« 新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体探究よりも海外の感染問題等の大喧伝」等の状態では・・・。 | トップページ | 「新型コロナウィルスの実体も実態も???のまま要請解除や第二波に備えて、では問題」と「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題」等・・・。 »

「新型コロナウィルス問題、正体探究無き、症状{脅し}!」や「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題ダシの反現政権政治運動」等が旺盛な様相だが・・・。

『「該当ウィルスの日本での感染実態も被害実態も疑問だらけ状態」なのに「其の解明等を十分に行おうとせず、

肺炎以外の症状等を大喧伝する{脅し}!等には本当に熱心な様相を露呈・・・」では

「いったい何処の誰の為の公共の電波を使った情報配信なのか?」等も

「大きな疑問に成る事に成る」。

「其の様な情報配信実態を露呈しているテレビ等」では

「検事長と新聞記者等が賭けマージャンをした」という「暴露が得意な週刊誌等の記事情報の前暴露」を「ダシ」に

「任命責任!等々と、現政権を批判・非難する政治運動等」も

「大々的に行い始めている」。

「戦後の日本社会の中には、確実に北朝鮮金政権等の下に在る状態の人々や其の協力者等も少なからず居る」が

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の様な独裁政権にとって」は

「其の存続の為に他の国・国民も含む世界中の全てを支配下に置く事が必要に成り」、

「実際に、戦後の日本国内に数多くの手下や協力者等に出来る人々が居る北朝鮮金政権等」は

「拉致工作まで含む、日本乗っ取り支配の為の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

連綿と行い続けて来ている」。

「もちろん、其の中には、情報・教育工作も政財界工作も在る」が

「今回露呈した、検事長と新聞記者等の賭けマージャン{仕込み}」や

「其のメディア暴露」等も

「其の氷山の一角である可能性が大きい」。

「そんなモノに踊らされて、

北朝鮮金政権等の手下情報機関状態かも知れないテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内実等に操られてしまう状態の

日本国民の数が多い」なら

「北朝鮮金政権等による日本国・日本国民乗っ取り支配工作等も容易に成ってしまう事等」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「中国共産党の覇権掌握工作の一環としての

新型コロナウィルス感染問題による米軍空母等の弱体化につけ込んだ

尖閣諸島近海での日本漁船等に対する大圧力がけ{工作}」も

「独裁政権による支配圏拡大工作の氷山の一角」に「他ならない」が

「そちらを声高に訴える事が出来ているテレビ等」でも

「日本の中ではより旺盛な北朝鮮金政権等による支配圏掌握工作等にとういては、圧殺・黙殺状態」と

「まるで其のお仲間か、協力者の様な実態を露呈し続けて来ている」のが「実態」だ。

「そして、其の様な実態を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や、反対、もしくは審議拒否野党等は、

皆、反現政権政治運動等に異常な程熱心な実態も露呈し続けて来ている」。

「戦後~現状までの日本社会」は

「日本乗っ取り支配側と

其れを拒否し今時の人類としての当たり前を求めている側に

二分して来ている」が

「昨今、其の境界線がより明確に成り続けて来ている』のは

「乗っ取り支配を仕掛けている元が危うく成り続けて来ているから」でもあり、

「日本国内の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等がより強化され続けて来ているから」でもあり

「該当ウィルス問題により、更に、其の傾向が増しているから」でもある。

「既に、多くの日本国民が、{政権交代}の無いテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等には操られない、

自由・民主主義国の民としての必要十分な民度を持てている筈」だが

「未だに、公共の電波を使ったり、公共レベルの大マスコミ上からだったり、

大上段に構えられて、堂々と正義ぶり、優等生ぶった{偏重・偏向}論等を、分り易く丁寧に情報配信される」と

「詐欺師に騙される如く、其れこそが{真実}!等と勘違い・思い違いさせられ、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に操られてしまう、民度が十分に高く育つ事が出来ていない人々も

少々は居る様で、

其の割り合いが概ね数%レベルである事等は、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による{大衆誘導の効果を確かめる為}にも有用に成る世論調査の動き等からも良く判る」。

「独裁政権側と自由・民主主義側のどちらが勝者に成るのか?」は

「既に、決まっていて、其れが自由・民主主義側に成る事」等は

「個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「特定極一部の人間たちが他の人間たちを支配する」のが「独裁支配圏の実態」だが

「其処に在るのは、

自己健常支配の代償欲求に他ならない他の者・物・事支配と

其れを成り立たせる為に必要に成る他の者・物・事による被支配を

過剰追及させ続ける状態」で

「其の実体」は「はっきり言うなら、精神的に病んでいる状態に他ならない」。

「人間も含む生物には自己健常化本能が在る」から

「実際は、人類も誰もが、場合によっては無意識の底レベルからの、自己健常化欲求を持っていて、

其の健常欲求を意識レベルで具現化させる事が出来易くする様に、人生や人間社会を構築して行く事こそが、

自虐を抑えたやり方に成る」。

「其の様な根本からの整合性を取る」なら

「独裁支配体制との整合性の悪さ等は、もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「上記の様な、所謂、文系学問の基本中の基本の一つである

自分の実体や其の実体の根本的目的からの整合性を取った精神構造・精神文化の進歩・進化さえも、

学校教育上では教えられていないし、覚えさせられてもいないから・・・と、無い事にし続けたがっている」のが

「独裁支配圏の手下や協力者等の状態に自らを置く事等を是としてしまっている人間たちの

ある意味、哀れで、お気の毒に成る、酷く、劣悪な実態に成る」。

「もちろん、そんな状態下で人生を送っていたところで、其れが本来の自分の人生である訳も無く、

今時の地球上で生きている人類として求められている役割りも遂行出来ている訳も無く、

多くの場合、其の邪魔をしている状態に成っている」のだから

「全地球の無意識や宇宙の他の生命体等からすれば、其れは、正に、解消、もしくは、駆逐すべきモノに他ならない事に成る」。

「地球生命体細胞群の無意識に任せる」なら「人類滅亡に成り」、

「宇宙の他の生物に任せる」なら「地球消滅もあり得る実態」が「其処に露呈している事に成る」。

「独裁体制側が例え、他の人類等を支配出来たところで、やって来るのは人類滅亡か、地球消滅に成る」のだから

「独裁体制側に勝ち目は在り得無い」。

「人類としての精神構造・精神文化を健常に進歩、正常に進化させ続けて行く」なら

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及するのでは無く、

自己健常支配を軸として、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続に貢献する健常な仕事・生活等をし続ける事と

免疫を養う程度、遊び程度の自己不健常制御や不健常生活・行動等が、

当たり前に成る」。

「何事でも大局が重要」で

「小悪事等を大問題化する、させる事により、大局をあらぬ方向にする、させる事」等は

「絶対に行わせてはいけない事に成る」。

「大局をあるべき方向に動かしながら、小悪事等は原寸大で是正させたり、処理したりする」のが

「健常なやり方に他ならない」。

「小悪事を大悪事であるかの如く大喧伝した」なら

「其の時点で、其の情報配信者や教育者等は疑った方が良い事に成る」。

「大局は、誰もが判る筈」だ。

「独裁支配圏の民に成る事を是とするのか?否か?」

「精神構造と精神文化の健常進歩・正常進化に背いているのか?否か?」

「小悪事を大悪事の如く大喧伝等しているのか?原寸大の扱いをしているのか?」等々を

「検証する」なら

「マスメディア等の常連出演者や常筆等や学校教師(教授等も含む)等の論や意見等の正当性や不当性等」も

「判り易く成る」』。

『「該当ウィルス問題」でも

「肺炎以外の症状を大喧伝して不安を煽っている状態の情報配信等も未だ在る」が

「肺炎以外の症状の多くは、血栓による心不全や脳梗塞等、ストレスが原因にも成り得るモノでもある」のだから

「公共の電波等を使って、不安を煽る情報配信等を行う事」は

「其の様な症状を引き起こし易くする視聴者等の数を増やさせる、{粛清}工作等を行っている様な事にも成ってしまっている」。

「感染自体を大問題化し、させ、差別や問題行動等を誘ったり、

鼻や喉の奥に綿棒を突っ込んで粘膜を削る該当ウィルスの深部感染を助ける実効もある事等が容易に推定出来る、

本格感染に至っていない粘膜レベルで該当ウィルスを体外に排出させようとしている状態の人々でも陽性に出来てしまっている可能性大の、

PCR検査を大推奨していたのと同様」に

「該当ウィルスによる実害を増大させる為の{情報工作}等の様相」が

「其処にも露呈している」等と

「感じたり、思ったり、させられている状態の視聴者等の数も多い筈」だ。

「さすが(もちろん、皮肉)、北朝鮮金政権等による日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等を圧殺・黙殺状態にしているテレビ等」と

「感じたり、思ったり、している視聴者等の数も多い筈」だ。

「其れでも、{政権交代}も無い戦後日本の情報・教育界等では、

同じ人脈の者たち等が其の人脈ご用達の情報・教育等を

東西冷戦が遥か昔に終わっている今日でも、

連綿と行い続けている様相」で

「そんな日本国内の情報・教育等から元気をもらっているのが、

日本国内に居る北朝鮮金政権等の手下、或いは、お仲間や其の協力者等のスパイ・工作員等の様相」なのだから、

「いったい、多くの日本国民の為の情報・教育は何処???状態」で

「日本の公共の電波を使っていたり、公共レベルのマスコミだったり、学校教育だったり、している」のだから

「其の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「検察庁法改正」は「先送り」でも

「妥当な人間が検事総長等に任命されるなら、基本的に、大きな問題は起き辛い事に成る」。

「賭けマージャン{工作}にハメられてしまった様相でもある検事長等は、

辞める事に成って当然に成る」が

「賭けマージャン{工作}と其の暴露{工作}を不問にしてはいけない」。

「むしろ、其の辺りをキッカケに、

日本国内で行われ続けて来ている非人道的な場合も多いスパイ・工作活動等の問題を

一気に大衆周知すると共に、其の解放法等を構築し実践する事等が合理的に成る」。

「現政権等を弱体化させる事等よりも、遥かに重要に成る、マスメディア等としての本来の仕事」が

「其処に露呈している事に成る」』。

『「筆者の酒豪住宅内」では

「大気工作も未だ、旺盛」だ。

「同じ臭いのする何かが出されている、窓や換気扇の前は早く通り過ぎる様にした旨記した」が

「何と、排出されて来る何かが増やされたり、換気扇の風が強くされたり、と、

相応の{工夫}をして来ている」。

「集団工作員等の一部等と推定される者たち等の居場所や顔や風体等が、どんどん明らかに成って来ている」のに

「未だに、不健常な工作活動等を行い続けさせられている様相」は「ある意味、本当に、哀れ」だ。

「一刻も早く、負けが決まっている大元から工作員等自身を解放するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体探究よりも海外の感染問題等の大喧伝」等の状態では・・・。 | トップページ | 「新型コロナウィルスの実体も実態も???のまま要請解除や第二波に備えて、では問題」と「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事