲求充足派が増え続ける事により、

独裁による他の者・物・事支配の悪質度は、より多くの人間たちにより深く、理解・把握されて行く事に成る」。

「ガン細胞の様な悪を排除する事で健常性を保つ手段」は

「人体内でも、人間社会内でも、普通に在る、健常な手段に他ならない」。

「今回のイランの実態を知り、自ら進んで核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の完全放棄を意識的、かつ積極的に行う様に成る」なら

「在日の母を持つ金正恩の自虐度も応分に低い事に成る」が

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を続ける」なら

「其の自虐度は、排除に値する程、酷いモノである事の立証に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「さくらを視る会問題大問題化」「IR贈収賄工作による大問題化」「金正恩への誕生日の献上品、ゴーンの日本政府非難」等と其れらの内実を圧殺し、政権に悪イメージをつけるテレビ・マスコミ等の情報工作等により、日本も従北政権化しようとしている日本の中の北朝鮮人脈の者たち等問題・・・。

『「在日の母(故人)を持つ独裁者の金正恩が正当性を保ち続ける為には、朝鮮半島内だけでは無く、日本の支配も必需に成る」。

「其処で、以前から、非人道的なスパイ・工作活動等を、日本の中でも、連綿と行い続けて来ている」と「共」に

「核・ミサイル・大量破壊兵器等による武装も強化し続けて来ている」が

「結果が出なければ、其れらは、単なる北朝鮮にとっての自虐にしか成り得無い」。

「其処で、目標期限を決めた日韓乗っ取り支配工作が行われ、其の結果が問われて来ている」が

「韓国での社会・政界工作による従北政権化の成功」とは「裏腹」に

「日本では、社会・政界工作も不発で、

このまま行くなら、

旧民主党政権の様な北朝鮮にとっても都合の良い政権を日本の中に再び誕生させる事」は

「ほぼ不可能な状態」だ。

「期限を2020年まで」と「区切っている様相を露呈している北朝鮮金政権等」は

「通常の政界工作では政権交代が不可能と強く推定される状態に成ってから、

通常では無い工作手段まで実用し始めた様相を露呈させ続けて来ている」。

「其の一つが、何年も前のさくらを見る会の出席者等の大問題化」であり、

「更に、IR贈収賄工作」と「続け」、

「金正恩の誕生日には、

個人レベルでは無い、国家レベルの工作により日本から北朝鮮と国交のあるレバノンに不法移動したゴーン被告が、

日本政府非難を行う{献上品}」まで

「繋げている」。

「もちろん、其の全て」が

「戦後日本の中で蔓延り続けて来ている、親朝鮮系のテレビ・マスコミ等により、

上記の様な実体も強く推定される事等は、黙殺・圧殺状態のまま、

現政権に悪イメージを大々的付ける視聴者・読者等マインドコントロールの形で、

大衆の頭の中を占領すべく、偏向・偏重情報配信等される事に成る」。

「其の様な、まるで、ナチス・ヒトラーの様な酷い手段まで使ってでも、

何としても、日本も従北政権化させようとしているのが、

日本の中の北朝鮮金政権等の手下や其の協力者等の実態」だ。

「其の下には、戦後産まれの一般市民までもターゲットにした、不適応分子粛清工作までもが付いている」。

「拉致までされている」のに

「スパイ・工作活動対策が圧倒的に不十分な状態の日本の脆弱性故」に

「ゴーン被告の不法出国工作も可能に成ってしまった」のが

「現実」なのだから

「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「スパイ・工作活動対策の充実」や

「十分な実力を持つ諜報機関等の保有」等々を

「訴えていて、当然に成る」が

「其の辺り」も

「上記の様な、容易に、強く推定出来る事態共々、黙殺・圧殺し続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実質的、手下、日本の中の情報工作機関的様相を露呈し続けて来ている、

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「何故、そんな状態に成ってしまっているのか?」

「既に、ご存知の方々も多いと思う」が

「戦後日本の情報・教育界」では

「米軍の占領政策により、所謂、保守系の者たち等が徹底的に外されたと共に、

所謂、左翼系や朝鮮系の者たち等が、大いに重用された」。

「国政政党で言うなら、社会党系と共産党系の者たちが多い状態に成った」のが

「戦後日本の情報・教育界の実態」だ。

「社会党が北朝鮮労働党と友党関係を持っていた事」や

「日本共産党がソ連の絶大なる支援の下で生まれた事」等を

「ご存知の方々も多い筈」だが、

「選挙も無い、戦後日本の情報・教育界では、其れらの政党系の者たちや朝鮮系の者たち等」が、

「ず~と与党状態のままに成れてしまって来ている」。

「其の結果」が

「政治・社会問題等での偏向・偏重情報・教育に良く反映され続けて来てしまって来ている」。

「上記の様な{内実}を知らない視聴者・読者・生徒等」は

「教師や常連出演者や常筆等の論等を、そのまま、正しい事等として、鵜呑みにさせられ易い」。

「人間は鵜呑みにして覚えてしまった論等を自分の一部にしてしまい、其れにより、自分を操ってしまい易い状態に陥り易い」ので、

「例えば、

世論調査や選挙時の投票行動等で、其れを具現化させられると、

必然的に、社会党系・共産党系・朝鮮系が与党状態の、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が、悪いイメージを付けている党や候補者等を避け、

