« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

新型コロナウィルス問題「原寸大対応では無く、不安・恐怖心等を煽り過剰対応を要求し続けている、北朝鮮の瀬戸際外交の様なテレビ・マスコミ等」問題・・・。

『「現状で既に、判明している日本内での感染検知者数分の死亡者数はクルーズ船分も合わせて、920分の8で1%未満(つまり、99%以上は死に至っていない)」だが

「更に、

死亡者の死因のほとんどは肺炎症状で、

其の全てが新型コロナウィルスだけが主たる原因では無い上に、

80歳代以上の元々死亡率の高い年代の、基礎疾患もある、高齢者に成っている」。

「はっきり言えば、他の死に至ってしまう原因と成っているモノに対する注意や用心や対策の方を優先した方が合理的に成る」のが

「新柄コロナウィルスの毒性の実態」だ。

「この様な毒性の実体が既に判明している上」に

「重症化したが故に新型コロナウィルスの検知に結び付いた中国共産党支配下の中国武漢の人が最初の感染者では無い事」も

「既に、判明している」。

「新柄コロナウィルスの検知」は「其れこそ、全世界に在る実態」からも

「最初の中国武漢の感染検知者が判明して其の後の対策が取られる前」に

「昨今の世界レベルでの人間の移動実態から」も

「既に、新柄コロナウィルスの感染は全世界に広がっていた事」が「容易に推定出来る」。

「日本の感染者数は、既に、何十万人レベルより上と推定している感染症の専門家も多い」。

「此の様な実態が既に明らかに成っている状態」で

「未だに、新型コロナウィルスによる危険性を過剰な程に強調し、

信頼性確度6割程度とも言われている、お金も時間もかかる、PCR検査の必要性を

声高に訴え続けている」のが

「反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態」で

「其処には、当然の如く、政府・与党等に対する批判・非難等も付いている」。

「実体離れ、原寸大離れしている情報等を、さも正論であるかの如く偏重して、対論も反論も他論等もほとんど付けずに、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育現場内等々で、

一方的に大量配信し続けて来ている集団に毒されてしまった状態に陥れられてしまい、

操り人形状態に陥らされてしまっている、視聴者・読者・生徒等の多くが、

与えられた不安・恐怖心等を抑える為の代償欲求を爆発させ、

マスクやアルコール除ウィルス製品等の買い占めに走らせられ、

過剰で過大な不安や恐怖心故に、国や地方自治体等々にも過剰で過大な対策を要求し実現させる事による、

本来、自らも自らを含む人間社会も原寸大で対応する事と其の実効等により得る事が出来る落ち着きの代わりの、

過剰で過大な対応を行う、行わせる事により現実離れを誘う事による対策したゾ!出来たゾ!感等への現実逃避状態の取得等に、

邁進させられる状態に追いやられている」。

「其の様相」は

「まるで、ナチス・ヒトラーに操られて侵略戦争に駆り立てられていた当時のドイツ等の人々と同様」で

「ソフトウィルス等を利用した世界崩壊化・衰退化工作戦争に駆り立てられている、其の実態」は

「SARSウィルスの毒性を弱くし感染力を高めたソフトウィルス工作兵器を世界の工場化していた

中国共産党支配下の中国武漢で仕込んだ、

世界から経済制裁されているが故に世界に復習したいが武力戦争をするならアッと言う間に負けてしまう、

北朝鮮金政権等が陰険なナチス・ヒトラーの様相」とも

「推定出来てしまったりもする」のは

「新型コロナウィルスの最初の発生源が未だ不明だから」だ。

「北朝鮮内がPCR検査をある程度以上行えない状態だから北朝鮮内には新型コロナウィルスの感染検知者がいないが、

実際は、感染者が大量に居る」なら

「上記の様な可能性は低い事に成る」が

「武漢から引き揚げさせられた北朝鮮労働者等も居る筈だから、本当に感染者がいない」なら

「既に、免疫をもたせている工作員等にソフトウィルス工作兵器を武漢で仕込ませた」等の

「可能性が浮上して来る事に成る」。

「果たして、北朝鮮内の新型コロナウィルスの感染実態は?」』

『「日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による新型コロナウィルスに対する

不安・恐怖心煽り、検査も含む過剰・過大対策煽り等の悪の成果により、

多くの民意が其れを行うべき!とされてしまった」ので

「政府・与党等も、其れに応じざるを得なく成ったのが、民主主義国家の実態」だが

「あくまでも要請に成っている事」も

「元々のウィルスの毒性や其の実際の感染実態からも、民主主義国家として当然の事に成る」。

「政府の要請にレスポンス良く呼応した」のが

「多くの場合、過剰で過大な対応を煽った所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ・学校等の者たち等と

同じ人脈の者たち等が実権を持つ、芸能界や学校界や企業等々に成っている事」も

「単なる偶然では無い筈」で

「騒ぎを仕込んでいる者たち等」が

「騒ぎをより大きくする事で生み出す事が出来てしまう利権の収集にも余念が無い事」は

「よくある話し」に「他ならない」。

「出来る限り多くの日本国民」が

「過剰で過大な不安や恐怖心等を煽り続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等に操られずに、

日常・通常を維持しながら、必要な対応は原寸大で行う事」が

「適切に成る」。

「過剰で過大な対応の一つとして、買い占めがある」が

「買い占めは、製品不足を創り出し、製品不足故に高値転売等で稼ぐ悪を利す事に成る」。

「新型コロナウィルス自体への対応としては、其の毒性の実態からしても、

余程の高齢者や基礎疾患のある人々では無いのなら、

既に、感染が広まってしまっている事からも、

基本的には、日常対応で十分な筈」で

「新型コロナウィルス対応だ~!と、マスク等々を買い占め、

インフルエンザや花粉症等でマスク等々が必要に成る人々が其れらを手に入れ辛くしてしまう事」等は

「言うまでも無く、避けるべき事に成る」。

「買い占めは、人間社会生活の通常性を破壊する悪」であり「其れの高値転売は更なる悪」に「成る」。

「もちろん、悪事を行うなら、自己承認欲求の本来欲求の充足が応分に出来なく成る」から

「基本的には、自らの内から罰せられる事にも、既に、成っている」が

「悪事を流行らせない様にする為」にも

「人間社会側からも買い占めや其の高値転売に対する罪と罰を与えるべきである事」は「言うまでも無い事に成る」。

「原寸大を明らかに逸脱している情報配信や教育等により、人間社会の日常・通常状態を破壊した者たちの罪は深く、

応分の厳罰が与えられて然るべき事に成る」。

「新型コロナウィルス」は「感染自体を過剰に恐れる必要があるウィルスでは無い」。

「肺炎に至らせられてしまうと大変に成る」のは「他の肺炎を引き起こす細菌・ウィルス等と同様」だが

「新型コロナウィルスに対して有効に成る治療薬等が未だ、はっきりと見いだせていない事」は

「問題に成る」から「其れを創り出したり、見出したりする事は急務に成る」が

「他の肺炎を引き起こす細菌やウィルスでも有効に成る治療薬等が無くなってしまう状態も在る」のが

「肺炎の実態」で

「快復困難~死に至ってしまう人の多くが、元々他の原因でも死亡率が高い、後期高齢者というのも、肺炎の実態」だ。

「ある意味、日常レベルでは、避けがたいレアケースでもある高齢者の死を

新型コロナウィルスが検知されたからと、過剰・過大に喧伝等し続け、

今までは、高齢者や基礎疾患保有者に対する保護等もロクに訴えて来ていなかったテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

ここぞとばかりに、マスクや検査等々の大推奨!とは、

本当に、異常に成る」。

「高齢者や基礎疾患保有者に対する保護の面から言う」なら

「新型コロナウィルスの流行前でも流行が終わった後でも、

マスク等や消毒等々は、在った方が理想的に成る事等は、

言うまでも無い事に成る」。

「新型コロナウィルス問題で探究すべき」は、

「其の本当の発生源であり、

中国共産党支配下の中国武漢での数多い死者数の原因であり、

重症化に至ってしまう要因であり、

他の非人道的な工作活動等との関連性等々に成る」』。

『「新型コロナウィルス世界レベルの大騒動」にも

「良い実効は在る」のは

「行動抑制等が、温暖化ガス発生抑制にも繋がっているところ」等で

「其の辺りの良い実効に相応に経済的価値を付ける事が出来る人間社会・経済システム等への改善」等は

「意識的かつ積極的に行うべき事に成る」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等は、

何時に成ったら、基本的に、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を主に行う様に成るのだろうか?」

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、学校教育等でも、比べっこ強い、推奨等では無く、

本質と快適を探究する事を主にする様に成るのだろうか?」

「其の辺りが余りにも、改善されない」なら

「地球環境問題も、人間社会問題等も、其の解決が無理なまま・・・」で

「人類滅亡の時が急速に迫って来てしまう事に成ってしまうのに!」』

『「感染を問題にするのでは無く、実害を問題にする」のが「健常状態に成る」。

「実害からすれば、新型コロナウィルス感染の実害は、其の本当の致死率や致死実態からも、大騒ぎしている程高く無い事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「過剰な防衛対策や、悪戯な萎縮策等の{実行}による実害の方が遥かに大きい」のが「現実」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等情報の、現状は本当に不健常状態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルスに敏感、或いは過剰に反応しているところに所謂、左翼(内実、親朝鮮等)が多いのは・・・。

『「検査!検査!の大喧伝状態のテレビ番組等も未だある」が「新型コロナウィルス問題で、検査しなくても、既に明らかに成っている重大事」として

「重症化してしまった方々や死亡してしまった方々の数」と

「重症化したが故に最初に新型コロナウィルスが検知された人が、唯一無二の最初の感染者ではあり得無い事」と

「昨今の世界レベルの人間の移動の活発さ」が「在る」。

「東京通勤圏には、西川口や池袋西~北西や横浜中華街等々の中国人街も在る」。

「上記の様な実態」から

「最初に感染が検知される前に、既に、日本国内にも新型コロナウィルスの感染は広まっていた事」は

「容易に推定出来る事に成る」。

「感染者数は多い事は容易に推定出来、重症化者数・死亡者数から、新型コロナウィルスの毒性が其れ程強烈では無い事」も

「容易に推定出来る」。

「重要な事は実害を避ける事」で

「実害の中には、

重症化や死亡ももちろんあるが、

人間社会生活や経済状態の健常性を失わせない様にする事も、当然含まれなければオカシイ事に成る」。

「ウィルス・細菌等と人間の関係で一番重要な事」は

「感染の有無では無く、感染、もしくは侵入等する、される事による有害性と有益性」だ。

「毒性の弱いウィルスの場合」は

「免疫を創り出す事に有益に成り、

多くの場合の少々の症状や、

免疫学的弱者が重症化したり死亡したりしてしまう場合もある事が有害に成る」。

「あるウィルス等だけに感染しても重症化率や致死率は低い」が

「他に人間の身体に害をもたらす化学物質・薬物・電磁波等々が意図的か?否か?を問わず組み合わされてしまうと

重症化率や致死率が飛躍的に高く成ってしまう事も稀では無い」し

「核兵器保有国が複数在る、もはや本気の武力戦争を行ってしまうなら人類滅亡を呼び寄せる事にも直結してしまう可能性大に成っているが故に、

大きな戦争は遠ざけられ、其の代わりにテロやスパイ・工作活動等や経済戦争等々が{主役}に成ってしまって来ている昨今の人間世界の中」では、

「毒性の弱いウィルス・細菌等と電磁波・科学物質・医療工作等々を組み合わせた粛清工作や社会・経済工作等も行われていて当然」で

「実際に、戦後の日本国内では、其の様な実態が何度も実質的には露呈し続けて来ている」が

「例えば、オウム事件の様に、判り易い事は、徹底的に取り上げ大騒ぎしても、

飲食物工作・大気工作・電磁波工作・侵入工作・医療工作等々の

其の実体が戦後日本の法・摘発体制では摘発困難で

判り辛い事を大前提としている工作活動等については、

まるでかつての拉致を無い事に、或いは、大した問題では無い事に、し続けていた時と同様に、

無い事に、或いは、無かった事に、し続けている実態を露呈しているのが、

情報・教育工作を行い続けて来ている可能性も決して小さく無い、戦後日本の情報・教育界の、酷く、劣悪な実態に成る」。

「毒性が其れ程強く無いウィルスの場合、ウィルスだけを検査しても、本当の問題解決に直結する可能性は低い」。

「ウィルス検査を行うのも結構だが、

同時に、

工作電磁波や大気工作や医療工作や飲食物工作等々を明らかにする事に直結している検査・調査等も行うべきし、

摘発すべきは早急に摘発し、

其の悪質性相応に重い罪と罰等を与えるべき」だ。

「若い年齢なのに、新型コロナウィルス感染で重症化したり死に至ってしまったり、している人間たちの状態や周囲」には

「過重・過剰労働等を強いたり、自発的に行わせたりする事により、免疫状態の悪化を誘う「粛清工作}」や

「工作電磁波・工作化学物質入り空気・医療工作・飲食物工作」等が

「疑われ、調査等されて然るべき事に成る」。

「免疫学的に言うなら、過剰免疫反応故の重症化~死も在り得る」が

「其れは、圧倒的レアケースであって当然に成る」。

「一度、ウィルス検査で陰性に成った人が再び陽性化した事も報道等されている」が

「元々、臨床検査とは参考資料扱いで、其の責任も其れ程強くは求められていない」から

「検査精度自体を疑う必要性がある」のが「戦後日本の実状」だから

「厚労省等も民間の検査機関をいきなり積極使用する事には抵抗感を持った対応をし、

精度が十分と確認出来たら・・・にして来ている」のは

「ある意味、極めて当然の対応に成る」し

「検査自体の実態も、綿棒で喉の粘液を採る」では

「検査者・患者、検査実態の違いで、検査精度に相応のばらつきが出る」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「検査で異常が出た時は、先ず、検査機器を疑え!」の「時代」は

「既に、終わっている可能性も高い」が

「検査に絶対的信頼性を置く事が出来る時代には未だ至っていない」のが

「現実に成る」。

「そんな中での陰性~再陽性化を大騒ぎしても仕方無く、

其の事による、悪戯な不安・恐怖心等を煽ったり、持ったりする事の実害の方が問題にされて然るべき事に成る」。

「重要な事は、再陽性が出た事では断じて無く、再陽性が出た患者の症状であり、其れが軽快する、軽快させる事」だ。

「日本全国各地で、既に、巷にも蔓延している事が容易に推定出来る、新型、もしくは新検知コロナウィルスについて、

感染を問題にしたり、

感染研知者数を感染者と言い検知者を増やし感染者が多数出たゾ~!(大変だゾ~!)等と

多くの視聴者・読者等の不安・恐怖心等を煽る為に有益に成る検査を大々的に訴えたり、等々は、しても、

新型コロナウィルスとのセット化する事で、

非人道的な粛清工作を実現させてしまう事を可能にする

工作電磁波や大気工作や飲食物工作や医療工作や侵入工作等々の

戦後日本の中で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等の問題は

必要十分に訴えもして来ていない、

情報・教育工作活動等を行い続けて来ている可能性も決して小さく無い、

戦後日本の情報・教育界の是正が、既に、急務に成っている事等」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「反対、もしくは審議拒否野党等も、検査!検査!状態だから、其の裏には、其の辺りの企業等の株等での資金集め等の目的もあり、

集めた資金等が、

裏で、非人道的なスパイ・工作活動等の元である旧社会党のオトモダチ政党北朝鮮労働党等にも流され、

日本国内で行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等の為の資金にも化ける可能性も

決して小さく無い」のだから

「反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者・常筆等や学校教師・教授等」が

「非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている側では無く、日本国・多くの日本国民の側なら、

非人道的なスパイ・工作活動等を大々的に告発等せず、新型コロナウィルス問題だけをまるでスケープゴードの如く大喧伝等している状態等」を

「直ちに、是正するべき」だ』。

『「新型コロナウィルスに呼応する様に、筆者の周囲の工作電磁波も大気工作もより強化・増大されて来ている」。

「大気工作を行っていると推定出来る者たち等の多く」は

「まるで新興宗教団体信者や組合員の様」で

「悪の手先、手下として、工作を行っている、行わされているという自覚も無く、

むしろ、悪魔祓いやお清め等の良い事でもしているかの如き自意識状態の様相でもある」。

「工作電磁波発生ハード・ソフト等を仕込んでいる者たち等」は

「設備機器企業や自動車販売・整備企業等の社員・組合員等の様相」で

「工作電磁波の照射方向や強さ等をコントロールする為に必要に成っている様相のイコライザーアクセス権を内在した

工作電磁波をターゲットに当てる、当て続ける為のコントロールを行っている者たち等は

主として朝鮮系の現場下っ端工作員等の様相で

アクセス権自体を制御出来たり、したりしている者たち等は、工作員集団の幹部の様相」を

「露呈している」。

「公安等なら、既に、把握している筈」で

「適切な法・体制と政治決断が在る」なら

「何時でも摘発自体は可能なのだろう」が

「北朝鮮等との国交回復時の交渉材料にも十二分に成り得る、

戦後日本の中で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等」は

「其れ故に、隠し玉状態のまま・・・にされているのかも知れない」が

「多くの、戦後産まれも含む一般日本国民にまで多大な悪影響をもたらし続け、

其れが、少子高齢化等にも繋がり、総中流状態が崩され、其の結果景気も悪くされている実態も既に、露呈している」のだから

「早々に、解消した方が良い重大悪事である事」は

「もはや、疑いの余地が無い」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、上記の様な内実の訴えが在って当然に成る」』。

『「新型コロナウィルス故に、米韓軍事演習延期、もしくは中止」なら

「新型コロナウィルスという弱毒性のウィルス工作兵器を仕込んだのかも知れない北朝鮮金政権等」は

「正に、大喜び!」かも知れないが、

「万一、其の様な実態なら、其の実態が露呈した時、北朝鮮金政権等がどの様な状態に成るのか?」は

「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「イベント中止で大喜び!」「韓国従北大統領の対応を大賛美!」「検査!検査!の大合唱!」等々のテレ朝朝番等の論調を見聞きすると、益々「北朝鮮等によるソフトウィルステロ工作」等の臭いが濃厚に漂って来るが・・・。

『「そもそも、新型コロナウィルスなのか?新検知コロナウィルスなのか?」も「大いに疑問に成る」のは

「もし、言われている通りの食文化故の他の動物からの感染」なら

「其の食文化自体は、かなり前からずっと同様」で

「其の食文化上で生きて来ていた多くの人間たちへの感染も既に在って当然に成る」。

「そして、感染のほとんど全てが重症化しない」なら

「感染検知も無いままの状態が続いていて当然に成る」。

「重症化してしまった人間が居たとしても、肺炎等の診断で相応の治療をした結果快復していた場合がほとんんど」なら

「綿密な検査も行われなくて当然に成る」。

「武漢での最初の感染研知者は、重症化した上に肺炎治療で症状が改善~快復しなかった上に、綿密な検査まで行える様に成り、行った」から

「発現した」のが「実態」とも「推定出来る」。

「其の様な場合」なら

「新型コロナウィルス、もしくは、新検知コロナウィルス自体は、

昨今の世界レベルでの人間の移動に伴い、

既に、世界中に広まっていて当然に成り、

感染者のほとんどが重症化せず、重症化しても死に至り辛く、

死に至ってしまった場合でも肺炎等による死亡扱いされていた状態に在った可能性も大きい」。

「ウィルス濃度を高め続ける対策ならぬ自滅策」等を「行わない限り、他の多くの病気等と同等レベル以下の実害しかもたらさない」のが

「新型コロナウィルス、もしくは、新検知コロナウィルスの実体である可能性も決して小さく無い」。

「実際に、新型コロナウィルスが検知された後の其れによる死亡者のほとんど」は

「中国共産党支配下の中国武漢に集中していて、

他の国々での死亡者のほとんどが元々死亡率が高い高齢者等の人々」に「成っている」。

「検査をすればする程、感染研知者の数が増え、

感染研知者の多くが、中国武漢感染者塔との直接の接点の無い人々である実態も判明して来ている事」からも

「検査されていない感染者が、例えば、日本国内にも、既に、其れこそ、膨大な数居る事が推定出来る」。

「其の様な状態が既に在る中での死亡者数を考えるなら、新型コロナウィルスによる致死率は非常に低い事に成る」。

「インフルエンザより遥かに低いのが実体」と「推定出来る」。

「日本国内でも、既に蔓延している事が推定出来、

発症率も重症化率も低い実態も露呈している新型コロナウィルス、もしくは新検知コロナウィルス対応」として

「どの様な対応が合理的に成るのか?」

「注目すべき」は「新型コロナウィルス、もしくは、新検知コロナウィルスの致死率であり、死亡者数に成る」。

「三大成人病や事故等々より遥かに低い致死率、少ない死亡者数をもたらすモノへの対応」を

「過剰に大きくするべきでは無い事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「感染自体を問題にするのでは無く、重症化や死亡を避ける事が重要に成る事」は「言うまでも無い事」だろう。

