« テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。 »

テレ朝朝番では「雰囲気で新型コロナウィルス問題の危機感を煽っていた様相」だったが・・・。

『「問題に対する実体・実態の理解把握の為に有益に成る情報配信が重要に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事」なのに

「未だに、雰囲気やイメージで多くの視聴者等を操ったり、

不安や恐怖心等を喚起させる事により、実質的には、免疫力を落させようとしていたり、

等々の感や重いを抱かされてしまう情報配信等を続けている実態を露呈している」のだから

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「新型コロナウィルス問題」なら

「日本の本当の感染実態の理解・把握の為に有益に成る情報配信」や

「ウィルス対策の為に有益に成る情報配信」等々の「方」が

「現状の行政・政治等による対応に対する批判・非難等より、遥かに重要に成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成っている」のに

「反現政権{政治運動}や

政権・官僚等から主導権をテレビ常連出演者等に移させる為の{社会運動}等」を

「未だに、日本の公共の電波を使って行っている実態を露呈している」のだから

「選挙も無いから{政権}交代も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の

旧態依然とした陳腐さ等からの醜悪な臭い等が濃厚に漂って来る状態等と成っていて」、

「早急な是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「テレビ常連出演者等の言っていた{呆れた対策}」は

「感染検知PCR検査を大々的に行い、

感染が検知されたなら、無症状者でも軽症者でも隔離するべき」で

「其の為の収容場所を確保しろ!の旨」等だが

「其の実態」は

「中国共産党支配下の中国武漢等での対策の縮小版みたいなモノ」で

「粘膜を擦り、削る、PCR検査を感染者も居る場所で行う事=深部感染リスクと其の場所に集合させられた検査時・検査前後の感染リスクを上げる事に成る事」や

「感染者を集める事=其の場所のウィルス濃度を高くする事」等の

「ウィルス感染の実態を、軽視或いは、無視している、

実質的には、重症化数や感染者数を上げる自虐対策」に「成ってしまう事」等を

「無視している状態の劣(=おバカ)悪(=解っていてやれ!等と言っているなら)さが

其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルスが中国共産党支配下の中国武漢からの自然発生なら、其の感染実態」としては

「欧米諸国と同等レベルか其れ以上であって当然に成る」のが

「中国と近く人の交流も盛んな日本」だ。

「其れなのに、日本より人口の少ないドイツより更に該当ウィルスによる致死者数が少ないのは何故か?」

「其処にこそ、該当ウィルスの正体を暴く為に有益に成る実態」や

「現状までの日本の検査実態の問題」等々を

「暴くジャーナリスト等なら入口にしていて当然の扉が在る事に成る」。

「欧米諸国と同レベル以上の感染実態が既に在る事」は「容易に推定出来る」から

「日本での本当の感染者数がかなり感染検知検査をしっかり行っているドイツより

人口が多い分と中国との距離が近く人の交流も多い分多い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「既に、膨大な数の感染者が居て当然に成る実態が其処に露呈している事に成る」が

「市街感染率等の調査が行われ、其の結果が公表されていないから、本当の実態もまた{未だ霧の中}状態に成ってしまっている」。

「しかし、此処で、明らかに公表されている日本での致死者数を考える」と

「其の異常な程の{少なさ}の裏に無ければオカシイ事に成る訳の解明が重要に成る事に成る」。

「可能性として在る」のは「日本の肺炎致死者数は年間約10万人レベルにも成っている」から

「其の中に検知されていない感染致死者も居る事」等に「成る」が

「其れでは、肺炎致死者数の数の増減はいったいどうなっているのだろうか?」

「其処を調べ、報じる」のが「該当ウィルス問題に対する事実報道のやり方の一つに成る」。

「インフルエンザの流行がオトナシかった今年の肺炎致死者数が増えている」なら

「他に肺炎致死をもたらす新たな原因が増えていない限り、該当ウィルスの毒性が相応に強い事が直に判る事に成り」、

「其の様な事実の情報配信に触れる」なら

「多くの視聴者等の中で必然的に相応の危機感等が抱かれ易い状態に成る」。

「雰囲気やイメージで{脅す}事による危機感等喚起」と「上記の様なやり方による危機感喚起」の

「どちらが健常で適切に成るのか?」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「また、肺炎致死者の数が減っている」なら