良いイメージを付けている党や候補者等を選択し易くされてしまう」。

「其の様なマインドコントロールにより、多くの日本国民が動かされてしまっていた時代」には

「社会党は二大政党の一翼を担う大政党だった」。

「北朝鮮労働党と友党関係を結んでいた党だったのに!!」

「ネット普及前のテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報も酷過ぎた」。

「日本に居る朝鮮人の多くは、強制的に連行されて来た可哀そうな人々だから、丁重に接し、特別扱いくらい当然!等の旨等」が

「一方的に、大喧伝等」され、

「北朝鮮による拉致は、日本による朝鮮人の強制連行に比べれば、取るに足らない問題!等の旨」も、

「一方的に、大喧伝されていた」。

「当然、違和感を覚えた、本当の事を知っていた、日本国民も数多く居た」が

「其れらの人間たちの声が、大喧伝等される事も、反論等を大々的に述べる機会を与えられる事も無かった」。

「学校教育でも、~日韓併合~戦後~の時代は、実質的に、圧殺・黙殺状態で、丁寧に史実が史実通りに教えられる事も無く、

其の期間の歴史認識としては、テレビ・ラジオ・マスコミ等が好んで大喧伝等していた韓国・北朝鮮等ご用達の歴史認識ばかりが

まかり通らせられていた」。

「ネット普及により、社会党・共産党・朝鮮系が与党状態の日本の情報・教育界情報統制状態は崩され、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等にも、改善の傾向が少々は出て来ているが、

何しろ、情報・教育界では、未だに、社会党・共産党・朝鮮系が与党状態で、其の与党人脈の者たち等が、

世代交代しながら、ある種の世襲仕事???を行い続けているのが実態に成っている」。

「其の結果の一つが、今回も、マタマタ露呈・・・」と言う訳だ。

「もはや、其れらの人脈の者たち等による、大衆誘導効果は、セイゼイ数%レベルに留まっている」が

「もちろん、例え、数%でも、基のパイが日本社会という大きなパイなのだから、其の悪影響は、決して小さなモノでは断じて無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「自民党側を{演じている}テレビ常連出演者等」が

「総理引退に言及していた」が

「其の様な情報を公共の電波上等で大喧伝し、公然化する事の実効が、どんな事に成るのか?等を考える」なら

「其れこそ、誰もが、

現総理の求心力を弱める策略の臭いや、

自民党内で、より北朝鮮に都合の良い者を、出来る限り早く、総理に!等の策略の臭い」等も、

「感じられる筈」だ。

「自民党にも、北朝鮮にとって都合の良い者も居る事」は

「訪朝して、あらぬ約束をして来た裏には、金庫の中に、北朝鮮製の金の延べ棒・・・等の実態も露呈させられた、

故金丸氏等の実態からも明らか」だ。

「北朝鮮の核兵器圧力を増させる事にも直結している日本のみ脱原発に熱心な、小泉元総理も、朝鮮系と言われている」。

「テレビ等が推奨している者の中には、朝鮮系の臭いが濃厚な者たちが多い」のも

「朝鮮系や友党関係があった社会党系等が与党だから」と「強く推定出来る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「普通に考える」なら

「中国共産党支配下の中国企業に、日本でカジノを行わせる選択は、先ず、無い」から

「中国企業による賄賂の目的は、

カジノを行う為では無く、

日本のカジノを潰す為、遅らせる為か、

現政権与党等に悪イメージを付けさせる為」等に「成る」。

「賄賂が少額だった事」等からも「工作の臭いが強く漂って来る」。

「其れらの事さえも、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信では、実質的に、黙殺・圧殺状態」だ。

「其れは、明らかに、異常な事に他ならない」が「工作を仕掛けている方のお仲間等なら、当然の事に成る」。

「金正恩の誕生日である1月8日」に

「国家ぐるみレベルの工作により、日本脱出に成功したゴーン被告」は

「どの様なプレゼントを与えるのだろうか・・・」。

「政府非難とは、現政権非難でもある」から

「其れを基に、従北政権化の大きな流れが創り出せる状態にまで、

お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導工作が成功してしまう」なら、

「其れこそ、正に、国家ぐるみで大金を使ってでも、行うべき工作に成り得る事に成る」。

「其の手下・手先・其の協力者等が、日本国内に多数居る事」は

「拉致が拉致工作でしかあり得無い事や、拉致工作を行った者たち等が、

其の後、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を何も行わない事等などあり得無い事等からも、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事に成る」。

「こんな状態が露呈している」のに

「実効のあるスパイ・工作活動対策の充実や実力のある諜報機関の必要性等々を十分に訴えない、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は「明らかに、異常に成る」が

「工作活動等を仕掛けている側なら、当然の事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「相変わらずの政治・社会運動」や「実質的、劣悪、幸せ論」等を常連出演者等が公共の電波上に一方的かつ大々的にばら撒いていたが・・・。

『「年末~正月の休みの間」は「今時、在るべき精神文化製品の原案を幾つか記しておこう」と「考えていた」が

「本日のサンデーモーニングも、新年早々、相変わらず・・・だった」ので「タイトルの通りに内容を先ず、記す事にした」。

「既に、アップした原案」に「ストーリー性を持たせ、視聴者・読者等が投影・転嫁同一視等し易いキャラを配する」なら

「原案から、アニメや映画やドラマや小説等々をつくり出す事」が

「十分に可能である事」は

「多くの方々が既に、お気づきの通りに成る」から

「今時、在るべき精神文化製品自体」が

「製造不可能では無い、ばかりか、相応の立場・権力(金権も含む)等々を既に保持している者たち等なら、直にでも出来る、

製造困難では断じて無い事」は「既に、明らかに成る」。

「其れを行っていない、行おうともしていない事」こそ「実際に、在る悪意や劣位の下の策略」に「成る」が

「策略・謀略等は無い旨」を「喧伝する事」で

「自らの策略・謀略等を隠蔽し続けたい様相ですらあった」のが

「本日の常連出演者等だった」ので「本当に、呆れた」。

「更に、そんな実態を露呈していて、寛容性が大切である旨等も喧伝等していた」のだから

「恥の上塗りは。止めた方が良いのに・・・」等と

「感じたり、思ったりしていた視聴者の数も多かった筈」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「IR汚職関連の論調も酷いまま・・・だった」のは

「日本のIRが実現しなかったり、遅れたりする事による利権が何処に行くのか?」さえも

「未だに、喧伝等していないから」で

「其処に言及する」なら

「日本のIRが実現しなくなったり、実現が遅れたりするなら、漁夫の利的にメリットを得る事に成る、

カジノを持つ、中国共産党支配下の中国や韓国や、

カジノも創ろうとしている可能性大の北朝鮮等の存在」も

「明らかに成り」、

「与党議員等に対する、少額の賄賂等の裏」には

「逮捕された贈賄側の中国企業系の者たちとは同じとは限らない」が

「日本のIRの実現を無くしたり、遅くしたり、する事に力を加えている実態を露呈している、

反対野党等や其のお仲間、テレビ・マスコミ等や常連出演者・常筆等への、

多額の賄賂等が在っても何の不思議も無い事」等も

「想像に難く無い事」等が

「多くの視聴者等にも、良く判る様に成る」。

「地検も、其の辺りまで徹底検証~してこそ、日本の為の地検に成り、

現状の日本のIR潰し、もしくは、遅らせ、或いは、現政権に悪イメージを付ける事による反対野党等への漁夫の利製造等の

手先を行わされてしまっている様相の地検とは、別モノとして、多くの日本国民から信頼が得られる様に成るのでは・・・」等と

「感じたり、思ったり、している日本国民の数も多い筈」だ。

「反対野党等寄り、利現状カジノ保有国・北朝鮮等の論ダケ」という「偏向状態」は

「明らかに、不当に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「幸せとは何か?」を「はっきりと定義して言わない上」での

「イメージ上での幸せになれるのか?論」等も

「酷かった」。

「反対野党等との親和性が高そうな、ご用達、社会学者・哲学者等を利用した低レベルの論は、特に酷かった」。

「例えば、

フロイトの精神分析を引用し、常連出演者等の論に沿う様に、単純化したモノが在ったり、

現状人間世界の状態が酷いという、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、知り、実感している裏に在るモノも

其の掘り下げを浅くし、浅くさせ、常連出演者等の立場・利権等を阻害しない部分ダケ使っていたり、

・・・等々と、

多くの視聴者を迷いと混乱の中に追いやる事により、問題の本質や実体の理解・把握を阻害させ、

其の事によって、常連出演者等やテレビ実権者等の現状利権の維持~増大等を図り続けよう・・・としている実態を露呈させていた」。

「そんな事を行っている者たち等が、大人である訳も無く、其の実態は、まるで、もっと、もっと、お小遣いを~!等と

駄々をこねている悪餓鬼の様だった」し

「更に、沢山を覚える事と、現状までの実権者等に媚び、取り入る事に成功している事による、利権」を

「さも、正当であるかの如く、喧伝等し、相変わらずのネット非難等を行っていた」のだから

「其の厚顔無恥状態」には「本当に、呆れた」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「いったい、何時までも、同じ常連出演者等を小交代させながら、

何処の局でも、公共の電波上に蔓延らせ続ける必要性の正当性は何処に在るのか???」

「本質・快適等を探究する」なら

「そんなモノは何処にも無い事」等は「其れこそ、世界中の何処の誰にでも判る事」に「成る」。

「現状の常連出演者等が十分な是正を行えない、劣悪レベル」なら

「劣悪レベルでは無い者たち等を起用すれば良いダケの筈のテレビ局等の実権者等」も

「現状の常連出演者等と利権を共有しているからか、其の様な当たり前の是正法を実用しようともしていない様相を露呈し続けて来ている」。

「そんな実態を露呈しているテレビ界の実権者等には、政界とは違い、選挙も無い」。

「視聴者数が特に多い地デジのテレビ局の数も実質的に、限られていて、入れ替え競争等も無い」。

「固着化し、故に、陳腐化し続けている実態を、かなり前から、露呈し続けて来ているのが、

戦後日本の現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界(特に、所謂、文系)の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「フロイトの精神分析学について若干の事を記しておく事にする」。

「本日のサンデーモーニングの常連出演者等による単純な二極分け」は

「フロイトの学説とは違うモノ」だ。

「フロイトの場合」は

「筆者の記憶」では、

「精神構造図として、超自我・自我・エス(本能欲動)と原生林(其れ以外の不明部分)に分けるスタイルを使っていた筈」で

「そもそも、精神分析自体が、催眠療法の実態や知見から、無意識にスポットライトを当てる為に創り出された技法」だ。

「そして、現家庭や親由来の要素が強い超自我による過剰拘束状態に在る乳幼児=青少年期から、

自我を十分に成長させる事による成人化等を訴えていた」。

「本能欲動の多くを性欲動と結び付けて解釈しようとしていた事も大きな特徴」だった。

「もちろん、乳幼児期は別で、乳房との接触により必要な食も水分も摂る事由来の口愛欲動や、

排便が出来た快感に基づく、肛門由来の欲動等」の

「多くの人間たちの中で、三つ子の魂、百までの元にも成っている、根源的な欲動の重要性と、

其処への過剰拘束状態からの自我を成長させる事による解放」も

「精神療法の基本治療ロジックに成っている」。

「例えば、大人???のおしゃぶり、タバコからの解放」にも「精神療法が有効に成る」し

「意識の有無を問わず、排便の快感が好きで、出ない訳でも無いのに、必要以上に長トイレ・・・という事態からの解放」にも

「精神療法が有効に成る」。

「成長と共に、性欲動と結び付けられて解釈される問題行動等が増え、其の解決手段の上辺も多種多様に成る」が

「其の辺りは、長く成ってしまうので、興味のある方々は、フロイト関連の書籍等を・・・」。

「もちろん、心理学も精神分析学も、フロイトで完成!では無い」。

「残された原生林って何?」等の「疑問」は「多くの方々も、抱いている筈」で

「其の答を得る為に重要に成る」のが

「人減も含む地球上の生物に対する科学レベルでの理解・把握に成る」。

「人減の無意識の底に在る」のは

「他の生物同様、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を実体験しながら存続している」ばかりでは無く、