「此の意味からすれば、イベント等も中止する必要性も低い事に成り、イベントを中止した事で大喜び!するのも変に成る」が

「イベント中止を、まるで、ある種の経済制裁が成功した事を喜ぶかの如く、大喜び!していた様相でもあった」のが

「テレ朝朝番等の常連出演者等やご用達解説者等だった」。

「其処には、イベント中止に対する上記の様な考察の先等に生まれる対論・反論等も無かった」のだから

「其の偏向性等も明らかな事に成る」。

「実害では無く、感染自体を問題にする処理を行っている国々等」では

「ウィルス自体をも撲滅~支配等しようとしているのかも知れない」が

「人類とウィルスや細菌等の健常な関係は適材適所による共存状態を構築する事に他ならない」。

「実害が無い、もしくは、低い、人類との親和性が高い、共存可能なウィルス・細菌等は、

過剰に排除したり、撲滅したり、する必要は無く、

ウィルスや細菌等の中には、人類にとって、

免疫力を養う事に有益に成ったり、必要な栄養・ビタミン等を創り出したり等々、有益なモノも少なく無い」のが

「現実」だ。

「最初に検知した者が重症常態に陥って居た者だったから・・・」と

「まるで、全ての感染者が重症化するかの如く勘違い・思い違い等して、其れを前提とした対策を行う」のは

「明らかに、間違っている」。

「新型コロナウィルス、もしくは新検知コロナウィルスの毒性・有害性を検証し、原寸大で対応する事」が

「合理的に成る」のだから

「ウィルス濃度を高めず、個々の人間たちの免疫力を損ねない事」と

「免疫学的弱者の保護、感染しているなら治療」等が

「適切に行える状態を維持・構築等する事」が「重要に成る」。

「現状までの多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信内容」は

「多くの視聴者・読者等の中に、不要で過剰な不安や恐怖心等を構築させる為なら、合理的に成る」が

「多くの視聴者・読者等の健常性を維持する為や適切な状態を維持・構築する為には、合理的に成るとは言い難い実態を露呈し続けている」。

「従北政権化されている韓国での、過剰である意味不適切に成る対応を大賛美!している事も、明らかに変」だ。

「検査を行えば行う程、感染検知者の数が増える事に成る状態」は

「既に、構築されてしまっているのが実態」等と「容易に、推定出来る現状」で

「大々的な検査を行い多数の感染検知者を得て、政権等が正義ぶり、ウィルスを支配・コントロールするゾ!等と

正義ぶる事で、支持率の向上を狙っても、

実際は、感染研知者を集合させる事によりウィルス濃度を高めた空間に隔離しているなら、

治療と言うよりは、むしろ感染者収容粛清に近く、

具体的に治療法が確立されていない新型、もしくは新検知コロナウィルスに対する適切な治療が行える訳も無い」。

「其の実態は、中国共産党支配下の武漢内と同様」で

「独裁政権には付きモノの粛清工作等の臭いが濃厚に漂って来る」のも

「従北政権故、ある意味、当然の現象に成る」。

「未だ、治療法が確立されていない、新型、もしくは新検知コロナウィルス対応としては、

日本の対応の様に、

感染~発症者を出来る限り集合させない事が正解に成り、

出来る限りウィルス濃度を低め、

個々の人間たちの免疫力が削がれない状態を維持・構築等する事が重要に成る」。

「韓国従北政権の対応等を公共の電波上で大賛美!する事」等が

「多くの視聴者等の免疫力を削がない事に繋がっているのか?」を「考える」なら

「まるで戦後日本の自虐強い学校教育等の如く、

韓国の対応は良い!けど日本はダメ!情報配信」により

「韓国系・朝鮮系等の視聴者等の免疫力は上げ、

日本系の視聴者等の免疫力は下げさせる、

日本の公共の電波を使った、悪の工作目的等があるんじゃないの」等の

「感や思い等が浮上して来る視聴者等の数も多い筈」だ。

「既に、免疫を保持出来ている人間の数もかなり多い事」も「推定出来る、新型、もしくは新検知コロナウィルス」よりも

「日本国・多くの日本国民に、圧倒的に高い実害をもたらし続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等」だが

「新型、もしくは新検知コロナウィルスの致死率を上げてしまう為にも有効に成る事が強く推定出来る

工作電磁波や大気工作や飲食物工作等と情報・教育工作等に対する

実効のある対処等を訴え無い」のも

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や政党等の

酷く、劣悪な、反日実態に成っている」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「元々死亡率が高い高齢者等の方々が、

肺炎等でお亡くなりに成ってしまい、新型、もしくは新検知コロナウィルス{も}検知された場合でも、

新型、もしくは新検知コロナウィルスの感染が無ければ死亡が避けられたのか?」は

「相応に疑問に成る」から

「死に至ってしまった方々から新型コロナウィルスが検知されただけで

其れ故の死亡者の数に入れる事の是非も検討されて然るべき事に成る」。

「其の辺りを判断する為にも有益に成る」のが

「統計学的に有意に成る調査を基にした、感染者総数分の死亡者の数」や

「元々の年齢に対する死亡率」や

「他の動揺の症状を示す病気等による死亡率」等の

「数字等に成る」。

「何日間も発熱が続いている子沢山家族の小学生は検査するべき!

検査しないで重症化したり死に至ってしまったりしてしまったら、政権支持率も落ちるべき!等の旨{政治運動}まで

公共の電波上で行っていたご用達解説者(大学教授等)等も居た」が

「其の辺りから・・・」は、

「政権支持率を下げる為なら、其の子を犠牲にする工作まで在るんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を想起させられた視聴者の数も決して少なく無い筈」だ。

「普通に言う」なら

「小学生の重症化率は非常に低い」から

「先ずは、

お母さまたちも、過剰な不安を抱かず、普通にお子様と接したりする事等により、

お子様の免疫を健常状態に保つ事にも役立つ御生活をどうぞ・・・。

其れでも、症状が改善しないなら、

医師等に、新型、もしくは新検知コロナウィルスに拘らずに、ご相談を・・・」等に「成る」。

「感染者が既に多数居る事が容易に推定出来る状態」なのに

「未だに、検査!検査!も変」だし

「重症化率が低い」のに

「軽症時の検査を基にした早めの投薬!」等を「訴えるのも、変」だ。

「其処に露呈している事」は

「感染研知者数を増やし、不要な投薬による負担をもたらす等」の

「日本内不安増大・負荷増大誘いの為の情報工作等」に「成る」。

「問題にするべきは、毒性が其れ程激烈では無い新型、もしくは新検知コロナウィルスの感染では無く、

該当ウィルスの感染に関わらず、病気・怪我等で重症化したり死に至ってしまう事を

健常な医療体制を維持する事等により、避ける事」だ。

「其の為に有益に成る情報配信内容等で在って然るべきなのに、

現状では、不安煽り、健常性維持妨害、従北韓国賛美&従北化されていない日本批判状態・・・」なのだから

「情報配信内実等の是正や常連出演者・テレビ番組実権者等の是正・入れ替え等が必要に成っている事等」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染研知者数を感染者数と大喧伝し、

感染研知者数が増えるごとに感染者が増えた!(大変だ!)

日本政府等は何をやっている!(従北政権化しろ!)等と

日本の公共の電波上で政治運動等を行い続けている、

ある意味、異常な、テレビ番組・常連出演者等の正常化・現状化は

既に、急務に成っている」』。

『「IOCの要人が、東京五輪と新型、もしくは新検知コロナウィルス問題の関係を言い、

新たな戦争の旨まで言ったそう・・・」だが

「ソフトウィルス等も含む工作活動等のチリに埋もれ続けさせられて来ている戦後の日本」が

「ぎりぎりのところで、其のチリを取り払われ、本来の大仕事が出来る様に成る時」も

「迫って来ている」。

「毒性が其れ程激烈では無いウィルスに対する過剰な抑制策等による経済的衰退からの回復~発展」は

「多くの国々や人間たちが、原寸大対応を当然とする精神文化・精神構造を身に付ける事により、

其れこそ、直にでも始まる事に他ならない」。

「其の邪魔をしえいる」のが

「原寸大対応では無く、検査!検査!による感染研知者数の増加をダシに、正義ぶり、政府・与党等に悪イメージを付けたい様相の

反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の、酷く劣悪な実態」に「成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「新型コロナウィルス問題で検査!検査!と、ここ1・2週間が勝負!」等の大喧伝状態だったが・・・。

『「ここ1・2週間と言えば、3月1日を終点もしくは中心にした期間に他ならなず、其の間に、北朝鮮のウィルス工作兵器の一つかも知れない、

新型コロナウィルスと其れから発生している問題等も利用して、

日本に判り易いダメージを与える工作を成功させる事等」が

「日本の中に居る北朝鮮金政権等の手下工作員や其の協力者等に与えられている命令かも知れない」等の

「感や思い等をより強くさせられてしまう論等」が

「常連出演者等により、公共の電波を使って大喧伝されていた様相でもあった」。

「新型コロナウィルス問題で、先ず先に、当然言うべき事を未だ十分に喧伝していないテレビ番組・常連出演者等」の

「実態が其処に露呈している」。

「新型コロナウィルス問題で、先ず先に大衆周知が必要に成っている事」は

「最初の感染研知者が最初の感染者であった可能性は低く、

重症化率の低いウィルスであり、

無症状の感染者からの感染もある感染力の強いウィルスである事」と

「昨今の世界レベルの人間の移動からすれば、最初の感染者が検知された時点で既に、かなりの数の感染者が出ていた可能性が高い事」と

「重症化率が低いウィルスでは感染を問題にするのでは無く、

重症化した人々の治療とウィルス故に死に至ってしまう事態を避ける事が重要に成る事」等に「成る」。

「其の先に出て来る喧伝内容として」なら

「感染研知者数を増やす事には直結しているが、重症化や死に至ってしまう事を防ぐ事には直結していない、検査!検査!の大喧伝等では

無く、

こんなに感染者が居るぞ~!検査しないと大変だぞ~!等と

悪戯な不安や恐怖心等を抱かせる事により、個々の人間たちの免疫力や健常生活状態を崩す事でも無く、

政府・与党等の対策は間違っているぞ~!遅れてるぞ~!等と{政治運動}等をする事でも無く、

重症化率の低いウィルスなのだから、

他のインフルエンザ等の病気と同様に、普通に用心し、普通に対策する事が出来る状態を維持する為に有益に成る情報配信等を行う事」に

「成る」。

「マスク買い占めを煽ったり、

感染する、した事を過剰に大問題化したり、

既に、蔓延している事も想定内であって然るべき状態なのに、悪戯な検査を煽ったり、

政府・与党・官僚等による対応・対策等をさも悪い事であるかの如く喧伝等する事で

政府・与党・官僚等に悪イメージを付ける{政治運動}等を行ったりする事」等が

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行うべき事では無い事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「問題にすべき」は、

「重症化してしまった方々に対する医療・治療が適切に行われているのか?」や

「新型コロナウィルス以外に、例えば、新型コロナウィルスの毒性を高めてしまう様な悪の工作等の問題が他に無いのか?」等に「成り」、

「重症化率の低い、既に蔓延している事も想定内に成る、

新型コロナウィルスの感染検知者の数を増やし、

其の事により視聴者・読者等の不安や恐怖心や近隣人間への不信感等を誘う為には有益に成る、

新型コロナウィルス感染検査等が大々的に行われていない事」等では

「断じて無い」。

「検知されていない感染者の数まで入れるなら、

検知された人間集団内での重症化率が低い新型コロナウィルスの重症化率はもっと下がる事に成る筈」で

「更に、重症化しないまま、既に、免疫を保持出来ている人間たちの数が、既に、多数であっても何の不思議も無い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国武漢に集中している新型コロナウィルス故とされている死亡者の数の裏」には

「閉鎖策によって、特定地域の通常性を壊し、多くの人間たちの免疫状態の悪化を誘い、

感染者を更なる閉鎖空間である急造りの病院等に集める事で、更にウィルス濃度を上げてしまった事」等や、

「独裁政権には付きモノの粛清工作等が在る事」等が

「容易に、推定出来る」。

「冬の時期に成ると、筆者の周囲では、集団大気工作と推定出来る実態が毎年、露呈している」。

「通年在る工作電磁波と大気工作による、インフルエンザや風邪等も含む冬の病気の重症化率アップの悪の効果」は

「決して、バカに成らないくらいある筈」で

「特に、肺炎の様な状態に至ってしまっている人間に対する工作電磁波の照射による身体衰退化・身体破壊等」は

「照射され続けてしまった人間の本来なら避けられた筈の死亡にも直結している可能性が高い」。

「集団大気工作で散布されている様相」なのは

「毎年、匂いが変わっているが、毎年、何処でも同じ匂いで、

色々なところで別々の人間たちや其の住処の辺りから漂って来るから、集団大気工作的で、

衣服等に付くと、匂いが時と共にある程度まで増殖し、ナカナカ消えない、まるで、細菌かウィルスの様な生き物にも感じられるモノで、

アルコール系の消臭剤等では匂いが取れず、むしろ更に、増大する事もあるので、

アルコールをエネルギーにしている可能性も決して小さく無い、微物、もしくは、微生物・細菌・ウィルス等と推定出来るモノ」で

「其れだけによる強い実害は直には出ない」が

「本来無い、異様な匂い等は、相応のストレスを誘う材料にも成り、

肺等にもタバコ同様に悪い効果がある可能性も排除出来無い、上に、

風邪・インフルエンザ・肺炎状態等では、深刻な事態を誘う事にも繋がっている可能性も高いモノ」なのだから、

「未だ、{集団}大気{工作}に対する対策が訴えられたり、実行されたり、していない、戦後日本の状態」は

「ある意味、本当に異常に成る」。

「薄い毒をいくつも重ねる事により、日本人平均寿命40歳を実現させ、数十年単位で日本乗っ取り支配を実現」とは

「北朝鮮金政権等のかつての策だった様相」で

「其の後は、日本人系少子高齢化で先細りに、朝鮮系・従朝鮮系子沢山化で先太り策が中心と成って来ている様相」だが

「何もしない米国民主党オバマ政権とは違い、結果を求める米国共和党トランプ政権の誕生により、

北朝鮮金政権等が工作等により日本を乗っ取り支配する事が出来てしまう残り時間も激減させられている様相」で

「其の結果、核・ミサイル等による武装と他国内での非人道的なスパイ・工作活動等をより旺盛に行わざるを得ない状態に陥っている実態」が

「露呈して来ている」が

「世界中からのダメ出しと経済制裁により、北朝鮮自体が先細り状態に陥っている」ので

「従北政権化に成功した韓国同様に、日本も従北政権化する工作も、急がざるを得なく成っているのが実態」と

「強く推定出来る」。

「其の中で、以前から、北朝鮮の手下、もしくは、お仲間・協力者等の実態を露呈して来ている、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者・常筆等が、

3月1日を中心とした時期を勝負の時期と大喧伝等している現状」は

「単なる、偶然では無い筈」で

「其処に在る」のは「北朝鮮金政権等の為!」であり「日本国・多くの日本国民の為!では無い事」等は

「ある意味、容易に推定出来る事に成る」。

「上記の様な観点から、テレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者等による論調を考える」なら

「相応に、合理的に成ってる場合が、けっこう多い事」等が

「判る事に成る筈」だ。

「もちろん、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等が、

実質的に、朝鮮系や其の協力者等に乗っ取られている状態のまま・・・で良い訳は無い」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス対応や地球環境問題等からも判る「精神文化側の進歩・進化不足故の人間世界崩壊問題」等・・・。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大での対応」が「未だ、十分に出来ていない」のが「現状の人類の現実」だが、

「其の自覚さえも持っていない、持てていない人間たちの割り合いもかなり高い」のだから

「現状人間世界の崩壊劇の終局である{この世の終わり}の時」が

「急速に近づいて来ている」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れる者・物・事等と

人間が考え・思いの上で構築し人類だけの集団的合意形成を行って実用している現状人間社会・経済システム上での者・物・事等の

どちらにより高く強い力を持たせるべきなのか?」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」が

「未だに、現状人間社会・経済システム上での利権収集等による現実逃避・自慰・他者支配・他者による被支配の中で

人生を全うしよう、させようとしている状態の者たちがほとんど・・・なのだから、

もはやそれ程遠く無い近未来に{この世の終わり}がやって来てしまう事は

ほぼ確定している様なモノ」だ。

「物質文明側では、既に、核エネルギーまでも実用化しているのが人類の実態だが、其の実用方法が、先ずは核爆弾と成ったのも、

物質文明側の進歩・進化に健常対応し続ける為に必要に成っている精神文化側の進歩・進化を怠っていたから」で

「核エネルギーを実用出来る様に成った精神構造的には乳幼レベルの比べっこ人間たちが其れを核爆弾として使い

人間同士の武力による命がけの比べっこ支配/被支配ゲームに他ならない戦争時に実用し、

戦後は経済による比べっこ支配/被支配ゲームの後ろ盾にして来ている」のも

「精神構造・精神文化の進歩・進化不足故に必然的に起きてしまう自虐現象の実例に他ならない」。

「武力比べっこは直接人間の命を奪い合うから其の自虐度も判り易い」が

「経済比べっこは間接的に人間を経済圧殺し、

他の人間以外の生物を乱獲したり生活環境等を奪ったりする事等により殺傷・絶滅等させ、

地球資源等も過剰に消費するが、

其の自虐度は直接人間の命を奪い合う戦争程強く認識され辛く、

化石燃料等の地球資源の過剰使用により温暖化が顕著に成り、

環境変動を其れこそ世界中の何処の誰でもが実感せざるを得なく成って来ている昨今に成っても、

未だ、尚、現状人間社会・経済システム等という人類の精神文化製品の一つの性能を

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性を高める事により向上させる精神文化側の必要実務さえも

意識的、かつ積極的に、行おうともしていない」のだから

「重大に認識されていない自虐度が時の経過と共により高く成り続け、何れは、否応無しに人間誰もが実感せざるを得なく成る時が来てしまう事」等は

「もはや、自明の事でもある」。

「既に、こんな事態に至ってしまっているのに、

未だに、個々の人間たちの精神構造や其の集大成である人間社会の精神文化等を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る

情報配信・教育等を

意識的、かつ積極的に行っていない状態」は

「本当に異常」で

「其処に露呈している」のは「現状までヤク中毒者たちの本当に深刻な現状まで・現状までヤク等依存状態等に成る」。

「いい加減に、死生観・人生観等の現実との整合性を高める事くらい、意識的かつ積極的に行ったらどうか!」

「其の為に有益に成る情報配信・教育等は意識的かつ積極的に行うべき事に既に成っている!」』

『「精神文化レベルが、

旧社会・共産圏の独裁体制を引き摺っているが故に、低い状態に在る中国共産党支配下の中国からの

新型コロナウィルス検知問題で一番重要に成る事」は

「其のウィルスにより重症化されたり死亡に至らせられてしまったりする事を出来る限り避ける事に他ならない」が

「此の問題への対処でも、

精神構造・精神文化レベルの低い状態の人間たちが往々にして保持してしまっている、他の者・物・事支配欲が過剰に被せられると

ウィルスの検知~支配~排除が

肝心要の人間の命や健康より優先された状態の対策等が行われる様に成ってしまう」。

「日本の現状は、正に、其の通りの実態に成ってしまっている、ばかりか、

本来なら、個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る

情報配信等を行っているべきテレビ・ラジオ・マスコミ等が

実質的には、ウィルスの検知~支配~排除等を大推奨等している実態を露呈している場合がほとんど・・・」なのだから、

「現状で其の手の仕事を行っている者たち等、或いは、実権者等の精神構造が良く露呈している事にも成り、

其の旧社会・共産圏を引き摺っているところと同様の精神構造の裏に在るのが、

旧社会・共産圏等のお仲間・協力者等の人脈等に成っている事」等は

「所謂、左翼と朝鮮系が重用され所謂、保守派等が排除された米軍による戦後処理を引き摺ったままの

選挙も無いから政権(実権者人脈)交代も無い、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界の実権者等の人脈の実態を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「中国共産党とも親和性が高い戦後日本の情報・教育界等の人脈の者たち等」が

「新型コロナウィルス問題で中国共産党等と同様の対処を良しとしがちに成っている事」は

「ある意味、当然の現象に成る」が

「其れが、政府・与党等の実体や事実・現実に沿った

重症化してしまった人々に対する対処や重症化を避ける為の対処等よりも

より良いイメージで受け止めてしまってる視聴者・読者・生徒等を量産する事による

実質的、政治・社会運動等に繋がっている事」は

「早急に是正する、させるべき事態に他ならない事に成る」。

「重症化したが故に新型コロナウィルスが検知された中国共産党支配下の中国武漢の者が唯一無二の最初の感染者であった可能性は

極めて低く、

重症化率1~2割で、無症状の者からの感染もある感染力は強いが重症化率は高く無い新型コロナウィルスは

昨今の激しい世界レベルでの人間の移動に伴い、

最初の感染者が検知される前に、既に、世界中に其の感染者をつくり出していても何の不思議も無い事に成る」。

「其の様な状態が容易に推定出来る現状では、検査を行えば行う程、感染研知者数も増える事に成る」が

「感染研知者数を感染者と散々大喧伝して来たテレビ・ラジオ・マスコミ等では、其れを感染者と大喧伝し続けるだろうから、

其の様な情報を見聞きした視聴者・読者等が、

ウィルスの毒性等を気にするのでは無く、

実際は既に大量の感染者が居る可能性が高いのに、またまた感染者が増えた!大変だ~!等と

不安や恐怖心等を増大させ、実質的には、不要な事で自らの免疫状態も悪くしてしまう事」等も

「容易に推定出来る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による悪劣な情報配信がもたらす実害が其処に露呈している事に成る」。