「該当ウィルスの毒性がインフルエンザが旺盛である事よりも低い実態が露呈する事に成る」。

「其の様な場合には、該当ウィルスだけに対する過剰とも言える対策を行う事よりも、

肺炎致死者を減らす為に有効に成る対策を行う事の方が

より多くの命を救う事に繋がっている事に成る」。

「感染や検査を問題化せず」に

「実害や実益を問題にする適切で健常に成る問題対処を行う」なら

「当たり前に成る対応が其処に在る事に成る」』。

『「ウィルス濃度」を「検証する」なら

「感染者の感染場所が一番高く成り」、

「感染者は生体防御反応としてウィルスを排除し続けている」から

「其の排出場所が感染場所からの距離相応に高い~次第に低く成っている」。

「もちろん、感染者体内の場合は、ウィルス団塊の様な状態でウィルス濃度が非常に高い排出粘膜上等も存在している事に成る」が

「感染者の体内を離れる」と

「飛沫粘液等内や、其れがエアロゾル化したところや、感染者が接触してウィルスを手放して来た場所」等々が

「濃度が高いところに成る」。

「空気感染は無くても、空気の中にウィルスの乗り物に成るチリや埃が在れば相応にウィルス濃度も高い状態が一定時間は続く事に成る」。

「大雑把なイメージとしては、感染者の周りに次第にウィルス濃度が低く成る{オーラ}の様な状態が在り、

セキやクシャミがある場合には、其の気流と其の気流の周りの{オーラ}に

吐き出された粘膜(微細も含む)が存在し、其れがチリや埃に載る場合も在る」のが

「実態に成る」。

「其の様な状態を基本的には全ての感染者が持っている事に成る」のに

「感染者を隔離だ!と集合させる」なら

「其の場所のウィルス濃度が急激に上げられる事に成る」のは

「極めて当たり前の現状に成る」。

「同じ病室内の感染者では無かった全ての患者が感染した」等の「事例」からも

「感染者を隔離する」なら

「ウィルス濃度を上げない為にも、個別が必需に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「無症状者や軽症者なら同じトイレ等使用でも良い」とは「{ファンタジー}」で