「自分個体の健常性を保つ為に、細胞レベルの戦いも、殺傷も、有害・不要物の排除も行っている」。

「其れこそが、フロイトが原生林として残した、エス(本能欲動)より更に、下に在るモノの正体に成る」。

「人減誰しも、無意識の底では、

細胞レベルで、

誕生・死を繰り返しているばかりか、

戦い、殺傷し、不要物や有害物の排除も行い続けている」。

「其の無意識の底からの刺激」が

「神経ネットワーク等により、脳で集合され、

脳内で、実行動に結び付く、本能欲動(フロイトの言う、エス)化され続けている」。

「実行動の効率を上げる為に有益に成る」のが

「脳内での更なる構築」で

「実行動から得た刺激と自分の中の無意識レベルからの刺激を合わせた上に創り出されるのが、情動と成り、

情動を良く実用出来るレベル以上に、高度に構築された生物(実態としては、動物だけに成っているが)個体の脳内では、

必然的に常道脳が発達する事に成る」。

「更に、高度に実行動の効率を高める為には、

本能欲動も情動も、とりあえずは別にした、自由な判断に基づいた行動も実用出来る状態が合理的に成り、

其の為の指令部として脳が使われる割り合いが高く成ると、知性脳が発達する事に成る」。

「上記は、無意識レベルからの積み上げで、基本的に、細胞レベルの刺激が基に成っている事」だ。

「ここで、考え・思いを至らせるべき」は

「では、意識では?」に「成る」。

「言うまでも無く、人間の意識は細胞ごとでは無く、丸ごと一人レベルで!が得意で、

多種多様な考え・思いや情動や欲の中から、一つだけを選択して実行動を起こさせる」のが「得意」だ。

「細胞レベルの実刺激が、丸ごと一人レベルの実行動へと変異させられる」と

「往々にして、現実離れが起こされてしまう」。

「起こされてしまった現実離れを解消して行く為には、細胞レベルの実用が有効に成る」が

「古の人間たちは、細胞レベルを十分に理解・把握出来ていなかった」。

「其の結果、例えば、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、実体験している死自体さえも、

恐れる、現実離れが誘う、オカシナ、自虐状態に陥らされる事等も、実現し続けて来ていた」。

「細胞レベルを実用しないで、丸ごと一人レベルダケで、死の恐怖からの解放を試みる」と

「霊やあの世や生まれ変わりや復活等々」の

「古の人間たちの知恵の結晶も生まれる事に成る」。

「其れらも含めて、高度に思考体系を構築するなら、古の人間たちの叡智の結晶としての宗教も出来上がる事に成る」。

「今時の人間たちからすれば、歴史遺産が其処に在る事に成る」。

「さて、上記の様な基礎知識を理解・把握した上」で、

「本日のサンデーモーニングで、実質的に、悪用・劣用されていた、退行を論じる」なら、

「本来、退行現象とはどの様なモノなのか?」等も

「良く解る事に成る」。

「人減誰しも、知性脳で十分に理解・把握出来ている事には、実体離れした恐怖心等も抱かず、不安も覚えない」が

「治世脳で十分に理解・把握出来ない事に直面する」と「自分を守る為の防衛反応として、恐怖心や不安等が生じて来る」。

「ここで、知性脳を酷使して、問題解決を図る事が出来ている」なら

「治世脳の一つ下の段に在る情動脳への退行現象も起き辛く成る」が

「問題解決が出来ていない」と

「判断を情動脳に委ね易く成る」。

「上記の例の死の問題」でも「同様」で

「タダ情動脳レベルへの退行現象を起こしている状態の人間たち」ならば、

「死を大いに恐れ、大きな不安を持たされている状態」で、

「例えば、死は、絶対に嫌だ!、

もしくは、

いっそ死んでしまって楽に成りたい(死の恐怖や不安から解放されたい)!