「精神構造・精神文化のレベルが低い者たち等が、精神構造・精神文化側の仕事を大々的に行い続ける事」は

「早急な是正が必要に成っている事に他ならない」。

「新型コロナウィルス問題で先ず大喧伝すべき事」は

「感染が問題では無い事」であり

「重症化したり、死に至ってしまう事が大問題」で

「其れを避ける為に出来る事を実践する事」に「成る」。

「ウィルス濃度を上げない為」には

「閉鎖空間に感染者を集合させる事は避けるべき事に成る」。

「免疫力を下げない様にする為」には

「不要な不安や恐怖心は抱かず、健常な衣食住を得続ける事が重要に成る」。

「二極化格差社会化が激しい昨今、仕事を悪戯に止めたりしてしまう事による経済的デメリット故に

健常な衣食住が得られ辛く成り免疫状態が悪く成ってしまう事」等も

「避けるべき事に成る」。

「マスク等の買い占めや不要な不安・恐怖心故の検査・診察等で、

本当に必要な人間たちが其れらを得られ無く成ってしまう状態をつくり出してしまう事」も

「避けるべき事態に成る」。

「新型コロナウィルス感染~発症だけが病気である訳も無い」し

「其の毒性からすれば、

基礎疾患が無く免疫低下を招く過剰・過重な仕事等も強いられたりしていないなら、

40歳代くらいまでの人間にとっては、むしろインフルエンザの方が大変なくらい」なのだから、

「過剰に不安や恐怖心等を持ったり、持たせられたり、する方のデメリットの方が、

遥かに其の問題が大きい事に成る」。

「高年齢であればある程、免疫学的弱者であればある程、より強い用心と早い対処・治療等が必要に成る事」は

「他の多くの病気等と変わりが無い」。

「年齢は其れこそ誰もが分る事」で「高年齢や免疫学的弱者状態」なら

「他の多くの病気等を避ける為に必要に成る事と同様に、感染リスクを避ける為に有効に成る手段を、自他共に、実践すれば良い事に成る」。

「感染検知者の数が重要なのでは無く、感染が増えた不安・恐怖を煽る事が正当な訳も無い」のだから

「現状までのテレビ等の論調等は明らかに異常に成る」。

「大元の本当の最初の感染者発生の時」と「其の後の感染者の移動実態」等が「未だ、特定されていない現状」では

「彼方此方で統計学的に有意に成るレベルのサンプル検査を行いでもしない限り、感染ピークの推定も困難に成る」から

「感染ピークをなだらかにする論」も「ある意味、虚しい」。

「可能性として」は、

「既に、新型コロナウィルスに感染し知らず知らずの内に免疫を持ち、

新型コロナウィルスが大量に増殖出来ない身体状態に至っている人も、多数居る事」等も

「容易に推定出来る」。

「現状としては、インフルエンザの流行を抑える事と同様で実行可能な対処を行う事くらいが、

現実的に適切なレベルに成る筈」で

「とにかく検査!早めの検査と早めの抗インフルエンザ薬等の投薬を訴えていた番組もあった」が

「とにかく検査!は要らず、

強い症状が出ている人と、

免疫学的弱者状態や50代以上の、症状が出た人(限定)検査(インフルエンザ等も含む)~適切な治療・投薬くらいが適切なレベルに成る筈」だ。

「何れにしても、新型だから・・・と、過剰に恐れや、不安を抱いたり、抱かされたり、する必要は全く無い」。

「既に在るインフルエンザ等々の病気と同様に、予防し、症状が出てしまったなら、適切な対処をすれば良い事に成る」。

「また、筆者の周囲で気に成る事」として

「寒い時期は何時もそう」だが

「特定の(毎年違う様だが・・・)臭いがする空気が漂って来て、

其の空気に触れた衣服等に其の臭いが付き、其れが増殖する現象が在る」。

「工作電磁波を発生している物の数の増大」と「同様」に

「其の大気工作が発生している場所も増えている」。

「此の様な事態」から

「新型コロナウィルス」が「SARSウィルスの毒性を弱め感染力を高めたウィルス工作兵器」で

「何処かの独裁国が中国からのダメ出しへの対抗処置として武漢に仕込んだ事」等も

「推定出来てしまう事に成る」。

「そして単独では毒性が其れ程激烈では無い新型コロナウィルスに

工作電磁波や大気工作等を組み合わせる事により

無差別殺傷工作テロ等が行われている可能性も推定出来てしまう事に成る」。

「極東地域の独裁工作活動国家人脈集団の各国内での存在実態から」も

「工作電磁波」と「大気工作」と

「新型コロナウィルス」が

「無関係」とは

「思えない人々の数も決して少なく無い筈」だから

「其の辺りを追及するテレビ・ラジオ・マスコミ等が在って然るべき事に成る」が

「日本でもテレビ・ラジオ・マスコミ等の多くが非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている側の様相も露呈し続けて来ている異常ぶり・・・」で

「其処に露呈している事」もまた

「{この世の終わりの時}をどんどん近づけて来ている実態に成る」。

「{この世の終わりの時}を避ける為にも、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「地球環境問題の深刻化」と

「現状人間社会・経済システム上での経済による比べっこ支配権/被支配権争い状態の

多くの個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化」には、

「強い関連性が在る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「健常進歩・正常進化が不十分なままの精神構造・精神文化を実用しているが故の

地球生命体細胞群(=人類誰もの広義の自分)の自虐」が

「其処に露呈している」。

「此の精神構造・精神文化の重大問題を是正し無い事」は「本当に、酷く劣悪に成る事」で

「其処に露呈している」のも「酷く劣悪な精神構造に成る」が

「其の実態」が

「比べっこレベルという乳幼レベルに固着したまま・・・の精神構造の成長不全という病気」に「成る」。

「感染症等の問題だけでは無く、此の精神構造成長不全症の問題も、

大々的に訴えていて当然に成る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等に成る」が

「現状では、精神構造成長不全症状態の者たち等が実権を保持したまま、其れらの仕事???を行い続け、

過分な立場・権力・報酬等を得続ける事で

例えば、大量消費自慰生活等を実践していたりして、

其処で充足される訳も無い、自己健常支配欲や自己承認欲を其れらの代償欲求を追及する事により充足しようと足掻いているので、

他の者・物・事支配/被支配の横行状態と成り、

更に、自己承認欲求の本来欲求を充足する事が困難な状態に陥っている」。

「其の様な状態を正当化する為に好都合に成るのが比べっこ」で

「比べっこ上」では、

「例えば、他人を殺してしまえば、散々の悪事を行い続けて来ている者でも、勝ち!等と思い込め安く成る」が

「もちろん、自己健常支配を行え無く成った時点で自分に負けているのが現実」で、

「自分に負けている者がどんなに他人を巻き込んで勝ち!を得ようとしても、

得られる結果は恥の上塗りに成り易く、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る」のは

「自己承認欲求の本来欲求を充足し続ける為に必要に成っている基本中の基本が、

成人なら、免疫を養うレベル・遊びレベルが適切に成っている比べっこ等を他人まで巻き込んで大々的に本気で行ったりする事等、

根本的に悪い事をしない事に成っている現実」からも

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「未だに、自分を認めない者なら皆殺しにすれば自分の勝ち!等の実態を露呈している独裁者等は、

本当に、深刻な自虐者で、

既に自分に負けている者が勝ちを得る為に必要に成っている事は、

自分に負けている事を自認し、

過去の代償欲求過剰追及等の罪を認め、補償を行ったり、応分の罰を受ける事等により、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる状態から脱した後、

自己健常支配を続ける事により支配欲の本来欲求を充足し続ける事」で、

「自虐度を下げ、勝ちを得る事も可能に成る」。

「逆から言う」なら

「根本的に悪い事をしないで、自己健常支配を続ける」なら

「自分に負けていない事に成り、

個々の多くの人間たちの其の正のスパイラルが集団化するなら、

必然的に人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化される事に成る」のは

「自己健常支配には、乳幼期から成人期への精神構造の健常成長も入っているから」だ。

「考え・思い・宗教レベル、天動説レベルでしか無い、丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」も

「精神構造を健常成長させる」なら

「必然的に、科学レベル、地動説レベルの

細胞レベルの誕生・死と言う現実や細胞レベルの命の連続性や意識が丸ごと一人レベルで捉えたがる現実も取り入れた、

死生観・人生観に健常進歩・正常進化する事に成る」。

「広義の自分である他人も含む地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続を実現する為に

必要に成っている事の実践こそが仕事であり、

其の邪魔をしたり、抗ったり、する事等は、免疫を養う程度、遊び程度の

自己健常支配をより判り易くする為の自己不健常支配に留める事に成る事」等が

「当たり前に成る」。

「其れら当たり前の事をちゃんと押さえた上で、人間社会・経済システム等を構築する、構築し直す」なら

「自虐度の低い、性能の高い、精神文化製品が出来上がる事に成る」。

「自虐度の低い、性能の高い、精神文化製品である人間社会・経済システムを実用する」なら

「人間社会問題の解決も地球環境問題の解決も出来て当然に成り、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続も実現可能に成る」。

「此れらの動きが先行する」なら

「{この世の終わりの時}は来ても、其れが破滅に成るのでは無く、

新たな時代の始まりに成る事に成る」のだから

「破滅(人類滅亡)と新たな時代の始まりでは、其の差は本当に膨大に成る」。

「破滅」と「新たな時代の始まり」の「どちら側に力を加えている人間なのか?」で

「其の人間の根本的存在価値等も違っている事に成る」のが「現実に成る」のだから、

「未だに、破滅側に居る者たち等は、一刻も早く、自らを健常支配し、新たな時代の始まりの側に置くべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「不安や差別等を煽っている、常連出演差等が自省・自浄等無きまま優等生ぶり、正義ぶっていたり」等していたが・・・。

『「新型コロナウィルス問題で多くの人々が不安状態に陥っている、陥らされている原因」は「感染検知者を感染者と喧伝」し

「ウィルスの毒性問題にはロクに触れず、重症化や死亡に至ってしまう事を問題にせず感染する事を問題にしているから」だ。

「重症化したから新柄コロナウィルスが最初に検知される事に繋がった中国共産党支配下の中国武漢の者」が

「唯一無二の最初の感染者である可能性が極めて低い事」は

「新型コロナウィルスの毒性や特徴」として

「感染力は強い」が

「重症化率が1~2割くらい」で

「無症状状態の人間から他の人間への感染も在る事」や

「其の後の感染者検知の実態」等からも

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが、既に、良く判っている事に成っている筈」だ。

「武漢での最初に感染が検知される前」に

「既に、多くの感染者が居た事も強く推定出来、

其の多くが重症化していなかったり、無症状だったりしていた事も強く推定出来、

昨今の世界レベルの人間の移動の実態からも、無症状の人間から他の人間への感染も在る事からも、

最初の感染検知より前に、新型コロナウィルスは既に、其れこそ世界中に其の感染者を生み出していて当然」と

「強く推定出来る事に成る」。

「上記の様な、極めて当たり前の科学的知見を基にする」なら

「新型コロナウィルス対応として」は

「感染自体を問題にしたり、悪戯な検査で感染検知者数を増やしたりする事が適切に成るのでは無く、

重症化してしまった人間たちの治療を充実させ死亡に至ってしまう人間の数を減らす事と

重症化し易い免疫学的弱者状態に陥らない様にする事や

免疫学的弱者を反故する事」等が

「適切に成る」。

「其の対応の仕方」は

「毒性の極めて強いエボラ出血熱等に対する対応としてなら必需に成る、検査等の徹底、封じ込め、隔離等々では無く、

既に、封じ込めが出来ていない実態も明らかに成っている事や

毒性が其れ程激烈では無い事等からも、

インフルエンザ同様の対応が適切に成る事に成る」。

「感染の悪戯な拡大を防止する為に、多人数の人間たちが閉鎖空間等に長時間居続ける状態等は避けるべき事に成る」が

「一番重要に成るのは、重症化してしまった方々が適切な医療を受けられる状態を維持~増大する事と

インフルエンザ同様の簡単に出来直に結果が判る検査法の確立~実使用と治療薬・治療法の確立~実使用等に成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」で、

「感染検知者を感染者と喧伝し、検知者数が増えるごとに感染者が増えた!(大変だ!)等と大喧伝し続ける事」の

「実効」は

「多くの視聴者・読者等の不安を煽る事」に「他ならない」。

「感染する事では無く、重症化したり死亡に至ってしまったりする事を問題にし、

感染力は強いが重症化率は高く無く、重症化してしまった人々のほぼ全てが、免疫学的弱者状態に在る人間たちである事実を

事実通り冷静に原寸大で伝え、

出来る限り健常・清潔な状態を保ち、

過剰な不安や恐怖心等は抱かず、抱かせず、

過剰・過重労働状態等は避け、強いず、

免疫力を維持~増大等する、出来る状態に全ての人間たちを置く等々、

重症化したり、させてしまったり、死亡に至ってしまったり、至らせてしまったり、する事等を

出来る限り避ける為に実効のある対策等を

喧伝等する」なら

「新型コロナウィルス問題の終息もより早く成る事に成る」。

「ウィルス濃度を高めない事」と

「免疫学的弱者状態に陥らない、陥らせない、免疫学的弱者状態に既にある人間たちは保護する、自ら保護させる事」が

「重要に成っている事」は

「其れが独裁政権に付きモノの不適応分子粛清工作等では無いのなら、

中国共産党支配下の中国で、過剰・過重労働状態にあった、若い医師たちの死亡例等からも、

中国も日本も含む国々の死亡に至ってしまった人間たちが置かれていた状態等々からも、

明らか」だ。

「避けるべき」は

「閉鎖空間に多数の感染者を集合させたりする事等により、ウィルス濃度を高めてしまう事」と

「不安・恐怖心の増大や、過剰・過重労働や、栄養不足、バランスの悪さ・睡眠不足等々により、免疫学的弱者状態に自らを陥らせてしまう事」等に

「成る」。

「感染検知者を感染者と大喧伝し、感染検知者の数が増える度に大変だ~!等々と、不安を煽り、

多くの視聴者・読者等を不安状態に陥れると共に、

検査を拡大・増大し、感染検知者の数を増やし、其れをまたまた感染者が増えた!大変だ~!等々」と

「実質的には、不安・恐怖心等を煽り続けたり」、

「感染者を閉鎖空間に集合させたり、してしまう」なら

「過剰で余分な不安や恐怖心故に、免疫状態が悪くさせられてしまう人々の数も増えてしまい、

新型コロナウィルスによる重症化率も、感染者数も、増やし易く成ってしまう事に成る」。

「豪華クルーズ船内での感染拡大」は

「感染検知前から既に起きていた事が推定出来る」のも

「武漢からとされている新型コロナウィルス感染問題と同様」で

「感染検知者数の増加を問題にするのでは無く、

重症化や死亡を避ける為に有益に成る対策を確実に行う事が重要に成る」のだから

「免疫学的弱者状態を誘ったり、つくり出したり、

免疫学的弱者の保護を十分に行わなかったりする事」等が

「責められたり、問題にされたり、其の再発が防止されたり、させられたり、して当然に成る」。

「中国共産党支配下の中国での、閉鎖空間への感染者集合も、医師の過剰・過重労働も、責められ、再発防止等が訴えられて当然の事に成る」し

「感染検知者を感染者と言い、検査の増大等を訴え感染検知者が増える度に感染者が増えた!と大喧伝し、

ウィルスの感染力は強くても毒性がそれ程強く無く重症化している人々のほぼ全てが免疫学的弱者状態にあった人間たちである事等は十分に大喧伝せず、

正しく実体・実態把握し、対処すべき!では無く、正しく恐れるべき!等と

不安や恐怖心等を煽り、

喧伝者や其のお仲間等が

新型コロナウィルス問題をダシに株で悪儲けしよう・・・としているかも知れない検査関連企業や

マスク買い占め~転売悪稼ぎ等の

実質的、応援等をしている実態を露呈している、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の喧伝論調等も責められて当然に成る」し、

「豪華クルーズ船内の問題でも、日本国内の対応実例でも、免疫学的弱者の保護が十分だったか?否か?は、検証に値する事に成る」。

「更に、酷い」のは

「善悪{正当}差別抜きの差別問題まで大喧伝等しているところもある事」だ。

「差別問題を健常に論ずる為」には

「先ず、善悪差別をちゃんと行っておく必要がある」のは

「善悪差別抜きで、例えば、××国の人々に対する差別は止めろ!止めるべき!止めなければいけない!等とするなら、

××刻の人々なら、××国の人々と言うダケで、悪人でも{正当な}差別を受けない状態を得易く成ってしまうから」だ。

「不法・不当移民・難民等を容認したがる」のが

「其れらの、其の国の中で正当な手段では、職も衣食住等も、得辛い人々」を

「使いがっての良い、支配下に置き易く、

例え、悪仕事や非人道的なスパイ・工作活動等でも、命令等に従わせ易い、

低賃金労働者等として使う事で、

其の国の中で、ズルく稼いだり、稼いだお金や非人道的なスパイ・工作活動等でズルく立場等を得ようとしたりする、

ズル・悪人間たち等に成り易い」のは

「ある意味、当然の現象」で

「其れは、世界標準状態でもある」。

「ここで、先に、正当な移民・難民と不法・不当な移民・難民等をはっきりと区別する事抜き」に

「移民・難民差別は止めろ!等とやる、やりたがる」のが

「劣(おバカ)悪(ズルも含む)な人間たち」で

「先に、正当な移民・難民と不法・不当な移民・難民等の区別をしっかりと行おうとする」のが

「正常、もしくは、健常状態の人間の常に成る」。

「正常、もしくは、健常な状態のテレビ・マスコミ等」なら

「差別を言う前に、善悪区別の徹底等を訴えていて当然に成る」が

「其処を言わない」から

「悪も内在している状態の人間集団のまま・・・」では

「例えば、恐怖・不安を煽られた時や異常事態が発生してしまった時等々の、

健常状態を失った、失わされた、人々の考え・思い・心理・感情等のはけ口、八つ当たり先等として、

其の先に善悪差別をしっかりとしていない悪も含む状態の人間集団等に対する差別が誘発され易く成る」のも

「極めて当たり前の事に成る」。

「本気で差別問題を解決したい」なら

「先ず、善悪区別をしっかりと行う事こそが合理的に成る」。

「善悪区別に基づいた{正当な}悪差別を行う事により、悪が別にされた人間集団に成っている」なら

「悪状態に陥っている人間に成らない限り、差別をされる事自体が{不当で悪}に成る」。

「差別自体が{不当で悪}に成る状態が出来ている」なら

「例え、通常では無い事態に襲われ、恐怖や不安等を抱かざるを得なく成ってしまった、不健常状態に陥った時でも、

多くの人間たちは、差別する事が{不当で悪に成る}人間集団に対する差別は行い辛く成る」。

「其の様な状態を構築しようとする情報配信・教育等では無く、

善悪区別に基づいた悪差別抜きの、劣悪差別論を強いたりする事により、

実質的には、ズルや悪を利すと共に、不当差別も温存させ続けて来ている」のが

「戦後日本の多くの情報配信・教育等の、責められるべき、是正される、させられるべき、実態」だ。

「多くの場合、其処に、反対、もしくは審議拒否野党等を利す為の政治・社会運動等まで付いている実態も露呈している」。

「言葉狩り、態度狩り、粗探し、等々により見つけ出した実質的、小問題を無理やり

国政上等で大問題化して、優等生ぶり、正義ぶり、

相対的に、政府・与党等に悪イメージを付ける事等により、

政権交代までも目論んでいる、

とても日本国・多くの日本国民の為に成る適切な政権運営が出来そうに無い実務を露呈し続けて来ている、

反対、もしくは審議拒否野党等は、

其のお仲間、政権公害の無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の者たち等と共々、

実質的には、劣悪な論等を大喧伝等し、実質的には、日本社会の進歩・進化の邪魔をし、悪影響をもたらし続けて来ている」。

「其処に露呈している」のは

「在日の母を持つが故に日本の乗っ取り支配も必需に成っている独裁者を頂いている、

北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等でもある」。

「野党側の議員等」は「国会の貴重な時間を使って質問等する」なら

「其の質者が、日本国・多くの日本国民に対しての大問題に成るのか?否か?」を

「先ず、明らかにするべき」だ。

「実質的、小問題をどんなに詳細に解明したところで、はっきり言えば、国会の貴重な時間の無駄遣いにしか成らない」し

「小問題の詳細な解明で国会の時間を削ぐ事が公認されてしまう」なら

「小問題の詳細な解明を続けさせる事により日本の国政を停滞させる政界工作が出来てしまう事に成る」。

「新型コロナウィルス、{感染検知者数}を{感染者数}と大喧伝し、

検査が増えるなら数が増えて当然の状態にある新型コロナウィルス感染検知者数が増えるごとに、

感染者が増えた!(大変だ~!)とやり、不安や恐怖心等を煽っている事」と

「同様の劣悪な事態」が

「国会でも露呈している」のに

「劣悪な実態を露呈している{政権交代}の無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「野党側の劣悪な実態を責めるのでは無く、劣悪のお仲間同士、劣悪な方が正しく、優等生に成る等の旨、大喧伝状態なのだから、

本当に、呆れる」。

「劣悪では無い野党やテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」なら

「政府・与党等より良い、日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等々が訴えられていて当然に成り、

新型コロナウィルス問題でも、差別問題でも、

問題の出来る限り実害や自虐の少ない、解決や終息に繋がる情報配信・教育・政治等が大喧伝出来ていて当然に成る」。

「国会でも小問題の詳細解明の公認化」等が「重要に成る訳は無い」。

「言葉狩り、態度狩り、粗探し等々を行い、小問題を見つけ出して、其れを大問題化して大喧伝等している暇がある」なら

「政府・与党より良い日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を訴えるべき」だ。

「其れが行えていない事=政府・与党には小問題くらいしか無い事の証明みたいなモノ」で

「そんな事を行い続けている限り、野党は永遠野党に成る」のは「極めて当たり前の事に成る」。

「野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等々共々、是正急務に成っている事は、言うまでも無い事に成る」。

「いい加減に、戦後日本国内で連綿と非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている悪者たち等を

徹底的に摘発し厳罰に処す事くらい行ったら、行わせたら、どうか!」

「新型コロナウィルスだって、ウィルス粛清工作の道具の一つかも知れない実態も、

中国共産党支配下の中国内や

従北政権状態の韓国内や

従北人脈も少なからず居る日本国内でも、

実質的に、露呈している状態に成っている」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている、仕掛け続けて来ている側の

お仲間等では無いのなら、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事をしている者たち等や

学校教育等をしている者たち等や、

政治家・政党等々が、

其の告発も出来ていない事」は「本当に、異常に成る」。

「是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題等でも「先ず、言うべき極めて当たり前の事」を言わないテレビ・マスコミ等問題・・・。

『「当たり前の事」だが「新型ウィルスは時間の進行や環境の変化等と共に出現し続けて来ている」し「其の中に、人間に感染するモノも生まれている」のは

「地球上の生物が時間経過、もしくは、物理崩壊環境変化等で崩壊させられ滅亡しない様に進歩・進化し続けて来ている

DNAの乗り物等とも

表現されたりもしている事」や、

「地球上の生物は他の特定の生物との相互依存関係があるモノの集合体でもあり

其の相互依存関係の連続性を辿ると全ての生物に行き着く、

生物界の実態」等からも

「冷静に少し考える」なら

「其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「DNA等やウィルス等とは、単独では存続出来ない半生物とでも言うべき状態のモノに他ならない」が

