« 新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。 »

新型コロナウィルス問題「何時に成ったら、日本の本当の実態が公表されるのか?」・・・。

『「判明した感染者からのクラスターを基軸とした感染検知検査」が「本当の日本の感染実態を直接は明らかにしていない事」は

「既に、多くの人々が判っている通り」だ。

「では、本当の感染実態は?」は

「公表されている内容から推定する事でも、当然、在る程度は判る事に成っている」のは

「比較的初期にクラスター基準の感染検知検査を行った時」に

「クラスター基軸で感染検知検査を行った結果、感染を検知したのは感染検知検査者の内約2割で、

八割の人々は感染していない旨、報道等された事」の

「裏」からも「良く解る」。

「其れは、つまり、検車者の内の二割は感染していたという事実」から

「市中感染率も同等レベルなのでは・・・」という「推定が容易に出来てしまう事」だ。

「クラスター基軸検査時点で、全てのクラスターが押さえられている訳も無い事」は

「検査開始時」と

「該当ウィルス発生の時」と

「もし其れが、中国共産党支配下の中国武漢地域での自然発生ウィルスなら、

発生時と推定される時時点からの中国と日本の人的交流の激しさ」等からも

「良く解る事に成る」し、

「仮に、全てのクラスターが押さえられていた」なら

「其の訳が十分に大衆中値されていない事」が「大きな疑問に成る」。

「更に、昨今までの感染検知検査の結果からも、感染源不明の割り合いが半分以上に成っている実態が露呈している」のだから、

「其の辺りからも、全てのクラスターが押さえられていない実態は良く解る事に成る」。

「仮に、市中感染率をクラスター肝炎検知検査の実態を拡大解釈した2割程度とする」なら

「其の様な状態に成っていた時からの時の経過を考慮して、現状の市中感染率が5割越えであっても、何の不思議も無い事に成る」。

「此処で注目すべき」は「日本の現状までの肺炎重症化者に対す医療体制がどうなっているのか?」で

「該当ウィルスの毒性の強さの実体検証もロクにしないまま、感染を大問題化し、

感染者なら無症状でも軽症でも隔離!という対策を行って来ている事により、

無症状者・軽症者による病床過剰占領状態故の実害を除く」と

「実質的には、該当ウィルス問題発生以前と大差無い状態である事」が

「多くのメディア報道等からも良く判る事に成る」。

「感染検知検査として現状メインにされているPCR検査には時間がかかる」から

「本当の実態は2週間後!なんて話しも横行している」が

「重症化や致死は、検査結果など関係無く直に起きる事」だから、

「其の辺りの実態数を知る」なら

「市中感染率2割~5割~であって当然の状態に在る現状の日本」で

「現状の様に重症化者や致死者の数が少ない事」は「明らかに変な事に成る」。

「明らかに変な事」なら

「其の真相解明が行われていて当然に成る」のに

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の主たる論調」は

「該当ウィルスの脅威等を大喧伝等し、感染自体を大問題化して、感染検知検査の重要性を訴え、

感染検知者の隔離を推奨する天動説的状態」で

「明らかに変な事の実体解明等を訴えているところは、実質的に、皆無状態に成っている異常さ、もしくは、劣悪さ、だ」。

「そんな状態の是正が急務に成っている事は、もはや、言うまでも無い事に成る」」。

『「現状の実際の日本の市中感染率が、高いところでは少なくとも2割~5割程度にまで成っている事が容易に推定出来る状態」で

「公表されている感染者や致死者の数」が

「異常な程、少ないのは何故か?」

「其処にこそ、該当ウィルスの正体を暴く事に繋がっている重大な現実が見え隠れしている事に成る」』。

『「まるで、既に、同様のウィルスに対する免疫等を保持出来ている様な状態」が

「日本(の一部}には在る」と

「想定する」なら

「日本の現状が合理的に考えられたり、思えたり、する人々の数はかなり多い筈」だ。

「此の事実」は

「該当ウィルスの正体を暴く事にも繋がっている」等と

「感じたり、思えたり、している人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「例えば、日本国内にも韓国内同様に多数の手下工作員等や其の協力者等を内在させ続けて来ている