等々と、考え・思っていたりしても、当然に成る」。

「其の様な中で、

古の時代は、丸ごと一人レベルだけで、

知性脳による死の恐怖・不安からの解放を得ようと懸命に努力出来る」なら

「丸ごと一人の、霊やあの世や生まれ変わりや復活等々の考え・思いを生み出す事も出来る」が

「もちろん、其れが、真実である保証は何も無い」。

「其処で、情動脳への退行が生まれる事に成る」。

「考え・思うレベルでは無く、

信じるレベルにまで自らの状態を至らせる事が出来るなら、

死の恐怖も不安も解消出来る(実際は、筈)・・・」。

「知性脳より圧倒的に情動脳に寄っている状態に自らを置く事により、

知性脳を使う割り合いを減らす事による恐怖・不安の解消法の実態が其処に在る」。

「これも、退行の実例に他ならない」。

「更に、ここで、自らの信じを否定された事=自分を否定された事」等の

「実態離れした解釈だけ」が

「其の人間の中で実用されてしまう(人間の意識は、丸ごと一人、一つダケが得意)」と

「自分を否定した人間を否定するのは、お互い様の権利!等の知性脳内での現実離れした合理化の下」で

「もはや、情動レベルも通り越した、生か?死か?の本能欲動レベルへの退行現象も起こされてしまい易く成る」。

「また、退行」は「とりあえずの現実逃避として用いられる事もある」。

「人減誰でも、自らの知性脳で直に、十分な理解・把握が出来ない者・物・事等に対しては、距離を起きたくなる欲動も生まれる」。

「現実に直面している実体からの精神的距離を遠ざける為に有効に成る」のが

「より下に在る脳に自らの考え・思いの主体を委ねるやり方」で

「知性脳で十分な理解・把握が出来ない恐怖・不安等から自分を逃し、自己の健常性を保つ為に、

例えば、音楽を聴いたり、芸術作品に見入ったり、等々する事により、情動脳の使用割り合いを高める事」による

「精神的現実逃避の中で、自らの知性脳の体勢も整え直したりする事」等でも

「退行」は「使われている」。

「退行」にも「健常と不健常が在り、退行自体が=悪い事では断じて無い」。

「上記」が

「退行」を「基本レベルで、理解・把握する為に有効な配信情報の一つの例」だ。

「退行」を「大人・幼児」の

「単純二極で論じ、

ご用達政治・社会運動等を利す為になら合理的に成る、身勝手な論等を重ねる事で、

多くの視聴者等を実質的に、マインドコントロールしようとした事」の

「罪は、深い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

喜怒哀楽

喜びたくなるのも当たり前

今、この瞬間にも、細胞レベルでガン細胞や有害生物たちと戦い勝利しているのだから

怒りたくなるのも当たり前

今、この瞬間にも、新たなガン細胞や有害生物たちが自分の中で生まれてしまっているのだから

哀しくなるのも当たり前

今、この瞬間にも、多くの健常な細胞たちが死を迎えているのだから

楽しくなるのも当たり前

今、この瞬間にも、多くの新たな健常細胞が生まれているのだから

そう、みんな自分の中の細胞レベルで、世界中の何処の誰もが、今、この瞬間にも、実体験している実現象

でも、人間の意識は、其れらの細胞からの刺激を、丸ごと一人レベルで、しかも、どれか一つだけ使いたがる

丸ごと一人で自分を喜ばせようとしたり、丸ごと一人、他の人間たちを喜ばせようとしたり、

丸ごと一人で自分に怒ったり、丸ごと一人、他の人間たちに怒ったり、

丸ごと一人で自分に哀しくなったり、丸ごと一人、他の人間たちを哀れんだり、

丸ごと一人で自分を楽しませようとしたり、丸ごと一人、他の人間たちを楽しませようとしたり、

どれか一つだけを拘って行おうとしやすい

蔡瑁レベルからの刺激を、丸ごと一人レベルで一つだけ実用する事の罠が、其処に在ることにも気づかないまま・・・、

現実離れ故の矛盾を創り出しながら、人間同士が丸ごと一人レベルで問題解決しようとすれば、

更なる矛盾も生まれ易くなってしまうのに・・・、

古の人々は、そうするしか無かった、

其れは、蔡瑁レベルの実態を理解・把握出来ていなかったから、当然のこと、

細胞レベルの実態が科学レベルで理解・把握出来てから、もう、百年も経っているのに、

未だに、古の人間たちと同様の状態の人間たちが多いのは何故?

封印され続けて来ている、在るべき情報・教育の姿が其処に浮かび上がって来る、

何処の誰の為の封印なのか?

宗教界か?政界か?大金持ちか?他の人間を支配して使う者たちか?

在るモノを封印し、他の者から奪い、私利私欲を貪るガン細胞の様な人間たちが其処に居る、

丸ごと一人ガン細胞なら、丸ごと一人、怒りをぶつけ、

丸ごと一人のガン細胞に勝利する事で、喜びたがる、のが、健康な人間、

丸ごと一人ガン細胞が過剰に貪れていることに憧れ、ガン細胞と同様に成ろうとするのは、

既に、頭か、こころか、其の両方がガン化している、病気の人間、

ガン化している人間たちが自己正当化を図る為に、他の人間たちもガン化させようとするのは、よく在ること、

比べっこを強い、比べっこの勝者を過剰に優遇するなら、

比べっこから本質・快適探究への精神構造の健常成長が阻害され続ける人間たちの多くがガン化され易くなる、

とりあえずの存続を得る為の有害適応が其処に在る、

永遠の命を求めるガン細胞でも、主体が衰退し、死に至ってしまえば、滅びるだけ、

特定の人間だけに永遠の命を求めても、地球の生物全体が衰退し、死に向かうなら、其の先に在るのは、人類滅亡、

健常細胞が健常成長するなら、地球生命体細胞群の存~永続も可能に成る、

ガン細胞的人間に怒り、

ガン細胞的人間の現状化に喜び、

健常細胞的人間の誕生を楽しみ、

健常細胞的人間の死を哀れむ、

自虐度が低い、丸ごと一人、一つだけづつ、の、喜怒哀楽が其処に在る、

現実では、今、この瞬間にも、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、喜怒哀楽の素の、細胞レベルの刺激を、みんな味わっている、

