« テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。 »

新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。

『「有名人等の感染や致死等の大喧伝」の「実体」は「有名人と否有名人の差別に他ならない」のに

「事件や問題等々が起きる度」に「其の差別で有名人利権の増大を図り続けて来ている」のが

「今時としては明らかに劣悪な、

ご用達者、或いは、ご都合者押し売り~有名人化等による

ゲイノウ商売集金等を行っているテレビ・ラジオ・マスコミ界やゲイノウ界等の酷い、実態」で

「該当ウィルス問題」でも

「有名人を偏重して引っ張り出す事等による有名人利権を増大させる為の情報工作等を行い続けている実態を露呈している」のだから

「其の差別の先で、本当の説得力など生まれる訳も無く、

反対、もしくは審議拒否野党等のお仲間、テレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等々の言う事を聞いて

{指示}通りの行動等をする視聴者・読者等の数」は

「選挙があるから相応の民意反映も在る、政界の反対、もしくは審議拒否野党等と同様で少数派に成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「多くの人々が{指示}通りに動かない事等を嘆いている暇が有る」なら

「該当ウィルス問題の実体や事実・現実を原寸大で調査し、其れを先ず報道するべき」で

「メディア等ではっきりとした解り易い実体・実態の原寸大情報配信が在る」なら

「太陽を中心とした太陽系の天体図を知った多くの人々が容易に地動説も理解・把握出来る様に成ったのと同じ様」に

「該当ウィルス問題でも、

天動説状態の、ある意味、身勝手な、行動等では無く、

地動説状態の、問題の実体・実態に原寸大で合わせた、合理的な自虐回避行動等を取り易く成る」。

「多くの視聴者・読者等の精神構造」を

「個々の色々な問題等への対処等をきっかけに、天動説状態から地動説状態に健常進歩・正常進化させ易くする、

今時相応の情報配信内実が其処に在る事に成る」が

「ある人脈等にとって都合の良い特定の者・物・事等を多くの視聴者・読者等に{覚えさせる}事で

例えば、有名人等を使って大衆を操る事等を、行い続けようとしている実態を露呈している」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」でも

「多くの視聴者・読者等は、

本当の日本の該当ウィルス感染者の数が公表されている感染{検知}者の数とは全く違う多数に成っている筈等と

考えたり、思ったり、感じたりしている筈」だが

「其れなら、本当の日本の該当ウィルス感染者の数は?」という

「原寸大の実態を伝えようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、実質的に無い状態」だ。

「其れを知る為に必要に成る調査等が在る」なら「其の調査の必要性を強く訴えていて当然」なのに

「其の辺りも非常に希薄」なのだから「本当に、変」だ。

「死亡者の数にしても同様」で

「該当ウィルスによる日本の本当の致死者の数」が

「人口が日本より少ない、医療体制・技術等はとてもしっかりしている、ドイツより少ない訳も無い」等と

「考えたり、思ったり、感じたりしている筈」なのに

「其の辺りの実体・実態解明をしようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、実質的に無い状態」だ。

「多くの視聴者・読者等の該当ウィルス問題に対する実体・実態把握は不十分なまま、

実害では無く、感染を大問題化し、

現状の検査状態と

該当ウィルスが中国武漢自然発生なら、容易に推定出来る、

距離も人の交流もより近く、より盛んであるが故に、欧米諸国より多くて当然に成る感染者実態から、

検査をすればする程、増えるのが当たり前に成る、感染者」が、

「増えているゾ~!」と「脅し」たり、

「オーバーシュートだの、ロックダウンだの、緊急事態宣言だの、{脅し文句}を大喧伝等したり、

し続けていても、

実感のある説得力が生まれる訳も無く、

言葉で操られてしまう視聴者・読者等の中では、ストレスが増大し、免疫力の低下等が誘われる事にも成り得る」のだから

「行おうとしている事」が

「実質的には、該当ウィルス問題をより深刻化させようとしている様な事に成ってしまっている!」等と

「感じたり。思ったり、している視聴者・読者等の数も多い事に成る」。

「其の様な状態」の「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「肺炎致死茶数の増減はどうなっているのか?」から

「該当ウィルスの毒性がどれ程のモノなのか?」等を「判り易くする事」が「可能に成る」のだから

「其の辺りの調査報道等も意識的かつ積極的に行われていて当然に成る」が

「其れさえも、実質的に無い状態に成ってしまっている」。

「実際の毒性に対する原寸大の危機感等を持つ事を実質的に阻害されている状態の人間たちの中」では

「判らないが故に無い事にしがちに成ったり、

判らないが故に過剰な恐怖心・不安等を抱かされ、過剰な対策行動等に邁進しがちにさせられていたり、

等々の、

単純化等による原寸大必要対応から乖離する不健常状態」等が「誘われ易く成る」。

「そんな状態に陥らされている人間が多数居る人間社会が、どんな状態に陥り易く成ってしまうのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「原寸大の実体・実態把握を阻害され、短絡的に感染する!とかしない!とかの二極に分れた判断をさせられた人々が、

原寸大との乖離故のストレスで走らせられてしまうなら、

例えば、

感染する!と過剰な防衛行動等に邁進させられてしまった人々は、

例え、感染しなくても、過剰な防衛行動等に邁進させた者・物・事等を恨み易く成り、八つ当たり先を見出そうとしがちに成り、

万一、感染してしまったなら、推奨されていた防衛行動等を恨みがちに成り、八つ当たり先を見出そうとしがちに成り、

万一、感染しない!と判断させられていたのに感染してしまったなら、

其処から犯人探しが始められ易く成り、八つ当たり先等を見出し易く成る等の事態が生じ易く成る」。

「人間社会の劣化・悪化を招く事に繋がっている」のが

「実体や実態の原寸大把握を実質的に、阻害している状態の情報配信や教育等の実態に成る」。

「そんな情報・教育等の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「多くの人々に、感染自体を問題にする、させるのでは無く、

多くの人々が、実害・実益基軸で原寸大の問題対応を行い易くする」のが

「適切な対処法に成る」。

「其の為に必要に成っている」のが

「実体・実態の原寸大情報配信等に成っている」のに

「未だに、感染・検査基軸で共感煽り、{脅し}状態政治運動等付き状態の情報配信等」では

「本当に酷く、劣悪に成る」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス」が「ウィルス工作兵器だった」なら

「感染者を増やすも減らすも、工作を仕掛けている側の意思次第に出来てしまう事に成る」。

「日本の感染者数と致死者数が本当に公表されているレベルの世界レベルでは非常に少ない数」なら

「其の裏には訳かあって当然に成り」、

「可能性として在り得る事」として

「日本の多くの人々の、免疫・抗体の事前保持状態」や

「ウィルス工作で工作の仕掛けが少ない事」等が

「浮上して来る事に成る」。

「其の辺りの可能性の有無をはっきりさせる為」にも

「本当の感染者数・死亡者数の把握が非常に重要に成っている」』。

『「実害・実益では無く、感染を問題化して感染者を無症状でも軽症でも隔離し、治療等する」なら

「医療崩壊お誘われ易く成って当然に成る」。

「感染自体が大きな健康実害を伴わず免疫・抗体取得に結び付く状態の人々には、

免疫学的弱者状態の人々への感染を防止させる様にすれば良いダケ」で

「隔離・治療等は基本的に必要無い筈」だ。

「感染自体を制御する事は、既に、破綻している状態に成っている」のだから

「医療従事者の負担を軽減する為にも、実害・実益基軸の対処に早々に切り替えるべき」だ』。

『「少ない数の、致死茶の実態例も報道等されていて、

肺炎だけでは無く、肝臓・腎臓等がかなり傷めつけられていた状態であった場合もあるとの事」だが

「工作電磁波による傷害の可能性も高い事も推定出来てしまう」のは

「昨夜も、筆者の寝床に対して、強烈な工作電磁波が一定時間当てられ続けていたから」だ。

「工作電磁波に対する防御の在る筆者の寝床では、何時もより更に強い工作電磁波が当てられている事の感知が出来るレベルの傷害で、

其れは、起こされる事等の実害も伴っているが、

重大な傷害には至っていない」が

「防御無しだったなら・・・を考えると恐ろしく、病院等では工作電磁波に対する防御が在る訳も無い」から

「其れ故の致死も結構あるのでは・・・」等の「思いが浮上し続けて来ている」。

「しかし、戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団連続強化茹でガエル型スパイ・工作活動等に対して、

十分な実効を持つ法・摘発体制等が未だ無い状態の日本国内では、

未だに、該当スパイ・工作活動等もやりたい放題状態のまま・・・」だ。

「該当ウィルス問題」でも

「{脅し}効果を上げる為の有名人の工作電磁波や医療工作等による殺害が在っても何の不思議も無い状態」や

「例え、一般市民でも、スパイ・工作活動等を仕掛けている側が勝手に不適応分子と決めつけているなら、粛清も在り得る状態」が

「温存されたまま・・・に成ってしまっている事に成る」。

「スパイ・工作活動等対策等の是正も急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「其れを十分に訴えて来てい居ない」のが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等も強い実権を保持したまま・・・の

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の酷く劣悪な実態に成っている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルス対策で世界中が鎖国状態・活動抑制状態にされている事」により

「地球温暖化の抑止の為には、相応に高い実効がもたらされている状態にも成っている」が

「該当ウィルス問題の情報配信等が健常化・正常化されるのは何時だろうか?」

「該当ウィルス」は

「自然発生か?工作兵器か?」

「感染基軸の大騒ぎ!の本当の目的は?」

「中国共産党による覇権取得の為の自爆も含む工作」や

「北朝鮮金政権等による報復経済制裁」等では「無く」、

「地球温暖化抑止~新世界創造の為の大茶番劇だった」なら

「どんなにマシな事に成るのか!」状態だが

「果たして、真相は?」

「人類の経済世界大戦に対する自然界からの反撃!」が

「真相だった」なら

「人類が是正すべき事もより明らかに成っている事にも成る」が』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「本当の実態・実体を伝えようとせず、{脅し}で視聴者・読者等を操ろうとしているメディア!」問題・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事