« 新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。 »

新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。

『「該当ウィルス問題の本当の実態・実体把握の為に有益に成る調査報道等を行う事」は「もちろん、不可能では無い」。

「例えば、該当ウィルスの毒性がどれ程なのか?」は

「其の主たる重大実害である肺炎致死者の数の増減等からある程度判る事に成る」。

「日本の肺炎致死者数は、年間約10万人レベル」だが

「今年はインフルエンザの流行が小規模だった」ので

「インフルエンザ~肺炎致死者の数は減っている事」が「容易に推定出来る」。

「其の辺りも考慮した上で、該当ウィルス流入以降~現状までの肺炎致死者数の増減を調べる」なら

「其の結果が、相応に該当ウィルスの主たる重大実害の実態を示している事に成る」。

「肺炎致死者数が次第に増えている」なら

「該当ウィルスの感染者の増え方との比較」から

「該当ウィルスの毒性の実態が相応に理解・把握出来る事に成る」。

「減っていても、同様に成り、

其の場合は、該当ウィルスの毒性は他の肺炎致死の原因と成っているウィルス・細菌・誤嚥等の事態より

低い事が推定出来る事に成る」。

「該当ウィルスの毒性を原寸大で理解・把握し易くする情報配信」は

「該当ウィルス問題に対する多くの人々の冷静で必要十分な対応を誘う為に有効に成る」のだから

「其の辺りの調査報道等をしていないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は「ある意味、本当に変」だ。

「変な状態の裏には相応の理由が在る事が推定出来る事に成る」。

「現状で多くの大メディアが行っている該当ウィルス問題に対する情報配信内実」は

「実質的に、{脅し}で視聴者・読者等の不安や恐怖心等を煽る事と反現政権政治運動等」に「成っている」。

「例えば、総理大臣が各家庭に二枚づづのマスクを配布する旨発表した」ら

「綿マスクはWHOがダメ出ししているゾ~!の旨喧伝等したり、

今頃に成って何やっている?遅過ぎるゾ~!の旨喧伝等したり、等々」と

「其の実効を十分に喧伝等するより、政権に悪イメージを付ける事に熱心な様相等を露呈している」のが

「実態」だ。

「綿マスクでも、マスク全家庭配布には明らかな実益がある事が容易に推定出来る」のは

「マスクが無いとマスクは在る」では「其の違いは絶大だから」で

「マスクが無いと困るから高値転売品でも手に入れようとしていた人々の内、かなりの割り合いの人々が、

高ね転売品等を買うくらいなら配布マスクで良い!等と成れば、

高値転売悪稼ぎがかなり行い辛く成る事に成る」。

「其の結果、普通のマスクも手に入り易く成る状態が誘われる事が推定出来る」のだから

「高値転売を行っている者たち等を利す利悪目的が無い」なら

「マスク全家庭配布は、歓迎!状態で然るべき事に成る」。

「此の手の問題までもをダシに現政権に悪イメージを付ける{政治運動}等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

本当に、醜悪で、

是正が急務に成っている事等は、

もはや言うまでも無い事に成る」。

「日本の現状までの該当ウィルスに対する感染検知検査が圧倒的に不十分な事」は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが分っている事だろう」が

「其の裏に在る」のが

「感染自体を大問題化した感染=隔離対策」だ。

「感染基軸では無く、実害・実益基軸の対応をする」なら

「主たる重大な実害の実態を検証した上で、他の同レベルの実害をもたらすウィルス・細菌等々と同レベルの対策を行えば良い事に成る」。

「一番重要な事が肺炎致死を防ぐ事に成っている実態が在る」のだから

「其の治療体制等を充実させる事」は

「該当ウィルスに対してダケでは無く、他の原因による肺炎致死を防ぐ為にも有効に成る合理的で良い対策に成る」。

「該当ウィルスと既存の多くのウィルス・細菌等との一番の違い」は

「該当ウィルスには、未だ、其れ用の治療法や治療薬やワクチン等の体制が整備されていない事」だが

「同様の他の肺炎の原因に成っている不明扱いのウィルスも在る」のだから

「該当ウィルスへの対応は毒性相応であって然るべき事に成る事」等は

「実害・実益基軸で冷静に考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「其れなのに、該当ウィルス問題だけが、こんなに大騒動化されているのは何故か?」