「其れこそが重要な生物の基にも成っていて、

基本的には時間経過と共に物理崩壊をしている物質群の中の一部を

生物の存続に都合良く成る様に組み立てる設計図や仕組みにも成っている」。

「自らのDNAと聞く」と「恐れるどころか、むしろ親近感や安心感等さえも抱く人間たちが多い」が

「ウィルスと聞く」と「其の全てを悪モノ扱いし、恐れ、排除等しがちに成る人間たちも多い」。

「実際は、ウィルスにしても、人類に良い効果をもたらしたモノまである」のが

「現実」で

「ウィルスだから!」と「恐れ、忌み嫌う状態に直ちに陥る」のは

「ある意味、本当に、未熟な状態を露営している様な事に成る」。

「人間に感染するウィルス」で「問題にするべき、されるべき」は

「其の有害性・有益性が一番であって当然に成る」。

「強い毒性のあるウィルス」なら

「其の治療法やワクチン等を創り出すと共に、其の感染を排除する為に其れこそ全力で取り組む事が合理的に成る」が

「例えば、風邪の原因と成っているウィルスレベルの毒性」で

「余りに過剰な対応をする」なら「人間社会・人間生活上の他の部分に、余分で過剰な負のストレス等をもたらす事に成ってしまう」。

「今回、新型コロナウィルスが問題とされ、大騒ぎ状態に成っている原因」は

「最初に其の感染が検知された者が、重症常態の者だったから」で

「肺炎の実態分析が新型コロナウィルスの発見に繋がったから」だ。

「重症常態の者からの発見が初だったからと言って、新型コロナウィルスに感染した全ての者が重症常態に陥る訳では無い事」は

「其の後進められて来ている、新型コロナウィルス感染検知の実態からも既に、相応に明らか」だ。

「新型故に誰もが免疫を持っていないので、元々の人間との親和性の高さに+して其の分も、感染力は強く成っている様相」で

「無症状感染者からの感染もある」が

「重症化率は1~2割程度」で

「死亡者のほとんどが中国共産党支配下の中国の閉鎖状態に置かれている武漢内」、

「更に、重症化している者のほとんどが、高齢者や基礎疾患等のある、所謂、免疫学的弱者状態の人々」に

「成っている」。

「最初の重症化したが故に詳細な検査が行われた、感染研知者が唯一無二の最初の感染者である可能性は低く、

昨今の世界レベルでの人間の移動の激しさや無症状感染者からの感染もある事等からも、

最初の感染検知の前に、既に、ある程度以上、新型コロナウィルスの感染が広まっている可能性は高く、

其の実態も、重症化していない感染者がほとんどに成っている可能性が高い事に成る」。

「此の様な実体が判明している時」に

「テレビ・マスコミ等が先ず言うべき、極めて、当たり前の事」は

「ウィルスに感染する事を問題にするのでは無く、重症化や死亡を防ぐ事が極めて大切に成る」等に「成る」。

「実態調査として感染検査を行う」のは「余裕があるなら、意味がある」が

「検査でも優先すべきは、重症化している方々や免疫学的弱者の方々に成る」が

「検査で感染が判明しても、治療法が用意されていなければ意味が薄く成る事」も

「当たり前の事に成る」。

「重要に成る」のは

「感染自体を過剰に恐れず、それぞれの方々が、それぞれの状態に合わせて、重症化等して、させて、しまわない様にする事」に

「他ならない」。

「悪戯な、隔離・検査等々を大々的に行う」より

「重症化しない、させない為に有効に成る対策を粛々と行う事」が

「重要に成る」。

「報道によれば、本日、日本でも新型コロナウィルス感染者の死者が出てしまった」との事だが、

「80歳と87歳の高齢者の方々」で

「病院は同じでは無く、

新型コロナウィルスが死因とされた一人は、基礎疾患があった87歳のお方、

もう一人の80歳のお方の死因は肺炎とされている」。

「中国共産党支配下の中国内、特に、閉鎖政策が採られた武漢に集中している事から、世界の人々の興味を逸らす為に、

粛清工作等が日本国内で行われている可能性もゼロでは無い」のだから

「毒性がそれ程激烈では無い新型コロナウィルスと別の毒性をもたらす工作手段との悪のコラボによる死亡では無い事」も

「徹底的に検証等されて然るべき事に成る」。

「悪のコラボの手段としては、

工作電磁波による身体弱体化等や肺も含む内臓に有害に成る撥水スプレー等の化学物質や他の有害細菌・ウィルス等や

実は害に成る薬剤等を投与する医療工作や病院食等工作等々が

考えられる」し

「筆者の知る限りでも、工作電磁波発生ハード・ソフト等が在る病院は、複数在り、

其れは、筆者がお見舞いや治療等の目的で訪ねた病院の半分以上の割り合いに成っている」。

「拉致までされている」のに

「未だに、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等への対策が不十分な状態が続いている事」は

「本当に、異常」で

「政府・与党等が行わない、行えない、なら、其処を責めてこそ日本国・多くの日本国民の為に成る野党等に成る」し

「其れを告発等するのが、健常な日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等に成る」が

「政府・与党等は、未だに、及び腰状態・・・で、

野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等は、かつては拉致さえ無かった事に!大した問題では無い事に!状態だったのだから、

本当に、異常」だ。

「戦後日本で一番深刻な問題が其処に露呈している」等と

「感じていたり、思っていたり、する日本国民の数は、かなり多い筈」だ。

「当たり前の事を言わないばかりか、告発すべき事も告発せず、むしろ、日本社会の不安・恐怖等を煽り、

実質的、利悪等を行い続けて来ている実態を露呈している、

テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等々の是正は、本当に急務に成っている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルスは「正しく恐れるべき!」か「正しく対処するべき!」かも「桜を見る会関連をどんなに詳細に解明させても日本の国政の大勢に影響のある事が出て来る訳も無い事」等は既に、明らかなのに野党等のお仲間テレビ等は、未だに・・・。

『「新型コロナウィルス不安を煽る為」なら「新型コロナウィルスは正しく恐れるべき!」等と「多くの視聴者等の恐れを誘う情報配信等をする事」が

「合理的に成る」が

「多くの視聴者等の新型コロナウィルス問題への適切な対応を誘う為」なら

「新型コロナウィルスの実態・実体把握に基づいて原寸大で正しく対処するべき!」等の「情報配信が適切に成る」。

「新型コロナウィルスの実態・実体把握をする」なら

「重症化したが故に、最初に検知された感染者が唯一無二の最初の感染者である可能性は極めて低く」、

「症状が出ない内の感染もある事」や

「昨今の人間の交流が激しい人間社会状態の実態」からも

「最初の感染者が検知される前に、既に、新型コロナウィルスは其れこそ世界中に其の感染者を創り出していた可能性も高い事に成る」。

「テレビ・マスコミ等で声高に言われている感染者数とは、感染研知者数に他ならない」から

「上記の様な、少し考えるなら、当然在ると、其れこそ世界中の何処の誰でもが容易に強く推定出来る実態から」も、

「多くのテレビ常連出演者等が散々喧伝し続けて来ている、検査の充実を行う」なら

「感染研知者数が飛躍的に上がる事が容易に推定出来る」。

「其処で、大量の感染者が出た!大変だ!大変だ!こんな酷く怖い事態が起きたのも今の政権が悪い!から政権交代を・・・」等と

「騒ぎたい様相」なのが

「反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「其れは、とても公共の電波使用や公共レベルのマスコミの座の仕事が適切に成る者たち等による適切な仕事等」とは、

「到底思えない、酷く、劣悪な実態に成っている」。

「選挙も無いから政界の様な実権者人脈等の交代も不十分なまま・・・」の

「反対、もしくは審議拒否野党等系や朝鮮系等がず~と与党状態のまま・・・」の

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の直にでも是正すべき実態が其処に露呈している」。

「地球環境危機問題等人類の存続に関わる重大問題までもが既に、色濃く露呈している今日、

其の適切な対応を実現する為にも、情報・教育界の問題の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「正しく恐れる事」と「正しく対処する事」は「全く違う」。

「其れは、例えば、死について考えるなら、誰もがはっきりと理解・把握し易く成る事に成る」。

「死の実体把握が科学レベルで出来ていなかった古の時代の人間たちにとって、死とは正に、正体の分らない恐怖の対象でしか無く、

死に対する恐怖心も絶大状態だった人間たちの数も多くて当然だった」。

「絶大なる恐怖心を多くの人間たちが抱き続けているまま・・・では、人間社会運営にも支障がある事に成るので、

死は正しく恐れるべき!流の解決が図られる事に成ったのは、

ある意味、世界共通の事態だった」。

「死を正しく恐れる為に、日常一般生活上では出来る限り死の恐怖を遠ざける為の考え・思い・信じ上の工夫」として

「霊や、死後の世界としてのあの世や、生まれ変わりや、復活等々の概念が創り出された」が

「もちろん其れらは現実に存在している事を確実に判明させる事が出来ているモノでは無い、ばかりか、

後にはっきりする様に、実際には、存在していないモノ」なので

「あたかも存在している事が確実であるかの如く考え・思い・信じ続ける事を容易にする為」の

「更なる、考え・思い・信じ上の工夫が創り出された」。

「世界中の人間の死生観等も含む宗教等が其の実例に成り、

其の創意工夫の巧みさ等は、それぞれの聖書・経典・聖典等々や宗教建造物や絵画や備品等々からも良く解る」。

「其れらの古の人間たちの工夫の中で、当時の多くの人間たちは、

死を正しく恐れる!レベル上での、実生活の維持等が可能に成っていた」が

「根本的現実離れは解消しようも無く、其の実生活には多々の自虐要素も含まれ続けているまま・・・だった事」等は

「人類の歴史が戦争の歴史でもあった史実等からも明らかに成っている」。

「正しく恐れた先で生み出されていた」のが「自虐事態だった史実から学ぶ」なら

「正しく恐れる」が「間違いである事も良く判る事に成る」。

「恐れという感情を誘い、恐怖からの脱出という感情面での処理に甘んじようとするのでは無く、

実体や事実・現実をありのままに理解・把握し、原寸大で適切に対応する、

人類が人類であるが故に可能に成っている、感情脳より優位な理性脳レベルの処理を実現してこそ、

自虐事態も避け易く成る事に成る」。

「人間たちが科学レベルで死の実体把握が出来た」のは

「百年~前に成り、人類も含む生物の誕生・死とは細胞レベルの実現象である事」は

「今時の先進諸国の人間たちなら、其れこそ、小中学生でも解っている事に成る」。

「今、この瞬間にも、生きている人間でも他の多くの生物でも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続しているのが現実」で、

「今、この瞬間にも実体験している、痛くも痒くも無い、死自体を恐れる必要性を感じている人間はいなくて当然に成る」。

「では、古の人間たちは何を恐れていたのか?」

「丸ごと一人いっぺんの死を恐れていた」のが「現実である事」は

「古の時代の書物や絵画等々の人類の精神文化製品からも良く解る」。

「死の現実としては細胞レベルの現象で丸ごと一人いっぺんに!では無い」が

「細胞レベルの実体把握が出来ていなかった古の人間たちは、

人や動物の意識そのままの、丸ごと一人・一個体レベルでの捉えや考え・思い・感じ等だけを使って、死も理解・把握しようとした」から

「丸ごと一人いっぺんに!の死生観や人生観や宗教等々の精神文化製品も創り出し、

多くの個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)も其れを重用出来る状態だった」のが

「現実に成る」。

「現実離れの上で構築されていた現実離れが激しい精神文化製品の実用」が

「本来不要な恐怖を維持、増大等させ、自虐も誘っていた」のが「現実に成る」。

「丸ごと一人いっぺんレベルで捉え、考え、思い、感じたがる自分の意識」と

「細胞レベルでの誕生・死という自分の実態」の

「両方を正しく理解・把握し、

其れを基にして、

死生観・人生観や小説・漫画・アニメ・ドラマ・映画・音楽・絵画・ゲーム等々の現実との整合性が高い精神文化製品を創り出し実用する」なら

「死の恐怖から解放される」と「共」に

「殺すべきモノの実体・実態把握を当たり前にしながら実生活を健常に送り続ける、

人間たちがほとんどに成る事に成る」。

「細胞レベルでの命の連続性を検証する」なら

「誰もが、地球上の全ての生物との命の連続性を見出せる事に成り、

其の命の年齢が皆同じで何十億年レベルにも達している事等にも気づく事に成る」。

「今、生きている全ての人間たちも含む地球上の生物こそが広義の自分であり、

其の年齢は何十億年レベルで誰もが同じ!」

「50年前の30歳と今の30歳では広義の自分の命の年齢が50年も違う!」のが「現実」だし、

「永遠の命とは、地球生命体細胞群として実現可能に成る事に他ならず、

其の中のタッタ何十兆かの狭義の自分細胞群が求めるべきモノではあり得無い事」等も

「直に、理解・把握等出来る様に成って当然に成る」。

「其の辺りの今時の人類として当たり前に必要に成っている常識レベルの感覚や知識等が欠如している」と

「人類同士の比べっこ支配権/被支配権争いに過剰な程、熱中する事等により、

実質的には、広義の自分の存続~永続を危うくする自虐行為等まで平然と行い続け、

其の様な自己承認欲求の本来欲求の充足を極めて困難にするのが当たり前の実行動等を正当化しよう・・・と

代償欲求上で承認欲求を追及し、他の者・物・事等に狭義の自分を認めさせたり、

既に、多くの人間たち等に認められている、他の者・物・事等と狭義の自分を同一視等する出来る状態を構築する事等により、

実質的には、更なる恥・自虐行為等を平然と行う状態に陥り易く成る」。

「其の様な近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき状態から

一刻も早く、狭義の自分を解放し、自己健常支配上で自己承認欲求の本来欲求の充足を図り続ける事」が

「激烈に求められている状態の人間たちの数は未だ多い」から

「現状の広義の自分の存続~永続が、極めて困難な状態により近づきつつある」。

「感情脳レベルの共感による処理に甘んじている人間たちの数が多ければ多い程、悪者たち等も其れを利用し易く成る」が

「理性脳レベルの現実処理上では、悪者たち等が其れを悪用出来る隙も小さく成る」。

「死の恐怖から解放され、殺すべきモノの実体・実態把握を行い、出来る限り自虐度の低い実効のある対処を行う」のと

「同様」に

「新型コロナウィルスに悪戯な恐怖心等を抱かず、抱かせず、

正確な実体・実態把握を行い、出来る限り自虐度の低い実効のある対処を行うべき状態に在る現状」で

「未だに、感情脳レベルの恐怖を言う情報配信を行い続けている常連出演者等は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「感情や共感を悪用した利悪の存在の臭いさえも・・・が、濃厚に漂って来る場合も少なく無い」のだから

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」

「関連力が強く、無症状者からの感染もある、

昨今の世界レベルでの人間の移動の実態からも、重症化したが故に新型コロナウィルスが検知された感染者が判明する前に、

既に、日本国内にも入って来ていて何の不思議も無い、新型コロナウィルスは、

重症化率1~2割で死亡者のほとんどが中国共産党支配下の中国内等の実態も判明している」。

「ウィルスは未だ、其のウィルスに対する免疫等の無い人体等の中では増える事が出来る」が

「単独では、付着している物質等にもよるが、其の存続時間は数時間程度の場合が多く、

既に、免疫を持つ人体等の中では増えない」から

「増える状態を出来る限りつくらない事が有効な防衛手段に成る」。

「また、重要に成るのは、検査対象を拡大して感染研知者数を増やす事では断じて無く、

重症化してしまった方々が速やかに適切な医療を受けられる事により、死亡等に至ってしまう事を避ける事」だ。

「過剰な不安等を抱かず、抱かせられず、

感染拡大を防止する為に有効に成る手洗いや多人数密接集合等を出来る限り避けながら、

通常生活を続ける事により、

医療を必要とする状態に成っている方々が必要な医療を受けられる状態を維持する事」が

「重要に成る」。

「マスク等の買い占め~転売等の新型コロナウィルス検知~過剰な不安煽りに基づく、

人々の過剰な防衛感情等につけ込んだ悪稼ぎ等を防ぐ為にも、

公共の電波上や公共レベルのマスコミ等の配信情報内容は、

適切なモノで無ければ成らない」が

「実際は、まるで悪稼ぎの手伝い・・・状態だったのだから、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「其の責任」は「追及されて当然」でもあり、

「現状までの、是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「反対、もしくは、審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・マスコミ等」は、

「桜を見る会関連の詳細な解明等が

日本の国政にどれだけ有益に成るから、今、他の重要事項より優先して徹底的に行おうとしているのか?等」を

「多くの視聴者・有権者等に、先ず、分り易く説明するべき」だ。

「其れも満足に出来ない事」なら

「もともと、国政上での大問題で在る訳も無く、総理大臣自身の問題でも無く、違法性等も露呈していない」のに

「無理やり、総理大臣と強く結び付けたイメージで大問題であるかの如く喧伝する事」等により

「他に責めどころ等も無いから、要でも無い事で責めて正義ぶる事で、

政府・与党等には悪イメージを付け、

反対、もしくは審議拒否野党等には良いイメージを抱かせる為の、

イメージによる視聴者・有権者等誘導{工作}を行っている」等と

「感じたり、思われてたり、等々しても、仕方の無い事に成り、

そんな状態で在る限り、永遠野党に成り、

{政権交代}すべきテレビ・ラジオ・マスコミ界等に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス不安煽り⇒現政権対応不十分等批判で悪イメージ付け」等による政治運動状態だが・・・。

『「新型コロナウィルス問題で先ず、大々的に言うべき事」は「感染してしまう事が問題なのでは無く、重症化や死亡等の事態に陥らない事、陥らせない事が、非常に重要に成っている事」という

「極めて、当たり前の事」に「他ならない」。

「其の為の対策」として「必要に成る」のは

「悪戯な検査拡大等では断じて無い」。

「感染拡大を防ぐ為に有効な、インフルエンザ等の場合でも同様の当たり前の対応を多くの人々がする事」と

「症状が出てしまった場合の自宅待機等の

もし、其の症状が新型コロナウィルス故だったなら、感染拡大に繋がってしまう事態を避ける為の

当然の対応」と

「症状が改善しない場合や、重症化してしまった場合の人々の全てが適切な治療が受けられる様にする医療体制・状態等の確保に成る」。

「この、冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る、当たり前の対応から言う」なら

「現状で日本政府等が行っている事こそが{正解}に他ならず」、

「テレビ・マスコミ等で

過剰な程の新型コロナウィルス潔癖症状態に多くの視聴者等の頭の中を染め上げる事による

不安増大故に、過剰な検査・診療等を欲しがり、

不要な検査・診療等の為に医療機関・検査機関等を埋めてしまう人々が多数出易く成る情報配信を行っている事は、

極めて悪質な、{日本社会健常状態破壊情報工作テロ}の様なモノに成る」。

「そんな酷く、劣悪な情報配信の為に、公共の電波や公共レベルのマスコミ等が使われてしまっている裏に何が在る?」

「其処に露呈しているのは、北朝鮮金政権等や中国共産党等と近しい、反対、もしくは、審議拒否野党等と同様の人脈の者たち等による、

{仕事}もしくは反対野党等の為や従北・従中国共産党政権化等の為の、情報工作~大衆誘導等の実態」だ。

「戦後日本の現状までのテレビ・マスコミ等で情報配信等を行っている者たち等」が、

「そんな意図は無い!」等と「言うのなら」、

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「新型コロナウィルスだけの実態としては、重症化率は低く、感染力は強く、潜伏期間中の感染もある等々」だが

「現状まででは死亡者のほとんど全てが中国共産党支配下の中国内に成っている」。

「日本の高齢女性死亡者の場合も死因は肺炎の様」で

「筆者の実体験からも、病院内でも工作電磁波発生ハード・ソフト等が仕掛けられている機器・設備等の存在が判っている」から

「肺炎だけが原因での死亡とは限らず、肺炎と工作電磁波による身体弱体化が原因の死亡の可能性もあるのでは?」等の

「工作存在の可能性も含めた検証が必要!」等と

「感じたり、思ったりしている、人間たちの数も決して少なく無い筈」で

「工作電磁波と反対、もしくは審議拒否野党等や日本の中の北朝鮮人脈等との関連の高さ」は

「其れらの者たち等の家や部屋や車等々から、外に向かう工作電磁波が発生している場合が多い事」等からも

「良く判る」。

「其れでも、工作電磁波を当てる事による{粛清工作}等は、現行法・現行の摘発体制では摘発困難な状態のまま・・・」なのだから、

「其の辺りの是正は直ちにでも行うべき事に成る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や日本の政党等なら、工作電磁波の実態告発や其の対策の為に必要に成る法整備・体制整備等を

強く告発したり、訴えていたり、して、当然に成る」が

「戦後日本の現状までのテレビ・ラジオ・マスコミ等や政界等では、

未だに、

日本の中の非人道的なスパイ・工作活動等に対する、十分な実効を持つ対策等を実行しようとして来ていない」のだから

「拉致工作までもが明らかに成って久しいのに、本当に異常な事に成る」。

「今回の新型コロナウィルス問題にしても、ソフトウィルステロによる政権転覆工作等の可能性も十分に在り得る」のだから、

「其の辺りの必要対策を訴えたり、行ったりする、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「中国共産党支配下の中国内に集中している新型コロナウィルスによる死亡者が、

工作電磁波や有害化学物質や医療工作や他のウィルス等を組み合わせた粛清工作故では無いのなら、

ウィルス濃度を上げる事にも直結している感染者を集合させる対策が誤りである可能性が高い事に成る」。

「感染者を中国全土や世界にも助けを求めて世界中に分散させて適切な治療を受ける事が出来る状態にしていた」なら

「かなりの数の死亡者が生存出来ていたのでは・・・」等と

「感じたり、思ったり、している人間たちの数も多い筈」だ。

「其れでも、テレ朝等では中国共産党支配下の中国内での新型コロナウィルスに対する対応を

かなりの賛美路線で情報配信し、

上記の問題は声高に告発等しない、圧殺・黙殺状態・・・なのだから、

かつてのテレビ・マスコミ等が拉致問題を圧殺・黙殺等していたのと同様の臭い」が

「其の辺りからも濃厚に漂って来る」。

「温暖化による環境変動故に発生している可能性も高い新型コロナウィルス」だが

「温暖化による環境変動への適応を求められているのは、温暖化自体の生みの親でもある人類も同様に成っている」。

「新型コロナウィルスによる経済損失を言う前に、其れによる温暖化抑制効果等による{延命}効果等を高く評価するべき!等の

現状人間社会・経済システム等是正にも繋がる情報配信等も在って然るべき」だが

「未だに、旧態依然とした、現状人間社会・経済システム依存状態の情報配信を行い続けている」のが

「現状までの多くのテレビ・ラジオ等常連出演者やマスコミ常筆や学校教師・教授等の酷く劣悪な実態」で

「其処には、天動説状態は在っても、地動説状態化への進歩・進化も無ければ、

地動説化を基にした精神構造・精神文化側の産業革命も無い」。

「もちろん、こんな酷く劣悪な状態を放置し続けたまま・・・にする」なら

「漏れなく、人類滅亡の時がやって来てしまう事に成る」のだから

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「与党より良い日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等の訴えがロクに行えない、

