« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。

『「日本で該当ウィルスに対する危機感が弱い人々が多い」のは「当然」で「其の訳」は「公表されている該当ウィルスによる死者数」が

「他国に比べて圧倒的に少ないから」であり

「感染検査のやり方が特殊である上に、本当の感染実態の把握もほぼ出来得ないメディア情報配信状態に成っているから」だ。

「此処で、危機感が低い事を問題化する」と

「{脅し}による危機感増大」等の「策が出て来る事に成る」が

「其の{脅し}の実効を担保出来る」のは

「政治家や有名人や常連出演者等々による喧伝」では「無く」、

「実体や事実・現実情報に成る」から

「其れが圧倒的に不足している状態」では

「{脅し}の実効」が「不要な不安や恐怖心等を煽る事による免疫力の低下や不健常行動等誘い」等に

「成ってしまう」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「こんな状態」で

「緊急事態宣言」という「インパクトのある言葉」を「大喧伝」等したり

「若者でも致死者も重症化者も居るゾ~!等の旨の{脅し}」を「行ったり」、

「検査が少ないのはダメだろ~!もっと検査(現状ではPCR検査)を行え~!等の旨」と

「検査時や検査前後の濃厚感染リスクが高まる信頼性確度約60%レベルの検査を大推奨したり、等々している事」等々には、

「明らかな違和感を覚えさせられている視聴者等の数も多い筈」で

「多くのメディアが其の様な状態では、メディア自体の信頼性も低く成って当然」に「成り」、

「其の結果、該当問題に対する対応が混沌としてしまい易く成る」のも「ある意味、極めて当然の現象に成る」』。

『「粘膜から細胞へと侵入するウィルスに対して、綿棒で粘膜を薄くし、場合によっては其の場所の細胞を露わにしてしまう

信頼性確度約60%レベルのPCR検査を

ウィルス・病原菌等の濃度が高くて当然の病院等に多くの人々を集めて行ってしまう」なら

「本来なら感染しなかった人々にまで感染が拡がってしまっても当然に成る」。

「検査を行っている時には、例えば、ドライブスルーとか電話ボックス的囲いとかで感染防止が出来ていても、

其の前後には、当然そんなモノは無く、近くに感染者が居る可能性が高まっているところを

粘膜を薄くされた状態で移動する事に成る事による感染リスク」は

「相応に高く成っていて当然に成る」し

「ドライブスルーや電話ボックス的囲い等の感染防止対策抜きでは、危険度がより高く成る事」は

「言うまでも無い事に成る」。

「PCR検査を出来る限り少なくした事」は「相応の感染防止対策に成っている」ばかりでは無く、

「多くの人々に不要な不安を与える事による免疫力低下誘い等も避ける事にも繋がっている」が

「此処で問題に成る」のが「本当の感染実態や実害・実益等がほとんどの人々にとって良く判らなくなってしまう事」だ。

「其れを補う情報配信等を行う」のが

「本来の健常なマスメディアの役割りの筈」だが

「現状では{脅し}や政治運動等や優等生ぶりっこ・正義ぶりっこ等々に成ってしまっている場合が多い」のだから

「其の酷い劣悪性等は、もはや言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「粘膜から細胞への感染はしても、傷口等からの感染は無いと強く推定される該当ウィルスの検査」としては

「血液採取による抗体等検査が適切に成る」し

「もう直ぐ、其れが十分に出来る状態に成る様」だ。

「検査!を言うなら、PCRは止めて、其れを大々的に行うべき!論が適切に成る」。

「現状までの日本の本当の感染等の実態も少々の外部データを集めるなら推定は出来る事に成る」のだから

「其の辺りをちゃんと情報配信する」なら

「多くの視聴者・読者・生徒等は、実体や事実・現実通り原寸大の危機感等を抱き易く成る」。

「先ずは、一番重大な問題に成る致死問題について」、

「肺炎致死者数の増減の実データを示す」なら

「該当ウィルスの毒性も良く判る事に成る」。

「今年はインフルエンザの流行もオトナシかった」ので

「相応に、インフルエンザ肺炎~致死者の数は減っている事が推定出来る」が

「其れでも肺炎致死者数が例年通りだった」なら

「該当ウィルスの毒性はインフルエンザと同等レベルに成る事に成る」し

「より増えている」なら「該当ウィルスの毒性はインフルエンザより強い事に成る」し

「減っている」なら「該当ウィルスの毒性はインフルエンザより低い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国武漢発の自然発生ウィルス」なら

「日本の実際の感染実態」は

「欧米諸国と同等か其れ以上であって当然に成る」のは

「距離の近さと日本と中国の人の交流の盛んさ」等から

「誰もが直に解る事に成る筈」だから

「其の辺りの事は、マスメディア上でももっと大喧伝等されていて当然に成る」が

「もし、そうなら、圧倒的に少ない死亡者の数」が

「大きな疑問に成る事に成る」。

「日本の肺炎致死者の数は年間約10万人レベルとも言われている」から

「其の中に、検知されていない該当ウィルス感染致死者が紛れ込まされている」なら

「かなりの数でも{誤魔化す}事が出来てしまっていて当然に成る」。

「でも、もし本当に、該当ウィルスによる肺炎致死者数が大量に出ている」なら

「既に、病院がオーバーフローしていて当然に成る」から

「実際は、現状までのところは、

インフルエンザによる肺炎が少なかった分とバーターに出来てしまうレベル以下に成ってる事」が

「容易に推定出来る事に成る」。

「ウィルス感染と人体免疫の戦い実態について」は

「テレ朝朝番の常連出演者等も例えて、言っていた通りの力関係に成っている」から

「免疫を健常状態に維持し続ける事」と

「深部・大量・急激・連続に成ってしまう感染を避ける事」が

「ウィルスに負けない為に重要な事に成る」。

「免疫を保持出来ているなら基本的には安全に成っている筈」だが

「其の免疫の対応力以上の感染をさせられる」なら

「ウィルスに負けてしまう可能性も在る事」を

「上記の実態は露呈させている事にも成る」が

「もし、該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「特定ターゲットには執拗なウィルス感染攻撃を仕掛ける事も可能に成り、

其の様な普通では無い事態も引き起こす事も出来てしまう事に成る」から

「免疫・抗体保持者で致死者が出た時」には

「該当ウィルスがウィルス工作兵器である可能性が高まる事に成り、

致死者の周囲に執拗なウィルス攻撃を仕掛ける事が出来た工作員(集団である可能性も決して小さく無い)が

居た事に成る」。

「自然発生ウィルスの場合」でも

「免疫力の健常維持等」と

「深部・大量・急激・連続感染を避ける事」が

「重要に成る」が

「例えば、同じ病室内等に、感染者と一緒に長時間居る事」は

「連続感染に成り、場合によっては大量感染にも成る事に成る」から

「避けるべき事に成る」。

「感染者も居る筈なのに、大量の人々を集めて、同じ空間でPCR検査を行う事」は

「感染を広げるリスクが高い事に成る」し

「中国共産党支配下の中国武漢では感染者収容所的な{病院}が急造されて実用された」が

「其の事による実害と実益は冷静に検証されて然るべき事に成る」。

「過剰・過大になる仕事等を長時間行い続ける事」が

「免疫力の低下に繋がっている」のに

「医師だから医療関係者だから他に代わりが居ないから・・・等々と、

ウィルス濃度が高くて当然の空間で、

如何に、防護等していたとしても、

長時間の激務を行い続けるなら、

通常なら体力も免疫力も高い若い年齢層の人々でも、深部・大量感染故に致死に至ってしまっても、何の不思議も無い事に成り、

医療関係者では無くても、同様の免疫力低下状態と深部・大量感染状態が重なってしまうなら、

致死に至ってしまう若い年齢層の人々も居る事に成る」のは

「ある意味、当然の現象に成る」。

「また免疫力と該当ウィルスの相性が悪い場合も、重症化・致死等の事態を誘ってしまう原因に成り得る事に成る」。

「若い年齢層の人々でも該当ウィルスの感染により重症化も致死もある!ダケ」を「大喧伝等する」のでは「無く」、

「それぞれの人々の実態をありのままに原寸大で伝える事により、本当に気を付けるべきポイントを露わにする」のが

「健常な情報配信に成る」。

「該当ウィルスが喫煙により其の細胞侵入酵素等を活性化し易く成る旨の情報配信もあった上に、

喫煙者だった有名ゲイノウ人の該当ウィルス感染による死亡まであった」のだから

「もっと、もっと禁煙!!!を大喧伝するべき」なのが「マスメディアの仕事の筈」なのに

「其の辺りが余りにもオトナシい」のも

「本当に変」だ。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器であり、

工作時の、タバコの喫煙や副流煙も組み合わせる事による深部・急激・大量感染を誘発させたい思惑でもある」のなら

「合理的に成る実態」だが

「そうでは無い」のなら

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「緊急事態宣言か?否か?等の大喧伝が行われている」が

「現状の日本国内の本当の感染実態」が

「上記の様な推定のどの辺りに成っているのか?」で

「其の辺りの是・否も良く判る事に成る」のだから

「本当は、どの辺りに成っているのか?」を

「探究しないマスメディアは、本当に変」だ。

「実体・実態把握を阻害する事と{脅し}による免疫力低下招き~該当ウィルス大流行による該当ウィルス高濃度状態等を

誘おうとしているなら合理的に成る」が

「そうでは無いなら、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「パチンコ店や雀荘や性風俗店での感染は報告されていない」と言い

「バーやクラブやカラオケ店やクラブ等々の飲食店等では感染が確認されている」から

「夜の飲食店等には行くな!」の「要請を出している」のが

「東京都知事等」の「実態に成っている」が

「タバコの煙等が蔓延している場合が多い、パチンコ店や雀荘等での感染報告が無い、

強い濃厚接触が在る筈の性風俗店での感染報告が無い、

裏に何が在る?」

「可能性として考えられる」のは

「其れらの店等に行っている人々の多く」が

「既に、感染し免疫・抗体等を得ている事」や

「其れらの多くの店には、タバコの煙や匂い等対策の為の実効の高い該当ウィルスにも効く空気清浄機等が在る事」や

「消毒対策が行き届いている事」や

「ウィルスが工作だった場合なら、其処ではウィルス工作が無かった事」や

「現状までの偶々」等々が「在る事に成る」が

「果たして、真実は?」

「感染が欧米諸国より早い筈の日本国内で、公表されている該当ウィルスの死亡者者数が少ない理由」が

「免疫・抗体保持」で

「パチンコ店や雀荘や風俗店での流行がより早く、其れらの店に行っていた人々の免疫・抗体保持率が高い」なら

「其の空間での大罪時間の長さ等との関連性も調べてみる価値がある事に成る」。

「余分な不安等を考え続けさせられずに、長時間ゲーム等に熱中していたり、

性欲動の代償欲求を追及した事による多くの場合{誤魔化し}の快感等による、

免疫力低下防止等の実益の存在が判る可能性も在る事に成る」。

「ウィルス対策として実効のある空気清浄機を実用する事」は「合理的に成る」から

「筆者も、以前の記事でも公共交通機関や人の集まる部屋には実効のある空気清浄機を!の旨」も「記している」が

「もし、パチンコ店等に在る空気清浄機等の実効が高く、消毒対策の実効も高い」のなら

「其の辺りを普及させる事も実践すべき事に成る事に成る」。

「また、禁煙の徹底」は「今回のウィルス問題をきっかけに、場所を問わず、行われて然るべき事に成る」。

「何れにしても、其の辺りの真相究明も重要に成る」のだから

「メディア等なら追跡調査等も行うべき事に成る」』。

『「何れにしても、実体・実態の原寸大理解・把握に基づく、冷静で落ち着いた実効のある対応が重要に成っている」のだから

「マスメディア等なら{脅し}や{共感誘い}等々」では「無く」、

「其の為に有益に成る情報配信を行うべき」だ。

「該当ウィルスの正体探究」は「絶対に忘れてはいけない」し

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等や其の手下・オトモダチ・協力者等々による

非人道的な集団連続強化茹でガエル型スパイ・工作活動等への実効のある対策を行う事等も決して忘れてはいけない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス{脅し}番組大蔓延り状態」等だが・・・。

『「感染者数増加{脅し}のインチキ」は「感染検査実態が本当の感染者等の数を多くの人々が理解・把握出来るやり方では無く」、

「検査場所の選択等により、感染研知者数を実質的にコントロール出来るところ」等からも

「既に、多くの人々が理解・把握済み」なので

「感染者数が増えたゾ~!{脅し}の実効も相応に弱いモノに成っている」。

「そんな感染者数の増加等を基に、オーバーシュートだのロックダウンだのの措置を行うなら、

其の策略性等を感じたり、思ったりする人々も少なく無い」から

「現状で一番大切に成っている事」は

「該当ウィルスの正体」や

「本当の感染者数と其の内訳(無症状・軽症・中程度・重症・死亡)の経時変化」や

「重症化・致死してしまっている人々の共通の特徴」や

「既に、免疫・抗体等を保持出来ている人々の数や割り合い」や

「其れらの人々の共通の特徴」等に「成る」。

「其の辺りの実体・実態情報が現実通りに原寸大で大々的に情報配信される」なら

「多くの人々は、本当の実態等を知り得た事により冷静に成れ、必要な対応等を真摯に行い易い状態に成る事に成る」。

「現状の様な{脅し}と{上からの要請・推奨等}」では

「多くの人々の中で不安や恐怖心等が育成されたり、其れにより免疫力も低下させられたり、

現実情報が不足しているが故に信頼性も不足している状態の上からの要請や推奨等に対しては、

反発心等を抱いてしまう人々も生まれ易く成り、

例え従っている人々でも、其の心の内はコレで本当に良いのか?状態に成り易く、

何時まで・・・という時さえも何度も延ばされたりするなら、

そんな要請・推奨等をする者たち等に対する不満や不信等も抱き易い状態に陥らされる事に成る」。

「正当な手段では無い、混乱につけ込んだ政権交代等を目論んでいる反現政権勢力等なら、

行う事が合理的に成ってしまうが、

通常の健常なマスメディアや行政機関・政府与党等なら、

行う事が自虐的に成る事態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「本当に、現状までの該当ウィルス問題に対する、特にマスメディアの対応は変」だ。

「日本国内の実際の感染者数」は

「該当ウィルスが自然発生で中国武漢発」なら

「欧米諸国と同様状態、もしくは、より早い感染拡大であって当然に成る事」は

「中国と日本との距離や人の交流の盛んさ等からも良く判る」。

「しかし、此処で、多くの人々は直に気付く事に成る」のが

「それにしては、死亡者数が少ない!」という「現実」で

「死亡者数を感染研知者数で割る」なら、

「医療が相応にしっかりしていて、医療崩壊が無いところの世界標準レベル」で

「徹底した合理的な対策が実践出来、実際に行っているドイツよりは遥かに高い状態に成っている」が

「死亡者数から考える」と

「其れこそ、{異常な程少ない}事に成る」。

「其の裏には当然そうなっている原因が在る事に成る」が

「其の原因を考える」なら

「例えば、

多くの日本国民が既に、該当ウィルスに対する免疫・抗体を保持出来ている」とか

「実際は、もっともっと多数の死亡者が居るのに、感染検知検査が不十分だから該当ウィルスによる死亡者数も非常に低く成っている」等の

「実態」等が

「浮上して来る事に成る」。

「因みに、日本での肺炎致死者数は、年間約10万人レベル」だから

「検知検査が不十分で其の中に該当ウィルスによる死亡者も含まれている」なら

「かなり{誤魔化し易い}器が在る事に成る」と「同時」に

「応分に実際の感染者数も多い事が確実に成る事に成る」。

「其れでも、世界中の多くの国々同様の病院が混雑し、病床が足りなく成っている様な状態に陥って居ないのは何故か?」等を

「考える」なら

「既に、免疫・抗体等を保持出来ている状態の人々が多い事」等の「実態」が

「浮上して来る事に成る」。

「其の辺りを明らかにする疫学的調査を行い、其の実態を現実通りに公表する」なら

「相応に、行政機関・政府与党・マスメディア等の強い信頼性が得られ易く成る事に成る」が

「もし、其の様な実態だったのなら、何故?」も

「非常に重要に成って来る事に成る」。

「該当ウィルスの正体を暴き出す事にも繋がっている事に成るかも知れない事態」が

「其処に浮上している事に成る」』。

『「{喫煙}{術後}有名ゲイノウ人等の感染~致死ニュース」等も

「{脅し}の道具として実用している様相を露呈させている番組等もある様相」で

「其の人々を冷静対応から萎縮~免疫悪化に誘う情報配信内実の悪質性」は

「本当に、酷い事に成る」。

「喫煙と該当ウィルスの人体細胞内侵入には大きな関連性が在る事」も

「一部報道等では紹介されていた」から

「本来なら、其処で、徹底した禁煙も該当ウィルス感染防止対策に成る事等を

大々的に喧伝するべきだった」のが「マスメディア」だ。

「ところが、其の様な実態はほとんど無かった」のだから

「其の辺りにも、むしろ、感染を拡大させ、感染者数を増やし、其の先で重症者や致死者を増やし」て

「騒ぎと日本国内等の自虐性をより高める目的」等の

「情報工作機関等による情報工作の臭い」が

「其の辺りからも、漂って来ている事に成る」。

「該当ウィルスの特性」と

「北朝鮮金政権等による非人道的な工作活動等の特性」は

「正に、相似形」で

「どちらも、上辺に現れるのは弱毒性等で駆逐され辛い状態を得易いが、

継続と増大により茹でガエル式にターゲットを粛清したり征服したりする精神構造を持っている」。

「例えて言うなら、

核兵器の様な破壊力のあるハードウィルス工作兵器を創れても実用する事は非常に困難に成る」が

「該当ウィルス程度の毒性と特性を持つソフトウィルス兵器なら実用出来てしまう状態」が

「現状の人間世界には在る」。

「此の様な実態が在る事からも、該当ウィルスがウィルス工作兵器なのか?否か?等の検証は欠かせ無い事に成る」のに

「其の辺りに言及している日本のマスメディアは未だ無い様相」で

「其れが、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が実権を保持しているが故の現象なのか?

タダ単に、其の様な事にさえも思いが至らないおバカ(劣)状態の者たち等が実権を保持しているが故の現象なのか?」も

「不明」だが「検証が必要な事」であり

「是正すべきところが露呈したなら、即刻にでも是正する、させるべき事にも成っている」。

「昨日の夜」は

「筆者の寝床に当てられている工作電磁波も何故か?かなり強化されていた」が

「もし、対策抜きだったなら・・・」を「考える」と

「工作電磁波故の致死の可能性も十分に考えられる状態でもあった」。

「有名ゲイノウ人の死因が本当に該当ウィルス感染症ダケだったのか?工作電磁波や医療工作等は無かったのか?」等の

「検証」は

「徹底的に行われて然るべき事に成る」し、

「非人道的な集団連続強化型工作の其の様な実態からも、

該当ウィルスも其の中の一つの道具!なのでは・・・」等の

「感や重いが益々強くさせられる事に成る」。

「何れにしても、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等や其のお仲間・オトモダチ、協力者等による非人道的な集団連続強化スパイ・工作等に対する

実効のある対策は本当に急務に成っている」。

「其の辺りに言及するメディア等が無い事は本当に変」だし

「其の辺りの実効のある対策を訴える政党・政治家等が実質的に無い事も本当に変」だ。

「其の裏に在るモノ」と

「現状の該当ウィルス感染大騒ぎ!」等からは

「同様の臭いが漂って来る」。

「其の辺りの真相解明も警察等や政治家やジャーナリスト等の仕事の筈」だが』。

『「日本の肺炎致死者数」は「インフルエンザの流行がとても小さかった状態だった」ので

「今年は、減っている可能性が大きい事に成る」が

「インフルエンザの流行が小さくても例年と同様レベルだった」なら

「其の増加分が、高齢化の上昇と、該当ウィルス等、故である事が推定出来る事に成る」し

「もし、増えている」なら

「該当ウィルスの毒性が極めて高い事等が推定出来る事に成る」。

「其の辺りの現実情報がマスメディアで配信される」なら

「多くの人々が該当ウィルスの現時点までの毒性の実体を理解・把握し易く成る」。

「毒性の実体相応の原寸大対応を冷静に真摯に行う事」が

「適切な対処法に成り」、

「{脅し}の反動で過剰に戦う事等からは、余分な自虐が誘われ易く成る事」等は

「言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスの正体は?」

「該当ウィルスの実害・実益は?」

・・・「脅しや政治運動等では無い、

実体や事実・現実を原寸大で伝える情報配信と

適切な立場の人々等による要請・推奨等」を「基」にした、

「実効のある冷静な対処を行う事が、強く求められている」。

「万一、該当ウィルスが工作兵器だったなら、意図的に濃厚感染者や其の先の致死者等も創り出せてしまう事に成る」から

「{脅し}情報配信等と其れに基づく対処では、容易に自虐状態に陥らされてしまう事に成ってしまう」。

「該当ウィルスが工作兵器だったなら、一刻も早く、工作元を絶つ事が、適切な対処法に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、未だに「新型コロナウィルス{脅し}反現政権政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「新型コロナウィルス問題で一番重要に成っている情報配信内容」は「該当ウィルスの実体情報であり実害・実益の現実通り原寸大の実態情報」に「他ならない」。

「其処を抜きにしている間」は「行政首長やテレビ常連出演者やマスコミ常筆等々による訴えやお願い等」が

「実体や事実・現実との整合性が高い地動説レベルの訴えやお願い等なのか?」

「実体や事実・現実との整合性よりも何処かの誰かの思いや意思・意志等を優先している天動説レベルの訴えやお願い等なのか?」

の「判別」が

「多くの視聴者・読者等の中で出来辛い状態に成っている」から

「其の説得力も薄く成る事に成る」。

「其の様な状態を是正する事無し」に

「多数の人々から共感や信頼等を得られるのが良い指導者!である旨等」を

「喧伝等している状態」では

「其の実態もまた公共の電波等を使った天動説レベルの情報配信に他ならず、

当然の如く、其の説得力も希薄に成る事に成る」。

「其の様な酷く、劣悪な状態の情報配信仕事等を行い続けて来ている実態を露呈している」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だが

「在るべき是正が十分に行われて来ていない裏に在る」のが

「選挙も無いから実権者人脈の交代も圧倒的に不十分で、ず~と同じ人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」という

「現状で其の仕事を出来る立場に在る物たち等は、仕事内容を十分に進歩・進化させなくても仕事を行える立場から駆逐・排除等されないが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の{政権与党}の意に沿わない物たち等や論等の起用は

テレビ・ラジオ・マスコミ等の{政権与党}の利権を損ねない範囲でしか行わない無い事」等を

「継続的に実践出来てしまう体制」だ。

「そんな状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型とされているコロナウィルス問題」で

「メディアが情報配信を行う」なら

「先ずは、

該当ウィルスの実体探究と実害・実益の事実・現実に基づいた原寸大情報の配信に成る」。

「現状までの日本の該当ウィルスに対する検査」が

「特定極一部を対象にした検査でしか無い事」は「多くの人々が既に十分に知っている事に成る」が

「では、本当の実態は?」は

「多くの人々が知り得ていない事!」に「他ならない」。

「本当の感染実態や実害・実益実体の理解・把握抜き」に

「日本の多くの人々が納得した対応行動等を取れる訳も無い」のは

「自由・民主主義社会の多くの人々の精神構造(自己制御ロジック)」が

「教組等の言う事等に従う宗教団体」や

「独裁者・独裁政権等の言う事に従わざるを得ない立場に置かれている独裁圏等」とは

「全く違い、科学レベルで判明しいる実体や事実・現実等に基づいて合理的な選択を自主的に行う精神構造(自己制御ロジック)状態に

ちゃんと健常成長出来ているから」だ。

「其れなのに、未だに、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々では、

まるで旧社会・共産圏の人々向けの様な情報配信を続けている」のだから

「{政権交代}が無い事による必要進歩・進化不足」は

「本当に顕著」で

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「主たる実権者等の人脈が北朝鮮労働党等や中国共産党のオトモダチ政党人脈等」では

「其の辺りからちゃんと是正しないと必要是正が必要十分な速度で具現化される事も無い事」等は

「想像に難く無い事に成る」。

「該当ウィルスの日本国内での実際の感染自体」は

「世界レベルでの広がりからもある程度は推定出来る通り」で

「もし、該当ウィルスが中国共産党支配下の中国武漢発なら、

昨今の日中間の人々の交流が欧米諸国より旺盛である事は

其れこそ、誰もが知っている通り」だから

「欧米諸国より早く、より激しい感染の流行が既に在っていて当然に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「感染・検査を基軸にして、検査を進める」なら

「検査数が増えれば増える程感染研知者数も増えて当然に成り、

現状の感染者を隔離する事を基軸にしている対処法のままなら、

検査の数を急に大幅に増やす事=アッと言う間に隔離病床を埋め尽くす事と成り、

其れが重症化してしまった方々に対する医療や治療を大きく阻害する事に直結する事」は

「大量に検査を行い感染者を隔離する策を採った他国の実例からも明らかな事に成る」。

「感染・検査基軸では無く、実害・実益基軸の対応を行う」なら

「実態把握の為には感染検知検査では無く、

其の地域の市街感染率や重症化率等々を客観的に把握する疫学的調査が有用に成り、

感染の有無よりも症状の有無や重軽が重要に成る」。

「実態把握を基に、

感染して重症化してしまった方々に必要十分で適切な医療・治療が行われている事や其れが出来る体制を維持・増大等する事」で

「主たる大きな実害に成る重症化~致死を出来る限り防止する事」が

「非常に重要に成る」。

「感染しても無症状だったり軽症状態で済み、免疫・抗体を得て完治する人々の実態」は

「無償のワクチン接種を知らず知らずの内に行っている事と同様に成る」から

「該当ウィルスに対する免疫・抗体等を得る実益が其処に在る事に成る」。

「其れら実態把握や実害・実益を基軸にした冷静で原寸大の必要対応」を

「着実に行い続ける事」が

「適切に成っている」のに

「其の為に有益に成る情報配信等はせず」に

「未だに、旧社会・共産圏向けの様な情報配信を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「感染研知者情報を配信する」なら

「無症状者何名・軽症者何名・中程度の症状が出ている者何名・重症者何名・死亡者何名という実態原寸大情報を

経時変化と共に現実通りに提供する事が重要に成る」。

「同時に、無症状や軽症で済んだ人々に共通している要素(年齢・健康状態・生活実態等々)と

重症化してしまった人々に共通している要素(同上)と

死亡してしまった人々に共通している要素(同上)等の

情報も付ける」なら

「多くの視聴者・読者等が該当ウィルスの毒性等を原寸大で理解・把握等し易く成り、

感染を避けるべき人々や感染させてしまう事を避けるべき人々や

感染して免疫・抗体等を得る実利を求めても良い状態の人々等の

理解・把握も容易に成る事に成る」から

「実生活上での行動等も合理的に制御し易く成る」。

「疫学的調査で市街感染率等と共に免疫・抗体保持者割り合い等も調べる」なら

「該当ウィルスの正体も判り易く成る」。

「現状まで」で「感染者数自体は多くて当然の日韓内等の死亡者が欧米諸国よりかなり少ない裏」には

「同様のウィルスに対する免疫・抗体保持者割り合いの高さ等が在っても何の不思議も無い事に成る」が

「もし、其の様な免疫・抗体保持者の割り合いが高い実態が在った事が判った」なら

「其の理由を探究する事が合理的に成る」。

「ウィルスでも人間のDNAと同様の系列調査等は可能な筈」で

「もし、同様のウィルスが既に、日韓内等に在り、多くの人々が免疫・抗体等を得ていた」なら

「其の元が自然発生なのか?工作兵器なのか?」等の

「推定も相応の確度で出来る事に成る」。

「該当ウィルスによる大騒動が何処の誰に実利をもたらし易くしているのか?」等を

「考える」なら

「該当ウィルスが自然発生では無い、ソフトウィルス工作兵器等」の「場合」、

「中国共産党の覇権取得の為の自爆も含む工作である可能性」や

「散々の極悪事を積み重ねて来ているが故に、全世界から経済制裁が与えられ、

中国武漢も含む海外労働者の引き揚げまでをも行わされた、

北朝鮮金政権等による報復経済制裁工作である可能性」等も

「浮上して来る事に成る」。

「自然発生」なら

「系列を辿れば、其の元が判明する事に成る筈」で

「何れにしても、該当ウィルスの正体解明」も

「絶対に忘れてはいけない急務に成っている事に成る」。

「何故、急務か?と言えば、万一工作だった場合には、次の工作が行われてしまう可能性も決して低く無い事に成るので

早急な実効のある対処が必要に成るから」だ。

「該当ウィルスに対する薬やワクチンの製造も需要な事は言うまでも無い事に成る」が

「ウィルスの正体解明も、絶対に忘れるべきでは無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス問題までをも、他の問題と組み合わせたりもしながら、

反現政権政治運動の具にしてた事」等には

「本当に、呆れた」が

「其れは、何時もの事でもあり、該当番組制作者や常連出演者等の人脈の露呈でもある事に成る」。

「自殺してしまった地方財務公務員の問題」でも

「其の関連問題について再調査するべき!」とは

「調査により判明させられている実態が反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ常連出演者等々にとって

都合に沿わない内容だったから」と「強く推定出来」、

「都合に沿う結論が出ていない調査等には、難癖を付けるが、

都合に沿う結論が出ている事には、再調査等を求めないダブルスタンダードの醜悪さ」は

「もはや、大衆周知レベルに成っている」から

「そんな事を行い続けている政党等は少数派野党と成っている」のが「選挙があるから民意反映も在る政界」で

「選挙も無いから民意反映も不十分な戦後日本の情報・教育界の遅れぶりや、

醜悪さ、劣悪さ等々ばかりが目立っている状態に既になっている」のに

「未だに、旧態依然とした論調のまま公共の電波上で大喧伝状態・・・」では、

「自ら進んで、永遠の恥辱に染まる道の上での存在を大きくして頂戴!等と

自虐的な訴えをしている様・・・」で

「本当に、哀れに成る」。

「情報・教育等々の精神文化側の仕事を行うなら、天動説状態から地動説状態への是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本当の感染実態や免疫・抗体保持者の実態が判らない限り、

市街地から家の中への人々の集中場所の変更が正解に成るのか?否か?も良く判らない」。

「現状の検査状態」で「感染者が増えたゾ~!等と実質的に、脅しても、良い効果は出辛い筈」だ。

「感染者が出たゾ~!では無く、

今回検査した人々何人の内、感染者何人、

内、無症状者何人、軽症者何人、中程度の症状がある人何人、重症者何人、死亡者何人、

累計、それぞれ何人ずつ、の経時変化をありのままに原寸大で伝え、

更に、それぞれの状態の人々に共通している要素は何々・・・と続け、

ウィルスの正体解明の探究等も忘れない!」のが

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信の実態に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「感染実態情報???の自粛」で混む場所が変わっている様だが・・・。

『「感染実態が良く判らない状態」で「多くの人々が家の中で集合し、長い時間一緒に居る事の実効」が

「良い結果に成るのか?悪い結果に成ってしまうのか?」は

「感染実態が判るなら、ある程度以上確かに推定出来る事に成る」。

「感染実態を判明させる為」には、

「それぞれの地域で、免疫・抗体保持者割り合いも調べる市中疫学的調査等を行う事」が

「合理的に成り」、

「其の結果をメディア等でちゃんと公表する事が適切に成る」。

「感染検知者から追う現状の感染検知検査のやり方」でも「ある程度の感染実態の推定は出来る」が

「メディア等で大々的に公表されている情報内容では明らかに不十分」だ。

「検査対象者の約8割は感染していなかった」とか

「感染者の多くが重症化していない」等々の「情報は在る」が

「検査対象者の約8割が感染していない事=市中感染者割り合いも同じレベル」とは

「限らない」のは

「既に、免疫・抗体等を持っているか?否か?の検査情報が無いから」だ。

「約8割の感染が検知されなかった人々の実態」が

「既に、感染し、免疫・抗体を持ち、完治している人々ばかり」なら

「市中感染率」が「かなり高かった時が在った事に成り」、

「約8割の感染が検知されなかた人々の誰もが免疫・抗体を保持していなかった」なら

「市中感染率も同様でも、未だ、免疫・抗体等を保持出来ていないが故に、感染のリスクた高い人々が多数居る事に成る」。

「実際は、其の間に入っている事が強く推定出来る」のは

「感染しても無症状・軽症で済む人々の割り合いがかなり高い」のが

「新型とされているコロナウィルス感染による実態だから」で

「其れは、まるで、同様のウィルスの前世代版にでも感染して免疫・抗体等を保持し完治している人々が多数居る実態の様」でもあり、

「多くの人々に該当ウィルスの感染しても重症化しない、上記以外の何らかの要因が在る実態の様」でもある。

「重症化し易い人々の状態」が「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々である事」も

「公表されている」し

「主たる重大な実害は重症肺炎であり、酷い場合には死に至ってしまう事である事」も

「公表されている」。

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が肺炎に成ってしまうと重症化し易い事」は

「他の肺炎の原因でも同じ」だから

「新型とされているコロナウィルスによる重大な実害の実態」は

「肺炎重症化者数と肺炎致死者数の増減が判ると理解・把握し易く成る事に成る」。

「今年の実態」は

「新型コロナウィルス対策として行われ続けて来ている感染防止対策により、

肺炎重症化や肺炎致死者数は減っているのではないだろうか?」

「もし、そうなら、

新型コロナウィルス自体の実害レベルは、

他の感染すると重症肺炎の原因と成ってしまうウィルス・細菌等の実害レベルと同程度塔と強く推定出来る事に成る」。

「他の重症肺炎の原因となるウィルス・細菌等に対して、今回の様な極めて大規模な感染防止対策が行われたのか?」等を

「冷静に考える」なら

「今回の大騒動」が「明らかに、普通では無い事」等も

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、良く解る事に成る」。

「肺炎致死者数が異常な程多く成ってしまっているところ」の「元凶」が

「必要医療設備の不足等と共」に

「感染!検査!隔離!大騒動による、

タダでさえ他の肺炎の原因等にも成り得る細菌やウィルス等が集中しがちに成っていて、

其れらに感染するなら免疫も忙しく成り、疲弊しがちに成り易い、

病院への人の集中」や

「免疫学的弱者状態の人々に重症肺炎の原因と成ってしまうウィルスや細菌等を

感染させない様にする生活習慣・精神文化等の不十分さ」等である

「可能性もかなり大きい事が推定出来る」。

「其の様な特定のところを除く」なら

「新型とされているコロナウィルス自体の実害レベル」は

「未だ、専用の薬やワクチン等も無い現状でも、

他の専用の薬やワクチンの無い肺炎の原因に成り得るウィルスや

既に、専用の薬もワクチンも在るインフルエンザ等と

同程度である実態が露呈している事に成る」。

「一番気をつけるべき事」は「ワクチンが出来るまでは、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々に感染させない事」に「成る」が

