« 「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「感染{検知}者数偏重状態の是正は何時?」等・・・。 »

新型コロナウィルス問題、「???な結果の抗体検査や解除基準等」と「テレ朝昼番の正体探究」等・・・。

『「テレ朝昼番の新型コロナウィルス発生源等の探究情報等の日本の公共の電波を使った配信から、該当ウィルスの発生が昨年9月以前で、発生場所は中国共産党支配下の中国武漢内等に成る事」等が

「かなり多くの視聴者等にとっても判り易く成った状態が生まれている事等が容易に推定出来る様に成った」。

「該当ウィルスの世界への拡がり方も、武漢で10月に世界ミニタリー大会が在った事が一つの起点に成る事」等から

「相応に納得出来易く成った」。

「流失元は、中国共産党支配下のウィルス研究所にしても、疫学病院等にしても、

其処から先ずは武漢市内に感染が拡がり」、

「軍の世界大会(競技会)に参加した軍人や関係者や観客等に、該当ウィルスの感染機会が在った事に成る」ので

「観客の多くが武漢市民等なら、武漢での更なる流行拡大が当然に成り」、

「日本での感染者数の少なさ」も

「欧米での感染流行の多さ」も

「軍大会経由」なら「相応に良く分る」。

「武漢との経済的(仕事・観光等)・人脈的繋がりのある国々等への感染流行」も

「同時並行的に起こっていた筈」で

「其の影響が大きかった」なら

「日本での感染者数は公表されている数の少なくとも10倍~の数であって当然に成る」が

「其の割りには、致死者数が圧倒的に少ない事は変!」と

「多くの人々も思っている通り」で

「日本の該当感染致死者数が異常な程少ない裏」には

「日々二百数十人~のレベルにも成っている日本の肺炎致死者の中に

感染を検知されていない該当ウィルスによる致死者も紛れ込まされていた」り

「日本の医療等の良さ」や、

「日本の生活習慣」や

「免疫・抗体等既に保有等々」の

「理由が在って然るべき事に成る」が

「献血をしに来た人々の血液を使ったサンプル数千の抗体検査の結果」は

「意外な程、抗体保有者率が低い」。

「東京圏で0.6%東北圏で0.4%」とは

「驚く程の低さ」で

「今後の万人規模の市中調査等の結果が出されるまで」は

「本当の実態」は「???状態」に「成る」のは

「他の極一部の病院等に来た人々や検査を求めた人々に対する抗体検査の陽性率は6%~10%に成っていたから」だが、

「もし、献血に行く、行ける様に、日頃から健康管理がしっかりしている」なら

「該当ウィルスに対する感染リスクも十分の一レベルに成る」等の

「実態が在る」なら「其れは、相応に有用な情報に成っている事にも成り得る事に成る」。

「もし、本当に抗体保有率が0.何%レベルなら、其れは其れで本当に深刻な問題を告発している様な事にも成る」のは

「抗体を保有出来ていない状態」なら

「感染リスクも重症化リスクも相応に高い事に成るから」だ。

「現状までの日本の感染実態」を「色付き三球図で表す」なら

「割り合い相応に大きな黄色の球で表現される事が適切に成る、免疫・抗体等も感染も無い大多数の人々の球を中心」に

「割り合い相応の大きさの赤色の球で表現される事が適切に成る、感染者の球が周り」、

「感染者の球の中と、感染も免疫・抗体等も無い人々の球の中から、

青色もしくは緑色で割り合い相応の大きさで表現されるのが適切に成る、免疫・抗体等を保有している人々の球が創り出され続け、

其れが次第に感染者の球との力関係を変えながら黄色の球の周りを周っている状態に成る」が

「それぞれの球の大きさでは、圧倒的に感染も免疫・抗体等も無い人々の球の大きさが大きい、

全ての色を合計すると、

やや赤みを帯びた黄色状態に他ならない事に成る」。

「三色を光で表現し、同じ割り合いで合成すると白く成る様にする」なら

「赤色や黄色の存在がかなり薄く成り、全体的に白っぽく成ったところで、行動自粛等が解除されるのが適切なレベル」で

「赤色や黄色がはっきりしている間」は「要警戒!要注意!が妥当に成る」が

「該当ウィルスの場合は、其の毒性が其れ程激烈では無く、専用の治療薬・ワクチン等が無い現状」で

「日本での感染致死者数は、インフルエンザの流行が小さかった分と相殺出来るレベルに収まっている実態も露呈している」から

「要警戒!要注意!の内容を原寸大の合理的なモノにする事」が「必要に成る」。

「感染すると重症化し易い免疫学的弱者状態の人々を守る事」と

「自らが免疫学的弱者状態に陥らない様にする事」と

「感染し辛い、感染させ辛い、生活習慣を具現化し続ける事」等が

「合理的に成る」。

「元々、日本で暮らしている人々のほとんどが、口先で発生する日本語でコミュニケーションを取っている事」と

「口腔内にも多数存在し易い該当ウィルスの感染」には

「相応の相関関係が在る事が推定出来る」のは

