« 「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。 | トップページ | 新型(とされている)コロナウィルス問題大騒動!は「何の為?」そして「何時終息する、させる、のか」・・・。 »

テレ朝朝番では「未だに、{PCR}検査の大推奨状態」等だったが・・・。

『「百の宣言より実態把握を容易にする真実情報!」である事は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「真実情報が不足している状態」では

「総理大臣が緊急事態宣言を出すゾ~!」と「成る」と

「例えば、東京脱出!等の行動に走り易く成ってしまう人々も少なからず出る」のは

「ある意味、極めて当たり前の現象」で

「例えば、東京圏の市中感染率は何割・東京圏の免疫保持者割り合いは何割等の実態調査に基づいた原寸大の真実情報が伝えられている」なら

「市中感染率が何割なら、自分も感染している可能性が大だから

緊急事態宣言等出されるなら東京は脱出したいけど

別の地域に感染を拡げてしまう原因と成ってしまう事もダメな事に成るから

当面は、現状の自宅内でオトナシクしていようかなぁ・・・」等の

「思いに至り、其の様な行動を具現化する人々の割り合いも相応に高く成る事に成る」のだから

「未だに、重要真実情報である市中感染率や免疫保持者割り合い等の{調査(やり方の例は前記事に記した)}さえも

行われていない事」は

「本当に異常な事に成り、

{調査}の必要性を十分に訴えて来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「本当に、異常」に「成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番等では、緊急事態宣言が出される事に成った事等をダシ」に

「未だに、実質的、政治運動等を行っていたり、

色々と問題のあるPCR{検査}を大々的に行う事を訴えていたり、

・・・等々、していた」のだから

「大いなる違和感等を感じた視聴者等の数もかなり多かった筈」だ。

「PCR検査」の「重大問題点」は

「粘膜を削る検査であり、其れは、細胞壁を露出させる事による該当ウィルスの深部感染の救けにも成り得る事」や

「粘膜上のウィルスでも検知してしまうが故に、

偶々、該当ウィルスがエアロゾル状態等で在る検査場所(例えば、近くに感染者が居る)で検査を受けるなら、

本当は検査後直にでも其の部分の粘膜とウィルスが排出等されたりする実質、陰性状態なのに

陽性と判定され感染者ばかり・・・のウィルス濃度が高い場所に{隔離}される事に繋がってしまったり、してしまう事」や

「そもそも検査の信頼性確度が60%程度である事」等々で、

「其の様な問題実態」からも「PCR検査を十分な隔離状態無しで行ったところ」が

「感染爆発に繋がっている実態を露呈している事」は

「ある意味、当然の現象に成る」。

「PCR検査によるウィルス深部感染補助」が「無ければ、重症化を避けられた可能性のある事例」も

「決して少なく無い筈」だ。

「該当ウィルスの検査を行う」なら

「該当ウィルスの深部感染の救けにも成り得てしまうPCR検査では無く、

該当ウィルスの感染手段とは遠い(少々の傷口はつくる事にも成ってしまうが)血液採取による抗体等検査を主にして行うべき」で

「其れは、市中感染率や免疫保持者割り合い等の{調査}にも使える手段に他ならない」のだから

「そちらを訴えずに、未だに、PCR検査を大推奨等している常連出演者等は本当に変」だ。

「日本の本当の感染実態や免疫保持者実態等が判る事を、何としても、妨げさせようとしている様相ですらある、

工作的情報配信の実態が其処に露呈している事にも成る」。

「工作等では無い」なら「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日のテレ朝朝番でも、少々まともだった」のは

「日本の致死者数が少な過ぎる事に言及」し

「其の原因として、年間約10万人レベルの日本の肺炎致死者の中に紛れ込まされている可能性」を

「示唆等する情報配信も行っていたところ」だ。

「ゲスト常連出演解説者等が昨日言っていた事とは違い、

現状の日本の肺炎致死者の{多く}が該当ウィルス感染検査を行われていない事を示唆する情報配信を行っていた」から

「其の様な状態が蔓延しえいる」なら「該当ウィルスによる致死者数も少なくて当然」で

「更に、此処で重大問題に成る」のが

「該当ウィルスの感染検知検査が行われていない肺炎致死者が該当ウィルスに感染していたとするなら、其の感染源は何処?」であり

「其の後の感染の拡がりは?」等に「成る」のに

「其れは黙殺・圧殺状態にされている事」だ。

「感染・検査基軸の情報配信を行い続けて来ている」のに

「今頃に成って、コレ」では「本当に、遅過ぎる状態」で

「其の遅過ぎる状態を創り出している原因は何処?」等の

「当然の疑問」が「多くの視聴者の中でも、持たれている事」等は

「想像に難く無い」。

「当初から、クラスターと症状が出た人の中で必要と認められた人にダケPCR検査」という「感染検知手段」は

「深部感染による重症化や感染爆発等防止・抑止の為には合理的に成る」が

「本当の感染実態や免疫等保持者割り合い等を明らかにする事とは、ほど遠く成ってしまう感染検知手段である事」は

「公然の秘密状態だった」が

「マスコミ人等なら、公然の秘密の訳等を暴くのも仕事の一つの筈」なのに

「公然の秘密状態の方が都合が良い!」等の「濃厚な臭いを漂わせて来る情報配信ばかりが主扱い状態」なのだから、

「其処からは、かつての拉致は無い事に!在っても日本による強制連行の方が酷い事にして不問に!と同様の臭い」が

「濃厚に漂って来続けている」。

「選挙も無いから{政権交代}も無く、利したいところ・人脈等はす~と同じ!」という

「戦後日本の情報・教育界等の重大問題点が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「東京都では、無症状・軽症の感染者を病院からビジネスホテルに移す」という

「病院の病床を空ける対策を実行する」らしいが

「筆者が危惧している」のは

「狭く、隣部屋や上下の部屋等からの距離も近く成る、

ビルレベルの電気設備や電源電力も在るビジネスホテルへの隔離」により

「工作電磁波による不適応分子粛清工作等が行われてしまう事」だ。

「該当ウィルスに感染している」なら

「本当の死因は別」でも「満足な検死も行われる事無く、24時間以内に火葬されてしまう」ので

「例え、本当の致死原因が、黄濁電磁波であっても、工作飲食物であっても、

本当の原因が表にされる可能性は、かなり低く成ってしまう事に成る」。

「こんな状態を、工作等を仕掛け続けて来ている集団が利用しようとしない訳も無い」と

「感じたり、思ったり、する人々の数もかなり多い筈」だ。

「該当ウィルス対策だけでは無く、非人道的なスパイ・工作活動等対策も、極めて重要に成っている」のだから

「其の辺りを訴えないテレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「本当に変」だが

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等の者たちが未だに、強い実験を掌握状態のまま・・・」では

「其れも、ある意味、登園の現象に成る」のだろう。

「戦後日本の情報・教育界の{政権交代}の無い状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「ご都合ゲイノウ人等の騒動売り状態」には「本当に呆れる」が

「見世物としては、ある意味、異物感満載で見ごたえもある事にも繋がっている人々も未だ、少なからず居るだろうから、

多くの人々が、其れに乗せられてしまっている事」は

「ある意味、現状の当然なのかも知れない」。

「しかし、公共の電波等を使っている情報配信」なら

「ご都合ゲイノウ人等の騒動売りよりも、優先して流すべき情報が、其れこそ山ほど在る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正が急務に成っている事」も「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレ朝朝番等では、年間約10万人レベルの日本の肺炎致死者数の中に、該当ウィルスによる致死者も含まれているから、

日本の該当ウィルスによる致死者数は少ない」と「{ダケ}言いたげ」で

「其れ以外の原因への言及は、圧殺・黙殺状態だった」が

「其れも、本当に変」だ。

「其の辺りを明らかにする事にも繋がっている」のが

「市中感染率や免疫保持者割り合いの{調査}」に「成る」。

「市中感染率」が

「欧米諸国と同様レベル以上」と「強く推定出来る」のは

「該当ウィルスが自然発生なら、

其の発生源とされている中国共産党支配下の中国武漢からの距離も、人の交流も、

欧米諸国より日本の方が近く、旺盛だから」だ。

「其れなのに、感染致死者が少ないのは何故か?」

「年間約10万人レベルに成る日本の肺炎致死者の中に紛れ込まされているから」という「原因」は

「もちろん在る筈」だが

「其れだけ」なら

「該当ウィルス感染による重症化~致死者数が増えた分だけ、日本の肺炎医療現場が混雑していて当然に成る」。

「しかし、現状までで、報道されている{医療危機}の内容」は

「無症状や軽症者まで感染しているなら病院で隔離」という「隔離策によるモノ」だ。

「もちろん、今年は、インフルエンザの流行が小さかった」から

「其の分の、インフルエンザ肺炎重症化・致死者等の数が減っていて当然に成る」。

「もし、其の空き枠の範囲で収まっている」なら

「該当ウィルスの毒性」が、

「ワクチンも専用の治療薬も無い現状で其のレベルである事が判る事にも成り得る事にも成る」。

「現状の大騒動状態」とは「相容れないレベルの毒性」が「其処に露呈している事に成る」。

「また、該当ウィルスによる致死者の数が少なく成る要因」として

「免疫・抗体等保持者割り合いが高い事」も「十分に考えられる」。

「其の様な場合」なら「日本では多くの人々が該当ウィルスにも効く免疫・抗体等を既に保持出来ている事にも成り得る事に成り」、

「其の訳の解明」が「必需に成って来る」。

「其の辺りの有無や実態・実体等を明らかにする事にも繋がっている」のが

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等の{調査}」だ。

「其れを行わない事」は「本当に、異常に成る」。

「可能性として在り得る」のは

「該当ウィルスと同様のウィルスで毒性がより低いウィルスの流行や感染実験等が

日本国内では既に在った事」で

「其れは、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の手下工作員等や其のお仲間や協力者等による

非人道的な集団連続強化茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態からも、

十二分に在り得る事の一つ!」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も、結構多い筈」だ。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や監視工作等々の非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている集団」が

「ウィルス・細菌・化学物質等々の工作は行わない可能性は、極めて低い」。

「もちろん、表立たない、戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発出来ない、非常に困難な事が、

大前提なのが集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態」だから

「例えば、多くの人々がいきなり急死し、其の原因も残る類の工作等は行わない筈」だが

「ウィルスでも、次第に、毒性を上げる事により茹でガエル式工作の実効力を上げる為の工作等」は

「行っていて当然」に成り、

「日本の年間約10万人レベルの肺炎致死者の数の中には、該当ウィルス以前の同様のウィルスが原因の致死者も少なからず居る」のが

「実態」と「強く、推定出来る」。

「其の様な日本国内の実態が在った」なら

「同様のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている人々が、日本国内には少なからず居て当然に成り、

其れが、該当ウィルスによる致死者数の少なさにも繋がっている事」等が

「容易に推定出来る事に成る」。

「何れにしても、実体・実態解明が必需に成っている事は確実」なのだから

「実体・実態解明にも繋がる市中感染率と免疫等保持者割り合い等の{調査}を早急に行うべき!旨等

訴えていて当然に成る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なのに「其の辺りは{緘黙}状態なのだから、

其処からも、大いなる異臭が漂って来ている」のが「現状の実態に成る」』。

『「ブラジルでは、大統領が、該当ウィルスに対する原寸大対応に熱心」で

「スラムのギャング等が、該当ウィルスがソフトウィルス工作だったなら、

其の悪の実効を上げる事にも直結している事に成る、自粛・隔離策等に熱心」なのだそうで、

「悪組織や反政府組織等を利用する」のが「工作活動の常である実態」からも

「其の辺りからも、濃厚な異臭が駄々寄って来ている事に成る」。

「ウィルス問題が終息する為」には

「ほとんどの人類が其のウィルスに対する免疫等を保持する(感染によってでも、ワクチンによってでも)」か

「実効性の高い対ウィルス薬等が開発~大々的に製造~実用される事で、其のウィルスが実質的に、撲滅される事」等が

「必要に成る」。

「此の意味からは、

毒性の弱いウィルスなら、

感染しても大丈夫な人々は、感染して免疫等保有者と成り、免疫の防波堤の役割りを担う事」が

「合理的に成る」。

「該当ウィルスの毒性レベル」は

「ワクチンも専用の治療薬も無い現状で、インフルエンザ同等レベルくらい」とも「推定出来る状態も露呈して来ている」から

「インフルエンザの感染を容認出来る」なら「何故、該当ウィルスの感染は容認出来無いのか?」が

「当然の疑問に成る事にも成る」。

「工作なら、感染自体を大問題化する事が合理的に成る」が

「工作では無く、実害・実益を基軸とする」なら

「ブラジル大統領流の対応」も「生まれて当然の対応の一つに成る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「英国の首相」も「PCR検査による該当ウィルス深部感染救け」が「無かった」なら

「応分にご苦労も減っていた」とも「推定出来る」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体を確かめなければ、本当に有効な対策を行う事も困難に成る」。

「正体解明が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「{伝家の竹刀}緊急事態宣言が出される様」だが

「其れが、

該当ウィルス対策だけでは無く、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等対策にも繋がっている事」を

「強く期待している日本国民の数も多い筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。 | トップページ | 新型(とされている)コロナウィルス問題大騒動!は「何の為?」そして「何時終息する、させる、のか」・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事