« 新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。 | トップページ | 「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。 »

サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。

『「ご用達テレビ頻出演学者等によれば、該当ウィルスの市中感染率は誰も分らない!等の旨だった」が「学者なら、だから直にでも調査すべき!」が

「当たり前に成る」。

「市中感染率や免疫保持者割り合い等さえも把握出来ていない状態」では

「どの様な対策が適切に成るのか?」等も「分らなくて当然」で

「其の様な状態」が「多くの人々にもたらす事」は

「分らないが故の不安・恐怖心・危機感等の増大」であり、

「其の先で生み出される事になる

適切か?否か?も判らない、

不明・不安等故にあらぬ方向に極端化しがちに成っている場合も多い、対応行動等に成る」。

「其の様な不健常状態を構築し、させ、其れを維持~増大等し続けて来ている」のが

「現状までの日本の多くのメディア情報配信等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「是正法は簡単・単純」で

「該当ウィルスの実体を探究し、暴き出し、

該当ウィルスによる問題の実態を事実・現実通り原寸大で伝えれば良いダケ」だ。

「該当ウィルスの実体探究の為に大いに有益に成る事の一つ」が

「市中感染率や免疫等保持者割り合いの実態調査に成る」のだから

「何処のテレビ・ラジオ等の番組でも、マスコミ紙面や電子紙面上等でも、其の必要性を大々的に訴えていて当たり前に成る」のに、

「未だに、ご用達学者等が、市中感染率は誰も分らない!の旨公共の電波上で大喧伝・・・では、

本当に、酷く、劣悪に成る」し

「其の裏には、相応の理由が在る事等も、容易に推定されて然るべき事に成る」』。

『「昨日の記事内容にも大いに困るところが在ったから・・・」か、

「筆者をターゲットとしている実態を露呈している電磁波工作{も}より旺盛にされた」。

「筆者の場合」は

「集合住宅である住処の周囲に、商業施設も入っているビルや、大手衣料品販売店のチェーン店等々が在り、

筆者の部屋の真下部分に集合住宅の電源設備が在る」。

「強い工作電磁波を発生させる為には、相応に強い電力が必要に成る」が

「其の素に出来てしまう一般住宅レベルでは無い大電力を使う機器・設備等が周囲に多々在る状態に成ってしまっている」。

「十分な資金力等があるなら、早々にでも郊外の住宅地内一戸建て等にでも引っ越したいレベルの{悪}環境」だが

「十分な資金力に未だ恵まれていない筆者の場合は、甘んじて、其の環境内で電磁波等の粛清工作({実験}と推定される)を受けつつ、

其の実態を当ブログ上等で暴露し続けて来ている」。

「電磁波工作の場合」は

「周囲の大電力設備等に仕込んである工作電磁波発生ソフト・ハード等からの工作電磁波」を

「上部に居る工作員等が筆者の居場所や体勢等を覗きながら、

工作電磁波の角度や強さ等を調整する事でより{効果}的に当て続ける手法が採られている実態が露呈している」。

「筆者の場合は、工作電磁波の存在に気付いてから、相応に必要に成る対策を行い続けて来ている」ので

「悪の実効が発生しないままの状態を続ける事が出来て来ている」が

「当然、対策には、お金も時間も手間もかかる」ので「大迷惑」だ。

「警察等にも相談している」が

「現状までの警察等では、工作電磁波探知・検知に必要に成る機器等を持って調査等しに来る事も無く、

はっきりと判る実害が出るまで本気の捜査等が行い辛い状態と成っている」ので

「筆者が相談した者の中にも、お話しはちゃんと記録に残しておきますから、万一の時は其の可能性も含めて捜査します」等と

「筆者が犠牲に成るまでは捜査等も困難である旨を吐露する者も居たくらい」で

「拉致までされている」のに

「未だ、十分な実効を持つ非人道的なスパイ・工作活動等を摘発し、厳罰に処す、法や摘発体制等の整備さえも行おうともしていない

戦後の日本国の中での警察等の仕事の行い辛さ」が

「良く判る状態に成ってしまっているまま・・・」だ。

「もちろん、こんな状態の是正も急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「日本の、特に都市部の、該当ウィルスの市中感染率」や「免疫等保持者割り合い」等を