「言語コミュニケーション上で日本の中でもより発声が控え目で口数も少な目な東北での感染流行が少ない事」からも

「良く判る」。

「開放的な北海道での感染が多い事」から「同じ寒い地域でも、其の辺りの実用精神文化による差が在る様」で

「其れは、感染を避ける為に有用に成る事にも成り得る事」等が「推定出来る」。

「マスクの着用」は「飛沫は防ぐ」が「ウィルス自体は通してしまうマスクも少なく無い」から

「可能な場合は、小声、言葉少な目」も「組み合わせる方が合理的に成る」。

「該当ウィルス感染問題」は

「三球図三色合算で緑、もしくは青色に成るまで終わらない」。

「感染を抑える事は、免疫・抗体等の保有も抑える事に他ならない」から

「感染を抑える手段で該当ウィルス問題を押さえ込もうとするなら、

ワクチンが大々的に実用化されるまで、該当ウィルス問題は終わらない事に成る」。

「市中抗体保有率の調査結果が出るまで、良く判らない」が

「本当に、日本国内で該当ウィルス{にも}有効に成る免疫・抗体等を保持出来ている人々の割り合いは、

発表された抗体検査結果の様に、驚く程低いのだろうか?」

「該当ウィルスは{長生き}でもある」し

「感染が発生している場所は、其れこそ世界中」なので

「自然発生感染流行状態なら、日本国内の多くの場所に、該当ウィルスも在る事が推定出来る」が

「其の割りには、日本の該ウィルスの感染者数も致死者数等も本当に少な過ぎる」。

「テレ朝昼番の該当ウィルスの正体探究情報からすれば、

該当ウィルスは中国共産党支配下の病院等からの流失である可能性が高く、

其の後の流行も成り行き任せの様相」だが

「其れが、本当のところに成るのだろうか?」

「成り行きまかせで、中国との人的交流も旺盛な、満員電車通勤も当たり前だった日本での該当ウィルスの流行が、

以外な程、{オトナシイ}状態に成り得るのだろうか?」

「中国由来の第一波はクラスター対策で押さえ込めたとは、専門家会議の弁」だが

「成り行き任せ感染流行状態だったなら、当然、全てのクラスターを押さえ込めている訳も無い」。

「其の上に満員電車通勤状態も在った」。

「余りにも少ない中国由来第一波の日本の感染者の数の裏」に

「習近平の訪日に備えて、日本ではウィルス工作はオトナシク等の事態は無かったのだろうか?」

「該当ウィルス問題が中国共産党の覇権掌握工作の一環だった」なら

「日本でのウィルス工作をオトナシクする事で、第一波を抑える事は可能に成る事にも成る」。

「欧米由来の第二波は押さえ込めていなかった」のは

「欧米からのウィルス感染の波」は「中国共産党等の工作では無いから、かも知れない」。

「筆者が工作を度々記して来ている」のは

「実際に、少なくとも筆者の周囲では、しばしば工作と推定出来る事態が起こり続けて来ているから」だ。

「該当ウィルスか?否か?は不明」だが

「先日も、某駅のエスカレーター(下り)で、

エスカレーターでは歩かないでください!アナウンスが流れている中、

筆者の後ろから若い細身の背の高い黒服白シャツ黒スクエアリュック保有男性が歩いて下りて来た、ばかりか、

筆者の右横を通り過ぎる時に、リュックを傾けて筆者の方に向けた、と気づいたら、

何等かの臭いのする、時と共に増えて来るモノが音も無く、右顔横~耳浦・首筋辺りに、吹きかけられた」。

「当然、早々に、拭いた」が

「他の場所でも、家々の窓や換気扇からでも、何度も、同様の事が起きている、同じ臭いのモノ」だ。

「其の様な事も行っている集団が、日本国内に居る事は事実」で

「其の辺りの実状からも、工作の可能性は無視出来ない事に成る」。

「昨今の人の出が少ない街中なのに、大気状態は、人の出が多かった頃より悪い場合が多い」のも

「異常で、何等かの人為的なモノを感じる」。

「外に出るなら、工作員が至るところにいる様相が露呈している」し

「だからと言って公共交通機関を避けて、車で・・・とトライしても、

工作電磁波を発している車も彼方此方に・・・状態で、

筆者の車の安定性を損ねさせたり、運転中に筆者の車にも仕込まれている工作電磁波を運転者に当てる様に工作したり、等々で、

この手の工作の酷いところは、車のディーラー等が是正修理等困難な場合が多い事」で

「仕方無く、自主的に電磁波対応をしているが、アルミ等々だらけとなり、快適な運転環境では無い」し

「サスペンション関連は、工作部分を取り換えても、また同様の事を行う事が容易に推定出来る」ので

「現状では、高速は遠慮で、一般道でノロノロと・・・状態に{されて}しまっている」。

「窓を汚される事もしばしばで、虫がワイパーに挟まれていたり、虫の糞の様なモノが付けられていたり、等々する事もしばしば・・・で、

視界の邪魔をしようとしている様相」だが

「必然的に、毎度毎度、ウォッシャーしてから、先に進む状態に{されて}いる」。

「工作員集団」を「徹底摘発排除等する」なら