「其処に在るのは、メディア情報等による大騒動化」だ。

「該当ウィルス問題の実態・実体解明は不十分に、

其の結果として、実害・実益対応が出来ずに、

感染・検査基軸の論調を大喧伝する」なら

「必然的に、大騒動が誘われ易く成る」。

「大騒動化の裏には、

天動説状態の論調のまま・・・のメディア等の者たち等による自己承認欲求の代償欲求の追及状態までもが見え隠れしている」。

「感染したら大変だゾ~!感染者は隔離するべきだゾ~!感染者を見つけ出す検査は徹底して行うべきだゾ~!」等々を

「大喧伝してしまった事」を「正当化しようとする」なら

「実態・実体検証で該当ウィルスの毒性の真実を露呈させる地動説状態の仕事は行い辛く成る」。

「其の結果、多くの視聴者・読者等は本当の事を原寸大で知る機会を得辛くされてしまっている」と「共」に

「多くのメディア等が煽っている不安や恐怖心等の先で、

実質的には免疫力の低下状態や精神的圧迫による不健常行動等さえも誘われている」のが

「実態に成ってしまっている」。

「こんな状態の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「主たる重大実害が肺炎致死」なら

「現状までの肺炎致死の実態でも広報したらどうか!」

「他の原因による肺炎致死でも、其の多くは高齢者等免疫学的弱者状態の人々に集中している」し

「急変も、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々の重症化時には良くある事」だ。

「免疫学的弱者状態に無い人々でも、肺炎致死が稀にある事も同様」だ。

「上記の通り、治療法等が確立されていなかったり、治療薬・ワクチン等が無い、他の肺炎の原因も在る」。

「原寸大の実害の実体を判明させる事抜き」に

「過剰な大騒ぎ、対策等を大々的に行う」なら「其の事による実害の方が大きく成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」し、

「実際の現状は、これが地球温暖化抑止の為の大芝居等では無いなら、正に、其の状態」だ。

「該当ウィルスは、急変~重症化・致死等の割り合いが他の肺炎の原因に比べて桁違いに高いウィルスなのだろうか?」

「メディアなら先ず、其の辺りの現実情報を冷静に、データ付きで公表等するべき」だ。

「現状までの実態」では

「大騒ぎして、閉鎖・隔離策を行い、其の場所のウィルス濃度を高め、其の中で粘膜を削るPCR検査を行ったところ」と

「そうでは無いところ」で

「重大な差が出ている様相」だ。

「ウィルス感染の当たり前」として

「大量・急激・深部・長時間・連続感染は避けるべき」だ。

「感染者も含む多くの人々を、他の感染原因も山ほどある病院等に集合させ、検査・治療等を行う」なら

「重症化者等が増え易く成ってしまう事に成る」が

「其の様な状態の生みの親」は

「メディア等による大騒ぎ~其れを真に受けた政治家等による短絡的な対策等だったのでは無いのだろうか」・・・。

「ウィルスの当たり前」として

「ワクチン接種からも解る様に、害の無い感染により免疫を持つ事のメリットは大きい」し

「免疫を持っている人々の中では滅多な事では増える事が出来ない」から

「多数の人々が大きな実害を出さずに免疫を保持する事」には

「ウィルスの感染流行を抑制させる為等の、大きな実益が在る事に成る」。

「例え、新種のウィルスでも、多くの人々が、緩く、感染して、多くの実害を出さずに免疫を得る」なら

「其のウィルスが流行し辛い状態が出来る事に成る」。

「日本の現状の感染研知者数から考える」と

「世界の他の国々に比べてこんなに少ない訳が無いから、今後、世界の他の国々と同様のレベルにまで増えても当然・・・」等と

「思ってしまい易く成る」が

「該当ウィルスが自然発生で中国武漢発なら、

中国との距離の近さと人の交流の盛んさから

欧米諸国より日本の方が先に感染自体は広がっていて当然」という

「当たり前の実態に重いが至る事に成る」。

「感染自体は欧米諸国と同レベル以上」なのに

「主たる重大実害に成る肺炎致死者数が重大問題に成っていない、ばかりか、異常な程少ない扱いで済んでいるのは何故か?」

「肺炎致死に至った人々の全てに該当ウィルスの感染検査が行われていない」から

「年間約10万人レベルの日本の多数の肺炎致死者の中に、紛れ込まらせられているのが、実態と推定出来る」が

「該当ウィルス故の肺炎致死者数が本当にかない多かった」なら

「今年の肺炎重症化者は多過ぎるゾ~!とか肺炎致死者の数も多過ぎるゾ~!」等の

「訴えが、医療現場等から上がって来ていて当然に成る」のに

「其の様な実態の大々的なメディア報道等は、実質的に、未だ、無い」。

「現状が露呈している事」は「インフルエンザの流行が抑制的だった事とバーターに出来てしまっているレベルの状態が在る事」で

「其の様な状態が、該当ウィルスの感染自体は日本でも遅くても、昨年11月中くらいには在った筈である事と

其の後の大々的な感染防止策が始まるまでの時間と

感染抑制・防止策の実態等々の中で

該当ウィルス用に構築されている治療法・治療薬・ワクチン等々も無いのに、

三月も終わった現在起きている状態」からも

「該当ウィルスの毒性自体は、

他の肺炎の原因にも成り得るウィルス(インフルエンザも含む)・細菌等々に比べて、

其れ程、激烈に高くは無い事」が

「伽看的には、良く判る事に成る」。

「其の様な実態・実体」と「多くのメディア等の大騒ぎ!状態」は「明らかに整合性が悪い事に成る」。

「感染検査を増やせば増やす程、増えるのが当たり前の感染者の数を大問題化するのでは無く、

該当ウィルス問題に対しても実害・実益基軸で事実・現実通り原寸大の情報配信を行う事」が

「強く求められている」』。

『「東京都の感染研知者数が、区等別で発表された」が

「ここで先ず、忘れるべきでは無い事」は

「現状の感染検知検査の実態」は「症状が出たりして医師が検査が必要と認めた者や感染者の濃厚接触者等に成っている事」だ。

「都の発表の区分け」が「病院所在地基準なのか?患者住所基準なのか?良く判らない」が

「病院所在地基準」なら

「夜の飲食店が多い区での感染検知者が多い」等と「言う」のは「変」で

「其の区の病院等には、其れだけ多くの、医師から感染検査が必要とされた者や感染者の濃厚接触者が居た」等と

「言う」のが「合理的に成る」。

「夜の店等に行っている人々の家が其の区に在るとは限らない」。

「また、感染者住所基準なら、北部や東北部の区の感染研知者数が少なく、中野区を除く山の手の感染研知者が多い」のも

「本当の感染実態とは遠い!等としか、思えない」。

「しかし、中国由来の自然発生ウィルス」で

「西川口(埼玉県)や池袋や新宿や横浜中華街(神奈川県)等々、中国系の人々が多いところから始めに感染が始まっていて、

既に、免疫を保持出来ている状態の人々が多かった」り

「北朝鮮等によるウィルス工作であるが故に、北朝鮮と馴染みが深いお仲間の多い地域での工作は控え目にされていたり、する」なら

「北区や板橋区や中の区や足立区等の感染検知者が少なく出ていても当然に成る」。

「感染問題が始まってからの期間からも、既に免疫保持も、工作も、在り得無い事では無い様な事にも成る」。

「免疫・抗体等の検査・調査等を行う」なら

「実態解明も出来る筈」だから

「其の辺り」も「行うべき事に成る」し「メディア等なら行うべき!等と訴えるべき事に成る」。

「其の場所のウィルス濃度を高めない為には、感染者を隔離したり、ホテル等に集合させたりしない方が合理的に成り、

感染していない人々との接触を出来る限り避けて、個々の自宅で!が合理的に成る」。

「該当ウィルス」は「コロナ型」と「物理的に崩壊し辛い形をしている」ので

「相応に{長生き}だから、{長生き}の分より集合させず、濃度を上げない事が重要に成る」。

「濃度の低いところでの緩やかな感染」なら「重症化リスクも低く成る筈」だが

「濃度が高いところでPCR検査等粘膜を削り、深部感染を{助ける}検査を頻繁に行う」なら

「重症化率も高く成ってしまって当然に成る筈」だ。

「総じて、日本の対策は、現実レベルで合理的な事が行われて来ている」のに

「其れを、感染・検査基軸で批判・非難等し、現政権に悪イメージを付ける{政治運動}等まで行っている、

実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等をあまり行わないテレビ・ラジオ・マスコミ等の

酷い、劣悪性等は、明白で、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「検査を大々的に行うなら、粘膜を削る検査では無く、傷口からの感染リスクが低いウィルスだから抗体血液検査等が適切に成る」し

「そちらを実用した大々的な検査・調査等も行われる事に成る」だろう。

「韓国(朝鮮)賛美」も「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界では良くある事」で

「其の辺りからも、実権者等の人脈が良く判る」。

「選挙も無いから実権者人脈の交代も不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」等では

「未だに、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等や朝鮮系の者たち等が与党状態のまま・・・」だ。

「選挙があるから民意反映もある政界では少数派に成っている」のに「ず~と{政権与党}状態」だ。

「其の面の是正も必要に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「従北政権下の韓国の無症状・軽症感染者{収容}所で

北朝鮮等にとっての不適応分子を工作電磁波や飲食物工作や医療工作等で粛清等している事例は無いのだろうか?」

「其の辺りの検証も無いまま・・・で、韓国を見習え!の旨は明らかに変」だ。

「該当ウィルスの正体探究も忘れてはいけない」。

「自然発生なのか?」

「ウィルス工作兵器なのか?」等は

「ウィルスの「遺伝子}等から推定する事も出来る筈」だし、

「自然発生」なら「人類の経済世界大戦に対する自然界からの反撃の可能性」が

「ウィルス工作兵器」なら

「中国共産党による覇権取得の為の自爆も含む工作の一つの可能性」や

「世界中から経済制裁を受けている北朝鮮金政権等による報復経済制裁の可能性」等が

「推定される事に成る」。

「また、地球温暖化抑制の為の大芝居の可能性」も「ゼロでは無い事にも成る」。

「果たして、実体は?」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事