« 新型コロナウィルス問題、「感染{検知}者数偏重状態の是正は何時?」等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 »

サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス第二波{脅し}!」や「検察法改正反対{政治運動}」等を公共の電波を使って行っていた様相でもあったが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの特性」等は「徐々に判明して来ている」。

「感染・抗体等検知検査の検体を取る」なら

「該当ウィルスの量が多い唾液」が「適切に成る」のは

「該当ウィルスが好む人体感染場所が鼻・口~喉~肺等であり、

人体の異物・有害物排出が内から外へ」で

「口や肛門・小便排出器官等多くの排出物が在るところからの排出が多くて当然に成る」から

「其の中で鼻~肺等にも近く、検体採取も容易な唾液からの検体採取が合理的に成る事に成る」。

「献血者血液からの抗体検査」で

「他の抗体検査実態とは全く違い、検査意外な程、抗体保有者割り合いが低かったり、

該当ウィルスが無いとされている頃の保存血液でも陽性が出たりした」のは

「使った抗体検査キット自体の問題もあるかも知れない」し

「検査時の問題もあるかも知れない」し

「献血血液使用というところに其の原因が在るかも知れない」し

「疑陽性の疑いもあるかも知れない」が

「抗体も少なくとも感染中は人体内で問題と成っているウィルス等の在るところに集中し易い事」や

「該当ウィルスと遺伝子的に同様のウィルスが日本には依然から在った事」等を

「示唆している様にも思える」。

「筆者の知る限りでも肺炎に成った高齢患者の検査」で

「不明ウィルスとされたウィルスが検知された事」が

「2~3年前にもあった」が

「其の不明ウィルスも該当ウィルスの同類だった可能性が在るのでは・・・」等とも「考えられる」が

「其処からの流行は発生していない」のは

「病院内で隔離され、医師・看護師の方々の診察・看護等の時も面会時も手の消毒とマスクと防護服の着用が求められていたから、かも知れない」。

「其の様な事実」からも

「既に、同様のウィルスが存在していても、何の不思議も無い事」等は「容易に推定出来る事に成る」。

「実用面でのメリットが大きい抗原検査と抗体検査も、

何度も培養するが故に

ウィルスの死骸でも

本格的感染以前のウィルスが粘膜に乗せられて排出されているダケの状態の人々のウィルスでも

検知{可能}な{感度の良い}PCR検査」も

「該当ウィルスについて」は「検体採取場所は基本的に唾液」が「適切に成る」。

「検体採取時の誤差まで入れるとPCR検査の信頼性確度は約60%レベルと考えられる」が

「唾液採取にする」なら

「検体採取時の信頼性確度がより高く成る事」は「容易に推定出来る」。

「検体採取時の違いが実質的に無い様な状態」で

「感染している人々のウィルス量の多いところからの検体採取」なら

「抗原検査も抗体検査もPCR検査も其の信頼性確度には大差無く成る筈」だ。

「感染が終わった後」は「抗体は基本的に用済みに成る」ので

「感染が終わった後の抗体検査について」は「血液中でも唾液でも同様に成る事が推定出来る事に成る」が

「人体生理として再感染のリスクに備えて前に大量にウィルスが在った場所に抗体も居残り易くなる仕組み等が在る」なら

「唾液検体の方がより検知し易く成る事に成る」。

「何れにしても、十分に多数の抗原検査(調査)と抗体検査(調査)を行う事により、

該当ウィルス問題の日本国内の実態を判り易く大衆周知する為の基本データを得る事」は

「非常に重要な事に他ならない事に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保有者割り合いの基本データが在る」なら