言葉狩り、態度狩り、粗探し等からの小問題の大問題化が得意な、

反対、もしくは審議拒否野党等も、{腐っている}が

現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界(特に文系)も、本当に{腐っている}」。

「物質文明側と同様に、科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して製品を創り出す、

精神構造・精神文化側を地動説化する是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何時までも、共感等で視聴者・読者・生徒等を操り、

実質的には、反日他国の悪権力者や其の手下・協力者等の悪を利させる

{共感利悪}を

行い続けていて良い訳が無い」。

「即刻の是正が出来ない、行わない」のなら「其れこそ人脈ぐるみで総入れ替え等したらどうか!」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めてた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「国会中の、態は頭から腐る・・・反発誘導質問{工作}」に「思わず、ぼやいてしまった総理大臣」を「やじ扱いで大問題化し、謝罪を要求した、既に、腐っている様相の反対、もしくは、審議拒否野党等の国民に対する謝罪は?」と「湿度に強い新型コロナウィルスの訳」等・・・。

『「テレ朝等では、総理大臣に謝罪させた事等を金科玉条の如く扱い、反対、もしくは審議拒否野党等の反発誘導質問{工作}等の問題は言わない、

公共の電波を使った一方的かつ大々的な情報配信等と共に、

其の大衆誘導効果等を確かめ、更に、大衆誘導効果を高める目的も入っている様相」の

「恣意的な質問に基づいた世論調査等まで行っている」が

「其の偏向性や悪質性等は、もはや、多くの視聴者等にも、直に判る状態に成っている」。

「{工作}等を行っている悪者たちや組織等の常」として

「{工作}を無かった事にする為に、絶対に認めず、例え、其の実態が露呈していても、其の事に対しては絶対に謝らず、

反対に{工作}を仕掛けた側を徹底的に悪者扱いし、そちらを誤らせたりする事等により、自らを正当化する事を

周囲にも強要する事」等が「在る事」は

「北朝鮮金政権等の{工作}実態からも、既に、明らか」で

「其れと同様の実態を露呈した、反対、もしくは審議拒否野党等とは、

北朝鮮労働党のオトモダチ政党だった旧社会党の流れを強く、濃く、含む野党等でもある」。

「其の様な実体等も、益々判り易くする実態をマタマタ露呈している」のに

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師等々共々、

未だに、多くの視聴者・読者・生徒・日本国民・有権者等を

操れる程{秀でている}つもりの様相を露呈していて、

もはや、恥知らずレベルに成っている其の実態に、本当に呆れている視聴者・読者・生徒・日本国民・有権者等の数も多い筈」だ。

「選挙のある政界では、当然の如く、反対、もしくは審議拒否野党等は少数勢力化している」のに

「未だに、選挙も無いから実権者人脈の交代等も圧倒的に不十分で、反対、もしくは、審議拒否野党等系や朝鮮系等が与党状態のままの、

テレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等々では、

現政府・与党等に悪イメージを付ける事により、

反対、もしくは審議拒否野党等や

現与党内の反対、もしくは、審議拒否野党等寄りの者等への

政権交代を実現させようとしている実態を露呈し続けている」のだから

「本当に、哀れなレベルの足掻きぶり」で

「其の様な醜態を露呈させなければ成らなくなっている理由として、

北朝鮮金政権等による要求や脅し等々までもが在る可能性も大きいのが実態と強く推定出来てしまう」のだから

「一度、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等を行ってしまったり、協力してしまったり、

圧殺・黙殺工作等を行い続けていたり、等々している者たち等の哀れ」は

「本当に、救いようの無い程、お気の毒なレベルに成っている事等も、既に、判明状態に在る事に成る」。

「少しでも、救われる方向に動きたいのなら、自首して、非人道的なスパイ・工作活動等の知り得ている実態を全て告白し、

応分の罪と罰を受け入れる事に成る」が

「其れも、粛清工作等を過剰に恐れさせられていたりして、行えない、無理!等と勘違いさせられている実態等も

既に、ところどころで、露呈している」のだから、

「本当に、哀れ」だ。

「未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている側に居る者たち等は、

人間として健常な道の上に

一刻も早く戻るべきである事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「国会で、{腐っている}質問工作等をしている反対、もしくは、審議拒否野党等の者たち等に、自分たちの血税が使われている事」は

「本当に、腹立たしく成って当然の事に成る」。

「野党なら、現与党より良い日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴えたり、

政府・与党等の政治・政策等をより日本国・多くの日本国民の為に成る様に変える事等を提案・要求等したりする事こそが、

本来の正道上の仕事」で、

「言葉狩り、態度狩り、粗探し等々により、小問題を見つけ出し、其れを無理やり大問題化して、実質的には、国政進行の邪魔・妨害をする」のは

「本当に、酷い、邪道を歩んでいる事に成る」。

「其れなのに、反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では、

正道・邪道の区別も無いまま、邪道を歩み続けている実態を露呈している野党等を悪戯に、賛美等し、

正道上の仕事が圧倒的に不十分な事等を実質的に免責し続ける事等を多くの視聴者・読者・生徒等に

意識の有無を問わず、実質的に{強要}等している、情報配信・教育等を続けて来ている」。

「そうでは無い!」等と言うのなら、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を行うべき」で

「例えば、小問題は小問題として扱い、

国政上での重要問題に対しては野党側にも日本国・多くの日本国民の為に成る方向に沿った積極参加等を促すべき」だ。

「現政府・与党等に対する悪イメージ付けによる政権交代{工作}」等は

「早々に止め、

政権交代した方が日本国・より多くの日本国民の為に成る内実を持つ、

政治・政策・政治家・政党等を実体通り原寸大で紹介等するべき」だ。

「其の様な当たり前の健常な情報配信・教育等が出来ない裏に何が在る?」等を

「疑われても仕方の無い状態の是正は、本当に急務に成っている」。

「早急な是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス問題」は

「当初から強く推定出来ていた実態に沿った合理的問題処理をする方向に動き始めて来ている」。

「重症化率1割程度の、潜伏期間中や症状の無い感染者からでも感染する、感染力が強い新型コロナウィルスという実態」から

「最初の重症化したが故に新型コロナウィルスの感染が検知された感染研知者が唯一無二の一番最初の感染者である可能性は

極めて低い事に成る」し

「昨今の世界レベルでの頻繁な人間の移動実態からしても、

最初に感染が検知された者の前に、感染者が多数居て、其の中の決して少なく無い数の者たち等が、

昨今の世界レベルでの人間の移動の中、例えば、日本にも、何人も来ていて当然に成り、

症状が無い、或いは、軽い状態での感染が、既に、決して少なく無いレベルで在っても、

何の不思議も無い事に成る」。

「既に、感染が在る可能性も決して少なく無いのだから、

重要に成る事は、

感染を過剰に恐れて、過剰な程の、遮断や隔離をする事等では無く、

感染を悪戯に広めない事と

重症化した人々が適切な治療を受けられる事に他ならない」が

「ようやく、其の方向での問題処理へと収束して行く実態等が、報道等からも良く判る様に成って来ている」。

「一般的には、ウィルスは湿度に弱い場合が多い」が

「温暖化故に発生した可能性も高い、新型コロナウィルスの場合」は

「温暖化による海水の蒸発により大気中の湿度が高く成りがちな環境への適応変化の可能性もあるからか、

ある程度高い湿度でより高い増殖が認められている旨の報道もあった」。

「其の様な原因」なら

「今後も、同様の、地球環境変化に応じた新型ウィルスの発生が在って当然に成る」が

「ここで忘れるべきでは無い事」は

「ウィルスは其の毒性・有害性こそが、問題」で

「感染自体が問題に成る事では無い事」に「成る」。

「温暖化による環境変動」は

「人間にも、其の適応変化を求めている」。

「人類自らが引き起こしている温暖化による環境変動に対する適応を人類も求められている{自虐}劇」の

「おかしさや異常性等」は、

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、意識の有無を問わず、感じたり、思ったりしている事だろう」が

「其の元凶に成っている、経済比べっこ精神構造・精神文化の是正さえもしようとしない状態の人間たちが未だ数多い状態だったり、

大きな力を保持し続けられている状態だったり、しているのだから、

環境適応出来無く成ってしまう人間が多数出てしまっても、何の不思議も無い状態が続けられてしまっている事に成る」。

「此の面での是正も、急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「是正のリーダーシップを取っているべき、情報・教育界の実態が、現状の様に劣悪状態・・・では、

本当に、深刻な危機状態」だ。

「情報・教育界を天動説状態から地動説状態にし、精神構造・精神文化側の産業革命を行う必要性に迫られている現状でも尚、

未だに、旧態依然とした情報配信・教育等を行い続けている者たち等の責任は、

其の立場・権力・報酬等々相応に非常に大きく、重いモノに成っている」。

「もはや、罪と罰が適切なレベルの者たち等も数多い」。

「現状の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、相変わらずの「新型コロナウィルスや中国共産党等をダシにした、審議拒否野党等の為の政治運動」等状態だったが・・・。

『「国会で謝るべき」は「言葉狩り等をされた総理大臣か?」

「国政上での重要問題等で現与党より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴える事も出来ずに、

粗探しで見つけ出した国政上の小問題や言葉狩り等を大問題化して騒ぎ、審議拒否等までしている野党か?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「其れでも、反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では、

反対、もしくは審議拒否野党等が国会で露呈している酷い実態等を

さも正義の如く喧伝等し、

現与党より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等は、実質的に、訴えない、訴えられない」のだから、

「其の反対、もしくは審議拒否野党等と同様の実態には、本当に呆れている視聴者・読者・生徒等の数も多い筈」だ。

「民意が反映される政界」では

「当然の如く、政府・与党より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等をロクに訴えない、訴えられない、

反対、もしくは審議拒否野党等は、既に、少数勢力と成っている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「未だに、反対、もしくは審議拒否野党系や朝鮮系が与党状態のまま・・・」だ。

「現与党より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等の訴え等が無ければ、

現野党等が与党に成れる訳も無い事は、

政権交代する、させるなら、現政府・与党より良い政権への政権交代で無ければ仕方無い事を

先の民主党等政権への政権交代で十二分に実感させられている

多くの日本国民有権者にとっては、既に、明瞭な事に他ならない」が

「其れでも、未だに、反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等が、

其の正道上を歩まず、歩めず、

相変わらずの、言葉狩り、態度狩り、粗探し等々から小問題を大問題化して政府・与党等に悪イメージを付ける事による

政権交代等を画策し続けて来ている」のは

「例えば、北朝鮮金政権等の手下の日本国内の政治・情報・教育工作機関等であるが故に、

清に日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴える事で

日本が豊かに強く健常に成るなら、

在日の母を持つ北朝鮮金正恩等による日本乗っ取り支配策略等が行い辛く成るから、なんじゃないの・・・」等と

「思ったり、感じたりしている日本国民の数も多い筈」だ。

「反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等々の者たち等が、そうでは無い!と言う」なら

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「独裁の方が効率が良いのでは・・・」とは

「独裁政権等の手下・お仲間・協力者等の戯言」で

「実際は、独裁の方が効率が悪かった」から

「東西冷戦でも、西側が勝利した」。

「独裁の方が効率が悪く成る原因」は

「独裁故に、其の独裁政権より良い政権に繋がる者・物・事等が圧殺・粛清・黙殺等され続けてしまう事」等からも

「既に、明らか」で

「より良い者・物・事等の方がより高い実権を得る事が可能に成る自由・民主主義圏の方が、効率的に成る事」は

「極めて当たり前の現象に成る」。

「独裁政権等の手下・お仲間・協力者等かも知れないテレビ常連出演者等」は

「自由・民主主義圏の日本で長期政権が続いている事をまるで独裁政権の様!等と喧伝等したり、している」が

「もちろん、言うまでも無く、現政権より良い者・物・事等が圧殺・粛清・黙殺等出来ない状態に成っている日本国内で

政権が長期化している理由は、

現政権より良い日本国・多くの日本国民の為に成る政権の存在が、

多くの日本国民有権者等に認知されていないからに他ならない」。

「其の認知無き状態」に「大きな貢献をしている」のが

「現政権より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を訴えていない、訴えられない、

反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の者たち等の実態」で

「其の自らの実体把握さえも十分に行えていない様相の露呈が、益々、現政権への実質的、応援に成っている」のだから

「北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配の為」等の

「悪の目的が内在していない」なら

「現政権より良い実行可能な日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策等を

意識的かつ積極的に訴えていて当然に成る」。

「北朝鮮金政権等の手下・お仲間・協力者等であっても、そうでは無くても、

現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「いい加減に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界や、公共レベルのマスコミ界や、学校教育界等々にも、

政界の選挙レベルの実効のある、民意を反映した実権者等人脈の交代が実現出来るシステムを取り入れる、取り入れさせるべき」だ。

「戦後何時まで経っても、東西冷戦時の旧東側人脈の者たち等や朝鮮系の者たち等が与党状態というのは、明らかに、異常に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「中国共産党支配下の中国からの新型コロナウィルス問題」や、

「米国の民主党の予備選等からも明らかに成って来ている事」は

「現状の人間社会・経済システム等の行き詰まりに他ならない」。

「現状の人間社会・経済システムのまま、多くの個々の人間たちの精神構造(自己制御ロジック)もそのまま、

豊かさや持続可能等を求めても、虚しいダケに成る」のは

「極めて当たり前の現象に他ならない」。

「何故なら、現状までの人間社会・経済システム等も多くの個々の人間たちの精神構造も、

天動説・宗教レベルのモノに他ならず、

人間同士が其れで自慰し合ったところで現実との整合性が高まる訳の無いモノだから」だ。

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的等の現実との乖離は、当然の如く、崩壊を生む」。

「人間同士が、どんなに天動説等で共感や合意を形成していても、

現実の地球が太陽の周りを周る太陽より圧倒的に小さな惑星でしか無い現実が変わる訳も無く、

現実通りの理解・把握なら太陽系等の理解・把握が其れこそ、世界中の何処の誰にでも容易に成るが、

天動説上での惑星運動や太陽系の実態等の理解把握は非常に困難に成り、多くの人間たちがそんな面倒な事は避けたく成り、

現実把握が阻害されている人間集団状態では、宇宙への本格進出も滞りがちに成ってしまう」のは

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群が、何故、人間という種を生み出したのか?」を

「考える」なら

「地球生命体細胞群の宇宙への進出による存続~永続を可能にする為」で

「其の人類としての仕事を十分にこなせない状態のままの人類なら、

地球生命体細胞群は人類以外の新たな種を生み出す必然性に迫られる事に成る」。

「宇宙に進出し、存続~永続して行く為」には

「物質文明側だけを急激に進歩・進化させたダケではダメ!」で

「進歩・進化させる事が出来続けて来ている物質文明側の製品等を自虐使用しないで済む状態を構築し続ける為に必要に成る

精神文化側の進歩・進化を行い続ける必要がある事に成る」。

「人間社会・経済システム等とは人類の精神文化製品の一つに他ならず、

其の製造~実用には、多くの個々の人間たちの精神構造に基づく集団的合意の形成が強く関わっていて、

多くの個々の人間たちの精神構造自体の進歩・進化も

人類の精神文化側の極めて重要な進歩・進化の一つに他ならない」。

「人類の歴史は、戦争の歴史とも言われている」が

「其の戦争の歴史の実体」とは

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い」に「成る」。

「何故、人類は、武力による命がけの比べっこを行い続けて来ていたのか?」を

「精神文化面から検証する」なら

「ベースに在るのが人間の殺欲動である事」等に「気づく事に成る」。

「生きている人間が存続して行く為」には、

「動物にしても、植物にしても、他の生物を殺し食する必要がある」ので

「食を確保する為には、殺欲動の想起が必需に成っている」のが「現実」だ。

「古の時代の多くの人類にとって、食の確保は非常に困難な場合も少なく無く、

食の確保の為に想起されている殺欲動が

本来なら食べる対象では無い、他の人類に対しても、他の人類を退けて自分たちの食を確保し続ける為に

殺人欲動として想起されがちに成ってしまっていた事」は

「想像に難く無い事に成る」。

「他の人類を殺す事により有利に食を確保する事に成功した人間集団」では

「他の人類を殺す精神文化が力を持ち易く、

多くの人間集団が其の様な精神文化の先で自らの存続を実現出来ていた」からこそ、

「人間集団同士が殺し合う、戦争の歴史が、必然的に生まれ、

其の勝者が優位な存続を図れて来たからそこ、

戦争の歴史が、連綿と続いてしまって来ていた」のが

「精神文化面から見た人類史の一面でもある」。

「ここで、殺欲動の元が、食の為である事に気づく」なら

「人間同士の共食いが必需でも無い人類にとって、殺人欲動は不要なモノである事にも気づく事に成る」。

「人間の存続の為にも、殺欲動を無くす、殺す事は出来ない」が

「必要十分でバランスも良い食の確保を全ての人類が得る状態を構築し、

自らの精神構造や自己健常支配等について、必要十分な情報・教育・理解・把握・知識等を得る状態も構築する」なら

「殺欲動は在っても、殺人欲動が極めて薄い人間集団の実現が可能に成る」。

「其の為の物質文明側の必需品・技術等は、既に、必要十分レベル在るのが、今時の実状に成っている」のに

「未だに、精神文化側では、天動説・宗教レベル状態のまま・・・」なので

「先の大戦以降、戦争の代わりに、経済戦争による支配権/被支配権争いを続けている」のが

「現状の多くの人間たちの精神構造・精神文化側の実態」に「成っている」。

「人間が直接人間を殺す武力戦争とは違い、経済戦争では、直接の殺人等は少なく成っている」が

「経済圧殺による実質的、殺傷劇等は枚挙に暇が無く、広義の自分の実体把握も疎かなまま・・・なので、

人間以外の生物・資源・環境等の乱用・乱獲・破壊等々も、かなり酷い状態のまま・・・」だ。

「経済戦争を続けるなら負ける事に成るのが、人類である事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」が

「其れでも、未だに、自らの下への経済的利権収集等による保身等を考え・実行し続けている様相を露呈している」のが

「例えば、中国共産党等であり、其の為の後ろ盾としての軍備・武力等の増大・増強等にも、余念が無い実態も露呈している」が

「其の人類の負け戦」を「懸命に行えば行う程、多々色々な問題も生じ、人類圧殺方向の力が増して来てしまっている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「自由・民主化されているが故に、多々色々の選択肢からの選択も可能に成っている米国」では

「現状までの悪戯な、現状人間社会・経済システム等に基づいた世界標準化の負の側面や行き詰まり等に、

多くの有権者が気づかざるを得なく成り、大きな現状脱出欲動が生まれている」ので

「先ずは、保守的であるが故に判り易く、現状までとは別である事も判り易かった、トランプ政権が成立した」。

「其れに対抗しようと米国民主党政権では、トランプ政権の代わりを準備しようとしている」が

「何れの候補者にも十分な説得力が無い」のは

「現状人間社会・経済システム等が天動説・宗教レベルである実体さえもロクに告発等出来ていないから」だ。

「政治は、基本的に現状対策と成る」ので

「本来、其の精神文化面での進歩・進化に必要に成っている実務は、情報・教育界で行うべき事に成っている」が

「既に、行き詰まり感満載のハリウッド映画同様に、米国の多くの情報教育界でも、未だ、ブレークスル―が実現して、されて、いない」。

「旧態依然としたテレビ・ラジオ・映画・マスコミ・音楽・絵画等々の精神文化製品群の先で生み出され、育成され続けている、

個々の人間たちの精神構造が、

独裁政権下でのモノよりは、遥かにマシである事は、言うまでも無い事にしても、

今時の人類が激烈に必要を迫られているレベルには、未だ、未だ、達する事が出来ていない事等」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「日本の実状も、米国同様」なのだから

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今時としては、要でも無いレベルの反対、もしくは、審議拒否野党等の為の政治運動等を行っている、

古臭い、実害的な、常連出演者等は、早々に、排除し、

今時に必要な情報を配信出来る者たち等を、意識的かつ積極的に起用するべき」で

「其処の在るのが、実権者人脈等故の阻害なら、其の独裁政権支配の様な阻害も早々に排除されるべき事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス問題で大騒ぎ」と「再犯覚醒剤シンガーソングライター・曲等の大宣伝」等状態だが・・・。

『「当初から想定されていて当然に成る、新型コロナウィルスの日本国内感染実態の一部が明らかに成った」。

「死亡後に新型コロナウィルスの感染が判明した、肺炎による高齢日本国民日本国内女性の死亡」も「報道されている」。

「重症化率約1割~で感染力の強い、潜伏期間感染もある、新型コロナウィルスの最初の感染者が、

中国武漢で肺炎が重症化したが故にウィルス検査等も行ったが故に、新型コロナウィルスの感染が検知出来た者である可能性は、

極めて低い事」等は「科学的・合理的に考えるなら、極めて当然の事に成る」し

「昨今の世界レベルでの人間の移動の活発さの実態からも、

最初の感染検知者の前に、既に、例えば、日本国内等でも感染が拡がっていても、何の不思議も無い事」も

「科学的・合理的に考えるなら、極めて当たり前の事に成る」。

「ようやく一部テレビ番組等」でも、

「検査・封じ込め・隔離等の対策では無く、重症化してしまった人々に対する適切な治療等こそが大切である旨」等が

「喧伝される様にも成った」が

「未だに、徹底検査!とにかく検査!等を訴えているのが、

其のスジの企業等の株等で、お仲間等に儲けさせ、場合によっては自らも儲け、

其の利益を、例えば、新興宗教団体等を通して、北朝鮮等に送り、核・ミサイル等や工作等の資金にしようとしている、のかも知れないとも、

推定されてしまっても仕方の無い実態を露呈し続けて来ている、

一部常連出演者等の実態にも成っている様相が露呈している」。

「新型コロナウィルスが発病してしまった後の実態として、肺炎以外に、特に、注意すべき事」は

「強い倦怠感と食欲が無くなる事」と

「言える」のは、

「もし、新型コロナウィルスが、粛清用のウィルス工作兵器等だったなら、

ウィルスだけでの毒性は弱めにすると共に、

毒性を強める為の他の化学物質や細菌や他のウィルス等や工作電磁波の照射による身体衰退化・破壊等を組み合わせる事により、

不適応分子等だけを死亡に追いやる事」等が

「考えられるから」だ。

「中国国内ばかり・・・状態だった新型コロナウィルスによる死亡者が他の国の中でも少なからず出る事による、

独裁政権による粛清実態誤魔化しの為なら、

其の様なウィルスとは別のウィルスの毒性を高める為のモノの存在もある可能性が高く成る」から

「検査する」なら「其の辺りまで含めて検査するべき」等と

「感じたり、思ったり、している人間たちの数も、決して少なく無い筈」だ。

「其の様な疑念を、世界中の多くの人間たちに持たれない様にする為」にも

「中国は、早々に、政権交代による前政権の悪事等の暴露等も在り得る、民主化」を「行うべき」だ。

「また、新型コロナウィルス重症化・重篤化の実例が、中国内の病院内に集中している事」等からも、

「粛清工作等では無いのなら、新型ウィルス濃度が濃い状態の排除が非常に大切に成っている事」等も

「既に、明らかな状態に成っている」。

「此の意味からすれば、感染者をまとめる事等により、其の場所のウィルス濃度を高めてしまう事等は、

意識的、かつ積極的に割けるべき事に成る」。

「其の辺りの対応が真逆に成っているが故の、中国国内での死亡者数の多さ」なら

「其れは、中国共産党指導による、

封じ込め策や

特定の病院等に感染者を集合させる等の対策が

失敗である事を{告発}している事にも成る」。

「新型コロナウィルスの毒性や重症化率相応」に

「封じ込めを行わず、ウィルス感染者を集合させる事も行わなかった」なら

「軽い新型コロナウィルス感染で免疫を得た多くの人間たちによる新型コロナウィルス増数抑制状態が構築される事等により、

圧倒的に少ない被害で収束させる事が出来る可能性も、決して小さく無い筈」で

「日本政府・官僚等による大騒ぎを避ける策」も

「新型コロナウィルス、もしくは、新型コロナウィルスセット、が粛清工作用では無いのなら、良く効く事が、容易に推定出来る事に成る」。

「其れなのに、大騒ぎで、検査!検査!!等々とやり、日本政府・官僚等に劣悪イメージ等を付ける実質的、政治運動等を行っている」のが

「一部常連出演者等の実態」で

「其処には、明らかな違和感等を感じさせられている、視聴者等の数も多い筈」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ヤク再犯のシンガーソングライター・曲の大宣伝」は「本当に、酷い」。

「最初に覚せい剤等の{強毒}・反社会勢力/海外も含む反日人脈等経済肥しの具を実用してしまった時点」で

「表舞台から排除し続けていた」なら

「果たして、再犯があっただろうか・・・」。

「表舞台での仕事を行い続ける為の覚せい剤ドーピングの可能性も高い」のだから

「覚せい剤ドーピング曲かも知れない曲等を使ったり、宣伝等したりする事」も

「明らかに、不適切に成る」。

「お仲間だから・・・」と

「一端、売りに出し、有名人化し、相応の利権集中状態の上に立たせる事が出来た者等なら、

{強毒}ヤク使用等でも、反社会勢力との繋がりが判明等々しても、

使い続けたがり、其の者の下への利権集中状態を維持したがる」のが

「戦後日本の、其の様な実態は、明らかに、劣悪に成る、テレビ・ラジオ・マスコミ・ゲイノウ界等の、酷く劣悪な実態」で

「其の様な実態が変わらない裏に在る」のが

「北朝鮮のオトモダチ系や朝鮮系が与党状態のまま等の、実権者人脈等の問題と強く推定出来る」。

「其の様な体制の中で生み出されて来ていた大量のお金等の偏在の先で、

北朝鮮金政権等に対する{献金}等が行われ、

北朝鮮金政権等の下の、核・ミサイル等の開発~製造~配備や、他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を実践し続ける事等にも、

大いに役立ってしまって来ている可能性も決して小さく無い事」等が

「推定出来てしまう、北朝鮮金政権寄り・ご用達等の情報配信等の実態も露呈し続けて来ている」のだから、

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「覚せい剤ドーピング状態で生み出されている曲等なら、

多くの人間たちにとって違和感が在っても当然に成り、

人間は、

自らの防衛本能からも、違和感のあるモノには興味を持ち、

其れが、直接有害では無いモノなら、新たな有害では無い、場合によっては有益なモノ等として歓迎さえし易い」のだから、

「ドーピングや、

まるでスポーツ競技でのフライングやショートカットの様な、特定極一部の者たちばかり・・・の押し売り等による、

ズル集金等の実質的、悪事を避け、排除する為」にも、

「ドーピング等ズルの排除」は

「スポーツ界だけでは無く、ゲイノウ界等でも当然の事で無ければ成らない」。

「此の辺りの、今時の人間社会に必要な当たり前の精神文化等の構築に有益になる情報配信等を行わず、

旧態依然とした、{お仲間}有名人化による利権収集等を続けたがっている様相を露呈している」のが

「現状の多くのテレビ番組・常連出演者等の実態」で

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「覚せい剤ドーピングは、滅多に無い才能等では、断じて無い」。

「行ってはいけない悪事」に「他ならない」。

「悪事を行った者を、公共の電波上で、分不相応に庇ったり、賛美等したりする、のは、本当に、酷く、其れも悪事に他ならない事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そんな悪事を行い続けて来ている常連出演者等なら、意識的かつ積極的に、公共の電波上から排除等すべきである事」等は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪犯等が国で大きな権力・財力等を保持出来てしまっているが故に、

自己正当化の為に、更なる悪事を繰り返し、積み重ねて来ている実態を露呈している、

戦後朝鮮半島内と同様の状態」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・ゲイノウ界や学校教育界等でも、露呈している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス問題等をダシにして不安等を煽り、現政権・日本社会等に悪イメージを付ける政治運動」状態だが・・・。

『「感染力は強くても、重症化率約1割で、死者のほとんど全てが、粛清等があっても何の不思議も無い、独裁政権、中国共産党支配下の中国内」なのに、

「其れ以外のところでも、感染検知を理由にした、過剰な程の隔離・閉鎖策等が行われている」のが

「新型コロナウィルスが基に成っている実態」だ。

「インフルエンザで隔離・閉鎖策等が採られているのか?」を「考える」なら、

「現状の過剰策ぶり等の実態は、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事に成る」が

「大騒ぎ抜き」なら

「圧倒的に気に成る事」は

「中国共産党支配下の中国内に集中している新型コロナウィルス感染故とされている死者の数」等に「成る」。

「逆から言う」なら

「其の様な実体から、多くの人間たちの興味を逸らす為」には

「過剰な程の大騒ぎ等こそが合理的に成る」。

「日本で公共の電波を使ったり、公共レベルのマスコミ等上で、過剰な大騒ぎをしている」のが

「中国共産党等とも近しい、北朝鮮労働党のオトモダチや朝鮮系の者たち等」や

「中国共産党と同居しているとも言われている朝日新聞系等だったりしていて、

同様に、現政権に対する悪イメージ付けも得意である事」等からも、

「過剰な程の大騒ぎの裏に在ると強く推定出来る、特定極一部の権力者等の意志や策略等の実態」等にも

「気づいたり、思いが至ったり、する視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「そもそもが、重症化率約一割では、最初に検知された感染者が唯一無二の感染者であった可能性は極めて低く、

潜伏期間中でも感染を広げる事が出来てしまう、感染力の強い新型コロナウィルスの実態や、

昨今の世界レベルでの人間の移動の多さ」等からも

「中国武漢地域等との人的交流の多いところでは、最初の感染者が発覚する前に、既に、新型コロナウィルスによる感染が起こっていても、

何の不思議も無い事に成る」。

「其の多くが重症化しなかったから、感染検知に至っていなかったダケ」で

「綿密に調べるなら、かなりの数の感染者が既に、世界中に居ても、何の不思議も無い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国内以外での死亡率が極めて低い実態」からも、

「採るべき対応」が

「重症化してしまった人々への適切な治療等に成る事」は

「既に、明らか」で

「其れは、インフルエンザ等と同様の事に他ならない」。

「インフルエンザの感染者を検知する為の検査を症状が出ていない人にまで拡げて積極的に行うか?」等を

「考える」なら

「何でも、徹底的に検査論からも、{策略}等の臭いが漂って来る事に成る」。

「何でも検査やマスク騒動の裏では、其れを基にした金権利権増大の為の策略等が動いていて当然」で

「其の様な手段での集金によるお金」も

「北朝鮮金政権等や其の下の日本国内にも在る工作組織等にも流れる可能性が大きく成る事」等は

「騒いでいる人脈」等から「考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「豪華クルーズ船に権益に入った検疫官が感染した」とも「騒いでいる」が

「其の者の感染が、船の中なのか、船から降りた、通勤等移動の中なのか、検疫で使ったマスク・手袋等の扱いが悪かったからか、等々も、

はっきりしていない」が

「該当クルーズ船内での感染率が高い事」や

「当初に飛行機で日本に戻り、

東京通勤圏とは言い難く、中国人観光客等も大量に訪れている様相でも無い、勝浦のホテルで{隔離}されていた方々の解放」からも、

「其の情報を見聞きした、

多くの視聴者等の中では、

船の中での感染なんじゃないの・・・等の思いや感を抱かされる状態に導かれ易く成っている事」は「想像に難く無い」が、

「感染力が強く、中国該当地域との交流が激しいところ等では、既に重症化していない感染者が数多く居ても何の不思議も無い」のが

「新型コロナウィルス感染問題の実態に成る事」等は

「決して、忘れるべきでは無い事に成る」のに

「其の旨の告知等は十分にしない」のが

「中国共産党や北朝鮮の手下・お仲間・協力者等なんじゃないの・・・」等の

「実態を露呈し続けて来ている、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師・教授等の実態」だ。

「視聴者・読者・生徒等が、自己防衛や社会防衛等の為にも、必要に成っている能力・資質」は

「何処かの手下・お仲間・協力者等かも知れない者たち等の言う事や教え等を鵜呑みにして覚える事では断じて無く、

者・物・事等の実体を把握し、実体や事実・現実通り原寸大での対応が出来る様に成る事」に「他ならない」が、

「未だに、其の為に有益になる情報配信・教育等では無く、

情報配信・教育等を行っている者たち等や其の裏に居る者たち等の都合で、多くの視聴者・読者・生徒等を操る為に有益に成る

情報配信・教育等を行い続けている実態が露呈している」のだから

「其の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「反対野党等のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が反対野党等共々、

どんなに現政府・与党等に悪イメージを付けても、

現政府与党より良い日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策等を十分に訴える事さえも満足に出来ていない、

野党等側の支持者等が増え無いのは、極めて、当たり前の事に他ならず、

其れ故に、選挙のある政界では、反対野党側は少数化している」が

「選挙も無いから実権者等人脈の交代さえも不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

未だに、旧社会党系や朝鮮系等が与党状態のまま・・・」だ。

「日本社会の民意を十分に反映させた是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「毒性の弱いウィルス等でも大騒動を起こせてしまい、過剰な検査等による過剰な負担を日本国・国民等にもたらす事が出来てしまう」なら

「筆者の周囲にも多々ある、数多くの迷惑工作物質・手段等でも、其れを検知させ、大騒動化するなら、日本国・多くの日本国民に、

本来なら不要な過剰な負担等をもたらす事が出来てしまうと共に、

其の元である工作組織等の摘発も圧倒的に不十分と成れば、

何度でも、同様の手段で、日本国・多くの日本国民等を劣化・悪化等させる事が出来てしまう事に成る」。

「在日の母を持つ独裁者であるが故に日本の乗っ取り支配も必需に成っている北朝鮮金正恩等」は

「戦争等の手段では、アッと言う間に負けに成る」が

「工作組織・工作活動の十分な摘発等無き国々の中で、非人道的で陰険なスパイ・工作活動等を連綿と行い続ける事等により、

日本の乗っ取り支配等の不当で不健常な事さえも、実現可能にする事が出来てしまう等と信じたり、考え・思えてしまう事に成ってしまう、

実態が其処に露呈している事に成る」。

「拉致問題解決の為」にも

「日本国内に在る北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作活動組織集団や其の協力者等の徹底摘発等が合理的に成る」のだから

「日本国・多くの日本国民の為の政府・与党等なら、

例え、北朝鮮等との間の国際問題に成ろうと、

例え、どんなに摘発しなければ成らない者たち等の数が多くても、

此の多くの日本国民を北朝鮮金政権等による非人道的なスパイ・工作活動等から解放すると共に拉致問題を解決する為に

必需に成っている大仕事を意識的かつ積極的に行わなければいけない事に成る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、

其の大仕事に対しての協力に成る情報配信・教育等を意識的かつ積極的に行っていて当然に成る」が

「現状まで・・・は、むしろ、北朝鮮金政権等の為の情報配信・教育等が主に成っている実態さえもが露呈している状態に成ってしまって来ている」のだから、

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「テレ朝等では未だ続いている、新型コロナウィルス大騒ぎ」と「韓国格差社会映画、外国語映画アカデミー作品賞の大賛美」等・・・。

『「新型コロナウィルスの実態」として「感染力は強く潜伏期間感染もあるが、重症化率は約一割で、死者のほとんどが中国共産党支配下の中国内である事」等が、

「既に、判明している」。

「其の実態から強く推定出来る事」として

「最初に新型コロナウィルスの感染が判明した重症化した者が、唯一無二の最初の感染者である可能性は、非常に低い事」が

「在る」。

「最初の感染者が判る前に、重症化していない感染者が既に、新型コロナウィルスを拡げていた可能性が高く、

昨今の世界レベルでの人間の移動実態からも、

例えば、日本国内にも、既に、最初の感染者判明前から、新型コロナウィルスが持ち込まれ、

既に、其の感染者も少なからず居た可能性が決して小さく無い事」等も

「容易に推定出来る」。

「此の様な実態上で、避けるべき事」は

「中国共産党支配下の中国での対応の如く、

毒性が其れ程激烈でも無く、重症化率も低いのに、

感染拡大を防止する事等に過剰なまでに拘った閉鎖・隔離政策等を行う事等により、

免疫学的弱者が感染により重症化してしまった場合の治療場所や機会を塞ぐ事等に成る」。

「毒性や重症化率相応の対応が求められている」のに

「まるで、××潔癖症の如く、過剰な程の感染調査や隔離策等を求める世論等を喚起する事」等が

「好ましい事で在る訳も無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「其れなのに、未だに、テレ朝等では、

中国共産党による対応こそが正答に成る等のイメージを多くの視聴者等に持たせる為に!か、

過剰な程の検査を強く求め、潔癖症的感覚等を煽る、内実のある情報配信を続けている」。

「テレビ局や番組制作等の実権者等や常連出演者等の人脈の実体」が

「其処にも露呈している」等と「感じたり、思ったり、している視聴者の数も多い筈」だ。

「日本の公共の電波使用の仕事等として適切な実態にする為」にも、

「ニュース報道等では、何事でも、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を基本にする是正等が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「既に、行き詰まり感さえも漂って来ている、米国アカデミー賞」で

「韓国の格差を題材にした映画が、外国語作品賞を取った!」等と

「大賛美して、身に行け!身に行くべき!等々を騒いでいる」のが

「旧社会党系や朝鮮系等がず~と与党状態にある実態を露呈している戦後日本のテレビ界の常連出演者等の実態」だが

「韓国の格差社会の正体の告発くらいするべき」等と

「感じたり、思ったりした視聴者の数も多かったのではないだろうか」・・・。

「そもそも、戦後の朝鮮半島内の国々は、

韓国にしても、北朝鮮にしても、

先の大戦後、二国間の国家間契約だった日韓併合の解消を正当な手段で行わず、

日本の敗戦につけ込んだ、日本による侵略~植民地支配詐欺の先で、

朝鮮半島内の日本人の立場・資産・財産等々を、火事場泥棒的に強奪する事により、始められている」のが

「現実」だ。

「より多くの日本人の資産・財産等やより大きな立場等を強奪した者たち等が、戦後の韓国内では強奪の途端に裕福に成った」し

「韓国内より工場資産等が遥かに多かった北朝鮮の場合は、独裁政権が其の全てを強奪した状態に成った」。

「韓国の場合は、元々が、日本の敗戦につけ込んだ火事場強奪者等が裕福に成っている」のだから

「同じ韓国国民に対して、人間として当然の対応等が十分に出来る訳も無く、

自己正当化の為には、過剰な格差や金権支配こそが合理的に成る」。

「必然的に、格差状態が維持~増大する事に成ったばかりか、

其処からの脱出法として、反日である事や、実体の無い学歴担保等の{インチキ宗教}まで布教し続けて来ている」から

「ヘル(地獄)韓国状態に成ってしまって来ている」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「{インチキ宗教」の先で、更なる反日・日本からの強奪等を企み実行したら、困窮状態に陥る事に成ってしまった」のも

「ある意味、当然の現象」で

「そうなると、反日種族主義や今回の格差社会映画等々、

自らの恥の部分までをも売る事により、其れを売った者たち等は裕福に成れる様にする」のも

「火事場強奪・詐欺・格差金権による自己正当化精神文化が蔓延るが故の現象の一つに成る」。

「見世物として、傍から見るなら、反日種族主義でも、格差社会映画でも、異物感満載でオモシロく、

行き詰まり感さえも漂って来ている、米国アカデミー賞で、外国語映画作品賞を得た」のも

「まるで、戦前のエロ・グロ・ナンセンスの世界的で、昨今の人類滅亡の声が次第に大きく成って来ている人間社会の中では、

ある意味、当然の現象に成るのかも知れない」。

「独裁政権が全てを強奪した状態の北朝鮮が世界中からダメ出しを喰らっている」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「この手の流れの方向を変える為に必要に成っている事」は

「他の記事に、何度も、何度も、記して来ている」が

「現状利権に溺れ、縋っている者たち等は、未だに、人類滅亡方向に力を加え続けている」のだから、

「本当に、呆れるばかり・・・」だ。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「感染症問題」等について常連出演者等がご都合論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「新型コロナウィルス問題について」は「ようやく、其の毒性がそれ程強く無い事等からの原寸大での対応等」も

「喧伝し始めた」が

「感染症問題」では

「未だに、人類とウィルス・細菌等の戦い」での「人類の勝利」や

「人間社会問題等を訴えると共に実質的、政治運動等状態だった」ので

「本当に、呆れた」。

「丸ごと一人レベルだけを偏重した死生観・人生観の持ち主等による、ご都合論等を

公共の電波を使って大々的に情報配信等し続けていたところで、

ロクな実効が出る訳も無い事」等は、

「もはや、言うまでも無いレベルの話しに成る」が

「サンデーモーニングの後時間枠のフジでも、丸ごと一人レベルだけを返照した死生観等を基にした

もはや、劣悪で醜悪レベルの人生観論等が喧伝されていた」が

「そんな事の積み重ねによる悪の実効に思いが至る」なら

「多くの視聴者等の頭の中でも、現状の常連出演者等やテレビ番組等による劣悪情報配信の罪が良く判る事に成る筈」だ。

「其の悪の実効からすれば、厳罰が与えられても当然に成るレベルの実態が其処に在る事に成る」』。

『「公共の電波を使った、旧社会党系や朝鮮系の為の政治運動」が「未だに、横行出来てしまっている」のは

「{政権交代}が無いから」で

「{政権交代}が在る政界」で「注意すべき事に成る」のは

「其の政権が長く続くか?否か?等では無く、

其の政権が行っている政策や政治等が、日本の政権なら日本国・多くの日本国民の為に成っているか?否か?」に

「他ならない」が

「政権が長く続いている事や、政権に権力が集中されている様相・イメージ等を問題化したがり、

政権交代の必要性等を訴え続けている」のが

「現状で政権側に居る事が出来ていない政党・政治家等や其のお仲間テレビ・マスコミ等の実態に成る」。

「何故、政権側に居る事が出来ていないのか?」の「原因」が

「現政権より良い日本国・多くの日本国民の為に成る政策や政治等を実行する事や訴える事等が出来ないからである実態も露呈している」から

「其の、政権を得る為に必要に成っている正道上での訴えの代わり」に

「現政権の状態や上辺等の問題化や、

粗探し、言葉狩り、態度狩り等々による悪イメージ付け等の

邪道的手段の先での政権交代等を具現化させよう・・・等と、

公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等々までをも{悪用}し続けて来ている実態を露呈している」のが

「{政権交代」の無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実質的、与党側に居続けている者たち等の

酷く、劣悪な実態に成る」。

「丸ごと一人レベルだけを偏重している死生観・人生観上」で

「狭義の自分下への利権等の収集を目的とした人生を歩み続けている実態も露呈している者たち等」は

「其の実質的、悪態の正当化まで、公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等までも使って、行ない続けよう等として来ている実態も露呈している」。

「其の悪の影響を受け続けさせられて来ている、多くの視聴者・読者・生徒等が、

時に、劣悪な行動実態等を露呈する」のも「極めて当然の現象に成る」。

「{政権交代の無い}テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」には「{政権交代}を!」

「丸ごと一人レベルだけを偏重している死生観・人生観等はいい加減に卒業し、させ、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った上に必然的に出現する今時に相応しい死生観・人生観等を!」

「今、行うべき、精神文化側の健常進歩・正常進化が其処に在る」』。

『「感染症問題」とは

「人口の増加や多くの人間たちの生活実態と深い関係のある問題に他ならない」が

「其れは、人類も含む地球生命体細胞群が宇宙に本格進出する際には、

放射線問題共々クリアーが必需に成っている問題でもある」。

「問題解決の為に必要に成っている事」が「実体把握と必要原寸大対応である事」は

「どちらも同じ」で

「其の実体と原寸大のベースに成る、人間たちの集合生活実態をより適合性が高いモノにする事」も

「問題解決の為の重要な実効のある手段に成っている」が

「現状では、人類の精神文化・精神構造側」が「未だ、天動説状態の宗教レベル」なので

「現状人間社会・経済システム等に過剰なまでに依存している、現状人間社会・経済システム教の信者たち等」が

「其の依存状態をそのままに、噴出して来ている問題ダケに対する対処を行おうとし続けている」から

「本当に必要に成っているレベルでの問題解決が出来ない状態に陥ってしまっている」。

「此の様な状態から、多くの人間たちが解放される為」には

「先ずは、人類誰もが自分の実体や其の実体の根本的目的を必要十分に理解・把握し、

其の先で、実体や事実・現実との整合性が高い死生観・人生観等を持ち、其れを実用する事」が「必要に成る」。

「今、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している」。

「誕生・死とは細胞レベルの実現象に他ならず、死自体も今、この瞬間にも誰もが実体験しているのが現実」だ。

「ところが、人間の意識は、細胞ごとでは無く、丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる上に、

細胞レベルで起こっている誕生・死・破壊・排除・修復等々の実現象から生じている刺激の中のどれか一つだけを実用したがる」ので

「丸ごと一人レベルでの誕生・死や善・悪・愛・憎や他の者・物・事等との闘い等々と其れを基にした死生観・人生観等を具現化し、

其れを実用がちに成る」。

「其の現実離れ故の悪現象が、例えば、人類の戦争の歴史であり、例えば、丸ごと一人レベル愛憎等だけを偏重した事件等に成っている」のが

「現実」だ。

「根本的に、実体や事実・現実等を十分理解・把握し、其れを実用していないが故の、自虐状態が其処に露呈している」。

「細胞レベルでの実態把握と其の実用が十分に出来ている」なら

「ウィルス・細菌等の感染症問題でも、其の毒性や有害性等に基づいた現実として自虐度がより低く成る対処等も、

当たり前に、考え・思い付く事に成り、其れが良い!等と感じる事も容易に成る」。

「今回の新型コロナウィルスの様に、毒性がそれ程激烈では無いモノの場合」には

「過剰な検査・隔離等を行う事より、免疫学的弱者の保護を十分に行う事の方が合理的に成る」が

「未だに、其の様な状態には行き着かず、過剰な程の検査・隔離等々を望む、

まるで、丸ごと一人の幽霊等を恐れているかの如き状態の人間たちの数が、未だに、多く、

テレビ・マスコミ等でも、其の方向ばかり・・・を煽っていた状態が続いていた」。

「ようやく、感染する事より毒性や有害性こそが問題であり、今回の新型コロナウィルスの場合は、毒性がそれ程激烈では無い事等も

公共の電波上でも喧伝等される様には成った」が

「既に、隔離状態に置かれてしまっている方々の解放は未だ・・・」だ。

「解放されても積極的に他の人間たちに、特に免疫学的弱者に、感染させる様な行動等を起こさなければ、

実質的には、大きな問題が起きる訳も無い人間たち等を隔離状態に置き続ける事で、

隔離状態に置き続ける事による悪の実効が出てしまった」なら

「いったい、何処の誰が責任追及される事に成るのか?」

「此処でも、政治運動の具にしようとする事等が容易に推定出来る」のが

「{政権交代}の無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界の多くの者たち等に成る」が

「果たして」・・・』。

『「フジでも、寿命が決められている動物を基にした漫画をダシ」に

「丸ごと一人レベルだけを偏重した死生観・人生観の上での論」等を

「常連出演者等が公共の電波上で喧伝等していた」が

「其の実態は、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る実態の様相」でもあった。

「死ぬまでに、後、何台車に乗り換えられるのか?」等々を「恥じらいも無く、語る者たち等」からも

「現実離れしている丸ごと一人レベルだけを偏重している死生観・人生観等の愚かさ等は良く判る」が

「寿命が決まっているなら・・・と、出来る限りの贅沢自慰生活等を追い求める人間集団の故の悪現象が、

世界中で露呈している昨今、未だに、コレでは、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「言うまでも無く、誕生・死とは細胞レベルの実現象に他ならないから、

丸ごと一人レベルでの寿命等を考える前に、

死を実体験している事と其れが細胞レベルである事と細胞レベルの命の連続性等を十分に理解・把握する事」が

「重要に成る」。

「生きている人間なら、今、この瞬間にも死を実体験しているのが現実であり、

細胞レベルの命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっているのが現実なのだから、

タッタ何十兆かの細胞群を過剰な程の物質文明製品や精神文化製品等により慰める事よりも、

何十兆かの細胞群を健常にコントロールし続けると共に、

広義の自分でもある地球生命体細胞群の存続~永続への貢献を行う事で

自己承認欲求の本来欲求も充足する、快適な人生を送り続ける事の方が

遥かに重要に成る事に成る」。

「今、この瞬間にも死を実体験しているのだから、何時死ぬのか?を考え・思っても、仕方無い」が

「狭義の自分を過剰に慰める為に、他の生命体細胞群や地球環境等々に過剰な負担を強い続けるなら、

広義の自分の存続~永続も危うく成ってしまい、広義の自分が存続不可能に成ってしまう事こそが、忌み、避けるべき死に成る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「同時に、狭義の自分も広義の自分も快適に存続させようとするなら、世界平和が当たり前に成り、

地球環境危機問題の解決も当たり前に成るが、

狭義の自分の下へ過剰な程の利権等を収集する事による大量消費自慰等は当たり前に割けるべき事に成る」。

「多くの人間たちが丸ごと一人レベルだけを偏重した現実離れの激しい死生観・人生観から解放され、

より現実との整合性が高い死生観・人生観を持つ様に成るなら、

過剰で不当な金銭・環境等々の格差の是正も当たり前に成る」。

「逆から言うなら、大量消費自慰等を続ける為には、現実との整合性が高い死生観・人生観等は圧殺・黙殺し続ける必要がある事に成る」。

「現状の多くのテレビ常連出演者等、

過剰な有名人利権や出演料等々の狭義の自分個体に大量消費自慰状態をもたらす為には必要に成るモノを得続けよう・・・としている者たち等」の

「実体」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき存在が其処に露呈している」。

「そうでは無い!」等と

「言うなら、現実との整合性が高い死生観・人生観等を多くの視聴者等が持つ為に有益に成る情報配信くらい行うべき」だ。

「其れは、今回ダシにされた漫画等を描いている者等でも、全く同じ話しに成る」。

「テレビ番組・漫画・小説・音楽・ゲーム・映画・アニメ・絵画等々の人類の精神文化製品群を

物質文明側同等レベル以上の産業革命状態により、一気に健常進歩・正常進化させてこそ、

人類誰もの広義の自分の存続~永続も可能に成り、

其の今時必要に成っている人類の一大事業を行わないなら、漏れなく人類滅亡がやって来る事に成る」のだから、

「現状で、既に、優位な立場等を保持出来ている者たち等が、既に、実質的に与えられている、責任等は、本当に重大に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「ご用達結論付き、池袋の酷い事故の裁判が始まる情報」や「新型コロナウィルス大騒動」等を主にした公共の電波を使った一方的大量配信状態だが・・・。

『「池袋の暴走事故の原因の一つとして、工作電磁波も推定出来る」のは「筆者の実用車にも、道路上で出合う他の車の一部にも、仕込まれているから」で

「其の実態」は

「車の運転者に対する運転妨害等を狙っている場合」は

「ETC機器」や

「エアバック関連電子回路」や

「ホーン関連電子回路」や

「シートヒーター」や

「動力関連電子制御」等の部分の

「電子回路内に、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、フラクタル図形を描く様な方法により経時変化によりより疑似高周波化する、

イコライザー調整等により共振点を変える事により、

直進性のある電磁波が飛び出してくる場所や方向を調整出来る、

複数和音的ドット波・パルス波工作電磁波を発生させるソフトやハードを仕込む手段が実用されていて、

其の仕込み手段として、

リレーアタックによる侵入や、

車の下等、開錠しなくても接触可能になる電子回路のリード線等からの仕込みや、

イコライザー調整等の場合は、其れを可能にしているスマホ等からの、

無線通信による仕込み」等の「実態」が

「判明している」。

「此処で注意すべき事」は

「元々が、音と同様のドット・パルスの盾波で経時変化のあるモノであるが故に、

周波数等に依存した特定は困難に成っている事」と

「電子側・ホール側の両方悪用故に、電界メーター等での検知上では実態より酷く低めに検知され易く成っている事」と

「エアバック関連の電子回路に仕込まれていた場合」は

「エアバックの実用により仕込み自体が破壊や消失状態に成ってしまう可能性も高い事」等に「成る」。

「他の車からターゲットの運転者等に対して当たる様にしている工作電磁波の場合」は

「其の音的適性から、ホーンやバック時の警告ブザー等の部分から、直進性のある工作電磁波を発生させている場合が多い事」で

「外方向への発生の場合は、工作電磁波を発生させている運転者等への影響は少ない事が推定出来る事」だ。

「また、電力力量を増大させる為に、車の発電機が利用されている実態もあり、

其れが故に、

エンジンが高回転に成り、発電量も多く成る、高速道路走行中の工作電磁波の力量が一般道上より大幅に強化されている実態も

既に、露呈していて、高速道路上では、其れこそ百メートル以上も離れていても、前後の車等からの工作電磁波による悪影響が出る事も稀では無い」。

「高速道路上での事故の原因の一つにも確実に成っている可能性が非常に高い」のが「工作電磁波の実態」だ。

「更に、問題と成る」のは

「車のディーラー等に相談しても、解らない、調べられない、感覚のせいでは?等の、{無かった事に工作}状態が在る事」で

「其の実態は、拉致は無い事に、在っても大した事では無い事に!工作と同様で、

同種の人脈の者等がディーラー等の実権者等である実態も露呈させている」。

「メーカーが調査Okでも、ディーラー会社の実権者等が拒否という実態も在る」のだから、

「道路上で出会う決して少なく無い工作電磁波発生車の数等の実態からしても、集団的工作である実態が露呈している事に成る」。

「集団的工作の場合は、例えば、警察等の中に其のお仲間が居るなら、工作に対する隠蔽工作等を行っているのが通常に成り、

其の実態は、調査を拒否し無かった事にする車のディーラーの実権者等と同様だったり、

もっと直接的に、工作により工作の痕跡等を抹消する現場の者等の存在に成っているのかも知れない」。

「この意味からも、拉致は無かった事に、重大では無い事に!人脈の者たち等には強い注意が必要に成る」が

「善悪差別抜きの差別論が大得意な者たち等により、何でも差別に成ってしまっていはいけないから・・・と

工作員まで起用してしまっているかも知れない、企業・組織等では、

其の様な工作を行ってしまう者たち等をちゃんと別にする事さえも、十分に出来ていない可能性がある」。

「其の辺りの実状も十二分に考慮した上」で

「池袋の酷い事故の実態を探究する」なら

「運転者当人の落ち着いていても暴走是正の行動が取れなかった実態の裏に、何が在ったのか?」は

「多くの人間たちの頭の中で、其れこそ、直にでも解る事に成る」。

「其れでも、未だに、

アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いや、

パニック状態故や、

高齢故等々の、

工作電磁波の存在を無い事にし続ける為の、{考え・思いの上での納得法}をまるで宗教等の教えの如く、

公共の電波上でも、裁判上での結論等が出されてもいない内から、一方的に大喧伝等している」のが

「かつては、拉致は無い事に!在っても大した事では無い事に!が得意だった人脈の流れの先に

選挙も無いから実権者人脈等の交代も無いが故に、在り続けている、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多くの実態」に「成る」。

「まるで、中国共産党等の指導者等の教えの様な事」が「本当の事なのか?」等は、

「多くの視聴者・読者等が大いに疑いを持っていて当然の事に成る」。

「この様な状態を是正する、させる為にも、

政界の選挙同様の、

公共の電波使用や公共レベルの仕事を行っているところの実権者人脈を、民意を反映させて交代等させる仕組み等を、

自らつくり出す自浄や、

強制的に行わせる是正等の措置が必要に成っている事」は「もはや、明らかな事に成る」。

「該当事故の運転者の一部証言から判る事として、ブレーキペダルとステアリングシャフトの踏み違いの可能性も出て来る」が

「ステアリングシャフトをどんなに踏んでも加速はしない」から

「其の様な実態は無かったと強く推定出来る」けど、

「筆者自身も、バイトに使わせられた車のペダル位置・角度とステアリングシャフトとイスと筆者の身体とが合わずに、

ブレーキを踏んだつもりが、ステアリングシャフトを踏んでいた実体験もある」。

「どんなに踏んでも減速しないので焦ったが、

それ程、速度が高く無かったので、直に、原則の為にサイドブレーキを引き減速させ、

次に、踏んでも動かない事に気づき、踏み違いに気付き、事無きを得た」が

「国産車、特に、小さめな車のペダル配置や角度とイスの関係が悪い」のは

「直にでも直して欲しい事の一つに他ならず、マツダ等は既に是正している」のだから

「他のメーカーの追従に大いに期待している」。

「今更、ペダル配置や角度の悪い、ヤリスやフィットでは売れない」等と思うから、

「きっと、マツダ2よりも更に良い、ペダル配置・角度・イス運転者との関係に成っているのだろう・・・」等と

「期待している」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「工作電磁波対策も充実している」なら

「実用燃費や安全装備やコントロールのし易さや乗り心地や音の問題等々が良く成っていない訳も無い・・・」ので

「買い替えの動機にも成り得るのだが」・・・。

「安全装備やセキュリティや其の一部とでも言うべき工作電磁波対策が甘いなら、

今時の新車として不合格!」等と「感じたり、思ったりしている人間たちの数も多い筈だ」』。

『「新型コロナウィルス問題で、特に深刻な事」は

「中国国内での死亡者数の多さ」に「他ならない」。

「医療体制の不備故」なら

「人間の命を助ける為」に

「其れこそ、世界中で助けるべき、中国共産党が世界に助けを求めるべき事に他ならない」が

「独裁政権の場合は、悪い意味での唯我独尊状態で、

中国共産党指導部等の有益分子では無い人間の命は重要では無い!ばかりか、

不適応分子が其れ故に死亡するならむしろ粛清の手間が省ける!状態等と

容易に推定出来てしまう」ので

「例えば、中国共産党より早く、今回の新型ウィルスの存在を発表した30代の医師が死亡した・・・等のニュースを知る」と

「其れって、粛清故なんじゃないの・・・」等の「強い疑いが容易に想起させられてしまう事に成る」。

「この様な世界中の多くの人間たちの中で当然の如く起きている、中国にとっての負の現象を避ける為」にも、

「中国は早々に民主化に舵を切るべき」だ。

「問題にされている中国人・アジア人差別にしても、

中国共産党支配下の中国人状態では無く、

自由・民主主義圏の世界に助けを求められている中国の中国人状態だったなら、

其の差別の度合いもかなり下がっていた筈」で

「むしろ、何処かの組織や誰かの支配物では無い、同じ人類を助けるのは当たり前!等の

差別とは全く反対方向の風潮さえ起こっていた可能性も高い」。

「何処かの組織や誰かの支配物で迷惑で非人道的なスパイ・工作活動等を行わされている、行っている者たち等」なら

「ウィルス感染の有無等は問わず、根本的善悪からして、差別されるのが当然に成る」。

「何処かの組織や誰かが、核武装や非人道的なスパイ・工作活動等を行わなくても、行わせなくても、存続可能な程、普通に優良状態なら、

独裁である必要など全く無い事に成るから、早々の民主化により指導者等の人気等も更にアップと成るのだから、

民主化しない方が異常に成る」。

「過去に極悪事を行い続けて来ているが故に、民主化して政権交代すると、其ればバレて困る!」なら

「潔く、其の罪と罰を受け入れるべき」で

「そうしなければ、人類世界自体の維持等が危うく成ってしまう事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「何れにしても、日本の中の独裁政権等の手下・お仲間・協力者等々共々、早急な是正が必需に成っている事」は

「地球環境危機の実態からも、もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「善悪の彼岸と丸ごと一人殺傷ドラマ等の罪」と「新型コロナウィルス豪華クルーズ船騒動の裏」・・・。

『「昨夜のテレ朝ドラマ」では「善悪の彼岸」等と「やっていた」が「其の実態」は

「老化に伴う脳機能の衰退時に残されていた脳の記憶・能力と其れを実用した犯人の行動等」が

「罪の意識無き正義のつもりの殺人を繰り返す」という

「該当犯人にとっては善のつもりでも、実態としては悪に成ってしまっている行動実態の状態の事」等を

「示唆していたダケ・・・」だった。

「其処で描かれていた事」の「実体」は

「善悪の彼岸と上辺の言葉上では、如何にも、優等生的表現を用いている、

現状までの情報・教育状態のままなら、

当然の如く、老化等による脳機能等衰退時に起こされてしまう可能性がある実態に対する、

現状の情報・教育等の問題を抜きにする事による、ある種の正当化、或いは、諦め誘い」で

「其の実態は、正に、酷く、劣悪で醜悪だった」が

「元々の該当ドラマの仕立ての中では、時代劇の刀使用殺人等の如く、ある意味、仕方の無い実態にも成る事にも成る」が

「地球環境危機の酷さ等や現状人間社会・経済システム等の行き詰まり等を多くの視聴者等も十二分に実感している現状」で

「コレでは・・・、早急に別の仕立てでも良いから、

もっと、人間の本質に迫った、

丸ごと一人の死生観・人生観レベルから卒業出来ている、

細胞レベルの誕生・死等の現実を実用した作品も意識的、かつ積極的に配信するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そもそも、該当ドラマの内容の様な、脳機能の衰退により、自虐的な善悪感等を抱かされてしまう状態」は

「何故、創り出されてしまうのか?!」

「人間は世界中の何処の誰でも、脳が覚えている、覚えさせられている事と自らの欲動(意識の有無は問わない)をベースに

実行動を起こして、起こさせられて、いる」から、

「覚えている事、覚えさせられている事」が

「丸ごと一人の死生観・人生観に基づく短絡的な丸ごと一人の殺傷・逮捕・罪と罰を与える、等々だけ」なら

「必然的に、其れと、欲動(意識の有無は問わない)のベースの上での行動実態等構築に成る事に成る」。

「其処で、老化等により脳機能等が衰退等する」なら

「行動実態も、残っている記憶部分等ダケを偏重したりする、歪なモノに成ってしまい、

歪な善悪の判断に基づいた、自覚さえも危うい、行動実態等の、

歪なモノに成ってしまう可能性も、決して、小さく無い」。

「其処に露呈している」のは

「善悪の彼岸等では、断じて無く、実体との整合性が低過ぎる、丸ごと一人の死生観・人生観・善悪感ダケを偏重使用する状態のままの

人間たちならが陥ってしまう可能性のある、

現実離れの激しい極めて自虐的な行動等に成る」。

「其の様な状態に陥る人間たちの数を減らず為に必要に成っている事」が

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観・善悪観・問題処理等からの卒業・解放」であり、

「実態としては、既に、科学レベルで判明している、

細胞レベルの誕生・死や其の命の連続性等の十分な理解・把握と

其れを十分に理解・把握するなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る、

こちらも科学レベルで判明している、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)の根本的目的目的である存続~永続から

ちゃんと整合性を取った先で必然的に理解・把握される事に成る、科学レベルでの整合性が担保だれている善悪等の十分な理解・把握に成る」。

「其れらを実用して、テレビドラマや映画・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画・ゲーム等々の精神文化製品を創る」なら

「必然的に、人類誰もの自分の実体と其の実体の根本的目的との整合性の高い、

多くの人間たちが自虐度の低い精神構造等を保持し易くする為にも大いに役立つ、

性能の良い精神文化製品群が出来る事に成る」。

「此の実務」が「昨今、激烈に求められている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其れなのに、未だに、現状維持・賛美ドラマや現実逃避受け皿ドラマ等々ばかり・・・というのが、

今時、求められている仕事を行う為の十分な実力が明らかに不足している立場の者たち等が具現化している実態」で

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「丸ごと一人レベルだけの、時代劇も、殺傷ドラマやいじめ・虐待ドラマ等々も在っても良い」が

「其れだけでは、明らかにダメ!」に「成る」。

「何故なら、そんなモノだけを、覚えさせられている人間たちの脳の状態等が衰退やケガによる喪失・損傷状態に成ってしまうなら、

{善悪の彼岸}状態に陥ってしまう人間たちも、少なからず出てしまう事は、極めて当たり前の現象に成るから」だ。

「丸ごと一人レベルだけの罪が其処に露呈している」し

「其の責任」は「追及されて当然の事に成る」。

「細胞レベルや実体情報等々は、現実との整合性が高いが故に、ちゃんと理解・把握するなら、必然的により実感が強く成る、

自虐度を低く押さえる事にも、大いに有益に成る情報に他ならない」から

「其れを知り、覚えた人間たちの頭の中では、ある意味、必然的に、そちらがより優位に成り、其の実用度も高く成る事に成る」。

「実用度が高いモノ」は「脳が衰退したり、損傷塔したり、しても、残り易く、

例え、部分残り状態に成ってしまっていても、

現実との整合性が高いモノなら、其のモノを実用する事による自虐も、当然、起こり辛く成る」。

「人間も含む生物の誕生・死は細胞レベルの実現象なのに、

丸ごと一人レベルでの死生観や人生観や善悪観等々の現実離れしているモノだけを覚えている」と

「其の偏重・部分使用等が、其の現実離れ故に、自虐度が高い事に成ってしまい易い事」は

「極めて当然の現象に成る」。

「丸ごと一人レベルだけ状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其れが、現状で立場を得ている者たち等に行えないなら、

立場のある人間の入れ替えも含む是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「まるで、中国共産党支配下の中国での死者ダケが過剰な程多い事を誤魔化す為の大騒ぎであるかの如き実態も露呈している、

業かクルーズ船の新型コロナウィルス大騒動情報の一方的大量配信状態が続いている」が

「何故、中国共産党支配下の中国の死者が多いのか?」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが疑問に思ったり、感じたり、している事の筈」だ。

