« 新型コロナウィルス問題、「やはり在った、PCRコント状態」・「東京中等症感染者激増問題」・「暖かく成って来るのに緊急事態宣言延長!経済衰退化状態継続問題」等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「相変わらずのPCR検査の大推奨1」や「劣悪レベルの世界秩序論」等を公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「平均(は言わない)実効再生産数基準の罠」等と日テレではスパイ等の紹介等はあったが「日本の中の北朝鮮のスパイ・工作活動問題等は???状態」等・・・。

『「該当ウィルスの流行が終息して行くのか?否か?」は「{平均}実効再生産数では、判る訳も無い事」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「{平均}実効再生産数」が「1未満」でも

「免疫・抗体等保持者割り合い」が「1~2割程度」では

「{平均を超える}実効再生産数の感染者や意図的なウィルス工作等」により

「容易に収束状態から拡大状態に移行してしまう事に成る」のだから

「{平均}実効再生産数」と「共」に

「免疫・抗体等保持者割り合い」も「提示した上で、終息や拡大等を言う」のが

「当たり前の事に成る」。

「免疫・抗体保持者割り合い」等の

「重要情報」を「封印したまま」、

「{平均}実効再生産数」等の「部分情報」を「偏重」して

「其れを基に、収束方向に向かっているとか、収束方向への流れを確実にする為には行動自粛等を!」では

「実際の免疫・抗体等保持者割り合いが1~2割程度だったなら、再感染騒動の元を温存させている事にも成り」、

「実際の免疫・抗体等保持者割り合いが8~割も在るなら、不要な行動自粛等を求めている事にも成ってしまう事に成る」。

「当然、其の様な専門家会議の提言等に十分な説得力等が伴っている訳も無く」、

「十分な説得力が無い提言を補おう」と

「{象徴}!や{有名人}!や{権力者}!等々による、{圧力}!や{脅し}!等々を伴うマスメディア情報配信等を付けたところ」で

「生まれて来てしまう結果」が

「実害・実益では無く、感染を大問題化している、させているが故」の

「あらぬ差別」や「不健常行動」等の「誘い」や

「個々の視聴者・読者等の免疫力の低下誘い」等と

「成ってしまう事」は「該当ウィルス問題の日本の現状まで」を「知る」なら

「其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其処に、粘膜を削る検体採取方法のPCR検査ダケを大推奨して付ける」なら

「感染問題自体も深刻化し易く成ってしまう」ばかりか

「感染が検知されたなら、無症状でも{隔離}では、医療現場等が大変に成る」のも

「極めて当然の現象に成る」。

「其の様な対処法」には「漏れなく、現状経済システム上での経済衰退も付いている」から

「益々、多くの人々の中で現状脱出欲動を膨大に育てている様なモノ」で

「人類の歴史上では、多くの人々の現状脱出欲動が膨大に成り、其れが暴発した、させられた時には、戦争が起きるのが通例に成っている」から

「まるで、戦争を行う、行わせる為の仕込みが実践されている様な実態が露呈している事にも成る」。

「専門家」なら

「遅くとも、ウィルスの封じ込めに失敗した事が判った段階」で

「市中感染率」と「免疫・抗体等保持率」の「{調査}を行い」

「其の結果を大衆周知する」と「共」に、

「其の結果を基に、合理的に成る対応行動等を提言等していて当然に成る」。

「ウィルス感染問題の全体像」が「大衆周知され、其の経時変化も大衆周知され続ける」なら

「ほとんとの人々が納得の上で、其の時に適切に成る合理的な対応行動等を具現化し易く成る」。

「自由・民主主義圏本来の対処法が其処に在る事に成る」。

「現状まで」では

「実体や事実・現実の原寸大情報配信等により、個々の視聴者・読者等の自首的で合理的に成る対応行動等を具現化し易くするのでは無く、

不安や脅しやイメージ等で大衆をコントロールし続け様とする、まるで独裁支配政権下の情報配信等の様であり、

時代遅れも甚だしい状態を露呈している事にも成ってしまっている」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「幸いな事」に「抗原検査には肯定的な専門家会議」なので

「市中感染率等は近々判る様に成る筈」だが

「同時に、免疫・抗体等保持率の{調査}も行い、其の結果も大衆周知するべき」だ。

「それぞれの場所での該当ウィルス感染の実態が判る」なら

「理解・把握出来た実態に基づいた合理的に成る対応行動等を自主的にも具現化し易く成る人々の数」も

「必然的に増える事に成る」。

「其の様な状態の先」なら

「不要な差別も不健常な行動実態等も露呈し辛く成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「免疫力低下等も誘われ辛く成る」。

「惑星だけに注目させている状態では、

例え、地動説を言っていても、天動説状態の多くの人々の理解・把握は得辛く、

天動説情愛の人々と地動説派の人々との間での対立等も生まれ易く成る」が

「太陽系の全体図を示し、其れが本当である事を理解・把握出来る様にするなら、ほとんどの人々が地動説を理解出来る様に成る」。

「該当ウィルス問題でも、同様の事」だ。

「ウィルス感染問題」では

「象徴的感染者・致死者等の大喧伝による{脅し}!」等々では「無く」、

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの経時変化の大衆周知」であり

「該当ウィルスの場合は、其の主たる重大実害である肺炎致死者数の増減の大衆周知」だ。

「現状までの是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「象徴的感染致死者の例」として「自宅待機~急変致死の場合」が

「大喧伝され、ホテル等に隔離!が大推奨されている」が

「自宅待機~急変致死の裏」には

「該当ウィルス以外の原因は無いのだろうか???」

「少なくとも、筆者の周囲」では

「該当ウィルス問題にまるで子呼応するかの如く、

電磁波工作や大気工作や侵入・飲食物工作等が旺盛に成って来ている」。

「該当ウィルスの感染自体が大問題化されている現状」では

「工作電磁波による炎症致死でも心不全等々でも、

大気工作による呼吸不全致死や血流不全致死等々でも、

飲食物工作による血流不全致死等々でも、

該当ウィルスの感染があるダケで、該当ウィルスによる致死扱いダケで処理されてしまい易い状態が在る」。

「自宅待機」とは

「ホテル等待機でも同様」だが

「個人特定と、特定したターゲットに長時間非人道的な粛清工作等を仕掛ける事の両方を容易くしてしまう方法でもある」から

「待機には其れらに対する自主防衛が必需に成っている場合が少なからずある状態にされている」のが

「スパイ・工作活動天国状態のまま・・・の戦後日本社会の酷く、劣悪な実態に成る」。

「筆者の実体験上」では

「外出先の安価ビジネスホテル等の狭い部屋でも、

何故か?容易に工作員や其の協力者等が上下や隣等の部屋に陣取れる様で、

隣接する部屋からの工作電磁波等に見舞われる事がほとんど毎回在った」し

「工作対策を行う面」では「外出先より自宅の方が自由度も高く、行い易い」ので

「相応に、自宅待機の方が安全に成る」と「はっきり言える」が

「工作対策抜き」なら「どちらも危ない」のが「現実に成ってしまっている」と「推定出来る」。

「該当ウィルス対策も重要」だが「日本国内の集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の対策も非常に重要に成っている」のに、

「多くのマスメディア等では此の重大時を圧殺・黙殺状態のまま・・・」で

「該当ウィルス問題でも、部分偏重・{脅し}!、不安・ストレス・免疫力低下状態煽り情報配信内実状態」だ。

「其処に露呈している」のは「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を仕掛けている側なら合理的に成る実態」に

「成る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けている側では無いのなら、是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本日の日テレ朝~昼番では、スパイ等を紹介する番組も在った」が

「実としては、多くの日本国民が否応無しに関わりを持たされてしまって来ている、

日本の中の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の実態については、

実質的に、圧殺・黙殺状態だった」。

「僅かに、北朝鮮のラジオを使った暗号指令の実態等が少々紹介されていた」が

「日本の中で、どの様な工作活動等が行われているのか?」等は

「実質的に、圧殺・黙殺状態」だった。

「該当ウィルス問題に呼応して、旺盛に成っている非人道的な工作活動等の実態も露呈しているのに!」だ。

「明らかに異常な実態が其処に露呈している事に成る」。

「戦後日本の情報・教育界」等は「本当に、オカシイ!」

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「金正恩は健在だゾ~!情報配信も在った」が

「では、何故、20日間も姿を隠していたのだろうか?」

「該当ウィルスが北朝鮮のウィルス工作兵器等開発所からの感染実験漏れ等だった」が故に、

「とりあえずは、隠れ、米国トランプ大統領等が、中国共産党のウィルス研究所からの漏れ、もしくは、自爆も含む覇権掌握工作等と

考え・思っているかも知れない実態が判る」と

「安心して、出て来ていたり」、

「北朝鮮には、該当ウィルスの感染者は居ない!と強がりながらも、

感染を恐れ、該当ウィルスが無いと強く推定される場所に、逃げて隠れていたり」、

・・・等々の「可能性」も「考えられる事にも成る」が

「果たして、真実は?」

「日本の該当ウィルス感染問題の拡がりに{呼応}する様に旺盛にされ続けて来ている、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の日本の中の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等」という

「実態」が「示唆しているモノが在る様」に

「感じたり、思ったり、している人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「何れにしても、

該当ウィルスの正体と共に、金正恩隠遁の本当の理由等も、実態・実体解明が必需に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 新型コロナウィルス問題、「やはり在った、PCRコント状態」・「東京中等症感染者激増問題」・「暖かく成って来るのに緊急事態宣言延長!経済衰退化状態継続問題」等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、新型コロナウィルス問題で「相変わらずのPCR検査の大推奨1」や「劣悪レベルの世界秩序論」等を公共の電波を使って大喧伝等していたが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事