「同じトイレ等を使うなら、換気と消毒を十分にするのはもちろん、時間を十分に空けてが必需に成る」。

「其れまでは、無症状や軽症状態の人々でも、ウィルス濃度が高い場所に移される」なら

「ウィルス濃度が高く成る事により、より重い状態に陥り易く成る事」等は

「想像に難く無い」。

「更に、PCR検査等で粘膜を削られる」なら

「より其の可能性が高く成る事」も

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「比較的毒性が弱いウィルスの感染で避けるべき」は

「大量・急激・深部・長時間の感染」だ。

「感染者を隔離して完全個別にせず集合させ、粘膜を削る検査を行う事は、其れらの危険要素を実用してしまう事に繋がっている事に成る」。

「逆に、少量の、ゆっくりとした、浅い部分での、短時間の感染」で

「免疫・抗体等が創られる」なら

「其れは、無償のワクチンみたいなモノに成る」。

「少量の」は「感染者との距離の取り方」や「呼吸の浅さ」や「接触面積の少なさ}等で

「たとえ周囲に感染者が居ても{調整}出来る事に成り」、

「ゆっくりと」は「呼吸の速度」等で「調整出来る事に成る」。

「毒性が強く、少量でもダメなウィルスに対しては通用しない事」だが

「毒性が比較的弱いウィルスに対しては、相応の実効が期待出来る対処法」が「其処に在る事に成る」。

「カラオケやライブハウスやスポーツジム」等々では

「往々にして、深く激しい呼吸をしがちに成る」ので

「其の辺りは、要注意!に成る」。

「また、禁煙が徹底していない現状で、タバコによる感染リスク向上が在る該当ウィルスに対し、

喫煙者も居る上に狭い空間に長時間居る事に成りがちな、

クラブやバー等は

多くの場合、不特定多数の人々に対してお酒や料理等を提供している接待付きでもあるから、

グラスや食器等々も含む濃厚な接触状態が生じ易い事にも成る」ので

「タバコは避け、止め、グラスや食器等々は消毒可能なモノで拭き、

狭小空間状態のところに長時間居続ける事は、換気とウィルスに対して有効に成る空気清浄機等が無いなら、要注意!」に

「成る」。

「パチンコ店や雀荘や性風俗店等からの感染者が問題にされていない裏に在る」のは

「感染研者不可能状態や拒否ばかり・・・等が在るのかも知れない」し

「意外と空気清浄機や消毒等の実効が高いからかも知れない」し

「既に、免疫を保持出来ている人々が多きからかも知れない」し

「其の他の理由があるからかも知れない」。

「何れにしても、感染を問題にするのでは無く、問題にすべきは実害であり、

免疫を得る、得た、等々の、実益も忘れてはいけない事に成る」。

「該当ウィルスに対する」、

「日本の実害の実態」は「肺炎致死者の増減である程度は推定出来る様に成る」。

「日本の実益の実態」は「免疫・抗体保持者の割り合い等の増加具合等である程度判る様に成る」。

「感染を問題にして、感染を検知する為の感染や感染状態をより悪化させるかも知れない検査を大推奨する事」等は

「明らかに、変な問題対処法に成る」のに

「そんな対処法ばかり・・・が多くのテレビ等で主扱い!」で

「更に、雰囲気やイメージ等による不安・恐怖心・危機感等煽り状態で、現政権非難政治運動等付き・・・状態」では

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「実態としては、

該当ウィルスが自然発生ウィルスだったなら、

欧米諸国より距離も近く人的交流も旺盛な日本では、

該当ウィルスが発見される前に既に、同様の該当ウィルスより毒性の弱いウィルスの感染が在り、

其の免疫故に、該当ウィルスによる致死者の数も減っている可能性も在るのでは・・・」等の

「推定も出来ている」のが

「肺炎致死者数の増減の実態情報配信等が未だ無い状態での多くの視聴者等の頭の中の実態」だろう。

「該当コロナウィルスには毒性の強いL型と比較的弱いS型が在る」というが

「L型より発生が早いS型の流行が日本では既に在り、其れ故にL型流入後の被害実態が抑制気味に成っている可能性もある事に成る」。

「本当の実態を多くの人々が理解・把握し易くする為」にも

「肺炎致死茶の増減実態や

市街抗体調査等くらい、

早々に行い、其の結果をメディア等で大々的に公表するべき」だ』。

『「また該当ウィルスがウィルス工作兵器であるか?否か?の検証も忘れてはいけない」。

「戦後日本国内では北朝鮮金政権等や其のお仲間・協力者等による非人道的な集団連続強化茹でガエル型工作活動等が

行われ続けている」し

「該当ウィルスも其の中の一つの{道具}である可能性も否定出来無い」。

「世界的経済制裁に対する報復経済制裁が実践されている可能性もある」し

「日本乗っ取り支配の為の不適応分子粛清工作の煙幕の為に該当ウィルスが撒かれている可能性も在る、等と言える」のは

「該当ウィルスに感染している状態の者」なら

「例え、工作電磁波や飲食物工作や大気工作や医療工作等々で殺害しても、

感染防止の為に検死さえも行われず{該当ウィルス故の死亡}という処理でオシマイに出来てしまう状況が在るから」だ。

「感染を大問題化する」なら「其の他にあるかも知れない本当の大問題を不問にさせる事も可能に成ってしまう」のが

「実態」で

「其の様な目的」なら

「北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等が多大な実権を掌握している、選挙も無いから{政権交代}も無い、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による感染・検査基軸の大騒ぎ!情報・教育等も、

正に、合理的な事に成る事に成る」。

「何れにしても、真相解明」が「必需」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、新型コロナウィルス問題「緊急事態宣言!{脅し}政治運動等や検査!検査!の大合唱状態」等だが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「事実・現実通り原寸大の実体・実態情報配信希薄状態で{脅し}や不安・恐怖心・危機感煽り状態等では、説得力が無い」のは当然なのに・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事