其の意識の有無を問わずに。

|

100年前、仕事疲れが少々抜けほっとした一時、ある会社員は思った。

「死んだらどうなってしまうのだろうか・・・。」

其処に其の答を用意していた者が近づいてい来た。

「あなたは、世の為、人の為に、仕事を良く頑張り続けている様なので、あの世で、大変良い生活が保障されている事でしょう。

更に良くする為にも、祈り、拝み、徳を積む事をお奨めします。

詳しくは、集会所までいらして下さい。」

極一部の者たちだけが聴く事の出来ていたラジオでは臨時ニュースが流されていた。

「臨時ニュースをお伝えします。臨時ニュースをお伝えします。

人間の死も他の生物同様、細胞ごとの現象である事が、科学的に証明されました。

大変な事が判明したのです。

生きている人間も他の生物も、今、この瞬間にも、死を体験しているのです。

・・・。・・・。」

其れは、ある会社員の知り得るところでは無かった。

後日、誘われるままに、会社員は集会所を訪れた。

何十人もの人間たちが、真剣に祭壇に向かって祈りを捧げていた。

祈りが一段落すると教組らしき者が現れた。

「この世は、全ての人間たちにとって、とても辛いものです。

其れは、其の事により、人間たちが鍛えられる、神の意思による事です。

辛さに負けずに、例え、恵まれていなくても、一生懸命善行に歩み続けるなら、神による救いが与えられます。

其れは、この世での事では無いかも知れません。

神があなたをこの世の辛さから解放した後、あの世であなたに与えるものかも知れません。

しかし、もし、善行に歩まず、私利私欲に走るなら、神は罰を与えます。

あの世でも更なる苦行をあなたに与えるでしょう。

私利私欲を捨てる事も善行の具現化に他なりません。

徳を積む事です。

神の目が届き易い、この場所で、あなたが私利私欲に走っていない証を示すなら、

其の徳により、あの世でのあなたの生活はより良く成る事が約束されています。

さあ、お集まりの徳のあるみなさま、今から、神への献金箱をもって、修行中の者が周りますから、

心ばかりの徳を具現化してください」。

教組と思われる者の発する声は、しっかりしていて如何にも頼れそうな上に、癒し系の人を惹きつける、大き過ぎないゆったりとした声だった。

集会所の中の雰囲気は、教組の声に飲み込まれていた。

小箱を持った頭を丸めた者が、集まっている人間たち一人一人の脇を周り、全ての人間たちが、幾らかのお金を小箱に投じた。

小箱を持った者が会社員の脇にもやって来た。

その場の圧倒的な雰囲気に呑まれた会社員は、少々のお金を小箱に入れた。

頭を丸めた者が集まった人間たち全員のところを周り終わると、教組が再び話し始めた。

「更なる徳を積まれたい方は、個別にお伺いします。

ご希望のある方は、修行中の者にお言いつけください。

本日予約のある〇〇さんと〇〇さんと〇〇さんは、ご案内いたしますので、別室にお進みください。」

「他のみなさんは、次の集会日まで、現世での苦行を頑張る事で徳を積み続けてください」。

教組の家には、臨時ニュースが入るラジオも在った。

臨時ニュースも聴いていた。

其れでも教組が、其れまで通りの事を繰り返した裏には、大物政治家への献金の源泉を集める必要があったからだった。

大物政治家や其れと親しい企業家たちにとって、低賃金できつく辛い仕事をさせる事が出来る多数の労働者を確保し続ける事は、自らの利権を

維持~増大させ続ける為に必要なことだった。

臨時ニュースは直に封印され、二度と流される事は無くなった。

其れは、政治家からの圧力による事だった。

其れでも、人間たちの間に、少しづつ臨時ニュースの内容が知れ渡ることに成っていったのは、内容のインパクトが凄すぎたからだった。

「死っていうのは、細胞ごと現象なんだって!今、この瞬間にも体験しているんだぜ!」

「丸ごと一人いっぺんに一瞬で死ぬなんて嘘だったんだ!」

「当然、丸ごと一人で逝くあの世も無い事になるじゃないか!」

「其れなのに、何だ!教組たちは!」

「詐欺だろ!詐欺!」

「金返せ!」

街中からは、集会所に通う人間たちが激減した。

教組からの献金が激減した政治家たちは危機感を感じた。

「このままでは、俺たちも人間たちから責められる状態に成ってしまう。どうにかせねば・・・。」

「戦争だ!戦争するなら、其れどころでは無く成る。」

国同士の仲悪くする事は容易かった。

国歌・国民の私利私欲に走れば良いだけだった。

世界中に其の雰囲気も蔓延していた。

戦争も各地で起こされていた。

いつの間にか、集会所に行っていたほとんどの人間たちの仕事も、会社員の仕事も、兵にされていた。

「戦場で活躍して、万一、戦死するなら、神として祀ります。だから、国家・国民の為、命がけで頑張ってください。」

・・・其処にもはや、「あの世詐欺」の解決は在り得無かった。

大きな別の問題を起こす事で、大きな問題の解決を反故にする悪魔の策が実践されてしまった。

其ればかりか、戦争を頑張らせる為にも、あの世詐欺が使われた。

多くの人間たちが戦場で命を落とした。

戦争に勝つと大物政治家も軍の幹部も英雄として大々的にこの世で祭り上げられたが、

命を落とした兵士たちは小さく祀り上げられ、あの世での良い生活なども在る訳も無かった。

戦争が終わると、多くの人間たちが「あの世詐欺」の解決を求めた。

幸いにして、民主主義社会だった国々では、「あの世利権」で太った教組や集団や政治家たちからは、「不当利得・利権」が剥奪された。

法律も変わった。

現実に無い者・物・事である事が既に科学的に判っている者・物・事については其の現実をありのままに告知する義務が課された。

マスメディアや学校教育での周知の義務も課された。

誕生・死の実態が細胞ごとの実現象である事を十分に理解・把握した人間たちの多くが、細胞ごとの命の連続性を考え・思い、

其の結果として、広義の自分を理解・把握する事にも成功した。

元々、私利私欲を捨てる事が不得手では無かった人間たちが多かったので、人間たちの徳の積み重ねが戦争をも防ぐ事に直結した。

「あの世が無い分だけこの世が重大になるよね。」