「例えば、其れに、感染も免疫等も無い人々の割り合いを加えた色付き三球図と

色を合計した信号図の経時変化図等を其の地域ごとに作り出す事は容易」で

「其の大衆周知により、多くの人々の該当ウィルス問題の其の時其の地域での実態が直感的に判り易く成る事に成る」。

「ウィルス問題が無い時」とは「色で言うならどんな色に染まるか分らない白の状態」で

「其処にウィルスの毒性に合わせて、黒(強毒)~赤(中程度毒)~の色が加わり」、

「感染流行が始まった段階」で「白色は黄色にされて当然に成り」、

「黄色が赤や黒に近づけば近づく程、感染問題が深刻な事に成る」し

「赤や黒の中からやワクチン接種等により青もしくは緑の色が加わる状態に成る」と

「赤の場合の光の三原色なら次第に白色に近づいて行く事に成る」し

「黒の場合なら灰色に近づいて行く事に成る」。

「あるウィルス感染問題の終焉は、白色や灰色の状態で表される事に成り、

色が付いている間は、色相応の感染問題の深刻さが判る事に成る」。

「実際の深刻さレベルが判り、其のウィルスの正体もある程度以上判る」なら

「合理的に成る対応行動や規制等を具体的に示す事等も容易に成る」から

「それぞれの色の状態に合わせた合理的に成る対応行動や規制等を大衆周知する事」等も

「容易に成る事に成る」。

「第二波が来るゾ~!{脅し}等を行っている暇がある」なら

「上記の様な大衆周知の具現化を行おうとしていて当然に成る」のが

「日本のマスメディアの現状の筈」だ。

「{脅し}!」や「気を緩めるな!指令・命令!」等「では無く」

「大衆の該当ウィルス問題に対する実態・実体把握に基づく合理的対応行動等の具現化が無ければ成り立ち得ない」のが

「自由・民主主義社会の当たり前」に「成る」。

「人間は実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて落ち着く事が出来る」。

「落ち着きの先で生み出される対応行動等」には「頑張りは要らない」。

「必要に成っている事を当たり前に遂行するダケ」で

「其れをリラックスして行おうが一生懸命行おうが、其れは人それぞれの自由に成る」。

「独裁支配圏なら支配下の人民等は飼い犬の様なモノとして扱う事も可能に成る」から

「ハウス!でも命がけで治療しろ!等々でも出来てしまう事に成る」が

「其れが、21世紀の人間社会で適切な事に成るのか?」は

「もはや、論を待たない事に他ならない」。

「該当ウィルス問題を実害・実益基軸で考える」なら

「感染致死者という重大実害を出来る限り抑制する事」と「同時」に

「免疫・抗体等保有者という実益」を「出来る限り小さな負担でより多く創り出す事」が

「重要に成る事に成る」。

「感染とPCR検査基軸で、不安・恐怖心・ストレス等煽りのマスメディア情報配信等を横行させ続け、

実質的には、差別や問題行動等や免疫力の低下等々を招き続ける事の罪」は

「本当に大きく、其の実害も多大に成る」。

「該当ウィルスによる経済的損失」は

「世界レベルでは{日本の経済が消失するくらい!}等と嬉しそうに表現していた」のが

「サンデーモーニングの実態だった」が

「経済問題を言う」なら

「この際、現行人間社会・経済システムと人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性の検証でもすれば良い」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が置かれている今の立場の筈」だ。

「重要な事は、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続を可能にし続けて行く事であり、

其の根本的実務との整合性が

現行の人間社会・経済システム等とどの程度あるのか?を

検証する事」だ。

「多くの人類」が

「自分の実体も其の実体の根本的目的も???のまま、

代償欲求の過剰追及に生きる」なら

地球環境破壊も人間同士の対立や分捕り合戦等々も当たり前に成ってしまう」が

「自分の実体に素直に其の実体の根本的目的である存続~永続を実現し易く成る様に生きる」なら

「本来欲求の健常充足を基軸とした地球環境破壊度も低い人間同士の争い等も少ない状態が当たり前に成る」。

「そもそも現状までの経済や人間社会等などは、

人類が勝手に決めて、

其れで良いという大衆合意を、時には無理やりにでも取り付けているダケ」で

「いわば、天動説状態のまま・・・」だ。

「地動説的に考えた上で、人間社会・経済システム等を再構築し実用する事が既に求められている」のに

「該当ウィルス問題が起きても、未だに、天動説状態の現状までの人間社会・経済システムの上での解決を図ろうとし続けている」。

「そんな事をしている内」に

「どんどん自分の実体や其の実体の根本的目的と整合性の在る状態から離れて行ってしまうのに!」

「そして其の行き着く先は人類滅亡、もしくは、地球消滅等に成ってしまうのに!」

「該当ウィルスが人為的・人工的なモノだった」なら

「相応に対応すると共」に

「根本的な大きな齟齬が在るままの現状までの天動説状態の人間社会・経済システム等を

地動説状態のモノに健常進歩・正常進化させる実務を行う事」が

「今、激烈に求められている」。

「未だに、多くの視聴者等を情動脳レベルで支配しコントロールし、反現政権政治運動等に走らせようとしている状態」の

「まるで北朝鮮の様に遅れ過ぎているテレビ等」が

「是正される時は、何時に成るのか!」

「其の時が遅ければ遅い分だけ、人類の未来も暗澹たるモノに成り易くなってしまうのに!」

「ウィルス感染問題」でも

「ウィルスの当初からの封じ込めに失敗した後」は

「医療崩壊を防ぎながら、感染致死者を出来る限り少なくしながら、

免疫・抗体等の保有率を上げて行く事」が

「重要に成る事」は「極めて当たり前の事に他ならない」。

「当初封じ込めに失敗し、パンデミック状態に成ってしまっているのに、

感染可能状態の人々を多数残す{対策}が

第二波・第三波の生みの親に成る」のは「極めて当たり前の事に他ならない」。

「一時の封じ込め成功」で「大喜びしたり、勝ち誇ったりしている」のは「本当に、酷く、劣悪な事に成る」。

「現行のままの経済なら、感染しても大丈夫な人々と既に免疫・抗体等を保持出来ている人々を軸に回す様にするのが

適切な対応策に成り、

感染すると重症化してしまい易い免疫学的弱者状態に陥らない、陥らせない事と

免疫学的弱者状態の人々の保護」に

「傾注する」のが「当たり前の事に成る」。

「感染しても大丈夫な人々を隔離するのでは無く、

感染する事が危険に成る人々を保護する」のが

「現行経済システムを使い続けるなら、適切な対応に成る」。

「経済システムから進歩・進化させる」なら

「人類誰もが何十兆かの地球生命体細胞群の一塊に他ならず其の根本的目的は健常存続~永続に成るのだから

人間生活を持続可能にする基本的人権としてのベーシックインカムが当たり前に成る」と「共」に

「科学レベルで地球生命体細胞群の存続~永続への貢献が其れダケの経済的価値を与える事に成る事を証明出来得ない

過剰な報酬・資産等への超重税等が当然に成る」。

「必然的に科学的お墨付きの無い格差は是正され、多くの人類の健常生活が具現化し易く成る」ので

「例えば、研究目的以外の人為的・人工的ウィルスの製造等も大きく抑制され、其の管理等もより厳重に成り易く成るし、

自然発生ウィルスへの対応も、落ち着いて原寸大で行え易く成る」。

「先ず、所謂、文系の情報・教育を地動説状態にする事が極めて重要」で

「其の先」に

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性が高い、より性能の良い精神文化製品として、

新たな人間社会・経済システム等が開発~製造~実用化される事に成る」。

「せっかくの引きこもり時間を其の方向で活かす事が出来る人々が数多く出る」なら

「該当ウィルス問題の解決だけでは無く、其の先に明るいモノが現れて来る事に成る」。

「其の様な方向に向かう為に有益に成る情報配信をしているべき立場に在るテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、{脅し}!や政治運動等状態である事」は

「本当に劣悪で、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「感染{検知}者数偏重状態の是正は何時?」等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事