« 「新型コロナウィルス{脅し}番組大蔓延り状態」等だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。 »

テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。

『「日本で該当ウィルスに対する危機感が弱い人々が多い」のは「当然」で「其の訳」は「公表されている該当ウィルスによる死者数」が

「他国に比べて圧倒的に少ないから」であり

「感染検査のやり方が特殊である上に、本当の感染実態の把握もほぼ出来得ないメディア情報配信状態に成っているから」だ。

「此処で、危機感が低い事を問題化する」と

「{脅し}による危機感増大」等の「策が出て来る事に成る」が

「其の{脅し}の実効を担保出来る」のは

「政治家や有名人や常連出演者等々による喧伝」では「無く」、

「実体や事実・現実情報に成る」から

「其れが圧倒的に不足している状態」では

「{脅し}の実効」が「不要な不安や恐怖心等を煽る事による免疫力の低下や不健常行動等誘い」等に

「成ってしまう」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「こんな状態」で

「緊急事態宣言」という「インパクトのある言葉」を「大喧伝」等したり

「若者でも致死者も重症化者も居るゾ~!等の旨の{脅し}」を「行ったり」、

「検査が少ないのはダメだろ~!もっと検査(現状ではPCR検査)を行え~!等の旨」と

「検査時や検査前後の濃厚感染リスクが高まる信頼性確度約60%レベルの検査を大推奨したり、等々している事」等々には、

「明らかな違和感を覚えさせられている視聴者等の数も多い筈」で

「多くのメディアが其の様な状態では、メディア自体の信頼性も低く成って当然」に「成り」、

「其の結果、該当問題に対する対応が混沌としてしまい易く成る」のも「ある意味、極めて当然の現象に成る」』。

『「粘膜から細胞へと侵入するウィルスに対して、綿棒で粘膜を薄くし、場合によっては其の場所の細胞を露わにしてしまう

信頼性確度約60%レベルのPCR検査を

ウィルス・病原菌等の濃度が高くて当然の病院等に多くの人々を集めて行ってしまう」なら

「本来なら感染しなかった人々にまで感染が拡がってしまっても当然に成る」。

「検査を行っている時には、例えば、ドライブスルーとか電話ボックス的囲いとかで感染防止が出来ていても、

其の前後には、当然そんなモノは無く、近くに感染者が居る可能性が高まっているところを

粘膜を薄くされた状態で移動する事に成る事による感染リスク」は

「相応に高く成っていて当然に成る」し

「ドライブスルーや電話ボックス的囲い等の感染防止対策抜きでは、危険度がより高く成る事」は

「言うまでも無い事に成る」。

「PCR検査を出来る限り少なくした事」は「相応の感染防止対策に成っている」ばかりでは無く、

「多くの人々に不要な不安を与える事による免疫力低下誘い等も避ける事にも繋がっている」が

「此処で問題に成る」のが「本当の感染実態や実害・実益等がほとんどの人々にとって良く判らなくなってしまう事」だ。

「其れを補う情報配信等を行う」のが

「本来の健常なマスメディアの役割りの筈」だが

「現状では{脅し}や政治運動等や優等生ぶりっこ・正義ぶりっこ等々に成ってしまっている場合が多い」のだから

「其の酷い劣悪性等は、もはや言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「粘膜から細胞への感染はしても、傷口等からの感染は無いと強く推定される該当ウィルスの検査」としては

「血液採取による抗体等検査が適切に成る」し

「もう直ぐ、其れが十分に出来る状態に成る様」だ。

「検査!を言うなら、PCRは止めて、其れを大々的に行うべき!論が適切に成る」。

「現状までの日本の本当の感染等の実態も少々の外部データを集めるなら推定は出来る事に成る」のだから

「其の辺りをちゃんと情報配信する」なら

「多くの視聴者・読者・生徒等は、実体や事実・現実通り原寸大の危機感等を抱き易く成る」。

「先ずは、一番重大な問題に成る致死問題について」、

「肺炎致死者数の増減の実データを示す」なら

「該当ウィルスの毒性も良く判る事に成る」。

「今年はインフルエンザの流行もオトナシかった」ので

「相応に、インフルエンザ肺炎~致死者の数は減っている事が推定出来る」が

「其れでも肺炎致死者数が例年通りだった」なら

「該当ウィルスの毒性はインフルエンザと同等レベルに成る事に成る」し

「より増えている」なら「該当ウィルスの毒性はインフルエンザより強い事に成る」し

「減っている」なら「該当ウィルスの毒性はインフルエンザより低い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国武漢発の自然発生ウィルス」なら