「判明させる事」が

「日本の該当ウィルスによる異常な程少ない致死者の数の訳」を

「暴き出す事に直結する」と

「困る」なら

「該当ウィルスの正体」は「ほぼバレている様なモノに成る」。

「其れは、例えば、

長年に渡って継続的に日本国内等で大衆に感染させる{実験}等が行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器の其の時点での最新版等に成る」。

「該当ウィルスの前にも同様の、より毒性が低いから露呈し辛いコロナウィルスによる感染実験が行われていた」なら

「其のより毒性の弱いコロナウィルスに感染させられていた人々には、相応の免疫が在って当然に成り、

其れが、該当ウィルスの感染でも、重症化や致死を防止・抑止等している事に繋がっている可能性が高い事に成る」。

「其の様な可能性の有無」を「暴く事に{も}直結している」のが

「市中感染率と免疫保持者割り合いの疫学的調査」等だから

「ウィルス実験を行っている側、協力している側等では無い」のなら

「該当ウィルスに対する市中感染率と免疫保持者割り合いの調査を直ぐにでも行うべき!」等と

「訴えるのが当たり前に成る」が

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等が未だ大きな実験を保持したまま・・・の

選挙も無いから{政権交代}も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

其の当たり前の訴えを

十分に大喧伝等していないまま・・・の実態を露呈している」。

「ウィルス感染{実験}の隠蔽を行ったり、

{実験}に協力等していたり、している様相でさえある」し

「其れが、世界中から経済制裁等を与えられている北朝鮮の報復経済制裁への加担にも繋がっている様相なのだから、

本当に、酷く、劣悪に成る」。

「国外労働者の引き揚げによる外貨取得手段の激減」に

「頭に来た北朝鮮金政権等」が

「世界の工場的状態と成っている中国共産党支配下の中国の交通の要所である武漢にウィルス工作兵器の置き土産をして来た上」に

「世界中で、ウィルス工作兵器を使っている」なら

「現状の様な状態」も「合理的に成る」等の「感や思い等を抱いている人々も決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても該当ウィルスの正体解明」も「急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ウィルス工作兵器だった」なら