「該当ウィルス問題も終わるのでは・・・」等の「感や思い等までもが浮上して来る実態が在る」』。

『「該当ウィルスが中国共産党支配下の中国発である事は、ほぼ間違いの無い事」に「既に成っている」。

「管理責任にしても、製造責任にしても、工作なら工作責任にしても、追及されて当然の実態が既に在る」。

「補償を求めても、全世界の国家・国民の上に中国共産党が在る等と{信じている}者たち等が、補償に応じるか?」は

「大いに疑問」だ。

「応じない場合は、中国共産党支配下の中国に対する、コロナ責任間税とか、コロナ責任規制等々が世界中で行われる事に成るかも知れない」が。

「元々が信頼性工学を抜きにして科学技術等を真似したり、盗んだりする事等により急発展して来ているのが、

現状までの経済開放後の中国共産党支配下の中国の実態」だ。

「信頼性工学等{も}ちゃんと学び、取り入れる」なら

「騙したり、盗んだり、する事がどれ程自虐的な事に成るのか?」等も「良く判っていて当然に成る」が

「元々が、同じ中国人同士で支配圏争いを行い、旧ソ連の絶大なる支援の下で、

旧日本軍より遥かに多くの中国国民を殺して支配権を得たのが、中国共産党の実態」だから

「信頼性や人権等々より支配力の増大ばかりを取得したがる基本構造が付いている事にも成る」。

「今時の世界標準は、万民平等の先で、適材適所が求められている、ちゃんと人権も信頼性も在る事が当たり前の状態」なのに

「未だに、支配力の増大ばかり・・・に{救い}を求め続けている実態を露呈している」のだから

「其の何処にも、国家・国民の上は無い事は、既に明らか」で

「一刻も早く、中国共産党は解散し、民主化する事」が

「該当ウィルス補償問題を穏便に済ませる為にも、有効に成る事である事」等は

「もはや、世界中の何処の誰でもが重々承知の事に成っている」。

「習近平が本当の大人(タイジン)なら、今こそ、民主化!!」だ。

「今後の世界も中国も、より延命し易く成る道が其処に在る」し

「中国の民主化無き場合、人類滅亡の時が其れ程遠く無い時に成ってしまう」のだから

「よ~く考える」なら「今こそ!の価値も良く判る事に成る」』。

『「テレ朝昼番の該当ウィルス正体探究情報等では、工作の可能性は外されていて、

流失が強調されていた様相でもあったが、

流失と日本の中国由来の感染状態には、何処と無く齟齬が在る様に感じたり、思ったりしている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「欧米由来の第二波~は、対策相応の成り行き感染の様相が良く判る状態に成っている」が。

「該当ウィルスの本当の正体解明は、其れ程遠く無い時期に具現化する事に成る」のは

「もし、そう成らないなら、該当ウィルス問題の収拾も在り得無い事に成るから」だ。

「工作は、行えば行う程、より強烈な形でバレ易く成り、応分の罪と罰も与えられ易く成る」。

「工作とは、奥の手で、仕方無く、少々行わざるを得なく成ってしまう事が在るのが、現状人間社会の定常状態で、

工作を主にした、覇権掌握とか、報復等々は、自虐にしか成り得無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」』。

『「該当ウィルス対策」で

「頑張れ!とか緩むな!等々の、体育会的激!で情動脳に訴えるやり方」は

「宗教レベル、天動説レベルのやり方に他ならない」。

「先ずは、誰もが実態・実体把握を容易に出来る情報配信であり、

実態・実体把握を基にした合理的で自虐的に成らない適切な行動等の具現化を容易にする事」だ。

「ようやく、市中抗原・抗体検査・調査等により、実態・実体把握が行い易く成って来ている事」は

「救い」だが

「緊急事態宣言等の解除基準として、感染研知者数等、検査数依存の項目を重用しているところは、

明らかに、変」だ。

「検査数がある程度以上在るなら、感染陽性率等なら合理的に成る」。

「合わせて、抗体保持者率も重用すべき項目に成る」。

「感染しているか?免疫抗体等を保持しているか?感染も免疫等も無いか?」の

「何れかの状態に全ての人は入る」し

「其れらの割り合いと力関係が重要に成る」のだから

「其の辺りの経時変化を図と数値等で大衆周知する」なら

「多くの人々が、原寸大の用心や対応行動等を具現化し易く成る」。

「実態・実体把握を疎かにさせ、原寸大を逸脱させる事」は

「本来なら不要な、不安や恐怖心やストレス等や差別や免疫力の低下等々を抱かせ易くしてしまう、

{悪魔}のやり方でもある」』。

『「少々の是正傾向が出て来ている番組等もある」が

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。 | トップページ | 新型コロナウィルス問題、「感染{検知}者数偏重状態の是正は何時?」等・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事