「日本の実際の感染実態」は

「欧米諸国と同等か其れ以上であって当然に成る」のは

「距離の近さと日本と中国の人の交流の盛んさ」等から

「誰もが直に解る事に成る筈」だから

「其の辺りの事は、マスメディア上でももっと大喧伝等されていて当然に成る」が

「もし、そうなら、圧倒的に少ない死亡者の数」が

「大きな疑問に成る事に成る」。

「日本の肺炎致死者の数は年間約10万人レベルとも言われている」から

「其の中に、検知されていない該当ウィルス感染致死者が紛れ込まされている」なら

「かなりの数でも{誤魔化す}事が出来てしまっていて当然に成る」。

「でも、もし本当に、該当ウィルスによる肺炎致死者数が大量に出ている」なら

「既に、病院がオーバーフローしていて当然に成る」から

「実際は、現状までのところは、

インフルエンザによる肺炎が少なかった分とバーターに出来てしまうレベル以下に成ってる事」が

「容易に推定出来る事に成る」。

「ウィルス感染と人体免疫の戦い実態について」は

「テレ朝朝番の常連出演者等も例えて、言っていた通りの力関係に成っている」から

「免疫を健常状態に維持し続ける事」と

「深部・大量・急激・連続に成ってしまう感染を避ける事」が

「ウィルスに負けない為に重要な事に成る」。

「免疫を保持出来ているなら基本的には安全に成っている筈」だが

「其の免疫の対応力以上の感染をさせられる」なら

「ウィルスに負けてしまう可能性も在る事」を

「上記の実態は露呈させている事にも成る」が

「もし、該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「特定ターゲットには執拗なウィルス感染攻撃を仕掛ける事も可能に成り、

其の様な普通では無い事態も引き起こす事も出来てしまう事に成る」から

「免疫・抗体保持者で致死者が出た時」には

「該当ウィルスがウィルス工作兵器である可能性が高まる事に成り、

致死者の周囲に執拗なウィルス攻撃を仕掛ける事が出来た工作員(集団である可能性も決して小さく無い)が

居た事に成る」。

「自然発生ウィルスの場合」でも

「免疫力の健常維持等」と

「深部・大量・急激・連続感染を避ける事」が

「重要に成る」が

「例えば、同じ病室内等に、感染者と一緒に長時間居る事」は

「連続感染に成り、場合によっては大量感染にも成る事に成る」から

「避けるべき事に成る」。

「感染者も居る筈なのに、大量の人々を集めて、同じ空間でPCR検査を行う事」は

「感染を広げるリスクが高い事に成る」し

「中国共産党支配下の中国武漢では感染者収容所的な{病院}が急造されて実用された」が

「其の事による実害と実益は冷静に検証されて然るべき事に成る」。

「過剰・過大になる仕事等を長時間行い続ける事」が

「免疫力の低下に繋がっている」のに

「医師だから医療関係者だから他に代わりが居ないから・・・等々と、

ウィルス濃度が高くて当然の空間で、

如何に、防護等していたとしても、

長時間の激務を行い続けるなら、

通常なら体力も免疫力も高い若い年齢層の人々でも、深部・大量感染故に致死に至ってしまっても、何の不思議も無い事に成り、

医療関係者では無くても、同様の免疫力低下状態と深部・大量感染状態が重なってしまうなら、

致死に至ってしまう若い年齢層の人々も居る事に成る」のは

「ある意味、当然の現象に成る」。

「また免疫力と該当ウィルスの相性が悪い場合も、重症化・致死等の事態を誘ってしまう原因に成り得る事に成る」。

「若い年齢層の人々でも該当ウィルスの感染により重症化も致死もある!ダケ」を「大喧伝等する」のでは「無く」、

「それぞれの人々の実態をありのままに原寸大で伝える事により、本当に気を付けるべきポイントを露わにする」のが

「健常な情報配信に成る」。

「該当ウィルスが喫煙により其の細胞侵入酵素等を活性化し易く成る旨の情報配信もあった上に、

喫煙者だった有名ゲイノウ人の該当ウィルス感染による死亡まであった」のだから

「もっと、もっと禁煙!!!を大喧伝するべき」なのが「マスメディアの仕事の筈」なのに

「其の辺りが余りにもオトナシい」のも

「本当に変」だ。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器であり、

工作時の、タバコの喫煙や副流煙も組み合わせる事による深部・急激・大量感染を誘発させたい思惑でもある」のなら

「合理的に成る実態」だが

「そうでは無い」のなら

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「緊急事態宣言か?否か?等の大喧伝が行われている」が

「現状の日本国内の本当の感染実態」が

「上記の様な推定のどの辺りに成っているのか?」で

「其の辺りの是・否も良く判る事に成る」のだから

「本当は、どの辺りに成っているのか?」を

「探究しないマスメディアは、本当に変」だ。

「実体・実態把握を阻害する事と{脅し}による免疫力低下招き~該当ウィルス大流行による該当ウィルス高濃度状態等を

誘おうとしているなら合理的に成る」が

「そうでは無いなら、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「パチンコ店や雀荘や性風俗店での感染は報告されていない」と言い

「バーやクラブやカラオケ店やクラブ等々の飲食店等では感染が確認されている」から

「夜の飲食店等には行くな!」の「要請を出している」のが

「東京都知事等」の「実態に成っている」が

「タバコの煙等が蔓延している場合が多い、パチンコ店や雀荘等での感染報告が無い、

強い濃厚接触が在る筈の性風俗店での感染報告が無い、

裏に何が在る?」

「可能性として考えられる」のは

「其れらの店等に行っている人々の多く」が

「既に、感染し免疫・抗体等を得ている事」や

「其れらの多くの店には、タバコの煙や匂い等対策の為の実効の高い該当ウィルスにも効く空気清浄機等が在る事」や

「消毒対策が行き届いている事」や

「ウィルスが工作だった場合なら、其処ではウィルス工作が無かった事」や

「現状までの偶々」等々が「在る事に成る」が

「果たして、真実は?」

「感染が欧米諸国より早い筈の日本国内で、公表されている該当ウィルスの死亡者者数が少ない理由」が

「免疫・抗体保持」で

「パチンコ店や雀荘や風俗店での流行がより早く、其れらの店に行っていた人々の免疫・抗体保持率が高い」なら

「其の空間での大罪時間の長さ等との関連性も調べてみる価値がある事に成る」。

「余分な不安等を考え続けさせられずに、長時間ゲーム等に熱中していたり、

性欲動の代償欲求を追及した事による多くの場合{誤魔化し}の快感等による、

免疫力低下防止等の実益の存在が判る可能性も在る事に成る」。

「ウィルス対策として実効のある空気清浄機を実用する事」は「合理的に成る」から

「筆者も、以前の記事でも公共交通機関や人の集まる部屋には実効のある空気清浄機を!の旨」も「記している」が

「もし、パチンコ店等に在る空気清浄機等の実効が高く、消毒対策の実効も高い」のなら

「其の辺りを普及させる事も実践すべき事に成る事に成る」。

「また、禁煙の徹底」は「今回のウィルス問題をきっかけに、場所を問わず、行われて然るべき事に成る」。

「何れにしても、其の辺りの真相究明も重要に成る」のだから

「メディア等なら追跡調査等も行うべき事に成る」』。

『「何れにしても、実体・実態の原寸大理解・把握に基づく、冷静で落ち着いた実効のある対応が重要に成っている」のだから

「マスメディア等なら{脅し}や{共感誘い}等々」では「無く」、

「其の為に有益に成る情報配信を行うべき」だ。

「該当ウィルスの正体探究」は「絶対に忘れてはいけない」し

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等や其の手下・オトモダチ・協力者等々による

非人道的な集団連続強化茹でガエル型スパイ・工作活動等への実効のある対策を行う事等も決して忘れてはいけない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「新型コロナウィルス{脅し}番組大蔓延り状態」等だが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事