« 新型コロナウィルス問題、「平均(は言わない)実効再生産数基準の罠」等と日テレではスパイ等の紹介等はあったが「日本の中の北朝鮮のスパイ・工作活動問題等は???状態」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「象徴的問題行動等具現化者等をダシに優等生ぶり正義ぶっている、常連出演者等問題」と「良く解らない専門家会議の実効再生産数算出の裏」等・・・。 »

サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「相変わらずのPCR検査の大推奨1」や「劣悪レベルの世界秩序論」等を公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。

『「該当ウィルス問題」で「検査をする」なら「抗原検査と抗体検査」が「適切に成る」し「其の為の準備」等が

「どんどん整いつつある現状」で

「未だに、粘膜を削る、感度が良い(何十回も培養して増やすなら、当たり前の事)、手間も時間も費用もかかる

PCR検査を大推奨し続けている事」は

「本当に変」だ。

「該当ウィルスの感染実態や症状実態等も少しずつ報道等されている」が

「エアロゾル感染の中には、呼吸・セキ・クシャミ等由来のモノだけでは無く、汗由来のモノも在ると推定出来る」のは

「スポーツジムでの感染拡大等からも明らか」で

「更に、血中にも該当ウィルスが入り込んで悪さをしている旨も報道等されている事」からも

「人間の生理代謝構実態其のままに、呼吸・汗・垢・尿・便・涙・唾液・鼻汁・鼻糞等々、其の出口からは、量の違いは在るにせよ、

該当ウィルス{も}排出されている事」を

「明確に、示唆している」。

「此処で、感染自体が問題化されてしまっている場合」を

「整理する」と

「問題とされている感染の実態」が

「急激・大量・深い・長時間感染である事」等が

「良く解る事に成る」が

「感度の良いPCR検査」では

「緩やか・少量・浅い・短時間感染」でも「感染検知が可能に成る」ので

「例えば、エアロゾル状態の該当ウィルスが在るところで呼吸し、該当ウィルスが鼻や喉の粘膜上に載っている状態の

浅い短時間の感染でも、其の検知が可能に成っている事にも成る」。

「無症状でも感染者」の「中」には

「該当ウィルスが在る状態の下での感度の良いPCR検査故に、感染者とされてしまった人々」が

「多数含まれている事が推定出来る実態が其処に露呈している事に成る」。

「更に、喉や鼻の奥にまで綿棒を突っ込んでかき回して検体を採取するPCR検査のやり方」では

「上記の様な、一時的に該当ウィルスを浅い部分に取り込んでしまっている状態の本当の感染状態には無い人々」を

「粘膜を削り、該当ウィルスの細胞壁感染を容易にする分だけ深部感染させ易く成り、

本格感染者に成り易くしている事」等も「容易に推定出来る事に成る」。

「日本での該当ウィルス感染致死者数が相応に低いレベルに収まっている裏」には

「PCR検査を多用しなかった事による{功績}が在ると推定出来る実態が露呈している事に成る」。

「該当ウィルスの悪の実効として血管傷害による脳・心筋・肺等々の梗塞があるとの報道もあった」が

「其の様な梗塞の{補助}をしてしまっている」と「強く推定出来る」のが

「不安・恐怖心・ストレス等を増大させ、視聴者・読者等の身体状態を危機感故の臨戦体勢である、交感神経優位状態に誘っている

テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報大群」等と

「容易に推定出来る事に成る」。

「全体像の理解・把握を容易にする事により、多くの視聴者・読者等の落ち着きを誘う情報配信を行わず、

部分偏重情報等により、危機感を煽り、不安や恐怖心やストレス等を増大させ、

免疫力の低下や血液凝固状態等を誘い続けて来ていた

マスメディア等の責任は其れ故の犠牲増大分相応に重大に成る」。

「今頃に成って、ようやく若干の是正傾向を露呈し始めているところもある」が

「未だに、不安・恐怖心・ストレス等煽り状態であるところ」からは

「相応の劣悪性を感じざるを得ない」。

「上記の様な事さえも良く解っていないなら、劣(おバカ)であり、

解っていて酷い情報配信を行っているなら、確信犯の悪に成る」。

「おバカや悪に日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当番組の世界秩序論」も「酷かった」。

「昨今の人間世界に激烈に求められている人間社会・経済システム等精神文化側の健常進歩・正常進化」を

「理解・把握出来ている」なら

「物質文明側同様」に

「権力・実権等を特定極一部の人間に持たせている状態」から

「権力・実権等は実体や事実・現実に原寸大で預け、其れを多くの人間が共有出来る状態」への

「健常進歩・正常進化」が

「必要に成っている事」くらい「既に、重々承知の筈」だ。

「例えば、

天動説とは、特定の人間たちがそうであると決めていた事に他ならなず、

天動説がまかり通っていた時代とは、

天体の動き等の実態までもが特定の人間たちの意志どおりである様に

他の人間たちにも強いられていた時代でもあった」が

「其れは、特定極一部の者たちに天体の動き等の権力や実権等を強制的状態で預けさせられている時代でもあった」。

「天体の動き等までもが、特定の人間たちの権力・実権の下では、

もちろん、科学技術等も進歩・進化し辛い状態に成ってしまう」。

「幸いな事に、天体の動き等、多くの人々が直感的に直に理解・把握等出来易いが故に理解・把握等したがる物事以外の分野では、

其れ程、其の時の特定極一部の人間たち等による権力や実権等の支配が行き届いていなかった、ばかりか、

人間同士の争いをより優位に行う為に必要に成る戦争の為の物事等については、むしろ実体や事実・現実とのより高い整合性が求められた」ので

「其の面からの物質文明製品群の進歩・進化は大きく阻害される事も少なく、

人類の物質文明側の進歩・進化は、戦争が激烈化するのに合わせて、同時に、急速な進歩・進化も実現し続けて来ていた」。

「其の物質文明側の進歩・進化が、例えば、望遠鏡等の性能も上げ、更に、進歩・進化に必要に成る科学的思考や数学等の向上が、

天体の動きの本当の実態を理解・把握する為にも利用出来る状態に至った」から

「地動説が生まれ、更に、地動説が世間一般に認められる状態にまで至った」のが

「人類の物質文明側の歴史の実態」だが

「精神文化側」では

「未だに、物質文明側の天動説時代と同様の状態が続いてしまっている事」等は

「冷静に少し考える」なら

「其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「例えば、独裁支配政権」とは

「天動説時代の権力や実権を保持出来ていた特定極一部の物たちに他の人間たちは従え!状態と同様の状態に他ならない」が

「該当ウィルスへの対応」が「独裁政権下の方が早かった」とは

「独裁支配政権等賛美の為のご用達論に他ならず」、

「実態としては、其の犠牲者実態からも、其れが今時の求められている人権基準等を大きく下回っている事」等は

「明らか」で

「其の様な余りにも遅れ過ぎている実態を誤魔化し続ける為に必要に成る」のが

「他の者・物・事等を徹底的に支配下に置く事」であり

「其れが、独裁支配政権の精神構造に他ならない」から

「他の者・物・事等徹底支配の為に軍事的優位性と経済的優位性を得るべく、

該当ウィルス問題をダシに、

独裁支配政権等の手下や協力者等を使って、情報面でも、アレコレ画策し続けている実態が其処に露呈しているダケ等に成っている」。

「実態としては、該当ウィルスを発見・特定したところまでは相応に良かったとしても、

発見・特定後の対処法は明らかに酷く、

発見・特定等出来たなら、先ずは封じ込めが未知のウィルスに対する常道であるのに、

最初に今までに無いウィルスの存在に気付いた者が、中国共産党にとって都合の良い者では無かったからか、

封じ込めを先送りにし、

其の後、中国共産党にとって都合の良い者に特定させ、其の価値を上げるべく、

該当ウィルスの毒性等を盛って大喧伝!等すると共に、

盛った毒性相応の犠牲が出る様に、パニックを煽る封鎖・隔離策を実践し、

パニック化と閉鎖政策故に感染者もいる病院に多数の人々を集め

該当ウィルスが在る状態下で粘膜を削るPCR検査等を実践し、深部感染者を増やし、

感染爆発を誘発させ、

多数の感染者と犠牲者を世界に先んじて短時間で生み出す事により

生き残り快復出来た人々によるある程度の該当ウィルスに対する免疫の防波堤を得て、

其れを盾に、世界に先んじて経済活動の再開等を行う事と軍事面でも行動を増大させる事等を行い、

何としても、他の者・物・事等を支配する為には必要に成る覇権を得よう・・・」と

「大いに足掻いている」のが「現状の中国共産党等の実態に成る」。

「其の何処にも、人間世界の健常進歩・正常進化との整合性が高い者・物・事等など無い事等からも、

万一、中国共産党等が覇権を得てしまうなら、漏れなく人類滅亡も付いて来てしまう事に成る事等」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「では、一部常連出演者等が推奨していたドイツ等のやり方はどうか?」

「ドイツ等の該当ウィルスに対応法で良いところ」は

「PCR検査使用にせよ、該当ウィルスの{感染}実態把握を出来る限り正確に行おうとし、

其の結果を基に、合理的に成る実害対策を行い続けて来ているところ」だ。

「しかし、現状まででは、免疫・抗体等保持者を増やす事が必要十分に出来ていない」から

「ワクチンが出来、実用されるまで」に

「再感染問題を起こさない事」が「必需に成る」ので

「経済活動再開等も相応に限定的にせざるを得なく成る」。

「また、該当ウィルスがウィルス工作兵器等だった」なら

「意図的な再感染騒動を起こされてしまう可能性も決して小さく無い事に成る」。

「それでも犠牲者数を他の国々に比べて大幅に少なく抑えている実態」から

「他の国々の対策よりマシ!」を「言うには十分には成る」が

「其れが、現状の人間世界に求められている健常進歩・正常進化をどの程度具現化出来ているのか?」の

「検証等も忘れてはいけない事に成る」のが

「世界秩序論としての実態に成る」ので

「其処を言及出来ていなかった常連出演者等は、明らかに力不足等に成る」。

「求められている世界秩序の進歩・進化」を

「かつての物質文明側の、

天動説~地動説への健常進歩・正常進化や、

産業革命等

相応とする」なら

「権力や実権等を特定極一部の人間等に持たせるのでは無く、

科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実に原寸大で預け、其れを多くの人間たちが共有出来る状態が、

どれ程構築されているのか?」等を

「検証すれば良い事に成る」。

「該当ウィルス問題のドイツの対策の場合」は

「該当ウィルスの感染割り合い実態を科学レベルで判明させる事」は「相応に出来ている」が

「該当ウィルスに対する免疫・抗体等保持者割り合いを科学レベルで判明させる事」は「未だ出来ていない」し

「該当ウィルスの正体探究~解明」も「未だ、未だの様」だ。

「多くの人々が共有すべき、実体や事実・現実の一部しか判明させる事が出来ていない実態が其処に露呈している事に成る」ので

「多くの人々が、判明した実体や事実・現実に原寸大で権力・実権等を預ける事で、落ち着き合理的な対応行動等を実現させ易く成る状態の構築」も

「未だ未だ・・・状態に成っている事に成る」。

「しかし、今後、未だ不明な免疫・抗体保持者割り合いや該当ウィルスの正体等が科学レベルで判明させられ、其の大衆周知が行われる」なら

「多くの人々が権力や実権は科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実に原寸大で預け、

狭義の自分自身が行う合理的に成る対応行動等の具現化も行い易く成る事に成る」のだから

「其の方向に進む」なら

「民主的なまま、必要・十分な対策を行える状態の構築も十分に可能に成る事に成る」。

「経済問題」にしても、

「覇権を掌握し続けたり、他の者・物・事等支配し続けるの為の経済」なら

「過剰な程の過大な格差等が在った方が合理的に成る」が

「個々の狭義の自分の健常自立を基本とする経済」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を伴わない、

過剰な程の過大な格差等はむしろ健常状態を破壊したり阻害したりする邪魔なモノ等に成るから、在るなら、排除したり、是正したりするのが

当たり前に成る」。

「特定極一部の人間の支配の下での人生」が

「其の人間本来の人生である訳も無い事」等は

「人間誰もの自分の実体でもある地球生命体細胞群(=広義の自分)の根本的目的である存続~永続からの整合性を取る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「他者支配/他者による被支配」とは「人間で言うなら、乳幼レベルの精神構造に他ならず」、

「人間社会や情報・教育等の健常状態が保たれているなら、其処から、成人レベルへの精神構造の健常成長が行われ続けているのが、

多くの人間の、本来の精神構造成長の実態」だ。

「本来、ほとんど全ての人類が持っている、この精神構造の健常成長欲求体質を

人間社会制度や情報・教育等で抑圧し、圧殺、封印等せしめ続ける」なら

「自ずと、多くの人々が精神構造的に不健常状態に陥らされる事に成る」。

「成長を阻害された精神構造が求めやすく成るモノ」が「成長前の状態の継続上での代償欲求」で

「其の実態」が

「其の時代、其の地域の他の人間たちと比べて過剰な程の贅沢自慰生活等や

自己健常支配の代わりの他者支配や他者による被支配等に

成っている事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「もちろん、代償欲求の追及をどんなに頑張っても本来欲求が充足される訳も無い」から

「代償欲求{過剰}追及者ばかり・・・の人間世界が意識の有無を問わず構築してしまうモノ」は

「現実からの遠ざかり状態」で

「其れが、人類滅亡にも直結している事」等も

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現実との整合性を取る」なら

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群(=広義の自分)の根本的目的である存続~永続との整合性を取る事から

初めて整合性を取って行って当然に成り、

地球生命体細胞群の存続~永続の為には宇宙への本格進出も必需に成る」のだから

「科学技術と物質文明製品等を健常進歩・正常進化させ続ける事」と

「進歩・進化した科学技術や物質文明製品等の自虐使用等を行わない状態を構築する為に必要に成る

精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化も必要に成っている事」等も

「明らかに成る」から

「其の本筋とちゃんと整合性の取れる者・物・事等を具現化させようとしていて当然に成る」。

「独裁支配政権状態等への{逆戻り}」は

「精神構造・精神文化側の健常進歩・正常進化に反する事に他ならない」から

「上記の様な基本が解っている」なら「即座に否定で当たり前に成る」のに

「未だに、独裁政権の方が効率が良い!論等を公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等でも大喧伝出来てしまう{恥知らず}状態の人々が、

少なからず、テレビ常連出演者等やマスコミ常筆等として、過分な立場・報酬・権力等まで保持出来てしまっている」のが

「超遅れている状態の、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実態」だ。

「学校教育界等にも同様の状態が在る」から「超遅れた者たち等が、例えば、大学教授等では・・・」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「平均(は言わない)実効再生産数基準の罠」等と日テレではスパイ等の紹介等はあったが「日本の中の北朝鮮のスパイ・工作活動問題等は???状態」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「象徴的問題行動等具現化者等をダシに優等生ぶり正義ぶっている、常連出演者等問題」と「良く解らない専門家会議の実効再生産数算出の裏」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事