« 新型コロナウィルス問題、「PCR検査後の重症化~致死」と「唾液の方が5倍のウィルス」の「当たり前」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「平均(は言わない)実効再生産数基準の罠」等と日テレではスパイ等の紹介等はあったが「日本の中の北朝鮮のスパイ・工作活動問題等は???状態」等・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「やはり在った、PCRコント状態」・「東京中等症感染者激増問題」・「暖かく成って来るのに緊急事態宣言延長!経済衰退化状態継続問題」等・・・。

『「テレ朝朝番の常連出演感染学者等によれば、該当ウィルスの感染が検知され隔離された人々が隔離を解かれる前」には

「毎朝行われているPCR検査で、二度も続けて陰性に成る事が必要と成っている」が

「其のPCR検査」は「検体に付着したウィルス等を40回も繰り返し培養して増やして行っている」との事だった。

「当然、其の様な多数回の繰り返し培養と成れば、

其れこそ該当ウィルスの死骸が一部でも相応に増えてしまい、

本当は陽性では無いのに、陽性にされてしまう場合もある事」等を

「指摘した学者等の紹介も在った」。

「現状の検査のやり方が、該当ウィルス潔癖症PCRコント的に成ってしまっている実態が其処にも露呈していた」。

「鼻・喉等に深く綿棒を突っ込んで検体を採取し続ける」なら

「其の度に、排出されようとしていた該当ウィルス等が人体のより深部に擦り込まれてしまうコントの様な状態の可能性が大に成る事」等は

「前の記事にも記した」が

「其れが、毎朝!」では・・・。

「隔離解放基準」も「潔癖症的考え方から実害・実益基準に、即刻にでも改めるべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「そもそも、元々の症状が無く成っても、PCR検査で二回続けて陰性で無ければダメ!という隔離解放基準」に

「どれ程の科学的お墨付きが有るのか???」

「感染者は、こんなに慎重に隔離していますよ~!」等の

「しっかり、ちゃんと仕事をしているんだゾ~!」等を

「大衆に向かって訴える時に、大衆を納得させ易い」のは

「潔癖症的やり方」等に「成る」が

「其れは、感染者ダケを偏重したやり方に他ならず、

大衆に全体像の理解・把握を容易にする調査・検査結果等の情報もちゃんと伝える」なら

「感染・感染者基軸の感染潔癖症的やり方の呪縛から解放された、

もっと、もっと、該当ウィルス問題の実体や事実・現実との整合性が高い、原寸大の対応等」を

「行う事による、大衆合意等も得られ易く成る筈」だ。

「現状までの様に、

まるで、極一部の学者等が、惑星の観測を一部行い、其処から推定して太陽系の天体の実態を推定し、

其の結果を大衆に向かってコレが真実だから、真実を認め、其れに従う様にするべきだ!(其の多くは天動説を無理やり肯定させるモノ)等と

訴える様なやり方」は

「早々に終焉させ、

太陽系の天体図を示す事で、誰もが其の実態や天動説の誤り等を理解・把握出来る様にするやり方」に

「しなければ、

天動説を維持し続けたい人々が納得する訳も無く、

該当ウィルス問題とは別のところで、数々の問題が発生し易く成ってしまう事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「該当ウィルス問題で言う」なら

「感染を大問題化し、PCR検査ダケを大推奨し続けている状態」とは

「教会等主導の天動説的状態に他ならず」、

「該当ウィルスの実態・実体を調査・検査等し、

其の全体像を判り易く大衆周知した上で、実害・実益基軸での自主的な対応行動等を具現化し易くする」のが

「個々の人々の自主性に根差した地動説的状態に成る」。

「自由・民主主義圏の国々」なら「地動説的状態を創り出すやり方の方が整合性が高く成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「独裁支配方向への時代逆行を強いる為」なら「天動説強いが合理的に成る」が

「そんな事を行う」なら「漏れなく人類滅亡が付いて来てしまう事に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「感染問題が始まって、もう約半年も経とうとしている」のに

「未だに、少数の感染検知検査ダケを軸いして、感染自体を大問題化し、

感染しているなら無症状でも隔離!等の対応を行い、

実質的には、医療現場の負担を増させ続けて来ている事」は

「本当に変」で

「普通なら、該当ウィルスの封じ込めに失敗した事が判った時点」で

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いを{調査}し、

其の結果を基に、

該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死を如何に防止するのか?等の対応を行う」のが

「当たり前に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合い等の{調査}さえも十分に行わずに、実態把握を疎かにしている状態」で

「特定極一部の学者等が推定した実態」では

「天動説正当化の為なのか?」「ちゃんと実態通りに地動説に成っているのか?」等も

「良く判らず」、

「其れを基にした、{感染}拡大防止対策として、

人と人との接触を8割も減らせば、{とりあえずの}感染は収束する等の

学者で無くても少し考えるなら誰もが思い付く当たり前の策を

行政の長等上から要請等されても、

多くの人々の中に、実感を伴う納得心等が生まれる訳も無く、

むしろ、科学的事実としてより正確度が高くも思える、

重症化してしまい易いのは高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々という

実害関連情報の方の説得力の方が高く成りがちに成り、

其の結果として、感染しても大丈夫な可能性が高い人々の中では、

我慢を強いられる事等による不満が増大させられ続けて来ている」のが

「実態」と「推定出来る」。

「其の我慢」には「経済的衰退に対する我慢も付いている」から

「其の補償を求めたく成るのは、当然」で

「補償が在っても、余りにも時遅しでは、実益に成ら無いから、早い補償を!と成るのも当たり前」で

「早い補償を実現させる為には、一律給付だ!と一人当たり10万円の給付が決まり、早いところでは既に配られている」が

「生活保護の額から考えても判る様に、10万円とは約1カ月程度の生活費にしか成らない」から

「例えば、店舗の家賃等等々、生活費以外の経済的我慢を強いられている人々は、そんな{少額}ではたまったモノでは無い」。

「感染基軸では無く、実害・実益基軸」なら

「最初から見逃す訳の無い現実が其処に露呈している事に成る」が

「感染とPCR検査という地球の周りで、其の他の色々な要素を周らせ続けたい様相の天動説状態の物たち等」は

「未だに、感染自体を大問題化しPCR検査ダケを大推奨!し続けている」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いが判っている」なら

「感染拡大防止の為に人と人との接触を8割も減らす事が合理的に成るにしても、

例えば、市中免疫・抗体等保持者割り合いが8割にも達しているなら、

普通に人々と接触し続けていても、該当ウィルス関連の人と人との接触は8割減!状態に成る」のだから

「既に、余分な要請!や店舗閉鎖等も要らなく成る事に成る」。

「市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}さえも行わず、

其の辺りの実態が???のままだった」なら

「感染検知検査基軸の感染検知者数の激減がある程度の期間起こり続けるまで、

緊急事態宣言!や要請!等も解除出来ない事に成り、

感染検知者数の激減がある程度の期間続いたなら、緊急事態宣言!の解除と要請!の取り下げ等に成る事に成る」が

「解除・取り下げが実行された時の市中免疫・抗体等保持者割り合いが、例えば、1~2割程度だったなら、

其れこそ、容易に、感染の流行が起きて、起こされてしまい易く成る」。

「其れは、

市中免疫・抗体等保持者割り合い等を{調査}して合理的な対策を施す事等抜きに、

緊急事態宣言等を解除した北海道の実態からも良く判る事に成る」。

「其の様な実態まで既に在る」のに

「未だに、市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合い等の{調査}さえも行わず、

行っていても、其の結果の大衆周知はせず、等の状態は、本当に異常」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「東京では中等症の感染者が激増している旨」を

「喧伝した東京の医師会のゲスト医師も紹介された」が

「該当番組の常連出演者の論」では

「PCR検査を受けられるのは、中等症レベルに至ってからの場合が多いから」だそうで

「無症状・軽症持からPCR検査を行い、感染者を早く検知し、症状が軽い内からアビガンを投与するべき!」等の旨「だった」が

「実態として」は、

「PCR検査数が増えたから、感染研知者数も増えた」が「先」で

「多くのマスメディア情報等により不安・ストレス等を増大させられ、免疫力の低下状態を誘われ、

情報粘膜を削るPCR検査を受けたから、

無症状や軽症だったのに中等症等に成ってしまった人々が少なからず出て来てしまって居る可能性大」で

「其の結果として、中等症レベルの感染研知者が増えた」に「成っている」のが「現実」である「可能性も決して小さく無い筈」だ。

「感染基軸で隔離が必要に成る中等症の感染者が多く検知されている事態と成っている」ので

「医療現場は、より大変に成ってしまって来ている」。

「実害・実益基軸で対応する」なら

「感染検知検査ダケでは無く、市中感染率と免疫・抗体保持者割り合い等の{調査}も行われ」、

「{調査}による隔離は行わない」から

「該当ウィルスの其れ程激烈では無い毒性からも、{調査}により医療現場がいきなり大変な状態に成る事も無い」。

「隔離では無く、治療が必要に成っているレベルの症状が出ている人々に対する治療・医療等の重要性は高まる事に成る」ので

「医療現場では、インフルエンザ対応同様の相応に大きな症状が出ている感染者への治療・医療に専念し易く成る、

今までにも在った、通常の状態に成る」。

「其れは、

自粛や行動規制等の効果も相応にあるのだろうが、

該当ウィルスによる肺炎致死者数が、膨大に成ってしまっていて、

インルるエンザの流行が小さかった分を遥かに超える程の肺炎致死者を{出して来ていない}現実」からも

「ある程度、推定出来る事に成る」。

「無症状者・軽症者等までをも鼻や喉の深い部分の粘膜を削るPCR検査で重症化し易くする様な、自虐的対応を行わず、

PCR検査を行うなら唾液等からの検体採取にする」なら

「新たな感染者の流入が国境を閉じている分だけ抑えられて来ている日本国内」では

「そう急には、重症化感染者等は増えない」のが

「該当ウィルスが自然発生ウィルスだった場合」の「当たり前」と「推定出来る事に成る」。

「軽症の内から、アビガン治療」で「十分な免疫・抗体等が出来るのか?否か?」は「大いに疑問に成る」ので

「其の辺りの検証も抜きに、軽症時から積極的にアビガンを使う事」は

「本来なら、得る事が出来ている筈の、人の免疫による防波堤の構築を阻害しない為にも、先ずは、慎重であるべき」なのに

「粘膜を削るPCR検査同様、大推奨し続けて来ている」のだから

「其の辺りからも、異臭が漂って来る」。

「多くの人々が、自粛・行動規制状態に在る」なら

「少数の感染検知検査上での、該当ウィルス感染の実効再生産数も少なく成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に他ならない」が

「其れは、自粛・行動規制状態が無く成った途端に、変わり得てしまう事でもある」。

「重要な事」は「免疫・抗体等保持者割り合い」で

「其れが大きい場合と小さい場合では、事態は全く違う事に成る」。

「どれだけ多くの人々が該当ウィルスに対する免疫・抗体等保有という実益を得る事が出来ているのか?」が

「感染問題の終息の為には重要に成り、其れが7~8割程度にまで至るなら、該当ウィルスの感染問題の終息はほぼ確実に成る」のが

「該当ウィルスが自然発生ウィルスだった場合」の「当たり前に成る」。

「変異の起こり易い該当ウィルス」は「インフルエンザ同様」で

「其の毒性も、インフルエンザと同様レベルである事」は

「治療薬もワクチンも無い現状での致死率等からもある程度推定出来る事に成る」。

「インフルエンザ同様に、治療薬もワクチンも得ている状態に至るまで」には

「1~2年程度かかる事が推定出来る」から

「其れまでは、

深部・長時間・大量感染状態を避けた該当ウィルスの浅い・短時間・少量感染による{無償のワクチン}で

該当ウィルスに対する免疫・抗体等を得る事が出来た人の割り合い」が

「合理的な対策を構築~実行する為にも、重要に成る」のだから

「市中感染率と共に、市中免疫・抗体等保持者割り合い等の{調査}を行い、其の結果を大衆周知する事」こそが、

「該当ウィルス問題の全体像を理解・把握し、地動説的対応を行い易くする為に合理的に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いが判る」なら

「感染も免疫等も無い人々の割り合いも判る」から「該当ウィルス問題の市中実態が判る事に成る」。

「それぞれの感染率・免疫等保持者率・感染も免疫も無い人々率」の

「経時変化」を

「それぞれの大きさを円形や球形にして、情報配信し続ける」なら

「多くの人々が直感的に該当ウィルス問題の実状を理解・把握出来る様に成る」。

「其処に、該当ウィルスの主たる重大実害である肺炎致死者数の増減の情報も加える」なら

「よりはっきりと、其の時点での該当ウィルス問題の実態が判る様に成る」。

「全ての肺炎致死者に対して、該当ウィルスの感染の有無を検知する検査を行うのは大変に成る」から

「肺炎致死者数は、総肺炎致死者数でも、ある程度以上の事が判る様に成るのだから、可に成る事に成る」。

「該当ウィルス問題で在るべきマスメディア情報配信内実の実態が其処に在る」。

「ある問題の全体像の理解・把握が出来る」なら

「多くの人々が、其の問題に対して、本来不要な過大な不安や恐怖心等を抱かせ辛く成り、

冷静に、落ち着いた、合理的に成る、原寸大対応等を具現化し易く成る」のは

「幽霊の正体が枯れ折れ花と分れば、

本来不要な恐怖心等は抱かず、

枯れ折れ花が行く道上に在る邪魔なモノなら

取り除く等の合理的対応も容易に行い易く成る事」等からも

「良く判る事に成る」。

「部分偏重情報配信等で全体像の理解・把握を阻害し、不安や恐怖心やストレスを与え続けるやり方」は

「実際には、存在していない幽霊等の存在を、多くの人々の中に想起させ続ける事で、

あらぬ差別や破壊行動等も起こしてしまい易い状態までをも誘っている

極めて悪劣な情報配信のやり方に成る」。

「其の様な情報配信を確信犯で行っているなら{悪}で

上記の様な事も解らないなら{劣・・・おバカ}に成る」のが

「現状までの多くの日本のマスメディア等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「暖かく、湿気も多く成って来る」と

「ウィルスの元気も無く成って来て感染力も弱く成り易く成るから、

少数の感染基軸の検査でも感染者検知数も減ってっ来る事が容易に推定出来る」。

「其の様な気候等まで考慮する」なら

「緊急事態宣言は解除しても、大勢に影響も無い筈」だが

「其れには、相応の勇気が要る状態に成ってしまっている」のも

「全体像が良く判る調査結果等が示されていないから」だ。

「この様な状態を意図的に創り出す事」で

「主導権を握り占め続ける為の専門家会議等では無い」のなら

「即刻にでも、市中感染率と市中免疫・抗体保持者割り合い等の{調査}を行い、

其の結果を

大衆周知するべき」だし

「肺炎致死者総数も大衆周知するべき」だ。

「まさか、今までの自らの大ミスを誤魔化し続ける為に、全体像の理解・把握を阻害し続けていたり、

該当ウィルスを利用した工作等により、日本国・多くの日本国民を不利にしてり、する等々の

大悪事を行い続けている訳では無いだろうから、

其の辺りが未だに、行われていない事」は「本当に異常に成る」。

「該当ウィルスが工作兵器等」で

「其の正体等が未だ、公言等出来無い状態に在る」から

「仕方無く、幽霊{脅し}!等により、多くの人々を不安・ストレス漬けにする事等により、

多くの人々の実体把握を阻害している」等なら

「合理的にも成り得る実態が露呈している事にも成る」が。

「果たして、該当ウィルスの正体は?」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「PCR検査後の重症化~致死」と「唾液の方が5倍のウィルス」の「当たり前」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「平均(は言わない)実効再生産数基準の罠」等と日テレではスパイ等の紹介等はあったが「日本の中の北朝鮮のスパイ・工作活動問題等は???状態」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事