「広義の自分の根本的目的ってなんだろう?」

「はっきりしている事は、細胞の数や種類を増やしながら存続して来ていて、宇宙にまで其の住処を拡げようとしている事かな・・・。」

「とりあえず、存続~永続で良いんじゃない。」

「広義の自分の其の大義の中で、狭義の自分は何をしたら良いのかなぁ・・・。」

「存続~永続への貢献かぁ・・・。」

「今の人間たちも含む生命体細胞群を健常に存続させる事も大切に成るよね。」

「全ての人減たちの健常な衣食住などを確保し続けると共に、他の生物や環境に多大なダメージを与えない様にしなければ・・・。」

「宇宙への進出の為に必要に成ることも、重要だよね。」

「進んでいき続ける科学技術を自虐使用しないで済む様にする精神文化を創り続ける事も!」

「其の中で、狭義の自分が出来る事を行うなら、自虐的に成らない仕事に成るよね。」

・・・。・・・。

人間たちの死生観・人生観の進歩・進化は「仕事=比べっこによる金集め・権力集め」という図式も変えて行った。

「比べっこなら、格差もあった方が便利だよね。」

「差別もね。例えば、ルックス差別あるから、ルックス比べっこも容易に成っているのが現状・・・。」

「比べっこしないで、何すれば良いのかなぁ・・・。」

「科学技術はどうして、急速に進歩・進化させる事が出来ているのか?を考えるなら、其の答は出るんじゃない。」

「戦争による比べっこで科学技術が急速に進歩・進化しているんじゃないの?」

「其れは、戦争を行わせた側の言い訳。実際は、本質を科学レベルで判明させて、其の実用方法を構築した科学者や技術者たちのお手柄!」

「つまり、本質を探究し、科学レベルで判明させる事が出来たモノを実用出来る様に構築して使う事かぁ・・・。」

「そう、より良い、快適い生活の為にね。」

「つまり、科学技術面でも精神文化面でも、本質と快適を探究すれば良いんじゃないの。」

「比べっこを卒業して、本質・快適を探究かぁ・・・。」

「死の問題でもそうだよね。比べっこなら、

生きている人間と死んだ人間の違いで、

其の先には、霊やあの世などの現実には無いモノも必要になったりする、ばかりか、

膨大な恐怖心も付いて来るけど、

本質を探究して、

生きている人間なら、今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群である事が

既に、科学レベルで判っている事を、理解・把握する」なら

「今、この瞬間にも実体験している死自体を恐れる事自体が、オカシナ事に成る」。

「あの世も霊も細胞ごとなら、要らないよね。人間一人でも、何十兆もの細胞の霊やあの世に成るから、そんな事を考えている暇があるなら、

この世の中の問題でも考えた方が遥かにマシに成る・・・。」

「丸ごと一人で死を捉えている事自体が現実離れしているのだから、現実を知れば知る程、現実離れ故の恐怖心も無く成って行く事に成る。」

「でも、どうして、昔の人間たちは、そんな現実離れした事を考えていたんだろう?」

「細胞ごとの誕生・死と言う現実を知り得ていなかったからでしょ。」

「誰もが納得出来るレベル、科学レベルでね。」

「それなら、どうして、科学的に判った後でも、多くの人間たちが、丸ごと一人の死やあの世や霊などの現実離れしているモノに

縛りつけられ続けて来ているのかなぁ・・・。」

「其れは、人間の意識が丸ごと一人レベルで考えたがるからでしょ。細胞ごとでは、何十兆もの事を個別に考えなくてはならなくなってしまう

から・・・。」

「細胞ごとの死後の世界や霊を考えるのと同じ事かぁ・・・。」

「重要な事は、意識の中に、科学レベルで判明している現実も入れる事に成るのかな。」

「そう、人間の意識は丸ごと一人レベルで考えたがるけど、今、生きている人間の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存

続している何十兆もの細胞群とか・・・、この様な意識が大切に成る。」

「でも、狭義の自分も含む広義の自分の細胞群は、いったい何の為に存続~永続しようとしているのかなぁ・・・。」

「とりあえずは、健常に成長しながら存続し続ける事が大切に成るんじゃないの・・・。」

「其の為に、狭義の自分の健常に支配・コントロールし続ける事かぁ・・・。」

「狭義の自分の支配・コントロールの為には、丸ごと一人で考えたがる意識も便利に成るね。」

「其れを、他人の支配や他人による支配に代えてしまうと、アブナイ!アブナイ!!」

「自分を健常に支配・コントロールし続けているなら、他人を支配しようとしたり、他人に自分を支配させようとしたりする事も、

激減していて当然に成るけど・・・。」

・・・。・・・。

「あの世詐欺」で逮捕された教組・集団・政治家たちは、新たな法により裁かれるに成った。

教組には、「被告を、自己不健常支配の罪により、自己健常化の為の無期実刑に処す」の判決が、

集団構成員の多くには、「被告を、自己不健常支配の罪により、自己健常化の為の五年実刑に処す」の判決が、

私利私欲の為に戦争を生み出した政治家たちには、「被告を、自己不健常支配の罪により、自己健常化の為の終身実刑に処す」の判決が、

出された。同時に、「あの世詐欺事件」の実態も犯人たちも同様の新たな事件等の再発を防ぐ為に永遠の恥辱に染まる道の上に置かれ、

学校教育やマスメディアの情報上でも、必要により実用され続ける事に成った。

自分の実体や其の実体の根本的目的を十分に理解・把握している人間たちの数が増えれば増える程、

比べっこによる支配権/被支配権争いの精神文化は衰退し、

其の代わりに、本質・快適を探究する精神文化が人間社会の主流に成って行った。

80年前~精神文化の健常進歩・正常進化に成功していた人間社会では、

其の後の戦争も無く、

今はもう、格差も、差別も、激減していて、

世界平和状態に達している。

・・・・・・・・・。

百年前~精神文化の進歩・進化の阻害をし続けている者たちの罪が裁かれる時も近い。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »