« テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体探究よりも海外の感染問題等の大喧伝」等の状態では・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」のだそうだが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの発生源」は「何れ明らかに成る」が「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」とは

「該当ウィルスの発生~拡散について、

中国共産党の責任外である事が判ったからか、

責任外にする事が出来る自信があるからか、等の

何れかに成る」。

「該当ウィルスの日本での感染の実態や少ない致死者数の裏」には

「其れこそ、其れを知る世界中の何処の誰でもが{何かが在る筈}等と感じたり、思ったり、していて当然」で

「合理的に成り得る理由等として」は

「該当ウィルスが自然発生」で「感染の拡がりも成り行き任せ」なら

「該当ウィルスに対する感染検知検査の少なさ」と

「数多い肺炎致死者等の中に紛れ込まされている該当ウィルスによる致死者」等が「考えられる」し、

「該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノ」で

「感染の拡がりが仕込みや散布工作等によるモノ」なら

「中国共産党による覇権掌握工作の一環の自爆感染~免疫の防波堤構築等想定済みの昨年10月のミリタリー世界大会時の仕込み」と

「習近平の訪日が決まっていたが故の日本の自衛隊感染外し」等や

「北朝鮮による報復経済制裁の為の武漢仕込み」と

「日本での少な目の散布工作」等が

「其れ以外の変異した該当ウィルスの感染の拡がり」と「共」に

「考えられる事に成る」。

「上記の場合」で

「中国共産党がWHOの調査を受け入れられる」のは

「自然発生~成り行き任せの感染の拡がりの場合」と

「北朝鮮による仕込みの場合」に「成る事」等は

「自分が悪いとは決して認めようとしない中国共産党の体質等からして明らかな事に成る」。

「該当ウィルスが自然発生だった」なら

「該当ウィルスの存在を中国共産党が認めた下で判明してから程なく、

WHOが調査に入った時点で武漢の市場の生き物等々を隠蔽する必要も無い事に成る」ので

「該当ウィルスは人為的、或いは人工的なモノである可能性が高い事に成る」。

「其の場合、中国共産党製という事に成ってしまう」なら

「中国共産党が責任と補償を求められて当然に成る」ので

「仮にトップ等は懐柔済みにしても、全てのメンバーを懐柔済みに出来ている訳も無い、WHOの調査を受け入れる訳も無い」。

「ここで浮上して来る事に成る」のが

「該当ウィルスが北朝鮮製である事等に成る」。

「先の大戦後の日韓内には北朝鮮系の人々も多数居て、

北朝鮮系である事=北朝鮮金政権等の支配下の民で其の命令・指令等は聞かざるを得ないが、

北朝鮮金政権等にしてみれば自分の飼い犬の様なモノだからむやみに殺傷等したくは無い状態が

日韓国内には在る事に成る」。

「身から出た錆に他ならないが、外貨稼ぎの労働者等までも帰還させなければ成らない状態の経済制裁を与えられた事等に対し、

該当ウィルスによる報復経済制裁工作として、

中国共産党支配下の中国武漢内に該当ウィルスを置き土産にして来た可能性」が

「浮上して来る事に成る」し

「日韓内の北朝鮮金政権等の飼い犬状態の物たち等にはあまり感染させない様に、

日韓内では、不適応分子粛清工作等としてでしか、程感染工作等も行っていない」なら

「日本の感染者数の少なさも感染致死者数の少なさも合理的に説明出来る事に成る」。

「更に、該当ウィルス感染問題により日本の経済も衰退化させる為には、

感染問題自体を大問題化させた方が合理的に成るので、

以前から行い続けて来ている非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

該当ウィルスの感染問題に合わせて強化する、させる事等も行って来ている」なら

「日本の象徴的感染者や感染致死者を創り出して

其れを日本の中の北朝鮮金政権等の手下情報機関的状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等で大喧伝等させる事等による

日本の該当ウィルス感染問題の深刻化~経済衰退化」も

「日本の実際の感染者数や実際の該当ウィルスによる犠牲者数より遥かに大きな状態にさせる事が出来てしまう事に成り」、

「日本の現況と良く合う状態」が「其処に露呈している事に成る」。

「そんな北朝鮮金政権等にすれば、

そもそもが世界中の軍の中に該当ウィルスを仕込む事により、

世界中の軍の弱体化を誘う事を主とした武漢世界ミリタリー大会時の仕込みで

欧米各国等にも持ち帰られる事に成った該当ウィルスの変異」は

「想定外の事に成る」の「かも知れない」。

「報復経済制裁工作と軍弱体化工作等レベルでは無い、想定外変異ウィルスによる実害はかなり膨大」で

「もし、上記の様な実態が真実であった」なら

「其れは、北朝鮮が壊滅させられても仕方の無いレベルの話しにも成ってしまう事に成る」から

「北朝鮮金政権等も其の手下やお仲間や協力者等々も、怯えながら該当ウィルスの正体が何処ようなモノで

世界中の人々が納得しているのか?等々を注視等しているのが、実態に成っているのかも知れない」。

「日本国内の手下、もしくは、お仲間や其の協力者的実態を露呈し続けて来ているテレビ・マスコミ等では、

該当ウィルスの正体探究が極めて希薄な場合が多い」のも

「単なる偶然では無い筈」で

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の告発さえも行って来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等の

北朝鮮金政権等に対する従順さ等は、本当にお見事(もちろん、皮肉)!なレベルに成ってしまっている」が

「其れは、多くの普通の日本国民視聴者・読者等の実感や思い等とは明らかに乖離している状態に他ならない」。

「選挙も無いから{政権交代}も無い」が「故」に

「北朝鮮金政権等の手下、もしくはお仲間や協力者等々が{政権与党}なら其のまま・・・」というのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の酷く、劣悪で、危ない、実態に成る」。

「そんな状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の中には、

付着すると増えて来るので細菌かウィルス等と推定される何らかのモノによる大気工作や感染実験等も在る」。

「其の中に該当ウィルスや該当ウィルスの前世代版等が在っても何の不思議も無い実態が在る」。

「象徴的感染者や大量感染や他の電磁波工作や飲食物工作や医療工作等々との組み合わせ等による象徴的致死者等」を

「意図的に創り出せる状態」が「其処に露呈している事に成る」。

「中国共産党の工作組織が北朝鮮同様の非人道的なスパイ・工作活動等を日本国内で旺盛に・・・」等の

「実感は、少なくとも筆者には無い」が

「北朝鮮系の者たちや其のオトモダチや協力者等による非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が旺盛に行われ続けていて、

筆者も明らかに其のターゲットにされている実感はかなり強く在る」。

「上記の様な実態」からも

「該当ウィルスの正体が現実通りに解明される事等により、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の実態も解明されて行く可能性も結構高い事等」が

「容易に推定出来る事に成る」。

「中国共産党の大量の自国民の犠牲も厭わない自爆仕込みも含む覇権掌握工作の可能性も、もちろんゼロでは無い」が

「日本国内に居る筆者の実感」では

「該当ウィルスがもし、人為的なモノ、或いは、人工的なモノで、其の感染流行等が工作仕込み~等」なら

「大元は北朝鮮であり、工作も北朝鮮系の者たちや其の協力者等による事等の実態」が

「強く感じられている」。

「何れにしても、該当ウィルスが自然発生では無く、感染流行も成り行き任せ的自然状態では無いなら、

該当ウィルス対策として合理的に成るモノも

全く違っている事に成る」のだから

「其の辺りの徹底検証が必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自然発生ウィルス」なら

「ウィルスとの共生・共存策が合理的に成り、

大丈夫な感染やワクチンの開発~実用等による免疫の防波堤の構築による問題の解決が当然に成る」が

「人為的、或いは人工的なウィルス」なら

「其の製造元の是正や解消等が必需に成る」し

「ましてや工作による感染流行等だったなら、其の工作元の解消や撲滅等が必然に成る」。

「当たり前の事」が「其処に在る」。

「該当ウィルスの正体探究を行わず、人為的でも人工的でも工作でも不問にしてしまう」なら

「今後の人間世界がウィルスを使った工作まで行うズルくて極悪な者たち等により牛耳られてしまい易く成ってしまう事に成る」し

「今後も容易に第二段・第三団・・・のウィルス工作等が可能に成ってしまう事に成る」ばかりか

「より毒性の強いウィルス等の実用も可能に成ってしまう」のは

「非人道的な茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態からも良く判る事に成る」。

「絶対に避けなければいけない状態が其処に露呈している事に成る」』。

『「市中感染率も市中免疫・抗体等保持者割り合い等も良く判らない状態」では

「可能に成る経済政策等を合理的に構築し実行する事も相応に困難に成る」のも

「極めて当たり前の事に成る」。

「ようやく、

該当ウィルスの市中感染率も免疫抗体保持者割り合い等も判る様に其の調査を行い、其の大衆周知も行われる様に成りそう・・・」だが

「元々、封じ込めに失敗した段階」で

「其のウィルスの実体(毒性や感染方法等々)を把握」し

「早急に其のウィルスの市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いを調査する」のが

「ウィルス流行対策の当たり前に他ならない」のだから

「今後どんなウィルスが流行ってしまっても、

早々に、其の実体探究が出来、

簡易抗原・抗体検査キット等が創り出せる状態の構築が必需に成っている事」等は

「既に、明白な事に他ならない」。

「感染者専用病院等と共に創る事を忘れてはいけないモノが其処に在る」。

「今後も地球環境の変動も人間社会の激変等も起こり続ける事に成る」が

「全ては、基本的には、現在の延長線の上に現れる」のだから

「予測等も十分に可能に成り、予めの対策等も可能である場合が決して少なく無い」。

「現状利権に溺れる事をヨシ!とする精神構造や精神文化の状態」から

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性を取った上での快適生活等を良し!とする精神構造や精神文化に

多くの個々の人々の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を健常成長させる実務」を

「怠る事無く、健常に正常に進歩・進化させ続けて行く事」が「激烈に求められている」。

「何時までも旧態依然とした狭い視野の中での政治運動等を行っている暇が有る」なら

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に激烈に求められている実務を行うべき立場に在る者たち等」が

「健常進歩・正常進化する時は何時に成るのだろうか???」

「健常進歩・正常進化拒否状態のまま・・・なら、過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本年の12月頃からは、世界もかなり変化せざるを得なく成る状態に陥り易く成る」。

「其の後、3~4年は激動状態に陥るかも知れない」。

「出来る限りの対策を其の前に施しておく事が、

現状で所謂、文系の仕事を行っている者たち等には特に、今、激烈に求められている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体探究よりも海外の感染問題等の大喧伝」等の状態では・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事