« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「???な結果の抗体検査や解除基準等」と「テレ朝昼番の正体探究」等・・・。 »

「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。

『「公共の電波ばかりでは無く、ゲイノウ人等有名人も利用した、反現政権政治運動等」は「健常な民主主義状態を大きく損ね易くもしてしまう」から

「ナチス・ヒトラーの歴史に学ぶ」なら「禁止されていて当然の事に成る」。

「検察庁法改定問題」でも

「コロナウィルス問題で大変な時にやる事か!」等の

「最初から論理破綻している{如何にも、さもありなん論}が前出しにされていたりする場合も多い事から」も

「多くの口出しゲイノウ人等や反対野党等」が

「今、何故、法改正する必要があるのか?」等を

「ロクに理解・把握等出来ていないか、理解・把握等出来ているなら、確信犯の悪状態に成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「コロナウィルス問題等、重大問題が在る中、他の政治は止めろ!」というのが

「暴論や愚か論でしか無い事」等は

「冷静に考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事」だろう。

「では、何故、今、検察庁法の改定が必要に成っているのか?」

「民間に定年延長が求められたのは、少し前だが、民間も定年延長なら公務員も定年延長!」は

「当たり前の話し」であり

「其の積み残し是正」を

「少子高齢化が激しい昨今の日本社会の中で、長々と行わない事」等は

「明らかに不当な事に成る」。

「また、昨今の様に世界情勢が激しく変動している時へ対応する為」には

「ある程度、時の政権による融通を利かせる事が出来る様にした方」が

「国としての危機管理にも齟齬が生じ辛くする様に出来る事に成る」。

「其処で明らかに変な事を行う政権」なら

「次の選挙時には確実に政権を失わせる事が出来るのが代理制民主主義の良いところ」だから

「政権による裁量権をどの程度まで拡げるのか?」と

「世界情勢」には

「大きな関連性が在る事にも成る」。

「此の辺りの実状を全く無視」して

「井戸の中の蛙的、優等生論・正義論等を構築する」なら

「簡単に、反対野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等と同様の論こそが良い!等の感や思い等を抱けてしまう状態に陥る事に成る」が

「其れこそが、愚民状態に自らを陥れている実態に他ならず、

政権与党では無いので野坊主に好き勝手が言えている状態の反対野党等やテレビ・ラジオ・マスコミ等の論等に

操られる状態の愚民」なら

「独裁支配圏の民の様にする事も容易に成る事に成る」から

「其の辺りの臭いを感じている人々」なら

「此の{政治運動}流れ」からも

「日本を従北政権化する為の政治・社会工作等の臭い」等が

「相応に強く感じられている筈」だ。

「火事場泥棒!を大喧伝等する者たち等」は

「先の大戦で日本が敗戦した事につけ込んだ{火事場泥棒}をいったいどの様に捉えているのだろうか?!」

「日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}!は追及せずに、

現状の国会での法整備に対して、火事場泥棒!呼ばわりする事の

酷く、劣悪なダブルスタンダードには、呆れている人々の数もかなり多い筈」だ。

「因みに、日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}!が戦後日本の法律の中では、時効扱いとされ、不問にされる状態に成っていても、

其の後の、{火事場泥棒資産・財産}を利用し、

戦後日本の法・摘発体制等の脆弱性に付け込んだ、

非人道的なスパイ・工作活動等は

正当化出来る訳の無い事に他ならない」が

「其の辺りへの追及もロクにして来ていない、

ばかりか、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等の方を庇ったり、手伝ったりして来ている」のが

「多くの火事泥棒!喧伝の者たち等の実態に成る」。

「其の元凶が、

朝鮮半島の南北分裂と、北朝鮮側の血統や人脈の先に在る、

北朝鮮金政権等による命令・指令等に成る事」等は

「もはや、公然の秘密状態」だが

「日本を従北政権化する為」なら

「現政権は、倒した方が良いのか?否か?」等を

「考える」なら

「多くの人々が、今回の検察法改定問題をダシにした、

ゲイノウ人等有名人まで{利用}している{政治運動}等の

本当の目的や目標等」にも、

「感や思い等が至る事に成る」。

「上記の様な、{全体像}も考慮の上で、

尚、未だに、現状の世界情勢と代理制民主主義の中の検察法の改定に本気で反対等している」なら

「其れは、人脈や血統や思想信条や贔屓社会体制や政治指向や思想信条等を露呈している事にも成る」。

「人間社会が健常進歩・正常進化方向に動く」なら

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る」のは

「独裁支配体制等をヨシ!とした人々に成るのか?」

「自由・民主主義社会体制等を良し!とした人々に成るのか?」は

「もはや、論を待たない事」だろう。

「一時の、多くの場合、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が創り出している、

ムード等に操られて、多くの人々が愚民化してしまう」と

「どんな事態に陥るのか?」等は

「例えば、かつての民主党政権時等を振り返る」なら

「多くの日本国民が実感を持って理解・把握出来る事に成る」。

「選挙の在る政界では、民主党政権からの政権交代も実現した」が

「選挙も無い戦後日本の情報・教育界等」では

「未だに、多くのところで、旧東側人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「其れらの者たち等ご用達論」に「自らを操らせる事の自虐性」等は

「もはや、多くの日本国民が重々実感済みの事の筈」だが

「まるで、詐欺師の様に巧みに人々を操る者たち等は、

人々を引っ掛ける{道具}を次々と替えながら、

実質的には、多くの人々が反現政権~親旧民主党等と成る様に{誘導}し続けて来ている」。

「今時の公共の電波や公共レベルのマスコミの本来の役割りは、実体や事実・現実に基づいた情報の原寸大配信であるべき」なのに

「戦後日本の情報・教育界等では、

未だに、

日本の政権を朝鮮や中国共産党等にとって都合の良い政権にする為の{政治運動}等が旺盛なまま・・・」だ。

「現政権の問題より遥かに深刻で重大な問題が其処に在る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型とされているコロナウィルス問題の情報配信等にもかなり変なところが多々在る」。

「先ず、該当ウィルスの正体が実質的に不問にされている事は、明らかに変」だ。

「もし、米国トランプ政権が言う様に、該当ウィルスが中国共産党のウィルス研究所等からの流失や散布工作だった」なら

「該当ウィルスが{長生き}な事の理由も良く判る事に成る」のは

「人為的製造物にせよ、人工的製造物にせよ、ウィルス工作兵器として創るなら、持ち運んでも簡単に死なない方が好都合に成るから」だ。

「ウィルスを人工的に創り出す事には、相応に高いハードルが在る」が

「ウィルスを人為的に創り出す事は、其れこそ、北朝鮮でも可能な事に他ならない」。

「例えば、SARSウィルスを保有しているコウモリ等をある程度以上の数飼育し、グループに分け、

それぞれのグループに、普通なら食さないエサを与えたり、電磁波や放射線塔を当てたりし続け、

ウィルスを採取して検査し、

変異が在ったなら、其のウィルスを培養すれば良いダケ」だ。

「培養したウィルスの感染実験を行いたく成っても当然に成る」が

「非人道的な事も平気で出来てしまう体制でもある独裁支配圏の国々等なら、

不適応分子を使った感染実験等も容易に行える事に成る」。

「感染実験により其のウィルスの毒性等が確認出来た」なら

「其れを使用した戦略等が考えられても当然に成り」、

「例えば、

中国共産党の覇権掌握工作の為には使えないか?」とか

「北朝鮮なら、報復経済制裁工作の為に使えないか?」等々の

「目的が考えられ、其の実行手段等も考えられていて当然に成る」。

「実行した時に、直に犯人扱いされる事を防止出来無ければ、作戦の実行は不可能に近い事に成る」ので

「例えば、先ずは、自国民を犠牲にして、其れから・・・等々の作戦も考え出せ、実行出来てしまうのが、

独裁支配政権等の実態で、

今回の世界中の該当ウィルス騒動も、

其の辺りの具現化である可能性」が「決して低く無い事」等は

「其の感染の拡がり実態等からも、

冷静に少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「該当ウィルスの感染~実害の実態」は

「世界中のモノが報道等されている」が

「特徴的なのは、日本の感染実態」だ。

「中国武漢付近での自然発生やウィルス研究所等からの流失」なら

「物理的距離からも、人の交流の実態からも、日本での感染の拡がりは、欧米諸国より前で当たり前に成る」が

「最近、少々発表された日本の{低い}抗体保持者割り合いと感染問題当初の{低い}感染率等から判断する」と

「日本での該当ウィルスの感染流行は、欧米諸国より後に成る事に成る」。

「此の変な事態」を

「合理的に説明出来てしまう事に成る」のが

「ウィルス工作の場合」だ。

「習首相の訪日が決まっていた」から「日本では、工作を薄く・・・」なら

「感染当初の日本の感染率の{低さ」も合理的に成る事に成る」。

「其の辺りも探究していて当然に成る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の筈」なのに

「中国共産党や北朝鮮金政権等と親和性が高い者たち等が高い実権を保有し続けて来ている場合が多い」からか

「圧殺・黙殺状態が続いている」。

「もし、該当ウィルスが工作兵器だったなら、想定外かも知れない事」は

「該当ウィルスの変異が意外と怒り易い事」等に「成る」。

「変異前の該当ウィルスに対するワクチン等は準備済み」でも

「変異語のウィルスに其れがどの程度効くのか?」は「定かでは無い」。

「中国共産党の発表でも、抗体保有に対しては、意外な程、其の実効を低く喧伝等している」。

「効く筈だったワクチン等が虚しく終わってしまった事態等の存在も疑えてしまう実態が其処に露呈している事にも成り得る」から

「本来だったら、ワクチン既に摂取で死なない筈なのに、死んでしまった重鎮の存在等が在るのかも知れない」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体探究は外せない重大情報に成る」のに

「ロクに探究して来ていない場合が多い」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「自然発生ウィルスでは無い場合」なら

「当然、製造物責任や管理責任や工作責任等々が付いている事に成る」し

「本当の実効を持つ対策も、自然発生と人為的・人工的製造では変わって来る事に成る」。

「其の辺りを言わない事は、本当に変」だ。

「直にでも是正すべき実態が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「抗原検査」は「さすがに、言われ始めた」が

「未だに、PCRより{劣る}イメージ付き」だ。

「検査時間の短さも、検査にかかる手間や費用等も、圧倒的に抗原検査キットの方が優れている」し

「大問題のイメージで喧伝されている検査精度等でも、実質的にはPCRと大差無い」から

「PCR検査を二度行う様に、抗原検査も二度行う」なら

「実用上でほとんど問題の無い事に成る」。

「因みに、専門家会議のお方の論」では

「市中感染率は、病院に行って検査を求める人々の感染率より低くて当たり前の旨だった」が

「其の基準で言うなら、現状の東京の市中感染率は7%以下に成る」。

「しかし、例え、7%の半分の3.5%の市中感染率だったとしても、1千万都圏なら35万人もの感染者が居る事に成る」。

「僅かに行われた抗体検査では、東京圏では、6~8%の人々が保有との報道等も在る」が

「両方合わせる」と「約1割もの人々が既に、感染、もしくは感染~抗体保有済みという事に成る」。

「其の割りには、感染致死者の数が少ない」のは「日本の医療・治療が優れているから」とも「推定出来る事にも成る」し

「専門家会議等の提言を基に政府等が行って来ている現状までの該当ウィルス対策が合理的だった事も示唆している事にも成る」。

「其の辺りの実状から、該当ウィルス問題の実害実態も在る程度判る事に成る」。

「新たなウィルスとされている該当ウィルスの場合」は

「感染しても無症状・軽症で済む場合も多い」が

「重症化してしまうと、専用の治療薬も治療法も無い」から

「感染者の体力・精神力等次第に成ってしまい易い」。

「其れでも、日本の場合は、重症化者対応が相応に出来ている」ので「感染致死者数は少ない」が

「該当ウィルス対策として重点を置くべき事は、重症化を避ける事に成る」。

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が重症化し易い事」は「既に、判明している」し

「若い年齢層の人々で免疫学的弱者状態でも喫煙者等肺が不利な状態でも無い人々なら、

感染しても重篤化してしまう場合は、

其れこそ、交通事故に合ってしまうレベルの確率に成る事」等も

「既に判っている」。

「ワクチンが実用化されるまでは、

感染抑止に実質的に有効に成る手段は、免疫・抗体の保持に他ならない事に成る」。

「感染者等隔離や人と人との接触を減らす策」は「感染の先送りは出来ても、感染自体を防ぐ事には直結していない」。

「避けるべき」は「重症化」であり「感染自体では無い」のが

「ワクチンが無い現状の実態に成る」が

「どうすれば、重症化を防げるのだろうか?」

「ウィルス感染~免疫構築の道筋」としては

「毒性の極めて低い、或いは無い、ウィルスを深く摂取する事による、ワクチン等による手段」が

「理想的に成る」が

「ワクチンが無い現状」なら

「浅い感染~体内でウィルスが増殖するに合わせた免疫・抗体等の取得」が

「合理的に成る事に成る」。

「該当ウィルスの場合」は

「エアロゾル感染と飛沫感染が危険度が高く成る」のは

「エアロゾルにしても飛沫にしても、呼吸塔により、直接、身体の深部に到達してしまう可能性が高いから」だ。

「特に、運動したり、大声を出したりする事等により、深い呼吸をしていた場合」には

「一気に大量のウィルスが深部にまで達してしまう可能性が高く成る事に成る」。

「感染したウィルス自体」は「人間の生体異物・有害物等排出サイクルに載り、内から外へと出され続ける事に成る」ので

「呼吸だけでは無く、便や尿でも、汗や涙や鼻水や唾液等々でも、皮膚の垢でも、出されているウィルスが入っている場合が在る事に成る」。

「しかし、該当ウィルスの場合」は

「徳に、肺や気管や鼻奥や口の中等々、呼吸と繋がりが強いところの細胞への感染を好む傾向が強い」ので

「其の辺りからの排出物には、多く存在し易い状態が在る事に成る」。

「血管内でも悪さをする旨の報道等もあった」が

「ウィルス存在割り合いで言うなら、呼吸関連の場所とは桁違いに低い割り合いで在る事等が推定出来る」が

「ゼロでは無い事に成る」。

「理論的には、接触感染による少な目のウィルス感染を鼻先にでも感染させるなら、疑似ワクチン的に使える可能性もある事にも成る」が

「もし、そんな事を試す場合には、自己責任に成る事」等も「言うまでも無い事に成る」。

「感染して、生体免疫システムが反応するなら、引っかいたりしていなくても、炎症反応が出る事に成る」ので

「鼻先が、赤く成ったり、痛く成ったり、する筈」だ。

「其の御は、余分な感染を避ける事が合理的に成る」し

「十分な免疫・抗体等が構築される前に、大量・深部・長時間等、重症化し易くて当然に成る感染をしてしまっては、

元も子も無い事に成る」。

「感染してもほぼ大丈夫な状態の人々が感染を期にしない」のは

「解る」が

「だからと言って、深部・長時間・大量感染をして、重症化してしまっては大変な事に成る」。

「浅く、緩い、少量の感染で、免疫・抗体等を構築出来てしまう」なら

「該当ウィルスの感染自体は{無償のワクチン}にも成り得る事に成る」。

「抗原検査キットに続いて抗体検査キットも早々に実用化されるべき」だし

「其の方向で動いている筈」だ。

「検査は、抗原検査キットと抗体検査キットによる検査を主流にし、PCR検査は押さえとして必要な場合に・・・で十分な筈」だ。

「現状での東京圏の感染実態」は

「感染率と抗体保持率が報道等されている通り」なら

「相応に感染が拡がっている事に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体保持者率と感染も免疫等も無い人々の力関係を表した球体引力関係図」と

「市中の状態を表した人型状態ごと人数割り三色図と、其の色合計の信号図」を

「経時変化と共に、マスメディア等で大衆周知する」なら

「該当ウィルス問題の現状の実態の理解・把握を、多くの人々が直感的に行い易く成り、

理解・把握出来た実態との整合性が高く成る合理的な対応行動等も自主的に素直に具現化し易く成る」。

「{政治運動}等を行っている暇がある」なら

「実態・実体把握が十分に出来ていないが故の不安・恐怖心・ストレス等や其れ故の差別・問題行動等の具現化等を

除去する事に有益に成る、

原寸大の実態・実体把握を助ける情報配信等を行うべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「???な結果の抗体検査や解除基準等」と「テレ朝昼番の正体探究」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事