« サンデーモーニングでも、未だに「新型コロナウィルス{脅し}反現政権政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。 »

「新型コロナウィルス{脅し}番組大蔓延り状態」等だが・・・。

『「感染者数増加{脅し}のインチキ」は「感染検査実態が本当の感染者等の数を多くの人々が理解・把握出来るやり方では無く」、

「検査場所の選択等により、感染研知者数を実質的にコントロール出来るところ」等からも

「既に、多くの人々が理解・把握済み」なので

「感染者数が増えたゾ~!{脅し}の実効も相応に弱いモノに成っている」。

「そんな感染者数の増加等を基に、オーバーシュートだのロックダウンだのの措置を行うなら、

其の策略性等を感じたり、思ったりする人々も少なく無い」から

「現状で一番大切に成っている事」は

「該当ウィルスの正体」や

「本当の感染者数と其の内訳(無症状・軽症・中程度・重症・死亡)の経時変化」や

「重症化・致死してしまっている人々の共通の特徴」や

「既に、免疫・抗体等を保持出来ている人々の数や割り合い」や

「其れらの人々の共通の特徴」等に「成る」。

「其の辺りの実体・実態情報が現実通りに原寸大で大々的に情報配信される」なら

「多くの人々は、本当の実態等を知り得た事により冷静に成れ、必要な対応等を真摯に行い易い状態に成る事に成る」。

「現状の様な{脅し}と{上からの要請・推奨等}」では

「多くの人々の中で不安や恐怖心等が育成されたり、其れにより免疫力も低下させられたり、

現実情報が不足しているが故に信頼性も不足している状態の上からの要請や推奨等に対しては、

反発心等を抱いてしまう人々も生まれ易く成り、

例え従っている人々でも、其の心の内はコレで本当に良いのか?状態に成り易く、

何時まで・・・という時さえも何度も延ばされたりするなら、

そんな要請・推奨等をする者たち等に対する不満や不信等も抱き易い状態に陥らされる事に成る」。

「正当な手段では無い、混乱につけ込んだ政権交代等を目論んでいる反現政権勢力等なら、

行う事が合理的に成ってしまうが、

通常の健常なマスメディアや行政機関・政府与党等なら、

行う事が自虐的に成る事態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「本当に、現状までの該当ウィルス問題に対する、特にマスメディアの対応は変」だ。

「日本国内の実際の感染者数」は

「該当ウィルスが自然発生で中国武漢発」なら

「欧米諸国と同様状態、もしくは、より早い感染拡大であって当然に成る事」は

「中国と日本との距離や人の交流の盛んさ等からも良く判る」。

「しかし、此処で、多くの人々は直に気付く事に成る」のが

「それにしては、死亡者数が少ない!」という「現実」で

「死亡者数を感染研知者数で割る」なら、

「医療が相応にしっかりしていて、医療崩壊が無いところの世界標準レベル」で

「徹底した合理的な対策が実践出来、実際に行っているドイツよりは遥かに高い状態に成っている」が

「死亡者数から考える」と

「其れこそ、{異常な程少ない}事に成る」。

「其の裏には当然そうなっている原因が在る事に成る」が

「其の原因を考える」なら

「例えば、

多くの日本国民が既に、該当ウィルスに対する免疫・抗体を保持出来ている」とか

「実際は、もっともっと多数の死亡者が居るのに、感染検知検査が不十分だから該当ウィルスによる死亡者数も非常に低く成っている」等の

「実態」等が

「浮上して来る事に成る」。

「因みに、日本での肺炎致死者数は、年間約10万人レベル」だから

「検知検査が不十分で其の中に該当ウィルスによる死亡者も含まれている」なら

「かなり{誤魔化し易い}器が在る事に成る」と「同時」に

「応分に実際の感染者数も多い事が確実に成る事に成る」。

「其れでも、世界中の多くの国々同様の病院が混雑し、病床が足りなく成っている様な状態に陥って居ないのは何故か?」等を

「考える」なら

「既に、免疫・抗体等を保持出来ている状態の人々が多い事」等の「実態」が

「浮上して来る事に成る」。

「其の辺りを明らかにする疫学的調査を行い、其の実態を現実通りに公表する」なら

「相応に、行政機関・政府与党・マスメディア等の強い信頼性が得られ易く成る事に成る」が

「もし、其の様な実態だったのなら、何故?」も

「非常に重要に成って来る事に成る」。

「該当ウィルスの正体を暴き出す事にも繋がっている事に成るかも知れない事態」が

「其処に浮上している事に成る」』。

『「{喫煙}{術後}有名ゲイノウ人等の感染~致死ニュース」等も

「{脅し}の道具として実用している様相を露呈させている番組等もある様相」で

「其の人々を冷静対応から萎縮~免疫悪化に誘う情報配信内実の悪質性」は

「本当に、酷い事に成る」。

「喫煙と該当ウィルスの人体細胞内侵入には大きな関連性が在る事」も

「一部報道等では紹介されていた」から

「本来なら、其処で、徹底した禁煙も該当ウィルス感染防止対策に成る事等を

大々的に喧伝するべきだった」のが「マスメディア」だ。

「ところが、其の様な実態はほとんど無かった」のだから

「其の辺りにも、むしろ、感染を拡大させ、感染者数を増やし、其の先で重症者や致死者を増やし」て

「騒ぎと日本国内等の自虐性をより高める目的」等の

「情報工作機関等による情報工作の臭い」が

「其の辺りからも、漂って来ている事に成る」。

「該当ウィルスの特性」と

「北朝鮮金政権等による非人道的な工作活動等の特性」は

「正に、相似形」で

「どちらも、上辺に現れるのは弱毒性等で駆逐され辛い状態を得易いが、

継続と増大により茹でガエル式にターゲットを粛清したり征服したりする精神構造を持っている」。

「例えて言うなら、

核兵器の様な破壊力のあるハードウィルス工作兵器を創れても実用する事は非常に困難に成る」が

「該当ウィルス程度の毒性と特性を持つソフトウィルス兵器なら実用出来てしまう状態」が

「現状の人間世界には在る」。

「此の様な実態が在る事からも、該当ウィルスがウィルス工作兵器なのか?否か?等の検証は欠かせ無い事に成る」のに

「其の辺りに言及している日本のマスメディアは未だ無い様相」で

「其れが、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が実権を保持しているが故の現象なのか?

タダ単に、其の様な事にさえも思いが至らないおバカ(劣)状態の者たち等が実権を保持しているが故の現象なのか?」も

「不明」だが「検証が必要な事」であり

「是正すべきところが露呈したなら、即刻にでも是正する、させるべき事にも成っている」。

「昨日の夜」は

「筆者の寝床に当てられている工作電磁波も何故か?かなり強化されていた」が

「もし、対策抜きだったなら・・・」を「考える」と

「工作電磁波故の致死の可能性も十分に考えられる状態でもあった」。

「有名ゲイノウ人の死因が本当に該当ウィルス感染症ダケだったのか?工作電磁波や医療工作等は無かったのか?」等の

「検証」は

「徹底的に行われて然るべき事に成る」し、

「非人道的な集団連続強化型工作の其の様な実態からも、

該当ウィルスも其の中の一つの道具!なのでは・・・」等の

「感や重いが益々強くさせられる事に成る」。

「何れにしても、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等や其のお仲間・オトモダチ、協力者等による非人道的な集団連続強化スパイ・工作等に対する

実効のある対策は本当に急務に成っている」。

「其の辺りに言及するメディア等が無い事は本当に変」だし

「其の辺りの実効のある対策を訴える政党・政治家等が実質的に無い事も本当に変」だ。

「其の裏に在るモノ」と

「現状の該当ウィルス感染大騒ぎ!」等からは

「同様の臭いが漂って来る」。

「其の辺りの真相解明も警察等や政治家やジャーナリスト等の仕事の筈」だが』。

『「日本の肺炎致死者数」は「インフルエンザの流行がとても小さかった状態だった」ので

「今年は、減っている可能性が大きい事に成る」が

「インフルエンザの流行が小さくても例年と同様レベルだった」なら

「其の増加分が、高齢化の上昇と、該当ウィルス等、故である事が推定出来る事に成る」し

「もし、増えている」なら

「該当ウィルスの毒性が極めて高い事等が推定出来る事に成る」。

「其の辺りの現実情報がマスメディアで配信される」なら

「多くの人々が該当ウィルスの現時点までの毒性の実体を理解・把握し易く成る」。

「毒性の実体相応の原寸大対応を冷静に真摯に行う事」が

「適切な対処法に成り」、

「{脅し}の反動で過剰に戦う事等からは、余分な自虐が誘われ易く成る事」等は

「言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスの正体は?」

「該当ウィルスの実害・実益は?」

・・・「脅しや政治運動等では無い、

実体や事実・現実を原寸大で伝える情報配信と

適切な立場の人々等による要請・推奨等」を「基」にした、

「実効のある冷静な対処を行う事が、強く求められている」。

「万一、該当ウィルスが工作兵器だったなら、意図的に濃厚感染者や其の先の致死者等も創り出せてしまう事に成る」から

「{脅し}情報配信等と其れに基づく対処では、容易に自虐状態に陥らされてしまう事に成ってしまう」。

「該当ウィルスが工作兵器だったなら、一刻も早く、工作元を絶つ事が、適切な対処法に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでも、未だに「新型コロナウィルス{脅し}反現政権政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事