「同様の感染の拡がりをもっと毒性の強いウィルスででも実現出来てしまう事にも成る」ので

「其れこそ、即刻にでも其の元を壊滅させる必要がある事に成る」。

「毒性の強いウィルス工作兵器により同様の感染が拡がる」なら

「其れによる致死者数は何千万人~何億人レベルに成っても何の不思議も無い事に成る」から

「ウィルス工作元が判明した」なら

「其れこそ先制全面核攻撃等の激烈な手段を実用してでも、其れを壊滅させる事には相応の正当性が在る事に成る」。

「其の様な壊滅実態を歴史に残す事」は

「ウィルス工作等、非人道的な工作を再び行う事の強い抑制にも繋がる」のだから

「今回のウィルスがウィルス工作だった」なら「全世界は躊躇無く、激烈でも確実な実効のある対処を直ちに行うべき」だ』。

『「何れにしても、本当の感染実態も、免疫保持者割り合い等も不明なまま・・・」では

「例え、総理大臣が緊急事態宣言を出しても、

どんなに多くの人々が記憶して実質的には其の人の一部にもしている有名人等が感染した!~重症化した!~死んだ!等と

大衆を{脅し}ても、

其れは、天動説状態を強いた中での宣言や脅しでしか無い」から

「十分な説得力が生まれる訳も無い」。

「該当ウィルスの実体解明」や

「該当ウィルス問題の実態を事実・現実通りに原寸大で多くの視聴者・読者・生徒等が理解・把握する事を容易にする情報・教育等」等

「抜き」では

「多くの人々が落ち着ける訳も無く、実体・実態把握に基づいた冷静な原寸大対応も出来易く成る訳も無い」。

「実体隠蔽・{脅し}状態の情報配信・教育等は本当に異常」で

「酷く、劣悪な事に成る」が

「其の様な酷く、劣悪な事を行い続けて来ている」のが

「選挙も無いから{政権交代}も無い状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、現状までの日本のクラスター基準の検査」では

「最初から全てのクラスターが捉えられている証明もされていない状態」では

「部分検査」と「言われても仕方の無い事に成る」。

「もちろん、粘膜を削るPCR検査等を該当ウィルスに限らず、他の感染要因も多々ある病院で行う事」は

「出来る限り避けるべき事に成る」ので

「検査自体が絞られて来ている事による実益」は「相応にある事に成る」が

「病院でのクラスター基軸の検査とは別」に

「病院等外で市中感染率と免疫等保持者割り合いの{調査}」が

「行われ、其の結果が大々的に公表されていない事」は

「本当に変」だ。

「其処にこそ、該当ウィルス問題の本質の一つが在る」と「強く推定出来る実態が露呈している事に成る」。

「上記等の様な裏が無い」なら

「即刻にでも行うべき」なのが

「市中感染率と免疫保持者割り合いの{調査}」だ。

「出来る限り粘膜を削る検査方法は避け、血液検査等の手段で調べる事」が

「適切に成る」』。

『「無症状でも軽症でも{病院で}隔離」という

「医療従事者の負担を激増させる変な状態」の「解消」は

「ようやく、実践され始める様に成りそう」だが、

「感染者収容所等でウィルス濃度を高めるやり方は、避けるべきやり方に成る」。

「もし、該当ウィルスが工作兵器だった」なら

「感染者を集合させた場所では、

少ない数の工作員等で、

意図的に、

急激・大量・継続(長時間)・深部感染状態を創り出す事が出来てしまう事に成り、

其れは、不適応分子粛清工作の常套手段でもある事に成る」。

「其の辺りの危険性を排除する為にも、該当ウィルスの正体解明が極めて重要に成る」。

「{遺伝子}情報等や市中感染率・免疫保持者割り合い等の調査等」から

「早急に、該当ウィルスの正体を暴く事」が「極めて重要に成っている」のだから

「其れを十分に訴えない、テレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスが北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器」なら

「北朝鮮金政権等は、早々に{自首}するべき」だ。

「其れは、先制全面核攻撃と成るよりは、遥かにマシな状態を得られる事に直結している事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」にも「実益は在り、其れが地球温暖化の抑止に成っている事」は

「既に、世界中の多くの人々が知っている通り」だが、

「地球温暖化問題を少々先送り出来ただけで、地球温暖化の元を是正しない」なら

「非常に愚かな事に成る」。

「新世代人間世界の構築」を「急ぐべき」で

「人類誰もの自分の実体(地球生命体細胞群=広義の自分)と

其の実体の根本的目的である存続~永続との整合性をちゃんと取った

今時のモノをちゃんと構築すべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其処への切替えの為の大芝居」なら

「未だマシに成る」のが「該当ウィルス大騒動!」だが

「現状」では

「自然発生とする」なら「既に、何処と無く変」で

「ウィルス工作」なら

「中国共産党による自爆も含む覇権取得の為」や

「北朝鮮金政権等による感染{実験}と報復経済制裁」等が

「推定出来る事に成る」。

「果たして、実体は?」を「追及しないテレビ・ラジオ・マスコミ等も変」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。 | トップページ | 「市中感染率も免疫等保持者割り合いも不明なまま、緊急事態宣言が出るゾ~!等と{脅されても}」ねぇ・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事