« サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「未だに、{PCR}検査の大推奨状態」等だったが・・・。 »

「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。

『「日本のクラスター基軸の感染検知検査による感染研知者の数」は「本当の感染者の極一部でしか無い事」等は

「既に、公然の秘密の様な状態に成っている」。

「実態が良く判らないまま・・・」では

「いくらお偉いさんや有名人やテレビ常連出演者・マスコミ常筆等々が、自粛!等の旨大喧伝しても、

其処に十分な説得力が生まれる訳も無い」。

「此の様な状態を改善する為に有効に成る」のが

「市中感染率・免疫保持者割り合い等の{調査}を行う事」に「成る」。

「調査だから、結果の調査協力者への告知や感染が判明した事による隔離等は基本的に行わない」。

「統計学的に有意に成る様に、東京圏なら東京圏の中から通勤・通学沿線別にでも何か所かの平均的に成る場所を選択し、

其処で、必要人数分だけ各年齢層の人々から少量の血液採取を行い、

抗体等々の検査を行えば良いダケ」だ。

「協力者には、

年齢・性別・住処や職場・学校等の場所・一人暮らしか?何人のどの年齢層の家族等と同居か?程度の個人情報を提出してもらうが

故人の特定は行わない」。

「其の様な条件で、各地域から必要人数分だけ少量の血液を集めれば、{調査}は出来る事に成る」。

「何故、実態把握に必要に成っている{調査}を行わないのか!」

また「テレビ・ラジオ・マスコミ等は其の必要性や有用性等を訴えないのか!」

「其の辺り」から「本当に、嫌な臭い等が漂って来ている様に感じたりしている人々の数はかなり多い筈」だ。

「其の先に生まれている」のは「不信感」であり

「実態が判らないが故の不安や恐怖心等」だ。

「そんなベースが既に在る状態に成っている」のに

「其の上で、オーバーシュート!だのロックダウン!だのの{脅し文句}を喧伝等した」のが

「都知事で其れを多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が大喧伝した事による実効」は

「多くの人々の中に、より強い不信感や不安・恐怖心等を創り出す事等に成っていて、何の不思議も無い事に成る」。

「いったい何をやりたいのか!」

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々による

該当ウィルス問題発生時からの

感染・PCR検査基軸の大騒動!煽り等の目的は何か?」

「多くの人々の免疫力を下げさせ、

粘膜を削る検査の、該当ウィルスに限らず、色々なウィルス・細菌等々の関連リスクが高くて当然の病院での多用により、

重症化し易い状態の人々を沢山創り出したい{悪の思惑}等の臭いさえもが、

濃厚に漂って来ても当然に成る実態が其処に露呈していた」が

「{幸い}な事に日本政府等による対策はPCR検査は{最小限}だった」から

「現状までの該当ウィルスによる致死者の数」は、

「其れこそ{異常な程}少ない数に成っている(年間約10万人レベルの日本の年間肺炎致死者の中に紛れ込ませる事によって、少ない数にされている?

本日のテレ朝朝番のゲスト常連出演者等によれば、肺炎致死者の該当ウィルス感染検査はちゃんと行われている!旨だったから、

其れが実体を伴っているなら、本当に日本の該当ウィルスによる致死者数は、其れこそ、異常な程、少ない事に成るが・・・)」。

「感染・検査基軸では無く、実害・実益基軸の対応が行われて来ている実態が露呈している」が

「未だに、市中感染率や免疫等保持者割り合い等の公表が無く、緊急事態宣言{脅し}!がテレビ・ラジオ・マスコミ等で大喧伝状態」なのだから、

「本当に変」だ。

「市中感染率と免疫等保持者割り合い等が判る」と「共」に

「肺炎致死者数の増減が判り」、

「肺炎致死者の感染の有無等がしっかりと確認されて其の結果が公表されている」なら

「該当ウィルスの日本での実害レベルが、其れこそ、世界中の何処の誰にでも、理解・把握し易く成る」。

「現状までの日本の医療現場」では

「無症状者・軽症者でも隔離!という{感染}防止対策により、疲弊状態に追いやられている」が

「重症肺炎患者の数」は「インフルエンザの流行が小さかったからか、

該当ウィルス問題が在るのにオーバーフロー状態には成っていない様」だ。

「其の辺り」からも「該当ウィルスの実害がある程度判る事に成る」。

「調査により、市中感染率が高い事が判明した」なら

「益々、少ない致死者の数が不思議に成る」が

「免疫・抗体等保持者割り合いが高い」なら

「其れも不思議では無い事に成る」。

「何れにしても、市中感染率も???のままシュミレーションで行動を8割抑制するなら、感染は収まる旨等喧伝されても、

其の説得力が十分に強く成らない事も明白な事に成る」のだから

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}を未だ行っていないなら、直ぐにでも行うべき」だし

「其の結果の公表やマスメディア等を利用した大衆周知等も必需に成る」。

「信頼できる誰かの言葉が重要に成っているのでは無く、

該当ウィルの実体解明や該当ウィルス問題の実態の事実・現実通り原寸大の理解・把握が重要に成っていて、

其れを基にした適切な対応の実践が重要に成っている」。

「誰かを信頼して、信頼した誰かのいう事や号令等に従う!」では

「ナチス・ヒトラーの大衆誘導と同様な事までもが可能に成ってしまう」。

「重要な事は、問題の実体や事実・現実の原寸大理解・把握であり、其れをベースにした適切な対応の実践に他ならない」。

「未だに、

実体・実態探究等は不十分なまま、

ナチス・ヒトラー的な事を行いたがっている様相を露呈していたテレビ常連出演者等まで居る」のが

「現状のテレビ界の酷く劣悪な実態」で

「もちろん、是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「関東平野で暮らしている筆者の実感」では

「該当ウィルス問題」より

「連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等問題の方が遥かに深刻な問題に成っている」。

「例えば、

工作電磁波発生ハード・ソフト等は公共交通機関の車両や駅等にも多数仕込まれていて、

工作員がスマホ等でオン・オフや照射場所・角度等の調整を行っている実態を露営している」し

「其の様な工作員集団が保持しているスマホ等には集団リレーアタックにも使えるソフト(アプリ)等も入っている様相」だ。

「電子工学的工作を行っている工作員集団(朝鮮系や組合員風等が多い)」と

「大気工作等の工作を行っている工作員集団(朝鮮系や新興宗教信者風が多い)」と

「飲食物工作を行っている工作員集団」と

「侵入工作を行っている工作員集団

(色々なターゲットの場所を巡回等している様相の場合もある鍵師のプロレベルの者と

侵入スパイ・飲食物工作等を行う者等の組み合わせ等の場合が多い)」と

「監視工作等を行っている工作員集団(有益分子化~知らず知らずの内に工作を手伝わされている状態の者たち等も多い様相だ)」等は

「基本的に別の様相」だが「同じ者が複数の工作を行っている場合も少なく無い」。

「一つ一つのスパイ・工作活動等は、摘発困難で重罪に成らないモノや迷惑行為レベルでも、

其れらが集合し、連続と成ると、其の悪の実効は相応に高く成ってしまって当然に成る」。

「濃度で粛清する非人道的な茹でガエル式集団連続強化型工作の実態が其処に在り、

其の迷惑度は、該当ウィルス問題のレベルでは無い」が

「該当ウィルス問題からも非人道的な集団連続強化型スパイ・工作活動等と同様の臭いが漂って来る」のも

「事実」だ。

「弱毒性、もしくは、無害レベル、ウィルスや細菌等の感染実験の手段と強く推定出来る」のが

「大気工作」で

「そんな事を行い続けて来ている集団」なら

「既に、日本国内等では、該当ウィルス等でも何代にもわたって感染実験等を行って来ている可能性も否定出来ず、

其の免疫故に、日本での致死者数が異常な程少ない事等も、推定出来る事に成る」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等を明らかににする調査を行う」と

「其の辺りもバレてしまう」から「異常な程、消極的に成らざるを得なく成っている」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「政府等の場合は、其の様な実態が露呈した場合に起き得る事態に対する対処体制等を構築する時間を稼ぐ為」に

「消極的に成っている」のかも知れない。

「そうでは無い」なら「直ちにでも行うべき事に成っている」のが

「市中感染率や免疫等保持者割り合いの{調査}と其の結果の大々的公表」だ。

「実体や事実・現実をありのままに原寸大で理解・把握し、其れと共に在る状態に狭義の自分を置ける事により、

初めて人間は落ち着ける」のだから

「実体や事実・現実の一部ダケを偏重大喧伝等する事で、全体を誤魔化し、

其の上に{脅し文句}等を重ねるやり方では、

不信感や不安・恐怖心等を生じさせ易く成ってしまう事に成り、

良好で適切な対処行動等を誘う為には、大いなる疑問符が付くやり方に成ってしまっている」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「是正しない、出来ない」なら「其の裏」には「上記の様な{現実}が在る事が益々強く推定される事に成る」』。

『「現状のクラスター基軸+症状が出て医師が感染検査が要ると判断した者」の「感染検知検査のやり方」なら

「市中感染率が相応にある状態」では

「感染検知検査を行えば行う程、感染者の数も増える事に成るのは、極めて当たり前の現象に成る」。

「其の様な状態の中で、日々、何人感染者が出たゾ~!昨日より多いゾ~!桁も上がっているゾ~!等々と{脅し}ても、

絵に描いた猛獣による{脅し}みたいなモノ」で

「人によっては、滑稽ですらある」のが「実態に成る」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合い等が判る調査等を行い其の結果と共に、

実害・実益基軸で

肺炎重症化者数や致死者数と

新免疫等保持者数を

それぞれ年齢別・免疫学的身体状態別に、

ありのままに伝える」なら

「該当ウィルスの実害・実益をありのままに理解・把握し易く成る」ので

「多くの人々が実感を持って必要に成っている対応行動等を十分に行い易い状態に成る事に成る」。

「何故、其の様な当たり前の対処法を行わないのか?!行えないのか?!」

「其の辺りからも、非人道的なスパイ・工作活動等の存在故の臭い」が

「濃厚に漂って来ている」』。

『「もちろん、言うまでも無く、該当ウィルスがウィルス工作兵器だった」なら

「そんな非人道的な工作を行ったところは、出来る限り早く消滅させる事こそが、適切に成る」。

「其れは、該当ウィルスより遥かに毒性の強いウィルスを同様に世界中にばら撒かれる可能性が在る事」等からも

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「元を壊滅させる為に、全面先制核攻撃等が必要に成るなら、躊躇無く行うべき」だ。

「そうするなら、同様の事を行えば、壊滅させられる事に成る!」等の

「事後の同様の事の再発等に対する抑止力も生まれる事に成る」。

「ウィルス工作等極めて非人道的な工作等までをも行う非人道的な集団との交渉等が成り立つ訳も無い」。

「大元を判り易く壊滅させる事」が「適切な対処法に成っている」。

「何れにしても、該当ウィルスの日本での市中感染率と免疫保持者割り合い等の{調査}は急務」だ。

「行わない、行えない」なら「其の理由等をありのままに大衆周知すべき立場に在る」のが

「マスメディア」であり「政権」だ。

「選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界よりは、

選挙が在り政権交代も在る分だけ民意反映もされている事に成る政権の方が信頼度は高い事に成る」が

「戦後日本国内にも少なからず居る北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等の濃度や実験掌握割り合い等が高い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の方が

圧倒的に発信~大衆周知力等が高い状態」で

「其の{信者}を大量に創り出し続けようとして来ている状態まである」から

「其の辺りの少人数では無い何十万人~何百万人レベルの人脈の存在故」に

「戦後の日本国内の実態」が「大いに普通では無い状態にされ続けて来ている」のが

「現実」だろう。

「何れにしても、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を壊滅させる事」は

「該当ウィルス問題ダケの解決より遥かに重要な事に成っている」。

「現状では、該当ウィルスに感染しているダケで、

実質的には、他の粛清工作による粛清殺人でも、死因は該当ウィルス感染故で済まされてしまい易い」のだから

「其の様な事態でも悪用され易い、電磁波工作等の徹底摘発くらい、早々に行ったらどうか!」

「此の辺りを訴えもしないテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に変」だ。

「北朝鮮金政権等が無くなる」なら

「該当ウィルス問題も、日本国内の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等も無く成る可能性はかなり大きい」等と

「感じたり、思ったり、している人間たちの数もかなり多い筈」だ。

「何れにしても、非人道的なスパイ・工作活動等を壊滅させる実効のある対処が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「筆者が把握している工作員や其の協力者等と強く推定出来る者たち等の

警察等による摘発は何時頃に成るのだろうか」・・・』。

『「緊急事態宣言の期間は6カ月と言う報道もされている」が

「6カ月までの期間内で個々の知事等が決められるという事らしい」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を其のままにする」なら

「其の間」は「家の中に居て、工作電磁波等が当てられ続けたり、工作大気を頻繁に浴びせられたり、され易い状態に

陥らされる人々が多数出る事にも成る」のだから

「非人道的なスパイ・工作活動等の徹底摘発が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「侵入工作可能時間は減る事に成る」が

「侵入飲食物等工作物質等混入工作やスパイ工作等は、短時間の積み重ねで行われている場合も多い」ので

「くれぐれもご用心!」

「該当ウィルスに対する免疫が、これまでのウィルス感染実験等により日本国内の多くの人間たちに構築させていて、

該当ウィルスによる粛清工作が不十分状態に成るから、

其の分を補うべく、家の中に居させる時間を長くした上での工作電磁波当て続けや工作大気漬け等による粛清を旺盛にしようとしているのかも・・・」等の

「感や思い」等さえもが

「浮上して来てしまう」のが

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の徹底摘発等が未だ行われていない

戦後日本社会の酷い実態」に「成ってしまっている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の内容を記した」ら「上方向の工作員の動きが激しく成り、筆者に当てられている工作電磁波がかなり強化された」から

「かなり、困る内容である事」等が「容易に推定出来る」』。

『「感染を大問題化している」から「医療関係者等差別まで誘発されてしまっている」。

「市中感染率や免疫等保持者割り合いをちゃんと調べ知らせ、感染では無く、

実害・実益を基軸にした論調を多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で主にする」なら

「変な差別も生まれ辛く成る」。

「当たり前の事」だ。

「当たり前の事を十分に行えていない現状は本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」し

「是正出来ない」なら「其の訳をちゃんと大衆周知するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「未だに、{PCR}検査の大推奨状態」等だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事