« 新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。

『「どんなウィルスでもウィルスに変わりは無い」から「感染方法」や「毒性実体」等も「一定の枠の中に入る事」等は

「容易に推定出来る」。

「ウィルスは基本的に自分では動けず、自分だけでは増える事も出来ない」から

「生き残りの為には、他の生物への感染や人為的培養等が必需に成る」。

「ウィルスの寿命には違いがある」が「通常多くの人間たちが暮らしている環境下では、ウィルスだけでは、其れ程長く無い」。

「もちろん、冷凍保存状態等の場合は別に成る」。

「ウィルスが感染出来る生物には、違いが在る」。

「人間社会内でウィルスが直接問題に成る」のは「人間にも感染する事が出来るウィルス」で

「其の毒性や感染力の強さ等と、問題の深刻さには、相応の相関関係がある事に成る」。

「人間社会で問題に成るウィルス感染問題が発生してしまった場合の対処法」は

「人間世界の科学技術や医療技術や環境技術等々の進歩・進化相応に、其の時代として、ある程度決まっている」。

「どんなウィルス感染問題が起きても、

実害を出来る限り小さくする為に、

其の時代の人間たちが、基本的に行うべき事」は

「既に、決まっている様なモノ」だ。

「先ず必要に成る」のが「ウィルス自体の把握」に「成る」。

「ある問題を起こしているウィルスの把握が出来た」なら

「其の毒性も起きてしまっている問題からある程度知る事が出来る事に成る」。

「一定程度以上高い毒性が在る事が判明した」なら

「最初に採れる実害を増やさない対策」は「封じ込め策」に「成る」。

「ウィルスの感染力や感染方法等も、程無く明らかに成って行く」のは

「元々、ウィルスの感染方法は、幾つかに限定されている様なモノだから」だ。

「他の生物を媒介した感染」や

「空気感染」や

「エアロゾル感染」や

「飛沫感染」や

「接触感染」等々、

「ウィルスが人体に侵入する方法は、実質的に、限られている」。

「あるウィルスの感染問題が発生した」なら

「其のウィルスの感染方法を封じる事」に「実害抑止の実効がある事に成る」。

「他の生物による感染」なら「該当する生物を排除・駆除等する事が合理的に成り」、

「空気感染やエアロゾル感染」なら「大気の清浄化・消毒等が実効がある事に成る」。

「また空間を区切る事も有効に成る」。

「飛沫感染」なら「飛沫を他の人々に浴びせない様にするマスクや、飛沫を浴びない様にするマスク・眼鏡等々」が「実効がある事に成る」。

「接触感染なら、手袋等の使用や、手洗いや、

人体のウィルスの入り口に成っている場合が多い、粘膜部分や其の近くに指や手で触れる事を避ける事等々」が

「実効がある事に成る」。

「飛沫感染も接触感染も人と人との接触を減らしたり、無くしたりする事で防ぐ事も可能に成る」が

「其れは、其のウィルスの毒性や感染問題の実態と人間社会生活等との、バランスの上で判断される事が合理的に成る事でもある」。

「留意すべき」は「髪の毛や顔等、露出している部分」と「衣服・靴等々」で

「其れらの上でもある程度の時間生き残る事が出来るウィルスの場合」は

「例えば、動いた髪の毛・衣服等其れらや、其れらに触れた手や指等からの感染もあり得る事に成る」ので

「全体的に消毒したり、洗ったりする事が合理的に成る」が

「其れは、其のウィルスの毒性や感染力の強さと日常生活維持との、バランスの上で判断される事が合理的に成る事でもある」。

「特効薬的対策」は「ワクチン接種と其のウィルス専用薬に成る」が

「其れらを、新しいウィルスに対して直ちに開発~製造~実用出来る程、現状の人間社会の科学技術力は未だ、進歩・進化出来ていない」ので

「何れも、半年~2年程度の時間が必要に成る場合が多い」。

「比較的早期に実用化出来る」のが「ウィルス検知・抗体検知」で

「ウィルスを検知出来るPCR検査は、既に在る」し「実用化されている」が

「特定のウィルス専用では無い」ので「手間も時間も費用もかかる」のが「実態」だが

「当初は、其れに頼るしか無い」のが「現状人間社会の実態」だ。

「抗原検査キット・抗体検査キット」は「ワクチンや専用治療薬よりもかなり早く実用化出来る」のが

「現状人間世界の実態」なので

「実用化出来次第、より手軽な検査法に切り替える事が合理的に成る」。

「感染防止・抑止のやり方」や

「有効に成るワクチン・治療薬等の実効の高い対策」や

「感染と免疫・抗体等の検査手段」等々は

「既に判っている」のだから

「問題に成っているウィルス」と

「其れらの対策等」の

「最適合点」を「具現化する事」が

「其のウィルス問題の基本的対応法に成る」。

「最適合点を見出す為に必要に成る」のが

「ウィルスの正体究明」と

「感染の実態把握」と

「免疫・抗体等保持の実態把握」に「成る」。

「どんなウィルスの感染問題でも、

基本は皆同じに成る」のだから

「ウィルスの正体究明」で「自然発生なのか?人為的・人工的生産物なのか?等」を

「見極め」、

「其の毒性や感染力・感染手段(自然発生か?否か?でかなり違う場合もある)等」も「見極め」、

「感染の実態把握」で

「封じ込めが可能なのか?否か?」を「見極め」、

「封じ込めが可能なら、先ずは、封じ込め策を!」

「ウィルス感染が工作等人為的なモノだったなら、工作元の解消・撲滅等を!」

「封じ込めに失敗している事が判ったなら、先ずは、感染と免疫・抗体等保持の実態をより正確に把握する事を!」

「着実に実行し、其れを大衆周知する事」で

「多くの人々の冷静で自主的な合理的に成る対応行動等の具現化」を「実現し易くする事」が

「重要に成る事に成る」。

「同時に、ワクチンと専用治療薬等が未だ無いなら、其の開発~製造~実用化を急ぐ事が重要に成り」、

「抗原検査キット・抗体キットの早期実用化により、より現実に近い実態把握を行い、其の結果を判り易く大衆周知する事」が

「重要に成る事に成る」』。

『「新型(とされている)コロナウィルス」の「場合」も

「基本は同じ事に成る」のだから

「其れらを冷静に着実に行えば良いダケ」なのに

「該当ウィルス問題が起きた後の、日本の多くのマスメディア等の対応」は

「感染を大問題化し、させ、PCR検査ばかり・・・を大推奨!」で

「実質的には、

多くの視聴者・読者等に、該当ウィルスに対する不安や恐怖心やストレス等を持たせ、

感染者等への差別や

不安・ストレス故の問題行動等を誘発させたり、

免疫力を落させたり、する情報配信等を行い続けて来ている」。

「しかも、実質的には、其の様なマスメディア等自らが創り出している色合いも濃い差別や問題行動等を

常連出演者等や常筆等がマスメディア上で優等生ぶり、正義ぶり、取り上げ、批判・非難等する事により

現政権や現状の日本社会に対する悪イメージ等を、多くの視聴者・読者等に持たせようとする、

実質的、マインドコントロールを

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行い続けて来ている」。

「日本の市中(少なくとも、筆者の周囲)では、

其の様なマスメディア論調にまるで合わせるかの如く、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が旺盛化され続けて来ている」。

「具体的には、

電磁波工作(覗きやターゲット等の監視・粛清等にも使われている。工作電磁波の実態は、以前の記事にも何度か記しているので、ご存知で無い方々は以前の記事をご参照ください)や

飲食物工作(侵入工作とセットの事もある)や

大気工作(該当ウィルスか?否か?は不明だが、付着するとウィルスや細菌の様に増えて来るモノだったり、呼吸の邪魔にも成りそうな化学物質等だったり、している場合が多い)等々の

集団で行っている連続強化型茹でガエル式の実態が露呈している、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な非人道的なスパイ・工作活動等」が

「旺盛化され続けて来ている」。

「該当ウィルス問題より、遥かに深刻な問題が其処に露呈している!」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数もかなり多い筈」だ。

「因みに、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等からは、

北朝鮮金政権等の手下や其の協力者等(国籍{は}日本の場合も多い)の濃厚な臭い」が

「マスメディア等のある意味、異常な情報配信の裏からは、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等や其の協力者等の濃厚な臭い」が

「漂い続けて来ている」。

「常在戦場で日本乗っ取り支配が実現するまでは、日本に居残り続けろ!等と命令等されている可能性大の

拉致工作等までも行った日本国内に居る北朝鮮等の工作員等や其の子孫等が、

其の後、何のスパイ・工作活動等も行わされていない訳も無く、

其の協力者等の役割りを、

北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等は、

以前に何等かのスパイ・工作活動等を手伝ったりしてしまった事等の弱み等を握られていたりする可能性も大だから、

現状では、スパイ・工作活動等の協力等を全く行わされなく成っている、等とは考え辛く、

世代交代までしながら連綿と行われている実態が露呈している」のが

「戦後日本国内に実際に在る、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態」に「成る」。

「摘発対象者が例え、数十万人レベルに成っていても、日本政府・警察・自衛隊等による本気の徹底摘発が強く望まれている」し

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、此の重大問題を告発しない事」は「本当に変」だ。

「該当ウィルス問題」でも

「該当ウィルス問題の実体・実態把握を容易にする情報配信等を行っているのでは無く、

感染の大問題化や

喉奥・鼻奥の粘膜を削るが故に該当ウィルスの深部感染の助けをしてしまっている可能性も大きいPCR検査ダケの大推奨!

(ようやく、最近に成って、唾液からの検体採取を言い始めたところもあるが)や

象徴的感染者や感染致死者の大喧伝等々により

多くの視聴者・読者等の不安や恐怖心やストレス等を煽り続けて来ている」のは

「本当に変」だ。

「其の先に、反現政権政治運動まで付いている場合も多い」のは「ある意味、当然の現象に成るのかも知れない」が、

「其れは、政治的偏向性の露呈でもある」等と「感じたり、思ったりしている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「東京都知事等も、昭和の熱血根性モノでもあるまいし・・・気が弛む・・・等と上から情動塔を煽る事等を言っていないで、

該当ウィルスの実態・実体把握をより容易にする情報配信でもすれば良い」のに・・・。

「前の記事に記した、球体図や市中色分け人型図や信号図」等を

「示し」、

「例えば、其の信号色相応の合理的に成る対応行動は、上記の様なモノの内、コレとコレとコレ・・・等々と

判り易く説明する」なら

「球体図や人型市中図や信号色の経時変化や其の方向性と共に、

合理的に成る対応行動等を冷静に具現化し易く成る人々の数も増える筈」だ。

「独裁政権の民や国は、独裁者・独裁政権等の持ち物かも知れない」が

「自由・民主主義圏の民は、行政首長等の持ち物でも犬でも無い」。

「ハウス!や気が弛む・・・等を言う前に、現状を判り易く伝え、自主的で合理的な対応行動等の具現化を行い易くする」のが

「今時の自由・民主主義圏の行政首長やマスメディア等の本来のやり方の筈」だ。

「マスメディア等主導で行政首長等が決められ、マスメディア等主導で問題に対する対応行動等を強いられる」なら

「マスメディアファシズムの世界に成ってしまい、

其れは、ナチス・ヒトラーの歴史から学ぶなら、絶対に具現化させてはいけない事にも成る」。

「戦後日本の情報・教育界の現状までは、本当に変な事が多過ぎる」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事