« 新型コロナウィルス問題、「収拾の基準問題」と「中国共産党ウィルス研究所からという正体」と「旺盛化している日本国内の非人道的な工作活動等の関係」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。 »

テレ朝朝番では「未だに、PCR検査や強いリーダー等の大推奨!や韓国等の対応賛美!状態」等だったが・・・。

『「ウィルス感染流行問題」の「対応法」は「既に、基本的に決まっている」。

「先ずは、ウィルスの特定と正体究明を行う事(PCR検査は此処で有用)」と

「特定出来たウィルスの毒性実態把握」と

「毒性の強いウィルスなら、先ずは、封じ込め対策」と

「封じ込めに失敗した」なら

「それぞれのところの感染率・抗体等保持率の経時変化に合わせた合理的な対策を行う事(此処で有用に成るのが、抗原検査・抗体検査)」だ。

「其れと共に、感染して症状が出てしまった人々に対する症状相応のウィルス実害防止・抑止対応に成る医療・治療等」を「行えば良く」、

「ワクチンの開発~製造~実用を行う事」により

「ウィルスの実害を防げる人間社会状態を創り上げれば良い」。

「行うべき事」は「既に、決まっている」のだから

「行うべき事が速やかに順当に行える体制を築いて置く事が重要に成る」。

「例えば、どんなウィルスなのか?を特定するのに有用に成るPCR検査を行える場所をある程度以上保持し、

ウィルス特定が出来、其の実害が相応に大きい事が判明している事等から

封じ込めが必需に成るなら、

実効のある封じ込め対策が出来る法整備・社会体制整備(感染症に対する医療・治療のレベルの高い隔離病院等)を築いて置く事」であり、

「封じ込めが失敗したウィルスへの対応として、

即座に市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率を調査出来る事が出来る検査キットが実用出来る様に、

PCR検査でウィルスの特定が出来たなら、其の瞬間から、其の様な検査キットが出来るだけ早く製造~実用出来る体制」を

「整備しておく事」等に「成る」。

「ワクチン開発~製造~実用も速やかに行える様に体制整備しておく事」に「成る」。

「行うべき事が既に決まっている」のだから

「其処に、特定の者等による強いリーダーシップなど要る訳も無い」。

「必要実務が滞り無く遂行できる体制が在れば良い」。

「上記の様な、ウィルス等感染症対策として当たり前の事」を

「順当に行えている」なら

「例えば、封じ込めに失敗してしまった後でも、

直に、市中感染率と免疫・抗体等保持者率も大衆周知出来る様に成り、

其の実態を把握した上での政治判断等も行い易く成る」。

「誰もが分っている実態を基にした政治判断上で、行動自粛要請等が出される」なら

「其の遂行も順当に成り易く成る」のは「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「不当・不要な差別・ストレス・不安等や問題行動等を大幅に抑制出来る対応法」は

「最初から判っている」のが「感染症対策の実態」だ。

「現状までの日本の該当ウィルス対応」で

「変なところ」は

「封じ込めが失敗している」のに

「市中感染率と免疫・抗体等保持率の{調査}さえもが、ナカナカ行われて来ていなかった(いない?)事」だ。

「其の原因」として

「ウィルス特定の為には有用に成る、手間も時間も費用もかかるPCR検査を過剰偏重させようとする論調ばかり・・・の

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆マインドコントロール等」と

「ウィルス特定が出来た後に直ぐ、抗原・抗体検査キットの~製造~実用が出来ない状態」が「在る事に成る」。

「抗原・抗体検査キットの開発‘~製造~実用化」は

「例えば、インフルエンザの簡易検査キット等の実態からも判る様に、

科学技術の進歩・進化と共に、どんどん急速化出来て来ているし、其の信頼性確度も高く成って来ている」。

「其のノウハウは、他のウィルス等に対しても活かす事が出来る」のだから

「PCR検査の充実に大枚を回す」なら

「抗原・抗体検査キットの即時製造~実用の為に大枚を回した方が、将来的メリットも大きく成る事に成る」。

「何十回も培養するが故に{感度が良い}PCR検査」に「比べる」と

「抗原・抗体検査キット」は「信頼性が劣る旨」等を「大喧伝等するテレビ常連出演者等も居る」が

「PCR検査に比べて、圧倒的に手軽で結果が出るまでの時間もかからない抗原・抗体キットによる検査の場合」は

「医師等が必要と判断した場合に、

検体採取~移送~培養等故に、検査結果が出るまでに何日もかかっている場合も少なく無い、現行のPCR検査相応の時間を置いて、

もう一度検査するなら、その場で、より確度の高い検査結果が得られる事に成る」のは

「ウィルス自体が少な過ぎると検知が難しい検査キットによる抗原・抗体検査の場合」は

「人体内でのウィルス培養の時間を取るなら、PCR同様に成る」のだから

「ある意味、当たり前の事に成る」。

「何十回も培養するば故に、ウィルスの死骸でも感染力の無いカケラでも陽性にしてしまう程、{感度が良い}PCR検査」は

「検体採取時の手間もかかり、誤差も大きい検査法」に「他ならない」から

「医療現場の危険も負担も増える事に成る」し

「其の医療施設にPCR検査の機械や検査試薬や検査技師等が居ない場合」は

「其れらが在る場所に移送して培養して検知検査を行っている」。

「移送中に検体が変異させられてしまわない様にしなければならない」から

「移送の手間も相応にかかる」。

「総じて、費用面も含めて、医療・検査関連の負担を大いに増させ易い」のが

「不明ウィルス等を特定する場合には大いに有用に成るPCR検査の実態」だ。

「北朝鮮金政権等が、報復経済制裁工作を日本国内で行わせる為」等なら

「合理的に成るのが、PCR検査ばかり・・・の大推奨!情報工作~大衆マインドコントロール等に成る」が

「今後も踏まえた今時の順当な対応手段」なら「上記の様な内実に成る事に成る」。

「大阪府知事と政府の権限取り違え喧嘩」は

「直に収まった」が

「どちらにしても、多くの一般市民にとって基準が判り易い事が重要に成っている事」は「変わりが無い」。

「該当ウィルスの感染問題が、人為的では無い」のなら、

「封じ込めに失敗している今、出来る限り早く、

それぞれのところの市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率と肺炎致死者数の経時変化を

大衆周知する事で、

多くの人々が納得した上での対応自粛行動等の具現化を誘うべき」だ。

「該当ウィルスが中国共産党支配下のウィルス研究所からの漏れにせよ、

中国共産党による覇権掌握の為の自爆も含むソフトウィルス感染工作にせよ、

中国共産党の責任が追及されて当然の実態が其処に露呈している事に成る」。

「其の様な実態が事実」なら、

「中国が何十年も大赤字に成るレベルの経済的補償」か

「中国の民主化」を

「具現化させる事」等が「妥当に成る事に成る」のだから

「多くの中国国民(中国共産党員も含む)」は

「長年に渡る貧困生活を免れたい」なら

「民主化」を「早々に具現化するべき」だ。

「民主化して政権交代した」なら

「元凶は中国共産党だったけれども、今は無し!」で

「経済的補償が求められても、少々で済ませ易く成り」、

「世界中の多くの人々の納得も得易く成る事に成る」。

「賢明な漢民族等の方々等なら、既に、重々承知の事」だろうから

「其の様な方向への動きが具現化する時も近いかも」・・・。

「中国も民主化」と「成れば」、

「北朝鮮がどうなるのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「日本の中のお仲間や其の協力者共々、早々に、独裁支配の呪縛から離れ、

人類の未来をより明るくし易くする道を選択するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「最後にAIが勝つ!by韓」にも「思えてしまう古い曲」が

「幾度と無く、テレビ等からも配信されている」が

「戦後日本の情報・教育界の朝鮮色の強さ」は

「もはや、多くの視聴者・読者・生徒等も重々承知の事」だろう。

「日本なのに、変!」を「感じてたり、思ったり、している方々も多い筈」だ。

「其の中には、

独裁支配国系に属されているが故に、

他者支配・他者による被支配に邁進したり、させられたり、

他の人々にも、同様の事態を強いたり、している人々も未だ、数多い」。

「自由・民主主義圏の人々に対して、其の様な{強い}が有効に働く訳も無い」ので

「酷い場合には、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等まで行う事により、

無理やりにでも、其のスジの者たち等の不健常な思惑を実現させようとしている様相も露呈している」が

「もちろん、言うまでも無く、其の様な不健常な状態の是正は急務に成っている」。

「既に、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態も、

其の実行者や指令者等々、かなりの部分までバレている」から

「其れらを行い続けている者たち等には、既に、勝ち目が無い」。

「北朝鮮金政権等が核兵器等を今更どんなに保有しても勝ち目が全く無いのと同様」に

「行い続けるなら、先細り~消滅・壊滅と成る事を行い続けている無駄からの脱却による

本来の自分の人生の取得」が

「必要に成っている人間たちの数」は「未だ、決して少なく無い様」だが

「本来の自分の人生を取得出来る為に残されている時間も短く成って来ている事」は

「決して、忘れるべきでは無い事に成る」。

「例えば、公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等々で、変な事を言い続けて来ている者たち等なら、

もはや、其の実態が公然化している分だけ、是正も困難かも知れない」が

「其の様な立場に無い人々」なら

「是正するなら、過去の罪が問われなくて済む様に成る可能性も決して小さく無い場合も少なく無い」と

「推定出来る」。

「是正した者勝ち!の世界」が「其処に露呈している事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」で

「本当に、不思議な事」は「日本の感染致死者数が少ない事」だ。

「専門家会議のクラスター対策が効いた」との「説もある」が、

「どう考えたって、全ての感染源が押さえられている訳も無く、

東京圏の通勤電車等の実態や、中国も含む世界中からの人々との大いなる交流実態からしても、

感染者自体が感染研知者数相応に少ないとはとても考えられない」。

「実際の感染者数」は「感染検知検査数の十倍~のレベルに成っている事」が「強く推定出来る」のに

「致死者数は、世界レベルで考えると、本当に少ない」。

「日本の医療が良い面も当然ある事が推定出来る」が

「其れにしても、少な過ぎる」。

「考えられる事」は

「年間約十万人レベル(日々約273人レベル)にも成る、肺炎致死者数の中に、

検査により検知されていない該当ウィルスによる致死者も凪レ込まされている事

(此の場合なら、抗原検査キットで全ての肺炎致死者を検査すれば本当の事が判る事に成る)」と

「多くの人々が、該当ウィルス、或いは、該当ウィルスの同類に対する免疫・抗体等を保持出来ている事」等に「成る」。

「極一部の抗体検査の結果によれば、其のところで検査した人々の抗体保持者割り合いが約1割程度だったらしい」が

「市中免疫・抗体等保持者率の{調査}と其の結果の大衆周知」が「未だ無い現状」では

「未だ、本当の実態も霧の中状態」だ。

「該当ウィルスが北朝鮮金政権等のウィルス工作兵器で

感染実験で症状が出なかった者が不適応分子再教育上で武漢での外貨稼ぎ労働者にされていた」なら

「同様のウィルスの前の世代のモノの感染実験が、日本や韓国の中でも行われていても何の不思議も無い事に成る」から

「其れ故の免疫・抗体保持者割り合いが高かったが故に、該当ウィルスによる致死率も低い事」等が

「考えられる事に成る」が

「米国CIAが複数の証拠まで持って中国共産党ウィルス研究所製を大喧伝している、そのままの事実」が「本当」なら

「其の様な可能性は低く成る事に成る」。

「北朝鮮金政権等の手下や其の協力者等が日本国内で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている事は事実」だから

「北朝鮮製の同類のウィルスの感染実験が日本国内等で在った可能性は、否定出来無い事にも成るが」・・・。

「SARSウィルスの毒性を弱め、感染力を高めた様なウィルスの特性からしても、

SARAウィルスからの変異ウィルスを創り出す事も含めて研究し、

其れを工作兵器として実用出来るか?否か?を感染実験工作等で検証する事等を

行わせる事が出来てしまう、

独裁政権国家等」なら

「該当ウィルスや其の同類のウィルスの生みの親&感染実験等実行者としての資質がある事に成る」。

「此の様な可能性を無くす為」にも

「全ての国々の民主化(政権交代があるので、非人道的な事等は行い辛く成る)が必需に成る」。

「未だに、独裁政権は、もうダメ!な時代に既に成っている」のが

「今時の人間世界の実態に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「収拾の基準問題」と「中国共産党ウィルス研究所からという正体」と「旺盛化している日本国内の非人道的な工作活動等の関係」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事