« サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス第二波{脅し}!」や「検察法改正反対{政治運動}」等を公共の電波を使って行っていた様相でもあったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」のだそうだが・・・。 »

テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「日本の該当ウィルスの感染実態も肺炎致死者等実害実態も変だ」等の「感や思い」は「其れらを知る世界中の多くの人々の中にも在る筈」だから

「其れらの真実を探求している」なら「マスメディア等として良い」のだが

「其れらの真実を圧殺・黙殺等せしめる為の大衆誘導情報配信等を行っている」なら

「明らかに健常なマスメディアとしての常道を逸脱している事に成る」。

「該当ウィルス自体の正体探究情報抜き」では

「元が???状態の上に其の後が載せらる事に成る」から

「其処を抜きにする」なら「容易に、誤魔化し論やご用達論等の構築も可能に成る」。

「該当ウィルスが自然発生なのか?」

「人為的、或いは人工的生産物なのか?」と

「其の後の感染の拡がり」は

「成り行き任せなのか?」

「工作的手段等も入っているのか?」等に「よって」、

「該当ウィルス問題の実体も、其の在るべき実効がある対処法等も、大きく変わって来る事に成る」。

「先日のテレ朝昼番等では、

該当ウィルスの正体について、

中国共産党支配下の中国武漢に在る疫学病院等か、ウィルス研究所等からの流失が疑われる旨等、

情報配信していた」が

「管理が悪く、流れ出し、失踪状態に成ったのか?」

「意図的な工作的流失だったのか?」等は

「良く判らない」。

「今の段階」では

「其の両方の可能性を基礎に該当ウィルス問題対策を考えたり、論じたり、する事が合理的に成っている実態が

其処に露呈している事に成る」から

「先ずは、其の両方を前提にした該当ウィルス問題論等が在って当然に成る」。

「もし、流れ出し、失踪状態と成った該当ウィルスが、其の後、成り行き任せで感染を拡げて行っていた」なら

「日本での感染の拡がりは、明らかに不思議な状態に成る」のは

「日本と中国の距離の近さと人々の交流の盛んさから考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「日本の感染検知の始まりも、其の後の感染研知者数も犠牲者数も、

他のほとんどの国々に比べて、圧倒的に遅く、少ない」。

「日本と中国との距離の近さや人々の交流の盛んさ」と

「日本の都市部の人口密度や満員通勤電車の実態を考える」なら

「該当ウィルスが発生した中国共産党支配下の中国武漢や其の近隣等は別にして、

其れ以外のほとんどの国々や地域より早めの遥かに激しい感染の流行が在って当然に成る」。

「ところが其の様な実態は無い」。

「此処で、

該当ウィルスが管理不足等故の流失からの成り行き任せ感染拡がりでは無く、

工作的手段による拡がりである可能性が浮上して来る事に成る」。

「習近平の訪日が決まっていた」から

「日本では、中国共産党の覇権掌握工作の一環としての該当ウィルス散布作戦はオトナシク!」等なら

「合理的に成る実態が浮上している事に成る」。

「欧米諸国へ該当ウィルスを送り込む為に使われた可能性もある

昨年10月の中国武漢でのミリタリー世界大会時に、欧米からの参加者等には該当ウィルスの感染機会を多くする」と

「共」に

「日本からの参加者塔には該当ウィルスの感染機会を少なくする」なら

「最初の仕込み時の感染の種の大きさが違う事に成る」から

「其の後の感染の拡がり等も違っていて当然に成る」。

「日本の参加者等には感染機会ほぼゼロで、

日本での感染の流行は、其の後の武漢等の人々との人的交流から生じる様に

{仕込んでいた}のかも知れない」。

「元々は、

ソフトウィルスの自国民の犠牲も厭わない感染により、

先ずは、中国国内での感染問題の駆逐を実現させた後、

訪日までに、感染の少ない日本での感染問題も解決する事が出来る様にする」なら

「日中間の移動は可能に成り、日中の繋がりの濃さも増させる事が可能に成る」。

「覇権工作なら、相応に合理的に成る実態が露呈している事にも成る」が

「{誤算}だったのは、該当ウィルスの変異が容易に起きてしまった事」だろう。

「欧米に場所を写した該当ウィルスは、其の環境変化故か?変異して毒性も強めてしまった様相が露呈している」。

「其の先で日本への流入も起きている」。

「もはや、中国共産党が大量の自国民の犠牲も厭わず、ある程度の免疫の防波堤を得る事が出来たウィルスの状態では無く成り、

日本での早期収拾も実現し得無く成ってしまった」。

「其れが、該当ウィルス問題の現状までの実態」とも「推定出来る」。

「しかし、上記の様な論等」が

「中国共産党等とも、お仲間や協力者・オトモダチ等かも知れない戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で

大喧伝等され大衆周知される事は

意図的に避けられているから」か

「実際に、テレビ・ラジオ・マスコミ等で喧伝されている様相は無い」。

「其の代わり」に

「{元を抜きにした}日本の世界とは違う実態{納得誘い}論等が大喧伝されている」。

「いわく、

日本で該当ウィルスの感染があまり拡がらなかったのは、日本人の生活習慣が良いから!等の旨」や

「BCGが効いている!旨」や

「命令でも無い要請なのに日本人が良く頑張った!から旨」等々・・・。

「普通に考えるなら、どんなに生活習慣が良くても、

ある程度以上該当ウィルスが日本に入り込んでいて、満員電車通勤等では其の感染を防げる訳も無い」し

「BCGによる免疫力アップ効果は在るにしても、其れは感染後の話しに成るから、そうなら抗体保持者割り合いが高く成っていて当然に成る」し

「要請なのに自宅待機等を頑張ったのは事実としても、其れは、欧米由来の第二波に対してで、

第一波が小さかった理由には成り得無い」。

「クラスター対策が効いた!旨の喧伝も在る」が

「専門家会議自らが吐露している通り、

全ての感染源者を押さえ切れた訳では無く、

押さえられた感染源者はセイゼイ1割程度というのが実態と強く推定出来る」から

「やはり、第一波が小さく抑えられた事の理由としては明らかに不十分に成る」。

「考えられる事は、既に、同様のウィルスに対する免疫・抗体等を多くの人々が保持していた」か

「上記の工作故」等に「成る」のだから

「普通のマスメディア等による情報配信なら、其れらが大喧伝等されていて当然に成る」。

「日本の該当ウィルス感染実態も変」だが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信内容も変」だ。

「其処に共通している」のが「極東地域旧東側圏人脈の影響等に成る」。

「此の様な疑念を晴らす為」にも

「戦後日本の情報・教育界等も政界同様に民意を反映して{政権与党}が交代出来る様にするべき」だ。

「情報・教育界が{政権交代}した後も、同様の情報配信内実だった」なら

「人脈による影響は少ない、或いは無い事の証明に成る」し

「情報配信内実が大きく変わった」なら

「人脈による影響が大きい事に成る」。

「何れにしても、其の実検証を行わない事」は

「情報教育界独裁体制等を知らず知らずの内に容認・黙認等せしめられている事と同じ」で

「非常に危険な事に成る」』。

『「抗体検査」では「東大で糖尿病等の診療等に来た人々を対象にした分析機器を使った検査でも陽性率が0.6%だった」のだそうだが、

「其れは、基礎疾患の在る人々は該当ウィルスの感染による重症化リスクが高い!大喧伝の賜物とも考えられる」。

「抗原・抗体検査・調査は、市中の実態が判る調査結果が出るレベルに成ってこそナンボ!に成る」。

「抗原でも抗体でも、

感染しても大丈夫と感じたり、考えたり、思ったりしている人々の陽性率」は

「感染したら危ない!と感じたり、考えたり、思ったりしている人々の陽性率より高くて当然に成る」が

「其れも、該当ウィルスが市中に在ってこそ」で

「工作で工作員等が保有」なら

「何時何処で感染爆発等を仕込むのか?」等も「工作を仕掛けている側次第に成る」。

「昨日も、{用心している}買い物時に、さすがに直接顔や首等にナンラカのモノを直接吹きかけられる事は無かったが、

筆者の通る先等を先読みして大気工作の大気団を置き土産する、以前から良く在った手法には、何度か遭遇した」。

「もちろん、其の様な場合には、仕掛け側の挙動も普通の人々とは違うので、こちらも先読みしていれば、

たぶんあの辺りに大気団が在るから・・・等と、{濃厚接触}を避ける事も可能に成ると共に、

大気工作用と強く推定されるモノの同じ臭いの存在と共に、其れを置き土産した者の顔や衣服等々も判る事に成る」。

「昨日は、集合住宅に戻る時に、近隣の自転車置き場で不自然な動きをしていた若い男性(黒リュックバック保有)と

食料品を買って出る時に店のドアの前に居た白髪の眼鏡老人等が{置き土産}をしていた」が

「感染させても、ナカナカ発症しないから・・・と直接かける様にした様相でもあった」し

「其の後も追い感染継続!等の様相でもある」のだから

「上記の様な実態」からも

「該当ウィルスか?否か?は不明だが、集団によるナンラカの感染に限らない工作等が在る事」等は

「少なくとも筆者等にとっては疑いの余地が無い事でもある」。

「当然、日本政府等も警察や公安や自衛隊等も既に把握済みの筈」で

「上記の様な工作等を排除する為の実効のある対策が強く求められている」し

「工作等が続けられるなら、何れは、実行される事に成る」』。

『「ワザとらしい、

現政権に悪イメージを付ける事により、日本を従北政権化させ易くする為とも推定される、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使った政治運動等も

未だに旺盛なまま・・・」だ。

「本日は、{世論調査政治運動}の実態を露呈させていた」が

「世論とされている元が、

抗体検査レベルの少数であり、

質問等も恣意的である事等は、

もはや、多くの視聴者等も良くご存知の事」だろう。

「多くの日本国民の民意」が

「従北政権が良い!なのか」

「従北政権は嫌!なのか」は

「もはや、言うまでも無い事」で「其処にこそ本当の大衆民意が在る事」は

「既に明らか」なのだから

「未だに、みっともないご都合世論調査政治運動等を続けている事自体が、

既に、哀れな事の様に、感じたり、思ったりしている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「{政治運動}等を行っている暇がある」なら

「該当ウィルスの正体探究でも行うべき」だし

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の

告発等でも行うべき」なのが

「健常な今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス第二波{脅し}!」や「検察法改正反対{政治運動}」等を公共の電波を使って行っていた様相でもあったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」のだそうだが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事