「実態として、肺炎治療を行える設備・医者等が不足しているから・・・」なら

「どの様な優先順位付けが行われているのか?」も

「極めて重要な事に成る」のは

「SARSウィルスの弱毒化をした肺炎を起こすウィルスによる不適応分子大量粛清工作等が

起こされても、何の不思議も無い」のが

「今時の、独裁政権国家の実状だから」だ。

「北朝鮮金独裁政権等」が「他国内で化学兵器まで使った粛清暗殺テロを行った事」は「記憶に古く無く」、

「香港での中国共産党寄りの者たち等による不適応分子対応等からも、

民主化等の流れを起こさせない為の大漁粛清工作の手段として、

毒性が強く無いウィルスの使用→治療体制の不十分さを悪用した不適応分子に十分な治療をしない事による粛清暗殺等」の

「実態があっても、何の不思議が無い」等と「思われたり、感じられたり、していても、当然に成る」のが

「独裁政権の実態に成る」。

「上記の様な懸念を世界中の多くの人間たちに持たせない為」にも

「中国は、一刻も早く、民主化し、政権交代も可能にするべき」だ。

「政権交代可能と成れば、ある政権が余りにも非人道的な工作等を行ったなら、政権交代後に其の実態が検証され、暴かれる事にも成り得る」ので、

「今、政権を持っているから・・・と言っても、余りに、酷い事は行え無く成る」が

「独裁政権のまま・・・なら、

粛清でも暗殺でも、其の独裁政権のままである限り、其の実態が検証されたり、暴かれたりする事も無くする事も出来てしまう」ので

「実際に、ほとんど全ての独裁政権が、酷い事をやりたい放題行ってしまっている」のが

「現実に成る」。

「中国共産党の今の政権が違う」というなら「堂々と民主化するべき」だ。

「北朝鮮金政権等の場合は、血統相続故に、朝鮮戦争の戦争責任が問われる事にも成り得るので、民主化はより困難に成っている事に成るが、

中国共産党の場合は、血統相続では無いから、

中国国民党軍と中国人同士戦争して、大量の中国人も殺した罪は、

其の時の為政者の罪にする事も可能に成る」。

「民主化していて、治療設備・人員塔が不足しているなら、其れこそ、世界に助けを求めるべき」で

「民主化しているなら、世界の多くの国々が手助けして当然に成る」。

「其れなのに、日本の中の中国共産党等の手下・お仲間・協力者等の実態を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

上記の様な当然の疑問等には、ほとんど言及せず、

まるで、煙幕を貼るかの如く、豪華クルーズ船新型ウィルス大騒動情報を主軸に、大騒ぎし続けて来ている」。

「実権者人脈ごとの是正が必要に成っている実態」が「其処にも露呈している事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス経済問題」と「毒性が高く成ってしまう変異の危険性を高めている可能性が高い工作電磁波問題」・・・。

『「新型コロナウィルスによる経済への悪影響」や「マスクの合法に成っている需給に合わせた(つけ込んだ)高額取引きの横行」等、

「新型コロナウィルス関連の経済問題が問題視されている」が、

「其のほとんど全てが現行人間社会・経済システムの問題には言及せず」なので

「問題論等の結論も、実質的には、新型コロナウィルスの問題が沈静化するなら、解消される」等の

「短絡的な結論に成ってしまっている」から

「現状人間社会・経済システム等の是正のチャンスを逃している様なモノ」だ。

「天動説状態で現状に依存している、多くの人間たちの実態が其処に露呈している」が

「もちろん、言うまでも無く、現状人間社会・経済システム等を維持~拡大等出来ていたところで、

人類誰もも含む地球生命体細胞群の明るい未来が保証されている訳では、断じて無い」。

「其れは、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体と其の根本的目的である存続~永続と

現状人間社会・経済システム等のの整合性を検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「重要な事は、

現状の人間社会・経済システム等を維持する事や、

其の中で、特定極一部の人間個体たち等が、狭義の自分の下に過剰な利権収集等を行い続けられる事等では断じて無い」。

「人類誰もの広義の自分の快適存続~永続を実現させる事」だ。

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る、人類としての、基本中の基本の当たり前の事が、其処に在る」。

「今回の新型コロナウィルス問題にしても、毒性がそれ程激烈では無い新型ウィルス等でも、

其れにより重症化してしまった人間の感染実態等を綿密に調べられる物質文明製品が既に、存在し、実用出来ていたからこそ、

発見され、

其の発見情報等を早急に全世界に配信する事が出来る物質文明製品群が既に、存在し、実用出来ていたからこそ、

世界中で大騒ぎ状態に成り、

世界レベルの人間の移動を活発に行わせる事が出来る物質文明製品群が既に、存在し、実用出来ているからこそ、

新型ウィルス等の脅威を、毒性実体よりも遥かに高く感じたり、思ったりする状態に成らされてしまっている人間たちの数が多く、

成っている」のが「事態」に「成る」。

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明製品群の存在が無かった」なら

「新型と言えども、毒性がそれ程激烈では無いウィルスの問題」は

「免疫学的弱者状態に在った人々が、肺炎等の診断が付けられる状態で、何百人~何千人~お亡くなりに成ってしまいました」等の

「理解・把握等が、其れを知り得る人間たちの中で、静かに行われていたダケに成っていた可能性も大きい事に成り、

経済に対する悪影響もほとんど無かった状態に成っていた筈」だ。

「また、物質文明側と同等レベルに精神文化側も進歩・進化させる事が出来ていた」なら

「新型コロナ・ウィルスの発見と共に、其の実態把握から判明させる事が出来て来る毒性の強さ相応の

冷静な対処が当たり前に成り、

マスク騒動等は起きず、経済に対する悪影響も最小限に抑えられていて当然に成る」。

「更に、人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取った人間社会・経済システム等という

より性能の良い精神文化製品の実用に切り替わっている」なら

「問題の解決による経済発展等も十分に在る状態に成っていても、何の不思議も無い」。

「問題の解決が経済発展をもたらすなら、地球温暖化による環境危機の解決によってでも経済発展が当たり前に成る」から

「地球環境問題も解決して行き易く成る」。

「何時まで経っても、現状の人間社会・経済システム等に縋り続けている事の自虐性」は

「既に、其れこそ、世界中の何処の誰にでも良く判る事に成っている筈」だ。

「其れなのに、今回、新型コロナウィルスで、こんなに酷い、大騒ぎ状態に成っている、させられている状態に成ってしまっていても、

未だに、現状人間社会・経済システム等や旧態依然とした死生観・人生観等への依存状態からの卒業・解放等」に

「言及しない、出来ない、事は、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「現状までの、所謂、文系の高学歴等とは、現状までの所謂、文系側の利権の維持~増大にとって都合の良い者・物・事等を{覚え}、

其の反復実用を実践出来る状態に成れている、されている者たち等が、取得出来ている、

天動説派権力者にとって都合の良い免罪符・利権取得営業許可証みたいなモノ」で

「其の時代遅れ実態」は

「既に、世界中の多くの人間たちが、学歴の高低等は問わず、重々実感出来ている事に他ならない」。

「所謂、理系の場合は、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用故に、相応に実体を持ち、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続への実貢献を可能にする為に有益に成るモノも多い」のとは

「全く違う、科学レベルで判明している実体や事実・現実よりも、

未だに、旧態依然とした考え・思い等を実用し続けたがり、其の事に対する大衆の共感を煽り続ける事で、

大衆からのお墨付きによる、科学レベルで判明を十分に実用していない劣悪状態の正当化狙い・・・」等では

「其の実態は、本当に、酷く、劣悪」で

「正に、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「いい加減に、

狭義・広義共々良く解る自分の実体把握や、

人生観・死生観等の現実との整合性を高める為に有益になる情報配信・教育等」くらい

「意識的、かつ積極的に行うべき」だ。

「人間社会・経済システム等の精神文化製品の性能アップは、其の先に在るのだから!」』

『「今までのところ、毒性がそれ程激烈では無い実態を露呈している、新型コロナウィルス」だが、

「大きな懸念材料がある」のは

「発ガン性もあると、強く酔鯨出来る、工作電磁波との悪のコラボ状態」だ。

「昨今の日本社会、特に、人口密集都市部等では、至るところに、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、工作電磁波を発生させる、ソフト・ハードが仕込まれ続けて来ている」。

「毒性の低い新型コロナウィルスに感染している人間に工作電磁波が当てられ続ける事により、

其の人間の中で、発ガンさせられるかの如く、毒性の低いウィルスが毒性の高いウィルスに変異させられてしまう可能性は、

決して、小さく無い」。

「一度、毒性の高いウィルスに変異してしまったなら、其の悪影響は、該当ウィルスの感染力により、非常に大きなモノに成ってしまう」。

「人間の移動が世界中で活発に行われる事による、移動が活発では無かった時代には在り得無かった交流故の実現象等」と「同様」に

「工作電磁波が無かった状態では在り得ないウィルスの変異も在り得る」のが「現実に成る」。

「此の意味からも、工作電磁波対策が重要に成る事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「未だに、戦後の日本の中で連綿と行われ続けて来てしまっている非人道的なスパイ・工作活動等は無い事に・・・」というのが

「もしかすると、工作活動等を仕掛けている側の手下・お仲間・協力者等なんじゃないの・・・という実態を露呈し続けて来ている、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者等や学校・教師・教授等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルスの発生を悪用して、不適応分子の粛清にも利用してしまった事を反省しているのかも知れない」等と

「思えてもしまう実態を露呈している」のが「現状の中国共産党指導部等だったりしている・・・様相」で

「其れは、中国内以外での死者数」等からも「良く判る」。

「元々、十四億人~の人間たちを独裁政党の下に収めようとしている事自体、大いなる無理に他ならない」が

「更に、其れが、独裁政党の指導の下に!と成れば、益々、無理に成り、当然の如く、不適応分子も大量に発生する事に成る」。

「独裁政党が国・国民を支配する」などと言う「悪過ぎる冗談」は「いい加減に止め」、

「国家指導者や政府・与党等なら、

個々の自国民が自己健常支配の継続を行い易くする状態を構築する事に邁進し、

個々の自国民の自己健常支配の集大成として生まれる健常な民意をベースにした快適な国家運営を行えば良い」。

「個々の人間たちの自己健常支配という基本的人権を大きく阻害し、

独裁政権の指導の下の、独裁政権による被支配民としての適応を強い続ける」なら

「被支配民として独裁政権下{安住}し続ける本来の自分の人生には成り得ない人生を選択する人間たちが全てに成る訳も無く、

不適応分子が多数生まれるのが当たり前に成る」が

「其れを、独裁政権自らの過ち等と、現実通りに理解・把握し、改善しようとする独裁政権・独裁者等は、極稀で、

ほとんどの場合は、不適応分子が悪い!と粛清虐殺等まで行ってしまう」ので

「益々、独裁政権自体の信頼が無く成って行く事に成る」。

「そんな事態に至ってしまっていても、尚、独裁政権を維持し続けようとする」なら

「自国内だけでは無く、世界中に対する脅し等も必需に成り、核兵器武装等が横行する事に成る」。

「核兵器武装で、とりあえずの{安泰}を得たつもりの独裁政権等でも、

其の内実は、不適応分子の粛清虐殺等故の中からの不安でいっぱい状態に成る」から

「其れを誤魔化し続ける為には、経済ヤクで国内を満たし続ける必要に迫られる事に成る」。

「経済ヤクで満たしていても、不適応分子が生まれない訳も無く、独裁政権自体の過去の罪が消える訳も無い」から

「独裁政権は、経済ヤクで満たしながらの不適応分子粛清虐殺法を創り出し実用する必要性に迫られ続けている事に成る」。

「世界中から批判・非難等され辛い手段と成れば、直接の実態把握等が困難に成る手段と成り、

其れが、昨今の実用可能物質文明製品群の実状からすれば、

監視・盗聴・盗撮等の為の工作電磁波も含む物質文明製品群と共に、

粛清用の工作電磁波や飲食物/大気等工作用の薬剤・科学/化学物質等や細菌・ウィルス等に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「工作電磁波」も

「もしかすると、新型ウィルス」も

「独裁政権故に必要に成り、生み出され、実用されている、粛清ツールの実例に成る」と「推定出来る」が

「其れらが、独裁政権の意図しないところでコラボ状態と成り、ウィルスの毒性等が高められてしまう危険性もある」のが

「現実」に「成る」。

「何れにしても、十四億人~の人間たちを独裁政権下で支配という無理など、早々に止め、

個々の人間たちの自己健常支配を容易にする事を頑張ると共に、

人間集団としてある程度のまとまりが維持出来易い規模の国々に分れた方が

より自虐度も下げられ易く成る」のが

「中国の実態」だ。

「何れは、其の方向に動かざるを得なく成る」のだから

「今の内から、其の方向に動かす事を、国家指導者等が頑張る」なら

「今までの独裁政権指導者等とは違う事にも成り得る」が・・・。

「日本の中の独裁政権の手下・お仲間・協力者等も、何時までも、全体支配に拘っていないで、

いい加減に、個々の人間たちの自己健常支配を容易にする為に有益に成る情報配信・教育等を行える状態に成るか、

役者不足状態と成っている、過分な立場・権力・報酬等を手放すか、等々するべき」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「ナチスのユダヤ人虐殺問題等を元に在日コリアン等の利権を守る論」等の公共の電波を使った一方的大量配信等が行われていた様相でもあったが・・・。

『「独裁政権下の大虐殺」で「特定民族をターゲットにしたナチスによるユダヤ人大虐殺」は

「もちろん、言うまでも無く、人類史上に残る重大な罪の一つ」に「成る」が

「独裁政権下の大虐殺」が「ナチスによるユダヤ人大虐殺だけでは無い事」も

「忘れてはいけない事に成る」。

「例えば、旧ソ連の独裁政権等による不適応分子の粛清では、ロシア人を主にした2000万人もの人間たちが粛清虐殺された!とも言われている」し、

「旧ソ連の流れの先に在る、中国共産党支配下の中国でも、中国人を主にした同様の数の大漁粛清虐殺があったとも言われている」し

「同じく、旧ソ連の流れの先に在る、北朝鮮の独裁政権、金政権等の下でも、何百万人とも言われている朝鮮人を主とした粛清虐殺がある!」とも

「言われている」。

「其の様な中」で

「他民族に対する大量虐殺だから・・・在日朝鮮人等に対する差別問題等を訴える為にも使える!」とばかりに

「偏重起用された様相」なのが「ナチスによるユダヤ人大虐殺問題」だ。

「上記の大量虐殺の実態から判る事は、独裁政権にすると、一方的大量虐殺が起き易く成ってしまう事」で

「民主主義政権下の大量虐殺の場合は、戦争というある意味、お互い様の実態に成っている事」からも、

「元凶が、独裁政権に在る事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」のに、

「独裁政権を責めず、独裁政権問題を言わず、ナチスによる他民族大虐殺ダケを偏重利用して、

実質的には、在日朝鮮人等の利権の増大等を図ろうとする情報配信を行っていた様相を露呈していた」のが

「本日のサンデーモーニングの多くの常連出演者等の実態だった」。

「不当差別はもちろんダメ!」だが

「不当差別問題を解消させる為には、善悪差別等の正当な差別をちゃんと行う必要がある」。

「ナチスによるユダヤ人大虐殺問題の一番大きな問題に成る事は、ユダヤ人である事を虐殺の大義にし、虐殺を実行してしまった、

善悪差別無き、悪の手段の実用に他ならない」。

「悪人には、相応の罰が与えられて然るべき」で

「例えば、在日朝鮮人等でも、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ていたり、未だに、行っている者たち等の悪者状態にある者たち等」を

「ちゃんと摘発し、相応の罪と罰をしっかり与える善悪差別を行う」なら

「悪者状態に無い在日朝鮮人等に対する不当差別という悪行の解消も容易に成る」が

「其処を言わない、言えない、のが、悪者状態に在る在日朝鮮人等に対する支援情報配信・教育等を行い続けて来ている様相を露呈している、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の、酷く、劣悪な実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そもそも、何故?独裁政権が生まれ、其の支持が高まってしまうのか?」

「独裁政権とは、他者支配の一つの窮極に他ならず、独裁政権下の人間たちとは他者による被支配の一つの窮極に他ならない」。

「健常状態の人間なら、世界中の何処の誰でもが、自己健常支配が主であって当たり前に成る」が

「物質面でも精神面でも、自己健常支配の継続に必要なモノが、大幅に欠如したり、させられていたり、する」と

「人間は頼るモノを欲する状態に陥り易く成る」。

「困窮している貧しい状態が独裁政権を生み出し易く、其の実権を高め易い理由が其処に在る」。

「逆から言うなら、独裁政権解消の為には、物質面でも精神面でも、自己健常支配に必要なモノで十分に満たされる状態を構築する事」に「成る」が

「其れは、独裁政権側からすれば、命取りに成る状態でもある」ので

「独裁政権は物質面・精神面の何れか、もしくは、両方を、困窮状態のまま・・・の状態を維持したがる」。

「其の手段が、物質製造面等に対しても独裁政権の支配を及ぼす事であり、

精神面での自己健常支配を阻害させる為にも情報の自由化を行わず、独裁政権の維持に都合の良い情報・教育等による統制状態を続ける事に成る」。

「もちろん、そんな事を行い続けている」と

「世界レベルでの比べっこの中では確実に負け組に成る」。

「旧東側が西側に負けたのは、上記の理由からも極めて当たり前の現象に成る」。

「旧ソ連はロシアと成り、一応は民主化された」が

「未だに、独裁政権を続けたい様相を露呈し続けているのが、中国共産党と北朝鮮金政権等」で

「中国共産党の場合は、ズル賢く、独裁政権維持の為に経済発展と物質面での充実を実現させ続けて来ているが、

精神面での健常性に大きく関連している情報・教育等の自由化は未だ未だ・・・の状態」で

「其れ故の悪現象が至るところで暴発し続けて来ている」から

「情報・教育統制崩壊~独裁政権の終焉も近づいて来ている事に成る」。

「北朝鮮の場合は、未だに、かなり深刻で、世界中からダメ出しを出されても、

未だに、核・ミサイル等々の開発~製造~配備や、他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を継続し続けている」のだから

「独裁政権自体の維持には合理的に成っていても、其の支配下で暮らす人間たちの生活実態はどんどん悪く成るばかり・・・」で

「支配している民が、皆、精神的にも物質的にもやせ細っている状態では、

其の独裁支配による力もやせ細るのが当然に成り、

内からの崩壊が着々と迫って来ているのが、現実に成る」。

「そんな実態が露呈している状態」なのに

「未だに、善悪差別抜きの在日朝鮮人に対する差別はダメ論等の、

実質的には、

非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等を朝鮮人等であるというダケで、不当に不問常態にし易くする論」等を

「日本の公共の電波上で、喧伝等していた」のが

「サンデーモーニング等の多くの常連出演者等だった」のだから、

「其の劣悪ぶりには、本当に呆れる」。

「善悪差別入りの論に修正するか、常連出演者等を人脈レベルで替えるるか、等々の実効の有る対処が必需に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「桜を見る会問題等の国政上での実質的、小問題を大問題化する、国会での{雑掌}生やし等を

実質的に、賛美・応援等している論等も、本当に、酷い」。

「重要政策・問題等で、政府・与党より良い策や論等を訴える事が出来ていない反対、もしくは、審議拒否野党等からも、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々と同様の

朝鮮系と朝鮮のオトモダチ系の濃厚な臭いが漂って来る」が

「圧倒的に違う事」は

「政界では、朝鮮系と朝鮮のオトモダチ系は日本社会の実態相応に少数化している」のに

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も不十分なテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

未だに、朝鮮系や朝鮮のオトモダチ系が{与党}状態のまま・・・の実態が続いてしまっている」。

「そして、善悪差別さえも言わないのだから、

朝鮮系や朝鮮のオトモダチ系なら何でもOkに成る、する、日本社会にしてしまう、

工作活動等を行い続けて来ている等と言われても、仕方の無い状態が其処に露呈している事に成る」。

「選択的夫婦別姓の先には、選択的天皇制も付いていて、

其処には、金家を天皇家にする事を選択する、日本国籍を持つ、内実朝鮮人等が集合出来る様にし、

朝鮮等や朝鮮のオトモダチ等なら何でもOkにする{支配階層}つくり工作が成功してしまう」なら

「日本の乗っ取り支配も実現可能に成って行く事に成る」が

「其の為にも必要に成っている事が、日本人人口を減少させ続ける反面で、朝鮮系の者たちの人口を増やす事で、

二極化格差社会構造とは、其の様な状態を構築する為にも、合理的に成る、景気も悪くする社会構造でもある」。

「景気を良くしたい」なら「総中流化が合理的に成り、

総中流化するなら、元々のパイが大きい日本人人口が、

少々の工作等にも負けず、十分に増える事に成る」ので

「朝鮮系人口の増大と優位性の確保による日本乗っ取り支配の実現も相応に困難に成る」。

「何れにしても、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々が、

旧社会党系・朝鮮系が与党状態のまま・・・である事」は

「日本社会の民意も実態も十分に反映している事では無い、公共レベルの事に成る」ので

「是正の必要が有る事に他ならない」。

「善悪差別をちゃんと行い、民族問題でも、移民・難民問題でも、

それぞれの国々が、健常に受け入れられる状態内での、人間たちの移動等の範囲に抑える」なら、

「人間社会問題も起き辛く成る事は明白な事に成る」。

「其の為にも、善悪差別をちゃんと行い、其の国の元々からの出で立ちには相応に力を持たせる事」が

「合理的に成り、其れこそが、多様性を維持~増大させる為にも、合理的に成る状態に成る」。

「世界中がごちゃ混ぜで、一面化し、善悪差別が不十分な人間世界と成ってしまう」なら

「其の崩壊が容易に起こる事に成る」のは

「冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「史実では無い捏造史等を実用し続ける事も、悪に他ならず、

其れを基にした派生悪を防ぐ為にも、

大元の史実捏造塔は、徹底的に排除され、是正しない場合には、相応の罪と罰を与えるべき事に成る」。

「ナチスによるユダヤ人大虐殺も酷い」が

「旧ソ連による主としてロシア人の大漁粛清虐殺も酷く、

中国共産党による主として中国人に対する大量粛清虐殺も酷く、

北朝鮮金政権等による主として朝鮮人に対する大量粛清虐殺も酷い」のが「史実」で

「其の元凶が独裁政権に在るのも、史実から判る事に他ならない」。

「史実の中で、悪の部分は、二度と繰り返さない、繰り返させない様にする」のが

「健常な人間世界の構築法」で

「独裁政権の排除」も「今の人間世界に在る重要な現実対策の一つに成っている事」は「明白な事に成る」のに、

「未だに、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等でも、独裁政権に対する実質的賛美・応援状態を露呈している場合も少なく無い」のだから、

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ナチスを責めても、中国共産党や北朝鮮金政権等の様な独裁政権が正当化出来る訳も無い」し

「其の下の、不適応分子粛清虐殺や、非人道的なスパイ・工作活動等が正当化出来る訳も無い」。

「当たり前の事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »