« 日本での新型コロナウィルス問題は収拾方向に向かっている様相だが、恋愛リアリティー番組出演者の自殺をダシにした有名人利権増大等を画策している様相の番組や常連出演者等が公共の電波上で蔓延れている様相だが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「発生源や感染流行の実体等を問題にしないままの、日本の感染・犠牲実態等が不思議な訳{ファクターX}」等が大喧伝されているが・・・。 »

「新型コロナウィルスは舌から(も、は言われていなかったが)感染する旨」や「リアリティー番組出演者自殺をダシのSNS規制論」や「懲戒処分では無かった事ダシの{政治運動}」等が公共の電波を使って大喧伝されているが・・・。

『「該当ウィルスの正体探究は何処へやら、該当ウィルスは舌から感染する旨大喧伝し、鼻奥や喉奥からの検体採取での深部感染等は心配無い様な考え・思い等」も

「多くの視聴者等に植え付けたがっていた様相」も「露呈させていた番組もあった」が

「感染可能なレセプターを持つ細胞が在り、其のレセプターとのコンタクトが取れる状態を得る事が出来る」なら

「感染は具現化する」のが「ウィルスの実態」だから

「どんなに舌からの感染を大喧伝しても、

喉奥や鼻奥の細胞には該当ウィルスが感染可能なレセプターが無い事を明らかにしない限り」、

「其の場所からの該当ウィルスの感染リスクは無い!」等と「安心する事は出来ない事に成り」、

「鼻奥や喉奥からの検体採取によるPCR検査には問題が無かった事にも直結し得無い事に成る」。

「はっきりしている事」は

「口腔内のウィルス量が多い該当ウィルスの検査の為の検体採取を行うなら、

圧倒的に唾液からの採取がメリットが大きくリスクが少なく成る事」だから

「検体採取は唾液で!」を「直ちにでも徹底する、させるべき事に成る」。

「緊急事態宣言が全国で解除された」が

「十分な感染力を持つ該当ウィルスは、自然感染なら日本にはもう余り多くは無い筈」で

「第二波等を警戒する事」と

「海外からの人等の受け入れや日本からの海外への人等の出入りに対して十二分な該当ウィルス対策を行う事」等には

「大きな相関関係が在る事に成る」。

「其の様な{警戒}はワクチンが出来て大々的に実用されたり、該当ウィルスに感染した人々が免疫等を得たりする事により、

該当ウィルスに対する集団免疫の防波堤が構築されるまで

継続されなければ成らない事に成る」が

「此処でも問題に成る」のが「現行経済システム上での経済問題」だ。

「現行人間社会・経済システムの実態」が、

「過大な金権状態の下で、

多くの何等かの{仕事}をしなければ日常生活も成り立ち得無い{奴隷}状態の人々を創り出し続ける事」も

「大前提とされているモノである事」等は

「今回の該当ウィルス{ショック}!により、其の意識の有無を問わず、多くの人間たちにも再認識された筈」だ。

「せっかく其の様なベースが出来ている」なら

「現行人間社会・経済システム自体の是正等も論じられていて当然に成る」のに

「現行人間社会・経済システム上で優位な立場を得ている、与えられている、テレビ常連出演者等は

自らの利権の維持~増大の為か(?)其の辺りに言及しない場合がほとんど・・・」に「成ってしまっている」。

「何処の局でも同様の顔、同様の論等ばかりが主扱い状態」の

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や「マスコミ界」等の

「画一的であるが故の{貧弱さ}」等が「其処に露呈している事に成る」が

「現状で利権を得ている者たち等が、其の辺りを是正しようとせず、

其の代わりに、他の問題をダシに正義ぶり、優等生ぶる事が大得意な様相を露呈し続けて来ている事」等は

「既に、多くの視聴者・読者等の実感通り」で

「其の構造故の衰退化等が、テレビ・ラジオ・マスコミ界等に起こって来ている事等が、益々判り易く成って来ている昨今」でも

「未だに、常連出演者等は同様・・・、論等も同様・・・のまま、

視聴者・読者等の方を其れに迎合させようとし続けている様相さえ露呈させている場合も多い」のだから

「もはや、呆れを通り越して哀れにさえ思ったり、感じたりしている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「同様の者たちばかり・・・では無く、多種多様な者たちを起用したり、

同様の論ばかり・・を主にでは無く、多種多様な論を紹介して、判断等は視聴者・読者等に委ねたり、する」なら

「直にでも、其の是正も出来る事に成る」のだから

「其れを行わないで、維持している利権等の正当性等はいったい何処に在る???」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な状態の是正は急務に成っている」。

「其れは、地球環境問題や人間社会問題の深刻化が加速度的に進んでしまって来ている現状までの実態からも

明らかな事に成る」。

「該当ウィルス問題」でも

「感染が工作によるモノ」なら

「第二波が何時起きてしまうのか?」も

「工作を仕掛けている側次第に成ってしまう事にも成り得てしまう」のだから

「スパイ・工作活動等対策問題も重要な問題に成る」。

「戦後日本のスパイ・工作活動対策が十分なモノなのか?」は

「拉致工作まで行われてしまっている実態からも明らかな様に、もはや、論を待たない」。

「スパイ・工作活動等天国状態の是正抜き」に

「多くの日本国民等の安全で安心出来る、普通の人間生活も在り得無い事に成る事」等は

「被スパイ・工作活動等VIP状態の筆者等の実態や実感からも良く判る」。

「実質的には、重大な人権侵害が其処に在る」のに

「其れを圧殺・黙殺等し続けて来ている事等により、

実質的にはスパイ・工作活動等を仕掛けている側を援助等している状態に成ってしっまっているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

スパイ・工作活動等を仕掛けている側の情報工作機関等では無いなら、本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「経済問題」なら

「人権上からも、

ベーシックインカムと、

科学レベルで正当性が担保されていない過剰な報酬・資産等への重課税等の

セット導入を実現させたらどうか!」

「そんな事をすると、働く気を無くす人々が多数出る」とは「詭弁」で

「今回の自粛時の実感や実態等からも明らかな様に、

人間誰しも、必要最小限の事しかしない、出来ない状態は、相応に苦役と成り、

何等かの行動等を起こしたく成るモノ」だし

「仕事にしても、現行で仕事とされているモノ」は

「現状人間社会・経済システム上での私利私欲の公然化や

現状人間社会・経済システム等を支える為に必要とされているモノに他ならず、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続への貢献から整合性を取ったモノでは無い」のが

「現実」で

「実質的には、自虐行為や破壊行為等でも、仕事にされている」のだから

「其の是正を行う事には大きな価値が在る事に成る」。

「人類史をふり返っても、武力による比べっこ支配権/被支配権争い時代には、

戦争等により敵という同じ人類を殺傷等する事が仕事にされていた」のが

「現実」で

「現状の武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い状態の人間世界」では

「経済圧殺や環境破壊等々が横行出来ている」のが「現実」だ。

「自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取って自虐度を減らす様に、人間社会・経済システム等を構築する事」は

「決して不可能な事では無い」のだから

「其の辺りの論等の口火くらい付けても当然に成っている」のが

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」なのに

「未だに、現状利権に縋り付いている状態の者たち等ばかり・・・が大手を振れている様相・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんな実態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「リアリティー番組等で自らを{見世物}にする為には、相応の能力や資質や覚悟等が要る事」は

「明らかな事に成る」のだから

「プロデューサー等が出演者を決める時」には

「必要な能力・資質・覚悟等を見極め、出演者も重々其れを承知の上で無ければ成らない事に成る」。

「そもそも、自らを{見せ物}にする事を是とする状態」とは

「自己承認欲求の代償欲求を追及している状態の一例に他ならず」、

「自らを{見せ物}としている番組等を視聴している人々の実態もまた、

出演者等に感情移入したり、投影・転嫁同一視心理を働かせたりしながら、

他の者・物・事等を利用した自己承認の代償欲求の追及を行っている状態の一例である場合が多い」。

「どちらも代償欲求追及の世界」だから

「代償欲求追及の常として、より過激化・過剰化し易い事」も

「当たり前」で

「過激化・過剰化し易いが故に、

代償欲求追及状態の人々には、オモシロく感じられ易い」のが「実態」だ。

「其処に、現状人間社会・経済システム故の、知名利権や出演報酬等や視聴率やスポンサー収入等々も付いている」のが

「実態に成る」。

「現行人間社会・経済システム上でも適材適所は極めて重要に成る事」等は

「例えば、

プロレスラーとしての資質が無い者にプロレスラーを行わせてしまうなら・・・や、

技術開発者としての資質が無い者に科学技術製品の設計を強いたら・・・」等々の

「事態を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「適材適所では無い起用故の惨劇」を「ダシ」に

「惨劇の中の極一部に過ぎないSNSによる誹謗中傷を切取り、偏重し、

其れをダシにSNS規制等の政治・社会運動等を

公共の電波まで使って行う事」の

「正当性は何処に在るのか???」

「テレビ常連出演者等にしてみれば、

公共の電波上で有名人利権付きの仕事を行っているのだから

自らもターゲットにされていてもある意味当然に成る

一部の人々の八つ当たり的誹謗中傷的情報発信等の{不快なモノ}を排除出来、

主として、賛美等される状態が出来てしまうなら、

まるで独裁政党支配国家の人民指導独裁政党員の様に成れ、

自らの利権の維持~増大等もより容易に成る・・・等と

意識の有無を問わず、感じたり、思ったり、しているのかも知れない」が

「故人レベルの者たちによる、

現状人間社会・経済システム故の多大な利権等も持っている場合が多い、有名人等への八つ当たり等の発信等も

封じ込められてしまう人間社会の息苦しさ等が、

溜まりに溜まった大八つ当たり化の生みの親に成り易い事等は、

冷静に、考えておくべき事の一つに成る」。

「言論の自由と表現の自由」を

「私利私欲の為に制限させようとしている臭い」等を

「発してしまっている状態の者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「政権交代のある政界の様に、有名人(人脈)交代も在るべき!」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者・読者等の数も、かなり多い筈」だ』。

『「賭けマージャンで罰せられるべき」は

「該当元検事長ダケでは断じて無い」。

「サンケイの記者も朝日の元記者も同罪」だが

「賭けマージャンにもレートが在る事もわすれてゃいけない」。

「報道されているレートは、客観的に考えるなら、高額報酬者たちにとっては遊びレベル」で

「賭博と大悪扱いする事」には「明らかな違和感が在る」。

「高額報酬である事を問題にした上で、小市民レベルなら賭博に成るのでは・・・論等なら、未だ解る」が

「現政権に悪イメージを付ける為の政治運動の一環としての大問題化」等は

「明らかに、変で、其の様な事が公共の電波を使って行われて、行えて、しまっている」なら

「本当に、変」だ。

「精神構造的」には

「自殺してしまったリアリティー番組出演者」と

「同様の状態に置かれている」のが「該当元検事長の実態」に「他ならない」。

「皆で、該当元検事長や現政権に八つ当たりしましょう!公共の電波を使った政治運動等」を

「行っている様相」なのが

「現状の多くのテレビ常連出演者等の実態」に「成ってしまっている」。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当元検事長」と「新聞記者たち」の「ズブズブの関係」の「問題」を

「スクープ出来た程、何処かの誰かとズブズブの関係だったのか、スパイ・工作活動的手段でも用いていたのか、」等が

「疑われる」のが

「文春の記者等の実態」で

「現状の日本社会の中には、同様のズブズブの関係が至るところに・・・状態」だから

「例えば、北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配工作等でも皆、バレている」のが「現実」だ。

「そんな実態が在る」のに

「そんな実態が在る事は他所に、上辺の極一部ダケを偏重する事等により、正義ぶり、優等生ぶっている場合が多い」のが

「現状の多くの常連出演者等の実態」で

「其の様な者たちにも論等にも、もう飽きた・・・状態の視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「政権交代同様の常連出演者等交代」が「必要な時」は「とっくの昔に来ている」。

「多種多様な者を起用する事等が必要に成っている」のが「現状の実態に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 日本での新型コロナウィルス問題は収拾方向に向かっている様相だが、恋愛リアリティー番組出演者の自殺をダシにした有名人利権増大等を画策している様相の番組や常連出演者等が公共の電波上で蔓延れている様相だが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題「発生源や感染流行の実体等を問題にしないままの、日本の感染・犠牲実態等が不思議な訳{ファクターX}」等が大喧伝されているが・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事