北朝鮮金政権等が、

ソフトウィルステロ実権等を行った」なら

「現状は、合理的にも成り得る事に成る」のは

「該当ウィルスより毒性の弱い同様のウィルスによる実験」を

「日本国内や韓国内で行う事が出来てしまう状態が在り、

其の実験が行われていた」なら

「ソフトウィルステロ実権等が行われた、日韓等内には、

多数の同様のウィルスに対する免疫を保持出来てる人々が居て登園にも成り得る事に成る」。

「逆に、其の様な免疫が無かったとする」なら

「く明らかに、日本の感染者数や致死者数は、少な過ぎる事に成る」。

「感染者数は、感染検査を減らす事により、{捏造}する事も可能に成り、

致死者数は、致死の主たる原因が肺炎である事から、日本の肺炎による年間致死者数である約10万人レベルの中に、紛れ込まらせる事も

可能に成っている」が

「重症肺炎患者や致死が急増・激増する」なら

「其の{誤魔化しの器}の{機能}も大きく削がれる事に成る」。

「其れでも現状まででは、はっきりしている事」として

「重症化者治療に対する医療崩壊が起きていない事からも、

該当ウィルスの毒性・有害性が、

今年のインルエンザ流行が激しく無かった分等と相殺できるレベルに収まっている事に成る」。

「つまり、既に、発生時からの封じ込めには実質的に失敗している該当ウィルスの実害レベル」は

「例えば、エボラ出血熱等程、激烈的では無い事」だ。

「エボラレベルの毒性のあるウィルスに対したなら、感染基軸で大問題化し感染者なら例え、無症状でも隔離!が合理的に成る」が

「該当ウィルス程度の毒性ならば、

感染自体を大問題化する事よりも、重症化や致死を大問題化し、其れらの実害を防止・抑止等する対策を行う事」が

「合理的に成る」。

「現状までの多くのメディア等による、感染・検査基軸の大騒ぎ!~視聴者・読者の不安・恐怖心等煽り~実質的、免疫力低下誘い情報配信」は

「明らかに変」だ。

「有名人や大学者等や大権保持者等がどんなに大喧伝しても、天動説は天動説でしか在り得無い」。

「該当ウィルス問題の地動説状態論調等は何処に在る?」

「本来なら、多くのマスメディアが地動説状態の論調を大喧伝等する事により、

多くの自由で民主的な人々の、

問題の実体や事実・現実の原寸大理解・把握等に基づいた原寸大の落ち着いたじ実効のある対応等を誘うようにする事」こそが

「本来の仕事のスタイルの筈」だ。

「天動説メディアの有益分子道具扱い状態の有名人や学者等は本当に哀れ・・・に成る」』。

『「極一部」と「強く推定出来てしまうクラスター基軸の感染検知検査」等は

「換算自体の封じ込めが出来なかった時点で、一時の誤魔化し手段にしか成り得無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「日本の本当の感染実態を露わにする事に繋がっている」のが「市中感染率調査等の疫学的{調査}」だ。

「封じ込めに失敗した時点で、其れを行わない」のも「ある意味、大いに不思議」だが

「其の裏には相応の理由が在る筈」で

「其の辺りを暴く事」こそが「メディアやマスコミ人としての本来の仕事の一つに成る」。

「市中感染率を調べて、其の結果として、感染者約5割以上、免疫等保持者4割以上」等なら

「現状の日本」の「圧倒的に少ない感染者数や致死者数の実態とも相応に整合性が取れる事に成る」が

「もし、其の様な状態なら、日本がそう成っている訳が在る事に成り」、

「其の可能性としては、北朝鮮金政権等による非人道的なソフトウィルス工作実験等の存在等が浮上して来る事に成る」。

「該当ウィルスの前世代版であるより毒性の弱い同様のウィルスに対する免疫等が保持出来ている」なら

「垣外ウィルスの実害が圧倒的に少なくても当然に在り」、

「其の様な実態が日本に在る」なら

「其れは。非人道的な工作実験等の存在を実証している一つの材料にも成っている事に成る」。

「弱毒ウィルスでも継続的に、次第に、大量に、感染させれば、其の実害悪の実効も引き出せる」等というのが

「北朝鮮金政権等流の濃度で粛清する非人道的な粛清工作の精神構造の実体」だ。

「手下工作員やお仲間、協力者等には、薄く。緩く、浅く、長時間に成らない様に、感染させる」なら「其れらの人々は免疫を得られる事に成る」が

「大量に、強く、急に、長時間感染させ続ける」なら

「其れらの人々は発症し易く成り、場合によっては他の非人道的な工作等との悪の{コラボ}により致死されられ易く成する」のが。

「北朝鮮金政権等流の非人道的な濃度で粛清する茹でガエル式工作活動の実態」だ。

「該当ウィルスが北朝鮮由来であり、其の工作仕掛け元が金政権等だった」なら

「金政権等には、例えば、全面核先制攻撃等の非人道的な手段が実用されてでも排除されて当然に成る正当な実態が在る事に成る」。

「何故なら、該当ウィルス問題を不問にするなら、

同様のもっと強烈なウィルスによる報復(経済)制裁攻撃~支配領域拡大工作等も十分に可能に成るから」だ。

「上記の様な可能性も否定出来無い状態が在る以上、該当ウィルスの正体の解明も絶対に忘れたり、怠ったりするべき事では無い」のに

「多くのメディア等では、其の辺りが{‘無し}状態なのだから、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「新型(とされている)コロナウィルス問題の真相を探究するのでは無く、誤魔化しに実効がある論」等常連出演者等が大喧伝していた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事