「本当の市中感染実態や自らの感染の有無等が多くの人々の中で良く解っていない状態」で

「多くの若い年齢層の人々の家での同居高齢者等との接触時間を長くする{対策}を実行する事」が

「果たしてどんな実効をもたらしてしまう事に成るのか?」

「また感染を避けさせる事は、

無症状や軽症で済む状態の人々にも免疫・抗体等を得させない事でもある」から

「今後も、同じウィルスの感染リスク起きる度に、感染防止の自粛等を続けなければ成らなく成ってしまう事でもある」。

「大量の自国民の犠牲も厭わず、多数の人々に感染させ、免疫の防波堤を多くの人々に持たせた実効もある対策を行った

中国共産党支配下の中国武漢では、

早々に、仕事も経済も復活させて

他の感染対策を行い続けなければ成らないところを尻目に、

如何にも正当ぶって中国共産党による指導の成果等を大喧伝し、

其の支配地域を拡げる事等が

容易に成り易く成ってしまう実態が露呈している事に成る」。

「該当ウィルスが中国共産党等のウィルス工作兵器であり

覇権取得工作の為に自爆テロから始められた可能性の臭い」等が

「濃厚に漂って来る実態が其処に露呈している事にも成る」が・・・。

「ウィルス工作」なら「北朝鮮金政権等による報復経済制裁の可能性も高い」と

「強く推定出来る」のは

「ウィルスが無効化し易い、大気工作が行い辛い、雨天等の日々には、

往々にして電磁波工作等他の非人道的な工作等が強化されている実態も在るから」だ。

「もちろん、工作電磁波も雨や空気中の水分等の影響を受け、少々は弱体化し易く成る」が

「元々が水槽の水さえも通り越して悪の実効をもたらす事が可能な工作電磁波がウィルス等よりは通りが良い事」は「確実」で

「故に、そちらを重用している様相」だから

「其処に、工作濃度を保ちながら上げて行く連続集団工作等との相関関係を感じたり、見出したりする事」等は

「実質的に、容易な事に成っている」。

「此の辺りの実態からも、北朝鮮金政権等がかなりアヤシイ事」等は

「日本国内等の多くの人々が実感等している通り」等と

「言える事にも成る」。

「そして北朝鮮金政権等のオトモダチや手下やお仲間等も多い戦後日本の情報・教育界や政界の一部」が

「今回の{長引く該当ウィルス対策}を言い出し、

先の三連休時に数多く感染し無症状状態の人々が居ても不思議の無い状態での

{家庭内で高齢者等とも一緒に居る時間を増やす対策}を

要請した」。

「其れによる{実効}が出た時、オーバーシュートだ!ロックダウンだ!等々と

{益々、日本が困窮する対策}を

正義ぶって言い出す予定なのかも知れない」等の

「感や思いを抱かされてしまっている」のも

「実態を明らかにする情報を圧倒的に不足状態にしている中で、

オーバーシュート!ロックダウン!脅しや、

自粛!等の要請や

有名人の感染{脅し}や

{これが優等生}推奨等を

前出しにした情報配信を続けて来ているから」だ。

「同じ病室内に居たダケ」で

「其の病室の全員が感染者に成った」程の

「閉鎖空間での感染力が強い該当ウィルス」なのに

「閉鎖空間である場合が多い家庭内に、

感染しても重症化しない場合がほとんどの状態の、現時点での感染の有無が判らない若い年齢層の人々と

感染してしまうと肺炎等に成ってしまい重症化してしまう可能性の高い高齢者層の人々を

集合させる{対策}」が

「どの様な実効をもたらす事に成るのか?」

「市中を空かせる事により新たな市中感染を出来る限り減らす対策の実効」が

「家庭内感染者を出してしまう実害」より

「圧倒的に高い状態に成るのか?否か?」は

「市中感染実態等が判らないと良く判らない事に成る」。

「しかも、現状では、感染自体が大問題にされ、感染していると隔離されるのが通例に成っている」が

「実際に、基軸にするべきは実害・実益であり実体解明」だ。

「(検査数を増やせば増えるのが当たり前の)感染検知者が大量に増えたゾ~!等と{脅す}のでは無く、

感染研知者の内、

感染者割り合いは何割、

無症状何割、

軽症何割、

中程度の状態何割、

重症何割という実態を

経時変化と共にありのままに伝える」のが、

「事実・現実情報の原寸大配信に近いやり方に他ならない」。

「其れと共に、ウィルス自体の実体探究情報や判明している現状や今後等も配信するべき」だ。

「其の様な情報配信内実」なら

「多くの人々の中で情報配信者等に対する不信感等が生まれる事も減り、

実態把握が出来ている多くの視聴者・読者等も

適切な原寸大対応行動等を起こす事が出来易く成る」。

「いくら選挙により民意反映の結果として立場を得る事が出来た者の言う事」でも

「言っている事が天動説のまま・・・だけど信じなさい!状態」では

「多くの人々が、本気で認めたり、信じたり、する事が出来る訳も無い」。

「実体・事実・現実情報の原寸大配信の後で、

合理的な原寸大対応を要請等する地動説状態」なら

「其の事自体が強い説得力を持つ事に成る」。

「今時の情報配信や政治等のあるべき姿が其処に露呈している」。

「現状の是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「家庭内感染を防ぐ為」にも

「家に集合していても基本的に別々」で

「会話等は小声で最小限、接触感染を防止する為の消毒を徹底し、

換気は大切でも大気工作等が在ったなら逆効果に成る可能性も大きいから用心して、

電磁波工作にも気を付けて、必要なら対策(筆者の場合の対策等は、かなり前の対策関連後の方の記事等に記してある)して、

大気工作等在り等で、環境の悪いところなら、

洗濯モノは室内干し、抗ウィルス効果もある空気清浄機の実用がお薦めだけど、

大気工作在りなら集団連続工作が行われている可能性も大なので、

家に居ない時の侵入工作と電磁波工作にもくれぐれもご用心!」

「自粛{対策}」から「該当ウィルス問題が収束方向に向かう」なら「良い」のだが

「自粛{対策}~オーバーシュート~ロックダウン等々と事がどんどん悪く成る様なら、

元の対策自体がおバカ対策{劣}や工作{悪}である可能性も強く成る事」も

「忘れてはいけない事に成る」。

「其れは、人間社会・経済全ての{対策}について言える事でもある」。

「劣悪な情報・教育界、政界等々なら、其の劣悪を是正する、させる事が適切に成る」』。

『「該当ウィルス感染基軸大騒動が地球温暖化抑止の為の大芝居等なら、未だ、マシ」だが・・・。

「劣・悪故で更に自虐度アップ」では「本当に、とんでもない事に成る」。

「地球外高度生命体等が存在していて、裁きを下す」なら

「一端地球事消滅させて再試行!」でも

「何の不思議も無い実態が其処に露呈している様でもある」が・・・』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス{感染}大騒動!を続けたがっているのは何故?・・・。

『「今時の自由・民主主義圏の多くの民」は「指導者等の命令や支持や要請等々で自らの行動を決めているのでは無く、

実態情報等を基に自らで判断して行動等を起こしている」のだから

「新型とされているコロナウィルスメディア問題」でも

「メディア等で先ず伝えるべき」は

「常連出演者等による{脅し}や行政からの要請等では無く、

該当ウィルスの実体や実害・実益等に成る」。

「最初に実体・実害・実益等を原寸大で理解・把握出来ている」なら

「多くの個々の人間たちが選択する行動等」は

「自ずと自虐性を出来る限り抑えた原寸大対応に成る」。

「現状の様に

実害・実益とは直結していない感染や検査基軸の情報配信を先ず行い、

実体・実害・実益情報は十分に伝えず、

後に、行政等からの要請を喧伝するメディア情報配信のやり方」では

「多くの視聴者・読者等が実体・実態把握が十分に出来ていない状態に陥らされる事に成り、

其れ故の本来なら不要な不安や恐怖心等も抱かされ易く成っているが故に、

過剰備蓄や買い占め~転売や反動的大騒ぎ等々が誘発され易く成る」。

「実際に、メディア情報等により、其の様な状態に導かれている実態が露呈し、

其れをダシに常連出演者や常筆等が優等生ぶり正義ぶり、批判・非難等している」のが

「現状の酷く劣悪な実態」で「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日のテレ朝朝番等では、

ソフトな論調で多くの視聴者等の共感を得ようとしていた様相でもあったが、

表現がどんなに上手くても、如何にも良心的等であったりしていても、

内実が実体・実態情報不足で、多くの人々を行政首長や常連出演者等の言う事に従わせようとしている状態」では

「多くの視聴者等からの信頼を得るのも無理」で

「実体・実態情報不足で説得力の無い論等を喧伝等している、

何処の局でも、番組でも、同様の者たちばかりが主扱いという逆差別利権上に在る常連出演者やゲスト解説者等」の

「醜悪さ等が、意識の有無は別にして強く認識されている事に成る」のが

「実体・実態の世界」だ。

「誰かの下の保護状態で育成されているから、保護している物を信じ、いう事もきく」とは

「親子等の関係」で

「少なくとも身体年齢等は成人レベルに達している場合が多い、多くの視聴者・読者・生徒等を

子ども扱いしていう事をきかせようとしている(実質的には、操ろうとしている)様な実態を露呈し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信や幼少期を除く学校教育等の

酷い劣悪性等」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「狭義の自分自身も広義の自分も含めたあらゆる者・物・事等の

実体・実態の理解・把握を原寸大で十分に行う事が出来る様な人間を育てる」のが

「今時の情報・教育の当たり前」で

「未だに、何処かの誰かの指導に従順に従う有益分子の育成と其れに不都合に成る不適応分子の粛清を

行い続けようとしている実態を露呈させている」のでは

「其の時代錯誤、時代遅れぶり」は「本当に、異常な程深刻なレベルに在る事に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス問題」でも

「実体情報」として

「主たる大きな実害」が「肺炎致死である事」は「実質的に、既に、喧伝等されている」。

「其れなのに、何故、肺炎致死者の増減という重要実態情報を配信しないのか!」

「其の辺りを多くの視聴者・読者・生徒等が理解・把握出来ている状態に成る」なら

「主たる大きな実害が急に増えている」なら「必然的に徹底した対策行動等を取る人々が多数派に成る」し

「主たる大きな実害が少しづつ増えている」なら「相応に強く気を付けた対応行動等を選択する人々が多数派に成る」し

「主たる大きな実害が新型コロナウィルス問題発生以前と変わっていない」なら「今まで同様の対応行動等を選択する人々が多数派に成る」し

「主たる大きな実害が減っている」なら

「其の原因を知りたく成り、

其れが、

例えば、

新型コロナウィルス対策を行った事によりインフルエンザ等起因に肺炎致死の抑制にも繋がっていたからだった事等が判明したなら、

新型コロナウィルス問題は別にしてでも肺炎致死者を減らす為に同様の対策を毎年行う事のメリットと其の実現方法の構築等々へと

議論や実行対策や実行行動等の選択が繋がって行く事に成る」。

「重要実態情報を配信しない事によるデメリット」は

「不要な不安や恐怖心等を招くだけでは無く、

本来なら発生していない不健常な行動等も誘発させたりもするので、

本当に大きいモノに成る」。

「重要実態情報を配信しない事の罪」は「大きい」。

「封じ込めをする為なら感染検知検査と陽性者の隔離が有効な対策に成る」が

「封じ込めは既に失敗している」から「パンデミックに成っている」のが「新型とされているコロナウィルスの実態」だ。

「封じ込めが失敗した後」なら

「重要に成る」のは

「感染検知検査では無く、疫学的調査に成る」。

「それぞれの地域の市中感染率と免疫・抗体保持者の割り合い等の疫学的実データがメディアで大々的に報道等される」なら

「実際の感染実態と免疫・抗体保持者実態等を多くの人間たちが理解・把握し易く成る」。

「其の地域での実際の感染実態と免疫・抗体保持者実態等の理解・把握が出来ている」なら

「多くの人々が該当ウィルスに対して、それぞれの地域で原寸大の対応を行い易く成る」。

「更に、感染や免疫・抗体の実態が判る事により、新型コロナウィルス自体の実体把握も出来易く成る」。

「中国共産党支配下の中国武漢での自然発生ウィルスなのか?」

「ウィルス工作兵器なのか?」等々も

「感染実態や免疫・抗体保持者実態から推定可能に成る事にも成る」。

「ウィルス工作兵器だった場合」なら

「該当ウィルスに対する対策を行い、其のウィルスの問題が収束したダケでは対策不十分に成る事」は

「言うまでも無い事に成る」。

「同様のウィルスやもっと毒性の強いウィルスによる再工作も在り得る事に成る」のだから、

「ウィルス工作を仕掛けた元を撲滅・解消等させる事抜き」に

「ウィルス工作問題の解決は在り得無い事に成る」。

「何れにしても、ウィルスの正体を突き止める事も、非常に重要な事に成る」。

「該当ウィルスに対する実害を抑える為に必要に成っている事」は

「既に、明らかに成っている様なモノ」だ。

「主たる大きな実害が肺炎致死」であり

「其の大きな実害を発生させられ易い」のが「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人間たち」で

「年齢の若い世代の人々等免疫学的弱者状態に無い人々にとっての感染は多くの場合で大きな実害を伴わない事」だ。

「上記の様な実態情報」と「既に、失敗している該当ウィルスの封じ込めという実態」から

「通常考え出される有効に成る対策」は

「免疫学的弱者状態の人々の保護に成る」が

「現況では、全ての市民に対する行動制限や国境線等閉鎖策等が採られている」。

「地球温暖化抑止の為なら合理的に成る策」だが

「現状人間社会・経済システム上での経済的デメリットは膨大に成る」。

「実害・実益基軸で原寸大対応を行う」なら

「該当ウィルスによる肺炎致死者の数」と「経済衰退による経済圧殺等で実質的に、殺されてしまう物たちの数」との

「関係から」も

「自虐性が一番低く成るところに脅しどころが求められていて当然に成る」が

「現状では、圧倒的に主として高齢者に集中している肺炎致死者の数を減らす為」が「優先されている様相」だ。

「市中感染率や免疫・抗体保持者割り合い等の情報が十分に無いまま、感染ダケを大問題化している対策であるが故」の

「自虐性が其処に露呈している」と「感じたり、思ったりしている人々の数もかなり多い筈」だ。

「免疫学的弱者状態の人々を保護した場合」は

「免疫学的弱者状態に無い人々の間では感染が拡がる事に成り、

多くの人々が重症化しない中で、免疫・抗体を保持出来た状態の人々が多数生まれる事に成る」。

「多くの人々が免疫・抗体を保持する事により該当ウィルスに対する人間の防波堤が出来る事が、

感染問題の終息にも繋がっている事」は

「一気に感染者も含む、免疫学的弱者状態の人々も含む、大量の人々を病院に集中させて大量感染を起こさせ、大量の犠牲者を生み出す、

閉鎖・隔離策を採った中国共産党支配下の中国武漢の感染実態からも良く判る」。

「大量の犠牲を伴わずに、該当ウィルスに対する人間の防波堤を構築出来る策」が

「免疫学的弱者状態の人々の保護策」であり

「其れは、経済衰退も抑制出来る策でもある」のに

「其の様な原寸大対応策では無く、

地球温暖化抑止には効果的に成る全市民への行動制限や国境線等閉鎖策等が世界レベルで採られているのは何故か?」

「其の辺りからも、該当ウィルス問題のキナ臭い臭いが濃厚に漂って来ている」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数もかなり多い筈」だ。

「経済恐慌~戦争」という「人間社会行き詰まり解消の為の自虐度が非常に高い手段」は

「既に、何度も実践されてしまって来ている」のが

「現状までの人間の歴史の現実」だ。

「地球温暖化抑止~新世代人間社会・経済システムの構築というシナリオ」なら

「現状の{自虐的}大騒ぎ!も未だ、マシに成る」が

「経済恐慌~開戦の為の大騒ぎ!」では

「悪魔に魂を売り渡した者たち等による悪魔の策略の実践!」等に

「他ならない事に成る」。

「其の辺りの実体を解明し、報道等するのも、マスコミ人等の仕事の筈」なのに

「大騒ぎ!には加担でも、

実体・実害・実益原寸大情報配信等にも、

大枠の実体解明にも不熱心な様相を露呈させ続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者や常筆等の

酷く、劣悪な実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ニュース報道等も実体や事実・現実に基づいた原寸大では無く、

何処の局でも悪質性や自虐度の高低は別のまま同じニュースを偏重・偏向状態で取り上げている」のだから

「本当に、酷く劣悪に成る」。

「元締めが在って、此のニュースを此のくらいの大きさで流せ!等の命令・指令等でも出されている」なら

「合理的に成る実態が其処に露呈している」。

「選挙も無いから実権者人脈の交代等も圧倒的に不十分で、

未だに、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等が政権与党状態の実態を露呈し続けている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」等の

「酷く、寒い、実態に成っている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、異常でしょ!「小池都知事{脅し}でスーパー渋滞感染リスクアップ招き」や「最悪想定対策を訴える、実体・事実・現実情報配信不足のテレビ・マスコミ等」等・・・。

『「該当ウィルス問題等で、多くの人間たちが冷静な対応を実現させ易くする為に圧倒的に必要に成っている」のは

「実体情報であり、原寸大の事実・現実情報」等で「あり」、

「断じて、行政首長やテレビ出演者・マスコミ常筆等による大げさな訴え!」等では「無い」。

「原寸大の実体・事実・現実情報の把握を疎かにさせ、

大げさな訴え!で危機感等を煽り、規制したりする」なら

「多くの人間たちの中で、誘われた不安や恐怖心等故の過剰で過大な防衛反応が起こされ易く成ってしまい

其れに伴って、過剰備蓄等の不健常行動等を起こし易く成ってしまう事に成り、

其処につけ込んだ買い占め~高値転売等の悪稼ぎ等も行い易く成ってしまう事に成る」。

「原寸大の実体・事実・現実情報が圧倒的に不足させられているのは何故か?」

「其処にも、今回の該当ウィルス大騒ぎ!の重大な問題が在る事に成る」』。

『「元々、特定されたのは、昨年12月にしても、其の前から存在していた事は確実」な

「新型とされているコロナウィルス」が

「日本に入り込んでいた」のは

「例え、其れが中国共産党支配下の中国武漢での自然発生ウィルスであったとしても、

どんなに遅くても昨年内に成る」。

「東京圏での人の移動・行動実態を考える」なら

「とっくの昔に、感染者が多数居る情愛に成っていて当然」で

「今更、オーバーシュートで騒ぐ事自体、変な話しに成っている筈」だ。

「其れなのに、感染・検査基軸の対応を行い続けて来ている」から

「感染検知無き感染者は感染者に含まれず、

疫学的調査も行われていない(行われていても公表~大衆周知されていない)から

多くの人間たちの中では、本当の感染実態の推定や理解・把握等も困難な状態に成っている」。

「重症化率も低く、重症化したケースのほとんどが高齢者も含む免疫学的弱者状態にあった人々」という

「原寸大情報は在る」が

「重症化している人々の数の増減等の情報は実質的に無く、

該当ウィルスだけが原因とは限らない該当ウィルスにも感染していた人々が死亡した場合の死亡者数ダケが喧伝されている」。

「現状までの状況では、感染検知者数等は、検査の仕方等次第で実質的にコントロール可能な状態に成っている」から

「例えば、東京都で感染の可能性が高いところを中心に感染検知検査を積極的に行う、行わせる」なら

「感染者数(実際は感染研知者数)を急増させたデータを出し其れを重大危機等の旨で大喧伝等する事も可能に成る事に成る」。

「そんな状態で大喧伝されている事に根本的な説得力が伴う訳も無い」から

「多くの感染しても重症化する可能性が低い事は解っている状態の人々等が、

いくら、自粛!等を要請されても、其の必要性を実感出来ない状態に成っている」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「更に、イベントや夜の行動自粛!要請の実効」は

「実質的に、イベント関連企業等や夜の飲食店潰しに成ってしまう」から

「其の辺りを目的とした策略の臭いさえもが漂って来ている事にも成っている」。

「其のスジの仕事の多くの企業・店等を一端潰しておいて、

再開時には資本力等があるところが其の市場を占領する事が出来易くする策略の臭い」等も

「漂って来ている事にも成っている」。

「全体としての経済衰退化の実効も在り、其の先には経済恐慌が見え隠れし、

人類史上では経済恐慌の先での戦争が繰り返されて来ている」から

「戦争を起こす、起こさせる目的でもあるんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を抱かされてしまっている状態の人間たちの数も多い筈」だ。

「該当ウィルス大騒ぎ!」にも「地球温暖化抑止等の実益」が「在る」が

「其の為に、世界の国家指導者等がつるんで大芝居を行っているのでは無い」のなら、

「本当に、悪質なモノが此の大騒ぎの裏に在る可能性は、決して小さく無い」。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「其の悪質性はもはや言うまでも無い事に成る」。

「例えば、世界中から海外労働者という外貨稼ぎの道具の引き揚げを強いられた北朝鮮金政権等が

其の置き土産として中国武漢にウィルス工作兵器等を残し、

お仲間組織やメディア等とつるんでソフトウィルス大騒動!による報復経済制裁を行っている」等と「考える」と

「結構な整合性を見い出せてしまう人々の数もかなり多い筈」だ。

「日韓内で致死者が少ないのは、

同様のソフトウィルスの前世代版を日韓内ではばら撒く実験が既に行われていた事により、

其の類にウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている人間たちの割り合いが高いから!かも知れない」。

「検査の面から言うなら、PCR検査の信頼性確度は6割程度であり、

綿棒で喉等の粘膜から検体を採取では、

其の部分の粘膜を一時的に薄くする事にも成るし、

粘膜の上に載っているダケのウィルスでも検知する事にも成る」。

「粘膜の上に載っている状態のウィルス」なら「無症状や軽症でも当然に成る」が

「粘膜を薄くされた部分からウィルスが身体細胞に入り込み易く成れば、より重症化し易く成る」のは

「ある意味当然の現象」で

「其処に、行政圧力やメディア情報による不安・恐怖心等煽り免疫力低下情報工作の悪の実効までもが重なってしまう」と

「本来なら重症化しなかった人々までも重症化してしまい易く成る事にも成る」から

「重傷者数までもが工作的手段で増加させる事も出来てしまう事にも成る」。

「感染・検査基軸の対応」は「明らかに変」で

「実体や実害・実益基軸の対応に直ちにでも切り替える事」こそが

「行政やメディア等の信頼性回復にも直結している事に成る」。

「感染の専門家会議」では「感染が拡がり易く成ってしまう」のは

「行政もメディアも一般市民も、感染に興味を抱かせられ、無意識レベルでも感染方向に引き摺られ易く成ってしまうから」だ。

「原寸大の実体や事実・現実を基にした実害防止対策を行う事」が「適切に成っている」のだから

「専門家会議等の組織をつくる」なら

「原寸大把握・対応を軸にした実害防止専門家会議等にすれば良い」。

「感染の専門家も経済や社会の専門家も実体や事実・現実把握の専門家も実害防止対策の専門家も居る専門家会議等からの

提言」なら

「原寸大の実体や事実・現実情報に基づいた原寸大の実害防止対策の提言と成っていて当然で、

其の説得力も根本的に高い状態に成る事に成る」。

「必要なのは、其の様な事を実現させる事に他ならず、

悪戯に、危機感を持て!等と大喧伝等して不安や恐怖心等を煽る事や、

自粛を要請したり規制を行ったりする事等では断じて無い」。

「実質的に、免疫力・経済力等を落させる対策」では

「該当ウィルスが報復経済制裁の為のソフトウィルステロ工作等だったなら、報復経済制裁を手助けしている対策に成っている事にも成る」。

「其の辺りの真実を多くの人間たちが理解・把握出来る様にする為」にも

「実体や事実・現実を露わにする事に繋がっている、免疫・抗体調査も含めた疫学的調査等を行うべきで、其の結果を公表し大衆周知するべき」だ。

「実際の市中感染率が推定可能に成り、免疫・抗体等保持者率も推定可能に成る」なら

「ウィルス自体の実体把握も行い易く成る」。

「感染実態を推定・判明させ其れを大衆周知した後、

其れが自然発生ウィルスで、主たる実害が肺炎重症化~致死等であり、既に市中感染率も高いなら、

其の主たる実害を防止・抑制する為に必要に成っている肺炎治療・医療の充実・実践等を行う事こそが一番必要な事に成る」。

「多くの人々に行動や経済活動等を自粛させる事より、

免疫学的弱者状態の人々に徹底して感染させない様にする事の方が

遥かに合理的な原寸大対策に成る」から

「其の辺りをより判り易く理解・把握等する事が出来る様にする為にも、

市中免疫・抗体保持者率等の調査を行い其の結果を大衆周知する事も重要に成っている」。

「調査により、ウィルス工作である可能性が高い事等が露呈した」なら

「医療・治療が必要な感染者に必要な医療・治療を提供し続けると共に、

そんな非人道的な工作を行ったところに対して応分の強烈な制裁等を与える事により元を撲滅・解消等する、させる事こそが、

合理的な対処法に成る」。

「何れにしても、実体や事実・現実の原寸大理解・把握抜き」では

「お話しに成らない」。

「実体や実害・実益基軸の原寸大情報配信と行政対応等が激烈に望まれている」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「人類誰もの広義の自分でもある地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れる日常状態の構築と其の維持、健常進歩・正常進化」が

「強く求められている」。

「現状の個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化側の

物質文明側に対する大きな遅れは、早急に解消すべき全人類の一大命題に他ならない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝では「朝番では疫学的実態調査の必要性を十分に訴えず、昼番では常連出演者等が抗体調査に抵抗的」等々と新型コロナウィルス問題の現実を明らかにされたら困る様相でもあったが・・・。

『「人間とは実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて落ち着ける生物でもある」。「新型とされているコロナウィルス問題」では

「コロナウィルス自体の実体や、主たる実害である肺炎致死者の増減や、免疫・抗体保持者の実態等の情報を得る」なら

「多くの人々が落ち着き易く成る」が

「現状の様に、感染・検査基軸で、

またまた感染(実際は検知者)数が増えたゾ~!とか

有名人の誰々も感染していたゾ~!等々と

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が大騒ぎ!状態」では

「多くの人々は、

落ち着くどころか不安・恐怖心等を抱かされ易く成り、

其れに基づいた行動等を起こし易くなってしまう」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信・教育等を行っているのでは無く、

上辺のイメージで視聴者・読者・生徒等の共感を得る事により、

実質的には視聴者・読者・生徒等を頼らせ、操り画がっている、

劣悪な情報・教育等の実態が其処に路程している」が

「其れは、いったい何処の誰の為に行っている事か?!」

「新型とされているコロナウィルス問題」で

「圧倒的に変な事」は

「其のウィルス自体や免疫・抗体保持者も含む感染実態の実体探究」が

「異常な程、疎かな事」だ。

「同様のウィルス性肺炎を引き起こすウィルスが他に在るのか?否か?」や

「其れら以前から在ったウィルス性肺炎の原因と成り得るウィルスと比べた毒性の強さ・弱さはどうなのか?」は

「既に、少なくとも概要は判明していて当然に成る」。

「はっきり言うなら、他の多くのウィルス性肺炎の原因と成り得る、既に、其の存在が特定されているウィルスよりも、

毒性は弱いのが現実」だろう。

「該当コロナウィルスが自然発生ウィルスだった」なら、

「新型とされているが、本当に新型なのか?」も「大いに疑問になる」のは

「以前から、ウィルス性肺炎の原因に成っていると臨床上で推定されたウィルスの中には不明ウィルス扱いのモノが少なからず在るから」だ。

「其の不明ウィルスが重症肺炎患者の中から特定された事」により「{危険な}新型扱いが始まり」、

「新型なら、肺炎重症化以外にもどんな悪影響があるか判らないから、

とにかく感染者を検知して隔離だ~!の大騒ぎが始められ、

メディアが其の大騒ぎを増大化して多くの人々の感染に対する不安や恐怖心等を過剰な程煽る事により、実質的には、免疫状態を悪くして、

更に、感染者も含む多くの不安に煽られた人々等を病院に集め、

ウィルス濃度の高い場所を創り出すと共に、

PCR検査で喉の粘膜等を実質的には薄くする事でウィルスの感染を助けてしまった」から

「新たな感染者が急造」し

「医師の負担が増え」、

「隔離!で重症者では無い人々にまでも病床を与えた結果」、

「重傷者の治療もままならない状態にも陥り」、

「其の結果、通常では在り得無い死亡率に達してしまった」のが

「中国共産党支配下の中国武漢やイタリア等の実態」等と

「推定出来てしまう事では無いのだろうか?」

「世界レベルでは多数の死亡者を出し続けて来ているインフルエンザの対策」に

「先ず、感染検知検査、そして感染者の隔離等が在るのか!」

「もし、そんな事を行っていたなら、とっくの昔に、現状より遥かに酷い状態に成っていた事は想像に難く無い」。

「今までに判明している毒性実態からすれば、明らかに、インフルエンザ以下の様相が露呈しているコロナウィルスに対して、

何故?メディア等は過剰で異常な大騒ぎ!を煽っているのか?」

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を行っている地動説状態では無い

上辺のイメージで共感を煽る事等により依存心を持たせ、視聴者・読者等を信者の如く操り続けようとしている天動説状態のメディア」が

「其処に路程している事に成る」。

「また、該当コロナウィルスがウィルス工作兵器の一つである可能性も未だ、否定出来ない状態のまま・・・」だ。

「其の辺りの実体解明に繋がるかも知れない」のが

「日韓の死亡者数の少なさ」だ。

「もし、該当ウィルスがコロナ好きな北朝鮮金政権等配下の軍部等により、工作兵器として開発されたモノの一つだった」なら

「其れが初めてのウィルスとは限らず、

何度も開発したウィルス工作兵器による実証実験等を重ねて来ている可能性も大きい事に成る」。

「北朝鮮金政権等の工作手段の実態」は

「工作自体が表立ってバレて大非難を浴びるやり方は弱小国故に行い辛いので、

実際に、集団を使った濃度による不適応分子粛清等の非人道的で陰険な手法が用いられている」。

「工作を仕掛ける各国内に入り込んでもバレ無い様に工作員を育てる為の道具として其の国の民を拉致する事から始めているくらい」で、

「長時間必要に成ってもバレ無い限り連綿と工作を続けられ、

時と共に大きく成る工作の実効により、例えば、乗っ取り支配の実現等までをも、期待出来る事に成る、

北朝鮮金政権流の、非人道的で陰険なやり方が其処に在る」。

「工作濃度を高める為の道具としてのソフトウィルス工作兵器の開発も行われ続けて来ていて当然」で

「其の実証実験も、日韓内等では行われていて当然に成る」。

「アッと言う間に大問題に成る強い毒性のあるウィルスの実用は直に多大なる反発を招く事に成る」ので

「開発はしていても実証実験は行っても北朝鮮内に留まっている筈」だが

「ソフトウィルスの場合」は

「日韓等、予定乗っ取り支配先の国々内で実証実験を行っていて当然に成る」。

「毒性や感染力の検証や濃度で粛清する為に使える組み合わせ道具の開発~製造~使用等」も

「行われていて当然に成り」、

「実際に、親の片方が日韓併合時の朝鮮半島内に居た戦後産まれの筆者等の様に、

戦後の日本国内には、

高濃度集団工作実験ターゲット状態で人生を送らせ続けられている人間たちも少なからず居る」。

「筆者の周囲では、電磁波工作・飲食物工作・大気工作・侵入工作・医療工作等々が集団ストーカー状態の物たち等により行われ続けて来ている」が

「戦後の日本には実効のあるスパイ・工作活動対策が実質的に無い状態なので、

非人道的な状態はず~と続いているまま・・・」だ。

「ある時期から、其の存在に気付いた筆者の場合」は

「実害を出来るだけ抑えるべく自己防衛をし続けて来ている」ので

「現況でも、相応に健常状態を保てている」が

「対策には、相応に金も時間も手間もかかる」ので「大迷惑」だ。

「濃度で粛清する工作の悪質性が高いところ」は

「個々の、例えば、電磁波工作ダケでは、法律上では迷惑レベルで、刑事事件化も其れによる実傷害等が出たなら・・・等と成ってしまう上に、

集団工作で犯人の特定も比較的難しく、特定出来ていたとしても、迷惑レベル扱いでは、其のまま現状の警察等が摘発出来るとも限らないので、

実質的には、自主防衛し続けるしか無い状態に成っている」し

「もちろん、電磁波工作ダケでは無く、大気工作や飲食物(侵入の場合もある)工作等々の組み合わせで濃度が高められている状態」だから

「基本的には、非人道的な集団工作活動等を仕掛けている大元が是正でもしない限り、此の状態は終わりそうも無い」が

「北朝鮮金政権等の先が其れ程長い訳も無い」と「強く推定出来る」のは

「今回のコロナウィルス問題からも、北朝鮮金政権等の臭いが濃厚に漂って来ているから」だ。

「日韓で死亡者が少ない事の裏」に

「北朝鮮金政権等による該当ウィルス或いは、該当ウィルスの前世代版等による実験が在り、

其の事により免疫・抗体を得ている人々の割り合いが高かった事が在った」なら

「新型とされているコロナウィルスが北朝鮮金政権等によるソフトウィルス工作兵器である可能性が高く成る事に成る」。

「其の実体検証に役立つ」のが

「疫学的調査に成る」が

「其れに、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等による実験掌握割り合いが高いテレビ等が消極的・・・と成ると、

益々、北朝鮮金政権等による・・・等の濃厚な臭いが漂って来る事に成る」。

「抗体調査も同様の効果がある事にも成る」ので

「安全に医療の仕事等を行えるか?否か?ダケに抗体調査を押し留めようとする」なら

「ある意味、疑われて当然に成る」。

「該当ウィルスが自然発生では無かった場合、

中国共産党の覇権取得の為の自爆工作からの流れである可能性もある事に成る」が

「北朝鮮製のソフトウィルスの実証実験が、

其れ以前の同様のソフトウィルスに対する免疫・抗体保持率が低いところで行われ、

其の後の情報工作等と重ねられる事により

報復経済制裁工作が実践されている等の可能性の方が、

より可能性が高い」等と

「感じたり、思ったり、させられている」のは「筆者たちダケでは無い筈」だ。

「多くの人々の行動制限等が本当に必要に成っているのか?否か?」を

「多くの人々が納得出来る為」には

「敗戦致死者の数の増減や免疫・抗体保持者割り合い等も含む、

該当ウィルスの毒性実体や日本国内の人々の感染リスク実体等を明らかにする現実情報が必要に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成っている」。

「其れなのに、未だに、感染・検査で大騒ぎ!

感染者がマタマタ増えたゾ~!

有名人も感染したゾ~!

みんな行動を自粛しないと(報復経済制裁効果も減ってしまうし)大変な事に成るゾ~!

いう事を聞かないなら(ウィルスをばら撒いて)オーバーシュート状態(を創ったり)に成るゾ~!

東京ロックダウン!は恐いだろ~!等々」では・・・。

「既に判明している感染実態から言える事」は

「ウィルスを深部に大量に感染させない事」が「重症化しないコツに成る事」だ。

「粘膜を保ち、ゆっくりとした鼻呼吸を徹底して、深い呼吸や其れを伴う会話等は控える事が有効に成る」。

「接触感染を避ける為にも、手洗いや消毒等は有益に成る」。

「緩く感染して無償の免疫・抗体を得るメリットも在る」から

「重症化リスクが低い、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々以外は、過剰な萎縮で免疫力・経済力等を落す事を避けた方が合理的に成る」。

「高齢者を含む免疫学的弱者状態の人々に感染させない様にする事を徹底する事は、インフルエンザ等と同じ話しに成る」。

「急に重症化の裏には、ウィルス工作や医療工作や大気工作や電磁波工作等々が在る可能性も否定出来無い」から

「其の辺りに対する検証・防衛等も忘れてはいけない」。

「何れにしても、落ち着いた冷静な対応の為に必要に成っている」のは

「実体情報であり、実害・実益基軸の原寸大の事実・現実情報」に「成る」。

「感染・検査基軸の不安・恐怖心等{共感}煽り、過剰自粛~免疫力・経済力等低下誘い情報配信状態」は

「明らかに変」だ。

「変な事の裏に何が在る?」

「情報工作員等なら其れを黙殺・圧殺せしめるのが当然かも知れない}が

「ジャーナリスト等なら、其処を明らかにする取材等も行うべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「小池都知事のロックダウン!{脅し}」や「{3}週間隔離!医師出演」等により新型コロナウィルス感染大騒動!を維持~激化させたい様相でもあったが・・・。

『「北朝鮮系と言われているあの小沢氏の下で政治を学んだ経験もある小池都知事」が

「東京都が、もし、新型コロナウィルス感染オーバーシュート状態に陥ってしまったら、ロックダウンもあり得る旨、大喧伝した」が

「今更、云うまでも無く、東京都の感染実態が感染検知検査により判明させられているモノと同じである訳も無く」、

「感染検知検査で判った感染者の内、感染経路不明者が半分以上という実態から」も

「中国や朝鮮半島等との人の交流も激しい東京圏での新型コロナウィルスの感染自体」は

「当初の{発見大騒ぎ!}のかなり前から在った事」等は「容易に推定出来る」。

「西川口や池袋や新宿や横浜中華街等々には、多数の中国人も居て、

其れらの人々と中国本土の親戚・友人等々との交流も国境のハードルが下げられた後はかなり旺盛」だ。

「新大久保の朝鮮人街は有名」だが

「元々、日韓併合時に大量に自主渡来していたのが朝鮮人の実態」で

「先の大戦終戦時に、朝鮮半島内の日本人は其のほぼ全てが強制的に日本本土に帰還させられた」が

「日本本土内に居た朝鮮人の多くは日本に居残り、朝鮮半島内が南北分断後は当然の様に日本の中の朝鮮人等も南北に分断された」から

「北朝鮮金政権等の下に在る状態の朝鮮人が集団で戦後日本に居残り続けている状態に成っている」。

「そして、朝鮮人でも中国人でも、帰化のハードルは下げられている」から

「国籍は日本でも、北朝鮮金政権の下状態の日本国籍朝鮮人や中国共産党の下状態の日本国籍中国人が

実際、多数居る」のが「現実」だ。

「新型とされているコロナウィルスが、或いは、其れ以前から在るウィルスの内の幾つかが、

中国源流であっても朝鮮源流であっても、既に、日本国内には多数持ち込まれている状態に成っているのが現実」で

「特に東京圏も含む大都市圏では{ウィルス等蔓延り度}も高く成っている」のが「現実」だ。

「其の様な実態が既に在り、

新型と言われているコロナウィルスでも検査されていないが故に無い事にされている潜伏感染者の数も多い事が容易に推定出来る」のに

「新型とされえいるコロナウィルスによる重症化者数・致死者数が意外な程少ないのは何故か?」

「同様のウィルスに対する免疫・抗体等の存在が推定出来、

其の様な免疫・抗体を保持出来ている人間の数が多い事は、

ウィルス持ち込み、或いは、ウィルス工作自体は、

今回の新型コロナウィルスが初めてでは無い可能性が大きい事」等を「示唆している事にも成る」。

「非人道的な集団スパイ・工作活動等を行い続けて来ている物たち等」が

「今まで、ウィルス工作や細菌工作等は行っていない可能性は極めて低く」、

「其れらの工作が実践可能にするレベルの科学技術力を手に入れていた」なら

「先ずは、実験で、バレ無い程度の弱いウィルスや細菌等をばら撒き、其の実効等を検証すると共に、

濃度で粛清する工作の一部としても実用して来ている」のが「実態」と「強く推定出来る」。

「其の実験ソフトウィルス・細菌等に感染させられている人間たちの数が、東京圏等ではかなり多く成っていて当然に成る事」は

「{満員}通勤・通学等や集団イベント等の数の多さや商業施設等での人間の密集実態等々からも良く判る」。

「今までの、非人道的な実験が、

東京圏等の多くの人間たちに今回の新型とされているコロナウィルスにも対応出来る免疫・抗体等を保持させる実益を

非人道的な実験や工作等を仕掛けている側の意図に反し、もたらしている可能性が大きい事」等が

「推定出来る事に成る」。

「其の様な実験の無い地域」では「免疫・抗体等も育成されていない」から

「新型とされているコロナウィルスによる被害も大きく成っている」なら

「新型とされているコロナウィルスの正体」が「{ソフト}ウィルス工作兵器である可能性が大きく成る事に成る」。

「其の仕込み元」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「上記の様な実体の可能性の有無を検証する意味からも、ウィルス工作であるか?否か?等の検証が非常に重要に成る事に成る」。

「其れなのに、未だに、感染・検査基軸で大騒ぎ!を後{3}週間も続けたがっていた様相でもあった」のだから

「本当に、呆れた」し

「工作等を行っている側のお仲間情報工作機関か!」等の「感や思い等を抱かされる事にも成った」。

「工作等を行っている側のお仲間情報工作機関等では無いのなら、是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「さらに3週間自粛を!若者にも自粛を!」では

「経済的に強く無い店や企業等の多くが、其れこそ、廃業や倒産等の状態に追い込まれ易く成ってしまう事」等に

「メディの力を使って追い込んでいる様なモノ」だ。

「高齢者も含む免疫学的弱者状態には無い人々にとっての新型コロナウィルスの感染」は

「実態としては、無償のワクチン接種みたいなモノ」だから

「其れを阻害する事自体」が

「抗ウィルス人間防波堤の構築を妨げる事にも成っている」。

「一番徹底すべき」は「免疫学的弱者状態の人々に感染させ無い事」に「他ならない」から

「免疫学的弱者状態に無い人々は、感染自体を恐れるのでは無く、免疫学的弱者状態の人々との接触を慎む事を徹底する事」が

「合理的に成る」。

「同時に、保護が必要な免疫学的弱者状態の人々を保護する事が重要に成る」。

「健常の様に感染者を無症状でも軽症でも隔離する対処法」は

「ハードウィルス対策なら適切に成る」が

「ソフトウィルス対策としては明らかに不適切」だ。

「更に、感染者を集合させて隔離する事」は「集合場所のウィルス濃度を高める事に成り」、

「PCR検査の為に喉の奥等を入念に綿棒で擦る事は、其の場所のウィルス深部感染の救けにも成ってしまう事に成る」。

「行えば行う程、事態が深刻化して当然になるソフトウィルス対処法」が

「其処に路程している事に成る」。

「経済に対する影響も非常に大きく成って来ている」が

「既に、先に世界レベルの経済恐慌が顔を出し始めていて、

恐慌~戦争という繰り返されて来ている人間社会が行き詰った時の短絡的かつ自虐的な解決???法等も

見えかくれし始めて来ている」。

「ソフトウィルスを基に、感染・検査で大騒ぎ!し経済恐慌を招き、戦争に至る{シナリオ}」は

「いったい何処の誰が書き、其の{実劇}の監督を務めているのは、何処の誰に成っているのか?!」

「此の{シナリオ}と{実劇}が地球温暖化等抑止の為では無いのなら、

悪魔の手先が其処に居る事に成る」』。

『「{ソフト}ウィルスなら感染自体を大問題化するべきでは無い」。

「実害・実益基軸での冷静な対応が強く求められている」。

「其れなのに、未だに、感染・検査基軸で大騒ぎ!状態のテレビ・マスコミ・学校教育等々が蔓延っている」のだから

「戦後日本の情報・教育界の状態は、明らかに変」だ。

「免疫学的弱者情愛の人々への感染は徹底して防止しなければ成らない」が

「感染しても大勢に影響が無い、ばかりか、実質的には無償のワクチン接種状態に成る人々の

行動等を悪戯に抑える事で

本来なら不要な経済衰退まで招く対策等」は

「本当にどうかしている事に成る」。

「若者まで動くな!で若者関連産業等の多くも潰したいのか!」

「其処に路程している」のは「経済的日本乗っ取り支配等の為には有効に成ってしまう悪の策略」等に「成る」。

「死者」という「言葉」は「衝撃的」だが

「新型とされているコロナウィルスの主たる悪の実効に成る肺炎致死者の数の増減」は

「例年と比べてどれ程のモノに成っているのか?!」

「今年は、ウィルス対策の充実で、インフルエンザも抑えられた事により、むしろ減っている可能性だって決して小さく無い筈」だ。

「もし、そうなら、新型コロナウィルスによる悪の実効は、インフルエンザと同等、もしくは、其れ以下のレベル」等の

「話しにも成る事に成る」。

「其れで、自粛~経済衰退・・・恐慌~戦争誘い」は「明らかに変」だ。

「地球温暖化抑止等の為では無いのなら、本当に悪質な事が其処に路程している事に成る」。

「もし、肺炎致死者数が、インフルエンザが抑制されているのに、大幅に多く成ってしまっている」なら

「新型とされているコロナウィルスには、相応に強い毒性がある事に成る」。

「其の辺りをはっきりさせる為にも、肺炎致死者数の増減実態の実情報等は、

メディアでありのままに伝えられるべき情報に成る」。

「主たる実害の実態が判る」なら「多くの視聴者・読者・生徒等も、其の実害実態相応の対策を真摯に行い易く成る」。

「現状の様に、大変だゾー!ムード」で「大衆に自粛等を{強い}ても、其の説得力が弱く成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「問題にすべき」は「ウィルスの実体や、実害・実益」であり「感染・感染研知者数・検査等々では断じて無い」。

「イメージと共感で大衆を操るメディアによる危険性」は

「ナチス・ヒトラーのラジオ・マスコミ等悪用大衆誘導等から、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが既に学習済みであって当然の事でもある」。

「其れなのに、同様の事を未だに行っている」のが

「未だに、天動説状態の、所謂、精神文化側の、現状の多くの仕事・産業等の酷く劣悪な実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型とされているコロナウィルス」は「自然発生か?ウィルス工作兵器等か?」

「{ソフト}ウィルスの感染や其の検査を、{ソフト}ウィルスによる実害や実益より優先させているのは何故か?」

「更に、閉鎖・隔離策や、行動制限等々により、多くの人間たちの生活行動や経済行動等まで止めさせる事で、

実質的には、経済衰退~経済恐慌を誘っているのは何故か?」

「恐慌の先に戦争が付けられた人間社会行き詰まり打破法の自虐性をちゃんと理解・把握出来ていて、其の再発を防ぐ能力も得ているか?」

「地球温暖化抑止の為の大芝居等では無いなら、現状は、本当に変」だ。

「ウィルス工作なら工作元を絶つ」。

「自然発生ウィルスでソフトなら、

感染しても大勢に影響が無い人々は{無償のワクチン接種}を行う、行わせられる事を過剰に気にせず、

免疫学的弱者状態の人々をワクチンが出来るまで守り続ける」。

「其れが実体や事実・現実通り、原寸大の冷静な対応の筈なのに!」』

『「商業五輪問題」も「経済衰退化策の一つとして使われ始めている様相でもある」が

「中国共産党支配下の中国との繋がりが濃い、カナダやオーストラリアが早々に参加しない旨公言」等の

「実態」からも

「中国共産党による覇権取得の為工作の臭い」が

「濃厚に漂って来ている事にも成る」が・・・。

「現状の大騒動!処理実態から、

{ソフト}ウィルスが工作兵器であり、情報工作も在り、

工作兵器なら免疫の無いところでなら何時、何処ででも感染拡大を具現化出来てしまう事にも成る事」等との

「整合性の高さ」等を「感じたり、思ったり、等々している人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「当初、香港の一部メディアが暴いたとされていた、中国共産党のウィルス兵器の流失説」等は、

「徹底検証は非常に困難だった筈で、誰もが納得出来る検証も行われた実態も無い様相のまま、其の正・否も定かでは無いのに、

今、何処へ行った?」

「其の辺りの圧殺ぶり」等からも「中国共産党等による工作の臭いが濃厚に漂って来る事にも成るが」・・・。

「非人道的な工作を行えてしまう」のは「政権交代の無い独裁政権に成る」から

「中国共産党等も北朝鮮金政権等も、疑いを晴らす為にも直ちにでも民主化するべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「感染症{ご用達授業}まで行って新型コロナウィルス問題の思想統制!」を行いたい様相でもあったが・・・。

『「思想統制、もしくはマインドコントロール等の為の{ご用達授業}の正体」は

「まるで中国共産党等の指導員の様でもある、ご用達授業の{先生}の言う事等を鵜呑みにせず、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「最初に、感染症自体は紀元前から在った事」や

「新たな人間移動が原因に成った事」や

「幾つもの感染症の実態」を「覚えさせる事」で

「感染症自体の公然化」を「行い」、

「人間社会の感染症対応をダシ」に

「責任擦りつけ合い問題や、デマ問題や、差別問題等を、如何にも優等生的に訴え」、

「感染症との闘いでの人類の勝利!を言う」なら

「其れを、其のまま鵜呑みにした、させられた、多くの視聴者等の中」では、

「感染症の元自体は自然に発生しているモノだから仕方無く、

人間の移動は人間社会の発展に繋がっている事だから必要で其れに感染症が絡んでしまうのも仕方無い、が、

人類の科学力等の進歩・進化により撲滅出来た感染症も在る、のだから、

感染症とは戦って勝つ事が重要だ!

感染症自体は自然発生なのだから責任の擦り付け合いや

デマや差別等はダメだ!」等の

「感や思い等が育成される事に成っていても、ある意味、当然の現象に成る」。

「更に、最後に、ウィルス工作を仕掛けるなら、

工作を仕掛けた方も感染する危険もある旨や

工作を仕掛けるなら反対に同様の工作を仕掛けられる危険もある旨等を

想起させる{ウィルス工作の可能性は無い!}論まで付けていた」のだから、

「全体としては、自然発生感染症と人類の戦いで勝つ事!等を強調する事により、

ウィルス工作の可能性を否定する、させる!思惑等があるかの如き情報・教育内実に成っていた」。

「もちろん、言うまでも無く、

ウィルス工作を行っても必ずしも仕掛ける側が危険に成らない事は、

ワクチンや同類弱毒性ウィルス等により、

工作仕掛け前に、其のウィルス工作兵器に対する免疫を保持する事が出来ている状態等を

考えれば、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「現在の科学技術を使うなら、其の様な状態を構築する事も、もちろん可能」だ。

「報復ウィルス工作の嘘」は

「拉致工作に報復拉致工作が在ったか!等を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「今時、工作等非人道的な手段を使うところは、政権交代の無い独裁政権国家等と相場は決まっていて、

政権交代の無い独裁政権国家が非人道的な工作活動等を自由・民主主義圏の国々に仕掛けた場合に、

同様の報復工作を行う自由・民主主義圏の国々等は皆無に近く、

工作である事が判明したアカツキには、

其の工作の悪質性相応の、経済制裁や戦争等々、工作では無い手段での対応が行われる事に成る」。

「其れは、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等の悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対する対応等からも、

少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に他ならない」。

「今、新型コロナウィルス問題で重要に成っている事」は

「其れが、例えば、

中国共産党による覇権取得工作の一つである可能性や、

北朝鮮金政権等による報復経済制裁工作である可能性等々を

ちゃんと検証する事に他ならず、

最初から工作では無い事等を公然化する事で其の検証を行わない、行わせない事は、

もし其れが工作だったなら、工作を仕掛けている側を利す事に成るのだから、

絶対に避けなければいけない事に成る」。

「其れなのに、テレ朝昼番では、工作の可能性排除!マインドコントロール情報配信状態でもあった」のだから

「其の実態は、まるで、拉致を無い事にし続けていた当時の、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等々と同様」で

「拉致が実際に在った現実から言う」なら

「今回のウィルスが工作である可能性が非常に高い事」等を「其処に路程している事に成る」。

「新型とされているコロナウィルスの感染問題が大騒ぎ化されると共に、

日本国内の、筆者の周りの、北朝鮮金政権等の命令・指令の下と推定出来る、

電磁波工作や大気工作や飲食物工作や侵入工作等々も強化され続けている」。

「電磁波工作も大気工作も飲食物工作(侵入工作も含む)」も

「粘膜や脳も含む内臓や免疫等を弱体化し、ウィルス急激高濃度感染のリスクを上げる、悪の実効がある」。

「工作濃度で粛清する」のが「非人道的な工作による粛清法」で

「一つ一つの悪の実効は迷惑レベル程度で済む場合が多い」が

「其れが重なり、濃度が急激に上げられたりする」と

「かなりの確率で粛清工作が成功させる事が出来てしまう悪の実態を持っている」。

「新型とされているコロナウィルス自体」は

「高齢者も含む免疫学的弱者状態に無い人々が感染しても、重症化する場合はほとんど無い、いわば、迷惑レベルで済む、

比較的毒性の高く無いウィルス」だ。

「ところが、免疫学的弱者状態に陥らされている人間が急激・大量に感染してしまうと、

過重労働状態等故に、免疫学的弱者状態に陥らされていた事等が推定出来る、若い年齢層の医師等でも、死亡に至ってしまっている事も、

既に、判明している」。

「例えば、中国共産党にとって都合の悪い医師を工作濃度で粛清してしまった等とも取れてしまう実態が、其処に路程している」が

「もし、中国共産党等がウィルス工作を仕込んだのなら、

最初の{大量の自国民を犠牲にした自爆}で世界を欺いている事にも成り、

其の騙しの中に居る間は、中国共産党等を犯人から外して考えるのが、

世界中の多くの人間たちの実態」だろう。

「万一、中国共産党等によるウィルス工作だったなら、

世界中で最初の自爆故の騙しが利いている間は、

疑われる事無く、覇権工作の遂行が可能に成る実態が其処に路程している事にも成る」。

「感染症によって人間社会の体制や状態も変えられて来た事」も

「喧伝し、公然化しようとしていた」のが「感染症{ご用達授業}の教師等」だった。

「中国共産党等による全世界支配」が「ウィルス工作故に可能に成ってしまった!場合」でも

「感染症故の人間世界の変動は、歴史上にもよく在った事!」で

「済ませたい思惑でもあるのだろうか!」

「何れにしても、中国共産党等や北朝鮮労働党等のオトモダチや協力者等の臭いが

濃厚に漂って来る場合も少なく無い」のが

「戦後日本の所謂、左翼テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」だ。

「保守系とされている読売やフジ等からは、日本の保守では無く、韓国の臭いが濃厚に漂って来る場合が多い」。

「いったい、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は何処???状態が、

戦後日本国内では全国至るところで露呈し続けて来ている」。

「其の裏にも在る」のが

「日本国内に居続けている、非人道的なスパイ・工作活動等まで行ったり、協力したり、している場合さえある、

例え、帰化していても、核心は朝鮮や中国共産党等という、ブドウの実の様な集団」だ。

「異常な戦後処理の延長線上に存在している、普通の国には在り得無い集団が其処に在る」。

「どんな集団等でも、平和・共存目的なら、問題無い」が

「乗っ取り支配目的等なら、其の実体は、侵略者等に成り、

非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けているなら、

其の悪質性は、厳罰が与えられるべきレベルに成る」。

「情報・教育工作員的実態を露呈させながら、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で

重要な立場を占め、大きな実権も保持出来ている状態は、明らかに異常に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「自然発生ウィルスを撲滅して勝つ1」とは

「種を絶滅させる事を行っている様な事に他ならない」。

「宇宙に本格進出する時代」には

「ウィルス多様性も重要に成る」。

「ウィルスとも適材適所で共生する」のが「正当な対処法に成る」。

「自分の実体把握さえも十分に出来ていないから、自分に負けているが故に、

ウィルスも含む他の者・物・事等に勝つ事で自分に勝つ欲の代償欲求を追及している実態も

路程させている」のが

「独裁政権等のオトモダチや協力者等の実態も露呈し続けて来ている

戦後日本の多くの常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)等の実態」だ。

「人類の精神文化の健常進歩・正常進化の為」にも

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「独裁者等も自己健常支配を主にする」なら

「過剰な他者支配の極致でもある独裁の必要性も無く成る事に成る」。

「どんなに他の者・物・事等を上辺では支配出来ていても、内実の支配が、自らの内実を支配出来ていない者等に出来る訳も無い」。

「先に自己支配を行うなら、過剰な他者支配は不要に成る」。

「極めて、当たり前の事」だ。

「自己支配さえもロクに行えていない、今時の人類として根本的に劣っていたり、誤っていたり、している者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「新型コロナウィルス大騒動!問題」でも

「感染・検査基軸で大騒ぎ!状態のまま・・・」で

「未だに、実害・実益基軸の論等が主に成っていない現状」は

「明らかに、酷く、劣悪に成る」

「肺炎重症化者や肺炎致死者の数の増減」こそが「新型コロナウィルス自体の主たる実害・実益に成る」。

「風邪を引いたら、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんの近くには行かない事や、他の免疫学的弱者状態の人々にもうつさない様にしたり、

免疫学的弱者状態に成ってしまったなら、自分で自分を守る事も行う事等が、

日本の精神文化には依然から在る」。

「風邪なら学校や仕事には行ってしまう場合も少なく無くても、

インフルエンザなら休むのが当たり前に成っている」。

「新型コロナウィルス対応もインフルエンザ同様で良い筈」で

「実際に、多くの人々がより真面目にインフルエンザ対応的対策を行った結果、

今年は、インフルエンザの感染も大いに抑制されている」。

「免疫学的弱者状態の人々をちゃんと守る事」と

「重症化してしまった人々がちゃんと医療・治療を受けられる事」が

「重要!」等が「実害・実益基軸の対処法に成る」。

「誰でも検査や無症状・軽症者等までも含む隔離」は

「明らかに、実害・実益基軸の原寸大を逸脱している」ばかりか

「ウィルスを集合させれば、其の場所のウィルス濃度も上がり、被害も大きく成ってしまって当たり前に成る」が

「其れは、情報工作故の現象かも知れない」。

「ウィルスにとって必要に成るのは、自らを増やす事が出来る畑で、

畑が痩せるなら、ウィルスも先細りに成るが、

畑が太るなら、ウィルスは増えて当然に成る」。

「高齢者や免疫学的弱者状態の人々は、ウィルスに、柔らかく入り込み易く、ウィルス排除の機能も低い、豊かな畑をもたらし易い状態に成っている」。

「其の様な状態の人々が同じ場所に集合する、させられる」なら「ウィルスが増え無い訳も無い」。

「個々の人々の隔離を完全に行う事は、ウィルスの小ささ故に、非常に困難」だ。

「感染者や免疫学的弱者情愛の人々は集めない方が理に適っている事に成る」。

「感染大騒ぎ!」で「人間社会・経済活動等を止めたり、絞めたり、等々している事」の「実害・実益」も

「ちゃんと検証するべき」だ。

「何れにしても、利悪はダメ!」だから

「独裁政権中国共産党による覇権取得の利」とか

「北朝鮮金政権等による従北政権化工作の利」等々を

「図ってしまっている実体のある情報・教育等は、直ちに是正する、される事が当然の事に成る」。

「東京五輪延期・中止大騒動!まで行い始めている実態を露呈している」が

「ウィルス大騒動!を止めずに、冷静な議論や思考等が出来るのだろうか!」

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス感染大騒動!」や「近畿財務公務員自殺ダシの政治運動」等を常連出演者等が行っていた様相だったが・・・。

『「信頼を失った政権なら交代するべき、させるべき等の旨、喧伝していた常連出演者等」とは「例え、信頼を失っていても{政権交代}も無い、戦後日本の情報教育界の者等」で

「其の説得力の無さ」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「生真面目な近畿財務公務員が文書改竄等の問題を苦にして自殺してしまった時に残されていた遺書」が

「約3年経って航海され、其の内容も明らかに成った事」等を

「ダシ」に

「実質的には、公共の電波を使った、日本を従北政権化する為かも知れない、政治運動等」を

「未だに、行い続けている様相」等は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「元々の文書改竄問題の実体」は

「国政上での実質的、小事を大問題化する事」等による「政権交代運動」等を

「行い続けて来ている、反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師(教授等も含む)等々」による

「国政荒し、乱し{工作}」等を

「鎮静化する目的色の強い、財務官僚等による国政大局を重視した鎮静策の一つ」の「実態を露呈していた事」だった。

「生真面目な現場公務員等にとっては、許し難い焚書改竄・書き換え等の必要性を生み出していた」のは

「実質的には、国政上での小事を大問題化して大騒ぎし、国政上の大局を荒し、乱していた物たち等」というのが

「此の問題の本質とも言える状態も在る」のだから

「実質的には、其の一端を担いでいたテレビ等の者たち等」が

「自省も自浄も無きまま、政権交代も無きまま、

小事を大問題化する事や、

微に入り・細に入り、全てをきちんと記録等し其れを公開したりバラしたりする事により実質的には、日本の政治等を裸にして、

反日他国等がつけ込む隙を見出し易くさせる事等々を

未だに、公共の電波等を使って、其れがさも正当であるかの如く喧伝等し続けている実態」等は

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「中国共産党、或いは、北朝鮮金政権等が支配する日本国・日本国民等にしたい思惑等の臭い」が

「濃厚に駄々寄って来る実態が其処に路程している」。

「其の様な目的は無い」なら「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自殺されてしまった生真面目な公務員のお方には、大変お気の毒な現実」だが

「もちろん、言うまでも無く、戦後日本社会体制の実体は、

理念・理想通りの仕事を行っていれば必要十分に成る程、理想的なモノでは無い」。

「其れは、例えば、警察と反社会的組織等の実態からも、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「理想論で言うなら、反社会組織等などは完全撲滅する事が当然に成る」が

「現状で、もし其の様な事を本気で行おうとするなら、かなりの犠牲が必要に成ってしまう事に成る」ばかりか、

「例え、現状までの反社会組織等の撲滅が実現出来たとしても、其の素となっているモノの撲滅を行わないなら、

別の形で同様のモノが生み出されてしまうダケに成る」。

「其の様な実体の在る現状までの人間社会」で

「必要に成る対応」は

「多大な実害を排除・抑制させる現状対応に成る」。

「例えば、反社会組織等に対しても、

徹底撲滅を行うのでは無く、

監視下に存在させ多大な実害を一般社会にもたらさせない様に抑制させる事で

多くの一般市民の実利を守り続けている」のが

「現状までの公務員等が出来得る現状対策の実態に成っている」。

「其れは、例えば、財務関連公務員等でも、同様の事に成る」。

「多大な実害を避けて、日本国・多くの日本国民の実利を守る事」が

「実質的には、望まれている」のが「現実」だ。

「理念・理想通りを追い求める事」と「そんな実態を持つ現場」とが「両立出来る場合」は「稀有」というのが

「現実に成っている」。

「理念・理想を追い求める」なら「現場では無く、先ずは、情報・教育界で具体的な実現方法を構築し、公表し、

其れが、ある程度以上の大衆支持も得られたなら、

民意を問い、政治等の場で実践し、

問題点が出たなら是正し、民意を問う」のが

「代理制民主主義社会上での人間社会運営法の一つに成る」。

「上記の様な内実」は

「本来なら、学校教育上やメディア情報上で、とっくの昔に大衆周知済みであり、世代間での情報共有連鎖も出来ていて当然に成る」が

「戦後日本の情報・教育界では、反日他国による日本乗っ取り支配の援助の為か(?)上記の様な当たり前に在るべき実利情報・教育等が

ほとんど黙殺・圧殺状態のまま・・・で、

其の代わり(?)に日本国・多くの日本国民に自虐を強い、受け入れさせる情報・教育等が蔓延り続けて来ていた」。

「ネット普及以降は、ある程度の是正効果も出て来ている」ので

「もはや、独裁政権国家等のオトモダチ政党人脈等の政党等は、選挙のある政界では、当然の如く、少数派に成っている」が

「選挙も無いから{政権交代}も無い情報・教育界では、

未だに、独裁政権国家のオトモダチ政党人脈等の物たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「そして、令和の今日でも未だに、

旧態依然とした上辺理想論等の裏で

実質的には、反日独裁政権国や其の人脈や協力者等を利す事等を

多くの視聴者・読者・生徒等の頭の中に植え続け、

日本国・多くの日本国民等を実質的、自虐状態に陥れ続けている」。

「そんな状態を露呈し続けているテレビ・マスコミ等による

新型コロナウィルス問題の基軸が

感染・検査等とされ

実害・実利では無く成っている」のも

「単なる偶然の現象では無い」』。

『「感染・検査基軸」なら

「現状のテレビ・マスコミ等の論の大騒ぎ!に成る」が

「実害・実利基軸」なら

「現状の大騒ぎ!は明らかに変に成る」。

「実害面で言う」なら、

「ウィルスの実害として一番大きいのが肺炎致死に成る」から

「肺炎治療の充実を訴えるのが当然に成り」、

「ウィルス大騒動!発生前の肺炎致死者の数と其の後の肺炎致死者の数の増減が問題にされていて当然に成る」。

「肺炎致死での実害」が

「現状までの配信情報内実をそのまま事実とするなら、明らかに、多過ぎるところ」として

「中国共産党支配下の中国武漢」と「イタリア(特に北部)」が「在る」が

「中国共産党支配下の中国武漢の場合」は、

「当初から、該当ウィルスの発生場所とも言われ、

急な閉鎖・隔離策が中国共産党により強圧的に取られた事により、

実質的には、其の地域のウィルス濃度が高められたと共に

重傷者では無かった人々までもが病院に押しかける事により

感染の広がりと医療崩壊が起きて、或いは、起こされてしまったが故の実態」と

「ウィルス問題が工作では無いのなら、推定出来る事に成る」。

「イタリアの場合」は

「生活習慣上で人と人との接触が濃厚な精神文化」と

「医者数は其れ程少なく無くても、病院や医療設備等が少なめな医療環境」と

「高齢化」等「故の実態」と

「ウィルス問題が工作では無いのなら、推定出来る事に成る」。

「ウィルス問題が工作だった」なら

「中国共産党による、

自爆テロ的、多くの自国民の犠牲までをも気にしていない様相」の、

「覇権掌握工作の一つの可能性」や

「北朝鮮金政権等による、

報復経済制裁工作等の一つの可能性」が

「疑われる事に成る」のは

「どちらも、非人道的な工作活動等の実行のハードルが低い独裁政権国家だから」だ。

「そして、工作の場合」なら

「イタリアの致死者数の多さも、

工作の場合は、

其の国の中の反社会組織等との取引きの先で其の国の中での工作が行われる事も良く在る事であり、

イタリアマフィア等の存在からも、

ある意味、納得出来てしまう実態に成る事に成る」。

「中国共産党や北朝鮮金政権等とイタリアマフィア等との取引きの有無の検証が必要に成っている実態」が

「其処に路程している事に成る」のだから

「マスコミ人等なら、其の辺りも、探究していて当然に成る」が、

「戦後日本の情報・教育界等では、中国共産党や北朝鮮金政権等のオトモダチや協力者の人脈等が政権掌握状態なので、

其の辺りを探究するマスコミ人等が果たしてどれ程・・・」。

「また、ウィルス工作だった場合」なら

「何時、何処で、どれだけ、ウィルスを仕込むのか?も、工作の仕掛け側次第も成る」ので

「意図的な感染流行も、致死者数等の増加も創り出せてしまう事に成る」ばかりか、

「毒性が其れ程激烈では無いソフトウィルスだけでは無く、毒性が強烈なハードウィルスによる仕込みも可能に成ってしまう事に成る」。

「此の意味からも、非人道的な工作活動等には徹底して撲滅されなければならない実体が在る事に成る」。

「政権交代による前政権が行った事の検証等が無い、独裁政権の解消」は

「非人道的なスパイ・工作活動等撲滅の意味からも、大いに有意義な事に成る」。

「オーバーシュート」や「ロック・ダウン」等の「多くの視聴者・読者・生徒等にとっての興味が引き付けられ易い実質的、新語」を

「重用したがる」のも

「他者支配傾向の強い、戦後日本の情報・教育界の特徴の一つ」だ。

「実質的、新語」を「専門家会議の重鎮から与えられたテレビ等ご用達の{感染}学者等」が

「感染検知者数等の増加と共に、より元気に成っている実態まで露呈させている上に、

該当学者等が中国共産党による強固な措置を実質的に、支持等していたりもしている実態」からも

「現状までの戦後日本のテレビ・マスコミ等による情報配信や学校教育等自体」が

「中国共産党や北朝鮮金政権等ご用達である臭い」等が

「益々、濃厚に漂って来ている事にも成っている」。

「実害・実益基軸」なら

「肺炎致死者数の増減がどうなっているのか?」が

「気に成らない訳も無く」、

「感染で免疫・抗体を既に持てている人々がどれだけいるのか?」も

「気に成らない訳も無い」が

「テレビ等ご用達{感染}学者等」が

「{偏重}し続けて来ている」のは

「感染研知者数であり、其の増減」等で

「実害・実益とは、ある意味、遠い、学問上、或いは、感染学理想上での、{重大事}に成っている」。

「実人間社会内で暮らしている多くの人間たちにとってより重要に成っている」のは

「実害・実益に他ならない」。

「ウィルス感染問題」も

「ウィルス工作である可能性まで含めた実害・実益基軸での、

日本国・多くの日本国民の為に成る必要十分で実効のある対応と

其のサポートに成る情報・教育等が望まれている」。

「感染・検査基軸の「思考}等に多くの視聴者・読者等を現実逃避させたり、

多くの視聴者・読者等に不安や恐怖心等を与え続けたり、する」のは

「反日他国等による日本乗っ取り支配情報・教育工作等では無いのなら、合理的では無い事に成る」。

「工作では無い自然発生ウィルス問題」なら

「新型とされているコロナウィルス自体はかなり前から存在し、其の感染~免疫・抗体取得者も既に、数多く居て、

故に、其の変異ウィルス等が感染しても、無症状・軽症状態の人々も多く、

主たる実害である肺炎致死者数も、今回の大騒動故の急変事態が起こされたところ以外では以前と同様のレベルで、

ウィルスによる実害を実質的に、以前と同レベルに抑えられる状態を得る事は、

比較的容易な事に成っている筈」だ。

「工作だった」なら

「工作元の撲滅・解消が必需に成る事」は「ハードウィルス工作も可能に成ってしまう実態からも明らかな事に成る」。

「地球温暖化抑止の為の世界の指導者等による大茶番だった」なら

「相応に救われる面もある」が

「大茶番ダケではダメ!」で

「現状人間社会・経済システム等をより現実との整合性が高いモノに健常進歩・正常進化させる事も必要に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題も地球温暖化問題も「急変の排除が重要」でも「現状人間社会・経済システムでは急変を追及!状態」では・・・。

『「感染・検査基軸のウィルス対処法」は「急変を誘う」。「誘われている急変に忠実な対応をするなら、其の結果として、多大な犠牲も出易く成る事」は

「中国共産党支配下の中国武漢やイタリアの実例からも明らか」だ。

「実害・実益基軸のウィルス対処法」なら「ウィルスの毒性相応の対応が誘われる」。

「例えば、新型とされているコロナウィルスの場合」なら

「其のSARSよりも低い毒性相応の対策が原寸大に成る」。

「其れでも、世界中の多くの国々では、SARS対策同様のウィルスを封じ込める対策を選択している」。

「実際は、封じ込めるには既に、時遅過ぎて・・・状態なのに」。

「現状で適切に成る対処法」は

「ウィルスの感染により重症化してしまう人々の数を出来るだけ少なく抑える事」と

「感染しても重症化しない状態の人々の多くが免疫・抗体を持つ事」等により、

「ウィルスが増える事が出来る{畑}を出来る限り狭くする事」等に「成る」。

「其の対策を急変を避けて行い続ける事が適切な対応に成る」が

「実際の対策と其の進み具合を把握する為に重要に成る」のが

「感染して重症化してしまった人々の数や状態等を把握する事と

感染している人々の数や割り合い等を把握する事と

免疫・抗体を保持出来ている人々の数や割り合い等を把握する事」等の

「疫学的調査に成る」。

「現状までの感染・検査基軸のテレビ・マスコミ等情報配信上」では

「感染研知者数」と「死亡者数」ばかりを「主として、大喧伝されて来ている」。

「コレでは、多くの視聴者・読者等の中で感染に対する不安や恐怖心等が増大させられるのも当然に成ってしまい、

其の結果として、実体としては過剰な対策等を行いたく成り、

本来なら必要の無い、行う訳も無い、備蓄行動等までもが誘われ易く成ってしまい、

其処につけ込んだ買い占め~高値転売等の悪稼ぎも行い易く成ってしまう利悪にも成ってしまう事に成る」。

「実際に、其の通りに成ってしまっている実状」は「多くの人々の実感通り」だ。

「感染者数と死亡者数だけでは無く、実体把握に重要に成る免疫・抗体保持者数、もしくは割り合い等の情報配信も在る」なら

「多くの視聴者・読者等の中でも、どの程度の対策を行う事が適切に成るのか?等の判断も付けやすく成る事に成る」。

「其れに、少しダケ近い情報としては、感染検査数と其の中の感染者の割り合い等の情報が在る」が

「信頼性確度60%程度とも言われているPCR検査での結果である事も加味する」なら

「感染検査を行った人々の内の感染者実割り合いは3~7%程度に成る様」だ。

「逆から言うなら、感染検査を行った人々の内97~93%の人々は感染していなかった事が判明した事に成る」。

「此処で、免疫・抗体の検査も行われていた」なら

「感染検知されなかった人々の実態も良く判る事に成る」と「共」に

「免疫堤防の出来具合も良く判る事に成る」から

「視聴者・読者等の不安や恐怖心等を解消方向に誘う情報配信内容にも成る事に成る」が

「現状までの多くのテレビ・マスコミ等では其の様な不安や恐怖心等解消方向に有効に成る情報配信をせず、

むしろ、不安や恐怖心等を煽る情報配信を行っている実態を露呈し続けて来ている」のだから

「其の実質的、悪質性の裏に何が在るのか?」等は

「大いに検証に値する事に成る」。

「免疫・抗体等の検査・調査等が行われていない」なら

「其の必要性を訴えるべき立場も在る」のが「テレビ・マスコミ等の仕事をしている者たち等の実態」だ。

「不安や恐怖心等を煽る為にも有効に成ってしまう、感染{検知}{PCR}検査!は声高に訴え続けていても、

不安や恐怖心等を解消させる事にも有益に成る免疫・抗体等検査は、圧殺・黙殺状態・・・」とは

「多くの視聴者・読者等の不安や恐怖心等解消等の実益を考えるなら、明らかに、変な状態に成る」。

「不安や恐怖心等を抱かせ続けられる実害をもたらす事等を、確信犯で行っている」なら

「公共の電波使用や公共レベルのマスコミ等の仕事をする人間として、其の資質に大きな疑問符が付く事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型とされているコロナウィルス感染大騒動!」で

「最初から、大きな違和感があった事」は

「感染しても無症状や軽症で済む人々の数や割り合いが意外な程多い事」だ。

「其の裏には、既に、同様のウィルスに対する免疫・抗体等の存在が在る事等も、推定出来る事に成る」。

「また、肺炎で高齢者等がお亡くなりに成ってしまう事」は

「以前からよく在った事に他ならない」。

「多くの場合、高齢者等の肺炎は単独の原因では無く、

誤嚥性や細菌性やウィルス性等の原因が複数在る」のが「実状の筈」だ。

「新型とされているコロナウィルス自体」も

「以前から在り、かなり前から日本国内にも入り込んでいた可能性は決して低く無い事も推定される」。

「複合肺炎で重症化してしまった高齢者等の中で、ウィルス検査までする前にお亡くなりに成ってしまった方々の数も決して少なく無い筈」だ。

「また、ウィルス検査をしても{不明ウィルス}扱いで済まされていた場合も少なく無い筈」だ。

「臨床現場はとても忙しい場合が多い」から

「ウィルスの特定に特別に時間や力を注げる状態に在る人々は多く無い」のが「実状」で

「実務が優先される中でウィルスの特定等は置去り、後回し等のまま・・・にされていた可能性もかなり大きい」。

「実際は、かなり前から在ったウィルス性肺炎の原因に成り得るコロナウィルスの一つの型が特定された」というのが

「中国共産党支配下の中国武漢での新型コロナウィルス発見!の実態である可能性は決して小さく無い」。

「では、其の後の大騒動!はどうして起き、起こさせれているのか?」

「もし、大騒動!が無ければ、新型とされているコロナウィルスの感染が検知された重症患者の治療の問題だけとして、

此の問題は扱われていた筈」で

「大掛かりな感染検知検査が無ければ、武漢の封鎖・隔離等の策も無く、

ウィルス感染者も含む多数の人々が病院に集合する事も無く、

ウィルスにとってウィルス濃度を{急に}上げる事が出きる{畑}が生まれる事も無かった筈」だ。

「ゆっくりとしたウィルス感染が広まり、

高齢者等免疫学的弱者状態に在る人々の内、運悪くウィルスに感染し、肺炎を発症してしまった方々の中から、

現状までの肺炎致死者と同様の状態で死亡者が生まれてしまっていたダケ・・・だった可能性も決して小さく無い」。

「感染!検査!大騒ぎ!が感染者と免疫学的弱者状態の人々を急に病院に集合させる事態を招き、

更に、隔離策によって重症化していない人々までにも病床を与えたりした」から

「感染致死者の数が増えてしまったのが実態」とも「推定出来る」。

「其れは、隔離策が採られた大型クルーズ船の場合と、感染・検査と隔離策が抑えられた一般生活者の

感染検知致死者数の実態からも良く判る事にも成る」が

「此処で忘れてはいけない事は、肺炎致死者の数の増減を確かめる事に成る」。

「肺炎致死者数が、クルーズ船分を除いて、以前と同様」なら

「過剰な対策の必要性も薄く成る事に成る」し

「肺炎致死者数、もしくは重症化者数が激増している」なら

「応分の大掛かりな対策が必要に成る事に成る」。

「其の辺りを明らかにする必要性等を訴えないテレビ・マスコミ等は明らかに変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ウィルス自体にも、其の感染問題にも、致死問題にも、工作の可能性がある事も決して忘れてはいけない」。

「日本の現状(政権・対策・医療体制等)を貶める為」なら

「入院・隔離等感染者の中から致死者を一人でも多く出させる工作が有効に成ってしまう事に成る」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき覗きにも粛清工作にも使えてしまっている実態を露呈させている工作電磁波」や

「飲食物工作(侵入仕込み等も含む)」や

「医療工作」等々の

「非人道的な工作手段を使う」なら

「感染者の中から致死者を数多く出させてしまう事も可能に成る事に成る」。

「戦後の日本国内では、拉致工作が在った現実からしても、

決して少なく無い数のスパイ・工作員等が居る事は既に、公然の秘密状態の事に他ならず、

拉致工作を行わさせられた工作員や其の協力者等が、其の後、何のスパイ・工作活動等を行わせられないで済む訳も無い上に、

戦後の日本には実効の高いスパイ・工作活動等を摘発したり厳罰に処したりする、出来る、法や体制等も無いから、

実際に、令和の今日でも、未だに、非人道的な{集団}スパイ・工作活動等は旺盛なまま・・・」だ。

「スパイ・工作員等や其の協力者等は、もちろん、病院等の中や出入り業者等の中にも居る」から

「死亡者数を増やす工作等」も「実践可能な状態に成ってしまっている」。

「感染しているのに、写してやるゾ~!でパブを訪れた持病のあった男性」が

「其の後、急死したとの事」だが、

「其の裏には、工作は無かったのだろうか?」

「行った事が酷かったからと言って、工作で殺されても良い事には成り得無い事」等は

「該当男性の身勝手な行いと非人道的な工作では、圧倒的に非人道的な工作の方が悪質度が高い事に他ならない事」等を

「見失わなけえれば、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「他の致死者の場合でも、工作による致死が本当に無かったのか?」は「検証すべき重大事に他ならない」。

「病院の中でも工作電磁波等も存在する」のが「戦後日本社会の寒過ぎる実態に他ならない」のに、

「スパイ・工作活動等対策等の重要性等さえも訴えて来ていない」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等も大きな実権を保持しているまま・・・の

{政権交代の無い}戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の、寒過ぎる実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「専門家会議等による、テレビ・マスコミ等連中ご用達かも知れない、オーバーシュート{脅し}付き」の

「新たな提言等も発表された」が

「テレビ・マスコミ等の強い要望故かも知れない、{脅し}部分等を覗き、概ね、日本の対応」は

「急変を避ける対応に成っている」。

「今後、ウィルス工作では無いのなら、

急変は起きず、起こされず、

ゆっくりとした感染が拡がり、

既に、同様のウィルスに対する免疫・抗体を持っている人々の数の多さ故、

或いは、免疫・抗体等を持つ人々の数も増える事等により、

新型とされているコロナウィルス問題は終息する事に成る筈」だ。

「SARSウィルスの毒性を弱めた様な新型とされているコロナウィルスに対する対応」は

「其の重症化率からしても、SARSに対する対応より緩くて十分に成る筈」なのに

「実際は、過剰な程の大騒ぎ!」だ。

「他のウィルス性肺炎の原因と成るウィルスに対して、こんな大騒ぎをしているのか?」等を

「考える」なら

「大騒ぎの裏に何が在るのか?」等が「疑問に成って当然に成る」。

「其処に在る」のが

「世界の指導者たちぐるみでの地球温暖化抑止の為の大芝居等だったなら、未だ、救いはある事にも成る」が

「非人道的な工作」や

「中国共産党が覇権を得る為の工作」等々だったなら、

「本当に、酷い事に成り、人類として元凶の撲滅が必需に成る事に成る」。

「何れにしても、其の辺りの可能性まで含めた徹底した実体検証が必要に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「其れに言及していないテレビ・マスコミ等は、本当に変」だ。

「工作を仕掛けている方のお仲間等なら、合理的に成る実態が其処に路程している事にも成る」。

「そうでは無い」なら「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

専門家委員会の{脅し}は「専門家委員会が主導権を取り続ける為のブラフか?」「裏に工作等が在るからか?」・・・。

『「新型コロナウィルス問題で、筆者が不思議に思っている事」は「疫学的調査が行われていない事」だ。

「感染実体を統計的に有意に成る様にサンプルを取り調査する」なら

「実際の感染者数を相応の確度で推定する事が出来る事に成る」し

「重症肺炎患者発生の数の増減を調べ、其の中での感染者割り合いを調べる」なら

「新型とされているコロナウィルスの主たる重大実害の実態も判り、其の毒性の強さ等も相応の確度で推定出来る事に成り」、

「更に、統計的に有意に成る様にサンプルを取り免疫・抗体保持者を調査する」なら

「総合して、あるべき原寸大対策等も判り易く成る」。

「現状までの様に、感染の有無ダケを検査して、症状の重い軽い無い等は問わず、感染者を隔離等したりする対策」の「実効」が

「多くの人々の中で感染に対する不安や恐怖心等を煽り、過剰かも知れない感染対策に走らせられ、

其の延長線上で、マスクやアルコール消毒製品等々、感染対策に必要に成る物の買い占め~高値転売等の悪稼ぎまで誘っている事」は

「明らかに、不健常な状態に成る」。

「何故、其の様な不健常な状態を構築しているのか?」

「もし、新型とされているコロナウィルスが純粋に自然発生したモノだった」なら

「上記の様な疫学的調査等からの原寸大対応こそが適切な対応に成る」が

「もし、ウィルス工作だった」なら

「本来の適切な対応を採る事自体が別の工作等の危険を誘う事にも繋がってしまう事にも成る」。

「3.19にはナンラカの発表をする旨、事前喧伝した専門家委員会等」が

「感染研知者数自体は下降状況にもある」のに

「今後も相応の対策を取り続けていないとアブナイぞ~!と{脅し}た裏には何が在るのか?」

「感染検知者数は同レベルの大坂と兵庫の感染検知者数の上がり下がり具合を理由にしているらしい交流の自粛要請も変」だ。

「県境を閉め気味にする事」は「其の分、風通しを悪くしている様なモノ」で

「元々のウィルス実濃度が高い地域なら、ウィルス濃度を高め易くする事にも成ってしまう事に成る」。

「元々のウィルス実濃度が低い地域なら、

閉め気味にした先のウィルス実濃度が其処より有意に成るレベルで高く無い限り、

閉め気味にした事によるウィルス以外の実害の方が大きく成る事は明白」だ。

「そんな優位になるウィルス実濃度差が大阪と兵庫の間に在るのか???」

「兵庫には{大手}●暴組織の本部が在る」から「其の辺りが{ウィルス工作}等に絡んでいるなら合理的にも成り得る事にも成る」が・・・。

「果たして、真相は?」を「調査し、報道等すべき立場に在る」のが「テレビ・マスコミ等の仕事をしている者たち等」だが

「未だ、其の辺りから多くの視聴者・読者等が実態を把握出来、納得出来る情報配信等は無い」。

「専門家委員会の{脅し}の本当の理由」も

「大坂・兵庫交流自粛の本当の理由」も

「未だ、闇の中状態に成っている、或いは、されている」。

「中国共産党支配下の中国の収束宣言等も変」だ。

「元々が感染・検査基準の大騒動だった」から

「例えば、検査を少なくしたり、止めたりする」なら

「其の大騒動を収束させる事等も、人為的に出来てしまう事に成る」。

「其処にも、信頼出来る世界レベルに開かれた疫学的実態調査が無い事による{当然の疑い}を生じさせる要因が在る」。

「何れにしても、疫学的調査が行われていない様相

(実際は行われていても、其の結果・実態等が公表されていないなら、人間社会内での実質では行われていない事と同じにも成る)は

明らかに変」だ。

「自然発生ウィルスでは無いウィルス工作兵器等を使った工作の臭い」が

「其の辺りからも漂って来ている」。

「タダ単に専門家委員会が主導権を握り続けたいが為のブラフだった」なら

「ある意味、平和な事にも成り得る」が・・・。

「自粛対策にしても、疫学的調査による実態把握が出来ていないが故の、疑問符が付く状態の対策に成ってしまっている実態が露呈している」。

「現状までのウィルスの毒性等の実体から言う」なら

「感染しても問題に成らないレベルの免疫・健康・年齢等の状態がある人々なら、

閉鎖空間で多人数が集まり、大声を出したりする類のイベント等でも、自粛しなくても大丈夫な事に成る」。

「重要な事は、其処で感染している可能性がある事を十二分に自覚し、

高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々に自らから感染させてしまう可能性のある行動等を慎む(自粛する)事」に「成る」。

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々は、ウィルス問題が落ち着くまでは其の様なイベント等への参加を見送る事も含めた

自分を感染から守る対策を行う、行える状態を得る事が合理的に成る」。

「疫学的調査情報抜きの自然発生ウィルスに対する現状で判っている事ベースの原寸大対応」なら

「上記の様なモノに成っていて当然にも成る」が

「テレビ等では、感染の危険の高いイベントは自粛!等の感染基軸のコメント等が主に成っている」。

「感染学者等なら、正に、我が意を得たり・・・等で、大歓迎かも知れない」が

「其れが、実体や実害・実益基準の原寸大対応から離れている分だけのデメリットが、多くの人々に降りかかっている」のが

「現実に成る」。

「疫学的調査を早々に行い、ウィルスの感染者や免疫・抗体等保持者の実態を公表し、ウィルスの毒性相応の原寸大対応を行う」のが

「自然発生ウィルスに対する適切な対応に成る」し

「万一、ウィルス工作だった」なら

「工作を仕掛けている元を絶つ等、実効のある工作活動対策を行う事こそが最重要に成る」。

「現状は、本当に変」だ。

「地球温暖化抑止の為の意図的な大騒動等の大仕込み」等なら

「未だ、救われる面もある事にも成る」が・・・』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「感染!検査!自粛!の大騒動」等を何時まで続けるのか!・・・。

『「ウィルス性肺炎の原因とも成り得るウィルスの内の一つ」が「特定されたダケ」なのに、

「他のウィルス性肺炎の原因に成り得ているウィルスに対する感染検査や予防等も行われていない」のに

「主たる実害」は「他のウィルス性肺炎の原因と成り得るウィルスと同様で{肺炎}」なのに、

「感染・検査を基軸にしたウィルス封じ込め策を行う」なら

「検査でウィルス感染が判明した人々が集合させられて其の場所のウィルス濃度を高めてしまう事」と

「無症状者や軽症者でも隔離で、入院ベッドの空きを減らし、医師の仕事を増やした事の結果」は

「医療崩壊で肺炎の治療が必要な人々の治療が困難に成ってしまったり、

過剰で過重な労働環境に追い込まれた医師までもが感染し命を落としてしまった医師まで出てしまったり」、

・・・「いったい、何処の誰の為に此の大騒動は行われているのだろうか?!」

「感染学の専門家等」が「感染学上で理想に成る感染防止策等を推奨・提言したりする」のは

「極めて当然の事に他ならない」が

「実体探究と実害・実益基準で事をコントロールする、しようとする、べき立場に在る政治家等」や

「もっと、遥かに自由度が高いメディアの者たち等」が

「皆、感染学上で理想とされる感染ダケを重点的に抑えようとする策ばかりを推奨したり、実践したり・・・」では

「感染以外の実害・実益のコントロール・調整等が不順と成り、結果として経済衰退状態を創り出し、

実質的には、恐慌を呼び寄せている・・・」では

「昨今の地球環境の激変や天災等と合わせる」と

「正に、人間世界の世紀末、裁きの時」等が「やって来ている様相ですらある」。

「恐慌の先には戦争が付けられて来ている」のが「人類史の実態」で

「戦争を呼び寄せる為の口火として、此のウィルス大騒動が仕込まれている」等の

「臭い」が「漂っている様でもある」が

「中国共産党の覇権取得の為の工作の臭い」や

「北朝鮮金政権等による報復経済制裁の臭い」も

「漂っている様」で

「真実は果たしてどの様な事なのか?」は

「メディアの者たち等なら探究していて当然に成る」が

「日本の多くのメディアでは、未だに、感染・検査基準で検査の徹底による軽症者の見出しからの積極的治療等、

実質的には、医療崩壊を誘う事にも直結している様な事まで

推奨し続けているテレビ常連出演者等も居る程で、

其の辺りからは北朝鮮金政権等のオトモダチ政党人脈等の臭いも濃厚に漂って来るから、

北朝鮮金政権等によるソフト・ウィルス工作兵器テロと其の悪の実効を高める為の

日本の従北メディア等による不安・恐怖心煽り、医療崩壊・差別誘い情報配信等」が

「此の大騒動!の正体なんじゃないの・・・」等と

「感じさせられたり、思わされたり、している視聴者等の数も多い筈」だ。

「大騒動!による実益面から」は

「中国共産党の覇権の為」が「一番、悪の実益が大きい事に成る」。

「経済衰退化により米国トランプ大統領の再選が困難に成るなら、

韓国の従北政権の同様の、米国の従中国共産党政権的臭いが濃厚な米国民主党政権が成立する可能性も高く成る」。

「更に、発生場所であり、最初の発見~特定であり、収拾も一番早いのが

中国共産党支配下の中国という実績」は

「他の後から収拾する、させられる国々をリードアップするチャンスを中国共産党が掴み易くする材料にも成り、

経済の回復も一番早く、

今回の大騒動!の裏で大儲けまでしていれば火事場太り状態と成っていて

更に金権も増している事に成る」から

「中国共産党の覇権の為には都合の良いモノを大量に生み出している事に成る」のが

「今回の新型(とされている)コロナウィルス大騒動!の実体に成る」。

「自国民まで犠牲にした覇権の為のソフトウィルス工作テロである可能性の臭い」が

「濃厚に漂っている」が

「日本の中の従中国共産党メディア等々は、当然の如く、其の様な事への言及を圧殺・黙殺等し続けている上に、

大騒動!には大いに加担している」のだから

「本当に、呆れている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「未だに、メディアや学校教育等の操り人形状態の人々等」は

「感染・検査基軸の大騒ぎ!に同調している実態を露呈していたりもする」が

「上辺では其の様な状態でも、内実では操り人形状態を抜け出している視聴者・生徒等も数多い」。

「感染しても重症化せず免疫を得る実益がある状態である事が強く推定出来る人々にとっての

実害・実益基軸の判断では、

感染してしまうと重症化してしまう可能性が高い状態の人々への感染防止策を講じる事は当然でも、

検査の充実で無症状や軽症なのに隔離!は

とんでもない二次災害みたいな事に他ならない」。

「更に、感染・検査基準で大騒ぎ!で自粛・経済衰退化状態が続けられる事により、

経済的災害にまで見舞われ続ける実害」と

「感染学者等による感染防止基軸の策による実益」を

「天秤にかける」なら

「学者の理想論で実生活を潰されるのはとんでも無い事!」等の「判断をする人々が圧倒的に多い筈」だ。

「何しろ、実体としては、数多く在る肺炎をもたらす場合もあるウィルスの内のタッタ一つに対する感染!検査!大騒動!なのだから!」

「もちろん、肺炎の治療を充実させる事」は「非常に重要に成る」。

「元々の死亡率が高い、体力も免疫も衰えている場合が多い、高齢者等の場合は、特に重要」だ。

「重要なのは治療の充実であり感染検査では無い」。

「感染防止の為に大騒ぎ!は要らない」。

「実行可能な感染防止策を着実に行い続ければ良いダケ」で

「其の実益としては、インフルエンザ等の予防にも成っている実態も在る様相」なのだから

「感染防止策は、新型コロナウィルスだけに拘らず、拘らせられずに、其れこそ、毎年冬の時期は・・・」等が

「適切」と「推定出来る」。

「感染!検査!大騒ぎ!は、工作活動である可能性も含めて検証し、対処・解消等する、させるべき事に成る」。

「工作活動だったなら、工作を仕掛けている側が何時でも、何処ででも、仕掛ける側の都合により、ウィルス等を仕込めてしまう事に成る」から

「そんな非人道的な工作を行っているところ自体を撲滅・解消等する、させる事が極めて重要に成る」。

「政権交代のある民主主義圏の国々なら、

非人道的な工作等を行ってしまった政権が在ったとしても

政権交代により其の実態が暴露される事にも成り得る」ので

「非人道的な工作活動等自体行い辛く成る」が

「独裁政権には政権交代も無い」ので

「非人道的な工作活動が行い易い地盤が在る事に成る」。

「そして実際に、北朝鮮金政権等は非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている」。

「中国共産党一党独裁支配も含む、独裁政権の解消」は「今時の人間世界の急務に成っている」。

「其れが、新型とされているコロナウィルス問題の解決にも繋がっている可能性は決して小さく無い」。

「世界レベルで移動や経済活動等が抑制されている事により、地球温暖化も抑制されている実益も出ている」が

「其処に経済的価値が付けられていない、付けられ辛い、のが現状までの経済システムの実態」だ。

「前の記事にも記したが、其の辺りの是正も急務に成る」』。

『「利悪はダメ」だ。

「行うべきでは無い」。

「大騒ぎ!等は工作を利す利悪に成る」。

「消費税減税」は「買い占め~高値転売をより多く行い易くする利悪に成る」。

「感染が問題なのでは無い」。

「感染しても無症状で免疫・抗体を得られるならワクチンと同じ事に成る」。

「軽症や中症等なら、其の症状の実害の分だけ実害がある事に成り、免疫・抗体を得られる実益もある事に成る」。

「重症化や致死が大きな問題」だ。

「感染対策が合理的に成るのは毒性が強い場合」だ。

「重症化率・致死率が高いウィルス・細菌等なら、徹底した感染防止が極めて重要に成る」。

「重症化率・致死率が低いウィルス・細菌等に対してでも、

感染学者等なら、

重症化率・致死率が高いウィルス・細菌等と同様の対策をしたがる場合が多い」。

「感染の学者で感染ダケを偏重している状態だから、其れは、ある意味、当然の現象に成る」。

「実際の人間社会での対策等は、問題と成っているウィルス・細菌等の実体検証により其の毒性相応の原寸大対処」が

「適切に成る」。

「実害・実益基軸の対処が適切に成る」。

「実害・実益基軸で一番自虐度の低く成る合理的な選択をし、其れを実行出来るのが、良い政権等の実態に成る」し

「其れを後押ししたり、分り易く視聴者・読者等に説明したりするのが、良いメディア・学校教育等に成る」。

「あらぬ基準を軸に、騒動を煽り、差別を誘発したりして、実質的には、利悪を行ってしまっているのは、悪いメディア・学校教育等に成る」。

「独裁者・独裁政権等の手下では無い」なら「良いメディア・学校教育が当たり前」だ。

「現状はどうか?」

「戦後日本の情報・教育界には{政権交代}が無い」。

「いわば、独裁政権の様なモノ」だ。

「そして、実際の独裁政権のオトモダチ政党人脈の者たちも多い」。

「独裁政権のオトモダチ政党等は、選挙のある政界では、既に、少数派に成っている」。

「しかし、戦後日本の情報・教育界には選挙も無いから、政権交代も無い」。

「独裁政権の様なモノ」だ。

「そして、

其の{独裁政権}による情報・教育等を鵜呑みにさせられて有益分子として育成され続けている状態を是としてしまっている人々も

未だ、少なからず居る」。

「せっかく自由・民主主義圏の民として産まれているのに!」

「実に、もったいなく、自虐的な実態が其処に在る」。

「もちろん、其の様な状態の人々は、ネット普及以降、時と共に激減し続けて来ている」。

「ネット界では、独裁政権の支配が弱められているから」だ。

「其れでも、ネット界でも{独裁政権}による不適応分子粛清工作等も蔓延っている」。

「本日の筆者のコンピも立ち上げに異常な時間がかかった」。

「もちろんネット界には、其の様な{工作}に対する治療薬も在る」。

「プロバイダーのセキュリティレベルが上がると、{工作}の害は着実に小さく成る」。

「学校教育界では、教師や教科書等の内容を覚えていないと進級も困難に成る」。

「理系の場合は、科学レベルで判明している実体や事実・現実と整合性が在る事を覚える事に成っていて、

其れが問われているので、其れ程大きな実体離れは生じ辛く成っている」が

「文系の場合は、元々が、天動説状態で宗教的」だ。

「例えば、歴史でも史実通りでは無い場合が決して少なく無い」。

「実体や事実・現実を重視する」なら

「其れがはっきりしている現在から遡る形で歴史を教えれば良い事に成る」が

「現在から遡ると、都合の悪い事も多々出てしまう事に成る人々が少なからず、戦後の日本社会内には居る」のが

「現実」だ。

「其の結果、本当の事を教えるのでは無く、実体離れした{宗教}を教え、覚えさせている」。

「本当の事の上に立たない人間社会自体がどんどん落ち着きを失い、崩壊し始めているのに!」

「理系では誕生・死という現象が細胞レベルの実現象である事を義務教育時代に学ぶ」。

「ところが、文系では、其れを実用せず、宗教レベルに終始する」。

「結果として、悪徳新興宗教等に騙される状態の人々までもが{卒業}出来てしまっている」。

「利悪教育の実態が其処にも露呈している」が

「其の是正の動きさえも十分に出て来ていない」のは

「{独裁政権}状態故の悪現象の一つ」と「強く推定出来る」。

「そんな文系教育の優等生たちの中で、更に、現状までのテレビ・ラジオ・マスコミ等にとっての有益分子と成りそうな者が、

テレビ・ラジオ局やマスコミ企業等に就職して来ている」。

「独裁政権が独裁政権の都合に沿う世代交代を行い続けて来ている」。

「其れ故に、必要十分な文系情報・教育等の健常進歩・正常進化が実現されず、

天動説状態、宗教レベルのまま・・・が続けられて来てしまっている」。

「地球環境も人間社会も危うい現在、もはや、手遅れかも知れないが、是正が急務に成っている事」は

「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、検査!消費税減税!等実質的、不安増大・政治運動等を常連出演者等が行っていた」等の様相だったが・・・。

『「感染・検査基準の対応や消費税減税等をさも正当であるかの如く公共の電波上で大喧伝等している常連出演者等の目的は何か?」

「もちろん言うまでも無く、新型とされているコロナウィルスへの適切な対応」は

「信頼性確度6割レベルで手間もお金も時間もかかるPCR検査を大々的に行い、感染者を見つけ出し、

感染者がこんなに沢山いるゾ~!等々と

多くの人々の不安・恐怖心等を煽り、

社会を混乱状態に陥れると共に、医療崩壊が起き易くする事」等では

「断じて無い」。

「ウィルスの実体解明と実害・実益に基づいた実行可能で必要十分な対応」に「成る」。

「ウィルスの実体」としては、

「其の毒性が其れ程激烈では無い事」が

「日本での感染騒ぎ当初の頃から判明していた様なモノ」だった。

「中国共産党支配下の中国武漢で最初に感染が検知された人が、重症常態の人だったからと言って、

該当ウィルスへの感染が必ずしも重症化をもたらすモノでは無い事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならず」、

「実際に、他に感染している人々が居ないのか?と検査をしたら、

意外な程、多くの人々が既に感染していた事が判明した上に、

其の多くが無症状や軽症状態だった」のに

「中国共産党は、武漢の閉鎖と感染者の隔離策を採った」ら

「実態としては其の地域や病院等のウィルス濃度を上げた事」と

「軽症者等の隔離により、必要な医療・治療等が行い辛く成った事」だった。

「結果として、中国共産党支配下の中国武漢では、実質的、医療崩壊が起き、

適切な医療・治療を受けられなく成ってしまった数多くの人々が死に至ってしまった」。

「其の反面で、無症状や軽症も含む感染から快復出来た数多くの人々は該当ウィルスに対する免疫・抗体を持つ事が出来た」。

「集団の中の多くの人々が免疫・抗体を持っているところでは、ウィルス等の感染拡大も起こり辛く成る」。

「ウィルスにとって増える事が困難な状態が在る事」は「ウィルス感染問題の収拾に繋がっている」。

「早期に大量の致死者を出す事も厭わず、数多くの人々にある意味、強制的に免疫・抗体を持たせる策を採った

中国共産党支配下の中国では、

新型コロナウィルス問題の収拾が声高に唄われ、

中国共産党による懐柔下に在る様相を露呈しているWHOは、まるで其のタイミングを計っていたかの如く、

其の前後にパンデミック宣言を出したり、

パンデミックの中心は今やヨーロッパ!を訴えたりしている」。

「中国共産党の覇権工作等の臭いも濃厚に漂って来る実態」が「其処に路程している事にも成る」が

「もし、其れが覇権工作等なら、元々のウィルス自体も{ソフト}ウィルス工作兵器である可能性も出て来る事に成る」。

「{ソフト}ウィルスをばら撒き、昨今の激しい世界レベルでの人の移動の中で世界中に感染者を生み出し、

実害・実益では無く、感染・検査基準での大騒動を起こさせる」なら

「其れに引き摺られて世界経済が衰退化させる事が出来てしまう事」等は

「容易に想起出来る事に他ならない」が

「世界経済の衰退」を

「世界中の国々に対する従中国政権化工作に使う」等の

「発想に基づく実行」等は

「独裁政権のスパイ・工作活動国家等ならでは可能に成る事に他ならない」。

「実際に、其の様な実態が在ったのか?否か?は今のところ不明」だが、

「其の検証が必需である事は、言うまでも無い事に成る」。

「因みに、米国共和党トランプ政権は中国共産党や北朝鮮金政権等に対しても実を求めるので、

実を求める度合いが圧倒的に低く、中国共産党が既に懐柔済み状態・・・の米国民主党政権の方が

中国共産党にとっては非常に都合が良い事に成る」。

「トランプ大統領の再選を無くす為の策略」として

「世界経済を衰退させる事により、米国経済も悪くする方法が実践された可能性」等も

「疑われ手然るべき事に成ると共に、其の有無等の検証が必需に成っている事は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「最初の感染者が中国国内で中国国内から数多くの犠牲者が出た事」は

「工作」なら

「自国でウィルスをばら撒く訳も無い等の感や思い等を持ち易い人々も多く、

大量の犠牲者はウィルス感染の不安や恐怖心を煽る事にも都合が良い」ので

「非常に合理的な事に成る」。

「工作という面から言う」なら、

「核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等実践という{自爆}故に、

世界中からの経済制裁を受け続けている北朝鮮金政権等による

報復経済制裁工作である可能性も否定出来ない」から

「其の辺りも含めた徹底検証も必需に成っている事」等は「もはや言うまでも無い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国同様に、検査~感染者隔離・閉鎖策を採ったイタリア」も

「実質的、医療崩壊を起こし多数の致死者を出してしまっている」が

「実害・実益基準の対応を採っている国々では、致死者の数は少ない」のが

「新型とされているコロナウィルスの毒性の実体」だ。

「致死の原因はほぼ全てが肺炎」だから

「早い話し、新型とされているコロナウィルス大騒動の前と今とで、肺炎致死者の数がどれだけ増えているのか?」を

「調べる」なら

「検査等などしなくても、其の実害の実態が相応に把握出来る事に成る」。

「以前から、肺炎の原因に成るウィルスは少なからず在り、

多くの肺炎は、誤嚥性や細菌性等との複合原因」で

「死に至ってしまう方々の多くは高齢者等免疫学的弱者状態の方々」で

「高齢者の場合は、元々の致死率も高いのが事実」だから

「新型とされているコロナウィルスだけが原因で死に至ってしまった方々の数」は

「感染致死者の数よりもかなり少ないのが現実」と「強く推定出来る」。

「また、新型とされているコロナウィルスの感染自体」も

「其れが発見されるかなり前から在った事」も「容易に推定出来る」のは

「現状の世界レベルでの感染実態からも明らか」だ。

「感染しても無症状だったり軽症だったりする人々が多数居る事の裏には、

既に、同様のウィルスに感染していて免疫・抗体等を保持出来ている実態が在る事等が推定出来、

新型とされているコロナウィルスとは、

其の地球温暖化等に伴った変異版である事等や

ウィルスとしての毒性をやや高めた工作兵器等である可能性等が

浮上している事に成る」。

「何れにしても、検査・感染基準の対応は明らかに誤りで、

実体解明と実害・実益基準の対応が適切に成る」のだから

「公共レベルの情報配信上なら、先ず、其の事を大々的に喧伝するのが適切に成る」。

「不安や恐怖心等を煽り、日本社会をあらぬ方向に誘導しようとしている実態を露呈している情報配信内実等」は、

「即刻にでも是正する、されるべき事に成る」』。

『「新型コロナウィルス大騒動!」の「実益」としては、

「地球温暖化の抑止実効」が「在る」が

「現状までの人間社会・経済システム等では、其れに経済的価値が付けられていない」。

「経済学者等なら、其の辺りを是正すべき!等の論を言っていて当然に成る」が

「テレ朝朝番等ご用達経済学者等は、其の辺りに言及する事無く、

消費税減税!等の実質的、政治・社会運動等に熱心なままの様相を露呈し続けている」。

「消費善を減税する」なら「買い占め~高値転売等が同じ資金なら減税分だけより大規模で実行可能に成る」。

「買い占め~高値転売等を抑止する為」には

「減税よりも増税の方が良い」のが「現実」で

「増税して買い占め等を抑止させた後で個々の国民に過剰分を還付する策」等が

「反日国人脈等による買い占め~高値転売悪事を抑止する為」には「合理的に成る」。

「そもそも、反日国人脈等が何故、反日なのか?と言えば、日本の政権では無く其の人脈の政権に従う日本状態にしたいから!に他ならない」。

「其の支配/被支配の精神構造」は「他の者・物・事等徹底支配が必需に成っている独裁政権故に他ならず」、

「今時の自由・民主主義圏の普通の人々の感覚・認識等なら、

それぞれの国々・国民性等、其の地域の精神文化は

それぞれの国々・国民性等、其の地域の精神文化である事の方が

多様性も保ち易く成り、お互いに違うところが面白く、地球生命体細胞群の中の人類である事は同じなので共存も当然に成るから

それぞれが在る方が快適!等に成る」。

「其の地域の精神文化が嫌な人間なら、狭義の自分との適合性が高い精神文化の地域で暮らせば良く、

其の面での人間の移動は大いにあるべき事に成る」。

「元々の気候風土も精神文化も違う日本列島内等を

例えば、朝鮮半島の様な精神文化で染め上げようとする」のは

「明らかな間違い」で

「朝鮮半島の精神文化が良いなら、朝鮮半島で暮らす様にする事こそがお互いの快適性を損ねない解決法に成る」。

「もちろん、それぞれの地域の精神文化も時と共に進歩・進化して来ているし、今後も其の進歩・進化は変わらない」が

「健常進歩・正常進化を行う事」が「快適に直結している事に成り」、

「実体に基づかない不健常変化等を無理やり求め、起こさせたりする事等は、破壊~人類滅亡に直結している事に成る」。

「グローバリズムとは世界均一化であっては成らない事に他ならず、

多種多様なそれぞれの地域・地域、精神文化・精神文化等々が、快適に共存できる状態の構築に他ならない」。

「其れは、

地球生命体細胞群が、基本的に、其の地域の環境に適応しながら自らの身体等を進歩・進化させ続けて来ている実態からも

明らかな事に成る」。

「多種多様であっても地球生命体細胞群は一つ!が健常で快適な状態であり、

地球生命体細胞群は一つだから均一化!は不健常で大間違いの状態に成る」。

「此の意味からも独裁者・独裁政権は早々に解消すべきモノに成っている」。

「現状の経済システム」は

「需要と供給の関係の上で成り立ち、経済価値を付けているのは実質的に、人間の意識の有無を問わない考え・思い・感じ・信じ等の上での納得」だ。

「そして、仕事とされている」のは「そんな経済システム上での経済的価値を生む者・物・事等に成っている」。

「仕事とされたモノの量に比例してお金の量も増やし続けられて来ている」ので

「相対的には、同じ貨幣額面でも、例えば、今の一万円は何十年も前の一万円よりもお金総量分の割り合いが少ない事に成る」。

「それぞれの地域での貨幣価値は為替によって世界標準化されている」が

「其の為替を決めているのが、それぞれの国々の後ろ盾の軍事力・技術力・資源力等々の国力に成っている」。

「実質的に同じ労働でも、世界標準貨幣価値上では賃金格差が絶大に成る仕組みが其処に在る」。

「実体経済が金融資本界の下で動かされている」のも「現状資本主義の特徴」だ。

「多くの人間たちがお金に結構、絶対的な価値を与える事に同意している状態の中で暮らしている」から

「実質的には、大金を持つ事=大権を持つ事」に「成っている」。

「更に、お金には色が付いていない」から

「摘発されていない犯罪行為故でも、泥棒財産・資産等の相続故でも、大金持ちは大金持ちで、

大金持ちである事自体が、起業したりする事をも容易にする」から

「そんな実態の中で社会生活を送り続けさせられている人間たちの多くの中では、

どんな事をしてでも大金持ちに!今の大金持ちだって正当な者たちばかりでは無いのだから!等々の心理も生じ易く、

其れが、例えば、マスク・アルコール消毒製品等買い占め~高値転売等の悪稼ぎの生みの親にも成っている」のが

「現実」だろう。

「大権を持っている者には逆らい辛い人間たちも多い」ので

「大金持ちである事=従わせる事が出来る人々も多い事」等と「成り易く」、

「其れが、独裁政権等と重なる」なら

「例えば、大金集め~独裁政権による金権世界支配という悪の思惑の実践動機にも成り得ている事に成る」。

「大金集めには、金融投資界を利用する事が合理的に成る事」は

「世界中の多くの大金持ちが、例えば、自社株値上がり等による金融投資界長者である事等からも良く判る」。

「金融投資界で大金を設ける為のコツは簡単で、

出来る限り大量の資本で、出来る限り安い時に株等を買い、結構高く成ったら売るダケ」だ。

「買い占め~高値転売と同様の事を金融投資界で行う事が合理的に成る」が

「其の為」には「安い時」と「高く成る時」が「要る事に成る」。

「個人レベルで安い時と高く成る時を創り出す事は、ほぼ不可能に近い」が

「国家レベルとも成れば、更に、工作手段まで使えば、

其の様な状態を創り出す事は容易」で

「其れは、独裁政権国家等なら実践も可能と成り」、

「其の様な実態の臭いも濃厚に漂って来ている」のが

「新型コロナウィルス大騒動!」の「実態に成る」。

「では、其の様な悪事の実践も不可能にする在るべき経済システムとはどの様なモノに成るのか?」

「経済学者等なら、其の辺りも考え・実践しようとしていて当然に成る」のに

「現状までの経済学者等のほとんどは、

現行までの経済システム上で上手く儲ける方法でも探り続ける為に、経済学者に成ったのか?

現行までのいわば歴史精神文化遺産に興味を持っているオタク的人々なのか?

其の様な人類の未来を明るくする為の仕事よりも、

現状維持・過去詳細分析等々に邁進している様相なのだから、

天動説状態の、所謂精神文化側の人類の仕事が如何に遅れているのか!が良く判る事に成る」。

「地動説的に経時システムを考える」なら

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群(=広義の自分)の根本的目的の存続~永続との整合性が取れる経済システム等を

設計等していて当然に成り、

例えば、経済価値等も、広義の自分(地球生命体細胞群)の存続~永続への貢献度等の実体の在るところに求めていて当然に成る」。

「此の意味からすれば、

新型コロナウィルス大騒動!による、

経済・人の移動等大抑止の地球温暖化抑止効果」にも「相応の経済的価値が付けられていて当然に成り」、

「其れを例えば、ベーシックインカム等の手段で全ての人間たちに還元する事」等も

「合理的に成る」。

「比べっこ上では、格差が在った方が便利に成る」が

「本質・快適探究上なら、快適を損ねる本質にも叛いている格差等は無い事が当然に成る」。

「ベーシックインカムの導入により、世界中の何処の誰でもが其の地域での一生の衣食住が実質的に保証されている状態と成る」なら

「狭義の自分の健常存続の為の衣食住を求める本来欲求の充足も容易に成り、

其の分、其の代償欲求の追及行為等も抑えられる事に成る」ので

「本来なら不要な移動や消費等々も必然的に減少する事に成り」、

「其の分、更に、地球温暖化等の抑止効果も上がる事に成る」。

「そして、地球生命体細胞群の中の人類として行うべき本来の仕事」は

「それぞれの人々がそれぞれの能力との適正が高い事を応分に行う様に、行える様に、

人間社会システム等も整えて行く」なら

「広義の自分の存続~永続への貢献基準の経済価値に基づいた、本来の報酬がベーシックインカムの上に載る事に成り、

それぞれの人間たちも実感のある豊かさを得る事が出来る様に成る」。

「其の様な人間社会・経済システムへの移行の為」には

「現状までの天動説状態の所謂、文系、もしくは精神文化側の情報・教育を

地動説状態に健常進歩・正常進化させる事により、

多くの人間たちの精神構造も地動説状態に健常進歩・正常進化させる事」等が

「必要に成る」。

「自分の実体把握をちゃんと行い、

比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

多くの個々の人間たちの精神構造が健常進歩・正常進化する」なら

「其の集大成として人間世界の社会・経済システム等も必然的に地動説状態に健常進歩・正常進化し易く成る」。

「今、この瞬間にも死自体は実体験しているのに死を恐れる様な現実離れした状態から解放された、

自分の実体把握が十分に出来ている人間たちにとって

広義の自分に他ならない地球生命体細胞群全体の平和や其の宇宙への本格進出も含む健常成長等は

当たり前に在るべき事に成り、在る様にするのが当たり前に成る」。

「世界平和も地球環境問題の解決も当たり前に出来る状態」と

「広義の自分の存続~永続という永遠の命への道を歩み続ける実態」が

「其処に在る」。

「現状の様な天動説状態の情報配信等の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番でも「大変だゾ~!(不安に成れ!)情報配信状態」等の様相だったが・・・。

『「不安・恐怖心煽りの為の公共の電波を使った情報配信」なら「先ず、最初に、散々、問題故に大変に成っている状態等を情報配信」し

「後の方で、付け足し程度に、国等による実害を軸にした対応・対策等を情報配信」する

「やり方」が「合理的に成る」。

「何故なら、多くの視聴者の意識」は

「テレビを付け、チャンネルを合わせ、実質的に、許容している番組」が

「最初に与えた情報を、意識の有無を問わず、相応に重大事として捉え、

其れを先ず、覚える、覚えさせられる事に成る」ので

「其の問題については、其処から考えたり、感じたり、判断したりする様に成り易い状態にさせられてしまい易いから」だ。

「最初に、

新型コロナウィルス問題で世界中がこんなに大変に成っているゾ~!

経済もアブナイゾ~!

感染者(実際は、感染研知者)も増えているゾ~!

死亡者(実際は、肺炎致死で新型コロナウィルス{も}検知された人の数で、主たる原因が新型コロナウィルスとは限らないが)も増えているゾ~!

・・・等々」の

「実質的には、不安や恐怖心等を煽る情報配信をした後」では

「其の不安・恐怖心等が解消されない限り、其の後の別情報等は頭の中に入れ辛い状態に陥り易い」のが

「現状までの多くの学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等々の情報等で、

比べっこの精神構造のままに

精神構造の健常成長を阻害され続けて来てしまっている

多くの視聴者・読者・生徒等の

お気の毒な実態に成ってしまっている」。

「比べっこ精神構造上」では

「比べる為の基軸が重要に成る」が

「其れを最初の印象的で大々的な情報配信等により、

多くの視聴者の中で、実質的に、決めさせているのが

現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信の実態」だ。

「実質的には、ナチス・ヒトラーのラジオ・マスコミ等悪用の大衆誘導等と同じ状態が其処に在る」のだから

「歴史からちゃんと学んでいる」なら

「其の是正が必需に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」のに、

「まるで現代版のナチス・ヒトラーの大衆誘導の上辺ソフト版みたいなモノ」が

「横行している」のは

「其の裏に、現代版のナチス・ヒトラーが在る事」等を

「露呈させている事にも成る」。

「では、現代版のナチス・ヒトラーと言えば・・・、

世界中の多くの人々が真っ先に思い付くのは中国共産党だろうし、

独裁者という面からは北朝鮮金政権等も其れに当たる可能性が高い事に成る」。

「もちろん、言うまでも無く、ナチスとは組織集団で、

中国共産党の組織集団の実態は、世界中の多くの人々にとっても自明の事の様に思えているかも知れないが、

其の手の組織集団で重要に成っているのが直接の党員では無く其の橋梁者等である事は

決して忘れたり、誤認したり、していてはいけない事に成る」。

「中国共産党にしても、直接の党員は在中国内がほとんどの様にも思える」が

「実際は、世界中に広がり、協力者仕立ても積極的に行っているのが実態」だ。

「北朝鮮金政権等も同様」で

「特に、日韓中の中には北朝鮮金政権等の直接の手先等はもちろん、協力者仕立てにより協力者にされてしまっている人々等が

かなりの数居る」のが「現実」だ。

「其れは、日本全国各地から多数の拉致被害者を北朝鮮にまで{無事}連れ去った拉致工作の実態からも明らか」で

「拉致工作を行ったり、手伝ったりした日本国内の工作員集団や其の協力者等が

其の後、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を行わされない訳も無い」から

「実際に、2020年の今日でも、

日本国内では、電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・医療工作・情報教育工作・政財界工作等々の

非人道的なやり方の場合も多いスパイ・工作活動等が未だに、旺盛なまま・・・」だ。

「スパイ・工作活動等を連綿と行い続ける事の目的」は

「中国共産党でも北朝鮮金政権等でも同じ」で

「独裁政権や独裁者の保身の為」だが

「独裁政権・独裁者の保身の為には、他の者・物・事の徹底支配と支配圏の拡大が必需に成る」ので

「実態としては、

例えば、

従中国共産党政権化や従北政権化であり、

それぞれの国々内での一般国民まで含む独裁政権・独裁者等にとっての不適応分子の粛清と有益分子の育成であり、

在日の母を持つ独裁者の為の日本乗っ取り支配工作等々と

成っている」。

「ナチス・ヒトラーの場合」は

「当時の人間世界の主流最先端精神文化が

武力による比べっこ支配権/被支配権争いだったので、

武力を積極的に実用したやり方だった」が

「核兵器までもが実用された先の大戦以降、複数の国々が核兵器を保有している状態では、

人間世界の主流最先端精神文化として

武力を前出しにする訳には行かなく成り、武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配圏争いに成っている」が

「そんな中で、経済比べっこでは劣位に在り続けて来ていた独裁政権・独裁者等は、

優位では無い経済比べっこに軸を置くのでは無く、

スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を主軸とした比べっこを行い続けて来ている」。

「独裁政権・独裁者等が

経済比べっこで優位な状態の国々の中に、積極的に入り込み、スパイ・工作活動等を積み重ねる事により、

技術・資金・ノウハウ等々を盗むと共に、

従独裁化工作や乗っ取り支配工作や、

不適応分子の粛清と有益分子の育成を行い続けて来ている結果」が

「現状の世界状態に成っている」。

「{スティルス}ナチス・ヒトラーの様な実態が其処に露呈している」。

「其れを助長してしまっている」のが

「精神構造・精神文化の健常成長を阻害し続けて来ている

未だ、天動説状態の所謂、文系の情報・教育等」で

「古からのまま・・・に寛容な精神構造・精神文化上」では

「古には無かった手段によるスパイ・工作活動等に対して十分な精神構造・精神文化上での対策を施す事も困難に成る」ので

「其の大きな隙に付け込んでいる」のが

「{スティルス}ナチス・ヒトラー」等に「成ってしまっている」。

「新型とされているコロナウィルス問題」でも

「{スティルス}ナチス・ヒトラー等を実質的に利す論等が

主たる論として公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育上等々で

喧伝等されてしまっている実態の裏」で

「新型コロナウィルス大騒動による経済衰退等々を

報復経済制裁!等と大喜びしている独裁者や

其れを見越した大稼ぎや他国他国企業等支配等を仕込む事で支配圏の更なる拡大を目論んでいる独裁政権等」の

「存在が無い」と

「本気で思えるなら、其の平和ボケ等は、

独裁政権・独裁者等にとって都合の良い事に他ならず、

かなり深刻な状態に在る事に成る」。

「情報配信の順番として、

先ず、実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が在り、

次に、其の問題等に対する適切な原寸大の対策が行われている、或いは、行い方や行う事の推奨等の

情報配信が続く」なら

「多くの視聴者の意識の中」で

「基本と成る」のは「実体や事実・現実の原寸大理解・把握に成る」から

「不要な不安や恐怖心等は抱かずに、其の次に情報配信される原寸大の対策を知ったり、行ったり、する事が出来易く成る」。

「其の後に、対策が不十分だったり、間違っていたり、等々したが故に、大変な状態に陥ってしまっているところ等の

情報配信等が付け足されても、

もはや、軸と成るのは適切な対応に成り、不安や恐怖心等を軸とされてしまう事も無く成る」から

「不安・恐怖心等故の過剰・過大な行動・対策等も行い辛く成り、

買い占め~高値転売製品の取得等による利悪も行い辛く成る」。

「新型コロナウィルス問題を原寸大レベルで情報配信する」なら

「感染・検査基軸では無く、実害・実益基軸が当然に成り、

実害・実益で言うなら、

感染してもほとんどの人々が重症化しない若い年齢層の健常な人々が、マスク等をする必要性は無く、

感染による重症化率が高い高齢者も含む免疫学的弱者の保護の面から言うなら、

免疫学的弱者等の居るところでは話し等と必要最小限にしたり、セキエチケットを徹底したりすれば良い事に成る」。

「満員通勤電車感染等が言われていない現状の裏」には

「通勤電車内で話す人が少ない事や、接触感染を防止する為の策の充実等が考えられる」。

「或いは、感染しても重症化率が低い、最初の発見よりもかなり前から在り、

世界中に、或いは、中国や北朝鮮等とはより近い日韓内等では既に、流行し、多くの感染者と免疫取得者を創り出していた可能性も

決して小さく無い、

新型コロナウィルスに対する免疫を既に保持している人々の数が、意外な程多いから、かも知れない」。

「実質的には、

不安や恐怖心等を煽る情報配信実態を露呈し続けて来ているテレビ常連出演者等が推奨している経済対策もまた、

消費税減税!や期間撤廃!等、買い占めをしたり高額なモノを買おうとしたりしている者たち等を利す対策に成っている事」も

「現状のテレビ常連出演者等の実体を露呈させている」し

「韓国や北朝鮮等、{朝鮮賛美}情報配信が多い事も、同様」だ。

「感染者ゼロで国外に支援も求めず、国外の調査期間等ももちろん入れさせず、独裁者はノーマスクという北朝鮮の実態」も

「明らかに変」だ。

「其処から」は

「北朝鮮金政権等が、

既に、ワクチンも持っているソフトウィルス工作テロを仕込み、報復経済制裁を行ったんじゃないの・・・」等の

「思いや感等も浮上して来る事に成る」のに

「ソフトウィルス工作テロ等である可能性には言及しない」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等が強い実権を握っているかも知れないテレビ番組等の

情報配信内実」に「成っている」。

「ウィルス工作テロ」なら

「現状のまま・・・では、

今回の問題が終息しても、何時でも、何処ででも、バレ無い限り、仕込む側が好き勝手に仕込めてしまう事に成る」のだから、

「其の辺りの対策も必需である事等は、もはや、言うまでも無い事に成るのに!」

「未だに、日本国内で連綿と行われ続けている非人道的な集団スパイ・工作活動等の実態からも、

拉致事件当時に、徹底して北朝鮮のスパイ・工作員や其の協力者等を摘発し、厳罰に処さなかった事の

罪は非常に大きい事に成る」が

「其の当時は、北朝鮮労働党のオトモダチ政党が日本の二大政党の一翼だった」ので

「大罪の元凶は、其の辺りにも在る事」等が「容易に推定出来る」。

「其の後、反省して、非人道的な集団スパイ・工作活動等を解消させる方向に大きな力を加え続けて来ているなら良いのだが、

実態としては、非人道的な集団スパイ・工作活動等は、例えば電磁波工作にしても、時と共により強化され続けて来ている」から

「未だに、オトモダチや協力者等の状態のまま・・・と推定出来る」。

「そして、情報・教育等では、正に、協力者等の実体まで露呈している場合も少なく無い」のだから

「非人道的な集団スパイ・工作活動等の場合でも・・・」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「インフォデミック」等と常連出演者等が自己正当化や政治運動等の為の情報配信等を公共の電波を使って行っていた様相でもあったが・・・。

『「新型コロナウィルス問題」でも「重要に成る事」は「実体解明であり、実害・実益」だが

「実体解明はもちろん、実害・実益も基軸にせず、感染や検査を基軸とした情報の一方的大量配信等により、

多くの視聴者・読者等の不安・恐怖心等を煽り、インフォデミック状態を創り出して来ている」のが、

「世界中の多くのメディアの現状までの実態に成っている」。

「日本の多くのテレビ等も同様」で「特に、朝日系と毎日系が酷い」が

「サンデーモーニングも毎日系のテレビ局の番組に他ならない」。

「新型とされているコロナウィルスの問題」でも

「最初のメディア報道」が

「中国共産党支配下の中国武漢で肺炎に成った患者が出て、其の原因を徹底検査したところ、

感染していたウィルスの中に今までに知られていないウィルスが在りました。

其のウィルスの毒性は未だ不明です。

肺炎患者には出来る限りの治療が行われています。」等で、

「其の後、今まで知られていないウィルスの感染が肺炎患者から発見されたので、

同じウィルスに感染している人々が居るか?居ないか?の調査が行われました。

其の結果、肺炎患者の居た武漢では現在までに〇〇人の感染が発見されました。

しかし、其の多くは無症状だったり、軽症状態でした。

肺炎の重篤度を上げてしまう可能性のあるウィルスと推定出来ますが、

肺炎に至る様な状態では無い人々にとっては其れ程毒性の高いウィルスでは無い模様です。

感染自体を気にするのでは無く、肺炎に至らない状態を維持したり、つくり出したりする事が望まれています。

ウィルス濃度を高めない事や、

インフルエンザ等感染予防にも役立つ手洗い・消毒等していない手先等で顔を触らない様にする等、粘膜からの感染を予防する事が

有効に成ると推定されます。

感染自体を心配する余り、無症状や軽症なのに病院に人が集まる事は、

其処に感染者が居た場合、ウィルス濃度を上げる事にも繋がってしまいます。

インフルエンザ等の場合と同様に、人々が集合したところで大いに話したり、騒いだり、運動したり、等々する事は、

ウィルス濃度が高い場所で深く息もする事により、肺の中にウィルスを呼び込み易くしてしまう事にも成りますから、

肺炎症状を引き起こすウィルスの感染を予防する為には避けるべき事に成るでしょう。

当面は、其の様な行動を避ける事が望ましいと思われます。・・・等々だった」なら

「武漢を閉鎖したが故の大騒動は起きずに、病院への人の集中による感染者~重症化者の急増も起きずに、

世界中も冷静なまま・・・で武漢同様の感染検知~隔離や病院への人の集中によるウィルス濃度高めも起きず」に

「新型とされているコロナウィルス問題」は

「肺炎の原因ウィルスと成り得るウィルスの正体がまた一つ明らかに成りました。

ウィルス肺炎の治療法の急速な充実が望まれています。・・・程度」で、

「収拾していた可能性も高い」。

「重症化した人から発見されたウィルスだから、他の全ての感染者も重症化する可能性がある!」とばかりに、

「原寸大では無く、過剰な対策を行ってしまった事」が

「ウィルス自体原寸大では無い、膨大な実害をもたらしている」のが

「現状の実態」の「様相」だが、

「其れもウィルスの実体次第の事に成る」。

「現状の実態がもたらしている実害」として

「世界経済の急激な衰退化が在る」。

「経済恐慌~戦争」というのは

「行き詰まり感が蔓延した人間社会の行き詰まりを打破する為に何度も人類が実用して来ている、

集団的現状脱出欲動暴発の具現化手段に他ならない」。

「そして、其の様な暴発方向に多くの人間たちの思いや心理等を誘導した実績がある」のが

「如何にも頼れそうな、頼らなければ非国民扱いされる事にも繋がっている、独裁政権や独裁者等」と

「独裁政権下のモノだけでは無く、民主主義圏のモノまで含めたメディア」だ。

「此の辺りの歴史上の現実」と

「今回の新型コロナウィルス大騒動による悪の実効等」を

「総合的に考える」なら

「新型コロナウィルスとされている毒性が其れ程激烈では無い{ソフト}ウィルス」が

「経済恐慌~戦争を誘う為の、ウィルス工作兵器と其の仕込みである可能性も浮上して来る事に成る」。

「民主主義圏で暮らす多くの人々には、実感が持ちづらい事に成る」が

「独裁政権・独裁者にとって延命の為に必需に成っている事」は

「他の者・物・事を徹底的に支配し続ける事」と「支配圏を拡げる事」だ。

「其の支配圏を全政界にまで拡げる事でのみ、長い存続が可能に成る」のが

「独裁政権の実体」だ。

「ある独裁政権に、其の様なコアな延命~長い存続等の欲求が在る」なら

「今回の様な{ソフト}ウィルス感染・検査・検知による大騒動も、

世界レベルでの経済衰退等も、

正に、合理的に成る事に成る」。

「意図的に仕込んだ世界経済衰退なら、其れで儲ける手段も仕込み済みの筈」で

「金権の増大が支配権・支配圏の増大に直結している」のが

「現状の経済による比べっこ支配・被支配争いの精神文化上の人間世界の{酷く、劣悪な}実態」だ。

「今時、武力戦争と成ってしまっては、其の実被害は想像を絶するレベルに達してしまう」から

「経済戦争での覇者を目指している」のが

「現状の独裁政権・独裁者等の実態に成り」、

「武力戦争に至ろうとする時に力を発揮するのが核兵器の保有に成る事」は

「其れこそ、世界樹の何処の誰でもが判る事に成る」。

「大元の大騒動を引き起こした中国共産党支配下の中国」は

「中国共産党のご用達期間的実態を既に露呈して来ているWHO等を使って、

パンデミックの中心は今やヨーロッパである旨まで喧伝すると共に、

中国国内での{早い}収拾を世界中に向けて大喧伝している」。

「其処に露呈している事」は「頼れる独裁政権此処に在り!」であり、

「今後、今回の騒動故に経済的にも更に優位に立てる状態を構築出来てしまう」なら

「経済的に豊かに成りたいのなら、中国共産党の支配下に入るべき!を当たり前にする事も容易に成って行く事に成る」。

「何れ、中国共産党が覇権を握る!旨」や「核を持ったら勝ちでしょ!の旨」等とは

「テレ朝常連出演者等が以前から喧伝し続けて来ている事」だが

「其の辺りと、今回の大騒動を助長する事に有効に成っている情報配信実態」等とに

「相応の合理性が見いだせている人々の数もかなり多い筈」だ。

「中国共産党が覇権を取る」なら

「中国共産党に日本より遥かに近い北朝鮮金政権等が日本乗っ取り支配等をより実現し易く成ってしまう事にも成り、

北朝鮮金政権等が潰されない為には、核を持つ事が有効に成るから、

核を持ったら勝ちでしょ!の旨等喧伝していた」のが

「日本の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者なんじゃないの・・・等の感や思い等を

多くの視聴者に抱かせ続けて来ているテレビ常連出演者等の実態に成る」。

「新型コロナウィルス」が「{ソフト}ウィルス工作兵器だった」なら

「其の流行を何処で何時、起こさせるのか?」も

「大騒動化」等も

「収拾法」等も

「既に、重々承知で、コントロール可能であって、当然に成る」。

「先ず、自爆、或いは、友好国内で準自爆して置く」なら

「世界中のほとんどの人々が犯人探しの対象から外し易く成る事」等も

「計算済みかも知れない」。

「粛清対象の国々内で次々と{ソフト}ウィルス工作{テロ}を行い続ける」なら

「其のターゲットとされてしまった国々の負担は膨大に成り、経済比べっこ上での不利益も膨大にする事が出来てしまう事に成る」。

「世界中が経済制裁等を行っている北朝鮮金政権等が報復経済制裁を行う為」でも

「合理的に成る」のが「今回の新型コロナウィルス大騒動!」で

「大騒動化を実質的に手伝って来ている様相」なのが

「日本の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等が高い実権を持っているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等や

地方等に成っている様相」なのだから、

「其の辺りも、単なる偶然とは思えない人々の数もかなり多い筈」だ。

「上記の様な実態」からも

「新型とされているコロナウィルスの実体解明は必需に成る」。

「独裁政権・独裁者等は、上記の様な事があらぬ疑い等に成っている」のなら

「其の様な誤解を世界中の多くの人間たちに抱かせ続けない為にも、

一刻も早く、

政権交代による前政権等が行った事の検証も可能に成る民主主義への転換を行うべき」だ。

「新型コロナウィルスの実体」は

「ソフトウィルス工作兵器等では無い」のなら

「ウィルス性肺炎の原因に成り得るウィルスの一つ」等に成り、

「其の大元は、コウモリ等人類以外の哺乳類由来で、其処からの接触や食等による感染由来」等と

「推定出来る事に成る」。

「其処に、温暖化による環境変動故の変異等の実態が加わっている可能性も決して小さく無い事に成る」。

「では、実害・実益は?」

「実害としては、肺炎にまで至ってしまうと大変に成り、

治療環境等によってもかなり違う様だが、

高齢者等も含む免疫学的弱者状態の人々の場合には、死に至ってしまう確率が相応に高く成ってしまう場合も在る実態」が

「既に、報道等されている」。

「セキや喉や身体等の痛みや疲れ、倦怠感、食欲不振等の実害が出る場合も在る」との事だが、

「多くの場合(約8割とも言われている)は、感染しても、無症状、もしくは軽症で済むとの報道等もあった」。

「感染力についても、当初は、かなり高いとされていた」が

「感染者の8割が他の人に感染させていないとの報道等もあった」。

「感染者を集めた状態で、声を発したり、運動したり、食の為の道具を強要したり、等々の状態が少なからずあった上に、

高齢者も多かったクルーズ船の様な状態」や

「感染・検査基準での閉鎖・隔離策大騒ぎで、病院に人々が集中してしまいウィルス濃度が高まってしまった中国武漢の様な状態」等を

「避ける」なら

「其の感染力自体は、インフルエンザより低い様な実態も在る様相」とも「思える」のは

「感染していたのにパブを訪れ、女性に隣で接待までさせた感染者からの感染が接待した女性には無かった事」等の「実態」から

「ある意味、当然の現象に成るのかも知れない」。

「感染して免疫を持つ事」は「メリット(実益)に成る」し

「免疫を持っている人間の数が増えれば増える程、其のウィルスの感染は終息し易く成る」。

「インフルエンザ同様、撲滅は困難なタイプのウィルスである可能性が高い」が

「多くの人間たちがウィルス・大騒動煽り!情報配信・教育等に対する免疫を保有出来てしまったり、

インフルエンザ同様、有効な治療法・治療薬が出来るなら、

早々に大騒動も終息する事に成る」と

「強く推定出来る」。

「現状ではウィルス性肺炎治療の一つとして、其れが必要に成っている状態の人々がちゃんと医療・治療を受けられる状態を維持~実用する事」が

「重要に成る」。

「大量の重症者を出さない為の高齢者も含む免疫学的弱者の保護」と

「重症化してしまった人々の医療・治療の確保~実用が重要に成っている」が

「現状までの国等の検査・感染大騒ぎ!に振り回されていない対応」が

「相応の実効を持っている事」は

「検査・感染大騒ぎ!を助長している実態を露呈し続けて来ている」のが

「かつての民主党政権等との繋がりが濃いテレビ・ラジオ・マスコミ・学校等々だったりしている実態」からも

「民主党等政権よりマシ・・・状態を実感出来てしまう事態にも成っている」。

「他者支配・他者による被支配精神文化で生きようとしている物たち等の行う事、行いたがる事」が

「自己健常支配精神文化で生きている物たち等には通用し辛い事」は

「ある意味、当然の現象に成る」のだから

「独裁政権・独裁者等解消の為にも役に立つ、精神構造・精神文化を健常進歩・正常進化させる為に有益に成る情報配信等」を

「未だに、意識的かつ積極的に行わず、

未だに、時には、実質的、政治・社会運動等も行いながら、独裁政権・独裁者等を援助する情報配信等を行い続けている実態を露呈している、

自由・民主主義圏国の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や公共的マスコミ等や学校教育等の実態」は、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等でも「未だに、新型コロナウィルス問題クラスター{不安煽り}爆弾炸裂!状態情報配信」等の様相だが・・・。

『「{ウィルスをばら撒いてやる!感染者}からの感染実態の報道もあった」が「其処から判る新型コロナウィルス感染の実体についての探究」が

「不十分だった事」等からも、

「何を目的とした、どの方向への情報配信なのか?」等が「良く判る事に成る」。

「{ウィルスをばら撒いてやる!感染者}がパブを訪れ、

其の者と濃厚に接触した事に成る指名され、隣で接待し、カラオケデュエットまで行った女性からは感染が検知されず、

店の入り口のソファーに開店までの短時間腰かけていた後に其の場所を使った女性から感染が検知された事」を

「受けて」、

「新型コロナウィルスの{非常に強い}感染力!等を訴えていた」が

「其れが明らかに変である事」等は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「感染力が非常に強い!」なら

「隣で接待した女性に{も}感染していて当然に成る」が「実際は、そうでは無い」。

「短時間ソファーを利用したダケで感染力を持つ何かをソファーに残せる」なら

「其処にこそ新型コロナウィルスの特徴がある事に成る」が「其の様な訴えが常連出演者等から言われる事も無かった」。

「今までに報道されている新型コロナウィルスの感染の実態としては、接触感染・飛沫感染・エアロゾル感染がある」が

「隣で接待し、話し、カラオケを一緒に歌っても感染無し」で

「ソファーを短時間利用した後に其のソファーを使ったら感染あり」では

「飛沫感染力より接触感染力の方が圧倒的に強い事に成る」が

「カラオケを一緒に歌った女性の方も隣ではソファーを共有している様なモノだし、

グラスやマイクやカラオケ選曲端末や感染者のスマホ等々、接触感染の機会が沢山あったのが実態だった」。

「上記の様な実態が露呈させている事」は

「{ウィルスをばら撒いてやる!感染者}の他者感染力は其れ程強く無く」、

「感染した女性の感染源は別に在った事」等に「成る」。

「感染が検知された女性は、其の前にインフルエンザで病院に行っていた旨の情報配信も在り、

其の事を受けたテレ朝朝番等ご用達医師による{解説}も付けられていた」が

「インフルエンザにより鼻や喉の粘膜が弱められ、傷つけられていたから、新型コロナウィルスに感染し易く成っていた事が推定出来る旨」の

「解説」からは

「感染源が該当パブのソファーだったのか?病院だったのか?其の他の移動中の交通機関や人等だったのか?」等が

「全く判らない」。

「其処から判る事」は

「粘膜が弱められていたり、傷つけられていたり、するなら、感染リスクが高く成る事等に成り」、

「そうなら、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々等、其の様な状態にある人々の感染リスクが高く成っている事にも成る」。

「逆に、粘膜が傷つけられて無く十分に強い状態なら感染リスクが低く成る事に成り、

其れは、其の様な状態にある多くの視聴者にとっても、其の周りの人々にとっても、安心を感じられる情報内実に成り得る事に成る」。

「何しろ、感染者の隣で接待し、一緒に酒を飲み、カラオケを歌っていても、感染しなかった」のが「現実なのだから!」

「重要な事は、多くの人々が健常な粘膜状態や免疫を保持~維持している、出来ている状態を構築し易くする事に成る」のだから

「不安や恐怖心を煽り、其れらを弱体化に誘い易くしている実態のある情報配信等は、明らかに、酷く、劣悪に成る」。

「上記の様な{安心材料}は十分に喧伝しない、ばかりか、圧殺・黙殺状態」で

「不安や恐怖心煽りに繋がる事は大喧伝状態」なのだから

「其処には、明らかな意図・意志・もしかすると確信犯の悪意等が感じられる事に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の様な感染実態情報配信内容」から

「筆者が特に気に成る」のは

「大気工作等との関連性」だ。

「工作大気団に見舞われる」と「鼻や喉の粘膜が弱められる事」等も「容易に推定出来る」ので

「新型とされているコロナウィルス等、免疫学的弱者状態では無い状態なら基本的には大きな影響が出ないソフトウィルス等とのセット」で

「不適応分子と勝手に決めつけている者たち等をターゲットとした粛清工作が可能に成る事に成る」。

「其処に工作電磁波も重ねられる」なら「粛清工作精度が益々高められる事に成る」。

「工作濃度で粛清する非人道的な、多くの国々では現行法・現行の摘発体制で摘発困難に成る、悪の実態」が「其処に露呈している」。

「ハード工作を行うなら、アッと言う間に潰されてしまう事が確定している様な、劣悪独裁政権国等が使っている、

非人道的な悪の手段」が「其処に在る」。

「実効のある対策が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状で報道等されている感染検知基準の感染実態や重症化・致死率等を

其のまま現実の人間社会に在るモノとして分析・探究等する」なら

「{ウィルスをばら撒いてやる!感染者}関連の感染問題」は

「冒頭の様な事に成る」が

「感染実態自体が違っている」なら

「話しは変わって来る事に成る」。

「例えば、新型とされているコロナウィルスの感染自体」は

「かなり前から、既に、北朝鮮等の工作濃度が高い韓国国内や日本国内等では広がっていて、

肺炎で亡く成ってしまった方々の内、相応の割り合いの方々が、其のウィルスが主たる原因だったり、副の原因だったり、している実態も

既に在った」が

「臨床医は忙しく、其のウィルスを不明ウィルス等として{処理}するのが手一杯で、

其の結果、新発見ウィルスとしての検知は無く、

次々と同様の状態の中で、肺炎患者等の治療に動いていた実態が既に在った」。

「其の様な実態が既に在った」なら

「例えば、日本国の中では、既に、其のウィルスへの感染はかなり広く広がっていて当然に成る」が

「其の多くの場合が、無症状・軽症状態で、重い問題として扱われる事も無かった」のは

「死因として肺炎なら、其れこそ、誰もがある意味納得・・・で、

多くの場合が無症状・軽症なら感染自体が問題化する、される事も無かったから」だ。

「もし、其の様な状態が既に在った」なら

「其のソフトウィルスに知らず知らずの内に感染し、治り、免疫を既に保持している人々」が「既に、多数居て当然に成る」。

「悪の実効が表立たない事にいらだった悪権力者等」が

「以前のウィルスを少々改造して、中国共産党支配下の中国武漢で撒いた」なら

「現状の様な状態に成ってしまっていても、ある意味、当然の現象に成る」。

「{ウィルスをばら撒いてやる!感染者}の隣で接待した女性は

既に、新型とされているコロナウィルスと同様のウィルスに対する免疫を得ていた」から

「感染しても、感染無し状態と成り」、

「其の免疫が無かったソファーを使った女性は、何処で感染したのか?は別にして、感染者として検知された」のが

「実態である可能性も在る事に成る」。

「何れにしても、銃砲に成る事」は

「実質的、ソフトウィルスレベルである限り、感染の有無や検査等では無く、

実体解明であり、実害・実益に成る」。

「ウィルスの毒性」にしても

「治療薬が既に在り、簡易検査も出来るインフルエンザの致死率の10倍という{低い}レベル」で

「其のほとんどが該当ウィルス単独では無い肺炎による致死に成っている」。

「インフルエンザ感染」なら「高熱等相応に大きな症状が出る場合がほとんど」だが

「該当ウィルスの場合は、無症状・軽症が圧倒的多数派」だ。

「此の実態は、該当ウィルス自体の毒性はインフルエンザより低い事を露呈させている」。

「治療法や治療薬等々が開発~実用化される」なら

「アッと言う間に終息する事に成る事」が「容易に推定出来る」のが

「新型コロナウィルス大騒動問題」で

「上記の様な実態が露呈させている事」は

「上記の様な実態を伝えない事による過剰で本来なら不要な不安・恐怖心等を煽り、

経済恐慌等まで誘っている実態を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等や其の裏に居る者たち等の

悪の思惑・策略等々に成る」。

「経済恐慌等を煽るダケ煽っておいて、徹底的に易く成ったところで株等を買い占める」なら

「経済による支配下に置く事が出来てしまう企業・人間たちの数も飛躍的に増やせる事に成る」。

「現状の金融界の実態なら、金等は売り!株等は買い!が正解に既に成っている」が

「其の様な状態を益々過激にさせたい様相でもある」のが

「不安・恐怖心等煽り情報配信等を行い続けている常連出演者等やテレビ番組等の実態」だ。

「酷いところでは、実質的に{買い占め物を誘導する事等により、買い占め悪を利す}情報配信等まで行って来ている」。

「武力ででも経済ででも権力ででも、他者支配が必需に成っている、独裁政権等が好むやり方が其処に露呈している」』。

『「政界が現状対策を行わざるを得なくなる事」は「ある意味、当然の事に成る」。

「現状の様な{メディアによる大衆不安・恐怖心煽り誘導}や「感染学者等ダケ重用の感染基準の情報配信」等により、

「世界中の多くの人間たちが、本来なら不要な不安や恐怖心等を抱かせられ、経済活動等まで止められている状態が創られてしまった後」なら

「先ずは、不安や恐怖心等を排除する為に、多くの人間たちが必要と思い込まされている事等を行わざるを得なく成る」。

「其の辺りを是正する、させる為」には

「実体や実害・実益基準の情報配信等を大々的に行う事が合理的に成る」が

「不安煽り!等で悪儲けしたがっている様相でもある、多くの場合、政権とは反対側の者たち等が牛耳っている、メディア界の多く」では

「其の様な健常状態を誘う情報配信等をナカナカ行わない」。

「しかも、政界とは違い選挙も無いのがメディア界の実態」だから

「他の多くの人間たちがどれだけ酷い状態に陥って、陥らされてしまっても、自らの下に多大な利権を収集出来るなら・・・とばかりに、

悪魔に魂を売り渡した不安・恐怖心煽り、経済恐慌誘い情報配信等」を

「ナカナカ是正しようとしない」。

「其れでも、株価等も大いに過剰に下がって来ている、ばかりか、資金力が無いところでは潰れるところも出て来ているのが現状」だから

「大金をつぎ込んでの買いや潰れた後狙い等による支配体制の構築等が十分に出来るタイミングが来た」なら

「今までの事は無かった事にして、健常状態回復・景気向上情報配信等に切り替える事等が容易に推定出来る」。

「一般健常市民が逆から捉える」なら

「メディアには操られず、実体や実害・実益基準の判断を失わない事」が「重要に成り」、

「一般健常市民同士の支え合い」が「重要に成る」。

「メディアに操られて、買い占めターゲットにされている物等を買わない、買い貯め等しない事や、

買い占め悪からは買わない事や

不当に高値にされている物は買わない事」や、

「同様の新たな不健常状態を避ける為にも、自国内製造・生産・使用等の大勢構築・普及等が重要に成る」。

「自国内地産地消は、安全・防衛面からも、エコロジーの面からも、合理的に成る」。

「グローバリズムに基づく自らの下への利権収集の自由を中道という、内実、自己健常支配が十分に出来ていない者たち等や

もしかすると、反日他国等による日本乗っ取り支配を支援している情報工作員かも知れない者たち等ばかり・・・」に

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で、過分な立場・報酬・検量塔を与え続ける必要は全く無い」。

「今回の、不安・恐怖煽り、経済恐慌誘い」等の「責任」も「きっちりと取る、取らせるべき」なのが

「戦後日本の多くの情報・教育界の者たち等の実態に成る」。

「既に、同様のソフトウィルス等が十分に広まってしまっている事等も、推定出来る現状」で

「未だに、該当ウィルスをコントロールする為に!等と不要で過剰な不安や恐怖心等を煽っている物たち等の罪」は

「本当に深い」が

「酷い事が起きなかった場合には責任が追及されてしまうから・・・」と

「ハードウィルスをばら撒く事さえ行ってしまう悪が裏に居るかも知れない可能性も含めた

必要十分で自虐度の少ない対処が必要に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「検査!クラスター不安煽り爆弾等を大炸裂させているテレビ・マスコミ等問題」と「米国発インフルエンザの10倍危険の実体」等・・・。

『「日本国内で検査をすればする程、クラスターが見い出せる」のは「検査自体、クラスターに成る人々を対象としている場合が多いから」に

「他ならない」。

「新型とされているコロナウィルスの感染者や感染して既に免疫を持ち症状も出なく成っている者等の数」は

「日本国内では既に、かなり数多い事」等は「容易に推定出来る」ので

「検査をすればする程、感染者検知の数も増える」のは

「ある意味、当たり前の現象に他ならず、

検査対象に成る人々の多くとクラスターは同じでもある」。

「検査をすればする程、新たなクラスターも発見される事に成る」が

「もちろん、クラスター以外の人々が感染していない人々とイコールである訳も無く、

問題にすべきは感染では無く、実害・実益である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其れなのに、未だに、多くのテレビ・マスコミ等では、

実害・実益では無く、検査!と感染を重大問題として大々的に訴え、

感染が発見されると新たなクラスターだ!等と大騒ぎする事」等により

「実質的には、多くの視聴者等に不安を煽り、萎縮させ、実質的には過剰である可能性も高い対策の実行を煽り、

経済恐慌塔を誘発している」。

「其の先で、

消費税減税!等、

本来の政治・政策では現与党等より良い日本国・多くの日本国民の為に成る実行可能な政治・政策を訴える事が出来無い

(能力的にか?人脈的にか?等はご推察下さい)

反対、もしくは審議拒否野党等が

選挙時等には政争の具に出来る材料等までをも推奨したりしている」のが

「反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・マスコミ等や学校教師(教授等も含む)の実態」だ。

「既に、呆れている視聴者・読者・生徒等の数もかなり多い筈」だが。

「米国発、新型コロナウィルスはインフルエンザの10倍危険の実体を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、新型とされている新発見コロナウィルスに対する本来在るべき正常な対応等にも重いが至る事に成る」。

「現状の致死率基準でインフルエンザの10倍危険としたのが米国の感染学の専門家等」だが

「致死や発症の実態を検証する」なら

「新型とされているコロナウィルスの実体もより良く判る事に成る」。

「先ず、現状でインフルエンザの致死率が低く成っている」のは「インフルエンザには既に治療薬も在るから」で

「インフルエンザに感染した場合」には

「其のインフルエンザに対するワクチン等を摂取していたり、既に、感染し快復し免疫を持っていたりしていなくて、免疫が無い場合には、

高熱等々の判り易い相応に大きな症状が出る場合が多い」。

「新型とされているコロナウィルスの場合」は

「無症状感染者や軽症感染者の割り合いが非常に多く」、

「感染して死亡に至ってしまっている場合のほとんどが肺炎故の致死」だ。

「まるで、既に、免疫を持っている人々が多数居るか、容易に免疫を得られる人々が多い等の実態」が

「其処に露呈している」し

「致死を避ける為に重要に成るのが肺炎治療である事も判明している様なモノ」だ。

「新型コロナウィルス感染による死亡率が異常な程高いところ」として

「中国共産党支配下の中国武漢等とイタリアが在る」が

「其のどちらもが適切な肺炎治療を行う為に必要に成る人工呼吸器等が不足している、いたが故の多数の死亡者の発生の様相」だ。

「また、元々の致死率が高く、免疫力の衰えもあって当然の高齢者の死亡率が高く成っている事も特徴的」だが

「元々、高齢者が肺炎で死に至ってしまう事は、

新型とされているコロナウィルスが発見される前から、

其れこそ、世界中で多々在った事に他ならない」。

「新型コロナウィルスだけが原因の肺炎等による死亡者の数は、

其の意味からも、現状で言われている、新型コロナウィルスが検知されれば其れが主たる原因!のイメージで喧伝されている死亡者の数よりも、

かなり少ない事」等は「容易に推定出来る」。

「感染研知者基準の致死率基準」では

「インフルエンザの10倍危険とも言える新型コロナウィルス」の「毒性」は

「客観的に捉える」なら

「インフルエンザより軽い」と「言う事も出来る」。

「では、どの様な対応が本来あるべき正当な対応に成るのか?」

「ここで重要に成る」のは

「感染しても無症状だったり検証だったりする人々の高い割り合いの裏に在るモノ」だ。

「まるで、既にワクチン接種済みの人々が多数居る様な状態」が

「何故、在るのか?」

「それとも、免疫を創り出す事が容易なウィルスなのか?」

「高齢者等の高い死亡率実態からしても、免疫を創る事が容易とは考え辛い」。

「では、既に免疫を持っている様な状態の人々はどうして創り出されているのか?」

「ここで、重要に成る」のが

「昨今の世界レベルでの激しい人間の移動実態」と

「発生源とされている地域等との繋がりの濃さ」に「成る」。

「新型とされている新発見コロナウィルス自体の発生」は

「新発見された時よりかなり前である事は、現状でもほぼ確定的」で

「更に、其の前に、同様のもう少し毒性の低いウィルスが在った可能性はかなり高い」。

「そして、其の同様の毒性の低いウィルスは、既に、人的交流が濃厚な人々の間には其の感染が広まっていて、

其の同様のウィルスに対する免疫を保持出来ている人々の割り合いが高く成っていた」から

「新型とされているコロナウィルスの感染が検知される様に成っても、無症状や軽症で済む人々の割り合いが高い事が推定出来る」。

「逆から言うなら、同様の毒性が弱いウィルスに感染し免疫を持つ前に高齢化等する事により、

感染~免疫取得の機会を失っていた人々の重症化率が高い事が推定出来る事に成る」。

「高齢者の肺炎による死亡は、新型とされているコロナウィルスの発見のかなり前から、数多く在り続けて来ている」。

「肺炎に成ると、多くの場合、細菌性が疑われ、先ずは、抗生物質等による治療が行われる」が

「其れで快復しない場合も決して少なく無い」。

「ウィルス検査は細菌検査よりもハードルが高いので、其処で初めてウィルス検査が行われる場合も在る」が

「今まででも、不明ウィルスが在るとされていた場合も少なからず在った筈」だ。

「例え、ウィルスが特定出来ても有効な治療薬等が在る場合は少ない上」に

「元々の致死率が高い高齢者の場合は、其の様な色々な治療・検査事を行っている内に死に至ってしまう場合も多い」ので

「多くの場合で、肺炎で死亡とのみ診断され、其れ以外の不明ウィルス等の徹底検証等は臨床現場ではそうそう行得て来ていなかった」のが

「実態」だろう。

「上記の様な実態から考える」と「中国武漢で重症化した感染者からウィルスが特定された事」は

「相応に評価されて然るべき事にも成る」が

「其の裏に在る実状」が「元々、新たなウィルスを発生させて来ている地域故等かも知れない事」等を

「考慮したり、現状の世界樹での大騒ぎ!を考慮したり、する」と、

「果たして」・・・。

「発見して、感染者を集合させなければウィルス濃度自体急に上がる事も少ない」ので

「一度期に感染~重傷者が大量に出る事も無い筈」で

「其れまで通りの世界生活実態が続けられていた可能性も高い」が

「イタリアの現状は、やはり、普通では無い」。

「イタリアでの高い死亡率の裏には、

人工呼吸器を付けなければ助かる確率が非常に低く成ってしまう高齢者に人工呼吸器を付けられない程、

人工呼吸器が不足していて、

其の少ない人工呼吸器が、人工呼吸器無しでも回復出来る可能性もあるかも知れない高齢者では無い層の人々に付けられている・・・」では

「ある意味、確信犯で高齢者を死に至らせている様な状態でもあり、

イタリアで人工呼吸器が足りないなら、近隣の国々等から積極的かつ大々的な支援等が在って然るべきだが、

其の辺りのニュースも無いのも、明らかに変」だ。

「中国武漢でも、新型コロナウィルス感染!検査!大騒動!で継承者までもが病院に押しかけ、ウィルス濃度を上げると共に、

早急な医療・治療が必需に成っている重症化してしまった人々の医療・治療機会を塞ぐ・・・」では

「致死率が高宇成ってしまう」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「感染自体を問題にするのでは無く、実害・実益基軸の対応をする事」が

「本来あるべき対応に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本の場合は、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等は感染!検査!で大騒ぎ状態で来ている」が

「政府・官僚等の対応は現実的で実害・実益基軸に成っている」。

「其れ故の、低い死亡率」と「言える実態が其処に在る」のに

「日頃から、現政権を批判・非難等し続けて来ている反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師(教授等も含む)は

現政権を貶める事により反対、もしくは審議拒否野党等を有利にする政治・社会運動等の為に、

感染!検査!大騒ぎ!で死亡率が高く成ってしまっているところ等と同様の状態を日本国内で具現化させたい様相でもある」のだから、

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「新型コロナウィルス大騒動!」にも「実益は在り、過剰な対策とも思える閉鎖策等が地球温暖化抑止に成っている事」等は

「其れこそ世界中の何処の誰でもが既に重々承知の事かも知れない」が

「此の実益に対する経済評価が付けられていない」ので

「世界経済は本来在るべき状態よりも過剰に落ち込まされている状態にされている」。

「消費税減税とは、高額商品を買いたい大金持ち等にとって都合の良い事でもあるが、

動きを抑えている人々や店・企業等に温暖化抑止効果相応分を

ベーシックインカム等の上積みとして配る」なら

「ベーシックインカム自体が余分で過剰な生産活動等を抑止し温暖化を抑止する効果がある上に、

更に、大人しい分だけ上積みが得られるなら、

温暖化抑止効果も累進的に上がる事が期待出来る事に成る」。

「どんなに狭義の自分の下に大金・大権等を集めても、

地球環境自体が危機状態と成ってしまったり、多くの生物等が絶滅等してしまったりするなら、

快適な人間生活自体が不可能に成ってしまう事に成る」のだし

「そもそも、個々の狭義の自分とは何十兆かの今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している地球生命体細胞群の一部に他ならない」から

「丸ごと一人の霊やあの世は在り得無い代わりに、地球生命体細胞群という広義の自分の未来は在る」のだから

「自我を狭窄させたまま狭義の自分の自慰目線の人生観・死生観上に生き続ける

本質的、劣悪状態は全ての人類が早々卒業すべき実態に既に成っている」。

「自我が狭窄状態に在る」と「他の者・物・事等との比べっこの中で狭義の自分の存在等も確認したくも成る」が

「広義の自分もちゃんと理解・把握し、常々、感じられている」なら

「広義の自分の快適状態が狭義の自分の快適状態を生む現実」も

「十分に理解・把握出来、感じられていて当然に成り、

地球生命体細胞群としての永遠の命に繋がる人生観・死生観を持ち、其れを基にした実人生を送ろうとしていて当然に成る」。

「其の辺りがはっきりとすればする程、全ての問題等でも、実体や事実・現実に基づいた原寸大対応等が当たり前に成り、

其れに背く事で本来なら無い不健常な利権等を創造し、其の利権を貪り、狭義の自分を自慰する様な

不健常な行動実態等は、

免疫を養う程度、遊びレベルに抑えられていて当然に成る」。

「此の意味からも、公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等の立場等まで使って、

狭義の自分の自慰に走っている実態を露呈し続けて来ている常連出演者・常筆・教師(教授等も含む)の

罪は深い事に成る」。

「厳罰が与えられて当然の実態」が「天動説自慰情報配信者・教育者等に在る」が

「其れらを罰しないばかりか、過分な立場・報酬・権力等まで与え続ける」なら

「其の事により、実人間社会等が大きな罰を受ける事に成ってしまう」。

「其の罰の具現化の一つ」が「今回の新型コロナウィルス感染!検査!大騒動!等による経済恐慌等」であり、

「以前からジワジワと与え続けられている罰」が

「地球環境変動に伴う数々の不都合な現実」に「成っている」。

「物質文明側では、既に、地動説化~産業革命に成功している」のに

「精神文化側では、未だに、天動説状態・産業革命前」では

「人類が自虐状態から抜け出せる訳も無い」。

「比べっこは遊び程度、本質・快適を探究して生きる!其れが今時の人類の当たり前に成っていて当然の時代は、

とっくの昔に来ている」。

「遅れ過ぎている主として文系側の情報・教育等故の実害」が

「何とか耐えられる内」に

「精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化を実現させない場合、漏れなく人類滅亡の時がやって来てしまう事に成る」。

「何とか耐えられる時間は、もう、残り少ない」。

「全ての人類も含む地球上の生き物に対する捌きの時が近々やって来る事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「未だに、感染!検査!で大騒ぎ!!状態」等のテレビ番組が多く「経済は、テレビ・マスコミ恐慌の様相」だが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの発生自体」は「どんなに遅くても2019年11月より前と強く推定される」。

「其処に、昨今の世界レベルでの激しい人間の移動の実態」や

「該当ウィルス感染により重症化しない人々の割り合い」や

「該当ウィルスの感染力実態」等を

「重ね合わせる」なら

「該当ウィルスの感染自体は、とっくの昔にパンデミック状態に成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「そんな状態が既に在る中」で

「感染を大問題化し、其の検知の為の検査を行う」なら

「検査を行えば行う程、感染研知者の数が増える事に成る」のは

「極めて当たり前の現象に成る」し

「感染自体を大問題化して感染者を隔離する」なら

「検査をすればする程、隔離に必要に成る病床等の数も増えて行く事に成る」。

「更に、既にパンデミック状態に在り、それぞれの国々等の中にも多数の感染者が居る事等が強く推定出来る状態」で

「閉鎖・自粛策等を取る」なら

「経済活動も停滞状態に成り、不況に成る事」は「ある意味、極めて当たり前の現象に成る」。

「其の様な対策を行う事」の「メリット」としては「高い地球温暖化抑止効果が在る事」だが

「現状の人間社会・経済システム上では、此の様なメリットをもたらす事に対する経済評価が実質的に、無い」ので

「人間世界にはメリットを生じているのに経済評価は無く、経済は其の分むしろ衰退する事態が具現化してしまっている」のが

「現状」だ。

「この様な現状に対し、人間世界が採る事の出来る現状改善策」は「既に、明らか」で

「該当ウィルス対策は感染・検査基軸のまま、人間社会・経済システムを是正する策」と

「該当ウィルス対策を感染・検査基軸では無く実害・実益基軸に改める事で、経済のテレビ・マスコミ恐慌を是正する策」と

「該当ウィルス対策を実害・実益基軸に改めると共に、

恐慌をもたらす事に直結した現状までの悪戯な恐怖・不安等を煽るテレビ・マスコミ等の情報配信を改めさせ、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信の義務等を課す改善も行う策」等に「成る」。

「何れにしても、現状のまま・・・なら、人間世界はどんどん経済恐慌方向に動かされてしまい、

歴史上の現実としては、其の先に武力戦争等が生じさせられて来ている」のだから

「其の様な最悪な事態が具現化してしまう前に、改善策を実行する事が極めて重要に成っている」。

「其れなのに、未だに、まるで経済恐慌~戦争を誘っている情報配信等を行い続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に、酷い」。

「歴史からも学べていない様相の、

反対、もしくは審議拒否野党等を有利にする、政治・社会運動等や、自らの下への利権収集等は得意な様相の、

現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者等やマスコミの常筆等の

実質的、劣悪さ等は、もはや、其れこそ世界中の何処の誰でもが直にでも判る事に成っている筈」だ。

「直ちにでも是正する必要のある実態が其処に露呈している」』。

『「感染・検査基軸の情報配信を続けているばかりか、

経済衰退予想等の大喧伝まで付けている」のだから

「視聴者等の中で、余分で過剰な不安や恐怖心等を起こさせ、更に、経済不況に成り易く成る負のスパイラル状態を仕込んでいる実態」も

「既に、明らかな実態に成っている」。

「まるで、反日国情報機関・工作員等による日本衰退化工作を実践しているかの如き実態」は

「直ちにでも改める、改めさせるべき実態に成る」。

「経済不況予想等で負のスパイラルを創り出している時間枠が在る」なら

「感染・検査基軸の情報配信ダケでは無く、実害・実益基軸の情報配信も行うべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「実害・実益基軸の情報配信」なら

「新型コロナウィルスとされているウィルスによる実害の多くが、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々に集中し、

其れ以外の人々にとっての感染は、

多くの場合で、大きな実害をもたらす事も無く、該当ウィルスに対する免疫を得る実益をもたらしている事に成る事」等の

「配信情報内容と成っていて当然に成る」。

「対策として必要に成っている」のは

「免疫学的弱者状態の方々の保護と、其の様な方々が感染してしまった場合の適切な医療・治療等に成る」。

「免疫学的弱者状態の人々を保護する為の検査なら相応に意味がある事に成る」が

「免疫学的弱者状態の人々にとって問題に成るのは、該当ウィルスだけでは無い事も忘れてはいけない」。

「優先順位で言うなら、該当ウィルスより優先して検査されるべきモノは少なからず在る」。

「現実的な対策としては、重症化してしまった方々が適切な医療・治療を受けられる状態の維持を優先する」のが

「当然に成る」。

「何れにしても、感染を大問題化し、感染を検知する為の検査を訴え、

実害・実益基軸では不要で過大になる不安や恐怖心等を多くの視聴者・読者・生徒等に持たせ、

人々を委縮させ、免疫状態の悪化も招き、経済衰退を悪くする実効のある

情報配信・教育等の罪は、本当に大きい事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「自宅内に居る時や外出時に、筆者に当てられ続けて来ている工作電磁波も益々強化されて来ている」し

「工作物質入りの大気団を置き、静電効果等により微細化学物質・細菌・ウィルス等を感染させる大気工作もより旺盛に成って来ている」。

「飲食物工作や侵入工作等も同様」だから

「筆者にとっての実害は、新型コロナウィルスより遥かに非人道的なスパイ・工作活動等の方に成っている」が

「新型コロナウィルス問題を考えさせられ続けている人々の意識の中では、其れダケが重要視され続け易く成り易く、

拉致までされ、其の後も非人道的なスパイ・工作活動等を行い、行わせられ続けて来ている集団が日本国内に居続けている重大問題が在る事」等への

「対策等」を

「想起し辛い状態に{マインドコントロール}され続けている」のが「実態に成る」。

「もちろん、言うまでの無く、筆者の周囲に在る非人道的なスパイ・工作活動等のターゲットは筆者だけでは無く、

集団による工作等により、至るところが同様の状態下に在る事でかなりの数の日本国民(戦後産まれの一般市民も含む)が

実害を受けさせられている」のが「現実」で

「其の実害の大きさ」は「新型コロナウィルスの実害を大きく上回っている」。

「新型コロナウィルスも加わった肺炎で命を落とさせられてしまった方々の数より遥かに多くの数の方々が

非人道的な集団スパイ・工作活動等により死に追いやられて来ている」。

「今回の経済恐慌誘い情報配信等により経済故に圧殺等されてしまう方々が出てしまう事等も想像に難く無い」。

「体力の無い企業等が圧殺されてしまった後、経済回復に合わせて大資本を持つ今回の騒動を仕掛けた側かも知れない者たちや組織等が

其の後の仕事等枠を占めるなら、

多くの企業等が其のスジ意思の下でコントロールされてしまう企業等にされてしまう事に成る」。

「日本の乗っ取り支配等を画策している勢力等にとって都合の良い状態を創り出している」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等の実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「はっきり言えば、現状人間社会・経済システム上ででも、衰退したままの経済は在り得無い」し

「今回の問題で企業価値等が根本的に変わってしまった訳でも無い」。

「景気の悪化を招く情報配信により景気ムードが異常な程悪化させられているダケ」だ。

「株とは、下がっている時に買い、上がった時に売る事で、多大な差益を生む錬金術器でも在る」。

「堅調に上昇し続けているダケでは、株による過剰・過大稼ぎは難しいが、

意図的にでも不況状態を引き起こし株価を下げさせた時に大量買いをして、

意図的に創り出した不況状態を是正して高値に導く情報配信等を行う」なら

「簡単に過剰・過大に稼く事も出来てしまう連勤術器でもある」。

「金による他者支配等を目論んでいる自己支配が悪い者たち等」が「得意な悪の手段が其処に露呈している」。

「多くの株主等が変わっていない根本的企業価値等の実を重く考える」なら

「悪に錬金術器を都合良く使われてしまう確率も減らす事が出来る事に成る」。

「不況や過剰な景気等を煽る実体離れ、現実離れ、原寸大離れした情報・教育等を大々的に配信したり行ったりする事の禁止くらい、

早々に行うべき」で

「そうする」なら

「新型コロナウィルス問題でも、実害・実益基軸が当然に成り、感染・検査基軸で不安・恐怖心煽り等は行えない事に成る」ので

「其れに伴う経済悪化等も防げていた事に成る」。

「精神構造・精神文化側の進歩・進化を怠っているが故の自虐現象が露呈している」のだから

「いい加減に、個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化に有益に成る

情報・教育等を意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「何時までも、日本乗っ取り支配等を画策している反日国悪権力者の為の様相でもある、政治・社会運動等の為になら、合理的にも成る

多くの視聴者・読者・生徒等の不安・恐怖心等を煽ったりして自虐状態に誘う

情報配信・教育等を行い続けている者たち等の悪質性は本当に高く、

相応の罪と罰が与えられて然るべき事に成る事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「民主党政権時に起きた東日本大震災からの復興もまだまだ・・・というところも決して少なく無い」。

「新たなに立ち上げる産業の一つに、今時の人間世界に必要に成っている精神文化産業も入れたらどうか!」

「新世代精神文化製品群を生み出す拠点をいくつも創り出し、其処で実際に性能の良い新世代精神文化製品等を沢山製造する事等により、

経済復興も人間世界の正常化・健常化も同時に実現可能に成る事にも成る筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨日の記事がかなりビンゴ?至るところで電磁波工作が一気に旺盛に成っている様相だが・・・。

『「タイトルの事態からも、新型コロナウィルスが他の非人道的な工作活動等の露呈を防ぐ為の煙幕ソフトウィルス工作兵器である可能性」が

「より強く成っている事にも成り得る事に成る」。

「多くのメディアが未だに、実害・実益目線では無く、感染・感染検知目線のまま・・・なのも異常」だ。

「更に、日本の対策でも、

感染しても危険度の低い年齢層の人々を主にして、

学校を休校にしたり、

観戦・観劇・コンサート等々で集まる事を止める様要請したり、

・・・等々、

動きの自粛を要請している」。

「普通に考えるなら、感染してしまった場合の危険度が高い高齢者層や免疫学的弱者状態等の人々を

感染から守る為に、補助等を行う体制を敷いた上で出来る限り出歩かない様に等の要請であって然るべきなのに」・・・。

「何故、逆転してる様な要請に成っているのか?」

「もしかすると、日本政府も含む世界中の要人たち等は、既に、ソフトウィルス工作兵器新型コロナウィルス等の正体を知っているのではないだろうか?」

「ウィルス自体の感染は、高齢者や免疫学的弱者状態の人々でも無い限り、其れ程大きな実害はもたらさない」が

「他の非人道的な工作活動等の実害」は

「むしろ、年齢が若い方や、元気で健康な方々の方が出る様に成ってしまい易い」。

「其処で、例えば、電磁波工作が強化される前に、

子供たち等を家族の下で生活出来る状態にする事と不要・不急の外出を控える事を要請する事で、

実質的には、多くの人々の自宅の場合なら家庭用電源レベルに成るが、

外の企業や商業施設や工場等々の場合なら業務用や工業用電源レベルの強さにも成り得ていしまう強烈な工作電磁波の被爆を

避けさせる対策にも成っているのかも知れない」。

「逆から考えると、多くの人々が長い時間それぞれの家庭に居る事は、

血統主義独裁政権の下の者たち等にとっては、勝手に粛清対象にしている特定血統の家族を

効率良く粛清工作の中に置く事が出来てしまう事にも繋がっている様にも思えてしまう」が

「人間が居る間の侵入工作は相応に行い辛く成り、

電磁波工作にしても電源が家庭用では威力もそれなり・・・に成るし、

電磁波工作用のハード・ソフト等を既に仕込んでいなければ人々が居るところでの仕込みも相応に困難に成る」のが

「現実に成る」から

「多くの場合では、粛清工作等も行い辛く成る事に成る」。

「経時変化のある工作電磁波は、どんどん疑似高周波化して其のエネルギー密度を上げている様相」だが

「高周波化する事は、反射し易く成る事でもある」から

「一定以上高周波化してしまう」と「工作電磁波の悪の実効は、工作電磁波を当てようとしている工作員たち等に向かい易く成る事に成る」。

「既に、疑似高周波化の実態も判っているなら、其の辺りの時も計算等出来ている筈」で

「其れが、ある程度悪の実効が減衰する事に成るまで要請されている可能性もある、自粛要請期間と重なっている可能性もあるかも知れない」。

「戦後の日本が普通の国に成っている、成れているなら、非人道的なスパイ・工作活動等は直接摘発し厳罰に処す事等を行っていて当然に成る」が

「拉致までされた事が既に明らかに成っている」のに

「未だに、日本国内で拉致以降も連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を

ちゃんと摘発し厳罰等に処す、実効のあるスパイ・工作活動対策法等と其れを確実に実践する為の体制さえもが無い」。

「そんな状態の裏に在る」のが

「其の様な法・体制整備を行わせない、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている工作員等や其のお仲間や協力者たち等で、

そんな者たちでも日本国籍を持っているなら、条件次第では国会議員等でも大臣でも成れてしまうし、

本当に日本国・日本国民、或いは、人類・人間世界の為に成る者等としての条件さえロクに問われていない様相の

戦後日本の選挙も無い情報・教育界等で、多大な実権等を保持出来てしまっていたりして、

多くの日本国民を守る為に必要に成っている者・物・事等の邪魔をする反面で、

反日他国悪人脈等を利す為に有益に成る者・物・事等は絶賛・推奨状態の情報・教育等を行い続けて来ているのが実態」なのだから

「其の様な者たち等に過分な立場・報酬・権力等を与え続け、其の様な事を大々的に行う事が出来る状態を与え続けている限り、

普通の国としての法・体制整備さえもが行い辛く成っている、されている」のが

「現実に在る、一刻も早く解消すべき状態に成る」。

「未だに、時間も費用もかかり精度も其れ程高く無いPCR検査!等を訴え続けているのが

ウィルス工作兵器である可能性さえ問わない、

実質的には、工作だったなら工作の支援をしている状態にもなる、反対、もしくは審議拒否野党等の国会議員等の実態」だが

「其れを、さも正論で在るかの如く、異常な程良いイメージで公共の電波まで使って紹介し続けて来ている」のが

「反対、もしくは、審議拒否野党等のお仲間テレビ・ラジオ等の実態」で

「其れらのテレビ・ラジオ等もまた、実効のあるスパイ・工作活動等対策や其の為の法・体制整備等には徹底して反対!状態で来ている」のだから、

「戦後の日本の中」には、

「一般日本国民(戦後産まれも含む)の粛清工作等を行ったり、手伝ったりしている

反日他国人脈の者たち(日本国製を持っている者たちも多い)等が、

相当な数居る実態が露呈している事に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等という大悪事」でも

「善悪差別無き者たち等は、

もし其れに、在日外国人等が絡んでいるなら在日外国人差別は止めろ!を先に言い、其れダケで事を済ませようとする」。

「新型コロナウィルスというソフトウィルスを煙幕にして、非人道的なスパイ・工作活動等を圧殺・黙殺等する、させる、のと同様の

詐欺師同様のやり方が其処に露呈している」。

「当たり前の事だが、感染より問題なのは実害」だ。

「新型コロナウィルス感染による実害は、主として、高齢者や免疫学的弱者状態の人々には出てしまう」が

「他の多くの人々には、重症化さえもせず、感染による免疫取得等の実益が在る」。

「免疫を持っている人々が多数と成れば、ウィルス自体も増え辛く成る」から

「むしろ重症化しない状態の人々たちの多くが感染して免疫を持つ、

ワクチンが出来る前に、少々の実害はあるかも知れないワクチン接種をした様な状態に成る事」により

「新型コロナウィルス自体を押さえ込む事が可能に成る筈」だ。

「実害で言う」なら

「新型コロナウィルスと言うソフトウィルス工作兵器かも知れないウィルスの実害よりも、

非人道的なスパイ・工作活動等の実害の方が遥かに大きい」し

「感染・感染検知・PCR検査目線の大騒ぎ!メディアによる人間社会フリーズ化や経済活動等停滞による経済衰退の実害の方が遥かに大きい」。

「もし、ソフトウィルス工作が出来てしまっているなら、其れを防げていない事自体大問題で、即刻の対処が必要に成る事」は

「ソフトウィルス工作をハードウィルス工作にする事がどれ程困難な事に成るのか?等を考える」なら

「其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「ウィルス工作等を仕込む可能性が高いのは、政権交代が無いから政権が行った事の検証もされない可能性が高い独裁政権等に成る」。

「北朝鮮金政権等と中国共産党は、ウィルス発生場所からしても、疑われるに十分な資質がある事に成る」。

「世界レベルでの徹底した検証が急務に成っている事は、言うまでも無い事に成る」のに

「北朝鮮金政権等の手下情報工作機関かも知れない戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「未だに、感染・感染者・PCR検査目線の情報配信を行い続けている」のだから

「其の様相は、まるでウィルス工作検証問題を隠蔽せしめる為の煙幕」で

「新型コロナウィルス問題で大騒ぎ!自体が非人道的なスパイ・工作活動等の煙幕に成っている実態」とも

「同様の精神構造が其処に露呈している事に成る」』。

『「北朝鮮の中では隔離対策が行われている」が

「実際の新型コロナウィルス感染者がどれ程居るのか?」は

「良く判っていないのが実態」で

「隔離政策が不適応分子粛清工作に結び付き易い」のが

「独裁政権下の人間社会の実態」だから

「不適応分子粛清で粛清した者が新型コロナウィルス感染~致死者等として後に報道等される事に成る事」等は

「想像に難く無い」。

「其れでも、尚、朝鮮系とも言われている河野外相が北朝鮮でも感染者出ている旨を言い、

其れを、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が強い実権を持っている、反対、もしくは、審議拒否野党等のお仲間テレビ等が、

公共の電波を使ってワザワザ喧伝!」とは

「益々、怪しさが増して来ている等」と「感じたり、思ったり、させられた視聴者等の数も多い筈」だ。

「現状では、まるで、北朝鮮金政権等による、ソフトウィルス工作兵器を使った報復経済制裁等の実態でもある」のが

「新型コロナウィルス大騒動問題の実態」に「成っている」。

「そうでは無い」なら

「直ちにでも、感染・感染検知・PCR検査目線の不安・恐怖心・騒動煽り情報配信等は止め、

実害・実益目線の情報配信に切り替えるべき」だ。

「北朝鮮金政権等からの、現状の様な情報配信をし続けろ!騒動を煽って報復経済制裁を実現せよ!等々の命令・指令等も無いのなら、

其れが出来無い訳も無い」。

「実害・実益目線の情報配信が主に成る」なら

「新型コロナウィルス大騒動」が「鎮静化」し

「其れに伴い、人間社会状態も通常化する事に成り」、

「経済活動も通常化して景気も良く成る事に成る」が

「地球温暖化状態は騒動~隔離・閉鎖・自粛等前状態に戻ってしまう事に成る」。

「現状の人間社会・経済システムのまま其れを維持~発展させるなら、地球温暖化の増大も漏れなく付いて来てしまう」のだから

「即刻にでも、人間社会・経済システム等の自虐度を下げるべき」で

「経済学者等なら其の具体的な提案等が出来ていて当然に成る」のに

「未だ、其の様な提言等も報じられていない」のは

「経済学者等が未熟で提言出来ていないのか?」

「メディア等が報じていないからか?」

「実害・実益目線」なら

「とっくの昔に、提言され、大々的に報じられていて当然の事」が「其処に在るのに!」』

『「既に、其の実態はバレているのに、

未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等は、本当にどうかしている」。

「現状のまま」なら

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさをより大きくし続けている事に成る」。

「通常とは違うレベルの強い工作電磁波を意図的に当てて来ている者たち等の居場所や車等は、直に判明し、

其のデータの蓄積も至るところで進んでいる」から

「工作員や其の協力者等は、早々に足を洗っておいた方が良い事に成る」。

「北朝鮮金政権自体、早々に、核・ミサイル・他国内での非人道的なスパイ・工作活動等を早々に完全放棄する事」が

「自虐度を下げ、存続の可能性を高くする事に直結している」。

「いい加減に、ソフトで一つ一つを摘発しても厳罰に処す事が難しく、摘発の手間もバカに成らないから、摘発しない、されない

非人道的なスパイ・工作活動等を

北朝鮮金政権等にとって都合が良く成る様に効率的行い続ける事により、

先ずは、朝鮮半島内等を

次に日本国内等を

更に、世界中を、

従北化しよう、させようとする詐欺師的手段を

実行し続けている事」等は

「既に、其の実態がバレている」のだから

「自虐にしか成り得無い事」くらい

「気づくべき」だ。

「余程の劣悪者でも無いのなら、気づいて当然に成る実態が其処に在る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルスの特性が「濃度で粛清する北朝鮮金政権等の非人道的工作等と同様なのは、何故?」・・・。

『「工作電磁波を当てられ続ける事による傷害の実態」と「新型コロナウィルス感染による病態」にも「相応の同一性が在る」。

「工作物質入りの空気団をターゲットが通るところに置き、静電現象等を悪用してターゲットに纏わり付かせる大気工作」により

「誘発させられる症状がセキやクシャミであり、相応に新型コロナウィルス等が感染し易い鼻・喉・気管・肺等に負担をもたらす」と

「共」に「其の大気工作用の物質、もしくは細菌・ウィルス等は、衣服上等で増殖する性質まで持っている」。

「新型コロナウィルス」は

「其の発生が遅くても昨年の11月より前と推定され、

昨今の世界レベルでの激しい人間の移動実態からも、最初の検知前に既に、世界中に広がっていた事」が

「強く推定出来る」が

「もし、新型コロナウィルス自体も北朝鮮等の非人道的工作兵器の一つ」なら

「其の感染は、例えば、大気や飲食物に混ぜる等の手段でも、意図的に創り出す事が出来てしまう事にも成る」。

「昨今の新型コロナウィルスの感染や感染検知や不安・恐怖等を煽るメディア情報の蔓延」により

「例え、電磁波工作や大気工作や飲食物工作等による傷害や発病や死亡等であっても、

新型コロナウィルスが検知されたダケで、全てはウィルス感染が原因とされ、

其れで多くの人間たちが納得したり、納得させられたりする状態が構築されている事に成る」。

「其処に露呈している実態」は「濃度で粛清する非人道的な工作がやりたい放題に成っている状態に他ならない」。

「20歳代で髄膜炎を発症した患者からも新型コロナウィルスが検知されたとの事」だが

「肺炎にしても、髄膜炎にしても、

昨今益々疑似高周波化して来ていて其の悪の実効が電子レンジ内的に成りつつある工作電磁波を

当てられ続ける事による炎症化でも創り出されてしまうモノ」で

「食欲・意欲喪失に繋がる内臓や脳の衰退化の実態も

該当臓器・脳等が工作電磁波により細胞レベルで殺されたりする事により具現化させられている可能性も高い」。

「其れは、心筋細胞の死亡による心不全~死亡等の事態」を

「工作電磁波の照射により創り出せてしまう事」等が

「日本国内の浴室・トイレ等内等自宅内での死亡等の多さや

車運転中等の体調突然変異等~事故等と

工作電磁波発生場所の増加・集団工作員等の実態等からも、相応に強く推定出来る事」等からも

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「筆者の周囲の工作電磁波も大気工作も、新型コロナウィルス問題の大騒ぎと共に、より過激に成り続けて来ている」が

「以前から、其の様な実態に気づき、当ブログ等でも訴え続け、相応の対策を行い続けて来ている筆者の場合は、

一向に、メディア等が大々的な告発等もせず、警察等や政治等が日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等を本気で摘発もしていない状態の中、

悪の実効を防ぐ為の対策を相応のお金と時間と手間をかけて行い続けて来ているので、

実際に悪の実効による傷害や死亡等の事態には至っていない」が

「対策抜きなら・・・」を「考える」と「非常にオゾマシイ事態が容易に推定出来てしまう」し

「其の非常にオゾマシイ事態の実例かも知れない」のが

「全てを新型コロナウィルスのセイとされている疾病・傷害・致死等の中の一部、もしくは多く」と「推定出来る」。

「北朝鮮金政権等が、工作濃度による不適応分子粛清」と

「世界に対する報復経済制裁」等を

「行えてしまっている可能性」は「決して小さく無い筈」だ。

「最低でも、非人道的なスパイ・工作活動等の実態検証~其れ故の事態か?否か?の検証等」は「必需に成る」。

「其れは、実害が比較的高く無いウィルスの感染の有無を検査する事や其の感染経路を調査等する事より、

遥かに重要に成っている{検査}{調査}に他ならない」。

「新型コロナウィルスの特性」は

「まるで大気工作用の微細物質・細菌・ウィルス等と同様」で

「存在しているところでの濃度が支配的に成れる場合には増え、そう成れない場合には減少~消滅して行く特性にも成っている様相」だ。

「其の様な特性」は

「濃度を高める事により其の悪の実効を出させる粛清工作等に使う為には、都合の良い特性に成る」。

「此の辺りの実体からも、新型とされているコロナウィルスが

例えば、SARSウィルスの毒性を弱め感染力を高め、増殖特性を調整されたソフトウィルス工作兵器である可能性は

決して低く無い事に成り、

ソフトウィルス工作兵器なら他の濃度で粛清する工作同様に、

例えば、戦後の日本社会の中には其れこそ、何十万人~何百万人レベルで居ると強く推定出来る、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下で非人道的なスパイ・工作活動等を行ったり、手伝ったり、協力したり、して来ている集団の中の

決して少なく無い者たち等にも持たせる事も可能に成る事に成る」。

「周りに其のスジの工作員や協力者等が纏わり付き続けて来ている筆者の実体験でも、

何年か前から既に、電磁波工作も飲食物工作も侵入工作も大気工作も在り、

冬の時期には鼻水や涙、セキ・クシャミ等が誘われ、時には熱も出る事態が毎年の様に在った」が

「其の中で、既に、ソフトウィルス工作兵器にも感染させられている可能性は決して低く無い」と「強く推定出来る」。

「特に工作電磁波対策等は相応に重点的に行い続けて来ている」ので

「激しい炎症に見舞われる事も無く、オゾマシイ事態には至っていない、ばかりか、既に、免疫も在る様ですらあるので、

昨年ごろから、其れまでの年よりは随分楽に成っている」のが「筆者の実状」だが、

「其れでも、臭い大気工作等やより強化され続けて来ている工作電磁波や侵入工作・飲食物工作等々の実害を

出来るだけ減らす為の対策に必要に成っているお金・手間・時間等々は、本当に迷惑そのものだ」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を徹底的に摘発し排除する」なら

「新型コロナウィルス問題も解消する可能性は決して小さく無い筈」なのに

「其れを訴えもしない、ばかりか、非人道的なスパイ・工作活動等の告発さえもしない戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」は

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等が強い実権を保持したままの、

選挙も無いから実権者人脈の交代等も圧倒的に不十分なテレビ・ラジオ・マスコミ等でもある」。

「人脈実態からすれば、ある意味、当然の状態が当然の如く在る様なモノ」だが

「其れが、戦後産まれの一般市民の実生活までをも大きく捻じ曲げ続けたままにして来ている事態にも繋がっている」のだから

「マスコミ人としての本来の仕事を行っていない、行えていない者たち等の罪は、相応に重い事に成る」。

「非人道的な手段で他の者・物・事等を支配しようとしている自己健常支配が出来ていない者たち等や

同様に自己健常支配が出来ていない其の手先・手下の者たち等や其の協力者等の

実害は、非常に大きい」。

「自己健常支配の推進による過剰で不健常な他者支配・他者による被支配の駆逐」と

「善悪区別と其れに基づく正当な差別の徹底による不当差別の解消」は

「今時の全て人類のが行うべき重大実務に他ならない」。

「実害・実益目線での対処が当たり前に成る」なら

「最初に覚えさせられた事一つを重用・偏重したままの状態に陥り易い人間の意識の特性からの解放も行われ易く成る」と「共」に、

「非人道的なスパイ・工作活動等を隠蔽せしめる為の煙幕である可能性も大きい新型コロナウィルス問題も沈静化する事に成る」し

「更」に

「新型コロナウィルス以外の実害のある重大問題の検知・認知・理解・把握等も、其の適切な対処も、具現化し易く成る」。

「未だに、感染・感染検知・不安・恐怖等基軸で新型コロナウィルス問題等を報じているテレビ・ラジオ・マスコミ等は明らかに変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「相変わらずの、新型コロナウィルス感染!検査!大騒ぎや3.11復興問題ダシの反現政権等政治運動状態」等だったが・・・。

『「本日は、沢山のアクセス妨害等も無く、スムーズの記し始められている」ので「有り難い」。「今頃になってからの記し始めは私用故」・・・。

「改善がほとんど感じられないタイトルの番組等の問題」や

「其の裏に在る、やはり、ほとんど改善されない、戦後日本の情報・教育界の実権者等人脈の問題」等が

「深刻な問題である事」は

「其の影響の大きさ等を考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「物質文明側の進歩・進化相応の進歩・進化を未だ実現出来ていない遅れ過ぎている精神文化側の改善」は

「今、生きている多くの人間たちにとって、本当に重要な、

意識的かつ積極的に行うべき実務に成っている」。

「多くの人々が、其の自覚を持ち、実際の進歩・進化が急速に進む時が、余りに遅く成る事」は

「人類滅亡に直結」し、

「其処まで遅れていなくても、遅れれば遅れる程、人間社会の自虐度は物質文明側との差の大きさに比例して加速度的に上がってしまう事に成る」のだから、

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス問題」でも

「実害・実益目線の情報配信・教育等が主」なら

「問題による悪影響も最小限に抑えられ、問題の収拾も早く成る」のに

「感染・感染検知検査目線での大騒ぎ!をする」なら

「本来の実害より遥かに大きな負担が必要に成り、

本来なら得られている事に成る、

毒性の強く無いウィルスへの感染による多くの人類の免疫取得等の{実益}も大きく損なわれる事に成る」。

「重要な事は実害を出来るだけ抑える事に他ならない」から

「感染自体が重症化や致死に繋がってしまう状態の人間たちが感染しない事、感染させない事」と

「該当者が感染してしまった場合の医療・治療を充実させる事」に「成る」。

「其のラインを超えた過剰な対策を行う」なら「其の過剰な分だけ他に実害が生じ易く成る」のは

「ある意味、当然の現象に他ならない」が

「先ず、世界中のメディアや専門家(?)等々」が

「実害・実益目線では無く、感染・検査目線での大騒ぎ!情報配信等を行っている状態」では

「其の大きな流れを是正する事抜き」に

「実害を減らす事も非常に困難に成る」。

「では、何故、世界中のメディア等が新型とされているコロナウィルスの感染で大騒ぎ!状態に成ってしまったのか?」

「理由は単純」で「最初に感染を検知された感染者が重症常態だったから」だ。

「重症化した感染者から検知されたウィルス=非常に危険なウィルス」という「最初の実体離れした認識」が

「既に、重症化していない感染が拡がっていても何の不思議も無い昨今の人間世界の実態等」より

「異常な程、優先された結果」、

「先ずは、感染自体を防止する事だ!」とばかりに

「閉鎖・隔離策と検査の徹底」に「多くの国家指導者等も含む人間たちを走らせた」。

「感染学等の専門家(?)が徹底した感染防止等を訴える」のは

「其の道の学者等には良くある現象」で

「実では無く、理想を求める其の実態」は

「例えば、放射能潔癖症等の状態を煽る事が得意なメディアの者たち等にとっても好都合な実態に成る」。

「其の様な実体に基づいた実基準の原寸大対応では無く、

理想に基づいた理想追い求め大騒ぎ!対策」が

「実際にもたらした実害・実益」は

「閉鎖・隔離策による感染者集合で特定地域・場所等のウィルス濃度が上げられた事による重症化や致死誘い」と

「感染!大騒ぎ!不安誘いや、経済・社会状態非日常化による多くの人間たちの免疫状態悪化」と

「経済衰退」等(以上まで実害)と

「其れに伴う、地球温暖化抑止効果等(実益)」に「成っている」。

「副産物としてマスクやアルコール消毒製品等の不足と其れにつけ込んだ買い占め~高値転売等の悪稼ぎ等の実害」まで

「生み出している」。

「明らかな自虐事態が其処に露呈している」が

「其の生みの親であるメディア等の人間たち等には、必要十分な反省・自省・自浄等の資質が無い事」等は

「其の実歴史からも既に、明らかに成る」。

「しかも、選挙も無いから実権者人脈等の交代も圧倒的に不十分な状態」なのが

「世界中のメディア界の実態に成っていて、

産まれる前に、情報・教育界が在るのが人間世界の実態」だから

「世界中の何処の国のどんな人間たちでも、其のほとんどが産まれた時に其処に在った情報・教育による多大な影響の下で

育成され続けて来ている事に成る」。

「最初から自らの中に擦り込まれ続けて来ている情報・教育等の内容」は

「例え、其れが現実離れしているモノでも、既に、自らの一部的で、自己否定する事が困難な様に、

既に覚え込まされている、覚え込んでいる情報・教育等の内容を否定したり是正したりする事は、

多くの人間たちにとって相応に困難な事に成っている事」は

「例えば、宗教等からの自らを解放する事の困難さ等からも、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「しかし、現実としては、人間は実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて落ち着ける」。

「現実と共に無い状態とは落ち着けていない状態に他ならない」から

「落ち着いていない自分を誤魔化し続ける為に、何等かの、落ち着いているなら要らない者・物・事等を欲し続ける状態に陥り易く成る」。

「そして、人間の意識の特徴として、丸ごと一人レベルと一つだけの重用・偏重が在る」。

「新型コロナウィルス問題でも、最初に重症化した感染者から検知された事による重症・危険等の擦り込み」が

「先ず在り」、

「其の事自体が、原寸大把握を阻害」させ

「世界中のメディアが重症化する危険なウィルスなら先ずは隔離だ!閉鎖策だ!等々と大騒ぎした事」で

「新型コロナウィルスへの感染=重症化・危険のイメージの擦り込みが、多くの人間たちの中で固定化されてしまった」。

「一端その様な固定化が起こってしまった後」で

「実態として」は、

「重症化率は低く、感染しても多くの人間たちは無症状・軽症で、重症化したり死に至ってしまっている人々のほとんどが、

高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々」という「原寸大の事実」が

「メディア等で報じられて」も

「既に、重症化・危険!を覚えてしまい自らのモノにしてしまっている人々の認識や感情等を原寸大に是正させる為には不十分に成り」、

「其の様な状態の人々の認識や感情等を原寸大に是正する事を実現させる為」には

「多くの場合で、ウィルス感染自体の不安を解消する必要に迫られる事に成ってしまっている」のは

「最初に天動説を擦り込まれた人間たちがナカナカ地動説を認められなかった事態」と

「同様の事に成る」。

「此の意味からも、メディア情報配信内容の順番は非常に重要に成る」。

「例えば、最初は、新型かも知れないコロナウィルスが肺炎で重症化している人から発見されました。

其のウィルスの毒性については未だ判っていません。

毒性相応の対策が必要に成りますが、現段階で大騒ぎする事は避けるべき事に成ります。

等々の情報配信が在り、

其の後、新型、もしくは、新発見コロナウィルスの毒性や感染の実態が少しずつ判明して来ました。

現時点では、感染検知者の多くが中国共産党支配下の中国武漢に集中しています。

重症化率は低い様です。

重症化したり死に至ってしまった方々のほとんどは、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々であった事も判っています。

過剰に恐れ、大騒ぎする事無く、高齢者や免疫学的弱者状態の方々が感染しない様に、感染させない様に、冷静に対応しましょう。

また、重症化してしまった方々が適切な医療・治療等を受けられる体制の充実も急務です。

新型とされている新発見コロナウィルスには種類があり、

其の中にはコウモリ等の中に既に古くから在ったウィルスに近いモノもある様で、其の毒性は低い様です。

昨今の世界レベルでの激しい人間の移動の実態を考慮するなら、毒性の弱いタイプには既に感染して免疫を得ている人々も世界中にかなりの数居ても、何の不思議も無い事に成ります。

新しく誕生した型と推定されている型は、ウィルス全体の7割程度を占める様で、

より感染力も毒性も強い様ですが、其の実態は既に明らかに成っている通りのレベルです。

冷静で確実な原寸大対応が望まれてます。

・・・等々のメディア情報配信が在り、

専門家(?)等が推奨し、国家指導者等が行う対策も

隔離・閉鎖策では無く、

重症化を避ける、避けさせる為のウィルス濃度を高めさせない策と

重症化し易い方々の保護策と

重症化してしまった方々に対する適切な医療・治療策だった」なら

「現状の様な世界レベルでの大騒動には成っていない」ばかりか

「其れに伴っている経済衰退状態等も無かった筈」だ。

「原寸大離れしている過剰な対策」でも

「地球温暖化抑止には、相応の実利が在る事も判明している」。

「ところが、其の実利には経済的価値が付けられていないのが、現状の人間社会・経済システムの実態」だ。

「ここで、動きを抑制する事=温暖化抑止に成る事だから其処に経済的価値を付ける」という

「人間社会・経済システムの是正を行う事」も

「転んでもタダでは起きない策」に「成る」。

「人間の余分かも知れない過剰な動きを抑える為に有効に成る策の一つ」は

「ベーシックインカムの導入」だ。

「地球環境変動を止めなければ、

どんなに自らの下に大金・大権等を集める事には成功出来ても、

自らや自らの子孫等の実生活は良く出来得ない現実」を

「多くの利権庁舎等が必要十分に認識する」なら

「過剰とも言える巨大な富の再分配によるベーシックインカム制の導入と

其れによる地球温暖化抑止等にも、賛同し易く成る」。

「経済による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化」から「本質・快適探究精神文化」への

「健常進歩・正常進化」は「人類の必須」に「他ならない」が

「其の手始め」等として

「其の様な手段の実現を訴えるマスコミ人や学者や政治家や国家指導者等が出て来ていても良い筈」なのに、

「未だ、其の様な事は具現化していない様相」だ。

「いったい、どれ程、遅れれば気が住むのか!!」等と「突っ込みどころ満載の様相でもある」が

「特に、自由度がより高い情報・教育界の者たち等の旧態依然ぶりには、本当に、呆れざるを得ない」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「3.11復興問題」等の「情報配信内容」も

「もし、現在、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校等のお仲間である民主党等の者たち等の政権だったなら、

どうなっていたのか?」等を

「考える」と

「其の情報配信により多くの視聴者等の頭の中に擦り込みたがっているモノの正体も良く判る事に成る」。

「韓国(朝鮮)賛美が得意な情報配信機関等の行いたい事の本音」が

「日本{も}従北政権化!等である事」は

「今更、云うまでも無い事でもある」が

「其の様な実態を良く理解・把握等出来ていない、免疫の弱い視聴者・読者・生徒等が、

其のスジの情報・教育等に触れさせられると、

鵜呑みさせられ易く成り、

其れを{最初の基本記憶}にさせられてしまい易い」。

「{最初の基本記憶}の罠」は

「上記の新型コロナウィルス大騒動!」からも「良く解る筈」で

「誰もが{最初に用心}すべき事」に「成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題等、昨今の記事が其のスジの者たちには痛いからか(?)ネットアクセス妨害等による言論粛清状態だったが・・・。

『「手口は、コンピの立ち上げ妨害やネット接続妨害やアクセス妨害等と色々」だが「何れのモノ」も

「何年か前、以前のコンピが1月8日(金正恩の誕生日)に壊されて使えなく成った時より、遥かに低い実害で済んでいる」のは

「プロバイダーのセキュリティーがかなり良く成っているから」と「推定出来る」。(セキュリティー24いつもありがとうございます。)

「此の辺りの力関係からも、

スパイ・工作活動等の不健常な手段により他の者・物・事等を支配する不健常な精神文化側に居る者たち等が、

対策や免疫等を養い健常性を保つ精神文化の側に立つ者たち等により、

負け組に追いやられ続ける状態の定常化」が

「至るところで具現化している事」等が「良く判る」。

「人類のほとんど」が「自己健常支配側を主としたい人間たち」で

「極一部の病気状態だったり、劣悪状態だったりしている人間たち」が

「健常性を保つ為に必要に成る対策・免疫等の構築を助ける為に、病気状態や劣悪状態に、

自らの意思や意識等の有無を問わず、陥ったり、陥らされている」のが

「太古からの人間世界の精神構造・精神文化面での実態」だが、

「精神構造・精神文化の進歩・進化に対する自覚無き天動説的状態」から

「精神構造・精神文化の進歩・進化に対する自覚も得る地動説状態」へと

「多くの人間たちの精神構造が健常進歩・正常進化し、

其の集大成である人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「人間世界の自虐度は圧倒的に低く抑えられ、健常度は圧倒的に高く成る事に成る」。

「ネット界の言論粛清等を必要とする勢力」が

「不健常勢力である事」は「もはや、世界中の多くの人間たちの中で周知事実に成っている筈」だが

「其れでも尚、未だに、其の不健常勢力が人間世界の中で過分な力を保持出来てしまっている」のは

「不健常勢力の支配下に在る事による利権を重宝がっている劣悪者等の数が未だ多いから」に「他ならない」。

「不健常勢力によるマインドコントロールや洗脳等により支配下に置かれる事で利権も得られる等と

思い込まされたり、感じさせられたり、信じ込まされたり、している者たち等も数多い」が

「どんなに重い続けていても、感じようとし続けていても、信じていても、

天体の天動説が具現化し得無いのと同様に、

例えば、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆かの細胞群である生きている一人の人間が

其の丸ごと一人の人格のまま行ける死後の世界や、丸ごと一人の人格のままの霊等が具現化する訳も無い」。

「事態は他の者・物・事等や死生観・人生観等や宗教等の人類の精神文化製品でも同様」で

「科学レベルで判明している、させる事が出来る実体以外の具現化は在り得る訳も無い」のが「現実に成っている」。

「人間の意識上での共感に主軸を置いたやり方」が「往々にして、現実離れを引き起こし、自虐事態をも引き起こして来ている事」は

「戦争の歴史とも言われている人類の歴史からも明らかな事」であり

「現状の経済戦争人間世界でも同じ」に「成っている」。

「現状の人間世界・経済システム等の実体もまた、人間の意識上での共感に基づいて構築された精神文化製品の一つに他ならない」が

「其の現実離れ・実体離れが多くの人間たちに自虐状態を強いているのも、実態に他ならない」。

「需要と供給に基づいた、共感に基づいた法により規制されている、者・物・事等の値段や価値等や其れに基づいた実権・権力等」が

「いったい、どれ程、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である其の存続~永続との整合性が取れているのか?」を

「検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが現状の自虐状態の訳等も、理解・把握出来る筈」で

「自虐状態の訳等を理解・把握する」なら

「其の是正法を考え出し、実践する事等も、其れ程難しい事では無い事に成る事に成る」。

「其の様な現実との整合性を取る流れが、多くの個々の人間たちの中で起こって来る事」は

「現状までの利権構造上で本質的には不当で過剰な利権までをも取得して来ている、

ばかりか、其の維持~増大等を図りたがっている者たち等にとって、非常に都合が悪い事に成る」。

「元々、自由・民主主義側は、基本的に、自己健常支配を目指す、目指させる体勢に成っている上に、

個々の自由や新たな考え・思い等々に対しても、許容範囲が広いので、

言論統制や言論粛清等々の必要性や人間を支配下に置く必要性等々も、基本的に薄い事に成る」。

「しかし、未だに、独裁支配等を行っているところ等では、独裁者・独裁政権の下に全ての者・物・事等を強制的にでも収める事により、

利権も収集し、其の分配を独裁者・独裁政権の意思によって行う事が基本と成っているから、

他の者・物・事の徹底支配が必需に成るし、

独裁者の下や独裁政権の下でより多い・大きい利権を得ようとしたり、

例え、少々でも既に、与えられ続けて来ている利権を得続けようとするなら、

独裁者・独裁政権に忠実な被支配者状態等に在る事が、合理的に成る」が

「其処に、自由・民主主義圏の状態や自己健常支配等の概念が入り込まされてしまう事等は、不都合に成る」ので

「情報教育統制・言論統制・言論弾圧・言論粛清・不適応分子粛清等々の、非人道的手段も必需に成ってしまうので、

其れを実際に行い続けて来ているのが実状に成る」。

「既に、人脈的にもバレバレの、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る実態が其処に露呈している」が

「其れをありのままに認める事は、独裁者・独裁政権等にとっての自己否定に成る」ので

「自由・民主主義側が、未だ、精神文化的には天動説的状態である現状につけ込み、

数々の迷惑行為・問題行動等を起こし、脅しや懐柔やスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けている事により、

辛うじて延命しているのが実態に成る」。

「もちろん、独裁を延命させていてもロクな事は何も無い」。

「自由・民主主義圏側の精神文化が更に、高い地動説的レベルに成る」なら

「独裁側の酷さも、益々判り易く成る」ので

「情報伝達が進めば進む程、独裁側の崩壊も起こり易く成り、人間世界の健常化・正常化も実現し易く成る」。

「其の重大変化の時」は「既に来ていて」、

「多くの個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間世界の精神文化を地動説的状態にまで健常進歩・正常進化させる事抜き」には

「地球環境問題の解決も世界平和も実現し得無い事は、明白な事」だから、

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の邪魔をしている根本的劣悪者等の駆逐は、

今、生きている多くの人間たちにとって、非常に重要な実務に成っている」。

「独裁者・独裁政権の被支配に甘んじている者たち等の場合なら、

先ずは、

自己健常支配を主にする事により、独裁者・独裁政権の被支配者状態の狭義の自分を解放する実務が重要に成り」、

「既に、自己健常支配側に居る者たち等にとっては、

一刻も早く、個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を天動説的状態から地動説的状態へと

健常進歩・正常進化させる事に有益に成る実務を行う事が重要に成っている」。

「現状で其の重要な実務をより大規模に行える立場・権力・資金力等々を保持出来ている者たち等の責任は、相応に大きい事に成る」。

「責任応分の実務をこなさない事=近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る事」に「他ならない」』。

『「新型コロナウィルス問題」からも「独裁者・独裁政権等による工作の臭いが濃厚に漂って来る」。

「実害・実益目線では無い、感染・感染研知者目線の情報配信等も明らかに変」だ。

「実態としては、既に、世界中に多数の感染者・感染~快復免疫保持者が居るのが、新型とされているコロナウィルスと人類の本当の関係」と

「強く推定出来る」のは

「新型とされているコロナウィルスには型が在り、其の中の一つは以前から存在していた可能性が高く、

昨今の世界レベルでの激しい人間の移動の実態からしても、

其の以前から在った型は既に、世界中に感染者を創り出している」のが「現実」だろう。

「其れでも大問題化されなかった」のは「毒性が低いから」に「他ならない」。

「では、今回の新型コロナウィルス大騒動の元は、何処か?」

「中国共産党支配下の中国武漢で重症化した人から新型とされている新発見コロナウィルスが検知された事が大元に成っている」。

「重症化してしまっている人からの検知なので、新型コロナウィルス=非常に危険というイメージが先行させられる事に成った」のは

「ある意味、現状人間社会では当然の現象に成る」。

「其の後の大騒ぎや閉鎖・隔離策等を主にした対策」も「最初に付いた、新型コロナウィルス=非常に危険というイメージ故の対策」に

「他ならない事に成る」。

「実態としては、重症化率も低く、

死に至ってしまった方々の多くが元々の致死率が高い高齢者層で其の実態も肺炎状態等というのが新型コロナウィルスの毒性の実態」だ。

「毒性が其れ程激烈では無いウィルスへの感染でも、

其のウィルスの感染者だけを集合させてウィルス濃度の高い状態を創り出したり、

隔離した病室内等で工作電磁波等を当てたり、大気工作や飲食物工作や医療工作等々と組み合わせたり、する」なら

「表向きは、新型コロナウィルス感染による、内実としては不適応分子の粛清工作も可能に成ってしまう」。

「死に至ってしまった方々と、中国共産党や北朝鮮等にとっての不適応分子扱い者に、相応の整合性が在るなら、

不適応分子粛清工作も行われた可能性が高い事に成る」。

「中国共産党や北朝鮮等が不適応分子粛清工作の為にソフトウィルスを仕込んだ可能性が高い事に成る」。

「そして、感染・感染検知者目線で大騒ぎ!がもたらしたモノ」が

「世界経済の衰退化」と「仕事・行動等自粛・規制等による、温暖化ガス等の排出抑制」だ。

「地球環境には悪く無い」が

「現状人間世界・経済システムのままなら、

世界経済は衰退し、

其れによる不利益を受けざるを得なく成ってしまう人々や企業・店等も出てしまう」のが「現実に成っている」。

「もし、新型コロナウィルス問題が、数多くの極悪問題行動等により世界中から経済制裁を与えられ続けて来ている北朝鮮等による

報復経済制裁工作だった」なら

「今頃、北朝鮮金政権等は大喜び!状態」だろう。

「其の様なソフトウィルス工作なら、

行ってしまえば、先ず、徹底的に出所等が検証される事に成るハードウィルス工作とは違い、

犯人として摘発される危険性も低く成る」から

「北朝鮮等が実際に仕込んだ可能性まで含めた検証が必需に成っている事」は「言うまでも無い事に成る」。

「中国共産党にしても北朝鮮にしても、世界経済の悪化でトランプ大統領の再選が危うく成る事」は

「非常に都合が良い事に成る」ので

「其の辺りからの検証も必需に成る」。

「上記の様な事態」は「既に、明らか」なのに、

「未だに、感染・感染研知者目線で大騒ぎ!している様相」なのが

「日本の中の北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈等の実権割り合いが高いテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「今時のメディアとしての常道」なら「実害・実益目線の原寸大が当然に成る」のだから

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、今日はネットアクセス妨害工作等もあった様だが・・・。

『「報道等の内容からも、SARSウィルスとの繋がりも判明している、変異等も在る、新型コロナウィルスの実体」が

「少しづつ露呈して来ている」が

「其の実態からも、ウィルス工作兵器である可能性は排除し切れない」のが「現実」だ。

「現状で既に、感染力がより強いL型と、古くから在った毒性の低いS型の、二種が在る事が判っていて、

大感染で猛威を奮っているモノの多くはL型である事も判っている、との事」だ。

「S型が古くから在ったという事」と

「昨今の世界レベルでの人間の激しい移動実態」と

「若い年齢層では新型コロナウィルスに感染しても重症化し辛い事」等には

「相応の関連性がある事」が「推定出来る」。

「S型に対する免疫が出来ていない人々」が

「L型に感染する、させられる」と「重症化し易い」のが

「新型コロナウィルス感染~発症の実態」と「推定出来る」。

「では、そもそも、S型も、L型も、どの様にして出現したのだろうか?」

「SARSウィルスの毒性を弱めた様なウィルス」という「実体」から

「S型もL型も、ソフトウィルス工作兵器である可能性」は「排除出来無い事に成る」。

「毒性を弱めたS型を先ず創り出し、其れを、お仲間・工作員等には感染させ免疫を持たせ、

其の後、感染力が強く毒性も高まっているL型を

工作として撒く」なら

「現状の様な状態が創り出せてしまう事に成る」。

「現状までの実態としては、

中国共産党支配下の中国の物流拠点である武漢にウィルス等粛清工作を仕掛ける事で、

世界経済の悪化を招くと共に、

中国共産党等にとっての不適応分子の粛清もウィルス感染を理由に行い易くする事が出来ている様相」でもある。

「経済が好調なら米国共和党トランプ大統領再選の可能性は高く成る」が

「実を求める米国共和党」より「上辺の綺麗ごとを求める裏で自らの下への利権収集に熱心な米国民主党」の「方」が

「北朝鮮金政権等や、中国共産党等にとって都合が良い事」は

「其れこそ、世界中の多くの人間たちが既に知っている事」だろう。

「今回の新型コロナ・ウィルス感染大騒動による経済悪化」で

「其の面での利が得られる事」を

「優先している独裁者・独裁政権等が在る」なら

「ソフトウィルス工作である可能性が益々高く成る事に成る」。

「果たして、其の辺りの現実はどうなのか?」

「検証が必要に成る事は言うまでの無い事に成る」が

「上記の様な疑念を多くの人間たちに持たれない様にする為」にも

「北朝鮮も中国も、政権交代が在るが故に前政権の工作等も露呈し易く成るが故に、

非人道的な工作等は行い辛く成る、民主化を早々に行うべき」だ。

「また、ウィルス感染からの疾患実態等も報道されていた」。

「肺炎症状だけでは無く、

脳が水状化させられたり、心筋が殺されたり、腎機や肝機も細胞レベルで殺されたりして其の機能が悪化させられたり、する疾患実態あ在るとの事」だが、

「何れも、工作電磁波が当てられ続けたりする事による傷害と同様の状態に他ならない」。

「此の辺りの実態」からも

「感染者を収容した病院内の電子機器や電気設備等々を悪用した工作電磁波発生ハード・ソフト仕込みと

其の照射先や焦点等を調整する工作員等の存在」が「推定出来る事に成る」。

「もちろん、肺炎が重症化したが故に、他の臓器等も傷む事はある事」だから

「そちらの可能性も否定は出来ない」が

「工作電磁波の有無と其れを悪用した工作の有無」は「検証に値する事に成る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」でも

「まるで、中国共産党や北朝鮮金政権等にエールを送っている様な、情報・教育等を行い続けているところも、未だ多い実態が在り、

其れは、まるで情報・教育工作の様相でもある」。

「其の様な実態もまた、

昨今、世界中からのダメ出し等により当然の如く行き詰まって来ている、其のスジの人脈大集団による

不都合勢力粛清工作の存在を強く感じさせられる要因にも成っている」。

「工作である可能性くらいちゃんと排除せず検証する」のが

「本来のマスコミ人等が行う事」に「他ならない」のだから、

「非人道的な工作活動等を行っているかも知れない様なところに対して、実質的にエールを送っている様な情報・教育内容等」は

「即刻にでも是正して、されて、当然の事に成る」』。

『「新型コロナウィルス」が「工作兵器では無く、自然発生由来だったとしても、

ウィルスの変異に関係している、してしまう可能性が高いのが、工作電磁波の存在」だ。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、経時変化によりより疑似高周波化し続けている、

複数和音の縦波ドット、もしくはパルス波」は

「覗きにも使える

(壁でも音は通るのと同様に音波同様の縦波ドット、もしくはパルス波を使えば、

例え、コンクリートの壁越しでも、其の建物等内の家具・設備等々はもちろん、人間の居場所や姿勢も含む内情を

覗き見出来てしまう。

番号式金庫の暗証番号を押すところを盗撮し分析するなら、暗唱番号も盗む事が出来てしまう。

元々、機械鍵を開けるノウハウは工作組織は豊富に持っているので、

防犯カメラ等を実質的に無効にするなら、例え、金庫の中でも工作物質等を仕込む事が可能に成る)

工作電磁波は、

其の特性故に、粛清工作にも使えてしまい、其の悪の実効には上記の様な事も在る」。

「其の工作電磁波を発生させるハード・ソフト等が、日本国内でも至るところに仕込まれ続けている」のだから

「電磁波=無害論等の嘘は、いい加減に止めて、ちゃんと実効のある電磁波工作対策等を訴えるべき立場に在る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「現状まででは、

まるで非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている側の援護射撃状態の情報配信・教育等の様相の場合も少なく無い」のだから

「是正が急務に成っている事」は「言うまでも無い事に成る」。

「上記の様な当たり前の事」は「既に、重々承知の人々も多い筈」なのに

「一向に、ちゃんとした是正が行われないのは何故か?」

「考えられる事」は

「選挙も無いから実権者人脈等の交代も不十分という重大問題」と

「拉致工作等の非人道的なスパイ・工作活動等を既に手伝ったり、行ったり、してしまっているが故に、

工作活動等をちゃんと露呈させるなら罪と罰が付いて来る事に成る実態」等で

「もちろん、万一、其の様な実態が在る」なら「其れこそが、正に重大問題に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「人間の意識の特性として、

一つの事に興味を持つ、持たされると、其れ以外の事は意外な程、圧殺・封印状態でも平然としていられてしまう事がある」。

「現状までのニュース報道(ニュースショーも含む)の実態」は

「何処か裏で、決め事があるかの如く、何処の局でも何処のマスコミ等でも皆同じニュースが主扱いの場合が多い」。

「事件・事故等の悪質性や実害等由来の配信優先度決め」等なら

「同じであっても何の不思議も無い事に成るが、実際の配信優先度を決めている」のは

「事件・事故等の悪質性や実害等では無い事」は

「実質的、小事件等の名出し報道等や、大衆が興味を持ち易い酷い事件等の偏重大喧伝等の実態からも良く判る」。

「其の様な、ある意味、姑息な情報工作的手段の大々的実用を続ける事により、

多くの視聴者・読者・生徒等の興味をあらぬ方向に誘導し続ける事により、

例えば、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団スパイ・工作活動等々の、本当の巨悪を

圧殺・黙殺等せしめ続けて来ている様相」なのが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の、酷く劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス問題」でも

「感染検知で大騒ぎ!」は「明らかに変」だ。

「実害・実益(軽症感染による免疫保有等)目線での実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信・教育状態」等が

「健常状態に成る事」は「言うまでも無い事に成る」。

「免疫保有者疫学検査等を行う」なら

「既に。S型に感染し無症状・軽症状態から免疫を得ている人間たちの数もかなり多い筈」と「推定出来る」のは

「集団工作活動等には、大気工作も在るから」だ。

「新型コロナウィルス感染者を本気で免疫学的に検査して其の実態を露呈させる」なら

「其れが、ソフトウィルス工作であったなら、

集団工作活動等との繋がりが濃い地域を中心に、其れこそ、日本全国で、日本国民等のかなりの割り合いの人間たちが、

感染者に成っていて、或いは、されていて、も、何の不思議も無い事に成る事」等も

「容易に、推定出来る」。

「S型に対する免疫無し」で「L型に感染する、させられる」と

「重症化し易く、

ウィルス感染由来の主たる問題症状が肺炎である事」から

「高齢者や免疫学的弱者等の自主防衛と保護等が重要に成っている」のだから

「其れを優先した対策が合理的に成る事に成る」。

「日本のマスク不足の裏」には

「買い占め~高値転売が在り、其の様な悪稼ぎを行っている者たちの中には、日本国内の中国系や朝鮮系の者たち等もいる等の

実態も露呈して来ている」。

「多くの日本人の精神文化では、必要な人々に必要なモノが行き届く様に!が当たり前」で

「其れは、本質と快適を探究するが故の現象でもある」が

「比べっこ支配・被支配{ゲーム}レベルの精神構造の者たちが多い様相でもある中国系・朝鮮系等の者たち等や

其の様な情報・教育等に毒され、操られてしまっている日本系の者たち等の場合は、

他人より優位な状態を得れば勝ち!等・・・なのだろう」けど、

「其れは、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に自らを置く事に直結している行動実態等でもある事」は

「決して、忘れるべきでは無い事に成る」。

「そもそも、身体年齢的には成人レベルなのに、

精神構造状態が乳幼レベルのままで快適や健常性を損なう行動を懸命に行ってしまうなら、

其の本質的悪質性故に、自己承認欲求の本来欲求の充足が困難に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自らの劣悪自己支配故に、自己承認欲求の本来欲求の充足が困難に成ってしまっているから・・・と、

他の者・物・事等を使って自己承認欲求の代償欲求を追及する、更なる、自虐行動等を懸命に行うと、

益々、自らの実体・実態や本質を直視する事が困難に成り、

他人との比べっこの中で、自己承認欲求の代償欲求を充足しようとする、他人も巻き込んだ迷惑状態を創り出し続ける、

酷く劣悪な状態に陥り易く成る」。

「其の様な酷く劣悪な状態に陥っている者たち等にとって」は

「感染目線の大騒動!という実体離れ情報配信等も、

マスク等買い占め~高値転売悪稼ぎを行う為には有益な道具で、

悪稼ぎでも金に色は付いていないから大金を持ってしまえば勝ち!で勝てば何でも通せる!等と

現実逃避市が足り易く成るのは、

何でも通せる事により、自己承認欲求の代償欲求を得た気分に浸りたいからで、

其の様な不健常な状態の先で他の人間たちにまで大迷惑をかけた事で得られている

自己承認欲求の代償欲求追及により自己承認欲求の本来欲求が充足される訳も無い」から

「劣悪な事を行っている者たち等が、実質的に得ている」のは

「劣悪な事を行ったが故に襲って来る自らの中からの崩壊に成っている」。

「其処で、自分の中から崩壊が襲って来るなら、自らを是正する事により其れを抑えるのでは無く、

崩壊の刺激を他の者・物・事等に投影・転嫁して、他の者・物・事を崩壊させる事により、

自らの中の崩壊の刺激を誤魔化そうとすると、

例えば、他人を傷つける非人道的なスパイ・工作活動等でも{平気}で行える様に成ってしまう」が

「其の実態もまた、自己承認欲求の本来欲求の充足を根本的に阻害し続けながら、自らの中からの崩壊に大きなエネルギーを与えている事に

他ならない」から

「益々、自虐度が高い状態に自らを追い詰めて行っている事に成ってしまっている」。

「一刻も早く、自覚を持ち、自浄・是正等すべき状態の者たち等の数が多ければ、多い程、

人間社会全体も崩壊方向に向かって歩みを速め易く成ってしまう実態」は

「昨今の経済世界大戦状態の中の経済圧殺や地球環境等の破壊等からも、既に、明らか」だが、

「其れでも尚、劣悪な事を止めない、止められない程、既に、劣悪な事を行い続け過ぎて来てしまっている様相」なのが

「永遠の自覚不在・現実逃避~永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に成る者たち等の実態に成る」。

「そんな状態に陥ってしまっている多くの者たち等の自浄・是正無き場合」に

「起きてしまう事に対する責任から逃れる為」には

「早急な是正が必要に成っている、ばかりか、残されている時は、既に少ない」のが

「現実」なのだから

「本郷に、現状の人間世界は、温暖化している地球と反対で健常なエネルギーが少な過ぎて超寒い!!!」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

進入工作の実態・・・。

『「昨日、午後に当方の家(集合住宅)に侵入し、冷蔵庫の中等、色々と探ったり工作したりした者が居た」。

「防犯性は相応に高いとされている鍵(内鍵も含む)は、既に、合鍵を持っている様相」で

「簡易防犯カメラ(二台)のSDカード消去も行っている」から

「例えば、北朝鮮の手下、工作員等、所謂、プロの仕業」と「強く推定出来る」。

「何処からやって来ているのか?」は

「同じ集合住宅内も含む近隣」と「判明している様なモノ」で

「工作電磁波や大気工作等とも関係がある」と「強く推定出来る」から

「一人、単独の工作では無く、いくつかの上辺家族等が関わっている集団工作である事」も

「既に、判明している様なモノ」だ。

「当方である程度特定した内容」は「万一、激烈な工作等に見舞われた場合には直に公開される事に成る」が

「当然、公安等も既に把握済みの筈」だ。

「はっきり言える事」は

「戦後日本社会の中には、拉致問題からも明らかな様に、反日他国等の工作員集団が居続けていて、

令和の今日に成っても、未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を行い、行わせられ、続けている事」で

「毒性が其れ程激烈では無いウィルス等の{感染}問題より遥かに深刻で実害のある重大問題が其処に在る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「警察・公安等はもちろん、ジャーナリスト等なら当然、上記の様な実態は既に把握済みの筈

(そうでは無いなら、ジャーナリスト等として能力不足に成る)

だが、

戦後日本の中で集団で連綿と行われ、行わされ、続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等の重大問題を

ちゃんと告発等し、実効のある対策等を強く求める等の

マスコミ人等としての当たり前の仕事」は

「未だ、行われていない」。

「拉致までされているのに、無い事に、無かった事に・・・のツケ」が

「北朝鮮金政権等の問題をより深刻化させている」のが「実態」なのだから、

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「今回{も}、冷蔵庫の中等の飲食物に、工作物質等が付けられたり、混入されたりしている可能性は高い」が

「今まで同様、いきなり激しい悪の実効が出てしまうようなモノでは無い事」も「相応に、推定出来る」。

「継続摂取・照射等で、不安定化・不健常化・弱体化・衰退化~事故とか自殺等誘いや病院送り~医療工作等による粛清」等が

「非人道的な集団工作活動等の実態の常」だから

「昨今、元がかなりアブナク成っているからか、より過激に成り続けて来ている日本の中の非人道的なスパイ・工作活動等」でも

「其れなりの対策を続けている限り、大きな悪の実効は出ない筈」だが

「余分な時間もお金もかかる対策を行わざるを得ない状態の継続」は

「迷惑そのもの」で

「早急な摘発~厳罰等による対処が在るべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「元の先は知れている」のだから

「非人道的なスパイ・工作活動等を未だに、行い続けている者たち等は早々に足を洗った方が良い事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「近未来において自虐事態を招き込む事に直結している非人道的なスパイ・工作活動等を行い続ける」なら

「筆者が既に把握している工作員等も、公安等が把握済みの工作員等も、

永遠の恥辱に染められる道の上に置かれる存在に成る事」は、

「既に、決定済みの事に成る」』。

|

新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「中国共産党の閉鎖対策賛美」や「トイレットペーパー買い占め誘い」等の情報配信状態の様相だったが・・・。

『「トイレットペーパー不足問題を解消させる事を誘う情報配信」なら「先ず、最初に、供給が十分に行える、行えている事を大喧伝する」のが

「合理的に成る」。

「供給が十分」なら

「多くの視聴者の頭の中で、買い占めや備蓄の必要性が無い事」等が「先ず、直に判る事に成り」、

「其の様な考え・思い・感じ等を持てている人間の中」では

「買い占めや過剰な備蓄をする事」は「必要の無い悪事」等として「理解・把握される事に成る」。

「其の結果、実際に、買い占めや過剰備蓄等の実行動を起こす、起こしてしまう人間たちの数」も

「激減する事に成る」。

「最初に、供給が十分に在る事を情報配信した後に、スーパー等での空棚状態等の映像が配信される」なら

「買い占めや過剰備蓄に走った悪が創り出した空棚」等の「認識」が

「多くの視聴者等に持たれ易く成る」ので「トイレットペーパー等不足も起き辛く、起こされ辛く成る」が

「最初に空棚状態の映像等が情報配信される」と

「先ず、多くの視聴者の頭の中」で

「本当にトイレットペーパー等は無く成っているんだ!足りなくなっているんだ!」等の「認識が構築され易く成り」、

「例え、其の後、十分な供給が在る等の情報が付け足されても、

「多くの人間たちの頭の中」では

{最初に想起させられた不安状態}の方が重要視され易く成る」のは

「人間の理解・把握の仕組み」等から「ある意味、当然の現象に成る」。

「最初に安心状態が構築されている」なら「其の後の行動等も、其の安心状態ベースで行われる事に成る」が

「最初に不安状態が構築されている」なら「不安が解消されるまでは、其の不安状態ベースの行動等を起こし易く成る」のが

「多くの人間の特性」で

「トイレットペーパー等不足に対する不安を解消する、させる為」には、

「先ず、トイレットペーパー等を手に入れる行動等を起こす事が合理的に成る」ので

「買い占めや過剰備蓄等、通常では無い行動を起こしてしまう、起こさせられてしまう人間たちの数も多く成り易く成る」。

「上記の様」な

「人間の特性もちゃんと考慮して、情報配信を行っている」なら

「テレ朝朝番等の情報配信」は「確信犯の悪!等という事に成る」し

「上記の様な人間の特性が理解・把握出来ていない」なら

「テレ朝朝番の常連出演者等や番組制作者等は、明らかな実力不足の劣(おバカ)に成る」。

「マスク不足問題でも、実態はほぼ同じ」で

「本来、マスクがより必要な医療関係者・介護関係者・免疫学的弱者・高齢者等が

マスク無しでも大勢に影響の無い場合が多い若い年齢層の元気な者たち等より

マスクを手に入れ辛く成っている状態の生みの親」は

「劣悪な情報配信・教育等である事」等も「既に、明らかな事に成る」。

「劣悪な情報配信・教育等」と「買い占め~高値転売等の整合性は高い」。

「劣悪な情報・教育等を行っている者たち等」とは「悪稼ぎをしている悪者たちを利す、利悪を行っている者たち等に成る」。

「ヤク等の問題でも同様に成っている、人脈的お仲間の臭い」が「其処に、濃厚に漂っている」。

「劣悪情報配信・教育状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「そもそも、新型コロナウィルスとは何か?」を

「ちゃんと探究していない中国共産党支配下の中国の閉鎖策等賛美論」にも

「本当に、呆れた」。

「新型コロナウィルスの正体」としては、

「感染して出現する初期症状が多くの風邪の場合と同様である事」から「風邪の原因にも成り得る、多々あるウィルスの内の一つである可能性」と

「コウモリ等、人間以外の哺乳類が保有していたウィルスである可能性」と

「北朝鮮製や中国共産党製等々の可能性も在る、ウィルス兵器の一つの可能性」と

「温暖化による環境変動等により、既存の人間にも感染するウィルスが変異した可能性」等が

「在る」。

「そして、

感染力が強く、接触感染と飛沫感染とエアロゾル感染が在る事等と、

感染しても、多くの場合重症化しない事や、

無症状・軽症感染者からの感染もある事や、

重症化や死に至っている場合は肺炎症状を引き起こす事による重症化や致死である事等」が

「既に、判っている」。

「症状実態や重症化率、重症化実態から言う」なら

「新型コロナウィルス」とは「多くの風邪の原因と成っているウィルスより毒性が高く成っている風邪を引き起こすウィルスの様」でもある。

「他の哺乳類から同じウィルスが検出されたという報道等は未だ無い」。

「同じコロナウィルスであるSARS等の毒性を弱め、感染力を強めたウィルス{工作}兵器の一つである可能性」は、

「其れを完全否定出来る実体暴露情報等が未だ無い現状では、排除出来無い」。

「地球環境変動由来のウィルス変異の可能性も同様に成る」。

「上記の様な実態」と

「昨今の世界レベルでの人間の移動の激しさ」から

「適切に成る新型コロナウィルス対策はどの様なモノに成るのだろうか?」

「先ず、閉鎖・封じ込め策が、既に、失敗している事は、世界中の感染研知者実態からも明らか」だ。

「現状の中国共産党支配下の中国湖北省地域以外で新型コロナウィルスの感染検知者数が減り始め、

感染が終息方向に向かっている様相にも思える実態が在る裏に在る事」としては

「ある程度以上の数の感染者が免疫を持ち軽快した事と消毒や行動制限等々により、

ウィルスが感染し増える器を失った事が大きく関係している可能性」と

「中国共産党の問題処理目線が、感染目線では無く、実害目線に移され、

感染者検知を積極的に行い続ける事により感染検知者数を増やす事は止められ、

実害である重症化してしまった方々への医療等を優先する様に成っている可能性」等が

「考えられる」。

「どちらにしても、ウィルス対策として現状で行える当然の事を行っているだけ」で

「日本も含む、他の国々の実態も同様なのだから、其れを大賛美!し、日本の対策を批判・非難等している事の実体」は

「日本の現政権に悪イメージを付ける事により、

中国共産党や北朝鮮労働党等との親和性が高い、反対、もしくは審議拒否野党等を利す為の

政治・社会運動等に成る」。

「日本の公共の電波を使っている、政治的偏向性の高い情報配信実態が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型コロナウィルス騒動」の「実効」を「検証してみる」なら

「良い面」としては「地球温暖化抑止効果が在る」。

「悪い面」として「現状人間社会・経済システム上での経済・社会等に対する負の影響があり、

其の中には、

米国大統領選挙への影響もある」。

「中国共産党や北朝鮮金政権等にしてみれば、

既に、かなりの懐柔策等が行き届いている米国民主党が米国の政権を取った方が都合が良い」ので

「米国トランプ共和党政権である間に、経済が好調でトランプ政権の支持率も上々で大統領選でもトランプ大統領が再選!」というよりは、

「トランプ政権の内に経済衰退・・・で、支持率も下降し、トランプ大統領の再選ならず、民主党大統領が誕生!の方が

非常に都合が良い事に成る」。

「北朝鮮金政権等にしても、核放棄等でも実を求める米国トランプ政権では、正直、困る!」から

「実を求められる度合いが圧倒的に低い米国民主党政権の方が非常に都合が良い!事に成る」。

「其の様な実態から考える」なら

「毒性が其れ程強く無い、新型コロナウィルスでの大騒動」は

「正に、好都合に成る合理的な事態」で

「この面から言う」なら「新型コロナウィルスが、中国共産党や北朝鮮等により仕込まれたソフトウィルス{工作}兵器であっても、

何の不思議も無い事に成る」。

「既に、中国共産党が巨大なスポンサーと成っている事により、

実質的には、中国共産党に懐柔されている状態下に在るWHOが

ウィルスの毒性の割りには、強過ぎる!と言わざるを得ない、

閉鎖・封じ込め策等を大推奨し、

実害目線では無く、感染目線での処理基準で、色々な国々の現状の実態について、

中国共産党にとって都合の良く成る論等を大喧伝等している」のも

「明らかに、変」だ。

「中国共産党・WHO等や其のお仲間メディさ等により、問題化されている国々」が

「イラン・イタリア・韓国・日本である事」からも

「元々の発生源が、中国の物流の中心でもある武漢である事」からも

「其れらの地域に配下の者たちが居たり、送り込み易く成っていたり、している、北朝鮮仕込みの臭い」が「濃厚に漂って来る」のが

「新型コロナウィルス大騒動の実態に成る」』。

『「幸いな事」に

「実効があると強く推定出来る実行可能な治療法等も見出されて来ている」し、

「元々の毒性が其れ程激烈では無い」。

「新型コロナウィルス対策」で

「必要に成っている事」は

「高いウィルス濃度での感染を避ける事」と

「ウィルスに増やし易い、増え易い、状態を与えない事」で、

「其の実態」は

「感染してしまうとウィルス優位に成ってしまい易い高齢者も含む免疫学的弱者の保護

(高齢者保護の為に若者がマスクではマスク不足を招き、利悪にも成り易く成るから、

保護が必要な高齢者や免疫学的弱者がマスクを得られる状態にして維持する等が、

正当に成る)」と

「多人数が閉鎖空間に集まる事を避ける事」と

「スポーツジムでの感染実態からも、例え、人と人との間に、それなりの距離が在る状態でも、

閉鎖空間では、大きく、深く、呼吸したり、発声したりする事を控える事」と

「居住空間・設備・機器・乗り物等々や衣服・身体等の清潔を保つ事」等に「成る」。

「何れも、日常に既に在る、風邪やインフルエンザ等に対する対策と同様に成る」。

「大騒ぎによる不安・恐怖心等煽り!」は「明らかに、不要」で

「其の様な事を行わず、必要十分な対策を行いながら日常を維持する」と「共」に

「工作活動等の可能性も排除出来無い」のだから

「其の辺りの対策も、意識的かつ積極的に行う事が極めて重要に成る」。

「肺炎に成ってしまった者から、未だ、特定されていなかった、風邪の現認ウィルスの一つを見つけ出し、其れを、新型コロナウィルス発見!感染防止を!!」と

「大騒ぎする事」や

「ソフトウィルス{工作}兵器仕込み」で

「工作を仕込む側に都合良く動かせてしまう」なら

「工作を仕込む独裁政権等が、全世界を支配する事さえも、容易に成り易くなってしまう事に成る」。

「其の辺り」を「全く無い事にし続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は、明らかに異常に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ウィルス感染にもメリットが在る事」は

「忘れるべきでは無い事である事」は

「ワクチンの実効からも、冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「毒性が其れ程激烈では無いウィルスの場合、免疫保持者の数が増える事による人類全体としてのメリットは、相応に大きなモノに成る」。

「例え、工作兵器だった場合でも、同様の毒性の強い工作兵器ウィルスに感染させられた時の重症化率を下げる事にも直結しているのが、

毒性の弱いウィルスへの感染~免疫保持~軽快の実態」だ。

「騒いでも仕方の無い感染自体で大騒動を起こし」、

「実害・実益目線の対応」なら「当たり前に成る論」等を

「言わない、言えない裏」には「劣悪が在る」。

「劣悪情報配信・教育等の是正が急務である事」は「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「感染目線で大騒動!」から「実害目線で現実対応」への世界レベルでの移行は何時・・・。

『「検査問題」では「医師による合理的なスクリーニングで必要と判定された人々への検査!」等を「訴えるテレビ番組等」も

「出て来ている」から「検査!検査!の大騒ぎ」から「必要な検査を行う現実対応への賛同」への

「多くの視聴者等の中での考え・思い・感等の正常化・健常化も行われ易い状態に

ようやく至って来ている」が

「未だに、対策問題では、感染目線の大騒ぎ!~過剰、もしくは通常では無い、対策誘い状態」なのだから

「其の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染目線で大騒ぎ!」が「世界レベルで同様である事」は

「アジア系の人間たちに対する不当差別状態を露呈した者たちの存在や問題行動・言動等を報道している、

世界各地のメディア等からも良く判る」。

「そして、この世界中での感染目線で大騒ぎ!状態」が

「日本の通常では無い対策を行わせている元凶でもある」のだから

「世界中のテレビ・ラジオ・マスコミ等は、

感染目線の大騒ぎ!情報配信状態を一刻も早く、

実害目線の現実対応誘いの情報配信状態に

是正するべき」だ。

「実害目線の現実対応」なら

「若い年齢層の重症化率がかなり低く、80歳代以上の高齢者層の重症化率は高い、新型コロナウィルス対策」として

「重症化率の低い若い年齢層の人々の行動制限等を積極的に行うのでは無く、

高齢者層の行動制限や保護等、感染防止対策を積極的に行うのが当然に成る」。

「無症状感染者からの感染も在る、若い年齢層の重症化率の低い、新型コロナウィルスの実態」は

「まるで、ある種の風邪の原因に成っているウィルスの様」で

「風邪をひいているなら、高齢者や免疫学的弱者との接触を避ける事は当たり前に行って」も

「重症化もしていないのに、風邪で仕事や学校を休む人々は少数派」という

「現状までの人間社会の日常から」も

「若い年齢層も含む行動制限という対策」が

「如何に、非日常的な対策に成ってしまっているのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「新型コロナウィルスだけ故に死に至ってしまった方々は、極々、少数で、死に至ってし方々のほとんどが肺炎」という

「実態」を

「現実通り原寸大で捉える」なら

「新型コロナウィルスとは、肺炎の一因にも成り得るウィルス」と「成り」、

「其の原寸大対応」としては

「他の肺炎の一因にも成り得るウィルス・細菌等への対策と同様レベルの対策を行う事」が

「日常性を壊す事により生まれてしまう実害を増やさない為にも、合理的に成る」。

「多くの人間たちの日常生活上でも日常である手洗いをちゃんと行う事の推奨」は「合理的に成る」が

「多くの人間たちの日常では無い、マスクの着用」を

「重症化率の低い年齢層にまで推奨して、日常性を壊す事」は

「感染目線で考えるなら、合理的に成って」も

「実害目線で考えるなら、明らかに、合理的では無い事に成る」のは

「マスク騒動という別の実害を創り出してしまっている現状からも明らかな事に成る」。

「はっきり言うなら、日常でマスクを必要としていなかった人々までもが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等情報や学校教育等による感染目線でのマスク着用!推奨大喧伝に操られて、

多くがマスクを買い求めた事により、

日常で実害目線でマスクを必要としている人々がマスクを得る事が阻害されている現状」は

「明らかな配信情報・教育等がもたらした惨事状態」であり

「其の罪は大きい事に成る」。

「では、何故、政府等は通常とは反対に成る対策を行ってしまっていて、

テレビ・ラジオ・マスコミ等は、過剰な対策で日常を破壊して新たな惨事を創り出す情報配信を行ってしまっているのか?」

「政府側の行っている事の裏」には

「世界レベルでの新型コロナウィルスに対する感染目線での人々の捉え方」が

「在り」、

「其の様な状態の中で、感染研知者数を悪戯に上げてしまうなら、東京五輪等も行えない状態を創り出されてしまう可能性の高さ」等も

「考慮せざるを得ないから」だ。

「つまり、世界中のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、感染目線での大騒ぎ!状態から、実害目線での現実対応推奨状態に、

大喧伝内容を正常化・健常化し、世論も実害目線の現実対応実践で良い!レベルに落ち着く」なら

「民主主義国家の政府等が行う対策も、実害目線の現実対応にする事が出来易く成る」が

「現状の様に、感染目線で大騒ぎ!状態のまま・・・では、

原寸大の現実対策を行う事による本来なら余分な実害の発生の大きさ

>感染目線で大騒ぎ!レベルで多くの人々が望まされている過剰対策を行う事による本来なら余分な実害の発生の大きさ

と成ってしまう事が容易に推定出来る」ので

「現状の様な通常では無い対策を行うしか無い状態に成ってしまっている」のが「実状」と「推定出来る」。

「そして、其の様な状態を創り出してしまっているのも、正常化・健常化する事が出来るのも、

世界中のテレビ・ラジオ・マスコミ等の基軸論調次第に成ってしまっている」のが

「未だ、未だ、民度の低い状態に追いやられてしまっている人間たちの数が多い、

自由・民主主義等や社会主義等々と言うよりは、メディア全体主義や独裁主義と言った方が其の実態との整合性が高く成る、

現状人間社会の酷く、寒過ぎる実態に他ならない」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「世界中の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や所謂、文系の学校教育等、人類の精神文化側の仕事」を

「天動説レベルから地動説レベルに健常進歩・正常進化させる実務」は

「本当に、急務」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が当たり前に成っている」なら

「新型コロナウィルス問題でも、感染目線で大騒ぎ!し、

視聴者・読者・生徒等の不安や恐怖心等を煽り、

不安・恐怖心等共感に基づいた、不安・恐怖心等を払拭する為に有効と、思えたり、感じたり、信じたりする{過剰}対策等を

大々的に推奨喧伝等する事により、

日常性を壊し、新たな問題を創り出す、情報配信・教育等など行っている訳も無い」。

「実害目線で言うなら、

感染自体は既に世界中の多くの人々に広がっていると容易に推定出来るし、

高齢者も含む免疫学的弱者以外の重症化率が低い事からも、

感染自体を問題にし感染対策を重点的に行うのでは無く、

其れこそ、誰もが自分も感染者である事を前提に、

高齢者や免疫学的弱者との濃厚な接触を持たない事等の肺炎防止の為の日常から在る当たり前の対策」を

「ちゃんと行う事」や

「高齢者も含む免疫学的弱者の保護をちゃんと行う、行える様にする事」が「合理的に成る」。

「例えば、

若く行動力があり元気な感染しても重症化し辛い年齢層の人々がマスクを買う事が出来ていても、

本来、自らの保護が必要に成っている高齢者がマスクを得辛い状態を創り出す事」等は

「実害目線で言うなら、明らかに、悪い状態に成り、避けるべき状態に成る」。

「そんな状態を創り出す事に大きな力を発揮したテレビ・ラジオ・マスコミ等の配信情報内容や学校教育等の罪」は

「本当に、大きい」。

「実質的には、劣悪な、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等に操られたり、自分を操らせたり、している状態の人間たちの罪」も

「相応にある事に成る」。

「どちらも、応分の罰が与えられて然るべき事に成る」が

「既に、本質的悪事を行ってしまった段階で、

自己承認欲求の本来欲求の充足が出来ない罰が、意識の有無を問わず、自らの内から与えられているのが現実」だ。

「其れだけで、

今回の罪による補償が十分に出来、され、

同様の罪の再発も十分に防止出来るなら、良いのだが、

現実は、そう甘く無い」。

「償っていない分の罪は溜まり、何れ、一気に人間世界全体に還元される事に成る」のは

「与えるべき罰を与えない人間たちの罪と罰も生まれているから」だ。

「多くの個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の是正(=健常進歩・正常進化させる事)」が

「急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「酷く、劣悪な情報配信や学校教育等を行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等と反対、もしくは審議拒否野党等」には

「お仲間関係が在る場合も多い」。

「其れ故に、酷く、劣悪な情報・教育等により、数々の問題を創り出し、

其の問題を政争の具にした、政治・社会運動等までもが行われて来ている実態も在る」。

「其の辺りの是正も必需である事」も「言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「ウィルスによる経済制裁報復状態」が実現したからか?テレ朝朝番の論調も収拾方向に向かい始めている様相だったが・・・。

『「実害より感染を大問題化する工作情報等の大喧伝」等により「自粛・萎縮状態や学校休校要請まで導きださせ、

実質的には、社会・経済衰退化・悪化状態を構築させた事」で

「相応の満足が得られたからか、

今まで同様の不安・恐怖心煽り等を続けるなら、其の事の悪質性や裏に在ると推定されるモノの正体までバレる可能性が高く成るからか、

とにかく検査!検査!状態だったテレビ常連出演者等の喧伝内実も、

先ずは、スクリーニングをして必要な人には検査!等と

常道レベルにまで落ち着き始めている」。

「例えば、新型コロナウィルスの致死率を、

WHOが大きなスポンサーである中国共産党支配下の中国に対して気遣い高めに算出した数値である様相の、

全体で3.8%(80歳代以上は21.9%)として、

特に、80歳代以上の高い致死率を大問題化する事で、

実質的には、80歳代未満の低い致死率という実態の理解・把握を実質的に、阻害させたり、

恐らくは免疫学的弱者状態の人がウィルスの大漁感染に見舞われ、其の後、工作電磁波・大気工作等の複合負担要因も重ねられたが故に重症化した、

20歳代でも重症化した人々が居る情報を強調する事等により、

ある程度以上年齢が若く、過剰・過重労働状態や栄養劣悪状態等々、免疫学的弱者状態に無い、ほとんどの人々は、

感染しても大きな問題には成り辛い新型コロナウィルスの実態把握を実質的に、阻害させたり、」等々、

「未だに、新型コロナウィルスの実害を過大に喧伝している状態は変わらない」が

「検査必要状態を露わにする事等による、検査!訴えの鎮静化」からは

「感染自体を大問題化する事の不合理性と実害こそが問題に成る事への頭の切替え」等が

「誘われる事に成る」ので

「実質的には、鎮静化を誘う論調に成っている事に成る」。

「元々」が、

「感染自体はかなり前から結構大々的に在った事」等は

「世界中で判明させられた、少々の感染検査による感染検知実態からも、容易に推定出来る」のが

「新型コロナウィルスの実態」で

「其れでも、中国共産党支配下の中国武漢での、

重症化してウィルス検査を受け、今までにはっきりと検知されていなかったコロナウィルスが検知された患者が公表される前に、

大量の死者が出ている等、重大な事態を引き起こしていなかった」のが

「現実に成る」。

「今まででも、肺炎での死亡者の中には、新型コロナウィルスの感染者も居た可能性は大きい」が

「多くの肺炎は複合要因である上」に

「手間も時間もかかるウィルス検査は後回しにされ易い」ので

「ウィルス検査前に死亡に至ってしまっていた場合が多い」と「推定出来る」。

「更に、患者が80歳代以上の高齢者と成れば、元々の死亡率が高い年代でもあり、

多くの高齢者では無い患者は新型コロナウィルス自体への治療法の無い状態でも、快復出来ている実態も判明している」から

「肺炎で死に至ってしまった人々は、肺炎で死亡として扱われていた」のが

「通例だった」と「推定出来る」。

「感染を問題にするのでは無く、実害を問題にする」なら

「新型コロナウィルスの感染検知!等で大騒ぎしている暇があるなら、

感染検知!で大騒ぎして、過剰な対策を取る事故の実害等、他の問題等の実害に対する対処を行った方が合理的に成る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「元々の死亡率が高い80歳代以降の高齢者の中で、

新型コロナウィルスの感染だけが原因で死亡してしまった方々は、

果たして何名居るのだろうか?」や

「実際の例えば、東京通勤圏等の市中感染率はどの程度なのか?」等を

「検証する」なら

「現状の感染検知を大問題化した先に生み出されている対策等が、如何に過剰で過大なモノに成ってしまっていて、

其の過剰で過大な対策等故の負担や不利益等が更なる問題を引き起こす可能性も大きく成ってしまっている」のだから、

「そんな事態を導き出させる事に大きな力を発揮した、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による感染検知自体を大問題化した情報配信~大衆誘導等の罪」は

「本当に、大きく、相応の罰が与えられて然るべき事に成る」のは「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「世界中から経済制裁を受けている北朝鮮金政権等は、

新型コロナウィルスの発生

(ハードウィルスだと即座に其の発生源等の探究が行われてしまうので、そうされ辛いソフトウィルスの工作仕込みかも知れないが)と

其の後の、北朝鮮労働党等のオトモダチ人脈の者たち等による、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育上での、

実害では無く感染・感染検知を大問題化した、情報・教育{工作}等により、

報復経済制裁状態をつくり出す事に成功して、

今頃、大喜び!状態かも知れない」。

「更に、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

飲食物工作・大気工作・電磁波工作・侵入工作・医療工作等々の、非人道的なスパイ・工作活動等を

隠蔽せしめる為の道具としても役立っているのが実態なのだから、

其の辺りを無い事にし続けて来ている、北朝鮮金政権等のお仲間かも知れない、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の問題」と

「共」に

「全世界が早急に解決すべき問題と成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そんな酷い実態を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等でも正義ぶる事が出来る様に、

マスクやアルコール消毒製品やトイレットペーパー等々を、日本の中の手下工作員や其の協力者等が、買い占める、買い占めさせる事で、

日本社会不健常状態をつくり出す工作も行われている可能性も高い」。

「先の大戦終戦時に、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては強制的に日本本土内に帰還させられた」が

「日本本土内に居た朝鮮人の多く(其の多くは、自主渡来)は戦後も居残り、

朝鮮半島内が南北に分断された後は、北朝鮮側に属している者たちの数も多く、

北朝鮮側に属している者たち等や善悪よりも人種・民族等を優先する思想信条に毒されている者たち等が

例え、日本に帰化していても、北朝鮮金政権等の命令・指令の下で日本国内で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けていて、

日本人協力者等もつくり出し、使用している事」等は

「もはや、公然の秘密状態」に「なっている」が

「其の対策が十分に行われていない」から

「今回の実害が其れ程でも無い新発見ウィルスでも、本来なら不要な大騒動状態がつくり出されてしまい、

大騒動に乗じて悪稼ぎしている者たち等の稼ぎの一部、または全部が、北朝鮮の非人道的なスパイ・工作活動等の資金にされている可能性も、

相応に高い事に成る」。

「新型コロナウィルス対策は、実害相応の原寸大で必要十分!」で

「北朝鮮等による日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等に対する実効のある対策をもっと、もっと意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「新型コロナウィルスによる実害を大きくする為か?筆者の周囲の工作電磁波も大気工作等々も強化されて来ている」。

「新型コロナウィルス故による致死よりも、工作による致死の方が圧倒的に大きな可能性を持っている実態が其処辺りにも露呈している」。

「不安・恐怖心煽りによる免疫力低下情報・教育工作」等の「実害」も「決して小さく無い筈」だ。

「休校等の対策」は

「反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって、突っ込みどころを見出す為に便利な対策にも成り得る」。

「実害では無く、感染を大問題化して、不安・恐怖心等を煽り、

(実際には過大な)対策を直ぐに行うべき!等々の、上辺の優等生ぶりや正義ぶり等々により、

多くの視聴者・読者・生徒等の共感を得て、

何もやらなければ、やらない事を批判・非難し、

何かを行えば当然現れる完全や万全では無い事であるが故の文句の付け所を探し出し、其処を批判・非難等して優等生ぶり、正義ぶる、

しかし、実際に、政権を得た時には、

日本国・多くの日本国民を韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国や其の国民より不利にする政治等を行う、

其れが、戦後日本の中に居る、日本乗っ取り支配目的かも知れない人脈の者たち等が

行い続けて来ている事等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「80歳代以上の肺炎での死亡者で新型コロナウィルス{も}検知された人々」から

「主たる死亡原因が新型コロナウィルスであった事」を「ちゃんと正確に判別する検査が行われているだろうか???」

「其の辺りがはっきりしない内は、肺炎を問題するのが当然に成り、新型コロナウィルスだけを過剰に問題にするのは、合理性を欠く事に成る」。

「肺炎に至らない様にする事」と「肺炎に至ってしまった方々が、適切な医療を受けられる状態を維持する事」等の

「日常の維持」と

「実効のある社会・経済合理性も高い新型コロナウィルス検知法と治療法を創り出す事」が

「毒性が其れ程激烈では無い新たに検知されたウィルスへの対応として、合理的成る事に成る」のに、

「感染・感染検知大騒ぎ!で日常を破壊する事で、

実質的には、不安や恐怖心を煽り、免疫力を下げさせ、悪稼ぎ等を行い易くしている事等を

上辺だけは、優等生ぶり、正義ぶり、行い続けている、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等に対する実効のある対策が急務に成っている事」は「もはや、言うまでの無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等を含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題にも関連させて「パンデミック問題」等を引っ張り出していたが・・・。

『「メディア等で、感染検知者を感染者と言い、感染自体を問題にする事を主にして、新型コロナウィルス問題論を大喧伝する事の実効」は

「多くの視聴者・読者等に、本来なら不要な不安や恐怖心等を抱かせる事に成り、

不安や恐怖心故の過剰対応・対策等を誘い、人間社会の日常性を破壊する事に成っている実態が既に露呈している」のに

「未だに、其の方向の論を大喧伝する事や、政府等の対応を批判・非難等する事による、実質的、政治・社会運動等を

日本の公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行い続けているところも多い」。

「本当に、酷く劣悪で、早急な是正が求められて然るべき事態が其処の露呈している」。

「新型コロナウィルス問題で、先ず、問題にすべき」は「其の実害に他ならず、実害を防ぐ為に必要に成る対策をしっかりと行う事に他ならない」。

「実態として、毒性が其れ程激烈では無い新型コロナウィルスの主たる実害」は

「高齢者等免疫学的弱者状態に在る人々が感染すると肺炎状態に陥り易く成り、肺炎が重篤化してしまうと死亡にまで至ってしまう事も在る事である事」が

「既に、判明している」。

「免疫学的弱者状態に無い人々に感染しても其のほとんどは無症状・軽症・重症化しても其れ程長く無い間に快復等と成り、

感染により免疫が出来ている状態に成る」のだから

「感染自体を問題にする事」は「明らかに新型コロナウィルスの実体との整合性が悪い事に成る」。

「感染力が強く、無症状からの感染もある実態」と

「ウィルス濃度を高めてしまうと重症化し易く成ってしまう実態」も

「実質的には、既に、判明している」ので

「ウィルス濃度を高めない為の感染抑止策は合理的に成る」し

「病院等でも、感染者も含む人間(=ウィルス増殖の器に成る)を閉鎖空間に集合させない事が合理的に成る」。

「中国武漢での死亡者数が圧倒的に多い理由」として

「独裁政権には在り得る粛清工作等が無い」なら

「病院への人々の集中が在る事」等が「容易に推定出来る事に成る」。

「世界中の感染研知者実態からしても、最初に重症化したから新型コロナウィルスの検知にも繋がった感染者が発見される前に、

既に、多くの感染者が居て、主として、無症状・軽症状態の人間たちは日常通りの仕事・生活等をし、

昨今の世界レベルでの人間の移動の旺盛さ故に、

新型コロナウィルスとされている、実態としては新検知コロナウィルスの感染は

最初の感染検知者が出る前に、既に世界中に広がっていた事が容易に推定出来る」。

「其の様な実態が感染者発見前に既に在った」が「其れは大きな問題とされていなかった」のは

「肺炎故の致死故と強く推定出来る」。

「肺炎の実態として、其の原因が一つだけという場合は少なく、多くの場合は、例えば、誤嚥性と細菌・ウィルス等の複合要因の実態に成っている」。

「肺炎故の死亡の裏に新型コロナウィルスもあった場合」が「既に、少なからず在った事も推定出来る事に成る」。

「現状では、感染者も含む人々を集合させた中国共産党支配下の中国武漢の死亡者も、

複合肺炎でも新型コロナウィルスも検知された場合も、

含めた死亡者の数」を

「未だ、本格的な感染検査も行われていない状態での、現状の感染研知者数で割っている」から

「新型コロナウィルスの致死率は3%代と、インフルエンザ等より強い毒性とされている」が

「死亡者の多くが元々の死亡率も高い高齢者である事」も「含めて本当の実態を検証する」なら

「新型コロナウィルスの毒性はインフルエンザより遥かに低いのが現実とも推定出来る」。

「日本の場合でも、最初の感染者が発見され、入国拒否等の閉鎖政策等が採られる前」に、

「中国からの観光や仕事での来日も多く、

日本の中にも在る実質的、中国人街への友人・親戚等の訪問等も少なく無く、

其の中には、無症状の感染者や軽症の感染者等が少なからず居ても何の不思議も無い」から

「実態としては、既に、多くの日本国民も新型コロナウィルスに感染していても、何の不思議も無い」。

「本格的に感染実態調査等を行う」なら

「其れこそ、数十万~数百万人レベルの感染者が居ても何の不思議も無いのが現実と推定出来る」。

「其れでも、実際の犠牲者数は、既に、散々報道等されている実態+αレベルと推定出来る」から

「感染自体を問題にするのでは無く、重症化を避けたり、重症化してしまった人々への治療をしっかりと行う事、行える状態を維持する事」が

「極めて重要に成っている」。

「重症化を避ける為、重傷者の治療をしっかりと行える様にする為」には

「免疫力と日常の維持が極めて重要に成る」。

「不安や恐怖心を煽り、

多くの視聴者・読者等にマスク・アルコール除ウィルス製品等買い占め等の非日常的な行動等を引き起こさせる、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の報道や学校教育等は、

其のどちらも阻害する実質的、悪事に他ならない」。

「実害と実害を避ける為の日常維持レベルの対策を重点とした情報・教育等であって当然」なのに

「政治・社会運動等の為か(?)不安・恐怖心等煽りで日常・免疫力等破壊誘い~買い占め転売等の悪稼ぎの支援状態」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「そもそも、人間の意識は、丸ごと一人レベルで一つの事だけを偏重したがる特性を持っている」。

「新型コロナウィルス問題で、視聴者・読者・生徒等に感染を強く意識させる」と

「多くの視聴者・読者・生徒等は感染だけを偏重して意識する、させられる状態に陥らされる事に成る」。

「本当に重要な事」は「実害に他ならないのに!」

「メディアや学校教育等上で、本当に重要な事の前に、要でも無い不安や恐怖心等を煽る事を強く意識させる事の罪は、本当に大きい」が

「本当に重要な事を隠したい、無い事にしたい、者たち等や、

隠したり、無い事にする事による不当利権等を創り出したい者たち等は、

其の罪よりも、罪の先で生み出す事による利権の方を取りたがる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき悪事・悪人等が其処に在る」。

「新型コロナウィルス感染」に「多くの人間たちの興味を集中させている状態」では

「例えば、肺炎による死亡だと、其の原因は新型コロナウィルス!等と、

思い込む、思い込まさせられてしまっている状態に陥れられてしまう人々が多数派に成り易く成ってしまう」。

「本当の肺炎の主たる原因は、他のウィルスや細菌や誤嚥かも知れないし、工作電磁波や大気工作や飲食物工作かも知れない」のに

「全てを新型コロナウィルスのせいにする事により、実質的には、其の他の、本当に問題にして解決すべきモノを無い事にしがちに成ってしまう」。

「非人道的スパイ・工作活動等を行っている集団等にとって、其れ程都合の良い状態は無い」。

「今回の新型コロナウィルス問題」も

「例えば、経済制裁状態に在る北朝鮮等が、

毒性は低いが感染力は強い無症状からの感染もあるソフトウィルス工作兵器を使ったテロを行う事により、

世界に経済制裁状態をもたらす事で報復している可能性もある」のが

「未だ、精神構造・精神文化側の進歩・進化が物質文明側に対して圧倒的に不十分な現状人間世界の実態」だ。

「北朝鮮の様な状態の国等が、武力で報復するなら、アッと言う間に敗戦する」が

「工作で報復する」なら「世界に経済制裁状態のお返し!も可能に成る」のが

「現状人間世界の実態」だ。

「そして、戦後日本の中には、北朝鮮系の者たち等も数多く、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈まで在る」。

「工作電磁波等と其の人脈の関係の濃さ」は

「既に、明らかなレベルの話しだと思う」が

「工作電磁波等非人道的スパイ・工作活動等問題のスケープゴードとして、新型コロナウィルス感染を大問題化する事」は

「丸ごと一人レベル・一つだけを偏重し易い人間の意識の特性からしても、合理的な事に成り、

新型コロナウィルス感染大問題化で、大騒ぎしている」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校等だったりしている」のだから

「其の辺りへの実効のある対策が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等」が

「先に問題にすべき重大事である実害から訴え始めるのは何時だろうか?」

「実害を抑える為の、合理的で原寸大の感染防止策等なら解る」が

「感染から訴える事で、

多くの視聴者・読者・生徒等の不安・恐怖心等を煽り、

日常を壊し、壊させ、

新たな実害を増やすと共に、実質的には、悪稼ぎ等を支援する事に繋がる、

実害原寸大を遥かに逸脱した過剰で過大な非日常感染防止策等を

多くの視聴者・読者・生徒等に行わせてしまう情報・教育等」は

「本当に、酷く、劣悪に成り、其の罪は大きく、相応の罰が与えられて然るべき事に成る」。

「戦前の好戦大喧伝等と同様」の

「利悪、利スパイ・工作活動等情報・教育等の実態が其処に露呈している」。

「当たり前、先に実害から大喧伝し、先ず、多くの視聴者・読者・生徒等の中で実害実態把握と実害抑止を重視出来る状態を誘う

情報配信・教育等にする」等の

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「民主主義社会では、政治も民意で動かさざるを得ない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が不安や恐怖心等を煽り、其れに操られている状態の人間たちが多い」なら

「政府等も何等かの便りに出来ると思える対策等を行わざるを得なく成る」。

「もちろん、其の対策としてアレもコレも・・・と過剰に行ってしまうなら、益々、日常性が崩壊し、実質的には、脆弱性が増してしまう事に成る」。

「インフルエンザ流行時等に良くある、分り易い対策でもある、学級閉鎖ならぬ学校休校を要請した事」には

「スパイ・工作活動対策を表立って行えない状態の現状の日本政府・与党等の策として」は、

「相応の合理性が在る事に成る」が

「其れまでをも政争の具として利用している」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の臭いも濃い、反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »