« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

新型コロナウィルス問題、「PCR検査後の重症化~致死」と「唾液の方が5倍のウィルス」の「当たり前」等・・・。

『「既存の検査方法や検査そのものダケに拘らず、冷静に少し考えるなら、当たり前の事に成る実態」が

「報道等されている」。

「粘膜を削るが故に、該当ウィルスの深部感染を助けてしまっている可能性も大きい、

PCR検査の為の喉奥や鼻奥からの検体採取」だが、

「人体の特性を考慮する」なら

「検体採取場所は唾液」が「適切に成る」。

「そもそも、感染者からの他の人々に対するウィルス感染が何故おきるのか?」

「言うまでも無く、感染者がウィルスを外に出しているから」だ。

「人体の特性として、異物や有害物等は外に排出しようとし続ける働きもある」から

「体内に入り込んでしまったウィルス等」は

「呼気から」でも

「鼻糞から」でも

「よだれ(唾液)から」でも

「尿や便から」でも

「皮膚の垢から」でも

「排出されている」から

「感染者がウィルスを排出した大気や尿・便等からでも、感染者の触れた物からでも、感染がある」のが「実態に成る」。

「{長生き}ウィルスの場合」は

「ワザワザ身体の深部に検体採取の為の道具を突っ込み、入念に粘膜等を削らなくても、

排出されて来ているウィルスを採取するダケ」で

「{感度の良い}PCR検査等は、行える筈」で

「実際に、よだれ部分に当たる口中から検体を採取して検査した」ら

「何と!喉の奥等の5倍も多く、該当ウィルスを検知する事が出来たのだそうだ」。

「今までの、該当ウィルスに対するPCR検査のやり方」が

「如何に、合理的では無かった事に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今後は、該当ウィルスのPCR検査を行う」なら

「喉奥や鼻奥では無く、唾液!であるべき」だ。

「此の様な実態が判るまで、PCR検査の数を抑えた事」は

「相応に、余分な深部感染~重症化・致死者等の数を減らす事にも繋がっている筈」で

「其れが、日本の該当ウィルスによる致死者数の{少なさ}にも繋がっている可能性がある事に成る」。

「問題のある検体採取方法のままのPCR検査ばかり・・・」を

「大推奨して来ていた日本のマスメディア等」には

「より重症化し易く成ってしまう状態の人々を、意図的に、大量に創り出す{悪意}等」が

「在ったのか?無かったのか?」は

「検証に値する事に成っている」等と

「感じたり、思ったり、している、視聴者・読者等の数」は「決して少なく無い筈」だ。

「さすがに、昨今では、

PCR検査の大推奨!ダケでは無く、

抗原検査や抗体検査の有用性も少しは喧伝等する様に成って来ているマスメディアが多く成って来ているが、

多くの場合、其れらの検査に、精度が低い!信頼性は???等々のケチを付ける事を積極的に行っている状態」だ。

「信頼性確度約60%程度であるが故に、二度も検査を繰り返す事が通例と成っているPCR検査」の

「精度や信頼性」等は「圧殺・黙殺状態」なのに

「昨今の科学技術の急速な進歩・進化を考慮するなら、

検体採取が血液採取で済むが故に、PCR検査より検体採取時の齟齬が少ない事も十分に想定出来る

抗原検査や抗体検査の方が、

信頼性確度も高く成っていて当然なのに!」

「何れにしても、検査とは、{参考資料}なのだから、

有用出来るレベルの信頼性確度があり、検体採取や検査を行う事による実害が無いなら、

ケチを付ける事よりも、行う事を推奨するのが当たり前に成る」。

「PCRの場合」は、

「従来の検体採取方法には、該当ウィルスの深部感染の助けに成ってしまっている可能性という危険性があり、

従来の検体採取方法では、検体採取時の医師等の感染リスクもあり、

検査機器の在るところまで検体を運んだ上に、RNAを増やしてから観測する手間も時間もかかり、

当然、其の分費用も高く成る」のだから

「他の時間もかからない、検体採取も容易な、抗原検査等の信頼性確度が同等レベル」なら

「そちらを主にする」のが「当たり前に成る」。

「信頼性確度の高い抗原検査キットが大量に出来るまで」の

「繋ぎとして、唾液採取からのPCR検査を行う」なら

「相応に合理的な事に成る」。

「従来の検体採取方法によるPCR検査」で

「二度も陰性に成らなければ退院も出来ない」ので

「未だに、多数の感染を検知された人々が病院等の中・・・」では

「意図的に医療崩壊を招いている様なところもある事に成ってしまう」のは

「例えば、ほぼ快復した感染者の中に、少量の該当ウィルスが残っていて、

其れが唾液・よだれや鼻糞等として排出されようとしている時に

喉奥や鼻奥に綿棒を突っ込んで擦りまくる検体採取を行い、

排出されようとしていた該当ウィルスの再深部感染を手助けしている状態を創り出す」なら

「排出されようとしていたウィルスを感度良く捉え、陰性には至っていない等の診断を誘うと共に、

感染者の該当ウィルス完全排出状態の構築を後戻しさせている事にも成る」。

「其の様な事を繰り返している」なら

「十何度もPCR検査を繰り返しても、未だ、陽性等の事態も生じ易く成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「まるで出来の悪いコントの様な事は止め」て

「唾液からの検体採取に切り替える」なら

「同様の事態は生じ辛く成る」ので「退院も早く成る事」等が「推定出来る事に成る」。

「何れにしても感染ダケを大問題化し、PCR検査ダケを大推奨し続けて来ている日本のマスメディアの状態は、本当に異常」だ。

「実害・実益基軸で言う」なら

「該当ウィルス感染で問題にすべきは重大実害であり、其れが肺炎致死に成る事は、もはや、言うまでも無い事に成り、

肺炎致死者を出来る限り少なくする事に尽力するのが、主たる合理的な対策に成る」が

「該当ウィルスによる重大実害が出易い人々の状態は、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々と既に判っている」のだから

「其れらの人々の保護を基軸にした対策が施されていて当然に成る」。

「逆に、感染しても無症状・軽症で済む場合がほとんどに成る若く免疫学的弱者情愛に無い人々の感染」は

「実質的には、{無償のワクチン}等に成る」のだから

「該当ウィルスと其の同類のウィルスに対する免疫・抗体等を人工的ワクチンが出来る前に得る事が出来る実益がある事に成る」。

「高齢者等免疫学的弱者状態の人々を保護する方法」は

「色々考えられる」が

「現状までの様に、生活必需関連以外の全ての仕事・行動等を自粛する要請を行い続けるやり方」では

「当然の様に、現行経済システム上での経済衰退が付いて来る」し

「いきなり経済的困窮状態に追いやられてしまう重大実害に見舞われてしまう人々の数も決して少なく無い数に成ってしまう」。

「感染実害を抑制する為に、経済実害を生み出している状態が露呈している事に成る」が

「其の裏には、地球温暖化抑止実益も在る」のが「実態に成っている」。

「此処で地球温暖化抑止実益相応分に経済的価値を十分に与える事が出来ている」なら

「其の分」を「経済的実害を強いられている状態に在る人々への補償に充てる事が可能に成る」が

「未だ、現行経済システム上では、其の様な状態が十分に構築されていない」ので

「結果として、経済的実害を強いられている人々は益々追い詰められ、其れをいくらかでも和らげようと

国や行政等が経済的支援を行うなら、

国や行政の経済が衰退してしまう状態に陥り易く成ってしまう」。

「ここで、地球温暖化抑止効果に十分な経済的価値を与え、其の分を該当ウィルス問題回復後から実用する等の

法体制等の整備を行っておく」なら

「前倒しで、お金をドンドン出しても、後からの回収が約束されている事に成る」ので

「経済的破綻も避けられる事に成り易く成る」。

「今時の立法府になら在って当然の仕事が其処に露呈している事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」では

「誰もが該当ウィルス問題の実態・実体把握を原寸大で出来るマスメディア等情報配信

~該当ウィルス問題の実態・実体の大衆周知等がとても重要に成っている」。

「其の為の具体的方法等は、前の記事等に何度か記して来ている」ので「ここでは、記さない」。

(ご存知では無い方々は、ご参照頂ければ幸いです。)

「自由・民主主義圏の人々に、

独裁支配圏の様な、上からの要請!・命令!・指令!等に従え!!!」は

「合わない」。

「問題の実態・実体把握を原寸大で行える事により、落ち着きを得て、

落ち着いて自分自身で感じ・考え・思い、納得出来た合理的に成る対応行動等を具現化させる道」が

「合っている」。

「学校入学は世界標準の9月にするべきか?」等の

「別口の問題も出ている、出されている」が

「一番重要に成る」のは

「教えられた事、求められている事を覚えるダケ」では「無く」、

「自ら考え、本質と快適を探究する精神構造をちゃんと育てる事」だ。

「せっかくの学校休み状態が与えられている」と「いう事は、

学校等から{覚えるべき事}等を、ある意味、試験という追い立て犬付きで{強いられている}状態から、

一時的にせよ、解放されている状態に置かれている事でもある」。

「此処で自ら考え、本質と快適を探究する精神構造を育成する事」と

「オンライン授業等を求め、与えられるモノの中で与えられるモノを覚える事で済ませよう、等とする」のでは

「其れこそ、其の人間の根本的価値が大きく違う育ち方をする、させられる事に成る」。

「自ら考えたりし無い、上からの命令・指令等に従順な民」は

「独裁政権圏等では優等生、もしくは、有益分子であり、

独裁政権等の行って来ている事を大賛美しながら同様の事を行い続け、続けさせる、{指導}等が行える民が其のエリートに成る」のだろうが、

「自由・民主主義圏では、自分で考えられない道具の様な民等に成ってしまう事にも成る」。

「そもそも、自分の人生とは何か?」を

「ちゃんと自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取って考える」なら

「其処までの根っ子が在る訳も無い、独裁政権圏の精神文化上に、本来の自分の人生が在る訳も無い事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「教組や宗教指導者の頭の中が全て!」の「宗教団体等の如く」、

「独裁政権の頭の中が全て!」の「独裁政権圏」では

「独裁政権との適合性が悪い人間」は「宗教団体の異教徒の如く、不適応分子扱い」で

「適合性が良く成る様に考え・思い・感情・行動等を直させたり、治らないなら排除・粛清等したりするのが、当然に成る、

同じ人間では無い人間にされてしまう」。

「其処に其の人間本来の人生が在る訳も無い」が

「其れは、そんな同じ人類否定を行っている独裁政権側の人間でも同じ」で

「自分の実体さえ良く理解・把握出来ていないが故の自虐・自虐強いが、其処に露呈している事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「世界レベルでの学校・学生レベルでの交流をより行い易くする9月入学への転換」なのに

「日本の学校教育界等の中には、反対!の人々も少なく無い」のは

「戦後日本の世界とはズレている学校教育状態(特に、所謂、文系)を維持し続ける為」なら

「入学時期を世界とずらしている事」等も「合理的に成るから」かも知れない。

「行政とズレる」等と「言い訳する者も居る」が

「そもそも、現状の暦だって、冬至を起点にする等、自然界の実態と合っている訳でも無く、

人間界で決めた暦の上での開始時期等に多様性が在る事を否定しなければ成らない理由も???」だ。

「世界的交流・協力等や世界標準塔を言う」なら

「其れが在った方がより便利に成る部分での其れが在れば合理的に成る」。

「何事でも、其の変更を行う事により、

より本質との整合性が高く成るのか?より快適に成るのか?」が「重要に成る」。

「学問を学ぶ」のは「学校抜きでも十分に可能」だし

「学校縛りの無い分だけ効率が良く成る場合も在る」のは

「筆者の同級生は中学時代に既に、大学の数学の専門書を大手本屋で読みあさり、時には買い求め、

其の後、数学の准教授時代までは知っている、今は教授かも・・・等に成っている」。

「人間は興味のある事なら、自主的に学ぶ」。

「試験の為、無理にでも覚えた方が良い学校等に入れて徳でしょ!等とは、全く違う学びが其処に在る」。

「好きでも無い事お無理にでも覚え、良いとされている大学等に入り、さほど興味も持てない学業をこなし、

卒業し、良い大学相応の良い企業に入る事が出来た後、

いったい多くの人々は、どんな事を求める状態に陥るのか?」は

「巷の多くの実例からも、良く判る」。

「より多くの金を貰って当たり前だろ!より権力のある立場が与えられて当たり前だろ!」等々の

「先」に

「何処と無く、独裁支配圏の臭いさえも漂わせている場合も決して少なく無い」のは

「戦後日本の学校教育が、独裁政権等のオトモダチ政党人脈等によって行われて来た場合が多い事」等と

「全く無関係では無い筈」だ。

「良い学校を出ている、大手テレビ番組の常連出演者等にも成っている、

私の言う事を聞くべきでしょ!私の言う様に動くべきでしょ!的雰囲気を露呈し続けている

多くのテレビ常連出演者等もまた、同様」で

「其処に露呈している」のは

「自己健常支配を疎かにさせられた反面で、

他者による被支配を大いに受け入れ、受け入れさせられ、支配者側に居る者等の言う事を良く覚えた、

本当の自分を失っている有益分子の哀れな姿等に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「学校入学時期ダケでは無く、所謂、文系の学校教育や

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信の是正等も行うべきだ!」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数もかなり多い筈」だ』。

『「該当ウィルス」は

「自然発生か?」

「ウィルス工作兵器か?」

「ウィルス工作兵器だったなら、何処からの流失か?」

「それとも、何処かの意図的な仕込みか?」

「該当ウィルス問題を解決する為には解明が必需に成る事」が

「其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルスの感染実態や免疫・抗体等保持者割り合い等の実態」は

「調べる、調べているなら、近々、全体像が判る筈で、其の大衆周知も行われて当然に成る」。

「検査手段は、抗原検査・抗体検査・唾液採取のPCR検査であって然るべき事に成る」。

「全体像が判る」なら

「適切に成る対応法もより判り易く成る」し

「全体像の大衆周知」は

「多くの人々の自主的な適切に成る対応行動等の具現化を誘う事に成る」。

「緊急事態宣言{脅し}!の解除も順当に行われ易く成る」。

「中国共産党の対処法や中国共産党支配下の中国の{早い}回復等」や

「韓国の感染検知者が減って来ているが故のとりあえずの収拾等」を

「絶賛・賛美等している暇がある」なら

「日本のあるべき検査・調査と其の結果の大衆周知」を

「大々的に訴える」のが「日本のマスメディアの本来の仕事の筈」だ。

「現状までの是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「感染検査も抗体検査もウィルスの正体(遺伝子・変異等)も特定極少極一部ダケの部分情報配信状態」だが・・・。

『「不安を煽り、ストレスを増大させたり、免疫力を低下させたり、・・・等々させたい」なら「全体像が良く判る情報配信をするのでは無く、

特定極一部ダケを偏重した情報・教育等で埋め尽くし、

全体像の理解・把握等を困難にする事」等が

「合理的に成る」。

「該当ウィルス問題に対する日本のマスメディア情報配信の実態」は

「正に、其の特定極一部ダケを偏重し、全体像の理解・把握を困難な状態のままにする実態を露呈し続けて来ている」。

「今頃に成って、ようやく市中感染率や市中免疫・抗体等保持者割り合い等を推定する為にも有用に成ったり、

該当ウィルスの正体(遺伝子・変異等)を推定する為に有用に成ったりする、

極小特定極一部の情報配信が在る状態に成った」が

「当然の様に、部分情報配信ダケで全体像の理解・把握の為には明らかに足りない状態である」ばかりか

「例えば、

抗体を持っていても、二次感染・三次感染もあるゾ~!とか

変異の起こり易いウィルスだからワクチンも難しいゾ~!等々の

{脅し}!情報配信も付けられている状態」だ。

「其の辺り全体から漂って来ている」のは

「上辺のマスメディア情報配信の裏に在る悪意、もしくは悪の策略等の濃厚な臭い等に成ってしまっている」。

「悪意等が無いというのなら、今までの不安・恐怖心等を煽り、ストレスを増大させ、免疫力等の低下も誘って来ている、

{脅し}!情報配信に対し、先ず、謝罪し、相応の責任を取ると共に、

全体像の理解・把握の為に有益に成る情報配信内実と

実体や事実・現実に基づいた原寸大の感覚や理解・把握がし易く成る情報配信内実等に

直ちに、是正するべき」だ。

「情報配信実験保持者者等が確信犯の悪等なら、

悪に日本国のマスメディア界で大きな実権や高い立場・報酬等を与え続ける必要は全く無い事等は明らか」なのだから、

「直ちにでも、悪実権者等や其の手下・お仲間等を排除し、

マスメディア界を健常状態・正常状態にするべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「何れにしても、現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス問題の全体像を理解・把握し易くする為」には

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いと感染も免疫・抗体等も無い人々の割り合い」と

「該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死者総数(該当ウィルス検知検査が全ての肺炎致死者に対して行われている訳では無いので)の増減」の

「経時変化」を「大衆周知し続ければ良いダケ」で

「其の為に必要に成るデータが足りない」なら

「必要データ取得の為の{調査}を行ったり、其の必要性を大いに訴えたりすれば良い立場に在る」のが

「マスメディア界の実態」だ。

「また該当ウィルスの正体探究も行い続け、判明した事実・現実は漏れなく大衆周知すれば良い事に成る」。

「では、現状までで出て来ている部分情報からは、どの程度の事が判るのだろうか?」

「正体探究の面」では

「該当ウィルスの遺伝子情報が調べられ、変異の実態も在る程度は判っている旨の情報配信があった」が

「例えば、一般の人々がホンの少しの時間見せられたダケでは、内実の理解・把握が非常に困難な遺伝子情報ごとの分布図等を

其れこそ一瞬レベルで情報配信されても、其の実体は、極少特定極一部の部分情報配信そのものでしか無く成ってしまう事に成る」。

「せっかく分布図等を提示する」なら

「最低限、其処からどの様な実態が露呈している事に成るのか?等の理解・把握が

多くの視聴者に出来る程度の{脅し}!では無い冷静さや落ち着きを誘う原寸大情報配信も付けるべき」だ。

「遺伝子の変異実態等を多くの視聴者等も知る」なら

「其処から、ある程度の感染実態を原寸大で理解・把握出来る様に成る視聴者等の数も決して少なく無い筈」で

「其の様な状態を多くの視聴者等に持たせる前」に

「特定の者たち等によるこう思いなさい!こう考えなさい!{解釈}を{指導}するやり方の先」からは

「大衆マインドコントロール等の濃厚な臭いが漂って来る事に成る」。

「先ずは、原寸大の事実・現実情報等を判り易く提示し、多くの視聴者等のそれぞれの自由な解釈を可能にした上で、

科学的知見が深い現実との整合性が高く成る解釈の例等を提示する」なら

「多くの視聴者の実体や事実・現実の理解・把握能力も、健常的に成長する状態が出来易く成る」。

「誰かの言っている事を覚えなさい!そして其れに従いなさい!」は「独裁政権等のやり方」で

「こういう実体や事実・現実が在る事が科学レベルで判明しました。

それぞれの方々は其の事実・現実を知って、どの様に感じ・考え・思いますか?

この類の問題に対する科学的知見が深い人である可能性が大きい誰々の解釈では、

この様に解釈する事が合理的としています。

本当の事は、何れ、検証される事に成ります。

・・・等々」と

「それぞれに、ちゃんと判明した事実・現実を原寸大で理解・把握してもらい、

其の上で、それぞれが自分自身で感じ・考え・思いう能力を十分に使い、

其の先で、ある特定の人等の解釈等を提示するなら、

ある特定の人等の解釈が本当なのか?否か?を

自らの中で検証している状態の人々が多数居る事に成る」ので

「ある特定の人等を使った大衆マインドコントロール等も行い辛く成り、

それぞれの個々がちゃんと其の件に関して自分成りに感じ・考え・思った先に生まれる、民度の高い民意が生まれ易く成る」。

「人間社会を独裁政権支配下方向に誘おうとするメディア情報配信内実」と

「民度を高くする為にも有益に成る自由・民主主義圏に在るべき情報配信内実」には

「相応に、大きな違いが在る」が

「該当ウィルス問題で、日本のマスメディアが露営し続けて来ている実態」は

「独裁政権方向への誘い」に「成ってしまっている」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数は、かなり多い筈」で

「其れ故に、該当ウィルスに対する日本のマスメディア情報配信等が気持ち悪く、不快に感じさせられてしまっている

視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「現状までの是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「中国共産党支配下の中国武漢から始まったとされている該当ウィルスの感染流行」だが

「元々の該当ウィルスの正体自体の探究は、未だ、未だ、状態に成っている、されている」。

「遺伝子変異分布図からも、武漢周辺の極東地域内に最初が在った事はある程度推定出来る」が

「其の推定範囲の円の大きさ」は「人それぞれに成るかも知れない」。

「今後の探究が益々重要に成って来ている」。

「ウィルスには変異が在る」のは「インフルエンザ等からも、多くの人々が既に、ある程度以上は知っている事」だろう。

「該当ウィルスは物理的により破壊・崩壊しやすい場所が出辛い球体型である故に、{長生き}であり、

球体の外側に取っ手のある構造故に、取って部分からの変異が起こり易い」。

「しかし、どんなウィルスでも変異したら全く別モノという場合は非常に少なく、

元のウィルスが基に成っている」から

「元のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている」と

「変異ウィルスに感染しても、無症状だったり、重症化し辛かったりする」のが

「多くのウィルス感染の実態」で「其れは、インフルエンザでも同様に成っている」から

「かなりの数の人々が、意識の有無を問わず、実感している事に成る」。

「ウィルスに対する狭義の自分防衛の面から言う」なら

「変異のどの段階のウィルスででも、其のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている事」には

「かなりのメリットがある事に成る」。

「再感染を心配するより免疫・抗体等を保持出来ている分安心した方が、狭義の自分の防衛面ダケなら、合理的に成る」。

「ウィルス感染問題から言う」なら

「人類全体の約7~8割程度の集団免疫状態が出来ない限り、

感染の流行自体を基本的に押さえ込む事は出来ない」。

「例えば、

ある狭義の自分個体が其のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ていて、

其のウィルスの変異版に再感染したが無症状や軽症状態だったとしても、

集団免疫が十分に出来ていない状態なら、

他の人々を感染させてしまうリスクからは逃れる事が出来ていない事に成る」。

「其れ程、遠く無い時期に、

該当ウィルスに対しても、

(変異が起こり易い事から、何種類もの)ワクチンが開発~製造~実用化され、

インフルエンザワクチンの様に、

何種混合ワクチン等として、其れこそ、世界中で使われる様に成る事に成る」が

「其の前までに、どれだけ集団免疫が育っているのか?」で

「該当ウィルス問題の終息時期が大きく変わって来る事に成る」。

「何れは、集団免疫自体は、其れこそ、全人類の7~8割レベルにまで出来上がっている」のに

「変異により、毎年の様に、感染して発症してしまう人々が少なからず出てしまう、

インフルエンザの様な状態に成る」と

「推定出来る」のが「該当ウィルスの感染問題」だが

「其れは、該当ウィルスが自然発生ウィルスだった場合」で

「該当ウィルスがウィルス工作兵器等だった場合」なら

「工作元の解消・撲滅等抜きに、ウィルス問題の解決も在り得無い事に成る」。

「ウィルス工作兵器開発等を行う可能性のあるところと該当ウィルスの関係の徹底調査」は「必需」に「成っている」』。

『「日本の多くのマスメディア等が、いくら独裁政権等ご用達の論調等で身勝手なご都合情報配信等を続けていても、

何れは、該当ウィルス問題の全体像の理解・把握を容易にするレベルの実体や事実・現実情報が出て来る事に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いと感染も免疫・抗体等も無い人々の割り合い」の

「円、もしくは、球の大きさ」と

「肺炎致死者総数の増減」の

「経時変化」を

「当たり前の様に毎日知る事が出来る様に成り」、

「該当ウィルスの正体探究も、より深い部分まで進む」なら

「どの様な実体や事実・現実等が判る事に成るのだろうか?」

「何れにしても、現れて来る実体や事実・現実に対して、冷静に、原寸大の適切に成る対応を行い続ける事が重要に成る」。

「誰かの命令・指令・要請等の下で、其の様な対応を行わさせられる状態」と

「自主的に、適切に成る対応を行い易く成る状態」の

「どちらが、自由・民主主義圏の人々との整合性が高く成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの変異による毒性強化が原因で、欧米諸国での致死者数が多く、日本等での致死者数が少ない」という「説」も

「在る」が

「其れダケで、日本の異常な程少ない致死者数が合理的に納得出来るだろうか?」

「日々ほぼ300人レベルにも成っている日本の肺炎総致死者数の中に、

該当ウィルスが主たる原因の致死者も紛れ込まされている可能性も高く、

該当ウィルスと同様のウィルスに既に感染していた、させられていたが故に、該当ウィルスによる実害が小さい可能性もある」。

「独裁政権的論調のマスメディア情報配信では、極一部のご用達かも知れない、

市中感染率と市中抗体保持者割り合いが推定出来るデータも情報配信された」が

「東京での感染調査を行った人々の中での感染検知率の30~70%もの高さからしても、

極少数の詩集感染率の推定にも使えるデータの6~10%という低さは、

低過ぎる様に感じる事も出来てしまう」し

「極少数の抗体検査の結果から、市中でも約8%の人々が抗体を持っていると推定出来るにしても、

本当の抗体保持率とは、かなり遠い様に感じさ得られてしまうのも事実」だから

「一刻も早く、統計的に有意に成るレベルの其の類のデータ・情報等を調査し大衆周知するべき立場に在る」のが

「日本のマスメディアの実態」なのに

「別の方」から

「ウィルスの遺伝子や変異等の問題」や

「抗体を持っていても、再感染する事もあるゾ~!{脅し}!等」を

「行い始める、お得意の論点すり替え戦法塔が前出しにされている実態を露呈させて来ている・・・」となると、

「益々、アヤシイ・・・」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「部分出し、部分偏重、{脅し}!等は止め、

全体像把握の為に有益に成る実体や事実・現実の情報を原寸大で情報配信する事により、

該当ウィルス問題でも、多くの視聴者・読者等が、

冷静に落ち着いて、合理的に成る対応行動を具現化し易くする事」こそが

「健常で正常な日本のマスメディア情報配信に成る」等と

「感じたり、思ったり、し続けさせられている視聴者・読者等の数は多い筈」だ。

「何れにしても、現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「ようやく、全体像把握や抗原検査等が喧伝され始めた」が「相変わらず、感染・致死{脅し}!とPCR検査大推奨!と反現政権政治運動」等を主とした情報配信等も続けられているが・・・。

『「抗原検査キット」も「どんどん創られて来ている」から「近々、PCR検査の前に抗原検査!が当たり前に成る事に成る」。

「抗原検査」は

「インフルエンザでも実績がある、

検体採取も少量の血液で良いので{簡単}で、

検査時間もかからず(15分程度)、

検査キットを大量生産するなら費用も安上がりに成る、

最初から積極導入が言われて当たり前の検査方法」で

「其れは、抗体検査でも同じ話しに成る」。

「問題とされているのは、検査キットの信頼性確度だが、

昨今の開発・製造技術等の急速な進歩・進化からすれば、

検体採取が難しいPCR検査より高く成る可能性が高い」のも

「抗体検査と同じ話しに成る」。

「何れにしても、抗体検査も既に可能で、抗原検査が可能に成る時も近いのに、

未だに、粘膜を削る、該当ウィルスの深部感染を助けている可能性もある、PCR検査ばかりを大推奨!し続けている」のは

「本当に、変」だ。

「感染が検知されると、隔離が大推奨されているのも、変」で

「普通に考えるなら、隔離等して守るべきは、感染してしまうと重症化や致死してしまい易い人々の方」で

「県戦検知検査数を少なく絞る」と

「共に、感染が検知されたなら、感染しても基本的には大丈夫な人々も無症状でも隔離する」なら

「当初からの病床不足も、昨今のホテル等隔離場所不足も、起きるのが当たり前の事に成る」。

「感染検知者数を感染者数と言い、

またまた感染者が増えたゾ~!今日は何人も出たゾ~!死んでしまった人も出たゾ~!中には比較的若い人も居るゾ=!

感染したら大変だゾ~!等々と{脅し}!、

感染させる事を避ける為に、{ハウス!}だゾ~!等々と上から犬に命令する様に要請し続ける、

感染・致死で{脅し}!感染自体を大問題化するマスメディア情報配信が続けられて来てしまっている」ので

「多くの視聴者・読者等の中では、

該当ウィルスに対する冷静で落ち着いた対応行動の具現化が起こしやすい状態では無く、

不安・恐怖心等や、ストレスや、対人不信感等々が増大させられ、

免疫力の低下や、差別等不安・ストレス等を誤魔化す為の負の代償欲求行動等を

誘ってしまっている状態に成ってしまっている」のだから

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「粘膜を削るが故に、該当ウィルスの深部感染も助けてしまっている可能性大のPCR検査を少なく絞った事」は

「相応に正しい判断に成る筈」だし「日本の該当ウィルスによる致死者数が異常な程少ない一つの理由にも成っている可能性も大きい」と

「推定出来る」。

「しかし、少ない検査で判った事実」を

「無理やり、拡大解釈して、対策を講じ、其れを日本国内の人々に{要請}!等しても、

{要請}!に大きな説得力が在る訳も無い」から

「多くの人々が、例えば、他人の行動等を視ながら自分の行動等も同様にしている状態で、

其処に在るのは、他人と同じにしておけば良いんじゃないの・・・的、心理上での行動選択等に成るから、

多くの人々が行くところが無いからスーパーに行く!と成れば、スーパーが混み、

多くの人々が公園に行く!と成れば、公園が混む等々の事態が具現化している」し

「パチンコ店でも同様の事態と成ってしまっている事」も

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「元々の実態・実体把握が不十分な状態」だから

「該当ウィルスに対する合理的に成る対応行動等を自ら適切に選択したり構築したりする事も困難にされていて、

更に、不安やストレス等を生み出し易くする{脅し}!情報配信等ばかり状態の中に置かれているから、

ところどころで現状脱出欲動の暴発でもある不健常な差別等や家庭内暴力等も生まれてしまっている実態が露呈し続けている」。

「該当ウィルスの実態・実体把握を容易にするマスメディア情報配信状態への是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスの毒性実態・実体について」は

「主たる重大実害が肺炎致死である事や、

主たる重大実害が出てしまっている人々の多くが高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々や喫煙者(受動喫煙も含む)である事や、

感染しても無症状の人々も数多く居る事や

50歳未満のかなりの割り合いの人々は感染しても重大実害である肺炎致死に至らないで済んでいる事等々、

相応に、原寸大を知る事が出来て来ている」が

「感染の実態を知る為に必要に成っている市中感染率や

該当ウィルス問題の深刻さを知る為に必要に成っている市中免疫・抗体等保持者割り合い」の

「情報配信~大衆周知は圧倒的に不足している状態に成ってしまっている」ので

「専門家会議や常連出演者・常筆等々」が

「まるで、太陽系の天体図を示さずに、惑星の動きダケから太陽系はこうなっているんだゾ~!と叫んでいる様な、

本当にそうなのか?否か?を多くの人々が???状態に陥らせる事に成る、

少なく絞った感染検知検査の結果ダケを基にした感染の拡がり{予想}収拾{予想}を大喧伝し、

感染を収拾させる為には、人と人との接触を8割も抑えなければダメ!等と

とりあえずの感染を収拾させる為ダケなら合理的にも成る、其れこそ、少し考えれば、世界中の何処の誰でもが考え出せる様な{対策}を

推奨し、其れを行政の長等が{要請}!等したところで、

太陽系の天体図を示されていない状態では、天動説を信じている状態の人々が山ほど居たのと同様に、

本当の事が良く判らない状態では、天動説的行動実態を露呈して、させられて、しまう人々の数が

決して少なく無い数に成ってしまっていても、ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「実際の感染実態と免疫・抗体等保持者実態等が、其れこそ一目で判る図を経時変化と共に示し続ける」なら

「多くの人々が該当ウィルスに適切に対応し易く成る」のは

「太陽系の天体図を示されるなら、ほとんどの人々が直に地動説も理解出来る事に成る」のと

「同じ事」に「成る」。

「該当ウィルスの感染問題」は

「ほとんどの人類が該当ウィルスの免疫・抗体等を保持出来ている状態に成らない限り、終息しない」と

「強く推定出来る」のだから

「市中感染率と

市中免疫・抗体等保持者割り合いと

全く感染も免疫・抗体等も持っていない者の割り合いの

円図でも球体図でも

経時変化と共に示し続ければ良い事に成る」。

「其の様な図が示される」なら

「ほとんどの視聴者・読者等が、其の時点・其の場所での該当ウィルス感染問題等の実態・実体を直ぐに理解・把握出来る様に成り、

経時変化でどの方向に動いているのか?等が解れば、合理的に成る対応行動等も具現化し易く成る」。

「幸いな事に、現状までの日本の対応」では

「多くの感染者を生み出す部分も大きく残されて来ている」ので

「其の結果として、多くの快復~免疫・抗体等保持者も既に、生まれている筈」で

「東京の極一部で少数行われた抗体検査では、約8%の人々が既に、該当ウィルスの抗体を持っていたのだそうだ」。

「東京の市中感染率を6%~10%程度と推定させる無症状の人々を無作為的に検査した様な面もある感染検知検査の結果もある事」は

「何日か前に、報道等されていた」。

「其の辺りから、導き出される現状」は

「市中感染率6~10%程度・抗体保持者割り合い8%程度・残りの82~86%が感染して無い抗体も無い人々の割り合い」と「成る」が

「其の様な実態が示された」なら

「多くの人々は、どの様な対応行動等を取る事が合理的に成ると思えるのだろうか?」

「先ず、市中感染率が6~10%という事は、17人~10人に一人が感染者という実態でもある」から

「街中に出て、10何人かの人々に合うなら、其の中に感染者が居ても何の不思議も無い事に成る」。

「抗体保持者割り合いが8%と言う事は、街中の12~13人に一人が抗体を持ち該当ウィルスの防波堤にも成っているにも成る」。

「両方を合わせると、街中で約20人に合うなら、防波堤効果抜きに感染者と合っている事に成る」。

「自らが感染も抗体も持っていない確率は82~86%にも成る」。

「感染したら危ない状態の人々なら、{要請}!などされなくても、自主的に家籠り等したく成る実態が其処に露呈している事に成る」。

「感染検査を行ってしまうと隔離も付いて来てしまう」ので「感染検査は行いたくない人々も多いかも知れない」が

「抗体検査を行っても隔離はされない」ので「抗体検査なら行いたい人々の数も多い筈」だ。

「市中感染率を推定するのに有用に成る感染検査も、市中抗体保有率を推定するのに有用に成る抗体検査も、

検査数が増えれば増える程、本当の実態に近い推定が容易に成る」。

「そして、其の経時変化を知る」なら

「感染の拡がり実態も、抗体等保有率実態も、感染も抗体も無い人々の割り合いも、どの様に変化しているのか?」も

「良く判る事に成る」から

「判明して来ている実態に合わせて、多くの人々が冷静に、合理的に成る該当ウィルス対応行動等を具現化し易く成る」。

「免疫・抗体等保持者割り合いが少ない内」は

「感染が例え、一端は収束しても、第二波・第三波が襲って来る事等が容易に推定出来る状態に成る」ので

「感染が収まったゾ~!{糠喜び}等の状態に陥る、陥らされる人々の数も減る事に成る」。

「とりあえず感染の第一波を抑えながら、

感染しても大丈夫な人々が{自己責任(交通事故にあってしまう程度の危険度は在る)の無償のワクチン}により免疫・抗体等を保持し、

免疫・抗体保持者割り合いを上げて置き、

出来る限り早くワクチンを製造~実用化し、多くの人々がワクチン接種により免疫・抗体等を保持出来ている状態に成っておく事で、

免疫・抗体等保持者割り合いを7割~程度にまで上げて、

感染も免疫も無い人々の割り合いを3割より少なくし、

第二波・第三波を防ぐ道の上を進む事が合理的に成る」。

「全体像が???のままの

不安・ストレス等煽り免疫力低下誘いマスメディア情報配信と

{ハウス}!{要請}!」では、

「とりあえずの感染を収拾させる事が出来た後、

ある意味、必然的に、開放感爆発による第二波誘い行動等が誘発してしまう事に成る」のが

「人間心理の実態」だ。

「当然、この程度の事は、マスメディアの者たちの多くも、行政等の者たちの多くも、重々承知の筈」だが

「解っているなら、表に出て来ている実態が、本当に変」だ。

「変の裏に在るモノを暴くのもマスコミ人の仕事の筈だが!」』

『「上記の様な市中感染率・免疫・抗体等保持者割り合い」なら

「日本の該当ウィルスによる致死者数が圧倒的に少ない事」も

「本当に、普通では無い事に成る」。

「PCR検査を少なく絞った事」も「其の一つの原因に成っている可能性もある筈」だが

「其れだけで説明出来てしまうレベルの数の少なさでは無い」。

「年間約10万人レベル(日々、約273人レベル)の日本の例年の肺炎致死者数(其の多くは高齢者等免疫学的弱者状態の人々)の中」に

「該当ウィルスが主たる原因に成って死に至ってしまった人々も紛れ込まらせられている」なら

「普通では無い、非常に少ない該当ウィルスによる肺炎致死者数の謎も合理的に説明出来る事にも成り得る」が

「もし、そう」なら

「該当ウィルスによる肺炎致死が増えた分だけ、肺炎致死者数が例年より増えていなければ不思議に成る」。

「インフルエンザの流行が小さかった分で相殺出来ている可能性も大きい」が

「本当の実態を知る為」にも

「日々の肺炎致死者数の増減の大衆周知もするべき」だ。

「市中感染率が増えるのに合わせて、肺炎致死者総数も{大いに}増えて来てしまっている実態等が判る」なら

「該当ウィルスの毒性の強さが、直に理解・把握出来る事に成り」、

「市中感染率が増えて来ているのに、肺炎致死者総数が例年レベルに留まっている実態が判る」なら

「該当ウィルスの毒性も他の肺炎致死の原因と同レベル等に成る実態がっ判る事に成り」、

「市中感染率が増えて来ているのに、肺炎致死者数が減って来ている実態が判る」なら

「日本の医療技術のすばらしさと進歩・進化の速さ等と

其れによって片付けられる場合が多い該当ウィルスの毒性の実体等が判る事に成る」。

「日々の肺炎致死者総数」は「調査すれば直にでも判る事の筈」だ。

「行政もマスメディア等も、行うべき調査等は行い、出すべき情報は出し、大衆周知するべき」だ』。

『「自宅待機」と「ホテル等隔離」の「どちらが安全に成るのか?」は

「ホテル等待機等~重症化してしまい病院等に移送されたり、ホテル等内病院内問わず致死してしまったりした人々の

割り合いが判らなければ、判らない事に成る」。

「自宅待機を否定する」なら「其の辺りの実数を出せば十分に成る」のだから、

「其の辺りの数を出さずに、象徴的致死者で{脅し}!自宅待機ダメ!論ばかりを言うのは、明らかに変に成る」。

「是正が急務である事」等は「言うまでも無い事に成る」』。

『「本当の実態に近い、市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いと免疫・抗体等も感染も無い人々の割り合い」と

「日々の肺炎致死者総数」の

「経時変化」が

「判る」なら

「多くの人々が自主的に該当ウィルスの適切に成る対応行動等を具現化し易く成る」。

「{脅し}!と{要請}(命令的)!」で「下々を操ろうとする」のは

「独裁政権等のやり方」で

「今時の自由・民主主義圏には似合わない」。

「学校教育が本当に酷くて、独裁圏の民の様な状態の人々ばかり状態にしか、多くの生徒等が育っていない」なら

「酷い学校教育から徹底して是正ずるべき」だし

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内実問題」なら

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日は、何故か?買い物時の外の大気の汚れも、電磁波も、弱めだった」が

「昨日も、筆者のところには、侵入工作が在った」。

「警察も驚く、泥棒レベルでは壊さないと開けられない鍵を傷も無く開けての侵入(合鍵をつくるのも難しい筈なのに)」だし

「金目の物等を盗んで行くのでは無く、

飲食物にあらぬモノを入れ込んだり、部屋干しの衣服や番に成らない版ネコに何等かのモノを付けて行ったり、・・・と

工作をして、鍵も閉めて出て行っている」のだから

「明らかにプロ工作員の仕業」と「強く推定出来る」。

「簡易防犯カメラのマイクロSDの改竄まで行っていて、筆者が出て行った部分まで消されていた上に、

余分で時間も変なブラックアウト部分まで入っていた」。

「恐らくは、鍵師と防犯カメラマイクロSD改竄工作が出来る者と、飲食物仕込み等が出来る者の悪のコラボだろう」し

「僅か、一時間半程度の買い物の外出に合わせての侵入なので、近隣に陣取っている事もほぼ確実」と

「強く推定出来る」。

「未だに、連綿と続けられている日本国内の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の氷山の一角」が

「筆者のところでも露呈している」が

「日本国政府・警察・自衛隊等々が本気を出した徹底摘発をするのは、何時に成るのだろうか?」

「出来る限り早い徹底対処が必要に成っている状態下に在る人々の数もかなり多い筈」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「実態・実体把握情報不十分なまま、みんなで頑張って我慢等を大喧伝しているテレビ番組、常連出演者」等では・・・。

『「該当ウィルス問題」の「実態・実体把握を容易にする太陽系の天体図に当たる様なモノ」は

「感染」については

「本当の感染者数」と「本当の免疫・抗体等保持者数」と「本当の全く感染していない、免疫・抗体等も持っていない者の数」を

「円形でも、球形でも、良いから、其の多さ・少なさを実態通りに反映させて描いて並べれば良いダケ」だ。

「其の為に必要に成るデータを得る事が重要に成る」から

「未だ、其れが十分に得られていないならデータ採取の重要性を強く訴えるのが、マスメディア等の本来の役割りに成る」。

「実際のデータ採取」では「本当の」は「難しい」が

「本当の」を「科学的に有意に成る範囲で推定する事が出来るレベルのデータ採取」は「十分に可能」で

「例えば、市中感染率・市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を行う」なら

「其処から、相応に有意に成る推定値を導き出す事も可能に成る」。

「それぞれの円や球等の大きさの関係」が

「感染していない、持っていない者の数を反映した円や球」が「圧倒的に大きい状態」が

「感染問題が始まる前の状態」で

「其処」に「感染者数を反映する円、もしくは球が登場」し

「次第に其の大きさを増して行くと共に、感染していない、持っていない者の数反映した円や球の大きさが次第に小さく成って行く状態」が

「感染当初~の状態」で

「感染者の中から免疫・抗体等保持者が生まれ、其の数を反映する円や球の大きさが次第に大きく成って行くと共に、

他の円や球が次第に小さく成って行く状態」が

「~感染中期~の状態」で

「免疫・抗体等保持者数を反映している円や球」が「圧倒的に大きく成った状態」が

「感染の終焉に成る状態」に「成る」のが

「自然発生ウィルスの場合の実態」だ。

「現状の該当ウィルス問題は、其のどの辺りに当たる状態に在るのか?」を

「多くの人々が容易に理解・把握出来ている」なら

「合理的に成る対応行動を具現化している人々の割り合いも圧倒的に高く成る事に成る」が

「本当の実態・実体が???状態のままの人々の割り合いが多い」なら

「合理的に成る対応行動等を具現化しない人々が少なからず出てしまっても、何の不思議も無い事に成る」。

「該当ウィルスの問題は感染ダケでは無く、実害も在る」。

「該当ウィルスの主たる重大実害は肺炎致死に成る」が

「日本では例年約10万人レベルの人々が肺炎で命を落としている」。

「其れを日に換算する」なら「約273人~の人々が毎日肺炎で命を落としている」のが「今までの{通常}状態」だが、

「肺炎致死者の多く」は「元々の致死率が高い高齢者である事」も「事実」だ。

「該当ウィルス」でも「事態は同様」で

「該当ウィルスによる肺炎致死者の圧倒的多くは、高齢者に成っている」。

「テレビ・マスコミ等では象徴的致死者として比較的若い年齢層の致死者等が大喧伝されている」が

「其れが、実態を原寸大で反映している情報では無い事」は「もはや、多くの視聴者・読者等も重々承知の事に成っている」ので

「象徴的致死者による{脅し}!から自粛行動等を訴えても、其の説得力が其れ程大きく成らない」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「該当ウィルスの主たる重大実害」の「実態」を「理解・把握し易くする為の情報配信」なら

「毎日の総肺炎致死者数の内の該当ウィルスが主たる原因に成っている肺炎致死者の数」を

「現実通りに伝える」と「共」に

「該当ウィルスにより肺炎致死してしまった方々の年齢・性別・身体状態・喫煙の有無・過剰労働/ストレス等の有無等の

現実情報も付ければ良い事に成る」が

「現状では、全ての肺炎致死者に対して該当ウィルスの感染の有無を確かめる検査が行われていない」ので

「該当ウィルスの主たる実害」を「原寸大で理解・把握する事が難しい状態に置かれてしまっている状態の人々ばかり・・・の状態」に

「成ってしまっている」。

「該当ウィルス問題にスポットライトを当てる」なら

「全ての肺炎致死者の該当ウィルスの感染の有無を確かめるべき」だし

「其れが行われていない」なら「そうする様に訴えるのがマスメディア等の本来の仕事にも成る」が

「実害基準で言うなら、肺炎致死問題全体にスポットライトを当て、其の中の該当ウィルスの問題として捉え易くした方」が

「より合理的に成る事」等は「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「重要に成るポイント」は

「肺炎致死にまで至ってしまう可能性がある程、肺炎が重症化してしまった時に、適切な医療・治療が受けられる体制の維持が出来ているか?」で

「日々の総肺炎致死者数の増減を知る」なら

「其の辺りを、相応に合理的に理解・把握し易く成る」のだから

「日々の肺炎致死者数の増減の情報配信を行う事」等が

「取材するなら、今、直にでも実行可能に成る、マスメディア本来の仕事に成る」。

「該当ウィルスが検知された肺炎致死者が増えたゾ~!等と{脅された}!ところで、

肺炎致死者の該当ウィルス感染検知検査数を増やすなら、其れも増えるのは当たり前に成る事」等は

「既に、多くの視聴者・読者等が重々承知の事に成る」ので

「{脅し}!の実効も???」に「成る」が

「例えば、日々の肺炎致死者数が増えて来てしまっている事実等が、マスメディア等で報道等される」なら

「誰もが、該当ウィルス感染問題の深刻さに直ちに気づかせられる事に成る」し

「例えば、日々の肺炎致死者数が例年レベルのまま、横ばい状態等の事実や

日々の肺炎致死者数が例年より減って来ている等の事実が、マスメディア等で報道等される」なら

「該当ウィルス自体の実害の大きさを原寸大で捉え易く成ったり、

該当ウィルス感染防止対策がインフルエンザの流行も小さくした可能性等にも思いが至り、

其の事による肺炎致死者数の現象実益等も、理解・把握し易く成る、

視聴者・読者の数が増え易く成る事に成る」。

「実害・実益を事実・現実通り原寸大で理解・把握する」なら

「多くの人間は、冷静に適切に成る対応行動等も具現化し易く成る」のだから

「其の為に有益に成る情報配信等を行っていない状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に酷く、劣悪に成る」。

「酷く、劣悪な状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等の是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスの正体探究関連情報配信も極めて重要に成る」のは

「自然発生ウィルス」と「工作兵器ウィルス等」では「適切に成る対処法等も全く違うモノに成るから」だ。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「例えば、象徴的致死者を創り出す事も比較的若い年齢層の人々を該当ウィルス工作により{殺す}事も

ある意味、自由自在状態にも成り得てしまう事に成る」。

「戦後日本国内がスパイ・工作活動天国状態のまま・・・である事も、

現実として拉致工作等の非人道的な工作活動が行われてしまった事も、

令和の今日でも、電磁波工作・飲食物工作・大気工作・侵入工作・医療工作・政財界工作・情報教育工作等々数多くの

多くの場合非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が

未だ、旺盛である事」お

「決して無い事にしてはいけない現実」に「他ならない」。

「在宅勤務・自粛行動等々で、街中に居る状態の人々の数が圧倒的に少なく成っている現状」でも

「何故か?街中や公共交通機関車両内等の大気は、人々が多い状態の時よりも、汚い様相」で

「生活必需品の為の買い物の為に少々の時間外を歩いたりするダケでも、

家に戻った時には、顔面にも、衣服等にも、少々の粘性等がある、次第に増えて来る、細菌か?ウィルスか?の様な何かが

付着させられている状態に成る」。

「もちろん、家に戻ると顔まで洗う等々の相応の対策をしている」ので

「今までのところ、悪の実効は出ていない」が

「粘性が在ると言う事は、肺や血流等にも有害なのでは・・・と推定出来る」から

「例え、其れが該当ウィルスでは無くても、該当ウィルスによる実害をより大きくし易いモノの類である事」等も

「推定出来る事に成る」。

「そんなモノがかなり大々的に散布されている状態でも無い限り、

少々の外出でも、何時でも、等の状態は生まれ辛い筈」だから

「其処からも、集団連続工作の濃厚な臭いが、付着すると増えて来るところからは強化型工作の濃厚な臭いが、

漂って来る」。

「該当ウィルス自体が工作兵器として使われているか?否か?は別にしても、

該当ウィルス問題を悪用して其処に濃厚な工作を被せる事による日本国・日本国民衰退化工作等の状態に成っている様相」で

「該当ウィルスの正体解明」と

「日本国内のスパイ・工作活動問題の解消」が

「本当に急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器等だった場合」は

「中国共産党の、ウィルス研究所からの流失、もしくは、該当ウィルスを使った自爆も含む覇権掌握の為の工作」や

「北朝鮮金政権等の、

ウィルス工作兵器製造所等~不適応分子を利用した感染実験~無症状感染実権者の海外労働者としての武漢派遣や

意図的な武漢への置き土産による報復経済制裁」等々が

「推定出来る事に成る」。

「何れにしても、真相解明と実効のある工作活動対策の実践」が「急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「実効のある工作活動対策を行って、非人道的な工作活動等を完全撤廃させる事が出来た」なら

「該当ウィルス問題も、其れこそ、アッと言う間に終焉する可能性」も

「決して、小さく無い筈」だ。

「実害・実益基軸で対処する」なら

「該当ウィルス感染~肺炎致死で殺されるか?経済的衰退化~人生破滅状態で」殺されるか?」等の

「強制的選択状態を創り出してしまう事」も

「絶対に避けなければ成らない事に成る」。

「該当ウィルス自体原寸大の毒性や実害を誰もが理解・把握し易くすると共に

現状までの人間社会・経済システム等の現実との整合性を検証し

より現実との整合性が高い人間社会・経済システムに移行する事」等も

「意識的かつ積極的に行うべき事に成っている」のは

「該当ウィルス問題が解決出来たとしても

地球温暖化による環境変動問題や

金余りなのに、格差・貧困だらけ・・・の現状までの経済システム問題や

自分の実体把握さえ???状態の人々が多過ぎるが故の

狭義の自分を代償欲求上で自慰し続けられる状態を構築する事が成功!等と大勘違いしている状態の人々の割り合いが多過ぎるが故に

至るところで暴発し続けて来ている深刻で重大な人間社会問題等が

解決出来た事には成り得無いから」だ。

「広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続との整合性をより高め易くする

狭義の自分の状態を具現化し易くする

人間社会・経済システムという人類の精神文化製品の一つの

物質文明側の産業革命等に当たる健常進歩・正常進化」は

「既に、必需に成っている」』。

『「感染者ゼロと言われていた北朝鮮にも感染者も致死者も居る旨のテレビ情報配信等もあった」が

「日本の岩手県は???」のままで

「北朝鮮製のウィルスでは無いイメージを持たせる為か?」等の

「感や思い等も浮上して来る」。

「金正恩等の現況も???状態」で

「中国共産党支配下の中国から極めて優秀な医師団が北朝鮮入り」とか

「元山に金正恩専用列車が在る」等々の

「上辺情報ばかり・・・」が

「北朝鮮にも感染者も致死者も要るゾ~!情報と共に配信されている」。

「何れ、近々、本当の事も、露呈する、させられる事に成る」のは

「該当ウィルス問題・非人道的なスパイ・工作活動等問題」と「同様」で

「本当の事を知った時、全世界が、どの様な判断をし、どの様な対処行動等を具現化させるのか?」が

「人類の存続~永続とどれ程の高い整合性を持っているのか?」で

「人類、もしくは、地球の命運が決まる事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス問題、論点すり替えの為の(?)監視問題論」等を常連出演者等が公共の電波上で喧伝等していた様相でもあったが・・・。

『「番組の前半部分では、実態・実体把握を訴え、其の上での合理的対応行動等を訴えるのでは無く、該当ウィルス{命}!{脅し}!論超の

公共の電波を使った情報配信を行い」、

「番組の閉め辺りのコーナー」では

「該当ウィルス感染者等の監視の是非や監視時の人権問題等に{論点を変え}させ、

実質的には、

一番肝要に成っている

該ウィルス問題の実態・実体把握と其れに基づく冷静で合理的な対応行動等の誘い」等の

「情報配信を疎かにしている実態を露呈していた」が

「其の辺り」からも

「何等かの意図等を感じさせられてり、した視聴者等の数も多かった筈」だ。

「日本でも抗体検査が行われる事」は

「日本の中の該当ウィルスや其の同類ウィルスに感染した、している人々の実態」等が「判り易く成る事でもある」。

「そもそも、封じ込めに失敗している事が明らかに成った時点から、市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}等を

行う事無しに

合理的に適切に成る対処法等が構築出来る訳も無いし、

多くの人々が、推奨された対処法等から説得力等を感じやすく成る訳も無い」のに

「まるで、天動説から地動説への転換時劇の一幕の様に、

特定極一部の学者等が、極少ない観測(感染検知)データから、太陽系(該当ウィルス感染)の実態を

{推定}した上で、

其の{推定}にとって合理的に成る対処法等を推奨し、

其れを、行政の長やテレビ常連出演者等が上から大喧伝する事で

多数の人々を其の推奨要請等に従わせよう!とし続けて来ている」のだから

「太陽系の天体図(該当ウィルスの感染実態・免疫等保持者割り合い・重大実害である肺炎致死者数等の経時変化)等を

知らされる事抜きに

天動説から地動説に鞍替えしろ!と言われたところで

多くの人々の中に生まれるのは

良く判らないが故に生まれる不安や恐怖心等やストレスや

其処から生まれる不信感や免疫力低下状態等に成ってしまう事」は

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「封じ込めに失敗した事が判った時」から

「市中感染率と免疫・抗体保持者割り合いや、該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死者数の

{調査}を行い続け、其の結果を経時変化と共に大衆周知し続ける」と「共」に

「該当ウィルスの正体探究も行い続け、其の時までに、判明させる事が出来た現況等を大衆周知し続ける」なら

「多くの人々が太陽系の天体図同様の該当ウィルス問題の実態・実体の理解・把握が容易に成り、

合理的に成る対応行動等も、上から要請等されるまでも無く、自主的に具現化し易く成る」。

「其の様な正道・常道の対応が出来て来ていない裏」には「何が在る?」

「該当ウィルスの正体」や

「本当の感染実態と免疫・抗体等保持者割り合い」等が

「判ってしまう」と「困る事態でもあるのだろうか!!!?」

「もし、そうなら、其れはどんな事態なのか?」を

「探究し、判った事・判っていない事等を情報配信する」のが

「本来のマスコミ等の仕事の筈」だ。

「現状までは、本当に異常な状態が続いて来ている様相」で

「其の裏にも、該当ウィルス問題の本質が判ると困るのと同様の事が在る濃厚な臭いが漂っている事に成る」』。

『「抗体検査キットの信頼性等を大問題化して抗体検査自体の価値を下げさせようとしている様相も露呈している」のが

「信頼性確度約60%であるばかりか、粘膜を削るが故に該当ウィルスの深部感染の手助けをしている可能性も大で、

お金も手間も時間もかかる

採取した粘膜等の中に該当ウィルスが在るか?無いか?ダケを検査するPCR検査{は}大推奨!し続けて来ている常連出演者等」だ。

「元々医療業界での検査」とは「参考資料」であり

「診断も治療も医師等の責任で行う」から

「医師等の立場も報酬等も基本的に高くされている」。

「科学技術力の向上により、昨今の検査機器による検査は、其の精度もかなり上がっているが、

例えば、PCR検査にしても、信頼性確度約60%程度だから、二度の検査が行われ、

其れでも見逃しがあるのが、現実」だ。

「昨今の科学技術の向上度合いからすれば、抗体検査の精度はかなり上がっていて当然」で

「トータル信頼性確度は、検体採取が容易で齟齬が起こり辛い分PCR検査よりも信頼性確度が高くても何の不思議も無い事」等も

「想像に難く無い」。

「例え、少々、信頼性確度が低くても、有意である範囲に入っている事は確実と強く推定出来る」から

「時間もお金も手間もPCR検査に比べて圧倒的に楽な(少々の血液採取で15~30分程度で結果も判る)

原罪だけでは無く、過去の感染歴まで判る抗体検査を

何度か行う様にする」なら

「かなり有益な検査等が行えている事に成る事」等は「明らかな事に成る」。

「抗体{調査}で市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合い」等を

「統計学的に有意に成るレベルで判明させる事」は

「太陽系の天動説VS地動説問題で言うなら、太陽系の天体図の一部が手に入る様なモノ」で

「多くの人々が、其れこそ、直ちに、地球が太陽の周りを周っている状態に当たる、該当ウィルス問題の実態を理解・把握出来、

其処から導き出される合理的に成る対応行動等も直に解る様に成る」。

「例えば、市中感染率が1~2割で、免疫・抗体等保持者割り合いが1~2割程度」なら、

「自宅待機要請などされなくても、多くの人々が自主的に家に引きこもって居たく成る筈」で

「市中感染率が同じ1~2割でも、免疫・抗体等保持者割り合いが7~8割にも成っている」なら

「多くの人々が該当ウィルス問題の終息も近い事等を感じ、注意しながら市中へも出向き易く成る」。

「免疫・抗体等保持者割り合いが上がらない状態がある事」は

「例え、感染検知者数が減っても、ワクチン等が出来、実用されるまでは、該当ウィルス感染問題が終わらない事に成る」ので

「ワクチンの実用時期を少しでも早める事と其の実態の大衆周知等がとても重要に成る」。

「自然発生ウィルスだった」なら

「上記の様な話しの類で済む」が

「該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「工作元を解消・撲滅等しない限り、ウィルス問題の解決も無い事に成る」ばかりか

「次のパンデミックがもっと毒性の強いウィルスによるモノにされてしまう可能性も決して小さく無い事に成る」。

「ウィルス問題と工作問題の両方を解決する事が必需に成る」のだから

「該当ウィルスの正体も未だ判明させる事が出来ていない現状まで」で

「工作問題を圧殺・黙殺状態にし続けているまま・・・のマスメディア等は、本当に変に成る」。

「戦後の日本国内」が

「スパイ・工作活動天国状態」で

「北朝鮮金政権等による拉致工作まであった事」は

「其れこそ世界中の多くの人々のご存知の事だろう」。

「普通に考えるなら、其れこそ、誰でも解る事に成る」が

「拉致工作を行わされたり、協力させられたり、した者たち等が、

其の後、北朝鮮金政権等の支配下から容易に解放される訳も無く、

其の後も北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を行わせ続けられている事」は

「2020年今日の日本社会の実態からも明らか」で

「其の工作目的が、日本国・日本国民の乗っ取り支配である事」も

「もはや、公然の秘密状態」だ。

「第二次世界大戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては日本本土内に強制的に帰還させられた」が

「日本国内には、二国間国家間契約である日韓併合時に大量の朝鮮人が自主渡来し、大戦後も居残り続けた」。

「朝鮮半島内が南北に分断された時点で、日本国内に居残り続けていた朝鮮人も南北に分けられた」ので

「北朝鮮金政権等の支配下に在る朝鮮人も日本国内に数多く居残り続けている、ばかりか、

朝鮮戦争難民等として其の後も数多くの朝鮮人が日本に渡来し続けて来ている、ばかりか、

朝鮮人等の帰化は容易にされているので、数多くの人々が{国籍は}日本国にも成っている」。

「大戦直後の米軍の占領政策上でも、

日韓併合時から居た朝鮮人に日本国籍を与えて日本人を支配させる策も取られた」ので

「戦後は、かなりの数の国籍は日本国・内実は朝鮮人という人々が、日本国内に居る事に成り、

其の中には、北朝鮮金政権等の支配下の人々も多数居るのが実態」だ。

「北朝鮮金政権等が、日本乗っ取り支配の為に行い続けて来ている事の実態」は

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等」で

「拉致工作が日本人に成り切る事が出来る、日本に送り込む{指導}朝鮮人工作員を教育する為」なら

「其の後の{指導}で日本国内の北朝鮮金政権等の手下状態に置かれている人々や其の協力者等が

行い、行わされ続けて来ている事」が

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等」で

「侵入工作・飲食物工作・電磁波工作・大気工作・医療工作・政財界工作・情報教育工作・人脈等々、

其の手段は、国家レベルで考え出され、命令・指令等が出され続けて来ている」。

「世代間連鎖も連続・強化に繋げられているので、工作員(国籍は日本の場合も多い)の数も増やされ続け、

日本の学校教育・日本国内で得る事の出来る西側世界レベルの情報も非人道的なスパイ・工作活動等の手段の実用化の為にも使われて来ている」。

「常在戦場で、勝つまで(日本国・日本国民を支配するまで)は朝鮮半島に帰って来るな!の命令・指令の下、

今日も、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は連綿と強化されながら行われ続けている」が

「大気工作の中には、細菌か?ウィルスか?付着させられると時間と共に増えて来るモノまである」のだから

「該当ウィルスの前世代版や該当ウィルス等の感染{実験}が日本で全く行われていない」等とは

「容易には思えない実態が露呈している事に成る」。

「該当ウィルスの場合、元々の発生場所は、中国共産党支配下の中国武漢と推定されている」が

「該当ウィルスの感染実験が、北朝鮮の不適応分子を使って行われていて、

感染させても症状が出なかったから・・・と

其の者が今度は再教育プログラム上で外貨を稼いで来い!等と中国武漢に送り込まれていた」なら

「無症状感染者からの感染の拡がりもある該当ウィルスの感染問題」が

「中国武漢から始まっていても何の不思議も無い事に成る」。

「北朝鮮金政権等にしてみれば、意図していない、あらぬ感染が始まってしまい大慌て!で

困窮しているにも関わらず、早々に中国との国境も閉じた」のが

「実態かも知れない」等の「感や思い等を抱かされてしまっている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても、該当ウィルスの正体解明は必需」で

「正体が解明されるまでは、工作兵器等の可能性も否定出来得無い事に成る」。

「SARSウィルス等を持っているコウモリを大量に飼育し、

保有しているウィルスの変異を

工作電磁波等を当て続けたり、薬物を与えたり、風雨は飲食しないモノを与え続けたり等々して、誘い、

変異したウィルスが{出来た}なら

感染{実験}を行い、

集団感染{実験}が必要と思えたら日韓内等で行い、

ウィルス工作兵器として使える、ソフトウィルス・ハードウィルスを多種多様に製造~保有している」のが

「北朝鮮金政権等の実態かも知れない」等の

「感や思い等を抱かされてしまっている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても、はっきりしている事」は

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の完全解消」で

「其の辺りが無い限り、該当ウィルスも・・・の感や思い等も消し去る事が出来得ない事に成る」。

「もし、本当に、該当ウィルスは北朝鮮金政権等が元だった事が判明してしまった」なら

「タダでさえ決して許されてはいけない数多くの極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対し、

世界中からどの様な対応が与えられる事が適切に成るのだろうか?」

「先制全面核攻撃による完全撲滅!」等さえもが「正当化出来てしまう実態が其処に露呈している」等と

「感じたり、思ったり、出来てしまう人々の数も、決して少なく無い筈」だ。

「北朝鮮金政権等は、早々に、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄」し

「外瘻ウィルスが北朝鮮製なら、其の過ちを前面謝罪する{自首}をするべき」だし

「日本の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等の物たち等」も

「其れを北朝鮮金政権等に強く薦めるべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「日本でも、ようやく、行われる事に成った抗体検査」と「日本の市中に溢れ続けて来ているスパイ・工作活動等問題」等・・・。

『「合理的なウィルス対策を構築する為」には「先ずは、ウィルスの正体(毒性・ルーツ・感染発生実態等々)解明で、其れと共に、

感染の封じ込めが失敗した後は、直に、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの調査を開始し、

行い続ける事」が

「適切に成る事」等は

「当たり前の事」なのに

「該当ウィルス対策」では

「正体解明はソコソコに抑えられ続けている状態」で、

「感染を検知するダケのPCR検査ダケ」が

「大々的に行われたり、推奨されたりする」、

「感染基軸の、実質的には、問題を大きくする対処法」が

「世界中で横行」し、

「日本では、

其の流れには乗らなかったモノの、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持割り合いの{調査}等も行われず、

マスメディア上では、感染を大問題化したPCR検査ダケを大推奨する論調ばかり・・・が主扱い状態が続いて来ていた」。

「該当ウィルスの正体も、

本当の感染実態・抗体等保持者実態等も判る訳も無い、

{見つけ出す事が出来た}感染源からのクラスターに成り得る人々と

症状が出て医師等がPCR検査の必要性を訴えた人々の一部の

PCR検査の結果を基にして、

感染{自体}を抑える為には

人と人との接触を極力無くす事が重要!と

店舗等閉鎖や在宅勤務や外出自粛t等々を

上からの要請で実現させようとしたり、

其の為にか?どうか?は不明だが、

感染{脅し}!により、

感染{自体}に過剰な不安・恐怖心・ストレス等を抱かせ、

実質的には、多くの視聴者・読者等の中に対人不信感を抱かせたり、免疫力の低下を招いたりするメディア情報配信を大々的に行う事」等が

「該当ウィルス問題の解決にどれ程合理的に繋がっているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ようやく抗体検査が行われる様に成る」と

「抗体検査は感染の収拾時には有効」等と

「最初から行わなかった事を正当等と多くの視聴者等に思わせる為には有効に成る論等を公共の電波上等で喧伝する姑息さ」等まで

「露呈している」のが

「日本のテレビ常連出演者や番組等の実態」で

「本来なら、封じ込めに失敗した事が判った時点から、

直に、

市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの疫学的{調査}を行う事で、

合理的に成る自虐度の低い対処法を構築するべき!」等と「訴える」のが

「健常なマスメディア等の仕事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の様な健常な仕事が出来ていないマスメディア等に説得力など在る訳も無い」から

「多くの視聴者・読者等の中では、不信感等も増大させられ、

感染を大問題化した{脅し}!情報配信に毒されると

本来ならあらぬ差別等も生まれて当然に成る」が

「其の、マスメディア自体が生みの親にも成っている実態が露呈している本来ならあらぬ差別の上辺ダケをすくい取って

優等生ぶり、正義ぶり、差別はダメ!論等を平然と喧伝する事等まで出来てしまっている多くの常連出演者等の

厚顔無恥ぶりは、本当にお見事(もちろん、皮肉)!」に「成る」が

「そんな酷く、醜悪な実態を意識の有無を問わず、視聴させられたり読まされたりし続けて来ている多くの視聴者・読者等の中」に

「健常性を高めるとか、精神構造の健常成長等々」の「本質的に良い実効が生まれる訳も無い事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「見事な厚顔無恥ぶりを露呈し続けて来ている者たち等が、高額所得者と成れば、

意識の有無を問わず、厚顔無恥である事による高額所得取得を是としてしまう人々が増え易く成る事」等は

「深層心理学上の当たり前」で

「そんな状態の精神構造を持っている人々が多数生み出され続けている状態の人間社会」が

「本質的に、どれ程、快適な人間社会に成り得るのか?」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「本質的に、劣悪な情報・教育の罪は本当に大きい」が

「未だに、人間世界の所謂、文系の情報・教育は、天動説状態・宗教レベル状態で、実質的には、劣悪状態のまま・・・」だ。

「地動説状態・科学レベルへの健常進歩・正常進化」が「必需に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「天動説状態利権・宗教レベル利権上で、過分な報酬・権力等を得ている実質的、劣悪者等が、自らの利権の維持~増大の為に、

現状の様な状態を続けたがっている実態も露呈していて、

其の様な状態が続けられてしまう」なら

「既に、地動説状態・科学レベルの実用に至っているが故に、

急速な進歩・進化も実現し続けていている所謂、理系側、物質文明側」と

「所謂、文系側、精神文化側」の

「膨大なギャップ」が「近々、人類滅亡をもたらす事に成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「該当ウィルス問題」でも

「自然発生ウィルスなら、ウィルス対策ダケで必要十分に成る」が

「ウィルス工作兵器だったなら、ウィルス対策ダケでは無く、工作対策も必需に成る事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、直ぐにでも判る事」だろう。

「其の辺りの解明抜き」では

「工作であった場合の工作対策も取られない事に成り、

工作を仕掛けている側は、何度でも、場合によってはより毒性の強いウィルスでも、工作を仕掛ける事が可能に成ってしまう」のだから

「該当ウィルス問題の終息は在り得無い事に成る」し

「正体探究を疎かにしたり、後回しにしたりする事」が「非常に危険に成る事」も

「もはや、言うまでの無い事に成る」。

「戦後日本国内」では

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が連綿と行われ続けて来ている」。

「拉致{工作}は其の氷山の一角」だが

「拉致{工作}を行った者たちや其れに協力した者たち等が、其の後何のスパイ・工作活動等も行わされていない訳も無い事」等は

「北朝鮮がスパイ・工作活動等を行い続けて来ている実態を露呈している事」等からも

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「実際に、日本社会の中」では

「筆者の知る限り、

近隣日本人等監視はもちろん、

縁の下スパイ~侵入スパイ(鍵に成らない鍵時代にはかなり旺盛)~工作電磁波使用覗き・盗聴等々、世代間連鎖・継承を伴うスパイ」も

「長期、連続摂取状態ではかなりの実害も出る、飲食物工作(侵入工作とセットの場合もある)や大気工作や、

長期、連続、強さ・濃度等アップによりかなりの実害も出る、覗きながら特定ターゲットに集中して当て続ける場合もある、電磁波工作や、

医療工作や

情報・教育工作や

人脈工作等々」の

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動が、時と共に、ジワジワと強化され続けて来ている」。

「世代間連鎖状態のある非人道的な集団スパイ・工作活動等なので、

実際に行っている者は、老若男女色々で、

国レベルのスパイ・工作活動等なので、

工作道具(薬・細菌・ウィルス・電磁波発生ハード/ソフト)も、

手法等々も、偽札・覚せい剤製造~実用レベルに高く、

分業制(侵入工作なら監視・鍵師・侵入工作員等々)にも成っているばかりか、

世代間継承・強化等するべく教育・訓練等まで行い続けて来ている」。

「元々が、日本も韓国も北朝鮮金政権等の下に置く為の工作」なので

「政財界工作も当然の様に行われていて、

ライバルに成る人物を飲食物工作や電磁波工作や弱み握り工作等々により粛清したり、

懐柔(金銭・異性等々)工作等々により有益分子化したりする事」も

「集団連続強化型茹でガエル式で、行われ続けて来ている」。

「昨今では、工作電磁波を発生させる事が出来るハード・ソフトが至るところに仕込まれ続けている実態も露呈している」。

「工作物質を仕込んである飲食物をターゲットの周囲の店舗等に配る工作」も「行われている」から

「同じ物を同じ店で買い続ける事」は

「ターゲットにされている人間(北朝鮮系にとって邪魔と思われている日本人全てに成っているかも)にとって危険度が高い事に成り」、

「自宅待機で食を配達にした場合、其れが本当に安全な物に成っているのか?否か?」は、

「日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等が無く成るまでは、検証の必要がある事に成る」。

「電磁波工作」は「其の存在に気づく」なら

「筆者の様に、対策をして悪の実効が出ない様にする事は可能」だが

「対策をする度に、別の場所からも工作電磁波を発する様にして来たり、工作電磁波自体を強化したりし続けて来る」ので

「対策の為の手間やお金や時間等」も「バカに成らない大迷惑」だ。

「元々が、覗き・盗聴等の工作手段も国家レベル」なので

「ネット(この記事も当然)盗み見・盗聴・盗撮等もかなり行われている」から

「自宅待機のネット会議・飲み会等で、付き合いのある人々や其の人々との関係等々を盗み出されてしまっている状態の人々の数も決して少なく無い筈」だし、

「近々、其の様な盗んだ情報から、勝手に、有益分子・不適応分子分けが行われ、

それぞれに相応のスパイ・工作活動等が仕掛けられる状態に成る事」等も

「想像に難く無い」。

「被スパイ・工作活動VIP待遇状態の筆者の場合」は

「かなりの電磁波工作に見舞われ続けて来ている」ばかりか、

「昨今、買い物等に行く程度でも、大気工作が漏れなく付いて来ている」。

「昨日も、レジ清算を済ませ、エコバックに詰め替えている時に、後ろから大気工作物質を左首の辺りに特に多くかけられた」が

「当然、後ろを通ろうとする人間は、チェックしている」ので

「マスクはしていても、面は割れる事に成る」。

「何年か前には、金正恩の誕生日に、其の時ネット用で使っていたパソコン(バイオ)がサイバーアタックで壊された事もあった」が

「其の後は、プロバイダーのセキュリティーも上がっている様で、覗きはあっても、破壊までは無い様相」なので

「かなり助かっている」。(セキュリティー24の皆さま、いつもありがとうございます!)

「何れにしても、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は、

其の存在が明らかに成り、実行の継続が不可能に成る事を徹底的に避けなければ成らない様」で

「いきなりの殺傷工作等、激烈な工作等を行う場合は、極々稀の様相」だから、

「先ずは、

監視カメラ(乗っ取られないなら、ネット経由常時監視可能タイプでも良いかも)

・音検知機器(周波数依存型の電磁波検知器では検知不能な場合が多い工作電磁波は、其の特性故に、音としての検知が可能)

・臭い検知機器(大気工作の場合は、機器など無くても、臭いで判るが、細菌やウィルスの様に増えて来る場合が多いので、臭いを検知したら落としhて安全を図る方を優先した方が良いかも・・・。大気団の置き土産をする、した、人は注意して観察するなら、判る筈)等々

人が工作を行っている、行わされているのが現実で、

霊魂や幽霊等現実には存在していないモノが工作を行っている訳も無いので

スパイ・工作活動等を検知し、

相応の対策を行い、悪の実効が出ない様にし続ける事」が「重要に成る事に成る」が

「何時までも自主防衛を求め続けている様な国・警察等の状態の是正が急務である事」も

「言うまでも無い事に成る」。

「例えば、工作電磁波発生仕込み」等なら

「それなりの技量がある人間たちが綿密に検証する」なら

「仕込まれた日時や人間の特定も含めて、警察等でも十二分に炙り出す事が可能に成る」し

「器物損壊等で罪に問い、罰を与える事も可能に成る筈」だ。

「車にも(事故誘発にも繋がっている)、信号機の制御機器(同左)にまでも、仕込まれている」のだから

「其れを放置し続けている」なら「警察ぐるみか?」等と「疑われてッも仕方の無い事にも成り得てしまう」。

「何れにしても、日本国内で連綿と行われ続けて来ている集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の完全撤廃」が

「急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「少々では弱毒でも

{長生き}で連続感染状態下に置かれ易く、

更に、粘膜を削るPCR検査等の手段で深部感染を手助けされるなら、悪の実効も出易く成る、

該当ウィルスには

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等と同様の実態が在る様相」だが

「該当ウィルスが北朝鮮の工作兵器だった」なら

「日本国内で何処の誰に感染させるのか?も、何処の誰に大量感染させて重症化~致死化し易くするのか?」等も

「工作を仕掛けている側の意思次第」で

「感染者数等も、ある程度、意図的に創り出せてしまう事に成る」。

「北朝鮮系とも言われているあの小沢氏の王国とも言われている岩手」と

「北朝鮮」が

「該当ウィルス感染者ゼロ」を「公言し続けている」のは「何故?」

「日本国内の非人道的スパイ・工作活動等問題」も

「該当ウィルス関連の当然の疑問」も

「十分に訴えて来ていない、ばかりか、圧殺・黙殺状態にし続けて来ている日本の多くのマスメディアや戦後日本の学校教育界等」は

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たちによる実験掌握割り合いも高い」が

「其の辺りと、配信情報内実には、相応の関連性がある!」等と

「感じさせられたり、思わされたり、し続け来ている視聴者・読者・生徒等の数も多い筈」だ。

「選挙も無いから実権者人脈等の交代も圧倒的に不十分な戦後日本の情報・教育界等の

実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「本当に急務」だ』。

『「現状の人間世界で、ウィルス工作兵器を創り出したりしている上に、流出か?工作か?を行ってしまう国々等」は

「独裁政権国家くらい」と「強く推定出来る」。

「極東地域では、中国共産党支配下の中国と北朝鮮が其れに当たる」。

「該当ウィルスのが自然発生では無かった場合」は

「其れらの国々の何れかの国製である可能性が高く成る事に成る」。

「もし、北朝鮮製で、該当ウィルスの前に、既に、同類のウィルスの前世代版等による非人道的な感染実験が日韓内等で行われていたとする」なら

「日韓等の該当ウィルスによる犠牲者の数が、他の国々に比べて少なく成っていても当然に成る」。

「免疫・抗体等の検査・調査をする」なら「其の辺りの実態・実体も露呈する可能性が高い」から

「免疫・抗体等の検査・調査等には反対・圧殺・黙殺・ケチ付け状態の情報配信を続けて来ていた」なら

「其の様なマスメディア等もまた、ウィルス工作等を仕掛けている側に属している事に成る」。

「普通のウィルス対策」なら

「合理的な対策を行う為にも、

封じ込めに失敗した後では、ウィルスの正体解明と共に、市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}は外せない」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前では無い、変な実態が露呈している」なら「其処も変だ!」と「感じたり、思ったりする」のも

「当たり前の事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、本日もゲイノウ人や自宅待機者の死{脅し}!等と小池都知事スーパー(超)3.1の大喧伝等ばかりを主にして公共の電波を使った多くの視聴者の不安・ストレス等誘いの実効も持つ常連出演者等による大喧伝等が行われているが・・・。

『「該当ウィルスによるゲイノウ人の致死でも一般人の致死でも致死に変わりがある訳も無い」。「本日、大喧伝されている致死ゲイノウ人」と

「同様の状態から該当ウィルスによって死亡してしまった人」は

「今まで、いなかったのだろうか???」

「もし、居たとする」なら「其の時」から

「肺にも当たる放射線治療等を受けている人々が治療が止められても約2カ月もの間は、免疫力が落ちている状態に成り得る」から

「該当ウィルス感染による危険度も高い旨」等が

「公共の電波上で大喧伝等されていて当然に成る」。

「ゲイノウ人等が致死した場合」は「かなりの時間を割いて、其の内実やゲイノウ歴・関連ゲイノウ人等まで大喧伝」し

「一般人の致死の場合」には「差別的な程少ない時間でロクに内実も言われない場合が決して少なく無い状態」は

「該当ウィルス問題の実態・実体把握を歪める事にも繋がってしまう」のだから

「是正が必需に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「稀に出てしまっている実態が露呈している、自宅待機致死者」を「まるで通例であるかの如く大喧伝」し

「体育館等を{感染者収容所}にするべき論」等を

「大喧伝している事」も「変」だ。

「大急ぎで{野戦病院}とも{感染者収容所}とも言える状態の物を造り、

多数の感染者を集合させ、其の場所の該当ウィルス濃度を飛躍的に高めた中国共産党のやり方に対する{賛美}まで付いている」となると

「中国武漢等での実態と同様の大量の致死者を日本でも出したい思惑でもあるのか・・・」等の

「疑いの感や思い等まで誘われてしまう」。

「当たり前に考えるなら、ウィルス濃度を高めない様に、感染者は同じ空間に集合させない事が必需に成る」。

「ウィルス濃度の高い空間で粘膜を削り細胞壁を出してしまう場合も多いPCR検査等を何度も行う」なら

「深部感染のリスクが高く成り、より多くのウィルスをより深部に取り込まさせられてしまう状態に陥り易く成る事」等は

「物理的当たり前の事に成る」。

「感染の拡がりを抑える為に人々を集合させない自宅待機を推奨している」のに

「感染者を体育館等同じ空間に集合させる」とは

「感染者の更なる感染を抑えたいなら在り得無い事に成る」。

「該当ウィルスの毒性実態からしても、

感染自体が大問題を引き起こしている訳では無く、

深部感染による大量化が大問題を引き起こしている事等は

既に明らか」だ。

「避けるべき」は

「深部であり、大量に成る」のに

「感染者を同じ空間に集めて其の空間のウィルス濃度を高め、大量を{補助}し

そんな中でPCR検査を行う事で、深部を{補助}する」なら

「より多くの犠牲者が出易く成る」のは「当然の事」で

「治療に当たった医師までもが死亡してしまった、中国共産党支配下の中国の実例からも、同様の事は行うべきでは無い事に成る」のは

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自宅待機にはウィルスを集合させないメリットがある」が

「急変対応が遅れがちに成ってしまう弱点もある」。

「血中酸素濃度チェックや睡眠状態チェック等のライブデータを送信して医師等が知る事が出来る機器等を付ける等の

急変対応をしっかり行える様に出来るなら、

自宅待機の方が体育館集合等より遥かに否過剰追加感染メリットが大きい対処法に成る」のだから

「其の辺りの充実を訴える」なら「解る」のだが』。

『「該当ウィルスの市中感染率」は

「東京圏では既に、約1割とも6%程度とも推定されている」が

「献血検体を利用した抗体検査等の結果が出る」なら

「本当の実態に近い推定がより容易に出来る様に成る」。

「仮に、現状までの市中感染率が約1割とする」なら

「東京圏を1000万人としても、10万人もの人々が感染者もしくは感染~快復者に成る事に成る」。

「ここで問題に成る」のが「感染者と感染快復者の割り合い」で

「其れが、例えば、感染快復者9割、感染者1割だった」としても

「1万人もの感染者が居る事に成る」。

「そうなると発表されている感染研知者数の約三倍に成る」が

「感染致死者数は三分の一しかカウントされていない訳も無い」ので

「見逃されている感染致死者の数がかなり多く無い限り」、

「実際の致死率は現状言われている致死率の三分の一程度である事が推定出来る事に成る」。

「インフルエンザの様に、ワクチンも専用の治療薬等も無い状態」で

「日本では、致死率0.6%の毒性」と「推定出来る」のが「該当ウィルスの実態に成る」。

「上記の推定計算は、感染快復者の数をかなり多く見積もった上」だから

「感染快復者の数をより少なく見積もる」なら

「更に感染者が増える事に成り、致死率は下がる事に成る」。

「この段階でも既に、大きな疑問に成る」のは

「感染快復者の数の多さの訳」で

「欧米諸国の実状」からすれば「異常な程高い、日本での該当ウィルスの毒性排除力が浮かび上がっている事に成る」。

「其の裏に在るモノは何か?」

・・・「上記の様な実態探究等をより行い易くする」のが

「抗体検査の結果の大衆周知」だ。

「感染を検死するダケのPCR検査は大絶賛状態で、

感染ダケでは無く感染快復者等も判る抗体検査には、異常な程、懐疑的な常連出演者も居る」し

「該当ウィルスの場合は、抗体を持っていても、再感染する旨等大喧伝するご用達感染学者等も居る」が

「検査キット自体の信頼性はPCRより少々下かも知れない(実際は、大差無いと推定出来る)が

検体採取が容易な抗体検査の信頼性確度も、

検査キット自体の信頼性は抗体検査より少々上かも知れない(実際は、大差無いと推定出来る)が

検体採取が簡単では無いPCR検査の信頼性確度も大差無い」のが「実態」だし

「実用上でのメリットが相応に大きい事は同じ」で

「粘膜感染のあるウィルスに対するデメリットがあるPCR検査より、

血液・傷口感染は無いと推定される検体採取時の感染等のデメリットが無い抗体検査の方が有用性が高い事に成る」のが

「実態」だ。

「抗体があっても感染する事は事実」でも

「既に、抗体を持つ人」と「抗体の無い人」とでは

「感染後の重症化率等が圧倒的に違う」のも「事実」だ。

「韓国では抗体を持つ人の再感染の場合、重症化はゼロ」だそうで

「其の辺りから推定する」と

「中国共産党支配下の中国での抗体がある人の再感染での重症化の裏」には

「何か別の原因が在る事」が「推定出来る事に成る」。

「{長生き}ウィルスでもある該当ウィルスの場合、

検査場所に該当ウィルスが在るなら、

其のウィルスが被検者の鼻や喉の粘膜上に載っていたダケでも、

PCR検査で陽性が出ても何の不思議も無い事に成る」。

「本格的再感染とは言えない状態でも陽性に成り得る状態が在り、

他の原因で肺炎に成るなら、

該当ウィルスの抗体があっても、肺炎が重症化してしまっても何の不思議も無い事に成る」。

「該当ウィルスにだけスポットライトが当てられている状態」では

「該当ウィルスの感染が検知された肺炎重症化者・致死者等は、皆、該当ウィルスによる肺炎による重症化者・致死者等として

対応・処理等され易く成っていて当然」で

「其の様な状態が在る」なら

「中国共産党支配下の中国での抗体を持っているのに重症化」等の「事態」も「怒り得る事に成る」。

「更に、独裁政権故に、不適応分子粛清工作等が在る」なら「其の辺りの可能性も排除出来得得ない事に成る」。

「何れにしても、抗体を持てている事のメリットは大きい」のに

「其れを大した事では無い事であるかの如く公共の電波上で大喧伝等している」のは

「本当に変」だ。

「多くの視聴者等に、安心や落ち着き等では無く、不安やストレス等を与えたい」なら

「合理的にも成る、ある意味、酷く、劣悪な情報配信実態が其処に露呈している事に成る」。

「そうでは無い」なら「是正が必需に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「スーパー(超・・・チョウ・・・朝)に行くのを三日に一度に!」と

「北朝鮮系とも言われているあの小沢氏の下で政治を学んだ小池都知事が要請している事」を

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の実験掌握割り合いも高いテレビ等が、大喧伝している」が

「果たして、其の説得力は???」

「もちろん、三日に一度にする」とは「三日分の買い物を一度に!」であり

「例えば、お年寄り等に其れを求めるのはどうか!?」とも「直に思えてしまう事でもある」。

「生ものを三日分も買うなら、三日目にはアブナイ場合もある筈」で

「其れ故の、食中毒等別の実害が大いに不安に成る」ばかりか、

「何時も三日目は生もの無しの生活で大丈夫な人ばかり・・・でも無い筈」だ。

「相応に大きな冷蔵庫等も要る事に成る」し

「重いモノを避ける必要性が出てしまう」なら

「食生活バランスも崩され易く成る」。

「ステイホーム!」って「犬じゃあるまいし、そんな事を言われると、かえって外出したくなる自由主義者等の数も多い筈」だ。

「独裁圏なら命令・指令等に民を従わせる方法が当たり前に成るのかも知れない」が

「自由・民主主義圏では、民の納得に基づく合理的な対処行動等を多くの民自身が自発的に行い易くする情報配信等が非常に重要に成る」。

「該当ウィルス問題」なら

「先ずは、市中感染率と免疫・抗体保持者割り合いと該当ウィルスによる肺炎致死者数の経時変化情報」を

「原寸大で伝え続けると共」に

「該当ウィルスの正体探究情報も意識的かつ積極的に配信し続ける事」こそが

「合理的に成る」。

「該当ウィルスの市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合い等の実態を知る事が出来る」なら

「今時の多くの自由・民主主義圏の人々」は「該当ウィルスに対する合理的な対処行動が取れる様に成る」。

「例えば、

市中感染率が約1割で市中免疫・抗体等保持者割り合いが1~2割である事が判ったなら、

即座に、多くの人々が、外に出る事が非常に感染の危険性が高い事に気づき、

上から命令や要請などされなくても、必然的に家に引きこもって居たく成る」し

「市中感染率が約1割でも、市中免疫・抗体等保持者割り合いが7~8割もある事が判ったなら、

多くの人々が、感染問題の終焉も近い!等の希望を抱ける様に成ると共に、気を付けながら外出する等の合理的対応等を選択し易く成る」。

「上からの命令や要請等など無くても!」だ。

「現状の様に、{脅し}!情報配信等を軸に、

多くの人々の中で不安・恐怖心・ストレス・不信感等々を増大させると共に、免疫力の低下等まで誘い

其の様な状態に陥らされているが故に頼る者・物・事等を求めがちに成らされている人々に向かって、

如何にも頼れるリーダーは私だ!とばかりに、

行政首長等がカタカナ言葉冠付きの要請等を行ったり、

其れをテレビ・ラジオ・マスコミ等の常連出演者や常筆等が、頼れる者は如何にも私だ!と言わんばかりに、賛美したり、批判・非難等したり、

等々しているやり方」は

「まるで、旧社会・共産圏の共産党等の指導者的やり方」で

「自由・民主主義圏の多くの人々にとっては、本当に、違和感満載で、呆れる様な状態に成ってしまっている」。

「東西冷戦はとっくの昔に西側の勝ちで終わっている」。

「選挙も無いから、未だに、旧東側の物たち等が大きな実験を保持し続けているまま・・・の

戦後日本の情報・教育界のある種の実害が地方首長選び等にまで及んでいるが故に、

自由・民主主義圏の首長とは思えない様な実態を露呈している首長等が少なからず生まれてしまっている事」は

「民意の下で、東急に是正する、させるべき、戦後日本の重大問題の一つに他ならない」』。

『「該当ウィルスの実害実態」が

「欧米諸国と日本とではかなり違っている裏には何が在る?」

「其の差を埋めるべく、あらぬ非人道的な工作活動等が行われている状態が露呈している裏に何が在る?」

「其の辺りから漂って来ている異臭」が

「北朝鮮金政権等の臭いである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染しても無症状で無症状者からの感染もある{長生き}該当ウィルス」が

「元のウィルスを持っていたコウモリを育て、

色々な科学物質・薬剤等も含む、普通は其のコウモリが食べない様なモノを与えたり、

電磁波・放射線等々を当て続けたり、等々する事により変異を誘い、

変異したウィルスを集め、其の感染実験を不適応分子等を使って行っていた

北朝鮮製のウィルス工作兵器等であり、

其の感染実験で症状の出なかった不適応分子が再教育プログラム上で

外貨稼ぎの為に中国武漢に覇権された事が

元で中国武漢からの感染騒ぎが始まった可能性」は

「決して小さく無く」、

「其の前世代のウィルス工作兵器の感染実験が日韓内等で行われていた可能性も決して小さく無く」、

「其れらが重なる」なら

「其の前世代の同類ウィルス工作兵器の感染実験が行われていなかったが故に、

該当ウィルスに対する免疫が全く無い状態の欧米諸国と日韓とでは該当ウィルスによる被害の大きさが大いに違い」、

「其の様な実態を誤魔化す為の情報工作」として

「北朝鮮のオトモダチも多い、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

感染ダケを大問題化した大騒ぎと

感染ダケを検知するPCR検査の大推奨と

象徴的感染者や感染致死者を利用した{脅し}!情報配信による多くの視聴者・読者等の免疫力低下誘い」等々を

「行い続けているのでは・・・」等の

「感や思いが、浮上させられ続けて来ている状態」の

「視聴者・読者等の数」も「決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても、該当ウィルスが自然発生ウィルスである場合と、ウィルス工作兵器である場合では、其の解決法も全く違う事に成る」。

「該当ウィルスの正体解明の必要性等を十分に訴えていないマスメディア等は本当に変に成る」。

「該当ウィルス問題の実態・実体解明も外せない」。

「市中感染率や市中免疫・抗体等保持者割り合いの調査だけでは無く、

市中工作活動等の徹底調査・摘発等も必需に成っている実態も露呈し続けて来ている」。

「対等ウィルスか?別のモノか?は不明だが、何等かの付着すると増えて来るモノを付けて来る、吸わせる、者たちの集団が居る事」は

「事実」であり

「換気扇や窓から、其の同じ臭いがする事もある」のも「事実」だ。

「街中に工作電磁波を発生させている設備機器等々が溢れているのも事実」だ。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

音同様の縦波ドット・パルス波で、直進性も高い、

より疑似高周波化する様に経時変化し続けて来ている、

工作電磁波を、

何等かのモノの散布工作道具にも使う」なら

「帯電していて、静電誘導等も可能に成っている何らかのモノを、ターゲットに向かって直進的に当てたり、

ターゲットが通るところ等に大気団として残したりする事も可能に成る筈」で

「其の様に考えると合理的に成る実態を露呈している老若男女を問わない集団が在る事も事実」だ。

「工作電磁波も大気工作も元は一緒」で

「監視工作・情報教育工作・飲食物工作・医療工作・侵入工作等々まで在り続けて来ている」のが

「拉致工作までもが行われてしまったまま・・・状態のスパイ・工作活動天国状態の

戦後日本社会の実態」だ。

「数多くの非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている集団」が

「ウィルス感染実験だけはやらない」とは「限らない」し

「大気工作にも、化学物質等だけでは無く、細菌・ウィルス等の感染実験等も在る事が推定出来る」。

「マスコミ人等なら、とっくの昔に分っていて当然の状態が其処に在る」のだから

「スパイ・工作活動問題の解決!等を訴え続けて来ているマスメディア等が在って当然」なのに

「其の辺りが、皆無状態のまま・・・という辺り」からも「情報工作等の濃厚な臭いが漂って来る」。

「情報工作等では無い」等というのなら、

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス問題の本質解明にも大いに有効に成る抗体検査にケチを付けているマスメディア等や常連出演者・常筆等は本当に変」だ。

「誤魔化し工作等、悪の思惑等が無い」のなら「是正が急務に成っている実態が其処に露呈している事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「象徴的致死者{脅し}」や「慶応大学病院データ市中感染率{脅し}」等が、他の番組では「金正恩自首隔離{無事}」等が公共の電波上で大喧伝等されていたが・・・。

『「50歳代軽症感染検知者の一人」が「自宅待機中に急変して死亡してしまった事」を「受けて」、

「自宅待機ではアブナイぞ~!」等と「{脅していた}様相でもあった」のが

「テレ朝朝番常連出演者等の実態だった」が

「もちろん、言うまでも無く、急変には相応の原因が在る筈」で

「普通なら、先ず訴えるべきは、急変の原因解明を直ぐにでも!」等に「成る」。

「原因がはっきりしない状態」では

「自宅待機が良く無いのか?否か?等も、ホテル等隔離や病院等では同様の事態が起きないのか?」等も

「???のまま」で

「本当に適切に成る対応等も???であって当然に成る」から

「実質的には、原因???のままの自宅待機ダメ論等の実体」は

「正体が判らない情報を喧伝する事による{脅し}!等に成ってしまっている事に成る」。

「該当ウィルス問題発生以降、一貫して感染・PCR検査基軸で、実体・実態情報が圧倒的に不足している情報配信を行い続ける事により、

多くの視聴者等を実質的に{脅し}!

不安や恐怖心やストレスや不信感等々を煽り続けて来ているテレビ情報等により、

テレビ情報にも大いに接し続けられ易く成る、自宅待機者やホテル内等隔離者等の精神状態を悪くさせた事」が

「免疫力の低下を誘い、急変を招いてしまった可能性だって決して小さく無い筈」だ。

「何れにしても、急変の原因解明抜きの論」では

「どんなに優等生ぶり、正義ぶり、公共の電波上等で大喧伝等したところで、

本質的な説得力がある訳も無い」。

「其れ」は

「専門家会議の感染を終息させる為に人と人との接触を8割削減!提言でも全く同じ」だ。

「市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも該当ウィルスによる肺炎致死者の数の増減も???のまま、

専門家会議等と如何にも賢く頼れそうにも思える冠ネームを前出しにした

実質的には、其の会議のメンバーの何処まで科学的か???状態の論等に基づく行動規制等」を

「多くの日本国内の人間たちに求める{天動説}的{宗教}的大衆{支配}のやり方」は

「明らかに、時代遅れ」で

「多くの人々の納得を得た合理的な対処行動等を具現化する為の今時の手段」が

「科学レベルで判明させる事が出来た関連重要データの大衆周知に基づく、合理的対処行動等の推奨等に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス問題」なら

「先ずは、

該当ウィルスの正体探究と

市中感染率と

市中免疫・抗体等保持者割り合いと

該当ウィルスによる主たる重大実害である該当ウィルスによる肺炎致死者の

経時変化(正体探究は其の時点までに判明させる事が出来た事実・現実)」を

「大衆周知し続ける事」こそが「必須に成っている」。

「其れらの関連重要情報の大衆周知が十分に行われる」なら

「其れこそ、誰もが、該当ウィルス問題を、実態・実体通りに、其の時々、原寸大で理解・把握する事が出来る様に成る」から

「納得の上で、冷静に合理的な対処行動等を具現化し易く成る」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前の正道上のやり方を行わず、行おうとせず、

{天動説}的{宗教}的大衆支配のやり方を行おうとし続けている事」は

「本当に変」だが

「其の裏に相応の理由が在る」なら

「先ずは、其の理由を大衆周知するべき」だ。

「市中感染率を推定する為に有効にも成る検査データが慶応大学病院から出された」。

「慶応大学病院に来た患者の内、新型コロナウィルス関連では無い人々を何十人かPCR検査したところ

其の約6%が感染者であった事が判明した」のだそうだ。

「其処から、京王大学病院に行く事が出来る範囲の市中の感染率もほぼ同様に成るのでは」等の「推定」が「可能に成る」が

「其れは、市中感染率ダケ」で「市中免疫・抗体等保持者割り合いは含まれていない事」は

「絶対に忘れるべき事では無い事に成る」。

「同じ市中感染率6%でも、

市中免疫・抗体等保持者割り合い

例えば、

1~2割と

6~7割では、

該当ウィルスによる危険度の状態は

然違う事に成る」。

「市中感染率約6%で、市中免疫・抗体等保持者割り合いが1~2割しか無い」なら

「其れこそ、徹底した隔離状態を構築した方が合理的に成る事にも成る」が

「市中感染率が約6%でも、市中免疫・抗体等保持者割り合いが6~7割」なら

「市中に免疫保持者の防波堤が在る状態とも言える」ので

「其れ程、徹底した隔離策等は必要も無い事に成る」と「共」に

「該当ウィルス問題の終息も見えて来ている事にも成る」。

「其の差は絶大に成る」のだから

「市中感染率ダケを言う」のは「明らかに、変な事に成る」。

「多くの視聴者等を{脅し}!免疫力等の低下を誘う為の工作情報配信等」なら

「安心材料にも成り得る市中免疫・抗体等保持者割り合い等関連の情報は圧殺・黙殺等する」と「共」に

「{脅し}!の道具と成り得る、

感染{検知}者数が増えたゾ~!多いゾ~!情報や

感染ダケを検知するPCR検査の大推奨!や

他の人を感染させる事が出来てしまう状態の人々ダケが基軸に成る市中感染率ダケを基にした

市中には例えば、16人に一人他の人を感染させる事が出来てしまう状態の人々が居るゾ~!{脅し}!等が

合理的に成る事に成る」。

「該当ウィルス問題で、

本当の実態・実体把握を阻害し続け、

{脅し}!を主軸にした情報配信を行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に酷く、劣悪に成り、

是正が急務に成っている事はもはや言うまでも無い事に成る」。

「未だ、免疫・抗体等保持者割り合いが判らないなら、早急に其れを調査・検査すべき論を言い、

市中感染率ダケでは現状の本当の危険度等も判る訳も無い旨も言えば良い」。

「当たり前の、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上に在るべき情報配信内実が其処に在る」。

「該当ウィルス問題のメディア情報配信上」なら

「在って然るべきモノに成っているモノの一つ」が

「何故、岩手と北朝鮮は感染者ゼロ!の実態・実体探究~解明情報」だ。

「該当ウィルス自体の実態・実体探究~解明情報と共に、異常な程、疎かにされているモノ」が

「其処に露呈している」が

「其の辺りも、該当ウィルスの正体に繋がっているのでは・・・」等の

「感や思い等を抱かされてしまっている視聴者・読者王の数も多い筈」だ。

「そして、日本の中で、上記の様な変な状態がまかり通ってしまっている事の裏に在る、

其の様な状態では無いと困る集団の存在」が

「日本国・政府等の変な対応の原因に成っているのでは・・・」等の

「感や思い等も、抱かされてしまっている視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「何れにしても、其の辺りの真相解明も必需に成っている」。

「マスコミ人等なら、意識的かつ積極的に行っていて当然に成る{仕事}が其処に露呈している」。

「本当のマスコミ人等によるスクープ等が近々生まれる」なら

「日本の自由・民主主義も、相応に機能している事に成る」』。

『「該当ウィルスによる象徴的致死者8({脅し}!の具{製造}の為か?不適応分子の粛清か?は、不明だが)の様相を露呈させられている

50歳代自宅待機感染者の急変致死の裏に在る事」として

「テレビ等の情報による不安・恐怖心煽り~ストレス増大~免疫力低下等が考えられる事は前記した」が

「其れ以外」でも

「換気の為の窓開け時等に、該当ウィルスの悪の実効を出させ易くする工作大気を吸い込まされていたり、

炎症や心不全・内臓不全等や不安・心理不全状態等を引き起こさせる実効も在る工作電磁波の照射や

飲食物工作等の可能性も否定出来無い事に成る」。

「自宅待機なら、ピンポイントで不適応分子の粛清工作も可能に成る」し

「マスメディア情報等により該当ウィルスによる急変が在る事等が公然化されている」なら

「本当の原因」は

「例えば、音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

より疑似高周波側に経時変化し続けている複数和音的縦波電磁波による

不安状態~免疫力低下状態誘いと炎症化促進等による、

炎症不適応分子粛清工作等だったかも知れない」が

「該当ウィルスの感染が在るダケ」で

「死因は、該当ウィルスによる肺炎致死でオシマイにされる処理が行われている」のが

「実態」だろう。

「該当ウィルスの正体」は

「自然発生か?」

「工作兵器か?」等も

「未だ、はっきりしていない」が

「工作兵器だったなら、そんな非人道的な工作兵器を創り出したり、其れを実用したり、する可能性があるところ」は

「今時、限られている」。

「其の政権が行った事の政権交代による再検証等の無い独裁政権国家が其れに当たり、

日本の近隣では、中国共産党支配下の中国と北朝鮮が其れに当たる事に成る」。

「該当ウィルスによる検証者からの急変が在る事」は

「中国共産党支配下の中国で言われ始めた」が

「其れが、元々肺炎という病気自体によくある現象である範囲を超えている」なら

「不適応分子粛清工作が含まれている可能性も浮上して来る事にに成る」。

「日本国内にも、中国共産党支配下の人々が多数居る」が

「日本国内でより多い」のが「北朝鮮金政権等の支配下の人々」で

「選挙も無い、戦後日本の情報・教育界等で大きな実験を保持し続けて来ている者たちも数多い」。

「どちらの独裁政権下であっても、

其の辺りの人々と、

該当ウィルス感染急変致死者等の関係性」は

「検証されて然るべき事に成る」し

「本当のマスコミ人等なら、探究し、解明出来た結果を、スクープ等としてでも、大衆周知する大きな{仕事}が

在る事にも成っている」。

「筆者の周囲{にも}、工作員や其の協力者なんじゃないの・・・的実態を露呈し続けている人々が少なからず居る事」は

「以前から、時々記している」が

「気づいていないダケで、筆者同様の状態の中に居続けさせられている日本国内の人々の数もかなり多い筈」だ。

「何しろ、其のスパイ・工作活動員や其の協力者等の集団は、少なくとも何十万人~レベルの様相」で

「筆者の周囲では、何十人かに一人くらいの割り合いで、存在している実態が露呈し続けて来ている」。

「郵便物やネット・電話等や部屋の中の筆者の行動等の監視工作も在る」し

「電磁波工作も大気工作等もある」。

「虫好きも要る様」で

「車や玄関の扉等に、あらぬ虫(弱っていて動けない状態だったり、死骸の場合が多い)が置かれている事もしばしば・・・」だ。

「侵入工作まで行っている」。

「かなり多くの部分が人物特定まで含めて既にバレている状態に在る」が

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制では、

未だ、筆者に重大な実害が出ない状態では、

本格的な摘発等が非常に行い辛い状態なのだそうだ」。

「筆者の場合は、工作等の悪の実効が出ない様に対策を行い続けて来ているから、現状でも此の様にブログアップも出来ている」が

「対策抜き」なら

「重大な実害が出てしまっても当然・・・のレベルにまで、昨今の工作電磁波は強化されて来ている」。

「経時変化により、より疑似高周波化する事は、イコール工作電磁波自体が持つエネルギーも大きく成る事」で

「疑似高周波化する分だけ反射もし易く成っている」が

「反射出来ず通り抜けた工作電磁波の威力が増している事」は

「色々な現象から良く判る」。

「道路の信号制御機や鉄道のポイント切替え制御機等やエアコン室外機や商業設備建物等電源設備や

電話線設備・ケーブルテレビ線設備・電線設備等々、

外に出ているが故に、工作員でも工作電磁波ハード・ソフト等が仕込み易く成っている至るところに、

機会がある度に仕込み続けている実態も露呈している」。

「警察・公安等は当然、既に把握済みの筈」なのに

「未だに、放置状態」というのも

「現状までの戦後日本の多くのメディア情報配信や所謂、文系の学校教育等の様に、本当に変』だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体解明も市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも、肺炎致死者数の増減等も???のままでは、どんな対策が適切に成るのか?も???で、例え、要請等しても、其の説得力も???」なのに大元に成る情報の調査~大衆周知を未だに、行っていないのは???等々と???状態故に誘われる不安・ストレス等の増大工作が続けられている様相ですらあるが・・・。

『「タイトルの事態の様な、本当に異常なマスメディア等情報配信状態が続いて来てしまっている」。「何故か?」

「其れでも、近々抗体保持等の{調査}は、ようやく行われる事に成りそう」だが

「此のウィルスについては、抗体を持っていても、十分な効力があるのかは疑問だ!」

「抗体検査の正確性も???だ!」等の

「抗体検査・調査等汚し情報の大喧伝を付けた情報配信を行っているテレビ番組や常連出演者等が多い」。

「もちろん言うまでも無く、

抗体検査・調査等は、例え、其の正確率がPCR検査と同レベルの6~7割程度だったとしても、

大いに有効」で

「実際の正確率」は、

「鼻の奥や喉の粘膜を採取するが故に検体採りが難しいPCRより

少量の血液で済む検査の抗体検査・調査等の方が、高く成る可能性が大きい事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「検査キットの差で正確率が変わる」のは「PCR検査も抗体検査も同じ」なのだから

「当初から感染の有無を確認するダケのPCR検査ダケを大推奨!」し

「感染の有無ダケでは無く、免疫・抗体等の保持具合い等まで判る抗体検査等には否定的状態」の

「マスメディア等の情報配信の裏」には

「何等かの思惑や理由が在る事」が「強く推定出来る事に成る」。

「感染・PCR検査基軸のメディア情報で埋め尽くす事により、

埋め尽くされた人間社会内の人々の中に、不安・ストレス・不信感等々を起こさせ、

其れを現政権・現体制否定の政治・社会運動等にして行く思惑等が在る」なら

「相応に合理的にも成る実態が露呈している事に成る」。

「多くの人々に該当ウィルスに対する冷静で合理的な対応を行い易くするマスメディア情報配信」なら

「該当ウィルスの正体探究情報」や

「市中感染率」と

「免疫・抗体等保持者割り合い」と

「該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死者数の増減」等の

「経時変化情報」等を

「大々的に配信し、大衆周知状態を構築する事」等が

「合理的に成る」。

「多くの事実・現実の実体・実態把握が出来得ない情報の中」では

「不安・恐怖心・ストレス・不信感等々が誘われ易く成り、免疫力の低下等も誘われ易く成る」が

「実体・実態把握を助ける情報が得られる」なら

「落ち着き・冷静さ・合理的対応・信頼等々が誘われ易く成り、免疫力の増大等も誘われ易く成る」のは

「幽霊の正体を枯れ折れ花と知る事が出来たなら、もはや其の幽霊は恐れなく成る等の事態」からも

「良く判る事に成る」。

「感染を大問題化すれば、社会体制等も壊され易く成る」が

「実害・実益基軸で原寸大対応を行い続ける」なら

「不要な破壊等は防げる事に成る」。

「実害・実益基軸の原寸大対応を行う為に欠かせない事」は

「実体・実態把握に成る」のだから

「先ずは、実体・実態把握!」が

「当初からマスメディア等で訴えられ、

実体・実体把握をする為に有効に成る手段の実行!が強く訴えられていた」なら

「マスメディア等の情報配信状態は健常だった事に成る」が

「実際は、当初から、封じ込めも出来ていなかった事が判っていても、

感染・PCR検査基軸で、不安や恐怖心等を煽り、ストレスを増大させ、不信感や免疫力の低下状態等を誘わせる情報配信内実状態のまま・・・」なのだから、

「其の劣悪さは、明らか」で

「未だに、十分な是正の無い実態等からは、明らかな悪意まで感じさせられる状態に成っている」。

「悪意等が無いのなら、早々のちゃんとした是正が必需に成る」。

「当たり前の事」だ』。

『「金正恩重篤報道等も盛んに情報配信されている」。

「核放棄合意で、粛清された可能性大の金日成」、

「拉致工作を認めて、粛清された可能性大の金正日」、

「米国との交渉失敗で、粛清されたかも知れない金正恩」、と

「北朝鮮の象徴(御輿の上)役」は

「本当にお気の毒な実態を露呈し続けて来ている様相でもある」が

「金正恩の後は、妹の与正!という情報も既に大々的に配信されている」のが

「日本の多くのテレビ・マスコミ等の実態」だ。

「其処には、相応の理由が在る事」が「容易に推定出来る」。

「北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配を実現させる為の工作の為」に

「勝つまで常在戦場」で

「朝鮮半島に帰る事を{許されていない}日本国内に居る北朝鮮金政権等の下の者たち(国籍{は}日本の場合も多い)等」が

「非人道的な集団連続強化茹でガエル式スパイ・工作活動等を世代間連鎖までさせて行い続ける事により

日本の乗っ取り支配等を具現化させる為には、

在日の母を持つ者や其の子孫等が北朝鮮の象徴であり続けている等の大義名分も要る事に成る」。

「殺害されてしまった朝鮮人の母の金正男等が北朝鮮の象徴なら、

日本の乗っ取り支配に大義名分が無く成る事に成る」ので

「例え、金正恩が亡くなってしまっても、同じ在日の母を持つ妹の与正が象徴に成るのだから、

今まで通り、日本乗っ取り支配の為の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を行い続けなさい!」の

「命令・指令」を

「日本のマスメディア等を使って、大々的に工作員や其の協力者等に周知する事」が

「必需に成っている」等と「容易に推定出来る事に成る」。

「其の辺りのバックグランド」と

「該当ウィルスに対する劣悪なメディア情報配信内実や学校教育等内実」には

「大いなる相関関係が在る!」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者・読者・生徒等もかなり多い筈」だ。

「何れにしても、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の徹底摘発・撲滅等が必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス対策も、もちろん重要に成る」が

「該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器だったなら、

日本の中の北朝鮮金政権等の下の非人道的なスパイ・工作活動等を徹底的に摘発等する事も、

該当ウィルス対策として大いに有効に成る事に成る」。

「日本国政府・警察・自衛隊等々の本気の対応」が「今、激烈に求められている」』。

『「生活必需品の買い物等で筆者が外に出た時にも、アヤシイ人々に遭遇する事が多い事」は

「既に、何回か記している」。

「同じ臭いのする大気団の置き土産をする為に距離を詰めて来る人々の実態」として

「ポケットに手の平を入れている場合と、口の開いた手提げバッグや少々口の開いたところのあるリュック等を保持している場合が多い事」から、

「其の手口の実態もある程度推定出来る事に成る」。

「ポケットに手を入れている場合は、何故か?筆者が要る側のポケットに手を入れている場合が多く、

擦る様な動きは観察出来ず、まるでスイッチでも押しているかの如き小さな動きが観察できる場合が多い」。

「バッグの場合は、バッグの握り等にスイッチが在る様相でもあり、リュックの場合はスマホをスイッチにしている様相でもある」。

「何れの場合も、該当の人間自体に其の臭いが付いているなら、大気団の置き土産状態が其の人間が動くところ全てに残されていて当然に成るが

置き土産された後、少々、其の人間の後を付いて行っても、其の臭いは無い」。

「明らかに、筆者等、ターゲットにした人間の要るところで、スイッチを押し、同じ臭いのする大気団を置き土産している実態が露呈している」が

「其の様な置き土産は、不特定多人数により行われている」。

「老若男女を問わず、組合員(農協等も含む)風の人々や学生風の人々や新興宗教堕胎信者風の人々等々、

上辺は多種多様」だが

「同じ臭いのする大気団置き土産」は「同じ」だ。

「静電誘導等により衣服等に付着させられてしまう場合が多い、

置き土産大気団が、

ある程度以上多く付着してしまう」と

「何故か?細菌やウィルスの様に増えて来る実態も観察出来る」。

「次第に臭いが強く濃厚に成って来る」ので

「とても着続ける気に成れなく成る」ので

「家に戻ると直に脱ぎ、消臭剤をかけたり、洗濯させられたり、する状態に成る」。

「出来るだけ早い対応を連続で行い続けている」ので「悪の実効が筆者のところで具現化する事は無い」が

「対応抜き」なら「どんどん臭いが増大して来る事に成る」し

「其の様な状態なんじゃないの・・・」と

「感じたり、思ったりせざるを得ない状態の衣服等を着ている人々にも、時々遭遇する」のが

「日常」だ。

「其れらの人々が、何等かの発症等していないなら、良いのだが・・・」。

「当然、上記の様な実態は、既に、警察等も判っている筈」で

「其れでも、未だに、実効のある対策が採られていないところから」も

「拉致工作までされているのに、未だに、スパイ・工作活動等天国状態のまま・・・」という

「戦後日本の重大問題点」が「浮上して来る事に成る」。

「十分な実効のあるスパイ・工作活動等対策を訴えるのでは無く、

旧日本軍の特高警察等を持ちだして、スパイ・工作活動等を行う事自体が悪であるかの如きイメージで大喧伝等し続けて来ている

情報配信者や教育者塔からは

北朝鮮労働党等とのオトモダチ等の濃厚な臭いが漂って来る」が

「其の様な状態の人々が、未だ数多く政権与党状態というのが、

選挙も無い、戦後日本の情報教育界の実態」だ。

「実効のあるスパイ・工作活動等対策は直にでも実践すべき事に成っている」し

「戦後日本の情報教育界の実権者等人脈も含めた是正も本当に急務」だ。

「該当ウィルスが自然発生ウィルスでは無かった場合」には

「該当ウィルス問題の解決が、日本の非人道的なスパイ・工作活動等問題の解決にも繋がる可能性も相応に大きく成る事に成る」。

「果たして、該当ウィルスの正体は?」

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いと肺炎致死者数の経時変化の実態は?」

「直にでも明らかにして、大衆周知するべき事が其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「{ウィルスを人工的につくる事など出来ない!}中国共産党ウィルス研究所員の海外向け大喧伝!」を昨日のテレ朝夕番等では大喧伝していたが・・・。

『「もちろん新たなウィルス自体を人工的に創り出す事は、今時でも、相応に困難」だが「既に在るウィルスを別のウィルスにする事」等は

「既に、出来る事に成っている」ばかりか

「既に在るウィルスや其処からつくられた別の新たなウィルス」を

「ウィルス工作兵器等とする事」も「可能に成っている」。

「例えば、あるコウモリが持っているウィルスが人間にも感染し、人間が感染するなら肺炎等の重大な実害をもたらす事もある事等が

既に、知られていた時代」に

「其の大元に成ったコウモリを捕獲して、自国に持ち帰り、

コウモリを増やすと共に、元々の環境とは全く別の環境下で育成する事により、

コウモリが持っていたウィルスの変異等を誘発させる事」は

「十分に可能な事」だ。

「新たなウィルスが出来上がった事が判ったなら、其のウィルスの実害等も確かめたく成って当然」で

「例えば、人権無視の独裁政権国家等の中なら、

不適応分子の何人かに感染させて其のウィルスの実害を検証する等の手段で

ウィルスの実害を把握する非人道的手段の実行も可能に成る」。

「不適応分子を国内ダケに求める必要性は全く無い」から

「例えば、其の独裁政権国家が反日国等だったなら、日本国内にウィルスを持ち込み感染実験を行う事で

其のウィルスの実害の実態を把握する実験等を行っていても当然に成る」。

「ウィルスの変異は何度も起こさせる事が可能な筈」で

「幾つもの新たなウィルスがつくられた」なら

「それぞれのウィルスの感染実験場所も別に求められて当然に成る」。

「自国内の不適応分子を再教育する時にもウィルス感染実験が行われた可能性も高く成る」。

「其のウィルス感染実験にも使われた再教育不適応分子が、

再教育プログラムの一環として、海外で外貨を稼ぐステージに上げられる事態が出来た時、

ウィルスを感染させたにも関わらず、一定期間無症状なら、其のまま海外に送り出された事」も

「推定出来る事に成る」。

「其の様な状態の外貨稼ぎ労働者等が中国武漢に送り込まれていた」なら

「其処から、今回の新型コロナウィルス大騒動が始まってしまった可能性がかなり高く成る」。

「外貨稼ぎの為に無症状の者を送り込んだ独裁政権国等」は

「中国共産党支配下の中国での該当ウィルスの特定に、そうとう焦った筈」で

「其の拡がりも、大いに心配していた筈」だが

「新型とされているコロナウィルスの感染力は強く、パンデミックに至った事」は

「世界の現状からも既に明らか」だ。

「感染が拡がり始めた頃」から

「火消し、隠蔽の為の情報工作等の必要性は明らかに成っている事に成る」が

「もっと気に成っていて当然に成る」のは

「同類のウィルスの感染実験を既に行ってしまっている国々等での実害実態が

其れを行っていない国々等と大きく違ってしまう事」で

「其の辺りを誤魔化す為にも、益々、情報工作の必要性が高まった事態」等が

「推定出来る事に成る」。

「該当独裁政権国家等が日本の手下・お仲間等に{頼んだ}事」が

「該当ウィルスの正体探究は疎かに、感染と感染ダケを検知する検査の大喧伝を行い続ける事により、

多くの人々に不安や恐怖心等を持たせ、免疫力の低下を招く事により、該当ウィルスによる実害を大きくする事等だった」なら

「該当ウィルス問題が始まってからの、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信内実との整合性が高く成る実態」を

「否応無しに、感じさせられたり、思わされたりする、情報配信実態」が

「日本国内で露呈し続けて来ている」。

「該当ウィルス騒動当初の頃」は

「該当ウィルスの毒性はインフルエンザ以下で恐れる必要も無い!等の旨の大喧伝もあった」が

「感染の拡がりが世界中に!と成るに連れて、其の様な論は圧殺状態に追いやられ、

感染したら、大変だゾ~!(みんな不安に成って、免疫力を下げろ~!)的論調ばかりが主にされて来ている」。

「市中感染率や免疫・抗体等保持者割り合い等の調査」という

「感染の実態把握の為には必要な事」も

「実質的に、圧殺・黙殺状態にされたまま、

無症状でも軽症でも感染したら隔離!を大推奨して、

医療関係者の負担を増加させ、

実質的には、

医療崩壊気味にする事による実害の増大等が誘われ易く成る状態を

是としてしまう人々の数を増やさせる、情報配信が、

多くのマスメディアで行われ続けて来ている」。

「其の様な多くのマスメディアに、

実質的には、マインドコントロールされ操られている状態に陥らされてしまっている人々の民意」が

「政治にも反映され、緊急事態宣言が出され、自粛だ!休業要請だ!等々と実質的には、経済衰退化をもたらす事等による実害を増大させる方向に、

日本社会を動かせさせて来ている」。

「市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも判っていないまま!」で

「本当に適切に成る対応も判らない状態のままで!!」

「更に、休業補償だ!日本に在住している人々全員に10万円(工作員・協力者等の外国人等も居る事が確実なのに!)配れ!

10万円じゃ少ない30万円にしろ!等々」と

「騒ぎを大きくして、実害を増やさせる方向に導く論等ばかりが、主として大喧伝され続けている」。

「欧米での抗体検査実行を受けて、今頃に成ってようやく、抗体検査にも大きく言及する様に成ったマスメディアも多い」が

「未だに、多くのマスメディア上では、抗体検査に対するケチが大喧伝されている状態」だ。

「信頼性確度約60%程度(採取時に1割程度の{少ない}失敗・検査確度を約7割の{高さ}として)の

粘膜を削るが故に深部感染を助けている可能性も決して小さく無い(此の辺りも実害増大には好都合に成る)

PCR検査の問題は、本当に少々しか喧伝等して来ていないのに!」

「其れ程、日本の感染実態や免疫・抗体等保持者割り合い実態等が判ってしまったら困る事態が裏に在るのだろうか!」等の

「感や思い等を抱かさせられざるを得ない実態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「外出等自粛!テレワーク大推奨!」からも

「大気工作(ウィルス工作も入っている可能性大)や

「電磁波工作(炎症や脳・内臓等々の不全状態も招く)」や

「飲食物工作(直に警察沙汰に成る強毒等混入の場合は極々稀で、多くは弱毒や有害物混入だが、継続摂取や他の工作との重なり等、濃度が高まると悪の実効が出易く成る)や

「医療工作(専門性が高くバレ辛いので、極稀に強烈な事が行われてしまう事もあるが、多くの場合は、如何にも善意の裏で悪化誘導等)」や

「情報工作による不安・恐怖心・ストレス等煽りによる免疫力低下や八つ当たり事件等の実害増大)」等々の

「非人道的な工作により実害を増大させる為にも必要に成る」、

「ターゲット特定や工作仕掛けや効率が良く成る工作仕掛け場所把握等の為の情報盗み出し等々には好都合!」等の

「臭い」が「漂って来る」。

「何れにしても、工作等と無縁」なら

「実体・実態把握の為に有益に成る情報(其れが未だ無いなら、其の必要性や行うべき事の大喧伝!)の大衆周知により、

多くの人々が現実の地平面に立ち易く成る状態を得られ易く成る事で落ち着き易く成る情報配信を行うべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状までは、

まるで、あらぬウィルスパンデミックを引き起こしてしまった、何処かの独裁政権等を庇い続ける為の情報配信内実の様・・・で、

本当に変」だ。

「そうでは無いと言うのなら、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「其の被害も工作で大きくする事も、工作を止めて小さくする事も、可能に成る事に成る」。

「今頃に成って、

肺炎致死者の感染検査数が増えたから!等では無い理由で、

日本国内の該当ウィルスによる肺炎致死者の数が急増している」なら

「該当ウィルス工作が大々的に仕掛けられている可能性が大きい事にも成り得る」。

「自宅待機大推奨!の中、食料品等生活必需品の買い物に出ると、

距離が離れている事が大推奨されているのに、何故か?距離を詰めて来る者の存在が在り、

同じ臭いのする静電誘導で付着する様相の大気団置き土産を老いて行く事や、

其の同じ臭いは、特定の家々や店等々の換気扇や窓からも出ている場合がある事」は

「以前の記事にも記した」。

「家に居て、換気したら、其処から其の大気団やウィルス工作兵器が・・・」なら

「該当ウィルスによる実害が増えても当然に成る」し

「もし、病院内や隔離ホテル内に工作員等が入り込み、

エアコンや換気口から、ウィルス深部感染の助けに成るモノや、

(何しろ、感染者なのだから、在って当然の)該当ウィルスをもっと、もっと・・・状態」なら

「相応に実害が大きく成ってしまっても当然に成る」。

「粘膜を削るPCR検査同様、十分に注意し、実体検証するべき実態が其処に露呈している事に成る」。

「もし、該当ウィルスと同類のウィルスに対する免疫・抗体等を既に、保持出来ている」なら

「例え、該当ウィルスに普通に感染させられたところで、重症化してしまう可能性はかなり小さい事に成る」。

「該当ウィルス感染問題が大々的に言われる様に成ってから、既に、半年近い年月が経っている」が

「欧米諸国の実害実態より日本や韓国の実害実態が遥かに小さい事」が「露呈している」。

「其の裏に在るモノ」が「同類のウィルスに対する免疫・抗体等なのか?否か?」も

「ある程度推定出来る様に成る」のが「市中免疫・抗体等保持者割り合いの検査・調査」だ。

「検査に完璧性を求める事よりも、実用に成るデータが得られる検査を一刻も早く大々的に行う事の方が、

遥かに重要な事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「冒頭~の仮の推定の様な

感染しても無症状の者も居て、無症状者からの感染も在る、該当ウィルスの特性故のあらぬ事態からのパンデミックでは無く、

意図的なウィルス工作による報復経済制裁等なら、

該当独裁政権等の悪質度は更に高い事に成る事」等も

「決して、忘れるべき事では無い」。

「意図的な報復経済制裁等では無い、該当ウィルスの徳性故の過ち」なら

「早々に自首し、他の非人道的スパイ・工作活動共々ウィルス感染実験等を完全放棄する事が、

独裁政権等の保身にも繋がっている事に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自然発生ウィルス」と「ウィルス工作兵器」とでは、

「適切に成る解決法が全く違うモノに成る」。

「正体も感染実態も良く判らないままの対処法では、余分な実害が増え易く成る」。

「ウィルス対策」は

「正体解明と感染実態や免疫・抗体等保持者割り合い等の実態の把握」から

「冷静に、最適解を導き出し、其れを大衆周知しながら落ち着いて行うべき事」だ。

「正体解明と感染実態や免疫・抗体保持者割り合い等の実体把握を行おうともせずに、

感染研知者数で大騒ぎし、感染検知ダケの検査を大推奨等し続けて来ているマスメディア等の状態」は

「本当に、異常」で

「其の異常さの裏に、実体隠蔽の為の情報工作等が在る」なら

「其れは、本当に悪質な事に成る」。

「そうでは無い」のなら

「健常状態の論等への正常転換が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルスの正体は、「自然発生か?」「中国共産党のウィルス等研究所からの流失か?」「北朝鮮の工作兵器か?」等・・・。

『「感染自体を抑えるべく大きな対策を行ったところで、免疫・抗体等が得られていない{感染可能な}人々が多数残っている限り、

第二波・第三波に襲われる」のは「該当ウィルスが、自然発生ウィルスだったり、流失~拡大ウィルスだったりした場合」で

「該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「工作を行っている、行わせている元を撲滅等すれば、第二波も第三波等々も起こされる事が無く成る可能性が大きい事に成る」。

「此の意味からも、該当ウィルスの正体解明は非常に重要な事に成る」。

「正体解明の為には、該当ウィルスの{遺伝子}から、他の同じ{遺伝子}系を見つけ出す事による大元の推定」と

「該当ウィルスの感染実態と免疫・抗体等保持者の実態を調べる事からの推定」が

「大いに有効に成る」。

「該当ウィルスの感染同道の大元」は

「中国共産党支配下の中国武漢で重症の肺炎に成った人間から未知のウィルスが発見された!事」と

「未知のウィルスを発見した事と其れを世界に{遅れずに}通知した事を誇った中国共産党等」を

「世界中のマスメディア等が大喧伝した事」だった。

「大騒動化した事」で

「早急かつ短絡的な対策」や

「多くの人々のパニック的病院押し寄せ等々が誘われた事」は「否定出来無い事実」だろう。

「其の結果、数多くの、本来なら犠牲に成らなくて済んでいた筈の人々の犠牲まで出てしまう状態に成ってしまった」と「共」に

「最初から徹底的に探究すべき該当ウィルスの正体の探究も疎かにされてしまった」のが「実態」と「強く推定出来る」。

「もし、該当ウィルスが自然発生ウィルスだった」なら

「重症化したが故に該当ウィルスの特定にも結び付いた感染者の前」に

「其れこそ、膨大な数の感染者が居て当然に成る事」が

「容易に推定出来る」のは「該当ウィルスの重症化率が低い事」等からも「明らかな事に成る」。

「普通に考える」なら「既に、感染者自体はかなり数多い状態に成ってしまっている」なら

「閉鎖も隔離も無い筈!」だ。

「其れでも、中国武漢を閉鎖・隔離したのが中国共産党だった」し

「其の後も、感染自体を大問題化した閉鎖・隔離策が世界中で広まっている」。

「もちろん、或る区域を閉鎖しあところで、其の中にウィルスが在る」なら

「普通の生活をしているダケで、其の中のほとんど全ての人々がウィルスに感染する事に成る様な状態に成ってしまう」。

「其処で、閉鎖策には自宅待機が付けられるのが、通例に成っている」。

「人の移動と接触を妨げる事により、ウィルス自体が既に感染している人以外に移り、増えるチャンスを無くす策」を

「採る事」により、

「既に感染している人々には、快復し免疫・抗体を持つか?快復出来ずに死亡してしまうか?」の「二択を与える」と

「共」に

「感染していない人々には、他の感染者もいるかも知れない人々との接触を断つ代わりに、ウィルスの感染も断つ一択」を

「与えている事に成る」。

「該当ウィルス」は「既に、全世界に広がってしまっている実態を露呈している」が

「感染研知者数と重症化者数や致死者数」には

「何故か?国々によって、かなりの差が在る」。

「感染研知者数は、感染検知検査を積極的に大量に行っているか?否か?で大きな差が出来る」のも「当たり前に成る」が

「重症化者数や致死者数」は

「同じウィルスへの同じ人類の感染」なのだから

「該当ウィルス」が

「人類が未だ免疫を保持出来ていない、全く新たな自然発生ウィルスだった」なら

「何処の国々でも同じレベルであって当然に成る」のに

「実際は、大差が在る状態が露呈している」。

「其の原因に成り得る事」は

「該当ウィルス対策の違い」と

「医療体制の充実度合い等の違い」と

「免疫・抗体等の保持の有無」等に「成る」。

「該当ウィルス対策の違い」が

「国々で違う事」は「其れこそ世界中の多くの人々が既にご存知の事」で

「軽症者まで含めた感染者を病院に集めて治療しようとした事」等により

「医療崩壊や、更なる急激な感染拡大を招いてしまったところ」が

「医療崩壊を起こしてしまい、其の結果として、数多くの致死者を出してしまった事」も

「其れこそ世界中の多くの人々が既にご存知の事」だろう。

「上記の要素を取り除いて」も

「未だに、重症化や致死者数には国別で大きな違いが在る」。

「其処で浮上して来る」のが「免疫・抗体等の有無の違い」だ。

「もし、免疫・抗体等が既に保持出来ている人々が居る」なら

「該当ウィルスが全く新しい自然発生ウィルスである可能性は低く成る事に成る」。

「該当ウィルス、或いは、該当ウィルスと同様のウィルスへの感染自体が、

今回の中国武漢発の大騒動の前に在った事に成る」。

「どの様な場合に、其の様な事が具現化するのだろうか?」

「例えば、該当ウィルスがウィルス工作兵器であり、

該当ウィルスより毒性の弱い同類のウィルス工作兵器による感染実験等が

該当ウィルスによる重症化者数や致死者数が少ない国々等で行われていた場合」には

「其の様な事態も在り得る事に成る」。

「其の様な場合」なら

「該当ウィルスは、自然発生ウィルスでも、ウィルス研究所等からの流失でも無く、

ウィルス工作兵器の置き土産等の可能性が強く成る事に成り、

其れを行ってしまったところが在るとする」なら

「北朝鮮金政権等が、

世界レベルでの経済制裁の一環として、

中国武漢に送り込んでいた外貨稼ぎの為の北朝鮮海外労働者(北朝鮮軍工作兵の場合も在る)の秘儀上げまで強いられた事に

反発し、

ウィルス工作兵器の置き土産を置いて来た事」等の

「可能性が浮上する事に成る」。

「其の様な場合、今回の世界中での大騒動は、北朝鮮金政権等による報復経済制裁の実態も露呈している事に成る」。

「日韓での重症化者数・致死者数が非常に少ない事」も

「該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器なら、

其の前に、日韓内等で、同類のより毒性の低いウィルス工作兵器の感染実験等を行っていた可能性も高い事に成るので、

合理的に説明出来る事に成る」のは

「北朝鮮金政権等による非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の基本的やり方」が

「ウィルス兵器なら、最初は、ほとんど無害のウィルス兵器で感染実験を行い、

其れが、バレなければ、次には、少々毒性を上げて・・・と、茹でガエル式のやり方に成っているから」だ。

「工作電磁波でも、飲食物工作でも、侵入工作でも、医療工作でも、情報・教育工作でも同様」で

「多種多様な茹でガエル式スパイ・工作活動等を集団で連続して増強しながら行い続ける事により、

最終的には、其の国と国民を北朝鮮金政権等の支配下に置ける様に、

長い時間がかかる事など厭わず、異常な程の執念で、行い続けて来ている実態」が

「少なくとも、日本国内では露呈している」。

「其の辺りの実体があるのか?無いのか?」を

「判別する事にも有用に成る」のが

「日本や韓国の国内での市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの大々的{調査}に成る」のに

「何故か?或いは、北朝鮮金政権等の手下化している場合が多いのである意味、当然、

日韓のテレビ・ラジオ・マスコミ等では

感染の有無を調べるダケのPCR検査には積極的でも、

市中免疫・抗体保持者割り合い等のウィルスの正体を暴く事にも繋がっている検査・調査には、

異常な程、消極的なまま・・・」だ。

「其の辺りからも、該当ウィルスが北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器である臭い」が

「濃厚に漂って来ている」。

「では、重症化してしまう人々と重症化しない人々とでは何が違うのか?」

「現状までのマスメディア等で大喧伝され続けて来ている事」は

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が重症化し易い」が

「若い、元気な人々でも、重症化する場合もある」等に「成っている」が

「其れは、該当ウィルスが自然発生だったり、研究所等からの流失だったりした場合」だ。

「ウィルス工作兵器だった」なら

「濃度で粛清!」が「北朝鮮金政権等の工作の肝である実体」からも

「高いウィルス濃度でより深部に感染させられた人々が重症化し易い」に「成り」、

「他の電磁波工作や飲食物工作や医療工作等々の非人道的工作の濃度も高い人々程、

より重篤化し易い事に成る」。

「もちろん、其の様な実体が直にバレる様なやり方は、工作では行わない」から

「全体としてのパイの中」では

「如何にも、

自然発生ウィルス等ならの場合等・・・の状態」が

「主として表て立つ様にしながら、

内実としては、不適応分子の粛清も混ぜるやり方」が

「実践されている」のが「実態」と「推定出来る事に成る」。

「筆者は、

本日も、食料品等生活必需品の買い物の為に、表に出た」が

「相変わらず、人と人との距離を取る事が推奨されているにも関わらず、

距離を詰めて来る者たちが居る」し

「其れらの者たちのほぼ全て」が

「同じ臭いのする大気団の{置き土産}をして行く」。

「静電誘導等で付着すると推定される{置き土産}」が

「顔面に付いた様相だった」ので

「しばらく放置していた」ら

「臭いが少しづつ強く成って来たと共に、顔面の皮膚が突っ張って来る感じに成った」ので

「何等かの、増えるモノであり、皮膚を突っ張らせる性質もあるモノである事」が「強く推定出来る」。

「其の様な{置き土産}をしに、近づいて来る人々の集団」が

「日本国内に(も)居る」のだから

「其の辺りの実状からしても、該当ウィルスが北朝鮮の置き土産である可能性は、相応に高い等」と

「感じたり、思ったり、させられてしまう人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「米国トランプ政権は、中国共産党のウィルスである可能性にも言及している」が

「其れなら、日韓での少ない重症化者数と致死者数が???に成る事にも成る」。

「自然発生ウィルスでは無い」なら

「北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器である可能性が、かなり高い」等と

「感じたり、思ったりしている」のは「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「何れにしても、該当ウィルスの正体解明は外せない」。

「(北)朝鮮系の者たちも多い、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「北朝鮮の潔白を証明する為」にも

「免疫・抗体等の検査・調査に、もっと、もっと、積極的であって当然に成る」が

「北朝鮮が黒と知っているが故に、免疫・抗体等の大々的検査・調査等は、黙殺・圧殺状態」なら

「其れは、北朝鮮のお仲間の証明にも成り得てしまう事に成る」。

「其の様な場合でも、

勝ち目の有る訳の無い北朝鮮と心中する気では無い」のなら

「免疫・抗体等を大々的に検査・調査等するべき!論等を意識的かつ積極的に大喧伝等する事」が

「合理的に成っている事に成る」のだから

「免疫・抗体等の検査・調査等を大推奨等していない状態の是正」が

「急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日のテレ朝朝番では、

常連出演者等が

高額所得者である筈なのに、

10万円貰える貰う旨喧伝し、貰ったら寄付する旨大喧伝していた」。

「工作資金等としての寄付はしない旨の大喧伝無き寄付の大推奨」が

「工作資金等への寄付の指令・推奨等に成っている可能性の臭い」等を

「漂わせていた」のだから

「工作資金等への寄付は絶対にダメ!の旨」や

「日本の中の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は徹底摘発するべき!等の旨」くらい

「ちゃんと大喧伝する事も付けて、優等生ぶり、正義ぶるべき」だし

「其れが出来ない、工作を仕掛けている側に居る」なら

「日本の公共の電波上での常連出演者等の重要な立場が不適切に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「一律10万円給付には、非人道的なスパイ・工作活動等の資金等に流されてしまう危険性がある事」くらい

「何処の局の番組でも何処の社の紙面でも、十二分に情報配信するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来てしまっている、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の徹底摘発・撲滅等」は

「本当に急務」だ。

「該当ウィルスが其のスジのウィルス工作兵器だったなら、其の実体解明が、徹底摘発・撲滅の大きな入り口に成る事にも成る」。

「やけを起こすなら、アッと言う間に国ごと無くなる」のが「北朝鮮の実態」で

「連綿と非人道的なスパイ・工作活動等を続けさせたところで、既に、全く勝ち目が無く成っている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「早々に、核・ミサイル・非人道的なスパイ・工作活動等を感染放棄して、

{自首}する事でしか、

延命は、困難な状態に成ってしまっている」のが

「北朝鮮金政権等の現状」だ。

「カウントダウンは、既に、始まっている」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「新型コロナウィルスストレス増大情報配信等を行い続けて来ている、常連出演者等が、コロナ・ストレスを問題化して優等生ぶり、正義ぶり、反現政権政治運動等まで行っていた」等の様相も露呈していたが・・・。

『「人々の不安やストレス」等は「実態・実体把握が出来ていないが故に起こされる事」等は「幽霊の正体見たり枯れ折れ花!」等からも

「良く判る」。

「其れは、該当ウィルス問題でも同じ」で

「該当ウィルスの実態・実体把握を不十分にした、させたまま、

多くのマスメディア等で

該当ウィルスに対する感染を大問題化して大喧伝し、

本当は、大量に行っていない事が余分な深部感染~重症化等を防いでいる可能性もある、PCR検査が大々的に行われていない事も、大問題化して大喧伝し続ける」なら

「多くの視聴者・読者等の中で、実態・実体把握が出来ているなら不要に成る余分な、不安や恐怖心やストレス等までもが

生み出され続け易く成ってしまう」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「其の様な情報配信実態を露呈し続けて来ていたテレビ番組や其の中の多くの常連出演者等」が

「コロナ・ストレス」を「問題化する事」で

「優等生ぶったり、正義ぶったり、しながら、ご都合論等を、更に、公共の電波上で大喧伝等したところ」で

「本当の問題解決に結び付く訳も無く、更なる、不安や恐怖心等やストレス等が多くの視聴者等の中に生じ易く成る」のも

「ある意味、極めて当然の現象に成り、

更に、其の先に、

本当に頼れるリーダーの大推奨まで付けている」と「成れば」、

「もはや、確信犯で、推奨するリーダーに頼るタイプの精神構造状態に

多くの視聴者をマインドコントロールして追い込んでいる」等としか「思えない」。

「全ての人類の精神構造が

他者支配/他者による被支配の乳幼レベルの精神構造から

自己健常支配を軸にする成人レベルの精神構造への

健常成長する事が強く求められている今時にしては、

酷く、悪質な情報配信実態が其処に露呈している」。

「まるで、頼れる独裁者の下の有益分子も民に成りなさい!とでも言っている様な内実のある、

今時としては、酷く、劣悪に成る情報配信等が

自由・民主主義圏の国である日本国の公共の電波を使って、連綿と大々的に行われ続けて来てしまっている状態」は

「本当に、異常」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ご用達感染学者(?)の

毎日の該当ウィルスによる致死者数が増えているゾ~!{脅し}!情報配信にも本当に呆れた」。

「2月に比べて、現在は約10倍もの人々が日々該当ウィルスで死んでいる!の旨、大喧伝していた」が

「言うまでも無く、2月と現在では、感染検査の数も全然違う」。

「感染検査の数が10倍に成っているなら、該当ウィルスによる死者が10倍に成っていても、致死率は同レベルと成り、

感染検査の数が20倍に成っているなら、該当ウィルスによる死者が10倍という事は、致死率は半分に成っている」というのが

「学問的当たり前の世界」だから

「致死者数ダケを言うのは、明らかに、オカシく、検査数も言うのが当たり前に成る」が

「学問や事実・現実等では無く、{脅し}!が目的なら、合理的に成る情報配信実態が其処に露呈している事に成る」。

「日本社会の現実」としては

「例年、年間約10万人レベルの人々が肺炎で死亡している」から

「日々に換算すると、大雑把に言って毎日300人くらいの人々が、肺炎で亡く成っている」。

「其の中で、該当ウィルスが主たる原因である事」が

「どんな検査法の検査、総検査数〇〇の内から確かめられた

該当ウィルスによる死亡者の数」等の「公表」なら

「現実通り原寸大の実態情報配信等に成る」から

「其れを視聴等した人々の中でも、冷静に受け止められ易く成る」。

「日々の肺炎致死者数の数の増減を日々告知するダケでも、

該当ウィルスの主たる実害の実態が多くの人々に理解・把握され易く成る」のは

「日々の肺炎致死者数がどんどん増えて来ている」なら

「下手な{脅し}!抜きでも多くの人々が該当ウィルスの感染自体も用心する様に成り易く」、

「日々の肺炎致死者数が減って来ている」なら

「相応に、安心感等も生まれ、齟齬の無い感染防止対策以外の経済・社会対策等がどの様なモノに成るのか?等も

想起し易く成る」。

「其の辺りをより冷静に、安心して、想起し易くする為に大いに有益に成る情報配信内実」が

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの経時変化に成る」のだから

「多くの人々の落ち着いている冷静な対応行動を引き出す為のメディア情報配信等なら、

免疫・抗体等の血液検査を大々的に行う事」こそが

「大推奨等されていて当然の事に成る」。

「多くの視聴者・読者等の不安を煽り、

独裁者のような凄く頼れそうな何処かの誰かに頼らせる精神構造を持たせる為の情報配信」なら

「実態・実体情報はロクに配信せずに、

感染自体を大問題化したり、

ウィルス感染の検知は出来ても、免疫・抗体等の有無は判らない、PCR検査ダケを大推奨したりする事や

快復した人々や其の数や、免疫・抗体等保有者割り合い等の実態把握情報等は圧殺・黙殺状態にしたまま、

象徴的感染者や象徴的被害者ダケを偏重大喧伝等する事」等が

「合理的に成る事に成る」。

「今時の人間社会で、どの様な情報配信内実が適切に成るのか?」は「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「劣悪情報配信の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの正体解明も外せない重要事」に「成っている」のは

「自然発生ウィルスとウィルス工作兵器とでは適切に成る対処法が全く違うモノに成るから」だ。

「自然発生ウィルスなら、該当するウィルスへの対策だけで必要十分に成る」が

「ウィルス工作兵器だった場合」なら

「該当するウィルスへの対策だけでは無く、工作元の解消・撲滅等が必需に成る」。

「北朝鮮系とも言われている、

民主党政権の頃には大量の議員等まで連れて中国共産党を表敬訪問した実績も持つ、

剛腕小沢氏は、岩手県の政治家でもあり、岩手県は小沢王国とも言われている」が

「何故か?北朝鮮同様岩手県も公表されている該当ウィルスの感染者が異常な程少ない(ゼロ)」。

「該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「中国共産党への情景訪問のお礼!」や

「北朝鮮製の工作兵器故!」等の

「事態が露呈している様な状態でもある・・・」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「ウィルス工作兵器であった場合」なら

「感染を創り出すも、終息させるも、工作を仕掛けている側次第と成る」が

「従北政権化されている状態の韓国では総選挙で従北政権が圧勝」し

「圧勝の裏に在るのが、該当ウィルス対応が評価されたから!」との「報道等も在る」。

「更に、日本の中のTBSも含む朝鮮度が高いマスメディアでは、

何故か?韓国のウィルス対応の大賛美!が度々行われている」。

「言うまでも無く、感染自体を封じ込める対策」では

「ワクチン等が出来、実用されるまで、免疫・抗体保有者は増えない事に成る」から

「感染者を増やさない為には、海外に該当ウィルスが在る限り、鎖国状態を続けざるを得なく成る」。

「当然、経済的衰退は避けられない事と成る」ので

「経済に頼れなく成る状態に追いやられる多くの韓国国民の中では、経済に代わる頼れる何か?」を

「求める精神構造等が生まれ易く成る事にも成る」。

「如何にも頼れそうな、絶対的権力を持つ独裁者等に頼らせたい思惑が在る」なら

「好都合に成る該当ウィルス対応が韓国のウィルス対応の実体でもある」のに

「其れを、大賛美!」とは「本当に変」だ。

「日本も従北化!等の思惑がある」なら「合理的に成る実態」が「其の辺りにも、露呈している事に成る」』。

『「基本的に自宅待機が大推奨されている中で、生活必需品等の買い物の為に外に出る」と

「少々注意するなら、人と人との距離を取る事が大推奨されている」のに

「距離を詰めて来る人々の存在にも気づく事に成る」。

「距離を詰めて来る人々のほとんど」が

「背後から、見ていない方から、等々で、風上に着きたがり、

置き土産として

同じ臭いのする静電誘導等で衣服等に付着し易い大気団を置いて行く」のも

「同じ」だ。

「其の同じ臭いの大気団」は

「ところどころの家々や、換気扇からも出て来ている」。

「集団的に、意図的に、{何か?}を行っている者たち等が日本国内に居る実態が其処にも露呈している」。

「街中の交差点の信号制御ボックス」や

「鉄道のレールポイント切替え制御ボックス」等々からも

「工作電磁波が発せられている事も在り、其の数や割り合いがどんどん増やされている様相でもある」。

「どちらも、エアコンの室外機同様、外に常設だから、

工作員等や実際は工作員の設備業者等が、空けて、工作電磁波発生ハード・ソフト等を、平然と、堂々と仕込み易い場所に在る物でもある」。

「工作電磁波」は「コントロールハード・ソフト{も}仕込む事で、オンオブや照射方向や強さ等々も調整可能に成っている様相」だから

「先ずは、発生だけを仕込み、次に、コントロールハード・ソフトを仕込む事等も推定出来る事に成る」。

「もちろん、仕込みには、費用が掛かる事に成る」が

「金融投資界で稼ぐ事が困難に成っている昨今、

外国人も含む日本在住の人々への一律10万円給付等が

悪の工作組織にとっての有用性も持ち合わせている事」等は

「絶対に、見逃してはいけない事に成る」。

「支配下の者たち等にも一律で給付される10万円から寄付を集めたり、上前をはねたりする」なら

「支配下の人々の人数次第」で

「~何億~何十億~の工作資金を得る事」も「可能に成っている」のが

「現実」に「成る」。

「戦後日本社会の中で、

連綿と行われ続けて来ている、

日本国・日本国民を乗っ取り支配する為と強く推定される、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等」への「実効の有る対策」が

「今こそ、本当に、非常に重要に成っている事」は

「決して忘れてはいけない事に成る」。

「日本のマスメディア等なら、大々的に訴えていて当然に成る事」が「其処に在る」し

「日本の政権なら、本気で取り組んでいて当然に成る事」が「其処に在る」。

「日本国政府与党や警察・自衛隊等が、

本気を出して、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている集団を

徹敵的に摘発する時は、何時に成るのだろうか?」

「其れとも、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を仕掛けている元の撲滅の方が早いのだろうか?」

「どちらにしても、地球消滅前で無ければ意味が無い事に成るが」』。

『「何れにしても、

変な、異常な、

多くの人々に不安や恐怖心等やストレスを生み出させ、

何かに何者かに依存させようとし続けている傾向が

該当ウィルス問題の勃発と共に一気に強まった

戦後日本のマスメディア等による情報配信や学校教育等」の

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「全員に十万円支給で懸念される事」や「小沢大國岩手の感染者数の訳は?」等・・・。

『「一律十万円給付を望んでいたのは野党勢力だったし、与党の公明党でもある」が

「例えば、信者が10万人いる新興宗教団体の信者に、一律10万円が配られる」なら

「信じん深い信者から該当団体への一部、或いは全部の寄付等も大いにあり得る事と成り、

例え、其の平均が一人辺り1万円だったとしても、其の団体は10億もの資金が得られる事に成る」。

「与党公明党の支持母体である創価学会等なら、其れを非人道的なスパイ・工作活動等の資金にする事も無いだろう」が

「政権交代や日本の従北政権化等を企んでいる、

ばかりか、

非人道的なスパイ・工作活動等まで行い続けていたり、其れに協力したり、させられたりしている状態の

新興宗教団体等なら、

集める事が出来た資金を非人道的なスパイ・工作活動等をより強化する為に使う可能性も在る事等」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「全世界の該当ウィルス感染大騒ぎ!~閉鎖・行動制限等状態故に、金融投資界での工作資金稼ぎが困難に成っている現状」で

「喉から手が出る程、欲しく成っている事が容易に推定出来る、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続け、増強・拡大等し続ける為の資金」が

「全員一律10万円支給というやり方故に、日本国から引き出せてしまう状態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「上記の様な事が推定出来る以上、

全員一律給付をするなら、其れと共に、

非人道的なスパイ・工作活動等を徹底的に摘発する事で

多くの日本国民の安全を守る事」が「必需に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「其の辺りに言及しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者・常筆等は皆無状態」だ。

「本当に、異常な状態が其処に露呈している事に成る」し

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「例えば、日本を北朝鮮金政権等の支配下に置く為の、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

仕掛けている側」なら「合理的にも成る実態が其処に露呈している事にも成る」。

「其の様な実態・実体等が無い」等というのなら、「早々の是正が当然に成る」』。

『「あの剛腕小沢氏(北朝鮮系と言われている)の王国とも言われているのが岩手県」は

「該当ウィルスの感染(検知)者数が他の都道府県に比べて異常な程少ない状態が続いている」。

「感染検知検査を行っていないのか?」

「本当に感染者がいないのか?」

「・・・本当に不思議な実態が露呈している事にも成る」が

「北朝鮮も公式発表では該当ウィルス感染者無し」だから

「其の辺りとの共通性からも、其の共通性の裏に、何等かの実体が在る事」等が「推定される事にも成る」。

「該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器だったなら、

感染者無しの様な状態を意図的に創り出す事も可能に成る」し

「絶対に、小沢氏には感染させたく無いから、岩手県内では、ウィルス工作を行わない」等の

「{作戦}も実行可能に成っている事に成る」。

「東北地方の多くには、元々の冬の自然気候への適応故、言葉少ないコミュニケーション等の

感染抑止には合理的に成る精神文化があり

都市部を除いて、家々の間隔も離れている場合が在る」から

「東北全体で他の地方に比べて感染(検知)者数が異常な程少ない」なら

「其の辺りに其の訳がある事が推定出来る事にも成る」が

「東北の他の県は岩手程では無く、同様に、或いは、もっと寒い北海道では、感染(検知)者数が多い」。

「其処には、何らかの訳が在る事に成る」が

「其の辺りに言及しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や其の常連出演者・常筆等も、異常な程少ない」。

「そんな実態からも、ウィルス工作等の臭い等を、強く感じさせられてしまっている視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「自然発生ウィルス」と「ウィルス工作」では「適切に成る対処法も全く違う事に成る」のだから

「其の辺りの実態解明が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、其の辺りへの言及が異常な程少ない」。

「工作を仕掛けている側なら、合理的に成る実態が露呈している事に成る」が

「工作を仕掛けている側では無いのなら、是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「出来る限り早く、出来る限り大々的に、血液採取による免疫・抗体等検査(調査)を行い、

ウィルスの正体解明にも役立てるべき」だ。

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いと該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死者数の経時変化」が

「当たり前の様に、マスメディアで日々刻々と大衆周知される状態に成る」なら

「多くの視聴者・読者等が、該当ウィルスの感染状態の実態も、重大被害の実態も、終焉時期の推定等も

行い易く成り、

其の結果として、合理的で冷静な対応行動等も具現化し易く成る」と「共」に

「該当ウィルスの正体の推定も行い易く成り、本当に必要に成っている解決の為の策等も理解・把握・賛同等し易く成る」。

「逆に、市中感染率・免疫保持者割り合い・肺炎致死者数の経時変化等の該当ウィルス関連重大情報を隠蔽・圧殺・黙殺状態にし続ける」なら

「多くの視聴者・読者等の中で、本来なら不要な不安や恐怖心等を起こさせ易く成り、其の結果として免疫力低下や問題行動等も誘発し易く成り、

該当ウィルスの正体も不明なまま・・・では、

例え、其れがウィルス工作兵器であったなら、其の十分な対策を行う社会的合意の形成も困難に成り、

結果として、工作を仕掛けた方が、何度でも同様の工作を仕掛けられる状態を温存してしまう事に成ってしまう事に成る」。

「健常なマスメディア等なら、どの様な情報配信を行う事が適切に成るのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「非人道的な集団連続強化茹でガエル式スパイ・工作活動等の解消抜き」に「人類に長い~永い未来は在り得無い」。

「該当ウィルスが其の工作の一部である可能性が、決して小さく無い事を推定出来てしまう実態が露呈し続けて来ている」。

「現状では、該当ウィルスに感染しているダケ」で

「例え、電磁波工作による致死でも、飲食物工作による致死でも、精神的・経済的等圧迫による致死でも、

其の実体が十分に解明される事無く、

感染致死で処理されてしまう可能性が非常に高く成っている」。

「該当ウィルスにより、

非人道的な粛清工作等を仕掛けている側にとって、都合の良い状態が出来てしまっている状態に成ってしまっている事に成る」。

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を徹底摘発する」なら

「まるで、霧が晴れた様に、該当ウィルスの正体も判り易く成る筈」だ。

「人類、或いは、地球生命体細胞群の存続の可否が試験されている状態でもある現状」で

「重要な選択を誤る事の罪は絶大に成り、其の結果が、人類滅亡や地球消滅等と成ってしまう事」は

「決して、忘れるべき事では無い」。

「日本の場合」は、

「一刻も早く、

非人道的な集団連続強化茹でガエル式スパイ・工作活動等というチリを、

取り除く事が

今、激烈に求められている」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、相変わらず「宣言!や象徴的感染者等と感染検知者の数で大騒ぎ!」等のテレビ等が多い中、ようやく「血液採取による抗体検査(調査)が行われる」様に成りそうだが・・・。

『「信頼性確度約60%程度で粘膜を削る検査でもあるPCR検査」は「最初から問題点も指摘せず大推奨!状態だった」のに

「抗体検査に関しては、問題点を強調する事により、PCR検査との併用等を訴えている常連出演者等ばかりを主扱いにしている

テレビ番組ばかり・・・の様相が露呈している」が

「其れ程、PCR検査を行い続けたい訳は何?!」等と「問いたく成っている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「PCR関連企業の株等で儲けようとする仕込みでもしてあったり、

該当ウィルスが工作兵器で、

工作の実効を上げる為には粘膜を削るPCR検査による深部感染救けを多数行う事により、

粘膜に該当ウィルスが乗っているダケで其のままで行くなら感染もせず該当ウィルスが排出されるダケの状態の人々を感染者にしたり、

より深刻化し易い状態の感染者の数を増やしたりする作戦でもある」等々なら

「合理的にも成り得る事態」が「其処に露呈している事に成る」。

「実害・実益基軸では無い、感染・PCR検査基軸での論で大衆を操り続けようとし続けて来ているマスメディアの状態」も

「最初から変」で

「其の辺りからも、{情報}工作の臭い等を感じさせられている人々の数もかなり多い筈」だ。

「該当ウィルスが、自然発生のモノでも、工作兵器でも、先ず重要に成る」のは

「該当ウィルスの正体探究と感染や実害等の実態把握である事」は「疑いの余地が無い」のだから

「普通に考えるなら健常な論として、当初から、先ずは、実体・実態把握が必要だ!の旨が大喧伝されていて当然に成る」し

「其の為に必要に成る、

市中感染率と免疫保持者割り合いや該当ウィルスの主たる重大実害である事が判明している肺炎致死者数の経時変化」を

「大衆周知すべく努力する」のが

「健常なマスメディア等の当然の役割りに成る」のに

「其の当たり前の基軸を外して、

感染・検査基軸で大騒ぎ!し多くの視聴者・読者等の中に不安や恐怖心等を抱かせ、実質的には、免疫力を落させ、対人不信等を煽って来ている」のが

「日本の多くのマスメディアが露呈し続けて来ている酷く、劣悪な実態」だ。

「市中感染率と免疫保持者数が判らない」なら「其れを確かめる方法を直ちにでも実践するべき!等と訴える」のが

「健常なマスメディア」で

「血液採取による抗体検査(調査)により、ある程度以上の実態把握が可能に成る事」等は

「少々の科学的知識等があるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」のだから

「当初から、血液採取による抗体検査(調査)により先ずは、市中感染率と免疫保持者割り合い等を明らかにするべき!」等と

「訴えていて当然に成る」のに

「実際に行っていた事」は「PCR検査!と感染{検知}者数が増えたゾ~!{脅し}!の大合唱だった」のだから

「本当に変」だ。

「そして感染自体を大問題化させ、感染しているなら無症状でも軽症でも隔離!を行わせる事」により

「実質的には、医療現場の負担を大幅に増大させた」のだから

「本当に、変」だ。

「実害・実益基軸で考える」なら

「無症状や軽症の感染者にとって重要に成る事」は

「他の人々に感染させない事に成る」から

「他の人々に感染させないで済むなら、自宅待機でもホテル等在住でも、良い事に成る」のだから

「何でも隔離で、医療現場の負担を増させない為にも、当初からそうするのが、当然に成る」。

「当初から完璧な隔離が必要に成る程、該当ウィルスの毒性が強いなら、話しは別」だが

「該当ウィルスの毒性実態からも、完璧対応までは必要が無い事等は、直にでも判る事」だ。

「そもそもPCR検査だって完璧では無い」のに

「其の後の対応ダケ完璧にさせようとして、実質的には、医療現場の負担を増させた」のは「本当に変」だ。

「主たる重大実害が肺炎致死である事」は「当初から判っていた」のだから

「肺炎致死者数の数の増減くらいは当初から取材して大衆周知していて当然に成る」のに

「其の辺りの大衆周知も無い」のだから「本当に変」だ。

「全体的に{情報工作}の臭いが漂って来る様な状態を創り出す事」で

「いったい何をやりたいのだろうか???」』

『「該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「該当ウィルスの毒性実態からして、以下の様な工作が可能に成る」。

「先ず、感染して、させても、ほとんどの場合で大丈夫な比較的若い年齢層の工作員・協力者等に感染させ、

免疫・抗体等を保持させて

例えば、ウィルスの入ったウィルスを殺さない溶剤を髪の毛やカバンやポケット等々に滲みこまさせ、付着させておく等の手段で、

ウィルス工作兵器を持たせ、

ターゲットにしている免疫学的弱者状態の者たち等に近づき、

その部分を擦り溶剤等を熱で揮発塔させる事等により、

ウィルスをターゲットに向かって漂わせ付着させる」。

「建物内等なら、窓や換気扇等から、ターゲットが其の前を通過する時に合わせて、ウィルスを漂わせれば良い事に成る」。

「其の工作濃度が濃い程、ターゲットが感染する可能性が高まり、

より多い感染は重症化を誘う事にも繋がっている事に成る」。

「更に、其の上に、炎症を誘う実効もある工作電磁波等を当て続ける工作も重ねる」なら

「工作濃度が更に高い状態の中にターゲットが置かれてしまう事に成り、重症化率等も更に上がり易く成る事に成る」。

「更に、飲食物工作等により内臓負担等も増させる」なら

「更に、ターゲットの重症化率が上げられてしまう事に成る」。

「其の様な状態と共に、{脅し}!情報工作による不安・恐怖心等煽りも重ねられている」なら

「心身両面から重症化が誘われ易い状態にされている事に成る」。

「そんな{工作}を集団が連続して強化しながら行い続ける」なら

「非人道的な、濃度で不適応分子を粛清する工作の相応に高い実効が出てしまっても、ある意味当然に成り」、

「其れが、例えば、日本国・日本国民を従わさせる為の工作だった」なら

「工作を仕掛けている国や独裁者等に日本国・日本国民が従わさせられてしまう時」が

「どんどん近づけられてしまっている事にも成り得てしまう」。

「該当ウィルスが工作兵器だった場合」には

「上記の様な可能性もある事に成る」のだから

「該当ウィルスの正体解明が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自然発生ウィルスとウィルス工作兵器では、適切に成る対処法も全く違う」のだから

「ウィルスの正体解明を大々的に訴えないマスメディアは本当に変」だ』。

『「伝家の竹刀、緊急事態宣言!が日本全国に出された」り

「国民一人当たり10万円配布という多くの人々の興味を引き付ける策も出された」り、

・・・と「多くの人々の興味」を

「該当ウィルス問題の実態・実体解明から逸らす為にも

マスメディア等が悪用出来る{道具}が与えられてる様相でもある」が

「抗体検査(調査)により該当ウィルスの正体や本当の感染実態等が判る」なら

「どんなに煙幕情報で大衆を操り続けていても、其れは虚しい結果しか生み得無い事に成る」。

「上記の様な批判・非難等を受けない様にする為」にも

「マスメディアなら、先ずは、該当ウィルスの正体解明と実態・実体情報の原寸大情報配信を基軸にするべき」だ。

「市中感染率と免疫保持者割り合いと肺炎致死者数の経時変化」が

「日々刻々と大衆周知されている」なら

「多くの人々が必要で合理的な対応行動を冷静に具現化し易く成る」し

「不要な不安・恐怖心等や対人不信感等も抱かせられ辛く成り、差別や不健常行動等も具現化し辛く成る」。

「更に、該当ウィルスの正体」が「どんどん解明されて行く」なら

「該当ウィルス問題の本当の解決」も

「同様の当たらな問題の再発防止や再発時でも即応し易く成る状態」も

「得られる事に成る」。

「ウィルスが工作兵器だった場合」は「工作自体を止めさせ、二度と行わせない事」こそが

「解決の為に必要に成っている事に成る」。

「欧米諸国より感染の拡がりも早く、実害も大きくて当然の状態に在る日本」なのに

「現状まで」では

「欧米諸国より感染の拡がりも遅く実害も少ない状態に成っている」が

「工作」により

「其れが急激に大きくされてしまう可能性も在る事に成る」のが

「ウィルスが工作兵器だった場合の実態」だ。

「もし、今後、其の様な実態が具現化する」なら

「該当ウィルスが工作兵器である可能性が益々高く成る事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、またまた出て来た「重症化85万人、内、49%死亡!」{脅し}と「韓国総選挙で従北政権大勝ちに役立ったウィルス問題からも益々、強く臭って来る、{北朝鮮ウィルス}の臭い」・・・。

『「専門家会議のメンバーから85(足すと13)49(足すと13)の{脅し}!が出された」が

「死亡率の49は%だった」ので

「テレビ番組によって大喧伝した数字が違っていたりして、

其の実態からも、{脅し}!からは、ブラックジョークの臭い」等が

「漂って来る感じさえもした」から「果たして、{脅し}!の実効は??」・・・。

「盛っていたのが報道ステーションの42万人(死人も連想させる数字でもあるから、{脅し}!としては正道とも・・・)」で

「41万人と、何処と無く、日本人平均寿命41歳説等の臭いが漂って来る、やや少な目の数値を大喧伝していたのが昨日のテレ朝昼番」で

「NHKニュースやフジの朝番等では、40万人(四=死、無い=ゼロ等のイメージも生まれる)と、もっと少な目の数値を大喧伝」だったので、

「元が同じ情報でも、大手メディアで喧伝される内容によって、其処から受けるイメージ等も変わって来る事」等が

「この{脅し}!報道問題からも良く判る事に成る」。

「何れにしても、市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも???のままでの実態離れしているシュミレーションである事」は

「直にでも解るレベルの{脅し}!」なので「其の実効は其れ程期待もしていないのでは・・・」。

「こんな事を行っている暇がある」なら

「血液採取による免疫・抗体等の調査を大々的に行う事で、

其の場所の市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合い等を

明らかにするべき」だ。

「本当の感染実態が判る」なら

「適切に成る対策も該当ウィルスの正体も、より判り易く成る」し

「本当の感染実態が不明なまま・・・」では

「適切に成る対策も該当ウィルスの正体も、

多くの人々が十分に理解・把握出来る訳も無い状態の中に置かれてしまう事に成ってしまい、

其の結果得られる事が、多くの人々の中での不安・不信・恐怖心等の増大であり、不健常行動等の具現化誘い状態等に

成ってしまい易い事に成る」。

「問題の規模が大きければ大きい程、其の差も絶大に成る」のだから

「先ずは、実態・実体解明に繋がる{調査}・検査等を行うべき」なのに

「多くのテレビ常連出演者等は、

未だに、検査と言えば粘膜を削るが故に該当ウィルスの深部感染の助けにも成ってしまっている可能性もあるPCR検査ばかりを主に訴え、

血液採取による免疫・抗体等の検査には、何故か?異常な程消極的な状態を露呈している」。

「まるで、実態・実体がバレると困るかの如き雰囲気まで漂わせている場合もあるのだから、本当に、変」だ。

「該当ウィルスが北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器」で

「北朝鮮金政権等の手下やお仲間や協力者等による情報配信なら、合理的に成る実態が其処に露呈している」。

「85万人重症化49%死亡の13・13脅し!からも31好きな朝鮮等の臭いが漂って来ている」。

「象徴的感染者の大喧伝等より、市中感染率と免疫・抗体保持者割り合いの{調査}であり其の結果の大衆周知」だ。

「大喧伝している内容」が

「多くの視聴者・読者等の実態把握を助け、実態把握が出来ているが故の冷静で適切な対応等を誘っているのでは無く、

多くの視聴者・読者等を{脅し}!

不安や恐怖心等を抱かせ、

不信感を増大させたり、

免疫力を下げさせたり、

不健常行動を起こし易くなってしまう状態に陥り易くさせられたり、

等々する悪の実効がある状態」の

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスが自然発生ウィルス」なら

「多くの人類が免疫・抗体等を保持出来ている状態に成るまで該当ウィルス問題は終わらない事が推定出来る」。

「ワクチンにより多くの人類が免疫・抗体を保持出来る様に成る事が理想」だが

「今のところ該当ウィルスのワクチンは無い」。

「該当ウィルスのワクチンが無い状態」でも

「年齢や免疫学的良好状態により、ある程度の数の人々が大きな実害を持たされずに該当ウィルスの免疫・抗体を得る事が出来る事」も

「既に、明らかに成っている」。

「例えば、40歳未満の免疫・健康状態が良好な状態の免疫・抗体等が保持出来るまでの一定期間の継続が可能な人々」等にとって

「該当ウィルスは、脅威では無く、実態としては{無償のワクチン接種}に成り得る事」等も

「既に、明らかに成っている状態」だ。

「此の辺りの実態は、決して小さな事では無い」。

「該当ウィルスの主たる重大実害が肺炎致死である事」からも「喫煙者はダメ」だが

「喫煙者では無い上記の状態にあてはまる人々」なら

「交通事故に合うより遥かに少ない確率の危険度しか無い」のが

「該当ウィルスの実害の実体に成る」。

「市中感染率と免疫・抗体保持者割り合い等の実態が判る」なら

「上記の様な該当ウィルスの毒性の実体とも合わせて、適切に成る対応法等も判り易く成る筈」だ。

「日本の場合、公表されている感染者の数字も感染致死者の数字も、他の国々に比べて圧倒的に少ない」が

「該当ウィルスが自然発生ウィルスだった」なら

「発生場所とされている中国共産党支配下の中国武漢からの距離も人々の交流も

欧米諸国より旺盛な状態だった日本での

実際の感染者数が公表されている数字程、少ない訳も無い」し

「もっと不思議に成るのは、致死者数の数の少なさ」だ。

「其の裏に在る理由」が

「免疫・抗体等保持者割り合いの高さ」である「可能性」も

「決して小さく無い筈」だが

「もし、そうなら、どうして免疫・抗体等が得られているのだろうか?」が

「疑問に成る」。

「また、年間約十万人レベルにも成る例年の日本国内での肺炎致死者数の中に、

該当ウィルスによる肺炎致死者も紛れ込まされている」なら

「其の実態解明が必要に成る」。

「PCR検査を大々的に行わなくても、肺炎致死者数の増減の経時変化からも、ある程度の推定が可能に成る」のだから

「肺炎致死者数の増減の毛時変化くらい国もマスメディア等も調べ、大衆周知するべき」だ。

「該当ウィルスの現状での日本での毒性」が

「インフルエンザの流行が小さかった分と相殺レベルの毒性なのか?」

「インフルエンザの流行が小さかった分より大きい毒性なのか?」

「インフルエンザの流行が小さかった分に少し加わる程度の毒性なのか?」で

「適切に成る対策も違って来る事に成る」のだから

「其の辺りを明らかにしない事」も「明らかに変」だ。

「該当ウィルスへの感染を問題にしない」と「医療現場がオーバーフローする!{脅し」!もあった」が

「市中感染率も免疫保持者割り合いも???の上での{脅し}!の説得力が薄く成る事」は

「もはや、言うまでも無い事」で

「更に、例えば、40歳未満の健康状態の良い非喫煙者の感染は問題にしない等のやり方」なら

「日本での其の年代の割り合いや其の年代の重症化率等からも、其れが医療現場のオーバーフローに直結しない可能性の方が大きく成る事」等は、

「市中感染率や免疫・抗体等保持者割り合いが???の現状でも、ある程度は推定出来る事でもある」。

「もちろん、市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いが判るなら、

本当の医療崩壊が起こされ無くて済む可能性が高く成る状態」等も

「よりはっきり判る事に成る」。

「何れにしても、自然発生ウィルスなら、

市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を行っていないなら直ちに行い、其の結果を大衆周知するべき」だ。

「ウィルス工作兵器」なら

「工作元を解消・撲滅等しない限り、問題の解決も出来得ない事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本同様に、韓国でも、該当ウィルスの感染者数も致死者数も、他の国々と比べて圧倒的に少ないレベルに収まっている」。

「韓国での現従北政権等による街頭ウィルス対応の適切さ」等を

「多くの韓国国民が感じ取り易い状態と成っているから」か、

「行われた総選挙でも現{従北}政権与党が単独過半数を得る大勝!と成った」との「報道があった」。

「自然発生ウィルスでは無く、北朝鮮のソフトウィルス工作兵器だった」なら

「韓国の従北政権状態強化工作が成功した事に成る実態が其処に露呈している」。

「日本の情報・教育界等には北朝鮮労働党等と近しい者たち等も多数強い実験を保持している事」は

「もはや、公然の秘密状態」だが

「其の様なテレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨している該当ウィルス対策・対応等が

日本の従北政権化工作との整合性が取れているモノにも成っている実態を露呈している場合が少なく無い事等からも、

該当ウィルスからソフトウィルス工作兵器の臭いが

濃厚に漂って来ている事に成る」。

「ウィルス工作兵器だった場合、ある場所でのウィルス濃度を高める事も減らず事も工作を仕掛けている側次第にも成る」から

「意図的に、感染速度を遅らせ、世界中の多くの国々より感染者・致死者が少ない状態を創り出す事も、

其の後に、大きな被害を出させる事も、

其れこそ、自由自在で可能に成っている筈」だ。

「日本を従北政権化する事は非常に困難」なのは

「従北政権与党にするべく創り出されたかも知れない野党等が政権を取れる可能性がほぼ無いから」であり

「現政権与党内で従北の者が強い実験を持つ事も非常に困難な状態だから」だが

「其の様な状態を、徐々に崩そうとする」のが

「北朝鮮金政権等のやり方」で

「工作濃度で工作の実効を得る状態を創り出す、集団連続強化型茹でガエル式工作のやり方」だ。

「其の工作に該当{ソフト}ウィルスを使う」なら

「感染可能状態に在る多数の人々の温存」と

「工作に都合が良く成るタイミング・場所・規模等々での感染{パニック}等の製造」等が

「目論まれていて当然に成る」。

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いが判明し、

例えば、

既に、日本国内では、

該当ウィルス工作兵器のより毒性が弱い前世代版等の感染実験が行われたが故に、

多くの人々が該当ウィルスにも有効性がある免疫・抗体等を保持出来ている等の実態が

判明してしまうと、

日本国内の手下・お仲間・協力者等の責任問題にも成り得てしまう」から

「其の辺りを恐れて、市中感染率と免疫・抗体保持者割り合い等の{調査}等を

絶対に行わせない様にしたがっているのかも知れない」等の

「感や思い等を、意識の有無を問わず、抱かされてしまっている状態の視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「そうでは無い」のなら

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を直ぐにでも行うべき!論」等が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等で主たる論として大喧伝されていて、当然に成る」のだから

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの実態・実体解明」を「徹底して行い」、

「適切に成る対応を行う事抜き」に

「該当ウィルス問題を解決する事は出来得ない」。

「当たり前の事」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、本日も重要実態把握情報等は何処へやら、象徴的感染者等を大喧伝し常連出演者等の言う事に共感して従え!路線の情報配信を行い続けている、従独裁政権的テレビ番組等問題・・・。

『「該当ウィルス問題の実態・実体把握抜き」では「本当に適切に成る対処法等も判る訳も無い」のに

「未だに、

象徴的感染者や

象徴的感染被害や

病院や休業要請された店等々の大変さ等々に

スポットライトを当てた大喧伝を行い

該当ウィルスに感染すると大変な事に成るゾ~!等のイメージを多くの視聴者等に抱かせると共に、

多くの視聴者等の中に該当ウィルスに対する原寸大より遥かに大きな不安や恐怖心等を抱かせ、実質的には免疫力の低下等を誘っている状態」等の

「情報配信」が

「公共の電波を使って大々的に行われ続けている」。

「そんなテレビ等の情報に{感染}する、させられる」と

「其の先に付いている反現政権政治運動等」にも

「賛同し易く成る精神構造を仕込まれる事にも成り易い状態に誘われてしまう事に成る」。

「狭義の自分本来の健常状態を喪失させる{感染}実態」は

「該当ウィルスでも{劣・悪}テレビ等情報でも、同様」だ。

「該当ウィルス問題では、先ず、該当ウィルス関連の実態・実体把握が重要に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染自体を問題にする前には、毒性の実体把握が必需に成る」。

「感染しても大丈夫なばかりか、感染により大きな害のある症状も出ず、免疫・抗体等を作り出せてしまう」なら

「其の実体はワクチン接種と同様の事に成る」し

「感染するなら、致死も含む重大な実害が襲って来る」なら

「感染自体を徹底的に避けなければ非常に危ない事に成る」。

「其の両極端の差は絶大」だ。

「該当ウィルスの場合」は

「高齢者も含む免疫学的弱者状態に無い人々が感染しても、自然軽快する場合が多い事」が

「既に知られている」。

「逆に、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が感染すると重症化してしまう割り合いが高く成ってしまう事」も

「既に知られている」。

「通常なら免疫学的弱者状態では無い人々でも、

過労状態や大量喫煙等々により実質的に免疫学的弱者状態に陥った場合」には

「免疫学的弱者状態の人々と同様の危険性に襲い掛かられてしまう事」も

「既に知られている」。

「ウィルス感染が終焉する為の必要条件」としては

「ウィルス発生当初、未だ、ウィルス自体の数が少ない時に、

ウィルスの感染自体を封じ込める事により、ウィルスに増える事が出来るチャンスを与えず、撲滅するやり方」と

「ある程度以上ウィルス感染が広まってしまった後なら、

約8割以上の人類が免疫・抗体等を持つ事によりウィルスが増える事が出来る状態を喪失させるやり方」等が

「在る」。

「ウィルス感染が拡がってしまった後」なら

「ワクチンにより多くの人類が免疫・抗体等を持つ事」が

「理想に成る」が

「該当ウィルスの場合」は「ワクチンが未だ無い」。

「其の場合、感染を止める方法として有効に成る」のが

「感染しても大丈夫な人々が感染して免疫・抗体等を得て、其のウィルスに対する防波堤を築く事」に「成る」。

「其の防波堤が無い場合」は

「感染可能状態の人々が多数残っている事に成る」ので

「何処かにウィルスが残っている限り、感染の波に襲われる事に成る」。

「自然発生ウィルス」なら

「徹底して、人と人との接触を断つ事により、感染している人の中でダケ該当ウィルスが残れる状態を築き、

感染している人々が免疫・抗体等を得て軽快するか、亡くなってしまうか、する事と共に、

ウィルス自体も撲滅{出来る}道も、選択の一つに成り得る事に成る」が

「ウィルス工作兵器だった」なら

「ワクチンや多くの人々の免疫・抗体等の保持等が無い限り、

何度でも、重大問題化出来てしまう感染自体を{仕込む}事が出来てしまう事に成る」。

「自然発生ウィルスなのか?ウィルス工作兵器なのか?の区別抜き」では

「本当に適切に成る対処法も判らない事に成る」のだから

「ウィルスの正体解明は、絶対に外せない事に成る」のに

「其の辺りへの言及が無いテレビ・ラジオ・マスコミ等ばかり・・・なのは、本当に変な事に成る」。

「工作を仕掛けている側」なら「圧殺・黙殺状態でも、ある意味、当然に成る」のだから

「工作を仕掛けている側では無い」のなら

「該当ウィルスの正体探究」も

「意識的かつ、積極的に行うべき事に成る」。

「感染実態の把握」も「非常に重要に成る」。

「感染実態の把握の為には、

市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いと重大実害である肺炎致死者の数の経時変化が

現実通りに原寸大で情報配信される事が重要に成る」。

「{調査}するなら判って当然の事」だから

「現状までで調査もされていないなら調査の必要性を訴えるのが健常なマスコミ人等に成る」し

「既に判っているなら、大衆周知するのがマスメディアの重大な仕事に成る」。

「其のどちらも無く、重要実態の把握を圧殺・黙殺状態にし続けている」のは

「本当に変」だ。

「市中感染率と免疫保持者割り合いの経時変化が判る」なら

「其の時点で適切に成っている対処法も良く判る事に成る」。

「逆に、其れらが不明なまま・・・」なら

「適切に成る対処法も不明なまま・・・」だ。

「感染自体を大問題化して、無症状でも軽症でも病院に隔離!」では

「病院と医療関係者の負担が過剰に成ってしまう」のは

「当然の事に他ならない」のに

「当初から感染・PCR検査基軸で大騒ぎし、感染が検知されたなら無症状でも軽症でも隔離!を大推奨し続けていた

日本の多くのマスメディアが医療現場の負担を上げる{仕事}をした実態にも成っている」のだから

「其の責任は決して小さく無い筈」だが。

「無症状・軽症等なら、他の人間に感染させない様にする事は重要に成る」が

「病院で隔離」は「必要無い」。

「昨今ようやくホテル等での隔離や自宅待機等に成りつつある」が

「最初から其れが良かった事」は「多くの人々が思っているとおりの事に成る」。

「感染自体を大問題化せず、実害・実益基軸で話しを進めて来ていた」なら

「こんな事態には至っていなかった筈」だ。

「ようやく血液による抗体検査の有用性も喧伝等するタレビ番組も出て来ている」が

「異常な程、消極的な論調付き」で

「しかも、該当ウィルスは良く出来たウィルスである旨等まで付けている常連出演者等まで居る」のだから

「其の辺りも変」だ。

「積極的抗体検査(安く、時間もかからず15分~30分程度で結果が出て、少量の血液採取で簡単に出来る)を

大々的に行う」なら

「市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも、判る様に成って来る」のだから

「高く、手間も時間もかかるばかりか、該当ウィルスの深部感染の助けにも成っている可能性大のPCR検査はほどほどに、

血液採取による抗体検査をメインにした検査・調査を

直にでも大々的に行うべき」だ。

「一端快復した感染者が再び感染者に成ってしまう事もある該当ウィルスの実態の裏」には

「少量の抗体でも感染状態を一端は退けられるが、必要十分な量の抗体を保持出来ていない内は再感染も在り得る」という

「実態が在る事」が「推定出来る」。

「其の辺りの実態」は「ツベルクリン等と同様」と「推定出来る」。

「抗体検査を行うなら、抗体の量が多いか?少ないか?も判る」のだから

「何れは出来、実用される事になるワクチンの事も考慮する」なら

「益々、抗体検査により自らの抗体状態を知る事が出来る事のメリット」が「良く解る事に成る筈」だ。

「元々の信頼性確度が60%程度である上に{長生き}該当ウィルスの深部感染の助けにも成ってしまってる可能性も決して小さく無い

PCR検査は、早々に、本当に必要な時だけに限定し、

血液採取による抗体検査を直ぐにでも大々的に行う事で、

市中感染率や免疫保持者割り合い等を白日の下に曝すべき」だ。

「該当ウィルス問題の実態把握が多くの人々の中で容易に成る」なら

「大変だゾ~!{脅し}や何処かの誰かに従え!的やり方で大衆を操るやり方では無く、

多くの個々の人々の自主性の下の適切に成る対応行動等が具現化する事に成り易く成る」。

「独裁国家圏の国では無い、自由・民主主義圏の国の当たり前が其処に成る」』。

『「現状の日本で公表されている数字の実体はどう成っているのか?」

「現状までの日本の該当ウィルスの感染検知者や致死者割り出し方」は

「クラスター基軸と症状が出た人々の内医師等が必要と認めた人々に対するPCR検査の結果」に

「成っている」。

「では、当初に把握出来ていた感染源の割り合いはどのくらいに成るのか?」

「判明した感染者から辿ったクラスターの元と成った感染源と成っていた人の全て」を

「最初から捉えられている上での検査」なら

「実際に公表されている数がPCR検査自体の信頼性確度の約60%程度より高い程度で信頼に足る数字に成っている事に成る」が

「もちろん、其の様な実態は無い事」が「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、容易に推定出来る事に成る」のは

「昨今の感染元不明者感染研知者の割り合いの高さからも当然の事に成る」。

「其れでは、日本で公表されている数字」は

「本当の実態の何分の一くらいなのだろうか?」

「二分の一?十分の一?百分の一?千分の一?万分の一?」

「其の辺りを推定する為に有用に成る」のが

「肺炎致死者数の増減」だ。

「該当ウィルスの感染により、約二割の人々が重症化してしまい、其の内の十分の一の人々が死に至ってしまう実態があるとする」と

「致死率は約2%」で

「現状の公表されている数字とほぼ同じに成る」が

「もし二分の一なら、本当の感染致死者の数は発表されている数の二倍、

もし十分の一なら、本当の感染致死者の数は発表されている数の十倍、

もし百分の一なら、本当の感染致死者の数は発表されている数の百倍、

もし千分の一なら、本当の感染致死者の数は発表されている数の千倍、

もし万分の一なら、本当の感染致死者の数は発表されている数の万倍」に「成る事に成る」。

「日本の肺炎致死者の数は、年に約10万人~のレベルとも言われている」ので

「月にすると8千何百人~に成る」。

「該当ウィルス問題が問題に成ったのが、昨年末くらいから」だから

「今までで、4~5カ月経っている事に成る」ので

「大雑把に言うなら約4万人レベルの肺炎致死者が例年通りなら居ても何の不思議も無い事に成る」。

「例年の肺炎致死者の数にどれだけ該当ウィルスによる肺炎致死者の数が上乗せされているのか?」は

「他の肺炎致死の原因が例年通りなら、肺炎致死者の数自体を調べれば判る事に成る」。

「昨年~今年はインフルエンザの流行が小さかったので、インフルエンザ肺炎による致死者も減っている事が推定出来る」ので

「現状の該当期間肺炎致死者の数が、例年通りレベル」なら、

「該当ウィルスの実害レベルは今のところインフルエンザの流行が例年より小さかったのと同じレベルと推定出来」、

「現状の該当期間肺炎致死者の数が、増えている」なら

「該当ウィルスの実害レベルは今のところインフルエンザの流行が例年より小さかった分+其の分と相応に大きい事が推定出来」、

「現状の該当期間肺炎致死者の数が減っている」なら

「該当ウィルスの実害レベルは今のところインフルエンザ未満である事が推定出来る事に成る」。

「公表されている該当ウィルスによる致死者数は今のところ百何十何人に成っている」ので

「該当期間の例年の肺炎致死者数に成る約4万人レベルから比べると、圧倒的に小さい事に成る」が

「本当の実態では、其の百倍なら、一万人以上も肺炎致死者が増えていないと合わない事に成る」から

「そんな実態が在るなら、既に、大々的な医療崩壊に至っていても何の不思議も無い事に成る」が

「其の様なニュース報道等は無い」。

「本当の実態が其の十倍レベルなら、千人~レベルで肺炎致死者が増えている事に成り、

其れがインフルエンザの流行が小さかった分と相殺可能に成る事等も推定出来るレベルにも成り得る」から

「其の辺りダケから推定する」なら

「日本で公表されている数字は十~分の一レベルである事にも成り得る」。

「そうなると、該当ウィルスによる肺炎致死者数が世界レベルに比べて、圧倒的に、桁違いに、少なく成っている実態が露呈して来る」から

「其の裏に在る理由・原因の探究が必要に成る事に成る」。

「そもそも、当初から発生源の十分~分の一を的確に捉える事が出来る体制が日本には在るのか?」も

「大いに疑問に成る」し

「発生源を捉えている割り合いがより低い」なら

「該当ウィルスによる大量の肺炎致死者が出ていない事が不思議に成る」。

「日本国内に居る多くの人々が、該当ウィルス、或いは、其の同類に対する免疫・抗体等を既に保持出来ていたり、

該当ウィルスが自然発生では無く、工作兵器で工作の度合いが低かったりする」なら

「合理的に成る実態が其処に露呈している事に成る」。

「何れにしても肺炎致死者数の増減も大衆周知すべき重要情報の一つに成る」。

「ウィルスが工作兵器だった場合」なら

「感染問題をより深刻化する事も、感染問題自体を終息させる事も、工作元の意思次第に成る」。

「昨今、筆者が特に気に成っている事」は

「食品等、日常生活必需品の買い出し等の為に外に出る」と

「何十人かに一人くらいの割り合いで、特有の同じ臭いのする大気を漂わせている人々が居る事」だ。

「人と人との距離を取る事が大推奨されている中ででも、何故か?筆者との距離を詰めて来る者も少なく無い」ので

「其の辺りからも、{工作}の臭いが漂って来る」。

「電磁波工作共々、日本国内の工作問題の解消は、本当に急務」だ。

「多くの人々が自宅待機状態に成る事」で「可能に成る」、

「電磁波工作や

大気工作(換気の為に窓等を開けるなら工作員が送り込む事も可能に成る)や

進入工作(生活必需品の買い物等、一時間未満の短時間外出でも、近くに工作員が居るなら実践可能に成っている)や

医療工作等々の

個人を特定した上で、重点的かつ継続的に工作濃度を上げ続ける事も可能に成っている工作を仕掛け続ける事による

非人道的な不適応分子粛清工作」等に

「必要に成っている時間が、

一カ月程度だから、

一カ月は家に居なさい!を喧伝等するテレビ常連出演者等も居るのでは・・・」等の

「感や思い」を

「抱かされてしまう状態までも」が「続けられてしまっている」のが

「重要実態把握情報は何処へやら、

象徴的感染者や感染関連被害等々の大喧伝で多くの視聴者等を委縮させ、

常連出演者等の発する家に居なさい!{命令}等に従わせようとしている様相も露呈している

テレビ番組等の状態に成る」。

「不健常な思惑等が無い」のなら

「重要実態把握情報等を主に配信等する様に、是正する事等が必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「市中感染率も免疫・抗体等保持者割り合いも???のまま、

対策しなければ41万人も死ぬゾ~!等と{脅す}のも変」だ。

「視聴者等も検証計算等が出来る様に、試算のベースくらい公表するべきである事」は「言うまでも無い事に成る」。

「言う事聞かないなら、41万人殺すゾ~!の{工作宣言}!」等なら、

「論拠を言わずに脅す事も合理的にも成るが」・・・。

「{脅し}と命令・指令等による大衆誘導では無く、

実態把握情報と個々の人間たちの適切な対応行動の具現化による

該当ウィルス問題の解決」こそが

「該当ウィルスが自然発生ウィルスなら、適切に成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「該当ウィルスが工作兵器」なら「工作元を解消・撲滅等しない限り、問題の解決も在り得無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨晩のNHKニュースでも「新型(とされている)コロナウィルス問題では、新興宗教団体の信者マインドコントロール教育状態的」等だったりしていたが・・・。

『「大量かつ一方的に情報を配信出来る立場に在る特定極一部の者たち等」が「特定方向の情報ばかりを大喧伝し、多くの人々による共感を誘うやり方」は

「ナチス・ヒトラーのラジオ・マスコミ等悪用大衆誘導等と基本的に同様」で

「今時のマスメディア等による情報配信」なら

「特定の者たち等の言う事の大喧伝」や

「象徴的被害家族等の大喧伝」等を「行う先で、多くの視聴者・読者等の共感を得ようとする」のでは「無く」、

「問題の実体や実態や事実・現実等を科学レベルで判明させ、判明した事実・現実等を原寸大で視聴者・読者等に伝える事により、

多くの視聴者・読者等の冷静かつ合理的な対応行動の具現化を誘おうとする」のが

「当然に成る」。

「誰かの下に多くの人々の共感状態を創り出し、其れを基にした行動等を起こさせるやり方」は

「今時では、

未だに、多くの新興宗教団体等では、行い続けられているモノの、

一般社会の中では、科学ベースが当たり前に成っている」のだから

「公共の電波使用の仕事や公共レベルのマスコミ等や学校教育等で、

其の様な実態が露呈している場合には、

大いなる違和感が生じて来ていて当然に成る」。

「情報配信や教育等を行っている側の者であっても其れは同様であって当然の事に成る」のに

「未だに、科学基軸では無く、新興宗教団体の信者マインドコントロール教育状態の情報配信までもが在る」のだから

「本当に、異常」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「新興宗教団体の信者マインドコントロール教育状態」の

「世論調査」では

「緊急事態宣言が出されたタイミングを早いか?遅いか?適切か?等と、平然と質問している」が

「其のタイミングが早いか?遅いか?適切か?を判断する為には必要に成る、

市中感染率や免疫保持者割り合いの経時変化等の

科学的情報が圧倒的に不足し続けて来ている状態は不問なまま・・・」だ。

「コレでは、実際に、問われている事」は「実質的に、何に成っているのか?」も

「大いに疑問に成って当然に成る」が

「大手メディアの世論調査圧力」で

「大手メディアが身勝手に用意した、

実質的には、大手メディア等による大衆マインドコントロールの出来具合を調べている様な、

異常とも言える質問内容による{世論調査}が行われ、

其の結果をまるで金科玉条の如く多くの人々に向かって大々的に情報配信しているのもまた、其の大手メディア等」なのだから、

「此の{異常な}新興宗教団体的お手盛り劇」等を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等により、一方的に見せつけられ続けて来ている多くの視聴者・読者等の

頭と心の健康や健常性が

どれ程維持出来ているのか?等と、

大手メディアが健常状態なら抱く必要の無い危惧感等を

意識の有無は問わず、否応無しに、抱かされてしまっている人々の数」も「かなり多い筈」だ。

「該当ウィルス問題よりも遥かに深刻である可能性も決して小さく無い、

戦後日本の科学レベルに達していない天動説レベルの情報・教育等感染の大実害」が

「其処に露営している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法は、簡単」で

「科学レベルの情報配信・教育等を行えば良いダケ」だ。

「大声を出したり、大手メディア上に頻繁に出て来る者等の論や意見等を覚え、

其れに従う共感・共調状態で狭義の自分を動かすのでは無く、

先ずは、科学レベルで判明させる事が必要に成っている事を判明させ、其の結果を大衆周知する事により、

多くの視聴者・読者・生徒等が、冷静に合理的な対処行動等を行う事が出来易くする状態を創り出す事にエネルギーを注ぐ事こそが、

今時の地動説レベルであるべき大手メディアや学校教育等の行うべき事の実態に他ならない」。

「該当ウィルス問題」なら

「それぞれの地域での、市中感染率と免疫・抗体保持者割り合いの経時変化は、外せない科学レベルの在るべき情報に他ならない」。

「更に、其れに、主たる重大実害である肺炎致死者数の増減の経時変化の情報も加えられていて当然に成る」。

「市中感染率と免疫保持者割り合いの{調査}が行われていない」なら

「直ちにでも、行うべき!論等を大喧伝する事」こそが「合理的に成る」。

「検査」では「感染者の隔離までもが必需に成ってしまう状態」だから

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの検査による解明」は「相応に困難に成る」が

「血液採取等の手段による{調査}」なら「{調査}結果による隔離も必要無く成る」から

「其れこそ、

お金と立場と年齢・性別・家族構成・居住地・移動先程度の本人を特定しないアンケートが必要十分な分出来

必要十分な分の血液採取の資格等と

採取後の血液を検査する手段等が在るなら、

{調査}は直にでも出来る事に成る」。

「肺炎致死者数の経時変化」なら「メディア等による{実態調査}ででも判明させる事は可能な筈」だ。

「発声時に近い頃からの、市中感染率と免疫保持者割り合いの経時変化が解る」なら

「ようやく、其処で、緊急事態宣言を出したタイミングの是非等の判断も、合理的に行える様に成る」のが

「宗教信者状態では無い、科学レベルで考えている今時の普通の人々の当たり前に成る」。

「緊急慈愛宣言のタイミングの是非等を世論調査する前には、

市中感染率と免疫保持者割り合いの経時変化の理解・把握が要る」。

「当たり前の事」だ。

「必要情報は圧倒的に不足している状態」で

「例えて言うなら、新興宗教信者に対するマインドコントロール教育情報等はゴマンと在る状態」に

「成ってしまって来ている」のが

「該当ウィルス問題で、感染とPCR検査を基軸にした情報配信を続けて来ている日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「象徴的感染家族等の被害にスポットライトを当てて、感染すると大変に成るゾ~!等の感を多くの視聴者・読者等に抱かせよう!等とし、

感染自体を大問題化する心理を多くの視聴者・読者等の中で創り出させるなら、

其れが感染者差別等を生み出す元に成らない訳も無い」。

「更に、感染に対する過剰なまでの不安や恐怖心等は免疫力の低下も誘っていて当然に成る」。

「其の様な状態に多くの視聴者・読者等を追い込んだ後」で

「みんなで協力して感染を防ぎましょう!」等と

「優等生ぶり、正義ぶり、リーダーシップを取り、

其の先に、反現政権政治運動等まで付ける」なら

「操られてしまっている信者状態に陥らされた人々の多く」が

「現政権の該当ウィルス対策が科学的に合理的か?否か?も???のまま、

大手メディア教の{宗教}指導者等の言う通りに、

不安や恐怖心等から逃れる為の協力・共調心理上で、

現政権に対しても否定的に成り易く成ってしまう」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「其の反現政権政治運動マインドコントロールの成果を知る為の{世論調査}項目」が

「政権支持率や政党支持率等の調査に成っている実態が露呈している」。

「いい加減に、上記の様なバレバレのみっともない{世論調査}ならぬマインドコントロール効果調査等」は

「止めるべき」なのに

「未だに、行い続けている」のも

「北朝鮮金政権等から日本の従北政権化工作を強いられ続けているからなんじゃないの・・・」等と

「感じたり、思ったり、してしまう」のは

「上記の様な今時としては、みっともないレベルの{世論調査}を行い続けている」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たちの実験の下に在る者たち等だから・・・」だ。

「民主党人事以降のNHKからもテレ朝やTBS等と同様の状態の臭いが濃厚に漂って来ているまま・・・」だ。

「其れら系のマスメディアからは、北朝鮮金政権等の手下等の臭い」が

「日テレやフジ等からは、韓国系等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」のが

「戦後日本の情報界の実態」で「教育界も同様」だから

「実際に、日韓併合時や終戦直後等の実体や実態等についての情報・教育等は異常な程少ないまま・・・」だ。

「何故、戦後の朝鮮半島内からはほぼ全ての日本人が強制的に日本本土に帰還させられたのに、

日本本土内には大量の朝鮮人が{居残れて}いるのか?

更に、朝鮮戦争難民を{口実}に其の後も大量の朝鮮人が日本に渡来し続けているのか?」

「日韓併合が二国間国家間契約では無く、日本による侵略~植民地支配だったなら、

侵略~植民地支配等を行う国や国民の中で暮らし続けたいとは思えない筈で、

美しく正しい母国・祖国等に帰りたく成って当然な筈なのに、

実際は、居残り、更なる渡来が多数・・・に成っている」。

「其の裏に、日本乗っ取り支配等の思惑が在るなら、ある意味合理的にも成り得る事にも成る」が

「日本の従北政権化とは、北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配の為に有益に成る事でもある」。

「韓国は既に、従北政権化されている」ので

「日本を従韓国政権化しようとする工作等は従北化工作より旺盛では無い様相」だが、

「選挙も無いから{政権交代}も無い、戦後日本の情報・教育界等」では

「未だに、朝鮮系が与党状態のまま・・・の様相が露呈し続けている」。

「日本の情報・教育界なのだから、是正が必要に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そして、其の情報・教育界による該当ウィルス関連の情報・教育も、本当に変」だ。

「科学レベルの情報・教育では無く、

{指導者}のいう事を覚え、其れに従う共感・共調状態に全ての日本に居る人々は収まりなさい!状態の

情報・教育が続けられている実態が露呈している」。

「科学レベルの実体探究や実態情報・データ等を普通に情報配信・教育等する健常・正常状態への是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「市中感染率や免疫・抗体等保持者割り合いや肺炎致死者数のそれぞれの地域等での経時変化がちゃんと大衆周知される」なら

「多くの人々が自然と冷静に合理的に成る対応行動等を起こし易く成る」。

「不要で過剰な不安や恐怖心等を抱かせられる事も、其れにより免疫力の低下が招かれる事も無く成り易く成る」。

「PCR検査後、重症化してお亡くなりになってしまった50歳代の人が居た旨の情報配信」が

「本日のテレ朝朝番ではあった」が

「PCR検査により該当ウィルスの深部感染が助けられてしまったが故の惨劇なんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を抱かされた視聴者等の数も決して少なく無い筈」なのに

「PCR検査!を大推奨し続けて来ているからか、常連出演者等が其の辺りに言及する事は無かった」。

「都合の悪い事は、圧殺・黙殺・・・」というのも「拉致工作は無い事に!時代と変わっていない様相」で

「そんな実態を一方的に見せつけられる度に、

人脈ごとの是正の必要性を強く感じさせられている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「選挙も無いから{政権交代}も無い状態の是正」は

「公共の電波使用や公共レベルの仕事」なら「即刻にでも行われて当然の事に成る」』。

『「該当ウィルスの正体解明抜き」では

「本当に必要に成っている対策を行う事も不可能に成る」。

「自然発生ウィルス」と「ウィルス工作兵器」では

「必要に成る対策が全く違う事に成る事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の辺りに言及していない大手メディア等は、本当に変」だ。

「其の変の理由」が「北朝鮮金政権等の手下やお仲間や協力者等々だから・・・だった」なら、

「該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器である可能性が高まる事にも成る」。

「果たして、該当ウィルスの正体は?」

「其の辺りを解明する事にも役立つ」のが「市中感染率と免疫・抗体保持者割り合いの{調査}」だ。

「年間約10万人レベルにも成っている日本の肺炎致死者数の中に、該当ウィルスによる致死者も紛れ込まされていない」なら

「日本の該当ウィルスによる致死者の数は、異常な程少ない事に成る」が

「もし、其の様な現実が在る」なら

「其処には、相応の訳が無ければならない事に成る」。

「在り得る訳の例」としては

「既に、同様のウィルスに対する免疫を多くの日本国内の人々が保持出来ていた事」等に「成り」、

「もし、該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器であり、

毒性がより弱い其の前世代版等の感染実験が日本で既に行われていた」なら

「日本での街頭ウィルスによる実害が他国に比べて圧倒的に少なくても、ある意味、当然に成る」。

「免疫・抗体等保持者割り合い等を調べる」なら

「相応に実態が判る筈」だから

「其の辺りを嫌がっていて、PCR検査!ばかりを大推奨!等し続けている」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下やお仲間や協力者等々なら、益々、該当ウィルスがウィルス工作兵器である可能性が高まる事に成る」。

「ウィルス工作だった場合」は「工作元の解消が必需に成る」。

「其の手段は激烈であっても、相応の正当性が得られる事に成る」のは

「より毒性の強いウィルスによる工作も行う可能性が在るのが工作元の実体に成るから」だ。

「毒性の強いウィルスによる工作なら世界中で何億~の人間たちが死亡させられてしまう可能性も決して小さく無い事に成る」から

「余程人口の多い国でも無い限り、一国の全てを葬りさっても、足りないくらいの話しに成る」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体解明も必需」だ。

「自然発生ウィルスだった」なら

「世界中の自粛・行動規制等により地球温暖化の抑止効果も{出さされている}事」も

「ある意味、合理的に成る」。

「温暖化故に変異したウィルスからの警告に対する人類の行動での対応」なら

「自粛も行動規制も行うのが当たり前の事に成り、

温暖化を抑制し続けられる人間社会・経済システム等の開発~製造~実用も急務に成る」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体解明も必需」だ。

「其の辺りを大喧伝等しないマスメディアは本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」で

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの経時変化{調査}」は

「行っているなら、其の結果の大衆周知が急務であり、

行っていないなら、直ちに行い、結果を大衆周知するべき」だ。

「検査を行う」なら

「{長生き}該当ウィルスの深部感染の助けに成ってしまっているかも知れないPCR検査では無く、

傷口からの感染リスクは低い事が強く推定出来るので、血液採取検査が適切に成る」。

「肺炎致死者の数の経時変化の{調査}も行うべき」だし

「行っているなら、其の結果を大衆周知し続けるべき」だ。

「市中感染率と免疫保持者割り合いと肺炎致死者の数の経時変化が大衆周知され続ける」なら

「多くの人々が科学的に合理的に成る対応行動等を起こし易く成る」。

「誰かに従え!」は「子どもの世界で、子どもで在り続けなさい!の世界」だ。

「科学レベルで判明させる事が出来た必要情報等を基に、

多くの人間たちが合理的な対応行動を起こせる世界が、成人の多い世界」で

「他者支配/他者による被支配」の「子どもレベルの精神構造」から

「自己健常支配」の「成人レベルの精神構造」への

「多くの人々の精神構造の健常成長」との

「整合性が高い、人間社会・経済システムという人類の精神文化製品の開発~製造~実用こそが、

今の人類に激烈に求められている重大事の一つ」に「他ならない」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では新型(とされている)コロナウィルス問題で「実態{隠蔽}検査等を大推奨し、官僚批判・非難政治運動付き状態でもあった」が・・・。

『「該当ウィルス問題」で「市中感染率{と}免疫保持者割り合い{と}肺炎致死者数」の「経時変化」の「理解・把握が無ければ」、

「現状の対策が成功しているのか?否か?」も

「本当に有効に成る対策等を創り出す事」も

「不明なまま」に「成る」。

「日本の現状」は

「其の把握するのが当たり前の重要事項{群}の把握」が「ほとんど無い状態」に「成ってしまっている」。

「ここで、以前から主張して来ていた大々的なPCR検査が無いから市中感染率も把握出来ていない旨等大喧伝する事」等により

「以前からの該当番組や常連出演者等の主張がさも正論であるかの如きイメージ」を

「多くの視聴者等に持たせようとしていた様相を露呈していた」のが

「本日のテレ朝朝番の実態」だった。

「更に、官僚批判・非難等まで付ける事等により、官僚より優れているんだゾ~!イメージまでをも

多くの視聴者等に持たせようとしていた様相も露呈していた」のだから

「其の実態」は「かつての民主党政権等の{政治主導・・・実際は、政治支配}策略等と同様」で

「少なくとも筆者等の感覚」では

「本当に、酷い、劣悪な臭い等が、濃厚に漂って来た感じ」で

「本当に、呆れた」。

「もちろん、言うまでも無く、PCR検査を大々的に行うなら、市中感染率の推定・把握はより容易には成る」が

「其れダケ」では

「どの様な対策が適切に成るのか?等の判断等」は「非常に困難なまま・・・」に「成る事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「例えば、大々的検査により、市中感染率が約2割程度である事が推定出来る状態が判明した」としても、

「免疫・抗体等保持者割り合いが、例えば、8割もある場合と、1割も無い場合」では

「適切に成る対応は全く別のモノに成る」。

「免疫・抗体等保持者割り合いが8割もある」なら

「該当ウィルスの流行の終焉はほぼ見えている様なモノ」だから

「感染を大問題にした悪戯な検査・隔離等を徹底して行う事よりも、

重症化してしまった人々に適切な医療・治療等を提供出来る状態を維持する事と

重症化してしまう可能性が大きい高齢者も含む免疫学的弱者状態の感染者に対する無症状・軽症時からの実効のある医療・治療等の実践」が

「重要に成る」し

「免疫保持者割り合いが1割も無い」なら

「感染自体の抑止・防止に繋がる策を相応に徹底して継続的に行う事」が

「医療崩壊等を防ぐ意味からも合理的にも成り得る事に成る」。

「市中感染率だけでは無く、免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}が必需に成る事」は

「上記の様な例からも明らかな事」だ。

「其れなのに、其の必要性を訴えていない」のだから

「本当に、変」だ。

「変な裏には理由がある筈」で

「推定出来る理由」としては

「上記の様な当たり前の考察さえ出来ないおバカ(劣)状態の者たちばかり・・・なのか」、

「上記の様な考察は出来ているのに、意図的に免疫・抗体保持者割り合い等を明らかにさせたく無い思惑等のある{悪}なのか」等に

「成る」。

「{劣}や{悪}状態を露呈している者たち等」が

「いくら優等生ぶり、正義ぶり、官僚等を批判・非難等したところで、其の目的や思惑も{劣}や{悪}の上でのモノでしか無い事に成る」のだから、

「客観的に其の様な情報配信等を視聴等する」と

「本当に変で、哀れで、

よく、こんな事を公共の電波を使って連綿と行い続けられるなぁ・・・等の感が生まれ、

哀れにさえ成る」。

「該当ウィルス問題の実態を隠蔽する、させる等の目的を持っている{悪}では無い」のなら

「是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染学者が其の様な状態に同調している様」では

「感染学者か?情報・教育工作員か?等の疑問さえもが生じて来る事にも成る」のだから

「学者としての常道を貫き、該当ウィルス問題の実態を多くの視聴者等が理解・把握し易く成る為に必要に成っている

市中感染率{と}免疫・抗体等保持者割り合いの検査でも調査でも、其の必要性を大々的に訴えると共に、

本当の毒性実態の理解・把握にも結び付く、肺炎致死者の数の増減等の調査~大衆周知等の必要性も訴えるべき」だ。

「百の宣言や要請や{脅し}!等より、現実・実態把握を容易にする事実・現実通り原寸大のデータ!」こそが、

「多くの人々の該当ウィルス問題に対する適切な行動を生み出す為に有効に成る」。

「緊急事態宣言を発出される」より

「またまた感染者が増えたゾ~!等々と、実害では無く、感染を大問題化してマスメディア等により大いに{脅される}!」より

「市中感染率と免疫保持者割り合いの実態が現実通り原寸大で理解・把握出来る」方が、

「適切に成る行動等を理解・把握し実践し易く成る」のが

「ある程度以上の科学的思考実態等の教育水準が在る自由・民主主義圏の民の当たり前」だ。

「学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報が時代相応に成っている」なら

「今時、自由・民主主義圏の、所謂、先進諸国なら、全ての国々が其の様な状態に成っていて当然に成る」。

「特定の誰かの指示・命令・指導等の下で多くの民を操ろうとする」のは

「明らかに、時代遅れで、今時なら、未だに、其の様な遅れた状態のままなのは、独裁政権下の国々くらい・・・」だ。

「日本の中で、独裁政権の国々の様なやり方を行おうとしている実態を露呈している」のが

「{劣}もしくは{悪}状態を露呈しているテレビ番組や常連出演者等やマスコミや常筆等」で

「其処からは、濃厚な異臭感等が漂って来ている」。

「{劣}でも{悪}でも無い」のなら、

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの感染問題」では

「無症状の感染者」の「実態解明」も「必需に成っている」。

「{長生き}該当ウィルス」なら

「ウィルスが存在しているところの空気等を吸い込んだ人々の鼻や喉等の粘膜上ででも、

該当ウィルスが存在したままの状態も在る事が

推定出来る事にも成る」から

「現状までの粘膜採取によるPCR検査で、無症状の感染者とされている人々の中には、

感染している状態では無く、

ウィルスが粘膜に載っている状態での感染者扱いの可能性もある事に成る」。

「そんな状態」で

「粘膜を削るPCR検査を行う事の危険性」は「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「粘膜に載っていたウィルスを排出するダケの状態だった人々」が

「粘膜を削られたが故に、細胞面も露出させられ、其処にウィルスも運ばれてしまった」なら

「検査故の本格感染も在り得る事に成る」。

「感染者を集める事~其の場所の{長生き}該当ウィルスの濃度を上げる事」に「成り」、

「PCR検査を行う事=本格感染を助ける事」に「成ってしまっている」が「故」に

「感染者収容所もしくは病院」での

「本格感染~重症化のリスク」が

「高く成ってしまっている事」も

「推定出来る事に成る」。

「PCR検査に消極的であり続けて来ていたが故に、日本の感染による実害が少ない状態で済んで来ている可能性も決して小さく無い筈」だ。

「検査を行うなら、血液採取による検査が適切に成る」のが

「粘膜感染があり、傷口感染は無い事が強く推定される、{長生き}該当ウィルスの実態に成る」。

「血液採取による検査なら、免疫・抗体等保持者割り合いの推定にも役立て易く成る」。

「{PCR}検査ダケ、市中感染率{止まり}に、

拘り続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に変」だ。

「免疫・抗体等保持者割り合い」や

「肺炎致死者数」の

「増減」等が

「判る」と

「困る事でもあるのか!」

「該当ウィルスの正体解明を訴えない事も変」だ。

「自然発生ウィルス」と「ウィルス工作兵器」では

「対策も当然違う事に成る」。

「其の辺りの正体解明抜き」に

「該当ウィルス問題の本当の解決は在り得無い」。

「マスメディア等なら、絶対に外せない重大要素が、其処に在る事に成る」のだから

「其れを外している情報配信等を行い続けているところは、やはり、変」だ。

「ウィルスが工作兵器であり、工作の手伝い等をしている」なら

「合理的に成る実態が其処に露呈している事にも成る」が』。

『「多くの視聴者・読者等の興味」を

「{長生き}該当ウィルス問題の実態・実体把握や

{長生き}該当ウィルスに対する冷静で適切な対応等の実践」では「無く」、

「感染の{恐怖}!や

現行人間社会・経済システム上での経済問題!や

誰かの下での協調!」等に

「向かわせようとしている情報配信状態」の

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、変」だ。

「変の裏に在るモノ」と

「かつての拉致工作問題への対応」や

「該当ウィルス問題」等々から

「同様の臭い」を「感じている視聴者・読者等の数」も「決して少なく無い筈」だ。

「根本からの是正が必需に成っている状態」等が「其処に露呈している事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「該当ウィルス問題で、現実把握情報が圧倒的に不足状態のままの{脅し}!情報配信状態、政治運動付き」等だったが・・・。

『「本当に異常な情報配信状態が続けられて来ている」。

「該当ウィルス問題」で「多くの人々の抑制行動等を導き出す事を目的としている」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等での情報配信内容」として

「先ずは、

市中感染率であり、免疫保持者割り合いであり、該当ウィルスによる肺炎致死者の数の実態を

現実通りに経時変化と共に情報配信する事」が

「合理的に成る」。

「実態把握が出来易い情報を得た」なら

「多くの視聴者・読者等の人々が、其の実態に対して状態を改善する為に合理的に成る行動等を取り易く成る」が

「実態把握が十分に出来ていない状態」で

「現状の様に、{脅し}!情報配信が行われ、行政機関等からの要請が大喧伝等される」なら

「多くの視聴者・読者等の人々の中で、不安や恐怖心等が増大し、免疫力の低下が誘われると共に、

情報配信期間等に対する不信感等お増大し

行政機関等の要請の大喧伝の効果も低下させられ易く成る事に成る」。

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等はいったい何をやりたいのか!」

「多くの場合で、反現政権政治運動等付き情報配信に成っている事」等からも

「其の目的の氷山の一角が感じとれたりしている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「戦後日本の、選挙も無いから{政権交代も}無いままの、民意反映も不十分な、情報・教育界等」の

「是正」は「本当に急務」だ』。

『「例えば、市中感染率が2割とか3割とかの実態情報が大衆周知される」なら、

「多くの人々は、街中で十人に合うなら2~3人が感染者である可能性大である現実を原寸大で理解・把握し易く成る事に成る」。

「必然的に、人との距離も摂り易く成ると共に、不要・不急の外出も止め易く成る」。

「{脅し}!情報配信と行政機関(上)からの要請の大喧伝!」という

「大衆支配を軸にしたやり方の先」に「生まれるのが、余分な不安や恐怖心等や情報配信機関等に対する不信等に成り易い」のとは

「違い」、

「実態把握から生まれる」のは

「冷静で合理的な原寸大対応に成り易い」のが

「独裁支配圏では無い、自由・民主主義圏の人々の精神構造の実態」だ。

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が大きな実験を保持したまま・・・の

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」等の

「情報配信内実」が「独裁支配圏の精神文化状態に成ってしまっている事」は

「単なる偶然では無い筈」で

「其の辺りからも、実権者等の根っ子の存在の臭い等が、濃厚に漂って来ている」。

「そんな根っ子は無い」等と「言う」なら

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「市中感染率が5~6割」というのが「現実だった」なら

「多くの人々の興味は、自らの感染の有無であり免疫・抗体等保持の有無に成り易く成る」。

「重要に成る情報配信内実」は「免疫・抗体等保持者割り合い」に「成り」、

「免疫・抗体等の保持が出来ているのか?否か?の検査(当然、感染の有無も判る)の充実」も「重要に成る」。

「其のレベルの市中感染率に至ってしまっている」なら

「もはや、感染自体を問題にして対処する事が合理的では無く成る」。

「免疫・抗体等保持者割り合いを上げる事」と

「重症化してしまった人々に対する適切な医療・治療の充実が合理的に成る」。

「{長生き}該当ウィルスの感染自体」は

「約8割以上の多くの人々が免疫・抗体等を保持出来ていて、該当ウィルスの感染が非常に困難に成っている状態が構築されるまでは、

続く事に成る」と「強く推定出来る」ので

「ワクチンの無い現状」では

「感染しても大丈夫な人々が、

出来る限り、浅く、緩く、少量の、短い時間の感染で、免疫・抗体等を保持出来てしまう

無償のワクチン接種が行われている様な状態を構築する事」等でしか

「該当ウィルスの感染自体を終息方向に導く自虐度が低い手段は無い」のが

「現実」だ。

「いわば、騙し騙し、浅く、緩く、少量の、短い時間の感染で、免疫・抗体を保持出来ている人々の数を増やす」と「共」に

「出来る限り早く、ワクチンを開発~製造~実用する事」により

「該当ウィルス問題のより早い自虐度の低い終息状態が得られる事に成る」。

「免疫・抗体保持者の割り合いを高くする事が該当ウィルス感染問題の終息に直結している事に成る」ので

「自虐度の高い方法でも良しとする」なら

「{長生き}該当ウィルスの感染者が多数居る該当ウィルスの濃度が高い空間に多数の人々を集めれば良い事に成る」。

「そんな中で、粘膜を削るPCR検査等を何度も行う」なら

「急激・大量・深部・長時間感染状態に多くの人々が陥らされ易く成り、

其の様な状態でも幸いにも快復出来る人々は、当然、免疫・抗体等を保持出来ている状態の人々に成るが

急激・大量・深部・長時間感染故に快復出来ずお亡くなりに成ってしまう人々の数も増えてしまって当然に成る」。

「比較的、短時間で、多数のサバイバル免疫・抗体保持者を創り出す方法が其処に在る」が

「其れが多くの人々の人権を大いに犠牲にした方法でも在る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の様な手段を実用出来てしまう」のは「独裁政権国家等くらいに成る」が

「例えば、中国共産党支配下の中国が他国より早い該当ウィルス問題の終息を武器に、

より強い覇権取得工作等を大々的に行う策略でも持っている」なら

「其の様な手段の実用も大いに在り得る事に成る」。

「中国武漢の実態がどうだったのか?上記の様な事態に当たるのか?」等の

「検証」が「必需に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「市中感染率が8割超えが現実だった」なら

「該当ウィルス問題の終息の為に必要に成る、

免疫・抗体等保持者割り合いが必要十分に高く成る状態が

既にある事と同じ事に成る」が

「其の様な状態に、至る前に、免疫・抗体等保持者の割り合いが相応に高く成っていて当然に成る」のが

「日本のダラダラとした感染実態」だ。

「該当ウィルスの発生源と推定されている中国共産党支配下の中国武漢との距離も、人の交流の激しさも、

欧米諸国より近く、高い日本での

該当ウィルスに対する感染」が

「欧米諸国より遅い訳も無く、東京圏の通勤等の実態からも、かなり前には、既に、かなり高い市中感染率が在って当然」と

「強く推定出来る」。

「感染者の極一部お検査して検知し続けて来ている

日本のクラスター基軸と症状が出て医師等が必要と判断した人々に対する検査の結果」では

「最初の頃は、検査しても感染率は約1~2割程度との報道もあった事」から

「其の当時でも、市中感染率が約0.5~1割程度在っても何の不思議も無く」、

「現状の検査するならほどんどの人々が感染者という実態から」は

「現状の市中感染率は約5~6割程度に成っている事」が「推定出来る」。

「もはや、感染自体を問題にする事が合理的では無い状態に至っている事」が

「推定出来る現状」で

「未だに、感染・検査基軸で{脅し}!大騒動化を誘っている様相ですらある現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に変」だ。

「元々、クラスター基軸で感染者を隔離したところで、隔離出来ている感染者は本当の感染者の1%にも至っていなかった事」も

「推定出来る」から

「感染者なら隔離!」で

「医療機関に大きな負担もたらす事にも直結している感染・検査基軸の{脅し}!情報配信等の罪」は

「本当に大きい事」等が「容易に推定出来る」。

「最初から実害・実益基軸で、ちゃんと実態{調査」を行い其の結果を大衆周知する事により

多くの人々の冷静で合理的な自虐度を低くする行動等を誘う情報配信等を行うべきだった」のに

「本道を外し、感染・検査基軸で{脅し}!大騒ぎ状態の情報配信を続け、

更に、其の結果誘われている多くの自虐事態への対応を金で!行わせようとし、

政治の責任!に全てを擦りつける事により

実質的には、反現政権政治運動等を行っている実態を露呈している」のだから

「其処に露呈している」のは

「日本の従北政権化の為の情報工作等を行い続けている

北朝鮮金政権等の手下、情報工作機関等の実態」にも「成り得てしまっている様相ですらある」。

「そうでは無いというのなら、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでの無い事に成る」。

「市中感染率や免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を何故行わない?!行う事の重要性を訴えない?!」

「{遺伝子}を調べるならルーツ等も判る筈のウィルスの正体を何故、探究しない?!」

「日本での肺炎致死茶の数の増減さえも何故、大衆周知しない?!」

「其の辺りの実態情報を世界中の多くの人々が知る」なら

「困る事でもあるのだろうか???」

「該当ウィルスが北朝鮮金政権等の{ソフト}ウィルス工作兵器で

外貨稼ぎの為の海外労働者の引き揚げまでも求められた世界中からの北朝鮮に対する経済制裁への対抗手段等としての

中国武漢への置き土産等だった」なら

「日本の中の北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が牛耳り続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ界等が、

上記の様な本当の実態・実体等を解明する為に有益に成る情報を圧殺・黙殺状態にしたまま、

{脅し}!で大騒動化を誘い、金で事を収めさせ、現政権の政治の責任にしたがっている」のも

「合理的に成る事にも成る」。

「そうでは無い」等と「言うのなら」、

「実態・実体把握に有益に成る情報配信くらい意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「もし、北朝鮮製の{ソフト}ウィルス工作兵器で日本では其のより毒性が弱い前世代版等の感染実験が既に行われていた」なら

「日本には既に、同様のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている人々が多数居て、

該当ウィルスの感染でも重症化率も致死率も、低くても、ある意味当然の現象に成る」。

「そうでは無くて、見かけ上の数字が小さくされているダケ」なら

「例年年間約10万人レベルにも成っている多数の肺炎致死者数の中に、該当ウィルスによる致死者も紛れ込まされていたりする事」等が

「推定出来る事に成る」が

「肺炎致死者数の増減を調べ、報道等する」なら

「其の辺りの実態も判る事に成る」し

「該当ウィルスの日本での毒性も判り易く成る」。

「何れにしても、現実把握情報を圧殺・黙殺状態にし続けて来ている事は、本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「百の要請!より現実把握情報!」でしょ・・・。

『「{脅し}情報配信!と要請!の先」では「差別誘発や問題行動等々、ロクでも無い事が生じ辛く成る」のは「ある意味、極めて当然の現象」に

「成る」が

「現実把握情報配信の先」なら「多くの人々が理解・把握出来た現実を基にした合理的な行動等を取り易く成る」。

「日本の新型コロナウィルス問題」で

「圧倒的に不足している」のは

「該当ウィルスの市中感染率や免疫保持者割り合いの推移」等

「多くの人々の合理的な対処行動実態を具現化する為の要に成る現実情報の大衆周知」だ。

「マスメディア等なら本来行うべき仕事」が「其処に在る事は明白」なのに

「未だに、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「{脅し}!不安・恐怖心煽り、差別・問題行動等誘発情報配信を行い続けている」のだから

「本当に異常」だ。

「市中感染率も???のまま」では

「行動抑制シュミレーション等も在ったモノじゃない!」のに

「いったい何を基にしているのか???の行動抑制シュミレーション等が専門家の冠の下で出され、

其れをマスメディアが大喧伝等すると共に、批判・非難等もする事により、

現政権下で出されたモノは当てに成らないゾ~!

政権は信頼が大拙だゾ~!(実質的には、現政権を否定しているのだから別の政権の方が信頼出来るゾ~!)等々の旨大喧伝等」する

「実質的、政治運動等まで、公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行われ続けて来ている」のだから

「該当ウィルス問題も重大問題」だが

「其の様な実態を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の問題もかなり重篤な重大問題に成る事」等は

「既に、多くの視聴者・読者等も重々承知の事」だろう。

「信頼性が低いマスメディアによる情報配信」でも

「実体や事実・現実をありのままに原寸大で伝える」なら

「現実故の高い信頼性が生まれて当然に成る」。

「此の意味からも、市中感染率や免疫保持者割り合い等の現実」を

「経時変化と共に大衆周知する事」等が

「日本の今のマスメディアが行うべき重大仕事に成っている事」等は

「既に明白!に成っている」。

「現状の感染・検査基軸の{脅し}や政治運動情報配信等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って連綿と続けていたところ」で

「ロクな事は何も無い」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「メディアご用達の感染学者(?)等によれば、

無症状や軽症の感染者は集合させても大丈夫!との事」だが

「該当ウィルスについては、そんな訳が在る訳も無い事」等は

「容易に推定出来る感染実態が既に露呈している」。

「該当ウィルスの場合」は

「汗をかき、深い呼吸や大声を発生する等が少なく無い

スポーツジムやライブハウスや体育館等内での剣道等の試合・練習等々の中での感染の拡がりが

数多く報道等されている」。

「エアロゾル感染もある旨も報道等されている」。

「つまり、基本が球体という物理的に歪な形のモノよりも崩壊し辛いところから角を生やしている状態の{長生き}コロナウィルスによる

感染」では

「感染者も含む多くの人々が集まり、集められ、呼吸をしたり話したり、汗をかいたりする状態を避ける事が重要に成っている事」等は

「既に、明らかに成っている様なモノ」だ。

「はっきり言えば、

他の人間の臭いがする近さや人の集合や空間閉鎖等のレベルが在る」なら

「{長生き}ウィルスの感染が拡がり易い状態成っている事」が

「強く推定出来る」。

「ウィルス感染の問題」としては

「急激・大量・深部・長時間感染を防ぐ事」が

「重症化しない、させない為には極めて重要な事に成る」のは

「体内免疫との力関係から考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「無症状や軽症の感染者を、例えば、体育館に集める」とは

「ウィルス濃度が高い体育館内に、多くの人々を閉じ込める事」に「他ならず」、

「生体免疫とウィルス濃度の関係から考える」なら

「より重症化し易い状態を創り出す事に他ならない」。

「そんな中で、該当ウィルスの深部感染の救けにも成る粘膜を削る検査であるPCR検査を何度も行う」なら

「其れは、重症化し易く成る人々を創り出している様な事に成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「野戦病院とも感染者収容所とも思えるモノを急造した中国共産党支配下の中国武漢での

其れらのモノの中の地獄絵図は、想像に難く無く、

致死者数の多さと其の辺りの関係は、ちゃんと検証されて然るべき事に成る」。

「緩く、少量で、浅い、短時間の感染により免疫等が保持出来る状態に至る事が出来た」なら

「其の実体は、ワクチン接種の様な事」で

「短時間では免疫が出来なくても、時間が延ばされるくらいなら、同様に成り得る」が

「急激な感染に成ってしまったり、

大量の感染に成ってしまったり、

深い感染に成ってしまったり、する」なら

「其れが重症化に繋がり易く成ってしまう事」等も

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「感染者から大量のウィルスを発散させない為」には

「声も汗も深い呼吸も抑制出来る状態を創り出す事が合理的に成り」、

「感染者の周囲の大気中にウィルスの乗り物に成り得る物が無い事」も

「合理的に成る」。

「大量感染を防止する為」には

「空間ウィルス濃度を低くする事」や「接触面積を減らす事」等が

「合理的に成る」。

「ウィルスの急激感染を防ぐ為」には

「速く大量の大気を取り込む呼吸を避ける事」等が

「合理的に成る」。

「ウィルスの深部感染を防ぐ為」には

「深い呼吸をしない(口からは特に)事や、粘膜を削らない、削らせない事」等が

「合理的に成る」。

「該当ウィルスは傷口からは感染しない事が推定出来る」ので

「検査をするなら、粘膜を削るPCRでは無く、血液採取による免疫・抗体等検査が適切に成る」。

「長時間の感染を防止する為」には

「ウィルスが在るところには長時間居ない事」等が

「合理的に成る」。

「ウィルスとの物理的距離を保ち続ける事」等は

「上記の全てに合理的に成る」が

「其れを着実に実効し続ける事は非常に困難である事」は

「防護マスク・防護服・手袋等々でかなり強度の高い防護が出来ている筈の医療関係者等でも、

感染者が出てしまっている事実」からも「冷静に考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「ウィルスはとても小さく軽い」から

「ウィルス自体は自ら動けなくても、少々の大気等の動きにより、少々の穴からでも、容易に出入りが出来てしまう」のが「現実」だ。

「免疫とウィルスの関係」を

「免疫優位にし続ける事」も「非常に重要に成る」。

「其の為の健康管理・心身共の健康状態維持等が重要に成っている」のに

「{脅し}!情報配信等により不安・恐怖心等を煽り、実質的には、免疫力等を阻害し続けている、

日本の多くのマスメディア情報配信等の実態」は

「明らかに、不適切に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「当初の頃は、

クラスター関連や症状が出て医師等が必要と認めた人々に対するPCR検査で

感染が検知された人々の割り合いが、一割とか二割とか、言われていた」が

「現状では、半分以上の人々の感染が検知されているのだそうだ」。

「其の検査から判明した実態」を「本当の市中感染率の縮図と考える」なら

「当初の段階で、市中感染率は一割~二割」で

「現状では、既に、五割超え」等と「成る」が

「此処で、大いなる疑問に成る事」は

「他国と比べるなら、異常な程・・・に成る、感染致死者数の少なさ」だ。

「其処には、相応の原因が在って当然に成る」のに、

「其の辺りに言及しているテレビ・ラジオ・マスコミ等はほとんど無い状態」という

「そちらも大いに疑問に成る異常な状態が続いている」。

「可能性として」は

「検査により判明した実態が縮図では無い事」や

「年間約10万人レベルにも成っている日本の肺炎致死者数の中に該当ウィルス感染致死者も紛れ込まされている事」や

「多くの日本国内の人々が、既に、該当ウィルスや同様のウィルスに対する免疫を保持出来ていた事」等が

「考えられる事に成る」。

「其の真相を究明するのも、マスコミ人の重要な仕事の筈」だが

「其の辺りの情報配信が本当に少な過ぎる状態が横行している」ばかりか

「表立っているのは、{脅し}!不安・恐怖心等煽り情報配信に成っている」。

「百の{脅し}!や百の要請!より、現実把握情報配信が必要に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事」に「成る」のに

「本当に、酷く、劣悪な実態が其処に露呈し続けて来ている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「市中感染率と免疫等保持者割り合いの{調査}くらい、直にでも行ったらどうか!」

「既に、行っているなら、其の結果を大衆周知するべき」だし

「未だに、行っていないなら、直ちに行うべき」だ。

「{調査}だから結果が感染判明でも隔離等はせずに、

故人の特定も必要無い」。

「住所・移動範囲・年齢・性別程度が判れば十分」で

「血液採取の協力で十分な筈」だ。

「必要に成るお金と技術と人の体制が在るなら、直にでも出来る{調査}が其処に在る」。

「{調査}により現実の実態が判り、其れが大衆周知される」なら

「多くの人々の適切で合理的に成る行動実態を誘う事」も

「新型(とされている)コロナウィルスの正体究明」等も

「導かれ易く成る」。

「現状の対処実態より遥かに適切に成る実態が其処に在る」のに

「其れを具現化しようともしていない状態は明らかに変」だ。

「其の辺り」からも

「該当ウィルスの正体の臭いが濃厚に漂って来ている様に、感じたり、思ったり、している人々の数もかなり多い筈」だ』。

『「現実」として

「戦後の日本国内では、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等が横行し続けて来ている」。

「拉致{工作}」は「其の氷山の一角」だ。

「現実」として

「戦後日本国内には、北朝鮮金政権等の下に在る状態の多数の人々が居ると共に、

其のオトモダチ人脈や協力者人脈の人々も多数居る」。

「北朝鮮労働党と日本社会等の友党関係等は、有名な話し」だし

「ネット普及前の情報・教育界では、

拉致{工作}さえも圧殺・黙殺状態だった、

情報・教育{工作}の臭い等が

濃厚に漂って来る状態だった」。

「そして、選挙の在る政界では、旧社会党系の政党や政治家等の数は減り、少数派に成っている」が

「選挙も無いから{政権交代}も無い情報・教育界等」では

「未だに、拉致{工作}でさえも圧殺・黙殺し続けて来ていた人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「そして昨今では、

該当ウィルス問題で

実態・実体解明を訴えたり、伝えたり、するのでは無く、

感染・検査基軸で{脅す}!情報配信を行い続けている」。

「該当ウィルスが北朝鮮金政権等のソフトウィルス工作兵器であり、

其のより毒性の低い前世代版の感染実験が日本で行われていた」なら

「多くの日本国の中に居る人々が、相応の免疫・抗体等を保持出来ていても何の不思議も無い事に成り、

該当ウィルスによる致死者数が異常な程少なくても何の不思議も無い事にも成る」が、

「市中感染率や免疫等保持者割り合いの{調査}を行うなら、其れがバレてしまうから、

まるで拉致{工作}を無い事にしようとしていた時と同様に、

行う事が合理的に成っている{調査}に対して、圧殺・黙殺状態のまま・・・なのでは無いだろうか・・・」等の

「感や思い等を想起させられてしまっている視聴者・読者等の数も多い筈」で

「其の様な感や思いを表に出させない為の{脅し}!不安・恐怖心煽り等を大々的に行い続けているのでは・・・」等と

「感じたり、思ったり、せざるを得ない状態が続けられてしまって来ている」。

「そうでは無い!」というのなら

「市中感染率や免疫保持者割り合い等の{調査}くらい、早々に行ったり、行う事を訴えたり、したらどうか!」

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「筆者をターゲットにしていると強く推定出来る非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等も

相変わらず旺盛なまま・・・」だ。

「電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・医療工作等々、

本当に、令和の今日でも、未だに、こんな非人道的なスパイ・工作活動等が在り続けている状態」は

「酷過ぎる」。

「国も警察等も早急に、

工作員等を徹底摘発し、工作電磁波や飲食物工作等の仕込みは取り除き、

医療工作等も徹底的に取り締まり、

多くの日本国民の安全を守る実務を具現化するべき」だ』。

『「世界中の該当ウィルス大騒動!」が

「地球温暖化抑止の為の大芝居!」なら

「未だマシに成る」が

「非人道的な工作実験等の一つ」等なら

「其の元の解消こそが、問題解決に直結している事に成る」。

「自然発生なら、温暖化による環境変動を招いている現状までの人間世界の経済世界大戦状態への{警告}!」だろう』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型(とされている)コロナウィルス問題大騒動!は「何の為?」そして「何時終息する、させる、のか」・・・。

『「他の肺炎の原因ウィルス・細菌等」では「こんな大騒動!は無い」。「該当ウィルスの毒性が大騒動!応分に高い」なら

「とっくの昔に、日本の病床{も}多くの重症肺炎患者で溢れている筈」なのに

「其の様な状態が在る」等の

「報道等は、今までのところでは、実質的に無い」。

「では、日本の感染の始まりや拡がりが他の国々より圧倒的に遅いのか?」と言えば、

「其の辺りを明らかにする市中感染率や免疫等保持者割り合い等の調査も其の結果の報道等も、実質的に無い状態」で

「判らない」。

「はっきりしている事」は

「該当ウィルス問題に対しては、

当初から

感染・検査基軸の対応が、世界中で行われ、

日本のマスメディア等は、其の{世界標準}に日本も合わせろ!的論調で視聴者・読者等を操ろうとし続け、

日本の政府等は、実害・実益基軸の対応に近づけようとしている実態を露呈している事」等に「成っている」。

「普通に考える」なら

「問題に成る」のは「肺炎~重症化~致死」等に「成る」。

「そして、其の発生の数の増減」だ。

「肺炎~重症化~致死の原因とも成り得るウィルスが一つ、新たに特定されたから・・・」と

「感染自体を大問題化する事」にも「大いなる違和感が在る」。

「他の原因と成るウィルスや細菌等に比べて毒性が遥かに高い」なら

「感染自体の大問題化も当然かも知れない」が

「現状までに判明している該当ウィルスの毒性実態」は

「感染しても約8割の人々は重症化せず、

重症化してしまう約2割の人々の多くは、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々で、其の実態は、他の肺炎の原因と変わらない」。

「感染学上で言う」なら

「該当ウィルスの流行」は

「約8割レベルの多くの人々が免疫を持つ(感染~快復・ワクチン接種)事か、

決定的な治療薬・治療方法等の出現により感染しても直に快復出来る状態が構築され、ウィルスが流行れなく成る状態に成る事」等の

「事態が具現化するまで終わらない」。

「感染を大問題化して、感染出来る人々を{温存}する対処を行う」なら

「ウィルスの流行期間も長く成る」のは「当然の現象に成る」が

「該当ウィルスに対するワクチンや決定的な治療法を確立するまでの{時間稼ぎ}として行っている」なら

「合理的にも成り得る事にも成る」。

「ワクチンや治療法の具現化」は「早くても、約1年後レベルとも言われている」から

「其処まで長い間、{ダラダラ・・・}と感染基軸の大騒動!を続ける予定」なら

「肺炎重症化~致死者数をある程度抑える実益」と

「大々的な自粛や行動規制等により経済的社会的圧殺状態に多くの人々を追い込む実害」と

「自粛や行動規制等の副産物としての地球温暖化の抑止という実益」の

「実害・実益バランス」が

「多くの人々の納得を得られるところで取られているのか?」等を

「冷静に、よく考えて、検証等していて当然に成る」し

「其の結果をマスメディア等で大々的に公開し、多くの人々が本当に納得出来ているのか?等を

実態検証する事等も必要に成っている筈」だ。

「日本の現状の様に、

市中感染率も???免疫保持者割り合いも???のまま、

マスメディア等では感染検知検査をすればする程増えるのが当たり前の感染研知者数を主に取り上げて

感染基軸で大々的に問題化して大騒ぎ!し、

自粛だ!行動抑制だ!等々と

ウィルスが残っていたり、新たに持ち込まれたりするなら、

新たな感染者に成り得る状態の人々を{温存させよう・・・}等とし、

実質的には、感染大騒ぎ!を長引かせる様な事を行っている様相を露呈している状態」には

「明らかな違和感」等を「感じざるを得無い」。

「実害・実益基軸で該当ウィルス問題に対応する」なら

「他の肺炎の原因と成り得るウィルス(不明扱いウィルスも在る)や細菌等と同様」に

「高齢者も含む免疫学的弱者には感染させない様に十二分に配慮し続ける」が

「当然に成り」、

「感染しても、症状が出ない場合もある」のも「他の肺炎の原因と成り得るウィルス・細菌等の一部と同様」なのだから

「日頃から、高麗者も含む免疫学的弱者状態の人々と接する時には、身綺麗にし、過剰・長時間・濃厚な接触は慎む等の

日本には依然から当たり前の様に在った生活習慣の一つを

徹底する事」等が

「適切に成る事に成る」。

「地球温暖化抑止の為の大騒ぎ!では無いのなら、

{感染が判明}したら無症状でも軽症でも隔離では無く、

免疫学的弱者状態の人々への適切な対応や保護等と

感染により中程度以上の症状が出てしまっている方々への適切な医療・治療等の充実」で

「必要十分な筈」なのが「該当ウィルスの毒性の実体」と「強く推定出来る」。

「感染を大問題化する事で不要な不安や恐怖心を煽ったり、

経済的困窮状態等を創り出したりする事等により、

実質的には、免疫力の低下を誘い、

粘膜を削る検査であるPCR検査を病院等、他の感染原因もあるところや、感染者が集合させられているところ等で

場合によっては、何度も行うなら、

本来なら、感染しても軽症までのレベルで済み、快復して免疫を持つ事による{無償のワクチン接種}状態が得られた状態の人々でも、

重症化し易く成ってしまう」のは

「ある意味、当然の現象に成る」。

「毒性が極めて強いウィルスの場合は、最初から徹底した封じ込めが必要に成る」から

「徹底した検査と感染者の隔離も適切に成る」が

「毒性が激烈では無いウィルスに対して、感染を検知したダケで過剰とも言える隔離を行い感染者を集合させる事」等は

「普通に考えるなら、明らかに適切では無い事に成る筈」だ。

「実際の感染者の数」と

「保護する事が適切に成る免疫学的弱者状態の人々の数」の

「どちらが、どれだけ多いのか?」で

「適切に成る対処法も変わって来る事にも成る」が

「其の辺りをはっきりさせる為」には

「市中感染率や免疫保持者割り合いの{調査}が欠かせない事に成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等なら其の必要性を訴えていて当然に成る」し

「行政機関等なら其の様な{調査}も行っていて当然に成り、

其の結果は、ちゃんとマスメディア等で大衆周知していて当然に成る」。

「其の様な当然の状態が無いまま・・・なのは、本当に変」だし

「当然の状態が無い事を問題として訴えないテレビ・ラジオ・マスコミ等も、本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「問題にするべき」は

「感染研知者数では無い」。

「該当ウィルスの主たる実害である肺炎致死者数の増減であり、

重症者に対する十分な治療・医療が行えるキャパが在るか?否か?」だし

「本当の感染者の数を多くの人々が理解・把握する為にも有益に成る、市中感染率」であり

「感染して既に、快復し、免疫を保持出来ている人々の数と割り合いであり、其の増え具合」だ。

「肺炎重症化者数が、

インフルエンザの流行が小さかったが故に例年よりインフルエンザ肺炎重症化者数が減っている分が在る筈なのに、

例年より増えている」なら

「其の原因と成り得るモノとして誰もが既に、十二分に知っている、該当ウィルス」の「毒性が相応に強い事」を

「其れこそ、日本中の何処の誰でもが、理解・把握し易く成る」のだから

「其の辺りの実態データを調査し、大衆周知する事」も

「マスメディアの仕事の筈」だし

「行政機関等で既に把握済みなら、其れを大衆周知する事こそが、

言葉による{脅し}より遥かに実効が高い事に成る」。

「しかし、実態としては、肺炎重症化者数の増加は其れ程では無く、

其の実数等を大報道等したところで、多くの人々の行動制限等を誘えるレベルでは無い」のなら、

「報道しない事」が「合理的にも思えるかも知れない」が

「実数が増えていない原因として、自粛や行動制限の実効がある」なら

「其処を大々的に報道等すれば良い事に成る」。

「何れにしても、其の辺りの報道が実質的に無い状態は、本当に変」だ。

「ウィルスの正体への言及もほぼ、無い状態」なのも「本当に変」だ。

「自然発生ウィルスなのか?」

「ウィルス工作兵器なのか?」で

「適切に成る対応は変わる」のだから

「ウィルスの正体を探究する事」は「絶対に外せない重要事項に他ならない」。

「ウィルス工作兵器だった場合」なら

「該当ウィルス対策ダケでは明らかに不十分に成り、

工作元を解消する事が必需に成る事」等は

「他のウィルス工作兵器でも実用出来てしまい、より毒性の強いモノが実用されてしまう可能性等を考えるなら、

其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「ウィルス工作を行う様な異常な程非人道的なところが在る事が判った」なら

「其処を、其れこそ、世界中からの、判り易い手段で徹底撲滅する実績を人類が持つ事」で

「其の再発を防止する事が出来る様に成る」。

「甘い対応では、火種が残る事に成る」ので「再発の覚悟も要る事に成ってしまう」。

「自然発生ウィルスだった」なら

「温暖化や環境変動との関連性の解明も必需に成る」し

「同様の新たなウィルス等への対応力を出来る限り早く上げておく事も必要に成る」のは

「次に生まれるウィルスの毒性が該当ウィルスより弱いとは限らないから」だ。

「何れにしても、ウィルスの正体探究も絶対に忘れてはいけない事に成る」のに

「まるで、拉致工作等を無い事にしていた時代と同様に、

ウィルスの正体探究を圧殺・黙殺状態のままにしたがっている実態を露呈している」のが

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「そんな実態」からも

「工作兵器」や「情報工作」等の「濃厚な臭いが漂って来ている事にも成る」のだから

「工作を仕掛けている側等では無い」のなら

「正体探究情報配信等も必需に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「工作の場合どの様な可能性があるのか?」は

「以前の記事にも記した」。

「もちろん、全ての可能性を記す事が出来ている訳では無い」ので

「あくまでも一つの参考等としてご参照ください」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「未だに、{PCR}検査の大推奨状態」等だったが・・・。

『「百の宣言より実態把握を容易にする真実情報!」である事は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「真実情報が不足している状態」では

「総理大臣が緊急事態宣言を出すゾ~!」と「成る」と

「例えば、東京脱出!等の行動に走り易く成ってしまう人々も少なからず出る」のは

「ある意味、極めて当たり前の現象」で

「例えば、東京圏の市中感染率は何割・東京圏の免疫保持者割り合いは何割等の実態調査に基づいた原寸大の真実情報が伝えられている」なら

「市中感染率が何割なら、自分も感染している可能性が大だから

緊急事態宣言等出されるなら東京は脱出したいけど

別の地域に感染を拡げてしまう原因と成ってしまう事もダメな事に成るから

当面は、現状の自宅内でオトナシクしていようかなぁ・・・」等の

「思いに至り、其の様な行動を具現化する人々の割り合いも相応に高く成る事に成る」のだから

「未だに、重要真実情報である市中感染率や免疫保持者割り合い等の{調査(やり方の例は前記事に記した)}さえも

行われていない事」は

「本当に異常な事に成り、

{調査}の必要性を十分に訴えて来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「本当に、異常」に「成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番等では、緊急事態宣言が出される事に成った事等をダシ」に

「未だに、実質的、政治運動等を行っていたり、

色々と問題のあるPCR{検査}を大々的に行う事を訴えていたり、

・・・等々、していた」のだから

「大いなる違和感等を感じた視聴者等の数もかなり多かった筈」だ。

「PCR検査」の「重大問題点」は

「粘膜を削る検査であり、其れは、細胞壁を露出させる事による該当ウィルスの深部感染の救けにも成り得る事」や

「粘膜上のウィルスでも検知してしまうが故に、

偶々、該当ウィルスがエアロゾル状態等で在る検査場所(例えば、近くに感染者が居る)で検査を受けるなら、

本当は検査後直にでも其の部分の粘膜とウィルスが排出等されたりする実質、陰性状態なのに

陽性と判定され感染者ばかり・・・のウィルス濃度が高い場所に{隔離}される事に繋がってしまったり、してしまう事」や

「そもそも検査の信頼性確度が60%程度である事」等々で、

「其の様な問題実態」からも「PCR検査を十分な隔離状態無しで行ったところ」が

「感染爆発に繋がっている実態を露呈している事」は

「ある意味、当然の現象に成る」。

「PCR検査によるウィルス深部感染補助」が「無ければ、重症化を避けられた可能性のある事例」も

「決して少なく無い筈」だ。

「該当ウィルスの検査を行う」なら

「該当ウィルスの深部感染の救けにも成り得てしまうPCR検査では無く、

該当ウィルスの感染手段とは遠い(少々の傷口はつくる事にも成ってしまうが)血液採取による抗体等検査を主にして行うべき」で

「其れは、市中感染率や免疫保持者割り合い等の{調査}にも使える手段に他ならない」のだから

「そちらを訴えずに、未だに、PCR検査を大推奨等している常連出演者等は本当に変」だ。

「日本の本当の感染実態や免疫保持者実態等が判る事を、何としても、妨げさせようとしている様相ですらある、

工作的情報配信の実態が其処に露呈している事にも成る」。

「工作等では無い」なら「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日のテレ朝朝番でも、少々まともだった」のは

「日本の致死者数が少な過ぎる事に言及」し

「其の原因として、年間約10万人レベルの日本の肺炎致死者の中に紛れ込まされている可能性」を

「示唆等する情報配信も行っていたところ」だ。

「ゲスト常連出演解説者等が昨日言っていた事とは違い、

現状の日本の肺炎致死者の{多く}が該当ウィルス感染検査を行われていない事を示唆する情報配信を行っていた」から

「其の様な状態が蔓延しえいる」なら「該当ウィルスによる致死者数も少なくて当然」で

「更に、此処で重大問題に成る」のが

「該当ウィルスの感染検知検査が行われていない肺炎致死者が該当ウィルスに感染していたとするなら、其の感染源は何処?」であり

「其の後の感染の拡がりは?」等に「成る」のに

「其れは黙殺・圧殺状態にされている事」だ。

「感染・検査基軸の情報配信を行い続けて来ている」のに

「今頃に成って、コレ」では「本当に、遅過ぎる状態」で

「其の遅過ぎる状態を創り出している原因は何処?」等の

「当然の疑問」が「多くの視聴者の中でも、持たれている事」等は

「想像に難く無い」。

「当初から、クラスターと症状が出た人の中で必要と認められた人にダケPCR検査」という「感染検知手段」は

「深部感染による重症化や感染爆発等防止・抑止の為には合理的に成る」が

「本当の感染実態や免疫等保持者割り合い等を明らかにする事とは、ほど遠く成ってしまう感染検知手段である事」は

「公然の秘密状態だった」が

「マスコミ人等なら、公然の秘密の訳等を暴くのも仕事の一つの筈」なのに

「公然の秘密状態の方が都合が良い!」等の「濃厚な臭いを漂わせて来る情報配信ばかりが主扱い状態」なのだから、

「其処からは、かつての拉致は無い事に!在っても日本による強制連行の方が酷い事にして不問に!と同様の臭い」が

「濃厚に漂って来続けている」。

「選挙も無いから{政権交代}も無く、利したいところ・人脈等はす~と同じ!」という

「戦後日本の情報・教育界等の重大問題点が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「東京都では、無症状・軽症の感染者を病院からビジネスホテルに移す」という

「病院の病床を空ける対策を実行する」らしいが

「筆者が危惧している」のは

「狭く、隣部屋や上下の部屋等からの距離も近く成る、

ビルレベルの電気設備や電源電力も在るビジネスホテルへの隔離」により

「工作電磁波による不適応分子粛清工作等が行われてしまう事」だ。

「該当ウィルスに感染している」なら

「本当の死因は別」でも「満足な検死も行われる事無く、24時間以内に火葬されてしまう」ので

「例え、本当の致死原因が、黄濁電磁波であっても、工作飲食物であっても、

本当の原因が表にされる可能性は、かなり低く成ってしまう事に成る」。

「こんな状態を、工作等を仕掛け続けて来ている集団が利用しようとしない訳も無い」と

「感じたり、思ったり、する人々の数もかなり多い筈」だ。

「該当ウィルス対策だけでは無く、非人道的なスパイ・工作活動等対策も、極めて重要に成っている」のだから

「其の辺りを訴えないテレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「本当に変」だが

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等の者たちが未だに、強い実験を掌握状態のまま・・・」では

「其れも、ある意味、登園の現象に成る」のだろう。

「戦後日本の情報・教育界の{政権交代}の無い状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ご都合ゲイノウ人等の騒動売り状態」には「本当に呆れる」が

「見世物としては、ある意味、異物感満載で見ごたえもある事にも繋がっている人々も未だ、少なからず居るだろうから、

多くの人々が、其れに乗せられてしまっている事」は

「ある意味、現状の当然なのかも知れない」。

「しかし、公共の電波等を使っている情報配信」なら

「ご都合ゲイノウ人等の騒動売りよりも、優先して流すべき情報が、其れこそ山ほど在る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成っている事」も「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番等では、年間約10万人レベルの日本の肺炎致死者数の中に、該当ウィルスによる致死者も含まれているから、

日本の該当ウィルスによる致死者数は少ない」と「{ダケ}言いたげ」で

「其れ以外の原因への言及は、圧殺・黙殺状態だった」が

「其れも、本当に変」だ。

「其の辺りを明らかにする事にも繋がっている」のが

「市中感染率や免疫保持者割り合いの{調査}」に「成る」。

「市中感染率」が

「欧米諸国と同様レベル以上」と「強く推定出来る」のは

「該当ウィルスが自然発生なら、

其の発生源とされている中国共産党支配下の中国武漢からの距離も、人の交流も、

欧米諸国より日本の方が近く、旺盛だから」だ。

「其れなのに、感染致死者が少ないのは何故か?」

「年間約10万人レベルに成る日本の肺炎致死者の中に紛れ込まされているから」という「原因」は

「もちろん在る筈」だが

「其れだけ」なら

「該当ウィルス感染による重症化~致死者数が増えた分だけ、日本の肺炎医療現場が混雑していて当然に成る」。

「しかし、現状までで、報道されている{医療危機}の内容」は

「無症状や軽症者まで感染しているなら病院で隔離」という「隔離策によるモノ」だ。

「もちろん、今年は、インフルエンザの流行が小さかった」から

「其の分の、インフルエンザ肺炎重症化・致死者等の数が減っていて当然に成る」。

「もし、其の空き枠の範囲で収まっている」なら

「該当ウィルスの毒性」が、

「ワクチンも専用の治療薬も無い現状で其のレベルである事が判る事にも成り得る事にも成る」。

「現状の大騒動状態」とは「相容れないレベルの毒性」が「其処に露呈している事に成る」。

「また、該当ウィルスによる致死者の数が少なく成る要因」として

「免疫・抗体等保持者割り合いが高い事」も「十分に考えられる」。

「其の様な場合」なら「日本では多くの人々が該当ウィルスにも効く免疫・抗体等を既に保持出来ている事にも成り得る事に成り」、

「其の訳の解明」が「必需に成って来る」。

「其の辺りの有無や実態・実体等を明らかにする事にも繋がっている」のが

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等の{調査}」だ。

「其れを行わない事」は「本当に、異常に成る」。

「可能性として在り得る」のは

「該当ウィルスと同様のウィルスで毒性がより低いウィルスの流行や感染実験等が

日本国内では既に在った事」で

「其れは、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の手下工作員等や其のお仲間や協力者等による

非人道的な集団連続強化茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態からも、

十二分に在り得る事の一つ!」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も、結構多い筈」だ。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や監視工作等々の非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている集団」が

「ウィルス・細菌・化学物質等々の工作は行わない可能性は、極めて低い」。

「もちろん、表立たない、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発出来ない、非常に困難な事が、

大前提なのが集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態」だから

「例えば、多くの人々がいきなり急死し、其の原因も残る類の工作等は行わない筈」だが

「ウィルスでも、次第に、毒性を上げる事により茹でガエル式工作の実効力を上げる為の工作等」は

「行っていて当然」に成り、

「日本の年間約10万人レベルの肺炎致死者の数の中には、該当ウィルス以前の同様のウィルスが原因の致死者も少なからず居る」のが

「実態」と「強く、推定出来る」。

「其の様な日本国内の実態が在った」なら

「同様のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている人々が、日本国内には少なからず居て当然に成り、

其れが、該当ウィルスによる致死者数の少なさにも繋がっている事」等が

「容易に推定出来る事に成る」。

「何れにしても、実体・実態解明が必需に成っている事は確実」なのだから

「実体・実態解明にも繋がる市中感染率と免疫等保持者割り合い等の{調査}を早急に行うべき!旨等

訴えていて当然に成る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なのに「其の辺りは{緘黙}状態なのだから、

其処からも、大いなる異臭が漂って来ている」のが「現状の実態に成る」』。

『「ブラジルでは、大統領が、該当ウィルスに対する原寸大対応に熱心」で

「スラムのギャング等が、該当ウィルスがソフトウィルス工作だったなら、

其の悪の実効を上げる事にも直結している事に成る、自粛・隔離策等に熱心」なのだそうで、

「悪組織や反政府組織等を利用する」のが「工作活動の常である実態」からも

「其の辺りからも、濃厚な異臭が駄々寄って来ている事に成る」。

「ウィルス問題が終息する為」には

「ほとんどの人類が其のウィルスに対する免疫等を保持する(感染によってでも、ワクチンによってでも)」か

「実効性の高い対ウィルス薬等が開発~大々的に製造~実用される事で、其のウィルスが実質的に、撲滅される事」等が

「必要に成る」。

「此の意味からは、

毒性の弱いウィルスなら、

感染しても大丈夫な人々は、感染して免疫等保有者と成り、免疫の防波堤の役割りを担う事」が

「合理的に成る」。

「該当ウィルスの毒性レベル」は

「ワクチンも専用の治療薬も無い現状で、インフルエンザ同等レベルくらい」とも「推定出来る状態も露呈して来ている」から

「インフルエンザの感染を容認出来る」なら「何故、該当ウィルスの感染は容認出来無いのか?」が

「当然の疑問に成る事にも成る」。

「工作なら、感染自体を大問題化する事が合理的に成る」が

「工作では無く、実害・実益を基軸とする」なら

「ブラジル大統領流の対応」も「生まれて当然の対応の一つに成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「英国の首相」も「PCR検査による該当ウィルス深部感染救け」が「無かった」なら

「応分にご苦労も減っていた」とも「推定出来る」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体を確かめなければ、本当に有効な対策を行う事も困難に成る」。

「正体解明が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「{伝家の竹刀}緊急事態宣言が出される様」だが

「其れが、

該当ウィルス対策だけでは無く、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等対策にも繋がっている事」を

「強く期待している日本国民の数も多い筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。

『「日本のクラスター基軸の感染検知検査による感染研知者の数」は「本当の感染者の極一部でしか無い事」等は

「既に、公然の秘密の様な状態に成っている」。

「実態が良く判らないまま・・・」では

「いくらお偉いさんや有名人やテレビ常連出演者・マスコミ常筆等々が、自粛!等の旨大喧伝しても、

其処に十分な説得力が生まれる訳も無い」。

「此の様な状態を改善する為に有効に成る」のが

「市中感染率・免疫保持者割り合い等の{調査}を行う事」に「成る」。

「調査だから、結果の調査協力者への告知や感染が判明した事による隔離等は基本的に行わない」。

「統計学的に有意に成る様に、東京圏なら東京圏の中から通勤・通学沿線別にでも何か所かの平均的に成る場所を選択し、

其処で、必要人数分だけ各年齢層の人々から少量の血液採取を行い、

抗体等々の検査を行えば良いダケ」だ。

「協力者には、

年齢・性別・住処や職場・学校等の場所・一人暮らしか?何人のどの年齢層の家族等と同居か?程度の個人情報を提出してもらうが

故人の特定は行わない」。

「其の様な条件で、各地域から必要人数分だけ少量の血液を集めれば、{調査}は出来る事に成る」。

「何故、実態把握に必要に成っている{調査}を行わないのか!」

また「テレビ・ラジオ・マスコミ等は其の必要性や有用性等を訴えないのか!」

「其の辺り」から「本当に、嫌な臭い等が漂って来ている様に感じたりしている人々の数はかなり多い筈」だ。

「其の先に生まれている」のは「不信感」であり

「実態が判らないが故の不安や恐怖心等」だ。

「そんなベースが既に在る状態に成っている」のに

「其の上で、オーバーシュート!だのロックダウン!だのの{脅し文句}を喧伝等した」のが

「都知事で其れを多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が大喧伝した事による実効」は

「多くの人々の中に、より強い不信感や不安・恐怖心等を創り出す事等に成っていて、何の不思議も無い事に成る」。

「いったい何をやりたいのか!」

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々による

該当ウィルス問題発生時からの

感染・PCR検査基軸の大騒動!煽り等の目的は何か?」

「多くの人々の免疫力を下げさせ、

粘膜を削る検査の、該当ウィルスに限らず、色々なウィルス・細菌等々の関連リスクが高くて当然の病院での多用により、

重症化し易い状態の人々を沢山創り出したい{悪の思惑}等の臭いさえもが、

濃厚に漂って来ても当然に成る実態が其処に露呈していた」が

「{幸い}な事に日本政府等による対策はPCR検査は{最小限}だった」から

「現状までの該当ウィルスによる致死者の数」は、

「其れこそ{異常な程}少ない数に成っている(年間約10万人レベルの日本の年間肺炎致死者の中に紛れ込ませる事によって、少ない数にされている?

本日のテレ朝朝番のゲスト常連出演者等によれば、肺炎致死者の該当ウィルス感染検査はちゃんと行われている!旨だったから、

其れが実体を伴っているなら、本当に日本の該当ウィルスによる致死者数は、其れこそ、異常な程、少ない事に成るが・・・)」。

「感染・検査基軸では無く、実害・実益基軸の対応が行われて来ている実態が露呈している」が

「未だに、市中感染率や免疫等保持者割り合い等の公表が無く、緊急事態宣言{脅し}!がテレビ・ラジオ・マスコミ等で大喧伝状態」なのだから、

「本当に変」だ。

「市中感染率と免疫等保持者割り合い等が判る」と「共」に

「肺炎致死者数の増減が判り」、

「肺炎致死者の感染の有無等がしっかりと確認されて其の結果が公表されている」なら

「該当ウィルスの日本での実害レベルが、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、理解・把握し易く成る」。

「現状までの日本の医療現場」では

「無症状者・軽症者でも隔離!という{感染}防止対策により、疲弊状態に追いやられている」が

「重症肺炎患者の数」は「インフルエンザの流行が小さかったからか、

該当ウィルス問題が在るのにオーバーフロー状態には成っていない様」だ。

「其の辺り」からも「該当ウィルスの実害がある程度判る事に成る」。

「調査により、市中感染率が高い事が判明した」なら

「益々、少ない致死者の数が不思議に成る」が

「免疫・抗体等保持者割り合いが高い」なら

「其れも不思議では無い事に成る」。

「何れにしても、市中感染率も???のままシュミレーションで行動を8割抑制するなら、感染は収まる旨等喧伝されても、

其の説得力が十分に強く成らない事も明白な事に成る」のだから

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を未だ行っていないなら、直ぐにでも行うべき」だし

「其の結果の公表やマスメディア等を利用した大衆周知等も必需に成る」。

「信頼できる誰かの言葉が重要に成っているのでは無く、

該当ウィルの実体解明や該当ウィルス問題の実態の事実・現実通り原寸大の理解・把握が重要に成っていて、

其れを基にした適切な対応の実践が重要に成っている」。

「誰かを信頼して、信頼した誰かのいう事や号令等に従う!」では

「ナチス・ヒトラーの大衆誘導と同様な事までもが可能に成ってしまう」。

「重要な事は、問題の実体や事実・現実の原寸大理解・把握であり、其れをベースにした適切な対応の実践に他ならない」。

「未だに、

実体・実態探究等は不十分なまま、

ナチス・ヒトラー的な事を行いたがっている様相を露呈していたテレビ常連出演者等まで居る」のが

「現状のテレビ界の酷く劣悪な実態」で

「もちろん、是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「関東平野で暮らしている筆者の実感」では

「該当ウィルス問題」より

「連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等問題の方が遥かに深刻な問題に成っている」。

「例えば、

工作電磁波発生ハード・ソフト等は公共交通機関の車両や駅等にも多数仕込まれていて、

工作員がスマホ等でオン・オフや照射場所・角度等の調整を行っている実態を露営している」し

「其の様な工作員集団が保持しているスマホ等には集団リレーアタックにも使えるソフト(アプリ)等も入っている様相」だ。

「電子工学的工作を行っている工作員集団(朝鮮系や組合員風等が多い)」と

「大気工作等の工作を行っている工作員集団(朝鮮系や新興宗教信者風が多い)」と

「飲食物工作を行っている工作員集団」と

「侵入工作を行っている工作員集団

(色々なターゲットの場所を巡回等している様相の場合もある鍵師のプロレベルの者と

侵入スパイ・飲食物工作等を行う者等の組み合わせ等の場合が多い)」と

「監視工作等を行っている工作員集団(有益分子化~知らず知らずの内に工作を手伝わされている状態の者たち等も多い様相だ)」等は

「基本的に別の様相」だが「同じ者が複数の工作を行っている場合も少なく無い」。

「一つ一つのスパイ・工作活動等は、摘発困難で重罪に成らないモノや迷惑行為レベルでも、

其れらが集合し、連続と成ると、其の悪の実効は相応に高く成ってしまって当然に成る」。

「濃度で粛清する非人道的な茹でガエル式集団連続強化型工作の実態が其処に在り、

其の迷惑度は、該当ウィルス問題のレベルでは無い」が

「該当ウィルス問題からも非人道的な集団連続強化型スパイ・工作活動等と同様の臭いが漂って来る」のも

「事実」だ。

「弱毒性、もしくは、無害レベル、ウィルスや細菌等の感染実験の手段と強く推定出来る」のが

「大気工作」で

「そんな事を行い続けて来ている集団」なら

「既に、日本国内等では、該当ウィルス等でも何代にもわたって感染実験等を行って来ている可能性も否定出来ず、

其の免疫故に、日本での致死者数が異常な程少ない事等も、推定出来る事に成る」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等を明らかににする調査を行う」と

「其の辺りもバレてしまう」から「異常な程、消極的に成らざるを得なく成っている」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「政府等の場合は、其の様な実態が露呈した場合に起き得る事態に対する対処体制等を構築する時間を稼ぐ為」に

「消極的に成っている」のかも知れない。

「そうでは無い」なら「直ちにでも行うべき事に成っている」のが

「市中感染率や免疫等保持者割り合いの{調査}と其の結果の大々的公表」だ。

「実体や事実・現実をありのままに原寸大で理解・把握し、其れと共に在る状態に狭義の自分を置ける事により、

初めて人間は落ち着ける」のだから

「実体や事実・現実の一部ダケを偏重大喧伝等する事で、全体を誤魔化し、

其の上に{脅し文句}等を重ねるやり方では、

不信感や不安・恐怖心等を生じさせ易く成ってしまう事に成り、

良好で適切な対処行動等を誘う為には、大いなる疑問符が付くやり方に成ってしまっている」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「是正しない、出来ない」なら「其の裏」には「上記の様な{現実}が在る事が益々強く推定される事に成る」』。

『「現状のクラスター基軸+症状が出て医師が感染検査が要ると判断した者」の「感染検知検査のやり方」なら

「市中感染率が相応にある状態」では

「感染検知検査を行えば行う程、感染者の数も増える事に成るのは、極めて当たり前の現象に成る」。

「其の様な状態の中で、日々、何人感染者が出たゾ~!昨日より多いゾ~!桁も上がっているゾ~!等々と{脅し}ても、

絵に描いた猛獣による{脅し}みたいなモノ」で

「人によっては、滑稽ですらある」のが「実態に成る」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等が判る調査等を行い其の結果と共に、

実害・実益基軸で

肺炎重症化者数や致死者数と

新免疫等保持者数を

それぞれ年齢別・免疫学的身体状態別に、

ありのままに伝える」なら

「該当ウィルスの実害・実益をありのままに理解・把握し易く成る」ので

「多くの人々が実感を持って必要に成っている対応行動等を十分に行い易い状態に成る事に成る」。

「何故、其の様な当たり前の対処法を行わないのか?!行えないのか?!」

「其の辺りからも、非人道的なスパイ・工作活動等の存在故の臭い」が

「濃厚に漂って来ている」』。

『「もちろん、言うまでも無く、該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「そんな非人道的な工作を行ったところは、出来る限り早く消滅させる事こそが、適切に成る」。

「其れは、該当ウィルスより遥かに毒性の強いウィルスを同様に世界中にばら撒かれる可能性が在る事」等からも

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「元を壊滅させる為に、全面先制核攻撃等が必要に成るなら、躊躇無く行うべき」だ。

「そうするなら、同様の事を行えば、壊滅させられる事に成る!」等の

「事後の同様の事の再発等に対する抑止力も生まれる事に成る」。

「ウィルス工作等極めて非人道的な工作等までをも行う非人道的な集団との交渉等が成り立つ訳も無い」。

「大元を判り易く壊滅させる事」が「適切な対処法に成っている」。

「何れにしても、該当ウィルスの日本での市中感染率と免疫保持者割り合い等の{調査}は急務」だ。

「行わない、行えない」なら「其の理由等をありのままに大衆周知すべき立場に在る」のが

「マスメディア」であり「政権」だ。

「選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界よりは、

選挙が在り政権交代も在る分だけ民意反映もされている事に成る政権の方が信頼度は高い事に成る」が

「戦後日本国内にも少なからず居る北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等の濃度や実験掌握割り合い等が高い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の方が

圧倒的に発信~大衆周知力等が高い状態」で

「其の{信者}を大量に創り出し続けようとして来ている状態まである」から

「其の辺りの少人数では無い何十万人~何百万人レベルの人脈の存在故」に

「戦後の日本国内の実態」が「大いに普通では無い状態にされ続けて来ている」のが

「現実」だろう。

「何れにしても、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を壊滅させる事」は

「該当ウィルス問題ダケの解決より遥かに重要な事に成っている」。

「現状では、該当ウィルスに感染しているダケで、

実質的には、他の粛清工作による粛清殺人でも、死因は該当ウィルス感染故で済まされてしまい易い」のだから

「其の様な事態でも悪用され易い、電磁波工作等の徹底摘発くらい、早々に行ったらどうか!」

「此の辺りを訴えもしないテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に変」だ。

「北朝鮮金政権等が無くなる」なら

「該当ウィルス問題も、日本国内の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等も無く成る可能性はかなり大きい」等と

「感じたり、思ったり、している人間たちの数もかなり多い筈」だ。

「何れにしても、非人道的なスパイ・工作活動等を壊滅させる実効のある対処が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「筆者が把握している工作員や其の協力者等と強く推定出来る者たち等の

警察等による摘発は何時頃に成るのだろうか」・・・』。

『「緊急事態宣言の期間は6カ月と言う報道もされている」が

「6カ月までの期間内で個々の知事等が決められるという事らしい」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を其のままにする」なら

「其の間」は「家の中に居て、工作電磁波等が当てられ続けたり、工作大気を頻繁に浴びせられたり、され易い状態に

陥らされる人々が多数出る事にも成る」のだから

「非人道的なスパイ・工作活動等の徹底摘発が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「侵入工作可能時間は減る事に成る」が

「侵入飲食物等工作物質等混入工作やスパイ工作等は、短時間の積み重ねで行われている場合も多い」ので

「くれぐれもご用心!」

「該当ウィルスに対する免疫が、これまでのウィルス感染実験等により日本国内の多くの人間たちに構築させていて、

該当ウィルスによる粛清工作が不十分状態に成るから、

其の分を補うべく、家の中に居させる時間を長くした上での工作電磁波当て続けや工作大気漬け等による粛清を旺盛にしようとしているのかも・・・」等の

「感や思い」等さえもが

「浮上して来てしまう」のが

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の徹底摘発等が未だ行われていない

戦後日本社会の酷い実態」に「成ってしまっている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の内容を記した」ら「上方向の工作員の動きが激しく成り、筆者に当てられている工作電磁波がかなり強化された」から

「かなり、困る内容である事」等が「容易に推定出来る」』。

『「感染を大問題化している」から「医療関係者等差別まで誘発されてしまっている」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合いをちゃんと調べ知らせ、感染では無く、

実害・実益を基軸にした論調を多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で主にする」なら

「変な差別も生まれ辛く成る」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前の事を十分に行えていない現状は本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」し

「是正出来ない」なら「其の訳をちゃんと大衆周知するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。

『「ご用達テレビ頻出演学者等によれば、該当ウィルスの市中感染率は誰も分らない!等の旨だった」が「学者なら、だから直にでも調査すべき!」が

「当たり前に成る」。

「市中感染率や免疫保持者割り合い等さえも把握出来ていない状態」では

「どの様な対策が適切に成るのか?」等も「分らなくて当然」で

「其の様な状態」が「多くの人々にもたらす事」は

「分らないが故の不安・恐怖心・危機感等の増大」であり、

「其の先で生み出される事になる

適切か?否か?も判らない、

不明・不安等故にあらぬ方向に極端化しがちに成っている場合も多い、対応行動等に成る」。

「其の様な不健常状態を構築し、させ、其れを維持~増大等し続けて来ている」のが

「現状までの日本の多くのメディア情報配信等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法は簡単・単純」で

「該当ウィルスの実体を探究し、暴き出し、

該当ウィルスによる問題の実態を事実・現実通り原寸大で伝えれば良いダケ」だ。

「該当ウィルスの実体探究の為に大いに有益に成る事の一つ」が

「市中感染率や免疫等保持者割り合いの実態調査に成る」のだから

「何処のテレビ・ラジオ等の番組でも、マスコミ紙面や電子紙面上等でも、其の必要性を大々的に訴えていて当たり前に成る」のに、

「未だに、ご用達学者等が、市中感染率は誰も分らない!の旨公共の電波上で大喧伝・・・では、

本当に、酷く、劣悪に成る」し

「其の裏には、相応の理由が在る事等も、容易に推定されて然るべき事に成る」』。

『「昨日の記事内容にも大いに困るところが在ったから・・・」か、

「筆者をターゲットとしている実態を露呈している電磁波工作{も}より旺盛にされた」。

「筆者の場合」は

「集合住宅である住処の周囲に、商業施設も入っているビルや、大手衣料品販売店のチェーン店等々が在り、

筆者の部屋の真下部分に集合住宅の電源設備が在る」。

「強い工作電磁波を発生させる為には、相応に強い電力が必要に成る」が

「其の素に出来てしまう一般住宅レベルでは無い大電力を使う機器・設備等が周囲に多々在る状態に成ってしまっている」。

「十分な資金力等があるなら、早々にでも郊外の住宅地内一戸建て等にでも引っ越したいレベルの{悪}環境」だが

「十分な資金力に未だ恵まれていない筆者の場合は、甘んじて、其の環境内で電磁波等の粛清工作({実験}と推定される)を受けつつ、

其の実態を当ブログ上等で暴露し続けて来ている」。

「電磁波工作の場合」は

「周囲の大電力設備等に仕込んである工作電磁波発生ソフト・ハード等からの工作電磁波」を

「上部に居る工作員等が筆者の居場所や体勢等を覗きながら、

工作電磁波の角度や強さ等を調整する事でより{効果}的に当て続ける手法が採られている実態が露呈している」。

「筆者の場合は、工作電磁波の存在に気付いてから、相応に必要に成る対策を行い続けて来ている」ので

「悪の実効が発生しないままの状態を続ける事が出来て来ている」が

「当然、対策には、お金も時間も手間もかかる」ので「大迷惑」だ。

「警察等にも相談している」が

「現状までの警察等では、工作電磁波探知・検知に必要に成る機器等を持って調査等しに来る事も無く、

はっきりと判る実害が出るまで本気の捜査等が行い辛い状態と成っている」ので

「筆者が相談した者の中にも、お話しはちゃんと記録に残しておきますから、万一の時は其の可能性も含めて捜査します」等と

「筆者が犠牲に成るまでは捜査等も困難である旨を吐露する者も居たくらい」で

「拉致までされている」のに

「未だ、十分な実効を持つ非人道的なスパイ・工作活動等を摘発し、厳罰に処す、法や摘発体制等の整備さえも行おうともしていない

戦後の日本国の中での警察等の仕事の行い辛さ」が

「良く判る状態に成ってしまっているまま・・・」だ。

「もちろん、こんな状態の是正も急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の、特に都市部の、該当ウィルスの市中感染率」や「免疫等保持者割り合い」等を

「判明させる事」が

「日本の該当ウィルスによる異常な程少ない致死者の数の訳」を

「暴き出す事に直結する」と

「困る」なら

「該当ウィルスの正体」は「ほぼバレている様なモノに成る」。

「其れは、例えば、

長年に渡って継続的に日本国内等で大衆に感染させる{実験}等が行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器の其の時点での最新版等に成る」。

「該当ウィルスの前にも同様の、より毒性が低いから露呈し辛いコロナウィルスによる感染実験が行われていた」なら

「其のより毒性の弱いコロナウィルスに感染させられていた人々には、相応の免疫が在って当然に成り、

其れが、該当ウィルスの感染でも、重症化や致死を防止・抑止等している事に繋がっている可能性が高い事に成る」。

「其の様な可能性の有無」を「暴く事に{も}直結している」のが

「市中感染率と免疫保持者割り合いの疫学的調査」等だから

「ウィルス実験を行っている側、協力している側等では無い」のなら

「該当ウィルスに対する市中感染率と免疫保持者割り合いの調査を直ぐにでも行うべき!」等と

「訴えるのが当たり前に成る」が

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等が未だ大きな実験を保持したまま・・・の

選挙も無いから{政権交代}も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

其の当たり前の訴えを

十分に大喧伝等していないまま・・・の実態を露呈している」。

「ウィルス感染{実験}の隠蔽を行ったり、

{実験}に協力等していたり、している様相でさえある」し

「其れが、世界中から経済制裁等を与えられている北朝鮮の報復経済制裁への加担にも繋がっている様相なのだから、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「国外労働者の引き揚げによる外貨取得手段の激減」に

「頭に来た北朝鮮金政権等」が

「世界の工場的状態と成っている中国共産党支配下の中国の交通の要所である武漢にウィルス工作兵器の置き土産をして来た上」に

「世界中で、ウィルス工作兵器を使っている」なら

「現状の様な状態」も「合理的に成る」等の「感や思い等を抱いている人々も決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても該当ウィルスの正体解明」も「急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ウィルス工作兵器だった」なら

「同様の感染の拡がりをもっと毒性の強いウィルスででも実現出来てしまう事にも成る」ので

「其れこそ、即刻にでも其の元を壊滅させる必要がある事に成る」。

「毒性の強いウィルス工作兵器により同様の感染が拡がる」なら

「其れによる致死者数は何千万人~何億人レベルに成っても何の不思議も無い事に成る」から

「ウィルス工作元が判明した」なら

「其れこそ先制全面核攻撃等の激烈な手段を実用してでも、其れを壊滅させる事には相応の正当性が在る事に成る」。

「其の様な壊滅実態を歴史に残す事」は

「ウィルス工作等、非人道的な工作を再び行う事の強い抑制にも繋がる」のだから

「今回のウィルスがウィルス工作だった」なら「全世界は躊躇無く、激烈でも確実な実効のある対処を直ちに行うべき」だ』。

『「何れにしても、本当の感染実態も、免疫保持者割り合い等も不明なまま・・・」では

「例え、総理大臣が緊急事態宣言を出しても、

どんなに多くの人々が記憶して実質的には其の人の一部にもしている有名人等が感染した!~重症化した!~死んだ!等と

大衆を{脅し}ても、

其れは、天動説状態を強いた中での宣言や脅しでしか無い」から

「十分な説得力が生まれる訳も無い」。

「該当ウィルスの実体解明」や

「該当ウィルス問題の実態を事実・現実通りに原寸大で多くの視聴者・読者・生徒等が理解・把握する事を容易にする情報・教育等」等

「抜き」では

「多くの人々が落ち着ける訳も無く、実体・実態把握に基づいた冷静な原寸大対応も出来易く成る訳も無い」。

「実体隠蔽・{脅し}状態の情報配信・教育等は本当に異常」で

「酷く、劣悪な事に成る」が

「其の様な酷く、劣悪な事を行い続けて来ている」のが

「選挙も無いから{政権交代}も無い状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、現状までの日本のクラスター基準の検査」では

「最初から全てのクラスターが捉えられている証明もされていない状態」では

「部分検査」と「言われても仕方の無い事に成る」。

「もちろん、粘膜を削るPCR検査等を該当ウィルスに限らず、他の感染要因も多々ある病院で行う事」は

「出来る限り避けるべき事に成る」ので

「検査自体が絞られて来ている事による実益」は「相応にある事に成る」が

「病院でのクラスター基軸の検査とは別」に

「病院等外で市中感染率と免疫等保持者割り合いの{調査}」が

「行われ、其の結果が大々的に公表されていない事」は

「本当に変」だ。

「其処にこそ、該当ウィルス問題の本質の一つが在る」と「強く推定出来る実態が露呈している事に成る」。

「上記等の様な裏が無い」なら

「即刻にでも行うべき」なのが

「市中感染率と免疫保持者割り合いの{調査}」だ。

「出来る限り粘膜を削る検査方法は避け、血液検査等の手段で調べる事」が

「適切に成る」』。

『「無症状でも軽症でも{病院で}隔離」という

「医療従事者の負担を激増させる変な状態」の「解消」は

「ようやく、実践され始める様に成りそう」だが、

「感染者収容所等でウィルス濃度を高めるやり方は、避けるべきやり方に成る」。

「もし、該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「感染者を集合させた場所では、

少ない数の工作員等で、

意図的に、

急激・大量・継続(長時間)・深部感染状態を創り出す事が出来てしまう事に成り、

其れは、不適応分子粛清工作の常套手段でもある事に成る」。

「其の辺りの危険性を排除する為にも、該当ウィルスの正体解明が極めて重要に成る」。

「{遺伝子}情報等や市中感染率・免疫保持者割り合い等の調査等」から

「早急に、該当ウィルスの正体を暴く事」が「極めて重要に成っている」のだから

「其れを十分に訴えない、テレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスが北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器」なら

「北朝鮮金政権等は、早々に{自首}するべき」だ。

「其れは、先制全面核攻撃と成るよりは、遥かにマシな状態を得られる事に直結している事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」にも「実益は在り、其れが地球温暖化の抑止に成っている事」は

「既に、世界中の多くの人々が知っている通り」だが、

「地球温暖化問題を少々先送り出来ただけで、地球温暖化の元を是正しない」なら

「非常に愚かな事に成る」。

「新世代人間世界の構築」を「急ぐべき」で

「人類誰もの自分の実体(地球生命体細胞群=広義の自分)と

其の実体の根本的目的である存続~永続との整合性をちゃんと取った

今時のモノをちゃんと構築すべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其処への切替えの為の大芝居」なら

「未だマシに成る」のが「該当ウィルス大騒動!」だが

「現状」では

「自然発生とする」なら「既に、何処と無く変」で

「ウィルス工作」なら

「中国共産党による自爆も含む覇権取得の為」や

「北朝鮮金政権等による感染{実験}と報復経済制裁」等が

「推定出来る事に成る」。

「果たして、実体は?」を「追及しないテレビ・ラジオ・マスコミ等も変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。

『「判明した感染者からのクラスターを基軸とした感染検知検査」が「本当の日本の感染実態を直接は明らかにしていない事」は

「既に、多くの人々が判っている通り」だ。

「では、本当の感染実態は?」は

「公表されている内容から推定する事でも、当然、在る程度は判る事に成っている」のは

「比較的初期にクラスター基準の感染検知検査を行った時」に

「クラスター基軸で感染検知検査を行った結果、感染を検知したのは感染検知検査者の内約2割で、

八割の人々は感染していない旨、報道等された事」の

「裏」からも「良く解る」。

「其れは、つまり、検車者の内の二割は感染していたという事実」から

「市中感染率も同等レベルなのでは・・・」という「推定が容易に出来てしまう事」だ。

「クラスター基軸検査時点で、全てのクラスターが押さえられている訳も無い事」は

「検査開始時」と

「該当ウィルス発生の時」と

「もし其れが、中国共産党支配下の中国武漢地域での自然発生ウィルスなら、

発生時と推定される時時点からの中国と日本の人的交流の激しさ」等からも

「良く解る事に成る」し、

「仮に、全てのクラスターが押さえられていた」なら

「其の訳が十分に大衆中値されていない事」が「大きな疑問に成る」。

「更に、昨今までの感染検知検査の結果からも、感染源不明の割り合いが半分以上に成っている実態が露呈している」のだから、

「其の辺りからも、全てのクラスターが押さえられていない実態は良く解る事に成る」。

「仮に、市中感染率をクラスター肝炎検知検査の実態を拡大解釈した2割程度とする」なら

「其の様な状態に成っていた時からの時の経過を考慮して、現状の市中感染率が5割越えであっても、何の不思議も無い事に成る」。

「此処で注目すべき」は「日本の現状までの肺炎重症化者に対す医療体制がどうなっているのか?」で

「該当ウィルスの毒性の強さの実体検証もロクにしないまま、感染を大問題化し、

感染者なら無症状でも軽症でも隔離!という対策を行って来ている事により、

無症状者・軽症者による病床過剰占領状態故の実害を除く」と

「実質的には、該当ウィルス問題発生以前と大差無い状態である事」が

「多くのメディア報道等からも良く判る事に成る」。

「感染検知検査として現状メインにされているPCR検査には時間がかかる」から

「本当の実態は2週間後!なんて話しも横行している」が

「重症化や致死は、検査結果など関係無く直に起きる事」だから、

「其の辺りの実態数を知る」なら

「市中感染率2割~5割~であって当然の状態に在る現状の日本」で

「現状の様に重症化者や致死者の数が少ない事」は「明らかに変な事に成る」。

「明らかに変な事」なら

「其の真相解明が行われていて当然に成る」のに

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の主たる論調」は

「該当ウィルスの脅威等を大喧伝等し、感染自体を大問題化して、感染検知検査の重要性を訴え、

感染検知者の隔離を推奨する天動説的状態」で

「明らかに変な事の実体解明等を訴えているところは、実質的に、皆無状態に成っている異常さ、もしくは、劣悪さ、だ」。

「そんな状態の是正が急務に成っている事は、もはや、言うまでも無い事に成る」」。

『「現状の実際の日本の市中感染率が、高いところでは少なくとも2割~5割程度にまで成っている事が容易に推定出来る状態」で

「公表されている感染者や致死者の数」が

「異常な程、少ないのは何故か?」

「其処にこそ、該当ウィルスの正体を暴く事に繋がっている重大な現実が見え隠れしている事に成る」』。

『「まるで、既に、同様のウィルスに対する免疫等を保持出来ている様な状態」が

「日本(の一部}には在る」と

「想定する」なら

「日本の現状が合理的に考えられたり、思えたり、する人々の数はかなり多い筈」だ。

「此の事実」は

「該当ウィルスの正体を暴く事にも繋がっている」等と

「感じたり、思えたり、している人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「例えば、日本国内にも韓国内同様に多数の手下工作員等や其の協力者等を内在させ続けて来ている

北朝鮮金政権等が、

ソフトウィルステロ実権等を行った」なら

「現状は、合理的にも成り得る事に成る」のは

「該当ウィルスより毒性の弱い同様のウィルスによる実験」を

「日本国内や韓国内で行う事が出来てしまう状態が在り、

其の実験が行われていた」なら

「ソフトウィルステロ実権等が行われた、日韓等内には、

多数の同様のウィルスに対する免疫を保持出来てる人々が居て登園にも成り得る事に成る」。

「逆に、其の様な免疫が無かったとする」なら

「く明らかに、日本の感染者数や致死者数は、少な過ぎる事に成る」。

「感染者数は、感染検査を減らす事により、{捏造}する事も可能に成り、

致死者数は、致死の主たる原因が肺炎である事から、日本の肺炎による年間致死者数である約10万人レベルの中に、紛れ込まらせる事も

可能に成っている」が

「重症肺炎患者や致死が急増・激増する」なら

「其の{誤魔化しの器}の{機能}も大きく削がれる事に成る」。

「其れでも現状まででは、はっきりしている事」として

「重症化者治療に対する医療崩壊が起きていない事からも、

該当ウィルスの毒性・有害性が、

今年のインルエンザ流行が激しく無かった分等と相殺できるレベルに収まっている事に成る」。

「つまり、既に、発生時からの封じ込めには実質的に失敗している該当ウィルスの実害レベル」は

「例えば、エボラ出血熱等程、激烈的では無い事」だ。

「エボラレベルの毒性のあるウィルスに対したなら、感染基軸で大問題化し感染者なら例え、無症状でも隔離!が合理的に成る」が

「該当ウィルス程度の毒性ならば、

感染自体を大問題化する事よりも、重症化や致死を大問題化し、其れらの実害を防止・抑止等する対策を行う事」が

「合理的に成る」。

「現状までの多くのメディア等による、感染・検査基軸の大騒ぎ!~視聴者・読者の不安・恐怖心等煽り~実質的、免疫力低下誘い情報配信」は

「明らかに変」だ。

「有名人や大学者等や大権保持者等がどんなに大喧伝しても、天動説は天動説でしか在り得無い」。

「該当ウィルス問題の地動説状態論調等は何処に在る?」

「本来なら、多くのマスメディアが地動説状態の論調を大喧伝等する事により、

多くの自由で民主的な人々の、

問題の実体や事実・現実の原寸大理解・把握等に基づいた原寸大の落ち着いたじ実効のある対応等を誘うようにする事」こそが

「本来の仕事のスタイルの筈」だ。

「天動説メディアの有益分子道具扱い状態の有名人や学者等は本当に哀れ・・・に成る」』。

『「極一部」と「強く推定出来てしまうクラスター基軸の感染検知検査」等は

「換算自体の封じ込めが出来なかった時点で、一時の誤魔化し手段にしか成り得無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「日本の本当の感染実態を露わにする事に繋がっている」のが「市中感染率調査等の疫学的{調査}」だ。

「封じ込めに失敗した時点で、其れを行わない」のも「ある意味、大いに不思議」だが

「其の裏には相応の理由が在る筈」で

「其の辺りを暴く事」こそが「メディアやマスコミ人としての本来の仕事の一つに成る」。

「市中感染率を調べて、其の結果として、感染者約5割以上、免疫等保持者4割以上」等なら

「現状の日本」の「圧倒的に少ない感染者数や致死者数の実態とも相応に整合性が取れる事に成る」が

「もし、其の様な状態なら、日本がそう成っている訳が在る事に成り」、

「其の可能性としては、北朝鮮金政権等による非人道的なソフトウィルス工作実験等の存在等が浮上して来る事に成る」。

「該当ウィルスの前世代版であるより毒性の弱い同様のウィルスに対する免疫等が保持出来ている」なら

「垣外ウィルスの実害が圧倒的に少なくても当然に在り」、

「其の様な実態が日本に在る」なら

「其れは。非人道的な工作実験等の存在を実証している一つの材料にも成っている事に成る」。

「弱毒ウィルスでも継続的に、次第に、大量に、感染させれば、其の実害悪の実効も引き出せる」等というのが

「北朝鮮金政権等流の濃度で粛清する非人道的な粛清工作の精神構造の実体」だ。

「手下工作員やお仲間、協力者等には、薄く。緩く、浅く、長時間に成らない様に、感染させる」なら「其れらの人々は免疫を得られる事に成る」が

「大量に、強く、急に、長時間感染させ続ける」なら

「其れらの人々は発症し易く成り、場合によっては他の非人道的な工作等との悪の{コラボ}により致死されられ易く成する」のが。

「北朝鮮金政権等流の非人道的な濃度で粛清する茹でガエル式工作活動の実態」だ。

「該当ウィルスが北朝鮮由来であり、其の工作仕掛け元が金政権等だった」なら

「金政権等には、例えば、全面核先制攻撃等の非人道的な手段が実用されてでも排除されて当然に成る正当な実態が在る事に成る」。

「何故なら、該当ウィルス問題を不問にするなら、

同様のもっと強烈なウィルスによる報復(経済)制裁攻撃~支配領域拡大工作等も十分に可能に成るから」だ。

「上記の様な可能性も否定出来無い状態が在る以上、該当ウィルスの正体の解明も絶対に忘れたり、怠ったりするべき事では無い」のに

「多くのメディア等では、其の辺りが{‘無し}状態なのだから、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。

『「該当ウィルス問題の本当の実態・実体把握の為に有益に成る調査報道等を行う事」は「もちろん、不可能では無い」。

「例えば、該当ウィルスの毒性がどれ程なのか?」は

「其の主たる重大実害である肺炎致死者の数の増減等からある程度判る事に成る」。

「日本の肺炎致死者数は、年間約10万人レベル」だが

「今年はインフルエンザの流行が小規模だった」ので

「インフルエンザ~肺炎致死者の数は減っている事」が「容易に推定出来る」。

「其の辺りも考慮した上で、該当ウィルス流入以降~現状までの肺炎致死者数の増減を調べる」なら

「其の結果が、相応に該当ウィルスの主たる重大実害の実態を示している事に成る」。

「肺炎致死者数が次第に増えている」なら

「該当ウィルスの感染者の増え方との比較」から

「該当ウィルスの毒性の実態が相応に理解・把握出来る事に成る」。

「減っていても、同様に成り、

其の場合は、該当ウィルスの毒性は他の肺炎致死の原因と成っているウィルス・細菌・誤嚥等の事態より

低い事が推定出来る事に成る」。

「該当ウィルスの毒性を原寸大で理解・把握し易くする情報配信」は

「該当ウィルス問題に対する多くの人々の冷静で必要十分な対応を誘う為に有効に成る」のだから

「其の辺りの調査報道等をしていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は「ある意味、本当に変」だ。

「変な状態の裏には相応の理由が在る事が推定出来る事に成る」。

「現状で多くの大メディアが行っている該当ウィルス問題に対する情報配信内実」は

「実質的に、{脅し}で視聴者・読者等の不安や恐怖心等を煽る事と反現政権政治運動等」に「成っている」。

「例えば、総理大臣が各家庭に二枚づづのマスクを配布する旨発表した」ら

「綿マスクはWHOがダメ出ししているゾ~!の旨喧伝等したり、

今頃に成って何やっている?遅過ぎるゾ~!の旨喧伝等したり、等々」と

「其の実効を十分に喧伝等するより、政権に悪イメージを付ける事に熱心な様相等を露呈している」のが

「実態」だ。

「綿マスクでも、マスク全家庭配布には明らかな実益がある事が容易に推定出来る」のは

「マスクが無いとマスクは在る」では「其の違いは絶大だから」で

「マスクが無いと困るから高値転売品でも手に入れようとしていた人々の内、かなりの割り合いの人々が、

高ね転売品等を買うくらいなら配布マスクで良い!等と成れば、

高値転売悪稼ぎがかなり行い辛く成る事に成る」。

「其の結果、普通のマスクも手に入り易く成る状態が誘われる事が推定出来る」のだから

「高値転売を行っている者たち等を利す利悪目的が無い」なら

「マスク全家庭配布は、歓迎!状態で然るべき事に成る」。

「此の手の問題までもをダシに現政権に悪イメージを付ける{政治運動}等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に、醜悪で、

是正が急務に成っている事等は、

もはや言うまでも無い事に成る」。

「日本の現状までの該当ウィルスに対する感染検知検査が圧倒的に不十分な事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが分っている事だろう」が

「其の裏に在る」のが

「感染自体を大問題化した感染=隔離対策」だ。

「感染基軸では無く、実害・実益基軸の対応をする」なら

「主たる重大な実害の実態を検証した上で、他の同レベルの実害をもたらすウィルス・細菌等々と同レベルの対策を行えば良い事に成る」。

「一番重要な事が肺炎致死を防ぐ事に成っている実態が在る」のだから

「其の治療体制等を充実させる事」は

「該当ウィルスに対してダケでは無く、他の原因による肺炎致死を防ぐ為にも有効に成る合理的で良い対策に成る」。

「該当ウィルスと既存の多くのウィルス・細菌等との一番の違い」は

「該当ウィルスには、未だ、其れ用の治療法や治療薬やワクチン等の体制が整備されていない事」だが

「同様の他の肺炎の原因に成っている不明扱いのウィルスも在る」のだから

「該当ウィルスへの対応は毒性相応であって然るべき事に成る事」等は

「実害・実益基軸で冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「其れなのに、該当ウィルス問題だけが、こんなに大騒動化されているのは何故か?」

「其処に在るのは、メディア情報等による大騒動化」だ。

「該当ウィルス問題の実態・実体解明は不十分に、

其の結果として、実害・実益対応が出来ずに、

感染・検査基軸の論調を大喧伝する」なら

「必然的に、大騒動が誘われ易く成る」。

「大騒動化の裏には、

天動説状態の論調のまま・・・のメディア等の者たち等による自己承認欲求の代償欲求の追及状態までもが見え隠れしている」。

「感染したら大変だゾ~!感染者は隔離するべきだゾ~!感染者を見つけ出す検査は徹底して行うべきだゾ~!」等々を

「大喧伝してしまった事」を「正当化しようとする」なら

「実態・実体検証で該当ウィルスの毒性の真実を露呈させる地動説状態の仕事は行い辛く成る」。

「其の結果、多くの視聴者・読者等は本当の事を原寸大で知る機会を得辛くされてしまっている」と「共」に

「多くのメディア等が煽っている不安や恐怖心等の先で、

実質的には免疫力の低下状態や精神的圧迫による不健常行動等さえも誘われている」のが

「実態に成ってしまっている」。

「こんな状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「主たる重大実害が肺炎致死」なら

「現状までの肺炎致死の実態でも広報したらどうか!」

「他の原因による肺炎致死でも、其の多くは高齢者等免疫学的弱者状態の人々に集中している」し

「急変も、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々の重症化時には良くある事」だ。

「免疫学的弱者状態に無い人々でも、肺炎致死が稀にある事も同様」だ。

「上記の通り、治療法等が確立されていなかったり、治療薬・ワクチン等が無い、他の肺炎の原因も在る」。

「原寸大の実害の実体を判明させる事抜き」に

「過剰な大騒ぎ、対策等を大々的に行う」なら「其の事による実害の方が大きく成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」し、

「実際の現状は、これが地球温暖化抑止の為の大芝居等では無いなら、正に、其の状態」だ。

「該当ウィルスは、急変~重症化・致死等の割り合いが他の肺炎の原因に比べて桁違いに高いウィルスなのだろうか?」

「メディアなら先ず、其の辺りの現実情報を冷静に、データ付きで公表等するべき」だ。

「現状までの実態」では

「大騒ぎして、閉鎖・隔離策を行い、其の場所のウィルス濃度を高め、其の中で粘膜を削るPCR検査を行ったところ」と

「そうでは無いところ」で

「重大な差が出ている様相」だ。

「ウィルス感染の当たり前」として

「大量・急激・深部・長時間・連続感染は避けるべき」だ。

「感染者も含む多くの人々を、他の感染原因も山ほどある病院等に集合させ、検査・治療等を行う」なら

「重症化者等が増え易く成ってしまう事に成る」が

「其の様な状態の生みの親」は

「メディア等による大騒ぎ~其れを真に受けた政治家等による短絡的な対策等だったのでは無いのだろうか」・・・。

「ウィルスの当たり前」として

「ワクチン接種からも解る様に、害の無い感染により免疫を持つ事のメリットは大きい」し

「免疫を持っている人々の中では滅多な事では増える事が出来ない」から

「多数の人々が大きな実害を出さずに免疫を保持する事」には

「ウィルスの感染流行を抑制させる為等の、大きな実益が在る事に成る」。

「例え、新種のウィルスでも、多くの人々が、緩く、感染して、多くの実害を出さずに免疫を得る」なら

「其のウィルスが流行し辛い状態が出来る事に成る」。

「日本の現状の感染研知者数から考える」と

「世界の他の国々に比べてこんなに少ない訳が無いから、今後、世界の他の国々と同様のレベルにまで増えても当然・・・」等と

「思ってしまい易く成る」が

「該当ウィルスが自然発生で中国武漢発なら、

中国との距離の近さと人の交流の盛んさから

欧米諸国より日本の方が先に感染自体は広がっていて当然」という

「当たり前の実態に重いが至る事に成る」。

「感染自体は欧米諸国と同レベル以上」なのに

「主たる重大実害に成る肺炎致死者数が重大問題に成っていない、ばかりか、異常な程少ない扱いで済んでいるのは何故か?」

「肺炎致死に至った人々の全てに該当ウィルスの感染検査が行われていない」から

「年間約10万人レベルの日本の多数の肺炎致死者の中に、紛れ込まらせられているのが、実態と推定出来る」が

「該当ウィルス故の肺炎致死者数が本当にかない多かった」なら

「今年の肺炎重症化者は多過ぎるゾ~!とか肺炎致死者の数も多過ぎるゾ~!」等の

「訴えが、医療現場等から上がって来ていて当然に成る」のに

「其の様な実態の大々的なメディア報道等は、実質的に、未だ、無い」。

「現状が露呈している事」は「インフルエンザの流行が抑制的だった事とバーターに出来てしまっているレベルの状態が在る事」で

「其の様な状態が、該当ウィルスの感染自体は日本でも遅くても、昨年11月中くらいには在った筈である事と

其の後の大々的な感染防止策が始まるまでの時間と

感染抑制・防止策の実態等々の中で

該当ウィルス用に構築されている治療法・治療薬・ワクチン等々も無いのに、

三月も終わった現在起きている状態」からも

「該当ウィルスの毒性自体は、

他の肺炎の原因にも成り得るウィルス(インフルエンザも含む)・細菌等々に比べて、

其れ程、激烈に高くは無い事」が

「伽看的には、良く判る事に成る」。

「其の様な実態・実体」と「多くのメディア等の大騒ぎ!状態」は「明らかに整合性が悪い事に成る」。

「感染検査を増やせば増やす程、増えるのが当たり前の感染者の数を大問題化するのでは無く、

該当ウィルス問題に対しても実害・実益基軸で事実・現実通り原寸大の情報配信を行う事」が

「強く求められている」』。

『「東京都の感染研知者数が、区等別で発表された」が

「ここで先ず、忘れるべきでは無い事」は

「現状の感染検知検査の実態」は「症状が出たりして医師が検査が必要と認めた者や感染者の濃厚接触者等に成っている事」だ。

「都の発表の区分け」が「病院所在地基準なのか?患者住所基準なのか?良く判らない」が

「病院所在地基準」なら

「夜の飲食店が多い区での感染検知者が多い」等と「言う」のは「変」で

「其の区の病院等には、其れだけ多くの、医師から感染検査が必要とされた者や感染者の濃厚接触者が居た」等と

「言う」のが「合理的に成る」。

「夜の店等に行っている人々の家が其の区に在るとは限らない」。

「また、感染者住所基準なら、北部や東北部の区の感染研知者数が少なく、中野区を除く山の手の感染研知者が多い」のも

「本当の感染実態とは遠い!等としか、思えない」。

「しかし、中国由来の自然発生ウィルス」で

「西川口(埼玉県)や池袋や新宿や横浜中華街(神奈川県)等々、中国系の人々が多いところから始めに感染が始まっていて、

既に、免疫を保持出来ている状態の人々が多かった」り

「北朝鮮等によるウィルス工作であるが故に、北朝鮮と馴染みが深いお仲間の多い地域での工作は控え目にされていたり、する」なら

「北区や板橋区や中の区や足立区等の感染検知者が少なく出ていても当然に成る」。

「感染問題が始まってからの期間からも、既に免疫保持も、工作も、在り得無い事では無い様な事にも成る」。

「免疫・抗体等の検査・調査等を行う」なら

「実態解明も出来る筈」だから

「其の辺り」も「行うべき事に成る」し「メディア等なら行うべき!等と訴えるべき事に成る」。

「其の場所のウィルス濃度を高めない為には、感染者を隔離したり、ホテル等に集合させたりしない方が合理的に成り、

感染していない人々との接触を出来る限り避けて、個々の自宅で!が合理的に成る」。

「該当ウィルス」は「コロナ型」と「物理的に崩壊し辛い形をしている」ので

「相応に{長生き}だから、{長生き}の分より集合させず、濃度を上げない事が重要に成る」。

「濃度の低いところでの緩やかな感染」なら「重症化リスクも低く成る筈」だが

「濃度が高いところでPCR検査等粘膜を削り、深部感染を{助ける}検査を頻繁に行う」なら

「重症化率も高く成ってしまって当然に成る筈」だ。

「総じて、日本の対策は、現実レベルで合理的な事が行われて来ている」のに

「其れを、感染・検査基軸で批判・非難等し、現政権に悪イメージを付ける{政治運動}等まで行っている、

実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等をあまり行わないテレビ・ラジオ・マスコミ等の

酷い、劣悪性等は、明白で、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「検査を大々的に行うなら、粘膜を削る検査では無く、傷口からの感染リスクが低いウィルスだから抗体血液検査等が適切に成る」し

「そちらを実用した大々的な検査・調査等も行われる事に成る」だろう。

「韓国(朝鮮)賛美」も「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界では良くある事」で

「其の辺りからも、実権者等の人脈が良く判る」。

「選挙も無いから実権者人脈の交代も不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」等では

「未だに、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等や朝鮮系の者たち等が与党状態のまま・・・」だ。

「選挙があるから民意反映もある政界では少数派に成っている」のに「ず~と{政権与党}状態」だ。

「其の面の是正も必要に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「従北政権下の韓国の無症状・軽症感染者{収容}所で

北朝鮮等にとっての不適応分子を工作電磁波や飲食物工作や医療工作等で粛清等している事例は無いのだろうか?」

「其の辺りの検証も無いまま・・・で、韓国を見習え!の旨は明らかに変」だ。

「該当ウィルスの正体探究も忘れてはいけない」。

「自然発生なのか?」

「ウィルス工作兵器なのか?」等は

「ウィルスの「遺伝子}等から推定する事も出来る筈」だし、

「自然発生」なら「人類の経済世界大戦に対する自然界からの反撃の可能性」が

「ウィルス工作兵器」なら

「中国共産党による覇権取得の為の自爆も含む工作の一つの可能性」や

「世界中から経済制裁を受けている北朝鮮金政権等による報復経済制裁の可能性」等が

「推定される事に成る」。

「また、地球温暖化抑制の為の大芝居の可能性」も「ゼロでは無い事にも成る」。

「果たして、実体は?」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。

『「有名人等の感染や致死等の大喧伝」の「実体」は「有名人と否有名人の差別に他ならない」のに

「事件や問題等々が起きる度」に「其の差別で有名人利権の増大を図り続けて来ている」のが

「今時としては明らかに劣悪な、

ご用達者、或いは、ご都合者押し売り~有名人化等による

ゲイノウ商売集金等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ界やゲイノウ界等の酷い、実態」で

「該当ウィルス問題」でも

「有名人を偏重して引っ張り出す事等による有名人利権を増大させる為の情報工作等を行い続けている実態を露呈している」のだから

「其の差別の先で、本当の説得力など生まれる訳も無く、

反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間、テレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等々の言う事を聞いて

{指示}通りの行動等をする視聴者・読者等の数」は

「選挙があるから相応の民意反映も在る、政界の反対、もしくは審議拒否野党等と同様で少数派に成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「多くの人々が{指示}通りに動かない事等を嘆いている暇が有る」なら

「該当ウィルス問題の実体や事実・現実を原寸大で調査し、其れを先ず報道するべき」で

「メディア等ではっきりとした解り易い実体・実態の原寸大情報配信が在る」なら

「太陽を中心とした太陽系の天体図を知った多くの人々が容易に地動説も理解・把握出来る様に成ったのと同じ様」に

「該当ウィルス問題でも、

天動説状態の、ある意味、身勝手な、行動等では無く、

地動説状態の、問題の実体・実態に原寸大で合わせた、合理的な自虐回避行動等を取り易く成る」。

「多くの視聴者・読者等の精神構造」を

「個々の色々な問題等への対処等をきっかけに、天動説状態から地動説状態に健常進歩・正常進化させ易くする、

今時相応の情報配信内実が其処に在る事に成る」が

「ある人脈等にとって都合の良い特定の者・物・事等を多くの視聴者・読者等に{覚えさせる}事で

例えば、有名人等を使って大衆を操る事等を、行い続けようとしている実態を露呈している」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」でも

「多くの視聴者・読者等は、

本当の日本の該当ウィルス感染者の数が公表されている感染{検知}者の数とは全く違う多数に成っている筈等と

考えたり、思ったり、感じたりしている筈」だが

「其れなら、本当の日本の該当ウィルス感染者の数は?」という

「原寸大の実態を伝えようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、実質的に無い状態」だ。

「其れを知る為に必要に成る調査等が在る」なら「其の調査の必要性を強く訴えていて当然」なのに

「其の辺りも非常に希薄」なのだから「本当に、変」だ。

「死亡者の数にしても同様」で

「該当ウィルスによる日本の本当の致死者の数」が

「人口が日本より少ない、医療体制・技術等はとてもしっかりしている、ドイツより少ない訳も無い」等と

「考えたり、思ったり、感じたりしている筈」なのに

「其の辺りの実体・実態解明をしようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、実質的に無い状態」だ。

「多くの視聴者・読者等の該当ウィルス問題に対する実体・実態把握は不十分なまま、

実害では無く、感染を大問題化し、

現状の検査状態と

該当ウィルスが中国武漢自然発生なら、容易に推定出来る、

距離も人の交流もより近く、より盛んであるが故に、欧米諸国より多くて当然に成る感染者実態から、

検査をすればする程、増えるのが当たり前に成る、感染者」が、

「増えているゾ~!」と「脅し」たり、

「オーバーシュートだの、ロックダウンだの、緊急事態宣言だの、{脅し文句}を大喧伝等したり、

し続けていても、

実感のある説得力が生まれる訳も無く、

言葉で操られてしまう視聴者・読者等の中では、ストレスが増大し、免疫力の低下等が誘われる事にも成り得る」のだから

「行おうとしている事」が

「実質的には、該当ウィルス問題をより深刻化させようとしている様な事に成ってしまっている!」等と

「感じたり。思ったり、している視聴者・読者等の数も多い事に成る」。

「其の様な状態」の「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「肺炎致死茶数の増減はどうなっているのか?」から

「該当ウィルスの毒性がどれ程のモノなのか?」等を「判り易くする事」が「可能に成る」のだから

「其の辺りの調査報道等も意識的かつ積極的に行われていて当然に成る」が

「其れさえも、実質的に無い状態に成ってしまっている」。

「実際の毒性に対する原寸大の危機感等を持つ事を実質的に阻害されている状態の人間たちの中」では

「判らないが故に無い事にしがちに成ったり、

判らないが故に過剰な恐怖心・不安等を抱かされ、過剰な対策行動等に邁進しがちにさせられていたり、

等々の、

単純化等による原寸大必要対応から乖離する不健常状態」等が「誘われ易く成る」。

「そんな状態に陥らされている人間が多数居る人間社会が、どんな状態に陥り易く成ってしまうのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「原寸大の実体・実態把握を阻害され、短絡的に感染する!とかしない!とかの二極に分れた判断をさせられた人々が、

原寸大との乖離故のストレスで走らせられてしまうなら、

例えば、

感染する!と過剰な防衛行動等に邁進させられてしまった人々は、

例え、感染しなくても、過剰な防衛行動等に邁進させた者・物・事等を恨み易く成り、八つ当たり先を見出そうとしがちに成り、

万一、感染してしまったなら、推奨されていた防衛行動等を恨みがちに成り、八つ当たり先を見出そうとしがちに成り、

万一、感染しない!と判断させられていたのに感染してしまったなら、

其処から犯人探しが始められ易く成り、八つ当たり先等を見出し易く成る等の事態が生じ易く成る」。

「人間社会の劣化・悪化を招く事に繋がっている」のが

「実体や実態の原寸大把握を実質的に、阻害している状態の情報配信や教育等の実態に成る」。

「そんな情報・教育等の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの人々に、感染自体を問題にする、させるのでは無く、

多くの人々が、実害・実益基軸で原寸大の問題対応を行い易くする」のが

「適切な対処法に成る」。

「其の為に必要に成っている」のが

「実体・実態の原寸大情報配信等に成っている」のに

「未だに、感染・検査基軸で共感煽り、{脅し}状態政治運動等付き状態の情報配信等」では

「本当に酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス」が「ウィルス工作兵器だった」なら

「感染者を増やすも減らすも、工作を仕掛けている側の意思次第に出来てしまう事に成る」。

「日本の感染者数と致死者数が本当に公表されているレベルの世界レベルでは非常に少ない数」なら

「其の裏には訳かあって当然に成り」、

「可能性として在り得る事」として

「日本の多くの人々の、免疫・抗体の事前保持状態」や

「ウィルス工作で工作の仕掛けが少ない事」等が

「浮上して来る事に成る」。

「其の辺りの可能性の有無をはっきりさせる為」にも

「本当の感染者数・死亡者数の把握が非常に重要に成っている」』。

『「実害・実益では無く、感染を問題化して感染者を無症状でも軽症でも隔離し、治療等する」なら

「医療崩壊お誘われ易く成って当然に成る」。

「感染自体が大きな健康実害を伴わず免疫・抗体取得に結び付く状態の人々には、

免疫学的弱者状態の人々への感染を防止させる様にすれば良いダケ」で

「隔離・治療等は基本的に必要無い筈」だ。

「感染自体を制御する事は、既に、破綻している状態に成っている」のだから

「医療従事者の負担を軽減する為にも、実害・実益基軸の対処に早々に切り替えるべき」だ』。

『「少ない数の、致死茶の実態例も報道等されていて、

肺炎だけでは無く、肝臓・腎臓等がかなり傷めつけられていた状態であった場合もあるとの事」だが

「工作電磁波による傷害の可能性も高い事も推定出来てしまう」のは

「昨夜も、筆者の寝床に対して、強烈な工作電磁波が一定時間当てられ続けていたから」だ。

「工作電磁波に対する防御の在る筆者の寝床では、何時もより更に強い工作電磁波が当てられている事の感知が出来るレベルの傷害で、

其れは、起こされる事等の実害も伴っているが、

重大な傷害には至っていない」が

「防御無しだったなら・・・を考えると恐ろしく、病院等では工作電磁波に対する防御が在る訳も無い」から

「其れ故の致死も結構あるのでは・・・」等の「思いが浮上し続けて来ている」。

「しかし、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団連続強化茹でガエル型スパイ・工作活動等に対して、

十分な実効を持つ法・摘発体制等が未だ無い状態の日本国内では、

未だに、該当スパイ・工作活動等もやりたい放題状態のまま・・・」だ。

「該当ウィルス問題」でも

「{脅し}効果を上げる為の有名人の工作電磁波や医療工作等による殺害が在っても何の不思議も無い状態」や

「例え、一般市民でも、スパイ・工作活動等を仕掛けている側が勝手に不適応分子と決めつけているなら、粛清も在り得る状態」が

「温存されたまま・・・に成ってしまっている事に成る」。

「スパイ・工作活動等対策等の是正も急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「其れを十分に訴えて来てい居ない」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等も強い実権を保持したまま・・・の

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の酷く劣悪な実態に成っている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス対策で世界中が鎖国状態・活動抑制状態にされている事」により

「地球温暖化の抑止の為には、相応に高い実効がもたらされている状態にも成っている」が

「該当ウィルス問題の情報配信等が健常化・正常化されるのは何時だろうか?」

「該当ウィルス」は

「自然発生か?工作兵器か?」

「感染基軸の大騒ぎ!の本当の目的は?」

「中国共産党による覇権取得の為の自爆も含む工作」や

「北朝鮮金政権等による報復経済制裁」等では「無く」、

「地球温暖化抑止~新世界創造の為の大茶番劇だった」なら

「どんなにマシな事に成るのか!」状態だが

「果たして、真相は?」

「人類の経済世界大戦に対する自然界からの反撃!」が

「真相だった」なら

「人類が是正すべき事もより明らかに成っている事にも成る」が』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。

『「問題に対する実体・実態の理解把握の為に有益に成る情報配信が重要に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事」なのに

「未だに、雰囲気やイメージで多くの視聴者等を操ったり、

不安や恐怖心等を喚起させる事により、実質的には、免疫力を落させようとしていたり、

等々の感や重いを抱かされてしまう情報配信等を続けている実態を露呈している」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「新型コロナウィルス問題」なら

「日本の本当の感染実態の理解・把握の為に有益に成る情報配信」や

「ウィルス対策の為に有益に成る情報配信」等々の「方」が

「現状の行政・政治等による対応に対する批判・非難等より、遥かに重要に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成っている」のに

「反現政権{政治運動}や

政権・官僚等から主導権をテレビ常連出演者等に移させる為の{社会運動}等」を

「未だに、日本の公共の電波を使って行っている実態を露呈している」のだから

「選挙も無いから{政権}交代も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の

旧態依然とした陳腐さ等からの醜悪な臭い等が濃厚に漂って来る状態等と成っていて」、

「早急な是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレビ常連出演者等の言っていた{呆れた対策}」は

「感染検知PCR検査を大々的に行い、

感染が検知されたなら、無症状者でも軽症者でも隔離するべき」で

「其の為の収容場所を確保しろ!の旨」等だが

「其の実態」は

「中国共産党支配下の中国武漢等での対策の縮小版みたいなモノ」で

「粘膜を擦り、削る、PCR検査を感染者も居る場所で行う事=深部感染リスクと其の場所に集合させられた検査時・検査前後の感染リスクを上げる事に成る事」や

「感染者を集める事=其の場所のウィルス濃度を高くする事」等の

「ウィルス感染の実態を、軽視或いは、無視している、

実質的には、重症化数や感染者数を上げる自虐対策」に「成ってしまう事」等を

「無視している状態の劣(=おバカ)悪(=解っていてやれ!等と言っているなら)さが

其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルスが中国共産党支配下の中国武漢からの自然発生なら、其の感染実態」としては

「欧米諸国と同等レベルか其れ以上であって当然に成る」のが

「中国と近く人の交流も盛んな日本」だ。

「其れなのに、日本より人口の少ないドイツより更に該当ウィルスによる致死者数が少ないのは何故か?」

「其処にこそ、該当ウィルスの正体を暴く為に有益に成る実態」や

「現状までの日本の検査実態の問題」等々を

「暴くジャーナリスト等なら入口にしていて当然の扉が在る事に成る」。

「欧米諸国と同レベル以上の感染実態が既に在る事」は「容易に推定出来る」から

「日本での本当の感染者数がかなり感染検知検査をしっかり行っているドイツより

人口が多い分と中国との距離が近く人の交流も多い分多い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「既に、膨大な数の感染者が居て当然に成る実態が其処に露呈している事に成る」が

「市街感染率等の調査が行われ、其の結果が公表されていないから、本当の実態もまた{未だ霧の中}状態に成ってしまっている」。

「しかし、此処で、明らかに公表されている日本での致死者数を考える」と

「其の異常な程の{少なさ}の裏に無ければオカシイ事に成る訳の解明が重要に成る事に成る」。

「可能性として在る」のは「日本の肺炎致死者数は年間約10万人レベルにも成っている」から

「其の中に検知されていない感染致死者も居る事」等に「成る」が

「其れでは、肺炎致死者数の数の増減はいったいどうなっているのだろうか?」

「其処を調べ、報じる」のが「該当ウィルス問題に対する事実報道のやり方の一つに成る」。

「インフルエンザの流行がオトナシかった今年の肺炎致死者数が増えている」なら

「他に肺炎致死をもたらす新たな原因が増えていない限り、該当ウィルスの毒性が相応に強い事が直に判る事に成り」、

「其の様な事実の情報配信に触れる」なら

「多くの視聴者等の中で必然的に相応の危機感等が抱かれ易い状態に成る」。

「雰囲気やイメージで{脅す}事による危機感等喚起」と「上記の様なやり方による危機感喚起」の

「どちらが健常で適切に成るのか?」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「また、肺炎致死者の数が減っている」なら

「該当ウィルスの毒性がインフルエンザが旺盛である事よりも低い実態が露呈する事に成る」。

「其の様な場合には、該当ウィルスだけに対する過剰とも言える対策を行う事よりも、

肺炎致死者を減らす為に有効に成る対策を行う事の方が

より多くの命を救う事に繋がっている事に成る」。

「感染や検査を問題化せず」に

「実害や実益を問題にする適切で健常に成る問題対処を行う」なら

「当たり前に成る対応が其処に在る事に成る」』。

『「ウィルス濃度」を「検証する」なら

「感染者の感染場所が一番高く成り」、

「感染者は生体防御反応としてウィルスを排除し続けている」から

「其の排出場所が感染場所からの距離相応に高い~次第に低く成っている」。

「もちろん、感染者体内の場合は、ウィルス団塊の様な状態でウィルス濃度が非常に高い排出粘膜上等も存在している事に成る」が

「感染者の体内を離れる」と

「飛沫粘液等内や、其れがエアロゾル化したところや、感染者が接触してウィルスを手放して来た場所」等々が

「濃度が高いところに成る」。

「空気感染は無くても、空気の中にウィルスの乗り物に成るチリや埃が在れば相応にウィルス濃度も高い状態が一定時間は続く事に成る」。

「大雑把なイメージとしては、感染者の周りに次第にウィルス濃度が低く成る{オーラ}の様な状態が在り、

セキやクシャミがある場合には、其の気流と其の気流の周りの{オーラ}に

吐き出された粘膜(微細も含む)が存在し、其れがチリや埃に載る場合も在る」のが

「実態に成る」。

「其の様な状態を基本的には全ての感染者が持っている事に成る」のに

「感染者を隔離だ!と集合させる」なら

「其の場所のウィルス濃度が急激に上げられる事に成る」のは

「極めて当たり前の現状に成る」。

「同じ病室内の感染者では無かった全ての患者が感染した」等の「事例」からも

「感染者を隔離する」なら

「ウィルス濃度を上げない為にも、個別が必需に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「無症状者や軽症者なら同じトイレ等使用でも良い」とは「{ファンタジー}」で

「同じトイレ等を使うなら、換気と消毒を十分にするのはもちろん、時間を十分に空けてが必需に成る」。

「其れまでは、無症状や軽症状態の人々でも、ウィルス濃度が高い場所に移される」なら

「ウィルス濃度が高く成る事により、より重い状態に陥り易く成る事」等は

「想像に難く無い」。

「更に、PCR検査等で粘膜を削られる」なら

「より其の可能性が高く成る事」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「比較的毒性が弱いウィルスの感染で避けるべき」は

「大量・急激・深部・長時間の感染」だ。

「感染者を隔離して完全個別にせず集合させ、粘膜を削る検査を行う事は、其れらの危険要素を実用してしまう事に繋がっている事に成る」。

「逆に、少量の、ゆっくりとした、浅い部分での、短時間の感染」で

「免疫・抗体等が創られる」なら

「其れは、無償のワクチンみたいなモノに成る」。

「少量の」は「感染者との距離の取り方」や「呼吸の浅さ」や「接触面積の少なさ}等で

「たとえ周囲に感染者が居ても{調整}出来る事に成り」、

「ゆっくりと」は「呼吸の速度」等で「調整出来る事に成る」。

「毒性が強く、少量でもダメなウィルスに対しては通用しない事」だが

「毒性が比較的弱いウィルスに対しては、相応の実効が期待出来る対処法」が「其処に在る事に成る」。

「カラオケやライブハウスやスポーツジム」等々では

「往々にして、深く激しい呼吸をしがちに成る」ので

「其の辺りは、要注意!に成る」。

「また、禁煙が徹底していない現状で、タバコによる感染リスク向上が在る該当ウィルスに対し、

喫煙者も居る上に狭い空間に長時間居る事に成りがちな、

クラブやバー等は

多くの場合、不特定多数の人々に対してお酒や料理等を提供している接待付きでもあるから、

グラスや食器等々も含む濃厚な接触状態が生じ易い事にも成る」ので

「タバコは避け、止め、グラスや食器等々は消毒可能なモノで拭き、

狭小空間状態のところに長時間居続ける事は、換気とウィルスに対して有効に成る空気清浄機等が無いなら、要注意!」に

「成る」。

「パチンコ店や雀荘や性風俗店等からの感染者が問題にされていない裏に在る」のは

「感染研者不可能状態や拒否ばかり・・・等が在るのかも知れない」し

「意外と空気清浄機や消毒等の実効が高いからかも知れない」し

「既に、免疫を保持出来ている人々が多きからかも知れない」し

「其の他の理由があるからかも知れない」。

「何れにしても、感染を問題にするのでは無く、問題にすべきは実害であり、

免疫を得る、得た、等々の、実益も忘れてはいけない事に成る」。

「該当ウィルスに対する」、

「日本の実害の実態」は「肺炎致死者の増減である程度は推定出来る様に成る」。

「日本の実益の実態」は「免疫・抗体保持者の割り合い等の増加具合等である程度判る様に成る」。

「感染を問題にして、感染を検知する為の感染や感染状態をより悪化させるかも知れない検査を大推奨する事」等は

「明らかに、変な問題対処法に成る」のに

「そんな対処法ばかり・・・が多くのテレビ等で主扱い!」で

「更に、雰囲気やイメージ等による不安・恐怖心・危機感等煽り状態で、現政権非難政治運動等付き・・・状態」では

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「実態としては、

該当ウィルスが自然発生ウィルスだったなら、

欧米諸国より距離も近く人的交流も旺盛な日本では、

該当ウィルスが発見される前に既に、同様の該当ウィルスより毒性の弱いウィルスの感染が在り、

其の免疫故に、該当ウィルスによる致死者の数も減っている可能性も在るのでは・・・」等の

「推定も出来ている」のが

「肺炎致死者数の増減の実態情報配信等が未だ無い状態での多くの視聴者等の頭の中の実態」だろう。

「該当コロナウィルスには毒性の強いL型と比較的弱いS型が在る」というが

「L型より発生が早いS型の流行が日本では既に在り、其れ故にL型流入後の被害実態が抑制気味に成っている可能性もある事に成る」。

「本当の実態を多くの人々が理解・把握し易くする為」にも

「肺炎致死茶の増減実態や

市街抗体調査等くらい、

早々に行い、其の結果をメディア等で大々的に公表するべき」だ』。

『「また該当ウィルスがウィルス工作兵器であるか?否か?の検証も忘れてはいけない」。

「戦後日本国内では北朝鮮金政権等や其のお仲間・協力者等による非人道的な集団連続強化茹でガエル型工作活動等が

行われ続けている」し

「該当ウィルスも其の中の一つの{道具}である可能性も否定出来無い」。

「世界的経済制裁に対する報復経済制裁が実践されている可能性もある」し

「日本乗っ取り支配の為の不適応分子粛清工作の煙幕の為に該当ウィルスが撒かれている可能性も在る、等と言える」のは

「該当ウィルスに感染している状態の者」なら

「例え、工作電磁波や飲食物工作や大気工作や医療工作等々で殺害しても、

感染防止の為に検死さえも行われず{該当ウィルス故の死亡}という処理でオシマイに出来てしまう状況が在るから」だ。

「感染を大問題化する」なら「其の他にあるかも知れない本当の大問題を不問にさせる事も可能に成ってしまう」のが

「実態」で

「其の様な目的」なら

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が多大な実権を掌握している、選挙も無いから{政権交代}も無い、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による感染・検査基軸の大騒ぎ!情報・教育等も、

正に、合理的な事に成る事に成る」。

「何れにしても、真相解明」が「必需」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »